« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »

2020年9月

2020年9月30日 (水)

【NTT】<NTTドコモを完全子会社化>TOB(公開買い付け)実施へ

 NTTドコモ完全子会社、TOB過去最大4.3兆円 競争力強化図る 

SankeiBiz 2020年9月30日(水)9時15分配信

 NTTは29日、NTTドコモの完全子会社化に向け、株式公開買い付け(TOB)を実施すると発表した。激変するデジタル社会に対応するため、ドコモの競争力強化を図るとともに、NTTグループ全体の成長のため、迅速な意思決定を可能にする。

 NTTはドコモ株の66.2%を保有しており、残り約34%をTOBで取得する。TOBにかかる費用は4兆3000億円で、国内企業に対するTOBとしては過去最大となる。

 菅義偉内閣は、海外と比較して高額な携帯電話料金の引き下げを業界に求めているが、記者会見したNTTの澤田純社長は「(完全子会社化の)結果としてそういう余力も生まれる」と述べ、値下げにも前向きに対応する意向を示した。

 NTTはドコモを完全子会社化することで、第5世代(5G)移動通信システムやモノのインターネット(IoT)など、先端技術にグループ全体として投資、国際競争力も強化する。

 固定通信とモバイル通信を融合させるため、ドコモを完全子会社に移行した後に、NTT傘下のNTTコミュニケーションズやNTTコムウェアをドコモに移管することを検討することも明らかにした。

 TOB期間は今月30日~11月16日とし、買い付け価格は1株3900円。一方、NTTドコモは吉沢社長が12月1日付で取締役に退き、井伊基之副社長が社長に昇格する人事を発表した。

 ■ NTTとNTTドコモをめぐる経過

 1985年4月

 ・日本電信電話公社の民営化でNTTが誕生

   92年7月

 ・NTTが移動通信事業を分離しドコモの所管に

   98年10月

 ・ドコモが東京証券取引所第1部に上場

   99年7月

 ・NTTが分割再編。NTT東日本と西日本、NTTコミュニケーションズが営業開始

 2018年6月

 ・NTT社長に澤田純氏が就任

   20年6月

 ・NTTが第5世代(5G)移動通信システム分野などでNECと資本業務提携することを発表

   20年9月10日

 ・ドコモの丸山誠治副社長が記者会見で「ドコモ口座」をめぐる不正な預貯金引き出し問題について謝罪

   20年9月18日

 ・菅義偉首相が携帯電話料金の引き下げに向けた検討を武田良太総務相に指示

   20年9月29日

 ・NTTが株式公開買い付け(TOB)を通じてドコモを完全子会社化すると発表

 NTTドコモ完全子会社 4兆円TOB検討 グループで5GIoT促進 

毎日新聞 2020年9月29日(火)0時25分配信

 NTTは、携帯電話事業を手がけるNTTドコモを完全子会社化する検討に入った。投資額は約4兆円で株式の公開買い付け(TOB)を実施する。通信事業を巡る世界的な競争が激化する中で、次世代通信規格「5G」やIoT(モノのインターネット)など成長事業の展開に向け、グループ一体の経営を推し進める。週内の取締役会で決定する見通し。

 TOBが実現すればドコモは上場廃止となる。

 菅義偉首相は携帯電話料金の値下げを目玉政策の一つに掲げている。NTTがドコモを完全子会社化し、経営効率化が進めば、料金値下げに向けたコスト削減にもつながる。

Photo_20201001085501

NTTドコモ子会社化を機に総務相議論すべきこと

日刊工業新聞 2020年9月30日(水)15時09分配信

改めてNTT規制のあり方を

 上場子会社のNTTドコモを完全子会社化するNTT。一般株主が持つ約34%の株式をTOB(株式公開買い付け)で取得する。買収額は約4兆2500億円。完全子会社化により意思決定を速め、経営の効率向上や海外事業強化などを図る。

 TOB期間は30日から11月16日。必要な資金の大部分は金融機関からの借り入れでまかなう。完全子会社化の完了時期はTOBの結果により異なるが、早ければ年内の見通し。

 ドコモは海外の通信事業者などと組み、第5世代通信(5G)をはじめとする無線ネットワークのオープン化や高度化を図る「O―RANアライアンス」を推進してきた。NTTはこうした海外展開の加速を狙う。またNTTコミュニケーションズやNTTコムウェア(東京都港区)の機能のドコモへの移管を検討し、グループ会社間の連携強化も模索する。現在上場しているNTTデータの完全子会社化はしない。

29日に会見した澤田純NTT社長は「世界規模での研究開発推進が必要。それにはグループ横断での意思決定迅速化が不可欠」と話す。

専門家の見方

 NTTがドコモの吸収を決めたのは、ドコモの動きの鈍さに危機感を持ったからだろう。2040年代には日本の人口が1億人を割り込むことが予想されている中で、国内リテールばかり見ているドコモにNTT幹部は苛立っていた。

 実際、私も直接、幹部からその手の不満を聞いたことがある。賃金の大幅な上昇がなければ、第5世代通信(5G)でも第6世代通信(6G)でも、ネットワークの構築にかかったコストを料金に反映させることは難しい。5G、6Gと設備投資は続くのに通信料金は上げられない。

 しかも人口は減少していくという通信会社にとっては厳しい将来が待ち受けている。この状況を打開するには、海外の成長を取り組むとともに、BtoB(企業間取引)やBtoBtoC(企業と消費者の間で取引のサポートを行う)にも積極的に打って出る必要がある。NTTコミュニケーションズやNTTコムウェアとの統合に言及したのはその布石だろう。

 ここで総務省に注文がある。これを機に、NTT規制のあり方を改めて議論してはどうか。固定電話のユニバーサルサービス義務など時代にそぐわない制度が未だ残っている。実態に合わせ、競争環境を整備していくことが重要だ。

 携帯電話4割値下げ」で開くパンドラの箱 メディア支配・天下り・電波利権政官財三つ巴の戦いが始まる 

デイリー新潮 2020年9月30日(水)6時05分配信

根深い官民の癒着

 菅義偉総理大臣の実力をはかる試金石となりつつあるのが、携帯電話料金の値下げである。就任早々の担当大臣が「1割値下げ程度では改革にならない」「100%やる」とまで断言した以上、「できませんでした」では済まないだろう。

 当然、この件についてテレビも報道しているものの、実はあまり彼らが触れたくない問題がある。電波の割り当て問題だ。この件は複雑なうえに、テレビ局自体が当事者ということもあって番組では扱われることが少ない。

 元NTTグループ役員の山田明氏は新著『スマホ料金はなぜ高いのか』で、この問題を詳述している。そこから伝わってくるのは、官民の癒着の根深さだ。以下、同書をもとに見てみよう(引用はすべて『スマホ料金はなぜ高いのか』第8章「旧態依然の電波行政」より)。

 言うまでもなく、電波は私企業が自由にできるものではなく国の公共財。その電波資源を管理している担当省庁が総務省だ。

 その総務省が電波帯域を民間業者に割り当てる際に採用してきたのが「比較審査方式」。俗に「美人コンテスト」と呼ばれている。

 この方式では総務省が割り当てを予定している帯域について、使用を希望する民間業者が使用計画や基地局整備計画などを提案するところからスタートする。

「提案を受けた総務省の官僚は提案内容を電波監理審議会に審査させ、その答申に基づき提案に優先順位をつけて電波の配給先を決めていく。審議会の答申は尊重するが、最終的な判断は総務省の官僚が行うという裁量権限を持たせた方式で、最終的に決まるまでのプロセスが不透明になる」

 この方式を採用しているのは、先進国では日本だけだ。普通は「オークション方式」が採用されている。こちらの場合、入札価格が最も高い業者が落札して、電波が割り当てられる。

「オークションにかける電波帯域は通常いくつかのスロットに分割されるので特定の事業者に偏って落札されることはない。入札プロセスが透明で、恣意的な操作が入る余地もない」

 しかもこの方式では、業者から数千億~数兆円が国に支払われることとなる。

「言い換えると、比較審査方式は、電波官僚が携帯会社に補助金をバラまいているのと同じだ。しかも、バラマキ先は日本企業の中でも指折りの超高収益企業なのだ」

天下り先を確保したい総務省

 なぜこのようなバラマキが続くのか。山田氏はこう解説する。

「官僚が電波の経済的価値を勘案して優劣をつけ、事業者に割り当てる方式は裁量権限が大きく、政治的な介入も受けやすい。その裁量にすがりつくドコモやKDDIと、その言い分を聞くことで天下り先を確保したい総務省の思いが重なり、阿吽(あうん)の呼吸で大量の天下りが行われた」

 山田氏によれば、郵政省、総務省からはNTTグループ企業に数多くの元官僚が天下りしてきたという。この状況を彼は「官民サラリーマン共同体」が存在している、と厳しく批判する。

 そして、総務省の天下り先としてもう一つ見過ごせないのが放送局だ。

「総務省と放送・新聞などマスメディアの間には通信業界とは異なる関係があり、世の中にはほとんど知られていない。しかし、マスメディアが日本の電波行政の近代化を遅らせ、民主主義の危機とも言える状況を作り出している側面があるのだ」

破綻したNOTTVにみる深い闇

 ここで山田氏が挙げた官民癒着を象徴的に示すエピソードが、携帯端末向けのマルチメディア放送「NOTTV」の失敗に関するものだ。2011年、地上デジタル放送の開始に伴って、余ることになったVHF帯の電波をマルチメディア放送に割り当てることになった。

 この時手を挙げたのはNTTドコモと民放連のグループと、外資系企業とKDDIのグループだ。しかし総務省は外資系に割り当てたくなかった。そして当然、NTTドコモと民放連グループに免許が与えられた。

 こうして始まった「NOTTV」だが、2016年には1千億円の累計損失を計上して破綻し、サービス廃止に追い込まれた。

「廃止時の契約数は約150万台で、総務省に提出した計画のわずか3%だった。普通の企業経営であれば、これだけの損失を出せば大騒ぎになるところだが、ドコモとNTTグループは全く動じる気配がなかった。総務省もまた同様だった」

 総務省が「審査」したうえで割り当てた事業がここまで失敗したのならば、大問題になりそうなものだ。半沢直樹ならずとも審査の甘さを非難したくなるというもの。ところが、この件はほとんど世の関心を集めなかった。

「新聞やテレビなどマスメディアでは箝口令が敷かれたようで、このNOTTV破綻はまったくと言っていいほど報じられなかった。NTTやドコモは高収益企業のランキングでも常に上位に顔を出す。それはマスコミにとっては新聞広告やテレビ広告の大スポンサーでもあることを意味する。その機嫌を損ねることは、彼らが毎年支払う数十億~数百億円の広告宣伝費を失うことにつながる。

 放送事業を左右する電波の割り当て権限を持つ総務省の機嫌を損ねれば、恣意的電波行政を通じてテレビ局の首を絞められることにつながりかねない。NOTTVの件が示すように、テレビ局が日本のテレビ業界への新規参入を恐れていることはよく知られており、総務省に競争を促進する電波配分に動かれてしまうことはタブーなのだ。

 総務省の電波行政が、自民党のメディア支配力の源泉になっていることはよく知られている。自民党から政権を奪取した民主党政権は、電波法を改正して周波数オークションを導入しようとしたが、再び政権の座に就いた安倍内閣は民主党の路線を引っ繰り返して恣意的電波行政に戻してしまった」

携帯料金の4割値下げは十分可能

 もちろん、こうした事情を官房長官だった菅総理は熟知している。割り当て方式以外にも日本の電波行政には数多くのムダが放置されたままで、そのツケを払わされているのは国民だというのが山田氏の解説だ。ちなみに菅氏が、山田氏の著書を手にしていた姿を番記者が目にしたという情報もある。

 この問題に斬り込もうとした場合、官僚はもちろんのこと既存メディアをも敵に回すかもしれない。今は高い支持率に遠慮して、比較的穏やかな報道が目立つが、いつそれが逆になるかはわからない。

 安倍政権時代とは別の形での「官邸vs.テレビ」の抗争が始まるのだろうか。

 菅総理が総務副大臣や総務大臣だった当時、同省のシンクタンクで情報通信研究部長を務めていた山田氏に改めて話を聞いてみた。

「携帯事業者にとって、総務省から割り当てられる電波の帯域は経営上、死活問題なのです。通信基地局の建設を短期間かつ低コストで実現でき、経営に大きく貢献する価値の高い電波をプラチナバンドと呼んでいます。放送業界にはプラチナバンドを含めて低周波で使い勝手のいい電波が割り当てられていますが、そのうち有効に活用されているのは2割程度という分析もあります。使われていない8割の電波を通信業界向けに転用できれば、携帯料金の4割値下げは十分可能なはず。まずは総務省にテレビ用電波の活用状況を情報公開させることですが、菅総理にはあの粘り強い仕事ぶりで、今度こそ大幅値下げの壁を突破してほしいと思います」

Photo_20201001085101

 13,900TOBドコモ株爆騰NTT株大幅下落 ! 

LIMO 2020年10月1日(木)7時21分配信

NTTドコモがTOB価格サヤ寄せで爆騰、KDDIとソフトバンクとNTTが年初来安値更新

 前日の引け後に日本電信電話 <9432> による1株3,900円のTOBが正式発表されたNTTドコモ <9437> が、そのTOB価格にサヤ寄せする形で+21%高へ爆騰しました。

 また、このTOB事案と、それに伴う携帯通信大手の収益悪化懸念により、最後発参入で苦戦必至だった楽天 <4755> が逆に評価され、堅調に推移しています。

 NTTによるNTTドコモの完全子会社化の正式発表を受け、NTTの財務体質悪化が不可避となり、▲4%安に迫る大幅下落(安値引け)で年初来安値を更新しました。

 また、携帯料金値下げ圧力によるKDDI <9433> とソフトバンク <9434> 両社に対する収益悪化懸念が続き、揃って取引時間中に年初来安値更新となってます。

 半沢直樹』出演者たちはロスではなく“後遺症 香川照之には大和田暁憑依 

東スポWeb 2020年9月30日(水)6時15分配信

 国民的人気ドラマ「半沢直樹」(TBS)が27日の最終回で平均視聴率32・7%という有終の美を飾った。ドラマが終了したことで、視聴者の間では「半沢ロス」の声が湧き起こっている。だが、出演した俳優陣には、とんでもない〝後遺症〟に悩まされる者がいる――。

 半沢の「3人まとめて1000倍返しだぁ!」や、香川照之が演じる大和田常務の「お・し・ま・いDEATH!(です)」をはじめ出演者のセリフが大きな話題となった今回の作品。「『日曜の夜9時が楽しみだったのに…。見るものがなくなってしまった』との嘆きや、『半沢が終わると会社に行けなくなる』といったよく分からない声まで、とにかくドラマを惜しむ声があちこちで飛び交っているんです」(テレビ誌記者)

 しかし、こうした熱狂的な視聴者以上にイラ立ちを隠せないのが、ドラマに出演していた俳優陣だという。視聴者とともに「半沢ロス」を嘆いているのかと思いきや…。

「全く違いますよ。『半沢――』で演じた役が余りのインパクトで、私生活や他の仕事に影響を及ぼし始めているんです」(芸能プロ関係者)

 特に重症なのが大和田暁取締役を演じた香川照之だという。

「ドラマで演じていた大和田口調が抜けずに、他の役柄まで全てあの口調になってしまうそうなんです。すぐに『君は』と『お前なんか…』とか必要以上に強くセリフを言ってしまう。最悪なのは台本を読んで熱が入ると自然に『…DEATH(デス)!』と、口角泡を飛ばして怒鳴ってしまう時があるとか。香川は『大和田取締役が乗り移っている』と頭を抱えています」(同関係者)

 この「お・し・ま・いDEATH!」は、今年の流行語大賞になるのでは?と言われているほど人気を博しているが、役者の頭にまで残るほど強烈だったということだろう。

 他にもセリフの言い回しが、普段からついつい口に出てしまう衝動にかられているというのが金融庁検査官・黒崎駿一を演じた片岡愛之助だ。

「仕事ができない部下に対し『アタシがお仕置きしてあ・げ・る♡』などとオネエ言葉になっていますが、私生活でもつい出てしまうんだとか。そもそも愛之助は歌舞伎で女形もできる役者だから、かまわないのでしょうけども」(事情通)

 高視聴率の陰で出演者たちは〝半沢後遺症〟に悩まされているようだ。(視聴率は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

 

2020年9月29日 (火)

【11月米大統領選】<新疑惑>トランプ大統領「10年間✍所得税未納問題」浮上

 トランプ氏「多額の税金納付した」、納税巡る報道に反論 

ロイター 2020年9月29日(火)0時43分配信

 トランプ米大統領は28日、自身の所得税納付に関する報道を巡り、「数百万ドルの税金を払った」と述べた上で、他の納税者と同様、減価償却や税控除を活用する資格があったと擁護した。

 米紙ニューヨーク・タイムズは前日、トランプ大統領が過去15年のうち10年間も所得税を納めておらず、2016、17年の連邦税納付額はそれぞれ、わずか750ドル(約7万9千円)だったと報じた。税金還付書類によると、数億ドル規模の課税所得を得ていたものの、事業損失との損益通算を行ったためという。

 トランプ大統領はさらに「保有する資産の価値に比べ債務は極めて小規模で、私の状況はアンダーレバレッジだ」と主張した。

 再選を目指すトランプ大統領と、野党民主党の大統領候補ジョー・バイデン前副大統領による第1回テレビ討論会を29日に控え、民主党はトランプ大統領への攻撃姿勢を強める。

 ペロシ下院議長はMSNBCに対し、トランプ大統領の抱える債務は「国家安全保障に関わる問題」と主張。債権者がトランプ大統領に影響力を及ぼす恐れがあることから、国民は債権者を把握する必要があると強調した。

 ディック・ダービン上院議員もMSNBCとのインタビューで、トランプ大統領の所得税納税を巡る報道について「驚きはない」とし、「いわゆる億万長者のビジネス帝国は、砂上の楼閣だ。トランプ氏は近く、数億ドルの個人負債に直面する。また、(確定申告を使い)一連の事業の失敗のてこ入れを迫られた」と述べた。

 下院歳入委員会のリチャード・ニール委員長はツイッターへの投稿で、トランプ大統領が自身の利益のために税法を巧みに利用したと批判し、納税記録提出を求める同委員会の取り組みの重要性が浮き彫りになったと述べた。

 バイデン陣営の世論調査員もツイッターで「一部の有権者の怒りを買うだろう」と指摘した上で、バイデン氏は「富裕層や大手企業に公正な額の税金を払わせる」と強調した。

Photo_20200929135401Photo_20200929135701

 トランプ氏「納税ゼロ疑惑、討論会目前に痛手 

AFPBB News 2020年9月29日(火)4時22分配信

 ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は28日、自身が長年にわたり連邦所得税をほとんど納めていなかったとの報道を虚偽と否定した。民主党の大統領候補ジョー・バイデン(Joe Biden)氏との初のテレビ討論会を翌日に控える中、トランプ氏はこの突然の新疑惑発覚により揺さぶりをかけられている。

 米紙ニューヨーク・タイムズ(New York Times)は27日、トランプ氏が長い間公表を避けてきた納税申告書に基づいた情報として、同氏の連邦所得税納付額は2016年、17年にはわずか750ドル(約7万9000円)、それ以前の15年間のうち10年はゼロだったと報道。大富豪を自称するトランプ氏は急所を突かれた形となった。

 トランプ氏は28日、ツイッター(Twitter)への投稿で「2016年の選挙中と同じく、フェイクニュースメディアは違法に取得した情報で、私の税金などあらゆるくだらないことを持ち出している」と主張。「私は数百万ドル(数億円)もの税金を納めたが、他の誰もがそうであるように、減価償却と税額控除を受ける資格があった」と説明した。

 しかしニューヨーク・タイムズ紙は納税申告書からの情報として、トランプ氏が巨額の納税を回避できた理由の一つに、成功を収めているとされるゴルフ場などの事業が実際には巨額の損失を出していたことがあったと伝えている。

 27日に公表された複数の世論調査ではバイデン氏が引き続き優勢となっており、トランプ氏は29日に米オハイオ州クリーブランド(Cleveland)で行われる初の討論会でいっそう守勢に立たされることとなった。

Photo_20200929143201Photo_20200929143202

 ダークサイドキル」“トランプ再選を阻止せよ”の凄い中身 

ダイヤモンドオンライン 2020年9月16日(水)6時01分配信/蟹瀬誠一(ジャーナリスト)

トランプ元腹心の暴露本で 注目すべき2つの言葉

 「トランプ氏を裏切るくらいなら、高層ビルから飛び降りたほうがましだ」

 そう公言していた顧問弁護士で元トランプ信奉者だったマイケル・コーエン受刑者がついに回顧録『Disloyal: A Memoir』(裏切り)を出版し、大統領の暗部を暴露した。伝聞ではなく長年トランプの側近だった人物の話だから、終盤戦に入った大統領選に影響を与える可能性がある。

 同書でコーエンはトランプを自分と同罪の犯罪者だとし、「ずるい嘘つき、ニセ者、他人をいじめる横暴な人種差別主義者、略奪者、詐欺師」だと具体的なトランプの言動を挙げて非難している。「マフィアのボスのような」人間だとも。

 ロシア疑惑に関しても「ロシアと共謀した。プーチン大統領と彼の周辺の腐敗した億万長者の関心を買おうとした。私が両者の秘密の出会いを取り持った」と生々しい。

 すでにトランプに関する暴露本は数多く出版され、トランプの虚言癖、セクハラ、パワハラはもう周知の事実だから驚きは少ないかもしれない。

 だが、私が注目したのは2つの言葉――「マフィアのボス」と「あいつは(選挙で)勝つためにはなんでもやる」――が暗示するトランプのダークサイドスキルだ。

 マフィアとの黒いつながりについては、トランプの父親フレッドのマフィアとの関係をトランプが引き継いでいたとピュリッツアー賞を受賞したジャーナリストのデビッド・ジョンストン記者が2016年の著作で明らかにしている。

 例えばトランプタワーとトランププラザが建設された際に使われた生コンクリートはマフィアが背後にいる企業のもので、1983年にトランプタワーがオープンするとトランプはマフィアのボスの愛人に特注のメゾネットタイプの部屋を3室用意したという。

 トランプがマフィアのボスたちを恐れていなかったのは、マフィアの大物顧客にも悪名をとどろかせていた弁護士ロイ・コーン氏が彼のメンターとしてついていたからだ。

コーエンが忠誠心を失った トランプの裏切り

 トランプは黒い組織の人脈から2つの掟を学んでいる。ひとつはやられたら容赦なくやり返せ。もうひとつは、ボスを裏切った奴は絶対に許さない、だ。大統領に就任してからもトランプが部下にまず忠誠心を求めるのはそのためだ。

 それでは忠犬コーエンが、なぜこれほどまでトランプを恨むようになったのか。その答えは2006年のふたりの出会いまでさかのぼる。

 その年、傍若無人なトランプは運営していたマンションのオーナーたちと厄介なトラブルを起こしていた。それを巧みに片付けたのが、若手弁護士コーエンだったのだ。感心したトランプはすぐさま彼を個人顧問弁護士として雇った。

 徹底した忠誠心からコーエンはやがてトランプの「6人目の子供」とさえ呼ばれるようになり、ボスのためならどんな裏の汚れ仕事も率先して引き受けた。性格はトランプと同じく超攻撃的で、あだ名はトランプの「ピットブル」(ブルドックに似た闘犬)だったという。

 ところが2018年4月、状況が急変した。FBIが突然コーエンの事務所や自宅に家宅捜索に入ったのだ。その途端、トランプは知らん顔で罪をコーエンになすりつけた。

 裏切られたと知ったコーエンは激怒。親分のために口を閉ざして長いムショ暮らしをするよりはましと司法取引に応じ、同年に偽証、選挙資金法違反、脱税などの罪で禁固3年の刑を受けている。現在は新型コロナウイルス感染拡大の影響で釈放され、自宅拘禁中だ。

 一方、トランプは再選されなければこれまでの悪行で刑務所行きかもしれないと気づいているとコーエンは言う。だから選挙戦終盤に入ってなりふり構わず徹底した人種差別発言と陰謀論で国内を分断し、敵意をあおり立てて2016年の逆転勝利を再現しようというのだ。

聖書を覚えぬトランプが キリスト教原理主義者に支持される理由

 2016年の選挙戦でトランプを熱狂的に支持したのは3つのグループだ。まずトランプを神が選んだリーダーだと崇めるエバンジェリカル(キリスト教原理主義者)、次に重工業や製造業に従事していたが、国際化や技術革新から取り残されて行き場を失った教育レベルの低い白人労働者たち、そして世論調査では自分がトランプ支持だとは言わないが、内心は人種差別主義や拝金主義の「隠れ」トランプ支持者たちである。

 とりわけバイブルベルトと呼ばれるアメリカ南東部一帯に住むエバンジェリカルはトランプの岩盤支持者だ。その数およそ8000万人。つまりアメリカ全国民の4分の1を占めている。

 彼らは聖書を絶対視する狂信的キリスト教原理主義の人々で、主張は反同性愛、反中絶、反進化論、反共産主義、反イスラム、反フェミニズム、ポルノ反対、性教育反対、家庭重視、小さな政府、共和党支持である。

 とにかく「海が割れて道が出来た」とか「死人が復活した」とかという話を大真面目で信じている。世界のすべては神が6日間で創造したもので、天国と地獄があると考え、ハルマゲドン(終末)とイエスの再臨が間もなく来ると信じて疑わないのだ。多くの知性的な人々が進化論を真っ向から否定するのは世界中のキリスト教国でアメリカだけだろう。

 エバンジェリカルからみると、トランプの言動は荒っぽいが主義・主張がほぼ一致していて「正直な人間だ」となるのだそうだ。

 だから聖書の一節さえまともに覚えていないトランプだが、選挙公約だけはエバンジェリカルの考えにぴったりと寄り添っている。

 彼らの支持をつなぎ止めるため、今年はさらに手の込んだ芝居も打った。6月1日のことだ。ホワイトハウス周辺の騒乱で催涙弾の刺激臭がまだ漂う中、ダークスーツに青いネクタイ姿でホワイトハウスから現れたトランプは、側近や警護者とともに、すぐ近くのセント・ジョンズ教会に徒歩で向かった。

 同教会は1816年以来、歴代の大統領が訪れているため「大統領の教会」と呼ばれている由緒正しき聖堂である。同行した娘イヴァンカから聖書を受け取ったトランプはカメラマンが待ち受けていた教会の前で神妙な顔つきで立ち、聖火ランナーのように聖書を持った右手を肩の高さまで掲げた。

 なんてことはない。写真撮影のためだけのお膳立てだ。トランプは聖書を開くこともなく、教会に足を踏み入れることすらしなかったが、メディアを通して「俺は神に選ばれた信仰心あふれる大統領だ」という無言の映像メッセージをバイブルベルトの支持者たちに届けたのである。

 信仰を装って聖書を売って歩く詐欺師のことをアメリカでは昔から「コンマン」と呼ぶ。トランプは見事なコンマンなのだ。

極右や人種差別主義者も利用 さらなる奇策で混乱の可能性も

 それだけではない。民主党政権では「法と秩序」が守れないという印象をつくり出すため、過激な右翼や人種差別主義者をSNSで巧みに扇動して反トランプデモ参加者と衝突させている。

 そしてトランプ自身は、エバース州知事(民主党)の強い反対を押し切って、黒人男性銃撃の現場で抗議デモが続いたウィスコンシン州ケノーシャを英雄気取りで訪れ、被害者家族には会わずに地元の経営者の集まりで「破壊行為は国内テロだ」と息巻いた。

 国民感情を逆なでする行為だと日本では受け取られているが、実際には逆だ。アメリカでは過激なデモの取り締まりに軍隊の動員も辞さないというトランプの強硬姿勢を国民の半数以上が支持している(米調査会社モーニングコンサルト調べ)。

 それはそうだろう。朝から晩までテレビニュースで激しい衝突や破壊シーンを目にしていれば多くの国民が身の危険を感じる。トランプ陣営の“Blue Lives Matter(警官の命も大切だ)”(警官の制服が紺色だから)というスローガンもそれなりに支持されているのである。

 さらに、トランプはソーシャルメディアで存在感を急速に増している極右系陰謀論「Qアノン」の信奉者の支持を受け入れる姿勢まで示している。

 Qアノン(匿名人物Q)はもともと2017年に「Qクリアランス(政府最高機密アクセス権)保持の愛国者」と名乗る人物がネット上の匿名掲示板に投稿したことが始まりで、そのフォロワーたちはトランプを世界の権力構造を支配する陰謀を阻止するための救世主として崇拝している。

 オバマ前大統領や財界人は小児売買に加担していてクーデターも計画しているというような荒唐無稽な陰謀論満載で極めて危なっかしい。連邦捜査局(FBI)はQアノンを国内テロの脅威としているくらいだ。

 だが、トランプはそんなことはお構いなし。「(Qアノンについては)よく知らないが、彼らは私のことが大好きなようだ。ありがたいことだ」とツイートしている。とにかく自分に味方さえしてくれれば誰でもいいのだ。

 今回の大統領選ではコロナ感染拡大防止のため、ほとんどの州(45州)で郵便投票が実施される。敗北した場合にはトランプは、郵便投票で不正行為があったと騒ぎ立てて法廷闘争に持ち込む構えだ。そうなれば再集計作業と裁判に膨大な時間がかかり、2000年のジョージ・W・ブッシュ対アル・ゴア逆転劇以上の大混乱に陥るだろう。

 奇策としては、コロナを理由に選挙戦終盤に民主党優位の都市に対してトランプが突如外出禁止令を発令するかもしれない。あるいは安全性が確認される前にワクチンを早期承認して形勢逆転を狙うサプライズ作戦もある。大型の追加財政支援を華々しく発表して株価をつり上げる手もある。とにかくトランプは悪知恵だけは働くのだ。

 トランプが毎日のようにチェックしているラスムッセン調査で彼の支持率は依然40%台を保っている。現時点でトランプ再選の可能性は、まだ4割程度あるとみておいた方がいい。

Photo_20200929143501Photo_20200929143502

 アメリカ人本音トランプ再選」…なぜか? 

Wedge 2020年9月24日(木)12時22分配信/海野素央 (心理学博士)

 米政治専門サイト「リアル・クリア・ポリティックス」による各種世論調査の平均支持率(2020年9月3~15日実施)をみると、民主党大統領候補のジョー・バイデン前副大統領が49%、共和党大統領候補のドナルド・トランプ大統領が43.1%で、同前副大統領が約6ポイントリードしています。

 ただ、サフォーク大学(米東部マサチューセッツ州)と、USAトゥデイ紙の共同世論調査(20年8月28~31日実施)によれば、「選挙でどちらの候補が勝つと思いますか」という質問に対して、44.1%がトランプ大統領、41.3%がバイデン前副大統領と回答しました。トランプ氏が約3ポイント上回っています。 

 9月29日に開催される「大統領候補による1回目のテレビ討論会でどちらの候補が勝つと思いますか」という同調査の質問に関しては、47%がトランプ大統領、40.9%がバイデン前副大統領と答えました。こちらはトランプ氏が約6ポイントもリードしています。

 全体の支持率ではバイデン氏が上回っているのですが、米国民の本音は「トランプ勝利」のようです。

 11月3日の投票日まで残り45日になりました。トランプ氏はどのようにして支持率を伸ばしていくのでしょうか。それに対して、バイデン氏は支持率のリードを維持できるのでしょうか。本稿では終盤戦におけるトランプ・バイデン両氏の選挙戦略に焦点を当てます。

露出度アップ効率

 16年米大統領選挙で、クリントン陣営の選対本部長を務めたロビン・ムーク氏は、ラジオ番組のインタビューの中で敗因について、トランプ大統領にメディアを支配されたことを挙げました。ヒラリー・クリントン元国務長官はメディアの露出度でトランプ氏に敗れたというのです。

 20年大統領選挙において、トランプ大統領は保守系の米FOXニュースのみならず、同陣営からみるとリベラル系のABCニュース主催のタウンホール・ミーティング(対話集会)にも参加し、どちらの候補に投票をするのか「決めかねている有権者」からの質問に答えました。露出度でバイデン氏を圧倒する思惑が透けて見えます。

 加えて、コロナ禍のために収容人数が2万人規模のアリーナで大規模集会を開催できないトランプ大統領は、激戦州を大統領専用機(エアフォースワン)で周り、空港の格納庫及び屋外に支持者を集めて集会を開催しています。極めて効率の良い選挙戦略です。

 共和党全国委員会(RNC)は地上戦でトランプ大統領の援護射撃を行っています。驚いたことに、同委員会のフィールド・ディレクター(地上戦の責任者)が、このコロナ禍にもかかわらず、8月に毎週100万軒以上の戸別訪問を実施したと、米メディアに明かしました。同委員会は、終盤戦において新型コロナウイルス感染リスクの危険性を二の次にして、従来型の選挙運動を展開しています。

 一方、バイデン氏と民主党副大統領候補のカマラ・ハリス上院議員(西部カリフォルニア州)はマスクを着用し、ソーシャル・ディスタンス(社会的距離)を保って少人数の支持者と対話を図っています。トランプ・バイデン両陣営の選挙運動スタイルの相違は、終盤戦で一層明確になってきました。バイデン氏は支持者の命を最優先した選挙戦を展開しています。

 これは全く正しい判断ですが、トランプ氏と比較すると露出度が低く、しかも支持者の熱意を高められず、非効率的な選挙運動を行っていると言わざるを得ません。

メッセージの強度と意図

 終盤戦の勝敗を分けるのが、メッセージの強度と意図です。トランプ氏のメッセージをみていきましょう。

 トランプ大統領は集会で「我々が勝つと米国が勝つ」と語気を強めたうえで、「バイデンが勝つと中国が勝つ」「バイデンが勝つと暴徒が勝つ」「バイデンが勝つと無政府主義者が勝つ」と主張して、4つのメッセージをセットにして畳みかけます。これらのメッセージの意図は、有権者が非好意的に評価する「中国」「暴徒」「無政府主義者」とバイデン氏を結びつけて、同氏に否定的なイメージを植えつけることです。

 さらに、トランプ大統領は集会で「ハンターはどこに行ったんだ?」と支持者に問いかけています。中国とのビジネスでバイデン氏の次男ハンター氏が、同国から不正に15億ドル(約1568億円)もの多額の献金を受け取ったと、根拠を示さずに強調しています。「オバマ・バイデンは情報機関を使って(16年大統領選挙で)トランプ陣営に対してスパイ活動を行った」とも訴えています。トランプ氏のこれらのメッセージの狙いは、オバマ政権が腐敗していたという印象を有権者に与えることです。

フロリダ州に特化したメッセージ

 トランプ大統領は激戦州フロリダ州の選挙人「29」を獲得するために、「ジョー・バイデンはカストロを愛しているバーニー・サンダースに依存している」というメッセージをキューバ系米国人に発信しました。このメッセージは「反カストロ」「反社会主義」のキューバ系米国人の心を確実に掴んでいます。

 民主党大統領候補指名争いでサンダース上院議員(無所属・東部バーモント州)は、フィデル・カストロ氏を称賛したために、フロリダ州在住のキューバ系米国人から支持を得られませんでした。トランプ氏はそのサンダース氏を政治利用して、バイデン氏と結びつけ、中道穏健派の同氏を社会主義者の「操り人形」とレッテルを貼っています。

 率直に言ってしまえば、トランプ大統領は「バイデンに投票することは、社会主義者に投票を行うのと同じだ」といいたいのです。この戦略はフロリダ州において功を奏しています。

 米NBCニュースとマリスト大学(米東部ニューヨーク州)の共同世論調査(20年8月31~9月6日実施)をみると、フロリダ州におけるラテン系有権者の支持率はトランプ大統領が50%、バイデン候補が46%で同大統領が4ポイントリードしています。

 ちなみに、16年米大統領選挙ではフロリダ州のラテン系の62%がヒラリー・クリントン元国務長官、35%がトランプ大統領に投票しました。クリントン氏が27ポイントの大差で勝利を収めました。

 バイデン氏は「私が暴徒に甘い急進左派の社会主義者に見えますか」と、有権者にメッセージを発信しましたが、トランプ大統領の社会主義者のレッテルを剥がすことができていません。

3つから4つへ

 オンラインで行われた民主党全国大会前まで、バイデン前副大統領は米国では、「パンデミック(世界的大流行)」、「経済危機」及び「人種差別問題」の「3つの歴史的危機」が同時に起こっていると唱えていました。

 バイデン陣営は大会直前にフォーカス・グループを使って支持者の意識調査を実施しました(『バイデン・ハリスは党大会で何を語るか?』参照)。その調査結果が影響を及ぼしたのか、党大会からバイデン氏は上の3つに気候変動を加えて「4つの歴史的危機」と呼んでいます。あるいは、サンダース上院議員を支持する左派票を獲得したいバイデン氏は、彼らに配慮したのかもしれません。

 バイデン氏は気候変動を重視するサンダース支持者の票を獲得するために、3回のテレビ討論会の中で米西海岸において発生している山火事に対するトランプ大統領の対応のまずさを突いてくる可能性が高いです。

隠れバイデン票の掘り起こし

 トランプ大統領の最大の弱点はコロナ対応であることは言うまでもありません。新型コロナウイルスによる死者数は20万人を突破します。

 米ABC ニュースとグローバル世論調査会社「イプソス」の共同世論調査(20年9月11~12日実施)によると、65%がトランプ氏のコロナ対応を「支持しない」と回答しました。それに対して「支持する」は35%で、各種世論調査によるトランプ大統領の平均支持率よりも約10ポイントも低い結果が出ました。トランプ支持者の中にも、コロナ対応に不満を抱いている者がいる訳です。

 筆者が取材した西部コロラド州コロラドスプリングス在住で共和党支持者の60代後半の白人女性は、前回の選挙でトランプ大統領に投票しました。ところが、トランプ氏のコロナ対応に強い不満を持ち、今回は同氏に投票しないと語っています。つまり、共和党保守本流の彼女はバイデン前副大統領に投票する「隠れバイデン」に成り得る有権者の1人です。

 バイデン前副大統領は終盤戦でトランプ大統領のコロナ対応の失敗に攻撃の的を絞り、「隠れバイデン」票の掘り起こしを図るでしょう。

Photo_20200929143701Photo_20200929143801

 新型コロナ 世界死者数100万人突破、米・印・ブラジルに4割集中 

時事通信 2020年9月29日(火)7時14分配信

 新型コロナウイルスの死者が日本時間28日、AFP通信の集計によると、100万人を超えた。

 米ジョンズ・ホプキンス大の集計では、米国、インド、ブラジルの3カ国に死者の4割以上が集中。各国政府が講じた経済活動や移動の規制がもたらす景気後退を背景に、感染拡大は社会の混乱や不安だけでなく政治的対立も生み出している。

 ◇ 選挙の最大争点

 米国の累計感染者は710万人超、死者は20万人超でいずれも世界最多。感染拡大のペースは一時より緩やかになっているものの、中西部を中心に感染者が増加し、予断を許さない状況が続く。11月に控えた大統領選でも、新型コロナ対策が最大の争点の一つだ。

 民主党候補のバイデン前副大統領は、感染拡大時にトランプ大統領が有効な対策を講じなかったとして「指導力が欠如している」と攻撃。これに対しトランプ氏は「適切に行動していなければ、250万人が亡くなっていた」と強弁している。

 トランプ氏はまた、ワクチン開発に関し「年内に1億人分を配布できる」と主張し、劣勢が続く大統領選で局面打開を図りたい考え。ただ、疾病対策センター(CDC)のレッドフィールド所長は、国民の大半が接種可能になるのは来年半ば以降と予想している。

 ◇ 大統領支持率が上昇

 ブラジルの累計感染者は473万人強、死者は14万人強。増加幅は7月末をピークに、大きく縮小している。3月下旬に各州・市で導入された経済規制などの感染拡大防止策も大幅に緩和され、市民は日常生活を取り戻しつつある。

 経済規制を攻撃してきたボルソナロ大統領の支持率は、経済回復とともに上昇。非正規雇用者らへの現金支給が行き渡ったことも、背景にあるとみられる。

 ボルソナロ氏は、先の国連総会で「『ステイ・ホーム』や『経済は後回し』の標語の下、メディアは社会的混乱をもたらすところだった」と、自粛や経済規制を重視しない自らの立場を正当化した。しかしブラジルの死者数は米国に次いで2番目に多く、アラゴアス連邦大のルシアナ・サンタナ准教授(政治学)は「大統領は最初から新型コロナを矮小(わいしょう)化した。その姿勢が感染対策を妨げた」と無責任ぶりを批判している。

 ◇ 全土封鎖で地方拡散

 インドでは28日、累計感染者が600万人を超えた。死者も9万5000人を上回った。今月17日には、前日からの24時間の新規感染判明数が9万7894人と、世界最多を更新。その後はやや減少傾向にあるが、依然として連日8万人以上の新規感染が確認されている。

 インド政府は3月下旬~5月末、感染拡大を食い止めるため全土封鎖を実施。経済が停滞し大都市で職を失った地方出身の貧困層が故郷へ帰り、医療体制の整っていない地方に感染を広げる結果となった。政府は今月26日の声明で「1日140万件を超える検査能力がある。過去24時間で134万件以上の検査を実施した」と強調。感染者を隔離し感染拡大防止を図っていると述べた。

 一方、国民の間では感染防止策に緩みが生じている。マスクなど口や鼻を覆う物の着用が義務化されている首都ニューデリーでは「マスクをせずに外出している人が増えた。取り締まりも行われていない」(在留邦人)状況という。

 

2020年9月28日 (月)

【コロナ鬱】<芸能界>✍2か月で4人目の自殺者

 竹内結子さん自殺か 芸能界でまた…2カ月で4人 

SANSPO.COM 2020年9月28日(月)5時00分配信

 女優、竹内結子さんが27日午前1時50分頃、東京・渋谷区の自宅マンションで首をつった状態で見つかり、搬送先の病院で死亡が確認された。40歳だった。遺書は見つかっていないが、警視庁渋谷署は現場の状況から自殺とみている。昨年2月に俳優、中林大樹(35)と再婚し、今年1月に第2子の次男を出産したばかり。芸能界では自殺とみられるケースがこの2カ月で4人と相次いでいる。

 今年4月に40代となり、女優として、2児のママとして輝きを増していた竹内さん。27日朝、亡くなったという衝撃のニュースが飛び込んだ。

 渋谷署などによると、27日午前1時50分頃、渋谷区にある自宅マンションの寝室で、中林が首をつった状態でぐったりして意識がない竹内さんを発見し、119番通報。救急隊員が到着したときはすでに心肺停止の状態で、搬送先の病院で死亡が確認された。

 現場の状況から自殺とみられ、渋谷署が詳しい状況を調べている。遺書は見つかっていない。前日には中林や2児と夕食を共にしていたという。

 所属するスターダストプロモーションは公式サイトで訃報を発表。「あまりに突然の出来事で所属タレント、社員は驚きと悲しみで呆然としております」と伝えた。

 同事務所によると、通夜や葬儀・告別式の日程および、お別れの会の開催については協議中。関係者は中林の様子について「大変ショックを受けている」と話している。

 最後の公の場は、今月1日のCM発表会。第2子出産のため産休、育休をとってから仕事復帰となる場で、「息子(長男、14)が夫と男同士の話をしている」とママの顔に。同日、インスタグラムにアップしたイベント会場での写真が最後の投稿となった。

 竹内さんは中学卒業後に東京・原宿でスカウトされ芸能界入り。1999年のNHK連続テレビ小説「あすか」でヒロインを演じ、フジテレビ系「ランチの女王」(2002年)や映画「黄泉がえり」(03年)などの話題作に出演して、人気女優の座を不動にした。

 私生活では主演映画「いま、会いにゆきます」で共演した歌舞伎俳優、中村獅童(48)と05年に結婚し、長男を出産したが、08年に離婚。昨年2月に主演映画「ジェネラル・ルージュの凱旋」(09年)で共演した中林と再婚した。

 今月7日発売の女性誌「LEE」の取材では育児や仕事への不安を明かしつつ、「40代も仕事という軸は持ちながら、家族との時間を楽しんでいきたい」と前向き発言。最近は家庭を優先にして過ごしており、関係者は「変わった様子はなかったのになぜ…」と驚きを隠せない。

 遺作は7月18日に自殺した俳優、三浦春馬さん(享年30)と共演した公開中の映画「コンフィデンスマンJP-プリンセス編-」。芸能界の自殺とみられるケースは今月14日に亡くなった女優、芦名星さん(享年36)や同20日の俳優、藤木孝さん(享年80)と続き、春馬さんの死からわずか2カ月で4人になる。

 関係者は「『コンフィデンスマンJP』の第3弾に竹内さんが出演する可能性があった」と告白。誰しもが魅了された“笑顔の女王”の姿は、もう見られない。

  悩み相談窓口

 厚労省は、生きることに悩んでいる人々に、電話、SNSで相談してほしいと呼びかけている。

 電話こころの健康相談統一ダイヤル(0570・064・556、有料)、よりそいホットライン(0120・279・338、フリーダイヤル)

 SNS特定非営利活動法人「自殺対策支援センターライフリンク」ではLINEのチャット機能を使って相談できる(アカウント@yorisoi-chatで検索を)

竹内結子さん、深夜2時ごろ自宅クローゼット内で意識不明状態

中日スポーツ 2020年9月27日(日)19時07分配信

 女優の竹内結子(たけうち・ゆうこ)さんが27日午前2時ごろ、東京都渋谷区の自宅マンションで意識不明の状態になっているのを夫の俳優中林大樹(35)が発見、119番通報した。竹内さんは搬送先の病院で死亡が確認された。40歳。警視庁は状況から自殺とみているが、遺書は見つかっていない。竹内さんは昨年2月に再婚、今年1月には第2子となる男児を出産。幸せな家庭を新たに築いたと思われていただけに、あまりに突然の悲報だった。

 救急通報があったのは27日午前2時ごろ。自宅にいた中林が寝室に入り、クローゼットの中で意識不明状態の竹内さんを見つけた。家には子ども2人もいたが、異常には気付かなかったという。

 新たに人生をともに歩む相手を見つけ、愛の結晶を授かり、仕事を休んで子育てに専念しているだろう、幸せな家庭を築いているのだろうと、誰もが思っていた。順風満帆な女優人生を歩み、着実にキャリアを積み重ねて常に主役を張る、大女優と言われるまでになった竹内さん。子育てに加えて、新型コロナウイルス感染拡大もあって今年はドラマや映画など、役者としてお茶の間に出ることはなかったが、その名前を世間が忘れることはなかった。

 彼女に何があったのだろうか―。

 その美貌に加えて穏やかな笑顔もあって好感度は常に高く、SNSでも誹謗(ひぼう)中傷などは全くと言っていいほどなかった。最近も家族仲良く食事をする姿がよく見られていたそうで、知人や近所の人も突然の悲報に驚いている。ネットには「なぜ」「悲しすぎる」「子どもも生まれて新婚の旦那さまもいるのに」などと悼む声があふれた。

 今月1日、6年にわたってCMキャラクターを務めている即席麺ブランド「サッポロ一番」のイベントに出席、第2子出産後初めて公の場に出た。少しもブランクを感じさせることなく、シックなドレス姿で笑顔を振りまきながら、おいしそうに商品をほおばった。

 「6年って聞くと長い期間だった気がしますが、あっという間。お湯を沸かすのもハラハラしながら息子(長男)が、自分でサッポロ一番を作るようになって、夫と一緒に夜食を囲んでヒソヒソ男同士の話をしていたりする。そういう景色の移り変わりと一緒にサッポロ一番があります」

 イベントでは幸せそうにこうプライベートを話し、同日の自身のインスタグラムには「みんな~夏休み中も元気で過ごしてましたか?新学期に向けて前髪作りました」とうれしそうに新しい髪形を披露していた。

 あれから26日。2児の母となり、人生の経験を積んで、新たな女優のキャリアをスタートさせるところだった。それが、なぜ…。何かに悩んでいたのか、本人の知らぬ間に心の病が忍び込んでいたのか。

 竹内結子さんが明かした「死生観」、三浦春馬さんとの撮影秘話 

週刊女性PRIME 2020年9月27日(日)18時36分配信/宝泉 薫(芸能評論家)

 9月27日、女優の竹内結子さん(享年40)が、亡くなったことがわかった。自殺と見られている。

泣きの芝居で人々を魅了した竹内結子さん

 今年1月に第二子となる男児を出産していることから、産後うつや育児ノイローゼの可能性も指摘されており、映画『コンフィデンスマンJP』シリーズで共演した三浦春馬さんの自殺も何かしらの影響を与えたかもしれない。確かなのは、彼女の芝居がもう見られないということだ。

 十数年前、雑誌の取材を受け「泣き」が魅力の女優について質問されたとき、筆者は真っ先に彼女の名前を挙げたものだ。ちょうど、韓国ドラマの『冬のソナタ』が日本でもヒットして、ヒロインを演じたチェ・ジウが「涙の女王」などと呼ばれていたが、竹内さんはそれ以前から泣きの芝居に定評があった。「冬ソナ」ブームの前年に公開された主演映画『星に願いを。』と映画『黄泉がえり』のビデオレンタルの宣伝ポスターには、

「泣きたい夜には、竹内結子。」

 というキャッチコピーがつけられたほどだ。その「泣き芝居」はせつなく激しく、それでいて涙を流したぶん、また前を向いていけるような希望も感じさせるものだった。

 また、彼女はジャニーズアイドルとの共演が多かった。

 映画で2度共演した草なぎ剛をはじめ、ドラマでは中居正広(『白い影』TBS系)、堂本剛(『ガッコの先生』TBS系)、木村拓哉(『プライド』フジテレビ系)、長瀬智也(『ムコ殿』フジテレビ系)、山下智久・森田剛(『ランチの女王』フジテレビ系)、松本潤(『夏の恋は虹色に輝く』フジテレビ系)など、枚挙に暇がない。

 彼女は初スキャンダルの相手が共演者のマネージャーだったり、2度の結婚相手がともに共演者だったりと、恋多き女優でもあったが、ジャニーズアイドルとの本格的な熱愛はなかった。あくまでフィクションのなかで、恋に笑い、恋に泣く芝居を繰り広げたのだ。

 なかでも印象深い作品が、中居正広と共演した『白い影』である。主役の中居は天才肌の医師、彼女は母子家庭育ちのナースの役だった。2人は恋におちるが、主人公は不治の病を患っていることを隠したまま、北海道で自殺。 遺書がビデオで残されており、それで真相を知った彼女はやがて、彼の子を産み、彼の名をつける、という物語。白衣が似合う彼女は、医療関係者の役も多かったものだ。

 この作品もそうだったように「泣き」の芝居が得意だった彼女は、生と死をテーマにした作品に起用されることが目立った。

竹内さんが遺してくれたもの

 前出の映画『星に願いを。』は、死んだ恋人と再会する役、同じ年に草なぎと共演した映画『黄泉がえり』も死者の復活が主題だ。草なぎとの再共演となった映画『僕と妻の1778の物語』ではガンで亡くなる役で、彼女のために作家の夫が毎日、短編小説を書き続ける話である。そして、最初の結婚のきっかけとなった映画『いま、会いにゆきます』は、生き返って夫と子供のもとに戻ってくる役だった。

 この結婚の3年後、離婚したあたりから、役の傾向が変化していく。

 敏腕刑事を演じ、映画化もされた『ストロベリーナイト』(フジテレビ系)など、強い女性を演じることが増えたのだ。泣きの芝居が好きな者としては、ちょっとさびしい気もしたが、シングルマザーとなり、当時は私生活で涙を見せることもあったことだろう。

 そんななか、新たな面も見せてくれた。映画『コンフィデンスマンJP ロマンス編』での女詐欺師の役だ。騙し合いを繰り広げた相手は、7月に亡くなった三浦春馬さん。彼はパンフレットで「楽しかった」としてこんな裏話をしている。

「音声は入っていないんですが、実は竹内さんと即興でおふざけの芝居もしていたので、そういった部分でも印象深いです」

 それがどういうものだったのか、ふたりの口から語られることはもうない。

 年を重ねたことで、母親役を演じるようにもなり、NHK大河ドラマ『真田丸』では豊臣秀頼(中川大志)の母・茶々の役だった。そういう機会は今後、ますます増えていったはずだ。

 できれば将来、昨年の朝ドラ『なつぞら』で松嶋菜々子が実現させたような「ヒロインの母親役での里帰り出演」を見たかった。彼女もまた、21年前の『あすか』に主演した朝ドラ女優である。母親役での涙も、素晴らしいものになったことだろう。

 ちなみに、彼女は前出の映画『僕と妻の1778の物語』のパンフレットのなかで、こんな死生観を明かしている。

「(命は)いつかなくなる儚いものかもしれませんが、誰かに何かを遺したいとか、自分のことを憶えておいてもらいたい……そういう気持ちは、ものではない何かを確実に遺せるような気がします」

 死にゆく妻のために短編小説を書き続けた作家の想いを想像しての発言だが、ファンにとっては、彼女が生涯をかけて遺してくれた作品の数々から、ものではない何かを受け取れるのかもしれない。

 今後も再放送や映像ソフトで、彼女の芝居を見て泣くことはできる。そのことにせめてもの感謝をしつつ、冥福を祈りたい。

 女性の12人に虐待自殺につながる「産後うつの実態 

現代ビジネス 2020年9月28日(月)7時02分配信

産後うつは甘えではない

 産後うつは「甘え」です。

 そんな、目を疑うようなツイートが話題を呼んだのは、2020年9月16日のこと。「うつ状態はあるがうつではない」という理由を根拠に、「産後うつで子育てや家事のできない奥様には叱りつけて躾けましょう」とも書かれていた。Twitterは多くの衝撃の言葉や反論であふれた。人に対して「叱りつけて躾ける」ことを是認する言葉に衝撃を覚えた人もいることだろう。

 ちなみに厚生労働省の健康情報サイトe-ヘルスネットには以下のように書かれている。

 「うつ病はとてもよく起こる病気ですが、女性の場合約12人に1人が一生のうち一度はうつ病におちいります。女性は男性の2倍うつ病にかかりやすいのですが、一生の中でも妊娠中や産後はとりわけうつ病がよく起こります」

 遡って考えると、「うつ」という心の病そのものが長い間「怠け病」と言われ、周囲から理解される環境はなかった。自殺者の増加を受け、自殺の要因と職場の環境が結び付けられるようになったのが1999年。職場での心の病ですら、認められない時代が長くあったのだ。記憶の新しい所では、皇后雅子さまが2003年に体調を崩された時にも、怠け病と報じられることもあった。怠けと呼ぶということは、「甘ったれるんじゃない」という意味合いも持つ。つまりは体調が悪いことは甘えであり、そんな人は叱り飛ばせばよい、体調のケアをする必要なんてないということになる。

 では実際、産後うつとはどのような背景があるのだろうか。胸ふさがれるような虐待事件には様々な要因があるが、「産後うつ」はその大きな原因のひとつだ。むろん叱り飛ばして良くなるものでは決してない。むしろ責め立てることで孤独を助長し、より一層危険な状態になる。

 いま大切なのは心理的に辛い状況にある人を叱り飛ばすことではない。実態をきちんと認識し、子どもも親も健やかな環境にするために、何をすればいいのかを知ることだ。そこで、2018年にジャーナリストのなかのかおりさんが産婦人科医・海老根真由美さんに実態を伺って寄せてくれた記事を、再編成してお届けする。ちなみに、新しい数字の出ているものは本文中に編集部注として記載している。

23区で10年間に63人の妊産婦が自殺

 私はワンオペ育児に苦心した経験から、産後うつの取材をしている。記事に対して「私も赤ちゃんを投げ捨てようと思った」と切実なコメントが寄せられ、この瞬間にも「もうだめ」とツイートする母親たちがいる。産後うつが影響する児童虐待のニュースも後を絶たない。医療機関や行政の課題は何か。身近な家族や友人ができることは――。

 国立成育医療研究センターと聖路加国際大、東京大は、産後1年未満の自殺件数や背景を明らかにする研究を進めている。昨年度に調査を終え、今年度末までに結果を発表したいという(編集部注:その後、国立成育医療研究センター研究成果として2018年9月5日、2016年までの2年間で102人の自殺者がいたと発表した)。母親のメンタルヘルスケアの充実や関係機関の連携を進める目的だ。日本の妊産婦死亡率は出産10万人に対して3.8人と、医療技術の向上で低くなっている一方、産後うつなどの実態はわかっていない。

 東京都観察医務院などの調査で、東京23区で2005年から10年間に63人の妊産婦(妊娠中~産後1年未満)が自殺したとわかった。これは出産10万人に対して8.7人と高い数字だ。産後の母親の様子に詳しい医療関係者がいないので調査結果が少ないが、海外のデータと比べても多いという。他に、大阪市で2012~2014年に妊産婦の自殺は9件、三重県では2013~2014年に4件との報告がある。

リアルな育児の始まりと共に発症

 海老根さんは1997年、厚生科学研究(九州大中野班)に参加。妊産婦に担当助産師を決め、メンタルヘルスの調査をした。

 「国内で産後に落ち込む『マタニティーブルー』は、30%ほどのお母さんに見られ、それは1週間から2週間位の一過性のもので1ヵ月は超えません。産後1ヵ月ぐらいから産後うつを発症する可能性があり、3ヵ月でピークを迎えます。産後うつは10%ほどに見られます」

 「産後1ヵ月の健診ではわからないことも多いです。里帰りをしていれば親の援助もあるものの、自宅に帰れば支えがなくなり、リアルな育児が始まる。新生児はよく泣く赤ちゃんへと変化していきます。6ヵ月までが特に産後うつを発症しやすい時期で、産後1年以内に発症する例が多いです。発症しやすい要因には、住居環境の不満足、産後の夫の家事時間が短いことなどがあります」(海老根さん)

 筆者は産前産後に夫が海外に単身赴任しており、身内は遠方・高齢で頼れなかった。出産直後に激しいブルーに襲われて号泣。臨床心理士を紹介されてしばらくカウンセリングを受けた。産後は出血が続き、ぼろぼろの体で1日に10回以上の授乳やおむつ交換。細切れ睡眠でぼーっとした頭で、夜中に娘を抱えて「口を押えたら泣き止むかな」と考える自分が恐ろしかった。「虐待や産後うつは特別な例ではない」と実感した。

虐待死の被害、0歳児が43%から65.3%に

 実際に産後うつは、虐待にも結びつく。厚生労働省によると、2011年度に心中以外で虐待され亡くなった子58人のうち、0歳が43%で最多。1歳が14%と次に多い。死亡させた理由の上位は、1歳未満で、「育児不安や育児負担感」「産後うつ、育児ノイローゼ」が多かった。主な加害者は実母が約80%だった(編集部注:平成30年度の調査結果では虐待され亡くなった49人のうち、0歳児が65.3%となっている)。

 「妊婦健診で産後うつを発症しやすい要因があるか、家族背景、経済的な問題といったリスクを早期に発見し、医師や助産師の介入や、精神科や他科との協力が必要。医療機関と行政との連携や、出産前からの情報交換も大事です。こうした介入や援助がないと、虐待に結びつきやすい。妊婦健診を受けず、サポートがなくて養育の意識が低く、ネグレクトになった例もあります」

 妊娠中に夫から受けたDVが子への虐待につながるケースも見てきたという。「医療関係者は、意外にも虐待やDVに関する知識が乏しいです。警察、児童相談所、保健所、婦人相談センターなどの通報先すらわからない場合も少なくありません。医療者が感じる危機感を関係機関に伝えきれなかったり、母親の公的機関に対する不信感があったり、現実的な対応を協議するのに時間がかかり、対応が遅れがちです」

ここに行けば治せる場所がまだない

 現在は、大学病院など医療の現場で妊娠後期から産後の周産期ガイドラインが修正され、こうしたメンタルヘルスに目を向けようとしている。行政も動き始めたが、まだ十分ではない。

 「今まで、産後健診の助成はありませんでした。今年の4月から、産後のメンタルケアを含めた健診助成が始まったものの、自治体により差がある。産後うつの国際的な評価シートを、助産師が乳児訪問で取り入れても、点数だけではわからない部分もあり、そうした部分に精神科医や臨床心理士がどう入っていくかが課題です。地域の保健センターは、母子支援と精神疾患の支援が分かれています。これを分離せず連携させれば産後うつに対応できるのではないでしょうか」

 「産後のお母さんたちにとって、助けを求めやすいのは出産した産院や助産師です。でも、産後しばらくたつと受診する理由がなくなってしまいます。また、産婦人科医はどの精神科医に紹介していいかわかりません。精神科でも、産後うつを得意とする専門家が少ないように思います。『ここに行けば産後うつを治せます』という場所はまだないので、なんとか改善したいと現場の私たちも働きかけ、(冒頭の)産後の自殺に関する調査が始まりました」

高学歴の女性は産後うつになりやすい?

 具体的には、どのような仕組みで産後うつになってしまうのだろうか。

 「医学的に見ると、産後はホルモンレベルが低く、ストレスに対処する能力が下がっています。そして慣れない子育て、昼夜途切れない生活に疲れがたまり、うつになりやすいのです」

 「最近の傾向で、妊娠出産の知識がない高学歴の女性は産後うつになりやすいように感じます。それまで男社会で生きてきて、計画が立ちにくいという状況が得意ではないからかもしれません。妊娠初期にも、つわりで気持ち悪いとか出血があるとか、職場で誰に言えばいいかわかりません。さらに、育休を取るため上司に相談するのも戸惑ってしまうのです」

 「お母さんたち同士の井戸端会議でわかるような情報も、仕事中心の人間関係では得られません。産後、ご飯も作れず、一人きりで奮闘しているお母さんのために、私のクリニックでは日帰りのケアを用意しています。スタッフが話を聞き、バランスのとれた食事、母乳マッサージやママ整体もあります。この一環で、井戸端会議ができるような産後の集まりや、カフェでのお話会もやりたいですね」

大切なのは声を聞き、共感すること

 産後うつは取り組めば解決する、という海老根さん。

 「産後に体調が悪いと、お母さん自らが子どもを連れて病院に行くことができません。家族が一緒に病院に行ってほしいです。治療は抗うつ薬も有効ですが、内服薬に対してお母さんたちの抵抗もあります。滋養強壮の漢方を飲んでもらう方法もあります。カウンセリングだけでやっている精神科クリニックもあります。助産師が、お母さんだけでなく家族や夫のケアもします。自費診療になってしまいますが、手厚いケアが受けられます」

 「あとは、単純なようですが、家族や身近な人がお母さんを褒めて支えるという方法は有効です。傾聴して、共感する。そうすればお母さんが孤独で我が子を虐待してしまうのを防げる。関わり方がわからない人も、『赤ちゃんかわいいね』と言ってくれたら大丈夫なんです」

子育て中、家がぐちゃぐちゃも仕方ない

 海老根さんはこうアドバイスする。「産後、外に出られない時期があります。母子を2人きりにしないように、家族や友達がいてくれたらいいと思います。ところが、今は産後の片付かない部屋にお客さんを迎えたくないという人も多いですよね。私は妊婦さんに、『先に産んだ人の家にお泊まりに行ってみて、お子さんたちが元気で家の中がぐちゃぐちゃでも気にならないから』と話します」

 また、家事・育児の外注も提案する。「昔の大家族のようなスタイルは理想的ですが、リアルの家族はみんな忙しい。だから地域で手が空いている高齢の人に、家事や上の子の送り迎えなど助けてもらえたらいいと思います」

夫婦でできること、できないこと

 筆者の取材の中でも、「夫の暴言がひどく赤ちゃんを連れて逃げた」「一生、夫を許せない」といった夫への不満が多い。逆に夫からの「こうやって努力している」「長時間労働に家事・育児はきつい」といった声もある。一番、身近で難しい関係について、海老根さんはこう語る。

 「そばにいる夫に、一番の理解者でいてほしいです。妻を肯定する夫は大丈夫。最近、夫のスキルも上がっていて子育てが得意な人も多い。一方で、夫も産後うつの妻を支えてうつになる可能性があるので、妊娠中に細かく話し合っておくといいですね。お互いに何ができるか、できないのか、生活はどうするか。産後に、日常の家事や育児について夫婦2人でゆっくり話し合う時間はないですから」

 取材を通して、産後まもなくの間だけでなく、産後うつをこじらせて不調を抱え、子育てに困難を感じ続ける親もいると知った。筆者も39歳で初産後、1年で職場復帰し、子どもの病気と会社勤めで家庭は修羅場に。結果、退職して新しい仕事の形を模索しているが、娘が小学生になった今も働く母親のハンデは大きいと感じる。

 2人、3人と産んだ親はずっと産後が続く。筆者も産後の大変さは一生、夫婦で分かり合えない部分があると思っている。夫と話し合おう、周囲は理解をと言っても、命がけの母親にはきれいごとかもしれない。それでも、母子で入院できる産後ケアセンターが増えているし、乳児訪問に力を入れる助産師もいて、少しずつ進歩している。こうした記事で産後の現実を知ってもらい、具体的なサポートの手段と理解が広がってほしいと思う。

----------
えびね・まゆみ 埼玉医大総合周産期母子医療センターを経て順天堂大産婦人科非常勤講師。白金高輪海老根ウィメンズクリニック院長。二児の母。
----------

 新型コロナ自殺ぐために、後悔しないために、今できること 

現代ビジネス 2020年9月28日(月)8時01分配信

 訃報が届いたのは今月上旬だった。まだ残暑残る夏……のはずだったが、私はほとんど熱を感じずに過ごしていた。

 今年は新型コロナウイルスの影響で都内は外出自粛ムードが続いており、接待も友達との飲み会も激減。高齢者が多い実家地域への帰省もなし。キンキンに冷やされた室内で冷え性を加速させるようにアイスコーヒーを飲んでいたら、いつの間にやらお盆も明けていた。

 ちょうどそのころから、異変が起き出した。仕事のやる気が激減したのだ。

 自分でいうのも何だが、私はワーカホリックである。1日12~15時間働くのがベストコンディションで、土日も気にせず働きたい。さすがに30代になって体がしんどくなったので、週1日休むようになった。そんな労働サイボーグである。

 それが、1日3~4時間しか働けず、ぼーっとしている日が増えてしまった。しかも読書をするわけでも、ソシャゲ(携帯ゲーム)をするわけでもない。本当に何も、していなかったのである。

 ベッドでうつ伏せになって「うーん」と言っていたら、本当に日が暮れていた。うーん、と言いたいのは私の原稿を待っている編集者だったはずだ。申し訳ありませんでした。

周りでも8月燃え尽きが多発

 これが自分だけなら「夏バテ」「寄る年波には勝てぬ」で終わる話なのだが、周囲でも異変が起きていた。まず、お仕事を依頼した相手が音信不通になった。

 ライター稼業では連絡が取れなくなる相手も一定数いるのだが、それにしても割合が急増。特にお盆が明けた8月15日から、足並みそろえたように体調不良や音信不通、納品遅延が増えた。

 次に、会社員の友人にガタがきた。在宅勤務で悠々自適……と思いきや、心を壊して休職や退職を選ぶ友人がボロボロと出てきたのだ。まるでクシが1本ずつ折れていくように、歯が欠けるように。うつ状態を訴える人が増えていた。

 そして、ついに自死を選ぶ人が身近に出てしまった。

新型コロナで仕事が減った

 ライターと「新型コロナウイルス」、あまり関連性が見られないかもしれない。だが、スポーツ関連のライターは試合観戦ができなくなり、一気に仕事を減らした。

 音楽もライブが消えればできることは少ない。旅行レポはそもそも外出自粛で書けなくなり、取材が得意なライターの仕事は密になるからと減少。なかなかハードである。

 私は「恋愛ライター」というおおよそ新型コロナウイルスと何の関係もなさそうな仕事をしているが、それでも依頼は2割ほど減った。恋愛系のコラムを掲載する媒体さんの広告収入が減り、我々に発注する予算が減ったからだ。この世から何となく広告が減っていることは、歯抜けになった電車の広告を見てもらえればわかる。

 そんなわけで、経済的に困窮しているライターは、きっと、とても、多い。

 会社員もそうだ。残業時間が在宅勤務でカウントされなくなり、残業代に依存した給与体系の人はいきなりカツカツになった。

 友人に年収が200万円以上下がった人もいる。彼の給与体系は、基本給がベーシックインカムのように少なく、残業時間で上下する制度だった。

 営業は接待もできないから接待交際費もストップ。これまで会社の飲み会を経費計上できていた人も、家で自炊するしかない。

グチれず孤独を深める外出自粛

 そして、うっぷんを晴らそうにも友達と飲むことはできない。自宅へ訪問したくとも、相手に家族がいたら「この時期に誰かを家に招くのか」と眉をひそめられる。伴侶のささいなグチを言いたくても、自宅からZoom飲みに参加していたら家族を悪く言えない。

 自分から会を企画していた人はまだいい。人づきあいが苦手な人は、自分から会を作れない。起きて、仕事して、家事をやって、寝て、起きて、仕事をして。こんな暮らしを延々続けていると、気が滅入ってくるのも仕方ない。もともと、引きこもりには才能がいるのだ。こんな大量の人間がひきもって、精神を害さない方がおかしい。

 そこへ経済的困窮である。相談できないまま、お金だけが減っていく。そりゃあ病む。酒を飲もうにも、「よおし、こんな時だからひとりで特上のシャンパンを開けてしまおう。ケーキも買っちゃおう。ローストチキンで夏だけどメリクリ気分!」なんて自主的に気分をアゲられる人ばかりではない。

 そんなわけで、複数の同業者がメンタルの調子を崩しているという話は聞いていた。だが「新型コロナが明けたら誘おう」と、時期を延ばしてしまった。

訃報、そして…

 そして、訃報が届いた。

 最近SNSでも見かけないな、くらいに思っていた。病んでいる投稿もなかった。ただ、ひっそりと線香花火が消えるように逝去されてしまった。亡くなられてから、収入源で奥さんとも険悪になっていたらしいとか、持病があったらしいとか、憶測で話は飛び交った。

 けれど、新型コロナウイルスが無かったら、もっと気軽に飲みに誘えただろうか。自分にも経済的余裕がもう少しあって「今日の飯はおごるよ」と言えただろうか。人が亡くなったときは、いつも if (もしも)の世界を考えてしまう。けれど「もしも」はやってこない。

 新型コロナウイルスでも、外出自粛のルールを破ればよかった。飲みに行けばよかった。若者の死因1位は自殺なのだから、新型コロナよりずっと人を殺しているのだから。「今はお金がない」なんてことを言い分けにせず、チェーンの居酒屋でも、自宅でストロングゼロでも空ければよかったのだ。

 外出自粛は、これからも守っていくだろう。再度自粛が出たら、やっぱりおうちに帰るだろう。けれども人の命が危ぶまれるとき、優先順位をあやまってはいけない。

 駆けつけて、ウイダーインゼリーでも、何でもいいから口に含んでもらって。それすらできないなら、病院へ繋いで。私たちは新型コロナウイルスの脅威にさらされているけれど、他の死因にもさらされているのだ。こんな事情で、討ち死にしてはいけない。

 ようやく「うーん」と寝て過ごす日々から明けた先週から、そんな後悔が続いている。

 半沢直樹最終回、半沢の生きてれば何とかなる」反響続々 

女性自身 2020年9月28日(月)17時51分配信

 9月27日、ついに最終回を迎えた『半沢直樹』(TBS系)。7月の放送開始時から放送時には毎回Twitterのトレンド世界1位を記録するなど、驚異的な反響を記録し続けた本作。

 前話ラストでラスボスである箕部幹事長(柄本明)に「1000倍返し」を宣告した半沢直樹(堺雅人)。中野渡頭取(北大路欣也)や大和田常務(香川照之)らの協力を得て、箕部の不正を暴くことに成功し、1000倍返しを達成した。最終回の平均視聴率も32.7%(ビデオリサーチ調べ)と、新シリーズの最高記録に。まさに大団円のまま幕を閉じた。

 そんななか、最終回の“ある台詞”に反響が集まっている。

 物語中盤で、打つ手をなくし、会社から“島流し”を予告され追い詰められた半沢。自宅で妻の花(上戸彩)に「出向どころではすまないかもしれない」と詫びると、花は「いっそのことやめちゃえば?」と優しくフォローする。そして、「直樹は今まで十分すぎるくらい頑張った」と認めたうえで、涙を浮かべながらこう語りかけた。

「直樹、今までよく頑張ってね。ありがとう。お疲れ様。ていう気持ちでいればとりあえず少しは気が楽になるでしょ。仕事なんかなくなったって生きてればなんとかなる。生きていれば、なんとかね」

 SNSではこの花の台詞に背中を押される人々が続々。

《半沢直樹見てるんだけど、 上戸彩さん演じる奥さんの言葉、本当に胸にしみるなぁ……》

《ほんとにその通りだよ、生きてればなんとかなるよ》

 なかには、同日に逝去が報じられた竹内結子さん(享年40)と重ねる人も多かったようだ。

《花ちゃんの“生きてればなんとかなる“って言葉、今日竹内結子さんの自殺の件のあってぐっと心に刺さった》

《こんなときだから、生きてればなんとかなるって言葉が心に刺さるね》

《生きてればなんとかなる…今日は特に響く言葉だよな》

 半沢直樹最終回、大和田「あばよ!」紙吹雪と共に去り大反響 

クランクイン! 2020年9月27日(日)23時34分配信

 俳優の堺雅人主演のドラマ『半沢直樹』(TBS系)の最終話が27日に放送された。本作で大人気キャラクターとなった香川照之演じる大和田のラストのセリフは「あばよーっ!」だった。

 箕部(柄本明)が不正に巨額の金を受け取っていたことを中野渡頭取(北大路欣也)、大和田(香川)、白井(江口のりこ)、笠松(児嶋一哉)らすべての人間の協力により、東京中央銀行への会見の場で明るみにした半沢(堺)。

 だが同時に東京中央銀行は旧東京第一銀行時代に問題融資があったことを発表。中野渡は頭取を辞職することになった。

 半沢も責任を取り退職を申し出るが、大和田に呼び出され、「中野渡さんから君に返すように言われてね」と出したはずの退職願を突き返される。しかし半沢はこれを拒否する。

 大和田は「私はこの銀行を辞める」「もうこの銀行はおしまいです」と語るが、これに「必ず立て直せるはずです」「私はできると信じている」と言い切る半沢。

 大和田は銀行を立て直すために、頭取になれ、と半沢に言い放ち「もし頭取にならなかったらお前がここで土下座、しかしもし頭取になったら、私がここで土下座だ」と宣戦布告。

 「だがなそのときはこの私が銀行丸ごとメタメタに叩き潰す。親父さんが勝手に亡くなって、お前なんかに恨まれたせいで私の銀行人生はめちゃくちゃだ! この世でいっちばん嫌いなお前を全人生を懸けて叩き潰す! 受けて立て!」という大和田の言葉に半沢は、「わかりました。受けて立ちましょう。だが今度こそ容赦しない。完膚なきまであなたを叩き潰す!」と応戦する。

 すると大和田は「上等だ…やれるもんなら、やってみな!」と退職願を破りながら言い放ち、破った紙を宙に放る。退職願は紙吹雪となり、大和田の頭上を舞う。大和田は最後に「あばよーっ!」と叫ぶと部屋を出ていくのだった。

 このラストには「最高すぎるラストシーン」「大和田劇場」「最高だあああああ」「まさかの『あばよーっ!』」「マジで大和田さん最後まで最高だよ」といった声が殺到する大反響となった。

 半沢直樹6658.8万人が視聴した。最も多くの人が見たのは… 

HUFFPOST 2020年9月29日(火)14時02分配信

 ビデオリサーチは9月28日、27日に最終回を迎えたTBS系ドラマ『日曜劇場・半沢直樹』に関する推計を発表した。

 発表によると7月19日(日)~ 9月27日(日)にわたる全10話のうち、いずれかをリアルタイムで見た人は日本全国で推計6658.8万人だった。

 なお、総務省統計局によると、日本の総人口は9月1日時点で1億2581万人(概算値)だ。

最も視聴人数が多かった場面は?

 全10話のうち、最も見た人が多かったのは10話の3323.3万人。そのほかの放送回も全て2500万人程度の人がリアルタイムで視聴していた。

 全10話を通じて最も視聴人数が多かった場面は、9月27日最終回の21時58分、中野渡頭取(北大路欣也)と半沢直樹(堺雅人)が二人で話すシーンで、約2743.3万人が見ていた。

 

2020年9月27日 (日)

【耳学】いまさら聞けない「キーボード」操作の「い・ろ・は」

Ctrl”や“Shift”って🔍そういう意味だったのか!話題のショートカットキー記憶術抜群理由

ダイヤモンドオンライン 2020年9月27日(日)6時01分配信

 個人のパソコン作業を徹底的に効率化する。その一点にこだわることで話題沸騰中の『脱マウス最速仕事術』。しかし「ショートカットキーを覚えたい」と思っても、覚えられずに挫折した経験を持つ人も多いと思います。今回は『脱マウス最速仕事術』の著者・森新さんに「なぜ、ショートカットキーがマスターできないのか」「どうしたらマスターできるのか」を聞いてみました。

Photo_20200927090701

――この本では「脱マウス」「マウスの依存度を下げる」という話をしていますが、「なかなかショートカットキーが身につかない」という人も多いと思います。私自身もその一人なんですが、そもそもなぜ「ショートカットキー」は覚えられないのでしょうか?

  一言で言えば「覚えよう」としているからだと思います。ショートカットキーが覚えられない、マスターできない理由として、一番よく聞くのが「『Ctrl』『Alt』『Shift』がごちゃごちゃになって、わからなくなる」という意見です。それってもっともな話で、ひたすらショートカットキーを暗記しようとしたら、そりゃあ「Ctrl」なのか「Shift」なのか「Alt」なのか、どの組み合わせなのか混乱して、間違ったキーを押してしまうのも当然です。

 間違うだけならいいんですが、意図しない操作をして画面が変わってしまって、今度は元に戻せなくなる…。そんな体験をしている人は多いと思います。その結果「こんな面倒なことになるなら、ショートカットキーなんて使わずにマウスで作業をした方がマシ!」ということになってしまうんです。その気持ちはとても理解できます。

 ――本当によくある話だと思います。

  でも、これは出発点に問題があって、そもそも「マル暗記しよう」という発想自体に無理があるんです。それこそ予備知識がまったくない状態で英熟語を覚えるようなもので「on」とか「in」の意味をまるで知らずに、ただ「come in」なのか「come on」なのかをマル暗記しようとしたら、覚えられないのは当然ですよね。だからこそ、最初にやるべきは「ひたすらマル暗記」ではなく、キーボードがどういうしくみになっていて、「Ctrl」や「Shift」にはどういう意味や機能があるのかを知ることなんです。

 ――それは目からウロコのアプローチですね。キーボードのしくみを理解するとは、具体的にどういうことですか?

  わかりやすい例を一つ上げてみましょう。パソコンの超初心者は「=」の記号がなかなか出せないんです。キーボードの右上の方に「ほ」のキーがあって、そこに「=」も印字されているので、本来このキーを押せば「=」は出るはずなんです。ところが、ローマ字入力の場合「=」が出ずに「ー」が出てしまいます。

 じつは、この瞬間に何を学ぶかがめちゃくちゃ重要なのですが、パソコン教室含め、ほとんどの人がすぐに「『Shift』と一緒に『ー』のキーを押してください。それで『=』が出せますよ」と正解だけを教えてしまうんです。あまりに自然なやりとりなので、違和感を覚えないかもしれませんが、これこそ「マル暗記のやり方」です。

 ――たしかに「Shift」+「ー」という組み合わせをそのまま覚えろと言われているのと同じですね。

  それをやっている限り、ひたすら暗記しなければいけないので、すぐに挫折してしまうんです。でも、キーボードに「=」と印字がされているんですから、本来は覚える必要なんてなくてないんです。そのキーを押せば、絶対出るはずなんです。

 そこで重要なのが、「Shift」とはどんなキーなのかです。じつは、「Shift」は「上にある文字や記号を表示させる」という機能を持ったキーなんです。だから「Shift」には『上向きの矢印』が書いてあることが多いじゃないですか。それさえ知っておけば「=」も「%」も「&」も難なく打てます。超初心者でも迷う必要はありません。

 パソコン教室で最初に教えるべきは、そういったキーボードの基本構造であり、キーの意味なんです。意味もなくひたすら操作を覚えるのではなく、「Shift」「Ctrl」「Alt」「Windows」などのキーの意味を理解すれば、ショートカットキーはそんなに難しいことでありません。なかには多少複雑な構造になっているものもありますけど、とりあえず「Shift」「Ctrl」「Alt」「Windows」などの基本構造を理解しておけば、圧倒的にキーボードは使いやすく、作業は効率的になります。これは、声を大にして訴えたいところですね。

Photo_20200927091301

Photo_20200927091601

キーボードは早く打てないように設計されたものだった!

  余談ながら、そもそもキーボードはタイプライターから進化したもので、その歴史にも諸説あるんですが、タイプライターの配列は「早く打てないように作られた」という話があるんです。タイプライターは、キーとアームが繋がっていて、その先にスタンプが付いているので、キーを打つとアームが動き、スタンプを「ガチャン」と紙に印字する。そんなカラクリになっています。この場合、あんまり早くキーを叩きすぎると、正しくスタンプが押せないので、ゆっくり確実にキー押す必要があります。そのため、あえて「早く打てないキー配列」にしたというエピソードがあるんです。

 また、タイプライターが進化していく過程で「もっといろんな文字や記号を印字できるようにしよう」と段々なっていくわけですが、キーの数には限界があり、無限に増やすわけにもいきません。そこで登場したのが「Shiftキー」です。

 同じキーを打った場合でも、「Shiftキー」を一緒に押すと、アームが少しだけ前に動いて違うスタンプを印字できるようにする。これが起源です。その構造が今でもキーボードに残っていて、「Shift」とは「上に印字してある文字や記号」を打つためのキーとなっているんです。それを理解しているだけでも、キーボードの使い勝手は確実によくなります。

 ――ずいぶん長い間パソコンを使ってきましたが「Shiftキー」にそんな意味があったなんて、知りませんでした。

  そういう人が本当に多いんですよ。パソコンを覚えるとき、最初に理解しておけば、その後の苦労は全然違ってくるんですけどね。ちなみに、「Ctrl」は『奥に隠れた機能』を引き出すキー」です。

 ――「奥に隠れた機能」ってなんですか?

  じつはこれも基本構造なんですが、キーボードというのは、限られた数のキーをフル活用するために、「表層的な機能」と「奥に隠れた機能」の二重構造になっているんです。さきほどの「Shift」や「Fn」(ファンクションキー)は、原則として「表層的な機能」を引き出すためのキー。これらのキーを使うことで、原則としてキーボードに印字されている文字や記号を打つことができます。まさに「表面に出ている機能」です。

 一方、「Ctrl」は「隠れた機能」を引き出すためのキーです。よく使う「コピー&ペースト」も「C」や「V」を押しますが、それが「コピー」だとか「ペースト」だなんて、どこにも書いてないですよね。つまり、奥に隠れた機能として「コピー」や「ペースト」が存在しています。この隠れた機能を引き出すために「Ctrlキー」を使うのです。同じように「Fn」「Alt」「Windows」などにも、それぞれそのキーが持っている意味があるわけです。

 ――そうやって「Shift」や「Ctrl」「Fn」などのキーの意味を解説してもらうと、なんとなく「ショートカットキー」をマスターできそうな気になってきますね。

  この本で私が一番訴えたいのは、まさにそこです。マウスの依存度が少しずつ減ってくると、効率は確実によくなりますから、ぜひ、みなさんにも「脱マウス」を目指して欲しいのですが、「ショートカットキーを覚える」と聞いただけで、拒否反応というか「なかなか覚えられない」と言い出す人がいるんです。でも、断言しますが、決してそんなことはありません。

 ショートカットキーをマスターする方法を知って、ステップを踏んでいけば、誰だって、キーボードで作業がどんどん完結していく快感を味わえます。ぜひ、その快感を味わうための一歩を踏み出して欲しいと願っています。

Photo_20200927092001

 球体の新型「Amazon Echo」から警備ドローンまでアマゾンが発表した新製品のすべて 

WIRED 2020年9月26日(土)12時18分配信

 アマゾンが本拠地のシアトルで9月24日(米国時間)の朝、メディア向けのイヴェントを開催した。ほかのほとんどの消費者向けテクノロジー企業による今年の発表がそうだったように、アマゾンの豪華なイヴェントはヴァーチャルなものだった。経営幹部たちは会場を埋め尽くす報道陣を前に語る代わりに、ライヴ配信でプレゼンテーションしたのだ。

 約1時間の発表でアマゾンは、音声アシスタント「Alexa」に対応した新しいデヴァイスや、スマートスピーカー「Amazon Echo」の新製品、さらに、傘下のホームセキュリティ企業リング(Ring)による興味深い新デヴァイスなど、多くのハードウェアを発表した。ここではそれらを一挙に紹介しよう。

球体になったAmazon Echo

 まず最初に、スマートスピーカー「Amazon Echo」の新モデルだ。旧型のEchoはどれも円筒形だったが、新型では球形になった。写真のようなグレーの球が、どこにでも現れるAlexaの新しい“拠点”になる。

Photo_20200929123101

 新型Echoには、アマゾンが「AZ1 Neural Edge」と呼ぶ新しいチップも搭載されている。この新チップを内蔵したことで、Alexaは話し言葉をより素早く認識でき、音声アシスタントが質問やリクエストにより高速に反応できる。第4世代となったEchoの価格は100ドル(日本では11,980円)で、10月22日に発売される。

 この外見はなかなか気に入った。特に丸い感じがいい。デザインは奇妙なことに、かつてグーグルが販売していたメディアプレイヤー「Nexus Q」を思わせる。新しいEchoは、グーグルの不運なストリーミングプレーヤー(発送を待たずに終了した)を大きくリードすることになるだろう。

小型のEcho Dotや子ども用も球体に

 柔らかで有機的な球形は、新しい「Echo Dot」(60ドル、日本では5,980円)にも反映されている。また昨年モデルと同様に、デジタル時計が表示されるモデルもある。

 刷新された「Echo Dot Kids Edition」(60ドル、日本では未発売)も球形で、非常にかわいいトラとパンダの顔がついている。このタイガーボールは子どもたちの新しい友達になって、すぐに読み聴かせもできるようになるだろう。子ども向けのソフトウェアやサーヴィスをいろいろ使えるサーヴィス「Amazon FreeTime」や有料の「FreeTime Unlimited」は、「Amazon Kids」と「Amazon Kids+」に名称が変わった。

 10インチのディスプレイを備えた新型「Echo 10」(250ドル、日本では29,980円)は球形ではなく、発売日はまだ決まっていない。きのこの軸のような形のベースがゆっくり回転することで、画面が常にあなたを向くようになっている。また話してにフォーカスする機能のほか、グループ通話や「Zoom」、オンライン会議システム「Amazon Chime」など、改良されたヴィデオ通話機能が追加されている。

 いま多くの家族は家にずっといることが多く、こうした状態は長く続くことになるだろう。そこで、新しいEchoを使って子どもたちを世話する以外にも、見守り機能「Care Hub」を導入して高齢の親族の様子をチェックしたりもできるようになる。

 伝えたことをすべて削除するようAlexaに頼むこともできるし、侵入者を検知する機能「Alexa Guard Plus」に不在だと伝えておけば、侵入者がいないかスキャンしたりもできる。わたしたちがもはや家から出ないということを、アマゾンは忘れてしまったのだろう。

新型のWi-Fiルーターも登場

 アマゾンは昨年、メッシュWi-FiルーターのメーカーであるEeroを買収したばかりだ。こうしたなか早速、Eeroの安価な新ヴァージョンを発表した。

 今回の新モデルで注目すべきは、次世代のWi-Fi規格である「Wi-Fi 6」をサポートしている点だ。Wi-Fi 6は家庭のネットワークの速度と信頼性を向上させるが、利用するには新しいハードウェアが必要になる。

 新モデル「Eero 6」は129ドル(約13,600円)で、11月2日に発売される[編註:日本では発売未定]。Eero 6を同時に2個購入すると199ドル、3個購入では279ドルとなる。上位機種の「Eero Pro 6」は、トライバンドアンテナシステムを採用することで同時接続性を向上させ、より優れたパフォーマンスを提供する(Proは特に都市部での接続性を安定させる5GHzの帯域もサポートしている)。Eero Pro 6は1個229ドル、2個同時購入で399ドル、大邸宅も網羅する3個を同時購入すると599ドルだ。

待望の自動車セキュリティシステム

 ホームセキュリティブランド「Ring(リング)」の製品は、アマゾンのベストセラーのひとつである。そして米国内で多くの警察当局とパートナーシップを組んでいることで、大論争になっている製品でもある。しかし、そうした問題があってもアマゾンが新製品のリリースを中止することはなかった。そのうち3つは自動車関連である。

 リング社長のレイラ・ルーヒによると、要望が最も多い装置は自動車のセキュリティ製品だったという。そこで2021年の初めに「Ring Car Alarm」を60ドルで発売する予定となっている。これを車載式故障診断システム(OBD)の端子に接続することで、クルマに何か異常があるときにAlexaと連携し、サイレンとライトを起動するようになっている。

 また、200ドルの車載カメラはHDカメラ2台からなり、運転中も停車中も周辺の動きを監視する。さらに、すでにカメラを搭載したクルマに導入できるソフトウェアのAPIとして「Ring Car Connect」を200ドルで発売する予定だ。ただし、新しいソフトが当面サポートするクルマは、テスラの「モデルS」「モデル3」「モデルX」「モデルY」に限定される(テスラの車両価格を考えれば、追加の200ドルの負担は問題ないだろう)。

家庭用の監視ドローンまで発売

 今回発表された製品のなかで微妙な感じだったのは、リングの新しいセキュリティ製品「Ring Always Home Cam」だ。このような名称になったのは、わたしたちが最近は常時屋内にこもっているからだろうか。あるいは、ドローン自体が常時屋内にとどまっているからだろうか。それとも、ディストピア的な未来にはわたしたちをいつもテクノロジーによって監視下に置きたい支配者が関与していることを暗示しているのだろうか──。こうした製品に関しては多くの想像ができる。

 こうして249ドル(約26,200円)を払えば、屋内用の空飛ぶドローン(屋内用であることを忘れないように)を所有できる。懸念は不要だ。なにしろアマゾンが保証している。「プライヴァシーに配慮」してこのドローンはつくられたのだ。

 録画するのは飛んでいるときだけで、近くにいることはうるさい音でわかる。飛んでいないときは充電ドックに静かに座しており、カメラは無効になっている。再び飛び回って屋内の録画を始める命令が下るまで待っているのだ。

クラウドゲームへの参入

 新規参入が相次いでいるクラウドゲームの分野に、アマゾンが「Luna」を引っさげて参入する。アマゾン ウェブ サーヴィス(AWS)のインフラを活用してユーザーのデヴァイスにヴィデオゲームを配信するもので、Netflixと似たような仕組みだ。利用するには超高速で安定したネット環境が必要になる。

 そのメリットは、高価なゲーム機を購入する必要がなく、ストレージにゲームをダウンロードするだけの空き容量があるのか心配せずに済むことだ。

 当然ながら、Lunaはアマゾン傘下のTwitchと統合され、配信するゲーム動画に簡単にアクセスできる。さらにLunaのコントローラーでプレイすることになる。ただし、マウスとキーボードも利用可能で、「Xbox One」と「PlayStation 4(PS4)」のコントローラーも利用できる。

 Lunaコントローラー50ドル(約5,300円)で、任天堂の「Nintendo Switch Proコントローラー」にそっくりだ。クラウド企業のCloud Directのテクノロジーを活用し、Bluetoothを経由せずにWi-Fiでアマゾンのゲームサーヴァーに直接接続する。このためタイムラグは減少し、ボタンを押したときの反応が早くなるはずだ。もちろんアマゾン製品なので、音声アシスタント「Alexa」に対応する。

 正式なサーヴィス開始日は未定だが、米国では月額5.99ドル(約630円)で招待ユーザーとして利用できる[編註:日本での提供は未定]。アマゾンはこの有料サーヴィスを「Luna+」と名付けており、Lunaとは別物だ。プレイ可能なタイトルとしては、「CONTROL」「プレイグ テイル -イノセンス-」「バイオハザード7 レジデント イービル」など100を超えるタイトルが用意されている。

 ユービーアイソフトの専用チャンネルもLuna内に開設され、近々リリース予定の「アサシン クリード ヴァルハラ」といったゲームがリリース当日からプレイできるようになる。ほかのゲーム会社のチャンネルも今後開設される予定だ。

 対応するデヴァイスは、サーヴィス開始時点で「Amazon Fire TV」のほか、Windows PC、Mac、iPhone、iPadをサポートする(iPhoneとiPadはウェブアプリ経由でのアクセスとなる)。さらにAndroid版アプリも今後リリースされる。

 アマゾンがゲーム業界に参入するのは今回が初めてではない。Twitchを傘下に収めたほかにもアマゾンはゲームを自社制作しており、すでにPCゲーム「Crucible」をリリースしている。

 アマゾンが自社サーヴィスを統合したLunaは、グーグルの「Stadia」やマイクロソフトの新クラウドゲームサーヴィス、ソニーの「PlayStation Now」、NVIDIA(エヌヴィディア)の「GeForce NOW」や「ShadowPlay」など、競合他社のサーヴィスとの競争に勝てるのか──。それは今後を見守りたい。

 

2020年9月26日 (土)

【米中🈟冷戦】トランプ再選✍「『国交樹立』に進展か」台湾と外交再開!?

 習近平慌てふためく…激怒した米国台湾を本気で支援し始めた 

現代ビジネス 2020年9月25日(金)6時01分配信/長谷川幸洋(ジャーナリスト)

転換するアメリカの対中政策

 台湾をめぐって、米国と中国の対立が激化している。李登輝元総統の告別式に参列するため、米国務省のキース・クラック次官が9月17日、台湾を訪問すると、中国は戦闘機など18機を動員した演習を実施して威嚇した。台湾情勢はどう展開するのか。

 国務次官の訪台は、8月のアレックス・アザー厚生長官の訪台に続いて、米政府として最高ランクの高官派遣だった。「自由と民主主義を共有する台湾を守る」というメッセージであるのは、明らかだ。台湾側は蔡英文総統が夕食会を主催して、次官を歓迎した。

 中国に向けた米国の「サイン」は、これだけではない。

 国務省のデビッド・スティルウェル次官補(東アジア・太平洋担当)は8月31日、ヘリテージ財団で講演し「我々は『1つの中国政策』を維持するが、中国の台湾に対する挑発を受けて、重要な政策調整を強いられている」と語った(https://www.ait.org.tw/remarks-by-david-r-stilwell-assistant-secretary-of-state-for-east-asian-and-pacific-affairs-at-the-heritage-foundation-virtual/)。

 米国は1972年、当時のリチャード・ニクソン大統領が中国を訪問し、米中共同声明(上海コミュニケ)を発表して以来、一貫して「1つの中国政策」を堅持してきた。これは米中関係の基盤だったが、それを事実上「手直しせざるを得ない」というのである。

 トランプ政権が中国との対決姿勢を強めてきたのは言うまでもないが、今回の国務次官補発言は米中関係の根幹とも言える部分の見直しに触れた点で、これまでの対立とはレベルが違う意味合いを持っている。一言で言えば、対中・台湾政策の根本的な修正を示唆したのだ。

1つの中国をめぐる2つの立場

 そこで、若干の解説を交えつつ、スティルウェル講演の中身を紹介しよう(以下、〈〉内はスティルウェル発言)。

 〈米国は長い間「1つの中国政策」を堅持してきた。これは中国の「1つの中国原則」とは異なる。中国共産党はこの原則の下で「台湾に対する主権」を主張しているが、米国は台湾の主権について、何のポジションもとっていない〉

 米国の「1つの中国政策」と中国の「1つの中国原則」は同じではないか、とよく誤解される。とくに、日本のマスコミは中国の言い分をそのまま受け止めて「米国も中国は1つと認めている」前提で、米中関係を報じるケースが多かった。

 そう言われれば、あたかも「台湾は中国の領土の一部」と、米国が認めているかのように聞こえる。だが、事実はまったく異なる。日本のマスコミが不勉強なのだ。それは、肝心の米中共同声明を読めば、分かる(https://history.state.gov/historicaldocuments/frus1969-76v17/d203)。声明の関連部分には、次のように記されている。原文を紹介しよう。

 「米国側は言明した。米国は台湾海峡のどちらの側の中国人も、中国は1つしかなく、台湾は中国の一部、と主張していることを認識する(The U.S. side declared: The United States acknowledges that all Chinese on either side of the Taiwan Strait maintain there is but one China and that Taiwan is a part of China)」

 どう解釈するかと言えば「中国と台湾が合わせて1つ」という認識では、中国も台湾も同じだ。問題は、どちらが1つの中国を支配するのか、という点である。

 台湾の中国人が「台湾も中国の一部」というとき、何を意味するかと言えば「台湾こそが中国人の正統な政府であり、台湾はもちろん、それだけでなく中国大陸も台湾が支配すべき地域の一部」という話なのだ。

 つまり、台湾にとって「中国は1つ」とは「中国共産党政府の台湾支配」を容認しているわけではない。まったく逆で、現実はどうあれ「台湾による中国支配が正しい」という立場に立っている。米国はと言えば、そんな双方の主張を「認識している」だけだ。どちらにも与していない。

 スティルウェル氏はこの原点を確認したうえで、昨年、機密扱いを解除されたロナルド・レーガン元大統領のメモを紹介した。レーガン氏は1982年8月のメモで、こう書いている。

 〈台湾に武器を売却する米国の意図は絶対的に、中国が台湾問題を平和的に解決する、という約束に条件付けられている。加えて、台湾に提供される武器の量と質は完全に、中国共産党がもたらす脅威に条件付けられている〉

 中国が台湾問題を平和解決しようとする限り、米国は台湾に武器を売らない。だが、逆に中国が平和解決の約束を破るなら、台湾に武器を供与する。しかも、中国がもたらす脅威の程度次第で、米国が売却する武器の量と質が決まる、と言っている。

台湾への支援を強めるアメリカ

 スティルウェル氏はこのレーガン・メモを踏まえて「1つの中国政策」に「重要なアップデート」を加えざるを得ないとして、2つの理由を挙げた。

 〈1つ目は、この地域の平和と安定を脅かす中国の脅威が高まっているからだ。近年、中国共産党は台湾を標的にして、外交的孤立を誘い、敵対的軍事行動とサイバー攻撃、経済圧力を強め、統一戦線工作部による妨害活動を続けてきた。西太平洋の平和と安定を脅かす脅威は、台北やワシントンからではなく、北京によってもたらされた〉

 〈米国は長い間、台湾海峡の現状維持を支持してきた。北京は台湾の外交パートナーに嫌がらせしたり、国際機関から追い出したり、軍事演習を強化したりして、一方的に現状を変更しようとしている〉

 〈香港を見れば、中国が独裁体制を強め、自由を愛する人々を迫害し、国際的義務を無視しているのは明らかだ。我々はもはや、北京が3度の共同声明で我々に誓ったように、台北との違いを平和的に解決する約束を守るだろう、と優雅に想定しているわけにはいかない〉

 〈我々は台湾に圧力をかけ、脅迫し、弱体化しようとする中国共産党の企てに抵抗する台北を支援し続ける〉

 〈台湾への関与に焦点を当てる2つ目の理由は、台湾がまさしく成長し、我々との友情、貿易を深め、生産性を高めてきたからだ。我々と台湾の関係は、中国共産党との関係のサブセット(下位集合)ではない。我々の友情と協力関係は、台湾自身が持つ共通の価値観と文化的親密性、商業と経済関係から育まれてきたのだ〉

 そのうえで、次のように結論を語った。

 〈米国は台湾が国際社会で高い地位を占め、貿易や民主主義、悪意のある影響力に抵抗するモデルとして重要な役割を果たすのを支援してきた。我々は台湾の2300万人の人々がいじめられたり、強制されるのを見過ごすわけにはいかない。台湾のような良き友人と仕事をすることほど、誇り高いことはない。我々はこれからも台湾を支持し続ける〉

 スティルウェル氏は「1つの中国政策を守る」と言いながらも、実質的には、武器売却を含めて台湾を強力に支援する方針を語っている。中国が台湾問題の平和的解決を放棄したかに見えるからだ。彼は「中国は歴史を歪める癖がある」とまで語っている。

 同氏は「政策調整」とか「アップデート」という言葉を使っているが、事実上「対中政策の見直し」と理解すべきだ。中国が政策の重要な前提である「台湾問題の平和解決」を捨て去るのであれば、米国が政策を見直すのは当然でもある。アザー厚生長官やクラック国務次官の訪台は、こうした文脈で実現した。

本気の怒りを見せた中国の反応

 これに、中国側はどう反応したか。

 中国の政府系新聞である環球時報の英語版、グローバル・タイムズは9月18日、米国を激しく非難する社説を掲載した(https://www.globaltimes.cn/content/1201338.shtml)。タイトルは「金曜日の人民解放軍の演習は警告ではなく、台湾奪取のリハーサルだ」。そのものずばりである。

 社説は同日から台湾海峡周辺で始まった軍事演習について「2つのサインがある」と指摘した。1つは「中国はクラック国務次官の訪台を見過ごさず、人民解放軍は言葉だけに自制もしない」。もう1つは「人民解放軍の反応の速さだ」として、次のように書いた。

 「人民解放軍はいざとなれば演習ではなく、実戦に踏み切れる能力の高さを示した。…もしも、米国が国務長官や国防長官を台湾に派遣しようものなら、軍は台湾上空で演習し『総統官邸の上空』を飛んで見せる」

 「人民解放軍は台湾を標的にした実戦演習の幕を開いた。やがて演習規模は拡大し、台湾に大打撃となる条件を満たすだろう。18日の演習は台湾海峡をめぐる戦いのランドマークである。米国と台湾は情勢を見誤ったり、演習を脅しと信じてはならない」

 どこまで本気か、はさておいて、怒りのすさまじさは伝わってくる。だからと言って、トランプ政権の腰が引けるとも思えない。台湾をめぐる米中対立が言葉の応酬にとどまらず、具体的なアクションの段階に入ったのは確かである。いずれ日本の尖閣諸島にも連動するだろう。米中、そして日本にとって一触即発の危機が近づいている。

 中国台湾進攻に備える米軍台湾駐屯」は賢明か 

Newsweek日本版 2020年9月25日(金)17時26分配信

このままでは敗北するというアメリカ側に対し、米軍が台湾に戻れば戦争だと中国

 米海兵隊のウォーカー・D・ミルズ大尉は、米陸軍大学発行の軍事誌「ミリタリーレビュー」最新版で、米軍は台湾に駐屯すべきだとする論文を発表。これに中国共産党機関紙系のタブロイド紙「環球時報」の編集者・胡錫進が、ツイッター上で強い反発を表明した。

 ミルズは論文の中で、東アジアのパワーバランスがアメリカや台湾から中国寄りに傾きつつあると指摘。アメリカに「台湾の主権を守る決意があるならば」、台湾に地上軍を駐屯させることを検討すべきだと主張した。

「龍の抑止」と題した論文の中で、ミルズは現在のパワーバランスでは台湾への奇襲攻撃の「可能性がより高まっている」と警告。米指導部は「中国との意図的かつこれまで以上に世界規模に及ぶ紛争」に反対する国際的圧力に「勇敢に立ち向かう」べきだとの考えを述べた。

「人民解放軍(PLA)の攻撃に対して米軍が迅速に対応できないとしたら、残された道は2つ。PLAがあっという間に台湾に侵攻するのを受け入れるか、時間もコストも代償も伴う上に成功の保証もない作戦の遂行を余儀なくされるかだ」とミルズは書いている。

<「正義の戦いを始める決意」>

 これに噛みついたのが、中国政府内でもより強硬派の見解を反映している環球時報の胡だ。彼はツイッターにミルズの論文のタイトルを投稿し、「アメリカと台湾でこのような考えを持っている人々に警告する」とコメントを添えた。

「米軍が台湾に戻れば、PLAは中国の領土を保全するための正義の戦いを始める決意だ。中国には反国家分裂法がある」と胡は続けた。2005年に制定された同法は、台湾が独立を宣言した場合、中国政府は台湾への武力行使も辞さないと予告するものだ。

 胡のこのコメントと時を同じくして、中国は大規模な軍事演習を実施、中国軍の複数の戦闘機が停戦ラインである台湾海峡の中間線を越えて台湾の防空識別圏に入り、台湾が中国に警告を発する事態が発生していた。

 台湾国防部はこの一件について、「一つの中国」政策の下で台湾を吸収したいと考える中国本土による「嫌がらせであり脅し」だと非難した。アメリカは1979年に制定された台湾関係法で、台湾の防衛に協力することがアメリカの義務であると定めている。

武力では解決できない複雑な問題

『A Critical Decade: China's Foreign Policy 2008-2018(重要な10年間:2008-2018年の中国の対外政策)』の著者である米バックネル大学国際関係学部のジューチュエン・チュ教授は、「胡のツイートは無視できない。もしもアメリカが本当に台湾に部隊を配備すれば、米中関係は大きく変わり、米中間の軍事衝突が引き起こされることになるだろう」と指摘。「中国政府から見て、台湾への米軍配備は中米関係の根底を壊す行為であり、反国家分裂法を侵害する行為だ。それは戦争の大義名分になる」と本誌に語った。

 米地上軍を台湾に派遣するという提案は「問題の複雑さをひどく過小評価している」と指摘し、さらにこう述べた。「台湾問題は、軍事的に解決できる軍事問題ではない。この問題は歴史や政治、外交、経済、安全保障や大国同士の対立などが絡み合った複雑な問題だ」

 ロンドン大学東洋アフリカ学院・中国研究所のディレクター、スティーブ・ツァンは、アメリカ政府が台湾に米部隊を配備することを計画している兆候は今のところないとの見解を示し、胡の警告が「必要な、あるいは理にかなったものには思えない」と語った。

「中国と台湾の間で緊張が高まるなか、アメリカが台湾国防軍との協調・協力関係を強化していることが見てとれる。だが協調・協力関係が強化され合同軍事演習が行われたからといって、アメリカが台湾に部隊を配備するということにはならない」

 中国の侵攻台湾軍は崩壊する―見せかけの強硬姿勢と内部腐敗 

Newsweek日本版 2020年9月25日(金)16時33分配信

アメリカ製の最新兵器をひけらかし万全の体制で中国を迎え撃つと息巻く台湾政府......実際には戦車は壊れ、自腹で修理部品を調達するよう若い兵士に強要する始末

 中国は台湾海峡周辺に軍隊を集結させ、台湾島の奪還には「手段を選ばない」と息巻いている。アメリカとその友好国としては、台湾が自力で中国軍の侵攻を食い止めてくれると信じたいところだ。

 しかし現実は厳しい。今の台湾には現役の兵士が少な過ぎ、予備役の動員システムもお粗末過ぎる。それだけではない。驚くなかれ、保有する戦車の半数はまともに動かない。実戦で使えそうな武器はもっと少ない。

 そのせいで、中国軍と砲火を交える前から尊い人命が失われている。政治家は血税で買ったアメリカ製の最新兵器をひけらかすが、軍の補給体制は旧態依然。だから、メンテナンスに必要な部品を自腹で買い求めていた若い将校が絶望して自ら命を絶った。

 黄志劼(ホアン・チーチェ)は台湾軍の中尉だった。徴兵で入隊し、当初は空挺部隊に配属されたが、志願して将校になる道を選んだ。今は「将校なんて責任ばかり重くて給料は安い」と思われている時代なのに、だ。

 黄は第269機械化歩兵旅団に配属され、補給物資の倉庫の担当係になった。台湾軍が徴兵制から志願制への困難な移行に直面していた時期に、彼は大学教育を受けたエリートでありながら、自らの意思で軍隊にとどまる選択をし、職業軍人となった。政府にとっては願ってもないモデル兵士だった。

 だが4月16日の夜、黄(当時30歳)は基地の食堂近くの暗い階段で首をつった。黄の母親が正式な調査を訴える蔡英文(ツァイ・インウェン)総統宛ての書簡をフェイスブックで公開するまで、その死はメディアでも全く伏せられていた。

 黄の母親は記者会見で、息子が上司からしごかれ、修理部品が足りないなら自腹で調達するよう、上官から圧力をかけられていたと訴えた。

 実際、黄は市販の修理用ハンマーや消火バケツなど多くのアイテムを購入して、なんとか足りない物資を補おうと苦労していた。

 議会の公聴会に呼ばれた国防部長の厳徳発(イェン・トーファー)は「兵士が自費で備品を購入することは軍規に反する」と述べた。「何かが壊れたり、欠損した場合は、必要な書類を作成し、しかるべき部署に提出して代替品を要求すればいい」

 この発言、現場の将校や兵士には悪い冗談にしか聞こえなかった。実際、同じ公聴会で軍の監察官は厳の発言を否定し、部品を自腹で買ってこいという上からの圧力を兵士が受ける事例は「何度もあった」と認めている。黄の死後、彼の担当していた倉庫を調べた監察官は、少なくとも31種類の部品が補充されていないことを確認した。

 ちなみに、この第269機械化歩兵旅団は後方支援の部隊ではない。台湾北部の桃園市郊外に戦略的に配置された精鋭の戦闘部隊だ。中国軍が台湾に上陸し、首都・台北へ向けて進軍する事態に備え、地上戦でそれを阻止するのが任務とされている。

あきれるほど煩雑な手続き

 こんな精鋭部隊でさえ、物資の不足が深刻なのだ。その他の部隊の状況は想像するのも恐ろしい。

 軍も政府も、有事に遅滞なく対応できる部隊の実態を公表していない。しかし毎年恒例の「漢光演習」を含め、シミュレーションによる机上演習の際には、兵員の90%が戦闘能力を保持し、兵器類の85%以上が実戦使用に耐えることを前提としている。

「そんな数字は無意味だ。何の現実的根拠もない」。そう切り捨てるのは、台湾の退役陸軍中佐で軍事評論家のジェームズ・ホアンだ。「どれだけの戦車や銃が、本当に実戦で使える状態にあるのか。軍上層部には、それを知る手掛かりもないだろう。なぜなら、軍隊の底辺にいる兵士でさえ、いいかげんな数字を上司にあげているからだ。そうすれば将校連中はバラ色の絵を描き、上層部や政治家を喜ばせることができるわけだ」

使える戦車はわずか3割

 第542装甲旅団の司令官だった退役少将の于北辰(ユィ・ペイチェン)は、黄の配属先ではあまりに多くの備品が破損または欠損していたため、正規ルートで交換を申請できない状況だったのではないかと推測する。もしも正直に報告すれば、現在の軍の体制では「軍価格」の高額な部品の購入を求められ、どう考えても予算を超過する恐れがある。

 それに正規ルートでの申請にはあきれるほど煩雑な手続きが必要で、経験の浅い下級将校の手に余るという。上層部の調査が入ることを嫌うから、上官もいい顔をしない。そこで黄は、おそらく前任者たちの例に倣って書類を偽造して事態を隠蔽し、自分で穴埋めしようとしたのだろう。于はそう推測する。

 ネット上のフォーラムをのぞいてみれば、補給部隊や武器庫管理の任務についてぼやく自称「退役軍人」の書き込みがいくらでも見つかる。信じ難い話ばかりだ。自腹で部品を買った、書類や整備記録を偽造した、手抜きの修理作業を見逃してやった、装備点検や演習の時期が近づくと仕方ないから別な部隊から部品を盗んだ、などなど。補給部隊での経験が長く、今も現役の曹長である陳(チェン※現役の軍人なので姓しか明かさなかった)は、悲しいけれどこれが現実だと認めた。

「実戦で使える」という文句をどう定義するかによるが、と前置きして陳は言った。「米国製であれ台湾製であれ、装甲兵員輸送車の90%程度は一応走れる状態にある。しかし車軸などの整備状況が悪いから、舗装道路を50キロも走れば動けなくなる」

 キャタピラ式だと、もっと悲惨だ。「私の知る限り、走行可能な状態にある戦車や自走砲は約50%だ。運よく走行できても、搭載した兵器が使える保証はない。米軍の基準で言えば、まともに走れて武器も使える戦車は全体の30%程度だろう」

拙速なリストラのしわ寄せ

 それだけではない、と陳は言う。大規模な演習が始まる時期を除けば、弾薬も燃料も恒常的に不足している。メンテナンスの人材も十分だったためしがないという。

「いま中国が攻めてきたらどうなるか」と陳は言う。「こちらの戦車に実弾を積み込み、走行できる状態に仕上げるまで何日か、あるいは何週間か待ってくれと、敵にお願いするしかない」

軍備削減のしわ寄せが

 軍備の老朽化には、さまざまな理由が考えられる。だが元軍人たちの言い分には説得力がある。

 元海軍大尉で、今は台湾国際戦略研究センターに所属する常漢青(チャン・ハンチン)に言わせれば、最大の問題は台湾軍のあまりにも急激な、そして拙速なリストラだ。1990年代後半から2000年代初頭にかけて、台湾は兵力を50 万人から20万人以下に削減する方針を打ち出した。この改革の大半は台湾国防部の作戦・計画参謀本部が立案したもので、実を言えば常自身も当時のスタッフの1人だった。

「政治家は、軍の規模を縮小して最終的に徴兵制を廃止したいと考えていた。軍の上層部も、その要望に応じるしかなかった。しかし中国の脅威が強まっていることを考えれば、戦闘部隊の削減はあり得なかった。ならば、代わりにどこを削減すればいいか。そう、まずは補給部隊だ。前線で戦う部隊がいれば後方支援の部隊は必要ないと言わんばかりの対応だった」

 こうして補給部隊は予算も人員も大幅に削減された。そしてたちまち、膨大な整備作業のニーズに応えられなくなった。一方で、前線部隊の下級将校や兵士らは必要な技術も知識もないまま、複雑な整備作業や交換用部品の在庫管理を任された。その結果、整備不良や故障が増え、交換用部品やリソースの配分が狂う悪循環に陥った。

 台湾軍が最近発注したM1A2エイブラムズ戦車もそうだが、アメリカ製の最新ハイテク兵器は従来の兵器よりも大きくて重く、構造も複雑だ。だから今の体制では十分なメンテナンスができない。分かり切ったことだ。

「数週間程度の訓練しか受けていない戦車の操縦士が、200ものメンテナンス項目があるM60戦車の整備を任されたらどうなるか」と于は言う。「適当に書類をごまかして、整備完了と報告する以外に方法はないだろう」

 どうすればいいか。考えられる解決策の1つは民間企業の手を借りることだ。軍隊の使うトラックや装甲車両も、民間企業に整備を委託したほうが効率的に、しかも安上がりになる可能性がある。

 現に米軍は民間企業を活用している。76万の民間人と56万の民間業者が、予備役を含めて220万の軍人を支えている。台湾軍はどうか。15万3000人の軍人に対して民間スタッフは8000人だ。

無能な指導部に原因

 黄の残したメモによれば、米軍では幅広い専門分野で競争を経た民間企業が起用されているが、台湾軍に雇われている民間人はたいていさまつな事務作業のみを担当している。そもそも台湾軍は部隊の構成を決める上で「科学のかけらも」考慮に入れておらず、民間の知恵を借りるという発想すらないという。

 そうであれば、問題の根本的な原因は壊れた戦車や整備士の不足にとどまらず、もっとずっと深いところにあるのではないか。取材に応じた複数の人物が、機能不全の組織文化や文民コントロールの欠如、(軍や政界の)無能な指導部に原因があるだろうと示唆していた。

 台湾国防部には本稿の内容について、何度もコメントを求めた。だが返ってきたのは「国防部はよく知っているメディアとしか話をしない。独自の調査には返答しかねる」という言葉だった。

いざとなればアメリカに

 今回取材を行った軍の現役および元幹部たちはいずれも、国防部長の厳こそが、長年台湾軍をむしばんできた機能不全の指導部の典型だと口をそろえた。彼らは厳について、派手な仕事や写真撮影を優先する一方で、軍の抱えている問題の少なくとも一部を解決できそうな小さな「修正」さえも妨害していると批判していた。

 台湾与党の民進党は、歴史的に軍の指導部に批判的で、軍の包括的な改革を提案してきたことで知られる。だが近年は、蔡政権が国防部をまとめる軍幹部と密接な関係を築いたことから、軍に対する批判的な姿勢はかなり弱まっている。その分かりやすい例が厳の存在で、かつて軍の上級将校だった彼を国防部長に抜擢したのは蔡自身だ。

 かつて装甲旅団の司令官を務め、今は野党・国民党系の団体を率いる于は言う。「台湾の軍隊をまともにしたければ、政治家を喜ばせることしか考えないタイプではなく、本気で兵士のことを考え、どうすれば戦場で勝てるかを真剣に考える人材を防衛のトップに据えるべきだ」

 国際戦略研の常も、台湾の防衛能力をことさらに誇示する蔡政権の姿勢には問題があると語る。彼のみるところ、蔡政権の体質は敗北主義で、中国との関係は(軍隊ではなく)政治で解決すればいいと考えている。

「本音の部分では、現政権は台湾が軍事力で中国に対抗するのは無理だと考えている」と常は言う。「今の強硬姿勢は見せ掛けにすぎない。アメリカから買った最新兵器を誇示するだけで、本当に中国が攻めてきたらアメリカが助けてくれると信じ、そういうシナリオに懸けている」

 しかし台湾の新聞を読むまでもなく、中国側のスパイは台湾軍の兵士が兵員輸送車の部品をネット通販で探しているのを知っている。台湾軍がまともに戦える状態にないことも把握している。しかし、それで台湾の軍人には祖国防衛の覚悟がないと結論するのは間違いだ。于は言う。

「退役軍人の1人として、これだけは言える。わが軍の兵士や将校団の祖国防衛に懸ける決意には一点の曇りもない。いざ戦場に立てば、彼らは立派に任務を果たす。たとえ装備が足りなくても」

a

関連エントリ 2020/06/05 ⇒ 【米中🈟冷戦】米上院「中国企業の米国上場廃止に繋がり得る法案」可決
関連エントリ 2020/06/04 ⇒ 【天安門事件】あれから31年「米中🈟冷戦」✍突入の予感

 

2020年9月25日 (金)

【暴走戦士】“ロード・ウォリアーズ”アニマルさん(享年60歳)逝去。

 暴走戦士ロードウォリアーズアニマル氏(享年60歳死去 

デイリー 2020年9月23日(水)21時57分配信

Photo_20200925142301

 米国の元プロレスラーで日本でも活躍した「ザ・ロード・ウォリアーズ」のアニマル・ウォリアー氏が、死去したことが23日、分かった。60歳だった。

 本人のツイッターアカウントで関係者によって発表され、イギリスの現地メディアなども報道。ハルク・ホーガンなどが追悼した。本人のツイッターでは今後、家族が声明を発表予定としている。

 “暴走戦士”と呼ばれたウォリアーズは80年代、90年代に日本で活躍。アニマル氏は03年に45歳の若さで他界した相棒ホーク氏とのコンビで、顔面に独特のペイントをほどこし、バイオレンス・ファイトで旋風を巻き起こした。

Photo_20200925141401

 アニマル氏が肩車をしてポスト最上段からホーク氏がラリアートで圧殺する合体技でファンを魅了。人気沸騰となり、ジャンボ鶴田や天龍源一郎らと激闘を繰り広げた。新日本プロレスではホーク氏、アニマル氏、パワー・ウォリアー(佐々木健介)の3人でトリプルウォリアーズも結成し、注目された。

 暴走戦士 アニマルウォリアーさん、60歳死去 

東スポWeb 2020年9月23日(水)23時37分配信

「ロード・ウォリアーズ」のユニットで日本プロレス界でも活躍した〝暴走戦士〟アニマル・ウォリアーさんが死去したことが23日に分かった。60歳だった。

Photo_20200925141001

 アニマルさんの死去は公式ツイッターが発表し、死因は明らかにされてない。パートナーのホーク・ウォリアーさんとともに「ロード・ウォリアーズ」のタッグチームで85年に全日本プロレスで初来日。ジャンボ鶴田、天龍源一郎らと激しいファイトを展開した。

 1990年からは新日本プロレスにも参戦し、パワー・ウォリアー(佐々木健介)と「トリプル・ウォリアーズ」を結成し話題を呼んだ。03年10月にホークさんが46歳の若さで心臓発作で死去。11年には初代マネージャーのポール・エラリングとともにロード・ウォリアーズでWWE殿堂入りを果たしている。

 顔にペイントを施した荒々しいファイトで人気を博した2人の代名詞はオリジナル合体技「ダブルインパクト(ドゥームズデイ・デバイス)」。アニマルさんがコーナーの方を向きながら相手を肩車し、コーナー最上段からホークさんがジャンピングラリアートを叩きつける同技は、多くのタッグチームが使用しタッグマッチの定番技となった。

Photo_20200925141201

 アニマルさんと数々の激闘を繰り広げてきた武藤敬司(57)は訃報を受けてツイッターを更新。「プロレス界で一世を風靡した、ロード・ウォリアーズのアニマル・ウォリアーが亡くなった。何度も戦った経験があるが、実はプライベートでも交流があったんだ。天国に先に旅立ったホーク・ウォリアーが、きっと待ってるぜ!御冥福をお祈り致します」と故人をしのんだ。

 アニマルウォリアーさん追悼~「アイアンマンが流れた日 

GONG KAKUTOGI 2020年9月24日(木)15時02分配信

 米国の元プロレスラーで日本でも人気の高かったザ・ロード・ウォリアーズのアニマル・ウォリアー氏が2020年9月23日(水)に死去したことが関係者によって明らかにされた。60歳だった。

 アニマルといえば、1999年10月28日に東京・国立代々木競技場第2体育館で開催されたリングス主催『WORLD MEGA-BATTLE TOURNAMENT~King of Kings』に参戦した、ブラッド・コーラーのセコンドとしても来日している。

 コーラーはグレコローマンレスリング出身のMMAファイターでUFC、IFC、フックン・シュート、エクストリーム・ファイトなどに出場。リングスがKOKルールで初開催したトーナメントに初来日したのだが、「3年くらい前からの友人なんだ」とアニマルを帯同していた。

 コーラーがジムでトレーニングを積んでいる時にアニマルから「プロレスをやってみないか」と声を懸けられ、アニマルと共に毎週金・土・日にアメリカ中をロードしてプロレスの試合をしていたという。

Photo_20200925142401

「アニマルとは一緒にアメリカでプロレスに出て、道場も一緒にやっているんだ。俺が強くなれたのもアニマルが手伝ってくれたおかげさ。一緒にトレーニングをするようになって、アニマルも物凄くハードなトレーニングをしていたし、彼のパートナーや俺のパートナーはジムに来ない日もあったが、俺たちは1日も休まず一緒に練習したのさ」とコーラー。

 アニマルは「日本のファンは俺のことを知っていて敬意を払ってくれるから、俺が一緒に会場へ行くことで彼も素晴らしいレスラーでありファイターであるということを分かってくれるだろうと思ってね。俺が保証する。ミスター・コーラーはナンバーワン・ファイターさ」と、共に来日した理由を語っていた。

 試合当日、リングスの会場に『アイアンマン』が鳴り響くと、当時はアイアンマン=ロード・ウォリアーズというくらい浸透していたため、場内からは“おっ”という声が起きた。そして次の瞬間、カーテンの奥からアニマルが登場し、花道を駆け抜けてリングに上がると大歓声が沸き起こった。アニマルの来日は事前にファンには知らされておらず“まさか”の登場だったのだ。

 アニマルをセコンドに付け、ファンも味方につけたコーラーはトーナメント1回戦で山本宜久を撃破。2回戦ではイリューヒン・ミーシャに敗れたが、アニマルと共にこの第1回KOKトーナメントで大きなインパクトを残し、大会を盛り上げた立役者だった。

Photo_20200925143101

 ちなみに、「あなたもリングスで試合をする気はないのか?」と記者に質問されたアニマルは、おそらくリップサービス含みではあっただろうが「興味はあるね」と笑顔で答えた。

 また、アニマルは、2015年6月19日に米国ミズーリ州セントルイスで開催された『Bellator 138: Unfinished Business』にも登場している。

 メインイベントのヘビー級戦で、キンボ・スライスとケン・シャムロックが対戦。その際に、シャムロック陣営を先導する形で、花道にアニマルがリージョン・オブ・ドゥームのテーマ曲に乗って登場。ともに元WWEのレスラーとして、シャムロックを呼び込んでいる。

 試合は、先にテイクダウンを奪ったシャムロックがリアネイキドチョークを狙うも、凌いだキンボがパンチラッシュで1R、逆転のKO勝ちとなった。

 当時、Bellator史上最高の視聴率を記録した同大会は、イベント全体の平均視聴者数は160万人で、キンボとシャムロックの試合中のピークは240万人、DVRのピークは290万人にも達していた。

Photo_20200925140801

関連エントリ 2020/06/13 ⇒ 【特別読み物】キラー・カーン✍「アンドレ・ザ・ジャイアント」を語る
関連エントリ 2018/07/23 ⇒ 【スーパー猛暑】✍都内40℃超<観測史上最高記録>埼玉,熊谷41.1℃
関連エントリ 2018/07/18 ⇒ 【マサ斎藤逝去】伝説の“巌流島”✍TVの前で泣いた!!
関連エントリ 2018/07/17 ⇒ 【西日本豪雨】死者216人、不明者15人、避難者4712人、断水10万3千戸・・・・
関連エントリ 2018/04/20 ⇒ 【アンドレ】✍「人間山脈」「ひとり民族大移動」etc.…嗚呼ぁ懐かし
関連エントリ 2012/01/03 ⇒ アブドラ・ザ・ブッチャーが引退表明
関連エントリ 2010/08/30 ⇒ ある意味「ミスター・プロレス」、山本小鉄さん急死。

Photo_20200925142701

 アニマルさん追悼ロードウォリアーズ結成秘話 

NumberWeb 2020年9月26日(土)20時01分配信/堀江ガンツ(プロレス評論家)

 一世を風靡したタッグチーム「ザ・ロード・ウォリアーズ」の1人、アニマル・ウォリアーが死去したことがわかった。これはアニマル・ウォリアー公式ツイッターが9月22日に明らかにしたもので、死因は公表されていない。

 アニマルは、2003年に46歳の若さで亡くなった相棒のホーク・ウォリアーとともに、1980年代から90年代にかけて日米で大活躍。“タッグ屋”としてはプロレス史上、最も成功したコンビであり、その意味で、史上最高のタッグチームと呼んでいいだろう。

 筋骨隆々の肉体に、独特の顔面ペインティング。ブラックサバスの『アイアンマン』のテーマ曲に乗って疾風のごとくリングに登場すると、ゴングと同時に対戦相手を支配し、最後は必殺の合体技ダブルインパクトであっという間に秒殺する。

 その圧倒的な強さとキャラクターは、アメリカンプロレスの流れを変え、80年代後半の新たなカルチャーとなった。

 ボクは3年前、アニマルが来日した際にロングインタビューをしている。その時の言葉とともに、ロード・ウォリアーズの歩みをあらためて振り返ってみたい。

「いま思い返すと、俺たちは予言書にもともと書いてあったストーリーをなぞって生きていたんじゃないかと思うよ。それぐらい運命的だった」

 アニマルはロード・ウォリアーズの物語をそう語る。

夢のフットボーラーか、金のレスラーか

 アニマルとホークのふたりは、もともとミネソタ州ミネアポリスのバー「グランマ・ビーズ」で用心棒をやりながら、ウェートトレーニングに明け暮れていた、トレーニング仲間。アニマルはプロレスラーではなく、プロフットボーラーを目指していたが、「グランマ・ビーズ」のバーテンだった元プロレスラーのエディ・シャーキーにスカウトされ、ホークとともにプロレスのトレーニングを受けることとなる。

「当時、俺は19歳だったんだけど、すでに息子がいたんだ。だからカネを稼ぐ必要があった。そこでアメリカンフットボールという夢を選ぶか、プロレスでカネを稼ぐかを考えた時、チャンスがあるのはプロレスの方だと思ったんだよ。エディからも『おまえらなら、絶対にプロレスで稼げる』と言われたからね。それで決心がついた。だから俺はプロレスラーに選ばれたんだと思っているよ」

ヒントは映画マッドマックスから?

 アニマルとホークはそれぞれ別のテリトリーでプロレスラーとしてデビュー。その後、NWAジョージア地区で再会をはたす。ふたりにタッグを組ませたのは、現地のレスラー兼ブッカー(マッチメイカー)を務めていたオレイ・アンダーソンだった。

「俺たちふたりを結びつけてくれたオレイ・アンダーソンが、『ザ・ロード・ウォリアー』(邦題『マッドマックス2』)という映画からインスピレーションを受けて『今日から、おまえたち2人でロード・ウォリアーズだ。おまえがホークで、おまえはアニマルだ』って名前をつけてくれたんだ。彼は本当に頭がキレる男で、彼のようなプロレスを知り尽くした男がサポートしてくれたことも、俺たちにとっては幸運だった」

『マッドマックス』をイメージしたバイカー系コスチュームやトレードマークとなったヘアスタイル、アニマルのモヒカン刈りとホークの逆モヒカンなどは、ふたりで考えた。

観客が本気になれるリアリティ

「結成当初はビーチボーイみたいなロン毛にしてたんだけど、ある時ホークが『アニマルが1本モヒカンにして、俺は2本モヒカンでどうだ? 』って言ってきたんだ。『俺とお前の頭を突き合わせたら、ちょうどパズルのようにピタリとハマる。コンビとしては最高だろ』ってね。イカれたアイデアだったが、やってみたらこれが悪くないんだ。あんな奇抜なヘアスタイルをしているレスラーは、当時他には誰もいなかったからね。そして髪を刈って、フェイスペインティングすると、不思議と身も心も“ロード・ウォリアーズ”になれた気がしたんだよ。

 ロード・ウォリアーズというのは、素の俺たちそのままではないが、すべて俺たちの内面から出てきたものなんだ。インタビューでも、自分たちが経験してきたことを、ウォリアーズに置き換えて喋っていた。だから観客も本気で反応してくれたんだよ。今のプロレスのように、どこかの作家が考えたセリフをそのまましゃべっていたら、そうはいかない。プロレスには観客が本気になってくれるリアリティが絶対に必要なんだよ」

ポールは最高の男だ

 こうして飛び抜けたビジュアルインパクトを手に入れ、筋骨隆々の肉体、そして並外れた運動神経も持ち合わせていたふたりだったが、プロレスに関しては、ほぼ素人同然だった。そんなアニマルとホークを、ロード・ウォリアーズという最強のタッグチームに仕上げてくれたのが、マネージャーのポール・エラリングだった。

「ポールは最高の男だ。俺たちが若い頃、彼からたくさんのことを教わった。プロレスの基礎を教えてくれたのはエディ・シャーキーだったが、具体的なタッグの闘い方を教えてくれたのは、すべてポール・エラリングだ。彼は紙に四角いリングを書いて、『ここにホークがいて、相手をロープに投げたら、アニマルはこう動け』など、すべてわかりやすく図で説明してくれた。そして試合のフォーメーションも、1個覚えたら、『じゃあ、次は2個加えてみよう。それができたら3つだ』という感じで、少しずつバリエーションを増やしていってくれた。そうやって、素人だった俺たちに、プロレスの“いろは”を教えてくれたんだよ。ポールは俺たちをうまくコントロールし、引っ張っていってくれた。“ポール・エラリング率いる”ロード・ウォリアーズだったんだ」

スターになれるなんて思ってはいなかった

 試合はすべて秒殺勝利か反則暴走。キャリアの浅いアニマルとホークに“ボロ”を出させないために、ポール・エラリングが考えた奇策だったが、これが大当たりする。ロード・ウォリアーズは瞬く間に全米のトップスターとなっていったのだ。

「レスラーになったばかりの頃は、自分たちが本当にスターになれるなんて思ってはいなかった。『なんとか家族が生活できるだけのカネが稼げるようになればいいな』と思っていたぐらいでね。ところが、いざスタートしてみたら、あれよあれよと言う間にトップになることができて、何か信じられなかったね。

 俺たちがトップに上がっていく頃、ちょうどアメリカではレスリングビジネスの転換期だったんだ。全米にケーブルテレビが浸透し始めて、それまでの常識は通用しなくなっていった。またファン層も入れ替わる時期で、その若いファンたちが、俺たちのようなレスラーを求めた結果だったんだよ。新しいポップカルチャーが生まれる時というのは、そういうものだろう」

来日初戦で実現したアニマル対決

 ロード・ウォリアーズは1985年3月、全日本プロレスに初来日。それ以前から、テレビ東京系『世界のプロレス』でアメリカでの試合が放送され、『フレッシュジャンプ』に連載されていた漫画『プロレス・スターウォーズ』でも主役扱いで登場していたので、すでに人気は沸騰しており、初来日時は社会現象と呼べるフィーバーぶりとなった。

 アニマルはその来日第1戦のことをよく憶えていた。

「来日第1戦の相手はキラー・カーンとアニマル浜口。アニマルvs.アニマルだったんだ(笑)。だから試合前は、『俺が本物のアニマルだ。ヤツはニセモノだ!  俺がオンリーワンのアニマルだってことをわからせてやる! 』なんて吠えたんだけど、実際のハマグチサンは素晴らしいレスラーで、素晴らしい人物だった。彼らのようなプロフェッショナルが来日第1戦の相手だったことに感謝しているよ。

 ツアー最終日、スモーアリーナ(両国国技館)でやった、ジャンボ(鶴田)&テンリュー(天龍源一郎)との試合も印象深い。俺たちロード・ウォリアーズがあれだけ長い時間の試合をしたのは、あの時が初めてだったんだよ。アメリカではずっと5分以内で試合が終わっていたからね。彼らのような経験豊富なトップレスラーと長い試合ができたことは、俺たちにとっても自信になった。あのツアーはたった1週間だったが、とてもいい思い出になっているよ」

アニマルが語った成功の秘訣とは?

 その後、ロード・ウォリアーズは全米を飛び回るハードスケジュールの合間を縫って、年2回ペースで来日。ウォリアーズが参戦するシリーズは、それだけで特別なものとなった。

 そして1990年には新日本にも参戦し、武藤敬司&蝶野正洋とも対戦。91年からはWWF所属となり、SWSのリングで天龍&ハルク・ホーガンと夢の対決を行なった。

 ロード・ウォリアーズは日米のファンにもっとも愛されたタッグチームだった。

 アニマル・ウォリアーは自分たちが成功した秘訣をこう語っている。

「成功の鍵は希望を持つことと、ハングリーであること。そして仕事に対しては誠実に一生懸命やること。これはどんな仕事でも一緒だと思う。俺たちの仕事はレスリングだから、常に身体を張った激しい試合をしてきたということだ。そして、そんな俺たちをファンが愛してくれた。あれから何十年も経ったのに、日本のファンがロード・ウォリアーズを憶えていてくれるんだからね。本当に幸せなレスラー人生だったと思っているよ」

 24日夜『半沢直樹撮影終了、香川照之「思いが国民に通じた 

スポニチアネックス 2020年9月25日(金)15時20分配信

 俳優の堺雅人(46)が主演を務め、今夏ドラマの話題を独占しているTBS日曜劇場「半沢直樹」(日曜後9・00)の全撮影が24日夜に終了。オールアップを迎えた。25日、同局の各情報番組で伝えられた。今年2月のクランクインから、新型コロナウイルスの影響による中断を挟んだ長丁場を完走し、クランクアップ。現場には原作者の池井戸潤(57)も駆けつけた。主人公・半沢の「1000倍返し」なるか注目される最終回(第10話)は27日、15分拡大で放送される。

 宿敵・大和田役が大反響を呼んでいる香川照之(54)は「何より堺さんが命がけで台詞を覚えられて、命懸けで戦って、その思いが今、国民に通じて、国民の皆さんが待っている瞬間になると思います。あれだけ毎日、怒鳴り声を出すのが、どれだけつらいかというのは、僕を身をもって俳優として分かっているつもりです。だから、本当に堺さんに肩の荷を下ろしてもらいたいなと」と座長・堺をねぎらった。

 「いろいろな方が苦労されて、やっと、こうして終わろうとしています。僕の中でも特別なドラマになりましたし、今の段階で最高のドラマだと思います。日曜日に放映は終わってしまうわけですけども、我々の心の中には『半沢直樹』はまだしばらく残っています」と胸を張った。

 香川は自身のツイッターに動画も投稿。「クランクアップDEATH!」と話題のポーズとともに報告した。

「日本で最高のドラマだと思います」堺雅人&香川照之『半沢直樹』撮了で“エア🤗ハグ”、ネットでは“半沢ロスに怯える声殺到

ねとらば 2020年9月25日(金)17時48分配信

 俳優の堺雅人さんが主演を務めるTBS日曜劇場「半沢直樹」が9月24日夜に都内で、クランクアップを迎えたことを25日放送の同局情報番組「グッとラック!」が伝えました。本当にお疲れさまでした!

 同作は、作家の池井戸潤さんによる『ロスジェネの逆襲』『銀翼のイカロス』を原作とした新シリーズ。平均視聴率は9話連続20%台(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録し、ネット上でも毎話話題になるなど、社会現象を巻き起こしています。

 いよいよ27日の放送で最終回を迎える「半沢直樹」。「グッとラック!」では、同作のクランクアップの様子が公開され、東京中央銀行の赤絨毯に立つ堺さんに、福澤克雄監督が花束を渡すシーンが流れました。堺さんと肩を組んだ福澤監督は、思わず「うおおおー!」と叫びながらガッツポーズし、固い握手。

 花束を受け取った堺さんは「いやー、もう感謝しかないです。これは。本当に感謝と尊敬」と晴れやかな笑顔に。7カ月に及んだ撮影について「皆さん、本当に暑い中、最初は寒かったし。暑い中、本当に重い物を持ったりね、寝ずに頑張ったり。こんなに大変な中、企画も大変だったと思いますし」と振り返り、「毎日毎日がこんなに大変な中に、よくやってくださったなぁと思います」とコロナ禍で乗り越えたスタッフをねぎらいました。

 そして、堺さんは「おかげでとっても楽しい7カ月でした。なんか終わるの嫌だなぁ~って感じです! 本当にありがとうございました!」と深くお辞儀し、拍手をしながら感慨深げにスタッフを見つめていました。

 また、半沢の同僚・渡真利忍役を演じた及川光博さんは「監督を始め、スタッフの皆さんどうもありがとうございました」と感謝。目を潤ませながら、「無事、完走できてまず心よりホッとしています。なんだかんだで7カ月間お疲れさまでした。渡真利忍がお世話になりました」と語り、最後は「チャオ!」と言って熱い投げキッスをしていました。とまりん……!

 さらには、半沢の宿敵・大和田暁役を演じた香川照之さんも撮了し、監督と固い握手。作品について「僕の中でも特別なドラマになりましたし、今の段階の日本で最高のドラマだと思います」「日曜日には放送は終わってしまうわけですけども、われわれの中には『半沢直樹』はしばらく残っています」と“半沢愛”を熱弁。

 主演の堺さんに対しては、「何より堺さんが命懸けでせりふを覚えられて、命懸けで戦って」と称賛しながら、「その思いが国民に通じて、国民の皆さんが待ってる瞬間になると思います」と最終回への思いを伝えた香川さん。あいさつが終わると、香川さんは堺さんの元へ行き、互いに肩をたたくそぶりをしてみせ、“エア”で抱き合っていました。半沢と大和田のソーシャルディスタンスハグ……!

 そして視聴者に向けて、堺さんは「7カ月の長きにわたって、皆さまの本当に楽しみにしてくださっているその声援のおかげで、ここまで走りきることができました。最終回どうぞお楽しみに!」と呼びかけ、達成感からか「わーい!」と大きく万歳してみせました。

 最終回を前に、ネット上では「半沢直樹ロス起こる2日前」「役者さんスタッフの皆さま、お疲れさまでした。日曜日ホンマに楽しみ。やけど半沢ロスに既におびえています……」「大和田ロスにもなりそう(笑)」「半沢直樹ロスが怖い」「な・お・きロスになること間違いない」など、既に“半沢ロス”を恐れる声が殺到しています。

 香川照之「クランクアップDEATH」話題ポーズで撮了を報告 

クランクイン! 2020年9月25日(金)17時19分配信

 俳優の香川照之が25日に自身のツイッターに動画を投稿し、出演中のドラマ『半沢直樹』(TBS系/毎週日曜21時)の撮影終了を報告。話題のポーズで「クランクアップDEATH!」とコメントした。

Photo_20200925201301

 香川が「日曜日お楽しみに!」と投稿したのは、出演中のドラマ『半沢直樹』のオフショット動画。動画の中で香川は、ドラマの中で演じている東京中央銀行取締役・大和田の衣装姿でカメラの前に立つと、達成感がにじんだ笑顔で「『半沢直樹』…すべて撮影終了いたしました…」と報告。続けて香川は「クランクアップ…」と言うと、立てた親指で自身の首をかっ切るポーズをしながら「DEATH!」と一言。

 香川演じる大和田は、ドラマの第2話で堺雅人扮する主人公の半沢と対面。大和田が前作からの因縁が続く半沢をにらみつけながら、立てた親指で自身の首をかっ切り「お・し・ま・い DEATH!」と言い放つ姿は、ネットを中心に大きな話題を集めていた。

 話題のポーズを惜しげも無く披露しながらの撮了報告に、ファンからは「クランクアップお疲れ様death」「楽しみDeath!!」「最終回、正座して拝見致しますdeath!」などの投稿が相次いでいた。

 

2020年9月24日 (木)

【コロナバブル】崩壊<NY株再び✍大幅下落>日経平均も大幅連れ安

 NY、再び大幅下落 525㌦安ITが下げ主導 

朝日新聞デジタル 2020年9月24日(木)8時04分配信

 23日の米ニューヨーク株式市場は、米経済の先行き不透明感が強まったことなどから、主要企業でつくるダウ工業株平均が大幅に反落した。前日比525・05ドル(1・92%)安い2万6763・13ドルと、8月上旬以来の安値で終えた。

 ハイテク株が多いナスダック市場の総合指数も大幅下落。同330・65ポイント(3・02%)低い1万0632・99で引けた。

 8月以降の急騰で過熱感が強まっていたIT関連株の下落が続いている。アップルやアマゾン、ネットフリックスといった主要銘柄が軒並み4%超の大幅下落。電気自動車のテスラは、電池開発をめぐる前日の発表が失望売りを招き、10%もの急落となった。景気の動きに敏感な金融やエネルギーなど幅広い銘柄に売りが広がった。

 11月の大統領選を控え、最高裁判事の指名をめぐる米議会与野党間の対立が激化しており、追加の経済対策で合意できるか危ぶまれている。新型コロナウイルスによる米国の死者は20万人を突破し、足元では感染の勢いが再び強まる。欧州での感染再拡大もあり、市場は米景気の先行きに懸念を深めている。

 この流れを受け、東京株式市場でも取引開始直後から売りが先行し、日経平均株価は一時、前日の終値より250円近く値下がりした。午前10時では176円24銭安い2万3170円25銭。

 静かに確実に忍び寄る1999年💢ITバブル崩壊再来 

日刊ゲンダイDIGITAL 2020年9月22日(火)9時26分配信/長谷川高(不動産コンサルタント)

 これまでのバブルを振り返ると、マーケットにおいて振り子が大きく片方に振れすぎた時、その大きな片寄りが揺り戻される兆候として、またはその崩壊を暗示するかのような出来事が起こってきたように思われます。

 今の状況と重なるのが、1999年に起きたITバブル崩壊です。私は、当時景気の良かったネット業界にあやかろうと、社名を「有限会社デジタル不動産コンサルタント」としました。ホームページを立ち上げたところ、取材が殺到。同時に私は幾つかのインターネット系の会社に潜り込んでみました。

 そこで見たものは、不動産バブル崩壊前夜に不動産業界で体験したものよりもさらに「酷い」ものでした。一言で言えば「実態がない」。つまりお金を稼ぎ出す仕組みが見当たらなかったのです。

 全てサービスはネットに関連づけられていましたが、全く収益を上げていない状態でした。それでも、関係者たちは株式上場を目指し、かつ声高らかにそれを宣言しました。私は「間違いなく、近い将来崩壊する」と確信しました。そして、99年にその崩壊が海の向こうの米国からやってきました。いわゆる「ITバブル崩壊」です。

失業給付金で株取引が活発に行われる狂った米国

 この時に起きたことと非常に似通ったことが今、米国、特にIT関連業種において再び起きています。まさにバブル崩壊前夜を象徴する出来事の数々です。

 現在米国では、若者を中心にスマホを利用した株取引が盛んに行われています。99年ごろのデイトレーダーの再来です。彼らが好んで使う証券会社が「ロビンフッド」なるアプリであり証券会社です。

 手数料が無料で、かつ、その使いやすさで人気があるようです。現在の米国の個人投資家の多くは失業給付等の政府からの支援金を原資に取引を行い、その対象は主にGAFAやテスラのようなテック系の企業です。

 米国におけるIT系企業を中心とするナスダック市場の指数は、ITバブルと言われた99年当時の2倍以上となり、新型コロナウイルスの発生後も急上昇を続けています。GAFA等の企業は十分に優良企業ではありますが、その株価は既に正常な数値ではなくなっています。

 今年6月には、このロビンフッドを利用してオプション取引をし、結果、約7000万円以上の損失を抱えてしまった大学生が自殺しました。さらに、現在米国では、SPAC(特別買収目的会社)、別名「白紙委任状会社」が次々と上場し莫大な資金を市場から集めています。これはこの言葉の通り、資産を何ら持たずに空箱のまま上場し、資金を集めてから企業を買収していくといった空箱企業です。

 どんな企業を幾らで、かつ、どんな条件で買収するかは経営陣に任せている、それゆえ白紙委任状会社と言われています。このSPACが買収して大きなニュースになった企業が、「ニコラ・モーター」というベンチャー系電気トラックメーカーです。

 なんと今年6月にこのニコラを買収したSPACの株価は約3兆円にまで値上がりしました。しかし、実はこの電気トラックメーカーはいまだ一台も完成品を市場で販売していないのです。何かがおかしくはないでしょうか? いや狂っていると言ってもよいかもしれません。この米国でのITバブルの再来は99年同様に近々破綻すると思われます。そして、その影響、つまり、その大波は日本にも間違いなく襲ってくると思われます。

 米国バブル崩壊は近い 日経平均1万9000円台へ大幅下落の可能性

サンデー毎日×エコノミスト 2020年9月19日(土)9時58分配信

 安倍晋三首相の後任が菅義偉官房長官であれば、路線継続で目先の波乱要因にはならない。一方で市場から一定の評価を受けていた長期安定政権が終わることで中期的には影響が出てくる。首相が短期で交代した時代に逆戻りすれば、「日本の政権は不安定」という外国人投資家の低評価が復活する懸念がある。

 特に中長期で運用する年金資金などの海外機関投資家は、日本株に対して一歩引かざるを得ず、米国株などに比べ相対的に安くなる可能性が高い。

 日本株は「景気敏感株」の比率が高い。コロナや米中対立で、企業の足元の景況感は良くない。日本の株式市場への業績懸念が払拭(ふっしょく)できないところに、長期安定政権が失われたというネガティブ要因が加わると、日本株に対する外国人投資家の見方が一段と慎重になるだろう。日経平均株価の高値は9月ごろの2万3500円程度が上限とみている。

 一方、下値は米国株次第だ。米国株のバブル的な上昇基調が続く間は、日経平均は2万1000円で下げ止まるとみるが、米株市場ではテスラなど一部の銘柄に個人投資家など短期志向の資金が集中しており、最終局面の様相を呈している。

 バブルが長続きする可能性は低く、変調を来せば日経平均は10月にも1万9000円台までの下落は十分にある。さらに、バブルが崩壊すれば、日本企業の業績水準を考えると、年末に向けて1万6000円台までの急落も考えられる。

 菅義偉首相、4連休中に高橋洋一氏ら「知恵袋」10人と面会 

朝日新聞デジタル 2020年9月24日(木)6時00分配信

 菅義偉首相は就任後初めての週末となった19日からの4連休で、各界の専門家らと会食や面会を重ねた。官房長官時代から朝、昼、晩と幅広い分野の人々と面会を重ねてきた菅首相。官僚や与党議員のみならず、民間有識者らを「知恵袋」にする手法は、トップに立っても変わらないようだ。

 首相は23日、就任1週間を受け、「手応えを感じている。アンテナを高くし、スピード感を持って国民の期待に応えたい」と記者団に語った。

 首相は4連休で、トランプ米大統領ら各国首脳との電話協議などの外交日程をこなしながら、有識者との意見交換を重ねた。20日はデジタル庁創設に向け、「日本のインターネットの父」と呼ばれる慶応大の村井純教授と会食。21日には不妊治療に詳しい杉山力一医師と懇談した。デジタル庁や不妊治療への支援拡大は、自民党総裁選での自身の政策の柱だった。

Photo_20200924133101

 このほか、高橋洋一嘉悦大教授やジャーナリストの田原総一朗氏、サントリーホールディングスの新浪剛史社長や経済ジャーナリストの財部誠一氏らと面会。4連休中に会った有識者は10人に上った。

 連休前も首相は竹中平蔵・パソナ会長(東洋大教授)、選挙プランナーの三浦博史氏とそれぞれ朝食会を持った。休日明けの23日も、閣僚や自民党幹部ばかりでなく、小池百合子・東京都知事や山本一太・群馬県知事との会談もこなした。

 加藤勝信官房長官は23日の記者会見で「首相は官房長官時代から様々なチャンネルから意見を聞いてきた。その姿勢は変わっていないのだろう」と話した。

 安倍晋三前首相は、新型コロナウイルス感染症への対応もあり、今年に入ってからは、休日の会食や懇談はほとんど行わなかった。

中国を驚かせた菅義偉首相の絶妙な閣僚人事

JBpress 2020年9月24日(木)6時00分配信/森 清勇(元自衛官)

 筆者は改造直前に、防衛大臣の資格を問うた。

 (「新内閣の防衛大臣にはどんな人物がふさわしいか」https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/62081)。

 中曽根康弘氏が将来の首相候補は防衛大臣経験者がふさわしいと述べたことにも言及した。

 そこで、今回の組閣で新たに任命された防衛大臣がその職責にふさわしいか否かを答える義務があろう。

 資質としては、かつて防衛大臣を務めた小池百合子都知事や石破茂元幹事長などの言行を一つの基準として取り上げた。

 今回の組閣で防衛大臣に就任したのは、自己顕示のパフォーマンスをせず知名度もさほど高くなかった岸信夫氏である。

 しかし、この人事には、予想される波乱含みの国際社会に向き合う菅義偉新首相の思いが凝縮されているようだ。

 菅氏が自民党総裁に選ばれた夕刻に早くも二階俊博幹事長の「続投」が報じられた。

 二階派が中心となる形で菅氏の総裁選優位をつくっていった経緯から、続投は十分考えられていた。

 二階氏の親中姿勢はよく知られており、続投に欣喜雀躍して「快哉」と叫んだのは中国であったに違いない。

 菅氏は総裁選に出馬の意思を固めた直後の産経新聞の単独インタビューで憲法改正に関しては必要だというのが多くの国民の声であるから「環境整備をしていきたい」と答えた。

 これに対し、中国の習近平主席の国賓来日については新型コロナウイルス対策を最優先でやっているので「日程調整のプロセスに入ることは慎重にと思っている」と述べ、中止もありうるという含みを持たせていたので、中国には二階氏の幹事長再任が天恵に思えても不思議ではなかったであろう。

親台派の実弟登場

 しかし、菅首相が強かさをみせたのは防衛大臣に安倍晋三前首相の実弟ではあるが台湾と大いに関係してきた岸氏を登用したことである。

 岸氏は住友商事に就職し商社マンとして世界を飛び回り、国際社会の実情を熟知して政治の世界に入っている。

 安倍晋三氏が政界に入るのに賛成しなかったというのは、実務に実直で政治家としてのパフォーマンスに欠けることを知っていたからではなかろうか。

 岸氏のオフィシャルサイトには次のような文章がある。

 〈農業・食料問題や貿易、途上国支援、外交・防衛など1期目の幅広い議員活動を支えたのは、商社勤務の経験でした。食料の安定供給確保のために、世界中を駆けめぐり汗を流した21年間。地平線まで続く小麦畑に沈む太陽や、急勾配の棚田に映る月。激変する相場と戦いながらの商談、アフリカの奥地で援助物資の輸送を完了したときの相手の笑顔。メコンデルタで現地の若者と交わした国づくり談義。正直にまっすぐに、誠を尽くしてきたこと、すべてが自分の「今」、そして「これから」に生きています〉

 一旦政治の世界に飛び込むと、商社マンであったことが有効に機能したことが分かる。

 兄は首相として地球儀外交をやったが、弟は商社マンとして地球を歩き回り世界の国々のあり様をじっくり観察していたのだ。

 岸家・安倍家の血筋にありながら商社で20余年も仕事をするというのは政治家への野心が見られなかったからであろう。

 しかし、一旦政界に入ると、農水関係や外交・安全保障関係に重きを置き、防衛大臣政務官や外務副大臣として政務を経験し、自民党では国会対策委員会筆頭副委員長をやり、また外務委員長や安全保障委員長なども歴任している。

 何といっても異色なのは台湾との関係が深いことである。

冷や水を浴びせられた中国

 首相指名後の組閣で注目されていたのが、縦割り行政の弊害から普通でないことが横行している、コロナ対策でデジタルの遅れが明確になったと強調していたことから、行政・規制改革担当とデジタル推進担当であった。

 行革・規制改革担当大臣には国民受けするパフォーマンスで、首相を狙う河野太郎防衛大臣を横滑りさせ、デジタル庁新設を目指す大臣には自民党きってのデジタル通として知られた平井卓也氏を充てた。

 まさしく任務遂行型の人事配置である。

 そして、河野氏の後任に岸信夫氏をもってきた妙味は、官房長官として長年高級官僚の人事を見渡してきたと同時に、政治家の人となりもみてきた力量発揮という以外にない。

 前首相が果たせなかった憲法改正や国賓来日問題の核心にも関わるポストの大臣に実弟を据えたことは、菅首相なりに思考を巡らした一念注入の人事ではなかったか。

 日米、日中、米中、香港情勢、尖閣諸島への中国艦船の侵入など、日本が直面する内外情勢を十分に見定めた上、ある意味で政権運営の重点を暗示したのが防衛大臣ではないだろうか。

 岸氏紹介で朝日新聞は、大手総合商社に約20年間勤め、主要穀物の輸入とエネルギーの海外依存を目の当たりにし国際関係の重要性を学んだとしているが、産経新聞は外務副大臣や衆院安全保障委員長などを歴任し、篤実な人柄と血筋から将来の首相候補との声もあるが、初入閣を機に飛躍できるかとしている。

 留保付きではあるが「首相候補の声」があるとしたのだ。

 産経紙の評価通り、篤実な人柄で自己顕示欲がないことから、氏についての報道はこれまでのマスコミではあまり見られなかった。

 しかし、政治家になって以降の岸氏は着実に国民の審判を受けており、今回の防衛大臣任命も異なことではなさそうだ。

 ただ、この人事で飛び上がるほど驚いたのは中国に違いない。

 靖国神社には慰霊で何回も参拝しているし、中国が自国の一部と称する台湾を国会議員の親台団体である「日華議員懇談会」の幹事長として訪問し、蔡英文総統にも総統就任前と後に面会もしているからである。

 今回の組閣では新味がない、安倍亜流などの批評が多く見られたが、そもそも安倍政権を8年近くも支えた張本人で、安倍政権の成果を継承すると公言していたわけで、批判は当たらない。

 そうした中で、目玉にしたい行政改革では河野氏の力量を見込んで横滑りさせたわけで、縦割り行政の弊害除去という具体的な成果が問われている。

 同時にデジタル庁の新設で21世紀の新しい社会環境に適応する日本を創り出すことを明示した。当然のことながら、既得権益に敏感な各省庁の反対が予想される。

 そこで、首相自ら各省庁の事務次官を一堂に集め、縦割りの弊害除去への突貫工事を明言し、競争させるようにした。

 人事権を持つ後任の官房長官とタイアップしていることは言うまでもない。

台湾はシーレーン維持の生命線

 日本の安全(特にエネルギー輸送)が台湾の存在に絡み合っていることは、南シナ海をシーレーンにしている地政学上から言うまでもない。

 ひとたび台湾が価値観を異にする共産中国に併呑された暁には、台湾海峡はおろかバシー海峡さえも安全なシーレーンではなくなるに違いない。

 それ以上に、日本の領土である尖閣諸島の維持が困難となり、東シナ海、そして沖縄さえもが中国の勢力圏に組み込まれかねない。

 台湾が普遍的価値観を共有し続けることは日本の安全に直結しており、いかに重要であるかが分かる。

 その台湾に通じた岸氏が防衛大臣に任命された意味は大きい。政官界の人事を見てきた菅新首相のヒット、いやホームランである。

 岸防衛大臣は16日の就任会見で、「今月11日に発表された(安倍)総理大臣の談話や菅総理大臣の指示を踏まえ、憲法の範囲内で国際法を順守し、専守防衛の考えのもとで厳しい安全保障環境において、平和と安全を守り抜く方策を検討していきたいと思います」と述べた。

 この中の総理談話では「迎撃能力を向上させるだけで本当に国民の命と平和な暮らしを守り抜くことができるのか。そういった問題意識の下、抑止力を強化するため、ミサイル阻止に関する安全保障政策の新たな方針を検討してまいりました。今年末までに、あるべき方策を示し、わが国を取り巻く厳しい安全保障環境に対応していくことといたします」とまで述べた。

 去りゆく首相が退任を前に約束したのだ。

 日本人的抑制表現から口外はしないが永遠の難敵が中国であることに変わりはない。そこに親台の岸氏が任命されたのには、大きな政治的意味が内包されており、想定外の何かが展開されるかもしれないとみるのは穿ちすぎであろうか。

世界が歓迎しない人物を礼砲で迎える矛盾

 ともあれ、コロナは落ち着きつつあるが、史上かつてないほど落ち込んだ経済の再生は容易ではない。

 そうした中で、習近平主席の国賓来日をどうして歓迎する気になれるだろうか。

 戦略に長けた中国は日本を梃子に突破口を開きたいと画策しているであろうが、その前に世界が中国の態度変革を求めていることを悟ってもらわなければならない。

 中国が国際法や約束を守らないことは南シナ海の領有権否定判決を「紙屑」と言ったことや、対米約束に対するペンス副大統領の演説、さらには香港への一国二制度適用の否定、一帯一路での契約相手国の撤退などから明らかである。

 豪州では資金をばらまいて共産主義の浸透工作を行ってきた実態が暴露されている。

 このように世界中が注視している中で、人権や約束・法を無視する人物を国賓として迎える阿呆、尖閣や沖縄を占領する意思を持つ元首を喜んで受け入れる能天気、世界の国々(人々)を人類運命共同体と称して奴隷にしようと画策している人物に敬意を表する愚昧な日本(人)となっていいはずがない。

 防衛省・自衛隊は国家防衛の正面に立つ一方で、国賓を礼砲で迎える友情・友好の正面にも立つ。

 日本の同盟国や友好国は自由、民主、人権、法の支配、さらには国家主権を至高とする価値観を共有している。

 その価値観を弊履のごとく踏みにじる中国の日本接近は、過去の例から見ても真の友情ではなく、日米間に楔を打ち込もうとする陰謀でしかない。

 そうした諸々を見越したうえで、安倍首相(当時)は習近平をあえて国賓として迎える決心した。

 前首相が訪中して国賓として招待したのは、コロナは言うに及ばず、香港問題もさほど深刻でなかったときであった。

 前首相は習主席および李克強首相との首脳会談で語った心境を「国賓としてお招きするということは、両国が地域の平和と安定に責任を持っている、また責任を持つべきだという認識を共有する機会とするわけですから、われわれも努力をしますが、中国側にもその努力をしていただきたい」と述べている(聞き手:田久保忠衛・櫻井よしこ「安倍晋三首相 中国への決意」、『正論』令和2年2月号所収)。

 この時点では、日本の近隣国の中国が価値観を共有する国となり、世界の共存共栄に寄与する国家になってもらいたいという強い願望を首相が抱き、その任を果たせるのは地球儀外交をやってきた「自分」ならできるという自負から、竜馬や海舟の心境にあったかもしれない。

 前首相には中国が約束を守る国に一歩でも近づいてほしい、さもなければ米中衝突の破局しかない、世界が見放す中で日本が手を差し伸べる意味を中国に分からせたいという意識が強く感じられる。

 首脳会談の重みを知り尽くした首相が中国首脳に念押ししたい、それも国賓、天皇拝謁という至高で最後の切り札を使って「約束実行を迫る」というのであろう。

 その後、新型コロナウイルスが発生し、世界が未曽有の混乱と恐怖に打ちのめさせられた。

 常識と理性と責任ある国家であるならば、危険性をいち早く内外に公表し、予防と撲滅に世界の英知を結集させるべきであるが、中国は全く世界が受け入れられない方向に走った。

 しかも、WHO(世界保健機関)をも取り込み、自国の覇権戦略のために好条件を創り出し、あまつさえ発生源の転嫁さえ図っている。

 ここに至って、安倍前首相の「約束実行を迫る」という期待は微塵に打ち砕かれ、米国の難詰通りの国家でしかないことを国際社会に見せつけたた。

 前提条件がすっかり変わってしまったのだ。

 菅新首相が総裁選への出馬を決めたときの「日程調整は慎重に」という含意は、「白紙に戻す」という意味にとるしかあるまい。

 防衛副大臣に自民党外交部会長として国賓訪日中止を求める決議案をまとめた中山康秀衆議院議員が就任したことも、新内閣における平仄の一致であろう。

おわりに

 国賓となれば、言うまでもなく天皇との会見が設定され、また返礼としての天皇訪中が持ち上がってくる。

 しかし、中国は平成天皇の中国訪問を天安門事件後の状況改善に政治的に利用したことを明らかにしている。

 陛下(現上皇)もそのことを感じ取られ、訪中から何年もたったある時、側近に「私の中国訪問はよかったのだろうか」と胸中を吐露されている。

 いままた、その轍を踏んではならない。

 共産主義思想で固めた中国の意思は鉄よりも固い。自己責任を認めて運命共同体を心から願っているのではないことも判明した。

 そうした諸々を受けての菅氏の閣僚任命であろう。よもや日本の中から「国賓来日」などを言い出すものはないであろうが、あれば令和の「不忠第一号」である。

 1年後には総裁選と総選挙を迎える首相は、非常に限られた時間の中で成果を出さなければならない立場に置かれている。

 この短い期間、途中で解散を意図すれば数か月で改革への堅実性、経済の回復を国民に示さなければ、国民の信は得られない。国賓云々が言の葉に上がる余裕などはない。

 中国人菅義偉首相誕生“絶対有り得ない”と驚愕する理由 

ダイヤモンドオンライン 2020年9月24日(木)6時01分配信

 菅義偉官房長官が日本の首相になったというニュースは、中国でも大々的に報じられた。多くの中国人は菅氏の首相就任について「中国では絶対にありえない」と驚き、かつ、総じて好意的に捉えている。その背景には、中国独特の社会的な事情がある。(日中福祉プランニング代表 王 青)

中国でも令和おじさんで有名 好意的なコメントが多い

 9月14日、菅義偉官房長官が日本の自民党総裁に選出されたというニュースは、中国の各メディアも相次いで速報を流した。その日の各ネットニュースを見ると、いずれも注目ランキング3位内に入るほどの注目ぶりだった。先月「安倍総理の辞任」が発表されたときと比べると、やや盛り上がりには欠けるが、相変わらずコメント欄への書き込み数は多い。

 菅氏は8年間、陰で政権を支え、「安倍政権の執事」のような存在だっただけに、中国の人々の中でそれなりに知名度があった。特に「令和」を発表したときの映像が印象に残っていたようである。

 実際、下記のようなコメントが少なくない。

 「あの令和おじさんか!なんか顔が地味だが、優しそう…、フルネームをみて、一瞬、わが同胞かと思った」

 「長年安倍政権を支えてきた『万年秘書』は、やっと“扶正”ができたね」(※筆者注:扶正とは、本来の意味は妾を正妻に取り立てることだが、今は、長年我慢してやっと出世したことを表す)

 「非常に控えめそうな方だが、農民出身で一国のトップに上り詰めたるとは、並々ならぬ本人の努力があったのだろうな」

 などの声がある一方、一部には下記のような厳しい見方もある。

 「どうせ次期の総理選挙の繋ぎだろう、しょせん、安倍さんが垂簾聴政(すいれんちょうせい)となり、つまり前総理の操り人形、傀儡(かいらい)政権だ」

 「慰安婦問題を否定した人だろう、これからの対中政策がどうなるか気になる」

 「日本は、誰が総理になっても一緒だ。どうせアメリカと中国の板挟みの犠牲者になるのだ」

 しかし、菅氏に対しては総じて好意的な見方をする中国人が多い。

 その理由は明らかで、詳しくは後述するが、エリート層ではない人物が数々の努力の末、「一国のリーダー」となったからだ。

農民出身者が 一国のトップになることへの驚き

 「農民出身者が一国のトップになった」こと――。

 その驚きと衝撃は、中国のSNSに投稿されたコメントを眺めると、ヒシヒシと伝わってくる。菅新政権の今後や、政権寿命の長短という問題よりも、むしろ、菅氏のこれまでの生い立ちや経歴などに圧倒的に関心が高い。

 それは各ニュースの見出しを見れば、一目瞭然だ。

 「“農民工”から首相へ」

「農民の息子、一国のトップになる」

「農民出身の草の根の首相が誕生」

「昔日の農民工、今日の首相」

 など、「農民」「農民工(※筆者注:詳しくは後述、中国の出稼ぎ農民のこと)」というキーワードが付いた見出しがやたらと目につくのだ。

 つまり、菅氏は、もともと代々農家の出身で、いわば、田舎から都会への“出稼ぎ農民”だった。これは、今の日本の多くの政治家が世襲であるのとは正反対である。現に8年間陰で支えた安倍総理は政治一家で、祖父や父親が大物の政治家だった。一方の菅氏は秋田県にある小さな村のイチゴ農家の息子。どうやってここまで上り詰めてきて、一国のトップとなったのか。中国人にとっては、このプロセスにひかれ、大いに興味を持っているのだ。

 実際、中国の各メディアで紹介されている菅氏の「サクセスストーリー」を見ると、概ね下記のような感じで記されている(※筆者注:多少、誇張されている部分もあるようだ)。

 「秋田の田舎のイチゴ農家に生まれた長男。家は代々コツコツ土を耕す農民。中学、高校時代に、毎日1時間から2時間もかけて山道や雪道を歩いて通学した。高校卒業後、集団出稼ぎで上京した。ダンボール工場や配管工として働く傍ら、大学の夜間部に通っていた。それも学費が一番安い大学と学部を選んだ。その後、人生の転機が訪れて、議員の小此木氏の秘書となった。

 いつも控えめで、忠実に議員に仕えた。会食のときも必ず先に食べ終えて、議員たちに気遣いをした。その早食いのクセは今でも残っている。このため、最もよく食べるのが(早く食事ができる)うどんとそばだ。そして、横浜市会議員に出馬したときに、票を獲得するために奔走し、数カ月で靴を6足も履き潰した。

 当時、他の候補者が室内でプレゼンすることが多かったなか、彼はそれらの場所を借りるお金がないため、駅前でマイクを手にし、歩行者に挨拶し演説をした。その後、他の候補者もみな、街頭演説をまねしはじめた。彼は街頭演説の元祖である。

 小泉、安倍政権で長らく『脇役』として、陰で政権を支えてきた。常に控え目で低姿勢、各方面との協調、火消しに苦労して来た人。また、お酒やたばことも無縁で、人柄も真面目。長年の努力の積み重ねで、特に激しい政治闘争も行わずして、自然の流れで一国のトップとなった。これらはまさに彼の座右の銘『意志があれば道があり』の通り、努力の賜物だ」

多くの中国人が 菅氏に感銘する事情とは

 多くの中国人が、菅氏の「成功物語」に感銘し、共感するのは、中国には複雑な事情があるからだ。

 そもそも中国の諺(ことわざ)には、「寒門出貴子」(社会的地位が低く裕福でない家の子どもは逆境に強く出世をする)という言葉がある。

 ところが、これはあくまでもごくまれなケースであり、願望である。

 実は、中国の戸籍制度は日本と異なる。同じ「農家の出身」であっても、日本と中国では事情が大きく違うのだ。

 最近は日本でも徐々に知られるようになってきたが、中国の人々は、生まれた土地に基づいて戸籍が制定されて、簡単に移すことができない。先述した農民工は、中国において「農民」の戸籍を持ち、大都市で就労する労働者である。つまり、たまたま農村で生まれた人は都会の戸籍になれず、農村の戸籍を一生背負っていくことになる(※筆者注:一部例外もある。特別な分野の人材であれば特例もある)。

 戸籍により、受けられる公共サービスや社会保障など、さまざまな面で大きな格差が生じる。この状況は今も変わってない。戸籍により運命がほぼ決まってしまうのだ(※筆者注:近年、戸籍制度改革の動きがあり、緩和される地域もある)。

 戸籍の違いによる移動制限はないが、都市部で仕事をし、長年住んでいても、都会の戸籍にはなれず、「暫住居住証」という暫定的な居住証しか持つことができない。そうした人は何億人もいると言われている。

 これまで農村部の人々が自らの運命を変えるには、勉強をするしかなかった。このため、一家は成績の一番良い子どもに賭けて、借金をしても大学まで送り出す。その子が出世すれば家族の生活もよくなっていくという夢である。実際、数十年前は農村出身者でも有名大学を卒業してビジネスで大成功する人物も少なからずいた。

 ところが、これも中国の経済が発展するにつれ、地域間の貧富格差が拡大していく中で、勉学で現状を変えることは困難になってきている。

都会と内陸農村部の子どもでは 教育にも大きな格差

 都会と比べると、内陸の農村は教育資源が圧倒的に少ない。親がみんな都会へ出稼ぎに行ってしまうため、教育を受けたことがない祖父母と暮らすケースが多く、結局、中卒や高卒で終わってしまう。社会競争が激しい中国では、学歴がない人の就職は難しい。家を支えるため、給料の安い仕事に就いてしまい「貧困の連鎖」となる。

 ゆえに、階級が段々固定化し、分断していく。都会の若者は親の代から金銭や人脈などいろいろな資源を引き継ぐことができ、最初から勝者である。一方、農村の若者は「人生の転機」を作るのが至難のわざで、その道のりはあまりに遠く険しい。

 約10年前から中国では、「拼爹」(1文字目は手偏に并、2文字目は父の下に多)という流行語がある。その意味を説明すると、若者が一生懸命努力するよりも、権力や金銭があるお父さんを持ったほうが、就学や就職、結婚など人生のすべてにおいて有利であるという意味だ。「不公平な社会」を暗喩する際に使われる。つまり、経済力や社会地位が固定化しており、生まれた家庭により「富二代」か、「窮二代」かが決まっているということだ。

 菅氏の「山道や雪道を登って通学した」ことや「夢を持ち、夜行バスに揺られて都会に向かった」こと、「ダンボール工場で出稼ぎ労働者として働いた」ことなどのエピソードは、まさに、中国の内陸農村部の児童が今でも2~3時間かけて険しい山道を通って通学している現実や、3K(キツイ、キタナイ、キケン)に属する労働を担っている「農民工」らのイメージを彷彿させるものだ。

菅氏は逆境にある中国の若者にとってジャパニーズ・ドリームの象徴

 特に「農民工」は、都会の開発や経済発展に大きく貢献しているにもかかわらず、全身土まみれ、汗まみれであり、帰省のときは一番安い乗り物を選ぶなど「負のイメージ」を持っている人が少なくない。

 このため、菅氏が「一農民工」から「一国の頂点に立つ人」になるというのは、中国の庶民にとっては、あまりにドラマチックであり、魂が揺さぶられるほど感慨深い話なのだ。

 まさに「ジャパニーズ・ドリーム」。

 彼らは、こう感嘆する。

 「このような学歴や経歴だと、わが中国では一村長にもなれない…」

「まさにシンテレラのような人生、『草の根』が逆襲した人生の見本だ!」

「国策と制度、道を作ってくれているからこそ、菅さんのような人を生み出したのだ!」

「運気も大事だが、本人の努力で一歩ずつ着実に歩んでいなければできないだろう」

 「努力」「自律」「恒心」「志有る者は事ついに成るなり」…。これらを実行してきた菅氏の成功物語は中国の逆境にある若者たちにとっては、まさしく“理想”であり、何よりも励まされるのだ。

 

2020年9月23日 (水)

【羽生善治】快勝!<王将戦挑戦者決定リーグ>藤井2冠に初白星

 藤井聡太×羽生善治=新旧“天才対決”、羽生が勝利 

ENCOUNT 2020年9月23日(水)9時43分配信

第70期王将戦挑戦者決定リーグ開幕局を総括

 将棋の藤井聡太2冠(18)が、22日に都内で行われた第70期王将戦挑戦者決定リーグの初戦で、羽生善治九段(49)に敗れました。今回は、注目を集めた一局を振り返りたいと思います。

Photo_20200923110101

 まず、本局の背景ですが、王将戦の挑戦者を決めるリーグ戦が新たに始まるタイミングで、リーグ戦自体の開幕局という位置づけ。藤井2冠は2019年、この王将戦のリーグ最終局で挑戦者決定戦を行い、敗れてその時点での最年少タイトル挑戦者の記録達成ならず、という悔しい思いをした棋戦。「今年こそは」の思いも強いはず。ご存じの通り、この王将戦挑戦者決定戦の後、20年春から夏にかけてたて続けにタイトルを2つ取り、藤井「2冠王」となって今や押しも押されもせぬ超一流棋士に。

 一方の羽生九段はどうか。最盛期を知る者としては、近年の成績は不思議としか言いようがないものですが、実は直近に竜王戦の挑戦を決めたばかり。羽生さんにとっての最大のモチベーションは、タイトル数100の記録。現状99なので、あと1つのタイトル獲得での達成なのです。そのためのタイトル挑戦者の権利を手に入れたばかり。羽生さんの調子も意欲も、上向いている状況です。

これまでは藤井2冠の3連勝だった

 中学生棋士という天才を証明する経歴を持つ2人の対戦。ここまでの公式戦での戦績は藤井2冠の連勝。意外にも偏っていて、全ての対局で藤井快勝という内容。今回の対戦は藤井2冠として、羽生さん相手に対局時に「上座」に座るという状況。藤井2冠にとって、いやが上にも第一人者であることを認識する状況ですが、これは今後も続いていくので慣れるしかありません。

 ちなみに対局時の上座と下座の関係は、年齢や棋士年数より実績が優先されるので、今や藤井2冠の上座に座れるのは基本的に同等のタイトル2冠以上の棋士だけなので、圧倒的に上座に座る機会が増えることになります。

 好調同士の一戦は、リーグ戦という負けたら終わりのトーナメント戦ではない状況も合わせ、余計なプレッシャーを両者が感じなくて済む、内容に専念しやすい状況での対局で熱戦が期待できました。

藤井2冠が一方的に攻めまくる展開に

 その肝心の対局は、後手の羽生九段が横歩取りという戦型に誘導する展開に。対する藤井2冠の構想は非常に攻撃的で、攻めの力が問われる組み立てとなりました。あらゆる展開を苦にしない藤井2冠ですが、一方的に攻めまくる展開でどのように指すのか、これもまた楽しみな内容となりました。

 ひとつ、特徴的だったのが46手目後手の羽生さんが△5五歩と突いた局面。ここは藤井2冠の指し手が、プロの目から見ても3通りはある局面で、どの手を選ぶかで後の展開が全く変わってくるという、非常に重要な局面。結果、ここで藤井2冠が選んだのは一番穏やかな選択肢。逆に激しく攻め合う順がどちらに分があったのか、プロでも意見が分かれそうな難解な変化であったことは確かです。

 藤井2冠が穏やかな変化を選んだ結果、羽生九段の「強気」を引き出すことになりました。自陣に手を入れず、攻め合いに活路を見いだす展開で勝負をかけました。と言っても、基本的に藤井2冠の攻めが一手早く見える展開で、かなりの対応力と勇気がなければ選べない順です。

 それを可能にしたのが54手目△4八歩。突如藤井玉の真横に飛んだ手裏剣。この手を見て私は直感的に、羽生さんが勝ちやすくなったのではと思いました。いかにも羽生さんらしい、才能を感じさせる一手だったからです。

藤井2冠が羽生九段の手のひらの上で踊らされる内容に

 果たしてここからは、羽生さんが強さを見せました。「好きに攻めてこい」と言わんばかりの指し口で、藤井2冠に自由にやらせながら、結局、一手遅かったはずの攻めを間に合わせて、いつの間にか羽生勝勢になっていました。我々プロが表現するところの「強い勝ち方」というやつです。

 これを実践するためには、あらゆる攻め筋をいなせるという判断力と読みの力、そして度胸が必要で、1か所でも読みに穴が開いていれば即負けとなります。現実的には羽生さんとはいえ全ては読み切れないので、感性と判断力も総動員しての選択だったと思いますが、まさに羽生将棋ここにありというような、非常に強さを感じさせる指し回しでした。

Photo_20200923110701Photo_20200923110702

 藤井2冠はどう感じたでしょうか? このような、まるで手のひらの上で踊らされるような内容は、これまで経験したことがなかったはずです。この懐の深さというような、円熟の至芸を経験したことは、今後の大きな財産となるはずです。これまで3戦3勝で、羽生さんの「怖さ」を知らなかった分、勝ちっぱなしであるより良かったと言えると思います。将棋には怖いものがいくらでもある。そのことを「天才の先輩」が教えてくれたと言ってもいいでしょう。

遂に羽生さんが本気を出したか…!

 ここだけの話、私は今回の内容と結果を見て、「遂に羽生さんが本気を出したか」と思いました。もちろん、羽生さんがこれまで手を抜いていたという意味ではなく、相手が相応の立場と実績になれば、それに合わせて強い将棋を指してみせるという超一流にしかできない対応力を砕いて表現した言葉で、棋士の世界では昔から内々で使われているものです。いずれにしても今回の対戦では、新旧天才対決でようやく先輩が初勝利。羽生健在を強烈に印象付けました。

 敗れた藤井2冠は、全く失うものはないでしょう。王将リーグもまだ始まったばかり。挑戦の可能性は全く失われてませんし、何より「強い羽生さん」を体感したことはむしろ喜んでいるかも知れません。今後はまだいくらでも2人の対戦はあるでしょう。いずれ両者にとってはるかに重要な、共に負けられない状況での対局もあるかも知れません。まだまだ成長するであろう藤井2冠と、円熟期で凄みを増す羽生九段、2人の対戦は名局の期待しかありません。

 羽生九段「手が震えた」初勝利最新将棋へ対応の必要性実感 

日刊スポーツ 2020年9月23日(水)7時58分配信

 渡辺明王将(名人・棋王=36)への挑戦権を争う、将棋の第70期王将戦挑戦者決定リーグが22日、東京・千駄ケ谷「将棋会館」で開幕した。午前10時から始まった注目カード、藤井聡太2冠(18)対羽生善治九段(49)は午後7時17分、後手の羽生が中盤、接戦から抜け出して80手で勝利を手にした。ここまで4連敗と相性が悪かった史上最年少プロから初白星を挙げた。19日に竜王戦7番勝負の挑戦権を獲得した。27日の50歳の誕生日を控え、40代最後の対局で連勝し、こちらも好スタートを切った。

 羽生の手が激しく震えた。勝利を意識したときのしぐさだ。76手目後手2五香。2六に逃げてきた藤井玉を頭から押さえ付けた。「最後に詰みが見えて、やっと勝ちだと思いました」。40代最後の対局には、「特別なことはなく、一生懸命やろうと思っていました」とだけ、応えた。

 2018年2月、朝日杯オープン戦準決勝で初めて対戦して以来、公式戦で4連敗。今局はきわどい形勢の競り合いから抜け出した。「今までほとんどチャンスらしいチャンスがなかった。今回は良かったかな」。ホッとした様子だった。

 上座にいる史上最年少プロは今年、立て続けに棋聖と王位を獲得した。過去4局は段位が上だったため、上座だった羽生は今回、下座。相手がタイトル保持者の場合は、九段でも序列が下になるからだ。厳然たる現実を受け止めた。

 前局、竜王戦挑戦者決定戦では往年の手堅い指し回しで竜王戦の挑戦権を得た。タイトル獲得通算100期がかかる大舞台に、2年ぶりに戻る。その会見で藤井の活躍ぶりについて問われ、「2冠という大きな実績を残されている。日々の対局や棋譜を見て参考にしたり、勉強しているところです」と、存在を認めた。

 強い年下との対局が増えるなか、最新の将棋に対応する必要性を実感している。「考えなくてはいけないことがたくさんありすぎ。最近の将棋を理解しているかは分からないが、後れを取らないように心掛けている」と、自らの立ち位置も理解している。

 王将リーグとほぼ同時期に、2日制の竜王戦7番勝負も10月から加わる。前後の移動まで含めると4日を費やしながら、豪華メンバーの王将リーグや他棋戦も掛け持ちする。タイトル獲得計99期(内訳は竜王7、名人9、王位18、王座24、棋王13、王将12、棋聖16期)のトップランナーは、気力を充実させてこちらでも挑戦権獲得を目指す。

Photo_20200923105601

王将戦 将棋の8大タイトル戦の1つ(ほかは竜王・名人・叡王・王位・王座・棋王・棋聖)。挑戦者決定リーグは、前期シードの4人(広瀬・豊島・藤井・羽生)と、1次~2次予選を勝ち上がった3人(永瀬・木村・佐藤天)の計7人による総当たり戦。成績最上位者が挑戦者となる。95年の第44期には、当時まだなかった叡王を除く6冠を保持していた羽生が、谷川浩司王将に挑戦した。阪神・淡路大震災に遭いながら対局をこなした谷川が4勝3敗で防衛した。翌年の第45期は、6冠すべてを防衛して再度挑戦者として登場した羽生が谷川に4連勝。史上初の7冠全制覇を達成した。

藤井聡太2冠羽生善治九段公式戦5戦目初黒星

スポーツ報知 2020年9月23日(水)6時00分配信

 将棋の羽生善治九段(49)が22日、東京都渋谷区の将棋会館で行われた第70期王将戦挑戦者決定リーグの開幕戦で藤井聡太2冠(18)=王位、棋聖=に後手の80手で勝ち、渡辺明王将(36)=名人、棋王=への挑戦権に向けて白星発進した。羽生は、公式戦5戦目で藤井から初勝利をあげた。3冠を目指す藤井は、デビュー227戦目で5度目の連敗(未放送のテレビ棋戦は除く)を喫した。

Photo_20200923110201

 少年時代のように、悔しさを隠そうとしなかった。終局後、がっくりと首を折る藤井。最近では珍しくなった光景に羽生戦への思いが見て取れた。

 投了直前、指す手がなくなった藤井は自らの心を静めるようにコップの水を飲み干し、マスクをした後で「負けました」と告げた。

 苦い記憶を払拭できなかった。今月12日のJT杯で豊島竜王に敗れた戦型「横歩取り」の戦い。主導権争いの中盤戦で67分を投じる大長考を末に▲5六角を決断した。2枚の角を盤上中央に据える大胆な構想を見せたが、羽生陣を攻略する糸口を発見できなかった。「盤上にあった2枚の角が働かない展開になって苦しくしてしまいました」

 連敗は昨年7月にNHK杯と銀河戦本戦で久保利明九段(45)に2連敗を喫して以来1年2か月ぶりだった。「攻めが不発で形勢を損ねてしまいました」

 今期、タイトル奪取の可能性を残すのは王将戦のみ。今年度中の3冠を目指す上では痛い黒星となったが「厳しいスタートになりましたけど、また良い状態で次の対局に臨めるようにしたい」と前を向いた。

 次戦は公式戦で0勝5敗とまだ勝利がない豊島との一局。1敗が許されるのがリーグ戦の利点でもある。実力者相手に初白星を挙げて、再び上昇気流に乗りたい。

 王将戦挑戦者決定リーグ7人全員タイトル経験者 

スポニチアネックス 2020年9月23日(水)5時30分配信

 ◇ 王将戦 挑戦者決定リーグ

 将棋の王将戦挑戦者決定リーグで渡辺明王将(36)への挑戦権を争う7人は、全員がタイトルホルダーか経験者という豪華な顔触れだ。実力者たちがぶつかり合う21局の見どころをピックアップした。

 ▼ 豊島将之竜王(叡王と2冠)VS藤井聡太2冠(10月5日) 対戦成績は豊島5勝に対して藤井0勝。希代の天才高校生棋士が、不思議なほど歯が立たない。“天敵”相手に苦手意識を払拭(ふっしょく)する初白星を挙げられるか。

 ▼ 藤井VS永瀬拓矢王座(10月26日) 永瀬の研究室に藤井が通い、研鑽(けんさん)を積む“同志対決”。過去の対戦成績は藤井の2戦2勝でいずれも今年6月に挙げたもの。永瀬はタイトルホルダーとして3連敗は避けたいところ。

 藤井VS木村一基九段(11月20日) 藤井が2つ目のタイトルを獲得した今夏の王位戦7番勝負と同じカード。王位戦では藤井が4連勝で冠奪取したのが記憶に新しいが“中高年の星”木村が心機一転、意地を示すか。

 藤井VS広瀬章人八段(対局日未定) 昨年11月の挑戦者決定リーグ最終戦、勝てばタイトル初挑戦が決まる対局で藤井は勝勢で進めながら、最後の最後で痛恨のミスとなる悪手を指し敗北。それ以来の対戦で悪夢払拭なるか。

 豊島VS永瀬(同) 叡王戦7番勝負で火花を散らした若き実力者同士のライバル対決。叡王戦では持将棋2局を含む9局までもつれ込み、豊島が最終的に21日の9局目で勝って4勝3敗で冠を奪取。ここでも再び激戦は必至。

 豊島VS羽生善治九段(11月20日) 竜王戦の挑戦者決定3番勝負で豊島への挑戦権を獲得した羽生。勝てば前人未到のタイトル通算100期に到達する7番勝負は10月9日に開幕するが、同じ時期の対決となるだけに心理的な探り合いにも注目。

 藤井聡太2冠、史上最年少3冠 天敵豊島竜王 

スポニチアネックス 2020年9月23日(水)5時30分配信

 ◇ 王将戦 挑戦者決定リーグ

 藤井聡太2冠が王将戦挑戦者決定リーグの初戦で羽生善治九段に敗れた。棋聖、王位に続く高校生での3冠に向けて黒星スタートとなったが「いい状態で次の対局に臨みたい」と前を向いた。

 敗色濃厚の73手目▲3七王を指し終え、外していたマスクを再装着した藤井は形づくりの逃避行を終えて駒を投じた。しきりに首をひねり、そしてうなだれる。視線は焦点を定めないまま虚空をさまよっていた。

 「(羽生の)△4八歩(54手目)から△8六飛車(56手目)というのはちょっと見えてなかったので…」。苦悩の表情を微妙に隠しつつ衝撃の告白だ。中盤の出口で仕掛けた53手目の▲4四角で4筋の歩を払ったまではよかったが、その代償として4八に歩を打つ可能性を羽生に与えてしまった。読みにない手。痛すぎる失着。「飛車をさばかれてみると少しこちらの角が働く形が難しいので、苦しくしてしまっているのかなと思いました」。形勢は徐々に永世7冠資格保持者へと傾いていく。以降は亀裂の修復どころか、差は広がる一方だった。

 対局開始30分前。特別対局室に入った藤井は規定通り、迷うことなく上座に就いた。未放映対局を除く過去3度の対決ではいずれも下座。新旧天才棋士のつばぜり合いは、この日で立場が入れ替わった。盤上に置かれた駒箱から駒を取り出すしぐさに、ぎこちなさはもう見られない。

 苦手なはずの横歩取りの誘いを堂々と受け入れる。2冠のプライドと探究心の極みがあえて困難な道を選ばせたのだろう。つい10日前、JT杯で豊島将之竜王(30)に敗れた同じ手順にもかかわらず、だ。しかし誤算があった。「その後、変化が多い。難しいのかなと思いました」。29手目の▲3三飛成は意表を突く角との交換。その直前、羽生の2三に浮いた金が問題だと主張する意図だ。そこに軽微な誤算があった。「こちらがその形をとがめるというのも具体的には難しいのかなと」。方針転換で9筋の端攻めも敢行したが「不発になってしまって」。35手目には角2枚を横に並べ、一見迫力ある布陣を敷いたが、これも空振り気味。序盤の細かいやりとりから羽生のプレッシャーを受け続け、はね返す体力は徐々に失われていった。

Photo_20200923111001

 これで羽生戦は初黒星。6局で争う挑決リーグとしても痛い始動だ。しかも次戦(10月5日)の相手は過去5戦全敗の豊島。ここで連敗してしまうと、高校生3冠への道は極端に狭まってしまう。「厳しいスタートにはなりましたが、またいい状態で次の対局に臨めるようになんとかしたいと思います」と締めた藤井。痛恨の敗戦後にもかかわらず、口調には活力が残されていた。この程度でくじけてはいられない、と。 

 《藤井と王将戦》藤井は第69期の昨年11月、挑戦者決定リーグに初出場し、広瀬章人八段と同じ4勝1敗で最終日を迎えた。勝てば渡辺明王将への挑戦権をつかむという大一番は126手で広瀬が勝利。詰将棋解答選手権5連覇で抜群の終盤力を誇る藤井が広瀬の盲点を突く攻めを受け損ない、タイトル初挑戦を逃した。

 翌12月、地元名古屋市であったイベントでは2019年の印象的だった将棋としてこの広瀬戦を挙げ、「現状の課題を知った。来年に生かせれば」。序中盤偏重のままきた、持ち時間の使い方を再考するとした。

 第67期はデビュー以来の歴代最多29連勝を樹立後、菅井竜也八段と1次予選7組決勝で対戦し、公式戦では自己最短81手での敗戦だった。第68期は1次予選6組初戦で元王将の南芳一九段に自己最長230手で逆転勝ちし杉本昌隆八段との千日手指し直しの末の師弟戦を経て、準決勝で井上慶太九段に137手で敗れた。その3月28日は、中学生棋士として最後の対局だった。

 ▼ 王将戦 王将と挑決リーグ優勝者が例年1月から3月にかけて7番勝負で激突。持ち時間は8時間。タイトル戦では名人戦に次いで歴史が長く1951年から始まった。番勝負の各局で勝者が会場のご当地色をヒントにした仮装で記念撮影するのが恒例。ユニークな構図から棋士やファンの間で「勝者の罰ゲーム」と称されている。

  王将戦の挑戦者決定リーグ 例年9~11月に実施。シードされた前期リーグ上位4人(順位1~4位)と、予選を勝ち上がった3人(同5位)で争う。リーグ戦で同率首位が複数出た場合は原則として順位上位2人による1局だけのプレーオフが行われ、挑戦者を決める。

Photo_20200923110501

関連エントリ 2020/08/20 ⇒ 【藤井棋聖】史上最年少<王位戦4連勝>二冠&八段昇段達成
関連エントリ 2020/08/06 ⇒ 【藤井棋聖】2冠までM1<王位戦3連勝>八段最年少記録も視界良好
関連エントリ 2020/07/17 ⇒ 【藤井棋聖】17歳11箇月<初載冠>30年ぶり✍最年少記録更新!!
関連エントリ 2020/07/15 ⇒ 【藤井七段】17歳<熱闘19時間>木村王位に逆転勝利!!
関連エントリ 2020/07/03 ⇒ 【自粛から自衛へ】都の新規感染者124人<新型コロナ再拡大>2日連続100人超
関連エントリ 2020/06/29 ⇒ 【藤井七段】17歳<初タイトルまで✍M1>渡辺棋聖に連勝!!
関連エントリ 2018/12/22 ⇒ 【羽生善治】<27年ぶり無冠>通算100期✍目前で陥落

 

2020年9月22日 (火)

【コロナバブル】崩壊<NY株3週間で2千㌦下落>コロナ禍“急”拡大懸念

 NY株3週間で2千ドル下落 米国経済の先行不安顕在化 

朝日新聞デジタル 2020年9月22日(火)9時06分配信

 米ニューヨーク株式市場で、今月初めまで過去最高値圏で動いていた株価が一転、下落傾向にある。主要企業でつくるダウ工業株平均は、この3週間で約2千ドルも下落。米経済の先行きをめぐり不安要素が積み重なっており、投資家が慎重姿勢を強めている。

 週明けの21日、ダウ平均は前週末比で900ドル超も続落する場面があった。終値は同509・72ドル(1・84%)安い2万7147・70ドルで、1カ月半ぶりの安値だった。

 外国為替市場でも、投資家がリスク回避姿勢を強め、ドルを売って安全資産とされる円を買う動きが広がった。円相場は一時、1ドル=104円近くまで円高ドル安が進んだ。その後大きくドルが買い戻され、午後5時(日本時間22日午前6時)時点では1ドル=104円60~70銭と、前週末の同時刻比07銭の円安ドル高。

NYダウ一時940㌦下落、終値509㌦安=欧州のコロナ感染嫌気

時事通信 2020年9月22日(火)6時00分配信

 週明け21日のニューヨーク株式相場は、欧州での新型コロナウイルス感染増加などを嫌気し、急落した。優良株で構成するダウ工業株30種平均は前週末終値比509.72ドル安の2万7147.70ドルで終了。下げ幅は一時940ドルを超えた。ハイテク株中心のナスダック総合指数は14.48ポイント安の1万0778.80で引けた。

 ニューヨーク証券取引所の出来高は前週末比19億6462万株減の12億8770万株。

 欧州で新型コロナの新規感染者が再び増加し、一部の国で経済活動への規制が強化される可能性が取り沙汰されている。また、米国ではギンズバーグ連邦最高裁判事の死去を受けた後任選びで議会与野党の対立が見込まれ、新型コロナ危機に対応した追加経済対策の妥結がさらに不透明になっている。

 これらの先行き不透明感を背景に、株価は序盤から大幅下落した。ただ、終盤にIT株を中心に押し目買いが入り、下げ幅を縮小した。

 11セクター中10セクターが下落して終了。とりわけ、資本財や素材、エネルギーなど、景気敏感セクターが大きく売られた。半面、ここ最近利益確定売りに押されてきたIT株は、逆行高となった。

 また、米政府の内部文書で、複数の世界的な大手金融機関が過去20年近く巨額のマネーロンダリング(資金洗浄)に利用されていた疑いがあることが発覚。国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)が公表した資料で、JPモルガン・チェースなどが不正送金を許容したと名指しされ、これらの銘柄に売りが膨らんだ。

 連発トランプ大統領科学者が次々蜂起 

JBpress 2020年9月21日(月)6時01分配信

 「The Summer of Our Discontent」(われらが不満の夏)

 米主要紙ロサンゼルス・タイムズが夏の終わりにこんな文学的な見出しの記事を掲載した。

 カリフォルリアが生んだ世界的文豪、ジョン・スタインベックの小説、「The Winter of Our Discontent」(われらが不満の冬)をもじってつけた。

 新型コロナウイルス感染が収まらないカリフォルニア州に追い打ちかけた大規模な山火事。

 同紙は、(カリフォルニア在住の筆者を含む)州民の生活環境を根底から覆しかねない史上最悪な状態に「われわれの生き方を根本から考え直す時期にきた」と悲鳴を上げた。

 史上最悪の山火事の状況を9月14日視察に来たドナルド・トランプ大統領は、キャビン・ニューサム同州知事にこう言い放った。

 「山火事の原因は森林管理の不手際にある。地球温暖化とは何ら関係がない」

 同紙はトランプ氏視察に合わせるかのようにジョー・バイデン民主党大統領候補を支持・推薦する社説を載せた。

 米主要紙が同候補を正式に推薦した第1号だった。

 理由はトランプ大統領の新型コロナウイルス軽視と不適切な対応をはじめとする「悪政」の数々を上げていている。

 「大統領としては不適格」と烙印を捺したのだ。

 (https://enewspaper.latimes.com/infinity/article_share.aspx? guid=186554d3-8c4c-4cf4-8ab6-ddbd043df348)

再選に向けワクチン連呼

 米国の新型コロナウイルス感染者数は9月18日現在671万585人。死者数19万8306人。

 一向に感染拡大が収まる兆しはない。それでもトランプ氏は三密を守る気配はない。

 選挙運動に各地を飛び回り、集会を開いては、参加者の中から感染者が続出している。

 それでもマスクはしない。ここまでくると、信念というよりも意地なのだろう。マスクをつけた時点で選挙には負けると腹をくくっているのかもしれない。

 米疾病対策センター(CDC)のロバート・レッドフォード所長(医学博士)は大統領を横にしてこう述べた。

 「感染防止にはワクチンよりもマスク着用が有効だ」

 同所長が言い終わるか終わぬうちに、トランプ氏は「マスクなんかよりもワクチンの方が大事だ」と吐き捨てるように反論した。

 とにかく11月3日の大統領選に勝ち、再選されたいのだ。

 一時は反中スタンスを再選戦略の主軸にしてきたが、今やワクチンがそれにとって代わった感がある。

 科学者たちが重視する科学的根拠よりもワクチンなのだ。連日のようにワクチンが今日明日中にも完成するかのような発言を繰り返している。

 「ワクチンは3週間から4週間以内に完成する可能性がある」(9月15日)

 レッドフィールド所長が米上院公聴会で「ワクチンは生産承認されてから接種には6か月から9か月かかる。実際の米国民が受けれるのは早くて来春以降だ」と発言するや、「この男の言うことは間違っている。不正確な情報を基に喋っているだけだ」(9月16日)

 「ワクチンは10月に完成する。配布開始は10月か11月の可能性がある。年内に1億回分の接種量が確保できる。それより遅くなるとは思わない」(9月16日)

 トランプ氏はいったいどこからこんな情報を得ているのだろうか。

 後述するが、トランプ政権が立ち上げたワクチン開発のロードマップに記された達成目標と楽観的な願望とがごちゃまぜになっているのだ。

 バイデン氏は、9月16日開かれたデラウエア州での集会でこうコメントしている。

 「私が信用するのはワクチンと科学者。トランプ氏は信用できない」

 「科学の大きな前進は断じて選挙周期に従わない。そのタイミングや認可、供給が政治的判断で歪められる事態は絶対にあってはならない」

 在野のバイデン氏にコロナ関連の情報力・分析力がないというわけではない。

 CDCやFDA(米食品医薬局)内部のディープ・ステート(闇の国家=反トランプ分子)からの情報も入手している。

 さらにはディビッド・ケスラー前FDA局長(伝染病学)やジョージタウン大学のレベッカ・カッツ教授(免疫学)、ペンシルベニア大学のエゼキエル・イマヌエル教授(生命倫理学)ら各分野の権威からなるアドバイザリー・グループからの助言を得ている。

 (https://www.scientificamerican.com/article/scientific-american-endorses-joe-biden/)

科学的データvs願望的思惑、軍配は? 

 科学者たちもトランプ氏の願望的思惑の危うさに危機感を強めている。

 そのシンボリックな動きが米国でも最も権威ある科学雑誌「サイエンティフィック・アメリカン」(Scientific American)の10月号掲載の社説だ。

 タイトルは「恐怖から希望へ」(From Fear to Hope)。

 長文の社説でバイデン氏を大統領候補に推薦したのだ。

 同誌は、学術雑誌ではないが、第一線の科学者が執筆する一般向け科学雑誌としては創刊1825年の世界最古の定期刊行誌だ。

 外国語版(日本版では「日経サイエンス」)が多数出ており、発行部数は世界で73万2000部。

 創刊以来175年間、特定の政党の大統領候補を支持・推薦したことは一度もなかった。

 掲載に際して社説は「前例を破ってこう決めるに至った経緯は決して軽々しいものではなかった」と説明している。

 理由はただ一つ、トランプ氏の科学拒絶、科学者無視のスタンスと政策に対するレッドカードだった。

 「トランプ氏は科学を政治的目的から無視し、誤解し、悪用した」

 「トランプ政権下の今の状況は米国の科学政策史上において最も恥ずべき時代といえる」

 「トランプ氏は科学的根拠と科学を拒絶することで米国および米国民に大きなダメージを与えている」

 「その最たる例が新型コロナウイルスの恐ろしさを直視せず、不適切な対応に終始したことが挙げられる。その結果、9月中旬までに19万人の命が犠牲になった」

 「トランプ氏はさらに地球温暖化阻止の動きやメディケアや米国が直面する大規模なチャレンジに立ち向かっている研究者や公共機関を目の敵にしてきた」

 「それゆえ、われわれは読者および有権者に米国民の健康、経済、環境を守るために事実に基づく計画を提示しているバイデン候補に一票を投ずるよう訴えたい」

 (https://www.scientificamerican.com/article/scientific-american-endorses-joe-biden/)

 同誌の編集主幹、H・ホールデン・ソープ氏は、ウィアード・コムとのインタビューでこう述べている。

 「歴代大統領の中には科学にそっぽを向いていた者もいる」

 「ジョージ・W・ブッシュ第43代大統領は天地創造信奉者だったがHIV対策費はふんだんに出したし、ロナルド・レーガン第40代大統領はHIV対策では何もしなかったが、米国の科学インフラ拡充ではよくやった」

 「そこに行くと、トランプ大統領は科学に対する基礎知識はゼロ。トランプ支持層にある神憑り的な非科学的な思い込みを政治的理由から鵜呑みにしている」

 「本誌が創刊以来初めて政治スタンスを誌上で表明したのは、コロナウイルスに対するワクチン開発するために研究室にこもって1日に14時間、18時間も懸命に働いている科学者たちにエールを送るためだ」

 (https://www.wired.com/story/americas-top-science-journal-has-had-it-with-trump/)

反科学非科学だった共和党

 トランプ大統領と科学者との「対決」について、カリフォルニア大学バークレー校のW教授(免疫学、公衆衛生学)はこう解説する。

 「トランプ氏の熱狂的な支持層である宗教保守エバンジェリカルズは、天災地変や疫病などは神の御業だと信じて疑わない。当然コロナウイルスもそれに含まれている」

 「再選するためにはエバンジェリカルズの票は必要不可欠なもので彼らの喜ぶことをやっているわけだ」

 「温暖化を無視するのは、同じく支持層で石油石炭開発規制強化を嫌がる石油資本を念頭に入れた選挙戦略の一環でもある。これは歴代共和党政権が行ってきている」

 「それにトランプ氏は『歴代大統領がやらなかったことを成し遂げる』という異常なほどな信念を持っている」

 「特にバラク・オバマ前大統領を目の敵にして、同氏のやったことの反対のことをやってきた」

 「もう一つ、トランプ氏がワクチン開発で希望的な観測をことさら言っているのには、トランプ政権が100億ドルの資金を投じて策定したワクチン開発戦略がある」

 「『オペレーション・ワープ・スピード』(Operation Warp Speed=OWP)だ」

 米厚生省傘下のCDC、FDA、国立衛生研究所(HID)、国立生物医学高等研究開発研究機構 (BARDA)はじめ国防総省を中心に、薬品会社、医療機関など民間薬品公衆衛生関連企業が一体となってコロナウイルス診断、治療、ワクチンの開発、製造、配布手段を超スピードで見つけ出し、2021年1月末までに3億回分の接種量のワクチンを確保することを目指す官民一体のプロジェクトだ」

 「このプロジェクトには農務、エネルギー、退役軍人三省も参加している。まさに国を挙げての国家戦略だ」

 このプロジェクトではアストラゼネカと英オックスフォード大学のワクチン開発に12億ドル、モデルナには4億8300億ドル、ジョンソン&ジョンソンには4億5600万ドルが提供されている」

 「トランプ氏が『ワクチンが3週ないし4週間以内に完成する可能性がある』と豪語しているのはこのOWPを念頭に入れての大風呂敷ということになる」

 「ただ問題なのは、急ぐあまりにワクチンの安全性が疎かになることだ」

 「CDCのレッドフィールド所長などが慎重な発言に終始している背景には、HIV感受性株に対する活性が期待されて開発されたヒドロシクロロキンが当初、生命を脅かす重篤な副作用を起こした前例があるからだ」

 「新薬の接種許可権限を持っているFDAの生物製剤査定調査センター長のピーター・マークス博士などは『万一、的確なデータのないままに新ワクチンの接種許可を求めらるような場合には職を辞する』とまで言っている」

10月22日は奇しくも最終公開討論会

 こうしてみると、トランプ氏がいかに大言壮語を繰り返そうとも、それはあくまでも素人のたわごとでしかないことが分かってくる。

 さらにFDAが許可する前にワクチン使用の是非を決める全国民に公開される「御前会議」がある。

 開催時期は10月22日。

 2019年12月31日に設置(2年間の時限立法で設置)された「バイオロジカル・プロダクツ・アドバイザリー・コミティー」(Biological Products Advisory Committee=生物由来物資に関する諮問委員会)が行う公開会議だ。

 (会議は通常は年4回開催されることになっている)

 統括閣僚はアレックス・アザー厚生長官とマーク・エスパー国防長官。

 15人の医療・公衆衛生分野の権威15人からなる委員会で、新たに開発されたワクチンの効力、安全性、投薬方法などについて議論し、その結果をFDAに勧告する。

 (https://www.fda.gov/advisory-committees/blood-vaccines-and-other-biologics/vaccines-and-related-biological-products-advisory-committee)

 コロナ関連で会議が延期されることがなければ、10月22日は奇しくもトランプ氏とバイデン氏によるテレビ中継公開討論会の3回目(最終回)が開かれる日だ。

 その日、トランプ氏のウソがバレるのかどうか。バレた上でバイデン氏の猛攻をどう受けて立つのか。

 新型コロナウイルスは米大統領選のど真ん中にどっしりと座り込んで動きそうにない。

Photo_20200922170701Photo_20200922170801

関連エントリ 2020/09/07 ⇒ 【日経平均】2営業日続落<コロナバブル崩壊?>✍NY株に連れ安
関連エントリ 2020/09/04 ⇒ 【日経平均】3日ぶり反落<NY株✍大幅急落>高値警戒感で売り広がる
関連エントリ 2020/08/15 ⇒ 【コロナ相場】<新型コロナ再拡大>“経済指標”の読み方
関連エントリ 2020/07/13 ⇒ 【日経平均】大幅反発<コロナ治療薬+ワクチン開発✍期待高>投資家心理が改善
関連エントリ 2020/06/07 ⇒ 【コロナバブル】✍週末のNY株<3箇月ぶり>2万7000ドル台回復㊦
関連エントリ 2020/06/06 ⇒ 【コロナバブル】✍週末のNY株<3箇月ぶり>2万7000ドル台回復㊤
関連エントリ 2020/03/14 ⇒ 【新型肺炎】米国ついに<非常事態宣言>ドル急騰!ダウ反発!1985ドル高!

 トランプ氏ドル相場調整を側近に提案し「却下された 

ロイター 2020年9月22日(火)11時08分配信

 トランプ米大統領は21日、中国が人民元相場を意図的に変動させて世界市場で競争力を得ていると改めて主張した。また、対抗するためドルの為替レートを調整することを側近に提案したところ却下されたと明らかにした。

オハイオ州デイトンで開いた選挙集会で数千人の支持者を前に、世界市場での中国の攻撃的な行為が長年放置されてきたが、自身の政策は同州の雇用を救っていると主張した。

その上で「側近に『ドルを少し動かすのはどうだ』と聞いたところ、『それはできない。自然に変動させなければならない』と言われた」と述べた。会話の詳細は明らかにしなかった。

中国人民銀行(中央銀行)は輸出競争力を高めるための通貨安誘導を否定。人民元は過去8週間でドルに対し上昇している。

米財務省のコメントは得られていない。同省は向こう数週間中に半期に一度の為替報告を公表するとみられている。

 

2020年9月21日 (月)

【日産ショック】菅政権「『1兆1000億円』社債発行に」政府保証

 菅内閣日産救済シフト逆境放置すれば破綻も 

JBpress 2020年9月19日(土)6時01分配信/大西 康之(ジャーナリスト)

 菅新政権が誕生した9月16日、菅氏の地元、横浜市に本社を置く日産自動車が米国と欧州で合わせて1兆1000億円の社債発行を決めた。「資金繰りに行き詰まった町工場がサラ金に手を出したようなもの」という見方が出るほど、日産の経営状況は厳しい。公的資金を投入してゾンビ企業にするか、市場のルールに任せて解体するか。「日産問題」への対応で菅新政権の正体が見えてくる。

日産の社債に外国人投資家が群がった理由

 日本の投資家はすでに日産を見限っている。7月に国内で実施した4年ぶりの起債では、5000億円の枠を設定したが、700億円しか調達できなかった。今回はリスクマネーの引き受け手が多い海外で10年債の利回りを4.81%とした。年間約400億円の金利負担が発生する、まさにサラ金から借りるような条件だが、日産にはなりふり構ってはいられない事情がある。

 2021年3月期の連結最終損益は6700億円の赤字になる見込みだ。新型コロナで自動車メーカー全体が苦境に陥ったため、事業環境の悪化が原因に見えるが、そうではない。日産は前期の2020年3月期も6712億円の赤字である。6月末時点で自動車事業の手元資金が1兆2670億円あるとはいえ、このペースで金庫から金が流れていけば破綻は時間の問題だ。

 そんな会社が、いくら海外とはいえ、よく1兆1000億円もの資金を集められるものだと思われるかもしれないが、これにはカラクリがある。海外の投資家は日産の後ろに日本政府の姿を見ているのだ。

 コロナ禍で資金繰りが怪しくなった4~7月、日産は銀行融資などで約9000億円を調達した。この中に日本政策投資銀行から借りた1800億円があるのだが、この融資に1300億円の政府保証が付いていた。返済が滞った際に8割までを政府が公庫から補填するという異例の融資である。

 政投銀は、金融危機や大規模な災害などの影響を受けた企業へ国からの出資金で融資する「危機対応業務」を担う金融機関に指定されており、政府は3月に新型コロナウイルスの感染拡大を同業務の対象にした。政投銀は大企業を中心に7月末までに185件、1兆8827億円の融資を決定したが、大企業向けで政府保証がついたのは日産だけ。日産は「特別」なのだ。

 国が「日産は潰さない」と宣言したに等しい。国が後ろ盾につくのなら、超高利回りの日産の社債は「おいしい」。そこに抜け目のない海外投資家が群がった。

 しかし「日産救済」は1300億円の政府保証で片がつくほど甘くない。1兆円の起債も時間稼ぎに過ぎない。バケツの底にあいた大きな穴を埋めない限り、いくら水を注いでも無駄である。

 カルロス・ゴーン元会長の逮捕・逃亡以来、ガバナンスが全く機能していないことが露呈した日産の経営陣にもはや当事者能力はない。そこでしゃしゃり出てくるのが日本政府である。

ホンダとの経営統合プランは水泡に

 すでに様々な憶測が飛び交っている。その一つが8月16日に英フィナンシャル・タイムズ(FT)が報じた「日産、ホンダの経営統合」だ。日本政府関係者が昨年末に日産自動車とホンダの経営統合を模索していたという。

 FTによると、統合案は2019年末に日本の政府関係者から両社へ提案された。ホンダは日産とルノーとの複雑な資本関係を理由に反対。日産も日仏連合の再建を軌道に乗せることに注力していると拒否した。統合案は両社の取締役会で検討されることなく、立ち消えになったとしている。

 日本政府というのは自動車産業を管轄する経済産業省を意味すると思われる。民間企業である日産とホンダに経産省が統合を「提案」するというのも、おかしな話だが、八幡製鐵と富士製鉄の合併など基幹産業における大型M&Aが政府の意向によって進むのは、この国では珍しい話ではない。

 正確に言えば、1999年、日産がルノーから36.8%の出資(後に44%に引き上げ)を受け入れた時点で、資本の論理における日産の本籍はフランスに移っていた。この時、日本には公的資金を使って民間企業を救済する手段がなく(不良債権処理で銀行に公的資金を注入した後、産業再生機構の誕生でそれが可能になった)、日本第2位の自動車メーカーの経営権を外資に譲り渡すという、経産省的には「屈辱的」な事態になった。

 仏側もこうした日本の事情は理解しており、再建請負人として送り込んだゴーン氏が大鉈を振るう一方、「ルノーと日産は対等のパートナー」というシグナルを送り続けた。しかしルノーの経営が悪化してくると、仏政府はルノーの雇用を守るため一部の日産車の製造をルノーの工場に移管することを求めた。

 ルノー・日産の経営により深く関与するため、仏政府は2014年、株式を2年以上持つ株主に2倍の議決権を与える「フロランジュ法」を制定。ルノーに対する議決権を倍増させた。当初、ゴーン元会長はこうした仏政府の動きに抵抗していたが、ルノー会長の座にとどまるため妥協する。

 これに焦ったのが経産省だ。フランスの雇用を守るための「のり代」に日産を使われたのではかなわない。この文脈だと2018年11月のゴーン逮捕は、裏切り者を切って、日産を膝下に収めたい経産省による「日産奪還作戦」に見える。

 もちろんルノーを追い出しただけでは日産は再建できない。むしろ資本の支えを失って信用収縮を起こす可能性が高い。そこで必要なのが「再編」である。経営が傾いた企業にダイレクトに公的資金を注入すれば「ゾンビ企業救済」と批判される。そこで経産省が編み出したのが「官製ファンドによる再編企業への出資」という必殺技。

 その典型が日立製作所、東芝、ソニー、パナソニックの赤字液晶事業を統合し、そこに産業革新機構(INCJ)が2000億円を出資して筆頭株主に収まったジャパンディスプレイだ。

 INCJの後釜として設立された産業革新投資機構(JIC)は発足時、「ゾンビ企業の救済には与しない」と反発した民間出身の取締役全員が退任した。裏を返せば「ゾンビ救済」こそがこの機構の使命であり、その最大のターゲットは日産と見ていい。

 問題は「日産と経営統合してもいい」という殊勝な自動車メーカーが日本にあるかどうかである。上述のようにホンダは経産省の打診に耳を貸さなかった。経産省、日産から見て最良の統合相手はトヨタ自動車だろうが、トヨタにとってのメリットがなさすぎだし、「三河の田舎侍」と呼ばれるトヨタが、お上の言うことをすんなり聞くとも思えない。

 しかし菅新政権は何かをやるつもりだ。新政権の要となる加藤勝信官房長官の秘書官に経産省大臣官房で自動車・産業競争力を担当する曳野潔参事官が抜擢された。曳野氏は自動車課・自動車戦略企画室長も兼務していた。自動車再編のシナリオを書いていたフィクサーが官邸に入った意味は小さくない。

ジャパンディスプレイの二の舞か

 日産に残された時間は少なく、土壇場で何が起こるかは予断を許さない。一つだけ確かなのは「競争力を失った大企業の経営に国が嘴を突っ込んでも絶対にうまくいかない」ということだ。ジャパンディスプレイは6期連続の赤字が確定的で、1700億円を投じて建設した最新鋭の白山工場を台湾、鴻海(ホンハイ)精密工業傘下のシャープに売却する。

 競争力を失った自動車メーカーの「終活」で参考になるのは英ローバーだ。

 同社は2000年、SUVの「ランド・ローバー部門」を米フォード・モーター、小型車「ミニ」ブランドを独BMWに売却。競争力のないセダンの「ローバー部門」は英投資グループのフェニックスに10ポンド(当時のレートで1660円)で売却した。現在はフォードから商標権を23億ドルで買ったインドの自動車メーカー、タタ・モーターズが「ローバー」ブランドを保有している。

 バラバラに解体され、あちこちに売り飛ばされるこのやり方は、残酷に見えるが、社会資本のロスを最小限にする最も効率的な自動車メーカーの倒し方だ。1975年にローバーの親会社、ブリティッシュ・レイランドを国営化し、七転八倒の痛みを味わった英国がたどり着いた結論である。

 完遂するには経営者、政府、株主、労働組合などすべてのステークホルダーに並々ならぬ胆力が要求される。そんな胆力を持ち合わせない日本では、延々と巨額の血税を垂れ流す「ゾンビ救済」が繰り広げられそうだ。

 日産国が助けることを真っ先に決めたのはいったいなのか 

現代ビジネス 2020年9月17日(木)6時01分配信/磯山友幸(経済ジャーナリスト)

保証額1300億円

 日産自動車の借入金に、政府が保証を付けている事が明らかになった。

 5月に政府系金融機関の政策投資銀行が行なった1800億円の日産への融資のうち、1300億円に政府保証がついていたと朝日新聞が9月7日の朝刊1面トップで報じた。「日産に政府保証融資1300億円 政投銀 返済滞れば8割国負担」という刺激的な見出しだった。

 5月の段階で、日産への融資のうち、みずほ銀行の3500億円について、2000億円に日本貿易保険通じた政府保証が付いていた事が明らかになっていた。結局、5月に行われた7000億円の融資のうちほぼ半分を政府が保証していたことになる。

 政府は4月末に成立した補正予算などで、新型コロナウイルスの蔓延で打撃を受けた企業への金融機関の融資を支援するため、政府機関を通じた政府保証などの拡充を決めた。それを真っ先に利用したのが日産ということになる。

 朝日新聞は記事で「政投銀はコロナ関連で大手・中堅企業に147件(約1.8兆円)の危機対応融資を実行したが、政府保証つきは日産の1件のみ」だったと指摘している。

 新型コロナの打撃を受けているのは日産だけではない。にもかかわらず、なぜ日産を真っ先に助けるのか、国民負担になりかねない保証の実行を誰が決めたのか、明らかになっていない。果たして日産を真っ先に国が助ける「大義」はあるのだろうか。

財務、経産が主導したが

 日産は2020年3月期に6712億円の最終赤字を計上した。長年CEO(最高経営責任者)を務めたカルロス・ゴーンの拡大戦略のつまずきで、工場の閉鎖など構造改革を迫られたのが主な理由だ。

 新型コロナの蔓延が始まった「中国」の業績はこの連結決算には2019年12月までしか含まれておらず、巨額赤字は新型コロナが主因ではない。

 もちろん、4月以降は大打撃を被っているが、それはトヨタ自動車やホンダなどその他の自動車会社も状況は同じだ。にもかかわらず、なぜ日産だけを、真っ先に支える決断をしたのか。

 どの企業にどれぐらい融資するかは、当然、金融機関が判断することだ。企業内容に問題はないか、再建計画は信頼に足るか、返済能力はあるか。金融機関が独自の審査を行うことで融資の可否を決める。

 その際、リスクが大きいと判断すれば、政府保証の枠組みなどを利用するというのが順番だ。今回も、政投銀やみずほがリスクを審査し、政府保証を依頼した、というのが建前だろう。

 だが、取材してみると、話は大きく異なる。政投銀には所管の財務省、貿易保険には所管の経済産業省から、日産への融資に保証を付けるよう指示があったという。

 ただ、本省の担当者も、特定の企業に政府側から保証を付けることを決めるのは問題があると考えたのだろう。制度自体の利用を促す一方で想定される対象企業のリストを示し、「あくまでも例です」と伝えたという。

 そこは以心伝心。政投銀にも貿易保険にも幹部に役所のOBが天下っているから、日産が焦点であることは自明だった。

パイプ役の存在

 では、経産省が日産を支えることを決め、財務省にも働きかけた、ということなのだろうか。ゴーン時代、経産省は日産に対して冷淡だった。「あの会社は日本の会社じゃない」と言う幹部もいた。

 それが一変したのが、日産株の43%を保有する仏ルノー が、日産の支配を目論んでいる事が明らかになってきたゴーン末期から。政治家も巻き込んで日産をルノーから守る、という姿勢になった。

 もっとも、現在の日産は政官界とのパイプが太いとは言えない。2019年にCEOを退任した西川廣人氏や、同じく副社長を退いた川口均氏がもっぱらパイプ役を務めていたため、2人が日産から去った今となっては政府に頼みに行くルートが切れている。

 日産の現経営陣が政府とのパイプとして期待するのは、取締役で、「筆頭独立社外取締役」「指名委員会委員長」の肩書を持つ豊田正和氏。

 豊田氏は1973年通商産業省(現経産省)入賞でナンバー2の経済産業審議官にまで上り詰めた人物。日本エネルギー経済研究所の理事長を務めながら、ルノーの圧力が強まっていた2018年6月に日産に社外取締役として送り込まれた。

 豊田氏が動けば、株式会社化しているとはいえ経産省の完全支配下にある貿易保険に現役官僚を使って保証を付けさせることくらい簡単にできる。

 もちろん、役所にモノを頼む以上、タダでは済まない。退官する経産官僚に天下りポストを用意することになる。かつて日産は経産省にとって格好の天下り先だったが、ゴーン時代に途絶えて久しかった。日産の苦境に救いの手を差し伸べる代わりに再び天下り先として急速に存在感を増している。

どう考えても政治の判断

 貿易保険はそれで分かるが、財務省管轄の政投銀を動かすことまで、経産省の力でできるかである。日産に保証を付けることについて、官邸や政治家が動いたのではないか。誰しもがそう考える。

 西川氏や川口氏がもっとも頼りにしていた政治家は、官房長官だった菅義偉氏だ。折しも9月16日に首相に選出されたが、横浜市に本社を置く日産にとって、横浜市議も務めた菅氏は地元選出の大物議員ということになる。

 ルノーからの攻勢にさらされた日産をどう守るかが議題になった際には経産大臣(当時)だった世耕弘成・参院議員だけでなく、官房長官の菅氏に報告が上がり、差配を受けていたと見られている。

 日産への政府保証について官房長官として菅氏が関与していたかどうかはまったく分からない。だが、国会論戦が始まれば、野党の追及を受けることは必至だろう。

 焦点は、日産に真っ先に政府保証を付けた「大義」があり、その決定プロセスにやましい点がないかどうかだ。「独立した金融機関が独自に判断したものと理解している」という模範答弁はすぐにボロがでる。政投銀や貿易保険を取材すれば本省の指示が明らかになるからだ。

 では、政府部内で「日産を救済する」かどうか、きちんと議論されたのか。政権発足早々、菅新総理は説明責任を問われることになりそうだ。

過去最悪の赤字で「日産ショックがやってくる…のか?

現代ビジネス 2020年8月24日(月)7時31分配信

 日産自動車や三菱自動車が大幅赤字を計上するなど、主力企業の4~6月期決算では製造業へのダメージが浮き彫りになってきた。よもやの「日産ショック」まで語られる中にあって、もし日産に万が一のことがあった場合には、金融システム不安が懸念されるような銀行への影響はどうなるのか――。

 今回、新作小説『よこどり 小説メガバンク人事抗争』で銀行の在りようや、銀行員の生き方を斬新な切り口で描き出した作家の小野一起氏と、メガバンクの現役幹部と元日銀幹部らが緊急会談。コロナ禍における日本企業と銀行の最前線についてリアルに語り尽くした。

日産が4700億円赤字の衝撃度…!

 小野 主要企業の2020年4~6月期決算が出てきました。ANAやJALの大幅赤字は、国際線がほぼストップしていたので想定内でしたが、日産が2021年3月期決算の見通しを過去最悪の4700億円の赤字としたのは、ぎょっとしました。

 コロナショックで消費者の財布の紐が強く締まり、グローバルに自動車という主力商品の需要の落ち込みにつながった。コロナショックは外食や観光等の目に見えていたサービス業への打撃から、自動車などの耐久消費財の売上にも本格的に影響を与え始めたともいえるでしょう。有価証券報告書によると、日産は今年4月以降に、8000億円以上の資金調達をして、財務の守りを固めている状況です。

 メガバンク部長A(50歳代) 日産の場合は、自動車需要の落ち込みの問題だけでなく、日産の経営問題でもあります。4~6月期でみても、主力の米市場での販売の落ち込みは3割程度。それに比べて日産は半分に落ち込んでいますからね。そもそも、魅力的な車を市場に投入できていません。トヨタが発表した4~6月期決算は純利益が前年同期比74%と大幅な減少になったものの、1588億円の黒字を確保しました。世界の主力自動車メーカーが軒並み赤字に転じる中で、黒字を確保したことで、日産との地力の差がますます鮮明になりました。

 北米の自動車販売マーケットが急減速する中で、トヨタは中国での販売増とコストカットで黒字を確保しました。コストカットの背景には、トヨタの購買力のパワーも見逃せません。例えば、日本製鉄など鉄鋼業は大幅赤字になりました。自動車の原材料となる鉄の値下げを飲ませるパワーがトヨタにはあるという見方もできます。

もし負のスパイラルが起きたら

 小野 日産の場合は、そもそもガバナンスの歪みがあります。大株主のルノーと日産が共に上場しているという親子上場問題。これは、大株主のルノーの利益が優先されて、その他の日産の少数株主が損をする構図に陥りがちです。しかも、ルノーの大株主には、フランス政府がいます。

 日産のインド工場計画が白紙になり、フランスのルノー工場で日産車を生産することになった背景には、フランスの国内雇用を維持したい仏政府の意向が強く働いたとの見方が強いですからね。日産の内田誠社長兼最高経営責任者(CEO)は、誰のために仕事をするのか分かりません。大株主のルノーなのか、日産の少数株主なのか、それともフランス政府なのか……。そもそも、この株主構成の歪みを解消しないと日産の未来はないでしょう。

 日産の場合は、コロナショックの直撃を受けて、そもそもの競争力の弱さが露呈したという構図でしょう。コロナショックをきっかけに、弱い企業が退出する産業の新陳代謝が加速する可能性はあると思います。

 これは、いずれ起こっていたことが、コロナショックのせいで早く起こるだけとも言えるかもしれません。心配なのは、そのプロセスが想定以上のスピードで起こって、銀行の不良債権が急拡大、金融不安が起き、実体経済がさらに落ち込む負のスパイラルに陥ることです。

 元日銀幹部B(50代) コロナショックによる不良債権の拡大という観点でみると、JPモルガン・チェースなど米の主要6行の4~6月期決算で、融資が焦げ付いた場合に備える貸倒引当金が前年同期比で7倍に膨らみました。これはリーマンショック級です。

銀行の

 元日銀幹部B(50代) 日本の3メガバンクの2020年3月期決算の段階では2倍でしたから、米銀のほうがコロナショックによる企業倒産による融資の焦げ付きのリスクをより厳しく見積もっているといえるでしょう。

 ただ、米銀の中でも違いが出たのは、商業銀行業務中心のウエルズ・ファーゴやバンク・オブ・アメリカが赤字になったのに対して、投資銀行業務を主力とするゴールドマン・サックスやモルガン・スタンレーは最終利益で黒字を確保している点です。

 コロナショックで、多くのグローバル企業はコロナショックに備えて手元の資金を確保するために、社債などでマーケットから資金調達しています。その際に、幹事を引き受けるのは世界的に有力な投資銀行であるゴールドマンやモルガンです。やはり、米の投資銀行は強い。日本の金融機関は国際的な投資銀行業務では太刀打ちできません。

 小野 ただ、こうした企業業績の悪化がリアルに伝わっても、株式市場は底堅いです。日経平均株価(225種)でいえば2万円を上回る手堅い水準で推移しています。世界中の中央銀行が、大胆な資金供給に踏み込み、政府が財政出動の大盤振る舞いを実施している効果は、凄まじいですね。 

 近く、日本の大型株が下落することを見込んで、空売りを仕掛けていた個人が、損失覚悟で、買い戻しを迫られる動きも話題になっています。

 メガバンク企画担当C(40代) プロの機関投資家の中には、面白い指摘をしている人もいます。新型コロナのワクチンが現実に開発されたタイミングが「コロナ相場の天井」という見立てです。

官製相場が崩れるタイミング

 メガバンク企画担当C(40代) いまの相場は、中央銀行の金融緩和と各国政府の財政出動という2本柱に加えて、早々にワクチンが開発され、コロナ問題は収束するという見立てが支えています。ただ、ワクチンの開発が見立てではなく事実になった時には金融緩和と財政出動が打ち止めになり、「官製相場」が崩れるというシナリオです。ウォール街の有名な相場の格言「Buy the rumor,sell the fact」(噂で買って、事実で売る)の典型ですね。

 もちろん、多くの機関投資家もリスクヘッジはしています。相場の下落に備えて、オプション取引を増やして下落への保険をしっかり掛けているのも、今回の「コロナ相場」の特徴と言えるでしょう。

 元日銀幹部B 世界の成長率の面では、コロナショックからV字回復するという見方をしている人は減っていると思います。現在の急落から底を打っても、ゆっくりと回復するとの見方が増えています。ナイキのマークみたいな動きです。それを踏まえると、ワクチンや特効薬が現実に開発されても、すぐに景気が回復するわけではない。なので、金融緩和と財政出動は当面続けるほかないと思いますし、そうしてもらわないと困ります。

 そう考えると、ワクチン開発後も官製相場は、当分、続くのかも知れません。

 小野 あと、気になるのは11月に控えた米大統領選ですね。民主党のバイデン氏が有利との観測が広がっています。一方の共和党のトランプ大統領は、選挙の延期を言い出すなど精彩を欠いています。大統領選だけでなく、同時に実施される上院、下院でも民主党が過半数を取得する「完勝」を予測する声すら出始めています。

 バイデン氏は、ハリス上院議員を副大統領候補に指名。人権意識の高まりを受けて黒人女性を起用したことが注目されています。こうした話題もバイデン勝利を前提に盛り上がっているわけです。バイデン氏は、米製品の購入や技術開発の研究費などに日本円で75兆円を投入して、コロナショックに対応する計画を発表しました。

 財政出動の大盤振る舞いは、大きな政府を掲げる民主党の考え方との相性が良く、大胆な財政出動を打ち出している印象で、安心感がありますね。

恐怖指数を見ると

 メガバンク部長A バイデン氏は、環境対策を重視し、法人税の増税も主張しているので、企業に厳しい面もあるでしょう。実際に大統領に就任すれば、金融規制の強化など銀行に厳しい政策を打ち出すリスクも感じています。恐怖指数(VIX指数)をみると、多くの投資家が、大統領選前に株式市場の下落のリスクを感じていることが分かります。

 トランプ大統領と株式相場という意味では、中国との関係に亀裂を入れた貿易戦争でも、核問題をめぐる北朝鮮との交渉でも、トランプ大統領は「やるやる詐欺」なんですよ。派手な言動で注目を集めても、良くも悪くも、さほど大胆な手は打ちません。なので、トランプ大統領の注目発言で株式相場が下げた局面は、プロの機関投資家からすれば、絶好の買い局面になっていたのです。

 ただ、こうしたトランプ大統領の実態は、もはや周知の事実になったので、相場も大きく動かなくなってしまいました(苦笑)。

 小野 ただ選挙は、やってみないとわかりません。しかも、大統領選絡みで世界を混乱させるような材料が飛び出す可能性すらあります。前回も、民主党のヒラリー・クリントンの勝利をみなが予測していたのに、トランプ氏が勝利しました。大統領選の行方が経済や金融にどのような影響をもたらすのか、しっかり見極める必要がありますね。

 カルロス・ゴーンレバノンは日本の良い」優雅な逃亡生活 

文春オンライン 2020年9月21日(月)6時01分配信

 日産自動車前会長、カルロス・ゴーン被告(66)の元側近で、金融商品取引法違反罪に問われた同社元代表取締役、グレッグ・ケリー被告(64)。その初公判が同被告の誕生日でもある9月15日、東京地裁で開かれた。検察側は2人が共謀し、ゴーン被告の報酬総額を有価証券報告書に約91億円少なく記載したと主張。これに対し、ケリー被告は「共謀に関与していない」と無罪を主張した。

「ゴーン被告が昨年末、レバノンに逃亡したため、主役不在で争われる異例の裁判となります。公判は今後、隔週で週4回という頻度で開かれる予定。年内の証人尋問は司法取引を行った元秘書室長で占められ、来年2月には西川廣人前社長らも出廷する方向です。ケリー被告はゴーン被告の逃亡について『法廷で証言して欲しかった』と口にしていました」(社会部デスク)

 そのゴーン被告はレバノンへの逃亡後、高級リゾート地でスキーを満喫するなど悠々自適の生活を送ってきた。最近も知人らと会食を重ね、関西空港からの“脱出劇”を得意げに語っていたという。7月には海外メディアのインタビューで「レバノンは日本の1000倍良い」と言い放っていた。

「8月4日に首都・ベイルートの港で大爆発事故が発生しましたが、ゴーン被告の邸宅は港から数キロ離れた住宅街にあり、窓ガラスが割れる程度の被害で済んだようです。事故の瞬間も山あいの別荘地に居たそうで、難を逃れました」(現地ジャーナリスト)

前妻がフェイスブックで綴った悲痛な心境

 ゴーン被告の“逃亡生活”を支えるのが、妻のキャロル容疑者だ。事件関係者と多数回やり取りしていたにもかかわらず、証人尋問で「知らない」と偽証した疑いで国際手配されている。

「キャロル夫人は偽証容疑について『冗談のようだ』と語っていました。ゴーン被告は知人との宴席で『新たな人生を送れるのはキャロルのおかげ』などとのろけているようです」(同前)

 だが、ゴーン被告が“新たな人生”を謳歌する陰で、多大な恐怖を抱いている女性がいる。「週刊文春」(18年5月24日号)でDV被害を告発した前妻・リタさん。彼女の生活拠点の一つもレバノンだ。リタさんは4月下旬、フェイスブックで悲痛な心境を綴っている。

〈彼が逃亡者になってから、私は自分がレバノンには戻れないことに気が付いた。なぜならレバノンの大統領が彼を守ろうとしていた〉

〈彼は私を殺すと脅した。私が死んだら、彼のイリーガルな結婚(註:リタさんはブラジルやレバノンでは離婚が成立していないと主張)は合法的になる。私は絶望し、これ以上戦う意志を失った。誰も私を守ってくれない〉

“逃亡者”を守ってくれるレバノンの地で、ゴーン被告は「公判が楽しみだ」などと嘯いているという。

 

2020年9月20日 (日)

【不正出金】『ドコモ口座』だけじゃない<資産防衛>怖すぎる現実

 SBI証券の6口座に不正ログイン見つかる被害総額9864万円 

朝日新聞デジタル 2020年9月16日(水)20時53分配信

 ネット証券最大手のSBI証券は16日、顧客6人の証券口座から9864万円が不正に流出したと発表した。第三者が口座に不正にログインし、ゆうちょ銀行と三菱UFJ銀行に開設されていた本人名義の偽の口座に送金していたという。SBI証券は警察に被害を届け出ており、顧客の損害は全額補償する方針。

 発表によると、何者かがパスワードを含む顧客情報を何らかの方法で入手。7~9月上旬に証券口座に不正アクセスし、口座内の有価証券を売却して、銀行口座へ送金していた。送金先は、ゆうちょ銀の5口座と三菱UFJ銀の1口座で、いずれも証券口座の顧客と同一名義だが、第三者が不正に開いたものだった。お金はすでに引き出されていた。口座開設時は、偽造した保険証などの本人確認書類が使われていたという。

 顧客から7日、「身に覚えのない取引があった」と通報があり、発覚。証券口座の不正アクセスについて、SBI証券は社内システムに侵入された形跡はないとし、「リスト型アカウントハッキング」と呼ばれる手口だったとみている。

 この手口は、別のサイトなどから過去に流出したIDやパスワードで様々なサイトへのログインを試みるもの。同じIDやパスワードを使っている人が被害に遭いやすい。SBI証券のIDは、利用者が自由に設定できたため、狙われた可能性がある。

 ゆうちょ銀行は16日の会見で、口座の不正開設について「本人確認書類が偽造だったわけだが、窓口で普通の手続きで作っている」と説明した。

Tポイント投資で注目のSBI証券、不正アクセス偽造銀行口座による資産流出を公表

BCN Media Portal 2020年9月17日(木)12時00分配信

 主要オンライン証券会社の一つ、SBI証券は、悪意のある第三者による不正アクセスによって、第三者が偽造した本人名義の銀行口座へ出金される資産流出被害が発生していたと発表した。被害総額は6口座・合計9864万円。

 9月7日に身に覚えのない取引があったとの問い合わせを受け、ログ調査などによって不審なアクセス元を特定し、そこからアクセスされたその他の口座や同様の特徴のある取引履歴などを分析した結果、悪意のある第三者による不正アクセスが行われ、保有する有価証券の売却、偽造した本人名義の出金先銀行口座への出金が複数件、確認された。被害者には個別に連絡しており、捜査当局と資産流出先の金融機関と連携して対応していく。なお、被害金額はSBI証券が補償する。

 証券口座からは本人名義の銀行口座にしか出金できないが、出金先となったゆうちょ銀行5口座、三菱UFJ銀行1口の6口座の全てが、不正に開設された口座だったと判明した。出金指示には、ユーザーネーム、ログインパスワード、取引パスワードが必要だが、全て何らかの理由で悪意のある第三者に漏れていた疑いがある。

 また、ID連携として、Yahoo! JAPAN IDと連携することが可能で、Yahoo! JAPAN IDとパスワードでもログインできる仕様が不正ログインの発端となった可能性も考えられる。なお、SBI証券は、自社システムからユーザーネーム、ログインパスワード、取引パスワードが流出した痕跡はないとしている。

 再発防止策として、監視体制の強化、ワンタイムパスワードを利用したログイン認証の導入など認証システムの強化、直接の出金を防止するATMカードの廃止(10月3日)などを検討・実施していく。

 Zホールディングス(ZHD)など3社は、「シナリオ金融構想」の一環として、ジャパンネット銀行を2021年4月5日にPayPay銀行に商号変更する。金融サービスのPayPayブランドへの統一に先立ち、SBIグループとZHDグループは業務提携し、19年秋以降、ID連携など傘下のグループ会社間で、金融サービスの相互連携を可能にしていた。

 また、SBI証券はTポイント・ジャパンと業務提携し、19年7月20日から投資信託の買付代金に共通ポイントのTポイントを使ったり、国内株式現物の取引などに応じてTポイントがたまるようになった。今回のSBI証券の不正利用被害は、TポイントやYahoo!との提携を知る層から信頼性を失う結果となり、盛り上がりつつあるポイント投資にも少なからず影響がありそうだ。

 「SBIや三菱UFJも被弾」相次ぐ不正出金の裏にれたもう一つのない現実 

ITmediaビジネスonline 2020年9月18日(金)7時05分配信

 金融機関を標的とした度重なる攻撃に、業界全体が揺れている。

 9月7日のドコモ口座による銀行預金の不正出金問題がくすぶり続けている中、16日にはSBI証券の顧客口座から、不正に計9860万円が引き出される事件が発生した。現在、SBI証券はすべての顧客について出金先銀行口座の変更受付を停止し、郵送によってのみ出金先口座の変更手続を行うなど事件の対応に追われている。

 ドコモ口座とサービス連携しなかったことで難を逃れ、一定の評価を受けた三菱UFJ銀行。しかし、SBI証券の不正出金問題では、ゆうちょ銀行と共に三菱UFJ銀行の偽口座が不正出金の送金先として悪用されたことが判明し、一連の不正出金騒動で”被弾”した形となる。

 今回は、これらの不正出金問題を振り返りつつ、ちまたで見過ごされがちなもう1つの危ない現実についても確認したい。

ドコモ口座はセブンペイよりヤバい?

 ドコモ口座やSBI証券のような不正出金がらみの事案で、記憶に強く残っている事件といえば、「セブンペイ」だろう。ドコモ口座も、セブンペイもセキュリティーを犠牲にして顧客獲得や利便性を追求した結果、不正出金という結果を招いてしまった。

 セブンペイにおける被害者は、いわゆる「リスト型攻撃」の対象となるセブンペイユーザーであった。リスト型攻撃とは、別のWebサイトなどから漏えいしたIDとパスワードのリストを用いるタイプの攻撃方法である。なお、SBI証券の不正ログインに用いられた攻撃も、この「リスト型攻撃」によるものとみられている。セブンペイでは、このリスト型攻撃によって約900人、総額5500万円ほどの被害が出たことでサービス終了に追い込まれた。

 この種の攻撃は、主に他の場所でパスワードを使い回しているユーザーが被害に遭いやすい性質がある。

 確かに、セブンペイの事例では二段階認証機能を軽視したセブンペイ側や、攻撃者に責任があることが大前提である。しかし、パスワードの使い回しなどによりリスト型攻撃を許す隙を与えてしまった利用者側にもわずかながら責任があるといえるだろう。

 一方で、ドコモ口座の事例は、セブンペイよりもはるかに深刻だ。本件では、攻撃者側がドコモ口座を作成すれば銀行顧客への攻撃が成立してしまうため、ドコモ口座を利用していない顧客の口座からお金が不正に引き出される可能性もあることになる。

 この脆弱性に対し、ドコモ口座側はSMSによる二要素認証およびeKYC(電子的な本人確認)を導入することで無尽蔵に匿名アカウントを作成できる現状を改善し、金融機関側はログインや送金時にSMSなどによる二要素認証を用いる”合わせ技”で不正出金のリスクを抑制するという。

 17日現在では、ドコモ口座においてワンタイムパスワードやSMSによる二要素認証を導入していたみずほ銀行、三井住友銀行などでは被害は確認されていない。現時点で判明している被害状況をみると、攻撃の対象は地方銀行を中心とした二要素認証を導入していない銀行に集中している。

 ワンタイムパスやSMSによる二要素認証を破るには、口座のIDとパスワードだけでなく、専用端末やスマートフォンそれ自体またはその情報も入手する必要があり、不正出金の難易度が一気に上昇する。したがってこれらの対策は有効打にはなりそうだ。

いつでも偽の銀行口座が作れる

 ではなぜ、SBI証券の事例では、二要素認証を備えていた三菱UFJ銀行の口座が不正出金に利用されてしまったのだろうか。その理由は、三菱UFJ銀行で開設された口座がそもそも偽物であった要因が大きい。

 SBI証券の事例では、SBI証券のセキュリティー不足も不正を手助けしたといえるが、そのような脆弱(ぜいじゃく)性があったとしても、ゆうちょ銀行や三菱UFJに偽口座が作れなければ攻撃に踏み切ることはできなかったといえる。

 なぜなら、証券会社の出金先に指定できる銀行口座は、証券口座と同じ名義でなければならないからだ。証券会社から顧客資産を抜き取るには、攻撃が成功した顧客の名義を確認したうえで、速やかに偽の銀行口座を作成しなければならない。

 しかし、SBI証券でこのような不正出金が発生したということは、「犯人がスピーディーに偽の銀行口座を作成できる脆弱性が銀行に存在する」ことを示唆していることになる。

 連載第1回目では、我が国が “マネロン天国”である現状を指摘し、アンチ・マネーロンダリングの状況を審査する国際機関のFATF(ファトフ、金融活動作業部会)による「第4次対日相互審査」における銀行・金融庁の対応について触れた。偽の口座が簡単に作れてしまうことは、今の我が国は不正出金だけでなくマネーロンダリングのリスクも非常に高い状態のままであるということも同時に示唆しているといえる。

 一連の騒動では、二段階認証のような「口座開設後」のセキュリティーについてもっぱら議論されているようにも思われるが、この対策は偽の口座に対しては無力だ。いかに偽の口座を作らせないかという「口座開設時」のセキュリティーも、不正出金やマネーロンダリングといった金融犯罪を撲滅するために必要不可欠な視点である。

 ゆうちょ不正出金、新たなルート判明  被害どこまでらむ?

朝日新聞デジタル 2020年9月15日(火)22時49分配信

 全国11の銀行に預けられたお金がNTTドコモの電子決済サービス「ドコモ口座(こうざ)」を通じて不正に引き出された問題で、ゆうちょ銀行の口座からは、ドコモ口座のほかに、ソフトバンク系「ペイペイ」などの決済サービスを通じても不正に引き出されていたことが分かった。

 ペイペイの運営会社によると、ゆうちょ銀からの不正な引き出しは今年1月以降、17件の計141万円に上る。ペイペイを通じた不正な引き出しは、ゆうちょ銀以外の金融機関の口座からも別にあるという。

 被害は、ペイペイを使っていない人の銀行口座でも起こり得る。

 11行の預金をめぐるドコモ口座を通じた不正な引き出しは、143件の計2676万円。新たなルートの不正が見つかったことで、被害が大幅に膨らむ懸念が出てきた。

 ドコモ口座以外の複数のサービスを通じた不正があることは、ゆうちょ銀を所管する高市早苗総務相が15日午前の記者会見で明らかにした。「(ドコモ口座以外を通じた取引でも)不審な出金がないか、幅広く確認しなければいけない」と述べた。

 ゆうちょ銀はこれを受けて同日夕に急きょ記者会見し、事実関係を認めた。被害の件数や金額などの詳細は明らかにしなかった。

 ゆうちょ銀は一方で、ドコモ口座を含む二つの決済サービスとのお金のやりとりはすでに停止したと公表した。

 さらに、2段階認証がないなど銀行側の本人確認が不十分な計八つのサービスとの連携は近く利用を止める、としている。ペイペイは、この対象に含まれる。ただし、いつ停止できるかは不明という。その遅れが被害の拡大につながる懸念がある。

 悪夢のドコモ口座」なぜ生まれた?ドコモの致命的すぎる勘違い 

現代ビジネス 2020年9月21日(月)7時01分配信/岩田昭男(消費生活ジャーナリスト)

ついにやってしまったな

 NTTドコモの電子決済サービス「ドコモ口座」は、連携する銀行全35行の銀行口座と紐づけて「d払い」にチャージし、買い物ができるようになっている。

 ところが、すでに報道のある通り、銀行口座を持っている本人が預かり知らないところで勝手にd払いで支払いが行われる事件が多発。11行で計120件の不正が行われ、被害総額は2500万円を超えている(9月14日時点)。

 今回の手口は、口座番号や暗証番号を入手した何者かが預金者になりすましてドコモ口座を設け、銀行口座からお金を引き出し、d払いで買い物をして換金するというもの。

 そのため、ドコモ口座を開くときにいわゆる「二段階認証」を行っていれば事件は防げたはずだ。その意味で、ドコモのセキュリティ対策が厳しく問われる事件と言える。

 しかしその後、ドコモ口座以外でも同様の不正が発覚し、キャッシュレス決済事業者だけではなく、犯罪を許す銀行のセキュリティシステムそのものが問題視されている。

 さて、ここからが本題だが、筆者はこの事件の一報を聞いたとき「ああ、ドコモはやってしまったな」と率直に感じた。ユーザーの拡大、つまりは業績アップを焦りすぎるあまり、安全性をおろそかにして犯罪を誘発するという“落とし穴”にはまってしまったのだ。

 携帯キャリアを主役とするQRコード決済競争は激しさを増す一方だ。ソフトバンクは「PayPay」、auは「au PAY」、今年携帯事業に参入したばかりの楽天は「楽天ペイ」、そしてドコモは「d払い」――それぞれ特徴のあるQRコード決済を掲げて、しのぎを削っている。

 この4社のなかでは当然、最大手のドコモが先頭を走っていると思いきや、そうではない。それどころか最後尾に置いてかれているのではないかと、筆者は思っている。

他社はすでに実を取る戦略へ

 というのも、QRコード決済はポイント還元競争が一段落した今、それぞれのグループとしての総合力を競う「第二ステージ」に入っていると考えられるからだ。つまり、グループ内の“団結力”の強化が求められる時代が来ている。

 携帯キャリア4社の動きを簡単に整理してみると、最初に仕掛けたのが楽天ペイだ。

 楽天ペイは昨年6月に「Suica」との提携を発表、今年の5月から楽天ペイでSuicaとのコラボが実現した。それまで、いわゆる楽天経済圏には交通系の電子マネーがなかったが、楽天ペイのアプリでSuicaの発行やチャージが可能になったのである。

 たとえば楽天カードに紐づけした楽天ペイを使ってSuicaにチャージすると楽天スーパーポイントが貯まる。この導線は、特にポイントを重視するユーザーには評判がいいと聞く。

 Suicaは毎日使うもので稼働率が高く、総じて楽天カード全体の稼働率を引き上げにつながる。楽天はSuicaの強みをフルに生かし、QRコード決済競争で一歩抜きんでようとしているのだ。

 続いて動いたのがPayPayだ。ソフトバンクのPayPayといえば、「100億円あげちゃうキャンペーン」などポイントの大盤振る舞いを続け、一躍QRコード決済のトップに躍り出た。ところが、ここにきて軌道修正を行い、“実を取る”戦略に変わってきている。

 昨年11月にソフトバンクは「LINE Pay」を傘下に入れ、2つのQRコード決済を手中に収めることに成功。当時こそ「両者は共存できるのか」と危ぶむ見方もあったが、PayPayが主に男性ユーザー、LINE Payが女性ユーザーと、顧客のすみ分けが上手くいき、ユーザー数は広がりを見せている。

ポイント一本槍の時代は終わった

 他にもソフトバンクは、予約から支払いまで一気通貫で可能なデリバリーサービスやタクシーの配車サービスのスーパーアプリにも注力するなど、モバイル決済の総仕上げを目論んでいる。さながら、“脱・ポイント”を進めているように筆者の目には映る。

 auもこの2社に遅れを取るまいと必死だ。まず、グループの共通ポイントを「Ponta」に変更。加えて、バラバラだった金融子会社に統一感をもたせるために、たとえばau PAYカード(クレジットカード)というように、各々の事業の頭に“au”を付けた。

 文字通りコーポレート・アイデンティティ戦略の一環だが、auは名前を変えることでグループ内の団結力を高めようとしている。

 同様の動きでは、ソフトバンクも系列のジャパンネット銀行を「PayPay銀行」に社名変更すると今月15日に発表。来年4月からPayPay銀行として新たなスタートを切る予定だ。また今後、他の金融子会社にもすべて“PayPay”と付けるという。

 このように、各社共これまでポイント一本槍だった戦略から、QRコード決済、電子マネー、クレジットカード、ネット通販、銀行、それにポイントなどの総合力を強化する戦略にシフトしつつある。逆にいえば、そうした「総合力」で各社の力が判断される時代になっているわけだ。

 その中にあってドコモは、この流れから明らかに乗り遅れ気味と言わざるをえない。

 楽天がSuicaを、ソフトバンクがLINE Payと提携したように、新たに強力なパートナーを作り出すわけでもない。auやPayPayのようにコーポレート・アイデンティティのための施策を推し進めているようにも見えない。完全に他社の後手を踏んでいる。

 それどころかドコモは、今頃になってポイント還元率にこだわる始末だ。

まるで昔のペイペイのよう

 それを端的に示すのが、9月より開始した「マイナポイント」の還元率だ。マイナポイントの還元額の上限は5000円だが、ドコモのd払いではそれに2500円を上乗せしている。他社が1000円とか多くても2000円としてることから、ドコモの還元率が最も高いというわけだ。

 他にも、ドコモのd払いはメルカリと組んで20%のポイント還元率のキャンペーンを実施するなど、ここぞとばかりに攻勢をかけている。かつてのPayPayを彷彿とさせるような大盤振る舞いだが、本当に大丈夫なのかと心配になってくるほどだ。

 それでいて筆者には、ドコモの提携相手がイマイチ弱いような気がしてならない。

 ネットではアマゾンと組んでいるが、たとえばAmazon Payは使える店舗が数百店と言われており、ほとんど名前を聞かない状況。もう一つのパートナーであるメルカリも、双方のユーザー層がかなり異なることから、やはりミスマッチ感は否めない。

 パートナーづくり以上に問題なのは、ドコモにはクレジットカードを推進する事業部はあっても、自前の銀行、つまりドコモ銀行がないことだ。前述したように、ソフトバンクにはジャパンネット銀行がある。

 ジャパンネット銀行がPayPay銀行に変わることはすでに述べたが、auには「じぶん銀行」があり、これも「auじぶん銀行」に変わる予定だ。楽天にはあらためて言うまでもなく楽天銀行がある。

 これらの銀行は、いずれも既存の金融機関としての銀行とは経営目的も形態も大きく異なるネット銀行だ。当然、ネット取引に特化しており、セキュリティ機能も充実している。その意味では、各グループの“門番”的役割を果たしていると言えるかもしれない。

 一方、ドコモにはその門番として頼りになる自前の銀行が存在しない。では、なぜドコモは自前の銀行を持たなかったのだろうか。

自前の銀行は不要という油断

 ドコモの金融事業は1999年に登場した「iモード」までさかのぼる。インターネット機能を搭載し、携帯電話を通話だけでなく決済などの日常生活のさまざまなサービスに係わるメディアへと変えたiモードは、スマホがまだ無かった当時、まさに画期的なモバイル通信サービスだった。

 iモードの開発者として松永真理、夏野剛の両氏がよく知られているが、夏野氏はドコモのクレジットカード事業部に招かれ、2005年に携帯利用者向けのクレジットカード「DCMX」をつくった。残念ながら同カードは不発に終わったものの、ドコモはいずれ銀行を買収して本格的な金融事業に乗り出すと期待されていた。

 それくらいドコモの事業は順調で大きな利益を上げていた。その利益をさまざまな投資に振り向けたが、そのなかに金融事業はほとんど入っていなかった。

 銀行をつくるとなれば国の認可を得なくてはならず、様々な制限を受ける。「そんな窮屈な思いをしたくない」というドコモの経営首脳部には、カード事業の延長でカバーできるという思惑があったのかもしれない。

 さらに2015年、DCMXをdカードに名称変更し、富裕層向けのdカード・ゴールドの発行を開始したところ大当たりし、年間の発行枚数が100万枚を超えた。年会費が1万円なら、毎年黙っていても100億円が懐に入ってくるのである。

 今回の事件の背景には、そうした“ドル箱”を抱えるドコモの油断があったのかもしれない。

 2015年頃から、決済の主流がクレジットカードから電子マネーやQRコード決済に徐々に変わっていき、現在はスマホを使った金融取引が出来るまでに至った。それに伴い、セキュリティ管理の重要性も高まっていった。

浮かれ、錯覚し、落とし穴にはまった

 ところが、ドコモはそれを疎かにした。少し酷な言い方かもしれないが、dカード・ゴールドの成功に浮かれすぎたのである。

 その結果生まれたのが、フリーメールアドレスでも簡単に口座が開けてしまう「ドコモ口座」だった。2011年にサービスを開始したドコモ口座の最大の問題点はこのように本人確認が甘く、なりすましによる口座開設を簡単に許してしまったことだった。

 元々、ドコモ口座はドコモの携帯ユーザーのためのサービスだった。だから本人確認は必要なかった。ところが、ドコモユーザー以外のauやソフトバンクのユーザーにも広げたために、本人確認がきかなくなって不審者(犯罪者)の利用を招いてしまったのだ。

 もう一つ指摘したいのは、地銀をはじめ多くの銀行とつながることで、ドコモは「銀行を持つことができた」という錯覚に陥ったのではないか、ということだ。

 銀行口座からスマホ(ドコモ口座)にチャージしてd払いで買い物ができるだけではなく、友だちへの送金も簡単にでき、まるでATMのように便利に使える。つまり、ドコモからすれば、銀行を買収する手間もなく、銀行のネットワークを居抜きで活用できるのだ。

 ドコモにとってはまさに良いことずくめだが、業務拡大に走るあまりに落とし穴にはまったというのが妥当な見方であろう。

 日本政府は、2025年までにキャッシュレス決済比率を40%まで引き上げるという大きな目標に掲げている。昨年7月に起きたスマホ決済サービス「7pay」の不正アクセス事件に続いてこうした不祥事が起きたことは、決済のキャッシュレス化に大きな冷や水を浴びせかけた。マイナスの影響は計り知れないといえるだろう。

 ドコモの騒ぎはキャッシュレス時代のセキュリティの重要性を多くの人に知らしめる機会になったのではないだろうか。

関連エントリ 2020/09/11 ⇒ 【ドコモ口座】電子決済お粗末<不正出金>被害総額1,990万円

 

2020年9月19日 (土)

【ジャパンライフ】元会長(78)年収5千万円ほか<顧客資金隠し>実態解明急げ!!

 ジャパンライフ元会長、破綻直前16‐17年の報酬計1億 

共同通信 2020年9月19日(土)10時54分配信

 磁気健康器具の預託商法を展開した「ジャパンライフ」の巨額詐欺事件で、消費者庁が一部業務停止命令を出した2016年に、元会長の山口隆祥容疑者(78)=詐欺の疑いで逮捕=が年間報酬を1千万円近く増額していたことが19日、捜査関係者らへの取材で分かった。12~15年は年収4千万円で、16年は5100万円を、同社が事実上破綻した17年は5250万円を得ており、2年間で1億350万円だった。

 破綻を見越して顧客の資金持ち出しを急いだ可能性があり、警視庁などの合同捜査本部は、実態の全容解明を進める。娘の元社長ひろみ容疑者(48)=同=も毎年数千万円を受け取っていた。

ジャパンライフ💥香港でも 高齢者40027億被害 契約者2000人以上か

毎日新聞 2020年9月19日(土)10時27分配信

 販売預託商法を展開し、元会長の山口隆祥容疑者(78)が警視庁などに詐欺容疑で逮捕された「ジャパンライフ」を巡っては、香港でも被害が報告されている。2000人以上の契約者がいたとみられ、被害者を支援してきた区議の余徳宝氏(28)が把握しているだけで、高齢者ら約400人が計約2億香港ドル(約27億円)の被害に遭っていたという。

 「これはジャパンライフが配っていた販売促進用のパンフレットです」。香港の繁華街・旺角の一角にある事務所で余氏は、そう切り出した。

Photo_20200919190201Photo_20200919190501

 「磁力は人を救い命を保つ」「健康ズボンで活力倍増」。中国語で書かれたパンフレットには磁気入りのベルト、枕、ベストなど多くの商品の写真が掲載され、磁気が健康を促進するとアピールしていた。

 その手口は、日本での被害と同じだ。顧客に商品を販売する一方で、商品そのものはジャパンライフ側が預かって第三者に貸し出す形にして、利益から顧客(オーナー)に年6%程度の配当を支払うと宣伝した。パンフレットには、いずれも高価な健康商品の定価と、貸出料金が記されている。例えば定価17万5000香港ドル(約236万円)のベストの月額レンタル料金は875香港ドル(約1万1800円)。ジャパンライフは香港に三つの支店を構え、長年にわたり事業を展開してきた。

 ◇ 支店幹部ら姿消す

 余氏の事務所に地域住民から相談が寄せられたのは2017年末ごろ。ジャパンライフが約2400億円の負債を抱えて経営破綻した時期だった。「配当が払われない」「破綻したら預けたお金はどうなるのか」。契約者の不安をよそに、支店の営業は同年末までに停止していた。

 香港警察に相談したところ、支店幹部らは既に香港から姿を消していた。余氏のもとには相談が絶えず、被害者は約400人に達した。2000万香港ドル(約2億7000万円)の被害に遭った人もいた。給与未払いに悩む支店の従業員に聞き取りをしたところ「香港での契約者は2000人以上」と答えたという。

 ◇ 全財産投資した人も…

 全財産の400万香港ドル(約5400万円)を投資して、毎月2万香港ドル(約27万円)の配当を生活費に充てていたという80代の女性にも、同年11月から配当が振り込まれなくなった。女性は当時、香港メディアに「体が悪く子供もおらず、今は生活費を親戚に頼っている。(契約したことを)とても後悔している。少しでも良心があるなら、お金を返してほしい」と涙ながらに訴えた。

 余氏は18年には被害者らと東京に飛び、日本の被害者らとの交流会に参加したり、弁護士に相談したりした。だが「債務返済が先になる」として被害者の損害を賠償してもらえる手応えはなかった。「老後の生活に不安な友人や知人に『6%の配当が得られる』と勧誘し、契約を増やした人も大勢いる。虎の子の財産を失ってしまい、困窮する被害者を助けることができず悔しい」。余氏は唇をかんだ。

 豊田商事、安愚楽牧場、ケフィア…繰り返される販売預託商法、来年原則禁止へ 

毎日新聞 2020年9月18日(金)18時25分配信

 ジャパンライフのように会社側が顧客に購入させた商品を預かり、配当を約束する販売預託商法を巡ってはこれまでも、消費者被害が繰り返されてきた。消費者庁は現在の預託法に基づく規制では、手口を変えて引き起こされる被害への対応が後手に回り、限界があるとして、来年の通常国会に同法改正案を提出し、販売預託商法を原則禁止する方針だ。

 販売預託商法の問題は、1985年に経営破綻した豊田商事の詐欺事件をきっかけに広く知られるようになった。客が購入した地金を預かって運用し、配当を支払うという触れ込みだったが、実際には、同社は地金をほとんど保有していなかった。被害者は約3万人、被害総額は約2025億円とされる。

 事件がきっかけとなり、86年に預託法が制定された。事業者が故意に事実と異なる説明をすることを禁じ、契約内容を明記した書面の交付を義務づけた。だが、規制対象は政令で指定された貴金属などの商品やゴルフ場利用権などの権利を扱う事業者のみ。新たな商品や権利による問題が生じる度に追加指定して、規制対象に加える必要があった。また、業者は新規の顧客が支払った代金を別の客の配当に回す自転車操業で運営しているケースが多く、配当が続く間は問題が表面化しづらい側面があった。同庁幹部は「現行法での対応では限界」と話す。

 近年でも「和牛オーナー制度」が行き詰まり2011年に経営破綻した「安愚楽牧場」(被害総額約4200億円)や、加工食品のオーナーを募り18年に経営破綻した「ケフィア事業振興会」(同約1000億円)など、大規模な被害が続いている。消費者庁によると、現在も約40社が販売預託商法を行っている。

 同庁は規制強化のため2月から有識者による検討会で議論。5月の検討会ではこうした商法自体の原則禁止を望む意見が相次ぎ、8月に報告書をまとめた。これを受け同庁は、来年の通常国会で販売預託商法を原則禁止とすることを目指す。全国ジャパンライフ被害弁護団連絡会代表の石戸谷豊弁護士は「販売預託商法は大型被害を出し続けてきた。国が禁止の姿勢を明確に示したことの意味は大きい」と評価する。

 元東京地検・若狭勝の目「退陣&選挙ちらつくジャパンライフ逮捕劇 

日刊スポーツ 2020年9月19日(土)8時00分配信/元東京地検特捜部副部長・若狭勝弁護士

 磁気ネックレスなどの預託商法で高齢者らから計約2100億円をだまし取ったとみられる「ジャパンライフ」(破綻)の元会長・山口隆祥容疑者(78)ら計14人が18日、詐欺の疑いで逮捕された。

 山口容疑者は15年の「桜を見る会」で安倍晋三前首相の推薦枠で招待された疑惑があり、招待状を勧誘に利用したとして国会で追及が続いていた。安倍路線継承を掲げる菅政権はスタートから「負の遺産」に対応することになったが、前政権同様、徹底的にフタをする構えがにじむ。

    ◇    ◇    ◇

 資金繰りが悪化し、破綻することが分かっていながら勧誘していたのか、資金の流れや財務状態を固めていかないと立件できず、この手の詐欺事件は捜査に1~2年かかるのが普通だ。

 昨年2月の合同捜査本部設置から1年7カ月。このくらい時間がかかって不思議ではなく、「桜を見る会」をめぐる国会審議とは全く関係ない。ただ、8月に立件するという観測はあった。しかし、安倍さんが辞意を表明し、辞める人に対して後ろから矢を放つようなことは避けようという判断はあったのだろうと思う。

 菅首相になって「桜を見る会」はやらないと言明した。安倍さんが残した問題を尾を引かせるわけにいかない。これ以上、延びると、今度は解散・総選挙が間近になる。選挙への影響も避けるため、このタイミングになったのだろうと思う。

 ジャパンライフ被害弁護団捜査機関努力敬意 

産経新聞 2020年9月18日(土)22時44分配信

 ジャパンライフ創業者の元会長、山口隆祥容疑者らの逮捕を受け、「全国ジャパンライフ被害弁護団連絡会」は18日、東京都内で会見を開いた。代表の石戸谷(いしとや)豊弁護士は「やっと逮捕された。被害者が高齢で調書の作成が容易でなく、ジャパンライフ側の証拠も散逸していて苦労したと思う。捜査機関の努力に敬意を表する」と話した。

 連絡会によると、ジャパンライフの顧問には、元官僚らが名を連ね、総額1億6千万円を超える顧問料が支払われていたという。石戸谷弁護士は「詐欺商法の信用性を高める役割を果たした。顧問料は全額破産管財人に返還して被害者に使われるべきだ」と訴えた。

 一方、石戸谷弁護士は消費者庁が8月、販売預託商法を原則禁止する方針を示したことを評価。「こういった悲劇が二度と起こらないように法整備を要望したい」とも話した。

 ジャパンライフ、元朝日新聞政治部長に顧問料3000万円官僚5人で顧問料1億4000万円等「返還には応じず 

zakzak 2019年12月19日(木)20時00分配信

 安倍晋三首相主催の「桜を見る会」に元会長が招待され、悪質なマルチ商法で経営破綻した「ジャパンライフ」が、元官僚や元新聞社幹部ら5人に、2005~17年度に顧問料として計約1億4000万円を渡していたことが分かった。このうち、元朝日新聞政治部長の橘優(たちばな・まさる)氏は、夕刊フジの直撃取材(4日)に顧問料の開示を拒否していたが、何と約3000万円を受け取っていたことが分かった。

 「われわれ弁護団は『これほど巨額のお金ではないのではないか』という想定の下、求釈明(=相手方に『これらを明らかにせよ』と釈明権の行使を促すこと)した」

 ジャパンライフの被害者弁護団も、こう驚き隠さなかった。

 巨額の顧問料は、東京地裁で18日開かれた第3回債権者集会の終了後、被害者側弁護団が明らかにした。名古屋地裁で審議中の損害賠償請求訴訟で顧問料の開示を求めたところ、同社の破産管財人からの回答で具体的金額が判明したという。

 弁護団によれば、5人のうち、松尾篤元経済企画庁長官秘書官が05~17年度に9060万円、次いで橘氏が13~17年度に約3000万円、佐藤征夫元科学技術庁科学技術政策研究所長が10~17年度に1780万円、ほかにも元官僚らが数百万円を受け取っていたという。

 ジャパンライフによる被害総額は約1800憶円ともいわれる。同社は、出資者を信用させるため、元官僚や元朝日新聞政治部長を顧問にしていた可能性もある。

 現に、同社の「宣伝用資料」には、「桜を見る会」(15年)の招待状とともに、元会長主催で、自民党の二階俊博幹事長を囲み、橘優氏や、現在も新聞やテレビで活躍する政治評論家やジャーナリスト、解説委員らが懇親会を開いていたことがアピールされていた。

 夕刊フジが直撃取材した際、ジャパンライフが消費者庁から「行政指導」を受けていた事実を、橘氏は「事件が顕在化するまで知らなかった」と回答。また、「桜を見る会」も同社に利用されたのではないかという問いに、「あれはあれ、これはこれだ」と話していた。

 ちなみに、破産管財人は前出の5人に顧問料の返還を求めたが、応じていないという。

政府「再調査否定 加藤官房長官名簿廃棄済み

時事通信 2020年9月18日(金)13時07分配信

 加藤勝信官房長官は18日の記者会見で、詐欺事件で逮捕されたジャパンライフの山口隆祥元会長が安倍晋三前首相主催の「桜を見る会」の招待状を顧客勧誘に利用していたことに関し、その経緯についての再調査に改めて否定的な考えを示した。

 「名簿も保存されていないので、個々の招待者を今から改めて調べても確たることは申し上げることはできない」と述べた。

 詐欺事件をめぐっては、加藤氏自身が同社の宣伝に顔写真が使われるなど広告塔として利用された経緯がある。加藤氏は「私の事務所から厳重な抗議をしている」と述べ、無関係であることを重ねて強調。政府として捜査を見守る方針を示し、警察当局に対する協力については「今後、必要があれば連絡を取っていくことはあり得る」と説明した。

Photo_20200919185401Photo_20200919184901

 ジャパンライフ元会長「自分は金儲け教」破綻直前まで役員報酬 

朝日新聞デジタル 2020年9月19日(土)12時36分配信

 家庭用磁気商品のオーナー(販売預託)商法で多額の現金を集めた「ジャパンライフ」(東京、破産手続き中)による詐欺事件で、元会長の山口隆祥(たかよし)容疑者(78)が、経営破綻(はたん)する直前まで月に300万~350万円の役員報酬を受け取っていたことが19日、捜査関係者への取材でわかった。同社は高額商品の販売を破綻直前まで続けており、警視庁などは自身らの報酬にあてる狙いがあったとみている。

 捜査関係者によると、共犯として逮捕された、次女で元社長の山口ひろみ容疑者(48)も1カ月に300万円、取締役の2人の男と海外支社長の男も約100万円ずつ得ていたという。同社は2017年末に破綻したが、直前までこうした報酬を受け取っていたという。

 山口隆祥容疑者は32歳の時に書いた自著「巨億を築く99の秘伝」で、「自分の宗教は『カネ儲(もう)け教』であるといいたい」「カネを儲けるのが人生の目的だ」とも書いている。元社員の一人は朝日新聞の取材に、「お金への執着がすごかった。報酬も高額だが、1着30万~50万円のスーツのほか、100万円もするインプラント代金の大部分を経費で落としていた」と証言した。

Photo_20200919185901Photo_20200919191201

関連エントリ 2015/11/13 ⇒ 【レセプト債】証券4社「破綻」✍227億円償還不能か
関連エントリ 2014/10/18 ⇒ 【安倍内閣】支持率急落「使途不明金」✍女性閣僚辞職か!?
関連エントリ 2013/06/19 ⇒ 【和牛預託】「安愚楽牧場」根掘り✍葉掘り
関連エントリ 2011/12/01 ⇒ 又候「年金たまご」事件、被害総額110億円。
関連エントリ 2011/08/18 ⇒ 海江田さん、民主代表選出馬だとぉ・・・・
関連エントリ 2011/08/17 ⇒ 安愚楽牧場破綻。女社長❤渾身のウソ泣き!!
関連エントリ 2011/08/04 ⇒ 和牛投資「安愚楽牧場」も破綻危機
関連エントリ 2009/02/05 ⇒ ねずみ講については
関連エントリ 2008/12/27 ⇒ ボクが、騙された話をしよう。
関連エントリ 2008/10/17 ⇒ マルチ商法=ねずみ講。これ百回唱えて、肝に銘じてね。

2020年9月18日 (金)

【ジャパンライフ】元会長ら14人<被害総額✍2000億円以上>詐欺容疑で逮捕。

 預託商法ジャンパンライフ元会長ら14人逮捕。政治家に近づき宣伝に利用「レンタルオーナー制度」とは… 

FNNプライムオンライン 2020年9月18日(金)11時54分配信

 44都道府県のおよそ1万人から2,000億円以上を集め、破綻した「ジャパンライフ」について、警視庁は18日、山口元会長ら14人を詐欺の疑いで逮捕した。

Photo_20200918183801

 ジャパンライフが悪用した「レンタルオーナー制度」とは、いったいどのような手口なのか。

 被害者が、FNNの取材に応じた。

 ジャパンライフは、1975年に山口隆祥容疑者が創設した。

 山口容疑者が悪用したのは、「レンタルオーナー制度」と呼ばれる預託商法。

 顧客に磁気治療器を購入させ、ジャパンライフが、その治療器を別の契約者に貸すことで、顧客に配当としてレンタル収入が入るといううたい文句で、全国の高齢者から資金を集めていた。

 ジャパンライフに1億3,000万円を投資した女性が、FNNの取材に応じた。

 被害者「マッサージしながら、気分がいいじゃないですか。やりながら耳元で、『いいお金増やす方法ありますよ』みたいに言われて。なけなしの金ですから、今まで若い時、さんざん働いて、ぜいたくもせずにためたお金なんですね。わたしの人生終わったって感じがしましたね、つぶれたって聞いた時は」

 顧客を巧みにだます、ジャパンライフの手口。

Photo_20200918184201Photo_20200918183701

 さらに山口容疑者は、有力な政治家に近づき、顧客集めの宣伝に利用していたことが問題となった。

 1986年、当時の中曽根康弘首相への1,000万円の献金が発覚したほか、2015年には、山口容疑者が安倍前首相主催の「桜を見る会」に招待されると、招待状をジャパンライフの広告に掲載するなどしていた。

<郵便局や銀行は潰れる>ジャパンライフに退職金投入 後悔の日々 

毎日新聞 2020年9月18日(金)11時50分配信

 全国の約1万人から約2100億円もの資金を集めた末に破綻した「ジャパンライフ」を率いた元会長、山口隆祥容疑者(78)らが18日、警視庁などに詐欺容疑で逮捕された。

Photo_20200919185801Photo_20200919184801

 商品を購入すると配当がもらえるというセールストークを信じて老後の蓄えを投じたお年寄りは今、「なぜ信じてしまったのか」と悔やみきれない生活を送っている。

 東北地方に住む女性(70)も山口元会長が吹聴する政治家とのつながりを信用してしまった一人だ。

 「うそを並べられ、信用してしまった。こつこつためた大事なお金だった。本当に悔しい」。女性は09~17年、夫(78)とともに計4200万円の契約を結んだ。

 近所の知人に勧められ、ジャパンライフの磁気敷布団を100万円で購入したことがきっかけだった。その後、何度もセミナーに誘われ、参加するようになった。ホテルの会議室で開かれ、多くの高齢者が集まっていた。

 セミナーには山口元会長も頻繁に姿を見せた。数年前には「桜を見る会」の招待状をスライドで示し「こんなの来ちゃった。行かないといけない」と誇らしげに話し、別の機会にもしばしば「政治家と仲が良い」と語っていたという。

 女性は、山口元会長が「郵便局や銀行は全て潰れる」「ジャパンライフに預けて資産を増やしなさい」と力説するのを聞くうちに不安にかられ、磁気ベストなどを次々に購入した。最後は退職金もつぎ込んでいた。

 17年12月にジャパンライフが経営破綻する直前まで配当が振り込まれていたため、信じてしまったという。同社は「元本保証」をうたっていたが、返金は一切ない。

 林業や畑仕事をしていた夫はその後、心労から体調を崩し、現在はつえをついて歩くのがやっとの状態。年金と女性のパート代で何とかして食べているといい、女性は「『私まで病気をしたらどうなるのか』と気を張り続けている」と打ち明ける。

Photo_20200919185601Photo_20200919190701

 「安倍晋三前首相や大臣が広告塔になっていたので信用してしまった。わずか1年半で老後の蓄えや孫の教育資金を奪われ、カモにされた」。2017年12月の経営破綻までの1年半で全財産の約8000万円をジャパンライフに投じた神奈川県の女性(79)はうなだれる。

 女性が同社に関心を持つようになったのは16年春ごろ。息子の同級生の母親と偶然再会した際、約25年前に息子が病死した話題になった。「ジャパンライフの磁気布団を使っていたら大丈夫なのに」と言われ、当初は相手にしないつもりだったが、自宅に押しかけてきたジャパンライフ社員にセミナーに誘われた。

 セミナーでは、多数の社員に囲まれ「郵便局や銀行が潰れる時代。ジャパンライフだけ生き残る」「年6%の高配当。絶対損しないから保険を解約して投資しろ。大丈夫だから」と、ネックレスなどを購入するよう繰り返し勧誘された。事業の先行きを尋ねると、ある社員は消費者庁OBらの名前を出して「これだけの偉い人が会社にいるのに潰れるはずがない」と話した。

 同年に神奈川県内であった別のセミナーでは、山口元会長がある招待状を得意げに紹介し、会場のスクリーンにも大写しにされた。安倍首相(当時)から届いたという「桜を見る会」の招待状だった。政財界の著名人の写真入りのチラシも見せ、「お年寄りのためにとてもいい事業をしていると加藤(勝信)厚生労働相(当時)にほめられましたよ」とも語っていた。

Photo_20200918184001

 女性は、生命保険や2人の孫の教育費にするつもりだった学資保険、証券、老後の預貯金などあらゆる積み立てを次々に解約した。10回にわたって、磁気ベストやベルトなどあらゆる商材に約8000万円をつぎ込んだ。「そうそうたる政界トップの名前に信用が増した」と振り返る。

 闘病生活をしていた夫からは出資を心配され、「解約できたかい」と尋ねられたが、「大丈夫。解約したわ」とうそを言って安心させていた。夫は20年1月に亡くなったが、葬儀費用を賄えず、子どもたちに借りた。

 女性がこれまでに受け取った「配当」は100万円にも満たないという。ストレスから不眠と高血圧で病院通いが続く。「歴史的な悪徳商法のせいで、踏んだり蹴ったりの生活になってしまった。山口元会長には命あるうちにお金を返し、罪を償ってほしい」と絞り出すように悔しさを語った。

ジャパンライフ被害者病気も出来ない蓄え失い将来に不安

時事通信 2020年9月18日(金)13時31分配信

 元会長らが逮捕されたジャパンライフは、磁気治療器の預託商法で主に高齢者から巨額の資金を集めていた。

 被害者や家族らは、老後のために蓄えていた資金を失い、「病気もできない」と将来への不安を募らせる。

 栃木県に住む80代の女性は、友人の誘いで同社の催しに参加。磁気ネックレスを試して効果を実感し、レンタル収入の良さにも引かれた。磁気スパッツなど高額な商品を次々と購入し、総額約1億円を投資した。

 子育てをしながらダンプカーの運転手として働き、こつこつとためたお金は一銭も返ってきていない。「欲が深かったのかもしれない。病気もできず、心細い」と肩を落とした。

 被害者の家族も怒りを隠さない。山形県に住む80代の母親が被害に遭ったという横浜市の会社員男性(55)は、「老後のためにためていたお金だったのに」と嘆く。

 同社への投資を防ぐため、男性は母親名義の定期預金通帳や生命保険証書を銀行の貸金庫に入れたが、母親は同社従業員から「保険を見直そう」と勧められ、保険を解約。2017年秋ごろには通帳を再発行し、定期預金を全額引き出していた。投資額は約6000万円に上った。

 男性の妻(54)は「従業員は『お年寄りを幸せにしたい』と言うばかり。まるでカルト宗教のようだ」と憤る一方、「なぜ家族の言うことに耳を貸してくれなかったのか」とため息をついた。

 国民生活センターによると、ジャパンライフに関する相談件数は過去10年間で3172件(9月15日時点)。相談者の平均年齢は73.3歳で、70~80代が6割を占める。支払額の平均は2400万円で、最高額は6億円だという。 

 桜を見る会に招待されたジャパンライフ元会長ら詐欺容疑で逮捕 

朝日新聞デジタル 2020年9月18日(金)7時31分配信

 家庭用磁気商品の「オーナー(販売預託)商法」で多額の現金を集めた「ジャパンライフ」(東京、破産手続き中)について、警視庁と愛知など5県警の合同捜査本部は18日、元会長の山口隆祥(たかよし)容疑者(78)=東京都文京区=ら14人を詐欺容疑で逮捕した。債務超過の事実を隠して営業したという。延べ約1万人から2100億円を集めたといい、合同捜査本部は実態の全容解明を目指す。

 山口容疑者はこの日朝、自宅で逮捕された。髪形を整え、ジャケット姿でサングラスをかけていた。報道関係者から「債権者にひと言」などと声をかけられたが、無言でゆっくりと捜査車両に乗り込んだ。

 ほかに逮捕されたのは、山口容疑者の次女で元社長の山口ひろみ(48)=群馬県太田市=、元取締役の安田真二(62)=相模原市=、元取締役の松下正已(61)=愛知県半田市=ら13容疑者。

 警視庁生活経済課によると、山口隆祥容疑者らは同社が債務超過に陥っていた2017年8~11月、元本保証や高い配当の支払いをするとうそをつき、東京や愛知など1都7県(東京、山形、福島、新潟、静岡、愛知、岡山、滋賀)の58~85歳(当時)の男女12人に磁気ベストや磁気ネックレスの「モニター」として客を募るよう依頼。商品の購入費として計約8千万円をだまし取った疑いがある。捜査本部は容疑者の認否は明らかにしていない。

 同社は1975年設立。80年代に国会で「マルチまがい商法」と指摘されていた。03年ごろから、元本保証と年利6%の配当をうたい、顧客が「レンタルオーナー」となって購入した磁気商品を有料で貸すという商法を全国展開。ただ、商品が契約数より大幅に少ないことが発覚。解約を妨害するなど不適切行為もあり、17年末までに、消費者庁から一部業務停止などの処分を計4回受けた。17年末に倒産し、翌年3月に東京地裁から破産開始決定を受けた。負債総額は2405億円、債権者は7千人。

 警視庁などは19年4月、債務超過の事実を隠して顧客を勧誘していた疑いがあるとして、特定商取引法違反(事実の不告知)容疑で12都県の同社の関係先33カ所を家宅捜索。段ボール約4500箱分の財務資料を分析するなどして、経営実態を調べていた。

Photo_20200918185301Photo_20200918185601

 同社をめぐっては、山口隆祥容疑者が安倍晋三首相(当時)主催の15年の「桜を見る会」に招かれたとする招待状を勧誘に使ったことが19年11月に発覚。安倍氏の推薦枠だった可能性が浮上し、国会で取り上げられた。安倍氏は同年12月の参議院本会議で「個人的な関係は一切ない」と答弁していた。

オーナー商法とは

 オーナー商法 高配当や元本保証を約束し、顧客に商品や権利などを売ってオーナーにしたと同時に預かり、別の人に貸すなどして配当を生む商売。「販売預託商法」とも呼ばれる。実際には商品を運用していなかったり、商品自体がなかったりする被害が後を絶たないが、企業が経営破綻(はたん)するまで表面化しにくい。消費者庁は今年5月、オーナー商法を原則禁じる方針を決定。来年の通常国会に特定商品預託法の改正案を提出する。

Photo_20200918183401

 ジャパンライフ摘発で「桜を見る会」疑惑が菅政権直撃する 

AERAdot. 2020年9月18日(金)13時15分配信

 安倍晋三前総理の「桜を見る会」で疑惑が取り沙汰された「ジャパンライフ」に捜査のメスが入った。

 磁石を使用した健康商品の販売会社・ジャパンライフ(現在破産手続き中)について、警視庁は顧客にウソの説明をして現金をだまし取った詐欺容疑で、元会長の山口隆祥容疑者(78)ら14人を逮捕した。

 ジャパンライフは全国7000人の顧客から、約2400億円を集めていたとされ、被害はさらに拡大するとみられる。

 前総理主催の「桜を見る会」の招待状を、販売促進に使っていたことが国会で判明。招待状などをコピーしたジャパンライフの資料には
<安倍総理から山口会長に『桜を見る会』のご招待状が届きました>と記され、国会で大問題になっていた。

「全国で開催するセミナーで、招待状を見せ、顧客を信用させて、多額のカネを投資させていた」(ジャパンライフ関係者)

 また、昨年11月、共産党の大門実紀史議員は国会質問でこう追及していた。

「お中元リストというのがありまして、安倍総理を始めとして国会議員などに広くお中元をまいているとか、非常に政治的な対応をしていたのがジャパンライフ」

「お中元リスト」には菅義偉総理、麻生副総理兼財務相の名前もあったという。また、大門議員は加藤勝信官房長官について2017年4月にこう国会で追及していた。

「現職の大臣までがジャパンライフの広告塔の役割を果たしている。加藤勝信大臣なんですけれども、1月13日(2017年)にこれジャパンライフが宣伝しているんです、チラシで宣伝しているんです。一月の十三日、安倍内閣の重責閣僚の加藤大臣とこのジャパンライフの山口会長が会食して、ジャパンライフの取組を非常に高く評価していただきましたというふうに宣伝チラシで会員向けにやっているんですね」

 ジャパンライフが問題になったのは、今回がはじめてではない。1983年には法人税法違反で告発された。消費者庁からは2014年に行政指導、2016年には行政処分を受け、業務停止に追い込まれた。そのたびに、国会でも自民党大物議員と関係が問題になっていた。

「だが、そのたびに政治家や官僚との緊密な関係を使い、生き延びてきた」(ジャパンライフ関係者)

ジャパンライフがかつて、設立していた政治団体「健康産業連盟」から献金を受け取っていたのは中曾根康弘元首相など大物が並ぶ。安倍前首相の父、安倍晋太郎氏が外相時代に山口容疑者が外遊に同行。その際、安倍前首相自身も秘書官として一緒だったという。

 実はジャパンライフの摘発については、8月から何度も「Xデー」がささやかれていた。

「8月末のある日、この日でやるということだったが、伸びた。それから間もなくして、安倍前首相の辞任会見ですよ。つい最近も一度はXデーが決まったが、菅新総理の誕生でしょう。政治的な事情があるんだなと感じた」(捜査関係者)

 菅総理は来年の「桜を見る会」中止を早々と発表していた。

Photo_20200918202101Photo_20200918202401

関連エントリ 2019/11/29 ⇒ 【大勲位】訃報✍中曽根康弘元首相(享年101歳)逝去
関連エントリ 2019/04/25 ⇒ 【日経平均】反発<日銀✍政策金利指針>見直し好感

 テレ朝玉川アナ「その発言はダメかも、田崎さん」携帯料金値下げ巡り 

スポーツ報知 2020年9月17日(木)9時46分配信

 17日放送のテレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜・前8時)で、自民党の菅義偉総裁(71)が衆院本会議の首相指名選挙で第99代首相に選出され、菅内閣が発足したことを特集した。

 番組では就任会見を報じ、菅首相は「最優先の課題は新型コロナ対策」など新内閣の方針を掲げた。また、スタジオで菅首相が官房長官時代から掲げる携帯電話料金の値下げについて議論した。

 スタジオで政治ジャーナリストの田崎史郎氏は菅首相の携帯料金値下げ方針に「2、3年前から特に強く言うようになったんですけど、菅さんが思い描いている通りには下がっていかない。実際に我々、見ても携帯電話、下がったっていう実感ないですよね」と解説した。

 これに司会の羽鳥慎一アナウンサーが「なぜなんですか?」と聞くと田崎氏は携帯電話会社が3社で何か話し合っているんじゃないかとと答えた。

 談合を思わせる発言にコメンテーターで同局の玉川徹氏それは…それは、ちょっとダメだよね、その発言はと苦笑いしながらたしなめると田崎氏は「ダメですか?」と笑い「うん、ちょっとダメかもしれない」と玉川氏が応じた。

 ここで羽鳥アナが話し合っている…じゃないかと思うぐらいに下がらないって言うことでとフォローすると「そういうことです」と田崎氏はうなづいたが、玉川氏はちょっとダメかもしれない田崎さんと再びたしなめた。

 続けて羽鳥アナは話し合っているかもしれないよという感じがしなくもないけれど、もしかしたらそうじゃないかもしれないなっていうことにしときましょうかと再びフォローしたが「玉川さん1人で大変なんですから」と田崎氏に突っ込むと、玉川氏は「この俺でもちょっと…」と苦笑いした。

 自身の発言を巡り出演者が困惑する事態を招いた田崎氏だが、携帯料金の値下げに菅首相が下がらないことに対してイライラ感があるということですとまとめていた。

 〔東証〕携帯電話株が急落 菅義偉首相「値下げ指示」懸念 

時事通信 2020年9月18日(金)18時48分配信

 18日の東京株式市場で、ソフトバンクなど携帯電話大手3社の株価が軒並み急落した。携帯電話料金をめぐり、菅義偉首相が同日、具体的な値下げの検討を指示。武田良太総務相も実行に強い意欲を示したことから、先行きの業績への懸念が広がった。

 各社の株価は、ソフトバンクが前日比5%、auを展開するKDDIが4%、NTTドコモが3%それぞれ下落した。一方、デジタル庁設置による官公需要の増加期待を背景に、NTTデータ株は8%の大幅高となった。 

 

2020年9月17日 (木)

【サグラダ・ファミリア】3月から工事中断✍完成予定大幅に遅れる見通し

 サグラダファミリア教会 2026年完成は困難か 観光客減少で 

NHK 2020年9月17日(木)9時52分配信

 スペインの観光名所で、着工から140年近くたった今も建設が続くサグラダ・ファミリア(Sagrada Família)教会について、工事の責任者は、新型コロナウイルスの影響で、目標としてきた2026年の完成は難しくなったという見方を示しました。

 世界的な建築家、アントニオ・ガウディの代表作であるサグラダ・ファミリア教会は、1882年に着工し、ガウディの没後100年となる、2026年の完成を目指して、建設が進められてきました。

Photo_20200917192301Photo_20200917192401

 しかし、新型コロナウイルスの感染拡大でスペイン全土に非常事態が宣言されたことから、工事はことし3月から中断されています。

 16日、工事の責任者が記者会見を開き、今後2週間以内に工事を再開することを明らかにしましたが、「感染拡大の影響でスケジュールを見直さざるをえない」と述べ、2026年の完成は難しくなったという見方を示しました。

 理由については、工事の中断に加え、観光客の減少による入場料収入の落ち込みで財政がひっ迫し、工事のペースを遅くせざるをえないためだとしています。

 そして新たな完成時期については、「現状では長期的な展望を描くことはできない」と述べ、見通しは立っていないとしました。

 スペインでは感染が再び広がる傾向にあり、主要産業の観光が大きな打撃を被っていて、サグラダ・ファミリア教会の建設も影響を受けた形です。

サグラダファミリア2026年完成は不可能 コロナ余波

AFPBB News 2020年9月17日(木)10時26分配信

 スペイン・バルセロナ(Barcelona)で建設中のサグラダ・ファミリア(Sagrada Familia)教会は、新型コロナウイルス流行の影響で、計画していた2026年の完成が実現することはないだろうと、同教会のエステーバ・カンプス(Esteve Camps)建設委員長が16日、明らかにした。

Photo_20200917194701

 1882年に建設が始められたサグラダ・ファミリアは、建築家アントニ・ガウディ(Antoni Gaudi)が亡くなってから100年目となる2026年に完成する計画だった。しかし今年3月、スペイン政府が新型ウイルスの感染拡大を食い止めるため全国規模のロックダウン(都市封鎖)を命じたことで、工事は中断。カンプス氏によると、工事は「数週間以内」にようやく再開されるという。

 再開されても、資金不足のため工事はゆっくりと進められることになる。建設費用はキリスト教徒からの献金や、観光客へのチケット販売収入でまかなわれており、いずれもコロナ危機によって大幅に減っているためだ。

 カンプス氏は、工事が完了する「新たな日程を提案することはできない」とした上で、「2026年(の完成)は不可能だ」と述べた。

 カタルーニャ人の建築家ガウディが手掛けたサグラダ・ファミリアは、完成すれば18の尖塔がそびえる教会となる。最も高い尖塔は高さ172メートルだ。

Photo_20200917194801

 しかし現時点では、18塔の中で2番目に高い、聖母マリアにささげられる巨大な塔の工事を終えるための資金しかない。

 工事は今年3月、新型コロナ対策でスペイン政府が全土で実施したロックダウン(都市封鎖)で中断。また、建設費に充当してきた信者からの寄付や観光客へのチケット販売もコロナ禍の中で落ち込み、資金が不足しているという。

Photo_20200918101201

 都会の楽園」のはずが…緑化集合住宅が「廃墟 -中国

AFPBB News 2020年9月15日(火)18時17分配信

 中国の大都会で緑に囲まれる暮らしを提案した実験的な集合住宅は、売り出された当初、「階層的な森林」の中での生活を約束した。各部屋のベランダには、手入れされた庭があるはずだった。

 この集合住宅の不動産業者によれば、全826室が今年4月までに埋まったという。ところが、建物は環境に優しい都会の楽園となる代わりに、荒涼とした世界滅亡後を描く映画のセットのようになってしまった。

Photo_20200918101101

 蚊も植物を好む、ということが問題だった。

 国営環球時報(Global Times)によると、四川(Sichuan)省成都(Chengdu)にあるこの集合住宅には、蚊の来襲が原因で現在およそ10世帯しか入居していないという。

 地元メディアによると、2018年に建設されたこの集合住宅には、植物を育てるための空間として各部屋にベランダが設置されている。しかし植物を手入れする居住者がいないため、集合住宅の計8棟は植物に覆われて蚊に侵略されている。

 今月撮影した写真からは、放置されたベランダが植物にほとんどすべて覆われ、建物の至る所で伸びた枝が手すりに広がっているのが分かる。

 微積分を知らない人が『損している』と言えるワケ 

東洋経済オンライン 2020年9月15日(火)8時21分配信/ステファン・ボイスマン(数学者)

 変化を計算する微積分は、クルーズコントロールや天気予報、建物の構造、選挙公約の経済効果予測、腫瘍が大きくなる速さの割り出しなど、じつにさまざまな場面で使われている。

Photo_20200918111401

 微積分では、どんな場合でも変化に注目する。「何の」変化かはあまり関係ない。必要な数学は同じだからだ。ここではなるべく単純な例で説明してみよう。

スピード違反を取り締まる

 例えば、スピード違反を取り締まるとしよう。このとき、走行する車の速度はどうすればわかるのだろう。

 拙著『公式より大切な「数学」の話をしよう』でも詳しく解説しているが、いちばん簡単なのは、一定の区間を設定して速度を求めることだ。必要な警察官は2人。1人は測定区間の起点に立って車両が通過した時刻を記録し、もう1人は1キロ先の地点で同じように車両が通過した時刻を記録する。

 そしてこの2つの時刻から、車両が区間の起点を通過したときの速度を出すわけだが、そのためには車両がその区間の走行に要した時間も計算する必要がある。車両が時速120キロで起点を通過したとすると、区間を走行するには30秒かかる。つまり区間の起点と終点の通過時刻の差が30秒であれば、その車両は時速120キロで走行していたことになる。

 本当にそうだろうか。この方法だと、制限速度が時速120キロのところを140キロで走っていたドライバーは、起点で140キロでも、区間の1キロを30秒かけて走り、終点を100キロで通過すれば、計算上の起点の時速は120キロになってしまう。

 このような事態を防ぎ、スピード違反を取り締まるには、通過時刻を記録する区間を短くすればよい。半分の0.5キロになれば、時速120キロで走行中のドライバーが減速する時間は15秒しかない。このようにして区間距離を短くしていけば、起点通過速度の計算精度は上がっていく。

 実際には、ミリ秒(1000分の1秒)の単位で自動車の速度が大きく変化することはないので、区間距離を短くするにも限界はある。道路沿いに設置されている速度表示板はかなり正確だが、それはこの計算を1メートル程度のごく短い距離で行っているからだ。

 では、車両が区間の起点を通過するときの正確な速度を知りたい場合はどうだろう。速度表示板の計算で生じるわずかな誤差でさえ許されないとしたらどうするか。計算の精度をさらに上げるには、距離をもっと短くする必要がある。ここまで来れば、「無限」の概念も近い。区間を無限に小さくすることで、無限に精度を上げられる、つまり正確な結果が得られるというわけだ。

「明日は晴れ」の信頼性

 「明日はよいお天気になるでしょう」は、本当だろうか?  天気予報が当たらないというのは、以前は常識だった。しかし、天気予報に微積分が使われるようになってからは変わってきている。大型コンピューターで計算が処理できるようになったおかげで、天気予報の精度は飛躍的に向上した。1970年代の予報と比べれば驚くほどの正確さだ。

 数値計算に基づく予測が取り入れられるまで、天気予報の手順はシンプルだった。

(1) 窓の外を見て、雲の様子や温度などを観察する

(2) 今日と同じ天気の日を過去の記録から探す

(3) 過去に同じ天気だった日の翌日の天気の記録が、明日の天気予報となる

 この予報では、今日の天気は昔のある日の天気とまったく同じで、明日以降も過去の記録と同じように推移することを前提にしている。だが雲の様子と温度だけを考えてみても、まったく同じ日があるとは考えにくい。天気はもっと複雑なものだし、これでは予報がなかなか当たらないのも無理はなかった。

 天気についても「計算して予測する」ことはもちろん可能だ。気象、つまり大気の状態の変化は、微積分を使うととらえやすい。第1次世界大戦のさなか、イギリスの数学者ルイス・リチャードソンは、計算に基づく天気予報を思いつき、過去のデータから、ある日の6時間後の天気を予測してみることにした。もっともこの計算には6週間もかかり、試みは失敗に終わった。

 計算で予報を出すのは、昔も今もかなり難しい。リチャードソンの場合は、時間がかかったばかりか、いくつも誤りがあった。天気には変化する要素がとても多い。大気は移動し、気温や湿度など、さまざまな数値に影響を及ぼす。高気圧と低気圧の位置関係やその動きも、大気圏のほぼ全体にわたって把握しておく必要がある。ほんの小さな変化でも、大きな違いにつながるからだ。

 変化するものがあまりにも多いため、的中率100パーセントの天気予報はまだ実現していない。巨大なスーパーコンピューターを使っても、確実な予報を提供できる計算スピードは達成できないのだ。

 そこで、天気予報ではすべてを正確に知ることはあきらめ、中間をとることにした。コンピューターは、大気をある面積、例えばヨーロッパの広域予報なら10キロメートル四方に区切った範囲内の天気は同じとみなして処理を行う。計算量が膨大になるので、区画はこれよりも小さくできない。このため天気予報には厳密でないところもあるが、それでもこの方法で予報を行うようになって以来、信頼性は大きく向上した。

 さて、「明日は晴れ」の予報を信じるべきか。答えはイエスだ。100パーセント正確な予測はできないにしても、天気予報の精度はかなりのものだ。区画ごとに天気がどう変化していくかは、コンピューターが計算する。大気が移動する速度は微分で、一定時間経過後の変化量については積分を用いて解析する。天気予報は数学のおかげで格段に正確になった。実際、翌日の予報はほぼかならず的中、翌週の予報でも8割から9割程度は当たるようになっている。微積分はこんなところでも役に立っているのだ。

微積分で橋をかける

 変化するのは天気だけではない。ほかのもの、例えば建物も絶えず変化している。見てわかるものではないが、外部から受ける風の力や建物内にいる人間の重さなどでつねに負荷がかかっている。重力で下向きに引っぱられているにもかかわらず倒れないのは、それに耐えられるように建てられているからだ。

 建築は、長らく勘が頼りの技術だったが、20世紀初頭には科学の理論としての性格が強まった。ゴールデンゲート・ブリッジは、全長約2700メートル、ケーブルに使用されているワイヤーの長さは12万9000キロメートルにも及び、1937年の完成時は世界一の長さを誇っていた。圧倒的な大きさの橋はどうやって造られたのだろう。強風による橋の崩落を防いだり、中央部が重すぎてたわんだりしないようにするために、何をしたのか。そこには計算に基づく工夫があった。

 橋の崩落危険度を計算する際に用いられる物理学は、微積分がベースになっている。中心となるのは鋼材のたわみだ。ゴールデンゲート・ブリッジは鋼鉄の塔が大部分の重さを支える構造になっているが、鋼材に生じるたわみの程度は計算で求められる。形状の変化の計算には微分が、さらに全体でどの程度たわむかは、積分が用いられる。なお、この計算では鋼材の向きをはじめ、さまざまな条件を考慮しなければならない。

Photo_20200918111601

 の図に示したように、鋼材を横に寝かせて置くと、そのたわみは立てて渡した場合よりもかなり大きくなる。

構造物の安全性は計算で確認される

 前もって計算ができれば、せっかくかけた橋が崩落するような失態は防げる。橋に限らず、大きく複雑な建物を建てるときには数学が欠かせない。構造物の安全性は計算で確認されるため、それまで誰も見たことがないような建築物も可能になったのだ。

 微積分は世界を変えた。飛行機をはじめコンピューターやスマートフォンなど、現代の科学技術の多くは微積分を応用して実現された。世界をよりよく理解するために微積分は不可欠だ。もしなかったとしたら、人間はいまだに経験と勘だけに頼っていただろう。とっつきにくい印象があるかもしれないが、微積分の基本の考え方とその実用性は十分わかりやすいものだ。

 数学では、記号にまどわされて基礎となる概念を見失ってしまいがちだが、微積分の根底にあるのは「変化をかぎりなく細かく分けて分析する」ことだ。身のまわりにある機械の仕組みを理解したければ、まずこの考え方を押さえる必要がある。大事なのは、その手法が「どのように」機能するかではなく、「うまく」機能することである。

 身のまわりの世界がどうやって成立したのかを知っておくことは悪くない。そうすることで、社会に対するよりよい視点が得られるからだ。

 

2020年9月16日 (水)

【第99代首相】安倍内閣総辞職。今夜✍菅義偉内閣が発足

 「応援してくださった皆様感謝安倍晋三内閣総辞職談話 

産経新聞 2020年9月16日(水)11時38分配信

 安倍晋三内閣は16日午前の臨時閣議で、内閣総辞職を決定し、首相の談話を決めた。全文は以下の通り。

Photo_20200916173501

 内閣総辞職に当たっての内閣総理大臣談話

    令和2年9月16日

 本日、安倍内閣は総辞職いたします。

 この8年近く、内政、外交の諸課題に全力でチャレンジしてまいりました。残された課題も残念ながら多々ありますが、同時に、様々な課題に挑戦する中で、達成できたこと、実現できたこともあります。

 福島の復興なくして東北の復興なし。東北の復興なくして日本の再生なし。その思いで、政権発足以来、東日本大震災からの復興に全力で取り組んできました。

 経済最優先で、働きたい人が働くことができる社会をつくる。20年近く続いたデフレに「3本の矢」で挑み、400万人を超える雇用をつくり出しました。成長の果実を活かし、保育の拡充、教育無償化を実行しました。更には働き方改革、女性活躍、全世代型の社会保障改革。「1億総活躍」の社会に向かって、大きな一歩を踏み出すことができました。

 外交・安全保障では、集団的自衛権に係る平和安全法制を制定し、助け合える同盟はかつてなく強固なものとなりました。普遍的価値を共有する国々と手を携え、積極的平和主義の旗の下、「自由で開かれたインド太平洋」の実現に取り組みました。地球儀を俯瞰する外交を展開する中で、TPP、EUとのEPA、日米貿易協定が成立し、自由で公正な経済圏を世界へと広げるための主導的な役割を果たしてきました。

 全ては、国政選挙のたびに力強い信任を与えてくださり、私たちの背中を押していただいた国民の皆様のおかげであります。改めて心より御礼を申し上げます。大変厳しい時にも、至らない私を、変わることなく応援してくださった全ての皆様に、感謝申し上げます。

 どうか、次なる内閣、新総理に対しても、国民の皆様の御理解と御支援を心よりお願いいたします。私も、一議員として、新体制を支えていく。引き続き、日本の未来のため、全力を尽くしたいと考えております。

 国民の皆様。8年近くにわたり、本当にありがとうございました。

Photo_20200916172401Photo_20200916172501

安倍首相、官邸を出る 通算在位3188日

毎日新聞 2020年9月16日(水)18時39分配信

 安倍晋三首相は16日午後、菅義偉官房長官や官邸職員らに見送られて官邸を後にした。

 安倍内閣は16日午前の臨時閣議で総辞職し、安倍晋三首相が2012年12月に首相に返り咲いてから7年8カ月余りにわたった第2次政権が幕を閉じた。安倍前首相の連続在任日数は2822日、第1次政権との通算は3188日で途切れたが、いずれも歴代最長となった。

 安倍前首相は16日午後0時半過ぎ、内閣官房職員らが出迎える中、首相官邸エントランスに姿を見せ、職員から花束を受け取ると笑顔で一礼。両手を上げて見送りに応え、拍手に送られて官邸を後にした。

 その後は首相指名選挙が行われた衆院本会議に出席したのに続き、衆参両院の各会派をあいさつ回り。公明党では山口那津男代表が出迎え、安倍前首相が「6回の国政選挙を共に戦った」と振り返ると、山口氏は「安倍総理、本当にお世話になりました」と謝意を述べた。

Photo_20200916172701Photo_20200916173301

 安倍首相談話、安保政策「敵基地攻撃能力」専門家賛否保有必要」「専守防衛ゆるがす」 

長崎新聞 2020年9月16日(水)11時05分配信

 安倍晋三首相が11日発表した安全保障政策に関する異例の談話について、県内外の専門家の間では「必要」「専守防衛を揺るがす」と賛否が分かれた。敵のミサイル基地などを攻撃する「敵基地攻撃能力」保有の検討を暗に促す内容。談話は年内に結論を出すよう求めており、次期政権での議論の行方が注目される。

 談話は、北朝鮮の弾道ミサイル保有などで日本の安全保障環境は厳しさを増していると指摘。「日本を防衛しうる迎撃能力を確保していく」と敵基地攻撃能力保有の必要性を言外ににじませた。こうした検討は憲法の範囲内で行い、専守防衛の考え方や日米の基本的な役割分担を変えることはないと強調した。

 元陸自幹部で日本大の吉富望教授(安全保障・危機管理)は「中国や北朝鮮の軍事力増強を考えると、(敵基地攻撃能力を)持たざるを得ない」と指摘。日本は専守防衛を堅持してきたが「他国から日本が攻撃された場合、国民の犠牲を容認していることになる。国民の命を守るのは政府の責任だ」と支持した。

 安倍政権の安保政策を「世界の環境に合うようアップデートした」と評価。その上で「宇宙やサイバー対策など防衛の裾野は広がっていく。政府や党内、国民との間で安全保障に対する認識のギャップを埋めることが大事だ」と次期政権に注文した。

 政府は6月、技術的問題が発覚したとして、地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の計画を断念。弾道ミサイル迎撃に特化した専用艦建造やイージス艦の追加配備などの代替案が浮上している。

 元衆院議員の今川正美氏=佐世保市=は、イージス艦3隻が配備されている海自佐世保基地にも直接、間接的に影響が出ると推測。「海上自衛隊の負担が増えるだけ。イージス艦が、最新鋭のミサイルの迎撃に対応できるのか」と疑問視し「国民の理解を得られる安保政策ではない。無責任な談話だ」と一蹴する。

 NPO法人ピースデポ特別顧問で、長崎大客員教授の梅林宏道氏も反対の立場だ。敵基地攻撃能力保有は専守防衛を原則とする日本の防衛政策の根幹を揺るがし、集団的自衛権行使を容認した安保関連法成立(2015年)の時より「非常に危険な問題」と懸念。「敵基地攻撃を可能とすれば、国際関係を刺激し逆に緊張が高まってしまう」と危機感を示した。

Photo_20200916173601

首相指名選挙小泉進次郎一票笑いどよめき

HUFFPOST 2020年9月16日(水)15時19分配信

 自民党の菅義偉総裁が9月16日、衆参両院の本会議で第99代首相に選出された。

 午後1時から始まった衆院本会議の首相指名選挙では、自民党の小泉進次郎氏が「1票」を獲得すると、議場に笑いとどよめきが起こった。

 衆院本会議では、菅氏が314票。 続いて、立憲民主党の枝野幸男代表が134票▽ 日本維新の会共同代表の片山虎之助氏が11票▽希望の党の中山成彬代表が2票ーーを獲得。

 各党の代表が得票するのは想定内だが、続けて「小泉進次郎君、1票」と読み上げられると、議場には笑いとどよめきが起きた。

 首相指名選挙の様子をライブ配信していたテレ東NEWSには、小泉氏の得票にどよめく様子を聴きながら、クスリと表情を綻ばせる菅新首相の様子が映し出されていた。

 小泉氏への1票はNHKから国民を守る党の丸山穂高氏だった。FNNが報じた。

【衆院の票数内訳】

菅義偉氏 314票 枝野幸男氏 134票 片山虎之助氏 11票 中山成彬氏 2票 小泉進次郎氏 1票

【参院の票数の内訳】

氏 142票 枝野氏 78票 片山氏 16票 伊藤孝恵氏 1票 白票 3票

Photo_20200917051401

 菅内閣閣僚人事安倍前首相実弟初入閣 

中央日報 2020年9月16日(水)8時37分配信

「菅内閣」の発足を控えて閣僚人事が固まっている中、新防衛大臣に安倍晋三首相の実弟である岸信夫元外務副大臣を起用する方針を固めたことが15日、分かった。

 日本のメディアは16日、首相に就任する菅義偉自民党総裁が河野太郎防衛相の後任に岸氏を起用する方針を固めたと伝えた。

 岸氏は安倍首相の実弟で、幼いごろ母の実家・岸家に養子に出されて名字を変えた。

 時事通信の人物情報によると、1959年生まれである岸氏は1981年慶応大学経済学部を卒業した後、住友商社の米国・オーストラリア支店で勤務した。2004年参議院、2011年衆議院に当選し、防衛大臣政務官、外務副大臣などを歴任した。2018年10月衆議院安全保障委員長を務めた。

 岸氏は8月13日、終戦記念日(8月15日)を2日前にして靖国神社を参拝した。

 また、注目を集めた後任官房長官には加藤勝信厚生労働相が有力視されている。加藤氏は安倍首相の家と近い関係と知られており、第2次安倍内閣で2年10カ月間官房副長官として官房長官だった菅氏と呼吸を合わせた。

 その他にも16日確定する閣僚人事では麻生太郎財務相兼経済副総理をはじめ、気茂木敏光外相、赤羽一嘉国土交通相、橋本聖子オリンピック担当相、萩生田光一文部科学相、小泉進次郎環境相の留任が確実視されている。河野防衛相は行政改革相に横滑りするものとみられる。

 厚生大臣には田村憲久元厚生相の再登板が確定したことが分かった。

 閣僚人事に先立ち、15日決定された自民党幹部陣人事では「菅首相」をを作り出した立役者とされる二階俊博幹事長の留任が確定した。

 選挙戦のライバルだった岸田文雄政調会長の後任には下村博文選挙対策委員長が任命された。選挙対策委員長には山口泰明組織運動本部長が、総務会長には佐藤勉元総務相が抜擢された。幹部4人が二階派・麻生派・細田派・竹下派に等しく配分された。

 現在まで半分程度公開された「菅内閣」の全容は新しい政権が安倍内閣の延長線上で政策を継承することを予告されている。多数が再任されたのはもちろん、新メンバーもほとんど「安倍側近」や「安倍政府ですでに閣僚を務めた人物」だ。

 特に、新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の初期対応で事実上落第点を受けた加藤厚生相を「政権の第二人者」である官房長官に起用するなど「基準のない“回転ドア人事”」という批判を避け難いものとみられる。

「派閥配分」も主な争点だ。菅氏は2009年無派閥になって以降自ら「脱派閥」を主張してきた。14日、自民党総裁当選後記者会見でも「派閥にこだわらず改革意欲のある人材を登用する」と明らかにした。だが、今回の選挙で自身を積極的に支持して首相にしてくれた派閥の要求を無視するわけにはいかない状況だ。

 派閥は席配分に露骨な欲を表わしている。朝日新聞は「(菅氏の)脱派閥はマスコミ向け」(麻生派幹部)、「衆参合わせて閣僚4ポストは確保したい」(細田派幹部)など派閥内部の声を伝えた。

 菅氏は16日午後、衆・参議院両院本会議で総理指名を受けた後、直ちに組閣に着手する。また、徳仁天皇から任命状を受けた後、新内閣を発足する。

 岸信夫防衛相武装論を否定 

朝日新聞デジタル 2020年9月17日(木)2時09分配信

 菅内閣で防衛相に就任した岸信夫・元外務副大臣は17日未明、首相官邸での記者会見で、日本が核武装する必要性について問われ、「わが国が核兵器を持つことは決してないと考えている」と否定した。岸氏は安倍晋三前首相の実弟。

 岸氏は自民党が政権に復帰した2012年12月の衆院選にあたり、毎日新聞が実施した候補者アンケートで、「日本の核武装について、あなたの考えに近いものを一つ選んでください」との質問に対し、「今後の国際情勢によっては検討すべきだ」との回答を選んでいた。

 岸氏はこの日の会見で「内閣の一員である防衛大臣として」と前置きしたうえで、「わが国は唯一の戦争被爆国として、非核三原則を国是として堅持している。NPT(核不拡散条約)の締約国として、核兵器の製造や取得などは行わない」と述べた。

 菅新内閣は安定志向 再任8人閣僚経験者4人再登用 

毎日新聞 2020年9月16日(水)20時51分配信

 第202臨時国会が16日召集され、衆参両院の本会議での首相指名選挙で自民党の菅義偉総裁(71)が第99代首相に選出された。午後6時前からの皇居での首相任命式と閣僚の認証式を経て、公明党との連立による菅内閣が発足した。

 菅氏は16日朝、東京・赤坂の議員宿舎周辺で日課の散歩をした後、ホテルで秘書官と打ち合わせ。安倍内閣総辞職の臨時閣議に官房長官として出席した後、党本部で広報用の写真撮影をした。午後1時前、首相官邸から去る安倍晋三前首相をホールで見送ってから衆院本会議場に向かった。

 首相指名選挙は衆院(投票総数462票)が菅氏314票▽立憲民主党の枝野幸男氏134票▽日本維新の会の片山虎之助氏11票▽無所属の中山成彬氏2票▽自民党の小泉進次郎氏1票。参院(同240票)は菅氏142票▽枝野氏78票▽片山氏16票▽国民民主党の伊藤孝恵氏1票▽白票3票の結果だった。いずれも菅氏が過半数を得た。

 菅氏はその後、官邸で公明党の山口那津男代表と党首会談を行って組閣本部を設置。加藤勝信官房長官(64)=竹下派=が記者会見で閣僚名簿を発表した。

Photo_20200917051701Photo_20200917051101

 菅氏肝いりの「デジタル庁」創設に向けて新設したデジタル改革担当相に就いた平井卓也氏(62)=岸田派=を呼び込んだ際、菅氏は「思い切ってやってくれ」と指示。平井氏は記者団に「総理の覚悟がうかがえた。私も全力を尽くしたい」と語った。

 初入閣は5人で、閣僚経験者4人を再登用。25年の大阪・関西万博に関する特別措置法に基づく万博担当相が新設され、閣僚ポストは1増の20となった。第4次安倍再改造内閣からの残留は11人。麻生太郎副総理兼財務相(79)=麻生派=ら8人が再任され、3人が横滑りで担当を変わった。

 官房副長官に側近の坂井学元副財務相(55)=無派閥=を新たに起用。参院議員の岡田直樹官房副長官(58)=細田派、官僚トップの杉田和博官房副長官(79)は再任した。側近の和泉洋人首相補佐官(67)と木原稔首相補佐官(51)を再任し、トランプ米大統領周辺に人脈を持つ阿達雅志・元党外交部会長(60)を新たに補佐官に起用した。

 菅氏は秋田県出身者で初の首相。70代で初めて首相に就任するのは福田康夫元首相以来、戦後8人目。派閥に所属せず、国会議員の親族を持つ世襲でもない「無派閥・非世襲」議員が自民党から首相となるのは異例だ。

Photo_20200917054601Photo_20200917053601

 菅義偉内閣ポスト菅”「加藤勝信官房長官」の履歴書 

デイリー新潮 2020年9月16日(木)15時31分配信

花の54年組の室崎勝信から加藤勝信へ

 官房長官に就任し、一気に次期首相候補に躍り出たのが加藤勝信氏(64)だ。もともとは室崎姓だった彼がいかにして権力の階段を上り詰めて行ったのか……その履歴を辿る。

Photo_20200917053001Photo_20200917053201

 加藤氏は東大経済学部を卒業し、1979(昭和54)年に大蔵省(現在の財務省)に入省した。当時を知る同省関係者によると、

「当時まだ彼は室崎勝信という名前だったんですが、特に目立つことがなくその名が挙がることはなかったですね」

 彼の入省年次は「花の54年組」と言われていて、同期から木下康司、香川俊介、田中一穂の3氏が事務次官に上り詰めている。極めて異例のことだ。

「田中さんに関しては次官の器ではないと見るムキが大勢でしたが、安倍晋三首相の秘書官を務めた経験から、下駄をはかせてもらったという評価がもっぱらですね」

「この期はもともと道盛(大四郎)さんと桑原(茂裕)さんとが次官候補のツートップ。いずれにせよ、室崎(=加藤)さんの名前が出ることはありませんでした」

 室崎勝信氏は1994年4月から大蔵省時代に農水相秘書官を務めたが、その際の農水相は加藤六月氏だった。

 永田町関係者によると、

「加藤六月さんといえば安倍晋三さんの父親、晋太郎さんの番頭として知られた人物です。晋太郎さんが率いた安倍派四天王の1人。六月さんが農水相を務めたのは、わずか2か月で退陣した羽田内閣においてだったのですが……」

「六月さんは長女の康子(こうこ)さんを大蔵官僚と結婚させたがっていました。そこで白羽の矢が立ったのが室崎(=加藤)さんだったということです」

婚約者と別れた後、その妹と結婚して…

「話は順調に進み、2人は婚約したのですが、ある日、康子さんから婚約破棄の申し出があった。それからハーバード大の大学院に留学したのです」

 フラれた格好の室崎勝信氏はその後、康子さんの妹と結婚。婿入りして「加藤勝信」となった。

 ちなみに加藤康子さんは都市評論家として活躍。内閣官房参与などを歴任し、一般財団法人「産業遺産国民会議」の理事を務めている。

 また康子さんは、8県23件の「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」を「世界文化遺産」へ登録するにあたり、中心的な役割を担った人物として知られている。

 話を戻すと、加藤六月氏の願いだった「大蔵官僚との結婚」も、形は違ったが果たされたことになる。

 勝信氏は1995年に大蔵省を退官し、98年から六月氏の秘書に。その年の参院選には無所属で、2000年の衆院選には自民党から出馬するも落選。

「選挙に2度落選してもうダメかと言われたこともありましたが、なんだかんだとサバイブしてきましたね」(先の永田町関係者)

 それでも、初当選は2003年まで待たねばならなかった。

 2007年の第1時安倍改造内閣で、内閣府大臣政務官に任命。自民党が下野した後、政権を奪還した12年12月に発足した第2次安倍内閣で官房副長官に就任。初代内閣人事局長も務めた。

 2015年10月に内閣府特命担当相として初入閣。17年8月から厚労相と新設された働き方担当相、18年10月から自民党総務会長、そして19年9月から再び厚労相と働き方担当相に。

安倍氏への忖度説も取り沙汰され…

「とにかく、自民党が政権与党に復帰して以降の安倍政権では、官房副長官、大臣、党3役と要職をずっとやり続けてきたわけです。閣内で同じポジションを務め続けた菅さん(義偉)や麻生さん(太郎)とはまた違った意味で、安倍さんが絶大な信頼を置いていたのは間違いない」

 もちろんその信頼は、「安倍晋太郎と加藤六月」という先代の“親子関係”と無縁ではない。それに加えて、

「ゴッドマザーと呼ばれる安倍さんの母・洋子さんと勝信さんの義理の母・睦子さんはとても親しい。そして2人とも“息子”たちをとても可愛がっている」

 実際、2人は、政財界トップの夫人たちが集まって設立された書道サークル「雍容苑(ようようえん)」の会員であり、かつて睦子さんが週刊新潮にこう語っていたことがある。

「洋子さんは、“最近になって、ようやく上手く書けるようになってきたわ”とおっしゃっていました。彼女は書道の他に茶道も嗜まれていて、表千家同門会の山口県支部長も務めています。“父が表千家だったので私も”とお父様のことを誇りに思っているのがわかりましたね」

 再び、永田町関係者の話。

「安倍さんが加藤さんを重用したのは仕事ができるということもありますけれど、洋子さんと睦子さんへの忖度がなかったわけではないでしょう」

 首相の座に就くことができなかった加藤六月氏の夢を、睦子さんが義理の息子に見ていても何ら不思議ではない。

「今回の官房長官人事にしても、菅さんが安倍さんに忖度したなんて話も出ています」

 最後に、先の財務省関係者はこう話す。

「加藤さんが台頭して、久々に大蔵省出身の財務相が登場するなんて言われていたんですが、財務相をスッとばして首相というのも見えてきたのかもしれませんね」

Photo_20200917054401

 習近平主席菅首相に祝電「新時代の中日関係構築を」 

産経新聞 2020年9月16日(水)19時39分配信

 中国の習近平国家主席は16日、菅義偉新首相に祝電を送り、「双方は新時代の要求に合致した中日関係の構築を積極的に推し進めるべきだ」とのメッセージを伝えた。米中間の対立が激化する中、中国側は日米が共闘して対中圧力を強める事態を避けるため、日本を引き寄せたい考えだ。

 習氏は「長期的に安定し友好的に協力する中日関係を発展させることは、両国民の根本的利益に合致する」と指摘した。

 中国の李克強首相も16日、菅首相に祝電を送り、「中国は日本とともに、各分野での友好交流と実務協力を強化し、両国関係の一層の発展を推し進めたい」と表明した。

 解散野党の準備整えば…自民二階俊博幹事長 

時事通信 2020年9月16日(水)15時18分配信

 自民党の二階俊博幹事長が16日、衆院解散・総選挙の時期について野党の皆さんの準備が整ったところで平和的にと語り、周囲が慌てて打ち消す一幕があった

 新国民民主党の執行部があいさつ回りで国会の自民党控室を訪れた際の発言。冗談のつもりだったようだが、隣で聞いていた二階氏側近の林幹雄幹事長代理が真面目な調子で「幹事長は選挙と聞くとすぐやりたがっちゃうから聞かないでください」と割って入り、周囲は笑いに包まれた。

 この後、同席した国民幹部は野党の準備が整ったらというなら、いつまでたってもできないと自嘲した。 

Photo_20200917205901

関連エントリ 2020/09/15 ⇒ 【菅新総裁誕生】今日まで<官房長官>明日✍99代内閣総理大臣へ

 

2020年9月15日 (火)

【菅新総裁誕生】今日まで<官房長官>明日✍99代内閣総理大臣へ

 菅義偉第99代首相16日に誕生「全て傾注し、国民の為に働く」 

スポーツ報知 2020年9月15日(火)6時00分配信

 安倍晋三首相(65)の辞任表明に伴う自民党総裁選が14日、都内のホテルで行われ、菅義偉内閣官房長官(71)が第26代総裁に選出された。岸田文雄政調会長(63)が2位、石破茂元幹事長(63)は3位だった。菅氏は細田派など主要派閥の支持を受け、地方票でも圧倒した。15日に党役員人事に入り、16日召集の臨時国会で第99代首相に選出され、菅内閣が発足する。

Photo_20200915153801

 菅新総裁に笑顔はなかった。マスクを外すと、両手で握り拳を作り、壇上で決意を語った。「安倍総理が病気のために道半ばにして退かれることになった。しかし、新型コロナウイルスが拡大するという、まさに国難にあって、政治の空白は許されません。この危機を乗り越えて、一人一人が安心をして安定をした生活が送れるよう、安倍総理が進めてきた取り組みを継承し、進めていかなければなりません。私にはその使命がある」。安倍政権の継承と前進―。淡々とした口調は徐々に熱を帯び始めた。

 内政は自身の「得意分野」(陣営)。自身の信条である「自助・共助・公助、絆」に触れ、「国民から信頼される政府を作っていきたい」と誓った。7年8か月の安倍政権を官房長官として支え、災害対応のほか、省庁を横断する取り組みや規制緩和に取り組んだ。この日も役所や自治体のデジタル化を推進する「デジタル庁」の創設に意欲を示し、総裁選期間中に掲げた携帯電話料金の大幅値下げも目指す。幹部人事権を掌握し、「霞が関」から反発を受けても政策を進めた“剛腕”。新型コロナウイルス対策、日米外交や景気回復など課題が山積みの中、手腕が問われる。

 安倍首相の電撃辞任から5日後。「誰にも相談せず」(周辺)に総裁選への立候補を決断した。秋田県の農家に生まれ、政治家に必須と言われる「地盤・看板・カバン」はなかったが、2009年以降、無派閥を貫き、総務相、官房長官など着々と実績を積んだ。「悩みに悩んだが、私がやらなきゃならない」。覚悟は党内に広がった。党内主要5派閥、無派閥議員から幅広い支持を受け、菅氏は377票と圧勝。89票の岸田氏、68票の石破氏を大差で退けた。

 16日の臨時国会で首相指名を受け、正式に第99代首相となる。実に7年8か月ぶりの首相交代。菅氏は総裁選を争った岸田氏、石破氏をねぎらい、要職での起用も示唆した。政権発足から3か月は支持率は高止まりする傾向にあるが、衆院解散については「(新型コロナの)専門家の先生の考えを参考にする」とし、「下火にならないと難しい」と、慎重な姿勢を示した。「全てを傾注し、この日本のため、国民のために働くことをお誓い申し上げます」。強い口調で覚悟を示した。

 菅義偉矢沢永吉 同い年71歳ピッタリ一致の成り上がり伝説 

東スポWeb 2020年9月15日(火)5時15分配信

 自民党総裁選が14日行われ、前評判通り菅義偉官房長官(71)が岸田文雄政調会長(63)、石破茂元幹事長(63)に大差をつけ、第26代総裁に選出された。16日の首相指名選挙で安倍晋三首相(65)の後継首相となる。菅氏は世襲議員でも官僚出身でもなく、自民党では田中角栄元首相以来の叩き上げ。そのサクセスストーリーに、選挙区の横浜市では、あの矢沢永吉(71)に続く〝成り上がり〟伝説が語られている。

 新総裁となった菅氏は「地縁も血縁もない政治の世界に飛び込んで、まさにゼロからのスタート。その私が歴史と伝統ある自民党の総裁に就任することができました」と万感の思いで語った。

 菅氏は秋田のイチゴ農家出身で、高校卒業後に単身上京。段ボール工場に身を寄せ、アルバイトをしながら学費をため、当時最も学費が安かったとの理由で、法政大学に進学した。

 卒業後、政治の世界を志し、横浜中心部を地盤に有力議員だった故小此木彦三郎衆院議員の事務所の門を叩き、市議を経て、1996年の衆院選で神奈川2区(西区・南区・港南区)で当選した。

 地元住民は「小選挙区制度がスタートした最初の選挙で、菅氏は市議で活動していた西区だけでなく、南区と港南区もカバーしなくてはいけなくなった。そのため、事務所は南区の弘明寺駅と蒔田駅の間に構えたのですが、実は永ちゃん(矢沢永吉)も広島から出てきて、最初に住んだのは弘明寺なんです。何もない弘明寺、蒔田から総理大臣が誕生することになるなんて。永ちゃんに続く、大出世物語ですね」と感嘆する。

 矢沢の著書「成りあがり」でもスーパースターを夢見て、上京したものの横浜で下車し、弘明寺の共同アパートから裸一貫でスタートした苦闘ぶりが描かれている。

 地元飲食店主は「菅さんは本当に愚直で誠実な人。総務大臣になった時(2006年)でも、人が誰もいないスーパーの前で、国政報告の立ち演説を1人でしているような人。シャレたことをやっているなと思ったよ」と話す。

 地縁は永ちゃんだけじゃない。菅氏は弘明寺、蒔田エリア内で事務所を転々としているが、霊能者の宜保愛子さん(享年71)の自宅隣でも長く、事務所を構えていた時期があった。

「この辺では、宜保さんの自宅の横に菅さんの事務所があったのは有名な話。宜保さんは一時、テレビに引っ張りだこの時の人で、菅さんも宜保さんの自宅が横にあったのは知らないハズがない。宜保さんは2003年に亡くなったが、今でも霊験あらたかな場所として訪れる人もいる。菅さんもなんらかのパワーをもらったのでは?」とは事務所近くに住む住民。

 宜保さんの死後、菅氏は総務相を皮切りに、党幹事長代行、選対副委員長など要職を歴任し、第2次安倍政権で官房長官に就任し、安倍首相を支えてきた。

 自民党関係者は「菅氏は黒子のイメージがありますが、チャンスがあれば首相の座を狙っていたことは間違いない。昨年の参院選で地方遊説した際、ホームに集まった人に自ら名刺を配っていた姿に驚いた。官房長官の名刺をもらったら、みんな心酔しますよ。あの姿に権力への飽くなき欲求を見ました」と話す。

 フリマサイトでは、菅氏の名刺が高値で転売されているのが話題になったが、大量出品されていたのもそんな事情があったワケだ。

「菅さんは筋を通すために、曲がったことには一言居士なところがある。来年の総裁選までのつなぎ政権、なんて声もあるが、首相になったからには、簡単に引き下がる性格じゃない。長期政権を狙っているハズですよ」と菅氏を知る古参秘書。

 矢沢は自著で「国会議事堂、東京タワーが見えるところじゃないと日本じゃない」と記し「世界のYAZAWA」となった今では、国会近くのホテルのレストランをひいきにしている。同レストランは菅氏も頻繁に利用しているのは偶然だろうか。

 地方から単身、成り上がって事実上の首相である自民党総裁の座を射止めた菅氏。今後、矢沢のように「世界のSUGA」となれる日が来るのか、その手腕が試される。

 岸田文雄政調会長に“施し票”、露骨な「石破茂つぶし」の声 

西日本新聞 2020年9月15日(火)9時50分配信

 14日、菅義偉新総裁を選出した自民党総裁選はむき出しの「派閥の論理」に始まり、終わった。無派閥の菅氏に5派閥が競うように相乗りし、告示前に勝負はついた。石破茂元幹事長を最下位に落とし、再起不能にさせることをもくろみ、安倍晋三首相と麻生太郎副総理兼財務相がそれぞれ所属する派閥から、2位の岸田文雄政調会長に議員票を融通する工作も行われたとみられる。「密室」「談合」色が拭えぬ選出過程は、新政権を縛る足かせになりそうだ。

 「岸田文雄君、89票」-。

 野田毅・総裁選挙管理委員長が読み上げた瞬間、総裁選会場のホテルにどよめきが広がった。岸田氏の地方票はわずか10票。率いる岸田派は47人のため、数字は岸田氏が事前の予想をはるかに上回る国会議員票を獲得した事実を告げていた。「よしっ」と強くあごを引く岸田氏。派閥の参院中堅は拍手をしながら「予定より30票近く、多いな」とつぶやいた。

 今回、菅氏を推した首相と麻生氏だが、岸田氏も見捨てたわけではなく、一方で石破氏を毛嫌いしているのは周知の事実。2位争いに後れを取りそうだった岸田氏を見かね、当の菅氏も地方票の集計直前、方々に電話して岸田票の現状を情報収集していた。

 この日、首相の出身派閥・細田派の中枢幹部は、菅陣営の関係者から「(岸田氏に)票を回したのか」と尋ねられ「自民党には、こういういいところがあるんだよな」と満足そうに独りごちた。麻生氏の側近も「うまくいった」と漏らし、圧倒的優位だった菅陣営から岸田氏サイドに対する温情票の存在をにおわせた。

 国会議員票が伸びず、計68票にとどまった石破氏は、硬い表情を崩さず会場を後にした。幕引きまで続いた「石破つぶし」の背景を、自民党関係者は明かした。「『石破総理』がいかに非現実的かを、党内外に示す。石破氏の政治生命の芽を徹底的に摘んでおくということだ」

      ■     

 首相が辞意表明した翌日の8月29日、二階俊博幹事長らと菅氏が密会して流れをつくり、5派閥が勝ち馬に乗ろうと「菅氏支持」で雪崩を打った構図だった。

 派閥に属さず、党内基盤の薄さが弱点だった菅氏。自身の派閥に総裁候補を持たないため、「キングメーカー」になることでしか党中枢の地位を保てない二階氏。両者は利害がピタリと一致し、補完し合える関係にあった。二階氏は地方で人気の高い石破氏に有利とならないよう、党員・党友投票を省略する「簡易型」の選挙方式も早々にレールを敷き、菅氏に大きな恩を売った。大勢は決した。告示前から各派閥の関心は菅政権を見越した猟官運動に移り、「論功行賞」狙いの綱引きが際立った。

 自民党はかつてカネ、人事、選挙を陰で操った派閥支配が世論の批判にさらされ、政治改革の潮流ともあいまって2009年には野党に転落、出直しを図ったはずだった。今回の選挙戦では政策論争は後景にかすみ、「数は力」の原理に基づく派閥政治が堂々と復権し、「古い自民に後戻りするな」の声はかき消された。

 16日、第99代首相となることが確実な菅氏。14日の記者会見では「派閥の弊害ということは全くない」と言い切ってみせたが、選挙戦で背負い込んだ派閥のしがらみがそのリーダーシップに影を落とすことは避けられない。

Photo_20200915153901Photo_20200915154301

最下位石破茂厳しい再挑戦の道 支持拡大怠ったツケ

産経新聞 2020年9月14日(月)20時56分配信

 「党員すべてに投票権があってもらいたかった」

 自民党総裁選で最下位に終わった石破茂元幹事長は14日、記者団にこう語り、全国一斉の党員投票が見送られたことに重ねて異議を唱えた。敗退は4度目。次回への意欲を問われると「終わったばかりで言えない」と述べるにとどめた。

 石破氏の力の源泉は地方人気だったが、今回の地方票獲得は42票にとどまり、菅義偉官房長官の89票に遠く及ばなかった。課題だった国会議員票は26票で、目標の40票に届かなかった。仲間を増やす取り組みについて問われると「意思疎通に努めることだ」と答えたが、時すでに遅し。努力を怠ってきた代償は大きかった。

 無派閥議員に影響力を持つ菅氏と二階派(志帥会、47人)を率いる二階俊博幹事長の協力を取り付けて頂点に立つ-。石破氏陣営は当初、来年9月の総裁選に照準を合わせ、このようなシナリオを描いていた。だが、安倍晋三首相の辞任表明直後に菅氏は二階氏に出馬を伝達して支持を取り付け、石破氏の計画は破綻した。

 石破派(水月会、19人)は自前で総裁選を戦う基盤を持たない。今後は菅氏に協調姿勢を示しつつ、「菅内閣」の支持率が急落した場合に備え「受け皿」となることを狙う構えだ。

 とはいえ、「反安倍」で注目された石破氏は、首相が表舞台から去れば存在感を失う可能性がある。岸田文雄政調会長にも後れをとったことで「賞味期限が切れた」(閣僚経験者)との評もあり、5度目の挑戦は簡単ではない。

地銀氏「再編も一つの選択肢発言再編圧力を警戒

時事通信 2020年9月15日(火)7時11分配信

 菅義偉氏が自民党総裁に決まったことで、地方銀行に再編の圧力が高まりそうだ。自民党総裁選への出馬会見では、全国102行に上る地銀の数について「多過ぎる」と発言、将来の再編の必要性を訴えた。単独での生き残りを目指す地銀にとっては、「寝耳に水」(第二地銀関係者)の事態。政治主導で再編が進む可能性に、警戒感が広がっている。

 「再編も一つの選択肢になる」。出馬会見から一夜明けた3日、菅氏は具体的な地銀改革の手段にまで踏み込んだ。異例とも言える発言だが、人口減少や超低金利に加え、新型コロナウイルスを受け経営環境が悪化する地銀の持続性に疑問を投げ掛けた格好だ。

 菅氏は官房長官として、地銀再編を後押ししてきた経緯がある。親和銀行(長崎県佐世保市)を傘下に持つふくおかフィナンシャルグループと、十八銀行(長崎市)の経営統合では、統合を後押しする金融庁と、独占禁止法上の問題を指摘する公正取引委員会との対立を調整。これを踏まえ政府は特例法を成立させ、地銀が統合・合併を進めやすくなる道筋をつけた。

 独禁法の特例法は11月に施行される見通し。ある西日本の地銀関係者は「適用第1号の事例を作るため、再編圧力が強まるのではないか」と不安を隠さない。実際、菅氏の発言以降、青森県の青森銀行とみちのく銀行の統合観測も浮上した。

 統合後の融和に苦労する地銀も多く、「くっつければ良くなるわけではない」(別の地銀関係者)との声も根強い。しかし、再編圧力をかわし単独存続を目指すハードルは高い。 

叩き上げ菅義偉私は負け続けた人間黒子から主役になるまで

西日本新聞 2020年9月15日(火)10時18分配信

 冬には豪雪に見舞われる山あいの集落は、こうべを垂れる稲穂で黄金色に染まっていた。秋田県南部の湯沢市秋ノ宮地区。田園を縫うように、太公望に愛される役内川が流れる。

 「子どものころは夏は魚捕り、冬は相撲かスキー。それしかなかった」。地区で生まれ育った菊地洋一さん(71)は幼少期を振り返る。「おい、ザッコ(雑魚)捕りさいくどー」と誰からともなく誘い合い、日が暮れるまで川に入った。

 イワナ、アユ、ときに数十センチのマス。地区には、魚捕りがひときわ上手な同級生がいた。モリを手に潜ると獲物をさっと仕留め、周囲にはにかんだ笑顔を見せた。14日午後、菊地さんはテレビ画面でスポットライトを浴びる男に、遠い記憶を重ねた。

 「あの時の表情だな。ヨシヒデがここまでなるなんてな」

 菅義偉氏はこの日、自民党総裁選で圧勝し、万雷の拍手の中で「この日本のために、そして国民のために働くことを誓う」と高揚気味に語った。

Photo_20200915154101

 気遣い、負けず嫌い、一度決めたら譲らない-。幼なじみが共有する菅氏の印象はこの3点だ。そしてこう口をそろえる。「スポーツは万能。勉強もできる。でも、どれも1番ではなかったな」

 相撲では相手にけがをさせないよう投げ飛ばさず、つり出した。腕っ節は強かったが、友人同士のけんかは双方の言い分を聞いてなだめた。中学の野球部では、熱心な練習で憧れのサードを射止め、変則的な打撃フォームの修正を監督に命じられても「これが自分に合っている」と貫いた。

 進学した湯沢高まではバスと汽車を乗り継いで2時間。雪に閉ざされる冬場は下宿する。幼なじみの伊藤英二さん(71)は長い時間を語らったが、将来の夢を聞くことはなかった。父はイチゴ農家として成功。姉2人は教員。どちらかの道に進むのだろうと思っていた。

 1967年。卒業を迎え、集団就職の同級生は東京へ。波に乗り遅れた菅氏もすぐに上京を決めた。高校1年の時に地元で聖火ランナーの伴走をした東京五輪の高揚感が残っていたのかは分からない。伊藤さんはこんな言葉を聞いた。

 「農業じゃいい暮らしはできねえ。ほかのことさ見つけてえ。何かやることがあるはずだ」

 間もなく国のトップに立つ菅氏は、明確な目標を持たずに故郷を飛び出した青年だった。

目標達成に手段選ばず

 秋田を出て、東京都内の段ボール工場で働いた。学費をため、アルバイトを掛け持ちしながら法政大法学部を卒業。「世の中を動かしているのは政治だ」と政界に飛び込み、国会議員秘書を経て地方議員に-。

 菅義偉氏は自民党総裁選で、「地方出身のたたき上げ」である自身の経歴を繰り返しアピールした。それは今に始まったことではない。

 もう30年以上前、小中高の同級生で元秋田県湯沢市議の由利昌司さん(71)は横浜市議になったばかりの菅氏と会った。同じ地方議員として、縁もゆかりもない土地で選挙を戦う厳しさを知る由利さんが「よくぞやれたな」と声を掛けると、菅氏はこう答えた。

 「横浜は生粋の地元の人だけじゃない。街頭に立つと、演説のなまりを聞いた地方出身者が足を止め、応援してくれた。それが励みになった」

 大学OBの紹介で菅氏が秘書を務めたのが小此木彦三郎元通産相。その地盤が横浜だった。当選同期の元市議は「忙しい小此木氏に代わり、菅氏は地元の企業や支援者と関係を築いていた。議員の素地はできていた」と言う。

 初挑戦の1996年衆院選で「地元じゃない」と他陣営から攻撃された。あえて名刺に「秋田出身」と刷り、地方出身を押し出した。それは現在も続く。大都市の横浜で地盤を固めつつ、「土のにおいのする政治家」(自民党元幹部)を売りに当選を重ねた。

   ■    ■

 自民党横浜市議団には、若手からベテランまで総意で団長を決める慣例がある。市議の田野井一雄さん(79)は「それは菅さんのレガシー(政治的遺産)だ」と語る。トップダウンの人事案に、当時新人だった菅氏が「1期生でも市民の負託を得ている」と異を唱えたのが発端だったという。

 意志あれば道あり-。国政でも自身の座右の銘を貫いた菅氏だが、党内では「負け組」が続く。98年総裁選では、政治の師と仰ぐ梶山静六元官房長官を支持して所属する小渕派を離脱。2000年には森内閣不信任案を巡る「加藤の乱」に同調した。

 立て続けに政局に敗れ、いつしか無派閥の「異端児」と見られるようになった。「私は負け続けた人間」と語ったこともある。だが安倍晋三氏を支える「側近」ポジションを確保すると、その境遇が一変する。

 第1次安倍政権で総務相に就任すると、省内の異論を抑え込み「ふるさと納税」を創設。NHKの受信料を引き下げる改革にも着手した。反発する官僚は更迭もいとわなかった。当時を知る元総務省関係者は「信念だけではない。菅氏の持つすごみ、怖さを感じた」と振り返る。

   ■    ■

 危機管理のため東京をほとんど離れず、日課の散歩もスーツでこなす。朝昼晩と各界の関係者と会食し、情報収集にいそしむ-。第2次安倍政権の官房長官として7年8カ月、それが菅氏の日常だった。

 「あれだけ人に会うから、何が批判を受けるか誰よりも分かる」と周辺が語る通り、リスクを嗅ぎ取る感覚は研ぎ澄まされた。問題閣僚は早々に切り捨て、災害時は「プッシュ型支援」で政権批判の芽を摘んだ。

 一方で「目的達成には手段を選ばない」(衆院当選同期)という一面が顕著になっていく。

 官邸主導で中央省庁の幹部を動かせる内閣人事局が14年に発足。「政権の方向に官僚を動かせるようになった」と周囲に漏らし、官邸の歓心を買おうとする「忖度官僚」を生み出した。自身を慕う議員の重用も目立つようになった。

 「自分を舞台の俳優だと思え」。菅氏は自身の秘書をこう指導してきた。自分を客観視し、与えられた役割をこなせとの意味だという。菅氏自身、「令和おじさん」で知名度を上げ、首相候補に名を連ねても、上昇志向を表に出さず、黒子役に徹してきた。

 必然か、偶然か。ナンバー2を演じきった菅氏は主役の座を射止め、舞台の中央に躍り出た。その舞台から飛び降り、国民に信を問うのかどうか。記者会見で衆院解散の意向を聞かれた菅氏は「総裁に就任したわけですから、仕事をしたい」とはにかんだような笑顔で言った。

 菅義偉 新総裁安倍外交継承するか世界が注視 

西日本新聞 2020年9月15日(火)11時11分配信

米国 中韓との関係構築に注目

 安倍政権の継承を表明している菅義偉官房長官の新首相就任が確実となったことについて、米国内では日米関係に大きな政策転換はないと受け止められている。ただ、日米同盟に影響を及ぼしかねない東アジア外交に不透明感があるとの指摘がある。

 菅氏は昨年5月、首都ワシントンを訪れ、ペンス副大統領やポンペオ国務長官らトランプ政権の主要メンバーと会談。ある米政府関係者は「会談をそつなくこなした菅氏に、大きな心配はない」と話す。11月の大統領選でトランプ氏が敗れる可能性はあるが、菅氏は民主党の大統領候補バイデン氏が副大統領を務めたオバマ前政権にも対応した実績があり、一定の信頼につながっているとみられる。

 懸念されるのが対中、対韓外交だ。総裁選で菅氏への支援をいち早く表明した親中派の二階俊博幹事長が影響力を増し、新政権が中国への融和姿勢を強める可能性もあり、対中強硬策を打ち出すトランプ氏が再選すれば、両国間の足並みの乱れにつながりかねない。

 日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を巡る問題もくすぶる。米国としては、日韓両国との連携に支障を来す事態は避けたいだけに「日韓関係がどれだけ改善できるのか注目したい」(日米外交筋)との声が上がる。

中国「米との歩調」気掛かり

 菅義偉官房長官の中国での知名度は低いが「農民出身で苦学した政治家が日本の最高権力者になる」(中国メディア関係者)と注目されつつある。米中対立が深刻化する中、習近平指導部は日本との関係改善を続けたい意向。菅氏が安全保障やハイテク分野で米国とどう歩調を合わせるか注視している。

 中国外務省の汪文斌副報道局長は、14日の記者会見で菅氏に祝意を述べ「日本の新しい指導者と一緒に新型コロナウイルス対策と経済発展を深化させ、中日関係の持続した改善と発展を推進したい」と語った。

 習指導部は、菅氏が総裁選で「中国をはじめ近隣国と安定的な関係を構築する」と訴えた点を評価。宙に浮いたままの習氏の国賓訪日などについて「新政権の基盤が固まれば、日本側と協議を再開したい考え」(日中外交筋)とみられる。

 「世襲が一般的な日本の政界で、地盤も知名度も資金もなかった草の根出身」。政府系シンクタンク・中国社会科学院日本研究所の張伯玉研究員は中国共産党機関紙・人民日報系の環球時報で菅氏を紹介。「地方経済の活性化を重視し、中日の経済関係で積極的姿勢を取るかも」としつつ「ハイテク分野では米国に追随し、中国へのけん制を強化するだろう」と予測した。

韓国「安倍氏アバター」に警戒

 安倍政権を7年8カ月にわたって支えてきた菅義偉官房長官を、韓国内では「安倍氏のアバター(分身)」と見る向きが強い。菅氏は安倍外交の継承を宣言しており、警戒感を強めている。

 韓国メディアは、菅氏が12日の記者会見で経験不足が指摘される外交の方針を問われた際、「(安倍氏に)相談させていただきながら行っていく」と発言したと軒並み報道。歴史問題などを巡って「韓国への強硬姿勢は当面続くとみられる」との見方が目立つ。

 文在寅(ムン・ジェイン)政権は、韓国が議長国を務める日中韓首脳会議を年内に開き、日韓首脳会談で関係改善の糸口を探りたいとみられる。革新系紙の社説も「安倍政権の退場をきっかけに韓日関係改善の突破口を積極的につくるべきだ」と後押しする。

 ただし、文政権は懸案の元徴用工訴訟問題を巡って譲歩する姿勢が乏しい。年内にも韓国内にある日本企業の資産が現金化され、問題がより一層こじれる恐れもある。日本外交筋は「韓国側が懸念を取り除く環境整備をしなければ、首脳会談の実現は難しい」とくぎを刺す。

 一方、菅氏は官房長官として各国の外交関係者らと水面下の接触を重ねたとされ、独自の韓国人脈を生かした関係の立て直しに期待を寄せる声もある。

Photo_20200917052901

関連エントリ 2020/09/16 ⇒ 【第99代首相】安倍内閣総辞職。今夜✍菅義偉内閣が発足

 

2020年9月14日 (月)

【第45代大統領】「金正恩」と「北朝鮮の内情」を語るインタビュー

 トランプ大統領金正恩にとっては愛するあまり売れない 

朝鮮日報 2020年9月11日(金)9時01分配信

 米国のトランプ大統領は北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長と核兵器について「愛するあまり売ることができない家」に比喩したことが9日(現地時間)に分かった。トランプ大統領は表向きは北朝鮮との非核化交渉に自信を示しているが、実際は非核化の可能性を疑っているということだ。

 米ワシントン・ポスト紙やCNNテレビなどはこの日、ウォーターゲート事件の報道で知られるウッドワード氏の新刊「Rage(怒り)」の内容を入手し、上記のように報じた。この書籍はウッドワード氏が昨年12月から今年7月までの期間、トランプ大統領に18回インタビューした内容に基づいており、今月15日に発行される予定だ。

Photo_20200914092801

 かつて不動産事業を手掛けたトランプ大統領はインタビューで、金正恩氏と核兵器の関係を不動産に例えながら「ある家を愛する誰かと本当によく似ている。彼らはこれを売ることができない」と述べた。金正恩氏は核を簡単には放棄できないという意味だ。

 2017年に米朝間で緊張が高まった当時、トランプ大統領は北朝鮮との戦争にどれだけ近づいたかを回想しながら、ウッドワード氏に「私は以前、この国で誰も手にしたことがない核システムを開発した」「あなたが見たことも聞いたこともないものだ。プーチン(ロシア大統領)や習(近平・中国国家)主席が以前も絶対に聞けなかったものだ」とも説明した。北朝鮮との戦争に備え、秘密の核兵器も開発したというのだ。ウッドワード氏は匿名の複数の人物を通じ、米軍が極秘に新たな武器システムを開発したことを確認しているが、詳しい情報は得られていないとしている。

 ウッドワード氏は、トランプ大統領が金正恩氏とやりとりした27通の親書を確保したことと、うち25通はこれまで公開されたことがないことを明らかにした。金正恩氏は親書の中で、トランプ大統領を「Excellency(閣下)」と呼び、二人の関係について「ファンタジー映画」「魔法の力」などのお世辞を使って表現したとウッドワード氏は伝えた。

 元脱北者「張成沢部下が高射銃で処刑される場面見て失禁 

朝鮮日報 2020年9月11日(金)10時01分配信

 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長のおじに当たる張成沢(チャン・ソンテク)元・労働党行政部長が2013年11月、党行政部副部長だった李竜河(リ・リョンハ)、張秀吉(チャン・スギル)両人の処刑場面を目撃して恐怖に震えた、という主張が登場した。李竜河・張秀吉は張成沢直系の部下。

Photo_20200914095501

 2人の残酷な処刑場面を現場で目撃した張成沢など北朝鮮高官らは、生理現象を抑えられないほどの恐怖にかられたというのだ。また2人を処刑する際には、対空防御火器の「4銃身高射機関銃」が用いられたという。

 2016年に中国・寧波にて北朝鮮レストラン従業員12人の集団脱北を主導したホ・ガンイル氏は、9日(現地時間)に米国ワシントンDCから、動画サイト「ユーチューブ」上のチャンネル「CHANGE NORTH KOREA」を通してこのような主張を行った。

 ホ氏は、李竜河・張秀吉の処刑現場に出席した北朝鮮の高級幹部からこうした話を伝え聞いたという。

 ホ氏は「(伝聞で)飛行機を落とす高射銃を李竜河・張秀吉に向けて撃ち、遺体が一つ残らず消えて足首があるだけというほどに残酷だった」「この光景を目撃した張成沢はもちろん、相当数の幹部がズボンに染みを作った」と語った。張成沢は、李竜河・張秀吉の処刑から1カ月後の2013年12月に「高射砲」で処刑されたといわれている。

 これに関してホ氏は「(張成沢も)そのように(高射銃で)処刑されたという話を聞いた」とし「張成沢の処刑の際、平壌市は恐怖に沈み、笑い声が消えた」「エリートらは『自分が殺されるんじゃないか』と怯えていた」とも語った。

 金正恩委員長が張成沢など高級幹部をどれほど残酷に処刑したかは、米国のドナルド・トランプ大統領の発言に関する報道からも確認できる。ワシントンポスト紙は昨年5月10日、トランプ大統領が金正恩委員長について「おじの張成沢を殺し、その頭を晒し物にした」と語った-と報じた。

 同紙は、トランプ大統領が当時、非公開で開かれた支持者の会合に出席して「金正恩がおじの張成沢を殺害し、彼の頭を他人に見えるように展示(display)したという話を非常に生々しく、詳細に(graphically detailed)語った」という出席者の言葉を伝えた。

Photo_20200914093601

 また同紙は9日、「ウォーターゲート事件」の特ダネ記者、ボブ・ウッドワードの新刊『RAGE』に収められた内容を入手して報じ、トランプ大統領が「金正恩はおじを殺害した件についての生々しい(graphic account of)説明を含め、自分に全てを話している」とも自慢した-という内容を伝えた。

 ただし、金正恩委員長が米国大統領の前でおじを粛清した様子を詳細に語った可能性は低い、という見方もある。トランプ大統領が金正恩委員長との関係をアピールする際、彼ならではの誇張法を用いた可能性もある。

 トランプ大統領金正恩首のない張成沢の遺体を展示した」 

朝鮮日報 2020年9月14日(月)8時05分配信

 米国のトランプ大統領は、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長が2013年に叔父の故・張成沢(チャン・ソンテク)元労働党行政部長を処刑した後、その頭がない遺体を北朝鮮の幹部らが通る階段に展示したと言ったと伝えた。

 トランプ大統領が「ウォーターゲート事件」の特ダネ記者、ボブ・ウッドワード氏のインタビューを受けた際、金正恩氏から当時の状況を直接聞いたかのようにこれらの内容を伝えたという。

 本紙が12日(現地時間)に入手したウッドワード氏の新刊『RAGE 怒り』によると、トランプ大統領は「金正恩氏が全てを語った。全てを話してくれた」とした上で、張成沢の処刑に関する内容をウッドワード氏に話したようだ。

 トランプ大統領は「彼(金正恩氏)はおじを殺害し、その遺体を(北朝鮮の)上院議員らが歩いて通る階段に置いた」「切り取られた頭は胸の上に置いた」とも説明したという。トランプ大統領が言及した「上院議員」が何を意味するか明確ではないが、北朝鮮の高官らを意味する言葉のようだ。

 張成沢の処刑方式についてはこれまで確認されておらず、その遺体が外に展示されたという報道も過去に出たことがない。張成沢は2013年、高射砲(航空機を攻撃する兵器)で残忍に処刑されたと伝えられてきた。

 金正恩氏は2019年8月にトランプ大統領に送った親書の中で、韓米訓練が続いていることについて「私ははっきりと不快で、この感情をあなたに隠したくない」「現在と未来において韓国軍は私の敵にはなれない」と不満を伝えたという。

 金正恩氏は「あなた(トランプ大統領)がいつか話したように、われわれは特別な手段が必要のない強い軍隊を持っており、韓国軍はわが軍の相手にならない」と主張したという。

 しかし金正恩氏によるこのような不満の表明を受けたトランプ大統領は数日後、ホワイトハウスで記者団に「私は美しい手紙を受け取り、それは非常に肯定的だった」と話していた。

 一方でトランプ大統領は金正恩氏について「狡猾で、術数に優れ、非常に鋭利」「そして非常に荒々しい」と評価したという。

Photo_20200914095701

 「金正恩は叔父の首を斬り、遺体を見せびらかした」暴露本で明かす 

Yahoo!ブログ 2020年9月14日(月)6時37分配信/飯塚真紀子(ジャーナリスト)

 「金は私にすべてを話したんだよ。彼は叔父を殺し、遺体を階段(北朝鮮の高官が使う建物の階段のこと)に置いたんだ。首は斬られて、頭は胸の上に置かれた」

 AFP通信によると、トランプ氏は、9月15日発売の暴露本「RAGE(怒り)」の著者であるワシントン・ポスト紙の調査ジャーナリスト、ボブ・ウッドワード氏のインタビューに対し、そう話したという。

 本当なら、金氏はトランプ氏に“叔父の斬首”について告白したことになる。

 叔父とは、2013年12月に、国家転覆陰謀罪のために特別軍事裁判で死刑宣告を受け、粛清された金委員長の叔父にあたる張成沢(チャン・ソンテク)氏のことだ。

 北朝鮮は張氏がどう粛清されたかは公式に発表していないが、高射砲が使われたいう話は出ていた。しかし、張氏の斬首について言及されたのはこれが初めてのことだという。

 なぜトランプ氏はウッドワード氏に斬首話をしたのか?

 金氏がそんな話までしてくれるほど、自身と金氏はブロマンス関係(男性同士の強い友情)で結ばれていることを自慢したかったからだろうか?

 実際、同著では、金氏からトランプ氏に送られた書簡も明らかにされている。両氏は少なくとも27通もの書簡を交換したという。

 その中には、金氏のおべっかともいえる内容もあるようだ。例えば、金氏がトランプ氏に送ったある書簡には、韓国の非武装地帯でトランプ氏と握手した歴史的会合について「全世界が大きな関心を持って見守る中、美しく神聖な場所で閣下の手を固く握った歴史的瞬間」と記されていたり、別の書簡には「深く特別な友情は、北朝鮮とアメリカの間で魔法の力となり、発展をもたらす過程で直面するすべての障害を取り払うだろう」などと記されていたりするという。

 書簡をやりとりしていたのは事実としても、嘘の数を更新し続けているトランプ氏のこと、金氏が本当に斬首話をしたのかはわからない。

 そのため、斬首話については、米ニュースサイト「デイリー・ビースト」で、専門家が様々な考察をしている。

 「金氏がトランプ氏にそんな話をしたとは思えない」という声もあるし、「トランプ氏の作り話や誇張話ではないか」という指摘もある。

 「トランプ氏は、金氏との関係が良好なことや金氏に信頼されていることの証明にもなる斬首話をすることで、ウッドワード氏を印象づけようとしたのではないか」という見方もある。

 逆に、金氏の側からすると、トランプ氏に気に入られるために斬首話をしたのではないかという指摘もある。金氏は、トランプ氏が権力というものに熱狂していることを熟知しており、斬首話をすることで自身は叔父さえ斬首するほど権力があることを誇示したというのだ。

 また、金氏はトランプ氏と特別な関係を作るために、話をスピンさせたのではないかという見方もある。

 北朝鮮はめったに悪行を認めないが、事態をドラマティックに好転させたい時は例外的だという。金氏は非常事態から脱するためには、トランプ氏との交渉を成立させる必要があると考え、信頼関係構築のために斬首話をしたのかもしれないという指摘もある。

 いずれにせよ、自画自賛の多いトランプ氏のこと、自分は金氏から「閣下」と慕われ、斬首話まで告白されるほど偉大なのだとウッドワード氏に自慢したかったのだろう。それだけ、金氏のおべっかや斬首話はトランプ氏の虚栄心を満たしていたのかもしれない。金氏はトランプ氏の性格をよく読んでいたといえる。

 しかし、現状、トランプ氏は虚栄心が満たされただけで終わっている状況だ。本来の目的である北朝鮮の非核化は全然進んでいない。それどころか、北朝鮮はいまだ核開発を続けている。

 国連安全保障理事会の北朝鮮制裁委員会の専門家パネルが、8月に出した報告書によると、北朝鮮は高濃縮ウランの生産や実験用軽水炉建設の継続を含め、核計画を続けており、弾道ミサイルに搭載可能な核兵器の小型化を「恐らく実現した」という。

 結局のところ、トランプ氏は、金氏にバカにされてしまったということか?

 トランプ大統領北朝鮮が3年前にICBMを発射した際米国は核兵器80発の発射を検討 

朝鮮日報 2020年9月14日(月)9時00分配信

 米朝の緊張状態が高まった2017年、米国は北朝鮮の政権交代を念頭に置いた「作戦計画5027」について検討したが、この計画には核兵器80発を使用する可能性が含まれていたことがわかった。

 南北の全面戦に備えた韓米連合司令部の計画「作計5027」に核兵器80発の使用が含まれていることは今回はじめて明らかになった。

 米国は2017年7月、北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM)を発射した直後、北朝鮮に警告を行うため、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長が視察していた発射場を攻撃するためにそこまでの距離を正確に計算し、この距離と同じだけ離れた東海に戦略ミサイルを落としたという。

 これらの内容は「ウォーターゲート事件」の特ダネ記者、ボブ・ウッドワード氏がトランプ大統領に18回インタビューを行った内容に基づいて執筆された新刊『RAGE 怒り』に記載されている。同書は15日(現地時間)に発行予定だ。

 13日に本誌が入手したこの本の内容によると、ウッドワード氏は「(2017年当時)ジェームス・マティス国防長官は、トランプ大統領が北朝鮮に先制攻撃を行うとは考えていなかったが、その戦争のための計画は準備されていた」と伝えている。

 当時、米ネブラスカ州オマハにある米戦略司令部は、北朝鮮の政権交代を目指す作戦計画5027を慎重に検討し研究していたが、これには(北朝鮮による)攻撃に対する米国の対応策として、80発の核兵器を使用する方策も含まれていたというのだ。ウッドワード氏は「(北朝鮮)指導部を攻撃する作戦計画5015もアップデートされていた」とも伝えた。

Photo_20200914101201

 2017年、当時のマティス国防長官は米軍と国家安保チームがセキュリティ通信ラインで行う緊急会議「最高位機密カンファレンス」を通じ、北朝鮮によるミサイル発射について6回ほどリアルタイムでモニターしたという。

 北朝鮮は移動と隠ぺいが可能な移動式発射車両に数十個の核兵器を保有しているが、トランプ大統領はマティス長官に対し、米国に向かってくるいかなる北朝鮮ミサイルも迎撃する権限を与えたとウッドワード氏は伝えた。四ツ星将軍出身のマティス氏は、トランプ政権の初代国防長官だった。

 2017年7月4日、北朝鮮は金正恩氏が直接見守る中、平安北道亀城の芳峴飛行場周辺から米本土への攻撃が可能なICBM「火星14型」をはじめて発射した。これを受けビンセント・ブルックス韓米連合司令官(当時)はマティス長官の承認の下、翌日ただちに南北の境界に近い東海岸で示威と警告目的の作戦に乗り出した。海岸から火を噴いて発射した米軍の戦術ミサイルは、186マイル(約299.33キロ)先の東海上に落下した。

 ウッドワード氏は同書の中で「それは米国がミサイルを発射した地点から北朝鮮のミサイル発射場、金正恩氏がミサイル発射を見守る写真が撮影されたテントまでの正確な距離だった」と説明した。当時、米第8軍が東海に向けATACMSミサイルを発射した事実は知られていたが、金正恩氏を攻撃するための距離を計算して発射されたことは今回はじめて伝えられた。

 ウッドワード氏は「その意味ははっきりしている。金正恩氏は自らの個人的な安全を懸念する必要があった」と書いた。また米軍のミサイルが非常に簡単に発射場と金正恩氏を狙えるという事実について、これを北朝鮮が悟ったことを示す情報が収集されていないこともウッドワード氏は伝えている。米軍がATACMSミサイルを発射する方向を北西に変えるだけで、金正恩氏に命中させられるという事実を北朝鮮は理解できていなかったということだ。

 また2017年8月29日、北朝鮮が発射したミサイルは日本の北海道上空を越えて太平洋に落下した。当時のマティス長官は北朝鮮に確実なメッセージを伝えるため、北朝鮮の港を実際に爆撃すべきか悩んだが、全面戦争を懸念して取りやめたという。17年9月4日、北朝鮮は6回目の核実験を行った。

 米国は9月23日、戦略爆撃機B1Bや戦闘機F15Cなど20機以上を東海の北方限界線(NLL)を越えて飛ばす武力示威を行った。

Photo_20200914101301

 このような中、トランプ大統領の衝動的な命令でマティス長官がさらに頭を痛めたこともウッドワード氏は伝えている。マティス長官は私的な席で「私はトランプ大統領が何を言っても我関せずだった」「たまに行われるツイートを除けば、通常はいかなる指揮も受けなかった」と述べたという。

 トランプ大統領はウッドワード氏とのインタビューで、「北朝鮮と本当に戦争直前まで行ったと聞いているが」との質問に「その通りだ。みんなが知っているよりもはるかに近づいていた。本当に近かった」と話したという。

 ウッドワード氏が「北朝鮮がICBMを発射すればどうなっていたか」と尋ねると、トランプ大統領は「彼(金正恩氏)にはあまりにも大きな問題が生じると言っておく。誰も以前に経験したことのない大きくて大きな問題だ」と答えた。金正恩氏も2018年4月、当時米中央情報局(CIA)局長だったポンペオ国務長官が訪朝した際「われわれは本当に(戦争に)近づいていた」と語ったことをウッドワード氏は伝えている。

 一方でポンペオ国務長官は北朝鮮との複数回にわたる会談後「在韓米軍は中国に対する牽制になるため、金正恩氏は引き続き駐屯することを望んでいる」との結論を下したとウッドワード氏は指摘した。米朝による複数回の会談や軍幹部ら同士の書簡において、金正恩氏は韓国に米軍が駐留することについては直接にも間接にも、また一度たりとも問題視していないというのだ。

 ウッドワード氏は「それはその地に米軍を置くべきもう一つの理由だった」と説明した。ウッドワード氏は金与正(キム・ヨジョン)氏が金正恩氏を「偉大な指導者」「最高指導者」と呼ぶ一方で、一回も「お兄さん」と呼んでいないことも伝えている。

Photo_20200914093901Photo_20200914093801

 

2020年9月13日 (日)

【耳学】なぜ「海水👅ショッパイの?」と訊かれた時の解答

 子供に「海水何故しょっぱいの」と聞かれたら、こう 

現代ビジネス 2020年9月13日(日)11時01分配信

46億年の歴史が海水を塩辛くさせた

 「ゲホッ、ゴホッ!」ーー海でうっかり海水を飲めば、十中八九咳き込んでしまう。けっして忘れられない塩辛さだ。

 しかし実は、太古の地球の海水は塩辛くなかった。むしろ、その味は酸っぱかったことが分かっている。

 地球が誕生した46億年前に時を戻そう。太陽系ではたくさんの小惑星が集まり、衝突を繰り返していた。地球にも、一日数千個の隕石が降り注ぎ、地球という星は成長を続けていった。

 衝突した瞬間に発生する熱で隕石はどろどろに溶け、地表は真っ赤なマグマに覆われた。また、衝突の熱で水蒸気が発生し、太古の地球は大気に包まれていった。

 地球誕生から約2億年が経つと、隕石の衝突も収まってきた。地表の温度も下がり、今度は大雨が降り始めた。年間雨量10mを超える雨は1000年近く続き、いよいよ地上には広大な海が出来上がる。

 実はこの雨には、塩化水素が含まれていた。そのため雨が溜まってできた古代の海はとても酸っぱかったのである。といっても、塩酸を飲めば口の中が溶けて爛れる。古代の海水も、もし飲めばとんでもない激痛を感じたはずだ。

 生命が誕生するような「母なる海」は、ここから長い年月をかけて酸性度が弱まることで誕生した。酸性の海によって地表のナトリウムやマグネシウムが溶かされ、中和反応が起きたからだ。

 酸性とアルカリ性が混ざると中性になる。そしてこの化学反応と同時に生まれるのが「塩」だ。現在、海水には約3・5%の「塩」が含まれ、うち約78%をいわゆる食塩、「塩化ナトリウム」が占めている。

 海水に含まれる「塩」にはほかに、苦みを感じさせる塩化マグネシウム(10%)、ほのかに甘い硫酸カルシウム(約4%)もある。海水を蒸発させて作られている天然塩の複雑な味わいは、海水に含まれるさまざまな「塩」によって決まる。

 海水の強烈な塩辛さは、地球が歩んできた46億年の歴史の積み重ねなのである。

Photo_20200913135801

世界漂着ゴミ食品包装用プラスチック最多

NATIONAL GEOGRAPHIC 2020年9月11日(金)配信

 世界の海岸に打ち上げられた漂着ごみで、キャンディの包装材やスナック菓子の空き袋といったプラスチックの食品包装材が初めてタバコの吸い殻を上回り、最多となった。

 歓迎されないこの統計値は、環境保護団体オーシャン・コンサーバンシーが毎年行っている海岸清掃活動(ビーチクリーンアップ)の最新の報告書で明らかになった。2019年の清掃活動では、116カ国の海岸から9400トンを超えるごみが1日で回収された。その数は3250万点にのぼる。

 プラスチック包装材は、2002年から2014年の間に米国、ヨーロッパ、中国、インドで生産されたプラスチックの45パーセント近くを占めており、世界のごみの中でも主要な位置を占める。それでも、オーシャン・コンサーバンシーの34年に及ぶ海岸清掃活動では、小さなタバコのフィルターがずっと1位を維持してきた。2位に後退した2019年も、タバコの吸い殻は420万本も回収されている。1位になった食品包装材は、合計で470万点以上が回収された。

 回収されたごみの概要は国別、種類別に集計され、9月8日付けでインターネット上に公開された(外部サイト)。ごみは、南極を除くすべての大陸の海岸から回収された。

 10位以内にランクインしたその他のアイテムは、プラスチックボトルやキャップ、ストローとマドラー、プラスチック製のコップやふた、持ち帰り用容器、ビニール袋など。ほとんどが食品や飲料に関連するごみで、その多くはリサイクルできない。ボトルはリサイクル率が高いが、軽量のプラスチック包装材は機械に詰まってしまうため、リサイクル工程で除外されることが多い。

Photo_20200913135701

 タバコのフィルターは酢酸セルロースを原料とする。環境団体は長年、タバコのフィルターは例外的な存在とみなし、プラスチックごみに関連する広範囲の消費者動向に左右されないと考えてきた。参加するボランティアの人数や海岸にもよるが、至るところにあるタバコの吸い殻が今後の清掃活動で1位に返り咲く可能性はあると、オーシャン・コンサーバンシーの海ごみゼロプログラムを監督するニコラス・マロス氏は話している。

「食品包装材がトップになりましたが、これは単に、飲料や食品の使い捨て包装材という持続可能ではないものが生産されている現実が再確認されたにすぎません」。厄介なのは、食品包装材の大部分は消費者がリサイクルしていないか、もともとリサイクルができないかのどちらかだという現状だ。プラスチックごみの扱いが、世界中のほとんどのコミュニティーで「目に余るほど不十分」であることを際立たせる事実だと、マロス氏は言う。

 米国環境保護局によれば、2017年に米国でリサイクルされたプラスチック容器や包装材は13パーセントにとどまる。あらゆる素材の容器や包装材のなかで、リサイクル率は最も低い。

 オーシャン・コンサーバンシーは、1986年に海岸清掃活動を開始して以来、回収したごみの目録を作成し続けてきた。蓄積されたデータは約4億点以上の海洋ごみを網羅しており、世界最大規模の種類別データベースと考えられている。時系列でみると、大まかな消費者行動の傾向やさまざまな製品の流通状況を知ることができる。

 たとえば、飲料用の缶や紙袋は、2009年の清掃活動を最後に上位10位から消えた。その10年ほど前に、ペットボトル入り飲料水が世界中で広く流通し始め、食料品店のビニールのレジ袋が紙袋を上回っている。2017年にはガラスびんが上位10位から姿を消し、この年に初めてプラスチックごみが回収数の上位10位までを独占した。

「オーシャン・コンサーバンシーのデータは、プラスチック汚染を懸念している世界中の人々にとって、大変重要な記録です」と、米ジョージア大学工学部教授で、ナショナル ジオグラフィックのフェローであるジェナ・ジャムベック氏は話す。「このテーマを19年前に研究し始めてから、私はずっとこのデータを参照しています」

Photo_20200913135501

 チームの統計学者たちは、2019年の清掃活動の成果を、海の生き物たちを用いて数値化した。たとえば、回収されたストローは、322匹のタコが1日8杯のスムージーを1年間飲み続けるのに十分な数、プラスチック製カトラリーは、6万6000匹のサメに3品のコース料理を提供できる数だった。ボランティアが回収した釣り糸は、89キロ上空から海鳥が魚釣りできるほどの長さになる。

 毎年のことだが、アジア太平洋から北大西洋、南米まで3万9358キロに及ぶ海岸の清掃では、奇妙なものもたくさん見つかった。日本の海岸ではガーデン・ノーム(庭に飾る小人像、ヨーロッパ発祥)が見つかり、ノームはどこにでもいることが裏づけられた。そのほかに、香港ではバーベキューグリル、ジャマイカでは浴槽、ベネズエラではアイロン台、メキシコ西岸では長椅子、ノルウェーではゴルフバッグ、そしてカリフォルニアではポリネシア風の屋外用トーチが回収された。

 この清掃活動は、今年も9月の第3土曜日に実施されるが、新型コロナ流行の影響で、ボランティアは単独または少人数のグループで作業するよう勧められている。海岸には出かけずに、自宅でごみの削減に取り組むことも一案だ。

 17世紀の残虐な海賊を無罪放免にした1冊の地図 

NATIONAL GEOGRAPHIC 2020年9月12日(土)12時14分配信

25隻を破壊、200人を殺したバーソロミュー・シャープはなぜ刑を免れたのか

 1680年、イングランドの海賊バーソロミュー・シャープと300人の部下たちは、中米のパナマ地峡を横断してスペインの船トリニティ号を拿捕すると、この船を利用して中南米の太平洋岸を行き交うスペイン船を次々と襲撃した。

 シャープの行いはやがて広く知れ渡るようになる。それは主に、彼らが非常に教養の高いバッカニア(17~18世紀にカリブ海でスペイン船を襲った海賊たち)だったためだ。彼らのうち、シャープを含む5人が、詳細な日誌を残している。

Photo_20200913134301

 こうした記録からは、彼らが手に入れた財宝のうち最も価値の高いものの一つに、スペイン製の海図集があったことがわかる。シャープは後に、この地図帳を元にカラフルな図入りの英語版を作らせ、それをイングランド王に献上している。そしてこの贈り物によって、彼は裁判で無罪を勝ち取った。

 大胆不敵なその略奪行為が行われた現場はエクアドル沖だった。1681年7月29日の朝、シャープの海賊団の一人が、スペイン船の帆を見つけた。彼らはその後を追い、一斉砲撃によってスペイン人の船長を殺害し、船を乗っ取った。

 ロサリオ号からは、大量の陶器詰めワインとブランデー、果物、いくらかの金銭が見つかった。彼らは戦利品をトリニティ号に持ち帰ってから、ロサリオ号のマストを切り倒し、40人の乗組員を乗せたまま海に置き去りにした。

 このときロサリオ号には、鈍い灰色をした金属板700枚も積まれていたが、シャープらはこれを錫であると判断して手を付けなかった。後に、実はこれらが精製前の銀であったことが判明すると、海賊たちは大いに悔しがった。あれは「自分たちがすべての航海で手に入れた中で最高に豪華な略奪品」となったはずだと、船員の一人は記している。

 彼らはしかし、ロサリオ号で見つけたもう一つのお宝の価値は十分に理解していた。シャープはこれについて、自身の日誌の中で「莫大な価値を持つスペインの文書」と表現しており、また海賊団の一人は、以下のように書いている。「海図と地図が満載のすばらしい本で、南海(South Sea)のあらゆる港、水深、入江、川、岬、海岸に関する非常に正確かつ的確な描写と、この海にいるスペイン人が普段から駆使している航海術のすべてが詰まっている」

スペイン人は大声で泣き叫んだ

 ここでいう「南海」とは、太平洋のことを指す。アメリカ大陸経由で初めて太平洋に到達した最初の欧州人であるバスコ・ヌーニェス・デ・バルボアは、1513年、大西洋と太平洋を隔てる狭い陸地を横断した。のちのパナマ地峡である。陸越えのルートは北から南へと進むため、バルボアはこの海を南海と呼んだのだった。

 それから150年がたっても、スペイン人はまだこの海域を支配しており、イングランド人はなんとしてもその分け前を手に入れたいと考えていた。だからこそ、スペインの地図帳(デロテロ)には価値があった。ロサリオ号の船員は乱闘の最中、地図帳を海に投げ入れようとしたが、シャープがこれを確保することに成功した(その詳細な経緯は不明だが、シャープの日誌には、彼がこの地図帳に手をかけると、スペイン人は大声で泣き叫んだとある)。

 ロサリオ号を襲撃した後、シャープ率いる海賊団は太平洋沿岸でさらに船の襲撃を続けてスペインに多大な金銭的損失を与え、25隻の船を破壊し、200人以上を殺害した。ようやく帰路についた彼らは、南に向かって南米大陸の最南端を回り、西洋から来てこの航路をとった最初のイングランド人となった。

 1682年にロンドンに戻ったシャープは、やっかいな問題に巻き込まれた。スペイン大使がロサリオ号の船長殺害に大いに腹を立て、シャープを海賊行為で裁判にかけて絞首刑にせよと要求したのだ。裁判では、二人の証人がシャープの犯罪行為に対する説得力のある証言をしたが、驚くべきことに、彼はそれでも無罪放免となった。

海軍の船長にまで

 その理由はおそらく、地図帳にあったと思われる。シャープには最初から、イングランド王チャールズ二世がこの品に大いに興味を引かれることがわかっていた。裁判が始まるまでに、チャールズ二世はすでにこの地図帳を目にしており、英語版の複製を作るための手配も済ませていた。

 海図を書き直すために雇われた地図製作者は、元船乗りで、かつては自身も海賊だったとも言われるウィリアム・ハックだった。元英国図書館の地図部門長だったエドワード・ライナム氏のエッセイによると、ハックはどうやら「地元のパブでブランデーを飲みながら、仕事にあぶれたバッカニアたちから秘密や興味深い情報を集め、政府のメンバーや貴族に売りつけて」生活した方が安全だと考えるようになったと思われるという。

 ハックは、ロサリオのデロテロを元に、南海の海図集の複製をいくつか作っている(一部、海賊ヘンリー・モーガンが略奪したデロテロを参考にしたところもあるようだ)。

 色彩豊かなハックの絵は、子どもの絵のような無邪気さを感じさせるが、手書き文字で記された、卓越風、安全な係留地、その土地の目印となる目標物などの説明書きは、船の航行に大いに役立ったはずだ。ハックは南北米大陸の海岸沿いの港を数十箇所も描き入れている。木や家が並ぶ緑の丘が頻繁に登場し、またグアテマラの地図に見られるように、噴火する火山が描かれているところもある。

 一冊目の複製は当然ながら、シャープの献辞入りでイングランド王に献上された。この如才ない作戦が功を奏し、シャープは絞首刑になるどころか、イングランド海軍で船長の地位を与えられ、財宝を積んだままバハマで沈んだスペイン船を探す仕事を請け負った。これは割のいい仕事ではあったものの、彼にとってはややおとなしすぎたのかもしれない。シャープは自らの意志で西インド諸島に向かい、そこで時おり犯罪行為を働いて暮らす生活に戻った。生涯の終わりまで、その心は海賊であり続けた。

 

2020年9月12日 (土)

【野望の階段】HOUSE of CARDs✍主演俳優「性的暴行」で訴えられる

 超大物俳優性的暴行訴えられる…提出書類に14歳で受けた暴行の様子綴る 

デイリー 2020年9月11日(金)23時30分配信

 俳優のケヴィン・スペイシーが、俳優アンソニー・ラップに性的暴行で訴えられている。ドラマ『スター・トレック ディスカバリー』などで知られるアンソニーは2017年、自身がまだ14歳であった1986年にケヴィンに性的いたずらをされたとしてケヴィンの過去の性的暴行行為を告発した最初の1人となっていたが、今回その件を裁判所に持ち込んだかたちだ。

 TMZによると、アンソニーはニューヨーク市でこの訴えを起こしており、提出書類には、1986年にブロードウェイ作『プレシャス・サンズ』へ出演中、ケヴィンからマンハッタンのイースト・サイドにある自宅のパーティーに招待され、当時未成年だった自身がケヴィンに性的暴行を受けた様子が綴られている。ケヴィンはアンソニーのお尻を掴み、ベッドに連れて行き、その後身体を重ねてきたそうで、怖くなったアンソニーはバスルームに逃げ込んだ後、ケヴィンに引き留められたものの、その場を後にしたと主張している。

 アンソニーは、この出来事により、心理的外傷、重度の感情的ストレス、屈辱、恐怖、怒り、うつ、不安で苦しんだとされている。

 さらに同書類には、その経験により俳優業から退かざる負えない状況になり、その経験からの回復へ向けての医療費の出費を心配していると綴られているほか、名前は伏せられているもの同じく14歳だった時にケヴィンから性行為を迫られた原告がいることにも触れている。

 3年前にアンソニーがケヴィンの性的暴行を告発した際、ケヴィンは発表した声明の中で、自らがゲイであることをカミングアウトしていた。

 「俳優としてアンソニー・ラップをとても尊敬していますし、称賛しています。私は彼のストーリーを聞いて恐怖におののいています。正直言って、そのことを思い出すことができません。30年以上前のことでしょう。しかし、もし彼が表現するような行為を私がしていたなら、それが深く不適切な酔っ払い行為だったであろうことを心から謝罪します。そして、彼が表現する感情を長年持ち続けてきたことを申し訳なく思います」

 「このストーリーが、私の人生におけるほかの幾つかのことに向きあうことへつながりました。私がプライバシーを固く守ってきたことでより広まった僕に関する数々の噂があることは知っています。私に最も近い人々は知っていますが、私はこれまで女性とも男性とも関係を持ったことがあります。私は人生を通して男性を愛し、彼らとのロマンティックな出会いを経験してきました。私はこれからゲイの男性として生きることを選びます。私は正直にオープンに、このことに対処してゆくつもりで、まずは私自身の行動を注視することから始めます」

 人を傷つけるのが大好きなの英国を震撼させた11歳の快楽殺人 

現代ビジネス 2020年9月11日(金)21時01分配信

 1968年5月、イギリス。とある空き家で1人の子供が遺体で発見された。遺体は現場近くに住んでいた4歳の男児、マーティン・ブラウン。

 特に争った形跡も外傷もなく、遺体の近くには空になった薬の瓶が転がっていたことから、警察はマーティンが誤って大量の薬を誤飲し、事故死したと断定。そのまま処理されることとなった。

 だが、その事件は紛れもなく殺人事件だったことが後に明らかになる。それも、まだ幼い1人の少女、「メアリー・ベル」による犯行だったのだ――。

荒んだ幼少期…賢くも粗暴な性格に

 メアリー・フローラ・ベルは、1957年5月26日、イギリス・ニューキャッスルで生まれる。彼女の母親は未婚の17歳。そのせいか、荒んだ幼少期を過ごしたという。

 母親はたびたびメアリーを親戚に預け、自分はろくに世話をすることもなかった。また、メアリーが生まれて間もなく結婚するが、その父親もほとんど働かず、家を空けることが多かったため、家は常に散らかっていたそうだ。

 育児放棄という悲惨な環境で育ったメアリーの“狂気”は、小学生に上がった頃にはすでに見え隠れしていた。

 非常に賢く学業の成績も良かったメアリーだが、その反面、異常なほどにプライドが高く、常習的に嘘をつく性格だったという。また、友達や下級生に大怪我をさせるなど、素行も極めて悪かったようだ。

 そしてメアリーが11歳の誕生日を迎える前日、1968年5月25日――。ついにその狂気は現実のものになり、彼女は初めての殺人に手を染めることとなる。

第一の殺人、警察を挑発する行動も

 第一の事件の被害者、マーティンは、メアリーによって絞殺された。しかし、冒頭で触れた通り、同事件は事故死と処理された。これはメアリーの首を絞める力が弱く、証拠となる絞殺跡が付かなかったからとされる。

 殺人の時点ですでに異常ではあるものの、もしこれが普通の心理を持つ犯人であれば、結果的に証拠が残らなかったことを良しとしただろう。だが、“快楽殺人者”メアリーは違った。

 犯行の翌26日、メアリーはあろうことか、殺害に及んだマーティンの保育所を荒らし、さらに自分を犯人と突き詰めることができなかった無能な警察に対し、挑発的なメモを残したという。

 そのメモには、「私が殺した。だからまた来る」、「マーティン・ブラウンを殺した。くそったれ。ゲスやろう」といった文面が書き殴られていた。だが、これも警察には悪質なイタズラとして処理されるだけだった。

 メアリーの狂気に満ちた行動は続く。さらに4日後、マーティンの自宅を訪れ、彼の母親に対して「マーティンがいなくなって寂しい?」「私、棺に入ったマーティンを見たいの」と嘲笑うなど、残忍かつまるで自分が犯人であると主張するような行動をとったのである。

 だが、これほどまで大胆な行動をとっても、メアリーが疑われなかったのは、前述の通り普段から彼女に異常なまでの虚言癖があり、また、その当時、11歳という年齢で殺人を犯した前例がなかったためだ。結局、事件当時、周囲に疑う人間は現れることはなかった。

殺人はそれほど悪いことじゃないわ

 犯行から2ヵ月以上経った7月31日。痺れを切らしたメアリーは、3歳の男児、ブライアン・ハウの絞殺に及ぶ。さらにその際、遺体の腹部にはわざわざメアリーの頭文字である「M」の字を刻んだ。

 2回目の犯行が前回と違ったのは、わずかながらメアリーによる絞殺の跡が残っていたことにある。ここで初めて警察は、当時11歳のメアリーと13歳のノーマ・ベル、2人の少女への事情聴取が行われた(2人は親族関係ではなく、友達同士)。

 この事情聴取の中で、犯人しか知り得ない情報をメアリーが話したことが決め手となり、また殺害時刻に2人が一緒にいたことから、共に殺人容疑で逮捕されることとなった。

 法廷では、事故死と認定されていた1回目の事件の殺人容疑も浮かび上がったものの、裁判になると、メアリー、ノーマの両者が責任をなすりつけ合い、お互いに無罪を主張する様相を呈した。この時、メアリーを見ていた精神科医は彼女を「11歳とは思えないほど、利口で危険」と評している。

 裁判の結果は、ノーマは保護観察処分で無罪に、一方のメアリーは2件の殺人事件について有罪になる。収容施設で精神治療を受けたのちに釈放、という形での懲役刑が科され、1980年、22歳の時にメアリーは釈放。その後、幸せな結婚生活を送ったという。

 11歳にして“快楽殺人者”となったメアリーは、以下のような発言を残している。

 「大きくなった看護婦になりたい。人に針が刺せるから」

 「殺人はそれほど悪いことじゃないわ。人は誰でもいつか死ぬんだもの」

 我々の想像を遥かに超えた狂気は、これからも語り継がれるであろう。

 本当は無罪かもしれない5人の凶悪殺人犯 

RollingStone 2020年4月20日(月)21時33分配信/Translated by Akiko Kato

 近年、実録犯罪ものが再びブームになっている。とくに注目を集めている冤罪ものでは、様々な司法制度の過ちに光が当てられる。

 闇に葬られた証言、矛盾する時間軸、視野の狭さ、主観的状況証拠や心理的プロファイル頼みの捜査や、昔からよくある手抜き捜査――こうした冤罪の特徴が、長年有罪確実と考えられてきた有名事件にも当てはまるとしたら? 米国で起きた5つの殺人事件を例に挙げてみる。

スコット・ピーターソン

 A&Eネットワークで放送された6話完結のドキュメンタリー『The Murder of Laci Peterson(原題)』は、長らく解決したと思われていた事件を違う視点からとらえた作品だ。ドキュメンタリーでは、今は死刑を待つ身のスコット・ピーターソンの貴重な音声が登場する。妊娠した妻が失踪して殺害されてから彼はめったに発言せず、証言台に立つことはなかった。検察側の勝利に終わった事件は、彼の家族や弁護団、法律の専門家やジャーナリストに話を聞きつつ、公判中の映像や、有罪と死刑の評決を支持する陪審員とのインタビューを交えて、徹底的に検証される。

 陪審に提示された証拠の中でもとくにひどかったのが、ピーターソンとアンバー・フレイ氏との束の間の情事だ。2人は妻のレイシーさんの失踪後も連絡を取り合っていた。フレイ氏は警察に協力してひそかに通話内容を録音したが、有罪につながる証拠は何ひとつ掴めなかったものの、ダメージは絶大だった。ピーターソンが結婚生活と父親になることに不満を抱えていたことを示す証拠はこれだけだったが、検察側は殺人の動機として位置づけた。

 検察側は、レイシーさんがどこで、どうやって殺害されたか、という仮説を立てられなかった。ピーターソン宅からも、彼が所有していた倉庫からも、サンフランシスコ湾に遺体を捨てるときに使ったとみられるボートからも、血痕や争った形跡は一切発見されなかった。ピーターソンは警察に対し、その日はバークレー・マリーナで釣りをしていたと供述した――3カ月後、まさにその場所でレイシーさんとお腹の胎児が(別々に)発見された。偶然であるはずがない、と検察官は主張した。だがピーターソンのアリバイは衆知の事実だった――ドキュメンタリーは他の誰かがレイシーさんを殺害したと仮定し、もしピーターソンに罪を着せて容疑を逃れようと思ったら、どこに遺体を捨てるべきか分かっていたはずだ、と論じている。

 次に登場するのが、20名以上の近隣住民の証言だ。隣人たちはその日の午前中、レイシーさんによく似た妊婦が犬を散歩している姿を見たと供述したが、検察はすでにレイシーさんが死亡したと主張した後だった。警察はろくに確認もせず、これらの証拠は信憑性に欠けるとして却下した。だがドキュメンタリーでは、こうした目撃証言を裏付けるとみられる新たな証拠として、いつもピーターソン家に郵便物を届けていた郵便局員の証言を紹介している。ピーターソン夫妻はマッケンジーという犬を飼っていて、郵便物を届けるたびに必ず吠えた。だが、クリスマスイブの日は静かだった、と局員は語った。つまり、その日家には誰もいなかったということだ。局員のデジタルスキャナーの記録によると、ちょうどレイシーさんの目撃情報と同じ時間帯だった。もしピーターソンが家を出た後、レイシーさんがまだ生きていて犬を散歩していたなら、彼が彼女を殺害することはできなかったはずだ。

 もしスコット・ピーターソンが無実なら、誰がレイシーさんを殺したのか? 複数の目撃者が、クリスマスイブの朝にピーターソン宅の道向かいで強盗があったと証言している。そのうちの1人は、強盗に関与した2人の男とレイシーさんが対峙しているのを見た、とまで言っている。ドキュメンタリーによれば、なかなか筋の通った説明だ。

アシッド最高、豚を殺せと繰り返し叫びながら侵入者は一家を襲った

ジェフリー・マクドナルド

 いまから50年ほど前、アメリカ合衆国陸軍のグリーンベレーの軍医だったジェフリー・マクドナルドは、妊娠中の妻コレットさんと2人の幼い娘をノースカロライナ州のフォートブラッグ近郊で殺害した容疑をかけられた。1970年の軍法会議では無罪とされたが、約10年後に刑事裁判で有罪判決を受けた。彼は現在、これまでの自説を裏付ける新たな証拠に基づいて、無実を証明するべく戦っている。

 マクドナルドはずっと変わらない。1970年2月に4人の侵入者――3人の男と1人の女――が、「アシッド最高、豚を殺せ」と繰り返し叫びながら一家を襲った、と彼は主張している。2人の娘はそれぞれの寝室で刺殺され、マクドナルドと妻は夫婦の寝室で発見された。ベッドのヘッドボードには血で「PIG」と書かれていた。コレットさんはアイスピックとナイフで40回近く刺されていた。マクドナルドが刺されたは肺の一カ所のみ。

 刺し傷を受けていたにも関わらず、陸軍犯罪捜査官はマクドナルドの説明を信じず、1970年5月に殺人罪で起訴した。6週間にわたって行われた軍法第32条に基づく審問で、70人の証言が行われた結果、審問官を務めた陸軍大佐はマクドナルドを無罪とし、民間当局に他の容疑者を追及するよう要請した――警察の情報屋をしていた麻薬常習者のヘレナ・ステークリー(マクドナルドが供述した女の侵入者と特徴が一致していた)と、彼女の元陸軍兵士の恋人は、ともに自分たちがやったと証言したと言われている。

 その後数年間、マクドナルドは普通の生活を送っていた。だが1974年、それまで協力的だった義理の父親が態度を一変し、彼がやったに違いないと刑事告訴したため、マクドナルドは殺人罪で訴追された。検察側は、マクドナルドがエスクァイア誌でマンソン・ファミリーによるシャロン・テート/ラビアンカ殺人事件の記事を読み、それらしき犯行現場をでっちあげてヒッピー集団に罪を着せようと考えたのだ、と主張した。マクドナルド本人も弁護側の証人として証言台に立ったが、反対尋問でこてんぱんに叩かれた。結局有罪判決が下され、3件の終身刑が言い渡された。

 以来、マクドナルドの事件は世間の関心と論争を集めている。1983年には、ジョー・マクギニス著の実録犯罪ベストセラー『Fatal Vision(原題)』に取り上げられた。この本はマクドナルドを計算高い社会病的者として描き、TV用ミニシリーズにもなった(続いて出版されたジャネット・マルコム著の『The Journalist and the Murderer(原題)』は、マクギニスのアプローチを徹底的に覆し、報道倫理を示す決定版となった)。マクドナルドの支援者の1人、映画監督のエロール・モリス――冤罪を扱った1988年の名作ドキュメンタリー『The Thin Blue Line(原題)』の監督――は、2012年の著書『A Wilderness of Error(原題)』でこの事件を再検証した。500ページに及ぶ超大作は、証拠の大半が紛失、放置、または汚染され、あるいは説得力に欠けていたことを詳らかにした。

 何十年も上訴は却下され、ごく最近では2014年にも却下された。だが2017年1月、マクドナルドは新たな証拠に基づいて連邦裁判所に上訴した。犯行現場から、家族のDNAとは一致しない3本の毛髪が見つかったのだ。さらに、裁判を担当した検察官がステークリーに証言台で偽証するよう強制した、という宣誓供述書も見つかった。身元不明のDNAはステークリー(すでに他界している)のものとも一致しなかったが、マクドナルドの弁護団は、確かに侵入者がいたことを示す証拠だと言っている。連邦上訴裁判所の判断がいつごろ出るのかはまだ分かっていない。

検察側はルーティエを、子供のいない「華やかな」生活を懐かしむ軽薄な女に仕立て上げた

ダーリー・ルーティエ

 子供たちを殺害した罪で有罪判決を受けたダーリー・ルーティエは現在上訴中(Photo by Donna McWilliam/AP)

 1996年6月6日未明、テキサス州ダラスでダーリー・ルーティエが緊急通報した。取り乱した声で、自宅に何者かが侵入して自分と2人の息子を刺した、と叫んでいた。数週間後、ルーティエは6歳のデヴォン君と5歳のデーモン君を殺害したとして起訴(最終的には有罪と)された。55人の女性死刑囚の1人である彼女は、今も無実を主張している。ルーティエの支援者によれば、警察当局が初めから彼女を犯人と決めつけ、捜査もずさんで、警察の仮説と矛盾する証拠を黙殺していたという。

 警察はすぐに彼女を疑った。ルーティエは残忍な襲撃のことをほとんど覚えていなかったからだ。本人の話では、彼女は子供たちと一緒にリビングで映画を見ながらいつの間にか眠ってしまったという。その間、夫は2階で生まれたばかりの三男と眠っていた。ルーティエは、デーモン君に揺り起こされたことと、男の背中が暗い部屋を出ていき、キッチンを通ってガレージへ消えていくのを見たのは覚えていた。辺りが血だらけなのを見て、彼女はすぐに911に通報した。

 ルーティエは首の大動脈付近を刺され、緊急手術が必要な状態だった。だが、検察側は自分で刺した傷だと主張した。病院で撮影された写真には、ルーティエの腕に防御傷とみられるあざが写っていた――陪審がこの写真を目にすることはなかった。

 それに加えて、血の付いたルーティエと子供たちの衣類は、汚染されることもお構いなしに、同じ証拠袋に入れられた。検察側の証人トム・ベヴェル氏は、ルーティエの寝巻についていた血しぶきは息子たちを繰り返し刺したとみて「ほぼ間違いない」と証言したが、弁護側はこれに反論する法医学の専門家を証人に召喚しなかった。以来、ベヴェル氏の鑑定は説得力に欠け、誤解を生じさせるものとして非難を浴びている。この20年間以上、ベヴェル氏の鑑定で少なくとも3つの冤罪が起きている。

 また支援者いわく、警察は現場写真を撮る前に家具や物を動かし、犯行現場をいじっていた。そして侵入者が押し入った形跡――切り裂かれていたガレージの網戸や、近くの路地に落ちていた血まみれの靴下――はルーティエが「でっちあげた」ものだと、早急に結論づけた。

 これほど凶悪な犯罪を犯す明白な動機が見つからなかったため、検察側はルーティエを、子供のいない「華やかな」生活を懐かしむ、軽薄な女――実際彼女は「髪を脱色し」、豊胸手術をしていた――として描いた。最も忌まわしい証拠は、子供たちの墓で撮影されたTVのニュース映像だ。そこには笑いながら、パーティ用のスプレーを手にはしゃぐルーティエの姿が映っていた。

「子供を2人亡くしたばかりだというのに、彼女は文字通り、子供たちの墓の上で踊っているんです」と、検察官は陪審に語った。

 実際のところ遺族と友人らは、生きていれば7歳になるはずだったデヴォン君の誕生日を祝っていたのだった。数時間前には厳かな法事が行われ、ルーティエは終始すすり泣いていた。映像にはその部分も収められていたが、陪審は「パーティ用スプレー」の部分しか見せられなかった。審理の間、陪審はこの映像を7回も見させられた。

 裁判の後、陪審員の1人はこう認めている。「もし、その日の出来事をすべて残らず目にしていたら、私は有罪に票を投じなかったでしょう」

 2002年には著名な法医人類学者の鑑定が行われ、ガラステーブルで見つかった血のついた指紋はルーティエ家のメンバーとも、捜査関係の誰とも一致しなかったと判断を下した。現在行われている上訴裁判では、追加で行われた最新DNA検査が審議されている。テキサス州は、有罪を認めれば仮釈放なしの終身刑に減軽すると提案したが、彼女は拒否した。

犯人は被害者から気絶寸前まで首を絞められたこともあったと証言

ジョディ・エイリアス

 ジョディ・エイリアスは恋人を殺害したとして有罪判決を受けたが、本人は正当防衛だったと主張している(Photo by Tom Tingle/AP)

 近年、アメリカでもっとも嫌われた殺人被疑者としてスコット・ピーターソンと肩を並べる者がいるとすれば、ジョディ・エイリアスだろう。エイリアスは2008年にアリゾナ州メサで、つかず離れずの交際をしていたトラヴィス・アレクサンダーさんの謀殺容疑で起訴された。彼女は2013年まで証言台に立つことはなかったが、それまでメディアは彼女が有罪だと信じて疑わなかった。陪審も同様で、エイリアスは2015年、仮釈放なしの終身刑を言い渡された。

 ピーターソンと違い、エイリアスは無実を主張しなかった。少なくとも、今はそうだ――彼女は裁判で、アレクサンダーさんを銃で撃ったのは正当防衛だったと証言した。だが、アレクサンダーさんが殺害されたとされる2008年6月4日の出来事についての彼女の話は、すでに2度変わっている。彼女は当初アリゾナにはいなかったと話していたが、犯行現場にいた証拠が出ると、現場にいたことは認めたが、殺したのは2人の強盗だと言った。それから2年後、今度は正当防衛だったと主張を変えた。

 2013年、エイリアスの証言は18日間にわたって行われた。この時彼女は2人の性生活を赤裸々に語った。熱心なモルモン教徒だったアレクサンダーさんは、アナルセックスを好んでいた。教会の教義にそれほど違反せずに済むからだ。またエイリアスは、アレクサンダーさんが精神的にも身体的にも暴力的になることがあったと主張し、気絶寸前まで首を絞められたこともあったと言った。そのため(エイリアスの主張によれば)アレクサンダーさんのカメラを落として暴力を振るわれたとき、彼女は命の危険を感じた。検察側は、彼女が撃った銃は祖父母から盗んだものだと主張したが、エイリアスは銃はアレクサンダーさんのもので、撃ったのも事故だったと言った。その後のことは、弁護側の専門家がいうところの外傷後健忘のせいで何も覚えていないが、銃を捨てたことは認めた。銃はいまだ発見されていない。

 それに銃は凶器ではなかった――弾はアレクサンダーさんの眉毛をかすめ、最終的に胸に命中したが、それが死因ではなかった。死に至らしめたのはナイフだった――アレクサンダーさんは胸と背中を27回も刺されていたが、最終的な死因は首からの出血死だった。顎の下を、端から端まで切り裂かれていた。エイリアスはアレクサンダーさんを刺したことも、喉を切り裂いたことも覚えていないと証言したが、バスルームの床にナイフが落ちた音は聞いたと証言した。検察側も主張を変え、先に銃で撃った(エイリアスの説明とも一致する)のではなく、最後にとどめの一撃として撃ったとし、エイリアスの残虐性を示す証拠だと言った。検察のこの仮説は、5年前に行われていた検視報告書と矛盾する。弾丸がアレクサンダーさんの脳を貫通し、それが死因だという検視官の証言もまた然りだ。

 検察の時間軸は、犯行現場の証拠と、洗濯機の中から発見されたアレクサンダーさんのカメラから復元した撮影記録時刻に基づいていた。エイリアスはナイフで刺す「数秒前」、シャワーを浴びているアレクサンダーさんの写真をエイリアスが撮影した、と検察は主張し、エイリアスがアレクサンダーさんの死体を引きずった時にカメラが床に落ちて、「偶然」写真が数枚撮影されたと言った。だが、「偶然」撮影された写真は暗くて画像も乱れており、アレクサンダーさんやエイリアスだとはっきり特定するものは写っていない。彼女の支援者は、手動で追加された撮影時刻の信憑性に疑問を呈している。

 検察側は、アレクサンダーさんが殺されたのは2008年6月4日だと主張した――だが腐敗状態から、検死解剖では死亡日時が特定できなかった。検視官もこれについては証言していない。エイリアスの支援者は、弁護側がアレクサンダーさんの死亡日を示す証拠が薄い点を追及せず、弁護を怠ったと考えている。よりによってその日は、その週で唯一エイリアスのアリバイがなかった日だった。さらに、検察が主張するようにアレクサンダーさんの遺体を引きずるほどの力はエイリアスにはなく、ルームメイトが1時間後に帰宅する前に洗濯機を2度も回すような時間はなかった、と支援者は言っている。

 それから5日以上、アレクサンダーさんのルームメイトは誰も「鼻をつくような」腐敗臭が家じゅうに充満しても気づかなかったことになる。ルームメイトの2人は刑事に対し、彼が死んだとされる日の後も被害者を見かけたと語った。都合のいいことに、2人は証人に召喚されなかった。

 エイリアスの支援者らは、メサ警察が捜査で手を抜いて証拠を黙殺し、弁護士も死刑判決を免れることに一心不乱で、有罪評決のために努力しなかった、と固く信じている。エイリアスは宣誓証言でアレクサンダーさんの死の責任を認めてしまっているため、せいぜい望めるとしても減刑どまりだろう。だが支援者の中には、そもそも刑務所行きになったことがおかしい、と信じる者もいる。エイリアスがアレクサンダーさんを撃ったのは正当防衛かもしれないが、証拠を徹底して再検証すれば、彼女が本当に殺したのかどうか当然疑問が起きるはずだ、と彼らは言う。エイリアスの行動がこれまで予測不能だったことを踏まえれば、彼女が三度証言を変えることも十分あり得る。

刑事からあの手この手で強要され、供述を変えるように迫られた

タイラ・パターソン

 タイラ・パターソンはすでに仮釈放されているが、汚名返上を誓っている。

 1994年9月のとある深夜、オハイオ州デイトンで19歳のタイラ・パターソンは運の悪い時に、運の悪い場所で、運の悪い相手と一緒にいた。数カ月後、パターソンは加重殺人および強盗で起訴され、終身刑を言い渡された。23年後に仮釈放されたものの、必ず汚名を雪ごうと決意を固めている。

 事件当夜、パターソンは友人のベッカ・スティダムと一緒に5人の知り合いと遊んでいたが、別のティーンエイジャーのグループと口論になった。相手のグループにはミシェルとホリーのライ姉妹がいた。ライ姉妹と仲間たちは「狩り」、つまり車に乗って強盗目的で鍵の開いたガレージを物色していたとみられる。2つのグループの間で口論が起こり、ミシェル・ライさんが頭部を撃たれ、射殺された。

 検察も最終的には、ライさんを撃ったのはパターソン被告だったことを突き止めたものの、パターソンはネックレスを盗ったと自供していたため、殺人に関与したとして加重殺人で起訴された。パターソンは、録音された警察での供述は事実ではなく、強要されたのだと主張した。彼女いわく刑事から脅された上、情報を提供したスティダムは釈放されたと仄めかされたため、話をでっちあげたという。

「後ろにいた子がネックスレスを付けていたのが目に入りました」とパターソンは警察に語った。「私がネックレスを取りました。銃で撃ったりはしていません。ただネックレスをとっただけです」

 パターソンはのちに、自分は誰からも何も奪っていなければ――地面に落ちていたネックレスを拾ったが、後でトイレに流した――射殺の現場にもいなかった、と言った。喧嘩の場を収めようとした後、パターソンとスティダムは帰路につき、途中で銃声を聞いた。パターソンは家に着いてから偽名で緊急通報した。陪審は緊急通話の音声はおろか、この事実すら知らされなかった。弁護側は、パターソンも友人のスティダムも証言台に立たせなかった。検察側はパターソンの窃盗の自白に焦点を絞ったが、3人の被告のうち誰がこれらの犯行に及んだかという点になると、生存者の証言は互いに食い違っていた。

 にもかかわらず、パターソンは有罪判決を受け、懲役43年から終身刑が言い渡された。いわゆる「裁判税」――傲慢にも無実を主張して無理やり公判に持ち込んだことに対する罰金――の支払いも命じられた。以来、スティダムとパターソンを含む3人の被告は、神に誓って自分たちは窃盗にも殺人にも関与していないと主張している。12人の陪審員のうち6人は、緊急通報のことを知っていたら無罪にしただろう、という宣誓供述書を提出した。今ではホリー・ライも、最初のうちはパターソンが関与していないと警察に供述していたが、刑事からあの手この手で強要され、供述を変えるように迫られたと言っている。

「今はもう、ミシェルの殺害のきっかけとなった窃盗にタイラが関与していたと思いません」。オハイオ州のジョン・ケーシック州知事に宛てた手紙で、ライはこう書いている。「タイラがずっと収監されているのは間違っていると思います」

a

関連エントリ 2015/04/29 ⇒ 【国賓訪米】安倍首相「滞在1週間」✍“異例の歓待ぶり”??

 

2020年9月11日 (金)

【ドコモ口座】電子決済お粗末<不正出金>被害総額1,990万円

 ドコモ口座不正出金被害拡大…ユーザーでなくても注意必要 

FNNプライムオンライン 2020年9月10日(木)19時01分配信

ドコモユーザー以外も要注意

 ネットやアプリで送金・買い物ができる電子決済サービス「ドコモ口座」とひも付けした銀行口座から、不正に預金を引き出す被害が相次いで確認されている。

 NTTドコモ(以下ドコモ)は10日夕方に会見を開き、「ドコモ口座」を通じた預金の不正な引き出しが10日正午までに11の銀行で66件、約1800万円に拡大したことを明らかにし、謝罪した。

 連携している次の35銀行については、すべて新規のひも付けを停止している。

みずほ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行、イオン銀行、伊予銀行、池田泉州銀行、愛媛銀行、大分銀行、大垣共立銀行、紀陽銀行、京都銀行、滋賀銀行、静岡銀行、七十七銀行、十六銀行、スルガ銀行、仙台銀行、ソニー銀行、但馬銀行、第三銀行、千葉銀行、千葉興業銀行、中国銀行、東邦銀行、鳥取銀行、南都銀行、西日本シティ銀行、八十二銀行、肥後銀行、百十四銀行、広島銀行、福岡銀行、北洋銀行、みちのく銀行、琉球銀行

 この「ドコモ口座」という名前から、ドコモのサービス利用者だけの問題だと思っている人はいないだろうか?

 しかし実は、ドコモのスマホを使っていなくても、回線を使っていなくても、電子マネーを使っていなくても、被害を受ける可能性があるというのだ。

 いったいどんな人が、何に気を付ければいいのか? なぜこんな問題が起きたのか? そしてどういった手口なのか? ITジャーナリストの三上洋さんに聞いた。

提携銀行の口座を持つすべての人が要注意

――気を付けるべきなのはどんな人?

 今回の問題で注意するべきなのは、ドコモ口座と提携している銀行の口座を持っているすべての人です。当初は地方銀行のみだったんですが「ゆうちょ銀行」も含まれたので被害甚大になるかもしれません。

――ドコモのサービスをまったく使ってない人も注意すべき?

 そういう人の方が危険です。

 1つの銀行口座は、1つの「ドコモ口座」にだけひも付けできるので、すでに自分で「ドコモ口座」を作って銀行口座とひも付けていた人は大丈夫です。逆に「ドコモ口座」がなく、提携銀行に口座がある人は注意してください。

Photo_20200911102501Photo_20200911102502

銀行側の本人確認と「ドコモ口座」…両方の仕組みに問題

――そもそも「ドコモ口座」とは?

 ドコモは、d払い、電話料金合算払い、VISAプリペイドなど金融関係のサービスをたくさん展開しており、それらを一つの「口座」から引き落とす形にするためにできたのが「ドコモ口座」です。

 大まかに言えば、ドコモが用意している銀行口座みたいなものと考えてもいいです。

――なぜ不正利用が起きた?

 この「ドコモ口座」に現金を入れる方法はいろいろあり、そのうちの一つが銀行とのひも付け、つまり口座振替です。ひも付けの申し込みはネット上で行われ、各銀行側のサイトにて本人確認をする仕組みになっているんですが、これが甘かったのです。

 一部報道などでは、氏名・生年月日・口座番号・暗証番号で登録できるとされています。

 攻撃する側は、氏名・生年月日・口座番号の流出情報をたくさん持っているといわれており、分からないのは暗証番号だけです。しかも暗証番号は4桁しかありません。

――具体的にはどのような方法が取られたと思う?

 そこで「リバースブルートフォース」と言われるやり方を使ったとみられています。これはそんなに難しいことではなく、1つのパスワードを例えば1000件分の氏名・生年月日・口座番号で試してみるという手法です。

 よく使われる暗証番号と言えば、まず誕生日。次に多いと言われてるのは「2580」…これは電話のキーを縦に押しただけです。他には「1357」や「2468」といった偶数奇数もあります。このような番号は誰か使ってるだろう、ということでたくさん試してみるわけです。

 暗証番号が分からなくても、このようなアタックの方法ができたというのは、銀行側が本人確認に使う情報が少なかったことが最大の問題ですね。

――その他の問題点は?

 次に大きな問題点は「ドコモ口座」にもあります。

「ドコモ口座」はメールアドレスがあれば誰でもたくさん作れますが、この状態ではお金の引き出しなどはできません。そこで必要な本人確認というのは銀行口座を登録することなんです。

 つまり上のような方法で暗証番号を割り出して銀行口座を登録すれば、本人確認のなりすましができると同時に、お金の引き出しできるようになってしまうんです。この方法では本人確認の意味はないですね。

――この不正利用をどう思う?

 今回の不正利用は、「ドコモ口座」の仕組みがキャッシュレス時代に合ってなかったのでしょう。

 あえてドコモ側の言い訳を考えてみると、「ドコモ口座」はもともとプリペイドのサービスだったので、無記名Suicaのように身分証がなくても本人確認をしなくてもよかったんですね。でも新たに銀行口座のひも付けをやることになったら、ちゃんとした本人確認が必要になるわけです。

 今まであったサービスを、そのままキャッシュレス時代に持ってきてしまったために、問題点が露呈したのでしょう。

対策は?自分で見張るしかない

――犯人はどうやって情報を入手した?

 これに関しては全くの謎ですが、今分かっている事から一つ仮説を立てるならショッピングサイトから情報が流出した可能性が考えられます。

 ショッピングサイトの中には決済に銀行口座への振り込みが使えるところもあり、そういうところでは名前と口座番号と、場合によっては生年月日も収集していたかもしれません。

 そんなショッピングサイトから内部不正で情報が流出したり、もしくは外部からの攻撃で情報が持ち出されるということはありうるのではないでしょうか。ショッピングサイトからの情報流出というのは実際にたくさん起きています。

――問題の銀行口座を持っている人は、どうすればいい?

 実はもうやれることはあまりなくて、「通帳記入をしてください」「ネットバンキングの口座を見てください」というだけです。不正な引き渡しがないかちゃんと見ましょうとしか言えません。

――自分で見張るしかない?

 そうです。ドコモユーザーか否かはまったく関係ありません。名前が挙がってる銀行口座を持っている人は、必ずチェックしてください。

 NTTドコモは10日の会見で、被害者に対し、銀行と連携して全額補償する方針を表明した。
そして、ドコモ口座における銀行口座との新規登録を当面禁止し、本人確認が不十分だったとして携帯電話番号を使ったSMS、ショートメッセージによる二段階認証などを導入すると改めて説明した。

 対象の銀行口座を持っている人は、まずは不正な出金がないかどうかを通帳などで確認してほしい。

 なぜドコモ口座は本人確認が不十分だったのか 

ITmediaビジネスOnline 2020年9月10日(木)21時07分配信

「本人確認が不十分だった」──全国の地方銀行などで決済サービス「ドコモ口座」を使った不正出金の被害が相次いでいる問題で、NTTドコモの丸山誠治副社長は9月10日、記者会見でそのように繰り返し謝罪した。本人確認の甘さの一因には、競合他社との回線契約数獲得争いの中で、ドコモ回線契約者(ドコモユーザー)以外にもサービスを開放する戦略へと舵を切った影響もあるようだ。

Photo_20200911102301

ドコモ回線利用者以外が狙われた

 ドコモによると、被害にあったのは連携する銀行のうち11行にある66件の口座。被害総額は約1800万円(10日午後時点)。被害者には、銀行と連携して全額保証を行う方針という。

 今回の不正出金の流れはこうだ。まず(1)第三者が銀行口座番号、キャッシュカード番号などを何らかの方法で不正に入手、(2)それらの情報を使って被害者になりすまし、ドコモ口座を開設し、(3)ドコモ口座と銀行口座を連携、(4)預金をドコモ口座へ送り、(5)ドコモ口座とd払いを連携して商品などを購入、現金化している──とみられるという。

 ドコモ口座の開設方法には、ドコモ回線を契約している場合と、ドコモ回線を契約していない場合の2種類がある。今回の不正出金では、後者が標的になった。

 ドコモユーザーの場合、ドコモ口座を開設するには「回線認証」など本人確認の仕組みが設けられている。一方、回線を契約していない人には、メールによる2段階認証を導入していたが、dアカウント取得時に登録したメールアドレスにセキュリティコードが送信される仕組みだったため、「本人確認が甘かった」(丸山副社長)。

 名義、口座番号、暗証番号といった銀行口座の情報がそろっていれば、メールアドレスの数だけ、ドコモ口座を開設できる──という状況だった。丸山副社長は「口座を持っている顧客の情報をどう守るかという観点で設計・運用していたが、ドコモ口座に悪意で口座を開く人を排除できるか、という観点が抜けていた」と説明した。

ドコモ回線利用者以外へのサービス開放が裏目に

 ドコモは2019年10月、それまでドコモ回線利用者のみに提供していたドコモ口座のサービスを、ドコモ回線利用者以外でも開設できるよう開放した。競合キャリアとの回線契約数を巡る争いの中、ドコモは「会員を軸とした事業運営への変革」(18年10月発表の中期経営戦略より)を掲げ、回線利用者でなくてもdアカウントを取得した会員に、広くサービスを提供していく方針を打ち出した。この方針が裏目に出た。

 丸山副社長は「ドコモ回線を契約していなくても、ドコモ口座をはじめ多くのサービスを使えるように取り組んできた。提供範囲を広げるため、(メールアドレスだけで登録ができるという)簡易な手段を取っていた。今考えれば不十分な対応であり、反省している」と話す。

 今後は、本人確認を厳格化する。電話番号を用いた「SMSによる二段階認証」に加え、利用者の顔と本人確認書類を画面表示に従って撮影・提出させる「eKYC」(Electronic Know Your Customer)も実施する予定だ。こうした対策で、回線を契約しているユーザーと同等レベルの本人確認になるとしている。

りそな銀行での不正利用とは関連性はない

 不正出金の被害は、今回が初めてではない。2019年5月には、りそな銀行でも不正利用が発覚していた。丸山副社長は「当時はドコモ回線の契約者のみに向けたサービスだった」と説明。口座名義と回線名義者が一致していなくても利用できたため、不正出金が起きたという。

 その後は、回線名義と口座名義が一致しなければ利用できないようにし、以降は回線契約者での不正利用は発生していなかった、と釈明。あくまで今回の不正出金は、ドコモ回線利用者以外へサービスを拡大したことに起因するとし、りそな銀行での不正利用との関連性はないとしている。

 競争激化の中で露呈した決済事業者銀行セキュリティ問題 

ABEMA TIMES 2020年9月11日(金)14時14分配信

 銀行口座と紐づけることで買い物や送金ができるNTTドコモのキャッシュレス決済サービス「ドコモ口座」が不正利用され、銀行口座から預金が引き出された問題。

 10日の記者会見で、NTTドコモの丸山誠治副社長は「被害件数で66件、被害総額で約1800万円と認識している。被害を受けたお客様にお見舞いを申し上げるとともに補償については銀行と連携の上、全額補償するよう真摯に対応してまいりたい」と陳謝。提携している35行の新規登録を停止、セキュリティの強化を行うとした。

 丸山副社長の説明によれば、犯人は何らかの方法で被害者の氏名、口座番号、暗証番号などを入手。それらを用いてドコモ口座を開設、被害者の銀行口座と紐づけたとみられるという。

 国際大学Glocom客員研究員の楠正憲氏は「例えば偽の銀行サイトなどに登録させるフィッシング詐欺など、情報を入手する手法は何パターンか考えられる。ただ、そもそも口座振替登録をする際に本人しか知らない情報というのは、暗証番号しかない。振り込んでもらう場合は相手に銀行口座番号は教えなければならないし、逆にATMやダイレクトバンキングに相手の銀行口座番号を入力すれば名義人はわかってしまう。さらに暗証番号はたった4桁の数字だし、誕生日や“1234”など分かりすいものに設定し、使い回しをしている方もいる。セキュリティとしては突破されやすい、不十分なものだ。そこで最終残高の下4桁を入力させる、つまり通帳を持っていなければ利用できないような対策を講じている金融機関もある」と話す。

 また、「ドコモ口座」はNTTドコモの回線を契約していない場合、メールアドレスを使って「dアカウント」を作ることで口座開設ができ、それにより会員を拡大させてきた。今回、犯人はその点を突き、入手した情報を用いて被害者の口座から自身のドコモ口座に出金させていたと考えられている。

 実は不正な預金引き出しは昨年5月にも発覚しており(りそな銀行の口座)、NTTドコモは入金上限を月100万円から30万円にし、連携する銀行に注意を呼びかけた。一方、本人確認の厳格化などの対応は取られていなかったという。こうした背景には、問い合わせが増えたり、途中で手続きを諦めたりしてしまう人が出ないよう、手続きを容易しておきたいという思惑もあったようだ。

 楠氏は「携帯電話回線の契約の場合、身分証を見せ、氏名と住所と顔写真などを確認していると思うし、その回線にSMSを送信したり電話をかけたりすることでの本人確認もできる。しかしメールアドレスの場合、フリーメールなどもあるわけで、結果的には2段階認証を導入していたかどうかは重要ではない。りそな銀行の問題が起きた後に入金上限を減らしただけでは不十分だったわけだが、こうした不正そのものを完全に無くすのは難しい。悪い奴は常に知恵を絞って新しい方法で攻撃を仕掛けてくるので、常に穴を塞いでいくしかない。一歩一歩良くしていくしかないのかなと思う」と話す。

 さらに被害者の一人は「被害を訴えたのに信じてもらえなかった。取り合ってもらえなかった」と証言している。「NTTドコモはdアカウントなど数多くのサービスを提供しているので、全体の中で前提条件がどんどん変わっていったということもあると思う。その中に綻びがないかということを常に把握していくというのはとても大変なことだ。その意味では末端の販売店や提携している銀行も含め、適切な対応ができるようマニュアルを作成し、オペレーションを組まなければ難しい。不正が出ることを想定し、被害が生じた時にはすぐに助けられるような仕組みもセットで考えていく必要があると思う」(楠氏)

 慶應義塾大学の若新雄純特任准教授は「7payの問題もそうだが、競争が激化する中でのセキュリティ強化を両立させなければならない焦りもあるのだと思う。しかし日本企業は自分たちでシステムを一気通貫で作らず、下請けに委託し、その下請けがさらにその下請けに委託し…というような構造になっている。NTTドコモもものすごく大きな会社だし、今回のサービスにも多くの会社が関わっていたのだと思う」と指摘。EXITのりんたろー。は「コロナ禍で紙はいらない、はんこはいらないという話がどんどん進んでいったのに、やっぱり必要だったじゃないかと退化していってしまうのではないか」と苦笑していた。

ドコモ口座被害麻生金融相全額補償求める

読売新聞オンライン 2020年9月11日(金)13時09分配信

 NTTドコモの電子決済サービス「ドコモ口座」を悪用した銀行預金の不正引き出し問題を巡り、麻生金融相は11日の閣議後記者会見で「補償や被害拡大の防止、再発防止を実行させていかなければいけない」と述べ、被害者への全額補償や口座を開く時の本人確認の強化などを求めた。

 問題が起きた背景については「『相手が(安全対策などを)ちゃんとやっているはずだ』と金融機関が思い、いわゆる隙が生じていた可能性がある」との見方を示した。

 高市総務相も閣議後の記者会見で、被害が確認されたゆうちょ銀行から経緯を聞いたことを明らかにした上で、「過疎地などに住んでいて通帳の記入に行けない人もいる。金融機関側で被害に遭った可能性がないか、確認していただけたらありがたい」と述べた。

     ◇

 ドコモの親会社、NTTの澤田純社長は11日、オンライン記者会見で「大変なご迷惑をかけて申し訳ない」と謝罪。昨年、ドコモ口座の利用者を、ドコモの携帯利用者以外にも拡大したことについて「(本人確認の)認証強度を強めるところが、少しなおざりになっていた」と述べた。

 ドコモ口座詐欺被害73総額1,990万 

読売新聞オンライン 2020年9月11日(金)14時21分配信

 NTTドコモの電子決済サービス「ドコモ口座」を悪用した銀行預金の不正引き出し問題で、ドコモは11日午前0時時点で、全国の12行で被害件数が73件、被害総額が1990万円に上ったと明らかにした。

 

2020年9月10日 (木)

【耳学】コロナ禍<歯科通院について>心掛けるべきこと

 コロナ時代の歯医者について知っておきたいこと 

NATIONAL GEOGRAPHIC 2020年9月10日(木)18時21分配信/MAYA WEI-HAAS

行くべきか行かざるべきか、どんな対策をしているのか、専門家に聞いてみた

 もう何カ月も他人との接触を避けてきたが、先日右の奥歯が欠けてしまったので、勇気を奮い起こして歯医者に予約を入れた。

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が全米で猛威を振るうなか、バージニア州アレキサンドリアにある歯医者に足を踏み入れると、中は前回訪れた時とはまるで様子が変わっていた。受付にはアクリル板が置かれ、2個並んだペン立てには「消毒済み」と「使用済み」と書かれていた。そして、私を含め全員がマスクをしていた。

 感染症が流行しているときの歯科治療には、特殊な危険が伴う。歯科医は、口を開けた患者に顔を近づけて長い時間治療を行わなければならない。「厳しい現実ですが、私たち歯科医は危険地帯で働いていると言わざるを得ません」と、ペンシルベニア大学歯学部長のマーク・ウルフ氏は言う。

 だが適切な対策をとれば、患者が歯医者で新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に感染するリスクを最小限に抑えられる。それよりも、定期検診とクリーニングを先延ばしにすることで、歯だけでなく体全体に悪影響が出ることの方がよほど危険であると歯科医たちは言う。たとえば、歯周病は心臓病などの慢性病に関連があるといわれている。

 では、パンデミック(世界的な大流行)中でも患者に安心して受診してもらうために、米国の歯医者はどんな対策をとっているのか、専門家に聞いてみた。

新たなガイドラインの下で再開した歯医者

 新型コロナウイルスは、呼吸や会話、咳などで口から出る飛沫に含まれている。その飛沫を吸い込んだり、ドアノブなど飛沫のついたものにふれた手で目や鼻、口を触ると、ウイルスが体内に入り込んで感染する。歯医者が使うドリルや超音波洗浄機から発生する細かいマイクロ飛沫にもウイルスは含まれる。しかも、マイクロ飛沫は数分から数時間空気中を浮遊することがある。

 2020年3月、新型コロナウイルスに関する情報がまだ少なかった頃、米国歯科医師会(ADA)は、緊急でない歯科治療を延期するよう歯科医たちに要請した。感染の拡大を防ぐためだったが、深刻な供給不足に陥っていた個人防護具を最前線でウイルスと闘う病院へ回すためでもあった。

 ADAは米疾病対策センター(CDC)と協力して、歯科診療を安全に再開させる対策を提言するために、専門家チームを結成した。そして5月、新たな安全対策を施した歯医者が、全米で診療を再開させた。

 ADA会長のチャド・ゲハニ氏は、「患者にとって何が安全か、公衆衛生にとって何が最も重要かが、私たちの最優先課題です 」と語る。

歯医者に行くリスク、行かないリスク

 確かにその方が良いが、歯の治療を先延ばしにすると長期的な体の健康に深刻な影響をもたらす恐れがあると、ゲハニ氏は警告する。歯の詰め物が取れるくらい大したことがなさそうでも、放置すれば後々大変なことになる。

 定期的なクリーニングも欠かせない。歯肉の健康と糖尿病との間には確実に関連性があると、ゲハニ氏は言う。また、心臓病との関連も示唆されている。歯医者でクリーニングをしてもらうことで、歯肉の状態は安定化する。

 長い自粛生活が続くと、食事の内容にも変化が現れる。人はストレスを感じると、虫歯の原因となる食べ物や飲み物の消費量が上がる。筆者の治療にあたった歯科医のジェシカ・ヒル氏も、その傾向には気付いたという。

「患者さんのお口の中が、いつもより汚くなっているなとは思いましたよ。その分、クリーニングにも時間がかかります。でも、こんな時ですから仕方がありません。診療を続けられる限り、私たちは全力を尽くしたいと思っています」

 感染のリスクが最も大きいのは、むしろ歯医者までの移動中であると、ウルフ氏は言う。特に、持病のある人が、感染が拡大中の地域で混雑した地下鉄やバスに乗って歯医者へ行く場合には注意が必要だ。不安を感じたら、家を出る前に歯医者へ相談するようにと、ウルフ氏は勧める。数週間から1カ月ほどであれば問題ないとしても、半年以上クリーニングを延期するのは心配だという。

 ヒル氏も、「そこが最大の問題です。コロナの終息がまだ見えていないなか、歯医者の予約をいつまでも遅らせていると、次に受診した時に大変なことになりはしないかと危惧しています」

安全な歯医者とは

 無症状者からの感染を抑えるために、安くてすぐに結果の出る検査があればいいのだが、今はそれが無理だ。そのため、歯科医はあらゆる手を尽くして感染防止に努めていると、ウルフ氏は言う。

 ADAとCDCは、患者が歯医者へ到着する前から準備をするよう提言している。患者は、事前に咳や熱などの症状はないか、最近感染者と接触したことはないかなど、簡単な質問に回答するよう求められる(編注:日本では日本歯科医師会が「新たな感染症を踏まえた歯科診療ガイドライン」を作成し、チェックリストを満たした歯科医療機関に「みんなで安心マーク」を発行している)。

 院内での感染リスクを抑えるために、予約の数を減らし、付添人には外で待ってもらい、人と人との接触機会をできるだけ減らす。患者は、到着時に検温を受ける。待合室の椅子の数も減らして、距離を開けて配置する。ゲハニ氏の待合室では、14人分あった椅子を4人分に減らし、それぞれの部屋の隅に1個ずつ置いている。また、待合室ではスタッフも患者も全員がマスクを着用する。

 ADAとCDCの提言に忠実に従っている歯医者であれば、中に一歩足を踏み入れただけですぐに変化に気付くはずだと、ウルフ氏は言う。

 歯科医が身に着ける個人防護具の数も、以前より格段に増えた。N95マスクは、マイクロ飛沫の吸引を抑え、医師本人の口から出る飛沫も防ぐことができる。普段は患者とのおしゃべりを楽しむゲハニ氏だが、今は飛沫を減らすために、必要最小限のこと以外はしゃべらないようにしているという。

 また、フェイスシールドを装着して、患者の唾液や血液から目を保護する。ヒル氏も同じくフェイスシールドを使うようになったが、これはパンデミックが終息した後も使い続けたいと話す。

「患者さんをひとり診察するごとにフェイスシールドを外してきれいにしていますが、使用したフェイスシールドの表面を見て驚きました。パンデミック前にはこれを自分の顔にまともに受けていたのかと思うとぞっとします」

歯科診療はどのように変わったか

 感染症の流行が歯科診療に変化をもたらしたのは、これが初めてではない。ゲハニ氏によると、1980年代のエイズ流行がきっかけで採用された対策も多いという。

 歯医者が常に手袋とマスクを着用するようになったのも、この時からだった。そして今は、新型コロナの流行によって「対策を一層強化し、感染症の拡大防止に向けた適切なガイドラインに従うようしっかり取り組んでいます」と、ゲハニ氏は言う。

 診療前に、口内と上咽頭部を殺菌するため、患者に低濃度の過酸化水素またはヨウ素(ポビドンヨード)を含んだ水でうがいをしてもらう取り組みを始めた歯医者もある。診療中に、マイクロ飛沫とともに外に飛び出すウイルスの量を抑えるためだ。ただしゲハニ氏は、この方法で新型コロナウイルスの感染が抑えられる科学的証拠はないと断っている。「でも、やっておいて損はないです」

 使用する器具にも気を配る。ウルフ氏の大学では、歯の洗浄に使う超音波機器の使用を中止している。振動が激しすぎて、「ウイルスをエアロゾル化させるには理想的な道具」なのだという。

 治療によっては、ラバーダムを使用するのもいいだろう。ラバーダムとは、口全体を覆う薄いゴムのシートで、治療したい歯だけを露出させる器具だ。ウイルスを含んでいるかもしれない唾液が飛沫やマイクロ飛沫として外に飛び出すのを防ぐ効果がある。ただし、ヒル氏によると使うのは簡単ではない。「患者ともみ合うようにして装着しなければなりません」。また、強力な吸引機で助手に飛沫をしっかり吸い取ってもらうことも、対策のひとつだ。

「患者さんからは見えないところでも、歯医者はとても多くの対策をとっているんですよ」と、ヒル氏は付け加えた。たとえば、ヒル氏の医院では複数の診察室を順番に使いまわし、一回使用した診察室はしばらく休ませて、マイクロ飛沫が落ち着いてから次の患者を入れるようにしているという。また、換気をよくして、空気のよどみを作らないようにしているところもある。

 感染者が多い地域における緊急性のない歯科診療の再開については、WHOとADAの意見が一致していないものの、歯科医たちによる努力は、全体的には報われているようだ。

 ヒル氏は言う。「当院では今年5月初めから診療を再開していますが、現時点で歯科医から患者が新型コロナウイルスに感染したという報告はまだありません。ですから、きっと正しい対策をとっているのだろうと、私は感じています」

コロナ禍で“厳しいご意見”にく歯科医

まいどなニュース 2020年9月6日(日)18時15分配信

 「なぜ虫歯を見つけて通わせようとするのよ?コロナよ、コロナ!」

 「一日で虫歯の治療全部終わりますか?」

 「他の患者入れないで、俺だけ診るってできないの?」

 「アルコール、換気、フェイスシールド、次亜塩素、オタクちゃんとコロナ対策してるの?!」

 これは、ある歯科医が「このコロナ禍で頂戴した」という「様々な厳しいご意見」。これに対し、歯科医は「ソーシャルディスタンスは距離を取りつつも心の距離は近づけつつ、みんなで頑張って行こうというものだと私は認識しています。最近、自分が間違っていないか自問自答する事が本当に増えました」と、ツイッターにつぶやきました。

 どう考えても無理難題というか、不条理極まりないというか…。それでもこのツイートには全国の歯科医らから「その通り」「こちらも決死の覚悟で治療しているので検温、消毒してお越しください、と言ったらかかと落とし食らわせられるんでしょうね」等のリプライが寄せられ、これらが決して特異な出来事ではないことをうかがわせました。

 投稿したのは、驚異の空き箱工作や愛息に手作りしたおもちゃで度々話題になっている、神奈川県の笠間歯科クリニック院長の笠間慎太郎さん。その思いを聞きました。

――この「ご意見」は実際に言われたのですか?

「『虫歯を見つけて』と『一回で終わらせて』は実際に経験し、残り二つは友人の歯科医師から聞きました。コロナの影響は歯科医院にも大きくありました。今回もこの内容を出すべきか、出した後も削除するべきか何度も自問自答しました。しかし、投稿したところ日本中の歯科医師がこのような経験を少なからずしていることをツイートの反響で知ることができました。人の心までソーシャルディスタンスではいけないと思います」

―歯科の診療で「?」と感じる出来事もイラストでツイートしていらっしゃいます。これを見ると、歯科医と医師とでは患者側の態度も“差”があるような…。

「現状、お医者さんとは大きな差があると思います。子どものなりたい職業にもランクインしませんしね…。それに対して私自身は不平を感じていませんが、仕事をしていて、歯医者が嫌いと言われる機会は非常に多いです。それだけ当院が言いやすい環境を作れているのかな?とも前向きに考えるようにしていますが…。でも、『嫌い』から関係性を構築していかないといけないのでなかなか厳しいなと思うことも少なくありません」

――確かに、「医者嫌い」よりも「歯医者嫌い」な人は多いかもしれません。

「歯科治療は『歯を抜かれた』『歯を削られた』と言われがちですが、お医者さんで『脳腫瘍を取られた』という人はまず居ないと思います。一方で採血では『血を抜かれた』という人も多いのでは。つまり、直接的に命に関わらないけれど痛くて嫌な処置に対しては、ついつい『された』というような被害者意識が生まれるように感じます。でも必要とされる以上、そのようなことも全て飲み込んで全国の歯科医師は頑張っていることはご理解いただきたいと思うんです」

 その背景には、歯科医の治療というものが、知られているようで知られていない、というのもあるのかもしれません。そんな歯科治療の知識や、日ごろ感じたモヤモヤ?を、独特のゆる~いイラストで描き続ける笠間さん。昨年初めにはツイッターで「親知らず一覧」のイラストが話題を呼び、イラストによる歯科治療の解説本「歯科医院のトリセツ」を執筆することに。

 アルフォートの空き箱で作った超人機メタルダーやマクドナルドの包み紙のシャア・アズナブルなどの工作をしながら、1年ほどかけて作り上げました。本は今月出版予定で、「医学書を漫画の絵で埋め尽くすという非常識をやり尽した自信はあります!」と胸を張り(?)「一般の方向けに執筆しましたが歯科関係者にも笑って頂けたら」と話します。

 多彩な顔を披露している笠間さん。「こんな時代です。本当に毎日大変ですよね。でもツイッターを開いたら同業者でもそうでない方も『あ、おんなじようなこと考えている変な人間がいるんだ』とか『変なことばっかりするなあこの歯医者』みたいに少しでも共感を分かち合ったり、時に非日常が見せられたりするような活動をこれからもしていきたいと思っています」と語ってくれました。

 「歯科医院のトリセツ」治療編・通院編 A4判変、72ページ。税込み2970円。

 秋冬超危険 新型コロナ第3波”襲来時の“衝撃予想 

日刊ゲンダイ 2020年9月10日(木)15時00分配信

 夏の終わりとともに危険な“大波”が訪れそうだ。国内の新型コロナウイルス新規感染者は9日、508人だった。過去最多の1595人を記録した先月7日から1カ月が経過し、“第2波”は落ち着きつつあるように見えるが、今後予想される“第3波”はさらにヤバい。

 米ワシントン大の「保健指標評価研究所(IHME)」の最新研究によると、コロナによる全世界の死者数が年末までに280万人に上る恐れがあるという。

 現在、全世界の死者数は約90万人。3カ月程度で約3倍に膨れ上がるというのだから驚きだ。

 IHMEは世界各国の死者数の推移について、各国政府が①規制を緩める「悪化ケース」②規制を強める「最良ケース」③規制が現状維持の「最もあり得るケース」――に分けて調査。死者数280万人は③のケースで、最悪の①のケースだと400万人に上る恐れがあるという。

 日本の死者数も半端じゃない。③のケースでナント、年末までに約12万人の死者が発生。最良の②のケースでも約10万5000人になり、①の場合は約29万人だ。9日までの国内死者数は1425人。年末に死者が100倍近くに膨れ上がるなんて、「目を覆う」どころか信じたくないレベルだ。

 死者激増の原因は、大都市が多い北半球で今後、秋冬が到来し、気温が下がること。IHMEのクリストファー・マレー所長は、「寒い気候で一段と流行する見通し」「北半球の人々は冬が近づくにつれ特に警戒が必要」と警鐘を鳴らしている。確かに7~8月に冬だった南半球のオーストラリアや南アフリカ、ブラジルでは感染が急拡大した。寒い秋冬は要警戒だ。医療ガバナンス研究所理事長の上昌広氏が言う。

「死者12万人とは驚きですが、『あり得ない』と切り捨てることはできません。11~1月の寒い時季に流行する風邪やインフルエンザウイルス同様、コロナも活性化する可能性がある。加えて、経済的に疲弊する現在の社会情勢は、感染拡大を抑制し得る『都市封鎖』など強い措置に耐えられる状況にありません。これらを総合的に勘案すると、『死者12万人』は否定し切れない。ワクチン開発も不透明。やはり、『広範な検査』と『陽性者隔離』を進めるしかありません」

Go To、解散総選挙どころじゃない

 来月からは「Go To トラベル」の地域共通クーポンの利用が開始。さらに、次期政権による衆院解散機運が高まっているが、とても秋冬にやっている場合じゃない。

 新型コロナ再び欧州猛威で新規感染者が過去最多更新 

Bloomberg 2020年9月8日(火)21時30分配信

 欧州で懸念されていた新型コロナウイルスの感染再拡大が現実となりつつある。フランスでは新規感染者数が過去最多を更新し、ドイツや英国でも感染が広がっている。感染予防対策が甘いまま、夏の間に人の移動が増えたことが影響した。

 前回のロックダウン(都市封鎖)措置で欧州経済が壊滅的な打撃を受けたことから、各国当局は全国的な移動制限を再び導入することに消極的だ。ただ、数千人規模の新規感染者が報告されても、3月や4月と比べると状況は大きく異なる。

 死亡率の上昇は当時と比べ緩やかで、医療機関も今のところ患者の治療に対応できている。このため各国政府により厳しい対応を迫る圧力は和らいでいる。

 フランスでは7日に4203人の新規感染が確認された。7日移動平均はここ数週間で確実に増加しており、4日には6000人を超えた。これは3-4月のピーク時の水準を上回る。

 ドイツでは8日朝までの24時間で1898人の陽性が確認された。米ジョンズ・ホプキンス大学のデータによれば、4月以来の多さだ。新型コロナのまん延がピークに達した頃は1日あたり約7000人を記録していたものの、ドイツの公衆衛生当局は今の感染状況について引き続き「活発で、深刻だ」と警戒感を示した。

 英国では7日に約3000人の新規感染が報告され、ここ数日間の新規感染者数は5月以来の高い水準となった。ハンコック保健相は若年層の感染が主な拡大の要因だと指摘、ソーシャルディスタンス(社会的距離)の確保を無視すれば感染はさらに広がると警告した。

 イングランド副主任医務官ジョナサン・バン・タム氏は7日夜、BBCに対し、「人々はあまりにも気が緩んでいた。今こそ、新型コロナはわれわれにとって引き続き脅威であるということに再度向き合い、認識する必要がある」と述べた。

 コロナ死者数急増12月は世界で1日3万人予想 

Bloomberg 2020年9月7日(月)9時44分配信

 新型コロナウイルス感染症(COVID19)による全米の死者数は年内に大幅に増加するとの見通しが、新たな長期予測で明らかになった。

 ワシントン大学医学部の保健指標評価研究所(IHME)の最新予測によると、米国のコロナ死者は最も可能性が高いシナリオで年内に41万451人に達する可能性があり、最悪のシナリオでは62万29人としている。両シナリオの差異は当局がマスク着用やソーシャルディスタンス(社会的距離)確保の義務化をどの程度厳しく行うかにかかっていると、リポートは説明した。

 IHMEのクリストファー・マレー所長はリポートで「肺炎のように新型コロナは寒い気候で一段と流行する見通しのため、北半球の人々は冬が近づくにつれ特に警戒が必要だ」と指摘した。リポートは新型コロナワクチンが感染拡大に与え得る影響には言及していない。

 世界全体の死者数は年内に280万人に達すると予想。現時点から190万人増える計算だ。12月の死者は1日当たり最大3万人に達する恐れがある。

 マレー氏は「欧州や中央アジア、米国を中心に厳しい12月になると見込まれる」とした上で、「ただ科学は明確で証拠は覆されない。つまりマスク着用やソーシャルディスタンス、人々の集まりの制限はコロナウイルス拡散防止に不可欠だ」と強調した。

a

関連エントリ 2020/08/31 ⇒ 【日経平均】4日ぶり反発✍先週末<首相“電撃辞任”急落>戻り試す展開

 

2020年9月 9日 (水)

【日経平均】大幅反落<NY株3営業日続落>一時✍2万3000円割れ

 戦後最悪6月期GDP下方修正28.1% 

朝日新聞デジタル 2020年9月9日(水)7時00分配信

 コロナ危機が本格化した4~6月期の国内総生産(GDP)の2次速報は、物価の影響を除いた実質(季節調整値)で前期(1~3月)比7・9%減、年率換算では28・1%減だった。マイナス成長は3四半期連続。先月公表の1次速報(年率27・8%減)から下方修正され、記録的な落ち込み幅がさらに広がった。内閣府が8日公表した。

 4~6月期は、緊急事態宣言が出た影響で経済活動が急速に縮んだ。成長率のマイナス幅は1次速報と同様、リーマン・ショック直後の2009年1~3月期の年率17・8%減を大きく上回り、事実上、戦後最悪の落ち込みとなった。

Photo_20200909193001

設備投資下振れ コロナで事業環境不透明

 下方修正の主な原因は企業の設備投資の下振れだ。1次速報では前期比1・5%減だったが、2次速報では4・7%減になった。今月1日に公表された法人企業統計の数値を反映した。事業環境が不透明な中、投資を先送りする動きが広がったとみられる。

 米株大幅続落ハイテク株売り続く テスラ21%急落 

ロイター 2020年9月9日(水)6時20分配信

 米国株式市場は3営業日続落して取引を終えた。ダウ工業株30種<.DJI>とS&P総合500種<.SPX>は2%超、ナスダック総合<.IXIC>は約4%それぞれ下落した。大型テクノロジー株の売りが続いたほか、テスラ<TSLA.O>はS&P500銘柄に採用されなかったことを受け21.1%安となり、過去最大の下げを記録した。

 S&Pの主要11セクターは全て下落し、情報技術株<.SPLRCT>とエネルギー株<.SPNY>の下げがきつかった。先週末に、ソフトバンクグループ<9984.T>がここ数週間の米国株の上昇局面でオプション市場に多額の資金を投じたと報じられたことで投資家が警戒を強めた。

 情報技術株は4.59%安。3日続落となったほか、3日間の下落率としては3月中旬以降で最大となった。ただ、年初来でのセクター別上昇率では依然トップを維持している。

 エネルギー株<FB.O>は3.71%下落。米WTI原油先物は約8%下落し、6月以降で初めて1バレル=40ドルを下回った。

 フェイスブック<FB.O>、アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>、アップル<AAPL.O>、テスラ<TSLA.O>、マイクロソフト<MSFT.O>、アルファベット<GOOGL.O>、ネットフリックス<NFLX.O>のテクノロジー株は軒並み下落。この日の日中安値で、各社の合計時価総額は今月2日から1兆ドル超縮小した。

 JPモルガン<JPM.N>は3.48%安。新型コロナウイルス支援策向け資金の不正利用に同社社員が関与した疑惑について調査を行っていると伝わった。米国債利回り低下を受け、銀行株<.SPXBK>は3.44%下げた。

 バリュー株<.IVX>も1.84%下落したが、3.38%安のグロース株<.IGX>などに比べ、下げ幅は小さかった。投資家の不安心理を示すシカゴ・オプション取引所(CBOE)のボラティリティー・インデックス(VIX指数)<.VIX>は過去4営業日中3日目の上昇。

 トランプ政権が中国の半導体受託生産(ファウンドリー)大手、中芯国際集成電路製造(SMIC)<0981.HK>を事実上の禁輸リストである「エンティティー・リスト」に加えるかどうか検討しているとの報道を受け、フィラデルフィア半導体指数(SOX指数)<.SOX>が3.43%下落した。

 一方、ゼネラル・モーターズ(GM)<GM.N>は7.93%の逆行高。米電気トラックメーカーのニコラ<NKLA.O>株式11%を取得すると発表した。二コラ株は40.79%高。

 ニューヨーク証券取引所では、値下がり銘柄数が値上がり銘柄数を3.78対1の比率で上回った。ナスダックも2.22対1で値下がり銘柄数が多かった。

 米取引所の合算出来高は104億8000万株。直近20営業日の平均は93億2000万株。

終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種 27500.8 -632.42 -2.25 27925. 27925. 27464. <.DJI>

9 23 23 90

前営業日終値 28133.3

ナスダック総合 10847.6 -465.44 -4.11 10900. 11131. 10837. <.IXIC>

前営業日終値 11313.1

S&P総合500種 3331.84 -95.12 -2.78 3371.8 3379.9 3329.2 <.SPX>

前営業日終値 3426.96

ダウ輸送株20種 11080.8 -144.64 -1.29 <.DJT>

ダウ公共株15種 798.63 -5.07 -0.63 <.DJU>

フィラデルフィア半導体 2108.61 -104.12 -4.71 <.SOX>

VIX指数 31.64 +0.89 +2.89 <.VIX>

S&P一般消費財 1194.69 -25.45 -2.09 <.SPLRCD

S&P素材 396.46 -8.39 -2.07 <.SPLRCM

S&P工業 643.11 -12.69 -1.93 <.SPLRCI

S&P主要消費財 656.61 -13.87 -2.07 <.SPLRCS

S&P金融 408.34 -10.87 -2.59 <.SPSY>

S&P不動産 221.56 -2.88 -1.28 <.SPLRCR

S&Pエネルギー 250.67 -9.65 -3.71 <.SPNY>

S&Pヘルスケア 1209.04 -20.61 -1.68 <.SPXHC>

S&P通信サービス 199.68 -4.92 -2.41 <.SPLRCL

S&P情報技術 1979.28 -95.24 -4.59 <.SPLRCT

S&P公益事業 298.01 -1.78 -0.60 <.SPLRCU

NYSE出来高 10.64億株 <.AD.N>

シカゴ日経先物9月限 ドル建て 23030 - 220 大阪比 <0#NK:>

シカゴ日経先物9月限 円建て 23030 - 220 大阪比 <0#NIY:>

 NY株再び大幅下落630㌦安テスラ21%急落 

朝日新聞デジタル 2020年9月9日(水)7時15分配信

 連休明け8日の米ニューヨーク株式市場は、主要企業でつくるダウ工業株平均が大幅続落し、前週末比632・42ドル(2・25%)安い2万7500・89ドルで終えた。この夏に急騰していたIT銘柄を中心に、利益を確定するための売り注文が広がった。

 ハイテク株が多いナスダック市場の総合指数も急落。同465・45ポイント(4・11%)低い1万0847・69で取引を終えた。同指数は今月2日につけた過去最高値(1万2056・44)から10%超の下落となり、調整局面に入った。

 これまでの米株高を主導してきた代表的銘柄、電気自動車(EV)大手テスラは21%もの急落となった。市場で期待されていた米主要株価指数「S&P500」への採用が見送られたことがきっかけ。アップル、アマゾン、マイクロソフト、フェイスブックなど主要IT銘柄はいずれも4%超の大幅下落となった。

 欧米メディアは前週末、ソフトバンクグループ(SBG)が米大手IT株をめぐって数千億円規模のデリバティブ(金融派生商品)取引を手がけていたと報道。この大口取引が8月以降の米ハイテク株高騰の一因となった可能性があり、市場では高値への警戒感が一段と強まっていた。

 米原油先物8%安6月以降で初の40㌦割れ 

ロイター 2020年9月9日(水)6時10分配信

 米国時間の原油先物は大幅安。米WTI原油先物は約8%下落し、6月以降で初めて1バレル=40ドルを下回った。サウジアラビア国営石油会社サウジアラムコが10月積みアラブ・ライト原油公式販売価格(OSP)について、全地域向けで引き下げると発表したほか、インドや英国、スペイン、米国の一部地域での新型コロナウイルス感染者の再拡大を受けた。

 清算値は、米WIT原油先物<CLc1>が3.01ドル(7.6%)安の1バレル=36.76ドル。序盤には6月15日以来の安値を付けた。北海ブレント先物<LCOc1>は2.23ドル(5.3%)安の39.78ドル。

 両先物とも、8月以降のレンジを下抜けした。北海ブレント先物は5日連続安となり、8月末から10%超値下がりした。

 みずほのエネルギー先物部門ディレクター、ボブ・イエーガー氏は、ガソリン需要が最大となる夏季のドライブシーズンの終わりを示すレーバーデーの週末を迎え、需給両面の問題が複合的に発生したと述べた。

 英製薬大手ワクチン副作用の疑いで治験中断 

共同通信 2020年9月9日(水)8時27分配信

 英製薬大手アストラゼネカが英オックスフォード大と共同開発している新型コロナウイルスのワクチンを巡り、臨床試験(治験)に参加したボランティアに深刻な副作用が疑われる事例が発生し、米国での治験が中断していると欧米メディアが8日、報じた。同社日本法人の広報担当者は取材に「全世界的に中断すると本社がコメントしている」として、日本での治験を中断する方針を示した。

 米国の医薬専門サイトによると、問題となっている事例は英国での治験で起きたとみられる。症状などは不明だが、回復の見込みという。

 欧米製薬社「安全性確認までワクチン使用申請せず」 

読売新聞オンライン 2020年9月9日(水)11時12分配信

 新型コロナウイルスのワクチンを開発する欧米の製薬企業9社は8日、共同声明を出し、臨床試験で安全性や効果が確認されるまで、ワクチンの使用許可を当局に申請しない方針を示した。トランプ米大統領が検証が不十分なまま実用化を急いでいるとの見方が出ており、ワクチンを政治利用する動きをけん制した形だ。

 参加したのは、ファイザー、ビオンテック、モデルナ、アストラゼネカ、ジョンソン・エンド・ジョンソン、ノババックス、サノフィ、グラクソ・スミスクライン、メルクの欧米9社。声明で「臨床試験や製造を進める際には、科学や倫理の高い基準を順守する。接種した人の安全と健康が最優先だ」と強調した。ライバル関係にある製薬企業が共同で声明を出すのは異例だ。

 トランプ氏は11月の大統領選を前にした支持者へのアピールとして、ワクチンが「間もなく完成する」との主張を繰り返している。だが、米CBSニュースの世論調査では、ワクチンが完成した場合に「すぐ接種する」と答えた人は約2割にとどまり、安全性に疑念を持つ人が多い現状が明らかになっている。

 何故バフェット氏中国株でなく日本株買うのか 

マネーポストWEB 2020年9月9日(水)7時00分配信/田代尚機(TSチャイナリサーチ代表)

 米著名投資家、ウォーレン・バフェット氏の投資行動の変化が市場の注目を集めている。ひとつは、金(ゴールド)価格が急騰したこの時点で金鉱株に投資を始めたこと、もうひとつは、海外投資では過去に大きな成功を収めている中国株投資ではなく、日本株に投資したことである。

 金鉱株投資についてだが、バフェット氏がCEOを務める投資会社バークシャー・ハサウェイは8月14日、SEC(米国証券取引委員会)に資料を提出している。それによれば、6月末時点における運用銘柄の動き(四半期ベース)は以下の通りであった。

 アップル、BOA、コカ・コーラ、アメリカンエクスプレス、クラフトハインツ、ムーディーズ、ダビータヘルスケアパートナーズなどについては変動なし、JPモルガン、ウエルズ・ファーゴ銀行、ニューヨーク銀行、マスターカード、VISA、PNC銀行などは持ち株を減らし、ゴールドマンサックス、オクシデンタル・ペトロリウム、アメリカ4大航空については全株売却した。

 そのほか、リバティ・メディア、ストア・キャピタル、サンコアエナジー、クローガーなど4銘柄を買い増しているが、新規に買い入れたのは1社だけ。それが、カナダの金鉱会社であるバリック・ゴールドである。6月末時点での評価額は5億6355万ドル(約597億円相当、1ドル=106円で計算)に及ぶ。

「金は生産力のない資産である。金投資では配当もなければ、利子収入もない。金価格は投機家の投機行動によって上昇する。金投資の収益率は他の生産力のある資産への投資と比べると、大きく劣っている」──バフェット氏は、これまで幾度となく、金への投資を否定するような発言を繰り返してきた。それだけに、市場関係者の驚きは大きかった。

 そもそも、金投資は期待収益の低い資産といった見方自体が間違っていたのかもしれない。金価格(NY金先物)はここ1年で急騰しており、足元では2011年9月の高値を超えている。2011年9月に天井を付ける前の10年程度の間にも、大きな上昇トレンドが出ている。下落トレンドが出たこともあったが、20年程度のスパンでみれば、金投資の収益率は他の金融商品取引などと比べ決して低くない。

 足もとのアメリカ景気は、新型コロナウイルス感染拡大の影響もあって、第二次大戦後最悪の状況だ。新型コロナ用のワクチン開発について、株式市場は楽観的に見ているようだが、過去のワクチン開発の歴史をみる限り、1年程度の短期間で安全で信頼性の高いワクチンが完成したことはない。新型コロナの封じ込めには時間がかかり、景気への悪影響は長期化する可能性もあるあろう。

 バフェット氏が、金への投資以上にレバレッジのかかる金鉱株に投資したのは、悲観的なグローバル経済の見通しによりドル安傾向が続き、金価格の先行きに強気になっているからではないだろうか。

日本の商社株を大量保有

 バフェット氏は8月30日、90歳の誕生日に日本の大手商社(伊藤忠、丸紅、三菱商事、三井物産、住友商事)の株式を1年かけて買い増し、それぞれ5%を少し超える株式比率まで買い込んだと発表した。バークシャー・ハサウェイの子会社を通じての投資ではあるが、総額は62億5000万ドルを投じており、今後、持ち株比率が9.9%に達するまで買い増す用意があるとしている。

 日本の商社の業態は世界的にみれば、コングロマリットの範疇にある。石油、石炭、天然ガス、鉄鉱石などの金属資源ビジネスが収益の柱だが、インフラ設備、機械、化学製品、金属製品、食品など多様な事業を展開しており、トレーディング業務や、事業投資業務なども行っている。

 長期投資を主体とする機関投資家の間では、環境、社会、ガバナンスといったESGを重視する投資理念が普及してきたが、そうした投資理念からすれば、日本の商社は投資対象にはなりにくいはずだ。

 環境重視の考えから、まず、資産ビジネスが外れる。また、日本の商社は非常に多様な分野で事業を展開しているが、事業が分散し過ぎている。各事業の経営状況をしっかりと把握し、監督管理し、収益が上がるよう経営に関与していかなければならないが、それができていないところに弱点がある。しかも直近では、エネルギー、原材料価格が下落しており、足元の業績は良くない。新型コロナの影響は長引くとみており、業績見通しも良くない。「バフェット氏はなぜ今、商社株を買うのか理解し難い」というのが多くの投資家の共通した印象ではなかろうか。

 アメリカ株は高すぎて、バフェット氏好みの割安株が見つけられない。インフレが進むとみるならば、資産株が有利だ。ドル安が進むと予想するならば、非ドル資産の投資が有利だ。

 ただ、海外投資ならば中国株が真っ先に検討されただろう。かつて、2000年代前半にペトロチャイナに投資して、大きなキャピタルゲインを得ている。現在も、BYDへの投資を続けているが、大きな含み益が出ている。それなのに今、中国企業ではなく、日本企業への投資を選んだ。

 その理由としては、グローバル化、自由化の流れが逆流し、中国が経済構造の転換をこれまで以上に強く迫られる、と見ている面もあるからではないだろうか。あるいは、中国の封じ込めを目的とした、アメリカのインド太平洋戦略の実践が進み、日本がその恩恵を受けるという読みもあるかもしれない。

 市場関係者の中には、バフェット氏の次の投資先を探そうと躍起になっている者もいるようだ。ただ、バフェット氏は少ない銘柄に集中投資する方針を崩していない。そう考えると、バフェット氏が新たに買い入れしそうな日本株を探して先回り投資しようと試みるのは、得策ではないかもしれない。

 

2020年9月 8日 (火)

【台風10号】史上最凶(のはずが)<拍子抜けだった>理由

 台風10号が予想されたほど発達しなかった理由 

沖縄タイムス 2020年9月8日(火)10時01分配信

 6日未明に最接近し、27時間近く大東島地方を暴風域に巻き込んだ台風10号。4日時点の予想では「特別警報級の勢力」「記録的な暴風」になるとされていたが、実際は予想されていたほど発達せず、特別警報の発表もなかった。

Photo_20200908104101Photo_20200908104201

 沖縄気象台は理由について、現時点で「要因は一つと決まらず、特定は難しい」とした上で、「台風の中心がさらに近づけば、より風が強まった可能性はある」としている。

 気象台が4日に開いた記者会見では、大東島地方は最大風速50~60メートル、最大瞬間風速70~85メートルとしていた。実際に観測されたのは、南大東島で最大風速35メートル(6日午前0時42分)、最大瞬間風速は51・6メートル(5日午後9時38分)だった。

 台風10号は6日午前0時に南大東島の西30キロを北寄りに進み、かなり接近した。気象台担当者は進路に関し「予想通りだった」。南大東島の観測地点が盆地のような地形にあるため、「海岸付近よりも風が弱く観測された可能性がある」と話した。

 先行9号が影響?台風10号特別警報見送りの理由 

西日本新聞 2020年9月8日(火)9時49分配信

 台風10号は特別警報が発表されることなく、九州西岸を通過した。進路付近の海面水温の低下で、勢力が早めに弱まったと考えられている。ただ西太平洋の水温はなお高く、台風が発達しやすい傾向は続く可能性がある。今後も大型台風への備えが必要だ。

 台風10号は、短時間に猛烈に風速が増す「急速強化」という現象を経て発達した。気象庁は非常に強い勢力を保ったまま陸地に近づく異例の台風になると予測し、早くから「特別警報級」と注意を呼び掛けた。

Photo_20200908104601

 しかし、実際には特別警報の発表を見送った。九州接近時の勢力予測が特別警報の発表基準である「中心気圧930ヘクトパスカル以下」か「最大風速50メートル以上」(沖縄、奄美、小笠原諸島は「910ヘクトパスカル以下」か「最大風速60メートル以上」)をわずかに満たさなかったからだ。

 気象庁担当者は、発表見送りを「予測の範囲内」と説明。勢力が早めに弱まったのは、台風9号が数日前にほぼ同じ進路をたどったことで、海面付近の暖かい海水と海中の冷たい海水がかき混ぜられたためだとみる。その結果、海面水温が下がり、台風のエネルギー源となる水蒸気の取り込み量が減ったというわけだ。

 福岡大の守田治客員教授(気象学)も海面水温の低下に注目した上で「勢力の強い10号は冷たい海水を上方に持ち上げる力も強く、ゆっくり進行しながら自ら勢力を弱めたのではないか」との見方を示す。

 九州に接近後、北上する速度を上げたことも勢力の減衰に影響したとみられる。京都大の竹見哲也准教授(気象学)は「気圧の谷の影響で、上空5千メートル以上の北向きの風に取り込まれるように速度が速まった」と説明する。

 太平洋では東側の海面水温が低め、西側で高めとなるラニーニャ現象が起こりつつある。同現象は異常気象を引き起こすことで知られ、竹見准教授は「今後発生する台風も勢力が強くなる恐れがある。九州付近の海面水温も2週間程度で再び上昇する可能性があり、油断できない」としている。

 モーリシャス座礁社員17人の会社に莫大な賠償金を払えるか 

文春オンライン 2020年9月4日(金)6時01分配信

 インド洋の島国モーリシャスの首都で8月29日、大規模なデモが起きた。

「沖合で貨物船『わかしお』が座礁して重油1000トンが流出し、事故対応をめぐって不安を覚えた住民が『今の政府はいらない』などと抗議したのです」(国際部記者)

 モーリシャス政府が損害賠償を求めているのが、貨物船を所有し、岡山県笠岡市に本社がある長鋪(ながしき)汽船だ。

「長鋪さんは江戸時代から150年続く同族企業で、長鋪慶明社長は地元ロータリークラブの会長も務めた。所有するタンカーなど外航船11隻を、今回貨物船を運航していた商船三井などの海運会社に貸し出しています」(地元関係者)

 社員数は17人で、本社は老舗旅館のような佇まい。長鋪社長は海沿いの500坪の土地に居を構えている。

 今回の事故による環境への被害はどのくらいかというと、

「モーリシャスは世界有数の生物多様性を誇り、サンゴ礁やマングローブの経済価値はかなり高い。今回の事故は、推定100万頭の海洋動物が死ぬなど漁業にも多大な影響が出た、1989年のエクソンバルディーズ号のアラスカ沖での原油流出事故に匹敵すると考えられる」(環境経済学専門の栗山浩一・京都大学教授)

 この事故でタンカーの所有会社が地元住民らに支払った補償金は3億ドル(約320億円)以上。

 また、97年に島根県沖で6000トン強の重油が流出したロシア船籍のタンカー、ナホトカ号事故の補償額は約261億円だった。

保険でどの程度カバーされるのか?

 今回、モーリシャス政府は日本側にまず漁業支援費として約32億円を請求したと地元メディアが報じたが、長舗汽船は莫大な賠償金を支払えるのだろうか。

「船を所有する会社は船主責任保険に必ず加入しています。国際的な海事法『バンカー条約』で責任の範囲は決まっており、約10万トンのわかしおの場合、上限は約20億円。また、過失や故意と判断されても、油濁事故なら10億ドル(約1060億円)までカバーされるので、保険で支払える可能性が高い」(東海大学海洋学部・山田吉彦教授)

 ただ、環境法に詳しい高橋大祐弁護士が語る。

「単に従来の基準で賠償するだけでは、2010年にメキシコ湾原油流出事故を起こした英BP社のように国際社会から厳しい批判を受けることに。環境回復や被害者救済に向けて自主的に取り組むなど細やかな対応を行うべきでしょう」

 事故の対応について、長鋪汽船の広報を請け負う危機管理会社は「補償も保険会社と共に誠意をもって対応していきます」と答えた。

 モーリシャスの海が事故前の姿を取り戻すには、数十年かかるとみられている。

 茂木外相×モーリシャス首相会談 環境漁業経済支援表明 

ロイター 2020年9月7日(月)17時07分配信

 茂木敏充外相は7日午後、モーリシャスのジャグナット首相と電話会談を行った。茂木外相によると、インド洋のモーリシャス沖で貨物船「わかしお」が座礁し、大量の重油が流出した事故を受け、日本政府としてモーリシャスに対する漁業・環境・経済支援策の概要を説明し、モーリシャス首相は謝意を表明したという。

 支援総額などの詳細は話していないとしている。

 茂木外相によると日本側から、1)事故再発防止のための海上航行安全システム、初動体制の強化等への支援、2)汚染環境改善のためのマングローブ林保全・再生のための専門家の派遣、サンゴ礁等の環境モニタリング、生態系再生等への協力、零細業業者の生計立て直しのための業業関連資機材の提供、沿岸漁業の振興協力、3)モーリシャス経済の回復、発展の後押しなど財政面を含む協力、貿易投資セミナーや官民合同ミッションの派遣━━などを提案・説明した。

 ジャグナット首相からは、今回の事故を決して日本の責任とは考えていないが、国際緊急援助隊の迅速な派遣や資機材供与などについて、大変ありがたいと謝意が表明されたという。

 重油流出、モーリシャス首相「日本の責任と考えていない 

毎日新聞 2020年9月7日(月)19時35分配信

 茂木敏充外相は7日、モーリシャスのジャグナット首相と電話で協議し、日本の貨物船が同国沖で座礁した事故に関して、環境・経済の回復に向けた中長期的な支援を行う考えを伝えた。茂木氏によると、ジャグナット氏は謝意を示し「今回の事故について日本の責任があるとは考えていない」と述べたという。

 電話協議は支援策の概要が固まったのに合わせて、日本側から呼びかけた。茂木氏は、油流出事故への対処能力向上に向けた支援▽自然環境の回復のための専門家の派遣▽被害を受けた漁業者への漁業資機材の提供――などを約束し、同国政府への財政支援を検討する考えも伝えた。ジャグナット氏は「心から感謝する。引き続き日本の協力を得ていきたい」と応じたという。

 事故を巡っては、モーリシャス政府が重油流出で被害を受けた漁業者への支援のため、日本側に計約36億円の支払いを求めたことが明らかになっている。茂木氏は協議後、記者団に対し「(協議では)細かい数字については話していないが、財政面を含めこれまでにない規模の支援を行っていきたいと伝えた」と説明した。

 商船三井、モーリシャス沖重油被害のサンゴ回復10 

共同通信 2020年9月11日(金)11時02分配信

 インド洋のモーリシャス沖で発生した日本の貨物船の重油流出事故で、船を手配した商船三井は11日、総額10億円規模の支援策を発表した。汚染されたサンゴ礁を回復するための基金設立が柱。損害賠償の法的責任はないが、環境汚染に対し、手配者としての責任を果たす狙い。

 設立するのは「モーリシャス自然環境回復基金(仮称)」。被害を受けたサンゴ礁やマングローブ林の保護・回復への取り組みを進めるほか、希少な海鳥などの保護活動も支援する。

 モーリシャス政府や、地元の非政府組織(NGO)にも約1億円を寄付する。

 自民総裁選 安倍政権継承是非焦点 石破岸田3氏立候補 

時事通信 2020年9月8日(火)10時55分配信

 安倍晋三首相の後継を決める自民党総裁選が8日告示され、石破茂元幹事長(63)、菅義偉官房長官(71)、岸田文雄政調会長(63)が立候補した。

 7年8カ月に及んだ安倍政権継承の是非が争点。新型コロナウイルス対応、経済対策、外交、憲法改正などをめぐって論戦を交わす。

 立候補の受け付けは8日午前10時から党本部で行われ、3陣営が20人の推薦人名簿を添えて届け出た。3候補は午後1時から所見発表演説会に、午後3時から共同記者会見に臨み、基本政策や決意を訴える。

 投開票は14日の両院議員総会で行われ、新総裁を選出。国会議員票(394票)と47都道府県連代表に各3票が割り当てられた地方票(141票)の計535票を争う。ほぼ全ての都道府県連で党員による予備選を行い、3票の投票先に反映させる。新総裁は16日召集の臨時国会で首相に指名され、新内閣を発足させる。

 早期解散も…ポスト菅官房長官人事めぐり派閥対立が激化 

AERAdot. 2020年9月8日(火)8時00分配信

 安倍首相の辞任表明から、「電光石火」の早業で党内5派閥の支持を取り付け、ポスト安倍候補の中で圧倒的優位な構図をつくった菅義偉官房長官。その背景には、政局のコントロールに長けた二階俊博幹事長との3年半前からの「蜜月関係」があった。

 菅─二階同盟によって岸田文雄政調会長、石破茂幹事長という政敵2人を追い落とし、天下取りへの道はほぼ盤石。すべてが菅─二階同盟の計画通りに進んでいるかのような展開に、二階派議員は「これで二階さんは幹事長留任だ」と話す。

 自民党の無派閥議員のうち約30人が菅グループと言われ、二階派の47人と合計すると約80人。党内最大派閥である細田派の98人に次ぐ一大勢力となった。菅氏周辺は「ひそかに菅さんを支持する『隠れ菅派』も合わせると、100人程度の規模になるはずだ」とソロバンをはじく。

 ただ、党内には早くも派閥間の軋轢が生じている。菅氏と二階氏の動きに防戦一方だった細田派、麻生派(54人)、竹下派(54人)の3派閥は9月2日、細田博之氏、竹下亘氏、麻生氏の各派閥会長がそろって記者会見を開き、二階氏抜きで菅氏への支持を表明。この動きを主導したのは麻生太郎氏だった。

 これに二階氏が怒った。二階派幹部の河村建夫元官房長官は「主導権争いをやっている、と余計な臆測を呼ぶ」と麻生氏に伝えたことを明かした。前出の二階派議員は言う。

「二階派にケンカを売ってるのか? 菅さんに『3派を優先した内閣にしろ』と言っているようなものではないか。そこまでしてポストが欲しいか」

 目下の焦点はすでに新内閣の人事に移っている。特に、政権の「要」である官房長官に誰がなるかで、水面下の駆け引きが始まっているという。

「菅氏の意中は若手時代に師事した梶山静六の息子で気脈を通じる無派閥の梶山弘志氏、次いで加藤勝信氏と言われる。しかし麻生派が河野太郎氏を、細田派が西村康稔氏をねじ込もうとしており難航している」(自民党関係者)

「寄り合い所帯」の弱点が早くも露呈しつつあるようだ。菅氏は5日に出演したテレビ番組で消費税減税に否定的な見解を示した。元来は「上げ潮派」のはずだが、財政規律を重視する麻生財務相への配慮が働いたともとれる。権力基盤の弱さを解消しようと菅氏が検討しているのが、衆院の早期解散だという。

「菅氏は早くも、党のベテラン職員に選挙に向けた調査を命じたといいます。9月25日に臨時国会を召集して所信表明と代表質問を行った後、30日解散、10月25日投開票の選挙に踏み切るとの情報が駆け巡っています」(同)

 菅氏の「野心」は果たされるのか。早くも大勝負の時が近づいている。

 “新総裁”「派閥要望けつけない党役員・組閣人事 

朝日新聞デジタル 2020年9月7日(月)13時33分配信

 自民党総裁選(8日告示、14日投開票)に立候補する菅義偉官房長官(71)は7日午前、朝日新聞の単独インタビューに応じ、新たに総裁・首相に就いた場合の党役員・閣僚人事について、「各派閥からの要望は受け付けない。事前に打ち合わせなどはしない」と述べた。

 菅氏はかつて小渕派や古賀派に所属していたが、2009年から無派閥になり、「派閥解消」を訴えてきた経緯がある。一方で、総裁選では、立候補予定の岸田文雄政調会長(63)、石破茂元幹事長(63)がそれぞれ率いる派閥を除く全5派閥から支持を受けた。菅氏側の派閥間の主導権争いとみられる動きも出ており、派閥との関係に注目が集まっている。

 人材登用については、「専門的な知識のある人と、改革意欲のある人を登用していきたい」と表明。菅政権が実現した場合の官房長官に求める能力として、1日2回の記者会見対応に加え、「各省庁をとりまとめられる調整役」を務められることを挙げ、「全体を見られる人でないと難しい」と指摘した。

a

関連エントリ 2020/09/07 ⇒ 【日経平均】2営業日続落<コロナバブル崩壊?>✍NY株に連れ安
関連エントリ 2020/09/06 ⇒ 【台風10号】史上最凶<今夕から明朝✍最接近>九州全域が暴風圏
関連エントリ 2020/09/05 ⇒ 【台風10号】史上最凶<津波のような高潮に注意>九州に接近中
関連エントリ 2020/09/03 ⇒ 【11月米大統領選】✍コロナ対策&人種問題&米中摩擦&戦争犯罪疑惑etc.
関連エントリ 2020/08/31 ⇒ 【日経平均】4日ぶり反発✍先週末<首相“電撃辞任”急落>戻り試す展開
関連エントリ 2020/08/30 ⇒ 【歴代最長7年8月在位】安倍政権とは何だったか<第2次内閣発足~辞意表明まで>
関連エントリ 2020/08/28 ⇒ 【歴代最長7年8月在位】安倍首相「持病(潰瘍性大腸炎)悪化」療養のため辞意表明
関連エントリ 2020/08/16 ⇒ 【重油流出】船倉に100㌧✍再び「座礁船真っ二つ」流出始まる
関連エントリ 2020/08/13 ⇒ 【重油流出】モーリシャス政府「商船三井に損害賠償請求」方針を明言

 

2020年9月 7日 (月)

【日経平均】2営業日続落<コロナバブル崩壊?>✍NY株に連れ安

 〔東京株〕米株安で続落=ハイテク銘柄売り(7日) 

時事通信 2020年9月7日(月)15時30分配信

 日経平均株価は前営業日比115円48銭安の2万3089円95銭、東証株価指数(TOPIX)は6.86ポイント安の1609.74と続落した。前週末の米国株安を受けてハイテク銘柄を中心に売られた。

 38%の銘柄が値下がりし、59%が値上がりした。出来高は10億6261万株、売買代金は1兆9245億円。

 業種別株価指数(全33業種)は情報・通信業、電気機器、輸送用機器などが下落し、サービス業、空運業、その他金融業は上昇した。

米国休場で取引低調

 7日の東京株式市場は前週末に米国株が下落した流れを引き継ぎ、電子部品や自動車など主力業種の値下がりが目立った。同日の米国市場が祝日で休場のため、積極的な売り買いを手控える投資家が多く、取引は低調だった。

 米国市場でのハイテク株下落を後追いする形で、東京市場でも当面の利益を確保する売りがやや多かった。米株先物が時間外取引で軟調だったことも日経平均を押し下げる要因となった。売りを急ぐ雰囲気はなかったが、「株価の下げ幅拡大で値頃感が増しても買いは増えなかった」(インターネット証券)という。

 市場関係者からは「休場明けの米国株の動きを見極めたい」(国内運用会社)との声が聞かれた。

 225先物は午前中に2万3080~2万3220円のレンジを形成し、午後は小動きに終始した。オプション9月きりのうちコールは総じて軟調。プットはしっかり。

 台風10号、一晩かけ九州日本海側縦断コロナよりかった 

朝日新聞デジタル 2020年9月7日(月)12時14分配信

 「最大級の警戒」が呼びかけられるなか、台風10号が九州に最接近した。各地で暴風が吹き荒れ、土砂崩れによって安否が分からない人もいる。一夜明けた街には木の枝や家屋の破片が飛び散り、強力台風の威力を見せつけた。

強風あおられ転倒などし負傷者多数

 4人が不明となった宮崎県椎葉村の土砂崩れ現場では7日午前、警察や消防団などが重機を使い捜索を始めた。山の斜面が数十メートルの高さから崩れ、事務所や住宅があった場所に大量の土砂や木々が覆いかぶさっていた。

 近くに住む男性(79)は「昨夜は経験のない風雨だった。無事に見つかってほしい」と話した。椎葉村は宮崎市中心部から北に約70キロの山間部。気象庁によると、4日午後9時の降り始めから7日午前11時までの雨量は458ミリにのぼった。

 7日正午現在の朝日新聞のまとめでは、台風10号の強風にあおられて転倒するなど、九州・山口で43人がけがをした。

 鹿児島県志布志市では、避難所入り口の階段で90代女性が転倒して頭を打ち、急性硬膜下血腫の大けが。熊本市では避難先から帰宅しようとした70代女性が屋外駐車場に出た際に転び、顔面を打撲した。佐賀県嬉野市の公民館に避難していた90代女性がトイレに行こうとした際に転び、頭にけがをした。自転車に乗っていた宮崎県串間市の70代男性は風にあおられて転倒し、頭を打ったという。

 台風の接近に備えている最中のけがも相次いだ。大分県由布市では40代男性が自宅の車庫を修理中、1メートルほどの高さから転落し、後頭部を骨折する重傷を負った。長崎県佐世保市では60代男性が屋根を修理中に転落し、全身打撲と診断された。庭で作業中に両腕を脱臼したり、自宅を修理中に屋根から落下した瓦がぶつかって打撲を負ったりした人もいた。

 建物への被害も確認された。6日夜に45・9メートルの最大瞬間風速が観測された鹿児島県枕崎市では沿岸の空き家1棟が倒壊した。宮崎県小林市でも堆肥(たいひ)舎1棟が倒れた。福岡市によると、住宅5軒で窓ガラスが割れたり、トタンや瓦が飛んだりしたという。

自宅どうなっているか心配街は人影まばら

 一晩かけて九州を通り過ぎた台風10号。長崎市古川町の中通り商店街では7日朝、強風でめくれあがったトタン屋根が通路をふさぎ、業者が撤去していた。多くの店に休業を伝える紙が貼られ、人影はまばら。現場を見守った消防団分団長の北村貢司さん(60)は「人通りが少なくて、まだよかった」と話した。

 長崎県平戸市の平戸海上ホテルでは7日未明、旧館の階段の窓ガラスが割れた。幅約5メートル、高さ約2メートルに十数枚あったが、すべて枠ごと落ちたという。代表の鈴木哲也さん(51)は「お客様やスタッフが無事でよかった」と話した。

 長崎県の離島、対馬北部で飲食店を経営する女性(44)は6日午後、近くのホテルに身を寄せた。避難する住民でロビーは混雑。断続的な停電もあり、チェックインに2時間ほどかかったという。「鉄筋の建物なのに風で揺れ、怖かった」。女性が店舗にしている古民家は台風9号で屋根が飛び、応急処置もそこそこに避難した。「全壊しているかもしれない」と不安がった。

 宮崎市昭和町の小学6年生の女児(12)の自宅は6日午後10時ごろに停電したという。さらに強風が吹き付ける音だけが聞こえ、なかなか寝付けなかったという。「今まで経験したことがなくて怖かった」

 北九州市小倉北区の北九州メディアドームの避難所では7日朝、自宅へ帰る人の姿が見られた。近所の男性(64)は「避難所ではコロナが心配だったけど、台風の方が怖かった」。マスクをつけ、消毒液を持参したという。「今は自宅がどうなっているのか心配」と話した。

 福岡市のJR博多駅では7日始発から新幹線と在来線が運休。改札口はシャッターが下ろされ、運休を知らせる掲示物が目立った。通勤時間帯も構内を歩く人はほとんどおらず、通勤中の男性は「こんな光景は珍しい」とスマートフォンで撮影していた。

 自治体も夜通し警戒に当たった。佐賀県庁では6日午後から3時間おきに災害対策本部会議を開催。県幹部や佐賀地方気象台の職員、九州電力社員ら約40人が出席し、被害状況などを共有した。

 台風10号衰退9号通過海面水温低下動力源」の水蒸気取り込めず 

読売新聞オンライン 2020年9月7日(月)20時33分配信

 台風10号が当初の予想よりも勢力を弱めた理由について、専門家は、直近に同じようなコースをたどった台風9号の影響で海面水温が下がり、「動力源」となる水蒸気を十分に取り込めなかったためとみている。

 気象庁は5日夜、奄美地方を除く鹿児島県に「特別警報」を発表する可能性があると予告した。10号は中心気圧920ヘクト・パスカルという強い勢力を保ったまま九州に近づき、発表の条件である「同930ヘクト・パスカル以下で接近または上陸」を満たすと見込んでいたためだ。

 ところが、10号は6日午前に奄美地方へ接近しながら急速に衰退。同945ヘクト・パスカルに上がり、特別警報の発表は見送られた。

Photo_20200908081601Photo_20200908081602

 勢力が弱まった主な要因として、海面水温の低下が挙げられる。同庁によると、8月の九州近海の海面水温は熱帯並みに高かったが、9号が通過した9月2日頃を境に低下したとみている。

 海上を台風が進むと、海面近くの温かい水と深い場所の冷たい水が強風でかき混ぜられたり、雨雲に日光が遮られたりして水温が下がる。慶応大の宮本佳明専任講師(気象学)は「勢力が少し弱まったタイミングで水温の低い海域を通ったことで、衰退が加速したのではないか」と話す。

 琉球大の伊藤耕介准教授(気象学)は「水温低下に加え、上空の気流が影響し、台風の構造が崩れやすくなったことも一因になった可能性がある」と指摘した。

 半沢直樹同期・渡真利は妖精?及川光博「半沢君にしか見えない」「アレクサのよう 

スポニチアネックス 2020年9月7日(月)7時30分配信

 新型コロナウイルスの影響により急きょ来週13日に延期となったTBS日曜劇場「半沢直樹」(日曜後9・00)第8話に代わり、1時間の生放送特番「生放送!!半沢直樹の恩返し」(後9・00)が6日夜にオンエアされ、主人公・半沢(堺雅人)の同期・渡真利役をクールに好演している歌手で俳優の及川光博(50)が「都市伝説では(渡真利は)もう半沢君にしか見えていない存在。フェアリー(妖精)なんじゃないか」と笑いを誘った。

Photo_20200907164901

 及川演じる渡真利は、東京中央銀行融資部の企画グループ次長。同期の半沢と同じ慶應義塾大学出身。行内きっての情報通で、証券営業部や融資部の情報を駆使し、陰ながら半沢を支えている。

 視聴者から「半沢のために情報収集しすぎ!渡真利の仕事は大丈夫なの?」と質問。及川は「主に電話しているか、(半沢と)一緒に飲んでいるか。アレクサ(AIアシスタント)のような使われ方。都市伝説では(渡真利は)もう半沢君にしか見えていない存在。フェアリー(妖精)なんじゃないか」。堺も爆笑した。

 ヒロミ(55)の「もうさ、ただのスパイだよね(笑)」のツッコミには「やっぱり渡真利忍の忍は『忍者』の忍と書きますからね」。

 進行の同局・安住紳一郎アナウンサー(47)が「渡真利には全く出向の話が出ませんもんね」と水を向けるとこれ、見てください。渡真利、結婚しているんですよと左手薬指の指輪を指さし「一度も奥さんのことに触れられていないんですよ、この作品で渡真利の妻はたぶん東京中央銀行の大口の取引先、資産家の令嬢じゃないかと予想したぶん前作でも、相当半沢を助けていますから。渡真利がいなかったら、前シリーズの第3話の裁量臨店で半沢は詰んでいます。精いっぱい半沢を支えていきたいと思いますと誓った。

Photo_20200907172001

渡真利 及川光博ミッチー生放送登場トレンド入り

ザ・テレビジョン 2020年9月7日(月)13時45分配信

 堺雅人主演ドラマ「半沢直樹」(毎週日曜夜9:00-9:54、TBS系)の特別番組「生放送!!半沢直樹の恩返し」が9月6日に放送された。生放送に堺ら出演者が登場し撮影秘話を語ったが、同じく出演した及川光博の“王子様”なふるまいに視聴者の注目が集まり、愛称“ミッチー”がトレンド入りする反響を呼んだ。

及川光博渡真利忍はフェアリー”」

「半沢直樹」は6日に第8話を放送する予定だったが、撮影スケジュールに滞りが出た関係で13日に放送延期に。代わりに出演陣が生放送で視聴者の質問に答える“恩返し特番”として、半沢役の堺をはじめ、大和田暁役・香川照之、黒崎駿一役・片岡愛之助、笠松茂樹役・児嶋一哉が出演し、撮影秘話を披露した。

 渡真利忍役・及川に寄せられたのは、「半沢のために情報収集しすぎ。仕事の方は大丈夫なの?」という素朴な疑問。これに及川は「主に(半沢と)一緒に飲んでるか、電話してるか。Alexaのような使われ方をしてます」と、声を掛けるだけで情報検索や簡単な家電操作を行うAI機器を引き合いに説明し、場を沸かせた。

Photo_20200907165701

 その後も洒落の効いたコメントを連発した及川。あまりにも半沢のためだけに動く渡真利について「都市伝説では、(渡真利は)半沢君にしか見えてない存在だと。“フェアリー”なんじゃないかって言われてます」と、みずから皮肉った発言を飛ばしてニッコリ。

 渡真利の活躍シーンをまとめたVTRを見た後でパネラーのヒロミが「もうスパイだよね」と感想を漏らすと、「そう、スパイ。(渡真利の下の名前の)“しのぶ”は忍者の“忍”と書きますからね」と頷いてみせ、久本雅美に「渡真利さんがいないと解決できない問題いっぱいありますよね」と振られると「前シリーズでも相当助けてますから。渡真利がいなかったら前シリーズの3話でもう(半沢は)詰んでます、裁量臨店で」と軽やかに返答。堺も「ホントですね!あれでもうダメだね」と苦笑いしつつ、渡真利の存在の大きさにあらためて思いをはせていた。

CM明けにウインク…“王子様感”に反響

 スマートでウィットに富んだ受け答えもさることながら、視聴者の注目を集めたのは、及川自身のスタイリッシュでファンへの思いあふれる立ち居振る舞い。

 椅子に腰かけて足を組んだポーズも格好よく、よく見るとCM明けでカメラが向くたびに手を振ったりウインクしたりと、細やかなファンサービスを連発している。放送の終盤で安住アナが「そろそろおしまいです」と促すと、すかさず「視聴者の質問は?」と確認する気遣いも見せた。

 大和田役・香川のアドリブにまつわる話題では「テリーは役の延長線上で効果的なアドリブを打ってきますから」と、さらりと“テリー”呼び。まさにフェアリーらしい、愛嬌あふれる振る舞いで見る者を魅了した。

 俳優業と並行してアーティスト活動も続ける及川。ファンを“ベイベー”と呼ぶなど、アーティスト・及川光博の王子様キャラはファンにとってはおなじみだが、「半沢直樹」ファンには新鮮だったよう。

 SNSでは「ミッチーが麗しすぎる」「あまりにもカッコよくて話が入ってこない」「当たり前のようにファンサービスを繰り出すミッチーの凄さを再認識」といった声が飛び交った。1969年10月生まれで現在50歳という年齢にも驚きの声が続出。「50歳とは思えない王子様感」「ミッチー堺さんより愛之助さんより年上って衝撃」といった声も上がり、「ミッチー」がトレンドトップ10に食い込んだ。

Photo_20200907170001

第8話あらすじ…井川遥智美の過去が明らかに

 “ミッチー”プチフィーバーも生みつつ、滞りなく進行した「生放送!!半沢直樹の恩返し」特番。放送の最後には、堺が代表し「本当に今日はすみませんでした!」と8話のオンエアが延期になったことを改めて“謝罪”。

「現場は一丸となって作っております。来週ちゃんとしたドラマをお見せできるよう頑張って、頑張りますのでどうぞよろしくお願いします!」と宣言し、前代未聞の生放送を終えた。

 延期となった8話は13日に放送する。

「タスクフォース合同報告会」で、開発投資銀行と共に債権放棄を断固拒否した半沢は、花(上戸彩)から智美(井川遥)が元銀行員で、かつて中野渡頭取(北大路欣也)の部下だったと聞く。一方、大和田は紀本常務(段田安則)を追い落としにかかるが、逆に合同報告会が原因で中野渡頭取に参考人招致の噂があると突きつけられてしまう。

そんな中、帝国航空の山久(石黒賢)からタスクフォースの再建草案を見せられた半沢は、赤字路線の羽田・伊勢志摩路線が撤退リストから外されていることに気づく。

黒崎片岡愛之助直樹呼びにはあるんです

MusicVoice 2020年9月7日(月)15時24分配信

 放送が延期されたTBS系ドラマ『半沢直樹』が6日、『生放送!! 半沢直樹の恩返し』を放送。半沢の因縁の相手、検査官・黒崎を演じる片岡愛之助が、“直樹”呼びするようになった背景を明かした。

Photo_20200907172801

 半沢の因縁の相手として登場する黒崎。独特の語り口が印象的な登場人物だが、演じる片岡は今シリーズから半沢を“直樹”と下の名前で呼ぶことが話題になっている。

 この日の放送では、視聴者から集めた質問を出演者にぶつける企画が実施され、その中で、「黒崎はなぜ急に『直樹』と呼んでいるの?」との質問が取り上げられた。

 その理由について、片岡は「最初の台本にはなかったんですけどね」と当初“半沢”と書かれていたものを福澤克雄監督が手直ししたという。「監督がなおされて、どういう風な感じで僕もこういう風になるのかなって話し合ったんですけど」と続けた。

 そして、「やっぱり、これだけ争ってるんですけど、好きなんですよね。愛があるんです。愛をもって務めてますから、やっぱりここは直樹かなと」と半沢への愛情が“直樹”呼びを生み出したとした。

 その上で片岡は「“直樹”と呼べるのは、奥さんのハナちゃんと私だけということで」と“直樹”呼びの特権は半沢の妻役・上戸彩と自身のみに与えられているとし、共演者からは「ズルイ!」との声も挙がる盛り上がりを見せていた。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響から、撮影スケジュールが延期となり、当初は第8話が放送される予定だったが先延ばしに。かわってこの日は、堺や片岡、香川照之、及川光博ら出演者が登場する特別番組を生放送した。

Photo_20200907172601

関連エントリ 2020/09/06 ⇒ 【台風10号】史上最凶<今夕から明朝✍最接近>九州全域が暴風圏
関連エントリ 2020/09/05 ⇒ 【台風10号】史上最凶<津波のような高潮に注意>九州に接近中
関連エントリ 2020/09/03 ⇒ 【11月米大統領選】✍コロナ対策&人種問題&米中摩擦&戦争犯罪疑惑etc.
関連エントリ 2020/09/02 ⇒ 【半沢直樹】コロナ禍の過酷な撮影日程✍「第8話」放送延期

 『半沢‐』現場…堺雅人睡眠2時間 までセリフ覚え 

女性自身 2020年9月8日(火)6時10分配信

「この日に撮影したシーンは、約1週間後の9月6日に放送されると聞いていました。相当ギリギリのスケジュールなんだなと思ってはいたのですが……」(芸能関係者)

 8月最後の週末、本誌は都内のあるビルから出てくる堺雅人(46)の姿をキャッチした。『半沢直樹』(TBS系)のシーン収録を終えて、車に乗り込んで去っていくところだった。表情には、どこか疲れの色がにじんでいるようにも見えた――。

 今季、視聴率トップを独走するドラマ『半沢直樹』。本誌が収録現場を目撃した9月6日放送予定の第8話は、13日に延期となってしまった。コロナ禍により、撮影に大幅な遅れが生じたためだ。

 ギリギリのスケジュールのなか、早朝から深夜までハードな撮影の毎日が続いていたというが、特に主演の堺の負担は相当なものだという。

「帰宅後も子供の寝顔を見てからセリフを覚えていると聞きました。堺さんは現場でNGを出さないことで有名です。その緊張感がほかの出演者にもよい影響を与えて、現場が引き締まるのです。

 セリフ覚えは朝方近くまでかかることもあり、さらに早朝からまた撮影。睡眠時間2時間ほどで撮影に向かうこともあるようです。たまの撮休のときは、泥のように寝ているそうですよ」(制作関係者)

 逼迫したスケジュールのなか、思わぬ訃報もあった。8月16日放送回に出演した女優の階戸瑠李さんが28日、持病のため亡くなったのだ。31歳の若さだった。

「やる気がなく、半沢に社長の居場所をペラペラ話す女性社員という役柄でした。出演は短時間でしたが、放送直後から彼女の演技がSNSで話題になったんです。堺さんをはじめとした共演者やスタッフも大変なショックを受けています……」(前出・制作関係者)

 そんな苦境続きでも、現場の堺には数少ない癒しの瞬間もあったようだ。7年前の前作にも出演した、金融庁の担当検査官・黒崎役の片岡愛之助(48)は、半沢の“宿敵”として今作にも再登場しているが……。

「撮影の合間に、堺さんが椅子に座って携帯電話を見ていると、愛之助さんがやってきて、連絡先を交換しようと声をかけたようです。電話番号は前に交換していたけれど、メールアプリのIDを聞きたかったみたいですね。堺さんは携帯の操作が不慣れなのか、愛之助さんに『どこ押せばいいんでしたっけ?』と聞きながら交換していたみたいですよ」(別の芸能関係者)

Photo_20200908074801

 最終回まであとひと踏ん張り。堺はドラマさながらに逆境を“倍返し”すべく、奮闘している――。

 

2020年9月 6日 (日)

【台風10号】史上最凶<今夕から明朝✍最接近>九州全域が暴風圏

 台風10号北上竜巻注意 今夜九州最接近 

ウェザーニュース 2020年9月6日(日)13時08分配信

 6日(日)13時の推定位置で、大型で非常に強い台風10号(ハイシェン)は鹿児島県の奄美大島に最接近していると見られます。

 台風の接近に伴い、明日7日(月)にかけて近年にない大規模な災害が発生しうる状況です。すでに避難のための移動が難しくなりつつあります。身の安全を最優先に台風が過ぎ去るまで警戒をしてください。

Photo_20200906151101

台風10号 9月6日(日)13時推定

 存在地域   奄美大島の東北東約80km
 大きさ階級  大型
 強さ階級   非常に強い
 移動     北北西 25 km/h
 中心気圧   935 hPa
 最大風速   45 m/s (中心付近)
 最大瞬間風速 65 m/s

九州、四国は発達した雨雲通過で激しい雨や竜巻のおそれ

 台風の外側に分布する、「アウターバンド」と呼ばれる発達した雨雲の帯が九州や四国を通過しています。12時30分までの1時間に宮崎県延岡市・北方で40.5mm、高知県四万十市・中村で40.0mmの激しい雨を観測。活発な雨雲の下では竜巻の発生する可能性があり、宮崎県、高知県には竜巻注意情報が発表されています。

Photo_20200906151201

 高い海水温や、弱い上空の風などの条件が整っていることから、台風10号はこの先も勢力を大きく落とさずに北上を続け、中心付近の最大風速が60~65m/sの異例の勢力で九州に接近する予想となっています。

 奄美地方に加え、種子島・屋久島が風速25m/s以上の暴風域に入っています。今後、鹿児島県本土は夕方までに、長崎では夜遅くからに暴風域に入る見通しです。

 九州を中心に記録的な暴風や高潮、大雨により、甚大な災害の発生するおそれがあります。身の安全を最優先に、警戒を続けてください。

家屋や電柱の倒壊、大停電、土砂災害、高潮による港湾施設の被害など懸念

 台風10号では記録的な暴風が予測されます。風速60m/sは時速に換算すると200km/h以上。新幹線の屋根にさらされているのと変わらないレベルです。

Photo_20200906151301

 家屋の倒壊や自動車の横転、電柱や鉄塔の倒壊による大規模停電、倒木や大雨による土砂災害による交通麻痺、大雨による土砂災害、高波や高潮による港湾施設の流出など、数え切れないほどの被害が予測されます。

 台風での停電への備え何をしておけばいいのか? 

BuzzFeeD JAPAN 2020年9月6日(日)12時47分配信

 非常に強い台風10号が、九州・沖縄地方に近づいています。上陸のおそれもあり、9月6~7日にかけ、これまでに経験したことのないような大雨や暴風の被害が起きるおそれが。気象庁は、自分と大切な人の命を守るために「最大級の警戒を」と呼びかけています。台風では停電が発生する可能性もあります。命を守るために、自宅でできる「停電への備え」と「停電発生時の対応」についてまとめました。

台風が来る前に、できる対策

Photo_20200906155001

 災害時の停電に備え、日頃から非常用持ち出し袋や自宅の防災グッズに懐中電灯や携帯型ラジオ、そしてその電池を入れておきましょう。

 台風の直撃などが予想される時は、台風が来る前にスマートフォンやモバイルバッテリーを充電しておきましょう。

 停電が起きたときのために、液晶画面を暗くするなどのスマートフォンのバッテリー節約テクをあらかじめ確認しておくと役に立ちます。

 災害発生時、窓ガラスが割れた場合などは、床にガラスの破片などが散らばっている可能性があるので、暗い中での避難は危険です。

 リビングや寝室などに懐中電灯や避難用の履物、停電時にも使える足元灯を備えましょう。

Photo_20200906155301

停電が起きたら、火災に注意

 火災を防ぐため、灯や暖をとる目的でろうそくを使うのは極力避けましょう。

 代わりに大きな灯がなくても、懐中電灯やスマートフォンのライトの上に水を入れたペットボトルを置いたり、白いポリ袋をかぶせたりすることで、部屋を照らす灯が作れます。

 避難する際にはブレーカーを落とし電気器具のプラグをコンセントから抜き、電源が落ちていることを可能な限り確認してください。

 電源スイッチが入ったままの電気器具がある場合、停電が終わって再び通電した時配線から火災が発生する危険性があります。

 IHクッキングヒーターの家庭は、ガスボンベを使うカセットコンロを防災用に備えておくと安心です。

 使用の際は、大きな鍋などの底がカセットコンロのボンベを覆うと爆発するおそれがあるので注意してください。

 電気を必要とする医療機器などを使っている場合は、非常用電源を備えておきましょう。

熱中症にならないために。夏場の停電で注意すべきことは?

 停電でエアコンや扇風機が使えない状況では、熱中症に注意しましょう。

 できるだけ風通しのよい日陰で過ごし、こまめに水分補給をしてください。経口補水液なども常備しておくと良いでしょう。

 特に高齢者などは熱中症に注意してください。

 足を水につけたり、濡れたタオルを首に巻くのも効果的です。

 熱中症になったときの応急処置として保冷剤を首や脇の下などに当てることも効果的なので、台風など予測が出来る災害の前には冷凍庫で保冷剤を凍らしておきましょう。

Photo_20200906155401

 自民党総裁選さん安倍首相一言流れつくる 

時事通信 2020年9月4日(金)7時09分配信

 自民党総裁選で菅義偉官房長官優位の流れが早々にできた背景には、安倍晋三首相が辞任表明当日に漏らした一言があった。

 この一言が出馬に向けて菅氏の背中を押し、大半の派閥が菅氏に雪崩を打つきっかけになったとの見方は強い。菅氏が後継に選ばれれば、首相は次期政権でも一定の発言力を維持する可能性がある。

 「次は菅さんに任せたい」。任期途中で職を辞すると表明した先月28日、首相は周辺にこう明言した。「自分が言わなくても、菅さんの出馬を求める声が出るだろう」とも語った。

 政権批判を続ける石破茂元幹事長の後継阻止を目指す首相は、岸田文雄政調会長に禅譲するシナリオを長く温め、こうした意向を岸田氏に伝えてきた。しかし、岸田氏待望論は党内外で一向に高まらず、首相は辞任表明の前から「岸田さんで大丈夫か」「勝てるなら菅さんでもいい」と漏らすようになっていた。

 首相は31日、岸田氏と首相官邸で面会。総裁選での支援を求めた岸田氏に対し、「自分から個別の名前を挙げるのは控えている」として、岸田氏への「後継指名」はできなくなったと伝えた。

 首相の意中の人は菅氏との一言は党内にじわりと広がり、首相による「事実上の後継指名」(ベテラン議員)との認識が醸成されていった。

 菅氏は出馬の判断について「誰にも相談していない」と説明している。だが、関係筋によると、首相の意向は遅くとも29日には菅氏に伝わっており、菅氏は同日に二階俊博幹事長と会談、出馬の考えを伝えた。二階派が菅氏支持の方針を30日にいち早く固めたのは「首相の意向を側聞し判断したのではないか」(党関係者)との見方がある。

 首相の出身派閥の細田派は31日に仲介者を介して首相の意向を伝えられ、菅氏支持を打ち出した。

 首相の盟友である麻生派の麻生太郎会長は28日の辞任表明当日、官邸で首相と約30分間会談している。30日に岸田氏と面会した際、麻生氏は「首相の考えは大事だ」として、首相からの支持獲得が支持の条件だと通告。31日に岸田氏が空振りに終わったことを確認すると、菅氏を一致して推すよう派内に指示した。

 首相の説明によれば、辞任の直接の理由は持病の潰瘍性大腸炎の再発だ。ただ、内閣支持率が過去最低レベルに落ち込むなど、政権運営が行き詰まっていたことが首相の気力をそいだとの見方も根強い。首相周辺は「さまざまな批判がやまず、首相は精神的にまいっていた」と明かす。

 一方、辞任表明後、内閣支持率は大きく改善した。自民党の閣僚経験者は「首相の影響力はまだまだ大きい。菅氏が勝利すれば、人事についても首相に相談せざるを得ないだろう」と語った。

岸田石破両氏TV論戦 菅長官官邸台風対応

産経新聞 2020年9月6日(日)12時27分配信

 自民党総裁選に出馬表明した岸田文雄政調会長と石破茂元幹事長は6日午前、NHK番組に出演し、新型コロナウイルス対策や外交・安全保障をテーマに論戦を繰り広げた。菅義偉(すが・よしひで)官房長官も出演予定だったが、台風10号が九州地方に接近していることを受けて取りやめ、首相官邸で対応に当たった。

 岸田氏は新型コロナ対応について「大事なことは感染症対策と経済対策。車の両輪としてしっかり進めていかなければならない」と強調した。秋冬のインフルエンザ感染拡大期に備えてPCR検査態勢を充実させる考えを示し、経済政策に関しては「需要の回復はしばらく厳しい。当面は財政金融政策を動員することが大事だ」と述べた。

 一方、石破氏は飲食店などに休業要請をしても休業補償がない改正新型インフルエンザ等対策特別措置法について「感染を収束させるために特措法改正、そういう考え方であるべきだ」と主張。経済の立て直しに向け「内需中心、地域分散経済を作っていく」と述べ、東京一極集中の是正を訴えた。

 外交・安全保障について岸田氏は「地球規模の課題に日本が汗をかいてルール作りを先導することによって存在感を示し、発言力を維持していく」とソフトパワー外交を進める考えを示した。石破氏は「日米同盟に軸足を置きながら、どうやってこの不幸な状況を解決できるか。それはアジア、ヨーロッパの共感を得ることだろう」と述べた。

 総裁選をめぐっては、菅氏が党内7派閥のうち5派閥の支持を取り付け優勢に立っている。石破氏は「政治を決めるのは国民で、自民党を決めるのは党員だ。国民のための、党員のための自民党であるべきだ」と述べ、派閥の動きに苦言を呈した。

 岸田氏は「人材育成などのメリットもある」とした上で「派閥の弊害という点を国民から指摘されることについては謙虚に受け止め、あるべき姿を考えていかなければならない」と述べた。

 ボルトン前補佐官安倍政権はトランプを全力で制御していた 

文春オンライン 2020年9月6日(日)6時01分配信

「日本の次期首相に対する助言は、ただ一言に尽きる。『一生懸命やれ』、だ。米政府が、日本の立場をいつも理解して同意してくれるなどと期待しないように」

 これは、ドナルド・トランプ米政権で国家安全保障問題担当大統領補佐官を務めたジョン・ボルトン氏から日本の次期首相へのアドバイスである。非常にシンプルな助言に聞こえるが、その実行にはとてつもない努力と労力が要求される。

 この度、辞任を表明した安倍晋三首相は、トランプ大統領が最も信頼する外国首脳と言われる。トランプ氏に最も親しい人物の一人と言われる安倍首相。その秘訣は何か? ボルトン氏に尋ねてみたところ、意外な答えが返ってきた。

「安倍首相はトランプ大統領就任前の段階から彼と意思疎通を図るべく大変尽力していた」からだというものだ。

 あまりにも当たり前すぎる理由で、物足りなさを感じるかもしれない。しかし、ボルトン氏の新著『ジョン・ボルトン回顧録』を読むと、この「努力」がいかに絶え間なく求められ大変なものか、実感させられる。

安倍政権の懸命な努力があってこそ

 安倍首相とトランプ大統領の個人的関係が親密な理由は、たまたま二人のウマがあったから、という単純なものではない。日本政府はトランプ氏の好みを徹底して調べ上げ、トランプ氏をはじめ、様々なレベルでトランプ政権にたゆまずアプローチしてきた。例えば、韓国の文在寅大統領が北朝鮮政策についてトランプ氏に電話すると、安倍氏はいつもすぐその後にトランプ氏に電話して、あるべき北朝鮮政策について進言する。安倍首相は対北朝鮮政策でこれを繰り返してきた。

 ボルトン氏はこう証言する。

「日本政府は国益を守るため、トランプという未知の大統領を相手に一生懸命働き続けてきた」

 日米首脳間の親密な個人的関係は、その努力の積み重ねの帰結なのである。

 その安倍首相ですら、トランプ氏を相手にするのは容易ではなかったはずだ。例えば、2018年4月に米国フロリダ州で開催された日米首脳会談は、日米同盟の強靭ぶりを示す成功例として評価されてきたが、その舞台裏は決して平坦ではなかったという。

日米首脳会談成功の舞台裏

 トランプ氏は、いつまでたっても日本の対米貿易黒字を問題視し、これに固執している。ボルトン氏は自身の回顧録の中で、首脳会談に向けた準備段階で、トランプ大統領を相手にいかに苦労したか、一例として次のエピソードを紹介している(以下、筆者による英語原文の日本語訳)。

「トランプ大統領に安倍首相の訪米に向けて準備してもらうという、本来、シンプルなはずの業務ですら困難を極めた。この過程で、今後、表面化するだろう問題の兆候がすでに出ていた。私たちは首脳会談に向けて、大統領に事前の状況説明会を2回、準備した。

 1回目の議題は北朝鮮と安全保障問題について、2回目の議題は貿易と経済問題についてだった。日米首脳会談の議題もこの順番だった。第1回目の説明会では本来、政治的課題に関して議論するはずだったが、状況説明会を聞きつけた貿易政策の関係者が会場を埋め尽くしていた。そこで、トランプ氏が遅れて到着した後、私から、『まず手短に貿易問題について議論したうえで、次に北朝鮮について議論する』と話したのだが、これが間違いだった。

 トランプ氏はまず、『日本ほど良い同盟国はない』と前置きしたうえで話し始めると、1941年の日本軍による真珠湾攻撃について、不快感をもよおすほどの不平を語り始めた。説明会の雰囲気はどんどん悪くなっていった」

 貿易黒字「問題」に固執するトランプ氏を、強固な日米同盟の路線に向かうよう御していたのが、安倍首相をはじめとする日本政府であり、ボルトン氏を含む米ホワイトハウスの政府高官らであった。日米間の協力・連携こそが、トランプ氏を導くうえで不可欠だった。

 しかし、今やボルトン氏はもう政権を去った。彼の後継者は、ボルトン氏ほどトランプ氏に対して影響力があるわけではない。今やトランプ氏の周辺には「イエスマン」ばかりが目立つ。安倍首相も近く政権の座を去る。今後、トランプ氏を御せる人物がもはや見当たらないのである。

日本の最重要課題はアメリカ対策

 日本の外交・安全保障政策上、中国や北朝鮮がもたらす脅威は深刻な問題だ。これらの国々への対応は、日本政府にとって実に悩ましい問題である。だが、それら以上に重要な課題がある。それはアメリカだ。この国こそ、日本にとって最も重要な関与すべき相手国である。

 日本では、ややもすればこの当たり前の事実が忘れられがちではないか。今日の日米同盟の基盤を、当然の所与と考えるべきではない。それは日本政府が今後も一丸となって、必死に守り続けるべきものである。

 ボルトン氏は、もしトランプ大統領が再選すれば、トランプ氏が日本に在日米軍駐留経費の大幅増額を求めてくる可能性を警告する。そして、もし日本がこれを真剣に受け止めなければ、トランプ大統領が在日米軍の削減や撤収の検討に進むリスクも指摘する。事実、2020年8月、米国の次期駐日大使に指名されたワインスタイン氏は、米連邦議会上院の公聴会で、「日本にはこれまで以上の責任を負ってもらうことを促す」と述べ、日本に安全保障面でより一層の貢献を求める意向をすでに表明している。

 もしトランプ氏が大統領選で敗北して、ジョセフ・バイデン大統領が誕生しても、日本により一層の安全保障政策面での役割と責任を求めてくる可能性が十分高い。米国の国力が相対的に低下してゆく中、戦略的競合相手国である中国の覇権主義的な台頭に対して、米国だけでは対抗しきれない現実がある。米国の同盟国がより重要な役割を果たすことが米国の安保戦略にとって不可欠とされている。

日本に求められる強烈な覚悟

 ボルトン氏の回顧録を読めば、彼が日本の政策や立場について正確に理解し、日本を深く信頼していたことがわかる。かつて元米政府高官が自身の回顧録の中で、これほど日本について肯定的に記述した著作の前例は数少ないだろう。

 ただしその前提として、彼は、米軍が軍事攻撃を行う際には日本もこれに協力するものと理解していた点を踏まえておく必要がある。

 2017年末時点、朝鮮半島で軍事紛争が再発する確率は、これまでになく高まっていたようだ。ボルトン氏は、同年9月に安倍首相が、米国が武力行使を含む「あらゆる選択肢」を追求する立場に支持表明したことを高く評価する。だが、ボルトン氏にとって武力行使は単なる威嚇の手段ではない。彼が推奨する北朝鮮核問題の解決方法は、同国の核・ミサイル関連施設等に対する先制攻撃である。1990年代以降、ボルトン氏のこの立場は一貫している。

 ボルトン氏が日本に期待する役割は、決して生易しいものではない。今後、米国が中国や北朝鮮等との間で軍事的に衝突する可能性が高まるシナリオを想定すれば、このようなボルトン氏の日本に対する期待は、米国の中では必ずしも極端で例外的な考え方ではなくなる可能性を真剣に想定しておくべきであろう。

 安全保障環境の変化とともに、日本には強烈な覚悟が求められている。

Photo_20200906160901Photo_20200906161001

関連エントリ 2020/09/03 ⇒ 【11月米大統領選】✍コロナ対策&人種問題&米中摩擦&戦争犯罪疑惑etc.
関連エントリ 2020/08/30 ⇒ 【歴代最長7年8月在位】安倍政権とは何だったか<第2次内閣発足~辞意表明まで>
関連エントリ 2020/08/28 ⇒ 【歴代最長7年8月在位】安倍首相「持病(潰瘍性大腸炎)悪化」療養のため辞意表明
関連エントリ 2020/07/10 ⇒ 【令和二年七月豪雨】激甚災害✍指定急ぐ「流域治水」へ転換も急務

 

2020年9月 5日 (土)

【台風10号】史上最凶<津波のような高潮に注意>九州に接近中

 台風10 大東諸島が暴風域、速やかに最大限の備えを 

ウェザーニュース 2020年9月5日(土)10時20分配信

 9月5日(土)9時現在、非常に強い勢力の台風10号(ハイシェン)は、南大東島の南南東約220kmを発達しながら北西に進んでいます。中心気圧は920hPa、中心付近の最大瞬間風速は70m/sと非常に強い勢力を保っています。

 今後は更に発達する見通しで今日の15時までに「猛烈な」勢力になって大東諸島に接近、通過する見込みです。大東諸島では既に風が強まっており、北大東では最大風瞬間風速36.0m/s、最大風速26m/sの暴風を観測しています。

 台風の接近に伴って風速は更に強まる見込みです。台風の最接近時には風速70m/s近い暴風が吹き荒れ、過去にないような大荒れの天気になる恐れがあります。甚大な被害が発生する恐れがあるので、安全を最優先に行動をしてください。

▼ 台風10号 9月5日(土)9時

 存在地域   南大東島の南南東 約220km
 大きさ階級  //
 強さ階級   非常に強い
 移動     北西 15 km/h
 中心気圧   920 hPa
 最大風速   50 m/s (中心付近)
 最大瞬間風速 70 m/s

九州に接近時の勢力は過去最強クラスで停電のおそれも

 台風10号は更に北西に進み、今夜遅くには沖縄本島や奄美諸島、明後日7日(月)朝には九州のほぼ全域が暴風域に入ると予想されます。
接近時の勢力は過去最強クラスで、特別警報の発表基準に達するほどです。これだけの勢力で近づけば上陸しなくても、甚大な被害につながる危険性が高まります。最悪の事態に備え、今日中に台風への備えを行うようにしてください。

 ウェザーニュースによる「停電リスク予測」では、九州全域や中四国で停電の可能性があり、特に九州の沿岸部でリスク高くなっていることがわかります。停電が長時間に渡るおそれもありますので、予めの対策が必須です。

(過去の台風の際にウェザーニュースのアプリユーザーから得られた停電報告と、気象観測機の風速データの相関関係を分析した結果を元に計算したものです。)

台風の名前

 台風の名前は、国際機関「台風委員会」の加盟国などが提案した名称があらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。

 台風10号の名前「ハイシェン(Haishen / 海神)」は中国が提案した名称で、文字通り海の神という意味です。

Photo_20200905125401

 台風10号特別警報級明日🌀沖縄奄美に最接近 

weather map 2020年9月5日(土)7時04分配信

 非常に強い台風10号は、あす6日(日)午前に沖縄地方へ、あす午後にかけて奄美地方へ特別警報級の勢力で最も接近する見込みだ。その後も特別警報級の勢力を維持したまま北上を続け、あす午後からあさって7日(月)にかけて九州に接近または上陸するおそれがある。

特別警報級の勢力で奄美に最接近へ その後も勢力維持し九州接近・上陸のおそれ

 非常に強い台風10号は、きょう午前6時には南大東島の南南東にあって、時速15キロで西北西へ進んでいる。中心の気圧は920ヘクトパスカル、中心付近の最大瞬間風速は70メートルで、暴風域を伴っている。

 台風は、あす日曜午前に沖縄地方へ、あす午後にかけて奄美地方へ特別警報級の勢力で最も接近する見込みだ。その後も特別警報級の勢力を維持したまま北上を続け、あす午後からあさって月曜日にかけて九州に接近または上陸するおそれがある。

甚大被害のおそれ 台風接近前に備えを

 たとえ、少し離れた海上を進むことになっても、勢力が大変強いため、甚大な被害が出るとみられる。台風が近づく前には、暴風や高波、大雨への備えをするとともに、避難計画を立てておく必要がある。今回は鉄筋が変形するほどの記録的な暴風になるおそれがあるため、家が脆弱な作りだったり、老朽化していたり、復旧中などの場合は、頑丈な建物への避難が必要だ。台風の動きこまめに確認しつつ、それぞれの状況に応じたタイミングで明るいうちの避難が必要だ。

Photo_20200905124901

暴風・高波 記録的な暴風・高波のおそれ

 台風の接近に伴い、沖縄地方では大東島地方を中心に次第に風が強まり、きょう昼前からあすにかけて暴風となる見込み。奄美地方や西日本でも、あすから月曜日にかけて暴風となる所がありそうだ。沖縄地方や九州南部・奄美地方では、一部の住家が倒壊するおそれがある猛烈な風が吹くとみられる。

 風が強まる前に頑丈な建物の中に移動するとともに屋内では窓から離れるなど、暴風に厳重に警戒が必要になる。九州北部地方でも、月曜日は猛烈な風の吹くおそれがある。

Photo_20200905125101

 また、大東島地方では、うねりを伴った大しけとなっている。きょう朝は、うねりを伴った猛烈なしけとなる見込み。また、沖縄本島地方や奄美地方ではきょう夕方から月曜日にかけて、西日本や東日本太平洋側ではあすから月曜日にかけて、警報級の高波となりそうだ。

 台風が接近する地域では、記録的な暴風や高波となるおそれがあるため、最大級の警戒が必要となる。

高潮 高潮+高波で浸水のおそれ

 台風の接近に伴い、沖縄地方ではあすにかけて、九州南部・奄美地方や九州北部地方ではあすから月曜日にかけて、四国地方や中国地方ではあすから火曜日にかけて潮位が高くなり、海岸や河口付近の低地では浸水や冠水のおそれがある。

 潮位が堤防を越えなくても、潮位が高い中で高波があると、波が海岸堤防を越えて浸水するおそれもある。高潮や、高潮と重なり合った波浪による浸水などにも厳重な警戒が必要だ。

 台風が接近する地域では、記録的な高潮となるおそれがあるので、こちらにも最大級の警戒が必要となる。

大雨・雷・突風 台風から離れていても大雨に

 前線が日本海北部から西日本へのびている。前線に向かって、南海上から暖かく湿った空気が流れ込んでいるため、西日本から東日本では大気の状態が非常に不安定となっており、西日本では雷を伴った非常に激しい雨の降っている所がある。

 台風の北上に伴い、引き続き月曜日にかけて、西日本から東日本には南海上から暖かく湿った空気が流れ込むため、大気の状態が非常に不安定になる予想。局地的に雷を伴った非常に激しい雨や激しい雨が降り、大雨となる所がある見込みだ。特に、西日本から東日本の太平洋側では、月曜日にかけて東から南斜面を中心に総雨量が多くなり、大雨となるおそれがある。

Photo_20200905124701

 台風が接近する沖縄地方や奄美地方では今夜遅くからあすにかけて、九州南部や九州北部地方ではあすから月曜日にかけて、雷を伴った猛烈な雨や非常に激しい雨が降り、大雨となる所がありそうだ。
 
 土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒が必要となる。台風の周りの非常に発達した雨雲がかかったり、湿った風が流れ込み続け同じような場所で活発な雨雲が停滞すれば、国管理河川のような大河川でも氾濫するおそれがある。このほか、竜巻などの激しい突風や落雷にも注意が必要だ。発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には建物内に移動するなど、安全確保に努めたい。

 台風が接近する地域では、記録的な大雨となるおそれがあるため、地域ごとの雨の状況、地形の特性にも注視しながら、最大級の警戒が必要となる。

 半沢直樹最大の立役者が大和田暁である理由 

東洋経済オンライン 2020年9月5日(土)8時11分配信/木村 隆志(コラムニスト)

 9月6日放送予定の第8話が「コロナ禍による制作スケジュールの遅れ」を理由に延期が発表されただけでネット上は大騒ぎ。「1週間の楽しみが……」「残念すぎる」などと嘆く声が飛び交ったことが「半沢直樹」(TBS系)の人気を象徴しています。

 しかし、代替番組が「『半沢直樹』のキャスト、スタッフによる生放送」であることがわかったとたん、ムードが一変。「やっぱり大変なんだな。頑張って」「7年間も待ったんだから大丈夫」「1週長く楽しめるわけだし、これはこれで楽しみ」などのポジティブな声が増え、さらにツイッター上で生放送用の質問を受け付けはじめると歓喜の声があがりました。

 全話世帯視聴率20%超えに加え、放送のたびにツイッターのトレンドランキングを席巻し、各メディアが関連記事を量産するなど、話題性という点では、すでに「前作超え」の呼び声も高い続編。放送前は「さすがに遅すぎた」「続編は質が落ちる」などと不安視する声もありましたが、大和田暁が話題の中心となって盛り上げることで、それを払拭してしまいました。もちろん主人公の半沢直樹を演じる堺雅人さんは期待通りの活躍を見せていますが、第7話までの立役者は香川照之さん演じる大和田だったのです。

 ここでは「作り手の“大和田暁活用法”」「大和田を演じる香川照之さん」「大和田に対する視聴者の反応」という3つのポイントから、大和田がいかに話題性を高め、快進撃の立役者となっているのか。その理由を挙げていきます。

大和田は悪役のお手本として君臨

 真っ先にふれておきたいポイントは、作り手たちの“大和田暁活用法”。今回の原作小説である池井戸潤さんの『ロスジェネの逆襲』『銀翼のイカロス』に大和田の登場シーンはありません。もともと存在しないにもかかわらず、主人公の半沢と同等レベルのインパクトを残しているのですから、作り手が思い切って大和田の登場シーンを作っていることがわかるのではないでしょうか。

 小説や漫画の実写ドラマ化は、とかく原作のファンから「余計なことをするな」などと変えることを批判されがちであり、ほとんど脚色を加えない作品も少なくありません。しかし、今回の続編は登場しないはずの大和田をフル活用し、しかも「宿敵の半沢と手を組む」という大胆な脚色を加えたのです。

 この脚色は作り手による“ファンサービス”。大和田の登場は、前作のドラマを見ていたファンを喜ばせるとともに、『ロスジェネの逆襲』『銀翼のイカロス』を読んだ原作のファンにも新たな展開と結末を用意したのです。つまり、すべてのファンに応える脚色だからこそ、視聴率と評判の両方を獲得できているのでしょう。

 特に原作を読んだ人は、「あのストーリーに大和田はどう絡んでくるのだろう?」「次は何をやってくれるのかな」とワクワクしているようであり、SNSには「原作が進化している」「こういう実写化なら大歓迎」などの称賛も見られます。

 もう1つ作り手の“大和田暁活用法”として特筆すべきは、他の登場人物を大和田の言動に近づけるような演出をしていること。7年が過ぎた今も、前作の最終話で見せた土下座のシーンが印象に残る中、伊佐山泰二(市川猿之助)を筆頭に、三笠洋一郎(古田新太)、諸田祥一(池田成志)、広重多加夫(山崎銀之丞)、曾根崎雄也(佃典彦)らが大和田に近いトーンの言動を見せています。大和田は続編でも悪役のトップであり、言わば“悪のお手本”のような存在として配置しているのでしょう。

 興味深かったのは、第7話で半沢が大和田に協力を求めたシーン。主人公の半沢までもが、「お~ね~が~い~し~ま~す!」と明らかに大和田のトーンに合わせていました。このシーンこそ、大和田が“もう1人の主人公”であることを物語っていたのです。

関係性が変わるシリーズ作の醍醐味

 さらに作り手たちは、俳優たちのアドリブを引き出し、次々に採用する懐の深さを見せています。また、その中心に大和田がいるのは間違いありません。

 とりわけ大和田が放つセリフは、第1話の「施されたら施し返す、恩返しです」、第2話の「お・し・ま・い・death(です)」、第4話の「死んでも嫌だね!」、第6話の「そうなったら頭取もチンヴォツ(沈没)!」、第7話の「債権放棄は絶対だ。絶対、絶対に絶対です! です! ですです! です!」など、ネット上は大いに盛り上がりました。

 「流行語大賞へのノミネート確実」と言われる話題性はもちろん、視聴率に直結するリアルタイム視聴にもつながるなど、一石二鳥の効果を生み出しているのです。原作にも台本にもなかったセリフでこれだけの効果を生み出しているのですから、いかに「作り手たちによる“大和田暁活用法”がうまくいっているか」がわかるのではないでしょうか。

 前述したセリフの大半が半沢に向けたものであることからもわかるように、大和田は今なお主人公を引き立てる最高の存在。大和田は常に半沢と超至近距離で正対して言葉をぶつけ合うことで、“宿敵”であることをあらためて印象づけるとともに、“勧善懲悪”の世界観を保つ最重要パーソンとなっています。

 しかし、放送が進むにつれて、半沢が苦しげな表情を浮かべながらも大和田に協力を要請したり、大和田も拒絶しながらもけっきょく共闘に応じたりなど、2人の間に不思議な絆のようなものが見えはじめました。そんな濃密かつ複雑な関係性を見た視聴者は、どこかほほえましいものを感じ、笑いながら見るように変わりはじめています。

 このような宿敵の関係性が変化していく様子はシリーズ作ならではの醍醐味であり、視聴者の反応を見た作り手たちは、「してやったり」の心境でしょう。

コロナ禍に揺れる現場のムードメーカー

 作り手の“大和田暁活用法”に続く2つ目のポイントは、「大和田を演じる香川照之さん」。

 放送前、香川さんは、「私の演じた大和田常務は、前作で半沢に屈して失脚したあと、原作には登場しておらず、実はあの土下座のその後が描かれておりません。『封印された大和田』をいかに解放し、いかに命を吹き込むか、持てる精魂を懸命に尽くしたいと思っています」と力強く語っていました。再び大和田を演じられるうれしさを感じるとともに、武者震いをするような心境が伝わってきます。

 さらに、「とはいえ今回私たちは、前作のように初陣の手探りから物作りを始めていないのです。『半沢直樹』の世界観を既に十分に知っているところから撮影を始められるのです。つまり、いきなりパワー全開でリスタートできるのです」と語っていた通り、香川さんはベテランとは思えないほど、放送前からパワー全開。

 まず制作発表の場では、「池井戸潤先生の原作は完璧なんですよ。『どこに大和田が入る余地があるんだ』と。池井戸先生は『ダメだ』と思ったらいつでも首切ってください」と、原作へのリスペクトを示したうえで笑いを誘って盛り上げました。

 また、香川さんは撮影前に行うセリフ読み合わせのとき、舞台出演で不在だった猿之助さんの代役を行い、1人2役を演じたそうです。その猿之助さんは、「(撮影現場では)保護者のように付き添ってもらって、手取り足取り教えてもらいました」と香川さんに感謝。さらにその言葉を受けた香川さんは、「前回、僕は土下座を食らっているわけですから、ウチの従弟まで土下座を食らうわけにはいかない」とユーモアで返して笑わせました。

 その他でも、市川猿之助さん、片岡愛之助さん、尾上松也さんを合わせた“歌舞伎チーム”で談笑していたエピソードが何度となく語られていますし、コロナ禍によるストレスがかかる中、香川さんは現場のムードメーカーとなっているようです。

注目が集まる放送期間中のツイート

 そんな香川さん自身も、ノリノリで演じていることを明かしていますが、それを最も象徴しているのが、遊び心あふれるアドリブの数々。主演の堺雅人さんが、「香川さんは羨ましいくらいに自由に遊ばれる方」「できることなら、僕も大和田を演じてみたい」と言うほど、生き生きと演じる姿を見せ続けています。実際、第7話で半沢と大和田が「さあ」「さあ」と交互に畳みかけて曾根崎を追い詰めるシーンは、演じる2人の楽しさが伝わってくるようでした。

 ちなみにそのシーンについて香川さんは放送後にツイッターで、「第7話で曽根崎に浴びせた『さあ、さあ、さーアサァサァサァ!』は歌舞伎の常套句。堺さんも完璧な間の取り方でした」と解説していました。香川さんは悪役のトップとして大和田を演じ、ムードメーカーとして現場を盛り上げているだけでなく、スポークスマンでもあるのです。

 たとえば、8月7日に「半沢直樹の4話は、もう本当に伝説の回になります…www いよいよ大詰めの、猿之助さんとの親戚漫才をどうかお楽しみ下さい!」とツイートしたほか、放送終了後の9日にも「皆さま、第4話はご覧いただけましたか?  従兄弟漫才はどうでしたかwww?  それにしても…今週も汚い言葉を連発してしまい、本当に申し訳ございませんでした」とツイートしていました。

 さらに23日には「第6話、ついに土下座が炸裂しました。曽根崎役、名古屋で劇団を主宰する佃典彦さんは、1日中あの長いシーンを何度も繰り返し撮影したのに、ただのひと言もセリフを間違えませんでした。もちろん堺さんも…」と共演者を称賛。加えて、「さて来週は神回降臨…ご期待を」という次回の番組視聴を促すコメントも忘れませんでした。

 そもそも放送期間中の具体的なツイートはリスクを伴う行為だけに、これほど積極的な俳優は希少な存在。香川さんが多忙な中で自らドラマを売り込み、さまざまな話題を提供し、共演者やスタッフのフォローをしていることが、大和田のさらなる人気につながっているのではないでしょうか。

 3つ目のポイントは、「大和田に対する視聴者の反応」。前作の大和田は視聴者にとって憎き悪役でしたが、続編では放送が進むにつれて愛すべきマスコットのような存在に変わりつつあります。

 ネット上に「大和田待ち」という言葉が飛び交うほど、視聴者はその登場と一挙手一投足に注目。大人たちはもちろん子どもたちも、「お・し・ま・い・death」「死んでも嫌だね!」などのセリフをマネして楽しんでいることが、最大のネタとなっていることを物語っています。前作では最終話の土下座シーンまで、半沢の「倍返し」をマネしている人がほとんどだっただけに、続編では明らかに変化が見られるのです。

 また、数日前、あるウェブメディアが「最終話の最後で頭取になった大和田が半沢に辞令を出す」という記事を報じました。このようなネタバレにあたる記事はタブーであるうえに、その内容に疑いの目を向ける人が多かった一方、驚かされたのは「もし大和田が頭取になったら……」などと想像して楽しむ人が少なくなかったこと。なかには想像を膨らませて、「最後に大和田が改心して善人になり、半沢の父親が眠る墓へ行って謝罪してほしい」なんて声も見られました。

 すでに大和田というキャラクターは、視聴者が放送中に愛のあるイジリやマネをして盛り上がるだけでなく、「いろいろと想像して楽しめる」というエンターテインメントになっているのです。

残り3話、終了後は大和田ロス必至

 「異例中の異例」とも言えるドラマ放送期間中の生番組「生放送!! 半沢直樹の恩返し」は、はたしてどんなものなのか?  すでに堺雅人さん、及川光博さん、片岡愛之助さん、児嶋一哉さん、そして香川照之さんの出演が発表されていますが、ある意味ドラマ以上に貴重で、誰も見たことのないタイプの番組だけに、本編同様に盛り上がることは間違いないでしょう。

 そして、今月27日に迎える最終話まで、残すは3話のみになりました。政府という強大な敵は、半沢1人で戦うには厳しすぎる相手だけに、「再び大和田と共闘し、さらに黒崎駿一(片岡愛之助)も加わったトリオの結成なるか」「あの大和田なら、もう一度、半沢の前に大きく立ちふさがるのではないか」などと、さまざまな声があがりはじめています。

 原作を大胆に脚色する「半沢直樹」の作り手たちなら、絵に描いたような大団円だけではなく、サプライズも含めて楽しませてくれるのではないでしょうか。いずれにしても最終話の終了後は、日曜夜に気分が沈み込む「サザエさん症候群」ならぬ「半沢直樹症候群」を叫ぶ声、さらには「大和田ロス」を嘆く声が飛び交うのではないでしょうか。

Photo_20200905131401Photo_20200905131501Photo_20200905131601

関連エントリ 2020/09/02 ⇒ 【半沢直樹】コロナ禍の過酷な撮影日程✍「第8話」放送延期
関連エントリ 2020/08/06 ⇒ 【藤井棋聖】2冠までM1<王位戦3連勝>八段最年少記録も視界良好
関連エントリ 2020/08/03 ⇒ 【日経平均】7日ぶり反発<円安・米株高>値頃感で買い戻し
関連エントリ 2020/07/19 ⇒ 【半沢直樹】コロナ禍で遅れ<7年ぶり✍続編>本日スタート。

 

2020年9月 4日 (金)

【日経平均】3日ぶり反落<NY株✍大幅急落>高値警戒感で売り広がる

 米株式市場の解明か VIXが警告していたのは「3日のような急落 

BLoomberg 2020年9月4日(金)8時44分配信

 米株式市場のボラティリティー指数の最近の不吉な動きに困惑していたトレーダーは、3日にこの謎が多少解明されたのではないだろうか。

 S&P500種株価指数の予想変動率の指標で、「恐怖指数」とも呼ばれるシカゴ・オプション取引所(CBOE)ボラティリティー指数(VIX)がS&P500種株価指数と歩調を合わせて異例の上昇を続ける状況は、持続不可能と考えられてきた。そうした歩調は3日に崩れた。米国株はテクノロジー株を中心に売り込まれた。

 これまでの両指数の連動を説明する多くの理論が示されていたが、3日は最もシンプルな理論が当てはまったようだ。一本調子で上昇する株式相場の先行きを警戒するトレーダーが株式デリバティブ市場でリスクヘッジに有り金をはたき、オプション価格を押し上げていたという説だ。同日のナスダック100指数は約5%下落し、その慎重さが報われている。

 インタラクティブ・ブローカーズのチーフストラテジスト、スティーブ・ソスニック氏は、「市場ではリスク回避と著しい自己満足感が同時に見られていた。そうした状況が持続可能であることはめったにない」と指摘した。

 もちろん、VIXと株式相場が同時に上昇する理由を説明する別の仮説も、3日の動きに当てはまる。ナスダック100指数が3月以降に77%上昇したのに満足しない初心者トレーダーが、テクノロジー株への賭けにレバレッジをきかせてコールオプションをどんどん買っていたというもので、その見方では、この日の相場下落は強い高揚感に身を任せていた人々にようやく当然の報いが訪れたことを表す。

 2日までの3営業日にナスダック100指数は連日1%近くか1%強値上がりした一方、CBOE・NDXボラティリティー指数(VNX)も上昇した。通常、株価が上昇すると、インプライド・ボラティリティーの値が下がるものだが、最近はその関係は崩れていた。

 また、ナスダック100指数の恐怖指数、VNXとS&P500種のVIXの差が開いていたこともウォール街の注目を集めた。テクノロジー株はコロナ禍に見舞われた株式市場で安全な資金の避難所と受け止められてきたものの、VXNはVIXをここ数日10ポイント以上上回る水準で推移し、その差は過去16年で最大となっていた。

 ダウ急落3日)一時1000㌦安 株価急上昇で高値警戒感 

毎日新聞 2020年9月4日(金)11時42分配信

 3日のニューヨーク株式市場は急上昇した株価への高値警戒感が広がり、大幅反落。優良株で構成するダウ工業株30種平均の下げ幅は一時1000ドルを超えた。終値は前日比807・77ドル(2・8%)安の2万8292・73ドルで、1日の下げ幅は6月11日(1861ドル)以来の大きさだった。

 この流れを引き継いで4日午前の東京株式市場は反落し、日経平均株価の前日終値からの下げ幅が一時300円を超えた。午前11時現在は249円85銭安の2万3215円68銭。

 ニューヨーク市場では、これまで株価上昇をけん引してきたアップルやアマゾンなどIT株を中心に売り込まれた。経済指標などで目立った懸念材料は無く、8月以降に10%超上昇した株価への高値警戒感から利益を確定する動きが投資家に広がったとみられる。

 前日2日には新型コロナウイルス感染拡大で悪化した米景気の回復期待を背景に、ダウ平均は2月20日以来約6カ月半ぶりに2万9000ドル台を回復。ハイテク株中心のナスダック総合指数は4営業日連続で過去最高値を更新していた。

 NYダウ一時1000㌦安 高騰続いたIT株反落 

朝日新聞デジタル 2020年9月4日(金)6時18分配信

 3日の米ニューヨーク株式市場では、主要企業でつくるダウ工業株平均が一時、前日比で1000ドル超も反落した。終値は同807・77ドル(2・78%)安い2万8292・73ドル。アップルが8%安、マイクロソフトが6%安に沈むなど、これまで高騰を続けてきた主要IT銘柄が軒並み急落し、市場全体へと売りが広がった。

 ダウ平均は前日にほぼ半年ぶりに2万9000ドルの節目を回復したばかりだった。ハイテク株が多いナスダック市場の総合指数も急反落。同598・34ポイント(4・96%)低い1万1458・10で引けた。同指数は前日に過去最高値を塗り替え、史上初の1万2000台にのせていた。

 新型コロナウイルス危機で米経済が大恐慌以来の不況に襲われる中でも、米当局による金融・財政政策の支えを受け、株式相場はわずか半年でコロナ危機前の水準まで急回復。

 とくにハイテク銘柄は、コロナ禍で広がった自宅勤務などでむしろシェアを拡大し、未曽有の急騰を演じてきた。市場ではかねて高値警戒感がくすぶっており、調整を予測する声があった。

価格の高騰が止まらない!10年後には今の5倍に?

週プレNEWS 2020年9月3日(木)6時00分配信

 7月下旬から金の価格が高騰している。8月7日には1トロイオンス(約31.1g)当たり約2072ドル(約22万円)をつけ、史上最高値を更新した。

「ここ最近、お問い合わせが増えましたね。店頭には、『今高いから売りたい』とタンスに眠っていた金の指輪やネックレスを持って来店する方もいらっしゃいました」

 こう語るのは、金の地金(じがね)売買を手がける田中貴金属工業の担当者だ。

 しかし、今回の金価格上昇は従来の値動きの常識とは大きく異なるという。『金を買え 米国株バブル経済終わりの始まり』(プレジデント社)の著者で元ファンドマネジャーの江守哲(てつ)氏はこう語る。

「金は、倒産や財政難で価値がゼロになりかねない株や債券と比べ安心感が高い一方で、投資対象としてのリターンは株や債券に軍配が上がります。そこで従来は、金融危機や地政学リスクが生じると投資家の資金は株から金へと移動し、株価下落と金価格上昇がセットで発生していました。

 ところが今回は、米国のダウ平均株価はすでにコロナ前の2019年の水準を取り戻している。つまり、従来のセオリーなら金価格は下落しているはずなのです」

Photo_20200905075401

 ではなぜ、今でも金価格は高値を維持しているのか?

「19年頃から機関投資家や富裕層の投資姿勢が変化したからです。これまでは平時は投資資金のわずか5%程度を金に投資し、有事の際は金の比率を増やすスタイルが一般的でした。ところが昨年以降、海外の投資家を中心に金に対する積極的な買い入れが目立つのです」(江守氏、以下同)

 こうした動きの背景にあるのは、世界各国の金融緩和だ。

「コロナ前から日本を含む各国で大規模な金融緩和が相次ぎ、市場にマネーがあふれていた。さらにコロナ関連の経済政策が打ち出され、その傾向は加速しました。投資家は、余ったマネーを振り向ける新たな投資対象を探さなければなりません。その過程で金も平時の投資対象として見直されることになり、結果として株と金の同時高が演出されたのです」

 また、中国が基軸通貨化の意欲をにじませているデジタル人民元構想も、金価格の上昇を後押しする可能性があるという。

「デジタル人民元の信用を裏づけるためには莫大(ばくだい)な量の金を保有することが必要です。現時点で同国の金保有量は少ないため、現在も金の買い入れを積極的に進めていますし、今後も引き続き購入を続けるでしょう。同国の買いによる金価格上昇も十分に考えられます」

 では、将来的に金価格はいくらになるのだろうか?

特に金価格へ影響を及ぼすのが、世界の基軸通貨・米ドルの市場への供給量(マネタリーベース)です。これはかなり好条件の仮定ですが、もし今後マネタリーベースが毎月1.5%増加すると、2030年の金価格は現在の4~5倍にあたる8000~1万ドル(約84万~106万円)になると試算されます

 今の高騰は、来るバブルの序章にすぎなかった?

 NYダウ(4日)続落ドルも一転下落 

ロイター 2020年9月5日(土)6時39分配信

為替 ドルが下落した。8月の米雇用統計で非農業部門雇用者数の伸びが鈍化し、新型コロナウイルス禍からの経済回復が鈍化しているとの懸念から、序盤は安全通貨であるドルが買われたが、午後に入りリスク資産が切り返すにつれ、ドル売りが強まった。

 雇用統計を受け、ドル指数<=USD>は1週間ぶりの高値に浮上。ただ、米主要株価指数が午後に1カ月ぶりの安値から値を戻したことで下げに転じた。終盤は0.10%安の92.752。

 投資家は長期的なドル安を視野に入れている。

 TDセキュリティーズのシニア外為ストラテジスト、マゼン・イッサ氏は「リスク面で大きなサプライズがない限り、ドル高は薄れていく」と述べた。

 ユーロは週初に2018年以降で初めて1.20ドルを回復。ただ、欧州中央銀行(ECB)のレーン専務理事兼主任エコノミストが金融政策にとってユーロ/ドルの水準は「非常に重要」とし、ユーロ高がECBの想定よりも過度に速く強いことを示唆したため、その後軟化した。

 イッサ氏は来週のECB理事会が注目とし、声明でユーロ高に言及されれば、外為市場に大きな影響を与える一方、質疑応答などで取り上げられる程度なら影響は乏しいとの見方を示した。

 この日のユーロ<EUR=>は横ばいの1.184ドル

債券 国債利回りが上昇(価格は下落)。雇用統計で失業率が改善したことや、来週の国債入札への警戒感から売りが優勢となった。

 10年債利回り<US10YT=RR>は9.1ベーシスポイント(bp)上昇し0.7131%。

 ジャニー・キャピタル・マネジメント(フィラデルフィア)のチーフ債券ストラテジスト、ギー・ルバ氏は「債券市場は雇用統計を経済のポジティブ材料と受け止めた」と指摘した。

 入札関連では来週、3年債500億ドル、10年債350億ドル、30年債230億ドルの入札が実施される。先月行われた30年債入札は260億ドルと過去最高額となる中、需要が低調だった。

 ジェフリーズ(ニューヨーク)の短期金融市場エコノミスト、トム・サイモンズ氏は「入札はリオープン(銘柄統合)となるため、市場での消化は一層困難が予想される」と述べた。

 週明け7日はレーバーデーのため休場となる。

 2年債利回り<US2YT=RR>は2.2bp上昇し0.1468%。2年債と10年債の利回り格差<US2US10=RR>は56.40bpと、前日から5.8bp拡大した。

株式 続落。しかし、取引終盤にかけて売りが和らぎ、主要株価3指数はこの日の安値から戻して終了した。

 ナスダック総合<.IXIC>は一時、2日に記録した過去最高値から最大9.9%下落。しかし、ハイテク大手のアップル <AAPL.O>、マイクロソフト<MSFT.O>、アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>、フェイスブック<FB.O>が終盤にかけて下げ幅を縮小する中、下げ渋る展開となった。

 ソフトバンクグループ<9984.T>がここ数週間の米国株の上昇局面で、オプション市場に多額の資金を投じたとの報道を受け、ハイテク優良株のバリュエーションが高すぎるとの懸念が深まった。

 チャールズ・シュワブのチーフグローバル投資ストラテジスト、ジェフリー・クレイントップ氏は「過去数日、とりわけ前日に弱含みの兆候が見られた後、ソフトバンクに関する報道は火に油を注いだ」と述べた。

 週足ではS&P総合500種<.SPX>が2.31%安と、6週間ぶりに下落した。ダウ工業株30種<.DJI>も1.82%安、ナスダックも3.27%安。また、ナスダックのこの2日間での下げは3月17日以来最大となった。

 この日の取引では、S&P総合500種<.SPX>の主要11セクター中、通信サービス<.SPLRCL>、一般消費財<.SPLRCD>、情報技術<.SPLRCT>の下げがきつかった。この日プラス圏で引けたのは金融<.SPSY>などの3セクターのみだった。

 S&P1500航空株<.SPCOMAIR>は1.85%高。

 投資家の不安心理を示すシカゴ・オプション取引所(CBOE)のボラティリティー・インデックス(VIX、恐怖指数)<.VIX>は午前の取引で約11週間ぶりの水準に上昇。その後は下げに転じた。

 個別銘柄ではアップルのサプライヤーで半導体大手のブロードコム<AVGO.O>が3%高。8─10月売上高見通しが市場予想を上回ったことが好感された。

金先物 米失業率の大幅な改善などを受けて売られ、3日続落となった。中心限月12月物の清算値(終値に相当)は前日比3.50ドル(0.18%)安の1オンス=1934.30ドル。週間では2.06%(40.60ドル)安となった。

米原油先物 エネルギー需要の先細り懸念が再燃する中、3日続落した。米国産標準油種WTIの10月物の清算値(終値に相当)は前日比1.60ドル(3.87%)安の1バレル=39.77ドルと、中心限月ベースで7月30日以来約1カ月ぶりの40ドル割れとなった。11月物は1.57ドル安の40.15ドルだった。

 ドル/円 NY終値 106.23/106.26 <JPY21H=>

 始値 106.17 <JPY=>

 高値 106.49

 安値 106.16

 ユーロ/ドル NY終値 1.1838/1.1842 <EUR21H=>

 始値 1.1846 <EUR=>

 高値 1.1854

 安値 1.1782

米東部時間

30年債(指標銘柄) 17時05分 97*20.00 1.4734% <US30YT=RR>

前営業日終値 100*27.00 1.3410%

10年債(指標銘柄) 17時05分 99*02.50 0.7213% <US10YT=RR>

前営業日終値 100*01.00 0.6220%

5年債(指標銘柄) 17時05分 99*24.00 0.3006% <US5YT=RR>

前営業日終値 100*02.00 0.2370%

2年債(指標銘柄) 17時05分 99*30.63 0.1468% <US2YT=RR>

前営業日終値 100*00.00 0.1250%

終値 前日比 %

ダウ工業株30種 28133.31 -159.42 -0.56 <.DJI>

前営業日終値 28292.73

ナスダック総合 11313.13 -144.97 -1.27 <.IXIC>

前営業日終値 11458.10

S&P総合500種 3426.96 -28.10 -0.81 <.SPX>

前営業日終値 3455.06

COMEX金 12月限 1934.3 ‐3.5 <GCv1><0#GC:>

前営業日終値 1937.8

COMEX銀 12月限 2671.2 ‐16.3 <SIv1><0#SI:>

前営業日終値 2687.5

北海ブレント 11月限 42.66 ‐1.41 <LCOc1><0#LCO:>

前営業日終値 44.07

米WTI先物 10月限 39.77 ‐1.60 <CLc1><0#CL:>

前営業日終値 41.37

CRB商品指数 149.6932 ‐0.7264 <.TRCCRB>

前営業日終値 150.4196

Photo_20200905081501

関連エントリ 2020/09/03 ⇒ 【11月米大統領選】✍コロナ対策&人種問題&米中摩擦&戦争犯罪疑惑etc.
関連エントリ 2020/08/30 ⇒ 【歴代最長7年8月在位】安倍政権とは何だったか<第2次内閣発足~辞意表明まで>

 

2020年9月 3日 (木)

【11月米大統領選】✍コロナ対策&人種問題&米中摩擦&戦争犯罪疑惑etc.

 NY株、半年ぶり29000台回復 過去最高値 

朝日新聞デジタル 2020年9月3日(木)8時46分配信

 2日の米ニューヨーク株式市場は、米景気回復への期待などから、主要企業で構成するダウ工業株平均が大幅続伸し、前日比454・84ドル(1・59%)高い2万9100・50ドルで取引を終えた。終値で2万9000ドル台を回復したのは2月20日以来、ほぼ半年ぶり。この流れを受けた3日の東京市場は日経平均株価も一時、前日終値より330円超値上がりし、取引時間中としては半年ぶりの高値を付けた。

 新型コロナの感染拡大により、ダウ平均は2月につけた2万9551ドルの最高値から、1カ月余りで1万8591ドルまで急落した。その後は、社会のデジタル化で潤うIT銘柄が相場回復を先導。米当局による財政・金融政策の下支えや早期のワクチン開発への期待も追い風に相場全体が押し上げられ、過去最高値までわずか450ドルに迫った。

 日経平均の午前の終値は313円86銭高い2万3561円01銭。次期首相の有力候補である菅義偉官房長官は2日の記者会見で、安倍政権の経済政策アベノミクスを「責任を持って引き継ぐ」と明言し、政策が継続されるとの見方も株価の下支えとなっている。

 2日の米ニューヨーク株式市場は、米景気回復への期待などから、主要企業で構成するダウ工業株平均が大幅続伸し、前日比454・84ドル(1・59%)高い2万9100・50ドルで取引を終えた。終値で2万9000ドル台を回復したのは2月20日以来、ほぼ半年ぶり。2月につけた過去最高値まで、わずか450ドルに迫っている。

 ハイテク株中心のナスダック市場の総合指数も同116・77ポイント(0・98%)高い1万2056・44で終え、史上初めて1万2000の大台を突破した。最高値更新は4営業日連続。

 米雇用サービス会社が2日発表した8月の雇用報告によると、非農業部門の民間就業者数は前月比42・8万人の増加。市場が見込んでいた増加幅(100万人前後)は下回ったものの、新型コロナウイルス感染が広がる中でも一定の景気回復が確認された。

 ムニューシン米財務長官は1日、最大で1・5兆ドルの追加経済対策を受け入れる準備があるとの姿勢を米議会に示した。市場では、与野党が追加対策で合意に達することへの期待も高まっている。

 新型コロナの感染拡大により、ダウ平均は2月につけた2万9551ドルの最高値から、わずか1カ月余りで1万8591ドルまで急落した。ただその後は、社会のデジタル化で潤うIT銘柄が相場回復を先導。米当局による財政・金融政策の下支えや早期のワクチン開発への期待も追い風となり、相場全体が押し上げられている。

 ただ、米国では依然としてリーマン・ショック以来となる雇用危機が続く。株価と実体経済の乖離(かいり)は、かつてないほど広がっている。

 連邦政府“来年度の負債70年ぶりにGDPえる 

WoW!Korea 2020年9月3日(木)11時56分配信

 米国の負債が第2次世界大戦以降で初めて来年の経済規模を越えるものと、米国のウォールストリートジャーナル(WSJ)が米議会予算局(CBO)の話を引用して2日に報道した。

 新型コロナウイルス感染症による経済の萎縮を防ぐための財政支出の増加と税収減少が、このような結果をまねくことになるだろうと分析された。

 CBOはこの日、今年10月1日から来年9月までの2021年会計年度における連邦政府の負債が21兆9000億ドルとなり、米国のGDPの104.4%に達するものと推測した。

 この予想通りであれば米国は、日本、イタリア、ギリシャなど、自国の経済を凌駕する負債の負担をもった少数の国々の隊列に加わることになる。

 このように米政府の負債がGDPを越えるのは、第2次世界大戦直後の1946年の106%の負債比率を記録して以降、70年ぶりのこととなる。

米連邦政府米軍捜査阻止狙い ICC検察官らを制裁

CNN.co.jp 2020年9月3日(木)11時19分配信

 米国務省のポンペオ長官は2日、国際刑事裁判所(ICC)の主任検察官など2人に対する制裁を発表した。米軍と米情報機関による戦争犯罪の可能性に関するICCの捜査を阻もうと、トランプ政権がこれまでで最も攻撃的な動きに出た形だ。

 制裁の対象となるのは、ICCのファトゥ・ベンソーダ主任検察官と、司法管轄部門トップのファキソ・モチョチョコ氏。さらに、米国の人員に対するICCの捜査にかかわった特定の人物についても、ビザ(査証)の発給を制限するとした。

 これに対し、ICCや人権団体、ICCが置かれているオランダの外相は、即座に米国の制裁を非難した。

 ICCは声明の中で、「国際司法機関とその職員に対して向けられた今回のような強権的行為は前代未聞であり、国際刑事裁判所ローマ規程、および一般的な法の支配に対する重大な攻撃に該当する」と指摘している。

 トランプ大統領は今年6月、米国人に対する捜査や訴追にかかわったICC関係者を対象とする制裁やビザ制限を承認していた。

 その数カ月前にICCは、アフガニスタンで米軍とアフガン軍が犯したとされる戦争犯罪と、反政府武装組織タリバーンが犯したとされる人道に対する罪に関する捜査を承認していた。ベンソーダ主任検察官は、イスラエルのパレスチナに対する犯罪の可能性についても捜査を求めていた。

 国際刑事裁判所(ICC)米国の検察官への制裁を非難 

読売新聞オンライン 2020年9月3日(木)11時58分配信

米国務省は2日、アフガニスタンでの米兵らによる戦争犯罪の疑いを巡る国際刑事裁判所(ICC)の捜査への対抗措置として、ICCのファトゥ・ベンソウダ主任検察官と幹部1人を制裁対象に指定したと発表した。米国内の資産が凍結され、入国査証(ビザ)発給も制限される。

 ポンペオ国務長官は2日の声明で、「ベンソウダ氏らの支援を続ける個人や団体は制裁対象となる多大なリスクを負うことになる」とし、追加制裁も辞さない姿勢を強調した。トランプ大統領が6月の大統領令で、捜査は米国の安全保障を脅かすなどとして、制裁を科すと警告していた。

 ICCは2日、「前例がなく、裁判所や法の支配への深刻な攻撃に等しい。ICCは権限に従い、世界の深刻な犯罪と戦う使命を堅持し続ける」と米国を非難する声明を発表した。ICCは3月、アフガン戦争に従事していた米兵や中央情報局(CIA)の要員が戦争犯罪に関与した疑いがあるとして、ベンソウダ氏による捜査に着手していた。

 国内問題優先の“バイデン政権問われる対中政策 

Wedge 2020年9月3日(木)12時11分配信

 今年の初めから始まった米国の大統領選挙であるが、新型コロナウィルスの感染拡大でそれどころではないという雰囲気も一時あったが、ここにきて、民主党の党大会がオンラインで開催され、正式にカマラ・ハリスが黒人女性初の副大統領候補に決定され、いよいよ11月の投開票に向け、大統領選挙の論戦が本格化することになった。

 論戦の主な議題は、経済、人種問題、新型コロナウィルス対策等、国内の諸問題に集中するだろうが、それでも、外交問題を無視するわけには行かない。二国間問題で最も注視されるのは、現在進行形の米中対立である。

 8月14日付のウォール・ストリート・ジャーナル紙は、社説で、米中の戦略的競争において、台湾が中心的課題であり、向こう4年以内に事態が緊張する可能性があるとして、両大統領候補に台湾への対応について具体的に説明することを求めている。

 米国の次期大統領が直面する最大の安全保障上の課題は、経済、技術、外交、軍事で米国の優位性を脅かすまでに台頭し、国際社会の秩序と制度を一方的に自国に有利な形で再構築しようと試みる、中国に対する政策である。この意味で、中国が英国との合意を無視する形で自由と民主主義を踏みにじってコントロール下に置こうとする香港を台湾の明日の姿になぞり、次期大統領候補に台湾への対応、換言すれば対中政策を明示するように、両大統領候補に迫る意味がある社説である。

 現在の米国は党派的対立、新型コロナウイルス感染、経済活動低迷、制度的人種差別など国内問題に明け暮れており、中長期的な戦略的思考を背景とした地政学的な国際問題への関心は低い。トランプ大統領が再選されれば、トランプ本人の利益を主眼とした「米国第一主義」が継続し、国際面ではレガシーを意識した「劇場型外交ショー」が主体になると思われる。

 バイデン候補が当選した場合には、激しく対立する米国民をまとめ、混乱する社会を再建し次世代の民主党政治家につなぐことが優先事項になると思われる。そもそも国際問題よりも国内問題を優先する姿勢はオバマ政権で明らかになっており、この社説が触れているようにバイデン候補が国際社会における米国の役割を積極的に推進した実績もない。

 中国に対する米国人の見方は悪化している。7月末のピューリサーチ調査では中国に否定的な見方をする米国人は73%に達した。オバマ政権で中国政策を担当した高官も、中国に対して融和的な姿勢を示したことが、中国から「米国の弱さ」と受け止められ、中国の武力誇示を伴う高圧的な地域政策の誘因になったと考えている。

 この社説でも触れられた国防長官候補のフロノイ元国防次官などは、地域における通常戦力の物量の視点からは中国が優位で、米国が非対称戦争を戦うことになると危機感を強めている。バイデン大統領候補とハリス副大統領候補が国内型の政治家である以上、大局的な視点から同盟国を重視して中国に対応しようとする、フロノイをはじめとした日本との親和性がある民主党系の人々との関係をこれまで以上に深める必要があろう。

Photo_20200903190401

関連エントリ 2020/06/28 ⇒ 【11月米大統領選】✍カトリック票が結果を左右する“選挙のジンクス”

自民総裁選主流派巡り争い激化、露骨な“二階派外し

西日本新聞 2020年9月3日(木)10時11分配信

 派閥に属さない菅義偉官房長官を自民党の5派閥がこぞって担ぎ、「派閥政治の復権」がささやかれる今回の総裁選。2日、菅氏支持をアピールした細田、麻生、竹下の3派会長の共同会見に、「菅氏優勢」の流れをつくった二階俊博幹事長率いる二階派は呼ばれなかった。次期政権発足を視野に入れた派閥間のさや当てがあらわになった形。二階氏も「怒っている」とされ、尾を引きそうだ。

「二階派と石原派は、既に菅氏支持を表明されている。だから(2日に支持を決定した)3派。主導権を争っているのではない」

 夕方。国会内で開かれた3派会見の席上、麻生派会長の麻生太郎副総理兼財務相は他の2派が同席していない点を問われ、木で鼻をくくったように答えた。

 実情は異なる。共同会見の発案は麻生派。菅氏陣営が走りだす上で「うちらが党内主流派で、反主流派じゃない。一発、けん制しておかないと」(麻生派幹部)との思惑から、露骨な二階派外しを仕掛けたのだった。

 かたや二階派もこの日朝、所属議員45人の署名を添えて菅氏に出馬を直接要請する場面をしつらえ、「主流派」を演出していた。共同会見の動きに対し、同派幹部は「そんなばかなことがあるか」とほえた。

 各派閥がけん制し合い、菅氏により多くの恩を売ろうとする駆け引きの先に見据えるのが、次期政権下での人事の厚遇だ。総理・総裁を頂点とする官邸主導の「安倍1強」が幕を下ろすのと同時に、鳴りを潜めていた派閥の権力闘争が息を吹き返しつつある。党内からは「5派も絡めば選対組織もまとまらない。勝っても『派閥の意向に強く配慮せざるを得ない総裁』になるのは間違いない」(衆院中堅)との声が出ている。

アベノミクス終焉が齎すのは株安株高

MONEY PLUS 2020年9月3日(木)6時10分配信/広木隆(マネックス証券)

 8月28日の金曜日、安倍首相辞任の速報が流れると株価は急落し、日経平均の下げ幅は一時600円を超える場面もありました。

 夕方からの首相の記者会見を控え市場の一部には首相辞任に対する警戒感はありましたが、取引時間中に報道が伝わったことはまさにサプライズでした。市場の反応が大きかったのは、そうしたサプライズに加えて、「アベノミクスの終焉」を否定的に受け取ったからでしょう。

 市場にはアベノミクスの「3本の矢」の印象が強く残っています。大胆な金融政策、機動的な財政政策、そして成長戦略。この3本の矢でアベノミクス実質初年度の2013年には日経平均は50%以上も値上がりし、歴代4位の上昇率を記録しました。そのアベノミクスが終わって、この先はどのような政権が生まれるのか、という不透明感から株安になったのです。

週明けには落ち着きを取り戻した東京株式市場

 東京の株式市場は安倍首相の辞任表明を受けて急落しましたが、その夜の米国株市場は冷静でした。米国株市場ではナスダックは反発して最高値更新、S&P500は7日続伸して最高値更新、ダウ平均は3日続伸で、2月21日以来、6カ月ぶりに昨年末終値を上回り年初来のリターンがプラスに浮上しました。

 FRBは臨時の米連邦公開市場委員会(FOMC)で「当面の間は2%を上回るインフレ率を目指す」政策へのシフトを決定しました。足元の低金利環境が長期化することを株式市場は好感したのです。

 こうした米国株の上昇もあって週明けの東京株式市場は大きく反発しました。日経平均は先週末の下落(終値で300円強の値下がり)をほぼ取り戻してしまいました。菅官房長官が総裁選に出馬する意向と伝わったことで安倍政権の政策が継続するという期待が高まり、一時は460円近く上昇する場面もありました。その後は総裁選の行方を見定めようと相場は小康状態になりました。こうして、安倍首相辞任で急落した市場は短期間で落ち着きを取り戻しました。

 報道直後は600円を超える急落となった株式相場が短期間で落ち着いたのは、週末を挟んで安倍首相の辞任という事態に対する整理が進んだということもあるでしょう。

株高はアベノミクスの成果ではない

 冒頭で「アベノミクスの終焉」が否定的に受け取られたと述べましたが、アベノミクスで株があがったのは1年目だけです。そしてそれはアベノミクスのおかげ、というよりグローバル景気の回復に助けられた面が大きいと思われます。

 グローバル景気が底打ち反転し、第二次安倍政権が誕生した2012年12月には日本の景気も底を打ちそこから景気回復が始まっていました。東日本大震災~民主党政権末期の停滞感のあとに訪れた景気回復であったため、世の中の雰囲気も相場も一気に祝祭的なムードに包まれました。それがアベノミクス1年目のインパクトを大きなものにした背景だったのです。

 日銀の異次元緩和が相場の上昇要因になったことは否定できません。しかし、明確な株価の押し上げ要因になったのは「黒田バズーカ2(2014年10月に実施された日銀による量的緩和)」あたりまでではないでしょうか。その後も金融緩和はずっと続いていますが8年弱の安倍政権時代で株価は乱高下を繰り返し近年はずっと同じようなレンジにとどまっています。

 金融緩和は株価上昇の要因ではあるものの、常に相場を押し上げたり安定化に寄与するものではないということです。さらに言えば、金融緩和はいまや世界的に行われていて日銀の専売特許ではありません。FRBが一段と踏み込んだ緩和策をとっている以上、日銀独自の政策変更余地も限られそうです。

 こうみてくるとアベノミクスが終わるといっても、アベノミクスによって支えられて今の相場があるわけではないので、それほど悲観的になることはないのです。

構造改革こそ株高への道

 アベノミクス「3本の矢」に話を戻すと、金融政策や財政政策は景気対策です。金融を緩和したり財政を出動させたりして景気を刺激するものです。それは短期的な景気循環を加速させたり落ち込みを軽減したりするには役立つでしょう。

 しかし日本経済の潜在的な成長率を高めることにはつながりません。それは成長戦略の役目です。成長戦略とは構造改革です。短期的な景気対策ではなく、日本経済の基礎体力を底上げするような改革です。既得権益にしがみつくひとたちを排除し、岩盤規制を打破するなど規制緩和を進め、産業の新陳代謝を促す。日本経済の活力を高める改革が期待されていました。そんな大仕事は多大な労力と時間を要するため長期政権でなければ成し得ないことです。

 安倍政権は憲政史上最長の政権になりました。本来であればもっと構造改革を進められたはずでした。単に「アベノミクスの終焉」を嘆くより、重要な課題が未完のままアベノミクスが終わることを嘆くべきです。

 いや、過去を嘆くより次の政権に期待しましょう。アベノミクスの負のレガシーを引き継ぐ次の政権が構造改革を進められるなら、日本経済の活力が高まり、その時こそ持続的な株高の時代が到来するでしょう。

 日経平均コロナ急落前を上回る終値2万3465円 

朝日新聞デジタル 2020年9月3日(木)15時11分配信

 日経平均株価の3日の終値は前日より218円38銭高い2万3465円53銭と、新型コロナウイルスの感染拡大による急落前の2月21日の終値(2万3386円74銭)を上回った。2月20日以来の高値となる。

 前日の米株式市場は、景気回復への期待などから、主要企業で構成するダウ工業株平均が大幅続伸。東京株式市場もこの流れを受け、午前中から「買い」の動きが広がった。

安倍晋三真価とは?日本はあまり愛されなかったリーダーを懐かしく思い出すかもしれない

Newsweek日本版 2020年9月3日(木)17時53分配信/Foreign Policy Magazine

米中との関係を改善しつつ同時にバランスを取る離れ業をやってのけた安倍に代役はいない。また首相が次々に入れ替わる回転ドアの時代に逆戻りするのか

 日本の安倍晋三首相は8月28日に辞任を表明し、歴代最長政権の幕を引いた。在任中の安倍は世界第3位の経済大国を一定の成長に導き、トランプ米大統領と特別な関係を築き、強大化する中国を意識して防衛力の増強に努めた。

 突然の辞任表明は側近にとっても驚きだった。同盟国アメリカと最大の貿易相手国である中国との対立が激化するなか、日本の将来は不透明さを増すことになる。

「大きな穴が開いたことは確かだ」と、富士通総研経済研究所のマルティン・シュルツ上席主任研究員は指摘する。「内政面では、安倍の安定重視のポピュリズムを引き継ぐ人物は今のところ見当たらない。外交面でも、米中との関係を改善しつつ同時にバランスを取る離れ業は、ほとんど誰にもまねできない」

 2012年に首相に復帰して以降、安倍は新しい薬で持病の潰瘍性大腸炎を抑えてきたが、新型コロナウイルス対策にほぼ無休で忙殺されるなかで症状が再発したという。ただし、国民は政府のコロナ対策をあまり評価していない。最近の世論調査では、58%が不満と答えている。

 経済面では、安倍は公約を全て果たしたわけではないが、実際に成果を上げたと言える。「アベノミクス」はまずまずの成功を収めた。日本経済はプラス成長に戻り、長いこと経済の足を引っ張っていたデフレスパイラルにも歯止めがかかった。

 最も成功したのは金融政策だ。安倍が起用した日本銀行の黒田東彦総裁は、従来の経済理論では制御不能のインフレを招くとされていた大規模金融緩和を断行。マイナス金利の導入にも踏み切るなど、時代を先取りする手を打った。

 だが、それ以外のアベノミクスは大成功とは言い難い。規制改革はある程度進んだが、脚光を浴びることはなく、ここ数年は安倍にも強い熱意は感じられなかった。

 一方、2016年米大統領選への対応は安倍外交の明らかな勝利だった。安倍は民主党候補のクリントン前国務長官が優位とみて選挙前に会談する一方、共和党候補のトランプにも接触を図り、トランプの当選後に外国首脳としていち早く会談した。

 アメリカが環太平洋諸国の貿易協定TPPから離脱したことは、中国封じ込めという点ではトランプ最大の失敗とも言われるが、安倍はアメリカ不在のなかで他の国々をまとめ、11カ国のTPP(CPTPP)を誕生させた。EUとの間でも日欧EPA(経済連携協定)締結にこぎ着けた。

 安倍にとって最大の心残りの1つは、国際紛争を解決するための武力行使を放棄し、戦力の不保持を定めた憲法を改正できなかったことだろう。安倍は多くの前任者と同様、この憲法上の制約を取り除こうとしてきた。

首相が次々に入れ替わる時代に逆戻り

 第2次大戦後の占領下にアメリカ人の手で草案が起草された現行憲法は、これまで一度も改正されていない。この事実は長年、「普通の国」への回帰を目指す自民党内の保守派をいら立たせてきた。

 安倍の辞任表明で、今後の注目は後継者選びに移る。候補者はいずれも自民党内の有力者だが、日本の首相はさしたる印象も残さないまま短期間で次々に入れ替わる「回転ドア」の時代に逆戻りする可能性も十分にある。

 そうなったとき、日本は懐かしく思い出すかもしれない。世界が機能不全に陥った時代に日本を合理性のモデルとして世界に示すことに成功した、あまり愛されなかったリーダーのことを。

 朝日新聞世論調査「安倍政権評価する71 

朝日新聞デジタル 2020年9月3日(木)22時30分配信

 朝日新聞社が2、3日に実施した世論調査(電話)で、第2次安倍政権の7年8カ月の実績評価を聞くと、「大いに」17%、「ある程度」54%を合わせて、71%が「評価する」と答えた。「評価しない」は、「あまり」19%、「全く」9%を合わせて28%だった。

 第1次政権時、安倍晋三首相が辞任を表明した直後の2007年9月調査でも同様の質問をしているが、当時は「評価する」が37%で、「評価しない」の60%の方が多かった。

 安倍首相の政策の中で、評価する政策を選んでもらうと、「外交・安全保障」の30%が最も多かった。「経済」24%、「社会保障」14%、「憲法改正」は5%だった。「評価する政策はない」は22%だった。

 

2020年9月 2日 (水)

【半沢直樹】コロナ禍の過酷な撮影日程✍「第8話」放送延期

 半沢直樹放送延期、生放送で恩返し!コロナ禍で撮影遅れ… 

デイリー 2020年9月2日(水)5時00分配信

 TBSは1日、全話で平均世帯視聴率20%超えと快進撃を続ける俳優・堺雅人(46)主演のドラマ「半沢直樹」(日曜、後9・00)が、新型コロナウイルスの影響による撮影の遅れで、6日放送の第8話を翌週の13日に延期すると発表した。社外制作スタッフの感染や撮影場所の使用禁止など不測の事態が重なり、スケジュールが圧迫されていた。6日は「キャスト、スタッフが一丸」となって、超異例の1時間の生放送に変更となった。

 最新話が平均世帯視聴率24・7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と絶好調な半沢の前に、またコロナが立ちはだかった。6日に放送予定だった第8話を1週間後の13日に延期。TBSは、新型コロナウイルスの感染拡大により、制作スケジュールに大きな影響が出たためと説明した。

 同局広報部によると、8月中旬に社外制作スタッフが感染し、撮影が3日間ストップ。保健所の判断では濃厚接触者はいなかったが、万全を期すため少しでも可能性のあるキャスト、スタッフはPCR検査を受け全員が陰性だったという。

 コロナ禍にあって、撮影場所の確保も困難をきわめた。予定していた撮影場所が直前に使用できなくなるなど調整は難航。「半沢」らしい、重厚な雰囲気のあるロケ場所を新たに探し出すのは容易でなく、スケジュールが押していった。

 撮影に際しては検温、消毒を徹底。本番以外はマスク、フェースシールドを付け、メーク直しに時間がかかるなど、放送関係者は「以前より撮影に2割くらい時間がかかる印象」と明かす。特に「半沢」は大人数のエキストラを投入し、迫力ある画面を作り出す“密”な手法を持ち味としており、より影響を受けていると見られる。

 平成最高の視聴率を記録したお化けドラマの7年ぶり続編。満を持して4月クールに登場するはずだったが、コロナで放送開始が3カ月ずれ込んだ。再び影響を受けることになったが、6日は高い熱量で待ち続ける視聴者へ「恩返し」とも言うべき生放送を届ける。

 詳細は明かされてないが「『半沢直樹』のキャスト・スタッフが一丸となって、1時間の生放送をお届けします」と同局。ピンチをチャンスに。「倍返し」するかのような超異例の生特番が注目される。

半沢直樹』現場で起きた変化 堺雅人は感染予防で個室に籠る

女性自身 2020年9月2日(水)6時33分配信

「主演の堺さんからペットボトル入りのコーヒーの差し入れが定期的にあるのですが、クーラーボックスでキンキンに冷やしていても、毎回昼過ぎには溶けてしまうんです。暑さだけでなく現場の熱気が半端ないんです!」(ドラマ関係者)

 毎週、視聴率20%以上を記録する国民的ドラマ『半沢直樹』(TBS系)。主人公の堺雅人(46)演じる半沢直樹がキャラの濃い敵役に“倍返し”するストーリーは第2幕の帝国航空編に。さらに緊迫感あふれる舞台裏秘話を一挙公開!

「今回の『半沢直樹』も、基本的に半沢の周りには敵役が多く、堺さんは共演者との距離を保って緊張感が緩まないよう、不必要に接することは避けているそうです。役に入り込むと抜けないそうで、現場にいるときはずっと堺さんは“半沢直樹”です。控室で『半沢さん、間もなく本番です!』と声をかけているスタッフもいます」(前出・ドラマ関係者)

 新型コロナにより、一時撮影を中止していたが、士気には全く影響がなかったという。

「撮影は今春から始まりましたが、新型コロナの感染拡大で中断。その間、共演者やスタッフは、グループLINEで定期的に連絡を取り合って、“チーム半沢”の連帯感を保つようにしていたそうです」(芸能プロダクション関係者)

 前作に引き続き、今回もNGはほとんどないという。

「前作から堺さんはセリフ覚えが完璧で、NGを出すことはありません。その評判が事前に伝わっていて、ゲストで来てくださるキャストの方々も気合の入り方が違い、NGはほとんどありません」(テレビ局関係者)

 前出の芸能プロ関係者は言う。

「堺さんは前作では本番が終わっても控室に戻らず、ずっとスタジオでほかの出演者が出ているシーンを見ていることが多かったんです。しかし、今回は自分の出番が終わると、早めに控室に戻るようにしています。感染予防のため、本番以外では人と接する時間を減らすよう指示を受けていると聞いています」(前出・芸能プロ関係者)

『半沢直樹』の出演者は至近距離で濃厚な演技合戦を繰り広げる。そのため、収録時は徹底的な感染防止対策がとられているという。

「スタジオ入りする際に、壁に貼りだされている、“消毒衛生チェックシート”を確認するように求められます。《消毒液で手指を消毒したか?》《マスクや衣服は清潔か?》《靴裏を拭いたか?》《不要不急の会話を近距離でしていないか?》《物を手渡ししていないか?》こうした項目が10項目あるんです。同時に『体調チェックシート』も貼られていて、局が設けている基準よりもはるかに厳しいと聞いています。出演者もスタッフも守ろうという『チーム半沢』の強い覚悟がうかがえます」(前出・芸能プロ関係者)

 半沢直樹』どころじゃない! 今どき企業社内派閥みどろバトル 

PRESIDENT Online 2020年8月28日(金)16時16日配信

 ドラマ「半沢直樹」(TBS系)が絶好調だ。人事ジャーナリストの溝上憲文氏は「ドラマ内では失脚した社員は出世競争に敗れ、出向させられていますが、現実はさらに厳しい。コロナ不況で9月以降、出向・転籍、希望退職者募集などでリストラを始める企業が増えそうです」という――。

「半沢直樹どころじゃない」イマドキ企業の出向・左遷・社内派閥

 ドラマ「半沢直樹」(TBS系、日曜夜9時)が高視聴率を維持している。

 ドラマはメガバンクの陰湿な派閥争いに巻き込まれた、堺雅人演じる主人公・半沢直樹の出向からストーリーが始まる。ドラマの出向は出世競争に敗れた人、あるいは不祥事の責任をとらされた片道切符の左遷というイメージだが、確かに昔の銀行はライバルを蹴落とすための出向もあった。

 大手銀行の元人事部長からこんな話を聞いたことがある。

 「部長・役員レースになると、陰湿な手口を使って相手を蹴落とすための暗闘もある。たとえば、以前は上司と部下の良好な関係を築いていても、部下が自分の地位を脅かすような存在になると、平気で部下を追い落とすことも珍しくない。よく使われる手口が出向だ。上層部に『あの会社を再建できるのはA君しかいません』と上申し、銀行内から追い払う。あるいは、過去の懲戒記録を調べて、社外で酒に酔って他人とケンカし、警察沙汰になったことの噂を流して出世の芽をつぶし、出向させたこともあった」

 まさにドラマを地でいくやり方だが、今の銀行は低金利下で生き残りに必死であり、内部で暗闘を繰り広げる余裕もなくなっている。

 蹴落とす手段に使われる出向先の関連会社や取引先も経営的にゆとりがなくなり、特に無能な人間ほどやんわりと受け入れを拒否されるという話もしばしば耳にする。今では銀行も以前ほどの力を失っている。

現実のビジネス社会でも半沢直樹タイプが本社に復活できる

 また、出向は左遷というイメージがあるが、一般的な出向は必ずしもそうではない。

 上位の役職で子会社に出向させて経営術を学ばせる人材育成の出向もあれば、新規事業会社の現場で修羅場を経験させて本人の実力を見極める出向もある。特に総合商社の事業会社への出向はその傾向が強い。

 仮に社内の出世競争に敗れて子会社に出向しても復活のチャンスもある。復活のためには、出向先での仕事の評価が大きく影響するが、情報通信会社の人事部長は2つのタイプに分かれると語る。

 「上のポストを狙っていた課長職の社員が子会社に飛ばされると誰しもショックを受ける。ただ、子会社に行ってもそのショックを引きずって腐ってしまう人と、気持ちを切り替えて目の前の仕事にコツコツと取り組む人の2つに分かれる。腐ってしまうと、子会社でも斜に構えたような態度になり、全力で仕事に取り組むことがなくなり、二度と復活することはなく、子会社でもお荷物になっていく。一方、新しい仕事でも前向きに取り組み、しっかりと業績を上げていく人は子会社での信頼が厚くなるだけではなく、本社でも『あいつは子会社に出されても、なかなか打たれ強い』と評価され、本社に戻されることもある」

 後者のタイプは出向先でもめげることなく活躍する半沢直樹に似ている。

 大事なことは、どんな不遇な環境に追い込まれても、新たに出直す覚悟と努力を絶やさないことだ。組織も人間社会だ。腐ることなく真面目に仕事をしていれば拾う神もいるということだ。

コロナ禍で9月以降、出向・転籍や希望退職募集に踏み切る可能性が

 ただし昨今は、コロナ禍の企業業績の悪化によって徐々にリストラ圧力も高まりつつある。大手サービス業の人事部長は「9月の中間決算を見て、出向・転籍や希望退職募集などの人件費削減に踏み切る可能性がある」と言う。出向どころか、クビになってしまうかもしれないのだ。

 「減収減益になるのは間違いない。人員調整を行う場合、経営会議で余剰人員数を確定し、人事部として最初に出向・転籍の受け入れ先と人員数を確保する。それでも足りない場合は希望退職募集を行う。今年の秋から対象者の選別を実施し、来年1月には社内向けに発表することになるかもしれない」(人事部長)

 ちなみに出向は会社の業務命令であり、逆らえないが、転籍は他社に移籍するために本人の同意を必要とする。

退職勧奨を受けたものの固辞した50代事務機メーカーの事務職のケース

 希望退職募集も応募する・しないは本人の自由だが、会社から退職勧奨を受けても固辞する場合、自分の意に反した会社への出向を命じられることもある。

 以前、大手事務機メーカーの事務職のある50代の社員が退職勧奨を受けたものの固辞した。その結果、物流子会社に出向を命じられた。

 子会社での仕事は事務作業ではなく、経験のない製品の運搬作業を命じられ、精神的・肉体的にも追い込まれた。

 会社としては自ら辞めるようにわざと配置したふしがある。このケースでは、結果的に社員が裁判に訴え、出向は「会社の権利濫用で無効」と判断で復職することができたが、裁判まで持ち込む勇気がなければ泣き寝入りせざるをえないのが実態だ。

特定の社内派閥に属すことで、逆に飛ばされるリスクが高まる

 ではこうした悲劇的な出向を回避するために、社内に派閥があれば上司に媚を売って特定の派閥に属することは身を守ることになるだろうか。ドラマ「半沢直樹」では一部の取締役や社員の中に、派閥に属することで出世が早まり、いざというときのリスク回避にも役立つ場面も描かれている。

 確かに部長や役員に忠節を尽くせば、出世が早まることもあるかもしれない。しかし、逆にリスクも大きい。M&A(合併・買収)でライバル会社に吸収された製薬会社の人事部長はこう語る。

 「合併によって大幅な役員の交代が実施された。将来の社長候補と目されていた役員が子会社に異動した結果、取り巻きの部長・課長たちも子会社に飛ばされ、次々と失脚していった。実質的に吸収した側の企業は合併後の人事の障害となる派閥を真っ先に狙い撃ちにする。合併に限らず、今の時代は業績不振に陥ったり、ビジネスモデルが変わったりすれば、たちまち派閥のトップの役員が外され、ぶら下がっていた幹部もどうなるかわからない時代だ。派閥に入ることは同時にリスクも抱えている」

 こう語る人事部長はどの派閥にも属していなかったが、それでも合併後に降格された。

 だが、与えられたミッションを全力で取り組み、その成果が認められて今の地位(人事部長)に返り咲いた。この部長は「定年まで生き延びていくために大事なことは、社内の生々しい人脈づくりよりも、利害を超えた社外の人脈をつくることだ。そのつきあいを通じて自分の能力レベルがどのくらいなのかを知ることができるし、社外の人脈を通じて仕事に活かすなど自分を磨くことが生き残るための賢い選択」とアドバイスする。

コロナ後のM&Aで、会社ごとすっぽりとのみ込まれてしまう

 コロナ不況は始まったばかりである。今回の不況は単なるリストラだけで回避できるものではなく、「3密」産業の衰退と3密回避のビジネスへの移行が発生し、今までにない産業の再編が取り沙汰されている。

 新たなビジネスモデルに移行できない企業は倒産、もしくは他の企業に飲み込まれるM&Aも増加すると見られている。当然、その大波に翻弄されるのは従業員である。

 頼みにしていた上司にすがることはできないばかりか、会社ごとすっぽりと大きな渦にのみ込まれてしまうかもしれない。

 状況は異なるが「半沢直樹」でも似たような場面が登場している。たとえ危機に直面しても揺らぐことのない理想を持ち、決して諦めない覚悟と努力を惜しまないことがいかに大事かをドラマは教えてくれる。

 お前ら人権ない何故ヤクザの生活はしくなったのか 

文春オンライン 2020年8月23日(日)6時01分配信

 新宿歌舞伎町の通称“ヤクザマンション”に事務所、そして大阪府西成に居を構え、東西のヤクザと向き合ってきたからこそ書ける「暴力団の実像」とは――

「完全に同化してますねぇ」

 暴力団との距離のとり方はことほどさように難しい。

〈ヤクザっぽくならないように……〉

 私はいつもそう意識している。外見も内面も、彼らと同化してはまずい。マル暴の刑事が本物以上にヤクザっぽい雰囲気を纏っているように、ヤクザ記者がヤクザのような風貌になってはシャレにならない。

 同業者にはヤクザっぽい人が多いように感じる。外見はそうでなくても、話し方が尊大になったりする。暴力という力を持ったヤクザと付き合っているうち、自分が強くなったような錯覚に陥るのだろう。最初は真面目そうだった編集者が、アウトロー雑誌を作っているうち、段々とそれっぽくなってきた実例はたくさんある。

 常に意識していても、人から「それっぽい」と言われてしまうときもある。

 北九州市の女子大学の教授を取材したときのことだ。この人は広島出身のプロボクサーが、肉親が所属していた暴力団抗争に巻き込まれていく様を丹念に調べて出版していた。その人物を暴力団側から再検証しようと考え、取材先の紹介と写真提供をお願いしていたのだ。大学という場所を考え、きちんとした格好で行こうと考えた。池袋の西武デパートでヨウジヤマモトの黒いスーツをローンで買った。暴力団相手に黒は避けているが、一般人になら問題ないと思った。

 教授は冷淡だった。

「ヤクザばっかり取材している人はそれっぽいねぇ。黒いスーツなんてヤクザそのものだよ」

 教授の見解程度なら、笑ってすますこともできる。黒いスーツ=暴力団だなんて、乱暴すぎだ。しかし、当の暴力団から指摘されると完全に意気消沈する。先日、ある親分の運転手から、「完全に同化してますねぇ。いつかヤクザと間違えられて撃たれますよ」と言われた。彼らにとっては仲間意識と友好関係を示した親愛の情かもしれないが落ち込む。自分では気づかぬうちに調子に乗っているのかもしれない。そんな部分があるならもっと強く意識しなくてはならない。

暴力団と付き合うことで死生観が狂っていく

 感覚が麻痺してしまった部分はあるだろう。たくさんの暴力団が集まっている義理場で、写真を撮るため、ためらいなく前に出られるのも、頭のどこかが麻痺したせいだ。

「ここだけの話……」

 と、日常的に犯罪行為の話を聞いているので、たとえば殺人事件に対する感覚も、一般的ではないはずである。私の携帯電話には17人、抗争で殺された暴力団員の電話番号がメモリーされている。自殺した人間を含めると、その数は3倍近くに跳ね上がる。たとえわずかな回数しか話していなくても、あくまで取材の相手でも、たたずまいを記憶している人間が殺されるという事態は、否応なく私の死生観を狂わせる。

拘置所での面会

 留置所や拘置所、果ては刑務所まで面会に行くので、こうした空間を異次元の場所と捉えることもなくなった。刑務所での面会は身分帳に名前を記入した人間以外できないが、たぶん、20人近くの身分帳に私の名前が載っているだろう。もっとも悲しいのは拘置所での面会だ。ションベン刑と言われる短期にせよ、長期服役にせよ、刑務所に入ってしまえば娑婆に出られる日は分かっているから、その点、当事者も吹っ切れている。

 拘置所に面会に来る人間たちをみても、複雑な心境になる。

 先日、大阪拘置所に面会に行った。ここは別名“リバーサイド”と呼ばれる。川のすぐ脇にあるからで、側には高層マンションが建ち並ぶ不思議なエリアだ。

 入口にある無料のロッカーに携帯電話やカメラ、ICレコーダーをしまい、金属探知を通って待合室に向かう。待合室には真っ青なセルロイドでできた羽根の、東芝製の古い扇風機が設置されていて、夏場はそれが首を振りながらうなり声をたてている。

 待合室には、一目で暴力団関係者と分かる人間も多いが、その恋人や家族もたくさんいる。先日、リバーサイドの待合室でみかけた老夫婦のおじいさんは、杖をつきながら宅下げ(金品を持ち帰ること)・差し入れの窓口を探してウロウロしていた。朝早い面会だったからか、スーツ姿のサラリーマンや、作業服を来た男性たちもいた。

子連れで刑務所へ面会に来る家族

 目立つのは子連れの女たちだ。この日はスカジャンに金髪のポニーテールの若いママが、5、6歳くらいの男の子を連れていた。赤ちゃんを連れた女性も少なくない。だから面会室の入口のすぐ横にはベビーベッドがおいてある。

 待合室の中央には2本の太い柱が建っていて、面会室側のそこにはマガジンラックが設置されている。そこにあるのは子供向けの絵本ばかりで、ボロボロになった『シンデレラ』や『不思議の国のアリス』が置いてあった。たしかにここは不思議の国だろう。しかし、子供たちにその自覚はない。パパに会える場所、遊園地と変わらない気分のはずだ。

 自分が好き勝手なことをするのはいい。刑務所に入るのも自己責任だ。しかし、家族がいるなら、なにより子供までいるのなら、もうちょっと他の生き方は出来ないのだろうか。

 死刑囚が収容されているのも拘置所である。彼らは刑の執行――自分が殺されるために収容されているので労役もなく、服装も自由に選べる。大抵の死刑囚は、面会のときもスーツ姿で現れる。話す内容は毎回、ほぼ一緒だ。希望を失わず、死刑が執行されるその日まで、しっかり生きてくれ、というしかない。面会を重ねるうち、どんどん情が移ってくる。無残にも殺された被害者のことを思い出しなんとか我に返る。

暴力団は斜陽産業

 最近では暴力団の意識も変化してきた。大阪の末端組員たちのように、我々が自分たちをネタにして金を稼いでいると分かり、様々な要求をしてくるのだ。インタビューなら事前に原稿をチェックされても仕方ない。が、他団体の原稿まで検閲したいと言ってくる。

 当然断るが、そのとき暴力団は「今後出入り禁止にする」と圧力をかけてくる。組織名を一切使うな、と要求してくる組織もある。福岡県警がコンビニエンスストアに、要請という形で暴力団雑誌の撤去を行ったのと同様に、恐喝のプロだけあって、一切、恫喝めいた言葉はない。ホテルなどに呼ばれるときも、部屋を閉め切らず、強要にならないよう細心の注意を払っている。

 こうした要望は暴力団の取材許可で成り立っている雑誌にとって、強制に近い意味を持つ。いつだったか、溝口敦が「取材拒否になっても他の分野がある」と書いていたが、暴力団のみに依存していては、この要求を呑むしかない。専門分野に特化した分、取材対象との関係を良好に保っていなくてはならないという負い目がある。今のところ、私個人は「実話誌にはそういった圧力をかけられても、一般誌には同じことを言わないはずだ。そこからの依頼なら書きます」と突っぱねてはいるが、現実には暴力団専門誌がなくなった時点で私の生活は破綻する。

「知っていること」と「書けること」の相克

 また同じ組織に10年も出入りしていれば、否が応でも深刻な内部対立が分かってしまう。実際は友好的な儀式であっても、当事者たちは私がそれを書かないと信じているから、ぶっちゃけた内容を話す。深層を知った上で、上っ面だけの記事を書くのは精神的に大きなストレスとなる。関東の某団体は、親分と決定的に反目しているが、取材の際は「一枚岩の団結」と書かねばならない。

 今後の身の振り方を考えていたところ、最近、考えさせられる事件が立て続けに起きた。一つは外国人記者が、暴力団のスキャンダルを暴いたときだ。

 彼はパイプ役となったネタ元や、当事者団体から、私が何度も言われたように「殺す」という恫喝を受けていた。その対策として彼は警察に相談して、身辺警備をしてもらったり、高額な日当を払ってボディガードを雇った。外国人は暴力団に過剰な幻想を持っている。これまでの自身の経験からすれば、それは単なる脅しで、真に受ける必要はまったくない。

 ただ、私は彼がやったように、暴力団にとって圧倒的に不利な事件を暴き立てたことはない。溝口の例をみても分かる通り、記者が暴力団から攻撃されない、という保証はどこにもない。

「ヒットマンって誰ですか?」

「○○って言ってました」

 私は名前の挙がった当人と交流があった。直接話を聞き、「そんな意味のないことなんてしない」と言われたが、それを本気にしていいものか自信はない。

 記者の恐怖心を増幅させていたのは、刑事たちだった。

「そりゃあ他の暴力団なら心配ないでしょう。でもあの組織は危ない」

 感覚がずれているのは私かもしれないのだ。

「ヤクザに戻ってもどうしようもない」とこぼす元幹部

 その後、山口組を破門になった幹部が、今度は家族ぐるみで上京してきた。最初、他団体の知り合いから電話があって、「追われているから助けてやってくれ」と、一切を突然丸投げされたのだ。過去の経験から自分の家に住んでもらうことはしなかった。ただ私が保証人になってアパートを借りる必要があった。知り合いの会社になんとか潜り込んでもらい、彼はいま、月給25万円で会社社長の運転手や雑用をしている。彼はしばらく「いずれヤクザに戻りたい」と熱意を持っていたが、最近はずいぶん考えが変わったようだ。

「もう暴力団じゃ食えない。カタギでやっていきたい。知り合いのマル暴からも、『いまヤクザに戻ってもどうしようもない』と言われる。昔の仲間たちも同じことを言ってる」

 元幹部がこぼすように、暴力団という職業は斜陽産業である。

 コンピューターの普及で、大打撃を被った業種のように、社会が整備されて来るにつれ、暴力団の存在価値は薄らいでいる。暴力団も調子に乗りすぎた。豪邸に住み、高級車を乗り回し、ホテルのロビーを我が物顔でのし歩くアウトローを、社会が許容するわけがない。

現代の暴力団は一種の社会的弱者

 いまや暴力団は一般的な生活を送るのも困難となった。銀行口座は作れない。新車も売ってもらえない。カメラ店でのプリントさえ拒否される。葬儀会場を貸してくれるところもない。理解しがたいかもしれないが、暴力団は一種の社会的弱者なのだ。

 実際、暴力団取り締まりの現場はなんでもありと言っていい。警察に拍手を送りたくなる事件がある反面、明らかに強引に事件化したと思われるものも目立つのである。

 大阪日本橋の電気街で、200万円ほどの買い物をした山口組二次団体幹部は、「ちょっとくらいまけてぇな」との言葉を「恐喝」と判断され、警察から厳重注意(中止命令の一歩手前)をうけた。山口組の某直参組長は、200万円の大金をかけて入れたインプラントの噛み合わせが悪く、「ちょっと具合が悪いんやが……」と言ったため、歯科医から警察に通報され、新聞沙汰になった。なんだかマンガのような話だが、警察も暴力団にははっきり「お前らに人権はない。カタギがやるのはいいが、お前らは駄目や」と通告するという。

◇◇◇

「もうヤクザの時代じゃない」

 もちろん暴力団という属性は、自らの意志によるものであり、つまりは自業自得である。暴力団を辞め5年経てば、建前上、一般人と同じ権利を得られるのだから、これが差別にあたると考えるのは妥当ではない。

 全国に広がる暴力団排除条例制定の流れは、もはやとめようがない。第一章でも取り上げたように、2007年4月20日、神奈川県相模原市内の路上で極東会系組員が殺人事件を起こし、自宅である町田市の都営アパートに立て籠もった事件が発生すると、すでに公営住宅へ入居していた暴力団員に対し、住宅の明け渡しを要求する事例が相次いだ。このとき問題となったのが、日本国憲法第14条の第1項だった。

「すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない」

 暴力団という特定の団体に所属しているだけで、公営住宅を追い出されるのは、本来、憲法に違反していると考えることもできる。これを巡って広島県広島市では裁判が起きた。明け渡しに応じない組員に対し、広島市側が訴訟を起こしたのだ。2008年10月21日、広島地裁は組員に明け渡しを命じたうえ、憲法14条にも触れた。

「地方自治法の該当条項に照らせば、市営住宅の適正な供給とその入居者ないし、周辺住民の生活の安全と平穏の確保という観点から、暴力団であることを理由として市営住宅の供給を拒絶することは相当であって不合理な差別であるということはできない」

暴力団に「最低限度の生存権」はあるのか?

 この判例は広く全国のスタンダードとなり、『広島市営住宅判例』と呼ばれるようになった。最高裁まで争ったわけではなくとも、この判例が覆される可能性は少ないと思われ、暴力団側からの提訴も今のところ皆無である。

 これに対し、憲法第25条の解釈は、1982年7月7日の最高裁判例が基準とされている。暴力団であっても最低限度の生存権はあるので、公営住宅からの追い出しは、「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」という部分に抵触するのではないか?という意見だ。

暴力団排除“条例”の存在

 判決は以下のようになっている。

「憲法第二十五条の規定の趣旨にこたえて具体的にどのような立法措置を講ずるかの選択決定は、立法府の広い裁量に委ねられており、それが著しく合理性を欠き明らかに裁量の逸脱・濫用と見ざるを得ないような場合を除き、裁判所が審理判断するのに適しない事柄であると言わなければならない」

 取りようによってはかなり乱暴な判例であるが、暴力団排除条例が、あくまで条例として各地で制定されている理由がわかる。

 こうした社会情勢の中、組員の数は、おそらく激減しているだろう。

 最近、山口組の有力組織が、組員の実数を確認してみたところ、名簿上は150人弱いるはずの組員が、100名を切っていたという。普段は居酒屋のマスターをしていたり、タクシーの運転手をしながらヤクザの構成員となっている兼業暴力団は年々増えている。大きな義理事で、不足している組員を補うため、不良少年たちがアルバイトとなるケースも多い。暴力団の実数は、警察発表の半分いればマシではないか。

海外へと手を伸ばす暴力団

 一方で、ここにきて暴力団は急速な勢いで海外に進出している。暴力団とともに、フィリピン、マカオ、中国、インドネシア、マレーシアに同行した際は、それなりの“支部らしきもの”があることを確認した。実際、海外支部の名刺を作っている団体もある。

 中国には暴力団の一行を専門に扱う旅行社すらあった。添乗員は「ヤクザはタチが悪い。大嫌い」と言っていたが、大金を落としてくれる顧客を手放すつもりはないようで、政府関係者に対する賄賂の仲介も行っていた。

 マニラには日本の暴力団が国内のような縄張りを作っているし、インドネシアでは入国も税関もフリーパスで、空港からは白バイがサイレンを鳴らしながら車を除のけ、ホテルまで先導してくれた。暴力団を日本から追い出しても、彼らはたくましく新天地を見つけるだろう。古い型の暴力団が姿を消す一方、国際化をすすめ、新ジャンルの暴力団が生まれている。

幹部からかかってきた最後の電話

 つい先日、近畿地方の広域組織幹部から電話をもらった。彼は明らかに思い詰めていた。

「もうヤクザの時代じゃないんだ……俺はこれから死ぬ」

「だったらカタギでやっていけばいい。死ぬことなんてないです。なにを言ってるんですか、落ち着いて下さい!」

「お前さんには……ヤクザの本当のことなんて分からないんだろう。任侠道なんてどこにもなかった。俺はもう失望した」

 電話は一方的に切られた。すぐかけ直したが電源が切られていた。若い衆の電話番号も知っていたのですぐコールしたが、やはり繋がらない。すぐさまバイクに飛び乗って事務所まで出かけた。到着した時、すでに彼は若い衆を撃ち殺し、最後は自分の頭を撃ち抜いていた。

「もうヤクザの時代じゃない……」

 震える彼の声は、いまも耳に残っている。

 

2020年9月 1日 (火)

【特別読み物】「安倍昭恵」夫人って✍どんな人だったの?

 安倍昭恵夫人は、どんな不始末」をしてきたのか 

現代ビジネス 2020年9月1日(火)9時58分配信

 安倍晋三総理が辞任の意向を明らかにした。歴代総理のなかでも安倍総理ほど「夫人」の行動が注目を浴びた人物も珍しいだろう。

Photo_20200901204001

 森友問題での疑惑など、昭恵夫人がしでかしてきたことは今後さらに検証される必要がある。彼女の問題とは一体なんだったのか--2017年4月『週刊現代』に掲載された記事を再掲する。

善意の暴走族

「昨秋、ある雑誌に、参議院選に出馬した三宅洋平さんと昭恵さんが会ったことについて、やや批判的なコメントを寄せたところ、昭恵さんから知人を通じてフェイスブックで『会いたい』とメッセージが来ました。

 何度かやり取りをした後、公邸に呼ばれたので、いろいろ人となりを引き出そうと会いに行くと、批判的なコメントをしたにもかかわらず昭恵さんはニコニコして、『日本の精神性が世界をリードしないと地球が終わる』とか、『大麻の波動が……』とか突飛なことをおっしゃるから、面喰らいました。

 しかも、僕の仕事に興味があるから僕を呼んだのかと思ったら、それについてはまったく知らないようで、逆に『なんでも聞きたいことを聞いてください』と言う。自分から呼んでおきながら、なんなんだと思いました。

 若干嫌味で、『僕についてはご存じないんですね?』と言うと、『先入観を持たないよう、何も調べずに会うようにしている』と何のてらいもなくおっしゃっていた。戸惑いましたね」

 こう振り返るのは、東京工業大学准教授で公共政策が専門の西田亮介氏である。

 このエピソードに象徴される通り、真っ当な大人から見れば「世間知らず」を地で行く安倍昭恵夫人。森友スキャンダルでこれだけ世間を騒がせておきながら、自らの行いを省みる様子はない。官邸スタッフが言う。

「騒動が大きくなってからも、昭恵さんは自由気ままにイベントに出席し、『内閣総理大臣夫人付』の官僚たちにiPadで写真を撮らせては、それを得々としてフェイスブックに投稿しています。こんな事態になっても、『自分と関わると先方に迷惑がかかるかもしれない』とはまったく考えないようです。

 3月18日には、学者や財界人が集まるイベントに出席するため北海道を訪れましたが、その前にはスキーを楽しんでいます。とても『渦中の人』には見えません」

 どうして昭恵夫人には周りがまったく見えないのか。政治アナリストの伊藤惇夫氏が解説する。

「昭恵さんは関心を持ったことについては、深く考えず即座にアクションを起こすタイプですが、そうした行動のすべてが善意からきている。森友学園の件だって、本人は『あの学校はいい学校だから助けてあげよう』という使命感で動いているから、なぜ否定されたり批判されたりするのか、まったく意味がわかっていないんです。

 安倍政権が強力になるに従って、昭恵さんの影響力も本人が意識しないうちに強くなっていたはずですから、本来はそれに合わせて行動をコントロールすべきでした。

 しかし、動機が『善意』であるがゆえに抑制が難しい。その意味で昭恵さんは鳩山由紀夫さんと似ています。自分が動くことで世界が良くなっていくと信じる『善意の暴走族』ですね」

 しかも、第二次安倍政権が誕生してからは、昭恵夫人に「内閣総理大臣夫人付」なる官僚(それを昭恵夫人は「秘書」と呼ぶ)が5人もつき、メディアも「家庭内野党」とはやしてきた。「私が動くことで世界を変えられる」と勘違いし、根拠のない「万能感」が生まれていたのだろう。

祈りますと言われても

 国会で取り上げられた昭恵夫人のメールにも、こうした思いが透けている。3月中旬、昭恵夫人は、籠池理事長の妻から「安倍総理に裏切られた」とメールで言い募られ、こう返信した。

〈 私もどうしていいかわかりません。権力など使っていません。神様はどこに導こうとしているのか。とにかく祈っています。自分たちの保身ではありません。日本の将来のためです 〉

 事態の当事者であるにもかかわらず、「神様の導き」を持ち出す当事者意識の欠如、「日本の将来」という大きなテーマを引き合いに、問題を終わらせようという「悪気のない傲慢さ」が顔をのぞかせている。

 そもそも、昭恵夫人が今回の騒動の原因となるような、気ままな行動を始めたのは、夫人が50歳になった'12年頃。昭恵夫人に複数回インタビューをしたノンフィクション作家の塩田潮氏が言う。

「50歳になった時、それまで押し込められていた議員夫人という『型』から離れて『私の人生がこれから羽ばたくのよ、と急に思った』と話していました。いままで夫を支えてきたのだから、今度はやりたいことを自分流にやろうと。それで居酒屋経営なんかを始める。

 昭恵さんは、世の中は『みんないい人』と思っているところがある。昭恵さんのフェイスブックに意地悪な書き込みがあっても、『その人はそういう役割を引き受けてくれている』と考える。悪い人なんていないと思っているから、無防備と言われても、関心があれば何でも飛びつくのでしょう」

 同時に、昭恵夫人は純粋に「いいこと」をしたいという思いを強く抱いてきた。夫人の友人で、映像プロデューサーの龍村ゆかり氏が話す。

「昭恵さんは、政治の世界では振り向かれないような草の根の活動にも光を当てて行きたいのではないでしょうか。

 以前、一緒に気仙沼に行った時、地元の人との親睦のため飲み会をやりました。私は深夜0時くらいに宿に帰りましたが昭恵さんは最後の一人が帰るまでとことん付き合われ、3時過ぎに部屋に帰ってくる。それで朝6時には起きて東京に戻るんです。誠実な方だと思いました」

 こうした考えのもと、昭恵夫人は、反原発派と交流したり、米軍基地が建設される沖縄・高江のヘリパッドを突然訪れたりしているのだ。第一次政権で苦労をかけたという負い目のある夫・安倍総理は、強いて止めることもしなかった。

 しかしそうした行動は、深い考えや丁寧な下調べに裏打ちされているわけではない。

 昭恵夫人は、森永製菓の社長令嬢として育ち、本人が「勉強が大嫌い」と公言するように、地道に学ぶことが苦手だ。高校時代は遊んでばかりで、教師から「大学は無理」と言われ、「じゃあ結構」と聖心女子専門学校に進学した。

 電通での腰かけOLを経て、父親の秘書をしていた晋三氏と24歳で結婚する。その後、'09年から立教大の大学院に通ったが、現在では「読んだ本はみんな忘れてしまった」と言う。

 社会問題について学ぶ知識や能力は足りず、思いつきで気になる人と会ってその場の雰囲気に流されて行動する。だが「人の役に立ちたい」思いだけは人並み外れて強く、「なんとなくいい感じ」と思う人たちと後先考えずに軽い気持ちで付き合ってしまう。

それが迷惑なんです

 これが「普通の主婦」であれば家庭問題に過ぎないが、ファーストレディだと、権威を利用しようとする人も出てくる。森友学園も、そうした意図があった可能性が高い。ところが当の昭恵夫人は、

「私は利用されてもいい。それでその人が、やるべきことをやれるのであれば、全然かまわない」と公言してはばからない。

 前出の西田氏はこう分析する。

「僕との対談でも、『普通の人でありたい』と言いながら、『自分のできることをしたい』と言っていました。昭恵さんの影響力は『総理夫人』という立場によって生まれるものですが、その一方で『普通でありたい』のは矛盾しています。ご自身の政治的影響力については、きちんと認識できていないように見えました」

 昭恵夫人は自分の立場を客観的に理解していなかった。昨秋、本誌で昭恵夫人と小池百合子都知事の対談を行った際には、「気になっていることは?」と問われ、

「いま、大麻を広げようと思っていて。私が応援していた(大麻栽培を行う)人が逮捕されてしまったんですが……」

 など、あっけらかんと言っていた。折しも、元女優の高樹沙耶被告が大麻取締法違反で逮捕された直後。にもかかわらず、昭恵夫人の口ぶりと態度は、イタズラがバレた少女のようでしかなく、まるで屈託がなかった。

 結局、勉強嫌いで、社会経験も乏しい、見識のない「不思議ちゃん」のお嬢様が絶大な権力を手に入れてしまったことで、中身のない「万能感」が生まれてしまったのだ。

 しかし、さすがの昭恵夫人も、行動を見直さざるを得ない状況だ。

「今回の一件のせいで国会は大幅に時間を食われ、重要法案の審議もままならない。国民に迷惑がかかっていることを考えると、昭恵さんも、自身の行動を律したほうがいいでしょう」(前出・伊藤氏)

 自分がやりたいことをやれば周囲も幸せになると昭恵夫人は考えているようだが、残念ながら世の中そう単純ではない。そこに思いが至らない点で、昭恵夫人はファーストレディかもしれないが、「レディ」ではない。

安倍昭恵スピリチュアル愛国が同居するワケ

婦人公論JP 2020年4月22日(水)配信

安倍晋三内閣総理大臣の妻、昭恵さん。居酒屋を経営するなど、現職総理の妻らしからぬ自由奔放な行動が話題になってきました。しかし、森友学園の問題が表沙汰になると、彼女の“不可解”な思想にも注目が集まり……。2017年、森友問題が世間を騒がしていた頃、「昭恵さんなるものの本質」を、作家・雨宮処凛さんと政治学者・中島岳志が分析した記事を再掲します。(構成=古川美穂 撮影=本社写真部 写真提供=読売新聞社)

女性誌の人気企画の上澄みを詰め込んだような

中島 森友学園問題を機に、安倍昭恵さんの言動が注目を浴びていますね。

雨宮 私の中で、昭恵さんはずっと「不思議ちゃん」のイメージです。何が彼女の言動の核をなしているのかがわかりにくく、つかみどころがない。反原発で、エコロジーやスピリチュアル系が好き。大麻に関心があり、居酒屋を経営する自由奔放な首相夫人。でも同時に、園児に教育勅語を暗唱させる塚本幼稚園の教育方針に感動の涙を流すような、国粋主義的な一面も持っている。

中島 はい。同じ森友学園が設立しようとしていた瑞穂の國記念小學院の名誉校長まで引き受けていたのですから、そうした思想に共鳴していたと言っていいでしょう。

雨宮 本人の中に左と右が矛盾なく同居している。それに加えてスピリチュアルとか神道、占いなど、女性誌の人気企画の上澄みを全部詰め込んだような感じもあって、すごく今の時代を象徴していると思う。先日私が昭恵さんを、ゆるくて軽い「ゆるふわ系愛国」と記事に書いたら大きな反響がありました。きっと皆、この人はいったい何を考えているのだろうと感じていたんでしょうね。

中島 おっしゃる通り、原発やTPP、巨大防潮堤の建設に反対するなど、彼女の言動の表面は左派的です。有機農業に取り組んで「昭恵米」を作ったり、沖縄でエコロジー系の活動をしているミュージシャンの三宅洋平さんと、高江にある米軍ヘリパット建設予定地にがる建設反対派の本拠地を訪れたりもしている。ところがその一方で、歴史認識ではかなり強硬なことも言っています。

雨宮 『文藝春秋』2017年3月号に掲載された石井妙子さんのルポルタージュ「安倍昭恵『家庭内野党』の真実」の中で、昭恵さんは「主人と意見が違うように見えても、目指すところは一緒で、日本を取り戻したいんです」と発言をしていますね。

中島 インターネットサイトのBLOGOSで社会学者の西田亮介さんと対談したときも、昭恵さんは「日本の精神性が世界をリードしていかないと『地球が終わる』って、本当に信じているんです」と語っている。相当に右派的な発言です。本当は左なのか右なのか、どっちなのだと。

雨宮 たしかに戸惑います。

昭恵さんは毎日ギチギチに予定を入れる

中島 その謎を解くひとつの鍵は、昭恵さんが「“遅い”自分探しの人」だということではないでしょうか。彼女が今のようになったのは第一次安倍内閣が終わった後です。ご本人もインタビュー等で語っていますが、第一次内閣では典型的なファーストレディ、三歩下がって夫の後を歩く女性像に押し込められていた。でも夫の健康問題で政権が崩壊すると、世間から非難を浴びる「どん底」の時期がやってきました。

雨宮 そこから彼女の「充電」が始まったと、先ほどのルポにも描かれていますね。曽野綾子さんとカンボジアの地雷撤去の現場を見に行ったり、ミャンマーに寺子屋を作ったり。大学院に通い、フルマラソンにも挑戦。「人の集まる場所を作りたい」と居酒屋の計画を立ち上げた。神社巡りも始めて、スピリチュアルカウンセラーや神道関係者、ニューエイジ系(精神世界)の人々と交流を深め、どんどん神がかった方向へ突き進んで行く。

中島 昭恵さんは毎日ギチギチに予定を入れるんです。それは僕が思うに、必要とされている感覚が欲しいからではないでしょうか。

雨宮 昭恵さんは、お嬢様育ちで首相夫人なのに、「誰か本当の私を見て」「本当の私はここにいるの」と、自分の中の少女が叫んでいるようです。

中島 これは昭恵さん個人に限ったことではないと思います。91年のバブル崩壊後の閉塞感の中、人々が心の拠り所を失ったわが国の、大きな流れの中の問題でもある。また自分探しは、かつて若者の問題でしたが、昭恵さんは50歳手前から始めています。今や一般女性も、夫が定年になったり、子育てが終わった後に「本当の自分探し」を始める人は多いと思う。自分の中にも昭恵さん的な焦燥があるというのは、わりとみなさん共通する感覚ではないでしょうか。

雨宮 わかります。少し下の年代でも、アッキーが好きな人はたくさんいる。森友問題以前は、広く女性から好感をもたれていました。

中島 彼女が最初に壁と直面したのは93年に夫が政治家として選挙を戦ったとき。地盤の山口で「お子さんは?」と聞かれ続けた。不妊治療を受けるが、結局子どもに恵まれませんでした。その後突然、夫が首相に就任。しかし石井さんのルポにもあるように、彼女はファーストレディとして「自分には語るべき言葉がない」という思いがあった。

雨宮 そこで自分探しが始まったのでしょうか。その点に共感する女性はたくさんいると思います。

「ニッポンすごい」はどこから来るのか

中島 ただ、大学院進学やマラソンまではよかったのですが、昭恵さんはスピリチュアリズムにも急速に傾倒していく。僕は大麻に関する発言で、ぐっと踏み込んだなと思いました。

雨宮 昭恵さんはこの1~2年、大麻の国内栽培促進を訴え、2016年11月の『週刊現代』では「日本を取り戻すことは大麻を取り戻すこと」とまで発言しています。彼女が言うには、大麻は波動が高い草で、古来から日本の神事には欠かせない。ただ、今の麻はほとんど中国産だけれど、日本の大地で生まれた国産の麻こそがピュアなのだという主張です。でも一般に国産はいいことだとみんな思いますよね?

中島 ええ。しかし自分たちの大地から生まれたものだけが純粋であるというこの発想には、危険な部分もあるのですよ。象徴的な例では、かつてナチス・ドイツも有機農業を称揚し、独自のエコロジー思想を打ち出しています。ヒトラーは「化学肥料がドイツの土壌を破壊する」と訴え、純粋な民族性と国土の繋がりを強調しました。

雨宮 え、そうなんですか!

中島 純粋性と国家が結びつくことの危うさです。そういえば僕は、昭恵さんが三宅洋平さんと会ったことに大変注目し、ある種の危惧を覚えていました。

雨宮 16年、高江の基地反対のテントに三宅さんが昭恵さんを連れて行って大騒ぎになりましたね。

中島 はい。その少し前に二人が初めて対面した際には、昭恵さんが突然三宅さんに、夫と繋がった携帯電話を渡した。そして、直前の参院選に出馬した三宅さんとは選挙でいろいろ対立したけれど、「お互いに同じ国を思う国士です」と会話する。それを知ったとき、ああ、ついにこういう時代が来たのかと思いました。

雨宮 こういう時代とは?

中島 僕は戦前の超国家主義を研究しています。超国家主義とは、第二次世界大戦前の日本やナチス・ドイツが典型ですが、その頃と今の状況が似てきている。大正デモクラシーの中で、農業および農村社会を国の基盤と考える農本主義の人たちが、超越的な力で国家を救済する思想を持つ日蓮主義などを介して、どんどん右傾化していきました。つまり左派的な自然主義(ナチュラリズム)と宗教的なもの(スピリチュアリズム)が出会って、超国家主義(ウルトラナショナリズム)になっていった。

雨宮 怖いですね。

中島 そんな戦前の超国家主義に似た動きが加速し、しかもみんなが「右」だと思っていなかった方向から来ていると感じます。

“昭恵さん的なもの”の芽

雨宮 いつからそんなことになってしまったのでしょうか。

中島 現在のスピリチュアルと政治の結びつきは実は古くて、50年ぐらい前に左派が変化したことから始まっています。60年代のアメリカでは、ヒッピー文化を底流として、大麻やエコロジー、オーガニックという自然志向とともに左派的な主張とスピリチュアリズムが繋がる傾向にありました。

雨宮 そこですでに“昭恵さん的なもの”の芽が出てきているのですね。では、最初は左とスピリチュアルが近づいたわけですか。

中島 ええ。もともと左翼思想というのは、理性と合理性をもって社会を進歩させようという考え方です。しかしそれだけではベトナム戦争を止めることができなかった。そうしたことへの反省と批判から、左派の特徴であった理性中心主義が壊れ、左と右の境目が曖昧になっていく。

雨宮 左の人たちも理性より感性が大事だと言い始めた。

中島 はい。アメリカでおきたヒッピー文化に影響を受けた日本の左翼文化がその後、三里塚や水俣などの闘争を経て農村回帰運動につながっていきます。そうした土着的な動きが、伝統礼讃や自国の純粋性にこだわる愛国的なものの土台となっていったのです。たとえば近代文明じゃなくて、里山はすばらしい、とか。

雨宮 それに、ここ数年、外国人を連れて来て日本の技術や伝統を褒めさせるようなテレビ番組や、いわゆる「愛国本」が溢れています。そういう「ニッポンすごい」ブームの背景には、歴史的な流れがあったんですね。

中島 ええ。神社巡りや神道スピリチュアル系セミナーには昭恵さん世代の女性も結構たくさん来るようです。「もう一度日本のすばらしさを取り戻そう」という声に惹かれて。

雨宮 そういう話は、一番わかりやすくて気持ちいいですものね。

中島 日本人であることは、能力に関係なく手にできる属性です。日本女性というだけで、そのままの自分で何か素晴らしいものをもっているのだと、自己肯定されますから。

ゆるふわはすでに溢れていた

雨宮 私はまったくスピリチュアルなものに興味がないのですが、好きな人にそれを言うと、夢のない人と非難されて、それ以上対話になりません。純粋な信仰心は否定しませんし、神社のパワースポット巡りや占いを趣味や娯楽として楽しむのもいいと思います。でもスピリチュアリズムって、今、商業主義の中であまりに安易に消費されていませんか?

中島 そうですね。僕が注目しているのは、女性の身体の神聖視です。自然分娩が素晴らしいとか、母乳が絶対で粉ミルクはダメだとか、まずは近代的な出産や子育ての否定から入る。最近は、子宮の声に従ってありのままに生きる「子宮系スピリチュアル」というのもあるようです。

雨宮 皮膚に負担をかける化学物質で作られた紙ナプキンでなく、エコで体に優しい布ナプキンがいい、みたいなのもありますね。

中島 僕が専門で研究するインドでも同じような現象が見られます。女性の身体や母性を神聖視しているようで、その実、女性を家庭に押し込めて社会参加を阻む。その一方で近代科学を否定するのです。

雨宮 風邪でも絶対に薬を飲まないとか、がんでも医者にかからず自然療法だけという人もいます。それがすべて悪いとは言いませんが、押しつけてくる人もいるので困る。

中島 僕も子どもがいるので、体に良さそうな有機農法の野菜を買いたいと思うし、原発を使っていない電気を使いたいとも思います。でもそういう思考がある一線を越えるとどうなるか。歴史を研究してきた私には、エコからスピリチュアルにいき、そこから自国礼賛にがる思考のパターンがあって、その流れが再び起きているように見えるのです。

雨宮 商業化されたゆるふわなスピリチュアルとか、ゆるふわ愛国とか、そういうものが、自然に私たちの身の周りに溢れていたんですね。あまりに溶け込んでいるがゆえに、昭恵さんは森友問題以前から同じようなことを言って来たのに、ずっと見過ごされてきたのだと思う。

中島 ええ。昭恵さんのことを“単なる無邪気な人”で済ませるのは間違いです。彼女は一国の首相夫人なのですから。

雨宮 「天然」と思っていたナチュラルが、実はナショナリズムに繋がっている可能性もあることに、真剣に向き合う必要がありますね。

安倍昭恵夫人はなぜ学ばないのか」”国民が巻き込まれる壮大な自分探し

現代ビジネス 2020年4月4日(土)配信

 これほど「学習能力」がない人も珍しい。

 自らの「時」と「場」を読まない振る舞いで夫のみならず政権を苦境に立たせて、すったもんだの末、ようやく収束するかに見えたタイミングでまたまた「やらかす」。

 もはや誰にも止められない天然キャラはなぜ過去に「学ばない」のか。

ロールモデルとしての昭恵夫人

 そもそも、昭恵夫人からすれば、こうした振る舞いの出発点は全て「善意」。持てる力の全てを注いで、さまざまな企画を自ら立案し「総理夫人」の役目を果たそうとしているのだ。

 しかしあくまで私人。だからこそ、プライベートの範囲内でごく近しい友人や後援者、限定的な「国民」の望みを叶えてあげているのではないか。

 そのさまを満面の笑みで写った写真とともにSNSにアップすれば拡散され、それを見た国民が勇気付けられたり、頑張ろうと励まされたりしているのだと、大真面目に信じているのだろう。アベノミクスのトリクルダウンのごとく、に。

 もっと言えば、自分の生活、ライフスタイルそのものが国民の「ロールモデル」たる価値を持つと無邪気に信じているからこその行動とも言える。

 そこには今回の「花見写真」も新型コロナを前に不安や不便な日々を送る「国民」からみたらどういうふうに捉えられるか、他者への共感も、スキャンダルになり得るかもしれないという危機感もない。

 森友事件で自死した妻が訴えを起こすというタイミングであの気楽な笑顔は、安倍政権の面々が持つ「根拠なき万能感」の象徴でもあるだろう。

天然キャラを支える実家力

 昭恵夫人は今後も含めての人生で、たとえなにがあっても今と変わらぬクオリティオブライフを保って生きていけると確信しているのだと思う。

 家族も含めて「明日から仕事を失ったり」「生活に困窮したり」「一文無し」どころか「借金苦に悩んだり」などということは絶対にない。もしも万が一のことがあって「プリズン」に入っても復活できるのは義祖父・岸信介も証明している。

 昭恵夫人のこの「根拠なき万能感」はどこから来るのだろうか。

 昭恵夫人は森永製菓につながる恵まれた環境のもと育ったことは既知の通りである。

 58年あまり、つまり60年近くも大なり小なりの「根拠なき権力」を振るい、「忖度してくれる」周りに支えられつつ「天然キャラ」を否定されずに生きて来られたのは「実家力」あってのことだ。

 恋愛結婚だという晋三氏との婚姻も含め、もし昭恵夫人が日本有数の菓子メーカー森永製菓の背景を持っていなかったならばそもそも成立しなかったことは多いであろうことは、さすがの昭恵氏も分かっているだろう。

 自分の努力では補えないものこそが「自分の価値」だと気がついた時、だからこそを何かに使わなければならないという妙な使命感に駆り立てているのである。

 ちなみに、森永製菓の創始者、森永太一郎氏は明治時代アメリカに渡り、その後帰国し成功したごく少数の日本人である。

 婦人運動家・社会思想家だった山田わかの生涯を描いた『あめゆきさんの歌―山田わかの数奇なる生涯』 (山崎朋子・文春文庫)には、アメリカ時代の太一郎の熱心なキリスト教徒ぶりも紹介されている。

だァれもいないと思っていても

どこかでどこかで エンゼルは 

いつでもいつでも ながめてる

ちゃんと ちゃんと ちゃんと 

ちゃんとちゃちゃーんとながめてる

「桜を見る会」に関する論考として「論座」にも書いたが、太一郎氏が作った西洋菓子は普通の菓子ではない。この「森永エンゼルの歌」に象徴されるように「布教」の一貫としてメッセージを伝える役割を担っていたとも言えるだろう。

 奉仕と施しの実践は、聖心で学んだ昭恵夫人の中にも染み付いていることであろうが、当然ながらアメリカの公園で寝泊まりするほどの強烈な貧困や差別体験を持ち「施される」体験をした太一郎氏とは覚悟も実践内容も違う。

 昭恵夫人のロールモデルは常にあくまで「施す側」である。「施す側」の仲間を増やし「かわいそうな人々」を救う。「win-win」の関係を作るのが自分の役割だとも思っているだろう。決して「施される側」になることはないからこそ、その人たちがどう思うなど想像が及ばない。

 自分たちの存在価値を確認するためには「施される側」、つまりは「かわいそうな人々」がいないと成立しないという皮肉なパラドクス。表面的な感動が量産される一方で根本的解決は先送るされていく。

 セレブを集めるだけではもちろん変わらないのであるが、いずれにせよ、昭恵氏の本のタイトル『「私」を生きる』(海竜社・2015年)の通り、私流、私本位で進められていくのである。

 時にそれが取り返しのつかない悲劇を生んだとしても、他人事。普段、昭恵氏の日常にはいない「かわいそうな人々」への共感に比して、身の回りで起こっている深刻な事象に対する徹底的な不感は、興味関心が「私」にしか向かっていないことを示してもいる。

下駄を履いて生まれた者同士の共感

 昭恵夫人が最初から「私」を生きる決意をしていたかというとそうでもなさそうだ。

「個人としては仕事も能力もないし、家事もできるわけでもないのに、こういう立場(総理夫人)になってしまっている。なぜ、こんなに注目を集めてしまっているのか、すごく戸惑っている」

「専業主婦になって家庭を支えるのが、妻や女性の役割であり、幸せだと言われて育ってきたんですけど、そんな中で、再び総理夫人になってから、すごく活動の幅が広がりまして、いろんなところに行きますし、いろんな方たちから、いろんなことを頼まれたりもしまして、すごくわたしは、忙しくなってしまったんですね」(いずれも2017年3月7日開かれた対談イベントでの昭恵氏発言)

 特別仕事を持たず、能力もなく、家事ができない……それでも、総理夫人と言う立場にはなっているのは、「ありのままの自分」ではなく、同じように裕福な家庭に育ち実家力を持つ自分が、政治的エリート一家に育った夫と婚姻した結果。側からは奇妙な同盟関係にも見える晋三氏との関係は、生まれた時から「下駄を履いていた」者同士にしか理解し得ない苦悩の共有や共通利益があるのだろう。

 第1次安倍政権の終了後、立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科に進学し、昭恵夫人は自分のキャリアアップを行うようになる。居酒屋UZUの開店は第2次安倍政権誕生の直前だった。

「2012年に結婚25周年で50歳になって、これからは少し私自身の人生をと思っていた」矢先に昭恵氏は再びファーストレディに返り咲く。それ以降、昭恵氏の行動はさらに加速する。

「昭恵夫人ロールモデル」を模索することは、「妻」の役割やそれが生む「戸惑い」、昭恵夫人の中で起こった「『私』を生きていない私」との「乖離」を埋める自己実現の実践の場となったとも言える。

河井案里氏との共通点

「『私』を生きる」という意味では昭恵夫人と河井案里参議院議員に共通点を見ることができる。

 彼女たちは衆議院議員を夫に持つ妻、いわゆる「代議士の妻たち」だ。そのありようは特にここ10年で大きく変わったとも言える。「代議士の妻」が選挙に挑戦することが珍しいことでなくなったのだ。

 詳しくは拙著『候補者たちの闘争』(岩波書店)に譲るが、夫の収監中のいわゆる「身代わり」や、突然の死亡で後継者の年齢が立候補要件に達していない時等の「中継ぎ」で「代議士の妻たち」が国政他に立候補することは珍しいことではない。

 が、本格的に「妻」たちが政党の候補者リクルートの対象となり、また彼女たち自身も積極的に議会を目指すようになったのはごく最近のことだ。

 1962年生まれの安倍昭恵氏と1973年の河井案里氏には11年の開きがあるが、この年月はまさに政界において女性が候補者としてアクセスできる可能性が広がった時期とも重なるのだ。たとえ政治的な課題を感じても昭恵氏には「議員になる」という選択肢はそもそもなかっただろう。

 加えて言えば、「代議士の妻」として周りからの「世継ぎプレッシャー」も相当なものだったのではないかと推測する。独自の仕事や活動を通じた夫の選挙地盤への貢献はそうした社会的圧への抵抗の意味もあったのかもしれない。

 河井案里氏はまず広島県議会になることでその機会を得た。もちろん基本は夫の地盤固めの一環、政治的理由の方が大きいものだっただろう。

 しかし、アンペイドワークの極みである無報酬の秘書「政治家の妻」から、議員報酬を得る立場となるのは違うし、それなりの経験も詰めたことは確かだろう。が、「夫の補完」としての役目からの逸脱できぬまま、参議院議員に立候補。

 たとえ、国民の負託を得た1議席であってもそれはあくまで妻の名前を冠した「夫の議席」なのである。結果、今回の事件に巻き込まれているとも言える。

 安倍昭恵氏に話を戻すと、昭恵氏にとっては唯一の、過去からの学びは、第2次安倍政権では「総理夫人」の立場を十分に活かしながら「『私』を生きる」ことを隠さなくなったということだろう。

 これまでで「個性」の範囲、多少の凸凹があっても時間的に次の総理夫人バトンタッチで問われなかったことが、長期政権の中でその歪みも極限に来ているということなのだろう。

肝だめし、運だめしとしての炎上

 昭恵氏は最も「国家権力に近い」私人である。感染症が広がる中では恐れなければならないのは中枢に感染を広げる機会を自らが持っているということである。総理の感染を防げなとど言っているのではない。

 万が一の場合があると、少なからずの手がかかることになり、本来受けるべき国民の医療や福祉、また経済対策も含めた様々なことが滞ったり、停止したりする恐れがないとも言えないということである。

 昭恵夫人の立場を考えれば、新型コロナウィルスで日本のみならず世界が不安に陥っている最中の宴会を中止にしたり、最大限譲歩したとしても自分は顔出しだけする等の判断はあっても然るべきし、参加者の方からそうした声が上がらなかったのも、昭恵夫人と同様の現状認識と行動パターンを取っている人々だということもわかる。

 またその際に撮影した写真が外に出たということにも注目したい。流出元の意図は(政権批判なのか、それとも)単に自慢しいだっただけかもしれない。問題はそれが政権非難に使われることも推し量れないということだ。もしくはそもそもスクープを取る目的で内部に入り込んでいた人がいたのかもしれないが、何れにせよ昭恵夫人の人脈の質をあらわにするものともなった。

 政治のみならず権力闘争とは野生の王国、弱肉強食のサバンナに生きるがごとしの側面はあろう。

 いざという時には、腐った肉や泥水を飲んで多少でも痛い目を見た経験値に裏打ちされた「野生の勘」が働く。特に選挙は繰り返される裏切りも含め具体的な「邪悪」をダイレクトに見る機会でもある。

 生き伸びていくには周囲の人、案件、金を正確にスクリーニングする能力が必要なのだ。

 しかし、昭恵夫人はどうやら別の意味での「野生の勘」……むしろ危険地帯、紛争地帯を見つけ、そこに突っ込んでいく、類まれな才能を持っているのかもしれない。わざわざ、無茶を承知で入っていき、生き延びることで自分の存在を確認するような。

 別のたとえをすると、万引き犯の多くが別に欲しいものではない、もしくは自分のお小遣いで十分に買えるはずのボールペンや菓子パンを盗むという。その心理はスリルとともに自分で自分の能力を問う「肝試し」「運だめし」なのだ。

 つまり、我々が「それは批判されて当然」と思う過去の「炎上」案件は、昭恵氏にとっては乗り越えられた「実績」であり、それこそが今の自分を維持する糧にさえなっているのかもしれない。それは「学ぶべきもの」ではなく、「生きている実感」そのものなのだ。

 国民はこの壮大なる「自分探し」に付き合わされているのでもある。

 どうやら、そこから抜け出す唯一の道は、私たちが過去から学び、行動するしかなさそうである。

 

« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »

無料ブログはココログ
2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31