« 【新型肺炎】インフルやエボラと比べ<COVID―19>✍どの程度に危険なのか | トップページ | 【新型肺炎】既に感染率6%超<停泊クルーズ船内✍集団感染>世界から心配される「日本」 »

2020年2月14日 (金)

【新型肺炎】スペイン風邪なみ<COVID―19>✍世界の3分の2が感染する可能性!?

新型コロナウイルス、世界の3分の2が感染する可能性も―専門家

Bloomberg 2020年2月14日(金)3時05分配信

中国で劇的に感染症例が増加している新型コロナウイルス。状況ははるかに悪化する可能性があると、世界保健機関(WHO)の非常勤顧問を務める感染症の権威、アイラ・ロンジーニ氏は警告する。

フロリダ大学で感染症を統計・定量的に分析する研究所の共同所長を務めるロンジーニ氏は、中国における新型コロナウイルス感染拡大の研究を調査。同氏の試算によると、最終的な感染者数は数十億人に達する可能性がある。現在の公式発表は約6万人。

ウイルスがこの規模にまで広がれば、数千万人の居住地隔離など中国が採用した厳しい封じ込め策にも限界があったことを浮き彫りにする。WHOのテドロス事務局長は、中国の隔離措置はその他の地域や国に準備するための猶予を与えたとして、称賛している。

隔離措置は感染拡大を遅らせるかもしれないが、隔離前の時点で既にウイルスは中国内外に広がる機会があったと、ロンジーニ氏は指摘。感染拡大を半分に抑えたとしても、世界のおよそ3分の1が感染することになると論じた。

爆発的な流行の可能性を警告するのは、ロンジーニ氏だけではない。インペリアル・カレッジ・ロンドンのニール・ファーガソン氏は、中国では毎日5万人が新たに感染している可能性があると見積もる。香港大学のガブリエル・レオン教授(公衆衛生学)も、このまま放置すれば世界の3分の2近くがウイルスに感染する恐れがあると述べていた。

一方、2003年にWHOの重症急性呼吸器症候群(SARS)対応を監督したデービッド・ヘイマン氏は、ウイルスの拡大規模を的確に予想するにはさらなるデータが必要だと論じる。ロンドン大学衛生熱帯医学大学院の同氏は、「中国以外の国々は極めて効果的に流行を抑え込んでいる」と語った。

新型コロナウイルス症状は、かくして「COVID-19」と名付けられた

WIRED 2020年2月14日(金)8時11分配信

世界最大規模のAV機器見本市「ISE(Integrated Systems Europe)」が、いまオランダのアムステルダムで開かれている。ノーム・カーソンにとって今年のイヴェントは、非常に“有意義”なものになっているはずだった。

カーソンはアリゾナ州テンピでAV機器メーカーを経営している。主力商品は、末端にさまざまなコネクターがついた高品質なHDMIケーブルだ。カンファレンスは例年より参加者が少なかったものの、カーソンはそこで得た成果に満足していた。

ところが、2月11日の正午過ぎになって、いきなりカーソンの携帯電話が鳴り始めた。本社にも恐ろしい勢いで電話が殺到し始めたという。なんとカーソンの会社の名前が「Covid」だったからだ。あろうことか、新型コロナウイルスによって発症するあの病気の名称が「COVID-19」に決まったと発表されたのである。

名称にまつわる波紋

世界保健機関(WHO)によると、シリアル番号のようで呼びづらかった「2019-nCoV」という呼称を今後は使用しない。世界中で40,000万人以上の感染者と1,000人以上の死者を出したこの病気には、「COVID-19」という正式名称が付くことになった。

「COVID-19」という名称には、「CoronaVirus Disease, 2019」(2019年にコロナウイルスにより発生した病気)を意味する。また、国際ウイルス分類委員会のコロナウイルス研究部会は、発表した論文(まだ審査前の草稿の段階だが、通過する見込み)のなかで、病原体となったウイルスの名称を「SARS-CoV-2」(Severe Acute Respiratory Syndrome Coronavirus 2=重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2)と定めている。

これでも、あまり呼びやすくはないかもしれない。確かにこの新しい名前には、「SARS」や「鳥インフルエンザ」のように、口になじむ感覚がない。カーソンとCovid社にとってもいい迷惑だろう。

「わたしたちは商業市場向けにハイエンドなコンセントやケーブルを製造販売しています。懸命な努力を重ねてブランドを育て、また良質な製品を開発してきました」と、カーソンは言う。「そうした意味で、世界規模のパンデミックと当社が関連づけられてしまうことを、かなり危惧しています」

まったくその通りだろう。大手飲料メーカーのアンハイザー・ブッシュ・インベブのマーケティング担当に聞いてみてもいい。なにしろ、あの「コロナビール」をつくっているのだ。

「AIDS」を巡る混乱

ウイルスの分類は、記事の見出しを考える人々やWikipediaの執筆者の便宜を図るためではない。ウイルスの名称決定には真剣に取り組まなければならない。病気の呼び方次第で、その病気の患者が重い烙印を背負わされることもあるのだ。

かつてAIDS(エイズ、後天性免疫不全症候群)は、ウイルス分類学者が介入する前には、非公式に「GRID(Gay-Related Immune Deficiency=ゲイ関連の免疫不全)」と呼ばれていた。この名は同性愛嫌悪をかき立て、デマを拡散する一方で、注射器でドラッグを打つ依存症患者や輸血を受ける人もこの病気にかかる可能性がある点が見過ごされる結果を生んだ。

こうして、原因となるウイルスを発見して名付ける“戦い”が起き(最終的にHIV=ヒト免疫不全ウイルスと呼ばれることになった)、病気の特定や命名(AIDS=後天性免疫不全症候群)でも争いが起きた。結果的にこの問題を巡り、世界のウイルス学コミュニティは数十年にも渡り混乱することになったのだ。

名前を付けることの難しさ

名称をつけることは、昔もいまも難しい。WHOは2015年、新たに発生した感染症の名称決定に関するガイドラインを発表している。それまでの数十年間、世界各国の事情や文化をまるで考慮せずに名前を決めていたという反省の上に立ったものだ。世間で呼び名が生まれて流通し始める前に、科学者が早く名前を決められるようにする意図も含まれていた。

もちろん、決め方にはルールがある。名称は病気の症状や重さといった科学的な基準に沿って、その病態を表す普遍的な単語を含んでいる必要がある。地名(スペイン風邪)や人物(クロイツフェルト・ヤコブ病)、動物(鳥インフルエンザ)にちなんだ名前は使えなくなっている。

医療情報サイト「Stat」に1月に掲載された記事によると、香港市民は2003年当時、「SARS」という名称を嫌っていた。SARSは「Special Administrative Region in China」つまり「中国の特別行政区」の頭文字をとった略称の一部を含み、香港に対する皮肉のようにも感じられたからだ。

その10年後の事例では、オランダの研究者が病原体のコロナウイルスを「HCoV-KSA1」と名付けた。今度はサウジアラビアの指導層がお気に召さなかった。「Human Coronavirus, Kingdom of Saudi Arabia」つまり「ヒトコロナウイルス、サウジアラビア王国産」と読み取ることができたからだ。この病気は結局、「MERS(中東呼吸器症候群)」と呼ばれることになったが、これでもまだ中東全体を非難しているようにも聞こえてしまう。

病名「COVID-19」が示唆する未来

こうしたさまざまなルールに従った上で、政治的に微妙な問題を回避した結果として生まれたのが、味気ない「COVID-19」という名称だ。

「地名でなく、動物名でもなく、個人名や集団名でもない名前を見つける必要がありました。同時に、発音しやすく、病気と関連性がある名前です」と、WHO事務局長のテドロス・アダノム・ゲブレイェススは2月11日の記者会見で語った。「今後コロナウイルスのアウトブレイクが起きた際には、このフォーマットに沿って名前を決めていくことになります」

結果としてどうなったかと言うと、ニール・カーソンのCovid社は不愉快な思いをし、早とちりして「Corvid」(カラス科)と読んでしまったカラスやワタリガラスの愛好家も嫌な気持ちになった。「covid」はまた、17世紀にマカオや中国本土で使われていた長さの単位でもあるが、さすがにもう使っている人はいないだろう。

不気味に思えるのは、「COVID-19」が病名のひな形となっていくことだ。末尾に付いている数字は、世界が今後の数十年でさらに多くのコロナウイルスに直面する可能性を暗示している。この17年で3種類もヒトに感染するコロナウイルスが出現した事実からも、同様の未来が予測できる。

ウイルスに「SARS-CoV-2」という名が付く理由

ウイルスの名前をそれが引き起こす病気の名前と異なるものにしておくことも、将来的な命名問題を避けるうえで役立つ。これまでは病気を引き起こして初めて、そのウイルスの存在が科学者に知られていた。この場合、ウイルスの名前と病気の名前とに相関性があったとしても、不思議ではない。

しかし、この10年に限ってみると、科学者が発見したウイルスの大部分は特定の病気と結びついていなかった。ライデン大学医療センターの名誉ウイルス学者で、コロナウイルス研究部会に長らく所属してきたアレクサンダー・ゴルバレニヤは、「いまでは病気を引き起こしたことで発見されるウイルスのほうが、かなり珍しくなってきています」と話す。

そうなると今回のウイルス「SARS-CoV-2」は珍しい部類ということになる。「ウイルスと病気の名前がどの程度重なり、どの程度の情報が名前に反映されるかは、その時々の歴史的状況により変わってきます」と、ゴルバレニヤは言う。「今回の新型ウイルスは名前に『SARS Coronavirus(SARSコロナウイルス)』を含んでいます。非常に近縁で、同じ種に属しているからです」

このあたりの事情は少しややこしい。SARSという病名が2003年に付いたのは、ウイルスに名前が付くよりも先だった。科学者は結局その病気にちなみ、「SARS-CoV」という名をウイルスに付けた。新型コロナウイルスの名称「SARS-CoV-2」は、2003年のその病原体から来ている。遺伝子的に近縁だからだ。

候補名はほかにも存在していた

別の名前が付く可能性もあった。中国の国家衛生健康委員会は2月7日、病気の名称を「新型コロナウイルス肺炎」(NCP)とすることに決定したと発表している。また、医療情報サイト「Stat」の1月の記事によると、候補名はほかにも存在していた。

ところが、「South East Asia Respiratory Syndrome」(東南アジア呼吸器症候群)も、「Chinese Acute Respiratory Syndrome」(中国急性呼吸器症候群)も、頭文字をとった略称には問題があった。

「ほかのウイルスがどのように名付けられているか見ていくと、この種に属するウイルスは名称がさまざまであっても、どれも名前に『SARS Coronavirus』という単語を含んでいることがわかりました。そうとわかってみれば、新型ウイルスも『SARS Coronavirus』と呼ぶのが妥当ではないかと思えるようになりました」と、ライデン大学のゴルバレニヤは言う。「非常に単純な発想です」

その結果として、たまたま少し複雑に見える名前となっただけだ。それでも今後も長く通用するように、しっかりと考えて付けられた名前なのである。

a

関連エントリ 2020/02/15 ⇒ 【新型肺炎】既に感染率6%超<停泊クルーズ船内✍集団感染>世界から心配される「日本」
関連エントリ 2020/02/13 ⇒ 【新型肺炎】インフルやエボラと比べ<COVID―19>✍どの程度に危険なのか
関連エントリ 2020/02/12 ⇒ 【新型肺炎】WHO<「COVID―19」✍命名>「武漢」使わず
関連エントリ 2020/02/11 ⇒ 【新型肺炎】検疫中のクルーズ船<スーパースプレッダーか>船内感染✍急拡大中

 

« 【新型肺炎】インフルやエボラと比べ<COVID―19>✍どの程度に危険なのか | トップページ | 【新型肺炎】既に感染率6%超<停泊クルーズ船内✍集団感染>世界から心配される「日本」 »

武漢ウイルス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【新型肺炎】インフルやエボラと比べ<COVID―19>✍どの程度に危険なのか | トップページ | 【新型肺炎】既に感染率6%超<停泊クルーズ船内✍集団感染>世界から心配される「日本」 »

無料ブログはココログ
2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31