2017年10月22日 (日)

【羽生結弦】GP初戦<4回転ルッツ>✍初挑戦で成功。

15歳でシニア参戦以来:blabla:グランプリシリーズ初戦で王冠1優勝がない羽生クン。五輪シーズンの今年も<通常運転スタート>となった。それにしてもプーさん勝負強い(笑)。練習でも成功率が3割以下の4回転ルッツを本番で<加点つきで>決めて見せたのはプーさん当に千両役者といえるだろうね。“目先の勝利”よりもupwardright進化に成功こだわりを持ち続ける羽生クン。今年もプーさん<最高の結果>を期待して大丈夫そうだね。

相田みつを

羽生結弦4回転ルッツに成功フリープーさん逆転ならず2

サンケイスポーツ  10月22日7時00分配信

「フィギュアスケート・ロシア杯」(21日、モスクワ)

アゲ3 フィギュアスケート・ロシア杯最終日(モスクワ21日)平昌五輪シーズンのグランプリ(GP)シリーズ第1戦。男子はショートプログラム(SP)2位の羽生結弦(22)=ANA=が初挑戦の4回転ルッツを決めたフリーで1位となったが、合計290・77点で2位に終わった。SP1位のネーサン・チェン(18)=米国=が合計293・79点でGP初制覇。20日に行われた女子SPで樋口新葉(わかば、16)=東京・日本橋女学館高=が69・60点で3位につけた。

力強く踏み切り、耐える。羽生が懐で温め続けてきた新技を、ついに決めた。4回転ルッツだ。演技冒頭。膝を深く曲げて着氷をこらえた。演技に魅せられた場内から和風プログラム「SEIMEI」の太鼓の響きに合わせて手拍子がわく。日本ファンだけでない。王者の挑戦は誰しもの胸に届いていた。

脚がくたくたになるまで滑ることができる幸せを感じながら試合をしていた。(手応えは)10%にも満たない。ルッツは今の状況ではよくやった。まだまだ練習が足りない

過去7季で優勝を逃してきたGP初戦。冒頭に力を注いだ分、続く4回転ループが3回転になるなど影響はあった。合計で3・02点の僅差で好敵手のチェンにトップを譲ったが、自身4種類目の4回転ジャンプとなったルッツは出来栄え点がつく評価を得た。

トップ選手は当然のように複数の4回転を舞う。羽生はこれまでトーループ、サルコー、ループを跳んだ。今夏までは、この3種類5本でのフリーを前提とした。飽くなき向上心を持つ22歳は、繰り返しの練習でめどが立った基礎点の高いルッツを組み込む高難度のプログラムへと上方修正。五輪前哨戦として注目が集まる舞台での実施を実現させた。

失敗が挑戦心に火を付けた。今季初戦だった9月のオータム・クラシック。右膝痛で構成の難度を下げてフリーに臨んだが、かえって思い切りの良い演技をできずにミスを連発。「挑戦しないと僕らしい演技は絶対にできない」。初戦を終えて大技を跳ぶ覚悟は一層高まっていた。

もちろん、連覇のかかる平昌五輪をにらんでの進歩だ。次戦はGPシリーズ第4戦のNHK杯(11月、大阪)。「成長すべきところが、まだ残っている」。新技を決めても満足はできない。

相田みつを

ロシアでも愛された羽生結弦プーさん客席に18文字の日本語メッセージ

THE ANSWER  10月22日10時58分配信

ロシア人ファン、フラワーボーイ…実力のみならず世界的人気を示したGPシリーズ初戦

アゲ3 フィギュアスケートのグランプリ(GP)GPシリーズ第1戦ロシア大会は21日、男子フリーでショートプログラム(SP)2位の羽生結弦(ANA)がフリー1位の195.92点をマークし、合計290.77点で2位。SP1位のネイサン・チェン(米国)に優勝を譲ったが、4回転ルッツに初成功するなど圧巻の演技でロシアのファンを魅了。演技後、客席に「結弦!オリンピックシーズンの大勝利を」とメッセージが掲げられたことが話題を呼んでいる。

「Yuzuru Hanyu」は世界に愛され続けている。21日に行われたフリー。羽生は「SEIMEI」の荘厳なメロディーに乗り、初挑戦の4回転ルッツを成功させるなど、シーズン序盤としては高得点の195.92点をマーク。優勝こそ逃したが、王者の舞いは現地のファンを魅了した。

それが表れたのが、演技後だった。

羽生が大ファンである「くまのプーさん」のぬいぐるみが次々と投げ込まれた。SPでも米メディアに「雨が降り注いだ」と報じられていたが、連夜の祝福は日本人ファンのみならず、現地のファンも参加。そして、投げ込まれたプレゼントを拾い上げるフラワーボーイ、ガールの中に長髪のロシア美少年が。SPの際には絵を本人にプレゼントし、ほほえましいシーンは世界のフィギュアファンの視線をクギ付けにしていたが、よほどの大ファンなのだろう。

この日も客席に挨拶する羽生のそばに寄り、頭をなでられていた。

客席に掲げられた18文字のメッセージ…ロシアを愛し、ロシアに愛された世界王者

アゲ3 そして、客席でも象徴的なシーンがあった。「結弦!オリンピックシーズンの大勝利を」と1メートル四方はあろうかという巨大な大きさに1枚ずつ記し、会場のどこから見てもわかる18文字のメッセージが掲げられていた。

無数の日の丸が揺れる中、手に持っていたのはロシアとみられるファンが多数を占めていた。

日本でも熱狂的な人気を誇っているが、遠くロシアの地でも愛されている羽生。それは、世界王者として実力が認められていることの証しでもある。

「自分にとって初となるグランプリシリーズ優勝を勝ち取ったのが、まさにここでした。なので、良い思い出を持っているんです」

SP後にはこう語ったことが米メディアに報じられていた。ロシアを愛し、ロシアに愛された22歳。GPシリーズ初戦で得た力を進化の原動力に変え、絶対王者はさらに世界のファンを魅了していく。

相田みつを

ライバル畏怖羽生結弦が成功させたプーさん4回転ルッツの意義とは?

THE PAGE  10月22日11時00分配信

アゲ3 フィギュアスケートのグランプリシリーズ、ロシア杯が21日、モスクワで行われ、男子フリーに羽生結弦(22、ANA)が登場、その冒頭で4種類目の4回転ジャンプとなる大技、4回転ルッツを成功させた。ショートでは、転倒などもあり2位スタート。

逆転を狙ってフリートップの195・92点をマークしたものの、計290・77点で2位に終わった。確かにミスもあったが、基礎点の高い4回転ルッツの成功は、平昌五輪へ向けての大きな収穫となった。

Photo

フリーの冒頭。羽生は、新技の4回転ルッツにトライした。着氷は少し崩れ、膝を曲げてなんとか耐える形になったが、成功は認められ「1・14点」のGOE(出来栄え点)が加わった。

羽生自身は「完璧なジャンプではない。緊張はしましたが、回転しきったことは良かった。完成度をあげて、これを1つのステップとしてやっていけたらいい」と、反省と手ごたえを口にした。

元全日本2位で現在後身の指導にあたっている中庭健介さんは「羽生選手のルッツの成功には驚かされました。回転が凄くいい。回り過ぎて、逆に着氷をこらえる形になりましたが、おそらく普段から練習を積み、飛び慣れているから、ああいう対応ができるのでしょう。
相田みつを
初ジャンプを試合に取り入れる場合は、ついつい力みや緊張から、構えなどの予備動作が大きくなり、演技の流れを損なうものですが、そういう無駄な動きがなく、非常にスムーズな入りで飛んでいました。モノになったと見ていいでしょう」と高く評価した。

そもそも、なぜルッツジャンプは難しいのか
相田みつを
「ルッツジャンプは(反時計回りに回る選手の場合)、左足のアウトエッジでカーブを描きながら滑り、飛び出すという動きと、ジャンプの反時計回りの回転の動きが、逆になるので非常に難しく、選手もイメージをつかみにくい。また、あらかじめ回転を氷の上で作り過ぎると、インサイドエッジに乗ってしまうミスも起こります。ルッツジャンプをインサイドで飛んでしまう選手が多いのもこのためです。アクセルに次いで基礎点が高く設定されているのも納得いきます」とは、中庭氏の説明。

4回転ジャンプの基礎点を順番に並べると、トゥループが「10.3」、サルコーが「10.5」、ループが「12.0」、フリップが「12.3」、ルッツが「13.6」となっている。

それだけの難しいジャンプだけに悪影響も出る。

「ルッツに今回は集中していたこともあって練習が足りないなと思った」と羽生。

その後の4回転ループが3回転になり、4回転サルコーから3回転トゥーループにつなげるジャンプが、コンビネーションにできず、4回転トゥーループからの3連続ジャンプが、2回転トゥーループになるなどミスが続き、中庭氏も、「ルッツの負担と無縁ではないでしょう」と見た。

しかし五輪シーズンのスタートに4回転ルッツという“武器”を成功した意義は大きい。

会見で、その意義を問われ、羽生も「試合で決められたことが大きいです。イメージがつきますし、そのおかげで、これから、いろんなところに着手しています」と、笑顔で答えた。

メモ中庭氏は、その成功の意義をこう解説する。

「4回転ルッツという最も難易度の高いジャンプを身につけたことの意義は大きい。単純に4回転ルッツの高い基礎点により、ポイントがアップするだけでなく、おそらく他のライバル選手が脅威を覚え、今以上のプレッシャーがかかることになります。
相田みつを
そういう心理的なヒエラルキーが生まれると、ミスにつながりますし、野球に、例えれば、クライマックスシリーズの序盤苦しんだソフトバンクに故障している柳田悠岐が加わるようなもの。平昌五輪に向けて、それくらいの大きな武器になるでしょう」
Photo_2
“真4回転時代”に少し遅れをとっていた羽生が大切な五輪シーズンに4回転ルッツという大技を成功させて一歩も二歩もリードした。
相田みつを
しかし「自分の本来の演技内容ではないので悔しい思いがあります。まだまだとも思います。これから努力を重ねていかないといけない。悔しい思いと、収穫の両方があったので、これからもっと成長していけると思いますし、どんどんつなげていきたい」と、羽生は足元をみつめる。
相田みつを
:blabla:次戦は、11月のNHK杯。そこでは今季初優勝を飾りたい。

2017年10月21日 (土)

【羽生結弦】GP初戦<ネイサンに6点差>✍SP2位発進。

「緊張」と「興奮」の五輪シーズンが始まった。<コケたら終わり>の新4回転時代。2年前のような余裕は:blabla:羽生クンにも無い。今年羽生クンはどんなドラマを見せてくれるのだろうか。

相田みつを

プーさん羽生結弦runロシアの熱烈少年ファン

プルシェンコに憧れた自身と重ね「ありがとう

デイリースポーツ  10月19日16時30分配信

「フィギュアスケート・ロシア杯」(20日、モスクワ)

アゲ3 男子ショートプログラム(SP)が行われ、GP初戦に臨んだ世界王者の羽生結弦(22)=ANA=は、94・85点で2位発進となった。昨季のGPファイナル銀メダリストのネーサン・チェン(18)=米国=が100・54点をマークし、首位に立った。

Photo_2

演技冒頭、今季初戦の9月オータムクラシックでは右ひざの違和感で回避した4回転ループに挑むも、軽度の回転不足の判定。続く後半のトリプルアクセルは成功したが、最後の4回転トーループ-3回転トーループの連続ジャンプでまさかの転倒となった。初戦でたたき出した世界歴代最高得点から約18点も低い点数だったが、羽生は悔しい思いもありつつ、修正点も見つかりつつ。体力も残っているので、明日につながるいいステップだったと前向きに話した。

決して完璧な演技ではなかったが、羽生が世界のヒーローであることに変わりはない。演技後、観客から投げ込まれるプレゼントを拾うフラワースケーターが、羽生に近づいた。一生懸命に羽生の視界へ入り「ハロー!ハロー!」とその子供。手渡された紙を受け取った羽生は、その子の頭をなで「ありがとう」と答えたという。

Photo

羽生自身も幼い頃は「皇帝」と呼ばれたトリノ五輪金メダリストのプルシェンコ氏(ロシア)に憧れ、髪型をまねたこともあった。その子について「プルシェンコみたいな髪型でした」と、自身の幼い頃を思い返すかのように話した羽生はスケートをやっていて、トップを目指している子供たちがこのロシアの地にはたくさんいると思うので、こういうフラワースケーターがこれからこのロシアの地で強い男子になっていったらいいなと思うと笑った。

この日、羽生が憧れたプルシェンコ氏は羽生の演技をスタンドで観戦。その子供にとって羽生はきっと、羽生にとっての同氏のように憧れの存在だ。今回の彼に限らず“王者の演技”は国境を越えて人の心をつかみ、こうして継がれていくのだろう。

2017年10月20日 (金)

【日経平均】✍14連騰<戦後最長タイ>57年9箇月ぶり

20日の東京株は前日比upwardright終値メモ912銭高お金2145764銭(14営業日続伸)。高度経済成長期時計(1960年12月21日~61年1月11日)に記録した過去最長記録に56年9箇月ぶりに並んだ。

相田みつを

日本:blabla:解散総選挙:onionhead039:安倍首相狙い射手座当たるか

BBC News JAPAN 10月20日12時04分配信(英語記事 Japan's snap election explained)

アゲ3 日本では22日、安倍晋三首相による衆議院解散を受けた総選挙の投票日を迎える。安倍首相は9月に総選挙の実施を表明した。北朝鮮からの脅威が強まるなか「国難」を突破するため、あらためて国民の信任を得たいというのが理由だ。

安倍氏への支持率が今年夏の記録的な低水準から回復し、野党が混乱状態にあるタイミングで、解散・総選挙は決定された。与党の勝利が広く予想されており、政権が維持されれば、安倍氏は在任期間が戦後最長の首相になる可能性が高い。
相田みつを
有権者の選択肢

安倍氏が所属する自由民主党は選挙戦で、安全保障および北朝鮮問題での強硬姿勢を主張しており、国内の社会政策も強調している。2006年に首相に初就任した安倍氏は、わずかな期間で退陣したが、2012年に地滑り的勝利を収めて首相に復帰した。
相田みつを
しかし、長年のデフレからの脱却という広範囲な公約は、なかなか実現できていない。安倍首相はまた、原子力発電所の全面的な再稼働を推進している。ただし2011年の福島原発の事故を受け、賛同者が少ない政策でもある。
相田みつを
従来なら自民党に対抗する主要政党は民進党だったが、同党は7月、 蓮舫代表(当時)の去就をめぐる騒動で混乱に陥り、9月末に完全に崩壊した。かつての党員らは無所属、または他の小規模政党から出馬して今回の選挙を戦っている。
相田みつを
中でも、10月上旬に結党したばかりの立憲民主党が注目されている。それでも安倍氏は、かつて自民党で閣僚を経験し現在は東京都知事を務める小池百合子氏からの新たな挑戦に直面している。小池氏は国政政党「希望の党」を先月新たに立ち上げた。
相田みつを
しかし立ち上げ当初にあった有権者の強い支持はその後、勢いを失っている。その原因には、小池氏自身が出馬していないことや、選挙戦の準備に時間がなかったことなどがある。希望の党の政策は、保守派の安倍氏率いる与党とあまり変わりはない。
相田みつを
しかし2019年秋に予定される消費税率引き上げの凍結、2030年までの原発ゼロの公約は、与党と異なっている。首相のかつての同盟者小池氏は、将来的に自民党に戦いを挑む存在になると今でもみられており、次回以降の国政選挙で出馬する可能性もあるだろう。

なぜ今解散・総選挙なのか

アナリストらは、今回の解散・総選挙は安倍首相が自身への支持率回復を受け、野党の混乱に乗じようともくろんだものとみている。今年に入り、安倍氏の高い支持率は相次ぐスキャンダルと不人気の政策で数カ月間にわたり落ち込んでいた。

・友人が理事長を務める私立大学による学部新設の認可で便宜を図ったとの疑惑。安倍氏は否定している。
相田みつを
・独特の愛国教育を行う学校に対し、国有地が破格値で払い下げられた問題に関係しているとの疑惑。安倍氏はこれも否定している。
相田みつを
・日本国憲法で自国軍隊を正式に認めることを求め、日本が第2次世界大戦後に掲げてきた平和主義の下での防衛政策の変更を目指している。
相田みつを
・反対の声が多い対テロ法案を可決させた。
相田みつを
安倍首相の支持率は今年7月に30%を切ったが、9月には50%以上に回復した。支持率の低迷で安倍氏は自民党内からのプレッシャーにもさらされているが、22日に議席数を伸ばせれば、党内の対抗勢力を黙らせることができるだろう。

選挙予測はどうなっているか

先週までの世論調査では、一貫して安倍氏の自民党がリードしていた。最新の調査では、衆議院465議席のうち自民が約300議席を獲得する勢いだとされる。連立相手である公明党は30議席以上を獲得するとみられており、次期安倍政権は憲法改正に必要な3分の2議席を確保できることになる。

第2次世界大戦の敗戦を受け、国際紛争の解決手段として日本の軍隊が軍事力を使うことは、自衛を除き、憲法で禁じられている。安倍首相はこの憲法を変え、日本の軍隊が同盟国と共に世界中の国際軍事作戦に参加しやすくなるようにしたいと考えている。

小池氏が立ち上げた希望の党は、約50議席を獲得し、大差を付けられての2位になるとみられている。しかし世論調査は必ずしも信頼できるというわけではなく、また急な解散による総選挙にはかなりのリスクが伴う。

英国では、保守党のテリーザ・メイ首相が似たような方策に打って出たが、かなり裏目に出てしまい、予期せず過半数の議席を失う結果となった。保守党は政権を維持するため、閣外協力を求めることを余儀なくされた。
相田みつを

自民が勢い維持afd371da希望苦戦立憲民主:fire:加速終盤

読売新聞 10月19日23時02分配信

アゲ3 読売新聞社は22日投開票の衆院選の終盤情勢を探るため、17~19日に世論調査を行った。

調査結果によると、自民党は単独で過半数(233)を大きく上回る勢いを維持している。希望の党は、公示前の57議席に届くかどうかの情勢で苦戦している。立憲民主党は序盤よりさらに支持を広げており、公示前の15議席から大きく伸ばしそうだ。

今回の衆院選に関する調査は10、11日に全289選挙区で行った序盤情勢調査に続き2回目。接戦区を中心に114選挙区を対象とし、序盤の結果と全国総支局などの取材を加味して選挙戦終盤の動向を分析した。

自民は堅調だ。優勢だった約140の選挙区で好調を維持しつつ、調査対象の114選挙区のうち16選挙区で他候補を引き離している。群馬や東京などの接戦区で、自民の候補が抜け出したケースも多い。公明党は比例選での伸びが見られず、公示前の34議席を下回る公算が大きい。ただ、自公を合わせれば、300議席に届く可能性がある。

希望は調査対象の114選挙区で75人を擁立したが、このうち31人がリードを許す厳しい戦い。小池代表(東京都知事)の側近で結党メンバーでもある若狭勝氏(東京10区)が、競り合っていた自民候補に水をあけられるなど、小池氏が地盤とする東京で伸び悩みが続く。

立憲民主は勢いを加速させている。長妻昭代表代行(東京7区)ら3人が終盤になって混戦から抜け出し、計6人が優位に立っている。比例選では希望を上回り、小選挙区選と合わせると、希望に匹敵する議席数になる可能性もある。

共産党は「必勝区」に位置づける京都1区で穀田恵二国会対策委員長が自民候補に引き離された。全体的に序盤の劣勢を挽回できておらず、公示前の21議席から増やすのは難しい状況だ。

日本維新の会は、拠点とする大阪で馬場伸幸幹事長(大阪17区)らが接戦を演じている。比例選を合わせて公示前の14議席前後となる見込みだ。社民党は公示前の2議席から伸ばせるかどうか微妙な情勢だ。日本のこころは厳しい戦いとなっている。

もっとも、今回の調査では小選挙区選で約2割が投票する候補者を挙げておらず、情勢はなお流動的な要素もある。調査は電話で実施し、有権者が在住する7万5336世帯のうち、4万5282人から回答を得た(回答率60%)。

2017年10月19日 (木)

【日経平均】✍13連騰<1988年2月以来>29年8箇月ぶり

19日東京株はバブル時代の1988年2月に記録したメモ13営業日連騰の記録に並んだ。いよいよ砂時計明日戦後の最長記録である14営業日連騰(1960年12月~1961年1月)に:blabla:あと1>と迫った。

相田みつを

東京株バブル以来連騰記録:yay:

時事通信  10月19日16時30分配信

アゲ3 ダウ工業株30種平均の最高値更新や欧米の取引時間帯から進んだ円安・ドル高を受け、東京市場には海外勢を中心とした買いが断続的に入った。この日は、買い一巡後に個人投資家が中小型株の利益確定売りを強め、TOPIXが一時マイナスになるここ数日のような現象もみられず、相場の底堅さが印象づけられた。

日経平均は、バブル期の1988年2月に記録した13営業日連騰の記録に並び、戦後の最長記録である14営業日連騰(1960年12月~1961年1月)にあと1日と迫った。

市場関係者からは「最長記録更新で(衆院選の)投票日を迎えられたら出来過ぎだ」(大手証券)などとして、今回の13連騰は、安倍晋三内閣の継続を期待する年金積立金管理運用独立行政法人などの買い支えによる「官製相場」ではないかとの見方も浮上している。

衆院選左右するトランプ北朝鮮戦略afd371daアジア専門家指摘

ロイター 10月19日14時32分配信

アゲ3 22日投開票の衆議院選挙で、安倍晋三首相率いる与党が後退するなら、北朝鮮の孤立化を狙う米国の計画はとん挫し、アジアの地政学は揺るがされかねないと、作家でアジア専門家のリチャード・マクレガー氏は18日、語った。

各世論調査によると、安倍氏の連立与党は勝利する見通しだが、議席を減らすなど後退した場合、憲法改正や消費税の税率引き上げという同氏が掲げる公約の実現に向けた動きが鈍る可能性がある。

フィナンシャル・タイムズ紙の元北京支局長で「Asia's Reckoning: The Struggle for Global Dominance」の著者であるマクレガー氏は、ロイター・グローバル・マーケッツ・フォーラムで、北朝鮮問題について、安倍首相が近いうちに中韓との3カ国会談の席に着くとみていると述べた。

同氏とのやりとりは以下の通り。

──日本の衆院選後に起こり得る問題は何か

日本と中国は、直近では2012年に悪化した関係の修復に努めているところだが、衆院選でサプライズが起きれば、そのプロセスは遅れる可能性がある。

北朝鮮情勢が喫緊の大きな問題であり、安倍首相はトランプ米大統領と緊密に連携している。米国との協力関係もリセットせざるを得なくなるかもしれない。安倍氏はトランプ氏と最も近い関係を築いた世界のリーダーだということを忘れてはならない。

──安倍氏が政権にとどまるなら、地域の主要国のあいだで何が起きるか

北朝鮮を巡っては、日中は緊密に協力してこなかったが、地域的問題を話し合うため日中韓首脳会談の開催を模索している。この3者会談によって北朝鮮問題が解決するとは思わない。そこで解決策が見えてくることはないだろう。

だが、日中韓が再び対話を始めることには大きな意味がある。これまで空白があった。経済関係強化に向けた話し合いも可能だろう。

──向こう数十年において、米国はアジアでどのような役割を担うか

第2次世界大戦終戦後のパックス・アメリカーナ(米国主導の世界平和)が終わりを迎えたことは間違いない。このように長きにわたり続いてきたことは意外だった。自然の道理ではない。

中国は当然、アジアの支配者でありたいと考えている。だが、米国がアジアを去ることはないだろう。多くのアジア諸国が中国を信頼しておらず、米国がとどまることを望んでいるからだ。

相田みつを

羽生結弦プーさん導きに…絵馬にメモ綴った決意の陰に“父との約束

女性自身  10月19日11時03分配信

アゲ3「まわりは右ヒザを心配していますが、彼は練習量を減らすどころか増やしているようです。オータムクラシックでは見せなかった4回転ルッツを何度も飛び、周囲から『ケガをしているとは思えない』と驚きの声が上がっていました」(フィギュアスケート関係者)

10月20日から始まるロシア杯に出場する羽生結弦(22)。9月のオータムクラシック直前に右ヒザ痛を訴えていたことが発覚していたが、平昌五輪の前哨戦ともいえるグランプリシリーズの初戦とあって並々ならぬ闘志を燃やしているという。

15年1月には右足首を捻挫し、昨年4月には左足リスフラン関節じん帯を損傷。そして右ひざを故障してもなお飛ぶことをやめない羽生。いったい何が彼をここまで駆り立てているのかーー。

今季フリープログラムに2年前の演目『SEIMEI』を選んだ羽生。映画『陰陽師』の安倍晴明を題材にしたこの演目で、羽生は過去に世界新記録を連発してきた。そんな勝負曲を再演するにあたり、羽生はシーズン直前の6月に京都・晴明神社を訪れていたという。宮司がこう語る。

「羽生さんは2年前に参拝した後で世界最高得点を出すことができたため、そのお礼参りに来られました。境内には樹齢数百年という大きな楠のご神木があるのですが、それを両手で抱きかかえるようにしてパワーをもらっていました。そして参拝の際は表情をひきしめ、凛とした佇まいでじっと前を見つめていました」

そのとき彼が絵馬に書いたのは 《私の演技がきっかけで、皆さんに幸せがおとずれますように》という願いだった。羽生はその足で神戸の弓弦羽神社も参拝。ファンの聖地となっているこの神社。絵馬には《私が少しでも導きの光となれますように》との言葉も綴られていた。実は、それらの思いは羽生選手が抱き続けた“父との約束”でもあるという。

「父・秀利さんは息子の名前を付ける際、“弓を結ぶ弦のような凛とした人間になってほしい”と願いを込めたそうです。羽生選手としては五輪シーズンを前にして不安もあるはずです。しかし苦しい時期だからこそ、父が願った凛とした人間でありたいと思った。その“命名の思い”を胸に刻む意味もあり参拝したのでしょう」(前出・フィギュア関係者)

絵馬に壮大な夢を書き込むことで、自らを鼓舞している羽生。家族やファンの想いを胸に、羽生の挑戦は続く。

2017年10月18日 (水)

【イスラム国】“首都”ラッカを開放✍事実上<崩壊>へ・・・・

数百万の無辜の民の犠牲の上に成し遂げた成功疑似国家「イスラム国」ついに崩壊。テロリスト達は、また形を変え世界中に拡散するのだろう(イスラム教圏の東南アジアに拠点化の動きサーチあるらしい)。

相田みつを

イスラム国:fire:事実上の崩壊シリア北部の「首都ラッカ解放

産経新聞  10月18日1時01分配信

アゲ3 イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」(IS)が「首都」と称してきたシリア北部ラッカについて、AP通信は17日、米軍の支援を受けるシリア民主軍(SDF)報道官の話として「戦闘は終結し、ラッカを解放した」と伝えた。

「首都」の陥落でISが標榜してきた「疑似国家」は事実上、崩壊した。

シリア人権監視団(英国)は同日、「IS勢力が完全に掃討された」と発表した。ISの最高指導者、アブバクル・バグダーディ容疑者ら幹部の所在は不明。同監視団はIS幹部らの逃走先とされるシリア東部デリゾールの90%以上をアサド政権軍が制圧したと明らかにした。

一方、ロイター通信が同日、米軍当局者の話として伝えたところによると、約100人のIS戦闘員が残っているという。SDFは残存する戦闘員の捜索や地雷除去を行っている。

Photo_6

17日、シリア北部ラッカで軍用車両に乗り、勝利を祝うシリア民主軍(SDF)戦闘員ら

ISが2014年にラッカを「首都」に定め、実効支配してきたが約3年ぶりに解放された。ISは今年7月、重要拠点のイラク・モスルを失っている。

SDFは6月上旬、米軍など有志連合による空爆の支援などを受け、ラッカ市内への進攻作戦に着手。今月15日には「最後の攻撃」を始めたと述べ、最終局面に入ったと明らかにしていた。

IS:fire:敗北していない首都陥落:diable:活動は続く

BBC News Japan  10月18日15時28分配信

アゲ3 米国の支援を受けるシリア民主軍(SDF)は17日、過激派組織のいわゆる「イスラム国」(IS)が「首都」と呼ぶ北部ラッカを約3年ぶりに解放したと述べた。しかし、ISの活動が終わったわけではないと、BBCのポール・アダムス外交担当特派員は指摘する。背景にはシリアやイラク国内に依然として残る対立関係や主要国の思惑の違いなどがあるという。

ラッカ制圧、近く:fire:正式宣言=国家実現ついえるIS掃討続く

時事通信  10月18日14時26分配信

アゲ3 過激派組織「イスラム国」(IS)が「首都」と称したシリア北部ラッカでは、大規模な軍事作戦を終えた18日もクルド人主体の民兵組織「シリア民主軍」(SDF)によるIS残党の掃討や地雷の除去作業が続いた。SDFのスポークスマンは「間もなく解放が正式に宣言される」と話しており「イスラム国家」の実現はついえた。

ラッカ制圧は、7月に奪還したイラク第2の都市モスルに次ぐ大きな戦果。空爆などでSDFを支援する米軍主導の有志連合によれば、これまでの作戦でラッカ市街地の9割以上が既に解放され、残りの市域掌握も時間の問題とみられる。

これにより、シリアでISが勢力を維持するのは東部のイラク国境付近など一部に狭まった。イラクでもISが依然支配する地域はシリア国境沿いに限られ、IS攻略作戦は最終局面を迎えている。イラクのアバディ首相は17日の記者会見で「近いうちに国境地帯を確保し、全地域の解放を宣言する」と語った。

米軍主導の有志連合は「ISが(シリアとイラクで)かつて支配した地域の87%から戦闘員を駆逐し、650万人以上を解放した」とこれまでの成果を強調した。ISは当初、指導者バグダディ容疑者を預言者ムハンマドの後継者「カリフ」とみなし、両国にまたがる広大な地域で支配権確立を目指していた。 

ラッカ陥落:diable:最高指導者の所在不明IS戦闘員サーチ移動

毎日新聞  10月17日23時42分配信

アゲ3 過激派組織「イスラム国」(IS)の自称「国家」は17日、シリア北部の「首都」ラッカ制圧で事実上崩壊したが、他地域に拠点を移した戦闘員もおり、最高指導者アブバクル・バグダディ容疑者も所在不明だ。外国人戦闘員が母国でテロを拡散させる懸念もあり各国は警戒を強めている。「IS後」をにらんだ諸勢力間の勢力争い抑止や、住民の生活再建も大きな課題だ。

IS戦闘員は中東ではリビアやエジプト・シナイ半島への流入が指摘される。アジアでは5月に大規模な自爆テロが起きたアフガニスタンや、ISに忠誠を誓う過激派が伸長するフィリピンの当局が警戒。欧州各地でもISの影響を受けたとされる過激派が次々にテロを行っている。

バグダディ容疑者は死亡説も度々流れるが、9月に「勝利には忍耐が必要」と戦闘継続を呼びかける「肉声」が公開された。「イスラムの敵」殺害を正当化する過激派への影響力が懸念される。

米軍主導の有志国連合の支援を受けラッカ奪還を主導した武装民兵組織「シリア民主軍」(SDF)などクルド人勢力の伸長で、諸勢力間の争いの激化も懸念される。クルド人がトルコとの国境地帯に勢力圏を拡大すれば、トルコ国内の非合法組織・クルド労働者党(PKK)の動きを刺激する可能性がある。トルコ政府はSDFとPKKの連携を警戒しており、国境地帯の緊張激化が懸念される。

さらにIS撤退後の政治的空白を利用し、ロシアやイラン、米国などが影響力拡大に動けば、内戦が続くシリアの混乱がさらに長引く可能性もある。

IS支配が終わっても住民の生活再建はこれからだ。ラッカから避難中の男性は毎日新聞の取材に「市内は9割が破壊され、知人も戦闘で命を落とした。医薬品などの物資がなく、けが人が自力で治療しなくてはならない。戦闘終結でも全く喜びはない」と話した。

2017年10月17日 (火)

【衆院選 2017】<希望の党>✍有象無象の変節候補者たち(嘲)

希望の党>だけじゃない。<立憲民主党>の候補者共だって<小池ゆり子に一度は蹴られた者>共だ。前原代表の希望の党合流案toilet全会一致で承認したことは消すことの出来ない前科である。

相田みつを

希望の党で出馬:diable:中山成彬氏が森友学園問題安倍政権を攻撃変節」にܤäƤ百田尚樹氏ら保守界隈から批判の声続々

産経新聞 10月17日16時47分配信

アゲ3 衆院選に希望の党比例代表九州ブロックから出馬している中山成彬元文部科学相の発言が朝日新聞に14日、報じられ、保守層にショックを与えている。中山氏は平成21年に自民党を除名された後も「たちあがれ日本」「日本維新の会」「次世代の党」などを渡り歩いた。だが、その間も憲法9条改正論者で、南京事件についても事件の存在そのものを否定するなど、右派の代表的な政治家とみられている。

ところが希望の党からの出馬が決まると、「絶対権力は絶対腐敗する。自民党安倍さん、もういいでしょ。もう代わるべき」などと発言した、と朝日新聞に報じられ、自身のツイッターにも森友学園の国有地払い下げに関し、「安倍夫人に忖度しなければならない権力の影」などと森友学園問題をも蒸し返したことで、作家の百田直樹氏が15日、かみついた。

なんじゃ、このオッサン! 今まで籠池問題について一言も語っていないのに、希望の党に入った途端にこの発言」「小池(百合子・東京都知事)に『言え』と言われたかしらんが、節操がなさすぎる。そこまでして議員になりたいのか…情けない」(自身のツイッターへの投稿から)

左派の検問に抗議した際、暴力を振るったとして、那覇地検から在宅起訴され、左派の暴力的な活動を沖縄県で告発している同県東村の農場経営、依田啓示さんも「はぁ? 僕は『日本のこころ』タウンミーティングで、同じ経歴を紹介された上で、『あれには全く違法性がないから、安倍総理を支えよう! 』とほんの数カ月前にあなたに言われましたが…。もうあきれてものが言えない! 今まで『国士』として中山夫妻を尊敬してきたのに、この年齢で名前を汚すなんて」と怒りをあらわにしたツイートをした。

こうした動きに、ツイッターが「荒れている」と周囲に知らされた中山氏は、希望の党へ入ったいきさつを説明する投稿を繰り返した後、16日、次のようにツイッターに投稿した。

「尊敬する百田直樹先生に痛罵されていると知り、これまでの経緯を投稿しました。今回も一時は出馬を諦めたように、政治家に恋々としているわけではありません。これからも日本のためという信念は曲げません」

安保法制に反対しながら、希望の党に入信する際に言説を曲げた旧民進党所属の政治家が続出し、希望の党の求心力が落ちたように、中山氏の変節は今後の氏の活動にも影響を与えるかもしれない。
相田みつを
Photo_3
相田みつを

希望の党shadow小池の最側近:gotidea:若狭勝crying落選ピンチ

日刊ゲンダイ 10月14日配信

アゲ3 絶望的だ――。希望の党を率いる小池代表の側近、若狭勝が落選濃厚となっている。

鈴木 隼人40自(前)
若狭  勝  60希前
鈴木 庸介41立新
岸  良信62共新

12日の東京メトロ要町駅。午前7時半。通勤・通学に向かうせわしない人波の中、若狭は駅頭でマイクを握っていた。「希望の党は志半ばです」「もう一度私を国会に押し上げていただきたい」と熱弁を振るっていたが、足を止めて耳を傾ける聴衆や握手を求める人は、ほとんどいない。

連日の演説でノドを潰しているのか、有権者に聴いてもらえない悲しみのせいなのか、若狭はかすれ声で時折言葉に詰まりながら「しがらみ政治」からの脱却をひたすら訴え続けていた。

若狭が再選を目指す東京10区は、もともと小池が出馬していた選挙区だが、今回は、7万票以上をかっさらった昨年の補欠選挙のようにはいきそうにない。

12日の朝刊各紙は「自公300議席超」との情勢調査を報じた。調査などによると、若狭は自民の鈴木隼人に大きく差をつけられている。自民を離党して公明票を失った上に、希望の失速に伴って小選挙区での勝利が“望み薄”の状態だ。加えて、無党派の浮動票は、飛ぶ鳥を落とす勢いの立憲民主の鈴木庸介に流れている。

若狭さんは当選2回ですが、選挙は素人です。1回目は比例単独での当選。2回目は、自民党丸抱えの選挙でした。なのに、本人はまったく地元活動をしてこなかった。しかも、希望の党は混乱し、頼りの小池さんもすっかり有権者から嫌われてしまった。これで勝てるはずがありませんよ」(地元関係者)
相田みつを
Photo_4

演説後の若狭に「危機感を感じているか」と直撃すると、「票が割れて厳しいそういう意識はないですよ。手ごたえはあります。自民、立憲、共産などの各候補者と競い合うのはシビれる。刺激的な戦いですね」と何とも前向きな様子。
相田みつを
比例区にも重複立候補しているが、比例で救われるかは微妙だ。自民は、裏切り者の若狭を落選させるために、東京10区を「最重点選挙区」にし、人寄せパンダの小泉進次郎をはじめ、大物の応援弁士を続々と送り込んでいる。
相田みつを
Photo_5

2017年10月16日 (月)

【日経平均】10営業日続伸<年初来高値>更新中。

前週末米国株高を受けup全面高。東京株は10月以降北朝鮮情勢の緊迫にはsmoking一服感がみられ、衆院選で与党優勢が伝えられたこと等から時計10営業日でお金900円上昇約21年ぶり高値圏にある。

相田みつを

独占!afd371da北朝鮮高官の証言「我々はロケット日本海側の原発を狙う

現代ビジネス 10月16日9時00分配信

アゲ3 日本政界の混乱の合間に、米朝がにわかに一触即発になってきた。北朝鮮の次なる一手は、太平洋上でのミサイル水爆実験だという。朝鮮労働党幹部の生々しい声を、独占でお伝えする。

相田みつを

「トランプは一線を超えた」

先月9月は、アメリカと北朝鮮の対立が最高潮に達した「悪夢の月」だった。

3日に北朝鮮が、6度目の核実験(水爆実験)を強行。15日には、北海道上空を通過する「火星12型」中距離弾道ミサイルを発射した。

こうした事態に、トランプ米大統領が19日の国連総会で、金正恩委員長を「ロケットマン」と呼び、「完全破壊する」と警告。2日後の21日には、今度は金正恩委員長が前例のない声明文を発表し、「超強硬的対抗措置」を予告した。

さらに、国連総会出席のためニューヨークを訪れた北朝鮮の李容浩外相が、「太平洋で水爆実験を行う」ことに言及――。そんな中、本誌は北京と平壌を往復する人物に託す形で、朝鮮労働党幹部のホンネを聞いた。以下は、その一問一答である。

 
―― エスカレートする一方の米朝対立だが、金正恩政権の内部では、アメリカとの対立の激化を、どう捉えているのか

「これまでわれわれは、米帝(アメリカ)がわが国に対して、国連安保理を通じて、もしくは独自に経済制裁を科すたびに、怒りにかられてきた。だがそれでも、最後の一線は保ってきた。

だからこそ、8月(14日)に元帥様(金正恩委員長)が(朝鮮人民軍)戦略軍司令部を視察された際、『(アメリカの)行動をもう少し見守ることにしよう』と仰ったのだ。

だが、トランプが国連総会で行った、あの憎むべき演説で、すべてが変わった。あの演説は、わが国に対する『宣戦布告』に等しい。あの日を機に平壌は、もはや米帝との戦争しか道はないという雰囲気に一変した。

共和国(北朝鮮)の国民は、全員が準軍人と言ってもよく、戦争の準備は常に整っている。たとえ中国に逃亡する国民が少々いたとしても、その者たちは思想が固まっていない連中なので、勝手に出て行けばよい」

 ―― 具体的には、トランプ大統領の国連演説のどの部分が、北朝鮮をして「宣戦布告」と思わしめたのか

「それは2点ある。第一に、元帥様の声明の通りだ。すなわち『わが国の完全破壊という、歴代のどのアメリカ大統領の口からも聞いたことがない、前代未聞の無知蒙昧かつ狂人的な言葉を吐き続けた』ことだ。

もう一つは、(23日に)李容浩外相が国連総会の演説で述べたように、『わが国家の最高尊厳(金正恩委員長)を、ロケットになぞらえて冒涜した』ことだ。このような最高尊厳に対する冒涜も、これまで歴代のどのアメリカ大統領の口からも、聞いたことがない。

トランプは、わが国家及び国家の最高尊厳を、国連総会という世界最高の公の外交舞台で踏みにじったのだ。これは、それまでのようにトランプが、自分のオフィスで即興的に、周囲に向かって吐き捨てていたものとは、根本的に意味合いが異なる。まさにわが国に対する宣戦布告だ」

 ―― それで北朝鮮としても、前代未聞の金正恩委員長の声明という形を取ったのか

「あのトランプ発言を聞いて、怒り心頭に発した元帥様のご心情は、察して余りある。

それで元帥様は、直ちに最高幹部たちを招集して、トランプ演説に対抗する声明文の作成に取りかかった。草稿が完成してからも、元帥様ご本人が入念に推敲されたと聞いている」

 ―― その声明文には「われわれは史上最高の超強硬的対応措置の断行を、慎重に考慮していく」と書かれている金正恩委員長が言う「超強硬的対応措置」とは、具体的には何を意味するのか

「それは李容浩外相が、(9月22日に)ニューヨークで発言しているではないか。『過去最大の水爆実験を太平洋上で行うことになる』と。李外相の発言の通りだ」

「水爆をロケットに載せる」

 ―― 水爆実験は、今年中に行うのか

「すべては元帥様のお心次第だが、早期に実施するよう準備を進めている。これは、宣戦布告されたわが国のトランプへの報復であり、自衛の権利なのだ。

水爆は、ロケットに搭載して太平洋上に飛ばす。わが国が、核を搭載したロケットを長距離飛ばせることを、米帝と世界に示す。

この最大規模の水爆実験は、正々堂々と行う。わが国の然るべき場所にロケットの発射台を設けて、発射の準備を進める。(ロンドンにある)国際海事機関にも、ロケットを発射する期間と区域を、きちんと申告する」

 
――「太平洋上」とは、どこになるのか?8月9日、朝鮮中央通信は、「日本の島根県、広島県、高知県の上空を通過して、グアムまで到達する中距離弾道ミサイル4発を、(アメリカ領)グアムに向けて発射する計画を立てる」と発表している。狙いはグアムなのか

「われわれのロケット発射計画は、常に緻密な計算のもとに行われている。ロケットがグアムまで届くことは、すでに証明しているので、もう十分だろう。

われわれの目標は、アメリカ本土まで到達する核ロケットを、実戦配備することだ。だからこれから行う水爆実験は、ハワイとアメリカ西海岸を見定めた北太平洋に向けて発射する」


 
―― ハワイやアメリカ本土を攻撃するつもりなのか 

「攻撃ではない。あくまでも、攻撃できる能力を示すための発射実験だ。

われわれは、米帝を攻撃したいのではなく、先軍政治(軍事最優先の政治)によって強盛大国(軍事大国)になったことを証明し、対等の立場で米帝と交渉したいのだ。

一連の実験は、米帝によるわが国の体制転覆や、米帝が言うところの『斬首作戦』(金正恩委員長の暗殺)を抑止するための手段だ」

 
―― そうは言っても、北朝鮮がハワイや西海岸近くに水爆を搭載したICBM(大陸間弾道ミサイル)を撃ち込めば、アメリカは黙っていないだろう。そもそも発射前に、北朝鮮国内に設置された発射台を空爆する可能性があるが

「もしわが国のロケット発射台が米帝に空爆されたなら、即刻、米帝との全面戦争に打って出るまでだ。

まずは、ソウルを火の海にしてやる。無数の砲門がソウルを向いて国境付近に配備されていることを忘れてはならない。続いて、南(韓国)や日本にある米軍基地を、一斉に攻撃する。

もちろん、米西海岸の大都市に向けても、ロケットを放つ。たとえ一発であっても、米大陸に届かせてやろうというのが、元帥様の一貫したお考えだ。

 
―― 日本に対しては、どこに狙いを定めているのか

「第一に首都圏の横須賀基地、第二にわが国への攻撃に利用される在日米軍基地、そして第三に、日本海側に広がる原発だ。

日本が、全面的に米帝と一心同体だと言って加担するなら、われわれは日本を米帝の一部とみなし、日本にもミサイルの雨を降らせるだろう」

 
―― 北朝鮮が開戦したら、アメリカ軍が北朝鮮全土を一斉砲撃し、たちまち金正恩政権が消滅するのは確実だが

「最終的な結末が、どうなるかは知らない。だがそうなる前に、全面的な反撃を行い、わが国の尊厳を世界に顕示する。

ともかく、トランプの国連演説によって、わが国の最高尊厳のメンツが汚されたのだ。

お返しに、われわれが誇り高くロケットの発射台を設置して、果たしてトランプが引き続き強気のホラを吹き続けられるかどうかを、見定めてやろうではないか」

「もう中ロにも止められない」

 ―― このまま米朝の対立がエスカレートしていけば、北朝鮮と深い関係にある2大国、すなわち中国とロシアが、仲介に乗り出すのではないか

 「中ロの仲介は、さほど期待していない。なぜなら、まずわが国と中国の習近平政権との関係は、将軍様(金正日総書記)と胡錦濤政権の蜜月時代とは隔世の感がある。

中国の国有銀行は最近、中国各地にあるわが国の大口預金を、何の予告もなく一斉に凍結してしまった。もしわが国が米帝と開戦したら、(中朝)軍事同盟を口実に、鴨緑江を渡って侵略してくるかもしれない。そんな信用ならない国に、わが国の浮沈がかかった重要事を託せるはずもない。

また、ロシアのプーチン政権とは、このところ大変良好な関係を築いていて、プーチン大統領の年内の訪朝を、重ねて要請している。だが問題は、ロシアと米帝との関係が悪いことだ。

いまのロ米関係を考えると、やはりプーチン政権に調停役を求めるのは、荷が重いだろう。その他、南(韓国)の文在寅政権は、話にならない。日本の安倍晋三政権も同様だ。

日本はかつて、米帝に追い詰められて米帝と戦争した過去があるというのに、いまや米帝の手先となって、わが国を圧殺しようとしている。日本はまったく歴史を教訓としていない。

ともかく、いま起こっている問題は、わが国と米帝とが、2国間で向かい合って解決していくしか方法はないのだ」

 ――1994年の第一次北朝鮮核危機の時は、最終盤でカーター元大統領が、クリントン大統領特使として訪朝し、間一髪で米朝開戦を回避した。今回も、トランプ大統領が特使を派遣することは考えられるか特使を派遣するとしたら誰になるのか

「平壌に特使が来るとしたら、おそらくティラーソン国務長官になるだろう。いまのトランプの周辺で、わが国が受け入れ可能な高官は、ティラーソンしか見当たらないからだ。

その際には、わが国はリ・スヨン外交委員長が中心になって、応対することになるだろう。

だが、これは米帝に強調しておきたいが、ティラーソンが平壌へ来るとしても、チャンスはたった一回だけだ」

 ―― ティラーソン国務長官が訪朝した際には、北朝鮮はアメリカに何を求めるのか

「求めることは、主に2点だ。

第一に、わが国を核保有国と認定すること。米帝やロシア、中国、フランス、イギリスのいわゆる5大国、それにインドやパキスタンまで核保有国と認められているのに、わが国だけダメというのは、どうしても納得できない。

わが国は自衛の手段として、どうあっても核保有国として生きていく。そのことを認めてもらわねばならない。

もう一点は、わが国と米帝とで、朝鮮戦争の休戦協定に代わる平和協定を締結することだ。平和協定の締結に向けて当事者同士が行動を起こすことこそが、朝鮮半島の平和への早道なのだ」

相田みつを

----------
近藤大介(こんどう・だいすけ)
(本誌編集次長)アジア取材をライフワークとする。新著『大国の暴走』(渡部恒雄氏、小泉悠氏との共著)他、24冊の著書がある

2017年10月15日 (日)

【半島危機】待ったなし<米朝戦争>✍<その後>の憂鬱・・・・

先月の国連制裁決議が額面通りに履行されたなら:uff:3箇月後には<効果が表れる頃>だそうだ。となれば年末からふきだし・・・来年にかけてが[みんな:02]正念場。やはり砂時計選挙するならかに座この時期しかなかった。日本の命運を決めるメモ総選挙までちょうど1週間。戦争を回避できるのは北朝鮮の決断次第なんだが。

相田みつを

朝鮮半島有事afd371da武装難民

自衛隊は発砲できない。不幸な事件が起こる前に…

SPA! 10月14日9時00分配信 /小笠原理恵(「自衛官守る会」顧問)

アゲ3 麻生太郎副総理が「武装難民が来たら射殺するのか」といった趣旨の発言をして話題になりました。朝鮮半島有事には、戦乱を避けて多くの戦争難民が北朝鮮、韓国から逃げ出すと予想されています。そのうち数十万人の難民が小型ボートや漁船などに乗り込み、海を越えて我が国に押し寄せる可能性があると言われています。

Photo

四方を海に囲まれ平和に過ごして来た日本人は、身近に水爆実験を行いICBMを領海近くに撃ち込んでくる国があるのに、なぜか自分たちの安心安全な生活は続くと考えているのです。しかし、9.11同時多発テロの経験を持つ米国はそうではありません。先頃トランプ大統領がニューヨークの国連総会で北朝鮮のことを「ならず者国家」と呼び、やむをえない場合には「完全に破壊する」と言う内容の演説をしました。外からの軍事攻撃の恐怖を知っている国は、その問題に敏感に反応するのです。

さて、紛争が起こった際には北朝鮮からの大量の難民が小型船などでやってくることが予想されます。難民はそれぞれ身の回りの物をもって身近な海岸から思い思いの方向へ船出し、たどり着けそうな陸地を目指します。日本の海岸線は長い。よほどの切り立った断崖でなければ上陸が可能です。

大きく報道されることがないので知らない人も多いのですが、朝鮮半島からと思われる不審な木造船などが海岸に乗り捨てられている事件は今も起こっています。たとえば、今年の7月12日、青森の外ヶ浜町平舘漁港で陸揚げされていた木造船が爆発し、異臭が発生した事件が日テレニュースで報道されていました。この船は遺留物から北朝鮮の船と考えられているようです。北朝鮮や韓国の難民船も日本のどこかの海岸にたどり着ける可能性は高いのです。

難民船を取り締まるのは海保の仕事です。しかし、海上保安庁の巡視船は現在でもカツカツの運用で、しかも老朽化しているために速度も出ません。通常、不審船を見つけた場合は立入検査をし、不法入国者であればその身柄を巡視船に移し、乗って来た難民船を曳いて帰ります。でも、大量の難民船が来た場合、巡視船がそんなことをしている間に他の船は次々と陸地に到達し、思い思いに食料と居住場所を求めて上陸するでしょう。
相田みつを
日本の広く長い海岸線すべてに警察の目が光っているわけではありませんから、各地の民家に食料、水、そして居住場所を求めて大量の外国人がやって来ることが容易に想像できます。不法入国者に対処できる捜査権を持っているのは自衛隊ではありません。海保です。

麻生副総理が言うように、難民の中に朝鮮半島から来た工作員が紛れ込んでいる可能性もあるのですが、一般難民の中に紛れている工作員は簡単に判別できません。明らかに武装したテロリストであれば海上警備行動が発令される可能性も出ますが、かなり難しいのです。当たり前ですが、戦闘員じゃない外国人にいきなり発砲はできません。犯罪者としての検挙は海上保安庁や警察の仕事です。自衛隊は難民に対処できないのです。

海賊対処中のロシア軍がAk630と思われるCIWS(近接防御用の兵器)で海賊を撃っている動画がYouTubeにあります。一瞬で海賊船が木っ端みじんに引きちぎれていました。軍の持つ兵器の能力は高いのです。自衛隊もそういった様々な装備品を持っています。兵器の能力だけの話ならば、自衛隊も一瞬で難民船を木っ端みじんにできる武力を有しています。
相田みつを
しかし、一般難民に対する武力行使は国際法でも国内法でも違法です。当然、攻撃などしません。海保が対処し切れず右往左往していたとしても、それが一般難民であれば犯罪者検挙です。自衛隊は何もできません。つまり、不法入国者が指示に従わず、抵抗してきた場合の正当防衛射撃と難民に紛れた武装テロリストに対し海上警備行動が発令されている場合以外は撃っちゃダメなのです。

我が国は難民の保護と救済のための「難民条約」を批准しています。条約難民は保護対象なので、まず条約難民かどうかを認定審査することになります。戦争難民はこれまで審査中には仮上陸を許され、指定された区域内での居住と活動を義務付けられるものの、かなり自由に生活することができていました。でも、仮上陸中の難民が所定場所から逃げ出しても、入管や警察には追跡するだけの人員も能力もありません。

EUでは多くの戦争難民を難民認定し受け入れてきましたが、それが大きな社会問題になっています。難民も生きる権利を主張し、食料、居住場所を求めます。EU内で犯罪率が上がり、テロが頻繁に起こり、不法占拠されたキャンプでは乱闘事件も起こっています。今、EUで起こっているさまざまな難民問題は、ごく近い将来に我が国でも起こる可能性があるのです。

沿岸地域に住む知人に、戦争難民が上陸して保護を求めてきたらどうするか、聞いてみました。

「年寄りしかいない家に突然、外国語しか喋れない男たちがいっぱいやって来たら、それは怖いわ。まずお婆さんは病気で逃げられないし」

普段の生活では考えられない状況なのでパニックになりそうです。

「向こうは食べるもんも寝る場所もないなら、必死でしょ。いくら戸締りしてたって安心なんかできるわけない。言葉もわからん人が大勢で、まして武器なんか持ってたりしたら……考えただけでゾッとするわ」

不法上陸して食料も寝る場所もなくさまよう難民を素早く保護するためには、警察、入管の体制を整える法整備と予算付けが絶対に必要です。難民を保護するにしても収容施設がなければ困りますし、武装難民には自衛隊と警察が合同で対処できるシステムを早急につくらなければなりません。次の総選挙には憲法改正が論点になるのだそうですが、今のままでは難民対策は後手後手です。不幸な事件がおこらないように、海朝鮮半島有事に備え、あらゆる危機に素早く毅然と対応できる国になってほしいと切に願います。
相田みつを

衆院選>に影響か:blabla:台風発生の可能性台風前線で情勢悪く・・・

毎日新聞 10月15日7時33分配信

アゲ3 第48回衆議院議員総選挙まであと一週間。このタイミングで、天気予報的には暗雲が広がっています。日本の南に選挙の行方を左右しかねない2つの「雲」が存在しているからです。


熱帯低気圧 ⇒ 典型秋台風で接近
相田みつを
グアムの南西海上にある雲の塊。こちらが15日(日)午前3時に、台風のたまごである熱帯低気圧と解析されました。今後も発達を続けた場合、台風になる可能性が高く、その後の進路が気になるところです。台風は太平洋高気圧の縁に沿って北上します。
相田みつを
例年10月になると夏の高気圧が弱まり、台風は南の海上を進むことが多いのですが、今年は(先日季節外れの真夏日になったように)高気圧が強く、9月と同じような状況になっています。つまり、台風の通り道となる太平洋高気圧の縁がちょうど本州付近となり、台風が本州を直撃しやすい状況なのです。この熱帯低気圧が台風となった場合、来週にかけて日本に接近するかもしれません。
相田みつを
※ただし、まだ予報のブレがかなり大きいため、今後どうなるかまだ不透明です。
相田みつを
秋雨前線停滞 ⇒ 雨+寒いが続く
相田みつを
今週前半から西・東日本で雨や寒さをもたらしている秋雨前線。来週にかけても、ほとんど動くこと無く停滞を続け来週半ばにかけては強い雨の恐れがあります。
相田みつを
さらに先述した台風が生まれた場合、たとえ日本に直撃しなかったとしても、この前線を刺激し各地に大雨をもたらすリスクが強まることも考えられます。

選挙活動・投票率に影響
相田みつを
ということで、特に東名阪では来週末まで、天気が良くなる要素がないのです…。
相田みつを
この気象条件が各地で行われる候補者の活動や、期日前投票、そして選挙当日22日の有権者の投票に影響をもたらすかもしれません。投票に行かれる皆さんは雨・寒さへの対策をしっかりとおこなって、清き一票をお願い致します。

2017年10月14日 (土)

【半島危機】今度こそグアム沖か✍<弾道ミサイル>発射準備中。

16日から始まる<米韓合同海軍演習>を前にしゃれこうべ不穏な動き。日本は総選挙の真っ只中。投票日前にロケット動きがあれば自民党の雪崩的な圧勝もありうる。自民単独で300議席が目標だよ(笑)。国民の圧倒的な支持を背景に安倍さんには毅然とした外交を展開してもらいたいヨ。それしかないでしょ。

相田みつを

afd371da北朝鮮グアム周辺へのロケットミサイル発射を再び:diable:示唆

CNN.co.jp 10月14日12時19分配信

アゲ3 北朝鮮の朝鮮中央通信(KCNA)は13日、米国による「無謀な動き」があれば北朝鮮政府は行動を取らざるを得なくなると警告し、米領グアム周辺に向けてミサイルを発射する可能性を改めて報じた。KCNAは外務省米国研究所の研究員の話として、「われわれは既に幾度か、米領グアム周辺の海域へのミサイル発射を含む自衛のための対抗措置を取ると警告してきた」と伝えた。


研究員はそのうえで「米国の軍事行動は、米国を炎で抑え付けなければならないとの我々の決意を固めさせ、最も強硬な対抗措置を取るための『引き金』に我々の手を近づけさせている」と続けた。

トランプ米大統領は8月、北朝鮮が小型核弾頭を生産したとの米情報機関の評価を受け、北朝鮮政権は「世界が見たこともないような炎と怒りに直面」することになると警告。これに対し北朝鮮は、グアム周辺を標的にする計画を検討していると明らかにしていた。

KCNAは米国の「挑発行為」として、トランプ大統領による一連の激しい威嚇、朝鮮半島近海への米原子力潜水艦や空母の最近の配備、米国と韓国による新たな合同海軍演習などを列挙。「朝鮮半島情勢を爆発にまで追い込む」責任は米国のみにあると結んだ。

北朝鮮政府による今回の警告に先立っては、数週間にわたり緊張が高まっていた。16日には米韓両国による合同海軍演習が始まる予定で、緊張がさらに高まるのは必至だ。
相田みつを

北朝鮮送電線を破壊する:diable:韓国ブラックアウト爆弾」の効果

Newsweek日本版 10月10日16時48分配信

送電施設に炭素繊維をばら撒いてショートさせる新型兵器

アゲ3 核攻撃能力を強化する北朝鮮に対抗するため、韓国軍も新たな兵器の実装配備を進めている。

8日の聯合ニュースの報道によると、韓国の国防科学研究所(ADD)は、有事の際に北朝鮮の電力供給網を停止させ、人的被害を出さずに北朝鮮の戦争遂行能力を奪う「ブラックアウト(停電)爆弾」を開発した。

取材に応じた韓国軍関係者は「いつでもブラックアウト爆弾を製造できる段階に入った」と語っている。この爆弾は、戦闘機から発電所をめがけて投下され、クラスター爆弾と同様、空中で爆発して小型の弾筒に分裂する。そこから炭素繊維が放出されて送電施設をショートさせる。

第一次湾岸戦争中の1991年に米海軍が初めてこの爆弾をイラクに対して使用した。1999年のコソボ紛争でも、北大西洋条約機構(NATO)がセルビア軍に対して使用している。

NATOのジェイミー・シェイ報道官(当時)は、このブラックアウト爆弾が敵に与えるのは主に心理的なダメージで、停電を引き起こすことで文字通り「無力化」されたと敵に感じさせることができる、と話していた。「我々は必要に応じ、その気になればいつでも停電を起こせる」と、シェイは当時、英BBCニュースの取材に語っている。

韓国は、北朝鮮によるミサイル発射の兆候を事前に察知して、北の核・ミサイル施設に先制攻撃を仕掛ける新たな防衛システム「キルチェーン」を構築中で、この中で使用する兵器の一つにブラックアウト爆弾を追加しようとしている。

韓国軍が準備を進める防衛システムには3段階あり、(1)「キルチェーン」のほかにも、(2)北朝鮮による核・ミサイル発射を探知し迎撃する「韓国型ミサイル防衛」(KAMD)、(3)実際に攻撃された場合に特殊部隊の投入などで北朝鮮指導部に報復する作戦(KMPR)がある。

韓国政府は当初、防衛システムの完成時期を2020年代半ばとしていたが、北朝鮮の核開発が急速に進んでいることに危機感を強め、2020年代初めに前倒しした。

米研究機関「核脅威イニシアチブ」などの監視団体は、北朝鮮が今年に入ってすでに19回のミサイル発射実験を実施し、そのうち2回は米本土に到達可能な大陸間弾道ミサイル(ICBM)だったと報告。

北朝鮮は9月に6回目の、水爆とされる過去最大規模の核実験を実施した。韓国の軍関係者は「北朝鮮のいかなる攻撃も防御するため、監視態勢の強化を続けている」と、話している。

相田みつを

欧州米のイラン制裁阻止に全力afd371da核合意死守coldsweats02綱渡り外交

産経新聞 10月14日7時55分配信

アゲ3 英仏独などイラン核合意を推進してきた欧州勢はその死守のため、今後は米国の制裁再開の阻止に全力を挙げる構えだ。米側にはイランへの圧力強化で協調姿勢も示し、理解の取り付けを図る。だが、イランへの配慮も必要であり、綱渡りの外交を迫られる。

トランプ米政権は核合意にとどまる方針だが、一方的な制裁再開が決まれば、事実上の合意破棄につながる。その結果、軍拡競争などで中東が不安定化することが欧州の最大の懸念だ。

経済関係への影響も大きな懸案だ。合意履行開始に伴う制裁解除後、欧州連合(EU)各国とイランの貿易量は倍増。欧州企業は自動車やエネルギー分野などでイラン市場への復帰を進めているが、米国の制裁はこれらのビジネスにも打撃を及ぼすことになる。

欧州側は米国が指摘するイランの弾道ミサイル開発などは核合意と「別問題」(モゲリーニEU外交安全保障上級代表)との立場。ただ、イランへの対処には「核合意は不十分」(マクロン仏大統領)とし、米国と懸念は共有する。EUはこのため、イランへの圧力を高める方策を検討中だ。

欧米メディアによると、欧州側の駐米大使らもこうした姿勢を米政府や米議会に伝えるなどし、合意堅持に向けたロビー活動を激しく展開。一方、逆に圧力強化がイランの反発を招き、合意がほごにされる恐れも否めず、「極めて用心深い調整が必要」(外交筋)との声が上がっている。

2017年10月13日 (金)

【衆院選 2017】“民進は不滅”✍参院幹部“復党”呼びかけ!?

今回衆院選を<希望の党>や<立憲民主党>などで戦っている民進出身者の再結集を模索する動きが表面化。選挙の後で叫びそうなる可能性はあると思っていたが、選挙戦の最中にshadow参院の“民進党”幹部が驚く堂々とカラオケ街頭演説で吠えてるんだから驚く(苦笑)。ホント民進の人達は愚かさが際立ってる。

相田みつを

前原代表を解任する動きもafd371da民進党不滅

参院民進党:diable:選挙後の再結集模索

産経新聞 10月12日21時56分配信

アゲ3 民進党の参院議員の多くが希望の党に合流せず、希望の党や立憲民主党、無所属として衆院選を戦っている民進出身者の再結集を模索していることが12日、分かった。小川敏夫参院議員会長らが提唱しており、衆院選後の両院議員総会で前原誠司代表を解任する案も検討されている。

民進党から大量の前職を送り込んだ希望の党の候補が衆院選後に古巣に戻ることになれば、有権者への背信行為ともなりかねない。長嶋茂雄さんの言葉を借りれば、民進党は不滅です」。小川氏は12日、東京・JR大森駅前で行った立憲民主党候補の応援演説で、民進党が選挙後も存続することを強調した。

その上で「今回やむを得ず希望の党から立候補している人もいるだろうし、無所属で信念を通している人もいる。選挙後は、これまで一緒にやってきた民進党を大きな軸として結集し、自民党の安倍晋三政権を打倒する」と訴えた。

小川氏は産経新聞の取材に対し、前原氏が決断した希望の党への合流について「思い通りになっていない」と指摘した。小川氏が民進党の参院議員に聞き取り調査をしたところ、過半数が希望の党への合流を望まなかったことも明らかにした。

小川氏は「これまでの民進党のように(左右)両ウイングが結集すべきだ」と強調した。党内には、衆院選後ただちに両院議員総会の招集を求め、前原氏が代表を辞職しない場合、解任決議案を提出する動きがあるという。

afd371da民進党を“再結集”「合流間違いだった」と期待する声

ホウドウキョク 10月13日16時35分配信

「民進党は不滅です」

アゲ3 衆院選の激しい戦いが続く中、民進党の参議院議員の多くが、選挙後に希望の党に合流せず、希望の党からの立候補者も含め、民進党の再結集を模索する動きが浮上し、波紋を広げている。

ある民進党出身の、希望の党の候補者は「合流は間違いだった」と語るなど、民進党再結集に期待する声も広がっている。

民進党の小川参院議員会長は12日の街頭演説で「民進党は不滅です。民進党は、これからもしっかりと存続します。立憲民主党、本当に信念を通している。よくわからないから、やむを得ず希望の党から立候補の人もいるでしょうし、無所属で信念通す人もいた。また、この選挙が終わったら、民進党を大きな軸として、しっかりと結集して、安倍自民党政権、絶対に打倒する。皆さまに約束する」と述べ、民進党を党として維持すると表明した。

民進党への「復帰」呼びかける

そのうえで小川氏は、今回の衆議院選挙で当選した立憲民主党や、無所属の候補だけでなく、希望の党から立候補して当選した人も含めて、民進党を軸に結集を図りたい考えを強調した。

前原代表は、衆議院選挙後に、参議院議員も希望の党に合流する方針を示していた。

しかし、この方針について、小川氏は記者団に対し「議論も機関決定もしていない」と一蹴したうえで「民進党参議院議員の過半数は、希望の党には行かない」と述べ、参議院議員が中心となって民進党を存続させ、再結集の受け皿とする考えを示した。

「民進党参議院議員の過半数は、希望の党には行かない」

実際、参院議員の多くは、希望の党への合流に否定的で、「党を壊した前原代表は完全に終わりだ」などと、前原氏の辞任や解任に向けて動いている議員もいる。

ただ、選挙直後に党を移ることには慎重な意見もあるほか、立憲民主党の枝野代表は、民進党に戻ることを否定。BSフジプライムニュースで「選挙終わりましたから、元さやに戻るというような話ではない」と述べた。

一方、公明党の山口代表は、13日午前、こうした動きについて、「国民を欺くようなことをしている人たちに任せるわけにはいかない」と批判した。民進党の幹部が、希望の党の当選者にも民進党への「復帰」を呼びかける方針を示したことで、選挙戦に少なからず影響を与える可能性がある。

相田みつを

衆院選民進系再結集狙う:blabla:希望失速、政権との対立軸に

毎日新聞 10月13日21時53分配信

アゲ3 希望の党への合流をめぐって分裂した民進党出身の前職らが衆院選後に再結集を狙う動きが加速している。希望の党が自民党との関係を含めて政権構想を明確に示せず伸び悩んでいるため、自公政権と対決する野党を再建する狙いがある。

民進党に党籍を残したまま無所属で立候補している岡田克也元代表は13日夜、三重県いなべ市内での演説会で「民進党は分かれたが私はあきらめていない。選挙後、もう一度野党をまとめる必要が出てくる。無所属が軸になって大きな塊にする責任がある」と訴えた。

岡田氏は無所属で出馬した民進前職のネットワークを結成し、民進党出身の希望、立憲民主、無所属の候補の選挙区に応援に入っている。岡田氏と同じく無所属で出馬し、ネットワークに賛同している野田佳彦前首相も希望も含め、候補の政党を区別せず応援を続けている。

希望への合流を拒否した岡田氏や野田氏が希望候補の応援に入るのは、希望に参加した前職も含めて「民進系」を軸に選挙後に連携し、野党を再編できるとみているためだ。希望ではない、政権との対立軸を作る必要があると考えている。

選挙区事情などから希望に参加したという前職も多く、復帰の可能性はある。希望が失速していることもあり、希望に参加した前職は「民進党から出たほうが100倍良かった」と漏らす。

民進党の小川敏夫参院議員会長は党存続を求めている。岡田氏らは、選挙後に両院議員総会を開き、参院側の賛同を得て党を存続させ、再結集の受け皿とすることもにらむ。

希望の小池百合子代表(東京都知事)は民進党出身前職をひきはがそうとする再結集に不快感を示している。13日には記者団に「あちら様のことだ。それならずっと民進党でいる選択肢もあった」と語った。一方で、都内での街頭演説では野田氏について「日本新党で一緒にスタートした。日本の政治を大きく動かした立役者」と褒めちぎった。

前首相という理由で排除した野田氏を持ち上げたのは、排除への批判を懸念したと同時に、岡田、野田両氏らが再結集の核になることを警戒しているためとみられる。

再結集にはハードルもある。それぞれが新たな看板で戦いながら、選挙後に「元のさや」に戻れば批判は免れない。立憲の枝野幸男代表は連携には前向きだが、民進党への復帰は否定している。

«【東名追突死】<煽り>走路妨害で、子供残して夫婦死亡。

無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31