« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »

2020年10月

2020年10月31日 (土)

【米国株式】反落<一時$500㌦超安>“安全通貨”✍ドル買い継続

 NY株ダウ反落157安=ハイテク株安やコロナ拡大が重し 

時事通信 2020年10月31日(土)6時00分配信

 週末30日のニューヨーク株式相場は、ハイテク株の下落や新型コロナウイルスの感染拡大が重しとなり、反落した。優良株で構成するダウ工業株30種平均は前日終値比157.51ドル安の2万6501.60ドルで終了。下げ幅は一時500ドルを超えた。ハイテク株中心のナスダック総合指数は274.00ポイント安の1万0911.59で引けた。

 ニューヨーク証券取引所の出来高は前日比2億0047万株増の12億6272万株。

 前日夕に7~9月期決算を発表した「GAFA」と呼ばれるハイテク大手4社のうち、アップル、フェイスブック、アマゾン・ドット・コムが大幅安となった。3社は総じて好業績だったものの、アップルはスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の売り上げの落ち込みが嫌気された。フェイスブックは来期業績の不確実性が意識され、アマゾンはコロナ関連のコスト増に懸念が集まった。

 欧米でコロナの感染が再拡大していることも、相場の重しとなった。29日に報告された米国内の新規感染者数は8万8500人を上回り、1日の感染者数としては過去最多を記録した。

 米大統領選が来週に迫り、政治的不透明感が高まっていることも、投資家のリスク回避姿勢に拍車を掛けている。今回の選挙は、コロナの影響で郵便投票が増加。このため市場では「11月3日の投開票日以降もしばらく勝者が確定しない恐れがある」(日系証券)との見方が優勢となっている。

 個別銘柄(暫定値)では、フェイスブックが6.3%安、アップルが5.6%安、アマゾンが5.5%安。この他、ネットフリックスが5.7%安。一方、GAFAの残り1社であるグーグル親会社アルファベット(A株)は3.8%高。また、シェブロンは1.0%高、JPモルガン・チェースが0.9%高。

 欧州市況月間ベースで3月以来の大幅株安ドイツ債も下落 

Bloomberg 2020年10月31日(土)4時08分配信

 30日の欧州株は上昇。月間ベースでは新型コロナウイルス感染拡大の影響で急落した3月以来の大幅安となった。

 米ハイテク大手企業の決算が市場の期待に及ばなかったほか、感染再拡大に伴う再度の制限措置強化や米選挙を巡る懸念が売り材料となった。

 ストックス欧州600指数は0.2%高。一時は0.9%安まで下げていた。週間では5.6%安。この日はエネルギー株が上昇した。フランスのトタルは四半期利益が市場予想の上限を上回ったことが好感され、値上がりした。

 一方、半導体関連のASMLホールディングやSTマイクロエレクトロニクスは下落。米アップルが発表した7-9月(第4四半期)決算は、スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」販売が市場予想に届かず、中国の売上高が落ち込んだ。

 欧州債はドイツ債が下落。7ー9月(第3四半期)国内総生産(GDP)が予想を上回る伸びだったことが影響した。

 欧州中央銀行(ECB)の政策委員会メンバー、オーストリア中銀のホルツマン総裁が利下げに否定的な見解を示したほか、シカゴ購買部協会が発表した同地区の製造業景況指数がアナリスト予想を上回ったことも材料視された。

 フランスの長期債は中核国、準中核国債を下回るパフォーマンスだった。

 イタリア債は10年債を中心に下落。英国債も安い。

 ドイツ10年債利回りは1ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇してマイナス0.63%。フランス10年債利回りは1bp上げてマイナス0.34%。イタリア10年債利回りは2bp上昇して0.74%。

NY市場サマリー(30日)ハイテク大手売られ米株反落ドル上昇

ロイター 2020年10月31日(土)6時24分配信

<為替> 米大統領選を4日後に控えドルに安全買いが入った。世界的に新型コロナウイルス感染拡大に歯止めがかかっていないことも、安全通貨としてのドルの需要押し上げにつながっている。

 欧州ではドイツとフランスのほか、スペインの一部で感染拡大抑制に向けたロックダウン(都市封鎖)を実施。米国でも感染拡大が続き、累計感染者数は30日時点で900万人に達した。人口の約3%が感染した計算になる。こうした中、来週の米大統領選の結果が紛糾する恐れも相まってドルの安全需要が増大した。

 終盤の取引で主要6通貨に対するドル指数<=USD>は0.2%高の94.035。週初からの上昇率は1.4%と、約1カ月ぶりの大きさとなった。

 BMOキャピタル・マーケッツ(ニューヨーク)のグローバル外為戦略部門責任者、グレッグ・アンダーソン氏は「大統領選の日程は以前から分かっていたものの、ここに来て選挙に関連した揺れが出ている」と指摘。「ポジション確定をぎりぎりまで控える動きが一部で見られ、これがユーロ/ドルに若干反映された」と述べた。

 マネックス・ヨーロッパの市場分析部門責任者、ランコ・ベリッチ氏は、米大統領選で民主党候補のバイデン前副大統領が勝利すれば新型ウイルス感染拡大への適切な対応が期待できることから、マクロ経済見通しは改善すると予想。バイデン氏の勝利はドルの若干の支援要因になるとの見方を示した。

 ユーロは対ドル<EUR=EBS>で0.3%安の1.1643ドル。一時は1.1640ドルと、4週間ぶり安値を付けた。欧州中央銀行(ECB)が29日の理事会で12月に追加対策を講じる可能性を示唆したことが引き続きユーロの圧迫要因となっている。

 ドルは対円<JPY=EBS>でほぼ横ばいの104.66円。中国人民元に対してはオフショア取引<CNH=EBS>で0.2%安の6.6945元。

 米商務省が朝方発表した9月の個人消費支出(季節調整済み)は前月比1.4%増と、8月の1%増から加速。ただ、為替相場にほとんど影響はなかった。

<債券> 長期債の売りに伴いイールドカーブがスティープ化し、長短金利差は6月以来の大きさとなった。米大統領選後に新型コロナウイルス追加経済対策が可決され、多額の国債入札が実施されるとみられている。

 新型コロナ感染者の増加や大統領選を巡る懸念を背景に米株市場から資金が流出し、リスクオフの動きが強まっているが、米債市場の追い風にはなっていない。

 10年債利回り<US10YT=RR>は3.1ベーシスポイント(bp)上昇の0.867%。一方、2年債利回り<US2YT=RR>は0.154%で横ばいだった。2年債と10年債の金利差<US2US10=TWEB>は一時71.8bpまで拡大し、終盤は70.8bp。

 米国株の主要株価指数の週間下落率は3月以降で最大となった。

 レイモンド・ジェームズの市場ストラテジスト、エリス・ファイフファー氏は「先週以降、通常では見られないことが起こっている」と指摘。「米債市場は刺激策が実施されるかどうかではなく、刺激策がいつ実施されるのかということを織り込んでいる」と述べた。

 11月3日の米大統領選でトランプ氏、バイデン氏のいずれが勝利しても追加コロナ対策が実施されるとの見方は多い。大規模なコロナ対策は多額の国債入札につながる。特にバイデン氏は連邦最低賃金の引き上げやインフラ・環境関連での数兆ドル規模の投資を明言し、入札規模を一段と拡大させる方針を打ち出している。

 ファイファー氏は「民主党が勝利すれば、非常に巨額かつ迅速な刺激策が実施され、多額の入札が行われるだろう。米債市場はこれを織り込む一方、米国株は選挙前にややリスクオフとなっている」と語った。

<株式> ハイテク大手の売りが膨らみ反落した。新型コロナウイルス感染拡大を巡る懸念や米大統領選を目前に控えた警戒感が重しになり、週間でも3月以来の大幅安となった。

 米国で確認された新型コロナ感染者数はこの日、累計900万人を突破。また、欧州諸国が感染拡大防止に向けて制限措置の導入に動く中、景気への影響も懸念もされる。

 11月3日の米大統領選を控えた投資家の不安を反映し、シカゴ・オプション取引所(CBOE)のボラティリティー・インデックス(VIX、恐怖指数)<.VIX>は20週間ぶりの高水準を若干下回って終了した。

 コロンビア・スレッドニードルの株式ポートフォリオマネジャー、ピート・サントロ氏は「大統領選まで2営業日を残す中、市場参加者は不意打ちを食らわぬよう備える動きになった」と指摘した。

 アップル<AAPL.O>は5.6%安。前日引け後に発表した第4・四半期(7─9月)決算は、売上高と利益が市場予想を上回ったものの、iPhoneの売上高が市場予想を下回ったことが嫌気された。

 アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>は5.45%安。第3・四半期決算は前期に続き利益が過去最高を記録。一方、新型コロナ対策関連コストが拡大すると予想した。

 フェイスブック<FB.O>も6.3%安。第3・四半期の売上高と利益はともに予想を上回った。新型コロナ流行を背景にネット広告の出稿が増加し、利益を押し上げたが、このトレンドが変われば、2021年の広告収入の伸びに影響を及ぼす可能性があると見通した。

 バーンセン・グループの最高投資責任者デイビッド・バーンセン氏は「これら銘柄は全て過度に評価されており、いずれリプライスされるだろう。ただ、その時期は不明だ」と述べた。

 アルファベット<GOOGL.O>は3.8%高。第3・四半期決算は売上高がプラスに転換し、アナリスト予想を上回った。

 ツイッター<TWTR.N>は21%強急落。第3・四半期の1日当たりアクティブユーザー数が1億8700万人と、アナリスト予想を下回ったほか、米大統領選が広告収入に影響する恐れがあるとの見通しを示した。

 週足では、ダウ工業株30種<.DJI>が6.5%、S&P総合500種<.SPX>が5.6%、ナスダック総合<.IXIC>が5.5%下落。

 10月としては、ダウが4.6%、S&Pが2.8%、ナスダックが2.3%下落した。

<金先物> 3営業日ぶりに反発した。ドル安局面で買われた。金塊相場は前日比8.635ドル高の1オンス=1880.77ドルで引けた。週間では1.0%安。

<米原油先物> 米欧での新型コロナウイルス感染再拡大などを背景に売られ、3日続落した。米国産標準油種WTIの中心限月12月物の清算値(終値に相当)は前日比0.38ドル(1.05%)安の1バレル=35.79ドル。月間では中心限月ベースで11.01%下落した。マイナスは2カ月連続。1月物の清算値は0.36ドル安の36.15ドルとなった。

 欧州新型コロナ感染急拡大 WHO「猛烈な増加警告 

産経新聞 2020年10月31日(土)20時43分配信

 新型コロナウイルスの「第2波」に見舞われる欧州で感染者が急増している。イタリア政府は10月30日、1日当たりの新規感染者が初めて3万人を超えて3万1084人に上ったと発表、4日連続で最多を更新した。感染者が多い英仏などでは病院への負担も高まり、政府は新たな外出禁止措置を導入するなど対応に追われる。世界保健機関(WHO)の報道官は「欧州全体で感染者数と死者数の猛烈な増加が見られる」と警告している。

 英国では、8月初旬に1千人未満だった1日当たりの新規感染者が9月上旬から増加。現在は2万人超となっている。累計の感染者は約100万人、死者は約4万6千人に上る。

 英政府は10月14日、感染状況に応じて規制を地域ごとに定める対策を導入した。景気悪化を和らげるため、全土の外出制限を回避したが、自治体からは地域間の経済格差が広がることへの不満が続出。一部の英メディアは全土の外出制限が発表される可能性も報じている。病院では急増する感染者に対応するため、通常行っている他の治療を取りやめる決断をしたところも出始めた。

 フランスとスペインでは累計の感染者数が100万人を大きく超えた。フランスのカステックス首相は29日、国会で「集中治療室(ICU)病床の60%はコロナ患者で占められている。15日間で倍増の勢いだ」と述べ、医療崩壊への危機感を示した。

 カステックス氏は「第1波」が広がった今春、国内のICU病床は5千床だったが、現在は「1万床に倍増させる体制にある」とし、備えを進めていることも説明した。30日の仏政府発表で、1日当たりの新規感染者は約4万9千人、死者は540人に達した。

 スペインでは30日に1日当たりの新規感染者が2万5595人で最多となった。同政府は25日に全国で非常事態を宣言している。

 一方、ロシアは5月上旬に新規感染者が1万1千人台となったピーク後、8月末には4千人台まで減少したが、再び増加に転じ10月30日には過去最高の1万8283人を記録した。要因は、夏のバカンス期の人の移動や、一時的な感染状況の改善による国民の油断などが指摘される。

 医療現場では、医師の過重労働や病床数の不足などが問題化している。しかし、プーチン露大統領は29日、「治療システムは改善している。ロックダウン(都市封鎖)は計画していない。経済が完全にストップするためだ」と表明した。支持率が過去最低の水準まで落ち込んでいるプーチン政権は、厳格な制限措置で経済をさらに悪化させ、国民の反発を招くことを警戒している。

 WHOは30日、新型コロナについて、最高度の警戒を呼びかける「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」の宣言を継続することを決めた。WHOはインフルエンザを含めた他の病気への対応が不十分になることへの懸念も示していて、欧州の状況に警戒を強めている。

独ベルリン空港苦難の船出 9年遅れの開港にコロナ直撃

時事通信 2020年10月31日(土)20時37分配信

 ドイツの首都ベルリンの新空港「ベルリン・ブランデンブルク国際空港」が31日、開港した。

 工期が遅れに遅れ、当初の予定から9年越しで、ようやく開業にこぎ着けた。さらに2日後には独全土で新型コロナウイルス第2波を受けたロックダウン(都市封鎖)が再開されるという、最悪のタイミングでの船出となった。

 ベルリンは首都ながら東西分断の名残で、旧西側にテーゲル、東側にシェーネフェルトという小規模な2空港が分立し、日本直行便も無い。東西統一後「首都にふさわしい空港を」とシェーネフェルトを拡張し新空港とする工事が2006年に始まったが、防火設備などの不備で計6度開港を延期。費用も60億ユーロ(約7300億円)と当初の3倍を超え、昨年11月にようやく、今秋の開港が発表された。

 しかし、その後コロナの猛威が欧州を襲い、今年8月までのベルリン2空港の旅客数は合計で前年比7割減の730万人に落ち込んだ。このため、新空港では三つのターミナルのうち、一つが当面閉鎖される。

 運営会社のダルドルップ社長は、将来的に中国などアジア便を増やしたいとしつつ「当面は厳しい」と吐露。日本の航空会社や当局とも協議をしたが「日本側は非常に慎重で、日本便はコロナ収束後の中期的課題だ」としている。

 新空港の開業に伴い、テーゲル空港は11月8日に閉鎖される。 

バルセロナ、新型コロナ規制に反対のデモ隊警察衝突

時事通信 2020年10月31日(土)20時25分配信

 スペイン・バルセロナ(Barcelona)中心部で30日、新型コロナウイルス対策の夜間外出禁止令や週末の移動制限に抗議する集会に数百人が参加し、警察と参加者の間で衝突が起きた。

 地元警察によると、集会にはおよそ700人が参加。このうち50人あまりが警察に「危険物を投げ始める」など暴徒化したため、警察がデモの解散に動いたという。

 現場では、フェースマスクを着けた多くのデモ参加者が「自由」と叫んでいたほか、石や柵を警察に投げつけるなどし、周辺道路では炎上するバリケードから立ち上る煙が充満した。市中心部にはサイレンが鳴り響き、警察が警棒を使ってデモ隊を解散させようとする姿や、消防隊がごみ箱から上がる火に放水する様子が見られた。

 地元警察のツイッター(Twitter)によると、衝突で警官20人が負傷し、12人が逮捕された。

 スペインでは感染者が再び増加し始めた7月以降、多くの規制が導入されているにもかかわらず、これまでに3万5000人以上が死亡、感染者は110万人を超えるなど、感染拡大に歯止めがかからない状況が続いている。

 新たなロックダウン(都市封鎖)を避けるため、スペインのほぼすべての州で州境の封鎖の措置が取られているが、カタルーニャ(Catalonia)自治州では10月半ばからバーやレストランの閉鎖が命じられるなど、当局が追加の規制を導入している。

 また同州では、住民が週末に町や市から出ることが禁止されており、警察は30日、バルセロナから郊外へ通じる主要道路で検問を行った。

 度目の都市封鎖」スタート「文化活動は例外」の声も 

産経新聞 2020年10月31日(土)20時51分配信

 新型コロナウイルス対策で10月30日、フランスは2度目の都市封鎖に入ったが、家電店などの営業は容認され、今春に実施した最初の封鎖に比べて緩やかなスタートになった。「文化を守れ」と訴え、書店や美術館の継続を求める声も広がっている。

 パリ中心部の大手家電用品店は30日、外出禁止令が始まったのに、店内に20人近く客がいた。営業が認められる「生活必需品の販売店」扱いのため。DVDや文具コーナーも開いたままで、金融業のルカ・デヌボさん(35)は「街中は意外と人出が多くて驚いた」と話した。

 生花店も今週末、例外的に営業が認められた。11月1日はカトリックの祝日で「墓参りの日」として定着しているためで、店員は「前回の封鎖では、入荷した花を全て廃棄しなければならなかった。今回は閉店準備の余裕がある」と話した。週明け以降、注文制で営業を続けるという。

 3~5月の都市封鎖では、外出への取り締まりのため10万人の警察官が動員されたが、今回は巡回するパトカーはまばら。家族連れに人気の公園も開いている。「社会的距離」という概念が一般化したことに加え、コロナ流行で「規制疲れ」が広がる中、経済や市民生活への負担を軽減したいという政府の配慮がうかがえる。今回は都市封鎖中も、小中学校や高校は授業を続ける。

 一方、レストランやカフェ、書店、劇場などは今回も閉鎖され、政府への不満が広がる。30日には、ノーベル文学賞を受賞した作家パトリック・モディアノさん、思想家のジャック・アタリさんら出版界の250人が「文化を守れ」と訴え、マクロン大統領に書店の営業を求める公開書簡を発表した。

 中部ヨンヌ県では、人口約7千人の自治体の首長が、独自に規則を出して小売店営業を許可。「都市部のスーパーの営業が認められるのに、地域を支える小売店を認めないのは不公平」と主張し、政府と争う姿勢を示した。政府は商店営業について、2週間ごとに感染状況を見ながら、規制のあり方を判断する方針。

 一日新規感染3万1千人5日連続更新 

共同通信 2020年11月1日(日)5時14分配信

イタリア政府は10月31日、新型コロナウイルスの感染者が前日から3万1758人増え累計67万人を超えたと発表した。1日の新規感染者は5日連続で最多を更新し、感染再拡大に歯止めがかからない状況が続いている。

 新たな死者は297人で、累計3万8千人を超えている。イタリアメディアによると、政府はロックダウン(都市封鎖)の再実施を検討しているという。

イングランド、再び外出制限 オーストリアでも「都市封鎖

共同通信 2020年11月1日(日)5時04分配信

 ジョンソン英首相は10月31日、記者会見を開き、新型コロナウイルスの感染再拡大の深刻化を受け、11月5日から再び外出を制限する方針を表明した。人口の大半を占める南部イングランド地方が対象で12月2日まで。オーストリアのクルツ首相も31日、飲食店の営業制限などを含む「ロックダウン(都市封鎖)」を実施する方針を発表した。11月3日から月末まで。

 欧州ではウイルスが再び猛威を振るっており、米ジョンズ・ホプキンズ大の集計によると、感染者は英国全体で101万人超。人口900万人ほどのオーストリアは10万人を超えている。

 英首相イングランドカ月の部分的ロックダウンを発表 

Bloomberg 2020年11月1日(日)5時47分配信

 英国のジョンソン首相は10月31日、イングランドの部分的ロックダウン(都市封鎖)を発表した。新型コロナウイルスの感染が政府による最悪ケースの予測を上回るペースで再拡大しており、ロックダウンで抑制を図る。

 ジョンソン首相は記者会見で、議会の承認を受けた上で11月5日からロックダウンを開始し、12月2日まで継続すると述べた。生活に必須の店舗以外は全て閉鎖され、レストランとバーも閉まる。ただ学校と大学は閉鎖しない。

 首相はまた、今回の新たなロックダウン期間中、一時帰休の労働者に対して、賃金の最大80%を国が支給すると明らかにした。

 英国全体ではこの日、新型コロナがパンデミック(世界的大流行)となって以降の感染者数が累計で100万人を突破した。

 首相は「(医療崩壊がもたらす)医療上と道徳上の惨事」を避けるために必要な措置だと強調。「今行動しなくてはならない。さもなければ1日に数千人の死者が出ることになる」と警告し、国民に協力を訴えた。 

 世帯間の交流も原則禁止となる。ただ、春の第1波時のロックダウンと異なり、学校など教育施設の運営は続けられる。12月2日までの約1カ月間は、生活必需品を扱う店以外は閉鎖され、飲食店は持ち帰り以外の営業ができなくなる。

 

2020年10月30日 (金)

【耳学】✍知らなかった!「お風呂掃除」の知恵袋

 実はカビじゃなかった!?水回りで見かける「ピンク」色の正体 

サンキュ! 2020年10月28日(水)21時32分配信

 お風呂場の隅っこなどが、うっすらピンク色になっていること、ありませんか? 実は放っておくと、大変なことになってしまうんです。

Photo_20201031052401

 家事代行サービス「カジタク」を展開するアクティアに所属の山口さんに、ピンク色のアレの正体と、繁殖・発生させないコツについて教えてもらいました。

教えてくれたのは…片付け名人の山口さん

アクティア株式会社が提供する家事代行サービス「カジタク」に所属する「片付け名人」。定期家事代行、整理収納サービスの経験を活かし現在は新人スタッフの教育を行うトレーナーも担当。整理収納アドバイザー1級ほか、整理収納の資格を多数保有している。

ピンク色のアレはカビ……ではありません!

 水まわりでピンクや赤く見えるものの大半は、カビではなく赤色酵母(ロドトルラ)という酵母の一種です。赤色酵母は、水まわりの床・壁・洗面器・道具などに多く見られ、繁殖スピードも速く、放っておくとやがて黒く変色してしまいます。今度は本物の黒カビになってしまうので、黒カビになる前になるべく早く掃除をしましょう。

 ピンク色のカビ(ではないのですが、本記事内では便宜上そう呼びます)の原因となる酵母菌は、常に空気中に存在しています。高温多湿を好むのためお風呂場に多く、なかでも浴槽や排水溝、シャンプーボトルの液だれの部分などは特に発生しやすいです。その理由は酵母菌が活発化するための栄養が豊富だから。

洗えば簡単に落ちるけど、安心してはダメ!

 ピンク色のカビは、ブラシなどでこすって洗い流せば簡単に除去できるのですが、酵母菌自体がその時点で無くなる訳ではありません。きれいになったように見えても実はまだ菌が残っていて、何回洗っても数日経つとまた同じ場所に発生してしまいます。そのため、完全に除去するには菌を確実に死滅させる必要があるのです。

 ピンク色のカビを完全に死滅させるために、消毒用のエタノールをペーパータオルにしみ込ませ、赤カビ部分に張り付けます。10分程置いたらペーパータオルを剥がし、赤カビが無くなるまで使い古しの歯ブラシで擦り、水を流したらOKです。

 エタノールは赤カビの原因の酵母菌を死滅させることができます。消毒用エタノールは主に裂傷などの消毒によく使われる薬品で、雑菌の殺菌効果があります。殺菌力が強いことから、同じ菌の仲間の酵母菌にも効果的です。

日々のメンテナンスで防止しよう

 死滅させれば、当分のあいだはピンクカビが発生することはありませんが、油断をするとまたすぐに出てくるので、普段からのメンテナンスが必要です。

 すぐできることとしては、湿気を減らすための乾燥。浴室では、乾燥機や換気扇をつけること、日中誰か家にいる場合は窓を開けておき、入り口も開放しておきましょう。

 そうすることによって浴室内の風通しが良くなり、湿気が徐々に無くなって乾燥させることができます。もしくは、防カビ効果のある洗剤で、定期的に赤カビが出そうなところに吹き付け水で洗い流しましょう。

協力…カジタク

家事の宅配「カジタク」。安心のイオングループとして、家事代行以外にも、プロの整理収納プラン「片付け名人」や、日頃お掃除できないところをプロにお任せする「ハウスクリーニング」など、これまで約70万件の家事サービスを提供。「カジタク」はアクティア株式会社が提供する家事代行サービスのブランドです。

Photo_20201030210001Photo_20201030210301

 台湾でも鬼滅の刃ブーム 映画館では157上映、政治家の禰豆子コスプレも... 

J-CASTニュース 2020年10月30日(金)19時12分配信

 大ヒット中のアニメ映画「劇場版 鬼滅の刃 無限列車編」の上映が2020年10月30日に台湾でも始まった。

 台湾でも「鬼滅ブーム」が広がる中、北西部・桃園市にある映画館では初日から57本も「鬼滅」を上映。あまりの過密スケジュールぶりに、日本のユーザーから驚きの声が聞かれている。

Photo_20201030205701Photo_20201030205702

ハロウィンで区長が炭治郎

 日本では10月16日に公開された「劇場版 鬼滅の刃 無限列車編」。各地の映画館には連日人だかりができ、25日には興行収入100億円を突破した。関連グッズの販売や企業とのコラボレーションも相次ぎ、今や「鬼滅人気」は社会現象となっている。

 日本と文化的な繋がりが深い台湾にも、ブームは広がっている。台湾北部・新竹市議員の李妍慧氏は28日、作品のヒロイン「竈門禰豆子」(かまど・ねずこ)に扮したコスプレ画像を自身のフェイスブックに投稿。31日に新竹市で行われるハロウィーンパレードで「鬼殺隊」(作中に登場する組織)を結成し、行進することを伝えた。

Photo_20201030205901

 また、台湾北部・新北市金山区のフェイスブックアカウントは29日、廖武輝区長が作品の主人公「竈門炭治郎」(かまど・たんじろう)のコスプレをして、作中に登場するキャラクターの仮装をした子供たちと一緒に写っている写真を投稿した。

 台湾のニュースサイト「聯合新聞網」は29日に「劇場版鬼滅の公開初日に望ましくない観客を避ける方法」(以下、編集部訳)という見出しの記事を公開。30日の映画公開に合わせ、どうすれば映画館で「質の悪い」観客と会わず、快適に作品を見られるのかについて、ネットユーザーの間で議論になっているという内容だ。

 ここでは「周りの3x3席を全部買う」「一人で貸し切るのが唯一の解決策」など、ネットユーザーの大喜利のような意見が紹介されている。記事の最後には「公開されたばかりのタイミングで鑑賞するのは得策ではなく、熱が下がるまでしばらく待った方が無難だという意見もありました」と締められている。

■「日本よりも過密ダイヤになっとる

 台湾の「鬼滅ブーム」に対し、日本のファンが特に驚きをもって受け止めているのが、現地映画館での1日の上映数だ。日本では「TOHOシネマズ新宿」が10月16日の公開初日に42本も「鬼滅」を上映。あまりの高頻度に「電車の時刻表のようだ」と話題になったことが記憶に新しい。

Photo_20201030210101

 しかし、台湾ではその「上」を行く映画館がある。例えば、台北市にある「台北信義威秀影城」では公開初日の30日に43本(以下、深夜含む)を上映。この時点でも「TOHOシネマズ新宿」の初日を上回っているが、翌31日はさらに多い46本を上映予定だ。

 桃園市にある「桃園統領威秀影城」に至っては、公開初日になんと57本も「鬼滅」を上映。タイムスケジュールを見ると、朝8時15分に1本目が上映されると、その後は10~20分間隔で深夜1時20分まで上映が続く。31日、1日も同様に57本の上映を予定している。

 台湾での「飛ばしぶり」に、日本のツイッターユーザーからは「まさかこっちも電車の時刻表みたいとは」「日本よりも過密ダイヤになっとる」と驚きの声が聞かれている。

 鬼滅の刃韓国公開「反日不買」運動を一瞬で破壊した底力 

デイリー新潮 2020年10月30日(金)11時01分配信

ファンたちはドキドキして眠れないと歓呼

 文在寅政府主導の反日運動が続く韓国社会で、日本のアニメとゲームは相変わらず怒涛の人気を博している。最近公開された劇場版「鬼滅の刃 無限列車編」(以下「無限列車」)。日本国内で300万人以上の観客を動員して歴代興行記録を塗り替えるなど爆発的な人気を集めていることが韓国で報じられ、映画に対するファンの関心を集めている。

 ユニクロを買わず、寿司を食べないなど、日常生活で反日不買運動を主張するが、一方でゲーム機(プレイステーション)や自動車、カメラなど、先端技術の分野を中心に、日本の先進性を消費する両面性を見せる「選択的不買」、「選択的反日」は、「無限列車」にはまった韓国人にもそのまま反映されている。

 韓国の「無限列車」輸入会社SMGホールディングスは27日、韓国で「無限列車」が12月に封切られると発表した。

 日本で16日に封切られた「無限列車」は公開初日から3日間で興行収入が過去最高の45億円を記録し、公開10日目の25日には累積観客数798万人、過去最短で約100億円を突破。

 2016年に興行収入250億3000万円を記録し、日本アニメーション歴代2位となった「君の名は」以来4年ぶりの快挙に。

 この状況が続けば、興行収入308億円をあげて歴代1位となった宮崎駿監督のアニメーション映画作品「千と千尋の神隠し」(2001年)の記録を塗り替えるかもしれない。

 2016年の初連載時から韓国でも人気だった「鬼滅の刃」。

 日本の大正時代を背景にしており、日本の歴史と文化に対する韓国人の深い関心と愛情を見て取ることができる。

鬼滅の刃ゲーム盗作で販売中止に

 鬼に家族を殺された主人公が力をつけ、鬼を退治する成長物語は、競争だらけの社会を生きる韓国人の共感を引き出している。

 日本在住の韓国人は公開当日から「無限列車」を観た感想をブログに書き出し、「流れる涙をとめることができなかった。本当におもしろい。鬼滅の刃のファンなら必ず観るべき映画だ」など賛辞を送った。

 この感想を見た韓国人は「日本の漫画産業は永遠だろう。韓国でいつ公開されるか分からず、日本に行って映画を観たい」「日本に居住して幸運だ。観るたびにとても幸せだ」「感動の連続だった。韓国でも早く観たい」などのコメントを残し、「無限列車」への愛情を表現。

 これら“無限列車愛”に文在寅政府の“反日不買”の影はなく、“日本賛美”一色に染まっている。

 他方、韓国の「鬼滅の刃」人気を推し量ることができる事件のひとつに「ゲーム盗作論争」がある。

「鬼滅の刃」は今年10月、単行本として初めて累積発行部数1億冊を突破したが、その人気に便乗する韓国人の銭ゲバは凄まじい。

 4月に発売されたモバイルゲーム「鬼殺の剣」は、「鬼滅の刃」の場面、設定、ストーリー、キャラクターをそっくり模写したものだった。

 主人公が幼い頃家族を失ったという設定にはじまり、「鬼殺の剣」のカスミは「鬼滅の刃」の竈門禰豆子、「鬼殺の剣」のオオカミは「鬼滅の刃」の嘴平伊之助など、外観も似ているキャラクターがあちらこちらに登場する。

 盗作だという議論が噴出し、「鬼殺の剣」側は直ちにゲームの販売を中止して、購入者に払い戻す事態に追い込まれたのだった。

グッズ販売も絶好調で人気に便乗する人たち

 さらに関連グッズの売れ行きも絶好調で、韓国最大のオンラインショッピングサイトで「鬼滅の刃」を検索してみたところ、約6万件のアイテムが販売されていた。

 1万ウォンから数百万ウォンの炭治郎や禰豆子、我妻善逸などのフィギュアや腕時計、日輪刀、キーリングなど各種キャラクター玩具製品が目につく。

 購入者は「娘にプレゼントしようと買った」、「とてもきれいで気に入った」。「すべてのキャラクターを所有したい」、「誕生日プレゼントで買ったが、友達が心から気に入っている」などの感想を書き込んでいる。

 各商品には100余りのレビューがつき、ほとんどが4・5/5・0の評価を得るなど、「鬼滅の刃」関連商品を購入した満足感でいっぱいだ。

「鬼滅の刃」は、慰安婦問題や文在寅政府の反日不買運動を凌駕して、韓国のマニアに慰安と喜びを与えているのだ。

 日本のアニメーションは1960年代から本格的に韓国に輸出され、韓国社会に根を張り、大きな影響力を誇っている。

 1990年代から2000年代初めにかけて「美少女戦士セーラームーン」、「名探偵コナン」、「ドラゴンボール」、「スラムダンク」などのアニメや映画は高い人気を集めた。

 スタジオジブリの宮崎駿が監督した「崖の上のポニョ」(2008)、「ハウルの動く城」(2004)、「千と千尋の神隠し」(2001)はもちろん、最近では「ワンピース」が人気を博した。これらの成功の系譜に「鬼滅の刃」は連なっている。

 昨年、徴用工の賠償判決や慰安婦の合意の破棄などといった文在寅政権の反日政策が、韓国社会で大規模な反日不買運動を引き起こした。

 しかし、「鬼滅の刃」のほか、カメラ、自動車、プレイステーションなど日本に依存してきた精密機器の消費が衰えることはなく、反日政策は虚構のレベルにとどまらざるを得ないようだ。

Photo_20201031053001

鬼滅の刃東宝再び「業績上方修正」新年にも期待作投入

LIFE&MONEY 2020年10月30日(金)20時21分配信

 コロナ禍で世界的にエンタメ業界が打撃を被る中、日本では『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』(以下、『鬼滅』)が空前の大ヒットになっています。

『鬼滅』は公開3日で興行収入46億円を超え、さらに歴代最速の10日間で100億円を突破。この勢いを受け、配給会社の東宝 <9602> の株価はこれまでの最高値4,915円に迫る4,700円を一時回復しています。

 東宝は『鬼滅』の驚異的な興行収入に加え、来年1月にもヒットが期待される作品が控えています。『鬼滅』公開直前に上方修正された業績予想は、今後、再び上方修正されるのか。株価の行方とともに注目されます。

『鬼滅』公開直前に発表された業績上方修正

 東宝が配給(正確にはソニー系の株式会社アニプレックスとの協同配給)する『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興行収入は、10月16日の公開初日からの3日間で46億円を超えました。

 これは、昨年のアニメヒット作による公開後3日間の記録、『アナと雪の女王2』の19億円、『天気の子』の16億円を大幅に上回っています。

 その東宝は『鬼滅』公開直前の10月13日に、2021年2月期連結業績予想の上方修正を発表しています。

Photo_20201031061701

 2021年2月期 業績予想の修正(カッコ内は2020年2月期実績)

 ・売上高:前回予想1,620億円→今回予想1,650億円(2,628億円)
 ・営業利益:前回予想100億円→今回予想140億円(529億円)
 ・経常利益:前回予想110億円→今回予想155億円(551億円)
 ・当期純利益:前回予想50億円→今回予想90億円(366億円)

 営業利益で+40億円の上方修正ですが、これは『今日から俺は!!  劇場版』(興行収入52.7億円)、『コンフィデンスマンJP プリンセス編』(同36.8億円)などのヒットによるもの。10月16日公開の『鬼滅の刃』の歴史的大ヒットは、この上方修正には加味されていません。

 そもそも東宝は、新型コロナウイルスの影響もあり、今期は大幅な減収減益を予想していました。上方修正は発表されましたが、それでも通期業績予想は対前年比で売上高は約6割、営業利益は約3割の水準です。

『鬼滅』で再び上方修正? 新年には『シン・エヴァ』も公開予定

『鬼滅』の数字が今後どこまで伸びるかは分かりませんが、歴代最速で興行収入100億円を超えた勢いからすると、業績予想が再度上方修正される可能性は高いでしょう。

 また、東宝は当初今年の夏に予定していた『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の公開が2021年1月23日となることを発表。シリーズ最終作でヒットが期待できる『シン・エヴァ』の公開後に、東宝は2月決算期末を迎える流れとなります。

株価は2019年6月の最高値4,915円を超えられるか?

『鬼滅』の大ヒットを先取りする形で、東宝の株価は上昇しています。同社株価の最高値は2019年6月の4,915円ですが、『鬼滅』公開後の10月19日には4,700円を一時回復しました。

コロナ禍による減収減益を予想する中では、株価の最高値更新は厳しい面もあります。しかし『鬼滅』のさらなる興行収入の伸びに加えて、2021年1月に控える『シン・エヴァ』のヒット次第では、東宝の株価が最高値を更新する可能性もゼロではないでしょう。

Photo_20201031062001

おわりに

アニメ映画の国内歴代興行収入ベスト3は、1位『千と千尋』(308億円、2001年)、2位『アナと雪の女王』(255億円、2014年)、3位『君の名は』(250億円、2016年)です。『鬼滅』がこれらの記録を破ることができるか、今後の興行収入の推移と東宝の業績・株価の行方に注目したいと思います。

【参考資料】
「業績予想の修正に関するお知らせ」(東宝株式会社)
「2021年2月期第2四半期(2020年3月1日~2020年8月31日)決算説明資料」(東宝株式会社)

Photo_20201031062101

関連エントリ 2020/10/21 ⇒ 【鬼滅の刃】公開3日間<世界映画興行収入✍半分を稼ぐ>コロナ禍の大ヒット

 

2020年10月29日 (木)

【日経平均】4日続落<欧米“コロナ禍”再拡大>景気回復“腰折れ”懸念

 〔NY株〕ダウ急落 943ドル安=コロナ拡大で 3カ月ぶり安値 

時事通信 2020年10月29日(木)6時00分配信

 28日のニューヨーク株式相場は、欧米での新型コロナウイルス感染拡大を嫌気し、大幅続落した。優良株で構成するダウ工業株30種平均は前日終値比943.24ドル安の2万6519.95ドルで終了。

 終値としては7月末以来、約3カ月ぶりの安値となった。ハイテク株中心のナスダック総合指数は426.48ポイント安の1万1004.87で引けた。

 ニューヨーク証券取引所の出来高は前日比3億3124万株増の11億6765万株。

 欧米でコロナの新規感染者が再び増加し、景気回復の妨げになるとの懸念から、この日の欧米市場の株価は大幅安となった。米国では中西部などで感染が拡大。

 フランスは全土で外出制限を再び発動したほか、ドイツも飲食店や商業施設を閉鎖する方針を発表した。フランスCAC40種指数は3.4%安、ドイツ株式主要30銘柄指数(DAX)は4.2%安でそれぞれ取引を終えた。

 米大統領選の郵送投票の開票作業が長引き、勝者の確定が11月3日の投開票日以降にずれ込む可能性があることも、投資家のリスク回避姿勢につながっている。また、米追加経済対策の早期の成立が困難なことも、相場の重しになった。

 追加対策をめぐる議会与野党の協議難航を受けて、トランプ大統領は前日、大統領選前の成立を断念する考えを明らかにした。

 投資家の不安心理の指標となる恐怖心指数(VIX)は一時40を上回り、6月中旬以来の高水準を付けた。

 個別銘柄(暫定値)では、フェイスブックが5.5%安、マイクロソフトが5.0%安など、ハイテク大手が相場を下押した。エクソンモービルが3.8%安など、エネルギー株の下げも目立った。また、決算が嫌気されたボーイングが4.6%安、ユナイテッド・パーセル・サービス(UPS)が8.8%安。一方、決算が好感されたゼネラル・エレクトリック(GE)が4.5%高と買われた。

 〔東京株〕小幅 4日続落=コロナ感染再拡大嫌気 

時事通信 2020年10月29日(木)15時30分配信

 日経平均株価は前日比86円57銭安の2万3331円94銭、東証株価指数(TOPIX)は1.62ポイント安の1610.93と、小幅に4日続落した。新型コロナウイルス感染の再拡大を嫌気して売られたが、輸出関連株に押し目買いが入り、相場を下支えした。

 61%の銘柄が値下がりし、値上がりは34%。出来高は10億1237万株、売買代金は2兆0956億円。

 業種別株価指数(全33業種)は情報・通信業、小売業、陸運業などが下落し、電気機器、銀行業、輸送用機器は上昇した。

押し目買いが下支え

 29日の東京株式市場は新型コロナウイルス感染の再拡大を嫌気して欧米主要市場で株式が売られた流れを引き継ぎ、ほぼ全面安となる場面があった。しかし、株価の下落した場面では押し目買いや買い戻しが入り、下値を支えた。日経平均株価は一時前日比250円近く下げた後、下げ幅を縮小した。

 新型コロナ感染拡大による世界的な景気不安の再燃に加え、米大統領選の先行き不透明感もマイナス要因となった。しかし、中長期的な業績拡大が期待される電子部品株を中心に、下値ではまとまった買いが入った。市場関係者からは「株価下落を買いのチャンスとみている投資家が多く、相場が一方的に崩れる展開は考えにくい」(大手証券)との指摘があった。

 225先物は2万3090~2万3360円で推移した。オプション11月きりはコールが総じて値下がりし、プットはしっかり。

禁じ手の“ロックダウン”、欧州で再び

朝日新聞デジタル 2020年10月30日(金)6時00分配信

 新型コロナウイルスの「第2波」が猛威を振るっている欧州で、各国政府が再度、厳しい行動規制にかじを切り始めた。病床が埋まりつつあるフランスは春の流行時を超える危機を迎え、「禁じ手」だった外出禁止令に踏み切った。クリスマス商戦を救いたいという思惑もにじむ。

 「11月半ばにはフランスの集中治療室は限界を迎える」

 フランスのマクロン大統領は28日の国民向けテレビ演説で、こう危機感をあらわにした。医師が治療すべき患者を選別することになるとも指摘。「第2波は第1波より大きな犠牲者が出るだろう」と警告し30日から全土で1カ月、外出を禁じると明らかにした。市民の外出は食料品の買い出しなどに限られ、違反者には再び罰金が科される見通しだ。飲食店など「必要不可欠でない」店舗はすべて閉鎖される。一方、教育格差を広げる恐れがあるとして、学校は大学をのぞいて閉鎖しない。

 マクロン氏は規制を2週間ごとに見直すことも明らかにした。「感染をより制御できていれば、クリスマス前の大事な時期に、一部の商店は再開できる期待を持てるだろう」と語った。 マクロン氏は8月末、ロックダウンについて「もっともやぼで、単純すぎるやり方だ。(ペストが蔓延(まんえん)した)中世からすでにやってきた」などと否定してきた。代わりに採った戦略は「ウイルスと生きる」という感染対策と経済を両立させる道だった。5月に最初のロックダウンを解除すると、国民に職場で働くよう呼びかけ、夏休みには国内旅行を促進した。9月からの新学期も全学校を再開させた。感染者の隔離期間は2週間から1週間へ短縮した。

 市民にほぼふだん通りの生活を促し続けた結果、5月に200人以下に抑え込んだ1日の感染者数は、10月に5万人まで膨らんだ。全国の入院者数も春のピーク時に迫り、もはやほかに打つ手がなくなっていた。

  度目ロックダウン 12月1日まで“外出禁止 

FNNプライムオンライン 2020年10月29日(木)18時54分配信

 新型コロナウイルスの感染再拡大が深刻化するヨーロッパ。

 フランスは、ついに2度目のロックダウンを決定した。

 市民には、動揺が広がっている。

 フランス産ワインを傾けながら友人と語らうのは、いわばパリ市民のルーティン。

 その楽しみが、再び制限されることになった。

 新型コロナウイルスの第2波が急拡大している、ヨーロッパ各国。

 累計感染者数が128万人を超えたフランスでは、28日、マクロン大統領がテレビ演説で、「(4月に)ウイルスを止めた原則外出禁止を、金曜日から再び実施すると決めた」と宣言した。

 感染対策のため、現地時間30日の午前0時から、少なくとも12月1日までの1カ月余り、外出を原則禁止すると発表。

 加えて、感染にブレーキをかけないと病院はすぐに飽和状態になってしまうと、医療崩壊の可能性にも言及した。

 マクロン大統領「ウイルスは、予想していなかったスピードで広がっている」

 2度目の原則外出禁止の決まったマクロン大統領の演説から一夜明け、パリ市民たちは、自由に外出できる最後の日を普段通り過ごしている。

 2020年の春に続き、2度目のロックダウンに踏み切るフランス。

 レストランやバーなどの飲食店は閉鎖され、外出の際には、理由を証明する書面が必要。

 通勤・通学、医療機関の受診、家族の介護、生活必需品の購入などのための外出は許可される。

 およそ4カ月余りの再発動に、市民は「大惨事だ。わたしは経済を止めるという手段はないと思っている。そんな余裕はもうない」、「隔離が唯一の方法なら仕方がない。小さいお店は大変だと思う。もうすぐクリスマスだから、できれば営業を続けてほしかった」などと話した。

 フランスだけではない。

 累計感染者数が48万人の隣国ドイツでは。

 午前6時ごろのベルリンにあるブランデンブルク門の前は、人影がまばらだった。

 メルケル首相は、来週から再び、厳しい全国のロックダウンに踏み切ることを決断した。

 11月2日から4週間、飲食店のほか、映画館などの娯楽施設の閉鎖に踏み切ることになった。

 ベルリン市内では、「またロックダウンになることは、本当に残念なことだ。ただ、感染者は増えているので、意義があることだと思う」という声が聞かれた。

 人の動きを制限する措置が相次いでいるヨーロッパ各国。

 感染の第1波に見舞われた春には、各国のロックダウンなどが功を奏し、ウイルスの抑え込みに成功したとみられていた。

 しかし、10月に入ると、感染者数は一気に激増。

 第2波が深刻な状況。

 では、累計感染者数が94万人を超えるイギリスはどうか。

 イギリスは、経済への影響を考え、極端なロックダウン政策をとっていない。

 午前7時ごろ、通勤時間帯ということもあり、多くの人が駅から出て来ていた。

 ロンドン市内では、「誰も望んでいないが、必要ならば再びロックダウンせざるを得ない」という声が聞かれた。

 ヨーロッパで感染が深刻化する背景について、昭和大学医学部の二木芳人客員教授は「個人の感染対策に対する意識が、日本に比べると少し脆弱。いわゆるホームパーティーですとか、プライベートな会合ですとか、マスクの着用率が非常に低いというような話も聞きます」と指摘する。

 二木教授は、今後、季節が冬に進むと、さらに状況が悪化する可能性があるとしていて、さらなる警戒が求められる。

Photo_20201030071801

 学術会議問題、ついにリベラル派が分裂「内部崩壊始まる 

現代ビジネス 2020年10月23日(金)6時02分配信/長谷川 幸洋(ジャーナリスト)

お粗末な野党への「ブーメラン」

 日本学術会議の会員任命問題が、なんとも見苦しい展開になってきた。政権追及の矢がブーメランとなって、追及した側に戻ってきたと思ったら、今度は「内ゲバ」まで始まった。なぜ、こうなってしまうのか。当事者たちは言えないだろうから、私が代わりに答えよう。

 私は先々週のコラムで「北大事件」を取り上げて、野党や左派マスコミの追及を「やぶ蛇」「ブーメラン」と指摘した。そのうえで「赤旗報道から始まった今回の騒動は、野党と左派マスコミ、おバカ学者をそろって撃沈する結果になるだろう」と書いた(https://gendai.ismedia.jp/articles/-/76267)。

 続けて先週は、野党が追及の矛先を政権の意思決定プロセスに変えてきた点を指摘したうえで、50年近く前の個人的な記憶を基に、「左翼の楽園」が長続きしない理由について「バリケードの中で内ゲバが始まったからだ」と書いた(https://gendai.ismedia.jp/articles/-/76462)。私としては、ほんのご参考のつもりだった。

 すると、学術会議問題でも、本当に「内ゲバ」が始まってしまった。これには我ながら驚いたが、まさに左翼がこの半世紀、まったく進歩していない証拠である。彼らはいつまで経っても、どんな問題を取り上げても、同じ失敗を繰り返しているのだ。

学術会議をめぐる「内ゲバ」の顛末

 学術会議をめぐる内ゲバは、どう始まったか。

 日本学術会議の梶田隆章会長が菅義偉首相を官邸に訪ねたのは、10月16日午後だった。首相との会談を終えた梶田氏は記者団に囲まれ、記者から「総理から、6人の任命拒否の件について、明確かつ具体的な説明はありましたか」と問われた。

 すると、梶田氏は「あ、あの、ま、今日はあのう、そこの点について、まあ、あの、とくに御回答を求めるという、そういう趣旨ではないので、あの、ま、とくにそこについて、あの、明確なことがどうこう、ということはあの、ないです」と伏し目がちに答えた(https://www.news24.jp/articles/2020/10/16/04742595.html#cxrecs_s)。

Photo_20201030070301

 やたらと間投詞の多い話しぶりが、梶田氏の動揺を物語っている。

 記者から「お聞きにもならなかったんですか、梶田さんから」と追及されると、「一応(任命拒否の理由説明と任命を求める要望書を)お渡しはしましたが、それよりも未来志向で学術会議が今後、しっかりと、たとえば学術に基づいて社会や国に対してどういう風に貢献していくか、そういうことについて、主にお話しました」と述べた。

 さらに「あらためて6人の任命は求めなかったのか」という質問には「本日は、そこまで踏み込んでお願いはしておりません」と明言した。

 梶田氏が会見を開いて、菅首相に「任命しない理由を説明せよ」「任命されなかった方を速やかに任命せよ」と要求したのは、10月2日だ。学術会議として要望書を提出する件もそのとき、決まった(http://www.scj.go.jp/ja/member/iinkai/kanji/pdf25/siryo301-youbou.pdf)。

 それから、わずか2週間である。せっかく首相との会談がセットされたのに、自分のほうから議論を避けてしまった。これでは、要求を取り下げたも同然だ。それだけではない。「学術会議の今後のあり方」を政府と検討することで合意した、という。

 菅首相は、梶田氏の会見後、ぶら下がりで会見し、次のように語っている(https://www.news24.jp/articles/2020/10/16/04742700.html#cxrecs_s)。

 ーーーーー
本日、梶田会長、就任のご挨拶ということでいらっしゃいました。私からはこれまでのインタビューなどで申し上げているように、学術会議が国の予算を投ずる機関として、国民に理解をされる存在であるべき、そうしたことを申し上げました。梶田会長からはこの場でもお話があったようですが、未来志向で今後の学術会議のあり方を政府とともに考えていきたい、こうしたお話がありました。政府としても、そこはそうしたいと思っています。それで井上(信治・科学技術政策)担当大臣を中心として梶田会長とコミュニケーションをとりながら、そうした方向にお互いに進めていこう、そういうことで合意をいたしました。以上です。
ーーーーー

 菅氏は「以上です」と言うとき、わずかに「ニヤッ」と笑みを漏らして、会見を切り上げた。自分の「完勝」を確信したに違いない。これは、菅氏の癖だ。官房長官時代に衆院解散、総選挙に関連して、記者団をケムに巻いたときもそうだった(https://gendai.ismedia.jp/articles/-/40957)。

 ようするに、梶田氏は振り上げた拳を、自ら下ろしてしまったのだ。完敗である。

 すると、政権批判で有名な元文部科学事務次官の前川喜平氏がツイッターで、梶田氏にこう噛みついた。「梶田学術会議会長は、何をしに官邸まで行ったのか。腰砕けもいいところだ。菅首相の思う壺にはまってしまった。情けない」(https://twitter.com/brahmslover/status/1317043553172779009)。

 なんとまあ、正直なことか。前川氏のいらだちが目に浮かぶようだ。それはともかく、私はこれを読んで、かつての学生運動の末期を思い出した。過激派が穏健派をなじったときの口調と、まったく同じなのだ。こういう台詞が出てくると、戦いは終わりである。

Photo_20201030070801

 前川氏だけではない。立憲民主党の蓮舫代表代行もツイッターに「『任命見送り説明なし』これがニュースの見出し、でしょう。双方が6名削除に触れずにどんな『未来志向』があるというのか」と投稿した(https://twitter.com/renho_sha/status/1317234249460707328)。

 本来なら、梶田氏に怒りをぶつけるところだが、なんとか思いとどまって、マスコミに文句を付けている。八つ当たりである。一般人によるツイッターの投稿を見ると、梶田氏について「呆れてモノが言えない」「学者バカ」などと厳しい批判がある一方、「梶田氏を責めるのは、かわいそう」といった同情論もある。

 まさに内ゲバだ。内ゲバは闘争に破れたガックリ感から始まる。過激派は穏健派を軟弱と追及し、穏健派は呆れて、次第に運動から離れていく。

左翼が同じ失敗を繰り返す理由

 ここからが本題である。なぜ左翼は失敗を重ねるのか。

 それは、彼らが「反権力」を至上命題にしていて、権力と戦うためには、どんな理屈でも持ち出すからだ。争点はなんでもいい。理屈もなんでもいい。それぞれ勝手な理屈を掲げて戦いを始める。だからこそ、ひとたび敗色が濃厚になると、次は理屈の争いになる。

 「オレの言ってることが正しい」「いや、それは甘い。オレの話こそが根本だ」「それより、こっちの話が現実的ではないか」「そんなことはどうでもいい。大事なのは攻めているかどうかだ」などと言い争いを始める。本来の敵に勝てないからこそ、身近な同志を敵視するようになる。

 実は「どれが正しいか」など、だれにも分からないし、証明もできない。現実に根ざした主張ではなく、頭でっかちの理屈にすぎないからだ。学術会議問題で言えば、最初の「学問の自由に対する侵害だ」という主張が、まさにそれだった。

 いったい、学術会議の会員になれないと、どうして学問の自由が侵害されるのか。

 学問は大学でも公園でも、それこそベッドの上でも、どこでもできる。そもそも、学術会議は学問研究をする組織ですらない。むしろ独自の研究を妨害したのは、コラムで紹介してきたように、学術会議自身だった。学問の自由を守るためには、左に傾いた学術会議などないほうがいい。

 にもかかわらず「学問の自由」だの「任命拒否は法律違反」だのと、まったくレベルの異なる勝手な理屈を言い出すから、最後は「オレの言い分が正しい」とケンカになる。

 これに対して、普通の人々はどのように政治と社会を考えるか、と言えば「自分の税金が無駄なく使われるように、政府の統治(ガバナンス)がきちんと機能しているかどうか」が根本だ。そのうえで、税金の使い道について議論を戦わせ、最終的には選挙で決着をつける。前提はもちろん、多様な意見の存在である。

 だが、左翼たちは「自分が正しい」が出発点で、かつ大前提だ。「民主的統治かどうか」とか「選挙の結果」などは2の次、3の次なのだ。たとえ、選挙で負けても「有権者がバカだ」くらいに思っている。それが古今東西、左翼の発想である。元左翼の私が言うのだから、間違いない(笑)。

 そんな身勝手な左翼を相手にしなければならない梶田氏に、私は同情する。梶田氏は学術会議で決まった話なので、首相に要望書を手渡さなければならなかった。だが、彼自身が確信的左翼とは思えない。いかにも自信なさそうな話しぶりを見れば、明らかだ。

 振り上げた拳を下ろせない連中は「梶田会長の不信任」を言い出すかもしれない。そうなると、騒動はますます泥沼化して、学術会議は解体的出直しを迫られるだろう。「ブーメラン」「内ゲバ」ときて、次はいよいよ「自爆テロ」に走るのだろうか(笑)。

Photo_20201030070001Photo_20201030070101

 学術会議問題、とうとう野党とマスコミ事実上の敗北宣言 

現代ビジネス 2020年10月30日(金)6時02分配信/長谷川 幸洋(ジャーナリスト)

「尻すぼみ」になった野党の追及

 日本学術会議をめぐる騒動は、政府を追及する左派マスコミの中からも「負け戦」と認める声が出てきた。野党は追及ネタが尽きてきた一方、肝心の学術会議は政府に対して、将来のあり方を検討する方針を表明している。まさに「負け戦」の様相だ。

 立憲民主党の枝野幸男代表は10月28日、衆院本会議の代表質問で学術会議問題を取り上げた。どんな新ネタが登場するか、と思って、私はテレビ中継を録画して見たが、中身はまるで拍子抜けだった。おさらいのように、同じ質問をしただけだ。

 枝野氏は冒頭からえんえんと「彼らが目指す社会」を語り続け、学術会議問題に触れたのは、ようやく23分後だった。枝野氏は「推薦された方を任命しないのは条文上、明らかに違法」「任命しなかった理由は何か」「早く6名を任命して」などと訴えた。

 菅義偉首相は「憲法15条第1項で公務員の選定は国民固有の権利と規定している」としたうえで「必ず推薦どおりに任命しなければならないわけではない点は政府の一貫した考え」「理由については、人事に関することで答えを差し控える」などと答弁した。

 追及する側も答える側も、すでに報じられた内容ばかりである。

 ただ、立憲の軌道修正も明らかになった。彼らは当初、声高に「学問の自由に対する侵害」と主張していたが、代表質問では学問の「が」の字もなかった。それは10月16日公開コラムで指摘したように、学問の自由を侵害していたのは、学術会議自身だったことがバレてしまったからだろう(https://gendai.ismedia.jp/articles/-/76462)。

 学問の自由に対する侵害を主張しないとなると、話は単なる「政府の人事問題」に矮小化してしまう。首相に任命拒否を含めた人事権があるかどうか、であれば、あるに決まっている。もしないなら、学術会議は税金を使って、なんでも好き勝手にできてしまう。そんな政府機関を国民が認めるわけがない。

マスコミの報道も下火に…

 単純明快な話だから、野党は追及しようにも、線香花火のようにすぐ終わってしまうだろう。野党がそうかと思えば、左派マスコミも似たようなものだ。

 朝日新聞の編集委員である高橋純子氏は10月28日付の「多事争論」という署名コラムで、哲学者の故・鶴見俊輔氏を引用して、次のように書いた(https://digital.asahi.com/articles/DA3S14674224.html? iref=pc_ss_date)。

 「負け戦のときに目を開いていることはたいへんに重要で、それが次のステップにつながる」(「戦争が遺したもの」)。以上は鶴見氏の文章だ。そして、彼女は書く。「学術会議の会長は、首相を前に目を閉じてはいなかっただろうか。勝負はまだこれから。私はあなたの背中を目を開いて見つめ、野性の念を送ります。ファイト」。

Photo_20201030071201

 私はこれを読んで、思わず苦笑を禁じ得なかった。なぜかと言えば、学術会議の会長に声援を送っているようでいて、実は「もはや、負け戦」と認めているからだ。目を開いていたか、閉じていたかなど、この際、どうでもいい。

 鶴見氏のように、彼女も、いまは「負け戦のとき」と認識しているのである。前段の文章を読むと、もっとはっきりする。彼女は「私が鶴見氏を敬愛するのは、闘いに身を投じつつ、『よい負け方』という選択肢も常に頭においているからだ」と書いていた。

 もはや、明らかだろう。いくら「勝負はまだこれから」などと言っても「負け犬の遠吠え」と言って失礼なら「負けを認めたくない者の悪あがき」にすぎない。先週のコラムで紹介したように、学術会議の梶田隆章会長と菅首相との会談は、梶田氏の完全敗北で終わった(https://gendai.ismedia.jp/articles/-/76652)。

 梶田氏は6人の任命を求める要望書を首相に手渡したものの、口頭では一言も任命拒否問題を持ち出さず、会議のあり方を政府とともに検討していく、と約束したのである。高橋氏は梶田氏を批判しても良かっただろうが、そうはせずに、精一杯の声援を送った。

 あからさまに批判したら、私が先週のコラムで書いたように、内ゲバになってしまうからだったのか。だが、鶴見氏を引用して送った声援は、敗北前提だった点を忘れてしまったのだろうか。私が彼女の立場だったら「負け戦」などという不吉な言葉は、けっして綴らない(笑)。

軍事研究を潰す「圧力運動」

 さて、左翼勢力が大学や研究機関に圧力をかけて、学問の自由を侵害してきた事実は、別の方面からも明らかになった。私は、北海道大学の奈良林直名誉教授にインタビューした10月28日付の産経新聞記事から、それを知った(https://www.sankei.com/politics/news/201027/plt2010270056-n1.html)。

 奈良林氏はそこで、軍事研究に反対する学者らでつくる「軍学共同反対連絡会」という団体が北大総長との面会を要求したり、公開質問状の送付を繰り返すなどして、研究を断念するよう圧力をかけていた事実を明らかにしている。

 この連絡会は軍事研究に反対する目的で、2016年9月に設立された。共同代表には、名古屋大学名誉教授の池内了氏、立教大学教授の香山リカ氏、岡山大学名誉教授の野田隆三郎氏の3人が名を連ねている(http://no-military-research.jp)。

 連絡会の「申し合わせ事項」によれば、参加者はメールで連絡をとりながら、ホームページやニュースレターで情報を発信し、次のような活動をしている(http://no-military-research.jp/? page_id=900)。

・必要な要請や抗議の提起とその取り組みを行う。
・日本学術会議・同会員への働きかけを行う。
・全国の各大学に軍事研究禁止の明確な見解を出すよう働きかける。
・様々な学会等へ働きかける。
・市民、学生との連携を重視し、追求する。
・学習会の講師派遣などを行い、全国のさまざまな軍学共同反対の活動を支援する。
・記者会見や情報提供などを通してメディアへ働きかける。
・ブックレットや市民向けのパンフを作成し、この問題の普及活動を行う。

Photo_20201030071501

 ここに記されているように、連絡会は主要な活動の1つに「日本学術会議・同会員への働きかけ」を掲げている。大学・研究機関への「申し入れ」も重ねてきた。連絡会のホームページをみると「筑波大学」「宇宙航空研究開発機構」「大阪市立大学」「山口大学」「大分大学」「岡山大学」「東京農工大学」「東海大学」「島根大学」などが彼らのやり玉に挙がっている(http://no-military-research.jp/? cat=11&paged=1)。

北大以外にも及んだ「被害」

 1例として、直近の2020年3月に出された筑波大学への要請文と同大の回答を紹介しよう(http://no-military-research.jp/? p=1717)。

 彼らは、防衛装備庁が安全保障技術研究推進制度として公募した研究開発資金供与に、筑波大学が応募した「高強度カーボンナノチューブを母材とした耐衝撃緩和機構の解明と超耐衝撃材の創出」研究について、次のように横やりを入れた。

 まず、大学への要請文で「軍事利用が明白な制度に最高学府である大学が応募することは、学問研究を本来の目的から逸脱させ、学問研究の軍事協力を推進し、軍事研究との訣別を誓った先人たちの痛切な反省を無にするものです」と断じている。

 そのうえで「様々な兵器や防衛装備品において、衝撃に耐える素材の開発は極めて重要な意味を持っており、貴学がこれを『民生にも使える基礎研究』と考えようと、防衛装備庁が20億円も出すのは兵器や装備品に利用するためにほかなりません」と決めつけた。

 そして「私たちは貴学の安全保障技術研究推進制度への応募・採択に強く抗議し、採択された研究を中止するよう申し入れます」と結んでいる。要請文だけではない。大学と学長に対して、日本学術会議の声明を引用する形で、執拗に質問攻勢をかけた。たとえば、次のようだ。

----------
日本学術会議声明では「安全保障技術研究推進制度では、将来の装備開発につなげるという明確な目的に沿って公募・審査が行われ、外部の専門家でなく同庁内部の職員が研究中の進捗管理を行うなど、政府による研究への介入が著しく、問題が多い」と指摘しています。(略)
貴学の永田学長は国立大学協会の会長をされています。学術会議声明は「学術の健全な発展という見地から、むしろ必要なのは、科学者の研究の自主性・自律性、研究成果の公開性が尊重される民生分野の研究資金の一層の充実である」としています。このことは国立大学協会会長の立場でも強く政府に要請されていることと思います。(略)
国立大学協会は政府に対し、すべての国立大の総意として、「学術の健全な発展」のための科学・技術政策を要請していくべきではないでしょうか。ご存知のように多くの国立大学がこの制度への応募自体を否定している中で、大学として初めて防衛装備庁の大規模研究資金を獲得したことを国立大学協会会長の立場でどのように考えられているのか、お考えをお聞かせください。
----------

 これに対して、筑波大学は最終的に、次のように回答した。

----------
本制度の研究成果については、公募要領に「防衛装備庁が受託者による研究成果の公表を制限することはありません」と記載のあるとおり、防衛装備庁に制限されることなく広く一般に公表されるものである。その時点で、民間企業等も、大学等研究機関も、防衛装備庁も等しく研究成果を利用できるものであり、研究成果が利用されないという担保を取ることはできない。それは他の競争的資金制度での研究成果においても同様のことである。
上記のことから、研究期間中については、基本方針との整合性の確認を含め、継続的にフォローアップに取組み、これらが守られていないようであれば、直ちに研究を中止することとしているものである。
----------

 大学としては、ぎりぎり研究の自由を守る一方、中止の可能性もにじませて、なんとか連絡会の理解を得ようとした、苦しい立場が読み取れる。連絡会の申し入れを受けた別の大学や機関も似たような立場に置かれたであろうことは、容易に推察できる。

 連絡会が民間有志の集まりである以上、彼らがどんな活動をしようと、法に触れない限り、彼らの自由だ。だが、彼らの活動にとって、日本学術会議という政府機関が「錦の御旗」(産経インタビューでの奈良林発言)になっていたのは、隠しようもない。連絡会と学術会議が役割分担しながら「二人三脚」で、学問の自由を侵してきたのだ。

 北大事件について、連絡会のニュースレターは「北大が防衛省の軍事研究応募の3年目の継続申請を辞退したことは英断かつ快挙だ。一つには、大学が、私達の運動と世論、日本学術会議声明を無視し得なくなったからであり、画期的である」と書いている(http://no-military-research.jp/wp1/wp-content/uploads/2018/07/NewsLetter_No23.pdf)。まぎれもなく、彼らの「勝利宣言」だった。

 私は「北大事件」を紹介した10月9日公開コラムで「こうした例は北大に限らず、これまでたくさんあったのだろう」と書いたが、まさにその通りだった(https://gendai.ismedia.jp/articles/-/76267)。

 学問の自由を踏みにじる「左翼の圧力運動」は、多くの国民が知らない間に、あちこちのキャンパスと研究室で繰り広げられていたのである。菅政権はまず、学術会議の解体的見直しを手始めに、対応を急がなければならない。

Photo_20201030065801Photo_20201030070501

関連エントリ 2020/10/18 ⇒ 【千人計画】✍流出する「日本人研究者」なぜ中国へ行くのか
関連エントリ 2020/10/09 ⇒ 【第99代首相】見えてきた✍菅政権の「南北朝鮮政策」
関連エントリ 2020/10/07 ⇒ 【日本学術会議】“あり方”を巡り✍政府<検討委員会>立ち上げへ

 

2020年10月28日 (水)

【座間9人殺害】公判✍白石被告「“承諾殺人”ではない」

 〔強盗強制性交殺人罪など〕白石被告、承諾殺人を否定ー東京地裁 

時事通信 2020年10月28日(水)17時48分配信

 神奈川県座間市のアパートで10~20代の男女9人の遺体が見つかった事件で、強盗・強制性交殺人罪などに問われた白石隆浩被告(30)の裁判員裁判が28日、東京地裁立川支部(矢野直邦裁判長)であり、6番目の被害者となった福島市の女子高校生=当時(17)=に関する被告人質問が行われた。

 被告は殺害の承諾や同意があったか問われると「ありません」と答えた。

 被告は女子高校生について、「恋人と別れ、顔にも自信がないと言っていた。好きになってくれる人を求めて(自分の所に)来たと思った」と話した。

 被告人質問に先立ち書証調べも行われ、検察側は、女子高校生が2017年9月27日に福島駅から高速バスで東京都内へ移動し、翌28日に被告と合流して座間市のアパートを訪れたと説明。事件について「絶対に信じたくない気持ち」「犯人が許せない」とする女子高校生の母親の供述調書も読み上げられた。

 一方、弁護人は、女子高校生の友人らが捜査段階で語ったとされる内容を紹介。女子高校生が事件前、たびたび「死にたい」などと口にしていたと述べた。 

白石被告、捜査段階も「同意なかった」供述 5人目被害者巡り

毎日新聞 2020年10月28日(水)20時27分配信

 神奈川県座間市のアパートで2017年に9人の遺体が見つかった事件で、強盗・強制性交等殺人罪などに問われた白石隆浩被告(30)の裁判員裁判は28日、東京地裁立川支部(矢野直邦裁判長)で、5人目の被害者とされる埼玉県春日部市の女性(当時26歳)の事件に関する白石被告の捜査段階の供述調書が読み上げられた。「(女性は殺害に)同意していなかった」と供述していた。

 検察側が読み上げた供述調書によると、女性は17年9月24日、白石被告と会った後に「寝ている間に殺してほしい」と伝えたという。9人の被害者の中で、会った後にも「殺してほしい」と言ったのはこの女性だけだったというが、白石被告は「(女性を襲った際に)抵抗していたので(殺害への)同意はありえない。私がしたことは殺人罪に当たる」と話していた。白石被告は27日の被告人質問では、殺害の経緯について「正確に記憶していない。捜査段階の方が記憶が新鮮だと思う」と述べていた。

 公判は6人目の被害者とされる福島市の女子高生(当時17歳)の審理に入った。被告人質問で白石被告は「(女子生徒は)金払いがよかった。ヒモになるつもりで口説いた」と述べ、当初は殺害するかどうかを見極めていたが、眠っている姿を見て襲うことを決意したと説明した。

 女子高生の母親の供述調書も読み上げられた。「娘が本当に死にたかったとは到底思えない。17歳で命を絶たれ、悔しくて残念。のうのうと生きている被告を許せない。死刑になってほしい」と心情を吐露していた。

 座間9人殺害事件公判で振り返る「死にたい若者たち 

文春オンライン 2020年10月28日(水)6時01分配信/渋井哲也(ジャーナリスト)

「失神した女性でなければ…」白石被告が法廷で明かした異常な“こだわり”

「4人目を殺害後、失神した女性でなければ、快感を得られなくなった」

 2017年10月に発覚した神奈川県座間市のアパートで男女9人を殺害した事件の裁判員裁判が、10月27日、東京地裁立川支部(矢野直邦裁判長)で行われた。この日は、5人目に殺害したEさん(当時26、女性)に関する被告人質問が行われた。

Eさんの悩みは、「家族から愛されたい」

 白石隆浩被告(30)は、4人目のDさん(当時19、女性)を2017年9月16日に殺害した後、殺害していない女性と同意の上で性行為をしたが、「快感が足りなかった」と証言した。失神した状態で強制性交をすることが目的化していくことを明らかにした。

 冒頭陳述等によると、Eさんは当時無職。弁護側が明らかにしたEさんの悩みは、「家族から愛されたい」というものだった。19歳で夫と結婚。長女を出産する。しかし、家事や育児がうまくできないことから、夫の両親とはうまくいかず、夫と長女と3人で暮らすようになる。その後、Eさんの両親が中古の戸建てを購入。3人はその住宅で暮らすようになった。

 しかし、夫には十分な収入がなく、お金のことで喧嘩になることもあった。そのため、1回目の離婚をする。ただし、3人の生活は続き、復縁する。Eさんは長女を保育園に預けて働こうと思っていたものの、長女に発達障害傾向があり、保育園がなかなか決まらなかった。そのため仕事を始められず、実母から責められることになる。育児疲れから、自殺未遂をしたこともあるが、常に夫が止めていた。

〈いつごろがいいですか? 早く死にたいです〉

 2017年8月30日、夫と2度目の離婚をする。そして、元夫は長女を連れて、自分の実家に住むことになる。自宅はEさんの両親が3人の生活のために購入したものであり、実母は「家から出ていくように」と言ってきた。Eさんは頼る先がなくなった。

 9月23日午前3時8分、EさんはTwitterで、一緒に自殺をする相手を募集するツイートをする。それをきっかけに、白石被告のアカウント「@_」とやりとりが始まる。

@_ フォローありがとうございます。まだ探していますか? 一緒に死にましょう。

Eさん 探しています。よろしければ、ご一緒に死にましょう。

@_ いつごろがいいですか? 早く死にたいです。

Eさん 奇遇ですね。私も今すぐ死にたいです。

@_ 方法は?

Eさん 確実に死ねるなら何でもいいです。

@_ 首吊りはどうでしょうか?

Eさん 問題は場所ですね。失敗したら苦しいので(経験済)

 このやりとりについて、白石被告は「会うことが目的でした。会ったのちに、お金を引っ張るか、もしくはレイプして殺害するか」と検察官に答えている。

「同じ年齢のほうが信用されやすいと思った」

@_ 成功させましょう。森や公園は、整備されたところだと警備は厳しい。整備されていないところだと、樹海のようでとても入りにくい。Eさんの部屋か私の部屋でどうでしょうか?

Eさん 自分の部屋は失敗しています。

@_ 自分の部屋ではどうでしょうか?

Eさん 今日会えればいいのですが。性別や年齢を教えてください。

@_ 大丈夫です。何時ごろがいいですか。26歳男性です。

 このときのやりとりは、白石被告の自宅へ誘い込むための誘導だった。そして、これまで「24歳」と言っていた白石被告だが、今回は本当の年齢を告げた。なぜか。その理由について「Eさんのプロフィールに26歳とあったため、同じ年齢のほうが信用されやすいと思った」と話した。

 ただ、Eさんは日にちをずらす返信をする。

Eさん 1日だけ待ってもらっていいですか? 会いたい人がいます。

@_ まだ幸せになれそうなんですね。

Eさん なれないです。救ってくれるといいんですが。

@_ 元気出せそうなら、死ぬのは中止にしましょう。

Eさん 本当は死ぬ気がなかったんです。でも、2日前から連絡がなくて。

@_ 心の大部分を占めていたものがなくなれば、苦しいですよね。

Eさん 最近、人の感情がわからないんです。

@_ いろいろあって人を信用できないんです。父とTwitterで会った人くらいです。

Eさん お父さんがいればいいじゃないですか。

@_ でも、6年会っていません。両親は離婚しましたし。

Eさん 同じ境遇ですね。自分は話を聞くことはできます。

@_ 死ぬしかできません。

Eさん 一緒に死にましょう。

 こうしたやりとりについて、白石被告は「いい人だと思わせるため」と述べた。

同意に基づく性行為では……

 実は、失神した女性をレイプするという白石被告の“こだわり”が強まるのは、4人目のDさん殺害後だ。

 1人目のAさん殺害より前、お互いの同意に基づいて性行為をしたXさんがいたという。筆者が拘置所で白石被告と面会したときに殺害しなかった4人の存在をあげ、そのうちの1人とは「交際していた」と言っていたが、このXさんのことだろうか。Xさんとは、Dさん殺害後にもう一度会って、同意に基づく性行為をした。その時のことについて、法廷でこう述べた。

「事件前に知り合ったXさんと同意の上で性行為しました。4人を殺害後にも、再びXさんと同意の上でセックスをしたのですが、射精ができませんでした。興奮が足りなかったのです。レイプされることがわかっていない状態で襲うことに興奮しました。いきなり女性に襲いかかることが楽しみになりました。普通の性行為よりもスリルを感じたのです」

 また、弁護側の質問にほとんど黙秘していた白石被告だが、こうも答えている。

「今、冷静に考えれば、いきなり女性を襲うことも楽しみだったと推察します」

女性を無理やり襲うこと自体も、事件の動機だった?

 ただ、弁護側としては初耳だったようで、「そのことはこの公判で初めて言いましたよね?」と問いただした。白石被告は「取り調べでは話したかもしれない」と述べた。弁護側は「それは動機に関わる重要なこと。楽しみと話していたら、必ず調書に書かれているはずだが、書かれていない」と再度問いただす。

 それに対して、白石被告は「失神後の女性との性行為については話したが、そもそも、女性を襲うこと自体について、捜査段階で深掘りがされなかったのだろう。初めて言ったのかどうかは思い出せません」と答えた。つまり、失神後にするレイプだけでなく、抵抗している女性を無理やり襲うこと自体も、事件の動機だったことになる。これが当時の感情なのか、今の感情なのか、現段階では判断できない。

壮絶な犯行現場「ノコギリで首を切り落とし、ぴちゃんぴちゃんと血が一滴ずつ落ちて…」

 神奈川県座間市のアパートで男女9人を殺害した事件をめぐる、白石隆浩被告(30)の証言は続いた。

 10月27日の法廷では、5人目に殺害されたEさん(当時26、女性)の場合は、それまでの4人と違って、部屋で話をして、薬や酒を飲ませて、眠くなってきた状態で襲ったわけではないことが明らかになった。Eさんは、元夫とLINEをしたり、電話をするために、白石被告のアパートを少なくとも5回以上は出入りしていたという。

「私が寝た後で、殺してください」とEさん

 Eさんは、2017年9月24日7時台に相武台前駅で白石被告と合流している。8時ごろには、部屋についているが、その後、元夫とLINEをしている。

Eさん 今日会えない。出かけることにした。

元夫 大丈夫?

Eさん さいなら。

元夫 どうした?

(その後、元夫から4分55秒の通話)

元夫 連絡して。

(その後、Eさんから40秒の通話)

Eさん 死ぬの怖い。

元夫 ちゃんと話し合おう。

Eさん うちが死んだら悲しい?

元夫 悲しむよ。あたり前だろ。

Eさん ありがとう。今、吊っているけど、うまくいかない。

元夫 やめたら。

Eさん やめないよ。みんな私を煙たがっている。

 こうしたやりとりをした後、Eさんはまた白石被告の部屋に戻る。部屋に来る前、Eさんは「私が寝た後で、殺してください」と白石被告に話をしていた。しかし、部屋に来たときには、Eさんは何度も出入りをしていたため、ヒモになれるのかどうかの見極めに時間がかかった。

バッグの中にあったポーチから、所持金数千円を奪った

 そのため、白石被告は「(Eさんが)帰ってしまうのではないか」と考え、Eさんが部屋に戻ってきたときに、玄関の鍵を閉め、薬やお酒が十分に効いていないかもしれない段階で襲った。

「Bさん、Dさんを殺害するときは、薬やお酒が効き、床に手をつき、ぐったりしていた状態のときに、いきなり背後から胸を触って、首を絞めるという手順でした。しかし、Eさんの場合、急に襲って、胸を触らずに、首を絞め、引き倒したという記憶があります。(Eさん以外の)他の人は部屋で話し込んでいたのでそうしましたが、Eさんの場合は、出入りを繰り返していましたので、部屋に戻ったときに急に襲いました」

 襲いかかる時、壊れないようにメガネを外し、浴室に置いていた。その後、レイプをして、下着や上着を着せて、ロープに吊るし、バッグの中にあったポーチから、所持金数千円を奪った。そして、30分から1時間放置し、死亡確認をした。検察側の質問にこう答えた。

「立ち姿勢か、座り姿勢だったかは覚えていないが、背後から右手で首を絞め、左手で顎や口をおさえました。首を絞めるときは、Eさんの顔を見ていません。もし、指で目を突かれたら困るから、顔はEさんの胸やお腹の付近にありました。基本的には相手の指が届かない位置です。

 その後、失神するまでの記憶はありません。おなかを殴ったかどうかは記憶にありません。やったかもしれないし、曖昧です。失神したとわかったのは、相手の抵抗がなくなったからです。一方的な格闘でした。私のほうが力が強いからです。失神後は、陰茎部を挿入し、射精しました」

首を切り落とすための時間は1分から3分

 首を吊った後、放置している中で、遺体を解体するため、ノコギリや包丁の準備をした。

「包丁で皮を剥ぎ、ノコギリで首を切り落とした。切り落とすための時間は1分から3分。切り落とした後は、血抜きをするために、30分から1時間放置しました。最初は水道から水が出るように血が出ているのですが、そのうち、ぴちゃんぴちゃんと血が一滴ずつ落ちている状態になり、血抜きが終わったと判断しました。

 その後、大きな骨と頭部は、猫砂を入れたクーラーボックスの中に入れました。しばらく胴体は浴槽に浮かせて、腐敗を防ぐために、ロックアイスも入れました。消臭のため、柔軟剤を浴槽に入れたり、浴室の換気部分にかけました」

 白石被告は、1人目のAさん殺害後は頭痛に悩まされたという。しかし、Eさん殺害では頭痛などの症状はなかった。コンビニで買ったペペロンチーノやサラダチキンを食べていた。

「食欲の減退はありませんでした」

遺族は「罪を償ってほしいです。死刑を求めます」

 前日、Eさんの母親が証人として出廷。「事件が起きてからすごく苦しくて、これからも苦しい思いをしていかなければならない。そのことをわかってほしい。被告人には少しでも苦しさを理解してほしい。罪を償ってほしいです。死刑を求めます」と涙ながらに証言した。

 また、元夫も証言し、「離婚したのは、一度離れてみようと思ったから。娘とも2週間に1回は会う約束をしていました。最後に会ったのは9月20日。元妻はいつもと変わらない様子でした。(事件後の)9月27日には、これからどうするかの家族会議が開かれることになっていました」などと話した。

 ちなみに、Eさんがいなくなって、母親は警察に行方不明者届を出している。そのとき、Eさんの家にいくと、正面玄関には「おそ松さん」グッズが大量に置かれており、勝手口から家の中に入ったという。そして、テーブルの上にあった名前や作成日はないメモには、「ひつようとされていない。じゃまものあつかい。きらわれもの、もういやだ。こんどこそせいこうさせよう。じさつしたひとがうらやましい」などと書かれていた。

 ただし、この日の法廷でも、白石被告は承諾殺人を否定した。

Photo_20201029064501Photo_20201029064701

 神戸教員いじめ事件」大バッシングを受けた加害者たち“その後 

現代ビジネス 2020年10月28日(水)7時31分配信/秋山 謙一郎(ジャーナリスト)

 やはり、もう、教壇に二度と立つことはないのだろう。犯した罪は、それだけ大きかったということだ。

 昨年、2019年秋に発覚した神戸市教員間いじめ問題で、今年2月、いじめ行為を行っていた加害4教諭のうち、蔀俊、柴田祐介ら両教諭に懲戒免職処分、“女帝”とよばれ、いじめの黒幕とされた40代女性教諭と、その使い走りといわれる30代男性教諭に、それぞれ停職3ヵ月、減給3ヵ月の処分が下された(拙稿『神戸「教員いじめ・暴行事件」、加害者たちは今何をしているのか』)。

 いじめ被害にあった教諭も、関係者によると、すでに復職、現在は、事件の舞台となった神戸市立東須磨小学校とは「別の小学校で心機一転、元気に勤務している」ことから、事件そのものは、コロナ禍での喧噪もあってか、日を追うごとに風化の一途へと向かいつつある。

 だが、事件の舞台となった神戸市民はもちろん、小学生の子を持つ親にとって、やはりこの事件は、未だ忘れられるものではない。

教育現場復帰は現実的ではないが…

 「もしかしたら、また復職して、うちの子の担任になるのではないかと思うと不安でたまりません」

 こう語るのは、神戸市内に住む小学校4年生の子を持つ母親だ。神戸市民のみならず、全国にいる小学生の子を持つ親の不安は、まさに、「やがて、いじめ加害教諭が復職、自分の子の担任になるのではないか」という一点に尽きよう。

 もっとも、懲戒免職となった蔀、柴田の2元教諭は、すでに教員免許状が失効、神戸市以外の自治体や私立学校での教育現場復帰は、もはや現実的ではない。

 制度上、失効した教員免許状の再申請も可能ではあるものの、これだけ世間を騒がせた事件の当事者であることから、他自治体や私立学校が「教諭職」として、あらたに採用する可能性は、ほぼゼロだからだ。

 「わざわざ、世間を騒がせて、いじめ事件の当事者として名が知られている“元教諭”を採用する自治体はない。私立学校でも、二の足を踏むだろう。そんなリスクを取らなくても、もっと教員として相応しい人格の、若い優秀な人は、募れば大勢いるのだから」

 このように、神戸市の小学校で校長を最後に退職した校長経験者は、懲戒免職となった2教諭をはじめ、事件に関わり、その後、神戸市教育委員会へと異動となった加害2教諭と、事件の大きな遠因を作ったとされる前々校長(元校長)らの教育現場復帰は、「まず、あり得ない」と断言する。これは概ね教育関係者たちの間では衆目の一致した見方だ。

仁王前校長は何をしているのか

 さて、前出の校長経験者が言う、「事件に関わった者たち」のうち、事件発覚時の校長、仁王美貴前校長だけが抜けていた。これは、その受けた処分が「監督責任のみを問われたもの」だからだそうだ。

 そうすると事件で処分された者のうち、唯一、仁王前校長のみが、教育現場復帰の含みが残されているといったところか。神戸市教育委員会(以下、市教委と略)に問うてみた。

 「まず、ありません。すくなくとも、今年度、来年度といった期間では、ありえません」

 市教委によると、仁王前校長は、事件後、市教委の上席にある者から、「厳しい内容を持つ研修の意味合いを含めた説諭」(市教委)を受け、校長職を外された。そして市教委へと異動。現在は、ここで事務の仕事に就いている。特に研修を受けることを求められておらず、ごく一般の勤務を行っているという。これは教員や公務員らによると、その世界では、すでに「禊は済んだ」という理解だ。

 とはいえ、事件時、55歳だった仁王前校長の年齢、先の市教委の回答を踏まえると、実質的に教育現場への復帰の道は閉ざされたものとみるのが妥当かもしれない。

前々校長と加害2教諭の現在

 もっとも、教員世界、あるいは公務員のそれでは、皮一枚、首が繋がった格好の仁王前校長とは異なり、他の事件関係者は、すでに懲戒免職となった蔀、柴田の2教諭を除き、現在も、事件への反省を余儀なくされており、教育現場復帰は、完全に閉ざされたといえよう。

Photo_20201029065401Photo_20201029065901

 「前々校長の芝本、残る加害2教諭については、市教委にて、カリキュラムを組み、研修を受けさせています」(市教委)

 その内容は、芝本前校長がパワハラ、残る加害2教諭がいじめやハラスメントといった内容への理解を深めるものだそうだ。彼らは、現在、市教委で勤務の傍ら、上席者の指導の下、時にワークショップ型の研修を施されているという。その主眼とするところは、関係者によると、あくまでも、「教育関係職としてふさわしい適格性を養うためのもの」だという。実際、彼らは、事件後も、その職種は「教諭」のままだ。

 こうしてみると、やはり、遠い将来、事件のほとぼりが冷めた頃、彼らが教育現場に舞い戻ってくる可能性が残されているようにも思える。そうした記者の声なき声に応えるかのように、市教委は、こう回答した。

 「研修の目的は、教育現場復帰を目指すためのものではなく、教育委員会という教育に携わる場で働く者として、必要なそれを身に着けさせるためのものです」

 教育行政を掌る教育委員会の仕事は、学校教育、図書館や公民館といった社会教育、その他、ありとあらゆる事務と多岐に渡る。そのどれもが、教育という一点に集中する。そこでの事務の仕事を行うといえども、やはり教育に携わる者としての適格性が必要だ。そのための研修であり、決して、「来る教育現場復帰に備えてのそれではない」(市教委)という。

加害側に取材を申し込んでみると…

 さて、この事件処分者への待遇について、前出の神戸市校長経験者らに謎解きをしてもらった。その内容は概ね、次の通りだ。

 「監督責任のみを問われた仁王前校長は、定年退職後、例えば児童館など、教育関連職での再就職の可能性が残されている。そして神戸市の校長や教員経験者OB・OGの集まりでも、それなりの居場所を用意されるはずだ。ただし叙勲は難しいだろう」

 対して、厳しい処遇が続く、芝本元校長、残る加害2教諭については、定年後も茨の道が強いられそうだ。

 「勝手にマスコミに登場し、単独で取材を受けた芝本元校長は、もう居場所はない。定年後、すくなくとも神戸市の教育関連職への再就職への斡旋もなければ、採用もないだろう。当然、叙勲もない。残る加害2教諭も同じ」

 一般人には窺い知れない処遇の差は、このような形で“処分”として続くのだ。これが生涯続く。これこそが彼らにとっての罰なのかもしれない。

 しかし、それでも、ごく一般の市民感覚では、彼らが手厚い公務員身分に守られ、安定した給与を手にしながら、勤務の傍ら、研修という名の“お勉強”を税金でさせて貰っていることに、すくなからず怒りを覚える向きもあるだろう。

 そんな彼らは、今、何を思い、事件にどう向き合ってきたのか。市教委に、加害2教諭と、仁王前・芝本元両校長への取材を申し込んでみた。その回答は「仲介は致しかねます――」(市教委)と、にべもないものだった。

 ところが、「市教委として仲介はしないが、マスコミ側が本人と接触、本人が単独で取材を受けることについては市教委側は関知しない」(同)と言う。

 裏を返せば、これはもう、「いちいち市教委や神戸市を通さず、好きに本人とコンタクトを取れ」という意味と理解できる。事実、市教委幹部のひとりは、私的な意見と前置きしつつ、「組織としてマスコミ取材から彼らを庇いだてやしない」「ノーガード」と語った。

 市教委としても、もう、彼らを、持て余しているようだ。

 もちろん、これまでにも、懲戒免職となった蔀、柴田の2元教諭を含め、彼ら事件処分者たちに取材受けの交渉を行ってきたが、現時点では、残念ながら捗々しい回答を得ることができなかった。

公務員はこんなに手厚く守られている

 神戸市教諭の身分を持つ彼らは、今でこそ教壇にこそ立っていないものの、歴とした教育職の公務員だ。市民への責任がある。今日明日とは言わないが、事件後から今日まで、どう過ごし、何を思うのか、公務員として、みずからの声で市民に説明しても罰はあたらないだろう。

 懲戒免職処分により、「神戸市や市教委とは、もう何の関係もない人」(市教委幹部)となった蔀、柴田の両元教諭も、今では“元”がつくとはいえ、やはり公務員、その身分は手厚く守られている。教育関係者や弁護士らによると、彼らが、みずからに下された処分が重たすぎるとして訴訟を起こせば、それが覆る可能性がまだ残されているからだ。

 もし、司法が、そのような判断を下せば、細かい手続き上の問題はさておき、「神戸市教諭」として復職、その際には、「懲戒免職後から復職時までの給与、ボーナスなどの支給が行われることになる」(弁護士)という。

 あくまでも仮定の話だが、もし懲戒免職となった2教諭が復職した場合、他の加害教諭らと同様、「市教委で研修を受けつつ事務を執る」仕事に就き、そのまま定年退職を迎える公算が強い。

 かくも公務員とは、一度、なってしまえば、辞めてもなお、手厚く守られる。はたして、これは、今の時代、市民に受け入れられるのだろうか。

 教育職であるか行政職であるかどうかを問わず、懲戒処分を受けた公務員は、その後、懲戒理由となった事件に、どう向き合い、何を思ったか、一定期間、地方自治体や教育委員会のHPなどで、これを市民に伝えるような仕組みを制度化が急務である。

 そうでもしなければ、彼らもまた、ずっと、ネットを通した大勢の声に苦しめられることになる。声をあげるネット民のなかには義憤に駆られて、あらぬ行動に出る者もいるかもしれない。そうした暴挙を事前に防ぐためにも、市教委による彼らへの“処分後の対応”の可視化が必要だ。

Photo_20201029071301

関連エントリ 2020/10/27 ⇒ 【座間9人殺害】公判✍被害者遺族「“殺害同意”あり得ない」
関連エントリ 2020/10/13 ⇒ 【耳学】“犯罪者天国”✍「南アフリカ共和国」警察機構の闇
関連エントリ 2017/11/01 ⇒ 【生首コレクター】<逮捕された部屋の男性>✍殺害も認める・・・・

 

2020年10月27日 (火)

【座間9人殺害】公判✍被害者遺族「“殺害同意”あり得ない」

 娘のために」埼玉春日部の26歳遺族主張殺害同意あり得ない 

毎日新聞 2020年10月26日(月)20時53分配信

 神奈川県座間市のアパートで2017年に9人の遺体が見つかった事件で、強盗・強制性交等殺人罪などに問われた白石隆浩被告(30)の裁判員裁判は26日、東京地裁立川支部(矢野直邦裁判長)で、5人目の被害者とされる埼玉県春日部市の女性(当時26歳)の事件の審理が始まった。元夫が証人出廷し、女性との間には9歳になる娘がおり、「子どものことを第一に考える人だった。(殺害に同意することは)あり得ない」と答えた。

 検察側の質問に答えた元夫は「裕福でなかったので、食べ物や着る物も娘を優先させていた」と振り返った。娘は今も事件のことを知らず、元夫に「ママはどこに行ったの」と問いかけるという。昨年、墓参りをした際に伝えようとしたが、「勇気がなくて言えなかった」と声を詰まらせた。

 検察側は、女性は一時同居していた義理の両親と関係が悪くなり、精神的に不安定になったと指摘。17年8月に離婚し、同年9月23日にツイッターで被告と知り合うと、24日に被告宅に向かって被害に遭ったとしている。殺害への承諾があったとする弁護側の主張について、「離婚後も一緒にいたいと本人から聞いており、あり得ない」と語った。過去には「自殺を止めてほしい」と伝えられたこともあったと述べた。

 女性の母も出廷。「もう二度と娘に会えないと思うと生きていくのも苦しい」と涙声で語った。「そばにいてあげればこうはならなかったのか」と自分を責めたこともあるといい、白石被告に対しては「ずっと苦しい気持ちで生きていかねばならないことを分かってほしい」と訴えた。元夫と母はともに死刑を求めた。

 法廷では傍聴人や被告から証人の姿が見えないよう、ついたてが立てられた。

 白石隆浩被告(30)「普通の状態を襲うこと快感に 

産経新聞 2020年10月26日(月)18時57分配信

 神奈川県座間市のアパートで平成29年、男女9人が殺害された事件で、強盗強制性交殺人などの罪に問われた無職、白石隆浩被告(30)の裁判員裁判の第11回公判が26日、東京地裁立川支部(矢野直邦裁判長)で開かれた。白石被告は被告人質問で、4番目に犠牲となった大学2年の女子学生=当時(19)=について、直接会ってから具体的な自殺の話題は「一切出なかった」とし、殺害時は突然襲ったと振り返った。

 被告は一緒に自殺する口実で学生と連絡を取ったが、直接会ってからは具体的な自殺方法などの話題は出ず、悩みも「聞けなかった」と説明。殺害時の記憶は「断片的」としつつ、「相手が普通にしている状態を襲うことが快感につながった」と述べた。殺害直前に自殺を勧めたり、殺害の同意を得たりしなかったとの認識も示した。

 また、5番目に犠牲となった無職女性=同(26)の事件に関する証拠調べも行われ、女性の元夫と母親が証人として出廷。女性は生前、首にロープをかけるなど自殺未遂をしていたが、元夫は「死にたくないし、止めてほしかったと聞いていた。本気で自殺しない確信はあった」とし、「殺害の承諾はあり得ないと思う」と証言。2人とも被告に死刑を望むとした。

 この日の被告人質問では、犠牲者らと同時期にSNS(会員制交流サイト)で出会い、10日間ほどアパートに滞在した女性についても触れられた。

 被告は、仕事や身なりから収入があると感じ、飲食や生活費に3万円程度の支払いをさせていたと言及。金が得られなければ殺害したか問われると「関係は良好と思っていたので(殺そうという)考えはなかった」とし、殺害するかどうかは「状況によりけりで、収入がなくても私に対して分かりやすい好意を示すなら付き合うことなどを考えていた」と述べた。

 女性は後に、親が心配しているとの理由で被告の元を去ったという。

 座間9人殺害事件公判で振り返る「死にたい若者たち 

文春オンライン 2020年10月23日(金)21時18分配信/渋井哲也(ジャーナリスト)

「腕や足を切り落とし、胴体解体に入ろうと…」白石被告の遺体解体を目撃していた女性がいた

「まだ募集していますでしょうか?」

 2017年に神奈川県座間市のアパートで男女9人の遺体が発見された事件について、裁判員裁判が東京地裁立川支部で行われている。10月21日には、4人目に殺害された大学生Dさん(埼玉県所沢市、当時19、女性)に関する被告人質問が行われた。

白石被告は「37アカウント」とやりとりしていた

 Dさんは大学の成績悪化と、それに関する母親の叱責の後で、Twitterにて一緒に自殺する相手を募集するツイートをした。その投稿を見た白石隆浩被告(30)がダイレクトメール(DM)を送ることで接点ができたという。冒頭の言葉は、白石被告が最初にDさんに送ったDMの内容だった。しかも、このDさん殺害後の遺体解体作業を目撃していた女性がいたことも明らかになった。

 白石被告は、2017年8月22日、「@_」や「@死にたい」というTwitterアカウントを開設した。それまでと同じように、女性のヒモになるか、ならなければ強制性交をした後、殺害し、所持金を奪おうとしていた。8月30日、9月4日にはホームセンターで遺体解体に必要な道具を購入している。ちなみに、これらのアカウントで「数十のアカウントとやりとりした」と白石被告は言うが、検察官は捜査段階の確認作業から「37アカウント」と示した。

 そんな中で、白石被告は4人目に殺害するDさんと会う前、Yさんと知り合っていた。YさんもTwitterで希死念慮を表明するツイートをしていた。DMのやりとりをした後、LINEのIDを交換し、やりとりを始めていた。以下は9月12日のLINEのメッセージだ。

白石 Yさん?

Yさん そうです。

白石 よろしくお願いします。何時ごろになりますか?

Yさん こちらこそよろしくお願いします。車で行こうと思いますが、何時ごろまでに行けばよいですか?

白石 駐車場がないんですよ。放置しますか?

Yさん 駐車場がないのですね。放置でもいいです。

白石 電車でもいいですよ。

Yさん 名前と年齢、性別を聞いていいですか。

白石 リョウ、24歳、男性です。首吊りするだけにロフト付きの部屋にしました(笑)

 このとき、「24歳」と称していたが、白石被告は「相手に近い年齢のほうが信用される」と思っていたようだ。さらに、9月13日から14日にかけて、次のようなやりとりをしていた。

Yさん 本当に死にますか?

白石 縄、薬、首吊りするための台、準備があります。現場を見てからでもかまいません。

Yさん リョウさん、信じて向かいます。今日は、お昼頃に出ます。

Yさん さっき出ました。早くて17時15分に到着します。

白石 到着したら連絡ください

(LINE通話)

 そして「一緒に死ぬ」という目的で、9月14日17時27分、最寄りの小田急線相武台駅で合流する。

「Yさんは、性行為をしないほうが親密になれる」

「合流した後、部屋に連れてきましたが、Yさんからお金をひっぱれるかどうかを見極めるためでした。その結果、お金をひっぱれると判断しました。収入がありそうでした」

 検察官から「なぜ、そう思ったのか?」「相手の職業はなんなのか?」と聞かれると、白石被告は最初、「個人情報なので」と職業を明かさなかった。しかし、検察官に「特定されない形で」と言われて、「夜の商売」と答えた。飲食業なのか、性風俗業かは曖昧にしていたが、実は、これがYさんが殺されなかった理由にもつながる。

「Yさんとは性行為をしていません。性行為をしたほうが親密になれる女性と、しないほうが親密になれる女性がいます。Yさんは、しないほうが親密になれると思いました。なぜなら、Yさんは夜の仕事をしていました。仕事で体を求められる女性はしないほうがいいと思ったんです。スカウト時代にそういう女性を見てきました」

LINEで「手ぶらで大丈夫です」

 親密になった白石被告とYさんは、9月23日までの10日間を、殺害された女性の遺体がある部屋の中で過ごしたことになる。しかも、その間、4人目の被害者Dさんが、白石被告の部屋に来ることになる。Yさんと会ったその日に、Dさんともやりとりしている。

「死にたい」 フォロー、ありがとうございます。まだ募集していますでしょうか?

Dさん まだ募集しています、2、3日中に実行しようと思っています。

「死にたい」 薬、縄を準備しています。

Dさん 方法や名前、性別、年齢をお願いします。

「死にたい」 ショウ、24歳の男性です。立ち姿勢、正座姿勢で首吊り自殺をするためにロフト付きの部屋を借りました。

Dさん ありがとうございます。ご都合が良ければ、今週の金曜日の夜でいかがでしょうか。

「死にたい」 わかりました。

Dさん 疑うわけではないですが、連絡先をお願いしてよろしいでしょうか。

「死にたい」 カカオやLINEでもよいでしょうか? 個人情報がわかってしまいますので。

Dさん LINEでお願いします。

「死にたい」 IDかQRコードでお願いします。

Dさん IDは×××です。

「死にたい」 送らせていただきました。

 その後のやりとりはLINEに移る。そして具体的な日程を決めた。

Dさん 日が沈む前ではなく、遅くなってしまいますが、大丈夫でしょうか。

白石 遅くなっても大丈夫です。

Dさん お手数かけます。

白石 万全を期すつもりです。

Dさん こちらこそ、よろしくお願いします。

白石 不安なことや不明なことがあれば、いつでも聞いてください。

Dさん こちらから用意したり、もちよったほうがいいものはありますか?

白石 手ぶらで大丈夫です。

Dさん 終わりが近づいたことで、少しだけ落ち着いて過ごせています。

Photo_20201027093201Photo_20201027084701

大学の「親子面談」を避けるために……

 こうしたやりとりを見ていると、Dさんが自殺相手を募集し、「9月16日」を指定している。なぜ、この日だったのか。それは弁護側が明らかにしている。実は、Dさんは大学の成績が振るわず、留年の心配をした大学側が、「親子面談」を指定してきたのだ。その日は「9月16日」だった。親子面談を避けるために、Dさんは白石に会う選択をしていることになる。

 9月16日は、Dさんはイタリアン料理の店でのアルバイトを終えて、22時30分ごろ、座間市へ向かった。実はこのとき、連絡が取れなくなった母親が、バイト先まで車で迎えに来ている。LINEでメッセージを送っても、電話をしても、Dさんからの応答はなかった。そして、深夜の0時26分に相武台駅の改札を出ている。

 このとき、白石被告は、防犯カメラがあると思われる、改札前で待ち合わせをしている。そして、それまでの被害者については失踪を装う工作をしていたが、Dさんのときはしていない。このとき、白石被告は「Twitterの友人がくる」といい、Yさんを駅前のカラオケ店に行かせている。

「この段階で3人の女性を殺害したが、警察の捜査が自分に及ばなかったことで心の中で油断しました。失踪を装うことも考えましたが、Yさんを待たせていたので、工作せずにやってしまおうと思いました」

「腕や足を切り落とし、胴体の解体に入ろうとしていた」

 それまでの3人の殺害は、悩みを深掘りし、長い時間話をしたところで、殺害に及んでいる。しかし、Dさんは部屋に呼んで1時間も経たないうちに殺害している。筆者との拘置所での面会時には「3人目以降はあまり覚えていない」と語っていたが、たしかに法廷での返答にも「記憶がない」「覚えてない」がそれまでよりも多くなった印象を受けた。Dさんのときも、これまでと同じように、背後から襲い、失神させ、レイプして、殺害している。

 しかし、このときの遺体の解体は時間がかかっていた。長い時間がかかったため、朝を迎えてしまう。Yさんから翌朝、「何かありました?」とのLINEのメッセージが届く。しかし、白石被告は眠くなって、寝てしまっていた。このとき、まだ解体が終わっていないものの、Yさんが部屋まで戻ってきた。玄関先でYさんを迎えた白石被告は、部屋に入れる。

「まだ解体中でした。腕や足を切り落とし、胴体の解体に入ろうとしていたところでした。そのため、トイレは見ないでと言い、ロフトにあげたのです。このとき、解体の場面を見せているということは、事前に『Twitterの人と会って、自殺の手伝いをして、解体するかもしれない』と言っていたと思います。Yさんが警察に通報するかもしれないとも考えましたが、大丈夫だと思いました。知り合って、時間も経っていたし、信用、信頼、恋愛、依存のいずれかの感じがありました。私が逮捕されたら、Yさん自身が困るのではないかと思っていました」

案の定、Yさんは警察に通報しない

 そもそも、レイプをした後に生かして帰すと犯罪が発覚する。もし、発覚すれば、執行猶予中だったために、確実に実刑になる。それを避けるために殺害を繰り返した。にもかかわらず、Yさんを帰しても、警察に通報しないと確信していたようだ。案の定、Yさんは警察に通報しない。「信用、信頼、恋愛、依存のいずれかの感じ」があったという、この2人の関係性も不思議なものだ。

 とはいえ、2人が完全に密接な関係になったわけではない。遺体が多くなってきたため、白石被告は、Yさんに「部屋に遺体の数が増えていったので、どこかに隠したい。レンタルルームを、Yさんの名義で借りてほしい」とお願いをした。しかし、Yさんが断った。どこまでも一緒というほどの関係ではない。

 白石被告はその後、Yさんに「生活費が足りないから、5万円を送ってくれないか?」と要求していた。Yさんも「振り込む」と応じていたという。

 この日の法廷でも、白石被告は当初、弁護側質問に「答えるつもりはありません」と拒否していた。しかし、検察側からの質問に答えた後の、弁護側質問には応じた。この中でわかったのは、Yさんは結局、5万円を白石被告に振り込んでいないことだ。なぜなら、白石被告が生活費を要求したのが10月26日。逮捕された10月31日の5日前のことで、Yさんは報道で白石被告の逮捕を知り、振り込まなかったのだ。

Photo_20201027093501

関連エントリ 2020/10/17 ⇒ 【実録】座間9人殺害事件公判で振り返る「死にたい」若者たち
関連エントリ 2020/10/13 ⇒ 【耳学】“犯罪者天国”✍「南アフリカ共和国」警察機構の闇
関連エントリ 2017/11/01 ⇒ 【生首コレクター】<逮捕された部屋の男性>✍殺害も認める・・・・

Photo_20201027092801

 絵画の穴からスマホで…性行為隠し撮り、被害に気付かぬ人も 

朝日新聞デジタル 2020年10月26日(月)13時20分配信

 女性らとの性行為を隠し撮りし、その動画のネット投稿を繰り返していた30代の男が今年3月、わいせつ電磁的記録記録媒体陳列とリベンジポルノ防止法違反の罪で有罪判決を受けた。兵庫県警は判決確定後も、さらに8人分の被害を裏付けた。量刑は重くならないが、立件した訳とは――。

 神戸地裁判決によると、男は2017~19年、10~30代だった女性8人との性行為の様子を撮影し、その動画を女性の顔がわかる状態で動画投稿サイトに投稿した。判決は今年3月9日付。男は控訴せず、懲役3年執行猶予5年、罰金100万円の有罪判決が確定した。

 県警によると、被害に遭ったのは、出会い系アプリを通じて男と知り合い、ホテルに呼び出された女性たち。男はホテル室の壁に小さな絵画を掛けておき、絵画に開けた小さな穴からスマートフォンで隠し撮りしていた。近くで注視しないと、スマホのカメラに気づかないほど巧妙だったという。

 県警は判決が確定した後も捜査を続けた。無料通信アプリ「LINE(ライン)」「カカオトーク」のやりとりを解析するなどし、さらに8人の被害を裏付け、書類送検したという。

 新たに複数の被害が発覚しても、すでに判決が出ていることや全体として一つの罪として考えられるため、新たに罪に問われたり量刑に影響したりしないとされる。

 ある捜査関係者は「容疑者をより重く処罰するためではなく、被害者保護のための捜査だった」。隠し撮りされた動画がネット上にさらされていることに気づかない被害者も多い。「被害を知らせてあげれば、サイトに削除要請するなどの対策もとれる」と話す。

 

2020年10月26日 (月)

【自粛から自衛へ】ここまで変わった<新型コロナ>ライフスタイル

新型コロナ流行でどんな出費が増えた健康への意識高まりも

ファイナンシャルフィールド 2020年10月26日(月)19時10分配信

 新型コロナウイルス感染症の流行は私たちの暮らしを大きく変えました。外出する機会が減り、家で過ごす時間が長くなると、お金の使い方が変わってきます。また、ウイルスに感染しないように気を使ったり、運動不足を気にしたりと、健康への意識も変わりました。

 SOMPOひまわり生命保険株式会社は、新型コロナウイルス感染症の流行が人々の生活にどのような影響を与えたのか、「貯蓄」と「消費」、「健康意識の変化」の視点でアンケート調査を実施しました。さっそく結果を見ていきましょう。

新型コロナで貯蓄が減った人もいれば増えた人もいる。20代で貯蓄に回すお金が増えた

 最初に、新型コロナウイルス感染症の流行による貯蓄率の変化を聞いたところ、「~4月初旬ごろ」では23.2%、「5月下旬以降」では30.8%と、貯蓄に回すお金が「減った」人は7.6%増加しました。新型コロナの流行が長期化することで、貯蓄が困難になった人が増えたのだと考えられます。

 一方、貯蓄率が「増えた」という人も、「~4月初旬ごろ」では8.2%だったのが、「4月初旬ごろ~5月下旬ごろ」では12.4%に増えています。外出自粛でお金を使う機会が減ったことや、一律10万円の特別定額給付金が支給され、貯蓄が増えた人も一定数いるようです。

 年代別に見ると、20代では「貯蓄する割合が増えた」もしくは「かなり増えた」と回答した割合が他の世代と比較して高くなりました。20代では、独身だったり子どもがいても小さかったりで、教育費や住宅の支出が少なく、貯蓄に回せるお金が他の年代に比べて比較的多いのではないでしょうか。また、コロナ禍における将来への不安から貯蓄する割合を増やしたのかもしれません。

おうち時間を快適にするための出費が増。20代では自分磨きにもお金を使う

 次に、新型コロナウイルス感染症の流行で、去年の2月から9月末と今年の同時期と比較し、出費が増えた使い道・減った使い道を聞きました。出費が大きく「減った」項目は、「交際費(65.3%減)」、「家外娯楽費(54.6%減)」、「交通費(42.7%減)」、「衣服・美容費(40.1%減)」でした。外出自粛で交際費や家外娯楽費、交通費が減ったほか、外出しないことで身なりに気を遣わなくなり、衣服や美容費も減ったようです。

 一方、出費が「増えた」項目は、「食費(自炊)(31.2%増)」、「食費(デリバリー等)(24.5%増)」、「日用品費(23.9%増)」で、家中消費が増えたようです。年代別に見ると、20代から40代では「家中娯楽費」や「自宅環境整備費」が増えており、おうち時間を快適にする工夫をすることにお金を使っていることがわかりました。

 特に20代では「自己研鑽費」が増えた人が16%と、2位の30代の2倍となっています。ステイホームで自分の時間が増えたため、将来を見据え、資格取得などの自己投資をしていることが伺えます。若い世代ではウィズコロナや、ポストコロナへの適応能力がより高いようです。

新型コロナで健康への意識高まる。新たに健康への取り組みを始めた人も多い

 新型コロナウイルス感染症によって、健康に対する意識はどのように変化があったか尋ねると、どの年代も6割以上の人が健康に対する意識が高まったと回答しました。年代が上がるほど健康への意識は高まり、特に60代は76.5%となりました。

 また、新たに始めた健康習慣があるか聞いたところ、今度は若い世代の方が「ある」と回答した人の割合が高い結果に。特に20代では5割を超えました。30代から50代でも4割が新たに始めた健康習慣があると回答しています。

 具体的は、「自炊」「食事量・間食量の調整」、「体重・体脂肪率等の管理」、「ランニング等の自宅周辺での運動」、「睡眠時間や睡眠の質の把握」などに取り組む人が多いようです。テレワークなどで運動不足を自覚し、運動を始めたり、免疫力アップのために食生活を見直すなど、手軽にできるところから始めているみたいですね。

 健康のために「これから取り入れたいこと」では、「オンライン・映像・ゲームを活用した自宅での運動」や「マインドフルネス・瞑想」など、新しい健康習慣も上位に挙げられました。

 新型コロナで行動が制限され、嫌なことが多いですが、家の中を充実させたり、健康的な生活に目覚めたりと、自主的に生活の質をアップしようとしている人が多いようです。いつまでコロナ禍が続くかわかりませんので、前向きにとらえ、日々の生活を少しでも楽しく、快適に過ごせるよう工夫したいですね。

 新型コロナ、私たちと「住まい」への価値観をどう変えたのか 

TOKYO HEADLINEweb 2020年10月27日(火)7時05分配信

 新型コロナウイルスの影響によって、暮らし方の様相を大きく変えた東京の街。外出自粛制限やテレワークの普及などにより、平日も休日も、生活のルーティンが全く変わってしまったという人も多いだろう。

 新型コロナウイルスは私たちの東京での暮らしを、どのように変えたのか。そしてアフターコロナが来る時、東京はどうなっているのか。新型コロナの影響を踏まえた、東京居住者の現状や今後の予測について、住宅情報サイト「SUUMO」の池本洋一編集長に聞いた。

世帯での住替えはアフターコロナでの資産価値を考慮するべき

 東京で最も大きかった暮らしの変化といえば「テレワーク」であることは、東京居住者であればみなが実感しているところだろう。池本編集長によれば、想定以上のスピードで浸透したテレワークが、人々の住まい探しにも大きく影響を与えているという。

「皆さん実感されていることとは思いますが、やはり平日・休日問わず圧倒的に『家の近所で過ごす時間が増えた』という人が多いですよね。東京では9月現在でも、全体の50%近くの人が部分的、または全面的にテレワークを続行しています。

 まず、最も素早く引っ越しに向けて動いたのは小さなお子様をもつ家庭で、もともと賃貸の住み替えを検討していた人たちです。子どもが少し大きくなったら家を買おう、と思っていた人たちですね。広さ不足や小さな子どもによる騒音問題で、家の中で仕事をすることが困難だった人たちは、6月から本格的な住み替えをスタートしたようです。

 そういう人たちは、首都圏ではずっと価格帯が下がり続けていた郊外の一軒家に住み替えていっています。結局賃貸でもっと広い家を、と思うと家賃が上がってしまいますから。頭金0で購入できる一軒家を、少し都心から離れても購入してしまう、という人が増えました。

 しかし東京郊外の一軒家が人気、というのは瞬間風速的なものかもしれません。住まい関係の業界全体の大きなトレンドとしては、人気があるのはずっと都心。アフターコロナでも資産性が高く維持されるのは都心部だと考えられます」

 小さな子どもに「家の中で動き回るな」とは言えない。するとどうしても、子ども部屋と両親の仕事部屋が広めに確保できる家を買わざるを得なくなる。そうなると、急いで買うなら都心から離れて、土地の余る郊外で安めの物件を見るしか選択肢がなくなるのだろう。

「単純に平米数が広い家、というだけでなく、間取り数の多い家を選ぶ人も増えています。これはコロナに関係なく、数年前からじわじわと浸透してきていた流れです。昔はリビング広めで部屋数は少なめの間取りが人気だったのですが、ここ数年はコンパクトでも部屋数の多い家が人気です。

 コロナによるテレワークが普及する前から、在宅で仕事ができる人というのは徐々に増えてきていましたから、リビング脇に小さなワークスペースがあるような家も増えてきてはいたんです。それがコロナで一気に加速して、同じ平米数でも広めの1LDKより、コンパクトな3DKの方が注目されています」

 池本編集長によれば、郊外に住み替えるというブームは一過性のものであるが、コンパクトな間取りの家をという志向は不可逆なトレンドであるという。もし買い替え前提で家を購入するなら、郊外の一軒家よりもなるべく都心に近い場所で、狭くても間取り数が確保できる家を選んだ方が、資産価値は下落しづらいということだ。

単身者の住み替えトレンドは人気駅の隣駅!?

 では、テレワークによるコロナ鬱化も心配されていた、単身の人々はどうだろうか。

「単身者に関しては、あまり大きな引越しはしていない人が多いと見ています。しかし、家の中で一人過ごす時間が長くなり、狭い家からは脱出したいと考える人が増えているようです。

 結局、今東京にいる人たちは、引っ越しをしたとしても東京都内からは出ていかないということもあり、コロナになっても東京都内の家賃相場には変化がないというのが現状です。なので、家賃は同じままに部屋の環境をよくするために、交通の便の良さを諦めて、急行停車駅から一つ隣の各駅停車駅に移る、という人はいるでしょう。

 これはアフターコロナでも続いていくトレンドなのではないか、と僕たちは考えています。SUUMOで展開しているリリースの中に『住民に愛されている街ランキング』というものがあるのですが、これを見ると自由が丘や横浜などの『住みたい街ランキング』では常連だった街よりも、奥沢、緑が丘や馬車道と言った、人気街の隣駅が住民に愛されているようですよね。

 住みたい街ランキングに上がってくるようなブランド力の高い駅は、おしゃれな店がいち早くできますから、外から遊びに来る人も多くて、やっぱりガヤガヤするし街全体の治安は悪くなってしまいがち。隣駅なら人気のスポットにも徒歩圏内だし、その駅自体には住んでいる人だけのローカルコミュニティも形成されている。一人で家にこもるテレワークがしんどいという単身者には絶対におすすめです」

 人が集まる人気の駅はおしゃれで楽しいかもしれないが、そこに住んでいる人とは出会いづらい。それが人気駅の隣駅となれば、そこには住んでいる人しか来ないわけで、近所の飲食店や居酒屋に通えば、その街のコミュニティに参加することができるというわけだ。職場の人と会えない今、ご近所での人付き合いはコロナ鬱に対する大きな抑止力になることが考えられる。

「単身の人で賃貸の住み替えとなれば、資産価値も関係ありませんから。これを機にいろんな街に住み替えてみるのもいいのではないでしょうか。効率的なテレワークで時間がありすぎてしんどいというなら、いい暇つぶしにもなりますよ」

住み替えニーズは上昇傾向。アフターコロナでも住まいに目が向く

「SUUMO」では、新型コロナの蔓延とともにPV数が日々上昇しているという。それだけ、人々が住まいの住み替えに注目しているということだ。

「割安戸建、中古物件、賃貸、新築マンションも軒並みPVが上昇しています。特に注目しているのは逗子や葉山といったリゾート地の中古物件。このあたりの物件購入には、二拠点生活……デュアルライフを検討する人のニーズも含まれていると考えられます」

 二拠点生活を考えるような人々は、従来の別荘というとお金持ちやリタイアシニア層のイメージが強いが、最近では20~30代の若者や、世帯年収800万未満の一般の方にも普及しつつあり、長い目で見ると大きなトレンドになっていくことも考えられる。

「ウィズコロナ中も結局人々が東京から動いていないことを考えると、長い目で見ると都市部への人口集中は続き、都心の資産価値は多少の浮き沈みはあっても堅調でしょう。そうなると都心に1つコンパクトな面積でも良いので資産を持ち、逆に広さや非日常性を求めて、リゾートエリア、あるいいは田舎にもう一つ持つ選択肢はアリだと思います。

 アフターコロナ後は東京も”いつもの”暮らしに戻っていくことが考えられますが、一部IT企業などでは部分的なテレワークが続行することも考えられます。一度得た快適な働き方は不可逆性があります。コロナが落ちついても職住融合の動きは変わらず、選ぶ間取りや広さに影響を与え続けると思います。」

 ”いつもの暮らし”がいつ戻ってくるか分からないうちは、自宅で過ごす時間もまだまだ長いだろう。今の家に不満を感じるなら、池本氏の意見を参考に、住まいの住み替えを堅実に検討してみよう。

 ANA5千億赤字んだ行き過ぎた拡大路線歪んだ航空行政 

AERAdot. 2020年10月26日(月)16時00分配信

 日本航空の破綻から10年。今度はANAが、コロナ禍で巨額赤字に陥る見通しとなった。ANA自身の行きすぎた拡大路線と歪んだ航空行政が危機を増幅させている。

*  *  *

 ANAホールディングスが2021年3月期決算で5千億円超の最終赤字を計上する見通しになった。コロナ禍で国際線の9割が運休するという未曽有の逆風が招いた危機だが、一方で同社がここ10年、急拡大を目指すあまり自ら「危険空域」へと操縦桿を切り続けていたことも否定できない。

追い続けた日航超え

 ANAの前身は、終戦から7年後に2機のヘリコプターで創業した日本ヘリコプター輸送。今もANA(全日本空輸)の便名に使われる「NH」はその名残だ。やがて旅客機の運航に進出したが、1986年までは一部のチャーター便を除き国内線専門で、より高額の運賃が見込める国際線は長年、日本航空の独壇場だった。

「国際線参入が認められるまで、一体何回、運輸省(現国土交通省)の航空局に国際線参入のお願いにいったことか。幹部とアポを取っていたのに1時間半も待たされ、部屋から出てきたのは日航の社員。なのに我々のお願いにはけんもほろろで、ほんの10分で追い出された。あの頃の悔しさは絶対に忘れない」

 筆者が航空業界を担当していた2010年代前半、ANA幹部はそう話して目をぎらりと光らせた。国際線への渇望と日航への激しい対抗心は、ANAという企業のアイデンティティーと言ってもいいほどだった。

 86年に初めての国際線定期便が認められてからも、ANAはあくまでも「2番手」の存在であり続けた。

 当時、国際線が発着する成田空港は滑走路が少なく、運用時間も限られていたため世界有数の過密空港だった。新参者のANAは国交省から有利な時間帯の発着枠をなかなか与えられず、日航との差はいっこうに縮まらなかった。

 当時の国交省が日航重視を続けたのは、長年の実績に加え、日航と自民党政権の蜜月関係の影響も大きい。

 ドラマ「半沢直樹」では、与党の幹事長の地元に「伊勢志摩空港」が建設され、大規模なリストラ計画が進む中でも同空港への路線だけは撤廃を免れるというエピソードが描かれる。ここまで極端な例は希としても、十分な需要があるかどうか定かではない空港が各地に建設され、「政治の意向」を受けた日航が羽田や伊丹とそれらの空港を結ぶ国内線を運航する、という構図が数多く生み出されてきた。

 政治家は地元に路線を引っ張って有権者にアピールし、日航は収支が厳しい路線を引き受ける見返りに国際線のドル箱路線を運航する。そんな持ちつ持たれつの関係が続く航空業界で、ANAは「万年2位」に甘んじるしかないと思われていた。

日航救済後は優遇に舵

 潮目を大きく変えたのは、10年に起きた日航の経営破綻だ。

 一時は日航をそのまま倒産させる案や、国際線を全てANAに引き継がせる案も取りざたされたが、結局は当時の民主党政権が主導して、政府系ファンドの企業再生支援機構が3500億円の公的資金を日航に注入。借金は大半が棒引きされ、法人税も大幅に減免されることになった。郵政民営化など「官から民へ」の流れが進んでいた中、政府による日航救済は明らかに時代錯誤と言えた。

 ただ結果的に、ANAと政府の関係は一変する。ANAの伊東信一郎社長(当時、現会長)は、多額の公的資金が注入されて財務状況が劇的に改善した日航との間で「公平な競争条件が確保されていない」と繰り返し主張。国交省もこの主張を全面的に認め、様々な面でANAを優遇するようになる。

 国交省は12年、日航が新路線を含む新規事業を行うことを制限。一方、都心から近く高い利用率が見こまれる羽田空港の国際線発着枠の配分では、13年にANA11枠対日航5枠、16年にもANA4対日航2と大幅な傾斜配分を行い、「ANA優遇」の姿勢を鮮明にした。

 その結果、14年5月にはついにANAが国際線の旅客輸送量で日航を逆転。国際線定期便への参入から28年目にして、悲願の「日航超え」を達成した。

 各国を代表する航空会社は「ナショナルフラッグ・キャリア」と呼ばれる。その象徴とされるのが、国旗を付けて飛ぶ政府専用機の機体整備などを手がけることだ。ANAは19年、日航に代わって初めて政府専用機の機体整備を受託し、名実ともに日本のナショナルフラッグ・キャリアとなった。

拡大路線に懸念の声も

 ただ、この当時のANAの拡大路線には懸念の声もあった。「路線の急増で機材や人員を抱えれば、リーマン・ショックのような有事のときに負担がのしかかる」という指摘は今回、まさに現実になった。

 15年に傘下に収めたスカイマークも赤字幅を拡大させている。ANAは当時、投資ファンドのインテグラルとともに経営破綻したスカイマークに出資し、事実上のグループ企業にした。それまでスカイマークは日航との関係が深く、羽田空港でも日航と同じ第1ターミナルを使っていた。経営陣や社員の間でも「ANAの傘下に入るなどあり得ない」(当時の役員)といった反発の声が根強かった。

 買収話がささやかれ始めたころ、ANAの伊東社長(当時)は筆者にこう話していた。

「我々か日航か、スカイマークを取った方が日本の航空最大手になる。もし日航にスカイマークを取られたらもう逆転の目は無い。日航が(新規事業制限で)手を出せない今、取りにいかない手はないだろう」

 世界最大の旅客機エアバスA380の導入も、結果的には深刻な重荷になった。

 ANAは15年、超大型機A380を3機発注した。だが当時、A380は「大きすぎる」ことが災いし、すでに世界的に販売が低迷。背景にあったのは、ライバルであるボーイングの最新鋭機B787に代表される、中型機の燃費向上と航続距離の拡大だ。運航コストが安いだけでなく、大きな1機を飛ばすより、小さな機体を数多く飛ばした方が乗客の増減に柔軟に対応できるし、利用者が比較的少ない路線にも参入しやすい。

 ANAは、このB787を世界で最初に導入した航空会社だ。誰よりも最新鋭中型機の利点を認め、裏返せば大型機のリスクを知っていたはずのANAが一体なぜA380を3機も導入したのか。「ハワイ路線強化のため」が表向きの理由だが、そこには傘下に収めたスカイマークが大きく関与している。

 スカイマークは11年、日本の航空会社で初めてA380を6機発注した。だがその後の経営難から発注をキャンセルし、エアバスから巨額の違約金を求められていた。

 経営破綻したスカイマークにとってエアバスは、大口債権者の一つ。スカイマーク向けに製造中だった機体とANAが導入した機体は別物とされるが、スカイマークの経営再建を担ったANAと、債権者だったエアバスの間で何らかの交渉が行われ、ANAのA380導入につながったことは想像に難くない。

 いずれも急激な拡大路線のツケが、コロナ禍で噴出した形だ。

政権と蜜月危機招く

 政権との蜜月関係を背景に膨張を続けた日航が破綻し、代わってナショナルフラッグ・キャリアへと躍進したANAが迎えた窮地。もちろん、ANAはなお高い自己資本比率を保っている上、すでに銀行団から1兆円超の資金調達のめどを付けるなど、破綻当時の日航とは状況が大きく異なる。だがそれでも、両社が苦境に陥る道筋は合わせ鏡のように符合する。

 13年の秋、ANAの経営陣は日航の破綻について筆者にこう語っていた。

「破綻は半分以上政府のせい。政府が航空行政に余計な手心を加えたりせず、自由な競争に任せていたらこんなことにはならなかったんだ」

 その言葉は今、ANAにもぴたりと当てはまる。政府が横紙破りで日航を救い、その埋め合わせとしてANAが有利になるよう競争環境をコントロールするというやり方が、コロナ禍の傷口を大きく広げている。

 瀬戸大也、不倫騒動“契約解除”にANA正直ホッとしてます」 

FLASH 2020年10月26日(月)18時59分配信

 競泳男子の東京五輪代表の瀬戸大也(26)の不倫が報じられて約1カ月後に、妻で飛び込み元日本代表の馬淵優佳(25)が、健康器具のアンバサダーに就任したことが発表された。馬淵に近い芸能事務所の関係者が、その内幕を語る。

「ぶっちゃけ、馬淵さんが夫に三行半を突きつけたということですよ。彼女はうちの事務所に所属している女性アスリートとも交流があり、今後の活動について相談しています。

 なんでも、かつて宮崎謙介元衆議院議員の “ゲス不倫” で自身も選挙で落選した、金子恵美元衆議院議員を参考にしているそう。苦難を乗り越えてテレビで活躍している姿が、自分とダブっているようです」

 いまや世間の同情を集めていることもあって、彼女の “独り立ち” に障害はなさそうだ。先の芸能事務所関係者が続ける。

「すでに、所属する芸能事務所も決まっているという話です。馬淵さんは聡明な方なので、スポーツ関係ばかりでなく、今回の経験を生かしてのオファーもあると思います。

 彼女は現役を引退して、アスリートフードマイスターの資格を習得し、食生活をサポートするなど、献身的に夫を支えてきました。それを裏切られたわけですからね。すでに、プロフィール用の宣材写真なども撮影済みだそうです」

 一方で、瀬戸の不倫騒動に複雑な胸の内を明かすのは、所属契約を結んでいたANAの広告の宣伝担当者。

「我が社としては、とても残念ですが……しかし、うちの今の厳しい状況を鑑みると、正直に言えばホッとしてます」

 不倫騒動後に瀬戸との契約を解除した全日空だが、新型コロナウイルスの影響で、今期は5300億円前後の巨額赤字を出す見通し。仮に瀬戸がこのまま所属していれば、来年の東京五輪開催に向けて、瀬戸関連で10億円超の出費が予想されたという。

「瀬戸選手本人への報酬のほか、広告物の制作や練習環境への投資、遠征の費用などです。瀬戸選手が活躍すれば活躍するほど、出費はかさむ予定でした。最悪のシナリオとして、五輪が来年も中止になったら、すべてが水泡に帰すリスクもありました。

 開催が危ぶまれるなか、うちとしては、瀬戸選手のスキャンダル発覚による契約解除は、ある意味 “タイミングがよかった” と言うべきなんでしょうか……。これから人員も含めたリストラもおこなわれる予定ですし、瀬戸選手との高額な契約料が経営の足を引っ張る可能性は、十分にあったと思います」
 
 日本水連から年内活動停止の処分を受けた瀬戸。日の丸を背負って、再び “飛び立つ” ことができるのか--。信頼回復への道のりは厳しい。

 

2020年10月25日 (日)

【東京2020】IOC⇒JOC「『2021年大会の中止』を正式に通知」か!?

 IOC中止を正式通知か…東京五輪断念2032年再招致の仰天プラン浮上 

日刊ゲンダイDIGITAL 2020年10月24日(土)9時06分配信

 国民の約85%が来年の五輪開催をあきらめている――。

 産業能率大スポーツマネジメント研究所の「コロナ禍のスポーツ観戦意識調査」(7月末実施)によると、全国2998人の84・8%が「現実問題として難しいと思う」と回答。23日午前の東京五輪・パラリンピック競技大会推進本部の会合で東京大会について菅首相は、「人類が新型コロナウイルスに打ち勝った証しとして開催し、東日本大震災の被災地が復興を成し遂げた姿を世界に向けて発信する場にしたい」と表明、予定通り来年7~9月に実施することに強い決意を示すなど前のめりだが、それとは裏腹に、国民は冷静だ。

 実は既に開催権限を握る国際オリンピック委員会(IOC)も冷徹な判断を下したもようだ。「中止」情報を掴んだのは、東京五輪に関し「ブラックボランティア」の著書がある作家の本間龍氏だ。読書家の清水有高氏が運営するユーチューブチャンネル「一月万冊」で21日、動画で情報発信。すると、SNSでは瞬く間に「IOC 東京五輪中止」といったワードが拡散した。

 今月に入ってから新型コロナ第2波が欧州を襲い、感染者が急増。動画によると、IOCは「東京大会中止」について、日本政府や運営に関わる広告代理店「電通」など関係者に連絡したという。本間氏は政府や電通など複数の関係者から情報を得たとしている。本人に改めて聞いた。

「IOCから日本の大会関係者に連絡があったのは、ここ数日のことだそうです。『中止を視野に入れるべき』との趣旨だったといいます。ドイツ出身のIOC・バッハ会長は欧州の感染状況を不安視しているのでしょう。11月中旬に来日し、菅首相と会談する予定ですが、それまでに欧州の感染状況が好転していなければ、菅首相に直接『中止』を伝える可能性があります。この状況ですから、まっとうな考えと言えるでしょう」

コロナと酷暑ダブル対策でコスト増必至

 それでも菅政権はただでは転ばない。やめときゃいいのに、“次の東京五輪”に向けた仰天プランを固めつつある。ナント、中止と同時に将来の招致レースに“再出馬”するらしい。ある大会関係者はこう言う。

「政府は来年1月をメドに、IOCや東京都などと共同で2021年五輪の中止を正式発表。同時に都やJOCと並んで2024年パリ、28年ロサンゼルスに続く32年夏季大会の東京招致を表明する案を検討済みだそうです。欧州で感染が急拡大する以前の9月初旬から、このプランは浮上していました」

 その理由はやはりコロナ対策。来夏開催なら酷暑対策も重なり、コスト増は必至だ。

「入場者の発熱をチェックする施設や人員、ソーシャルディスタンスを保った上での『日陰』となるテント増設など追加費用は大きい。組織委は先月末にアルコールスプレー『1プッシュ2ミリリットル』と仮定しボトルがいくつ必要になるかなど、詳細なコストを試算しました。結果、追加費用は約800億円となる見込みです」(大会関係者)

 組織委会長の森元首相は7日、「大会経費300億円削減」と胸を張ったが、差し引き500億円のマイナス。コスト面でも、いったん断念して組織委を解体。12年後の“リベンジ”を期して再スタートするのが妥当というわけだ。

「加えて、32年大会にはインド、インドネシア両国のオリンピック委員会が招致に動いていますが、共に国内都市のインフラが弱く、整備費用の拡大は必至です。コストを抑えたいIOCとしても東京開催が都合がいいのです」(前出の大会関係者)

 IOCから「中止」の連絡があったのかなど、組織委に問い合わせたが「お問い合わせをいただきましたような事実は一切ありません」との回答だった。中止はやむをえまいが、また巨額費用をつぎ込んで“再招致”を狙うなら、往生際が悪い。

週末にザワついた東京五輪中止」“情報の真相

東スポWeb 2020年10月26日(月)5時15分配信

 またも「東京五輪中止」のウワサが関係者の間を駆け巡った。新型コロナウイルス感染拡大以降、幾度となく「五輪中止」のキーワードがネット上に流布したが、今回ばかりは事実だと信じる人が多かったようだ。

 事の発端は21日のニュース。一部メディアが「国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長が11月中旬に来日」と報じると、複数のネットユーザーが「中止を告げに来る」と騒ぎ始めた。主な目的は菅義偉首相(71)との会談だが、IOCの〝お膝元〟欧州が再び深刻なコロナ禍にあるという理由も手伝って、翌日(22日)には中止決定の〝情報〟がまことしやかにツイッター、ユーチューブなどで流れる事態となった。「五輪中止」はトレンド入りし、週末には橋本聖子五輪相(56)も「全くありません」と否定し、例によって関係者は火消しに奔走した。

「11月からチケット払い戻し開始」の報道も騒動に拍車をかけた。東京五輪延期決定の直後から大会組織委員会は「日程変更で観戦できない人への処置」として今秋の払い戻しを公言していたが、今回はタイミングが悪かったようだ。

 とはいえ中止騒動が広がったことで、複数の大会関係者はIOC幹部や広告代理店役員らに〝取材〟して事実を確かめたという。実際にIOC幹部から「絶対にない」と断言された人もいるが、同時に「ゼロに近いが、中止を視野を入れているのも事実」と漏らした関係者もいたとか。実のところ、すべてはコロナ次第。「どうなるか誰も分からない」というのが最も正解に近いかもしれない。

 バッハ会長の来日が正式決定したら、五輪関係者は再びザワつくことになりそうだが…。

 東京五輪「11月チケット払い戻し」報道に組織委「鋭意準備中 

東スポWeb 2020年10月26日(月)12時36分配信

 新型コロナウイルス禍で来年夏に延期した東京五輪の販売済みチケットについて、一部メディアの「11月から希望者への払い戻しの受け付けを開始」という報道を受け、大会組織委員会は「かねてより、大会が1年延期になったことで来場が困難になった場合等には、希望者に払い戻しを行う予定である旨をお伝えしており、今秋の払い戻しに向けて鋭意準備を行っているところでございます」とコメントした。

 これまでチケットは五輪で約448万枚、パラリンピックで約97万枚を販売している。払い戻し方法などについて、組織委は「詳細は決まり次第速やかに発表致します」としている。

 現時点でチケット購入者には払い戻しに関する正式な通知はきていない。

 欧州夜間外出禁止令拡大、一部「都市封鎖」求める声も 

時事通信 2020年10月25日(日)8時22分配信

 新型コロナウイルスの感染第2波に見舞われている欧州で、夜間外出禁止令の導入が広がっている。

 フランスでは、適用範囲をパリなどの大都市から大幅に拡大。イタリアやスペインでは一部自治体が自主的に夜間外出禁止令を発動。国全体の都市封鎖(ロックダウン)を求める声も上がっている。

 仏政府は24日、パリなどで17日に発動した夜間外出禁止令を拡大し、全人口の約70%が対象となった。一方で、経済活動への影響を最小限に抑えるため、3月に実施した外出制限や移動制限の発動は見送った。

 しかし、1日当たりの新型コロナ新規感染者数は4万人に上り、23日には累計感染者数が100万人を超えた。仏メディアは「外出制限を再発動すべきだ」と訴える専門家の声を伝えている。

 マクロン大統領は23日、記者団に対し「外出制限を再び設けるかどうかに言及するのは早過ぎる」と明言を避けた。

 1日当たりの感染者数が約2万人に上るイタリアの中央政府は19日以降、飲食店の営業時間などを制限。コンテ首相は「経済全体を損なう全国的な都市封鎖はできない」と述べ、追加の制限は各自治体に任せている。

 ナポリを擁する南部カンパニア州の知事は23日、ANSA通信に対し、州独自の封鎖措置を取ると明らかにした。知事は中央政府の感染対策について「どこまで効果があるのか理解できない」と懸念を表明。「必需品の生産と輸送以外の全て(の経済活動)を停止する必要がある」と強調し、全国的な都市封鎖に踏み切るよう中央政府に訴えた。

 首都ローマを抱えるラツィオ州や北部ロンバルディア州は、既に自主的な夜間外出禁止令を発動。スペイン南部アンダルシア自治州政府も導入を決定している。 

欧州中銀感染第2波警戒 規制強化経済打撃懸念

時事通信 2020年10月25日(日)8時20分配信

 欧州中央銀行(ECB)が新型コロナウイルスの感染再拡大に警戒感を強めている。

 各国は厳しい「第2波」封じ込め策を導入し、経済活動への打撃が必至となった。ECB当局者は相次いで「不確実性の高まり」に言及、29日の定例理事会で景気動向を見極める。

 欧州(ロシアなど含む)では今月、1日当たりの新規感染者数が初めて10万人を超えた。春のピーク時より深刻な状況となっており、フランスはパリなどで17日以降、午後9時~翌日午前6時の外出を禁じた。ドイツも条件付きで飲食店の深夜営業を禁止。メルケル独首相は再度の都市封鎖(ロックダウン)を避けるため、不要不急の外出を控えるよう呼び掛けた。

 ECBのラガルド総裁は19日付の仏紙インタビューで、第2波に伴う新たな規制は「不確実性を高め、回復の重しとなっている」と危機感をあらわにした。メルシュ専任理事も講演で「ユーロ圏経済の回復は不完全なままだ」と指摘した。

 市場では、国債・社債購入額の上限引き上げなど、ECBが年内にも追加金融緩和に踏み切るとの観測が高まっている。 

 日英貿易協定締結日本での商機拡大期待 

時事通信 2020年10月24日(土)7時22分配信

 日英両政府が貿易協定に署名したことを受け、英国の産業界では日本での商機拡大に期待が高まっている。

 新型コロナウイルスの流行で景気が低迷する一方、欧州連合(EU)や米国などと進めている貿易交渉は難航。EU離脱後初となる貿易協定を結んだ日本に対し、ウイスキーや牛肉などで攻勢を掛ける構えだ。

 「日本は食品・飲料の世界最大の純輸入国。新たな成長機会を提供するだろう」。英国の業界団体「食品・飲料連盟(FDF)」で国際部門を統括するドミニク・グーディー氏はこう強調する。国別輸出先で日本は19位。ウイスキーに対する関税は変わらないが、FDFは地理的表示(GI)によるブランド保護などで、より輸出しやすい環境になると見込む。

 英国の食品輸出は苦境にある。米国とEUの貿易摩擦に巻き込まれ、主力輸出品のウイスキーには米政府から25%の制裁関税を課された。新型コロナによる貿易活動の停滞も加わり、今年上半期のウイスキー輸出額は、前年同期比で31%減少した。

 日本との貿易も落ち込む中で、目立つのは牛肉の躍進だ。BSE(牛海綿状脳症)の影響でこれまで日本市場に入り込めなかったが、昨年1月に解禁され、今年上半期には輸出額が前年同期の9倍になった。

 英実質GDP(国内総生産)は4~6月期に年率換算で前期比58.7%減と、欧州最悪の落ち込みを記録。トラス国際貿易相は「新型コロナ克服にはもっと貿易が必要」と訴えるが、主要国・地域との貿易交渉は遅々として進んでいない。

 肝心のEUとの交渉は、「移行期間」が終わる年末が迫る中、なお合意のめどが立たない状況だ。米国との交渉も予断を許さない。11月の大統領選で民主党のバイデン候補が勝利した場合、トランプ現政権より厳しい姿勢を示すとみられている。 

 BTS株に人生を賭けた韓国の若者たちは一夜にして奈落へ堕ちた 

現代ビジネス 2020年10月22日(木)7時02分配信/金 敬哲(ジャーナリスト)

「払い戻しはできないんですか?」

「株の払い戻し」という、聞き慣れないワードが韓国ツイッターのトレンドランキング1位に上がった。

----------

「結婚資金として貯めた5千万ウォンで投資したんですが、キャンセルできますか? まだ一日もたってないので、可能だと思いますが、実際、キャンセルしてみた方はいらっしゃいますか?」

「D+2営業日以内に証券社に行けば払い戻してくれると聞きましたが、正確な規定などありますか? 今後は投資を法的に禁じられてもかまいませんので、払い戻しの方法を教えてください。購買証明資料もあります」

「どうして払い戻しできないんですか? 消費者保護法もありませんか?」
----------

 これらの書き込みは、上場直後、ストップ高まで上昇した後、垂直落下しているビッグヒット・エンターテインメント(Big Hit Entertainment)株を高値で掴んでしまった初心者投資家によるもので、見ての通り、株の購入代金の払い戻しを要求しているのだ。

 10月15日、BTS(防弾少年団)の所属事務所ビッグヒット・エンターティンメントが韓国株式取引所に上場された。

 寄り付きから買い注文が殺到する中、公募価格(13万5000ウォン)の倍にあたる27万ウォンで取引開始、株価は一気に35万1000ウォンまで高騰、時価総額は11兆8800億ウォン(約1兆1000億円)に達した。

 これは韓国の3大エンターテインメント会社であるJYP、YG、SMの時価総額を合わせた約2兆8000億ウォンの4倍近い驚異的な額だった。

 公募株請約の時点から、メディアや証券アナリストの関心を集めてきたビッグヒット株には、折りしも「BTSのビルボードチャート占領」という快挙が重なり、58兆ウォンという、韓国証券市場で史上2番目に高い請約金が殺到した。

 また、BTSのビルボード1位を契機に、与党議員を中心にBTSメンバーの「兵役免除」が公式に取り上げられ、世論も肯定的に反応した。

 年末から来年までJINが軍に入隊しなければならないことがビッグヒットとしては最大のリスクだっただけに、メンバーの兵役が免除されるかもしれないという期待感が、ビッグヒットの株価予測にも大きな影響を及ぼした。

 そうした背景から、上場直前まで、韓国の主要証券会社ではビッグヒットの株価目標を30万ウォン台前半に設定した。

 しかし、予想とは裏腹に、ビッグヒット株は上場直後から取引日基準で5日連続で暴落し、ストップ高時と比べると約50%も下がっている。上場初日から、誰も予想できなかった株価急落という「爆弾」に見舞われた個人投資家らは一様に狼狽し、冒頭のように、株の払い戻しを要求する書き込みをインターネットにあげるようになったわけだ。

 結婚資金として貯めた5千万ウォンを投資して数千万ウォンを損したと主張する「予備新婦」や、信用取引で2億ウォンを銀行から借りて投資したという会社員など、それこそ個人投資家の「血と汗と涙」がにじむような話がネット上を熱く沸かせた。

借金をして株に投資する東学アリ

 ビッグヒット株の例にとどまらず、今年に入って韓国株式市場では、まるでジェットコースターのような変動性の大きい相場が続いている。

 超低金利やコロナ禍の影響を受け、市場に大量に供給された流動資金が株式市場に一気に流れ込んだことでバブルと化した株式市場では、業績が下支えできない企業各社が一時的に高評価を受けた後、一気に暴落する事態が頻繁に起きている。

 そんなコロナ禍の韓国株式バブルを象徴する存在が「東学アリ」だ。

 19世紀、農民が中心となって勃興した外国勢力抵抗運動である「東学運動」と、韓国で個人投資家を指す「アリ」の合成語で、コロナ騒動で外国人投資家が一斉に韓国株を売り始めた時、国内の個人投資家たちがこれを大量に買い支え、株価の崩壊を防いだためにつけられた呼称だ。

 東学アリの大半は20代や30代の若者で、そのほとんどが投資初心者だ。韓国人が最も安全な投資先と考えている不動産市場の場合、少なくとも数億ウォンの元手が必要なため、若者には参入障壁が高すぎるが、株式投資ならもっと少ない金額で簡単に始められるからだ。

 コロナ禍で、就職はおろかアルバイトさえ見つからない就活生たちには、株式投資が唯一の収入源となることもある。低月給と0%台の銀行金利によって、若者たちは、株式投資こそ未来のための資金を用意できる最後の手段だと考える。株でお金を貯めた後、不動産投資を始めようという野心に満ちた若い投資家もいる。

 若年層が株式市場に大挙として参戦したことで、これまでの中高年層中心から株式投資人口が多様化し、底辺拡大に繋がったとする肯定的な評価もあるが、心配の声も大きい。最も深刻なのは、借金をして株に投資する若者が急増していることだ。

 韓国の保守系最大野党「国民の力」の尹斗鉉(ユン・ドゥヒョン)議員室が発表した統計によると、今年6月末時点で、韓国の代表的証券会社6社の信用供与残高は15兆6616億ウォンで、6ヵ月前から20.3%増加した。債務者数は25%も増えたが、その内訳は20代と30代が最も多かった。

未来に対する恐怖から

 韓国の若者たちが借金をしてまで株式投資に邁進する理由について、まず第一に挙げられるのは、深刻な就職難だろう。

 文在寅(ムン・ジェイン)政権の洪楠基(ホン・ナムキ)経済副首相は、20代の株式ブームについて、「就職市場で20代の機会が減ったからとみられる」「(青年に)雇用口を与えるのが解決策だ。勤労所得を増やせる働き口が最も必要だと思う」と、明らかにした。

 しかし、文政権の3年間で、20回以上の雇用対策が打ち出されたにもかかわらず、今年8月基準で韓国の青年失業率は9%を超え、10%に迫っている。過去10年間の推移からすると、OECD加盟国の中で韓国は唯一、青年失業率が増加している国でもある。

 不動産価格の急騰や超低金利による未来への不安も、若者層の無分別な投資行動の原因だろう。特に、23回にわたる不動産政策にもかかわらず、天井知らずに跳ね上がる住宅価格は、未来に対する漠然とした不安を「確たる恐怖」へと変えてしまった。

 不動産政策の失敗が繰り返され、「いくら働いてもマイホームを持つことは不可能かもしれない」という未来への失望が、借金もいとわず株式投資にオールインする、怒りの「東学アリ」を量産しているのだ。

 文在寅政権の下で、韓国経済は巨大な蟻地獄に嵌ってしまったようだ。

 

2020年10月24日 (土)

【耳学】ノーベル経済学賞2020受賞<オークション理論>とは何ぞや!?

 ノーベル経済学賞に電波オークション日本のTVは説明できない? 

J-CASTニュース 2020年10月22日(木)17時00分配信/高橋洋一(内閣官房参与)

 今年(2020年)のノーベル経済学賞は、アメリカのスタンフォード大学のポール・ミルグロム氏とロバート・ウィルソン氏の2人が受賞した。

Photo_20201025093701

 その受賞理由を、スウェーデン王立科学アカデミーは「電波の周波数の割り当てなど、従来の方法では売ることが難しかったモノやサービスに使われる新たなオークションの制度設計を行い、世界中の納税者などの利益につながった」としている。

導入議論は以前からあったが...

 かつては世界各国とも、電波について誰に割り当てるべきかは政府が判断する「比較審査」方式がとられていた。しかし、政府がそれを適切に行える能力もないし、せいぜい既得権を作るのが関の山だ。

 というわけで、実務でオークション(入札)がとられてきたし、それとともに、学会での研究も進み、今回受賞したミルグロム氏やウィルソン氏も制度設計を行い、2G周波数オークションを成功させた。それは、3G以降に多くの国でのオークション導入につながったわけで、たしかに多くの国の納税者の利益になった。

 ところが、この受賞理由を、日本の地上波テレビはまともに説明できない。というのは、先進国で電波オークションを導入していないのは日本だけだ。今では、インド、タイ、台湾、パキスタン、バングラディッシュ等にも広がっている。

 もちろん、日本でも、議論は以前からあった。例えば、1995年行政改革委員会規制緩和小委員会などだ。筆者は、総務大臣補佐官として総務省に出向したこともあるが、そのとき、通信と放送の融合の研究会での議論を間近で見た。研究会の内外において総務省(郵政省)、携帯事業者・放送事業者など既得権者が強力に反対していた。

 もっとも、世界各国でオークションが導入されているのは、基本的に携帯電話の周波数帯への新たな割当だ。本来は放送事業者の周波数帯はあまり関係ないはずだが、なぜか放送関係者は、「電波オークション」と聞くと、条件反射し過剰反応する。「電波オークション」という言葉は、地上波では事実上禁句だ。

 国民共有財産を売るときには会計法では入札を原則としている。なのに、電波になると、その入札の要素が一切に無視されて割当が続けられてきたのは不思議だった。

ようやく法改正も、今後の設計制度次第に

 しかし、ようやく2019年に電波法改正で「価格競争の要素を含む新たな割当方式」が創設された。先進各国から20~30年以上遅れて、やっと電波オークションができうる制度になった。ただ、この改正で、入札の要素を入れられるようになったものの、その割合が1%なのか99%なのかは、今後の制度設計次第である。

 現状では、放送は、地上波テレビ用だけで470-710MHzで40チャンネル分も占めていて、貴重資源の利用方法としてはあまりにもったいない。

 いまさら放送のために電波オークションをしても、インターネット技術が進み安価に放送ができるようになったので、それほどのニーズはないだろう。むしろ、現時点では、5G導入に際して転用ニーズのほうが高いだろう。5Gの次の6Gも技術は似ているので、転用ニーズは今後10年程度もあるだろう。アメリカ、中国などではそうした動きになっているので日本もそれに対応していかなければならない。

++ 高橋洋一プロフィール高橋洋一(たかはし よういち) 内閣官房参与、元内閣参事官、現「政策工房」会長 1955年生まれ。80年に大蔵省に入省、2006年からは内閣参事官も務めた。07年、いわゆる「埋蔵金」を指摘し注目された。08年に退官。10年から嘉悦大学教授。20年から内閣官房参与(経済・財政政策担当)。著書に「さらば財務省!」(講談社)、「FACTを基に日本を正しく読み解く方法」(扶桑社新書)、「国家の怠慢」(新潮新書、共著)など。

 日本でされた電波オークション」がノーベル経済学賞受賞 

ニッポン放送 2020年10月24日(土)13時50分配信

 ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(10月20日放送)に数量政策学者の高橋洋一が出演。ノーベル経済学賞を受賞した「オークション理論」について解説した。

Photo_20201025094201

ノーベル経済学賞~オークション理論

飯田)ノーベル経済学賞が出ました。授賞理由は「オークション理論の改善と新たな形式の発明」というものです。

高橋)90年代にあった話なので、古い原理なのですけれどね。総務省にいたときに電波オークションをやりたかったのですが潰されました。ノーベル賞授賞理由のときに「電波オークションによって、世界の納税者がみんな得をした」と解説していたのですが、残念ながら「日本を除いて」です。

飯田)1994年にアメリカで電波オークションをやったときに、今回受賞した2人の学者さんは実際の制度設計でなかに入っていたのですよね。

高橋)もちろんそうです。電波オークションはもともと会計法です。会計法というのは原則入札です。会計法から考えると、国民共有財産を入札するのはごく自然な話です。

飯田)電波と言われると電波法の方を思いますが、会計法の方なのですね。

高橋)国民共有財産ですから。それをどのようにやるかは随意契約してはいけなくて、原則入札です。そういう意味では、オークションというのは、まさしく会計法を具体化する手段です。

飯田)オークションと英語で言いますが。

高橋)入札ですよ。

飯田)電波オークションと一言で言っても、アメリカでやった方式とヨーロッパ各国でやった方式といろいろ違いますよね。

高橋)ざっくり言えば、入札は入札で一緒です。でも随意契約とはまったく違います。

飯田)新規参入を募った方が高い金額で売れたりしたところがあったけれども、一方でやっていたら途中で潰れてしまう会社が出て、市民に不利益が生じたのではないかと指摘する人もいますが。

高橋)随意契約とどちらがいいかという話です。オークションの方がミスが少なくまともです。随意契約で変なところに割り当てて、ずっと続いているよりはフェアでいいでしょう。だから会計法では入札しろと書いてあります。

Photo_20201025093501Photo_20201025093601

 ノーベル経済学賞受賞、最新オークション理論の活用を急げ 

JBpress 2020年10月21日(水)6時01分配信/坂井 豊貴(慶應大学経済学部教授)

 2020年10月12日午後6時45分。私はNHKの局内で、 経済部の人々と一緒に、ノーベル経済学賞の発表を待っていた。私の役目はその年の受賞者や受賞理由を説明することだ。我々はスウェーデンの発表会場が中継されるモニター画面を眺めている。会場にはまだ選考委員が到着していないが、すでに世界各国からの記者で熱気にあふれている。

 やがて記者会見に臨む選考委員会の少数名が、会場に入ってきた。いったい誰が来るのだろう。ああ、アンダーソンがいる。選考に深く関係した選考委員しか、この会場までは来ない。今年は遂にミルグロムだ。ミルグロムと同じく理論の実用化に注力するアンダーソンなら、偉大なる先駆者ミルグロムをどうしても選びたいだろうから。

 選考委員らが着席。すべての記者の雑談が止まり、会場は静まりかえった。走る緊張。選考委員長のフレデリクソンが受賞者と分野、そして受賞の理由を読み上げた。 オークション理論の発展と新方式の開発について、ポール・ミルグロムとロバート・ウィルソンにノーベル経済学賞を授賞するとのことだ。会場には小さなどよめき。より専門的な内容についてアンダーソンが解説を始めた。きっと選考委員1年目の彼は、自分がなすべき仕事をできたことについて、一定の安堵と興奮を覚えているだろうと勝手に想像する。

 蓮實重彦は随筆「文学の国籍をめぐるはしたない議論のあれこれについて」で、「そもそも、ノーベル文学賞というものは、スウェーデン・アカデミーというあくまでお他人様が集団的に演じてみせる恒例の年中行事」だと呆れるように述べた(『随想』に所収)。おっしゃる通りである。そのうえで、このお祭りのような年中行事に、私を含む多くの経済学者は結構な関心をもつ。

 私が受賞できないことは申し訳ないのだが、自分の尊敬する学者や分野が受賞するのは嬉しいものである。さらにそこにはフェアネスへの関心まで伴う。「この人はもらうべきだ」「この人の貢献を認めないのはアンフェアだ」と思う人に、もらってほしいのだ。私にとってその人とはミルグロムであった。

ついに見識を示せた選考委員会

 2012年にアルヴィン・ロスとロイド・シャプレーがノーベル経済学賞の桂冠に輝いた。「安定配分の理論とマーケットデザインの実践について」という授賞理由であった。近年の経済学は、具体的な現実問題を解決する工学的アプローチが盛んになっており、その潮流を先導するのが、マッチング理論とオークション理論を両輪とするマーケットデザインである。

 なお、ここでいう「工学的」アプローチの対義語は、市場や人間活動の一般原理を探る「理学的」アプローチとなろう。個別具体的な問題を解決するよりは、一般理論を構築しようという態度は「理学的」である。

 これはあくまで私の感覚だが、2012年のノーベル賞は、明らかにミルグロムを外したものであった。マーケットデザインを授賞分野にするならば、工学的アプローチ自体のパイオニアのような、ミルグロムが入って然るべきである。しかも賞の定員は3人だから、彼を入れることは制度的に可能なのである。

 なぜこれまでミルグロムが外されてきたのか。邪推はいろいろと思い付くが、それを開陳するのは止めておこう。何であれ、賞というのは受ける側でなく、授ける側の見識が問われるものだ。遅くなりはしたが、ノーベル経済学賞の選考委員会は、一定の見識が備わっていることを今回の授賞で示せた。影響力ある賞が不見識だと社会的な害が大きいので、これは良いことである。

Photo_20201025093901

周波数オークションでの新開発

 ここではミルグロム、そしてウィルソンの貢献の偉大さを簡単に説明したい。

 まず両者は1994年に始まった、米国における周波数オークションの制度設計者である。そこで彼らは「同時競り上げ式」という新方式を開発し、2013年までに8兆円を超す収益を国庫にもたらした。

 なお、このオークションは通信事業に必須の周波数免許を事業者に販売するものだ。日本は先進国でほぼ唯一、オークションではなく総務省が行政裁量で免許を割り当てており、周波数オークションはいまだ広くは知られていない。

 簡単に言うと、ミルグロムとウィルソンらは、「机と椅子を上手く売る方式」を開発した。机と椅子はバラ売りするほうがよいのか、セット売りのほうがよいのか、これは単純なようで難しい問題である。片方だけ欲しい客も、セットでないと欲しくない客もいるからだ。売る側としては、バラ売りとセット売り両方の可能性を最後まで捨てずに売りたい。

 そこでミルグロムとウィルソンは、「机と椅子を個別に競り上げ式オークションで売る、ただし両方の競り上げが止まるまではどちらのオークションも開きっぱなしにする」方式を開発した。細部はさておき、このような方式にすると、バラ売りで欲しい人も、セット売りでないと欲しくない人も、ともに入札に参加できる。

 周波数オークションでは、さまざまな地域や帯域の周波数免許があって、事業者はさまざまな組み合わせに対して「これは欲しい、これはいらない」と判断する。その状況は「机と椅子」だけよりも、ずっと複雑である。同時競り上げ式オークションはその複雑な状況で理想的に機能した。

 ミルグロムの著書『オークション理論とデザイン』(東洋経済新報社)は、原題を「Putting Auction Theory to Work」という。直訳すると「オークション理論を実際に機能させる」となろう。彼とウィルソンは、それまで理論家が紙と鉛筆だけで描いていたオークション理論を、社会に実装したのだ。

実用性を高めてきたオークション理論

 ウィルソンの有名な研究は、共通価値オークションについてのものである。従来、オークション理論で入札者は「自分にとって、この商品の価値はこの数値」といった価値づけをもつとされていた。これを「私的価値」という。一方の「共通価値」は「誰にとってもこの商品の価値はこの数値」といったものだ。例えば、ある地域の油田の採掘権は、共通価値である。誰がその地域で油田を採掘しても、出てくる石油の量は等しいからだ。

 さらにミルグロムは「相互依存価値」というものを考案した。これは私的価値と共通価値の両方を併せ持つもので、商品の価値は、各人にとっての私的な部分と皆で共通する部分からなる。土地は相互依存価値の典型例だ。土地の価値は、各人がその土地にもつ私的な愛着と、資産性という皆で共通する部分からなるからだ。

 私はデューデリ&ディールという会社でチーフエコノミストとして、土地をオークションで売却する事業に携わっている(*)。そこではオークション方式の設計や修正にオークション理論を活用しているが、相互依存価値モデルは、我々の考察の土台になっている。私の経験でいうと、ウィルソンやミルグロム以前のオークション理論は、あまりビジネスでの実用に耐えるものではない。土地や金融商品のように資産性がある商品は、金銭規模が大きいためオークション実施のメリットが大きいのだが、私的価値モデルでは扱えないからである。

経済学のビジネス活用は早いほど有利

 学問は、再現性や一般性をきわめて高く尊重する、特殊な人間活動である。その特殊性は非常にビジネスに向いている。まずは成功を再現したり、失敗を再現しないために、学問は有用である。そして、あるケースでの成功を、他の一般ケースに拡張するために有用である。

 正直に言うと私は「経済学やオークション理論が役に立つのか」といった議論には、いまは全く関心がない。そのようなステージはとうに終わっており、あとは使って利益を得るか、そのようにしないかを自分で選ぶだけだからだ。日本でも経済学のビジネス活用は脚光を浴びている。いまはアーリーアダプターが成果を上げ始め、より広い導入が進みつつある。富の源泉が、物資や工場といった有形資産から、知識や情報といった無形資産に変わる時代においては、起こるべくして起こっていることである。

Photo_20201025093201Photo_20201025094001

 (*)デューデリ&ディールでは「オークション・ラボ」というワークショップを定期的に開催し、オークション理論に関心のある来場者の方々と交流している。拙著『メカニズムデザインで勝つ ミクロ経済学のビジネス活用』(日本経済新聞出版)では、オークション・ラボの様子をまとめた。経済学のビジネス活用に関心ある方は、本記事と併せてお読みいただきたい。

 ノーベル経済学賞受賞は10人以上、「ゲーム理論研究者が多い 

ダイヤモンドオンライン 2020年10月11日(日)6時01分配信

 世界的に有名な企業家や研究者を数多く輩出している米国・カリフォルニア大学バークレー校ハース経営大学院。同校の准教授として活躍する経済学者・鎌田雄一郎氏の新刊『16歳からのはじめてのゲーム理論』(ダイヤモンド社)が発売され、たちまち重版となり累計2万部を突破した。本書は、鎌田氏の専門である「ゲーム理論」のエッセンスが、数式を使わずに、ネズミの親子の物語形式で進むストーリーで理解できる画期的な一冊だ。

 ゲーム理論は、社会で人や組織がどのような意思決定をするかを予測する理論で、ビジネスの戦略決定や政治の分析など多分野で応用される。最先端の研究では高度な数式が利用されるゲーム理論は、得てして「難解だ」というイメージを持たれがちだ。しかしそのエッセンスは、多くのビジネスパーソンにも役に立つものである。ゲーム理論のエッセンスが初心者にも理解できるような本が作れないだろうか? そんな問いから、『16歳からのはじめてのゲーム理論』が生まれた。

 各紙(日経、毎日、朝日)で書評が相次ぎ、竹内薫氏(サイエンス作家)「すごい本だ! 数式を全く使わずにゲーム理論の本質をお話に昇華させている」、大竹文雄氏(大阪大学教授)「この本は、物語を通じて人の気持ちを理解する国語力と論理的に考える数学力を高めてくれる」、神取道宏氏(東京大学教授)「若き天才が先端的な研究成果を分かりやすく紹介した全く新しいスタイルの入門書!」、松井彰彦氏(東京大学教授)「あの人の気持ちをもっとわかりたい。そんなあなたへの贈りもの。」と絶賛された本書の発刊を記念して、著者が「ダイヤモンド・オンライン」に書き下ろした原稿を掲載する。

ノーベル経済学賞とゲーム理論

 ゲーム理論がビジネスで実際に役立つ例は、グーグルやフェイスブックなど枚挙にいとまがない。そして、ゲーム理論を学ぶことは日常生活でより良い意思決定をするために一役買う。「ゲーム理論」の思考法を身につけていることは、現代ビジネスパーソンに必須であろう。

 しかしこのゲーム理論、学術的にはどう見られているのだろうか?

 ゲーム理論は数学の一分野であり、経済学・生物学・社会学・政治学など広い学問分野に応用先がある。中でも経済学とのつながりは密接だ。ゲーム理論家もしくはゲーム理論に関わる研究をした研究者にノーベル経済学賞が授与されたことがあることからも、これはよく分かる。(「ノーベル経済学賞」は正式には「アルフレッド・ノーベル記念スウェーデン国立銀行経済学賞」と呼ばれるそうであるが、ここではそう固いことは言わずに、単に「ノーベル経済学賞」という呼称を使う。)

 本稿では、ノーベル経済学賞の歴史を通じてゲーム理論がいかに「重要理論」であるかを見ていこう。もちろんノーベル経済学賞の対象になったから必ず重要であるとか、そうでないから重要ではないということではないが、それでも同賞受賞は理論の重要性の一つの指標になるだろう。

 また、私自身経済学博士を持つゲーム理論家であるので、この「経済学」という切り口でなら、自信を持ってゲーム理論の重要性の説明ができる。さらに、今年(2020年)のノーベル経済学賞受賞者の発表は、明日(10月12日)である。明日の発表の前に、せっかくだから基礎知識をつけておこう。もしかしたら、今年のノーベル経済学賞はゲーム理論家に贈られるかもしれないから。

 ノーベル経済学賞が初めてゲーム理論家に与えられたのは、1994年のことだ。この年に、いわゆる「ナッシュ均衡」で知られるジョン・ナッシュ氏、そしてその「均衡」という概念をより現実的な状況の分析に対応できるように拡張することに成功したジョン・ハルサニ氏およびラインハルト・ゼルテン氏が、ノーベル経済学賞を受賞した。

 ナッシュ氏は『ビューティフル・マインド』というハリウッド映画でその半生が描かれたので、皆さんも聞いたことがあるかもしれない。

 彼らの受賞は大いにゲーム理論界隈を盛り上がらせた。もっと早くにゲーム理論家の受賞が決まってもよかったのではないかとの声もあったようだが、一説によると統合失調症を患っていたナッシュ氏の回復を待っての授与だったということだ。

 ナッシュ氏の前にゲーム理論への功績で他の誰かに受賞させるわけにはいかないほどナッシュ氏の功績は甚大であったので、ナッシュ氏の回復を待った、というわけだ。

 その後、堰を切ったかのように、数多くのゲーム理論家が同賞を受賞している。専門家によって誰をゲーム理論家と呼ぶか、もしくはどの年の受賞をゲーム理論と結びつけるかは見解の分かれるところだろうが、私の勘定では今のところ16人ものゲーム理論家もしくはゲーム理論に関わる研究をした人物がノーベル経済学賞を受賞している(記事末の[付録]にあるリストを参照)。

著者が出会ったノーベル賞経済学者たち

 なぜそんなにも多くの受賞者が出ているのか? それはひとえに、ゲーム理論が実に様々な社会状況の分析に応用できるということにあると、私は考える。ゲーム理論の守備範囲の広さを感じていただくために、受賞者のうちの何人かを、ここで簡単に紹介しよう。紹介するだけではつまらないかもしれないので、私が幸運にも直に接することのできた受賞者たちの素顔を、皆さまにもおすそ分けしたい。

 2005年にはロバート・オーマン氏およびトマス・シェリング氏が受賞した。特にオーマン氏はゲーム理論界の巨人であり、現代のゲーム理論に及ぼした影響は甚大である。受賞理由は人々の間の長期的関係の分析であるが、それ以外にも「知識」に関する数学的研究や、ナッシュ均衡を発展させた均衡概念(「相関均衡」という)の研究を通して、ゲーム理論の発展に大きく寄与してきた。

 彼の論文はどれも、私のようなより現代の研究者が読んでも示唆に富み、ワクワクするものだ。オーマン氏は私の学部生時代の指導教官の指導教官の指導教官の指導教官である。つまり学問上の曽々祖父にあたるわけだ。

 というわけで彼と学会で初めて話した時は非常に緊張したのを覚えている。間違えて「私はあなたの学問上のひ孫なんです」と自己紹介したら、「いや、ひひ孫だね」と訂正された。

 2012年にはアルヴィン・ロス氏とロイド・シャプレー氏がマッチング理論への貢献で受賞した。マッチング理論とは、新入社員を希望部署に配属させたり、研修医の配属先病院を決定したり、生徒の入学先学校を決定する際に使える理論であり、ここにもゲーム理論が役立つ。

 ちなみにロス氏は実験経済学にも多大な功績があり、シャプレー氏は協力ゲームと呼ばれる分野や人々の間の長期的関係の理論への貢献を通じゲーム理論黎明期を支えた重要人物である。

 また、ロス氏には私の博士論文審査委員になってもらい、大変お世話になった。ノーベル賞をもらうほどの研究者というとどこか性格的な欠陥がありそうだという先入観があるかもしれないが、彼は周囲からの信頼も厚く、「いい人」を絵に描いたような人格の持ち主であった。

 2014年にはジャン・ティロール氏が、「市場の力と規制についての分析」への貢献でノーベル経済学賞を受賞した。ティロール氏は特に、市場が限られた数の大企業で支配されている状況を分析したが、その分析にゲーム理論が使われたのだ。

 ティロール氏はこのように市場や規制といったゲーム理論の応用的分野での貢献でも知られるが、ゲーム理論を純粋理論として研究した成果でもよく知られている。

 彼は、応用ゲーム理論の話から純粋ゲーム理論の話まで、どんな研究アイディアの話をしても的確なコメントを返してくる、スーパーマンのような研究者だ。

 実は我が家族で南フランスはトゥールーズのティロール家を訪ねる機会があったのだが、これまたひどく緊張したものだ。もう8年も前のことだが、私の震える手でカチカチ鳴るティーカップの音が高い天井に響き渡ったのを、今でも覚えている。

 このように、経済学で重要とみなされている様々な分析に、ゲーム理論が活用されてきた。今年のノーベル経済学賞も、下馬評だと、実はゲーム理論家がもらう公算はそれなりに高そうだ。こんなゲーム理論が実際どんなものなのか、知っておいた方がいいと思いませんか?

 [付録]
 最後に、ゲーム理論関係のノーベル経済学賞受賞者リストを紹介する。丸括弧は、ゲーム理論関係ではない同時受賞者で、角括弧が、公式受賞理由である。受賞理由をそれぞれ丁寧に解説することはスペースの関係上できないが、ゲーム理論の守備範囲の広さを何となくでいいので実感していただければ、と思う。

 1994年: ハルサニ氏、ナッシュ氏、ゼルテン氏 [非協力ゲームの理論における均衡の先駆的分析に]
 1996年: (マーリーズ氏、)ヴィックリー氏 [非対称情報下での誘引の経済理論への基礎的貢献]
 2001年: アカロフ氏、スペンス氏(、スティグリッツ氏)[非対称情報下の市場の分析に]
 2005年: オーマン氏、シェリング氏 [ゲーム理論分析を通じて紛争と協調の理解を推し進めたことに]
 2007年: ハーヴィッツ氏、マスキン氏、マイヤーソン氏 [制度設計理論の基礎を築いた貢献に]
 2012年: ロス氏、シャプレー氏 [安定的な分配とマーケットデザインの実用に]
 2014年: ティロール氏 [市場の力と規制の分析に]
 2016年: ハート氏、ホルムストローム氏 [契約理論への貢献に]

※ 鎌田雄一郎(かまだ・ゆういちろう)
1985年神奈川県生まれ。2007年東京大学農学部卒業、2012年ハーバード大学経済学博士課程修了(Ph.D.)。イェール大学ポスドク研究員、カリフォルニア大学バークレー校ハース経営大学院助教授を経て、テニュア(終身在職権)取得、現在同校准教授。専門は、ゲーム理論、政治経済学、マーケットデザイン、マーケティング。著書に『ゲーム理論入門の入門』(岩波新書)、『16歳からのはじめてのゲーム理論』(ダイヤモンド社)。

 

2020年10月23日 (金)

【新型肺炎】重症化✍「ネアンデルタール人遺伝子」説が浮上

ネアンデルタール人遺伝子コロナ重症化リスクが3

日刊ゲンダイDIGITAL 2020年10月7日(水)9時06分配信

 コロナにかかると重症化しやすい遺伝子が解明された。

 進化遺伝学の世界的権威スバンテ・ペーボ教授(マックス・プランク進化人類学研究所=ドイツ)らが論文を発表した。今年7月から注目されていた研究で、先月30日に英科学誌「ネイチャー」に正式に掲載された。

 もともとコロナの重症化に関連する遺伝子の存在は、新型コロナの遺伝研究に特化した国際プロジェクト「The COVID-19 Host Genetics Initiative」が報告していた。同プロジェクトは、科学研究や各国の施策に役立ててもらうことを目的に、データの共有や分析を行っている。

Photo_20201024074401

 ペーボ教授らは、同プロジェクトによる報告をもとに研究を進め、コロナにかかった約3200人の入院患者を対象とした調査を行った。その結果、呼吸不全を引き起こすリスクを持つ遺伝子は、古代の旧人類であるネアンデルタール人から引き継がれた遺伝子だと判明した。この遺伝子を持っていると、重症化する可能性が約3倍になるという。

 現代において、この遺伝子を持っているのは、インドやパキスタンなどの南アジア人(50%)が最も多く、ヨーロッパ人(16%)が後に続く。日本人を含む東アジア人やアフリカ人は、ほとんど持っていない。ナビタスクリニック川崎の谷本哲也医師はこう言う。

「ペーボ教授は遺伝子分野の世界的権威ですから、これは信憑性の高い研究結果だと思います。今回、明らかになったウイルスと人類の関係は、何十万年前につながる歴史的な話とも捉えられます」

 確かに、日本と違って若い重症患者を多く抱える国が存在する。年齢や持病に加え、生まれ持った遺伝子も関係しているのかもしれない。

 コロナ重症化ネアンデルタール人由来の遺伝子が関連か 

沖縄タイムス 2020年10月5日(月)8時06分配信

 沖縄科学技術大学院大学(OIST)のスバンテ・ペーボ教授=写真(同大提供)=らの研究グループは、新型コロナウイルスの重症化に、旧人ネアンデルタール人由来の遺伝子が関連している可能性があることを解明した。9月30日に英科学誌ネイチャー電子版に掲載された。

Photo_20201023193701

 国際プロジェクト「COVID-19ホストジェネティクスイニシアチブ」はこれまでの研究で、新型コロナウイルスの感染者3千人以上を対象に調査し、重症化に影響を与える遺伝子を特定していた。ペーボ教授らはこの遺伝子が約6万年前に交配によってネアンデルタール人から現代人の祖先に受け継がれたものだと解明した。

 この遺伝子を持つ人が新型コロナウイルスに感染すると、人工呼吸器を必要とするまで重症化する可能性が、最大で約3倍に増えると説明する。日本にはネアンデルタール人の遺伝子を持つ人はほとんどいないという。

 ペーボ教授は「ネアンデルタール人の遺伝的遺産が、このような結果をもたらしていることは衝撃的だ」とコメントした。共同研究者のヒューゴ・ゼバーグ教授は「年齢や疾患の有無なども重症化に影響するが、遺伝的要因の中ではこの遺伝子が最も影響が大きい」と話している。

Photo_20201024075101

新型コロナ東アジアやアフリカの人々は重症化しにくい=欧州研究所「ネアンデルタール人のDNAが重症化を引き起こす

WoW!Korea 2020年10月1日(木)11時51分配信

 新型コロナウイルス合併症(新型肺炎)と関連し、「ネアンデルタール人の遺伝子」が話題だ。

 約6万年前の人間のゲノム(染色体にある遺伝子)に入ったネアンデルタール人の遺伝子を受け継いだ人は、新型コロナウイルスに感染すると深刻な合併症が起こる危険が高いと、ヨーロッパの研究者らが明らかにした。AFP通信の報道。

 先月30日、ドイツのマックス・プランク人類学研究所とスウェーデンのカロリンスカ研究所が国際学術誌「ネイチャー」に発表した論文によると、人間の遺伝子のうち3番目の染色体から新型コロナウイルスの症状を悪化させる遺伝子6個を発見した。これらの遺伝子は現生人類が約6万年前のネアンデルタール人から受け継いだものだ。

 研究によると、これらの遺伝子を持った人が新型コロナウイルスに感染すると、人工呼吸装置を必要とする重症に発展する可能性が3倍も高かった。

 ネアンデルタール人は絶滅した人類の一種で、最近の研究によるとヨーロッパに居住したネアンデルタール人は約4万2000年前に絶滅した。遺伝子が発見されるのは地域によって異なった。バングラデシュ人の場合、63%に1個以上の遺伝子が発見された。南アジア人では半分が、ヨーロッパ人の中では約16%がこの遺伝子を持っていた。一方、韓国や日本を含め東アジア地域やアフリカではこの遺伝子はほとんど発見されなかった。

 研究者らはこれまで、新型コロナウイルスに感染しても症状がそれぞれ異なる理由を分析し、高齢、男性、基礎疾患がある場合に深刻な症状を引き起こすことを明らかにしている。しかし、今回のように特定の地域と新型コロナウイルスを関連付ける研究発表は初めてだ。

Photo_20201024074301

 ネアンデルタール人DNA、アフリカの現生人類からも検出 
CNN.co.jp 2020年1月31日(金)13時15分配信

 現生人類の遺伝子情報について、アフリカ人のDNAにもネアンデルタール人の痕跡が残っているとする研究論文が、30日刊行の学術誌に掲載された。これで地球上のすべての地域の現生人類からネアンデルタール人のDNAが見つかったことになる。

 人類の祖先がネアンデルタール人との間に子どもをもうけていたという証拠は、2010年に初めて提示された。石器時代の欧州に4万年前ごろまで住んでいた人類の骨の解析から明らかになった。その後、欧州、アジア、米州に住む現生人類の遺伝子の2%はネアンデルタール人から受け継いだものであることが分かったが、アフリカについては同様の証拠が見つかっていなかった。

 今回、米プリンストン大学の研究者らは新たな計算手法に基づき、アフリカの現生人類もネアンデルタール人のDNAを保有しているとの結論を導き出した。この新発見により、アフリカを起源とする現生人類が世界の他地域へ一方的に伝播(でんぱ)していったとする従来の学説には疑問符が付く可能性が出てきたという。

「出アフリカ」と呼ばれるこの移動は6~8万年前に起きたとされるが、研究を主導したプリンストン大学のジョシュア・エイキー教授は、20万年近く前にアフリカを離れた現生人類が欧州でネアンデルタール人と交わった可能性があると指摘。欧州で生まれたこのグループがアフリカに再移住したことで、ネアンデルタール人の痕跡がアフリカ人にもたらされたとの見解を示す。

 研究チームはまた、大陸間でネアンデルタール人の痕跡にばらつきがあるとする説も間違いだとした。従来の推計では、東アジア人にみられるネアンデルタール人の痕跡は欧州人より20%近く多いとされていたが、実際のところ異なる大陸であっても、そこに住む現生人類にみられるネアンデルタール人の痕跡は「お互い驚くほど似通っている」という。

Photo_20201024093201Photo_20201024093301

 ネアンデルタール人子ども巨大われていた 
CNN.co.jp 2018年10月11日(木)11時12分配信

 ポーランドで数年前に発見された同国最古の人骨は、巨大な鳥の餌にされたネアンデルタール人の子どもの骨だったことが、人類学研究チームの調査で明らかになった。ポーランド科学・高等教育省が発表した。

 見つかったのは長さ1センチほどの手の指の骨2本で、5~7歳のネアンデルタール人の子どもの骨だったと推定される。発見時は動物の骨と一緒になっていたことから、人骨と判明したのは今年に入ってからだった。

 年代は11万5000年前と特定された。それまでポーランドで見つかった人骨の中では、約5万2000年前のものが最古とされていた。

 指の骨の表面は、多数の穴で覆われていた。研究者はこれについて、「大きな鳥の消化器官を通過した結果だった」と解説する。子どもは鳥に襲われて身体の一部を食べられた可能性も、死後に鳥の餌になった可能性もあるという。保存状態が悪かったため、DNA鑑定はできなかった。

 骨は数十年にわたって発掘作業が続けられているキエムナ洞窟で、深さ約2.7メートルの地層から発見された。ネアンデルタール人が使っていた石器も一緒に出土しているが、ネアンデルタール人がこの洞窟に住んでいたのか、季節に応じて使っていたのかは分かっていない。

Photo_20201024092501

関連エントリ 2017/03/09 ⇒ 【原始人の歯生活】✍ネアンデルタール人「鎮痛薬」使用か!?
関連エントリ 2011/01/01 ⇒ ネアンデルタール人はシチューが好物だった!?

 大人水疱瘡重症化しやすいは本当だ!34歳男性の体験談 

ダイヤモンドオンライン 2020年10月23日(金)6時02分配信/木原洋美(医療ジャーナリスト)

● 最初は虫刺されだと思ったが 念のためクリニックを受診

 「あれ、すごい、めちゃくちゃ虫に刺されたみたい」

 休日の朝、ノブアキさん(仮名・34歳)は驚いて妻を呼んだ。体のあちこちに水膨れや赤いブツブツができていた。

 「わ、すごい。でも本当に虫刺されなの。ほかの病気じゃないの」

 「ほかの病気って何があるの。これひどいよね。うち、ダニがいるんじゃないの。夜中に刺されまくったとか」

 「やだ、気持ち悪い。私は全然大丈夫よ。そんなふうになっているのはあなただけ。ね、ほかに症状はないの。あなた何だか顔が赤い。熱あるんじゃないの」

 というわけで熱を測ると38度あった。急に怖くなり、具合も悪くなったノブアキさんは急遽、妻に付き添ってもらって日曜日もやっている近所の内科クリニックを受診した。発疹があるので皮膚科の方がいいかもしれないと思ったが、あいにく皮膚科でやっているところはなかった。

 他人にうつす可能性がある病気かもしれないので、事前にクリニックに電話を入れ、感染症患者用の出入り口から入った。

 医師はすぐに水ぼうそうを疑い、採血してくれたが、結果が分かるのは休み明けになるという。

 「抗ウイルス薬とかゆみ止めを出しますので、様子を見てください。水ぼうそうは大人の方の場合、重症化しやすいんですよ。高熱が出るとか、発疹がさらに増えてつらいとか、悪化してくるようだったら早めに○△病院に連絡して、受診してください。その際、このクリニックで診てもらったと伝えていただければ連携していますから、夜間でもスムーズに診てもらえると思いますよ。お大事に」

● 体温は39度超え 猛烈な痒みとダルさに襲われた

 帰宅し、熱を測ると39度を超えていた。発疹はあっという間に頭皮や口の中にまで及び、猛烈な痒みと粘膜の痛みで水を飲むのも辛い。身体が重く痛み、手足を動かすことができない。

 「これ、重症化してるよね。俺、危ないんじゃないかな」

 息も絶え絶えに訴えると妻もうなづき、すぐにクリニックで教えてもらった病院を受診した。

 「肝臓の数値が悪いですね。熱も高いし、心配な状態です。しばらく入院していただいたほうがいいですね」

 仕事のことを考えると入院は避けたかったが、それどころではなかった。とにかく辛い。入院して治療を受け、一刻も早くこの辛さから解放されたいと思った。何より、どんどん悪化していく感じが怖い。

 「助かりますか」

 つい聞いてしまう。

 「大丈夫ですよ。大変だと思いますが、頑張って治しましょう」

 励まされると安堵で泣きそうになった。

 点滴と服薬と塗り薬の入院生活が始まった。熱は39~40度台で5日間も続き、下がった後は激しい頭痛に悩まされた。身体がダルいのも辛かったが、最強最悪にうっとうしいのが発疹だった。赤いブツブツはその後全部水ぶくれ状になり、掻いたりするとすぐつぶれて中から水が出る。この水のなかにはウイルスが含まれているという。

 妻に頼み、大きな容器に入ったかゆみ止めと化膿止めの効果がある白い塗り薬を一つ一つのブツブツに塗ってもらった。看護師さんに塗り方を教わったのだが、とにかく塗りにくいらしい。それに何と言ってもブツブツの数が多過ぎる。

 「この薬ね、ちゃんと塗らないと、ブツブツが治った後が汚くなるんですって。水ぶくれが破けないようにすることと、カサブタを無理に剥がさないように我慢して治すことが大切なんだって。頑張って塗ってあげるね。でも、ホントに大きな背中ね。子どもの4倍はあるから、背中だけでも一仕事だわ」

● 水ぼうそうは治っても ウイルスは体内に潜伏しつづける

 入院から2週間、ノブアキさんは退院することができた。水ぼうそうは感染力が非常に強いため、個室での入院だったし、お見舞いも受けられない(もっとも、誰かが訪ねてきてくれたとしても、頭から足先まで、赤黒いカサブタだらけで、おまけにカサブタの上には真っ白なクリーム状の薬がべっとりと塗られており、とてもじゃないが他人に見せられたものではない)。

 「退院おめでとうございます。お子さんの病気というイメージが強い水ぼうそうですが、未経験の成人は10%いるとも言われています。ご主人のように30代前半で発症する率は、女性よりも男性の方が多いようです。まあ女性の場合は、出産の5日前から2日後までに水ぼうそうにかかってしまうと、生まれた赤ちゃん(新生児)の17~30%で重症の水ぼうそうが見られ、致死率は20~30%と非常に危険なので、結婚前に抗体検査を受ける方が多いんですよ。もしも抗体がなかった場合にはちゃんと予防接種を受けていますから、水ぼうそうになる方も男性より少ないのかもしれません」

 「私は、小さいころに水ぼうそうになったので、まさか夫が、大人なのに水ぼうそうになるなんて思ってもみませんでした」

 妻がほっとしたような笑顔で返す。

 「重症の水ぼうそうでは、ご主人のような肝機能障害のほかにも、肺炎、心内膜炎、関節炎、脳炎等の合併症が起きたという報告もあります。成人が重症となる率は、子どもの3~18倍、入院する率は11~20倍、肺炎は1.1~2.7倍も多いというデータもあります。怖いですよね。無事、回復されて、本当によかったと思います。

 ただ、水ぼうそうは一度かかってしまえばもう安心と思うのは早いんですね。帯状疱疹(たいじょうほうしん)という病気を知っていますか。水ぼうそうのウイルスは帯状疱疹と同じヘルペスウイルスで、幼児期にかかった水ぼうそうが治った後も体内の知覚神経節に潜伏し続け、成人してから再び活動をはじめ、帯状疱疹という病気となってあらわれることがあります。奥様は先ほど、小さいころになったとおっしゃっていましたが、この先、帯状疱疹になる可能性はあるので、油断しないでください」

 「え、そうなんですか」

 「はい。帯状疱疹は、体の中で眠っていた水ぼうそうのウイルスが、何かのきっかけで免疫力が落ちたときに表に出て帯状疱疹となり、強い痛みを起こして苦しむ病気です。帯状疱疹後神経痛といって、病気が治った後も痛みの後遺症が残って、生活に支障が出るほど苦しんでいる患者さんも大勢います」

 「わぁ、怖い病気ですね」

 夫婦して、思わず身を乗り出して聞き入る。

● 予防に勝る治療はない ワクチン接種が有効

 「あまりにも痛みが強いせいで、動けなくなって引きこもりになり、認知症につながったりすることもあります。しかも、高齢になって発症するほど、後遺症の神経痛(帯状疱疹後神経痛)が残りやすく、さらに悪いことに決定的な治療法がありません」

 「そうなんですか」

 「でも安心してください。この帯状疱疹にはワクチンがあります。1回接種すると10年は大丈夫という優れもののワクチンで、発症率は半分以下になり、重症度は 1/3 になり、帯状疱疹後神経痛になる危険性も1/3になったという結果が出ています。

 予防に勝る治療はありません。私は50歳以上の方、特に60 歳以上の方には、男女を問わず、接種を強くお勧めします。副作用はほとんどありません」

 「50歳以上にお勧めなんですね。30代はまだ大丈夫ですか」

 「あぁ、そうですね。1997年から2006年にかけて行われた大規模疫学調査では、30代で帯状疱疹にかかる方は他の年代より低くなっています。この年代は水ぼうそうの子どもと接する機会が多いため、ブースター効果(追加免疫効果)となっているのではないかと考えられています」

 「ということは、うちは夫が水ぼうそうになったから、私もブースター効果で帯状疱疹にかかりにくくなっている可能性はありますよね」

 「そうですね(笑)。でも気を付けてください。疑わしい症状が出たら、一刻も早く治療を開始することが、悪化を防ぐ最善の方法です」

 「そして50代になったら予防接種を受けること」

 「はい、予防に勝る治療はありません」

 ※ 本稿は実際の事例・症例に基づいて構成していますが、プライバシー保護のため患者や家族などの個人名は伏せており、人物像や状況の変更などを施しています。

 

2020年10月22日 (木)

【オーバーローン商法】高級外車“専門”カーシェア企業✍“破綻”で雲隠れ

 高級車専門カーシェア会社が破綻で600人がローン地獄 顧客が語る“詐欺的ビジネス”の全容 

デイリー新潮 2020年10月19日(月)11時35分配信

 高級車専門カーシェア会社「Sグループ」の破綻が、ネット上で話題を集めている。多額のローンを抱える被害にあったオーナーは600人以上。そのほとんどが20~30代の若者だという。彼らの怒りの矛先は、Sグループの代表・Xへと向けられている。男は4年前、半グレ集団とトラブルになり、新橋でハンマーを持った二人組の男に襲撃されたこともある、いわくつきの人物であった。Xが手がけた“詐欺的ビジネス”の全容とは――。

 ***

 ベンツ、BMW、レクサス、ポルシェ……。埼玉県某所の広大な駐車場には、名だたる高級車がすし詰め状態で停められていた。

 その数、200台はゆうに超える。

Photo_20201022192101

 車は所有者のステータスを示すとも言われる。だが、この車のオーナーたちは、羨望の対象とは対極の、追い詰められた状況にある。

「自分の車が、いまどこにあるのかわかっていません。わかればいますぐにでも探しに行きたいのですが……」

 こう語るのは、Sグループを通して、トヨタの高級ミニバン「アルファード・エグゼクティブラウンジ」を800万円で購入した平野祐一さん(仮名・33)だ。サラリーマンである平野さんの年収は、500万円ほど。本来、こんな高級車を購入する余裕はないはずだ。

 だが、彼は有益な投資ビジネスとXらから勧誘され、7年ローンで車を購入してしまったのだ。

「オーナーになると一時金として50万円をもらえると言われ、飛びついてしまいました。費用は一切かからない。車をカーシェアとしてユーザーに貸し出し、利益が出たらさらに還元する、という話でした」(同)

Photo_20201022192401

 甘い話に乗ってしまった平野さんは、いま後悔のどん底で苦しんでいる。10月8日に、Sグループは事業停止。多額のローンの残債を抱えることになってしまったのだ。

不動産業でもオーバーローン商法を手がけていた

 きっかけは3年前、Sグループの代表で“会長”と呼ばれていたXとの出会いだった。

「当時、私は500万円の多重債務に苦しんでいました。そんな時、不動産購入でオーバーローンを組めば、借金が棒引きできるウラ技があることを知ったのです。そして、知人の紹介で仲介業者として現れたのが、Xでした」(同)

 こんな魔法のような手法が、本当にあるのだろうか。

「売主と組んで、不動産価値を高く偽装するのです。その差額分のなかに、当初あった500万円の借金や、Xが中抜きする分が含まれている。Xに言われるままに、私は神奈川県の一戸建ての新築物件を購入する手続きを進めました。そして、審査が通ったのです。いまは、その物件を人に貸し、入ってくる家賃収入をローン返済に充てています」(同)

 もちろん、不動産購入の目的以外でオーバーローンを組むことは、違法性のある行為である。Xはカーシェア業以外にも、このようないかがわしいビジネスに手を染めていたのである。

300~400万のアルファードを800万と偽装していた

 不動産契約が一段落したころ、新たにXが勧めてきたのが、彼らが新たに立ち上げたカーシェアビジネスだった。

「同じカラクリが、カーシェアでも使われています。ただ、それに気づいたのは、Sグループが破綻し、ほかの被害者たちと連絡を取り合うようになってからのこと。購入した時は、彼らが語るビジネスモデルを信じ込んでしまっていた。被害者の多くは私のような、車に関する知識がない若者ばかりです」(同)

 彼が購入したアルファードの車体価格は800万円。だが、本当の仕入れ値は「300~400万円くらいだったのではないか」という。

「中古車販売業者を絡ませ、特別仕様だとか偽装し、800万円の価値がある車として販売するのです。完全にグルな業者もあれば、事情を知らずに委託販売しただけの業者もいます。私たちは実際に車に乗るわけではないので、車の確認すらしない。Xから部下を紹介され、言われるままに信販会社の7年ローンの審査書類を書かされました。年収も本当は500万円でしたが、『それじゃあ審査が通らないから850万と書いて』と。信販会社も儲けたいから、審査を通してしまうのです」(同)

Photo_20201022192201

 このローンを組むことで平野さんは50万円を報酬として得たが、当然、毎月のローン返済も発生する。84回払いなので分割手数料も高く、月々の支払いは約14万円にもなるが、

「それはすべてSグループが代わりに支払ってくれるという話でした。ローン代、保険料、駐車代に加えて、自動車税も。さらに、自分が所有する車の売り上げの5%もボーナスでもらえますよと。実際にその後、毎月、保険代を加えたローン代金が、傘下の会社から振り込まれてきました。費用は、カーシェアビジネスでまかなっていけるというのが、彼らの話でした」(同)

Xと連絡が取れなくなった

 当初の説明では、契約後2年が経過した時点で、Sグループがローン残債を一括で支払い、車を買い上げてくれるという話だったという。

「私が契約したのは2019年1月で、今年1月に満期を迎えたのですが、『7年契約に延長してくれたら、月々1万円の報酬を出します』と彼らから強く勧められ、安易にサインしてしまったのです。すると、8月末から入金が止まってしまった。Xに電話してもつながらない。会社に電話をしても担当者は辞めたと。そして10月上旬に破産手続きに入るとの連絡が入ったのです」(同)

Photo_20201022192601

 残った借金は900万円近くにも上るが、

「私の手取りは30万ちょっと。14万もローンを払っていたら、生活できません。いまは銀行ローンへの借り換えを検討しながら、車を取り返すべく所在を探しています。見つかり次第、すぐに売却しローン返済に充てるつもりです」(同)

狙い目は信用情報がまっさらの若者たち

 このビジネスモデルで注目すべきは、オーバーローンを組ませることで彼らが得ている莫大な利益である。1台購入させるだけで、オーナーに報酬を支払ったとしても、300~500万円の利益が残る計算だ。

 ある中古車販売業者によれば、

「1日1万円などでユーザーに貸し出していたのですが、そんな利益よりもオーナーを増やしていくほうが、利幅はでかい。結果、ねずみ講のようにオーナー獲得に精を出していくのです。新規オーナーを紹介したら10万円もらえるという特典もあった。Xの周りにはネットワークビジネス関連の人間も多く出入りするようになり、こんなにも被害が膨れ上がったのです」

 彼らの毒牙にかかってしまったもう一人の被害者は、昨年6月にトヨタの高級ミニバン「ベルファイヤ」を購入した井上隆さん(仮名・28)である。600万円以上ものローンを抱えることになってしまったが、彼は平野さんとは違い、これまで借金とは無縁の生活を送っていた。

「僕のように、信用情報がまっさらの会社員こそが、彼らの狙い目でした。信販のローンが通りやすいからです。同時に2台購入して、1000万円以上のローンを組まされた被害者もいる。所帯を持っているサラリーマンの中には、月2~3万円程度の小遣い制で生活している人たちが多い。妻に内緒で、数十万円というまとまったカネが入るという話は魅力的なのです」

 井上さんは、破綻の情報を耳にするや否やすぐさま動き、車の所在地をつきとめ車を確保した。

「僕はラッキーなほうだと思います。見つかっていない人も多いし、見つかったとしても車体に苔が生えていたり、フロント部分が損壊したり、とひどい状態のまま放置されていたケースもある。僕は、これは詐欺だと思い、彼らが車を放置していた場所から一番近かった埼玉県武南警察署に2度行きました。ただ、担当者は『事件性はない』というつれない反応でした」

タワマンに住み、キャバクラで一晩40~50万円の豪遊

 一般的に、詐欺罪の立証は難しいと言われる。Sグループは、最終的には自転車操業状態だったが、カーシェアリング事業を展開していた実態はあった。車はオーナー自らの意思で購入しており、オーナーはグループ傘下のL社と自動車使用業務委託契約書も交わしていた。

 その条項には「破産手続き開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始の申し立てがあった場合又は清算手続きに入った場合」、契約を直ちに解除すると明記してあり、オーナーはみな署名押印していた。目先の利益に目が眩み、よく調べもせずに契約してしまった彼らにも落ち度があるということだ。

 いまオーナーたちは、SNSで連携を取り合い、警察や弁護士に相談しながら、Xら幹部たちの行方を追っているが、まったく連絡が取れないという。

 ただ、元従業員が言うには、

「ヤツを捕まえたところで何の意味もないでしょう。彼はほとんどのカネを事業に費やして文無しになってしまった。一時期は、港区三田のタワーマンションに住み、一晩で六本木のキャバクラで40~50万円豪遊する暮らしをしていたんですがね」

 Xは若いころ、消費者金融で働いていたという。

「そこで得たローンの知識をフル活用し、いろいろなビジネスを展開していた。グループ内には20社以上の関連会社があるのですが、売り上げを付け合うなどして大きく見せて、銀行からもカネを引っ張っていたようです」

Xは新橋ハンマー襲撃事件の被害者だった

 反社会勢力の影もあった。

「Xは現役の暴力団組員とも親しく交際し、定期的にカネも上納していました。オレオレ詐欺をやっていたような半グレ連中ともつるみ、彼ら相手に携帯電話の名義貸しビジネスも手掛けていた。そして2年前、トラブルに発展し、半グレが雇った男二人に襲撃されたのです」

 当時、その話は事件としてテレビ、新聞も取り上げている。

〈20日午後5時35分ごろ、東京都港区西新橋1丁目の路上で、会社役員の男性(39)と同僚の会社員の男性(22)が2人組の男に襲われた。2人はハンマーのようなもので頭などを殴られ、顔や鼻を複雑骨折するなどして重傷だが、命に別条はないという。役員の男性は現金約20万円を奪われた。男2人は逃走しており、警視庁が強盗傷害容疑で捜査している。

 愛宕署によると、被害者の1人は「突然無言で後ろから殴られた。面識はないと思う」と話している。現場付近にはハンマーのようなものが落ちていた。暴行を目撃した人が110番通報した。

 男らは2人を暴行した後、タクシーで逃げたという。1人は30~40歳くらいで身長約160センチ。頭は丸刈りだった。もう1人は30歳くらいで身長170~180センチ。茶色のモヒカン刈りだったという〉(「新橋でハンマー強盗か、男性2人重傷 モヒカン男ら逃走」朝日新聞・2016年12月20日)

「強盗事件として報道していましたが、実際は強盗に見せかけた半グレ側の報復だった。犯人二人は、ゴム製のハンマーでXの顔面を中心にボコボコにした後、一度立ち去ろうとしたが、『財布を取り忘れた』とすぐに現場に戻ってきてもいる。しばらくして、二人は警視庁に捕まった」(同)

 Xは顔面を包帯でぐるぐる巻きにした状態で、1カ月以上も入院生活を強いられたという。そんな恐ろしい思いをしながらも、カネへの執着を捨てきれず、事業を拡大し続けたようだ。彼にオーナーたちの悲鳴は届いているのだろうか。

 被害者続出高級「カーシェア投資」が事業停止 何が問題だったのか 

AUTOCAR Japan 2020年10月10日(土)5時50分配信

カーシェア投資とは何なのか?

 東海地方に住むAさんは、今年3月に高級車専門カーシェア会社「S」と「自動車委託契約」を結んだ。

Photo_20201022194001

 契約内容は以下(謝礼の額や契約条件は車種や契約時期によって異なる)。

1、Aさん名義でローンを組み、メルセデス・ベンツ(約500万円)とレクサス(同)を、S社から中古で購入。

2、契約成立時に、それぞれ購入価格の10%=50万円ずつ謝礼としてS社から受け取る。

3、毎月のローン支払い時(口座引き落とし)の数日前に、S社から毎月の車両代(2台で約15万円)、任意保険料に加え、2万円前後の謝礼が支払われる。

4、契約から7年でローン完済。その後はカーシェア会社が1台につき100万円で買い取る。

 クルマの名義は所有者:ローン会社、使用者:Aさんになっている。

 そして実際に、Aさんは上記2番=謝礼50万円×2台分=100万円が契約から約2か月後に入金された。

 4月以降、上記3番=毎月の入金(謝礼2万円含む)もおこなわれてきた。

 なお、実際にはAさん名義でクルマを購入したことになっているわけだが、Aさんは自分名義のクルマを見たこともなければ乗ったこともない。

 車検証や自賠責のコピーも送られてきていないという。

 唯一、手元にある書類は自動車保険(任意保険)の証券である。3年契約で、そこには当然だがクルマのナンバーも車台番号も記載されている。

 昨日、保険会社に確認したところ、この保険自体は契約が続いているとのことだった。

 諸事情でお金が必要だったAさんにとって、S社への「カーシェア投資」は、ありがたいシステムだった。

Aさん名義のクルマでカーシェア運営

 S社はレクサスやメルセデス・ベンツ、BMWなどの高級車を専門とする個人間カーシェアリングを運営している。

 AさんがS社からローンで購入した(ことになっている)メルセデス・ベンツやレクサスも、シェア車として運用されてきた。(実績は不明)

 S社のサイトには、自社のカーシェアリングサービスについて以下のように記されている。

「一般のオーナーと個人間で自家用車を共同使用できるサービスです」

「共同使用とは、個人間において自家用車の使用/管理に関する実質的な権限と責任を分担し、車両を共同で使用するものです」

「レンタカーのように貸主と借主の関係で車両の貸渡をおこなうものではありません」

 同社はレンタカーや法人カーシェアであることを示す「わナンバー」にならない高級車を、レンタカーよりも安価な価格で「共同使用」できることをウリにしている。

 つまり、レンタカーは道路運送法第80条の「自家用自動車有償貸渡業」として国交省の認可を受けて営業されるが、個人間カーシェアリングは「共同使用」という名目のもとに、レンタカーより簡単に個人間でクルマを使用することができる。

 車検や法定整備など諸々の関係法規も全く異なっており、レンタカーよりもはるかに簡単な方法で、運営ができる。

8月からAさんに入金されなくなった

 さて、一見、うまくいっているように見えたS社のカーシェア投資事業だが、その危険性を指摘する声は少なからずあった。

 カーシェア専門家のカーシェアマニア(@carsharemania)さんはこう話す。

「S社は2年前からフォロー&リツイートによる高級車プレゼント企画やインフルエンサー・マーケティングなど、SNSによる宣伝をしていました」

「近年は同社のカーシェア投資の勧誘が若者の間で広がっている様子でした」

「一般的にカーシェアリングは採算を成り立たせるのが難しい業種といわれています。そのため同社もこのような危うい投資商品を作ったと想像できます」

 また、当選者とクルマの写真が掲載されていた「高級車プレゼント企画」もカーシェアに詳しい有志らの解析で架空のものだったことが判明しているようだ。

 異常事態が確実になって来たのは今年8月以降である。投資者のところに毎月あった入金が止まってしまった。

 Aさんをはじめ、多くがS社に問い合わせしたが、「コロナで資金繰りが悪化した」「来月まとめて2か月分入金します」などの回答が戻って来たそうだ。

 そう言われて多くの投資者は納得して特に行動を起こす人はいなかった模様。

 9月の入金がなかったことでさすがに10月以降はツイッターを中心としたSNSにも、投資者たちの不安の声が目立つようになった。

 そしてついに、10月8日、S社が事業停止を宣言した。

突然の事業停止 クルマ返還される?

 S社からAさんのところにメールが届いたのは10月8日午前11時頃のことだった。

 以下の文面(一部を抜粋)である。

「取引先の車両仕入れ業者による故障車両増加の影響などにより、業績の長期低迷を脱しきれない状況にあります」

「このような状況から、弊社は、誠に遺憾ながら現在の事業を継続することは困難と判断し、今般、事業から撤退することを決定いたしました」

「今後、弊社及び関連会社は破産手続きを含めて法的手続きに入るべく各種の整理をしていく予定です」

「つきましては、委託者各位におかれましては、お預かりしている自動車の返還等を含め、順次契約関係を整理するための準備をおこなっていく予定です……」

 要するに、「委託契約は終了」「クルマは返還する」ということである。実際に契約したクルマが返ってくるかは不明だ。

 返ってくればいくらか返済の足しにはなるだろう。

 とはいえ、S社の電話は不通。SNSのアカウントもすべて削除している。

 クルマは本当に投資者のもとに返還されるのだろうか? 

 事情に詳しいレンタカー会社の経営者にAさんが購入した車種と金額を伝えて、S社からの事業停止メールを見せたところ、予想外の答えが返って来た。

 経営者が反応したのはメールの最初にある「故障車両増加」の部分と、Aさんがローンを組んで購入したクルマの金額である。

格安で仕入れたクルマを高額で販売?

「故障車両増加とはつまり、事故車や過走行車などを意味しているのでしょう」

「たとえばこんなことが考えられます」

「Aさんがローンを組んで買うことになった車種は、高級車でも激安でおそらく100万円ちょっとでは。それを500万円で買わせるわけです」

「ボロの過走行車ばかり仕入れて、500万円の値段をつけます。総支払額は金利がついて600万円。2台で1200万円ですね」

「事業停止でクルマが戻って2台売却したとしてもせいぜい200万円程度です。投資者(=Aさん)には大変大きな負債が残りますね」

「無知な若者を狙って、ベンツやレクサスだから高級というイメージを与えて500万円という価格設定にしたのではないでしょうか」

 事情があって、S社からAさんに毎月の固定額が払えなくなったとしても、格安で仕入れたクルマをAさんに高額でローンを組ませた時点で、かなりの儲けになり、ビジネスが完了しているとも考えることだってできる。

「カーシェアという煌びやかにも見える時代の先端を行っているビジネスと見せかけてクルマ情報弱者を盲目にし、暴利をむさぼる中古車ビジネスともいえそうです」

 単に投資を目的として契約した人もいるだろうし、高級車とはいえ二束三文のクルマを返されても大した利益にはならない。

 この先長い人では6~7年も保険料など込みで1台10万円近いローンを支払っていかなくてはならない。困惑している投資者も少なくないはずだ。

 とはいえ、投資者側も「自動車使用業務委託契約書」の内容を理解し、共同使用や業務委託に関する法規を正しく理解していたか? 共同使用の法律を正しく理解していたのか。事業に関するリスクを十分に認識していたかの理解していたのかの問題はある。

 投資者の多くは20代の若者で、その多くはクルマのローン購入や所有が未経験だ。クルマの登録や使用に関する法律も十分に理解していない可能性もある。

 さらに、S社に投資をしてSNSで窮状を訴える人に対して「救済します!」「良い方法がありますよ!」とアプローチする事象も。こちらにも注意が必要かもしれない。

 

2020年10月21日 (水)

【鬼滅の刃】公開3日間<世界映画興行収入✍半分を稼ぐ>コロナ禍の大ヒット

 大ヒット「鬼滅の刃」に米メディア「パンデミックの中で特別な意味 

東スポWeb 2020年10月21日(水)12時49分配信

 欧米では新型コロナウイルスの感染が再び拡大し、新たな都市閉鎖も伝えられる中、日本では先週末に封切られたアニメ映画「鬼滅の刃/無限列車編」がもたらした国内映画史上記録となる興行収入や観客動員数に米メディアは驚きの反応を示している。

 米紙ニューヨーク・タイムズは20日、「パンデミックって何? 日本映画が記録的な観客動員」という見出しで〝鬼滅現象〟を詳報した。

 同紙は「公開3日間の観客動員340万人や売上46億円はこれまでの国内記録の2倍以上。先週末の興行収入は世界最高で、これは日本以外全ての売上合計を上回るもの。しかも公開されたのは日本だけだった」とその凄さを強調した。

 コロナ禍によりハリウッドの映画会社が次々と大作の公開を延期し、競争相手がほとんどいない状況だと前置き。その上で同紙は、「鬼滅の刃」の「成功の大きさは平常時でもケタ外れだが、パンデミックの中では特別な意味を持つ」と指摘。

「混雑した劇場で何時間か他人と一緒に座ることを安全だと感じられれば、観客がいかに素早く戻ってくるかを証明した」と絶賛した。

 一方、米芸能誌「バラエティ」は、コロナ禍で安全を確保するため、劇場が観客数を約半分にして上映する中で、同作品は日本の映画記録を更新したと伝えた。

 米誌「ニューズウィーク」は、同作品が2016年から「週刊少年ジャンプ」で連載が始まった吾峠呼世晴による漫画を原作としたアニメ映画だと説明。単行本(電子版含む)はすでに1億部を突破しているとし、「大ヒットする下地があったことは何の疑いもない」と分析した。

 また、米通信社ブルームバーグは先週末の動員数340万人が「日本全体の人口の約3%にあたる数字だ」と解説。加藤官房長官みずから「鬼滅の刃」のアニメを見たことがあるとのコメントを紹介した。

Photo_20201021165601

 映画『鬼滅の刃』はTVアニメ原作見ずとも楽しめる理由は今回の「主役」にあり 

マグミクス 2020年10月20日(火)17時50分配信

映画鬼滅の刃の主役は炎柱煉獄杏寿郎といえる

 2016年から2020年まで「週刊少年ジャンプ」で連載され、累計発行部数1億部を超える大ヒットを記録した吾峠呼世晴先生の人気マンガ『鬼滅の刃』。

 2019年にTVシリーズが放送され、「Fate」シリーズなど、シリアス色の強い作品や、CGを用いた美麗なアニメーションに定評があるufotableが制作を務め、花江夏樹さんら今をときめく豪華声優陣、数々の有名アニメ音楽を手掛ける梶浦由記さん、誰もが一度は耳にしたことがあるであろうLiSAさんが歌うOP主題歌「紅蓮華」など、数多の要素が折り重なって、大人から子どもまで一大ムーブメントを巻き起こしました。2020年10月16日に公開された劇場版「無限列車編」は、TVアニメ完結後の戦いを描く内容です。

 新型コロナウイルスの影響もあり、映画館へ足を運ぶ人が減少傾向にあるなか、初週3日間で興行収入46億円、観客動員数342万人を記録し、『名探偵コナン 紺青の拳』や『天気の子』を圧倒的に上回り、歴代記録を更新する脅威の数字を叩き出しています。

 ですが、まだ『鬼滅の刃』に触れたことのない人にとっては、映画に興味があっても「TVアニメ・原作を観ていなくても楽しめるのか?」という疑問が浮かぶのではないでしょうか?

 結論からいいますと、いきなり映画から入っても十分楽しめます。その理由や見どころを紹介します。

 物語の舞台は大正時代の日本。人を食する“鬼”が存在し、その鬼と戦う“鬼殺隊”に入隊した主人公・竈門炭治郎(かまど・たんじろう)が、鬼になってしまった妹を人間に戻すため、家族を皆殺しにした鬼を探し出すため、日夜仲間とともに熾烈を極める戦いに身を投じていく姿を描く……のですが、今回の映画の主役は彼ではなく、鬼殺隊の中で最も強い“柱”と呼ばれる9人のうちのひとり、煉獄杏寿郎(れんごく・きょうじゅろう)といってもよく、今回は彼を知るための物語といっても過言ではありません。

 全26話のTVシリーズ終盤において他の柱たちとともにわずかに登場はしていたものの、煉獄杏寿郎その人について詳しく語られるのは今回が初めて。つまり、今回の映画においては、これまでの物語を把握していなくても問題ないのです。

 また、劇中では敵の能力によって炭治郎の過去や殺されてしまった家族との関係性、彼が戦う動機なども垣間見られるため、原作やTVシリーズに触れておらずとも、物語の大筋を、それぞれのキャラクターのバックボーンを把握しながら楽しむことができるのです。

 映画から入るも良し、原作やTVアニメから入るも良し。どんな形であれ、『鬼滅の刃』に宿る面白さやアツさは、間違いなくあなたの心をつかんで離さないでしょう。

Photo_20201022001501

 トランプ逆転 !世論調査が間違っていた場合に備えヘッジ必要か 

Bloomberg 2020年10月21日(水)23時14分配信

 またしても世論調査が間違っていた場合に備え、トレーダーらは何らかの保険をかけておきたいのではなかろうか。

Photo_20201022001301

 米大統領選挙で民主党候補のバイデン前副大統領が勝利するだけでなく、議会も民主党が制するとの予想を世界の金融市場は日に日に織り込み具合を深めている。バイデン政権が大規模な景気対策を打ち出すとの期待から株価と米国債利回りは上昇、ドルは下落している。ボラティリティーの指標も低水準になっている。全米および激戦州での世論調査でバイデン氏がリードしているものの、2016年の大逆転劇を考えるとやはり警戒は必要だ。

 JPモルガン・チェースの世界外国為替デリバティブストラテジスト、ラディスラフ・ジャンコビック氏は、ボラティリティー市場は「ちょっと安心し過ぎかもしれない」と語る。従って、「安価な選挙ヘッジを購入しておくのが安全かもしれない」と同氏は述べた。

 安価というのがキーワードだ。トランプ大統領が勝利する可能性は残っているものの、少なくとも世論調査に基づけば同氏は敗北する可能性が高い。従って投資家はいわゆるテールリスクに備えるために、あまり高いプレミアムを支払いたくはない。

Photo_20201022001401

 これを念頭に、ジャンコビック氏らJPモルガンのストラテジストはドルの上昇で利益の出るオプションを薦める。

 バイデン氏勝利はドル相場にマイナスという見方が多い。大規模な財政出動は債務を増やし、ドルの重しになるという考えだ。投資家のリスク意欲が高まり、ドルなど安全資産の需要が後退することも考えられる。一方、予想外のトランプ氏勝利となれば、ドルは押し上げられる可能性がある。

 JPモルガンによると16年の選挙が予想外の結果となった後、ドルのコールオプションを使った戦略は、ユーロや円のコールを使った戦略よりもうまく機能した。

 今回は米ドルがオーストラリア・ドルに対して上昇すると見込むオプションが最も有望のようだと、JPモルガンは指摘。また、オフショア人民元の下落に賭けるのも検討に値するという。

 

2020年10月20日 (火)

【日経平均】反落<米追加経済対策✍見極め>欧米コロナ再拡大傾向で

 中国過去最高ペースで「ビリオネア誕生 株高IPO追い風 

ロイター 2020年10月20日(火)15時11分配信

 中国富裕層向けメディア「胡潤百富(フルン・レポート)」が20日発表した2020年の中国版長者番付によると、中国では過去最高のペースで新たな「ビリオネア」が誕生している。中国経済は新型コロナウイルスの影響で大きな打撃を受けたが、株価上昇や新規株式公開(IPO)によって、富豪たちの保有資産が急拡大していることが分かった。

 中国版長者番付は、20億人民元(約2億9914万ドル)以上の個人資産を保有する人が対象。フルン・レポートのルパート・フーゲワーフ会長によると、今年の番付に掲載された人々の保有資産額は合わせて4兆ドルで、ドイツの年間国内総生産(GDP)を上回るという。

 番付の資産総額は今年、1兆5000億ドル拡大した。この増加幅は英国のGDPの約半分に当たり、過去5年の合計の増加幅を上回る。

 フーゲワーフ会長によると、株式市場の活況と新規上場を背景に、中国では過去1年、1週間につき5人のビリオネア(ドルベース)が誕生。会長は「たった1年でこれだけの富が創出されたのは、世界でも過去に例がない。中国の企業家は想定以上に富を増やした」と指摘した。

 番付のトップはアリババ<9988.HK>創業者のジャック・マー氏で、個人資産は45%増の588億ドル。3年連続で首位を維持した。中国のミネラルウォーター最大手として知られる農夫山泉<9633.HK>を最近、香港で上場したジョン・シャンシャン氏が537億ドルで3位に躍り出た。2位はテンセント<0700.HK>創業者のポニー・マー氏だった。

 2021年中国圧倒的成長」…IMFリポートから浮かび上がる「衝撃シナリオ 

現代ビジネス 2020年10月20日(火)5時02分配信/町田 徹(経済ジャーナリスト)

マイナス成長には転じない

 経済と金融をカバーする2大国際機関、OECD(経済協力開発機構)とIMF(国際通貨機関)が先週、G7(主要7カ国)とG20(主要20カ国)の財務大臣・中央銀行総裁会議の開催に合わせて、注目の国際税制の改革素案や恒例の経済成長予測、各国財政の調査レポートを公表した。

 直接的な表現は避けているものの、素案やレポートから浮かび上がってくるのは、新型コロナウイルスのパンデミックの下で、世界情勢が劇的に変化し、世界が大きな危機に直面しているという状況だ。

 中でも見逃せないのは、中国経済の驚異的な地位向上である。IMFによると、中国は、今年、先進国や他の新興国のようにマイナス成長に転落しない。加えて、V字回復軌道に乗った結果、来年のGDP(国内総生産)は15兆8千億ドルに達し、米国のそれの75%に相当する経済力を持つというのだ。

 こうした経済力を背景に、中国が一層の軍拡に走る可能性は高い。そうなれば、露骨に膨らませてきた領土的野心の実現へ向けて、武力行使に踏み切るリスクも膨らむ。

 一方、米国、EU(欧州連合)、日本、カナダ、英国の先進各国は今年、コロナ危機の衝撃緩和のために過去に例のない大胆な財政政策を講じた。その結果、来年には、先進各国合計の公的債務の対GDP比率が125%と、第2次世界大戦直後を上回る財政危機に直面する見通しだ。

 この財政危機をさらに深刻化しかねないのが米国である。EUやヨーロッパ諸国は、復興財源として、米IT大手GAFAなどに対するデジタル課税に期待を募らせてきた。が、これに反発する米国との交渉は難航、OECDが打開のために打ち出した妥協案に従えば、世界全体のGAFA関連税の増収額は日本円換算でわずか1兆円程度と「焼け石に水」になりかねない。

世界経済見通しはどうなっているか

 そうした中で、大元のコロナ危機の終焉はまだ見通せない。ここへ来て、米国や欧州の一部ではピーク時並みの感染の再拡大が起きており、危機が長引く懸念は強まっている。つまり、世界経済はさらなる下振れ要因から解放されていないのだ。

 今週は、OECDとIMFが示した提言やレポートをベースに、最悪のシナリオを検証しておこう。まずは、IMFが10月13日に発表した恒例の「世界経済見通し」(WEO)だ。

 日本の新聞・テレビが大きく報じたのは、米国や中国の経済活動再開を理由に、IMFが世界経済の今年の成長予測をマイナス4.4%と前回(今年6月)より0.8ポイント引き上げたことである。

 とはいえ、事態が改善したと考えるのは早計だ。過去の経済危機と比べれば、桁外れに深刻な危機であることに変わりがない。そのことは、リーマンショックの影響が深刻化した2009年がマイナス0.1%だったことと比べても一目瞭然である。

 後述するが、この上方修正の背景になった先進各国の巨額の財政出動がコロナ危機の影響を緩和した側面もさることながら、その副作用こそ見逃せないポイントだ。

 一方、IMFは来年の予測をプラス5.2%と0.2ポイント下方修正した。

 メディアの中には、IMFが新型コロナ危機に伴う世界全体の中期(今後6年間)的な経済損失を約3千兆円と試算したと報じたところもあった。この損失額は、すでに2度の補正予算を編成した結果、約160兆円に水膨れした日本の国家予算の18.8年分に相当する。改めて、経済危機の深刻さを裏付ける巨額の損失だ。

やはり、日本は負け組に

 WEOが弾き出した各国(地域)ごとの成長率予測を今年、来年の順に記すと、米国がマイナス4.3%とプラス3.1%、EUがマイナス8.3%とプラス5.2%、日本がマイナス5.3%とプラス2.3%だ。程度の差はあれ、これらの予測は、先進各国が来年になっても今年の落ち込みを埋めきれない「L字回復」に陥ることを意味している。

 特に、日本は回復力が先進国で最も弱い“負け組”と断じざるを得ない。日本は新型コロナの感染者の絶対数や10万人当たりの感染者比率が他国に比べて圧倒的に少ないにもかかわらず、今年も来年も米国より低成長に甘んじる見通しである。

 この状況について、IMFのエコノミストは記者会見で「高齢化が原因で中期的な潜在成長率が0.5%と低いうえ、外需依存が大きいのもマイナスだ」とコメントした。名指しこそしなかったものの、過去数年間にわたる日本の経済政策、つまりアベノミクスを日本の一人負けの主因だと示唆したわけだ。

 日本の弱みが、米国のIT大手の企業群GAFAのような成長の原動力になる企業が存在しないことにあるのは明白だ。この弱みが、コロナ危機前から重要になっていたDX(デジタルトランスフォーメーション)が進まない主因である。

 今回のWEOは、コロナ危機後に成長を促す柱として、DXだけでなく、気候変動対策の重要性も力説したのが特色だ。経済・産業構造改革で出遅れた日本にとって、耳を傾けるべき重要な助言と言えよう。

 WEOは世界経済が相変わらず下振れリスクを抱えていることも浮き彫りにしている。というのは、WEOの予測は、来年、新型コロナ用ワクチンの普及が進むことを前提条件にしているからだ。つまり、この回復予測が実現するには、ワクチンが開発され、幅広く普及する必要があるのだ。

 このため、万が一、ワクチンが普及しない場合、経済の一段の停滞が避けられない。付記すれば、このところ、欧米で急速に広がっている感染の再拡大も下振れ要因と言わざるを得ない。

米国に肩を並べる水準に

 中国に目を向けてみよう。IMFは今回のWEOで、中国の成長率を今年がプラス1.9%、来年が同8.2%と連続成長を見込んだ。ここで特筆すべきは、数ある先進国と新興国の中で、中国だけが今年、マイナス成長に転落しない点である。その好調は続き、来年も、インドのプラス8.8%に次ぐ高い成長が見込まれている。

 この結果、冒頭でも触れたように、中国のGDP(実額)は来年、15兆8千億ドルに達する見通しだ。一方、米国のそれは21兆2千億ドルにとどまり、リーマンショックが勃発した2008年の時点で米国の31%相当だった中国の経済規模が、来年は75%相当になるという。

 米国の3分の1にも満たなかった経済規模が、2度の世界的な経済危機をばねにして、わずか13年で、あと一歩で肩を並べる水準まで急拡大することになるのである。

 目下のところ、こうした中国の成長は世界経済の落ち込みを防ぎ、回復を加速する原動力として歓迎すべきものだ。IMFの発表を受けて、中国外交部の趙立堅報道官が記者会見で「中国経済の状況が徐々に安定化していることが、世界経済にとって朗報であることは間違いない」とコメントしたと中国メディアも報じている。

 しかし、中国が国際貢献を目指していると解釈するのはナイーブに過ぎるだろう。ここ数年、中国が南沙諸島の人工島に軍事基地を建設したり、香港の民主化を弾圧したり、軍用機で台湾の領空を侵犯したりして、東・南シナ海での領土的野心を膨らませていることを露わにしてきたのだ。

 そして、軍事予算の急拡大を続けていることをみれば、中国の経済力の拡大ピッチの加速が、さらなる軍拡に繋がることも留意せざるを得ない。

 日本にとって、中国の経済力の相対的な高まりは、経済的な現象にとどまらない。米国や東南アジア諸国だけでなく、オーストラリア、インド、欧州諸国との外交的な連携を強めるだけでなく、安全保障政策の抜本的な見直しも迫られていると言わざるを得ない状況だ。

ヤバすぎる公的債務

 話をIMFのレポートに戻すと、WEOだけでなく、14日公表の「財政モニター」(Fiscal Monitor Reports)も注視する必要がある。

 そのポイントは、コロナ危機に対して、主要国が12兆ドル規模の財政出動に踏み切ったことで人命が救われ、脆弱な人々と企業が支えられ、経済活動への影響が緩和されているとその有効性を認め、一定の継続が必要としつつも、今後は賢い支出への集中と膨らんだ債務の処理が最重要課題になるとしたことにある。

 膨らんだ財政支出に警鐘を鳴らす観点から、来年の先進国の公的債務がGDP比で125%になるとの見通しも示した。これは、1933年の大恐慌時の80%、2009年のリーマンショック直後の89%、そして第2次世界大戦直後の1946年の124%を超えて、過去最大の水準だ。

 重要なのはこれからだ。IMFは、各国が当面の財源不足を中央銀行による国債の大量購入で乗り切るだろうと予測しつつも、そうした施策には限界があると強調。まずは支援の効果と費用及びリスクに配慮することを強く求めている。

 そうした中で、最も重視する必要があるとしたのが公衆衛生政策だ。最近の知見として、感染症の拡大を迅速に封じ込めることで、より早く、より安全な経済の再開が可能となり、全体的な財政コストの軽減につながったと強調しているのだ。その次に、対象を絞った貧困層への現金給付や失業給付も効果が高いとした。

 一方で、賃金補助による雇用維持が中長期的に労働市場の再配分を遅らせるリスクを指摘した。一時的な納税猶予や減税はマネーの流動性を下支えして企業の破たんや市場の混乱を抑える効果があるものの、恒久化は歳入が損なわれるためご法度だと注意を促した。

 企業への資本注入も、戦略的企業の倒産防止など必要なケースが多かったと考えられる一方、回復局面に入れば産業の新陳代謝を遅らせると強い調子で警鐘を鳴らしている。

もう、ムダ遣いはできない

 さらに、直接融資や保証付き融資についても、企業や市場の信用を下支えする効果が一定程度あったとはいえ、最終的には過剰な民間債務を生じる原因になりかねないと副作用の大きさを問題視している。

 こうした財政出動に対するIMFの冷徹な評価は、コロナ危機以前から先進国で最も深刻な財政赤字を放置してきた日本にとって耳の痛い話である。

 IMFの助言に従うのならば、航空大手ANAホールディングスへの巨額の雇用調整助成金の支給や自動車大手の日産自動車への債務保証、そして前政権の制度設計の拙さが続々と明らかになっている一連のGoToキャンペーンなどの早期打ち切りは急務と言える。

 最後に、多くの国の税収不足の解消策として期待されていたGAFAなどへのデジタル課税の状況をみておきたい。G20は14日、直前に140ヵ国・地域が合意したOECDの新しい国際課税ルールの素案を念頭に、共同声明で「経済のデジタル化に伴う課税上の課題は、2021年半ばまでに解決策の合意を目指す」と明言した。

 素案の内容をみると、柱は2つある。一つは、各国が企業誘致のために繰り広げてきた法人税率の引き下げ競争に歯止めをかける狙いから、国際ルールとして法人税の最低税率の下限を設けることだ。

 もう一つは、GAFAなど巨大IT企業を視野に入れたデジタル課税制度の構築だ。これまではIT企業大手などが電子商取引を用いて世界各地で収益をあげる一方で、多くの国で店舗や工場を持たないことを理由に納税を免れてきた点に着目。企業が拠点を置く国が徴税したうえで、その税収をIT企業が租税を免れた国に配分するというのである。

問題を先送りしているだけ

 だが、EUが南欧諸国のコロナ危機脱却を支援するために創設を決めた復興基金(資金規模7500億ユーロ、約92兆円)の規模が大きく、グリーンボンド(環境債)で賄う28兆円規模の資金の償還資金などが将来必要になることや、日本が赤字国債の発行に依存して今年度の2度の補正で60兆円の財政支出を積み増したことなどを考えると、デジタル税は新たな財源として期待外れだ。

 OECDによると、世界全体でみてもデジタル税で生み出される税収は1兆円強に過ぎないというからだ。しかも税収の多くは新興国や途上国に帰属するという。法人税収全体でみても増収額は年間8.4兆円程度にとどまるとしている。

 「期待外れ」と言えば、合意の目標時期が当初の目標だった今年末から来年半ばに半年ズレ込んだ問題もある。

 「期待外れ」になった背景として大きいのが、11月3日の投票まで2週間となった米大統領選挙だ。トランプ米政権は世論の支持を失うことを恐れて、企業側に採用する法人税制の選択権を与える案に固執するなど、執拗にデジタル課税を骨抜きにするための抵抗を続けてきた。

 この問題は、米国とEU、あるいは米国とフランスやイギリスといったヨーロッパ諸国が激しく対立してきた問題で、各国の財政難が窮まっている時期だけに、完全に空中分解しなかったこと自体を朗報とする論調もある。とはいえ、これではひっ迫する各国の財政にとっては「焼け石に水」である。

 異例の財政支出や果敢な金融政策のお蔭で、これまでのところ、コロナ危機は、リーマンショックやアジア危機の際に発生した株式相場の暴落や金融市場の動揺に至っていない。

 しかし、問題は形を変えて先送りされただけで、世界経済は着実に蝕まれ、国際協調のハードルをあげている。平和と安全保障の暗い影となって忍び寄っているのだ。

中国GDP4.9%増 7-9月期2期連続成長

西日本新聞 2020年10月20日(火)12時03分配信

 中国国家統計局が19日発表した2020年7~9月期の国内総生産(GDP、速報値)は物価変動の影響を除く実質で前年同期比4・9%と2四半期連続でプラスとなった。成長率は4~6月期から1・7ポイント増え、1~9月期も0・7%増。新型コロナウイルス感染拡大後初めて累計で増加に転じた。中国は20年のGDPを10年比で倍増させる長期目標を掲げる。通年で5・6%以上の成長が必要で達成は困難になったが、世界に先駆けてコロナ禍からのV字回復を印象づけた。

 当初、市場が予想していた5%台の成長は下回った。国家統計局は19日の記者会見で、商品とサービスの消費は回復しつつあるとする一方、海外で新型コロナの感染が広がり続けていることから「不確定要素が依然としてあり、国内需要も不足している」と指摘した。

 同時発表した1~9月期の主要統計によると、工業生産は自動車やパソコン、半導体、鉄鋼が伸びてコロナ禍前の前年同期より1・2%増。オフィスビルや工場などへの固定資産投資も前年同期比0・8%増となり、20年に入って初めてプラスとなった。

 消費動向を示す小売売上高は同7・2%減で、1~6月期(同11・4%減)よりマイナス幅は縮まった。コロナ対策に伴う“巣ごもり消費”で通信機器やゲームなどのエンターテインメント製品、オンライン小売りが好調の一方、飲食店では苦戦が続く。

 中国は新型コロナ禍で1~3月期の成長率が前年同期比6・8%減と、四半期の統計がある1992年以降で初のマイナスを記録。その後、感染者は山東省青島などで散発的に発生しているが、全国的にはほぼ収まっている。政府は景気対策として高速鉄道やハイテク分野への公共投資に力を入れている。

 習近平指導部は、中国経済とのデカップリング(切り離し)を進める米国などを念頭に置き、14億人の人口を生かした国内消費拡大を柱に、貿易や外国からの投資も利用して経済成長を目指す「双循環」(二つの循環)を打ち出している。新型コロナの国内の感染状況や、ハイテク分野での米国との対立が今後の懸念材料となる。

 共和党  議員の間で「トランプ離れ」進む、落選見越した議論も

CNN.co.jp 2020年10月21日(水)12時24分配信

 米大統領選挙が2週間後に迫る中、共和党の上院議員らはトランプ大統領の政権が間もなく終焉を迎えることになるだろうと認識し始めているようだ。

 公言するかしないかにかかわらず、現在共和党の議員らはトランプ氏から距離を取るようになっている。「トランプ後」の共和党をめぐる議論もすでに始まっており、同氏の大衆迎合的な米国第一主義を積極的に踏襲しようとする人もいれば、もっと穏健かつ企業寄りの政治姿勢に立ち返り、トランプ氏に不満を持つ若者や女性を引き付けるメッセージを発信するべきだとの意見も出ている。

 一部の党有力者らが強く望むのは、トランプ陣営による選挙戦略の見直しだ。新型コロナウイルスの感染拡大を軽視する姿勢や公衆衛生の専門家に対する非難を直ちに止め、今からでも経済政策に絞った発信に切り替えるべきだとしている。

 サウスダコタ州選出で党の上院院内幹事を務めるジョン・スーン議員はCNNの取材に答え、トランプ氏について、民主党との政策の違いを論じてほしいと要求。「個人攻撃は控えるべきだ。メディアや(米国立アレルギー・感染症研究所所長の)ファウチ氏への攻撃を止め、政策課題に集中しなくては」と指摘した。そのうえで、規律を保ってそのように取り組めば、支持政党を特定していない層への有効なアピールになるはずと予想した。

 このほかテキサス州選出のジョン・コーニン氏をはじめとする複数の共和党上院議員らは、国債発行などの財政政策をめぐりトランプ氏と必ずしも意見を同じくしていないと明言。またネブラスカ州のベン・サス上院議員は、トランプ氏の女性に対する姿勢や白人至上主義者に同調しているともとられかねない言動を厳しく批判している。

 2012年に共和党の候補者として大統領選に臨んだユタ州のミット・ロムニー上院議員はCNNに対し、同党が若年層、高齢者、マイノリティーからの支持獲得に苦慮しているとの見解を示した。同氏はトランプ氏の再選を支持しない意向を表明している。

 共和党の重鎮でトランプ氏と親しいリンジー・グラハム上院議員(サウスカロライナ州)は、トランプ氏がこのほど民主党候補のバイデン氏と息子のハンター氏にまつわる汚職疑惑を激しく攻撃したことに理解を示した。トランプ氏に関しては「常にありとあらゆることが非難の対象になる」にもかかわらず、バイデン氏らの問題はそのように扱われていないというのが理由だ。

 一方でトランプ氏がファウチ氏を批判している件については、ファウチ氏の判断を信用すると付け加えた。

 

2020年10月19日 (月)

【醜聞】同情せずにはいられない<金メダル有力候補の不倫報道>その“賢妻”独占インタビュー

 瀬戸大也選手の優佳さんこのままでは家庭が壊れてしまうかもと思っていました 

現代ビジネス 2020年10月19日(月)7時02分配信

 水泳日本五輪代表の瀬戸大也選手の不倫が週刊新潮で報じられたのは、2020年9月24日のこと。保育園のお迎えの前の時間を使った不倫という衝撃と、それ以外の浮気の話も露出し、世論は騒然となった。ANAの契約解除、味の素などの広告契約終了、競泳日本代表主将辞退に加え、10月13日火曜日には日本水泳連盟から年内の活動停止、2020年下半期のスポーツ振興基金助成金推薦停止、今後の教育プログラム受講などの処分を言い渡された。

 妻の優佳さんは飛込の元日本代表だが、2017年に瀬戸大也選手と結婚。自身は第一線を退き、瀬戸選手を支えるためにアスリートフードマイスターの資格も取得した。2018年6月には第一子、そして2020年3月には第二子も出産している。
優佳さんは一体今回の問題をどのように考えているのか。率直な思いを聞いた。

----------
馬淵優佳(まぶち・ゆか)1995年2月5日、兵庫県出身。実父は元日本代表飛込ヘッドコーチの馬淵崇英氏。父の指導のもと、3歳から飛込の練習を始める。小学4年生のときから本格的に競技をはじめ、2009年には東アジア大会3メートル板飛込みで銅メダル獲得。2011年には世界選手権代表選考会3メートル板飛び込みで優勝、世界選手権に初出場。立命館大学進学後も日本学生選手権2連覇を達成する。2017年に瀬戸大也選手と結婚し、サポートに徹するために現役を引退。2018年に第一子、2020年に第二子を出産。
----------

感情の糸がプチッと切れた

 「私が今回のことを知ったのは、報道が出る2日前です。週刊誌の編集部から夫に掲載の連絡が入ったあと、彼から『話がある』と打ち明けられました。

 その日、私が娘たちと一緒にいたのは夫の実家。義父は不在でしたが義母がおり、2人きりで話したいという彼の言葉に従って、2人になれる場所で事の経緯を聞きました。不思議なことに……話を聞かされた自分がそのとき何を思ったか、夫にどんなふうに返したか、振り返ってみても一切思い出せないのです」

 そう言った途端、目にたくさんの涙があふれてきて、優佳さんは話せなくなってしまった。5分ほどもたっただろうか。落ち着きを取り戻すと、しばらくたって絞り出すように言葉を選ぶ。

 「――すみません、今も話そうとするとあの時の感情が蘇ってしまって、上手く言葉にできませんが……。そのときは感情の糸がプチッと切れた感じと言いますか、怒りと悲しみが同時に襲ってきたと言いますか……。嘆き悲しむというのとも違う、あれは人生で初めて味わう感覚でした。

 ただ何を言ったかは記憶にないものの、彼にぶつかっていったことだけははっきり覚えています。翌日、なぜか腕が筋肉痛になったくらい。彼は『これからはちゃんとするから』と謝ってくれましたが、あまりにショックが大きすぎて、何を言われても心に響かなかった。事情を知った義母も、『なぜ? 』と唖然としていました。

 混乱した精神状態のまま夫や子どもたちと向き合うのは難しく、2人の娘の世話は一時的に義父母にお願いすることに。私はマスコミを避けるため、とりあえず自宅を出て過ごすことになりました」

アスリート瀬戸大也を全うする責任

 その2日後、週刊誌に記事が出ると、テレビもネットもSNSもそのニュースで溢れかえった。そして優佳さんのSNSには様々な「意見」の書き込みもあった。実際にのぞいてみると、中には週刊誌の報道内容を細かく再現したり、過去の幸せな写真を揶揄するような書き込みもある。

 「馬淵優佳名義でやっている私のSNSには、たくさんのコメントが寄せられました。心無い言葉もあったものの、そのほとんどがあたたかい声援で……。『私の味方になって応援してくれる人がこんなにいる』と勇気をいただきました。本当にありがたかったです。

 周囲からは『書き込みで荒れるだろうから、コメント欄を閉鎖した方がいいのでは? 』と言われました。でも、私はそうはしたくなかった。そもそもネガティブなコメントを気にしている余裕などなかったですし、そんなことでせっかくいただいた励ましの声まで消してしまうのはもったいないと感じたからです」

 そこに見えるのは、「被害者であるかわいそうな妻」の姿では決してない。

 「なかには『法を犯したわけではないのだし、夫婦で話し合って解決すれば済むこと』という意見もありました。もちろん普通のご家庭の場合はそうですよね。ただ私たちは、それではいけないと思ったのです。

 夫は“競泳日本代表の瀬戸大也”という肩書きと共に、メディアを通して『良き父・夫として家庭を守っているアスリート』という姿を見せてきました。そういうキャラクターを前面に出して広告などの仕事をしてきた以上、彼にはそれを全うする責任があります。

 それにも関わらず夫は自らの軽率な行動で、今日までお世話になってきた方々、スポンサーの方々、そして何より瀬戸大也を応援してきてくださった方々の信頼を裏切り、いろいろな人を傷つけてしまった。もちろん私もずっと苦しいですが、これはもう『夫婦の問題』だけで済ませていいことではないと思うのです」

一度でも問題を起こしたら、すべてがダメになるよ?

 実は優佳さんは夫の「変化」を感じていたのだという。

 「これまで家族として、夫には幾度となく助言をしてきました。スポンサーは、選手の成績に対してのみ大金を払っているわけではありません。『瀬戸大也というキャラクターにお金を出しているのだから、支えてくれている人たちを裏切るような行為はしないでね。たった一度でも問題を起こしたら、すべてがダメになるよ』と。でも残念ながら、その声は夫に届かなかったわけですが……。

 少し前までの彼は、驕ったところのない、本当に前向きに競技に打ち込む人でした。最初の子が生まれた時(2018年)も忙しいなか育児を手伝ってくれましたし、練習に仕事、忙しい合間を縫って家族の時間もしっかり作ってくれました。休みの日もアクティブに時間を作ってくれるから、時には心配になっちゃうくらいでした。

 そんな彼が変わってしまったのは2019年の末頃から。東京オリンピックに向けて練習を頑張り、世界記録を出すなど成績も右肩上がりになってきて、このままいけば金メダルが取れるのではないか――。そんな空気が高まってきた時期でした。

 世間の注目度は一気に上がり、一歩外へ出れば皆が『あっ、瀬戸大也だ』と振り返る。成績が良くなるにつれて、彼を取り巻く人の数も増えていきました。なかには夫の気持ちが浮ついていると気づいて助言してくれた人もいたはずですが、それでもどこかで大丈夫だろうと高をくくっていたのでしょう」

今年オリンピックがあったら家族は終わっていた?

 リオ五輪でメダルを取り、その後に世界選手権で優勝、3種目でメダルを取り、東京五輪に内定、どんどん力を伸ばしていった瀬戸選手。しかし東京五輪の影響はそれまでとはレベルの違うものだったようだ。

 「私は正直、今回の件は『神様が起こしたこと』ではないかと思っています。いま思い返してみても、あの頃の大也はちょっと変わっていて……。自分の愛していた人ではない感じとでも言うのでしょうか。昔の写真と見比べると明らかに顔が違っていて、表情に険がありました。

 今年、予定通りオリンピックが開催されていたら、たぶん私たち家族は終わっていたと思います。私の中には『彼が金を取ったら家庭は崩壊するだろうな』という確信に近いものがありました。このまま金メダルを取ったら、いよいよ手のつけられない『裸の王様』になってしまうと感じたのです。

 オリンピックの延期が決まったことに関しては、彼とはほとんど話をしていませんでした。なぜなら東京オリンピックにすべてを賭けてきた人に、何を言えばいいのかわからなかったからです。延期の知らせに、当然ですが夫はものすごく落ち込んでいました。『もう競泳をやりたいかどうかわからない』とまで言っていたくらいです。

 でも、その時の私は、オリンピックよりも不安な気持ちが先立っていました。オリンピックだけが全てじゃないし、人生には金メダルを取るより大事なことがたくさんある。まずそれをちゃんとしないと、これから先、彼を応援することはできないと思っていたからです。

 そういうこともあって、彼には『別にやめてもいいんじゃない? 』と言いましたし、正直ホッとしてもいたんです。『ああ、彼が変われるチャンスをもらった』って。もちろんここに向けて夫をはじめ多くの人が全力で合わせてきたのに、それがずれてしまったのはとても残念なんですが、それくらい彼個人の変化に危機感を抱いていたんです」

ポジティブというイメージに縛られていた

 「ただ、」優佳さんは続ける。

 「かばうわけではありませんが、彼にはプレッシャーもあったと思います。メディアには金メダルに1番近い男と謳われ、世間の期待は高まる一方。ポジティブであることを公言している夫でも、さすがに重圧を感じていたはずです。

 しかも、当時私は2人目の子を妊娠中。自分と子どものことでいっぱいいっぱいで、夫の心の内を聞いてあげられる余裕がなかった。もともと弱音は吐かない人ではありますが、そんな状況で余計に言い出しにくかったのかもしれません。

 また彼自身にも、『ポジティブ』というイメージに縛られていた部分はあったような気がします。ポジティブでいることは大切ですが、苦しくないわけがないのだから、本当に心を許している相手には、弱い部分を見せてもいいんじゃないかなと思うんですけどね……。

 そんな時に決まったのがオリンピックの開催延期です。街でかけられる声も『頑張ってください』から『残念だったね』に変わっていくなか、それでも彼は笑顔で『頑張ります! 』と前向きな言葉を返していた。もしかしたら、心の中と表に出す言葉の間にものすごいギャップがあって、それも彼のフラストレーションの一因になったのではないかと思います。

 もちろん、だからといって今回のような行為をしていいことにはなりませんが、彼の姿を近くで見ていて、そんなふうに感じていたのも事実です」

そんなゆるい覚悟で結婚したわけじゃない

 目の前にいるのは、「五輪代表のスーパースターに浮気されたかわいそうな妻」というよりも「瀬戸大也という人を愛して結婚し、現実に向き合っているひとりの女性」の姿だ。「でも、別れたほうがいいのではとおっしゃる人も多いのではありませんか?」と聞くときっぱりとこう答えた。

 「今回の報道が出た時、もちろん別れることも頭を過りました。でもあまりのタイミングに、途中から『神様が私たちを試してるんじゃないかな? 』と思い始めたんですよね。これは『瀬戸大也は一度どん底に落ちないと変われない』というメッセージなのだろうと。

 人間である以上、誰だって失敗はします。大事なのは、その失敗から何を学ぶか。結婚式で『病める時も健やかなる時も』と誓った以上、私自身この騒動を経た彼がどう変わるか見届けてからじゃないと離れられない。

 今の段階で、感情的になって離婚することは簡単です。紙にサインをすればいいのですから。でもそれでは『あのあと大也は変われたんだろうか? 』というモヤモヤが残ったままになってしまいます。

まずはしっかり夫婦で向き合って、それから判断しても遅くはない。そもそも私は、そんなゆるい覚悟で結婚したわけじゃありません。ただただ彼と一緒に居たくて、彼の夢を一緒に追い掛けたかった。離婚をするのは、事の顛末を見極めてからでも遅くはないと思うようになったのです」

本当に、ものすごく好きだったなあって

 優佳さんは25歳だ。25歳の女性が、出産直後で大変な中で浮気をされ、怒り狂って悪口を言っても、おかしくない。

 「私の気持ちについて、ここまで詳しく彼本人に話してはいません。ただ『今年オリンピックがあったら家族は終わりだと思っていた』ということは伝えました。あまりピンと来なかったのか、彼は『ふうーん? 』みたいな反応でしたけど。

 私の両親は心配して『もう兵庫へ戻っておいで』と言ってくれます。でも、私にはここに至るまでの幸せな記憶があることも確か。今回の一件で、今までのいい思い出が全て消えてしまうわけではないので、叶うなら以前の幸せだった頃の関係性に戻りたい。

 19歳で出会って、大好きになって、選手としてのキャリアを全部捨てても一緒にいたいと思った相手です。今回のことがあってよくわかりました。本当に、ものすごく好きだったなあって。

 現在、夫とは折に触れて連絡を取り合っていますが、前に進みたい意欲はあるものの、つい喧嘩腰になってしまう部分もあって難しいです。ただ、娘たちのことはつねに気にかけているようです。今回のことで何も得るものがないと単に失っただけで終わってしまうので、彼にはここが正念場であることを自覚して頑張ってほしい。今の私に言えるのはそれだけです」

 実は今回のインタビューをするに至ったのは、今年の夏ごろ、優佳さんにFRaUwebで連載いただく話をしていたゆえだった。3歳から飛込みをはじめ、トップのアスリートとして経験を積み重ねながら、夫を支えるためにも競技生活を引退した優佳さん。彼女に、「瀬戸大也の妻」としてだけではなく、母であり、ひとりの女性である「馬淵優佳」という人生を歩んでいくなかで気づいたことを伝える連載をしていただこうと進めていたのだ。

 3月に出産したばかりだったので、お子さんのことが落ち着いたら始めましょう、そう話している矢先の不倫報道だった。

 これだけの騒動になり、連載そのものも難しいのではないかとも思われた。しかし、「私は自分の人生をきちんと生きたいです」と、優佳さんは連載をはじめることも、そしてその前に本音を語ることも決断した。

 瀬戸選手にも、この優佳さんの言葉をぜひ読んでほしい。現実から逃げず、甘い言葉だけを言うではなく、瀬戸選手のことを愛し、心から考えているからこその言葉が、ここにはあふれている。

 妻が語る瀬戸大也「ストレート過ぎて、新しい人種みたい(笑)」 

Smart FLASH 2020年2月2日(日)6時00分配信

「いま思うと、もっと早く彼と出会っていたら、私自身がもっとポジティブな発想で、競技生活を送ることができたのかもしれないですね」

 瀬戸優佳さん(24)が、いまや “日本のエース” になった夫との出会いをこう振り返る。

 2010年のワールドジュニアで、「3m飛板飛込」に出場して銅メダルを獲得し、2011年の世界水泳にも出場した優佳さん。その後、2017年5月に結婚した。夫は、東京五輪競泳男子200m、400m個人メドレー日本代表の瀬戸大也(25)だ。

 瀬戸は、脂の乗ったいま、自国開催の五輪に挑む運に恵まれ、日本中の期待という “重圧” を背負う存在だ。

「彼は、もちろん金メダルを目指していますが、最高のパフォーマンスを見せてくれると思います。常に発想がポジティブで、『できない』が彼のNGワード。私と正反対の半生を過ごしてきた人ですから」

 元選手としても夫を支える優佳さんが、自身の競技人生や彼との馴れ初め、そして素顔を明かしてくれた。

「小学校入学前から泳いでいた私は、小1で飛込を始めることになりました。コーチである父は厳しく、礼儀・挨拶がなってないと、ゲンコツが飛んでくるほどでした」

 優佳さんの父・崇英さんは、中国・上海市出身の元飛込選手で、26歳で妻・優陽さんと来日。1964年の東京五輪をはじめ、五輪3大会に出場した馬淵かの子さんが主宰する「JSS宝塚スイミングスクール」でコーチとなり、日本国籍を取得して、馬淵姓となった。

 きたる東京五輪で6度めの出場となる寺内健(39)や、超新星の玉井陸斗(13)など、飛込のトップ選手を育成しつづけてきた父は、「我が子には甘い」というわけにはいかなかったのだ。

「1から10まで、すべてできなければ怒られるので、完璧を目指していくと、『怒られたらどうしよう』というネガティブな発想になってしまっていた。そんな “減点思考” では、『挑戦しよう』という気持ちが生まれませんでした」

 それでも、高校選手権を連覇し、世界水泳に出場するなど順風満帆な競技人生を送っていたが、立命館大進学後は、腰の怪我に悩まされることに。

 2014年、大学2年のとき、そんな優佳さんに人生を変える出会いが。

「試合で宝塚(兵庫県)に来ていた彼を友人に紹介されて、食事をしたんです。彼は、前年の世界水泳で優勝して注目され、『次のリオ五輪は』と、期待されている存在でした」

 取材中に見せる人懐っこい笑顔が印象的な瀬戸は、当時の優佳さんにどう映ったのか?

「いい意味で、“無邪気で子供っぽい少年” でした。私に『好意がある』のを隠し切れない、メールの文面とか……」

 思い出すように笑みを浮かべて、優佳さんが続ける。

「だって、次に会う約束をするメールも、『2人で行きましょう!』とストレートに書いてあるんです(笑)。もう、新しい人種に会った気がして、私も『いいよ!』と返して……」

 優佳さんに、その “新鮮さ” は、どう作用したのか?

「彼と話していて、育った環境の違いが、人間性に影響することがわかりました。大也は、『親に怒られたことがない』って言うんです。『怒られず褒められて』あれだけの選手になるんだから、すごい。うちとは真逆の教育方針でした」

 瀬戸自身も、こう語っている。

《家でネガティブな発言をすると、「なぜそんなことを言うのか」と父に注意されました。悔しい結果に終われば、母が「(萩野)公介君がいるから強くなれる」と前向きな言葉をかけてくれた。我が家では「できない」はNGワードでしたね》(「日経ビジネスアソシエ」2018年8月号)

 このポジティブ思考が、瀬戸のバックボーンなのだ。

 一方、父の教育で礼節や忍耐力が備わっていた優佳さんにとって、自分になかった「積極性」を発揮している瀬戸は、「生きていくうえで大切な人」に変わってきていた。

 しかし2016年。瀬戸は金メダルを有力視されて臨んだリオ五輪で銅メダルに終わった。

「直後の落ち込みようから、私も重い気持ちだったんですが、帰国時に『俺、4年後にヒーローになるから近くで見ていて!』と笑うんです。私が『この人すごい!』と思った瞬間でした」

 優佳さんの中で、「この人と離れたらいけない」という感覚は “確信” となり……

「自分が選手として五輪に出たいというより、『大也をサポートしたい』という気持ちになりました。『落ち込むことがあっても、彼と一緒にいたら幸せにしてくれる』と」

 2017年5月24日、瀬戸の23歳の誕生日に婚姻届を提出。同月に優佳さんは現役を引退し、翌年6月に長女・優羽ちゃん(1)を出産した。

 3年近い結婚生活のなかで、優佳さんは瀬戸の “スーパースターぶり” に、何度も遭遇したと苦笑する。

「まずは結婚前の2017年、彼がいきなり『断食ダイエットする』と言いだして。麻布のキックボクシングジムに通いはじめたんですが、彼は2日でギブアップしちゃって、すぐにハンバーガーと牛丼を食べていました(笑)。結局、3日間完遂したのは私だけ」

 次に、愛犬・ラフちゃんが家族に加わることになった、2018年4月のエピソード。

「ホームセンターに家具を見に行ったとき、ペットコーナーで急に、『運命感じた!』って大也が言いだして。妊娠中だった私は当然反対で、彼も一度は車に戻ったんですが、『もう1回、見に行こう!』って始まって……」

 夫妻は、1時間以上の激論を交わし、最終的には「じゃんけん」で妻が敗退。

「私もアスリートの血が流れているので、『勝負に負けたら仕方ない』って認めちゃったんですね(笑)」

 そして、公式記録にも残る、2018年のトライアスロン出場。

「シーズンオフに、『佐渡国際トライアスロンに出る』って言いだして……。通常の2倍の距離のレースですよ。さすがに、ご両親まで反対したんですが、『俺は出るから』って聞かない。

 それで、もう少しおとなしいレベルの『九十九里トライアスロン』への出場で、“手打ち” になりました(笑)」

 結果は、約700人中93位という普通の成績だった(スイムは言うまでもなくトップ)。

 こんな “突っ走っちゃう” スーパースターを、優佳さんは「100%は阻止することなく、許しながら、大目に見ながら」コントロールしている。ときにはストップをかけながら。

 そして1月18日、東京五輪イヤーの初戦、北京でのチャンピオンシリーズでは、200mバタフライで、12年ぶりに日本記録を更新する1分52秒53のタイムで優勝。

「五輪では、いままで見たことない主人の笑顔を見たいですね。以前と全然違うのは覚悟です。家族が出来たことで、責任感が出て、バシッと目標が揺るがないんです」

 パパとなった日本競泳界のエースが、4年前の雪辱に燃えている。

 東京五輪内定妻が語る瀬戸大也「塩素の匂いが好き」 

Smart FLASH 2019年8月1日(木)21時11分配信

 東京五輪200m個人メドレー、400m個人メドレー代表に内定した瀬戸大也選手が、7月31日、記者会見に登壇した。W杯東京大会(8月2日~、東京辰巳国際水泳場)に400m個人メドレーで参加することを受け、「コンディションも調子もいいので、しっかりいい記録を狙いたい」と意気込みを見せた。

 瀬戸は、韓国で開催された「世界水泳2019」で、上記2種目の金メダルを獲得。通算4つの金メダルとなり、北島康介の記録を抜いた。その躍進の秘密はどこにあるのか。

「瀬戸の好調ぶりを支えているのは、飛び込み選手だった優佳夫人の手料理なんです。結婚して2年たちますが、料理が苦手だった夫人が『アスリートフードマイスター』の資格を取り、しっかり栄養管理しているそうです」(スポーツ記者)

 2019年7月25日の日刊スポーツで、優佳夫人が瀬戸の食事について語っている。

「主人は汁物が好きで、主菜、主食、副菜もそろえてます。アスリートの食事というと丼のバーンと思われがちですが、バランスが整った食事が特長。

 試合前1週間は練習量が減るので、普段と同じ量だと太ります。でも炭水化物=米はエネルギーなのでとってほしい。梅干し、こんぶ、のりとご飯のおともを用意して、おかずを少なめにします」

 ジュニア時代から知り合いだった2人だが、交際に至ったのは、瀬戸選手の猛アタックだった。親交のあった飛び込み選手に紹介してもらったという。当初はやんわり断られたが、「ちょっとでいいから」と粘った。

 初めは交際をためらっていた優佳夫人だが、瀬戸との結婚を決意したのは「匂い」だったという。それは香水でも体臭でもなく、プールの塩素の香りだ。

「自分がずっと塩素の匂いをしてたんで、(相手もその匂いだったから)落ち着くんです」と3月13日放送の『戦え!スポーツ内閣』(MBSテレビ)で明かしている。

 さらに、スポニチ7月29日の記事によると、夫人は2年前に挙げた結婚式で会場を塩素の匂いで満たすことを提案したという。知人に頼み、塩素の香りがする香水を入手したが、残念ながらイメージと違ったため、実際には使わなかったそうだ。

 2人の間には昨年6月、長女が生まれている。子供も「塩素」の匂いが好きになるかどうかはわからないが、妻の献身的なサポートで、W杯東京大会でも大いに活躍することだろう。

Photo_20201019085601Photo_20201019085602Photo_20201019085701

関連エントリ 2020/10/16 ⇒ 【醜聞】✍海外メディア<金メダル有力候補の不倫報道>その“処分”に驚き隠せず
関連エントリ 2020/10/01 ⇒ 【日経平均】“システム障害”発生✍全銘柄「終日取引停止」
関連エントリ 2018/08/11 ⇒ 【パンパシ水泳】<2日目>日本勢快調✍瀬戸・金&入江・銀!!
関連エントリ 2018/08/10 ⇒ 【パンパシ水泳】<初日>2年後に向け好発進✍日本勢メダル9個。
関連エントリ 2016/08/09 ⇒ 【リオ五輪】予選4位から逆転✍「体操男子」悲願の団体“金”
関連エントリ 2016/08/07 ⇒ 【リオ五輪】“金1号”萩野公介✍「男子400米個人メドレー」制す

 

2020年10月18日 (日)

【千人計画】✍流出する「日本人研究者」なぜ中国へ行くのか

 自民・甘利「『学術会議』は千人計画に協力」発言修正 

朝日新聞デジタル 2020年10月14日(水)21時30分配信

 自民党の甘利明税調会長が8月、日本学術会議について、中国の外国人研究者を集める国家事業「千人計画」に積極的に協力している、と自身のブログに投稿していた。同会議の中国の軍事研究への関与も示唆していた。「誤った情報だ」との指摘が相次ぎ、記述を修正した。

 甘利氏は8月6日付のブログ「国会リポート第410号」で、「日本学術会議は中国の千人計画に積極的に協力しています」などと記述。千人計画について、「他国の研究者を高額な年俸(報道によれば年収8千万円!)で招聘(しょうへい)し、研究者の経験知識を含めた研究成果を全て吐き出させる。研究者には千人計画への参加を厳秘にする事を条件付けている」と説明。「中国では民間学者の研究は人民解放軍の軍事研究と一体」と指摘し、学術会議が中国の軍事研究に協力していると示唆した。

 一方で、同会議は2017年に軍事研究に否定的な声明を出しており、甘利氏は同会議の方針を「一国二制度」と批判した。「日本学術会議には日本の英知としての役割が期待されます。政権の為(ため)ではなく国家の為にです」と記し、学術会議会員の国家への貢献を求めた。

 こうした記述は、菅義偉首相が学術会議の会員候補の6人を除外して任命したことが今月初めに報じられて以降、まとめサイトを通じてソーシャルメディアで拡散。ツイッターでは日本学術会議について「『防衛研究は認めないが、中国の軍事研究には参加する』という反日組織」「日本の大学に籍を置いて、中国に情報を流している」「日本学術会議が千人計画に協力してたことがバレた」といった投稿が相次いだ。

注目の「学術会議あり方に、研究者からも疑問の声

NEWSポストセブン 2020年10月16日(金)16時05分配信

 菅義偉首相による日本学術会議の任命拒否問題に各界から批判が起きている。騒動の発端は、10月1日に『しんぶん赤旗』が〈菅首相、学術会議人事に介入 推薦候補を任命せず〉と報じたことだった。その後、野党やメディアは首相が任命拒否をした理由は何か、6人を候補者リストから外したのは誰か、などについて追及の度合いを強めている。一方、与党自民党は学術会議のあり方を見直そうと、改革のためのプロジェクトチームを立ち上げて議論を始めた。

 今回の「任命拒否騒動」とは別に、学術会議のあり方についてはアカデミズムの世界からも異議を唱える声が出ていた。戸谷友則・東京大学大学院理学系研究科教授(宇宙物理学)もそうした声をあげた一人だ。2018年9月の日本天文学会秋季年会で、戸谷教授は学術会議を批判する内容の講演を行なっている。

 当時、戸谷教授が問題にしたのは、学術会議が2017年3月に発した「軍事的安全保障研究に関する声明」だ。同声明は、1967年の「軍事目的のための科学研究を行わない声明」を継承し、軍事的研究と見なされる可能性のある研究については、各々の学会等で適切性を審査する制度を設け、ガイドライン等を設定することが求められる、としている。

 同声明に対する戸谷教授の考えは、講演の後に刊行された学会誌『天文月報』2019年1月号に戸谷教授が寄稿した論考「学術会議声明批判」で知ることができる。

〈「いかなる軍事研究も禁止されるべきである」という考えが、現在の研究者あるいは一般社会の間で広くコンセンサスを得ているとは到底思えません。「軍事」と「戦争/平和」の関係はそう単純なものではないでしょう。戦争の惨禍が軍事によって生み出されるのは自明ですが、一方で、パクスロマーナの例を持ち出すまでもなく、平和を生み出し維持するうえでも軍事というものが大きな存在となっていることは、古今東西の人類史を見ても明らかです〉(『天文月報』2019年1月号「学術会議声明批判」)

 アメリカの圧倒的な軍事力によって現在の世界秩序があるのは事実であり(パクスアメリカーナ)、核開発や軍備増強を続ける周辺国に囲まれた日本で、研究者がみな軍事に関わる研究をやめれば平和になるという考え方は、むしろ危険ではないかと問いかけている。

学術会議声明は戦前の裏返し

〈こうした極端に理想的な平和主義は、やはりイデオロギーと呼ぶべきものでしょう。[中略]個人としてどのようなイデオロギーを持とうが勝手ですが、すべての人に一つのイデオロギーを押しつけ、従わない人は審査制度を作って取り締まれというのは、私には「戦前の裏返し」にしか見えません〉(同前)

 戸谷教授がそう批判した学術会議の声明は、日本の研究者の総意であるように思われがちだが、実際は学術会議総会での決議を経ていない。幹事会の決議のみで決定し、公表された経緯があるという。

「学者の国会」と称されることもあるが、そもそも学術会議の会員は選挙で選ばれるわけではなく、現在は会員による推薦で次期会員の候補者が決まるシステムが採用されている(任期は3年)。その幹部が学術界全体のルールを決め、会員ではない研究者の研究まで縛ろうというのであれば、それはある意味で“独裁的”とは言えないか。

 戸谷教授は前述の論考でこうも指摘している。

〈安全保障と科学についての議論は、第2次大戦におけるわが国の状況に対する反省から始まっているわけですが、学術界として何を反省すべきかと言えば、それは「軍事研究をしたくない人に強制的にさせてはならない」ということに尽きるのではないでしょうか〉

多様性や研究の自由が縛られる

 学術会議の声明を受け、北海道大学は、防衛省の研究助成制度(防衛装備庁「安全保障技術研究推進制度」)に応募し助成を受けていた同大研究者に、助成の継続を辞退させていたという。その研究テーマは、「船舶の航行時に水の抵抗を減らす技術」についてだった(『産経ニュース』2018年6月8日付)。

「すべての研究者に軍事に関わる研究を禁止すること」こそ学問の自由の侵害であり、学問の自由を守るとは「軍事研究をしたくない人に強制的にさせないこと」だとする戸谷教授の指摘は、正論と言うほかない。

 研究者の多くが先の声明に口をつぐむ中、公に学術会議を批判した理由を戸谷教授に訊いた。

「学術会議から声明が出て、天文学会でも年長者の先生方が同じ方向で意見をまとめようとする動きがあり、このままでは意見の多様性や研究の自由が縛られるという印象を持った。特に、若手の研究者の間に萎縮して意見を言えないような雰囲気があって、私のような世代(編注・戸谷教授は48歳)が代弁すべきと思ったのです。若手からは『よくぞ書いてくれた』、年長者のある先生からは『反省したよ』と言われました。学術会議側からは特に何も反応はありません」(戸谷教授)

 戸谷教授の論考が掲載された『天文月報』2019年1月号には、学術会議声明を支持する立場からの論考も同時掲載されている。同誌は「安全保障と天文学」と題したシリーズを展開しており、少なくとも日本天文学会では、多様な意見を認めるムードがあったと言えるかもしれない。

 現在の任命拒否騒動を、戸谷教授はどう見ているのか。

「学術会議の会員は政府機関の公務員です。自分たちで人選してそのまま認めろというのは、さすがに無理があるように思います。もしそうしたければ、欧米のアカデミーのように、政府から独立した組織になればいい。政府と距離を取れば、人選も自由になり、政府批判も自由にできます」(戸谷教授)

 騒動をきっかけに、今まであまり知られていなかった学術会議に注目が集まり、改革が促されるのであれば、それはそれでいいことかもしれない。

 中国擁護か千人計画デマというデマ日本学術会議 

MAG2NEWS 2020年10月9日(金)配信

 菅首相の「推薦候補6人の任命拒否」により、にわかに注目を浴びることとなった日本学術会議。各界で同会議を擁護する動きが高まっていますが、彼らと中国の間の「不都合な関係」を疑う声もあるようです。今回のメルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』では台湾出身の評論家・黄文雄さんが、「軍事目的のための研究を行わない」と宣言している同会議が、人民解放軍と無関係のはずがない中国の「千人計画」に積極的に協力しているとするリポートを紹介。さらに彼らを始めとする日本の学者たちが、他国の軍事技術や侵略に寛容な理由を明らかにしています。

【日本】なぜ日本の学者は中国の軍事的脅威をわざと無視するのか

 日本学術会議が推薦した会員候補105人のうち6人を菅首相が任命拒否したということが大きな話題となっていますが、同会議の問題点が次々とあぶり出されている点は、非常に意義があることでしょう。

 マスコミなどは、この6人が安倍政権の安保法制などに反対していたから排除されたかのような報じ方ですが、菅首相はそのことを明確に否定していますし、日本学術会議が発表した新会員99人の名簿を見ても、平田オリザ氏など、安倍政権に批判的だった学者が含まれており、反安倍派を意図的に外したという説明には矛盾があります。

第25期 日本学術会議連携会員名簿(全体版)

 私は今年2月19日号のメルマガで、「軍事目的のための科学研究を行わない」と宣言している日本学術会議が、軍事目的の科学研究を行っている中国科学院と交流していることの危うさを指摘しました。

中国科学院代表団の表敬訪問を受ける金澤会長

 今回の任命拒否で、日本学術会議をはじめ、野党やマスコミ、芸能界などからも「学問の自由が犯される」といった批判が出されていますが、べつに日本学術会議の会員にならなければ学問ができなくなるわけでもなく、学問の自由の問題とはまったく無関係です。

 彼らの主張はどことなく、日本の輸出管理において、アジアで唯一「ホワイト国」として優遇されていた韓国が、ホワイト国から除外されて他のアジア国と同じ扱いになったとたんに、「差別的措置だ」などと既得権死守に躍起となった姿と似ていると感じるのは、私だけでしょうか。

 しかもかつて日本学術会議は、2016年に防衛省の安全保障技術研究推進制度に応募した北海道大学に対して、これを「軍事研究」と決めつけ、2017年3月24日付の「軍事的安全保障研究に関する声明」で批判、学術会議からの事実上の圧力で、北海道大学は研究を辞退せざるをえなかったことも明らかになっています。

学術会議こそ学問の自由を守れ

 その一方で、日本学術会議は軍事研究を行っている中国の科学機関と連携しており、海外の技術を中国に持ち込ませるために世界中の中国人科学者や外国人科学者を中国に呼び込む「千人計画」に実質的に協力しているといえます。

米国で次々と逮捕される千人計画に参加した学者

 自民党における、国際的なルール形成を審議するルール形成戦略議員連盟の会長である甘利明氏は、2020年8月6日の「国会リポート第410号」で、以下のように書いています。

 日本学術会議は防衛省予算を使った研究開発には参加を禁じていますが、中国の「外国人研究者ヘッドハンティングプラン」である「千人計画」には間接的に協力しているように映ります。

 他国の研究者を高額な年俸(報道によれば生活費と併せ年収8,000万円!)で招聘し、研究者の経験知識を含めた研究成果を全て吐き出させるプランでその外国人研究者の本国のラボまでそっくり再現させているようです。そして研究者には千人計画への参加を厳秘にする事を条件付けています。

 中国はかつての、研究の「軍民共同」から現在の「軍民融合」へと関係を深化させています。つまり民間学者の研究は人民解放軍の軍事研究と一体であると云う宣言です。軍事研究には与しないという学術会議の方針は一国二制度なんでしょうか。

 そもそも民生を豊かにしたインターネットが軍事研究からの出自に象徴されるように、機微技術は現在では民生と軍事の線引きは不可能です。更に言えば、各国の学術会議は時の政府にシンクタンクとして都度適切なアドバイスをしています。

 評価されたドイツのメルケル首相の会見もドイツアカデミーの適切な助言によるものと言われています。学術会議には日本の英知としての役割が期待されます。政権の為ではなく国家の為にです。

 日本学術会議のホームページによれば、同会議は中国の「民間組織」だという中国科学技術協会とも協定を結んでいますが、中国には純粋な民間組織などありえません。実際、日本学術会議のレポートでも、中国科学技術院の経費の67%は政府からの支出、その他は事業収入だとしています。中国科学技術協会も当然、「千人計画」に関連していることは間違いありません。

各国アカデミー等調査結果

 今回任命拒否された学者の一人がテレビに出て、菅政権の批判を展開していましたが、「日本学術会議の学者が千人計画に協力しているなんて聞いたこともない、デマじゃないですか」と述べていました。

 しかし、アメリカで「千人計画」に参加した学者が次々と逮捕されていることは、メディアでも大きく報じています。アメリカ政府から補助金をもらっている学者が、中国のために研究を行い報酬を得て、それを隠していたということで、詐欺罪で逮捕されるケースが多いのです。

1月28日 ハーバード大学科学・科学生物学部の学部長チャールズ・リーバー氏が「千人計画」に参加、多額の報酬を得ていたにも関わらず、これを隠蔽した詐欺の容疑で逮捕。

ハーバード大の研究者を逮捕、中国との関係巡り虚偽の説明-米当局

 3月10日、ウェストバージニア大学の物理学科の教授を務めていたジェームズ・パトリック・ルイス博士が虚偽の申請で有給休暇を不正取得して「千人計画」に参加していた詐欺の容疑で逮捕。

米司法省、千人計画に参加の米教授を起訴 偽りの休暇取得で

 5月12日 アメリカ司法省は、元エモリー大学教授で中国系アメリカ人生物学者の李暁江が、「千人計画」に参加し中国の大学に所属していたが、連邦税申告書で海外所得を申告しなかった虚偽の収入申告を提出した罪で有罪判決を受けたと発表。

米エモリー大教授、中国「千人計画」参加 虚偽申告で有罪

 7月30日 「千人計画」に参加し、夫と共謀して勤務先の研究所から企業機密情報を盗み出して中国で会社を設立していた中国出身の科学者の陳莉が、米地方裁判所で行われたビデオ会議で罪を認めた。

米企業機密盗んだ中国人女性科学者、千人計画参加を認める

 その他、まだまだ逮捕事例はたくさんあります。また、オーストラリアや台湾でも中国による学術界への浸透工作、技術盗窃は数多く暴かれています。

日本の学会が他国の軍事技術や侵略に寛容な理由

 日本学術会議のメンバーに推薦される人物が、そのような国際状況を知らないはずがありません。「自分のまわりでは聞いたことはない」というのは、よほど危機感のない能天気な人物か、あるいは中国が無視するようなつまらない研究しかしていないということなのでしょう。どちらにしても、日本の科学技術を守り、発展させるような人物ではないということです。

 あるいは「軍事研究をしない」と宣言している以上、たとえ軍事関係であっても、「軍事とは関係ない」という脳内変換が起こるのかもしれません。

 私の新刊『親中派の崩壊』にも書きましたが、アメリカの国務省関連のシンクタンク「戦略国際問題研究所(CSIS)」は、2020年7月末に「日本における中国の影響力」という報告書を発表、そのなかで中国が世界各国で展開する孔子学院をスパイ活動の拠点だと示唆しています。

 そのためアメリカでは孔子学院を閉鎖する動きが加速していますが、日本では全国で15校開設されており、ほとんど問題視されていません。これも、孔子学院をスパイ拠点だと考えることが「軍事研究」につながるということで、日本の学者や学会は「考えないようにしている」のではないかと思うのです。

 だから日本の学者や学会は「他国によるスパイの危険性」「他国からの侵略」ということに思いが及ぶことがないのでしょう。たぶん彼らは、中国からミサイルから飛んできても「人工衛星ではないか」「一発なら誤射だろう」と考え、軍事行動だとは考えないようにするのではないでしょうか。軍事行動だとみなして中国の意図や戦略を考えることは軍事研究にあたりますから、「考えないようにする」わけです。

 もっとも、日本にはスパイ防止法もないわけですから、学者のみならず政治家の怠慢も批判されるべきでしょう。

 日本は戦後、GHQの公職追放によって、国立大学からマスコミのトップまで首がすげ替えられました。当然、東京裁判を支持するような人たちが社会の中心になったわけです。法曹界もアメリカ謹製の日本国憲法を敬うような学者ばかりになりました。

 私も一時、大学で教える立場にいましたからわかるのですが、学会はムラ組織であり、代々、そこで通用してきた論理を弟子たちが継承し続けなくてはならず、異論を掲げるものはメインストリームから排除されます。だから憲法学者のほとんどが護憲論者なのです。

 こうして戦後の各学会は東京裁判史観を代々受け継ぐかたちで既得権益化していったのです。渡部昇一氏は、このように日本の敗戦によって得た利益を既得権益化する者たちを「敗戦利得者」と呼びました。

 日本学術会議をはじめとする日本の学会が日本の軍事技術には絶対協力しないと宣言し、戦前の日本を侵略国と定義したがる一方、他国の軍事技術や侵略に寛容なのは、そういうわけなのです。

 千人計画で「流出する日本人研究者」彼らはなぜ中国行くのか 

Newsweek日本版 2020年10月14日(水)17時36分配信

<世界中から優秀な頭脳を招致する中国の国家プロジェクトが話題だが、既に日本の研究者の100人に1人が米中で活動している。この流れを変えるにはどうすべきか。本誌「科学後退国ニッポン」特集より>

 古くは電機メーカーの技術者から近年はスポーツ選手やアニメ制作者まで、有能な人材の海外流出は形を変えながら繰り返しメディアをにぎわせてきた。

 その最新事例が中国政府の推進する「千人計画」。世界中から優秀な頭脳を招致するという野心的な国家プロジェクトによって多くの日本人研究者が中国に奪われ、研究成果が軍事転用されるのではないかとの懸念が取り沙汰されている。

 確かに、行き過ぎた頭脳流出は国家にとって大きな損失となり得る。国は研究資金などの形で研究者に「投資」をするが、人材が流出すれば研究成果や後進の育成といった形での「見返り」が見込めなくなる。

 一方で、研究者がどの国で活動しようと基本的には個人の自由だ。外国を拠点にしながら日本との共同研究の橋渡しをしたり、将来的に帰国して日本にポジティブな影響をもたらす可能性も十分にある。

 中国に渡った日本人研究者が直接的に軍事研究に携わっている証拠もない。しかも、中国による高度人材の引き抜きが日本の国力衰退につながるとの不安ばかりが叫ばれるが、数の上で引き抜きが圧倒的に多いのはむしろアメリカだ。

 外務省の海外在留邦人調査では、2016年時点でアメリカに長期滞在中の「留学生・研究者・教師」とその同居家族は7万4000人余り。日本生まれでアメリカ在住の理工学系の博士号保持者約8800人(全米科学財団の15年調査)の多くも、この数に含まれるとみられる。

 これに対し、同じ外務省調査で中国に長期滞在中の同カテゴリーの人数はわずか8800人ほど。日本学生支援機構の統計では、17年度に中国に滞在していた日本人留学生は短期も含めて約7100人だ。08年以来1000人以上の科学者が「千人計画」などで日本から中国にリクルートされたというオーストラリア戦略政策研究所の分析を加味しても、「流出組」を含む日本人研究者の数は中国よりアメリカのほうが桁違いに多いとみるのが自然だろう。

 いずれにせよ、より重要な論点は米中だけで約1万人は日本人研究者が活動していることだ。少なく見積もっても日本人研究者の約100人に1人。彼らはなぜ日本を出るのか。

 国家間の人の移動には、移住国に引き寄せられた理由(プル要因)と、母国から押し出しされた理由(プッシュ要因)の両面がある。米中に共通するプル要因としてまず挙げられるのは、高度な研究・教育環境だ。

<中国の研究者ポスト、報酬自体の相場はそれほどでもないが>

Photo_20201018234501

<アメリカの総合力に勝つには>

「どこの大学かにかかわらず、博士課程の修了者は問題解決のエキスパートと見なされる。だから専門領域だけでなく、コンサルティング企業などに就職する人も多い」

 ハーバード大学医学部の研究所で研究員を務める嶋田健一は、アメリカ社会での博士号の価値の大きさをそう説く。

 薬学を専門とする嶋田は、東京大学を経てコロンビア大学で博士号を取得した。渡米した一因は当時日本で学べなかった最先端の情報生物学に引かれたことだが、博士課程の学生に給料が支払われることも含め、アメリカの高等教育に日本の「徒弟制度的」な大学制度にはない魅力も感じたという。

 将来は企業か大学で研究を続けるつもりだが、当面は帰国する気はない。

「同じ研究をしてもアメリカのほうが国際的発信力が大きく、キャリアのつぶしが利く」

 一方、日本国内の大学での助教を経て中国の大学に生物学の教授として赴任した40代の日本人男性も、恵まれた研究環境を理由に挙げる。

 トップレベルの人材を破格の待遇で招致するという千人計画のイメージもあり、中国の研究者ポストには高給の印象が付いて回るが、報酬自体の相場はそれほどでもないと、この教授は言う。

 研究チームを率いる新任の教授の「平均的な年収は600万円程度で、日本のほうが高い」。将来的には年金制度がより安定しており、人脈もあって共同研究がしやすい日本に戻るつもりだ。

 それでも、15人の研究室を率いて豊富な研究資金で自由に研究ができる点は日本にはない魅力だ。研究室の開設費として約1500万円が大学から拠出されたほか、大学、国、地方自治体などの研究費提供プログラムも多く、日本のように資金確保が過大な負担となることもない。

 任期も長く、10年契約を結んでいる。「日本では若いうちに自分のラボを持てる機会はなかなかない」と、この教授は言う。

 もっとも、頭脳流出の背景には、こうしたプル要因以上に日本国内の就職難というプッシュ要因があるのかもしれない。博士号取得者の就職難が深刻化した世代に当たるこの教授も、国内で必死に就職活動をしたが希望のポストを得られなかったため、自ら応募して中国に渡った。

 早稲田大学の村上由紀子教授(労働経済学)がアメリカで実施した調査でも、在米の日本人研究者の4割が移住の動機として、日本で希望する条件を満たす仕事がないことを挙げたという。

<参考になるEUの外国人向け助成金プログラム>

 こうしたプッシュ要因を減らすために、何をすべきか。

 まずは、国からの運営費交付金の減額などによって研究者のポストが減らされ、足腰の弱ってしまった日本の科学界を立て直す必要がある。

 それだけでなく、国家の競争力の源泉である研究者を世界中の国々が奪い合っている今、日本人か外国人かを問わず優秀な頭脳を日本に引き寄せるための新たな戦略も必要だ。

 アメリカのような研究・教育の総合力で太刀打ちできないのであれば、EUが外国人向け助成金プログラムとして300種以上の豊富なメニューを打ち出しているように、制度で補完するのも一つの手だ。

 例えば、現行の外国人研究者の招聘事業に欠けている2年以上の長期滞在ポストを用意するなどの方策が考えられる。

 中国の千人計画には、確かに大きなインパクトがある。だが、それだけに気を取られ、各国がそれぞれの「千人計画」によって高度人材を奪い合っている現実を見誤れば、日本の科学技術が競争力を取り戻す日は遠のく一方だ。

Photo_20201018234901

関連エントリ 2020/10/09 ⇒ 【第99代首相】見えてきた✍菅政権の「南北朝鮮政策」
関連エントリ 2020/10/07 ⇒ 【日本学術会議】“あり方”を巡り✍政府<検討委員会>立ち上げへ

 

2020年10月17日 (土)

【実録】座間9人殺害事件公判で振り返る「死にたい」若者たち

 座間9人殺害事件公判で振り返る「死にたい若者たち 

文春オンライン 2020年10月15日(木)19時16分配信/渋井哲也(ジャーナリスト)

白井隆浩被告が証言したおぞましい犯行の一部始終

 2017年10月に神奈川県座間市のアパートで男女9人の遺体が見つかった事件で、強盗・強制性交殺人の罪に問われている白石隆浩被告(30)の裁判員裁判が、東京地裁立川支部(矢野直邦裁判長)で10月14日にあった。この日は、3人目に殺害したCさん(当時20、男性)の事件に関しての被告人質問が行われた。白石被告は、Cさんは殺害されることに承諾していなかったといい、殺害時の詳細を証言した。

Cさんが生きていたらリスクが高い

 この日も、白石被告は、弁護人の質問には答えず、検察側の質問に淡々と答えた。面会時には、「殺害するのは躊躇した。勇気がいった。殺害した直後は頭痛や吐き気があった。しかし1人を殺害することで乗り越えた」と話していた。これまで白石被告はCさん殺害を詳細には語らず、「酒を飲ませて睡眠薬と安定剤を飲ませた。そのあと絞殺した」としていた。

 Cさんとは、2017年8月13日、1人目に殺害されたAさん(当時21)からの紹介で知り合った。AさんとCさんは一緒に自殺をしようと、白石被告と連絡を取り、8月15日に3人で会っている関係だった。しかし、話して別れた後、Aさんは「Cさんが死ぬのをやめたので、自分も死ぬのをやめた」というLINEのメッセージを白石被告に送っている。

 しかもCさん殺害前日の8月28日夕方、CさんのLINEに、AさんのLINEアカウントから通話が入った。Cさんの話では、通話に出ず、ブロックしたという。ただし、Cさんの話が本当かどうかわからない。白石被告は「やりとりが本当かわからない。Cさんに警察の捜査が及んだときに、情報がもれるのではないかと。そのため、Cさんが生きていたらリスクが高いと思った」と話した。

Cさんはすっきりして、自殺をやめる方向に

 検察官に、Cさんを殺害した理由を聞かれるとこう答えた。

「Aさん殺害の証拠隠滅のためです。また、Cさんは、過去に『自殺をやめる』と言った経歴がある。そのため、合流後に殺害しようと思っていました」

 8月29日の昼間、白石被告はCさんと合流。集合場所の相武台前駅周辺か、自宅で、Cさんの悩みを聞いていた。Cさんが白石被告に話したのは、バンドメンバーのこと、そして仕事のことだったという。白石被告はこう言う。

「狙いとしては、強く自殺願望を持ってもらい、殺害しようと思っていました。しかし、悩みを聞いているうちに、Cさんはすっきりして、自殺をやめる方向になっていきました」

失踪させる工作をして殺害しよう

 白石被告と別れたCさんは、帰宅途中に「これからはちゃんと生きていこうと思います」とLINEでメッセージを送っている。白石被告が悩みを聞いたことでCさんは生きようとした。白石被告も「まだ頑張れると思う」と返信をしている。この時点では、白石被告は「殺害を諦めかけた」と述べた。

 しかし、帰宅させてしまうと、Aさん殺害がばれてしまう可能性があり、呼び寄せることになる。駅付近のロッテリア前で合流。食事をすることになる。このとき、白石被告はこう考えていた。

「失踪させる工作をして殺害しようと思っていましたが、失踪の理由を考えました。Cさんは、仕事にも悩んでいましたので、新しい仕事を紹介しようと思い、ホストやスカウトの仕事をすすめました。Cさんの、Aさんに対する態度を見ていたとき、女性に困っていそうだと思いました。やってみたいという意思を確認して、失踪の工作をさせようとしたんです」

 白石被告はCさんに対して、相武台前駅から片瀬江ノ島駅まで行き、PASMOや身分証、iPadを捨てるように言った。途中で服を買い、片瀬江ノ島駅から戻ってくるときには、着替えて改札を通るようにも指示した。

 しかし、Cさんは、それらの所持品を海老名駅のコインロッカーに預けていた。そのとき、Cさんはスマホのメモアプリに「これからの私の選択は、いろんな人を傷つける」と書いていた。また、Twitterに「こんなクソみたいな人生でも一時だけでも良い思いをした」と投稿している。

Cさんは、頭部を叩いたり、髪や腕を掴んで抵抗

 その後、再び合流して、コンビニで購入したウィスキーのコーラ割(500ml)を二人で分け、飲みながら長時間話している。このとき、睡眠薬をすすめたかははっきりしない。Cさんがリクエストしたニルヴァーナの曲をYouTubeで聴きながら、Cさんは悩みを話していたという。そして、眠くなってきたCさんを襲ったのだ。

「眠そうになったCさんの背後に回って、首を左腕で絞めました。左腕を顎の下にして、右腕で締め付けたのです。右腕は、絞めている左腕をより強く絞めるようにしていました。Cさんは、私の頭部を叩いたり、髪や腕を掴んで抵抗していました。しかし、後ろにひきずるようにして、Cさんの背中が自分の胸にあたるような形になりました。その最中に、私は後頭部を擦りました。抵抗は2、3分でしたが、その後、Cさんが失神するのを確認しました」

殺害後はどうしたのか

 Cさんが失神した後は、白石被告はどのような行動を取ったのか。

「Cさんの口と鼻にガムテープを張ろうとしました。そして、両手両足に結束バンドをつけて、クーラーボックスに座らせました。体の自由を奪ってから、ぶら下げようと思いました。そして、首をロープの輪っかにはめて、吊るしたんです。ガムテープを貼ったのは、万が一、覚醒した時のためです。確実に殺害するためです。しかし、口にガムテープを貼っている最中に、Cさんから鼻血が出てきました。その鼻血をたらすのを防止するために段ボールを敷きました」

 殺害後どうしたのか。

「クーラーボックスを退けて、30分か1時間ほど、Cさんを吊るしていました。ロープと首の間には、タオルを挟みました。後日、山に捨てに行ったとして、もし遺体が見つかったときに、捜査で自殺じゃないとわかってしまうと思いました。それを防ぐためです。9人全員かどうかは忘れましたが、数人はタオルを挟んでいます。Cさんにもそうしたかは覚えていません」

消臭のため、カレールーや中華ドレッシングも

 そして、遺体はバラバラに解体した。

「包丁で首を切り落とし、骨を切り、肩を落とし、太腿を切り落とし、腕や手首を切断し、足首を切り、胴体を切り裂き、はらわたを出して、内臓を抜きました。一部は鍋で煮ました。食べていません。消臭のため、カレールーや中華ドレッシングも使いましたが、効果がなく、匂いは消えませんでした」

 白石被告の口から、殺害や遺体解体のことが詳細に語られた。殺害の具体的な方法については、実況見分のときの写真がモニターに映し出された。しかし、白石被告が淡々と話すためか、普通に見れば、えぐい場面であるにもかかわらず、女性を含む裁判員たちはモニターから目を離さず、真剣に見入っていた。傍聴席も静まり返っていた。

 実は「13人と会っていた」白井被告 なぜ4人はされなかったのか 

文春オンライン 2020年19月16日(金)18時06分配信

 2017年8月から10月までの約2ヶ月の間で男女9人を殺害した白石隆浩被告(30)。短期間にこれだけの人数を殺害する事件は稀だ。しかもSNSで知り合った男女を殺害したという意味でも、計画性があり、慎重でなければ実行できない面もあったはずだ。しかし、2020年9月30日から東京地裁立川支部(矢野直邦裁判長)で始まった裁判員裁判での証言を聞くと、計画性のなさも感じる場面が多い。

弁護人をコントロールしようとしている態度

 白石被告の態度を見てみる。当初から弁護人との方針の違いがあった。10月8日、白石被告は「方針が合わずに、根に持っています」と、弁護人からの質問を拒否する姿勢を見せていた。そう言いながらも、次第についつい答えてしまう場面が見られた。10月14日にも、弁護人が「今日はどうしますか? 今日も答えませんか?」と聞き、白石被告は「はい。弁護人の質問には一切答えるつもりはありません」と答え、いったん弁護人からの質問が終了した。結局、この日は、検察官側からの質問だけに答えた。

 しかし、翌15日には、前日と同じ弁護人からの質問に「はい」とだけ続けていたが、「最初に合流したときのCさんの印象は?」の質問から、「何か悩んでいるような感じでした」などと答えた。黙り続けるのも疲れるのだろう。ただ、別の弁護人の質問に対しては、「申し訳ないですが、あなたは信用できないので、黙秘します」と述べ、弁護人をコントロールしようとしているようにも見えた。

犯行にも垣間見える考えの浅さ

 強い意思表示をするものの、その意思を貫徹できないことは、犯行でも見られる。計画性があると思いきや、考えが浅い場面がいくつもある。

 例えば、1人目のAさん(当時21、女性)を信用させようと、「一緒に住もう」と持ちかけたことがあった。2017年8月中旬、Aさんに「失踪宣告書」を書かせるほどの用意周到さがあった。家族が警察に届けても、捜索届を警察に受理させないようにしようとしたのだ。8月23日、片瀬江ノ島駅でスマホを捨てさせることも考えていた。これは、以前に風俗店のスカウトをして職業安定法違反容疑で逮捕された際、携帯電話の位置情報について刑事から聞かされていたからだ。

 一方、新しい生活をイメージさせるのなら、新しいスマホ契約の話をしておくほうが信用されるはずだが、白石被告は「新しい携帯電話の契約の話はしていません」と話していた。不自然さが残る流れではある。

連続殺人をする大胆さがある一方で自信のなさも

 Aさん殺害を決めた理由については、「私以外の男性との付き合いがあるような雰囲気だった」と繰り返した。しかし、Aさんに恋人やそれに近い存在がいるかどうかの確認はしていない。白石被告にとって“ヒモ”にできる女性を見つけ、アパートの賃貸契約時のお金と契約金を除いた36万円を得たのに殺害してしまう。

 筆者が拘置所にいた白石被告と面会した時には「ちょっと考えが浅かった。人を1人殺す報酬として50万円は安すぎる。性欲だけに走ってしまった」とも語っていたが、白石被告が「まとまったお金」を入手できたのは、この時だけだ。

「私以外の男性との付き合い」があると、なぜ殺害の理由になるのか。白石被告は、もし自分を捨てて他の男性のほうに行ってしまった場合、50万円の返済を求められるのではないかと思っていた。連続殺人をする大胆さがある一方で、自信のなさがうかがえる。

 加えて、「返済の話は何も出ていません。(もし、他の男性のところへ行った場合)返済を求められた後、部屋に1対1という状況にならないだろうと。Aさんは外に出て、生活し、連絡だけをよこす状態が望ましくないだろうと考えるはず。それを防ぐために殺したんです。殺害してもバレなければいいと思った」と証言する。何も確認もしていなければ、論理的ではない。殺害する計画性ははっきりあったわけではないのだろう。

 Bさん(当時15、女性)は、白石被告と話をしているうちに、「生きたい」と思うようになる。ただ、Bさんの家出願望を利用して、失踪に見せかけるため、「片瀬江ノ島駅に行って、海に携帯電話を捨てるように」と指示したものの、白石被告はBさんの位置情報を確認していない。アプリで確認しようと思えばできたはずだ。結果、Bさんは携帯電話を駅のトイレ内に放置したことで、清掃員が拾得物として駅に届けている。バレない自信があったというが、最終的な確認をしていない。

わかったような、わからないような論理

 弁護人は、「Aさん、Bさんの殺害が腑に落ちない。傷害や暴力の前科がない白石さんがいきなり殺害する。殺害を頼まれたのでは?」と問いただした。白石被告はこう答えた。

「(職業安定法違反で)執行猶予中でした。次、逮捕されれば、実刑になると思っていました。そのため、レイプして、お金をうばって、殺害しないといけないと思ったんです」

 わかったような、わからないような論理だ。執行猶予中で次に何か犯罪を犯したら、実刑になるのはわかる。だからといって、殺人までするのか。このあたりの心理は、常人にはわからない。白石被告にとっては、実刑となるならば、死刑と同じだと思ったのだろうか。

 Cさん(当時20、男性)の殺害は、Cさんを紹介したAさん殺害の証拠を隠滅するためだった。殺害当日の8月29日、白石被告はCさんと相武台前駅で待ち合わせた。Cさんには、失恋と仕事のプレッシャー、バンド仲間との関係が悪化したことなどの悩みがあり、白石被告に一方的に話したという。白石被告は、自殺させようとしていたにもかかわらず、「前向きになるアドバイス」をして、Cさんは「死ぬのをやめる」と言い出すことになる。ある意味では、“人間的”な側面である。

薬を飲んだかどうかも覚えていません

 白石被告の証言によると、Cさん殺害は、やはり所持金を奪うことも目的になっていた。しかし、財布の所在は確認していない。

 Cさんを殺害するには、体格がほぼ同じだったために、薬を飲ませて、隙をつこうとした。ところが、弁護人に「Cさんは薬を飲んだかもしれない? 実際に飲んだ?」と聞かれて、「覚えていません」と答えている。飲んだとして、何の薬を飲んだのかもわかっていない。発見された遺体の頭部からは、薬の成分が検出されている。ということはCさんが自ら飲んだのか、飲ませたということだろうか――。

 結果的にCさんを殺害し、所持金を奪うことになるが、得た現金は5000円ほどだったという。「まとまったお金」ではないにもかかわらず、なぜ殺害したのか。裁判長の「まとまった現金はいくらぐらいか?」と聞かれて、「当時のイメージでは25万から50万以上」と答えている。その金額を得られるとしても、「人を殺すリスクの見返りがそんな金額なのか?」と唖然とする。それに、Cさんがその日、白石被告に伝えた所持金は「1万円」だった。

 奪った5000円を生活費に使ったという一方で、遺体をバラバラにして一部を鍋で煮るなどの処理に「一体5000円ほどかかる」とも証言している。ということは、生活費も残らない。Aさん殺害の証拠隠滅の目的はあったものの、現金を奪うという点では目的はほぼ達成していない。

 こうして8月中に3人を殺害することになるが、そもそも白石被告はアパートに入居したばかり。家賃はどうするつもりだったのか。弁護人の質問に、「Aさんとの間では私が働いて、養う予定でした。Aさんを殺害した後は、私が支払うことになりました。(働いていないものの)Aさんから奪ったお金で支払おうと。そしてAさん殺害後は、女性と出会って、お金を引っ張って、集めて、支払おうと思っていました」と答える。行き当たりばったりの犯行だったのが実態だ。

殺害した人とそうではない人との違いは何か?

 アパートに入居して、「死にたい」「首吊り士」など5つのアカウントをつくり、殺害した9人のほかにも会っていた白石被告。筆者との面会では「13人に会った」と明かしていた。つまり、そのうち9人を殺害して、4人は生かしたことになる。「1人とは付き合っていた」とも話していた。

 私は、殺害することになった人と、生かした人との差は気になっていた。その点を裁判官が「殺害した人とそうではない人との違いは何か?」と質問した。

 白石被告は、こう答えた。

「自分に対して好意を持っていて、お金を持っていそうな場合、レイプをせずに、生かして帰しました。長期的にお金を引っ張ろうと思っていました」

 白石被告に「好意」を示したか否かで殺害したということなのか。広い意味では、殺害された9人とも「好意」はあったのではないかとも思う。ただ、白石被告にとっての「好意」は、性欲の対象としてでしかないのかもしれない。そして、最終的には「お金」。ヒモになる意思だけは貫いている。身勝手な犯行はどこまで解明されるのか。裁判は12月まで続く予定となっている。

 人を食べるときの注意事項」白井被告が犯行前に見た猟奇サイト 

文春オンライン 2020年10月10日(土)6時01分配信

「起訴状の通り、間違いありません」

 証言台でボサボサの黒髪を背中に垂らし、堂々と声を張った男。17年8月から10月にかけて、神奈川県座間市のアパートで男女9人を殺害したとして強盗・強制性交殺人罪などに問われた白石隆浩被告(29)に対する裁判員裁判の初公判が9月30日、東京地裁立川支部で開かれた。

「しわしわの作業着と後頭部に張りついた髪は、寝起きで出廷したかのようでした。罪状認否を終えた後は目を伏せ、時折伸びをしていた。『被害者は殺されることに同意していた』という弁護人の主張が退けられれば死刑はほぼ避けられない状況ですが、裁判の進行には既に関心がなさそうでした」(社会部記者)

 取り調べに対しては「カネと性欲目的で9人を殺害した」と自白していた白石。法廷で説明されるその行為はおぞましいものだった。

 風俗スカウトマン時代の経験から「自殺願望のある女性は言いなりになりやすい」と考えた白石は、ツイッターで「首吊り士」と名乗り、自殺願望を持つ女性に接触を始めたという。金づるにならなそうなら首を絞めて失神させ、女性8人については姦淫。その後、首を吊って殺害し、証拠隠滅のために遺体をバラバラに解体していった。

 解体のために白石はノコギリやミキサー、鍋を購入している。内臓などは一般ごみとして廃棄し、大きな部位は鍋で煮て、頭部と一緒に自宅のクーラーボックスに保存。発覚しないよう後日、捨てに行く予定だったようだ。だが、このボックスから被害者の頭部が発見され、逮捕につながった。

白石被告が拘置所で行っている面会ビジネス

 また、一連の犯行に先立ってはユーチューブで「殺し方」などと検索。牛の解体動画や「人を食べるときの注意事項」といった猟奇的なサイトをあさっていた形跡もあった。一方で、日本で死刑を適用する際の判断基準である「永山基準」や、事件が発覚しないよう被害者の捜索を防ぐ方法なども検索していたことも判明。これら証拠の説明を裁判員らは厳しい表情で聞いていたという。

 閉廷まで気怠そうな表情だった白石。生きることに関心を失ったのだろうか。

「カネには興味があるようです。警察署や拘置所に面会に行くと、事件について答える条件として現金を要求してくる。一部メディアが差し入れをしたことに味を占め、今では悪びれもせず、一度に差し入れできる上限の3万円や食料などを求めてきます。外の食事が恋しいんだとか。9人もの命を奪っておきながら、拘置所でやっていることは反省ではなく“面会ビジネス”です」(司法記者)

「死刑の覚悟はできている」と漏らしている白石。絞首台を前にした時、「首吊り士」は何を思うのか。

 白井被告購入したニンニク」と「猟奇ネット履歴 

文春オンライン 2020年10月6日(火)20時01分配信

 3年前、世間を震撼させた、神奈川県座間市のアパートで若い女性8人と男性1人の計9人の頭部遺体が見つかった事件。9月30日、強盗強制性交殺人や死体遺棄・損壊などの罪に問われた白石隆浩被告(29)の初公判が東京地裁立川支部で開かれた。

 法廷に現れた白石被告は、事件後に報道された“好青年風”の姿から様変わりしていた。髪は肩まで伸び、黒縁メガネ、白いマスクをつけていた。明るい緑色の作業服のような服装が奇妙だった。

 まず、裁判長が公判での注意事項を述べた。今回は「被害者特定事項秘匿制度」が適用され、被害者の氏名などを伏せて審理される。そのため白石にも被害者の特定につながるような発言には注意するように、とのことだった。

 今回、被害者を指すアルファベットはAからIに及ぶ。時系列順に被害者9人を3グループに分けて審理し、公判日程は計24回、77日間にわたって行われる予定だ。

 被害者の多さゆえ、初公判では1人1人の被害詳細はまだ明らかにされていない。しかし、事件発覚時の白石被告の自宅の様子や、犯行が行われた8月から10月にかけて白石被告が購入した物品などから、この事件の凄まじい猟奇性が立ち上ってくるのだ――。

私が殺しました」「あの子はここです

 検察の冒頭陳述によると、2017年10月30日、行方不明となっていた女性Iさん(当時23)を捜す警視庁の捜査員が、失踪直前にSNSでやり取りしていた白石被告のアパートを訪れる。白石被告は捜査員とインターホン越しに話した際には、Iさんの居場所を知らないとはぐらかしたという。しかし捜査員が室内へと踏み込むと、そこには異様な光景が広がっていたのだ。

「床にはペット用のトイレシートが敷かれていて、付近にはノコギリや粘着テープ、婦人靴。ロフトに続くはしごには、上から2段目のところに、ロープがかけられていた」(検察の冒頭陳述より)

 その後、キッチンの包丁、まな板、鍋、保冷庫の内部などからは、血液の陽性反応が出た。

 室内に女性もののバッグがあったことから捜査員は厳しく追及。白石被告は観念して「私が殺しました」「あの子はここです」と玄関に置かれたクーラーボックスを示した。ボックスを開けると猫用のトイレ砂でいっぱいだったが、捜査員が掘り起こしたところ、人の頭部のようなものが見つかったのだ。頭部は褐色に変色しており、口に粘着テープが貼られたままの遺体もあったという。

自殺願望のある女性をだましてアパートに

 白石被告が初めて殺人を犯したのは2017年8月23日だ。SNSを利用して知り合ったAさん(当時21)を誘い出し、自宅に入った途端、殺そうといきなり首を締めたという。そして失神したAさんに欲情し、性交している。その後、失神したままのAさんをロフトから首を吊り殺害した。以降、短期間に同様の犯行を繰り返していく。

 8月28日ごろにはBさん(女性、当時15)、同月30日ごろにはAさんの知人男性Cさん(当時20)。9月にはDさん(女性、当時19)、Eさん(女性、当時26)、Fさん(女性、当時17)、Gさん(女性、当時17)、10月にHさん(女性、当時25)、Iさん(女性、当時23)が被害者となった。

 Cさんを除き、手口はまったく同様で、自殺願望のある女性をだましてアパートに誘い入れ、金づるになるか見極め、自殺する気がないと判断すると、首を締めるなどして失神させた上で殺害。公判では、8人の女性は全員、失神させた上で強制性交していたことも明らかになった。

 事件が発覚しないよう、遺体を細かくノコギリなどで解体し、肉片は一般ごみとして廃棄。捨てると発覚の恐れが高いと考えた頭部は、消臭のための猫砂とともにボックスにいれ、アパートで保管していた。

閲覧履歴には殺し方」「不意打ち」「人間を食べるときの注意事項

 初公判では、8月から10月にかけて白石被告が購入した物品なども示された。

 首吊り用ナイロンテープ、作業用なのか防じんマスク、レインコート、ゴーグル、ノコギリ、ミキサー、消臭用には猫のトイレ用砂、消臭ペットシート……。消耗品の購入頻度はすさまじく、連日、休むまもなく解体作業を行っていたことが窺える。

 そして、検察から提出された請求証拠の購入リストには気になるものもあった。“ニンニク”だ。請求証拠は事件に関わるものだけが示される。ニンニクは一体、何に使われたものなのだろうか。

 公判では、白石被告のスマートフォンの閲覧履歴についての言及もあった。

 白石被告は、2017年5月中旬から動画投稿サイト「YouTube」で「殺人」「包丁」「研ぎ方」「不意打ち」などの単語を調べ、8月20日には牛の解体動画や、何人殺せば死刑になるかについても検索していたという。そして、そのなか閲覧履歴には「困ったときの死体解体法」「人間を食べるときの注意事項」といったブログやウェブサイトもあったのだ。

 証拠物品とウェブサイトの閲覧履歴は、事件とどう関係しているのか――。

 公判中、白石被告はじっと目をつむりながら、動じることもなく、たまに体を揺らしたり、姿勢を変えたりしながら、まるで退屈な授業を聞いているかのように検察側の冒頭陳述や証拠品の説明について耳を傾けていた。

 今後、12月までかけて20回以上行われる予定の公判で、ひとりひとりの被害者の事件の詳細が明かされていく。10月7日には被告人質問が行われるが、白石被告は何を語るのだろうか。

 白井隆浩=両親と妹の4人家族。その生い立ち風俗スカウトの頃 

週刊女性PRIME 2020年11月6日(月)配信/週刊女性11月21日号

昔はかわいい顔でしたよ

 と、容疑者と同級生の孫を持つ女性はつぶやくように言った。

Photo_20201017063801

「いい子だった」

 神奈川県座間市の2階建てアパートの一室で男女計9人の切断遺体が見つかったのは10月31日のこと。警視庁捜査一課は同日、うち1人の遺体を遺棄したとして、この部屋に住む職業不詳・白石隆浩容疑者(27)を死体遺棄の疑いで逮捕し、11月1日に東京地検立川支部に送検した。

 白石容疑者は「9人全員を殺害した」などと供述しており、室内のクーラーボックスなどに隠していた頭部などを除き、刃物で削いだ肉片はゴミ袋に入れて捨てたとしている。ツイッターで自殺願望者に言葉巧みに近づき、自室に連れ込む手口だった。レイプ目的と所持金を奪う狙いがあったなどと供述している。

 冒頭の女性は、事件現場から約2キロ離れた白石容疑者の実家近くに住み、ポツリ、ポツリと同容疑者の印象を話す。

テレビのニュースなどで報じられているほど実物は悪い顔をしていないよ。実家に戻ってきたときは私にも挨拶してくれる。“きょうもお出かけ?”なんて声をかけられたこともあった(同・女性)

 ジキル博士とハイド氏─。イギリスの小説家R・L・スティーブンソンの代表作で、人格者のジキル博士と凶悪で道徳心のないハイド氏という2つの顔をもつ男の話だ。白石容疑者は子どものころから善悪の二面性を使い分けていた可能性がある。

 両親と妹の4人家族。一戸建て住宅に暮らし、父親は大手自動車メーカーの仕事をしていた。同容疑者の実家近くに住む男性は言う。

「いい子でしたよ。そりゃもう、小さいときから知っていますからね。賢い子でね。ちゃんと挨拶してくれるし、今回の事件はビックリです」

同級生の母不思議なことがあるんです

 少年時代の白石容疑者は記憶に残るタイプではなかった。凡庸だったといっていい。地元の公立小・中学校を卒業後、県立高校に進学。友達がいないわけではないが、目立つことはなかった。実家周辺の50代主婦が振り返る。

「うちの息子は年が近くて小学生のときは一緒に集団登校していたんです。私も登校に付き添うことがありましたが、白石君は手もかからないし、おとなしい子という印象でした。まじめでね。

 妹さんの面倒をしっかりみるいいお兄ちゃんでもありましたこうして事件になると、なんで気づいてあげられなかったのかと思う。普通の子どもこそ注意深く気にしてあげるべきだったのかもしれません」

 しかし、別の主婦は……。

小学校の集団登校で、白石君は登校班の集合場所に遅刻してきたり、学年が下の子の面倒を全然見なかったそうです。娘がそう話していました

 大人が付き添っているときにはいい顔をして、子どもだけのときはいいかげんな裏の顔を見せていたのか

 中学時代の同級生の母親は「不思議なことがあるんです」と話す。

「彼(白石容疑者)はまず野球部に入り、2年生のときに陸上部に入り直している。そのころは野球部、サッカー部、バレー部が人気で部員も多かった。卒業文集の彼の作文を読んだら、部活のことばかり書いてあって、そうか、部活を頑張っていた子なのかと一瞬、思っちゃったんですけど、野球部の集合写真にも陸上部の集合写真にも彼の姿がないんですよ

Photo_20201017063901

 白石容疑者の作文のタイトルは「僕と部活」。友達や練習の楽しい思い出ができたほか、身体も強くなったと書いている。《ひたすら部活をがんばっていた気がします》とする記述も。

 前出の50代主婦は「幼稚園と小学校ではサッカーをやっていた。しかし、中学の陸上部は幽霊部員だったのではないか」と話す。

 事実ならば、ほとんどの同級生が読む卒業文集によくデタラメを書けたものである。

 実像はどうだったのか。

 前出の同級生の母親は、

「息子の話では、根暗っぽくもなく、といって目立つわけでもなかったって」

 と明かした。

外面はよかった

 言動と行動はその後も噛み合わない。中学で身体を鍛えたはずなのに、高校では部活動をせず、地元のスーパーでアルバイトに精を出したという。高校卒業後、バイト先のスーパーの正社員に採用されたが約2年3か月で退職。パチンコ店従業員や新宿・歌舞伎町の風俗店スカウトマンなど職を転々とした。母親と妹が数年前に家を出たため、実家に顔を見せるようになった。

 社会に出てからも外面のよさだけは変わらなかった。

 今年4月から5月末まで、派遣スタッフとして倉庫作業員をしていたときの同僚女性(23)が振り返る。

実年齢より若く見えました。礼儀正しく、挨拶ができ、物腰の柔らかい好青年でした。仕事をすぐ覚え、テキパキと働いていました。長く勤めていたら、もっといろんなことができただろうなと思ったほどです。口数は少なく、誰かと親しくすることはありませんでした。風俗店のスカウトをしていたなんて面接担当者も知らなかったようです

 勤務時間は午前9時から午後6時まで、週4、5日は働いていた。派遣先の責任者は、

「ひとりで黙々とやる作業ですし、彼についての記憶はあまりない。仕事上のトラブルはありませんでした。本人事由の退職でした」と語る。

 白石容疑者には逮捕歴があった。昨年夏に売春させると知りながら茨城県内の風俗店に女性を紹介したとして、今年初めに職業安定法違反の疑いなどで同県警に逮捕され、5月29日に執行猶予つき有罪判決を受けた。倉庫作業員を辞めたのはこの直後だ。

 スカウトマンとしての評判はすこぶる悪い。約1年前、風俗店に紹介した女性の給料約200万円をネコババしようとしたほか、SNS上には、

新宿にいる白石というやつに注意してください!極悪スカウトです!

 などと顔写真つきで“指名手配”する投稿がある。

Photo_20201017064301

 歌舞伎町でスカウトをしている男性によると、「白石はあまり話さない存在感のない男だった」という。

「“売り風俗違法売春)”専門女の子に対しては常に受け身で、マメでやさしく、身内のように心の中に入り込んでいく(同スカウト)

 しかし、歌舞伎町の雑踏に立つスカウトマンに片っ端から聞くと、ほとんどは白石容疑者を「知らない」と言う。SNS上でもスカウトしていたためかもしれない。

 妙な噂話も流れている。

「白石は臓器売買をしていたって噂がある。そっちのスジの人から聞きましたけど、マジでやばいっすよ」

 と面白おかしく話すスカウトマンもいた。技能や売買ルートなど大がかりな組織もなく、できるはずがない。

遺体の様子

 警視庁によると、2体は死後約1~2週間で、7体は同1か月~数か月という。遺体の身元確認が進められている。

 容疑者宅からは血のついたノコギリ、キリ、キッチンばさみ、包丁2本と、ロープ、結束バンドが押収されている。残された遺体の一部の状態は……。

頭部の切断面はすべて水平。第2頸椎で切断されたものが5体、第3頸椎から切断されたものが2体、不明が2体だった。骨は肋骨などで背骨はない。腰の骨などとみられていたのは乾燥した内臓だった。小腸が2つ、肝臓のようなものが2つ、脾臓または腎臓と思われるものが1つなどだった(全国紙社会部記者)

Photo_20201017064501Photo_20201017064502

 斬首男のおぞましい手口。

 ネットと自殺問題に詳しいジャーナリストの渋井哲也氏は「自殺をキーワードにするツイッターのコミュニティーは狙われやすい」と指摘する。

「一部のネットナンパ師は、自殺願望者はレイプされても警察に届け出ないだろうと考えている。悪意を悟られないように“あなたの気持ちはわかりますよ”と共感する言葉で近づく。複数のアカウントを持つ白石容疑者は、自殺願望の当事者になりきって弱さを見せたり、別のアカウントでは確実に死ねる情報を持つ人物だとアピールしていた」

 ジキルとハイドの少年は、ハイドに完全支配された。

Photo_20201017065001

関連エントリ 2020/10/13 ⇒ 【耳学】“犯罪者天国”✍「南アフリカ共和国」警察機構の闇
関連エントリ 2017/11/01 ⇒ 【生首コレクター】<逮捕された部屋の男性>✍殺害も認める・・・・

 

2020年10月16日 (金)

【醜聞】✍海外メディア<金メダル有力候補の不倫報道>その“処分”に驚き隠せず

瀬戸大也の不倫で処分に世界は驚き、同情も「日本は不誠実さで最高のスイマーを制裁

デイリー 2020年10月16日(金)14時53分配信

 競泳男子で、東京五輪代表に内定している瀬戸大也(26)が不倫問題を受けて、日本水泳連盟から年内の活動停止などの処分を受けた問題は、五輪金メダル候補の世界王者ということもあり、世界でも英BBCや米紙「ワシントンポスト」、「NBCスポーツ」など主要メディアで報じられ、反響を呼んでいる。

 淡々と事実のみを伝える報道が多い一方で、犯罪ではない不倫での厳しい処分に同情の声もある。アルゼンチンの「TyCスポーツ」は、「日本は不誠実であることで最高のスイマーを制裁する」との見出しで報じ、「アスリートの不貞はプロとしてのキャリアに問題を引き起こす可能性がある。ただ、それが日本のアスリートである場合、実質的に犯罪者であるような道徳的負担を伴う」と、驚きをもって伝えた。

 また、ブラジルの「Cultura Uol」も「日本では家族を軽視すると大きな支払いが待っている」、ポルトガルメディアも「エンターテイメント業界の有名人のように、日本のアスリートは模範的な行動を示さねばならず、それから逸脱すると罰せられる」と、倫理観の強い日本ならではの事例として伝えた。

 日本水連が瀬戸に課した処分は次の通り。

 ▽ 年内の活動停止(日本水連公式大会への出場、強化合宿、海外遠征への参加)

 ▽ スポーツ振興基金助成金の2020年下半期の推薦停止

 ▽ 今後の日本水連教育プログラム及び、JOCインテグリティ教育プログラム(基礎研修プログラム等)、他の受講

 水泳連盟の処分ビミョーだった背景に「元飛込選手のの存在 

文春オンライン 2020年10月16日(金)17時01分配信

「重い処分ではありますが、『酷』というレベルとは言えないと思います」

 複数の女性との不倫が発覚した水泳の瀬戸大也選手(26)への処分について、ある元日本代表選手はそう語った。

 日本水泳連盟が10月13日に発表した瀬戸への処分は以下の通りだ。

・年内の水泳連盟への登録停止
・スポーツ振興基金助成金20年下半期の推薦停止
・日本水泳連盟などの教育プログラムの受講

 処分の根拠となったのは、「競技者資格規則」第8条第1項「スポーツマンシップに違反したとき」と同第6条「その他本連盟及び本連盟の加盟団体の名誉を著しく傷つけたとき」という項目である。

 処分の中でもっとも競技に影響するのは、「年内の登録停止」。これは、選手の「資格はく奪」に次ぐ2番目に重いものとなる。

 実際には、連盟による公式大会出場や強化合宿の参加、海外遠征ができなくなり、10月から11月に開催される競泳国際リーグ、12月の日本選手権にも出られないことになる。

処分は重い? 軽い?

 ただ、処分の重さについては、捉え方が別れている。前出の元日本代表選手は、水泳連盟がなんとか瀬戸を守ろうとした気配を感じ取ったという。

「今シーズンは新型コロナウイルス感染拡大の影響で、国内でも海外でも大会が相次いで中止され、大会で泳ぐ機会が限られてきました。だから今回の処分によって経験を積む貴重な大会に出られないのは、瀬戸にとって痛手と見ることはできます。しかし一方で、年内の試合自体がかなり少ないのも事実。もし通常のシーズンにこうした処分がされていたら、周りの選手との試合経験の差はもっと広がっていたわけですから」

 瀬戸は大会や合宿には参加できないが、練習自体は行うことができる。練習拠点の国立スポーツ科学センターも引き続き使用できる。そこには「温情」も感じられると付け加える。

「年内、つまり2カ月半の間トレーニングに集中する時間にすることができます。そこで鍛え直して立て直し、年明けから復帰してほしい、そんな意味合いがあると思います。水泳連盟にとって瀬戸選手は、大切な金メダル有力候補ですから」

 瀬戸は昨年の世界選手権で200mと400mの個人メドレーで2冠に輝き、競泳では1人だけ五輪代表に内定している。他競技を含めても、最も金メダルに近い選手の1人だ。

水泳界としては丸く収めたい

 ロンドン五輪は選考会で落選、リオ五輪ではライバルの萩野公介に負けて銅メダルに終わった。それだけに競技人生の集大成となる東京五輪への思いは強く、延期が決まった時は「練習にも集中できない」と周囲に漏らすほどだったという。水泳界の空気が厳罰に傾いていないのも、そのことへの同情があるという。

もともと明るいキャラクターで周りを惹きつける魅力があるし、女性にももてる瀬戸君ですが、今年に入ってからは、飲み会などで『最近、瀬戸選手が遊んでいる』と噂になっていました。五輪延期のショックの反動もあるのかな、と思っていました。ちょっと気の毒なところもあるな、と感じるときはありましたね」(前出・元日本代表選手)

 東京オリンピックの代表内定についても取り消しにはならず、そのまま維持されることになった。そのため来年4月のオリンピック選考会(日本選手権)に向けた調整をする必要はなく、8月の本番に備えればいい。そう考えれば、「この時間がプラスになる可能性さえある」という。

 日本水泳連盟の関係者も、瀬戸に厳しい罰則を与えることは本意ではなかった。

「所属先のANAをはじめスポンサーからの処分もあり、連盟としての処分も考えなければいけない状況でした。ただ刑事事件ではありませんし、選手生命を左右するような重い処分を下す性質のものではない。起こしたことについて罰は与えつつ、ただ再起の道は残してあげる、というところです」

妻も水泳連盟の「仲間」なだけに……

 ただし、瀬戸に冷ややかな声も当然存在する。

「奥さんも、もともとは連盟の強化指定選手で、日本代表として活躍してきた人ですからね……」(前出・水泳連盟関係者)

 瀬戸の夫人である馬淵(旧姓)優佳さんは、飛込みの日本代表として世界選手権に出場した女子のエース選手。飛込みも日本水泳連盟の管轄種目であり、つまり優佳さんも連盟や水泳関係者にとっては「仲間」なのだ。

「2人が結婚したときは、言ってみれば身内同士の結婚みたいなもので、それはもう『よかったな!』という感じでしたよ。ただ、こういうことになってしまうと、それが裏目に出るというかね……。

 昔から知っているのですが奥さんはサッパリした性格で、結婚してからも瀬戸のために一生懸命やっていたのも見ていました。だから、来年のオリンピックのことを考えればあまり厳しい処分はできないのもわかるけれど、奥さんのことを考えると『いったい何をやってるんだ!』という怒りも湧いてきますよね」(前出・水泳連盟関係者)

 処分を受けて、瀬戸はマネジメント会社を通じてコメントを発表している。

「どうしたらご迷惑をお掛けした皆様にお詫びできるかを自分自身に問い続けてきましたが、私にとってのお詫びはこれからも水泳で努力していくことだと考えています。私の無責任な行動で深く傷つけてしまった家族からの信頼を回復し、家族からも皆様からもスイマーとして再び認めていただけるよう、一からやり直す覚悟で真摯に水泳に向き合っていきたいと思います。本当に申し訳ありませんでした」

 精神的なコンディションも結果に大きく影響すると言われる競泳。今回の謹慎期間が、不幸中の幸いとなり、瀬戸は家庭から立て直すことができるのか。“金メダルにいちばん近い男”の再起を待ちたい。

 不貞行為が発覚した瀬戸大也の“処分しかった本当の事情 

GOETHE 2020年10月16日(金)16時05分配信

瀬戸大也、年内活動停止

 週刊誌に報じられた不倫を認めて謝罪した競泳の瀬戸大也(26)が日本水泳連盟から年内の活動停止処分を科された。日本水連公式大会、強化合宿、海外遠征への参加ができない。12月の日本選手権などが対象となる。10月下旬からブダペストで開催される賞金大会の国際リーグは日本水連の関わる大会ではないが、海外遠征のため参加できない。

 政府出資金250億円と民間からの寄付金を財源とする、スポーツ振興基金助成金の20年下半期の推薦停止も決定。日本オリンピック委員会(JOC)インテグリティ教育プログラム受講も求められる。

 瀬戸は12日に都内の日本水連事務局で開かれた倫理委員会に出席。約1時間の事情聴取を受け、不貞行為について説明した。聴取内容が報告された翌13日の臨時常務理事会で処分が決まった。

 処分決定後、瀬戸はマネジメント会社の公式サイトにコメントを発表。謝罪を重ねた上で「どうしたらご迷惑をお掛けした皆様にお詫びできるかを自分自身に問い続けてきましたが、私にとってのお詫びはこれからも水泳で努力していくこと。家族からも皆様からもスイマーとして再び認めていただけるよう、一からやり直す覚悟で真摯に水泳に向き合っていきたい」と決意を記した。

 年内活動停止で強化プランは大幅に狂うが、昨夏の世界選手権優勝で内定を得た200mと400mの個人メドレーの東京五輪の出場権は取り消されなかった。日本水連の青木剛会長(73)は「五輪内定は昨年の世界選手権で金メダルを獲得した“選手の権利”であると同時に、五輪本番での活躍を期待して付与した」と内定維持の理由を説明。「社会人選手として、五輪内定選手として“水泳日本選手団行動規範”に準じた行動をするものと期待していたが、一連の行動は、それに反したもので大変残念」とした。

ANAとの所属契約、味の素のCM出演など次々と解除

 瀬戸は“21年3月まで契約を交わしていたANAとの所属契約を解除された。ANA側が申し入れ、双方が納得の上で合意。広報担当者は「瀬戸選手が努力する姿勢をサポートしてきたが、今回の問題は当社の期待するイメージにはふさわしくない」と説明する。瀬戸はANAから数千万円規模の給料を得ており、収入の軸を失った。

 優佳夫人(25)と一緒にCM出演していた味の素からも広告出演契約を解除されている。P&GやBOSEなどスポンサー契約を結んでいた複数の企業との間に違約金が発生する可能性もあり、金銭的ダメージは計り知れない。

 日本水連が瀬戸に処分を科した理由は、競技者資格規則の「スポーツマンシップに違反した」「連盟及び連盟の加盟団体の名誉を著しく傷つけた」ことだが、不倫により競技団体がここまで厳しい処分を科すのは異例だ。

 プロ野球やJリーグの選手による不貞行為が発覚するのは珍しいことではない。所属クラブから謹慎や罰金を科されることはあるが、活動停止のような競技力低下につながる処分はほとんどない。賭博や反社勢力との交友など刑事罰につながる問題には神経を尖らせてリスク管理しているが、不倫など女性問題には寛容といえる。

 この違いは何か。プロ野球やサッカーは入場料や放映権料など興行自体が主な収入源になっているのに対し、水泳などのアマチュアスポーツはスポンサー企業からの支援が活動資金の軸となる。極端にいえば、プロスポーツは興行を盛り上げる上でアンチの存在も必要だが、アマはそうはいかない。企業のブランディング戦略を担う上でクリーンな印象が不可欠となる。“イメージ商売”という点では、不倫などのスキャンダルが大騒動に発展する芸能界に近い。

 瀬戸を支援していたANAや味の素が、水泳日本代表の公式スポンサーであることも処分を重くした背景にあるとみられる。五輪種目は強化費に税金が投入されており、世間からバッシングを浴びることは避けられない。五輪の商業化が加速する中で“不倫は家族の問題”、“アスリートは結果が全て”という言葉では片付けられない事情がある。

 億単位だった瀬戸大也別格「スポーツ選手の稼ぎ」天国と地獄 

PRESIDENT Online 2020年10月15日(木)9時16分配信/酒井 政人(スポーツライター)

 日本のスポーツ選手の収入はどれくらいなのか。各種目の現状を調べたスポーツライターの酒井政人氏は「企業に所属する社員選手に比べ、プロ選手は実績に応じた契約金のほか、スポンサー料やCM出演料などを得ると年収は高額です。ただその分、リスクもある。実質的なプロとして活動してきた競泳の瀬戸大也選手は不倫騒動で億単位の収入を失う恐れがある」という――。

瀬戸大也選手の不貞の代償「推定年収1億円」吹っ飛ぶか

 来夏に東京五輪を迎える日本のスポーツ界に大きな波紋が広がっている。金メダルを期待されている競泳日本代表・瀬戸大也の“不倫騒動”だ。

 メインスポンサーといえるANAは9月30日付で所属契約を解除。瀬戸は複数の会社とスポンサー契約を結んでいたが、それらも危うい状況だ。また瀬戸自身は東京五輪競泳日本代表の主将を辞退。日本オリンピック委員会(JOC)の「シンボルアスリート」の契約解除を申し入れ、受理された。優に億単位の収入が吹っ飛んだといわれている。

----------
<瀬戸は基本的に競技に専念し、実質的なプロとして活動してきた。ANAとの契約は年間数千万円とみられ、他にも複数の企業のCM出演料、シンボルアスリートへの報酬など推定年収は計1億円とも言われる>(スポーツ報知、10月1日付)
----------

 多くの有力な水泳選手は大卒後、社員選手として企業に就職し、給与を得る。その額は一般社員と同程度と言われる。瀬戸は文字通り「別格」だったが、それらを失う可能性が高い。不貞の代償はあまりにも大きいと言わざるを得ないだろう。

 この騒動の影響もあり、筆者が取材した10月上旬の日本陸上競技選手権・男子100mで6年ぶりに優勝を果たした桐生祥秀(日本生命)のコメントが耳に残った。

 「プロになって生活していくためには、1回1回の勝負に『桐生祥秀』という名前を広めたい。そのために今季は甘えがないシーズンを送れたかなと思います。いろんなスポンサーがついているなかで勝つことができなかったら、スポンサーが離れてしまうかもしれないし、逆に勝てばもっとつくかもしれない。プロとしてどれだけ価値があるのか。2番や3番では違います」

 スポーツ選手の価値は、試合時のパフォーマンスが最も評価される部分だろう。しかし、企業と契約していれば私生活や試合外でのイメージも大切になる。瀬戸の場合は試合でミスをしたわけではなく、彼のイメージが崩壊したことで、アスリートとしての“価値”が急降下したことになる。

テニス、サッカー……世界のトップクラス選手は年収100億円以上

 化学メーカーのクラレが今年4月に小学校に入学する子どもとその親を対象に調査した結果を発表した。「子どもが将来就きたい職業」では、男の子の1位がスポーツ選手(18.8%)だった。なお「親が就かせたい職業」でもスポーツ選手は4位(8.0%)に入っている。

 親子ともに憧れるスポーツ選手だが、実態はどうなのか。十分に稼ぎ、食っていくことができるのか? 

 日本の現状を語る前に、まずは世界のスポーツ選手を見てみたい。経済誌「フォーブス」が今年5月に「世界のスポーツ選手上位100人」の年収順リストを発表した。トップ10位は以下の通りだ。

❶ ロジャー・フェデラー(テニス) 1億630万ドル
❷ クリスティアーノ・ロナウド(サッカー) 1億500万ドル
❸ リオネル・メッシ(サッカー) 1億400万ドル
❹ ネイマール(サッカー) 9550万ドル
❺ レブロン・ジェームズ(バスケ) 8820万ドル
❻ ステフィン・カリー(バスケ) 7440万ドル
❼ ケビン・デュラント(バスケ) 6390万ドル
❽ タイガー・ウッズ(ゴルフ) 6230万ドル
❾ カーク・カズンズ(アメフト) 6050万ドル
❿ カーソン・ウェンツ(アメフト) 5910万ドル

 ※2019年6月1日からの1年間の給料、賞金、スポンサー収入、広告契約料、出演料、ライセンス使用料などを推計。金額は税引前、エージェント手数料などを差し引く前のもの。

 トップはテニスのロジャー・フェデラーで1億630万ドル。現在のレート(1ドル=106円で計算)でいえば約122億6780万円だ。2~4位はサッカー界のヒーローが入り、5位にはNBAのスーパースターが入った。

 トップ100を種目別で見ると、バスケ(NBA)33人、アメフト(NFL)30人、サッカー17人、テニス6人、ゴルフ4人、ボクシング4人、テニス4人、自動車(F1)3人、野球(MLB)1人、総合格闘技(MMA)1人、クリケット1人。100位で2500万ドル(約26.5億円)だ。日本のスポーツ界を考えると桁違いの数字が並ぶ。

 日本人では女子テニスの大坂なおみが29位にランクイン。3740万ドル(約39.6億円)の収入を獲得している。この収入は女子アスリートとして歴代最高だ。他の日本人はテニスの錦織圭が40位に入り、3210万ドル(約34億円)だった。テニスの賞金だけでなく、様々な企業とのスポンサー契約で大金を稼いでいる。

 テニスの世界ランキングでトップに立ったことのある大坂や同4位につけたことのある錦織は“特別な存在”と考えなければいけない。男子の現役選手で錦織に次ぐ存在の杉田祐一は世界ランクの自己最高が36位(日本人歴代2位)。32歳時点の生涯獲得賞金は254万4460ドル(約2億6971万円)でしかないのだ。

 日本人として最も稼ぎがいいスポーツ種目は、やはり野球だろう。

最高6.5億円……プロ野球選手の1億円プレイヤーは現在80人以上

 長く、高給取りとして知られてきたプロ野球選手だが、NPBで“1億円プレイヤー”が誕生したのは1986年。ロッテから4対1の大型トレードで中日に移籍した落合博満で推定年俸は1億3000万円だった。

 それからプロ野球選手の年俸は高騰を続けている。日本プロ野球選手会が発表した「2020年シーズンの平均年俸」によると、今季年俸は平均4189万円。これは調査を始めた1980年以降での最高額になる。

 トップは菅野智之(巨人)で6億5000万円。5億円以上の日本人プレイヤーは柳田悠岐(ソフトバンク)、坂本勇人(巨人)、山田哲人(ヤクルト)、浅村栄斗(楽天)。1億円以上は外国人選手(25人)を含めて102人もいる。なお今季は新型コロナウイルスの影響で、例年より23試合少ない120試合となるが、選手の年俸は全額保証されるという。

 米国メジャーリーグでは、田中将大(ヤンキース)やダルビッシュ有(カブス)のように年間20億円以上で契約を結んでいる選手もいる。菊池雄星(マリナーズ)、秋山翔吾(レッズ)、筒香嘉智(レイズ)、山口俊(ブルージェイズ)、前田健太(ツインズ)も300万ドル以上の年俸だ(ただし今季はレギュラーシーズンが60試合となり、年俸は37%の支給となる)。

 メジャーリーガーを含めると、球団から支払われる年俸だけで1億円以上を稼ぐ日本人野球選手は80人以上もいることになる。では、野球のライバルといえるサッカーはどうか。

J1リーグのプロサッカー選手平均年俸3446万円と高額な理由

 サッカー選手のお金に注目した報道サイト「サカマネ.net」によると、2020年J1リーグのプロサッカー選手平均年俸は3446万円。プロ野球(NPB)に近い水準に見えるが、これはひとりのスーパースターが平均年収を大きく引き上げた結果だ。

 アンドレス・イニエスタ(ヴィッセル神戸)がダントツトップの32億5000万円という年俸なのだ。日本人プレイヤーでは酒井高徳(ヴィッセル神戸)の1億4000万円が最高(6位)で、家長昭博(川崎フロンターレ)、中村憲剛(川崎フロンターレ)、槙野智章(浦和レッズ)、遠藤保仁(ガンバ大阪→現ジュビロ磐田)、西川周作(浦和レッズ)、杉本健勇(浦和レッズ)、昌子源(ガンバ大阪)、小林悠(川崎フロンターレ)、清武弘嗣(セレッソ大阪)、柏木陽介(浦和レッズ)の合計11人が1億円以上の年俸となる。

 1億円以上の日本人プレイヤーはプロ野球(NPB)の7分の1しかいない。ただし、香川真司はマンチェスター・ユナイテッド在籍時(2014年)に約11億円の年俸だったという報道もあり、世界最高峰のリーグで活躍すると、NPBのスーパースター以上に稼ぐことができる。

 しかし、現状はそんなに甘くない。J2になると、平均年俸はぐんと下がり、400万円強ほど。J3になると、「平均値」すら算出できない。というのも、J3のクラブチームは、「プロ契約選手の保有人数を3人以上」という規定になっており、プロとアマチュア(無報酬)の選手が集まっているからだ。プロ契約でも年俸の下限はなく、アルバイト(副業)をしながらプレイしている選手は少なくない。

 また有力ルーキーには1億円近い高額な「契約金」が発生するプロ野球と違い、Jリーグの「支度金」(プロ野球の契約金に近い)は寂しい。その上限は独身者380万円、配偶者のみの妻帯者400万円、同居扶養家族有りの場合500万円だ。

ラグビー、バスケ、バレー……1億円の壁を突破できるスポーツは? 

 スポーツニュースで報道されることが増えてきたゴルフはどうか。

 2019年度の国内賞金ランキングを見ると、男子は今平周吾が約1億6804万円、石川遼が1億3281万円。女子は鈴木愛が1億6018万円、渋野日向子が約1億5261万円と男女とも2人ずつが大台を突破している。

 渋野は全英女子オープンの優勝賞金67万5000ドル(約7155万円)を加えると賞金総額だけで2億2416万円。さらに所属先となるサントリーをはじめ、クラブはPINGゴルフ、ウエアはBEAMS GOLF、シューズはナイキなど、様々な会社とスポンサー契約している。

 人気選手になれば賞金以上にスポンサー契約料のほうが金額的には大きくなる。ただし、ゴルフの場合は自らキャディを雇い、彼らの交通宿泊費なども負担しなければいけない。プロといえども、スポンサーがつかず、賞金を稼ぐこともできない場合、その懐状況はかなり厳しいものとなる。

 国内の人気スポーツでいえば、ラグビーのトップリーグとバレーのVリーグは似たような状況といえるだろう。大半が所属企業の社員選手の扱いだが、両リーグともプロ契約の場合は競技に専念できるだけでなく、年俸も高くなる。

 トップリーグでは2017年にキヤノンとプロ契約を結んだ田村優の年俸が約4000万円で最高額だったと報じられている。ラグビー日本代表は昨年のワールドカップで大躍進した。顔を売った選手の中には、メーカーとの契約、CM出演料などを含めて、年収で1億円近く稼いだ者もいると思われる。なお、Vリーグのプロ契約は800万~2000万円ほどが相場だといわれている。

社員選手はプロより報酬は少ないが引退後も会社に残れる

 社員選手の場合は、昼過ぎまで通常の業務をこなして、その後、練習というパターンが多い。当然、収入も会社員として支払われる。活躍に応じたボーナスがあるので、同年代の社員と比べて、年収は少し高くなることが多い。スポーツ選手の収入面としては恵まれているとはいえないが、引退後も社員として残れるのが最大の強みになる。しかも、サントリー、パナソニック、トヨタ自動車、NEC、富士通、日立などの大企業が大半だ。

 一方で、近年、ひときわ知名度と選手の待遇が向上してきたのが日本のバスケットボール界だ。2016年、Bリーグ(ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ)が設立。アマチュア選手とプロ選手が入り混じっているが、ほとんどの選手がプロ契約を結んでいる。

 B1クラブ所属の日本人選手の基本報酬は平均1610万円だ(最低年俸は300万円、新人選手のみ上限460万円)。そしてスポーツ界を驚かせたのが、昨年、千葉ジェッツに所属する富樫勇樹の年俸が1億円を突破したことだ。Bリーグによると日本人選手の大台突破は初めてで、富樫は出場給などがさらにプラスアルファされるという。

 また、同リーグの発表では、昨年11月にはBリーグ所属の日本代表エントリー選手の19~20年シーズンの平均年俸が4540万円に達した。これは、ケガでW杯メンバーから漏れた富樫は入っていない数字。なかなか夢のある収入ではないだろうか。チームが観客を集める工夫を凝らしており、それが選手の報酬にもつながっている形だ。

 もちろん、八村塁のようにNBAで活躍すると、ケタが違ってくる。彼の場合は年俸とスポンサー契約で年収は10億円以上になるだろう。

短距離も長距離も、陸上界にはプロ化の波が来ている

 では、東京五輪で活躍が期待される個人種目はどうか。

 マラソン競技では昨年、設楽悠太(ホンダ)と大迫傑(ナイキ)が日本記録を樹立して、実業団連盟などが設立したマラソン強化特別プロジェクトの褒賞金1億円を獲得している。たった1レースで1億円、ラクして稼げるというイメージを持つ人もいるだろうが、褒賞金は一時的なもので、レアケースといっていい。

 この褒賞金を除けば、陸上界で年間1億円以上を稼いだのは、オリンピックの女子マラソンでメダルを獲得して、国民的ヒロインになった有森裕子と高橋尚子ぐらいだろう。

 ただし、近年は日本陸上界にもプロ化の波が来ている。大迫傑、川内優輝(あいおいニッセイ同和損保)、桐生祥秀、ケンブリッジ飛鳥(ナイキ)など知名度のあるアスリートは所属会社だけでなく、その他の企業ともスポンサーやCM契約を結んでおり、数千万円を稼いでいると予想する。またマラソンの場合はレースの出場料や賞金も大きい。

 一方、陸上の実業団選手の場合は、ラグビーやバレーと一緒で、社員としての給料になるため、現役選手として活躍する20代、30代の年収はさほど高くはない。ただし、引退後も企業に残れるという安心感がある。

 陸上の場合、かつては、企業が社員として迎えるのは駅伝要員の長距離が大半だった。そのため、長距離以外の短距離や跳躍競技などの選手は大学卒業後、大学院に進んだり地域のアスリートクラブに所属したりして競技を続けるパターンが少なくなかった。

 近年は東京五輪という“追い風”があり、企業もアスリートに注目。陸上部のない企業と契約しているセミプロのような選手が増えている。しかし、その大半は300万~400万円ほどの少額の契約だ。そして、その多くは東京五輪の日本代表がつかめなかった時点で、打ち切られる可能性が少なくない。

東京五輪後は、日本のスポーツ界は金回りが冷え込む

 また注目度の高いアーティスティックスイミング(旧シンクロナイズドスイミング)や新体操などは海外合宿が多く、個々と契約してくれるような会社も少ない。日本代表クラスとなるほどの実力を備えていても家族の経済的支援がないとやっていくのは難しいようだ。オリンピックでメダルが期待される選手でも収入面で恵まれているわけではないのだ。

 しかもコロナ禍で経営が苦しくなっている企業が多い。東京五輪が終われば、日本のスポーツ界は“金回り”が冷え込むことが予想される。

 東京五輪はJOCと各競技団体がメダル獲得者への報奨金を用意している。

 JOCは金500万円、銀200万円、銅100万円。各競技団体では差があり、陸上は金2000万円、銀1000万円、銅800万円(リレー種目は個人種目の半額を個々に贈る)。卓球はシングルス金1000万、銀500万円、銅300万円。テニスは金800万円、銀400万円、銅200万円(ダブルスは2選手で等分)。空手は金1000万円、銀500万円、銅300万。

 大量のメダルが期待される水泳や柔道は報奨金が用意されていない。

 なお、2016年のリオ五輪で日本は41個のメダル(金12、銀8、銅21)を獲得している。皆さんは、4年前の歓喜をどれだけ覚えているだろうか。夢のメダリストになれたとしても、いつまでも注目を浴びていられるわけではないのだ。

 一方でメダルに届かなくても、美貌やキャラクターを生かして、スポーツタレントやキャスターとして活躍している元選手もいる。シンクロの青木愛は北京五輪でチーム5位、新体操の畠山愛理はロンドン五輪で団体7位、リオ五輪で団体8位だった。

 ほんの一部の選手と元選手を除けば、オリンピアンたちは世間が思っているほど、華やかな生活を送っているわけではない。総じて言えば、セカンドキャリアを含めて、日本のスポーツ選手は金銭的に恵まれているとはいえない。それだけに今回の瀬戸の失態を残念に思う人は少なくないに違いない(文中敬称略)。

関連エントリ 2020/10/01 ⇒ 【日経平均】“システム障害”発生✍全銘柄「終日取引停止」
関連エントリ 2018/08/11 ⇒ 【パンパシ水泳】<2日目>日本勢快調✍瀬戸・金&入江・銀!!
関連エントリ 2018/08/10 ⇒ 【パンパシ水泳】<初日>2年後に向け好発進✍日本勢メダル9個。
関連エントリ 2016/08/09 ⇒ 【リオ五輪】予選4位から逆転✍「体操男子」悲願の団体“金”
関連エントリ 2016/08/07 ⇒ 【リオ五輪】“金1号”萩野公介✍「男子400米個人メドレー」制す

 

2020年10月15日 (木)

【11月米大統領選】12日「期日前投票」受付開始✍投票所に長蛇の列

 共和党カリフォルニア州支部、大統領選の投票箱撤去しない”方針 

ロイター 2020年10月15日(木)14時37分配信

 米共和党カリフォルニア州支部の幹部は14日、党が設置した大統領選挙の事前投票用紙回収箱は合法だと主張し、撤去しない方針を示した。

 同州のパディーラ州務長官とバセラ司法長官(どちらも民主党)は今週、共和党が少なくとも3郡に「非公式で未承認」の事前投票用紙回収箱を設置したのは選挙法に違反するとして、撤去を命じる通知書を送付。15日までに従わない場合は法的措置を取るとしていた。

 共和党関係者は、ロサンゼルス郡、フレズノ郡、オレンジ郡など複数の地域でここ2週間に党が用意した回収箱を設置したことを認め、設置場所は教会や陣営事務所の中のほか、銃販売店や射撃場などだとしている。設置した数は明らかにしていない。

 党関係者によると、有権者は各場所に配置された係員に投票用紙を預けることができ、回収した投票用紙は、州法の規定通り72時間以内に郡の選挙当局に引き渡しているという。

 共和党幹部はこれについて、民主党が多数派を占める州議会で可決された法改正の下で合法だと主張。カリフォルニア州ではこの法改正により、近親者や同一世帯以外の第三者が代理で投票用紙の受け取りと提出を行うことが認められた。

 共和党は「投票収集(ballot harvesting)」だとして法改正に反対していた。また、民主党候補や労働組合支持者が投票収集に動いているにもかかわらず、州当局は問題視していないと批判している。

 共和党カリフォルニア州支部の弁護士は14日、パディーラ州務長官への返答書で、党による回収箱の設置を違法とするのは誤っているとし、「州が昨年認めたばかりの行為の良い例だ」と主張した。

 トランプ大統領は13日夜、この問題を巡るロサンゼルス・タイムズ紙の記事をリツイートし、「民主党だけが(投票収集を)認められているというのか?裁判所で会おう。共和党員よ、懸命に戦え!」と投稿した。

 トランプ氏“大逆転”の秘策=バイデン氏への中国の資金工作暴露 

夕刊フジ 2020年10月15日(木)16時56分配信

 米大統領選(11月3日投開票)の世論調査で、現職のドナルド・トランプ大統領(74)は、民主党候補のジョー・バイデン前副大統領(77)に10ポイント前後の大差を付けられている。ただ、不動産事業の失敗からも、不死鳥のごとく甦ったトランプ氏は、奇跡の大逆転を狙っている。

 こうしたなか、マイク・ポンペオ国務長官が13日、米国の外交政策に関わるシンクタンクなどに対し、中国共産党政権をはじめ、外国政府による資金提供をウェブサイトで開示するよう求める声明を発表した。これは、反撃開始の狼煙ではないのか。

 「外交政策を遂行するうえでのシンクタンクの役割は、外国資金に関する透明性をこれまで以上に重要にしている」

 ポンペオ氏は、こう強調した。

 注目の声明で、研究機関に対する「中国やロシアなど一部の外国政府」による影響力拡大の試みに注意を呼び掛け、外国の国営企業などからの資金提供も対象にしている。

 「シンクタンク大国」とも呼ばれる米国では、民間の研究機関の提言が政府の政策決定に絶大な影響力を持つ場合も多い。ただ、過去には背後に外国勢力の影が見え隠れしたため、問題視されたこともある。

 米議会の米中経済安保調査委員会は2018年8月、中国共産党の外国でのプロパガンダ工作を担う中央統一戦線工作部(統戦部)が、ワシントンにある外交政策研究で著名な研究機関に対し、資金を提供していたとする報告書を発表した。

 著名な研究機関は、初代香港行政長官が運営する非営利団体から寄付研究講座などの資金提供を受けていたという。初代長官は、統戦部に近い諮問機関、中国人民政治協商会議の副主席を務めていた。

 この非営利団体は、中国人民解放軍の対外工作部門と協力し、ワシントンの中国大使館が使う広告代理店を利用して、ロビー活動も展開していたという。

 米国政治に詳しい福井県立大学の島田洋一教授は「左派系に限らず、保守系大手のシンクタンクにも中国共産党の資金がフロント団体を介して寄付され、幹部の責任問題になった例も聞く。寄付講座を立ち上げて、『親中派』の人間に担当させる手法もある。米国ではシンクタンクや研究機関のメンバーが政権中枢に入る場合も多い。中国側の思惑を察して資金提供を断ったケースもあるようだ」と語る。

 中国共産党政権は、新型コロナウイルスの世界的大流行(パンデミック)を引き起こしながら、世界各国から知的財産を収奪して、軍事的覇権拡大を進めている。「自由・民主」「人権」「法の支配」を重視する米国は、中国の動きを警戒している。

 ポンペオ氏は、国務長官就任前は、中国と最前線で対峙する、米中央情報局(CIA)の長官を務めていた。「対中強硬派」としても知られる。

 東京で6日に開催された日米豪印外相会談で、ポンペオ氏は「(新型コロナの感染拡大は)中国共産党が隠蔽したことで事態が悪化した」「連携して中国共産党の腐敗、威圧から守らないといけない」と語った。

 これに先立つNHKのインタビューでは、「これは米国vs中国という問題ではない。『自由』と『専制政治』のどちらを選ぶかの問題だ」「次の世紀が、ルールにのっとった国際的秩序による支配になるか、中国のような威圧的な全体主義国家による支配になるのか、という話だ」と指摘した。

 米国のシンクタンクに情報開示を求めた今回の声明は、対中融和路線を取り続けた民主党オバマ政権の問題点を示し、「親中派」とされるバイデン氏を攻撃する狙いもあるのではないのか。

 国際政治学者の藤井厳喜氏は「トランプ政権による『中国による米国浸透工作』を示すキャンペーンの1つだ。米国はオバマ政権時代から、中国に食い込まれてきた。インパクトの強いシンクタンクの問題を最後に持ってきたのだろう。バイデン氏は『息子の中国疑惑』も取り沙汰された。中国との関係はヘビーだ。ポンペオ氏の声明は、こうした動きと表裏一体ではないか」と語った。

 前出の島田氏も「一般の有権者にどれほど訴えるかは分からないが、大統領選では1つのパンチになると考えられる」と語った。

在米ジャーナリストの私が、それでも「やっぱりトランプが勝つと思うつの理由

現代ビジネス 2020年10月9日(金)6時02分配信/安部 かすみ(NY在住ジャーナリスト)

衝撃が走ったトランプのコロナ感染

 これまでウイルスを軽視していたトランプ大統領が、新型コロナウイルスに感染した。しかも、大統領選挙の投票日1ヵ月前という一番大切な時期に。

 すでに退院したとはいえ、入院や自己隔離による治療プロセスは選挙活動を制限するため、大統領選の結果にも影響が及ぶだろうという懸念が聞こえている。またホワイトハウスでのクラスターにより、ずさんなウイルス対策や危機管理能力が問われることになった。

 新型コロナによる死者が21万人を超え、トランプ大統領の信頼度が低下していることは世論調査で幾度となく伝えられてきた。

 トランプ氏の陽性反応が発表された直後の10月4日のロイター/イプソスによる最新の世論調査でも、51%がジョー・バイデン氏を支持、41%がトランプ氏を支持と、バイデン氏が10ポイントもリード。これまでで最も大きな差を広げている。

 選挙活動のラストスパートで自身も側近も感染してしまうという、いわば「大失態」により、ますますトランプ氏の再選は絶望的ではと思うかもしれないが、ことはそう単純ではなさそうだ。

 すでにたくさんのアメリカ政治の専門家による予測は出ているので、ここでは周りの声やメディアへの反響を聞きながら、現地に住んでいて感じる「やはりトランプが再選するのではないか」と思われる空気とそのファクトを上げてみたい。

理由1 歴史的に見て、現職大統領が2期目も勝つ

 まずこれまでの歴史を振り返ってみると、現職の大統領が2期目も勝つのが通例となっている。

 第2次世界大戦以降に大統領選に臨んだ現職10人のうち、敗れたのは、カーター氏とジョージ・H・W・ブッシュ氏だけだ(ニクソン氏の辞任に伴って副大統領から昇格したフォード氏も入れると3人)。

 つまりは「よっぽどの失態」がない限り、現職大統領が再選されている。現職の大統領が有利なのは、党内の指名を勝ち取らなければならない対立候補に比べて、大統領選に向けたスタートダッシュが速くできるというのが大きい。

 また現職の大統領を敗北させるのはやや困難だ。その理由として「対立候補に比べ現職大統領は知名度も実績もある。それらは、資金集めや支持者集めに断然有利に働く」とは、ニューヨークの大手メディアで働き、2016年の大統領選を取材したこともある友人談。

 自身最大のメディアと呼ばれているツイッターのフォロワー数を比べてみても、トランプ大統領は8700万人、バイデン氏は1060万人と大きな開きがある。ちなみにトランプ氏が陽性結果を発表したツイートには、同氏のツイッターでは過去最高の180万人が「いいね」した。

 ちなみに、上記の当時現職大統領3人が再選できなかった理由として、内政がうまく機能しなかったり、景気悪化などが背景にあったからと言われている。

 直近のトランプ政権下での混迷や高い失業率は、トランプ氏の失態もそうだが、もとはコロナ禍のパンデミックによるもので(トランプ氏はずっと中国のせいであると強調している)、有権者がそれをどのように捉えるかが鍵となってくるだろう。

理由2 選挙活動費がそもそも段違い

 大統領選の選挙活動とは、有権者に「なぜ自分に投票すべきか」を伝える事業のようなもので、国民一人ひとりを説得するには莫大な費用がかかる。

 具体的にどのくらい大金が費やされてきたかというと、トランプ氏が2020年の選挙運動のために使った金額は、連邦選挙管理委員会の発表によると、2億4000万ドル(約250億円)。共和党と2つの関連委員会の活動費も含めると、2017年以降、過去最高額の9億8300万ドル以上(約1040億円)だと言われている。

 一方バイデン陣営が費やしたのは、1億6500万ドル(約170億円)で、トランプ氏と大きな開きがある。

 資金の多くは選挙集会の開催費や人件費、移動費、広告費などに使われる。中でも幅広く「顔を売る」ための広告費は無視できない。特に近年はテレビに加え、オンラインでも選挙広告が目立つようになってきた。

 筆者が今年9月に参加した、大統領選における政治広告のブリーフィングでは、ワシントン州立大学トラビス・リドアウト教授が、今年のキャンペーンの特徴として「デジタル(ソーシャル)メディアの重要性がより高まっている」と指摘した。

 アメリカの若年層でもテレビ離れが進んでおり、両陣営あわせてテレビ広告に費やされた10億ドル(約1000億円)に対し、フェイスブックとグーグルだけでも5億ドル(約500億円)とデジタルメディアを重視する姿勢がうかがえる。

 とくに6月には大量の広告が打たれたようで、トランプ陣営は4100万ドル(約43億円)以上、バイデン陣営は2700万ドル(約28億円)以上を費やしたと報道されている。

 デジタルメディアへの出稿で、投票率の低い若者の取り込みができるかが選挙選の結果を分けるもう1つの鍵となる。

理由3 足で稼ぐトランプ

 営業職ではよく「足で稼ぐ」と言われているが、これはいかにクライアントのもとに足を運んで対面で会うことが大切かを説明したものだ。心理的にも、人は直接会うことで相手のことを信用しやすくなったり、相手の言葉に心が多少なりとも揺さぶられたりするものだ。

 大統領選の選挙活動を見ていると、誰の目にも圧倒的にトランプ氏の「足で稼ぐ営業」が活発であり、バイデン氏のそれが足りていないことに気づく。

 コロナが猛威をふるっている最中でも、関係なく選挙集会を屋外で開き、8月の党大会でも大勢の有権者の前でスピーチをし、対面で「なぜ自分に投票すべきか」を直接説いてきたトランプ 氏(もちろんその行動に対する批判もある)。

 それに比べ、バイデン氏は感染防止を理由に公の場への登場をできるだけ制限している。感染拡大中は選挙集会を開かず、民主党全国大会も全4日間、史上初のバーチャル形式で通した。

 インタビューも、自宅の地下にある仮設スタジオからオンラインで受けるなどし、トランプ陣営からは「ハイディング・バイデン」(隠れているバイデン)と揶揄されてきた。

 その結果、トランプ氏は新型コロナに感染し、バイデン氏は感染していないのだが…。

 ともあれ、有権者にとっては、眼前でアピールをしてくれた候補者に気持ちが傾くのが自然な流れではないだろうか。

理由4 バイデン氏は決定打に欠ける?

 実は筆者の周りのトランプ反対派からも、良く聞こえてくるのは「バイデン氏はいい人そうだけど、大統領として決定打に欠ける」ということだ。

 バイデン氏の人柄に対するイメージは確かに良い。これまでいくつかセクハラ疑惑が浮上しているが、一般的には彼は苦労人であり、人の心の痛みがわかる思いやりのある人物、家族を大切にする理想の夫・父として見られている。

 しかし、話がアメリカという一国の大統領となると、どうだろうか。

 反トランプ派を声高に主張する筆者の友人の1人はある日、このように言った。「でもバイデンって頭が良くないんだよなぁ」。過去に、トランプ氏の顧問弁護士を務めるルディ・ジュリアーニ氏も、メディアで「長年バイデン氏を知っているが、彼は大統領になれるほど頭が良くない」と発言したことがあった。

 また、バイデン支持者からでさえも、バイデン氏について「エキサイティングな印象がない」や「大統領としてのカリスマ性に欠ける」という消極的な声が聞こえる。

 カマラ・ハリス副大統領候補が黒人票を獲得するのではと期待されているが、実際のところ黒人有権者からは「黒人として足りない」要素を指摘されている。

 ハリス氏の両親はジャマイカ人とインド人であり、「400年以上にわたって差別されてきたアフリカ系アメリカ人」とは違うルーツを持つから、「黒人だから投票しよう」というモチベーションには繋がらないということらしい。またハリス氏はラテン系の票とも特に強い繋がりはない。

 かと言ってトランプに人気があるかというと、筆者の住むニューヨークに限って言えば、相変わらず不人気だ。結局のところ、4年前と同様に「どちらの候補も不十分」「決定打に欠ける」と考えている有権者が周りに多い。

 だから投票する気になれなかったり、投票するにしても「こちらの候補は絶対になし」で消去法になるのかもしれない(4年前の選挙後、筆者はニューヨークの街頭で有権者を取材をしたことがあるが、「ヒラリーには投票していない...」と答えた人が意外と多くて驚いた記憶がある)。

理由5 陽性反応のニュースはむしろ選挙戦有利に

 トランプ氏のコロナ感染は有権者に大きなショックを与えたのは事実だが、だからと言って熱狂的なトランプ派の心変わりがあるとも思えない。

 トランプ氏の主なサポーターは白人のキリスト教福音派とされているが、彼らは聖書をもとに日本人が容易に想像できないほどの繋がりで一致団結しており、トランプ氏を崇拝している。つまりトランプ氏陽性のニュースで、支持派の結束力がより強くなった感が否めない。

 また、当地では陽性発覚時から「軽症で回復が早ければ早いほど支持者からはこれまで以上に崇拝されること必至」という空気が流れた。そして、陽性発表より3日後の5日には、入院先の医療センターを早々に退院し、マスクをとって公の場に現れ、「復活した姿」を見せつけた。

 感染ニュースが「最後の切り札」として使われた可能性はある。実際に感染後、アメリカはもちろん世界各国のトップニュースは「トランプ一色」になった。トランプ氏は5日、ツイッターで15回以上も「VOTE!」(投票せよ)と叫び、コロナに打ち勝った「アメリカの強い大統領」を印象づけたのだった。

 新型コロナ対策の失敗と自身の感染でトランプ離れも叫ばれているが、全体数から見たらそれらはほんの一部の人ではないかと思う。

 以上が、日々の生活を通して聞こえてくるアメリカ現地の声だ。

 ちなみに、ニューヨークタイムズ紙に「大統領選のノストラダムス」と呼ばれている歴史学者のアラン・リットマン氏は、1984年のレーガン大統領再選以来ずっと、独自の13指標に基づく予想を「すべて」言い当ててきた。

 2016年のトランプ氏の勝利も言い当てた数少ない専門家であり、「大統領になった後も弾劾されるだろう」ということも予測した。

 そんなアラン氏の最新予測は、13指標のうち7つがバイデン、6つはトランプ 、つまり「バイデン勝利」だ。これは本稿で伝えてきた、現地で感じる人々のなんとなくの空気感の真逆だが、これこそが大統領選の醍醐味と言えよう。

 これは毎回のことだが、いかなる専門家の予想もどんな世論調査の結果も、選挙戦とは投票結果が出るまでどう転ぶかまったくわからない。

 だからこそ現地で言われているのは、デモクラシー下でやれることを最大限やる=「投票権を有する者は“全員”投票することがとにかく大切」ということなのだ。

 アメリカ国民の多くが、いま「トランプ信者なっている 

Newsweek日本版 2020年10月15日(木)18時52分配信/グレン・カール(元CIA工作員)

自己イメージを揺るがす現実は一切受け入れず、都合の悪い真実は拒絶するか誰かのせいにするトランプ。その精神は既に国民のかなりの割合に伝播している

 ドナルド・トランプの新型コロナウイルス感染が判明して1週間余り。この騒動に注目が集まるなかで、見落とされている問題がある。その問題とは、米国民のかなりの割合がいわばトランプ信者になっていることだ。それが原因で大統領選の円滑な実施が危うくなり、ことによるとアメリカが内戦状態に陥りかねない。

 現職大統領の新型コロナ感染というニュースはたちまち、いかにも独裁者風の安っぽいお芝居の材料になってしまった。トランプはウォルター・リード国立軍医療センターに入院して程なく、医師の助言を聞き入れず、警護員を感染の危険にさらしてまで、病院の近くをドライブした。病院の前に集まった熱烈な支持者に謝意を示すために、ローマ法王のようにゆっくりと車を走らせるよう命じたのだ。

 トランプは、入院してわずか3日で強引に退院。病院からホワイトハウスへの帰還を皇帝さながらに演出した。夕方のテレビニュースの時間に合わせて、大統領専用ヘリコプターでホワイトハウスに降り立つと、いかにも英雄然と階段を上っていった(ただし、明らかに呼吸が苦しそうに見えた)。そして「臣下」たちを見下ろし、傲然とマスクをはぎ取って、ヘリコプターに向かって2分間敬礼してみせた。それから2時間もたたずに、この様子をまとめた動画がトランプ陣営から公開された。

 いまアメリカでは、国を揺るがしかねない2つの心理ドラマが進行している。1つは、トランプ個人の心理のドラマ。もう1つは、米国民が社会レベルで抱いている妄想のドラマだ。

 トランプの精神は極めて単純だ。トランプは、物事を全て勝ち負けを基準に考える。常に勝者の「ボス猿」でありたい。その自己イメージを揺るがすような現実は、一切受け入れない。都合の悪い真実はことごとく拒絶するか、誰かのせいにするのだ。

 しかし、病んでいるのはトランプだけではない。リーダーの言動は、集団の意識を形づくる力を持つ。理性や事実によって、そうした集団内の論理を覆すことは不可能だ。私はCIA時代に、そのような恐ろしい現象を経験したことがある。大統領が拷問を命じると、高潔なはずのCIA職員たちが(表面上の言動だけでなく)信念まで変えてしまったのだ。

 トランプと反知性主義と人種差別主義に関して、多くのアメリカ人の間で(とりわけ共和党支持者の間で)起きているのは、まさしくそのような現象だ。アメリカ社会の多様性が高まるのに伴い、白人男性たちは心もとない気持ちになり、強い不安を感じるようになった。その結果、そうした不安をなだめてくれるような幻想のとりこになりやすくなっている。

妄想と危うい集団思考に

 この層のアメリカ人は、退院したトランプがホワイトハウスで演じた英雄的指導者像をそのまま受け入れ、自分たちの「主君」であるトランプにとって不都合な事実は全て嘘だと決め付ける。

 そればかりか、トランプがテレビ討論会で白人至上主義団体に対して「下がって待機せよ」と述べたことも容認する。その後、武装した白人至上主義団体がミシガン州知事の拉致を画策していたことが明るみに出て、トランプがこの事件に関連して知事を批判するに至っても、そうした考えを変えようとしない。

 トランプは、自らの新型コロナ感染を政治宣伝の道具にし、エゴを満足させようとしている。そして、多くのアメリカ国民は、社会を覆う不安とリーダーの病理に触発されて、妄想と危うい集団思考に陥っている。その結果として脅かされているのは、アメリカ社会の平穏と民主主義だ。

関連エントリ 2020/10/06 ⇒ 【第45代大統領】<スピード退院>陽性のまま“不死身”アピール
関連エントリ 2020/10/04 ⇒ 【第45代大統領】入院後✍容体悪化「大きな懸念」予断を許さず
関連エントリ 2020/10/03 ⇒ 【うつ病】“原因”となる物質を作る<ウイルスの遺伝子>発見
関連エントリ 2020/10/02 ⇒ 【第45代大統領】トランプ大統領✍コロナ陽性「11月米大統領選」暗雲
関連エントリ 2020/10/01 ⇒ 【日経平均】“システム障害”発生✍全銘柄「終日取引停止」
関連エントリ 2020/09/29 ⇒ 【11月米大統領選】<新疑惑>トランプ大統領「10年間✍所得税未納問題」浮上

 

2020年10月14日 (水)

【異臭騒ぎ】東京湾岸から三浦半島にかけ「ガスのような臭気」

 ガス漏れ?」「スカンク?」謎の異臭飛び交う憶測 SNS拡散 

神奈川新聞 2020年10月13日(火)21時44分配信

 神奈川県の三浦半島で6月以降、連続して発生し、最近は横浜でも相次ぐ異臭騒ぎ。県などは関係機関での情報共有や調査態勢を整えているが、原因不明のままだ。加藤勝信官房長官が会見でたびたび言及し、環境省も調査に乗り出すまで波紋は広がり、原因はさまざまな臆測が飛び交う。ただ、SNS(会員制交流サイト)の普及とそれを受けた報道の過熱などが、騒ぎを大きくしている側面を指摘する声もある。

不安の声

 「ガス漏れや化学工場との関連は」「スカンクではないのか」「ペットの火葬では」…。毎月起こる「騒ぎ」を受け、神奈川新聞社には事態を不安視する声が多数寄せられている。住民の間でも話題に上り、異臭が発生するたびにガス漏れを疑って確認している施設もあるという。

 騒ぎの始まりは6月4日夜、三浦半島の東京湾側の広い範囲で500件以上通報が相次いだ。「ゴムが焼けたようなにおい」「化学薬品」「シンナー」など内容はさまざま。その後は7月17日、8月21日、9月19日、今月1日と続いた。

 県や横須賀市などの関係機関は連携し、異臭を含む空気を採取できるよう同市消防局が、空気入れ付きのビニール袋や硫化水素の検知機器を備えている。市は「異臭を感じたら迷わず119番を」と呼び掛け、小泉進次郎環境相も「住民にとって間違いなく関心事、不安だと思う」と独自調査の着手を決めた。

横浜でも

 異臭は三浦半島にとどまらず、横浜市内でも今月1、3日に続いて12日にはJR横浜駅などでも騒ぎが起こった。

 原因について謎が深まる中、災害予測を研究する立命館大・高橋学特任教授は「関東大震災の発生前に城ケ島や浦賀で異臭があったと記録が残っている」と指摘する。今年5月下旬に千葉県などで7回地震があったことや、過去に岩石の破壊実験で焦げた臭いが出たことも踏まえ、警戒感を示す。

 また、東京湾を航行する原油などを運ぶタンカーが、タンク内の検査で人が立ち入るため、ガス抜き作業を行っているからではないかとの推測もある。

 ただ、海洋問題を研究する東海大の山田吉彦教授は「東京湾で大型船のガス抜きを行うことは現状では考えづらい」と否定的だ。かつては東京湾でも行われたものの、公害が社会問題化して以降はみられないという。横須賀海上保安部も一連の騒ぎでいずれも該当する船舶がないことを確認している。

 さらに、海の富栄養化によって異常発生したプランクトンの死骸が分解される過程で硫化水素を発する「青潮」が原因ではないかという説も出ている。

以前から

 一方で「異臭は今に始まったことではない。これまでも異臭の通報は毎月のようにあった。なぜ、これほど騒ぐのか」と首をかしげる消防関係者もいる。

 通報が500件に上った6月の騒ぎで人々が臭いに敏感になり、SNSの普及やメディアの報道なども相まって、その後の毎月の騒ぎを引き起こした―という見立てだ。今月12日の横浜での騒ぎでは「これが噂の異臭なのかな」というつぶやきもあった。

 メディアは近年、ツイッターなどのつぶやきなどから、事件事故の発生をいち早く情報収集して取材に着手する手法を強化している。消防関係者は「報道機関がそのような方法を導入した影響があるのでは」と推察。過去には広く知られることのなかった小規模な異臭が、問題化していることに違和感を覚えるという。

 ソーシャルメディア評論家の落合正和さんは「SNSは災害に関してはデマが拡散されやすい。(人々は)恐怖心を持っているので、小さなことでも拡散されてしまう」と指摘し、異臭騒ぎについても少なからずこの傾向が当てはまるとの見方を示す。

 メディアがSNS上の情報をきっかけに取材することが多い現状を受け、「デマに惑わされないでということも呼び掛けてほしい」と注文した。

横浜駅周辺の“ガス臭”を市が調査発生源不明、化学物質を高濃度検出

読売新聞オンライン 2020年10月13日(火)22時53分配信

 横浜駅周辺などで12日夕、「ガス臭い」と異臭を訴える通報が消防などに相次ぎ、横浜市は13日、市内で採取した空気を分析した結果、複数の化学物質が通常の2~13倍の濃度で含まれていたと発表した。異臭の発生源は不明だが、ただちに健康に影響を及ぼすことはないという。

 12日夕に採取した4リットル分の空気を市環境科学研究所で分析した。過去に測定した大気成分と比較したところ、ガソリンの蒸発ガスなどに含まれる「ペンタン」が13倍、化学製品が燃えた際に出る「エチレン」が2・5倍など、高濃度で検出された。

 神奈川県東部沿岸地域では6月以降、異臭騒ぎが続いており、小泉環境相は13日の閣議後記者会見で、原因調査に大気汚染物質を常時監視するシステムを活用する方針を発表した。

 異臭」は三浦半島を北上!ついに菅総理自宅到達 

FLASH 2020年10月12日(月)19時00分配信

「突然、窓の外から強烈な化学物質の臭いがしたんです。しかも、それが何度も起きています。この異常事態に対する、県やマスコミの扱いが小さすぎます。記者さん、どうか原因を解明してください」

 そう本誌記者に訴えかけるのは、神奈川県横須賀市に住む60代の男性だ。

 2020年の5月下旬以降、神奈川県の三浦半島で「ゴムが焼けたような臭いがする」「シンナー臭い」という住民の通報が、何度も寄せられている。10月4日付の『神奈川新聞』は6月以降、5回の “異臭騒ぎ” があったと報じているが、原因はいまだに特定されていない。

 いったい、当地で何が起きているのか。本誌は現地での聞き取りを中心に、徹底調査をおこなった。三浦半島の南端、三浦市で取材を始めると、ここでは6月4日に “異臭” が発生していたことがわかった。

「すごい臭いなので、換気をするために家の窓を全部開けました。吸い込んで、毒だったら大変ですからね」(三浦市南下浦町・70代男性)
「誰かが外でシンナーをまいているのかと思いましたよ。外に出てみると、パトカーや消防車も来て、騒然としていました。以前、クジラの死骸が浜に上がったことがありましたが、その臭いとも違っていましたね」(三浦市南下浦町・40代女性)

 さらに、東京湾沿いを北上し、三浦半島の中部に位置する横須賀市で取材を重ねると、同様の騒動は8月と9月にも相次いで発生していることが判明した。

「汚水のような、腐った卵のような臭いがしました。ガス漏れじゃないかと疑い、機器を確認したほど。同じ異臭は、この夏に何度もありましたよ」(横須賀市浦賀・60代男性)

「私は、6月・8月・10月に異臭に気がつきました。どれも『ゴムが焦げるような臭い』という点は共通しています。5分ほどで消えるのも、同じでした。通報されていないものも含めれば、異臭がする回数は報道よりずっと多いですよ」(横須賀市追浜・50代男性)

 5~20分程度で臭いが消えたというケースが大半だったものの、「部屋を換気しないと2時間以上臭いがとれない」「気分が悪くなり、吐きそうになった」など、その被害は深刻なものだった。

 10月には、横浜市の中心部でも異臭騒ぎが起きている。

「いままで嗅いだことのない刺激臭でした。『6月に三浦市で始まった騒ぎが、ついに横浜まで来たのか』と、このあたりの住民は、みんな戦々恐々です」(横浜市中区・30代男性)

 この「謎の悪臭」は、たしかに北上している。6月に住民が異臭を訴えたのは、三浦半島の南端付近でのみ。その後、横須賀市を経て、横浜市に到達したのだ。横浜市といえば、菅義偉総理(71)の自宅がある街だ。横浜駅すぐ近くにある、総理の自宅タワーマンションの隣の商業施設に勤める男性に、話を聞いた。

「この場所にいて、臭いを感じたことはありません。ただ、異臭に関する通報が殺到した中区は、すぐそこです」

 事実、本誌の取材で異臭が確認された場所のなかで、最北端にあたる「横浜市立みなと赤十字病院(横浜市中区)」は、菅総理の自宅からわずか5kmしか離れていない。赤十字病院の設備管理を担当する会社に勤務する、50代の男性社員はこう語る。

「ゴムを焼いたような臭いが空調を通じ、病院内に充満してしまいました。原因は、不明のままです」

 そして10月12日、横浜駅で「ガスのような臭いがする」という通報が殺到。ついに菅総理の自宅が悪臭に包まれたのだ。

 異臭の原因について、住民の間ではいくつもの臆測が飛び交っている。「下水道のトラブル?」「米軍がジェット燃料を不法投棄したのでは?」といったものから、「大地震の前兆かもしれないから、防災グッズを買った」という人まで、さまざまだ。

“地震の前兆” 説を唱えているのは、災害史を専門とする立命館大学環太平洋文明研究センター特任教授の高橋学氏(66)だ。

「三浦半島は、千葉の房総半島同様、活断層がむき出しになっている地域です。そこで岩石に圧力がかかると、火山灰の地層がないぶん、岩石が割れる前の臭いが、地上まで出やすい。それが、“焦げくさい臭い” なのです。『関東大震災が起きる直前にも、三浦半島でへんな臭いがした』という記録が残っています。

 しかも今回、異臭騒ぎの間隔が次第に短くなってきている。いずれ首都圏で海溝型大地震が発生すると考え、警戒すべきです」

 一方、この見解について、「三浦半島の異臭は大地震の発生とは、おそらく関係ない」と否定的な立場を取るのは、東京大学地震研究所だ。

「地震は地下数km~数十kmの深部で発生しますが、その深さで発生したガスが、岩石の隙間を伝わって地表まで到達するためには、膨大な量のガスの発生が必要です。その際には、群発地震や地殻変動のような異常が広範囲に観測され、また異臭もより広範囲に広がるはずです」

 しかし、そうした事象は報告されていない。したがって現段階では、「異臭を発生させる、直接的な原因を調べるのが先決」と釘を刺す。

 では、ほかに考えられる原因はないのか。神奈川県環境科学センターに取材すると、現段階では異臭の原因は「まったく不明」と断わりながらも、考え得る可能性のひとつを挙げてくれた。

「船舶がおこなう『ガスフリー』という作業があります。船に積んでいる石油などのタンクから、溜まったガスを抜くことです。東京湾を航行する船舶は日に300隻ほどもあり、その作業が異臭につながる可能性もあります」

 こうしたさまざまな見解に基づき、実際に原因究明の試みも進められている。それを担っているのは、今回の異臭騒ぎに関して神奈川県の窓口になっている、「環境農政局環境部大気水質課」だ。

「報告があった異臭には、ゴムの臭い・ガスの臭い・ニンニク臭・硫黄の臭いと4種類あり、発生源はひとつだけではないと考えています。原因特定には、臭いの元となる物質を採取する必要がありますが、まだできていません。

 現在は消防署に依頼し、異臭が発生した際、24時間対応で採取に急行してもらえるよう態勢を整えています」

 本誌が今回、住民の証言から明らかにした「 “異臭” の北上」が、原因究明の一助となれば幸いだ。

 “異臭騒ぎ”は「スーパー南海地震前兆か?過去の地震でも“前例” 

AERAdot. 2020年10月14日(水)8時00分配信

 神奈川県内で原因不明の異臭騒ぎが続いている。今年6月頃から始まり、小泉進次郎環境相の地元・横須賀市や、ついには菅義偉首相のおひざ元の横浜市でも発生した。首相の自宅タワーマンションから約1キロ離れた場所からも“異臭通報”があったのだ。10月12日には、首相の自宅タワーマンションのほど近い場所からも"異臭通報"があった。

 横浜市消防局によると、同日に市内の中区、神奈川区、西区などから16件の通報が相次いだ。JR横浜駅付近からの通報もあり、駅構内では一部改札口で20分ほどの入場規制がなされる事態となった。こうした異臭騒ぎの中で、消防局員が臭気サンプルを1件採取できたといい、解析を進めている。

 横浜市環境創造局大気・音環境課によると、異臭通報が10月1日に10件、3日に25件、5日に3件、6日に1件あったという。

「ゴムの焼けたような臭いというのが一番多いですね。シンナーみたいな臭い、ガスのような臭いという通報もあります」

 横浜市の本牧でも同1日と3日、異臭騒ぎがあった。地元で50年以上商売をしている「長田商店」の長田幸一さん(73)が話す。「ちょっと焦げ臭かったので家の周りを点検しましたが、何事もありませんでした」

 異臭のしたエリアは本牧通り沿いで、元は米軍の兵士たちの宿舎があった。輸出入衣料雑貨「本牧OZ」の店主の野田栄さん(66)は言う。

「午後5~6時頃に両日とも臭いがしました。化学薬品を混ぜたような嫌な臭いでしたね。これまでかいだことのない臭いで、気持ちが悪くなって、早めに店のシャッターを下ろしました。この辺は海から歩いて10分くらいなので、海から東風に乗って臭いがやってきたのかもしれない」

 青潮の影響だとする説や、海上にいるタンカーのガス説……など情報が飛び交う。釣り舟の船長は海の様子をこう語る。

「今年は赤潮を3回ほど見ましたが、10月には赤潮も青潮も見かけなくなりました。どちらの臭いも、ガス臭いとかコゲ臭くはないですよ」

 そんな中、立命館大学環太平洋文明研究センターの高橋学特任教授は、異臭騒ぎは巨大地震の予兆だ、と警鐘を鳴らす。

「活断層が割れたり、プレートがこすれて剥がれたりすると異臭がする。三浦半島と房総半島南部は活断層が地表に露出していて、活断層の岩が割れれば異臭がするはず」

 過去にも地震発生前、異臭騒ぎが起きたという。「1923年の関東大震災の後、内務省がまとめた文書の中に、三浦半島の城ケ島と浦賀で異臭騒ぎがあったということが記録されている。95年の阪神・淡路大震災や2011年の東日本大震災の前も異臭があった」

 高橋教授は、今後も異臭が続くと予想する。三浦半島と房総半島の間の東京湾の海底にある相模トラフ。これが北米プレートとフィリピン海プレートに接し、ひずみが蓄積されているというのだ。

「そのプレートがこすれ合い、やがては『海溝型地震』につながる。関東大震災もまさしく、相模トラフから発生した海溝型地震」と高橋教授。相模トラフの異変で首都圏直下型地震が起き、「首都圏だけでなく西日本や台湾、フィリピンまで一蓮托生(いちれんたくしょう)の『スーパー南海地震』が起きる。そうなれば東京五輪どころではない」。スーパー南海地震は、津波だけで47万~50万人が死亡するとされる。異臭騒ぎをきっかけに、震災への備えを改めて確認しておきたい。

 文献が示す異臭地震の関係 関東大震災阪神淡路大震災の前後にも“ガス臭の記録” 

夕刊フジ 2020年10月14日(水)16時56分配信

 今年6月以降、神奈川県内で続いている異臭騒ぎで、12日にもJR横浜駅やみなとみらい地区など横浜市内で「ガスのような臭いがする」との通報が相次いだ。原因は不明だが、過去の文献には大震災の際、ガスの発生を想起させる記述がある。関連性はあるのか。

 JR東日本横浜支社によると、横浜駅の利用客から「異臭がする」との申告を受け、社員が消防や警察に通報。一時は入場規制を行った。

 神奈川の異臭騒ぎは南東部の三浦半島でも続いている。6月4日夜、三浦市南下浦町金田地区から横須賀市追浜地区にかけ、「ゴムの焼けたようなにおいがする」などとする通報が約2時間弱で約200件にのぼった。

 同市消防局によると、その後も「7~9月にかけて『ガスのような臭いがする』といった通報が月に1度のペースである」という。

 三浦半島は1923年9月1日の関東大震災の震源に近いが、当時、周辺でガスが噴出したという記録が残っている。

 26年に内務省社会局が編纂(へんさん)した『大正震災志』所収の「大正十二年九月一日大震後相模灘水深変化調査図」には、三浦半島の「浦賀」付近、現在の横須賀市観音崎や鴨居地区周辺の沖合に《瓦斯(ガス)噴出》、南端の「三崎」付近、現在の城ヶ島東部の沖合にも《一時瓦斯噴出ス》と記述がある。今回、異臭で通報があった地域と重なっている。

 ガスの噴出が震災の前か後かについての明示はないが、立命館大学環太平洋文明研究センター特任教授の高橋学氏は、「海溝型地震の前後でこうした現象が起きるといえるのではないか」との見解を示す。

 1995年1月17日に発生した阪神淡路大震災の直前に異臭があったとする文献もある。

 大阪市立大名誉教授で地質学者の弘原海(わだつみ)清氏が住民の証言を集めた『阪神淡路大震災1995年1月17日午前5時46分 前兆証言1519!』(東京出版)では、宝塚市のエンジニアによる《前夜7~8時、汚物と漬物が腐ったようなガスの臭いがした》との証言が紹介されている。《居間(12畳洋間)の床下から臭ってきたとしか思われません》などとしている。

 弘原海氏の別の著書『大地震の前兆現象 空が、大地が、動物が異常を発信する』(河出書房新社)では、国立大学が共同で実施した神戸市灘区での測定で、《1994年10月末から、それまで計測されたことのない高濃度のラドン値が測定された。ラドン濃度は年が明けて1995年の1月に入っても増加しつづけ、1月8日には平常値の10倍以上という最高値に達した》という。

 前出の高橋氏は「今回の異臭の原因は不明だが、ラドンであれ、圧迫されて出た天然ガスであれ、岩石がこすり合って出る焦げたような異臭であれ、地殻変動に関わる可能性がある。異臭自体に焦点を当てるより、5月に起きた東京湾の群発地震など海溝型地震の前の兆候とみられる一連の現象の一部と見た方がよい」と強調した。

 異臭の原因についてはタンカーが油を荷揚げした後、タンク内の可燃性ガスを排出する「ガス・フリー」と呼ばれる作業が影響しているとの見方もある。

 大地震の予兆だと断定はできないが、気になる符合ではある。

 極東カムチャッカ化学物質で海洋汚染 

時事通信 2020年10月5日(月)19時28分配信

 ロシア極東カムチャツカ地方の海岸に多数の海洋生物の死骸が打ち上げられ、化学物質による海洋汚染の疑いが出ている。

 連邦捜査委員会は5日、捜査開始を発表した。

 地元環境当局によると、海水中の石油物質の含有量は基準値の3.6倍、化学物質のフェノールは2.5倍に達した。近海での石油タンカーの事故などは伝えられておらず、汚染の原因は明らかになっていない。軍艦船や軍事施設からの物質流出も疑われたが、国防省は否定した。

 インターネット交流サイト(SNS)には海岸に打ち上げられたタコの死骸などの写真が投稿されている。汚染をめぐってはカムチャツカ地方の知事が9月29日にSNSで「水が変色し、健康被害を及ぼす危険性が出ている」と訴えていた。環境保護団体グリーンピース・ロシア支部は住民らの話として、汚染は数週間前から始まっていたと指摘した。 

Photo_20201015100601Photo_20201015101701

 カムチャッカ沖で海洋生物大量死、軍施設のロケット燃料流出 

AFPBB News 2020年10月7日(水)10時15分配信

 ロシアのカムチャツカ(Kamchatka)地方で、大量の海洋生物の死骸が打ち上げられた。原因は海洋汚染で、5日には同地方にある軍の試験場に貯蔵されていたロケット燃料が流出したのではないかとの懸念が持ち上がった。

 この海洋汚染は先月、地元のサーファーらが目の痛みを訴え、海水の色が変わり、異臭を放っていたと報告したことで発覚。当局が後に確認したところによると、サーファーらの角膜がただれたという。

 地元住民らも観光客に人気のある黒砂のビーチで、アザラシやタコ、ウニなどの海洋生物の死骸が大量に打ち上げられているのを目撃した。

Photo_20201015101101Photo_20201015101201

 カムチャツカ地方のウラジミール・ソロドフ(Vladimir Solodov)知事は5日、カムチャツカ半島沖の海域が有毒な化学物質で汚染されている可能性があると公表。国際環境NGOグリーンピース(Greenpeace)は、海洋生物にとっての「生態学的災害」だと警告した。

 当局は汚染発覚後直ちに検査を実施。基準値を超えるフェノールと石油製品が検出されたという。

 ソロドフ知事によると、検出されたフェノールと石油製品と「何らかの有害物質の流出」が関連しているかどうかについて、専門家が調査をしている。また、海洋生物の死と汚染が広範囲に拡大していることがダイバーによって確認されたという。

 当局は今回の汚染の原因解明を急いでいる。ロシアでは今年6月にもシベリア(Siberia)地方で大量の軽油が地上と川に流出する事故があり、事故報告の遅れをウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)大統領が厳しく叱責していた。

 ドミトリー・コブイルキン(Dmitry Kobylkin)天然資源環境相は、テレビで放映されたインタビューで、プーチン氏から原因究明を命じられたとコメントした。

カムチャッカ海洋生物大量死原因有毒な発生

AFPBB News 2020年10月14日(水)12時22分配信

 ロシアのカムチャツカ(Kamchatka)地方で先月発覚した海洋生物大量死の原因についてロシア科学アカデミー(Russian Academy of Sciences)の副会長は12日、人為的な環境汚染ではなく、藻が作る毒素だとこれまでの調査で分かったと明らかにした。また、国際環境NGOグリーンピース(Greenpeace)は13日、周辺海域の海底の様子を撮影した映像を公開した。

Photo_20201015100801Photo_20201015100901

 先月、地元のサーファーらが目の痛みを訴え、海水の色が変わり、異臭を放っていたと報告。アザラシやタコ、ウニなどの海洋生物の死骸が大量に打ち上げられているのも見つかった。

 科学者らは、最悪の場合で、この海域の海底に生息する生物の95%が死んだと主張していた。環境保護活動家らは、汚染の原因は旧ソ連時代の有害物質貯蔵地からの流出の可能性があると懸念を示していた。

 しかし、ロシア科学アカデミーのアンドレイ・アドリアノフ(Andrei Adrianov)副会長は12日、記者会見を開き、「大規模な現象が起きているのは確かだが、カムチャツカでは珍しくない有害な藻の発生だ」と語った。

 海水のサンプルから、「無脊椎動物に影響する毒素」を作る「(微小藻類の)ギムノディニウム(Gymnodinium)だけ濃度が高いことが分かった」という。アドリアノフ氏は、この毒素がダイバーやサーファーの症状を引き起こした可能性もあると指摘した。

 カムチャツカ地方では先週、汚染によって40キロにわたる油膜が形成され、日本やクリール諸島(Kuril Islands、北方領土を含む千島列島)に向かって南に移動していることが明らかにされていた。

 グリーンピースロシア支部の活動家らは、状況は改善しておらず、依然として海洋生物の死骸が海岸に打ち上げられていると懸念を表明したが、アドリアノフ氏は、自然は極めて速く自己再生していると述べた。

Photo_20201015100701

 

2020年10月13日 (火)

【耳学】“犯罪者天国”✍「南アフリカ共和国」警察機構の闇

 日本の凶悪バラバラ殺人犯南アフリカで17年も野放しだったワケ 

現代ビジネス 2020年10月13日(火)14時01分配信/時任 兼作(ジャーナリスト)

コロナを恐れて突然出頭

 「指名手配されている紙谷惣です」――。2003年に殺人を犯し、南アフリカに逃亡後、現地で事業を行い、潜伏を続けた犯罪者。それが17年後の今年8月下旬、同国で感染が拡大する新型コロナウイルスに怯えて自ら南アフリカの日本大使館に出頭し、警察関係者を驚かせた。この出来事は、いまなお捜査関係者の間で話題となっている。

Photo_20201013204701

 殺人事件が発生したのは2003年9月。元飲食店員が千葉県市川市のレストラン駐車場で暴行を受け、その後、埼玉県戸田市のマンションに監禁された挙句殺害され、遺体はバラバラにされて遺棄された。その年の10月、東京都奥多摩町の町道で、切断された腕が見つかり捜査が開始された。

 背景には、飲食店を訪れる客のクレジットカード情報を抜き取り、カードを偽造する詐欺計画をめぐってのトラブルがあったという。殺害された元飲食店員が、詐欺に加担することを断ったのだ。

 2004年1月、警視庁は逮捕監禁容疑で男女8人を逮捕し、のちに殺人、死体遺棄などの容疑で再逮捕したが、主犯格と目された松井知行容疑者と今回、殺人の実行犯として出頭した紙谷惣容疑者は事件直後に国外に逃亡。米ハワイ経由で南アフリカに入国していた。警視庁は国際刑事警察機構(ICPO)を通じて国際指名手配したものの、身柄を押さえることはできなかった。

南アフリカ警察はまったく動かず

 その後について、捜査関係者が語る。

 「海外逃亡後、ふたりは別の詐欺事件にかかわっていたようだ。そのことが判明したのは、2010年のこと。南アフリカで開催されたサッカーワールドカップに際し、架空の観戦ツアーを名目に高額の旅行代金がだまし取られる事件が発生した。その捜査を進める中、松井らが主導していることがわかった。

 警視庁は2014年6月、詐欺の容疑で日本国内の共犯者5人を逮捕し、松井らについては新たに同容疑で国際指名手配をした。それと同時に、ふたりの南アフリカにおける所在もつかめたため、南アフリカの警察当局にコンタクトを取り、身柄の引き渡しを求めた。しかし、『死刑制度のある国(日本)に引き渡しはできない』と断られてしまった」

 この事件の最中、紙谷容疑者は松井容疑者とたもとを分かち、その後は中古車販売を行っていたという。一方、松井容疑者は逮捕されぬまま、2016年に自殺してしまった。

 つまり、南アフリカの警察当局は日本側から依頼を受けていたにもかかわらず、まったく動かなかったわけである。

殺人犯と知りつつ見逃した

 南アフリカ警察の消極的な姿勢はその後も変わらず、紙谷容疑者の今回の出頭も捜査当局の働きかけではなく当人が自発的に行ったものだという。捜査関係者が続ける。

 「中古車販売業が行き詰まり、借りていた家の大家とトラブルもあったうえ、コロナに感染した疑いが出てきた。紙谷が出頭してきたのはこうした理由があったからとみられる。

 出頭先は在南アフリカ日本大使館で、南アフリカ警察はまったく関与しなかった。紙谷は大使館員に対して殺人や指名手配について認めたうえで、『コロナで仕事も金もなくなった』『同居人がコロナに感染した』などと繰り返し、『日本に帰りたい』としきりと訴えたと聞いている」

 大使館は外務省本省経由で警察庁、警視庁と相談のうえ、日本に送還することにしたというが、コロナが蔓延する南アフリカは現在に至るまでロックダウン(都市封鎖)状態にあり、国際線の発着が原則禁止されていたため、紙谷容疑者を8月末まで大使館付近のホテルに滞在させたのち、9月1日、特別臨時便を手配。3日に帰国させた。同日、警視庁は逮捕監禁容疑で逮捕した。今後、殺人と死体損壊、死体遺棄容疑を追及するという。

 それにしても、なぜこんなことになったのか。どうして17年もの間、自由気ままに日々暮らすことができたのだろうか。もともと南アフリカの警察官のモラルが低いことは有名だが、まさか殺人犯の存在を知りつつ長年見逃し続けるとは、驚くほかない。

警察トップが賄賂をもらう国

 南アフリカ警察の実態を知る日本の警察幹部はこう話す。

 「警察トップからして、賄賂をもらって殺人を見逃すような国だ。南アフリカ警察長官のジャッキー・セレビ氏は、2008年に収賄容疑をかけられICPO総裁を辞職している。つまり、ICPOの統制すら効かないということだ。だから、不正や怠慢があろうと、一向に驚かない。『死刑制度がある国には容疑者を引き渡さない』などという綺麗事は、まったくのおためごかしだ」

 紙谷容疑者が南アフリカに逃亡したとみられる2004年頃、同国では警察長官が2代続けて汚職で更迭されている。先に更迭されたのは、前述したジャッキー・セレビ警察長官。同氏は2005年、殺人容疑で逮捕されたビジネスマンから賄賂を受け取っていた。その後、収賄罪で逮捕され、懲役15年の実刑判決を受けた。同長官は更迭直前までICPO総裁を務めていた。

 その後任となったベキ・セレ警察長官も、警察庁舎の賃貸契約に際し、競争入札を行わずに不当に契約業者を選定したとして、2012年に更迭されている。

 「まさに、紙谷らが南アフリカに逃亡したときの警察長官が、2000年に就任したセレビだ。ちなみに、このセレビの在任中に使われていた南アフリカ警察幹部の公用車が、日本国内で盗まれた盗難車であったことも2007年に発覚している。逮捕要件となった賄賂を渡していた人物も、正体はビジネスマンと言うより麻薬取引業者。つまり、南アフリカ警察は犯罪集団に近い。

 そのあとを継いだセレ長官がやはり汚職で更迭されてからもう8年が経つが、南アフリカ警察の体質は変わっていないとみられる。犯罪者にとっては天国のような国だ」(前出の警察幹部)

 もしコロナが蔓延していなければ、殺人犯はいまなお遠く離れた異国・南アフリカでのうのうと暮らしていたことだろう。

Photo_20201013204801

 バラバラ殺人“半グレ”遺書残し首つり自殺、一体が起こったのか 

文春オンライン 2020年9月16日(水)6時01分配信

 新型コロナウイルスは積年の手配犯の気力すら挫くようだ。警視庁は9月3日、不良グループによる殺人事件に絡む逮捕監禁容疑で、約17年間、南アフリカに潜伏を続けていた紙谷惣容疑者(46)が帰国したのに合わせ、逮捕した。

 警視庁担当記者の話。

「紙谷の同居人が新型コロナに感染した上、生活にも困窮して家賃が払えず、大家とトラブルになって現地の日本大使館に8月下旬から相談していたようです。南アでは、世界で6番目に多い62万人超の感染が確認されている。本来なら捜査員が現地に赴いて同じ飛行機に乗って逮捕しますが、コロナで飛行機も満足に飛ばないような状況です。異例なことに本人が1人でドーハ経由で帰国し、成田で身柄を確保されました」

 事件は語るだに凄惨だ。紙谷らは2003年9月、元飲食店員の古川信也さん(26・当時)と別の男性を車で拉致し、埼玉県内のマンションに監禁。その後、山梨県内のキャンプ場で首を絞めて殺害し、バラバラに刻んで山梨県や奥多摩町の山中に捨てたのだ。紙谷は飲食店などで使われたクレジットカード情報を盗んで使うスキミンググループの1人で、古川さんはスキミングへの協力を断ったことから殺害されたという。

 だが、紙谷に犯行を指示した“首謀者”は別にいる。同じく南アに逃亡した松井知行容疑者(48)だ。

「松井は関東連合グループとも仲が良く、半グレの先駆け。スキミングなどを手がける犯罪集団のトップで、新宿で起きた別の殺人事件に関与した疑いでも国際手配されています。南アに逃亡後も10年のサッカーW杯にかこつけたチケット詐欺事件を主導。被害総額は約1億円で、一部は逃亡資金に充てられたと見られていますが、この詐欺事件でも手配中です」(同前)

16年に南アの海岸で見つかった首吊り遺体の身元は……

 なぜ逃亡先が南アだったのかと言えば、「死刑制度のない同国は死刑制度のある国への犯罪人の引き渡しを拒んでいるから」(同前)だとされる。特に松井の死刑は濃厚で、逆に“安心”して滞在できたわけだ。

 松井が絡んだ事件は他にもある。捜査関係者の証言。

「16年にコンビニのATMから18億円が不正に引き出された事件にも関与が疑われています。元関東連合の男が主犯格ですが、南アの銀行がハッキングされており、関東連合と近い松井の存在が浮上しました」

 ところが――。

「今年に入り、16年に南アの海岸で見つかった首吊り遺体が指紋などから松井と見られる、という報告が入りました。ATM事件から間もない時期の自殺ですが、『ごめんなさい』と書いた遺書もあり、本人でまず間違いない。一連の事件の全容解明は難しくなります」(同前)

 逃亡劇の末路はかくも悲惨なものだった。

南ア逃亡殺人出頭コンビニ18奥円引き出し事件にも関与か

デイリー新潮 2020年9月17日(木)5時57分配信

 17年の時を経て南アフリカから帰国した紙谷惣(そう)(46)。「コロナで仕事も金もなくなった」と出頭した殺人犯に、知能犯の一面があることは知られていない。

 ***

 2003年10月、東京都奥多摩町で、拉致された男性の切断遺体が見つかった。

「この事件で、警視庁が殺人容疑などで紙谷を国際手配していました。今月3日、潜伏先の南アから帰国した紙谷を逮捕監禁容疑で逮捕。警視庁は男性の拉致の経緯とともに、殺人と死体損壊・遺棄容疑でも調べを進める予定です」

 と、警視庁担当記者。事件には松井知行(48)というリーダー格がいるが、

「03年当時、クレジットカードやキャッシュカードの偽造グループにいた紙谷は、不良の遊び人だった松井とつるんでいました。その“仕事”の一環で、東京の六本木に高級クラブを開店する予定だった男性に、松井が、スキミングによる客のカード情報の不正入手を要求。この手口で松井たちは大儲けしていたのですが、この時は拒否されたため拉致して殺したのです」

 男性の遺体発見前後、紙谷と松井はハワイを経由して南アへと飛んだ。

南アから中国を経由

 以来17年。男性殺害の容疑ではこれまでに男女10人が逮捕されているが、彼らは潜伏を続けた。なお松井は南アで自殺したとされる。紙谷こそが、男性殺害事件における真相解明の“最後のピース”なのである。

「南アに逃げた紙谷や松井は、日本から送られてくる盗難ベンツを売り捌いて逃走資金に充てていました」

 捜査関係者がこう明かす。

「紙谷は南アの公用語である英語も理解し、先住民族も使って商売をしていた。10年にサッカーの南アW杯が開催されましたが、その観戦ツアーを騙った被害総額1億円の詐欺事件が日本で起きた。スキミングの知識のある彼の関与も疑われました。居場所を突き止め、翌11年6月に捜査員が南アに赴いたのです」

 だが、南アは死刑廃止国。死刑制度のある国には容疑者の身柄を引き渡さない。

「それで、東京地検検事正名で“死刑は求刑しない”との誓約書をたずさえた捜査員が派遣されたのです。身柄引き渡しが実現しそうなところまでいったものの、結局、叶いませんでした」

 ここで紙谷の身柄をとれなかったことが、のちに、新たな事件を生む結果となった。

「16年、コンビニATMから約18億円が一斉に引き出された事件が起きた。すでに“指示役”や“出し子”など約260人と主犯格を逮捕しているものの、事件は17都府県の広域にまたがっており、盗まれた金の流れを含め、4年経っても全容解明にはほど遠い。一斉引き出し事件に関与していたのは総じて暴力団員や半グレですが、“紙谷が重要な役割を果たしていた”という関係者の供述があるのです」

 その供述とは、

「“一斉引き出し事件で使われたカードは紙谷が作り、南アから中国を経由して日本に入ってきた”というもの。確かに不正利用された偽造クレジットカードは、南アの銀行が発行したクレジットカードの情報が悪用されていた。カード偽造に精通した紙谷が、そのクレジットカードに手を加えた磁気を張りつけていたと見ています。紙谷から“このカードが使えるから、コンビニで1回10万を引き出せ”と指示された人物もいる」

 殺人事件とコンビニ一斉引き出し事件。南アと日本、中国。その“点と線”がつながる日はくるだろうか。

Photo_20201013204301Photo_20201013204401

 座間9人殺害事件公判で振り返る「死にたい若者たち 

文春オンライン 2020年10月7日(水)17時01分配信/渋井哲也(ジャーナリスト)

 2017年10月に発覚した神奈川県座間市での男女9人殺害事件。本格的な審理が10月5日、東京地裁立川支部で始まった。精神鑑定を担当した精神科医の証人尋問が行われた。裁判では、お金と性欲のために行った殺人か、自殺願望者の希望にそった承諾殺人なのかが最大の争点だ。ただ、この日の鑑定医の証言は、事件そのものよりも、筆者が自殺の取材をしてきた過去を振り返るような内容だった。

死にたいとはどういうことなのか

「本当に死にたい人はいませんでした」

 白石隆浩被告(29)は取り調べでも、筆者との面会でも同じことを言っていた。そのことを問いただすと、「学校に行きたくないとか、彼氏にふられたとか……」と答えた。白石被告にとってみれば、“そんなこと”に見えたに違いない。しかし、被害者にとってみれば、少なくともその時は、“死ぬほどの苦痛”だったのではないだろうか。

 ただ、「本当に死にたい」とはいったいどういうことなのか。裁判員は、精神医学的、または心理学的な知識があるという前提にはない。裁判員裁判のため、精神医学的な基礎知識が必要だったのか。

 最初の尋問では、なぜ、死にたいという気持ちが表出されるのかということから始まった。弁護側の質問に鑑定医はこう答えた。

「苦痛や悩みがあるとき、人は解決しようとします。しかし、解決ができない場合は、苦痛や悩みを耐えられません。そんなときに不安定な心境になり、もう耐えられないと思うようになります。そのときに、自殺を思いつくことがあります。希死念慮の他にも、逃げるしかないと思ったり、ひきこもったり、行方不明になったり、アルコールや薬物に走ったりします。自暴自棄にもなり、自傷行為をすることもあります」

 しかし、自殺願望と、自殺を決心して行動に至ることはまた別に考えなければならないとも言っていた。そして、計画性がなくても、衝動的に人は自殺する。周囲がその自殺願望に気が付かないとすると、SOSを発信していないか、発信していても、受け止められない場合もある。

結果として自殺してしまった人も

 筆者は、1998年に生きづらさに関連した取材を始めた。きっかけは、援助交際をしている高校生たち、家出をしている少年たち、摂食障害の女性たちとの出会いだった。彼ら彼女らを取材していると、共通して多かったのは、希死念慮、つまり「死にたい」という感情だった。また、「消えたい」との言葉を使う人も出始めていた。当時は、自傷行為をする人たちや、自殺未遂をしていた人のネット・コミュニティが出来つつあった。オフ会をよく開いたり、参加したものだ。

 私の取材で、自殺願望が強い時期ではなく、自殺を決心してないだろうが、結果として自殺をしてしまったという人がいた。動機としては、そのとき、嫌なことがあり、長い眠りにつきたいと思い、処方量以上の薬を飲んで、そのまま亡くなってしまった。通常、その量では死なないはずとみんなが思う量だった。自殺願望も、決心も強いわけではなかった。むしろ、寝ることで逃げたかった。いわゆる「寝逃げ」をしたかったのではないかと思っている。

周囲が自殺願望に気づかないこともある

 また、鑑定医は「亡くなってしまった人はあまり経験がないが、(自殺を)試みましたという人が一定数いる」と言っていた。そういえば、現場の精神科医に話を聞くと、「それほど患者が自殺をしてない」という話をよく聞く。この裁判でもそんな話を聞くとは思わなかった。

 どのくらいの人数を指してそう言っているのかわからないが、筆者は20年以上、自殺に関連する取材をしているが、数十人が自殺している。亡くなってすぐ友人から知らされ、葬儀に出席したこともある。また、数年後に、家族が故人の日記を整理していたら、筆者の連絡先が書いてあり、電話をしてきたということもあった。まれに、本当は亡くなっていないが、ネット上でのやりとりが疲れたために、自殺したことにした、と話した男性もいた。

「周囲が自殺願望をわからないこともありますか?」と弁護側は聞いた。鑑定医は「あります」と回答した。筆者の取材する人の中に、家族や友人、恋人が、自分の気持ちを知らないし、伝えたくないと言っている人も多い。そのため、亡くなった後に、遺族から「どうして教えてくれなかったのか?」と迫られたこともあった。

自殺直前の言動をそのまま受け取ることはできない

 ある女性が尋ねてきたことがある。恋人と2人で旅行をした翌日、相手の男性が自殺した。女性は「きっと何か原因があったが、私に言えなかったんだ」と思い、会社関係、相手の家族、友人関係から話を聞いたが、誰一人、自殺の理由を知らなかった。ネットやパソコンに痕跡もない。そのため「理由のない自殺ってあるんですか?」と聞かれた。周囲にサインを出さない場合もある。

「死を決めることと、死への決心が強いかどうかは整理する必要がある。方法を思いついたり、死んだ後のことを考えたり、死後の世界を考えたり、様々なことを考えています。死について計画をしたからといって、今すぐ死のうとするかは別。ふいに電車に飛び込む人もいます。一方、うつ病の治りかけがリスクが高かったりします。医療者の立場とすると、『やっぱり生きて行こう』『自殺するつもりはない』と言って退院したけれども、その後、事故になることはあり得ます」(鑑定医)

 自殺直前の言動は、必ずしも、本人の気持ちを表出しない。「生きていこうと思います」という言葉が出たとしても、前向きになったとは限らない。2003年から05年にかけてネット心中が連鎖したが、その取材の一環で、当時19歳の男性と会った。彼は虐待を受けたことで自殺を考えるようになった。取材をしていると、前向きになってきたような印象だった。精神科にも亡くなるまで通院していた。しかし、数週間後、自殺系サイトで知り合った30歳の女性と一緒に亡くなった。

レイプされて殺されるということを知っているのか

 座間の事件の被害者の中には、何度も自殺未遂をしている人がいる。ネット心中やTwitterで自殺相手を募集する人たちの取材をすると、不思議な話ではない。この事件は、白石被告がなぜ短期間で9人も殺害したのかに注目が集まっている。ただし、一方で、若者たちが自殺願望をつぶやく心理についても考えなければならない。特に、今年の8月は、女性の自殺者が40%ほど増加している。若年層ほど、自殺者が多くなっている。

 座間事件後、筆者は、Twitterで「死にたい」とつぶやく人たちに取材した。すると、「10人目になりたかった」という女性が複数いた。そのことを面会で白石被告に伝えたところ、「驚きです。その人たちはレイプされて殺されるということを知っていて言っているのか」と、声を荒らげた。取材した人の中には、むしろ、性被害にあえば、死に向かう衝動に勢いがつくと話していた人もいた。事件の裁判を傍聴して、改めて、そうした人たちの声に耳を傾ける必要があると感じた。

Photo_20201013205201Photo_20201013205301

 座間9人殺害事件は「被害者んだ承諾殺人」なのか 

文春オンライン 2020年10月7日(水)17時01分配信

 承諾殺人か通常の殺人か――。2017年10月までに神奈川県座間市内のアパートで男女9人を殺害した、白石隆浩被告(29)の公判が東京地裁立川支部(矢野直邦裁判長)で開かれている。検察側は殺害されることを承諾していないと、通常の殺人を主張している。一方で、弁護側は承諾殺人を主張する。

 9人とも、自殺を考えて、自ら白石被告に会いに行っている。一方では、殺害前には、生きようとしていると思わせる内容のLINEを友人に送っていたりする。これには自殺者の心理が関わっているが、法廷で鑑定医が「自殺をしようとする人が、直前に『生きようとした』と言ったとしても、自殺を試みることはある」と証言するように、裁判員の判断は容易ではない。

◆ ◆ ◆

殺されてもいいから終わりにしたいと書く一方で

 現在は、殺害された被害者9人のうち、3人の被害者について審理されている。被害者はプライバシー保護のためすべてアルファベットで呼ばれる。傍聴席には、被害者の家族が傍聴するために衝立が設けられていた。そんな中に、白石被告が気怠そうに被告席に座っている。

 最初に殺害されたのはAさん(女性、当時21)。弁護側によると、Aさんが自殺を考えるようになるにはいくつかの理由がある。中学時代にいじめにあったり、恋愛での悩みがあったりした。高校1年のときには、1ヶ月ほど家出をしている。帰宅後、精神科に通院すると「適応障害」と診断されたという。その後、自ら通院を止めたが、市販薬で過量服薬し、入退院を繰り返す。入院中にリストカットしたり、自殺未遂を試みたりしたが、看護師に止められた。

 一方、高校時代にスマホを購入。TwitterやLINEをするようになった。と同時に、自殺系サイトを閲覧する。そこで知り合った女性と、海で自殺を図ったこともある。しかし、自分だけが生き残った。弁護側は、この時のことが「心に突き刺さっていた」とする。そして、2017年8月、死のうとして1年が経ち、希死念慮が強まった。「記念日反応」があったのだろうか、自殺をめぐるネット・コミュニケーションの結果、白石被告と出会うことになった。

 白石被告と出会った後にも、Aさんは日記に「殺されてもいいから終わりにしたい」と書いている。殺害される前日にも他の人と「殺されたい」とのメッセージのやりとりをしていた。そのため、弁護側は「承諾していた」と主張する。

 一方、検察側は、殺害される当日、白石被告から「携帯電話を海に捨ててくるように」と指示されたものの、海には捨てず、駅のトイレ内に放置したことのほか、白石被告が「自殺を止めるように」と言うと、前向きな変化があったこと、Aさんは白石被告との新しい生活を考えていたことから、承諾も同意もないと主張している。

いろいろ考えた結果、生きて行こうと思います

 また、Bさん(女性、当時16)は、学校生活での悩みがあった。弁護側によると、課題の提出が苦手だった。そのため、中学時代から、学校と母親から注意を受けて、叱責をされていた。そのため、学校へいくのを嫌がるようになり、早退や欠席が多くなっていた。

 中学2年生の頃、「部活ノート」を提出することになるが、やはりなかなか書けず、出せないでいた。学校へ行けないという思いが強くなり、出したとしても、先生から「本心を書いてない」と言われるようになる。そんな中で、学校に行くふりをして、家の中で身を隠していたことがあった。Bさんがいた付近には、犬のリードがあったため、自殺をしようとしたのではないかと母親は考えた。Bさんにとっては、提出物が出せない悩みは、死にたいと思うほどのことだったようだ。このことで、学校側は特別支援の対象にした。

 2017年4月、高校に入学したが、入学前の課題提出がまた難関になった。母親に強く指摘されると、家出をしたこともある。1学期の成績は「赤点」だったが、その原因も、提出物を出せていないことだったという。このことで、夏休みは補習をすることになるが、夏休みが明けようとする時期になって、再び提出物が問題になった。そんなときに、Bさんは自殺系サイトを閲覧した。さらに、Twitterに「関東で一緒に死にませんか?」と投稿した。

 その投稿がきっかけで白石被告とつながる。白石被告が「首吊りですか? 飛び降りですか?」と送ると、Bさんは「首吊り」と返事をしている。また、日程に関しても、Bさんは自ら提示をした。そんなことから弁護側は「承諾があった」と主張する。

 一方、検察側によると、Bさんは殺害される当日、「いろいろ考えた結果、生きて行こうと思います」とLINEをしている。白石被告は「しばらく家にいたほうがいい」と言い、居場所がわからないように、携帯電話を海に捨ててくるように伝えた。Bさんは、海には捨てず、海近くの駅のトイレに放置した。言いなりになっていないことを含めれば、承諾も同意もしてないと、述べた。

オレ、これからは生きていきます

 Cさん(当時20)は男性だ。弁護側によると、小学校高学年のときに「高機能自閉症」と診断された。人の気持ちを汲み取るのが苦手で、対人関係に悩みがあった。そんなこともあり、高校卒業後は、知的障害者の支援施設で働くようになった。しかし、体力的にも、精神的にもきつい仕事であり、利用者から暴力を受けることもあったようだ。

 恋人との別れも経験した。事件の2ヶ月前の2017年6月、2年間付き合っていた彼女から別れを告げられた。翌日、その女性にあてた遺書を書き、睡眠薬を過量服薬した。結果、救急車で運ばれることとなり、強制入院する。仕事は7月末まで休むことになったが、退院してすぐに、その女性を駅で見かけたことで、電車に飛び込もうとしたことがあった。

 一方で、音楽活動もしていた。本格的に取り組むようになったものの、バンドリーダーは厳しい存在だった。叱責されることで、精神的に不安定な状態が増した。事件数日前の8月27日、バンドが遠方でライブをすることになった。車の運転はCさん。往復で12時間かかったが、リーダーはCさんに動画の編集をお願いする。すると、リーダーの登場場面が少なかったのか、「余計な編集をするな」と言われ、再編集をする。

 8月前半、Cさんは、すでに知り合っていたAさんと、白石被告に「自殺の手伝い」をお願いするため、3人で会っていたが、このときは希死念慮が弱まった。しかし、再編集となった翌日の8月28日、再び、白石被告と連絡を取る。そのときには「Aさんにやった方法で殺してください」とメッセージを送っている。白石被告がAさんを殺害していたことを知ってのやりとりだ。メモアプリで遺書を書いていたことで、弁護側は「承諾していた」と説明する。

 一方、検察側は、白石被告と会った後、Cさんは「オレ、これからは生きていきます」などとLINEをしている。やはり、白石被告に携帯電話は海に捨ててくるように言われたものの、海に行く途中の駅のコインロッカーに預けている。「しばらく家にいれば」と言われて、Cさんは白石被告宅にいることになるが、それは殺害の承諾でも同意でもない、と断言する。

生きたいという思いと、死にたいという思いが交錯

 いずれも、ある時点では、殺してほしいという気持ちが見え隠れする。ただし、どこかの時点で「生きようとする」メッセージを送ったり、その思いを反映するような行動をとったりしている。そもそも、自殺をしたい、という気持ちと、殺されたいという思いはどこまで一致するのか。仮に一致するとしても、殺されることを同意していたのか。仮に、同意していたとしても、その条件として何が必要なのか。そんなことを裁判員が判断しなければならない。取材をしていると、自殺を企図する直前まで、生きたいという思いと、死にたいという思いが交錯するように感じている。裁判は、自殺の心理だけでなく、裁判員の死生観や倫理観を大いに反映することになるだろう。

 ただ、白石被告本人は、承諾殺人ではないと言うつもりであるという。

Photo_20201013205601Photo_20201013210001

 最初の犠牲者Aさん(当時21歳)を殺したワケ「他に男がいる雰囲気 

文春オンライン 2020年10月10日(土)11時01分配信

「私以外の男性との付き合いがあるような雰囲気だった。2度目のホテルで性交渉を持ちかけたが断られたこと、そして、自分のこれまでの過去の経験上、短期的にお金をひっぱることはできるが、長期的には難しいと思っていたことです」

 被害者の一人、Aさん(女性、当時21)殺害について、裁判員から「迷っていたのに最終的に殺害をしたきっかけは?」という質問を受けた白石隆浩被告(29)は、淡々とこう答えた。

白石被告の素と思われる部分が出た

 神奈川県座間市内のアパートで男女9人を殺害した白石被告の裁判が、東京地裁立川支部で開かれている。最初に殺害されたAさんに関して、白石被告は弁護側からの質問を拒否。弁護側が質問した内容を、検察側や裁判官が繰り返すという異例の展開になった。

 また、これまでの証言と矛盾すると弁護側が指摘した場面もあったが、「答えるつもりはない」とつっぱねた。しかし、法廷では、白石被告の素と思われる部分が出たような気がした。

 白石被告は被告人質問の初日から、弁護側の質問に答えていない。2日目となった10月8日、ようやく弁護側の質問に答えるつもりがない理由をこう話した。

「裁判が長引くと、親族に迷惑がかかる。そのため、(承諾殺人ではないという)検察側の起訴事実を認めてると、最初から弁護人には言っていた。弁護人も『わかりました』と言っていました。ずっと私の希望に合わせますと言っていた。

 しかし、公判前整理手続きに入ってからは『争う』と言ってきた。話が違うので、受け入れられません。解任したいと思ったのですが、裁判所に受け入れられませんでした。仕方がないですが、(承諾殺人ではないという)今の主張は変わっていません。結局、今の国選(弁護人)で裁判に臨むことになりましたが、方針が合わず、根に持っています。以上です」

被告と弁護人の主張が違ったまま進行

 白石被告は、裁判前から弁護人と方針が合っていなかった。公判が開かれる前の報道でも、弁護人の方針とは違っていることが報道されていた。

 私が拘置所にいる白石被告と面会したとき「裁判はどんなスタンスなのか?」と聞いたことがあった。すると、白石被告は、「基本的には(起訴事実を)認める方法。私本人は争わないつもりです。最初の弁護士は『黙秘して』と。その弁護士はお断りした」とも言っていた。弁護人を一度は解任していたためだろうか、裁判所が解任を認めなかった。だからこそ、白石被告と弁護人の主張が違ったまま、裁判が進行することになった。

家族にはもう会うこともないでしょうから

 裁判が長引くと「家族に迷惑がかかる」と思っているようだが、今年7月の面会で家族への思いを聞いた際には「ごめんなさい」とだけ言っていた。ただ、2019年4月の面会では、「ごめんなさい。いや。違うな。もう忘れてください。もう会うこともないでしょうから」と語っていた。

 白石被告によれば、家族は面会にもきていないし、手紙も届いていない。そうした関係が断絶した家族にも「迷惑がかかる」と話す。本心なのだろうか。それとも、弁護人と話が合わないことへの苛立ちから出てきた言い訳のような言葉なのだろうか。

 答えない理由を白石被告が言う前、弁護人は、6つの視点で質問をしていた。

 これらの質問には答えない白石被告だが、同じ質問を検察側が問うと答える。ある意味で、人を操作する戦術なのだろうか。弁護人が思う通りにならないなら、思う通りになる検察側や裁判官の心理を操っているようにも見える。ネット・ナンパでも、長年、そうしてきたのだろう。自分についてくる人だけをターゲットにしたときと似ているのかもしれない。

なぜロープを使って殺害したのか?

 検察側の問いには素直に答えた。

Q「初めてAさんと会った日に、ホテルに泊まることになるが、その途中でガムテープとロープを購入している。一緒に買ったのか? ホテルに持っていったのか?」

A「一緒に買いに行ったのかどうかは覚えていませんが、記録から考えると、おそらく一緒に買いに行っている。購入したものを持ってホテルに行ったのだと推察します」

Q「スマホを片瀬江ノ島駅に捨てるという話になったが、その駅は、1年前にAさんがネットで知り合った人と入水自殺をした場所から近い。それをAさんから聞いていたのか」

A「聞いてなかったかもしれません」

Q「携帯電話を捨てた後、Aさんと一緒に生活をする予定だったが、別の新しい携帯電話の契約の話は出たのか?」

A「新しい携帯電話の契約の話はしていません」

Q「Aさんは片瀬江ノ島駅のトイレ内に携帯電話を置いてきた。財布を捨てたのは確認したのか? 殺害後に奪った所持金はどこにあったのか?」

A「財布を持っていたかどうかは覚えていない。しかし、家を出るときには思っていなかった服を着ていたし、バッグを持っていた。どこかにあったのではないか」

Q「Aさんか片瀬江ノ島駅から戻った後、部屋に戻るが、殺害前にAさんはお酒と薬を飲んでいる。お酒と薬の種類と量は? 首を絞めて動かなくなったAさんをなぜロープを使って殺害したのか?」

A「Aさんがコンビニで買ったお酒。種類はわかりません。薬は、Aさんが日常的に飲んでいるもので、具体的には見ていない。いつも以上に飲んでいたかは、正直、わからない。ロープを使ったのは、山に遺棄しようと考えたときに、首を絞めて殺したのではなく、ロープを使った自殺に見せかけようと画策したから」

私以外の他人と死ぬことをほのめかすように指示

「薬の種類がわからない」と言っていたが、2019年4月の面会では「酒を飲ませて、睡眠薬と安定剤を飲ませた」と答えていた。「睡眠薬と安定剤」という種類を認識していたが、裁判では答えないだけなのか。それとも、面会時の回答が「嘘」あるいは「勘違い」だったのだろうか。

 事件当初、病院で嘘をついて睡眠薬を処方してもらったとの供述をしたとの報道もあった。精神安定剤は「被害者が持っていたもの」と言っていた。睡眠薬や精神安定剤の違いを認識していた可能性があるが、検察側はそれ以上の追及をしなかった。たとえ、誤報だったとしても確かめる価値はあったのではないかと筆者は思う。なかなか証言をしない白石被告。検察側の質問に答えたというだけでも、弁護側に優位に立てると思わせることができ、詳細な部分は、話さない作戦なのか、と思わされた。

 8月23日には、AさんとAさんの母親がLINEをしている。Aさんは「明日の夜、帰る」と送っている。また、友人と電話をしている。これに関連して白石被告は「私は内容の指示はしてない。私以外の他人と死ぬことをほのめかすように指示したが、電話の内容の指示はしていない」と詳細に述べた。

 冒頭陳述等によると、白石被告は8月23日、預かった金と所持金を奪う目的で殺害を決意した。Aさんの首を絞めたところ、失神した姿に欲情して、Aさんを姦淫。その後、ロープで首を吊って殺害した。遺体をバラバラにしたが、その方法はインターネットで検索したという。肉片や内臓等は一般ゴミとして処分。頭部はクーラーボックスに隠した。

ヒモになろうと思ったんです

 この日の質問で、捜査段階で供述していないことを引き出したのは、冒頭の裁判員による「殺害を決意したきっかけ」についての質問だった。

 弁護側は、「性交渉を断られたと証言したが、それは、捜査段階では言っていないのではないか。手書きの上申書を含めて、警察の捜査資料には、そのことはない。この質問にも答えませんか?」と質すと、「はい」と言い、白石被告は答えない。ちなみに、Aさんを殺害した理由について、面会ではこう答えていた。

「早く口説けた。お金を持っていることがわかり、ヒモになろうと思ったんです。しかし、他に男がいるとわかった。だとすれば、他の男に行くかもしれない。部屋を出て行けと言われるかもしれない」

 しかし、実は、白石被告はAさんに彼氏がいることを確認していない。裁判で、「なぜそう思ったのか?」と聞かれ、「彼氏がいないという会話はなかった」「男に困っている雰囲気ではなかった」と答えている。思い込みが強いのと、自信のなさからきた判断のようにも筆者には感じられた。裁判官から「Aさんとの関係を続けていく選択はなかったのか?」と聞かれ、「そういう選択もあったが、Aさんをひきつけておく自信がなかった」と答えた。白石被告の素の部分を垣間見た気がした。

Photo_20201013205701

関連エントリ 2017/11/01 ⇒ 【生首コレクター】<逮捕された部屋の男性>✍殺害も認める・・・・

 

2020年10月12日 (月)

【お金の話】コロナ禍でも不安解消できる“貯蓄”の設計図。

 コロナ禍でもお金不安は解消できる!「将来の貯蓄」の作り方 

AllAbout 2020年10月9日(金)6時10分配信

人生100年時代にお金の不安を解決する方法は2つ

 2020年9月15日に厚生労働省が「全国の100歳以上の高齢者は過去最多の8万450人となり、初めて8万人を超えた」と発表しました。昨年から9176人増えて、なんと50年連続で増加だそうです。そして、見逃せないのが、女性が88.2%を占めていることです。

Photo_20201012134101

 なぜお金を貯めなくてはならないのか、それは、長生きするからです。お金のご相談にのっていると、「私はそんなに長生きしないから」とおっしゃる人もいますが、次の数字を知ると、考え方が変わるかもしれません。

 平均寿命は、現在、男性81.47歳、女性は87.45歳ですが、平均寿命というのは、0歳児が何歳まで生きるかということです。死亡率の高い幼児期を越して生きた場合は、ある年齢の人があとどのくらい生きるかという平均余命を見た方が現実的なのです。

 例えば、60歳の平均余命は23.97年、女性は29.17年です(厚生労働省・令和元年 簡易生命表より)。しかしこれはあくまで平均値で、国立社会保障・人口問題研究所の予測では、30年後の2050年、男性の4人に1人は93歳まで、女性は98歳まで生きるとされています。まさに「人生100年時代」というわけです。

 老後は、公的年金をベースに、それまで貯めたお金を少しずつ取り崩して生活します。今の収入は、現在の生活費ですが、将来の自分を支えるお金でもあるのです。

 さて、新型コロナウイルスの影響で、収入がダウンした人もいるでしょう。これから減りそうだという人も多いかもしれません。先行きの不安から、目下の家計の貯蓄残高も上昇傾向にあります。

1:計画的にお金を貯めるそのためには人生設計の基本公式でチェックを

 しかし、将来の不安を解消する方法は2つあります。1つ目は、当たり前ですが、「計画的に貯めていくこと」です。それ以外の方法はありません。一部を運用に回して、長期的にお金を増やすことも、資産形成としてはぜひ考えたいところですが、まずは、漠然とした不安を解消するために、今、自分がいくら貯めていかなければならないのかを知ることです。

 漠然とした不安は、ときに間違った行動を引き起こし、かえってその人のお金を減らしてしまうこともあるからです。例えば、貯蓄には不適切な商品を買ってしまうなどです。

 さて、では、自分はいくら貯めていかなければならないのかをチェックしてみましょう。必要貯蓄率を知るのは簡単です。以前もご紹介しましたが、「人生設計の基本公式」で知ることができます。

Photo_20201012134201

具体的事例:世帯収入年収720万円の3人家族の場合

Photo_20201012134301

 具体的事例で見ていきましょう。大沢恵子さん(仮名・派遣社員・36歳)は、夫(会社員・36歳)と7歳の子どもの3人家族です。世帯の現在の手取り収入は、約550万円(年収720万円)で、現在の貯蓄額が300万円です。今後、今の働き方を続けるとして、「必要貯蓄率」を求めてみましょう。

 必要貯蓄率は、約17%です。今後、これを守っていくと、65歳以降の老後生活費は月30万円が確保できます。

 さて、ここで一つ、ご提案があります。今、恵子さんは、派遣社員として、年収200万円ほどの収入を得ています。これももう少し働く時間を増やして月額3万円増(年収236万円)とするとどうでしょう。

 将来受け取れる年金は約5.7万円増加します。フルタイムで働いて、仮に年収を300万円とした場合は、約16万円増えることになります。

2:一生受給できる公的年金を少しでも増やしておくこと

 日本の公的年金保険は、働いたほど年金を増やせる制度となっていて、保険料に応じて給付が行われる就労促進的な制度です。寿命の長い女性は特に、一生受け取れる公的年金額を少しでも増やしていくことが将来の安心につながります。つまり不安解消に有効な2つ目のポイントは、「年金受給額を増やす」ことです。

 日本の公的年金保険は、65歳の年齢に達したら年金を受け取らなければならないというものではなく、60歳以降70歳までの好きな時期から受給を開始できる自由選択制です。今後は75歳まで期間が延びることになっています。

 仮に、65歳で受給を開始すると、夫婦で326万円ですが、70歳まで受給を待てば(年金を繰り下げ受給する)、約463万円に増えます。年金を受給しない間は、70歳まで働き続けることになりますが、フルで働くというより、なるべく貯蓄を減らさないようにするという考えでよいと思います。

 公的年金は、「長生き」という「不確実性(リスク)」への備えを目的とした「保険」です。しかし、あえて損得で考えてみると、70歳まで繰り下げをした5年間の未受給分1300万円は、受給開始から11年11カ月で元を取れます。

 公的年金は、物価が上がったり、現役世代の賃金が上がったりすれば、ある程度それにあわせて増額されます。例えば、民間の個人年金保険などは、契約時に受給額が決まるので、今後、インフレになろうとも増額はありません。つまり、お金の価値が下がって、モノを買う力が減るということです。公的年金はとても心強い存在なのです。

 老後の安心を作るには、なるべく働き、受給できる公的年金を増やし、かつ、必要貯蓄率を守って貯金をしていきましょう。

 野村宏伸「8000万円を踏み倒されてアルバイト生活へ。逃げなかったから今がある 

婦人公論.jp 2020年10月11日(日)12時31分配信

 1980年代、テレビドラマ『教師びんびん物語』で大ブレイクした俳優の野村宏伸さん。最盛期の年収は2億円を超えるなど順風満帆の人生でしたが、お金のトラブルから30代でどん底に突き落とされ……(構成=丸山あかね)

* * * * * * *

工場が倒産し一家離散

 コロナ禍で失業したり収入が減ったりして、経済的な不安を抱えている人が少なくないと聞きます。お金の悩みは、単になくて困るというだけでなく、プライドや希望をズタズタにして、生きていく気力さえ奪ってしまう。お金に翻弄されてきた経験上、僕にはよくわかります。

 僕も今、厳しい状況におかれていますよ。予定していた舞台が飛んでしまえば、たちまち収入は断たれてしまう。とはいえ、もとより役者という仕事は水物だと肝に銘じているからか、まったく動じてはいません。それとも、試練を通じて心が強くなったのか……。

 僕の場合、生まれ育ったのは幸運にも裕福な家でした。わが家は祖父の代から都内で化学薬品工場を経営していて、父は二代目社長。当時、暮らしていたのは200坪くらいの土地に立つ豪邸で、庭の池には鯉が泳いでいました。家族旅行で初めてハワイに行ったのは、まだ1ドル300円以上の時代だった、小学校の低学年の頃でした。

 でも当時は幼すぎて、普通の金銭感覚というものを知らず、「それが当たり前」。何のありがたみも感じていなかった。そればかりか僕はお金にルーズな父の背中を見て育ちました。父は人から頼まれると二つ返事でお金を貸してしまったり、簡単に何千万円もの保証人になってしまったり。

 母は「お父さんはお人よしだから」と言っていましたが、今思えば、見栄っ張りだったのでしょう。もっともこれは今だから言えることで、30代までの僕は、そういう気風(きっぷ)がよく男気のある人をカッコイイと思っていた節もありました。

 高校1年のある日、いつものように学校から帰宅すると、両親から「すぐに家を出て逃げなければ」と告げられました。工場が数十億円の負債を抱えて倒産したから、と。僕と妹はわけがわからないまま別々の親戚に預けられ、一家離散となったのです。

 とはいえ、僕たち子どもに悲愴感はそんなになかった。僕はいつも通り高校に通って友達に会っていたし、親戚の家に帰れば仲のいい従兄がいる。ただ、校門で強面(こわもて)の債権者が僕を待ち伏せしていたのは嫌でたまらなかった。車の中に連れ込まれ、「親はどこにいるんだ」と詰問されても、「知りません」としか答えようがない。

 タクシー運転手の職に就いたと父から連絡があり、再び家族4人で暮らすことができるようになったのは、工場が倒産して10ヵ月くらい経った頃です。でも住まいは小さなマンションの一室で、食べていくのが精いっぱい。そのうえ父はギャンブルに走り、ほとんど家に帰ってこない状態で……。後に両親は離婚しました。

賞金が欲しくてオーディションに

 高校時代は僕の人生における第一次氷河期でしたが、妹が勝手に応募した角川映画『メイン・テーマ』の薬師丸ひろ子さんの相手役オーディションに合格したことで、運命が大きく変わっていきます。高校卒業を控えた当時の僕は、父の失敗を目の当たりにしていたので、収入の安定したサラリーマンになりたいと考えていました。それなのに映画のオーディション会場へと出かけたのは、やっぱり賞金が欲しかったから。優勝者は500万円、推薦者は100万円と高額だったのです。

 2万3000人もの応募者の中から自分が選ばれたことは確かにうれしかったけれど、驚きのほうが大きかったですね。もらった賞金は家族のために使いました、と言いたいところなのですが……200万円くらいの新車を買ってしまいました(笑)。あとは「生活の足しにして」と母に渡したり、貯蓄をしたり……。

 このときはまだ役者として生きていこうとは思っておらず、「とりあえず、この1本に出て終わり」と考えていました。もともと自分で憧れて入った業界でもないし、続くとは思っていなかった。しかし、デビューの翌々年、僕は『キャバレー』という作品で主役に抜擢されます。僕は角川春樹事務所に所属して固定給をもらうように。デビューした頃の月給は同世代のサラリーマンと同じくらいで、15万円ほど。それが『キャバレー』以降は30万円になり、大出世した気分でした。(笑)

 そして、撮影現場で先輩方と話すうちにお芝居の楽しさ、やりがいを知るようになり、俳優という職業にのめり込んでいきました。

母のために買った2億円の豪邸

 その後、もう一作角川映画に出演したところで角川春樹事務所から芸能部門がなくなり、知人の紹介で事務所を移籍。すぐに決まったのが、田原俊彦さんと共演したドラマ『教師びんびん物語』の榎本英樹役だったのです。ドラマの大ヒットに伴って僕も顔が知られるようになっていき、CM出演など仕事のオファーがバンバン舞い込んできました。しかも新しい事務所での給料は歩合制だったので、20代後半で最高月収約6000万円ということもありました。まさにバブル期です。

 月末に桁外れの金額が口座に振り込まれることに最初は歓喜していましたが、徐々に金銭感覚が麻痺していきました。そのうち、通帳を経理の方に預けっぱなしで、自分でいくら稼いでいるか、使っているかわからないという状態に……。そして、「自分に買えないものはない」などと大いなる勘違いをするようになっていったんです。実際、ベンツやポルシェを所有して有頂天になっていました。

 一番高額だった買い物は、母を喜ばせたい一心で28歳のときに購入した世田谷区内の家です。敷地面積は110坪、50畳のリビングがある3LDKの家の価格は2億4000万円ほどでした。頭金を1億円入れて20年ローンを組んだのですが、利息が高くて、月の返済額は80万円くらいだったと思います。余裕で支払える予定だったんです。

父と同じ過ちを犯して……

 ところが30代半ば、僕の人生に第二次氷河期が訪れます。中途半端な年齢に差し掛かり、ニーズが減ってしまったんですね。仕事のオファーが激減しました。かといって自分がどう変わるべきかもわからず、俳優として停滞期を迎えたのです。

 こうなると、自宅の50畳のリビングにかかる冷暖房代なども気になり始めます。光熱費だけで月10万円くらい払っていましたからね。

 さらに、大きな間違いも犯しました。親しくしていた複数の友人に、トータル8000万円ほどのお金を貸してしまったのです。ある日、それまで散々ご馳走してくれていた友人から、不動産を買うという名目で「月末には返すから」と言われました。友達が困っているのだし、銀行にお金があるのだからということで、僕は5000万円を渡してしまった。

 これを皮切りに、遊び仲間から事業を始めるのでと持ち掛けられて1000万円、経営するカフェの運営資金が足りないと泣きつかれて、ポンと1500万円……。彼らとは昨日や今日のつきあいではありませんでした。だからこそ信頼して貸したわけですが、その後はことごとく音信不通に。いまだに一銭も返してもらっていません。

 僕は四の五の言わずに貸すのが男らしい行為だと思っていたし、ケチな男だと思われたくなくて、「貸した金を返してくれ」と催促することもしなかった。本当に馬鹿でした。当時、すでに結婚していて、子どもも2人いたのに、父と同じ過ちを犯してしまうなんて。しかもこんなお金の悩みを人に打ち明けるなど、当時の僕には考えられなかった。プライドが邪魔をして、人に助けを求めることができずにいたのです。

友人に1000万円借りたことも

「一言相談してほしかった」と訴える妻とは、当然のごとく喧嘩が絶えず、険悪に。プライベートも仕事も八方塞がりだった30代後半が一番苦しかったかな。子どもの学費を払うため、恥をしのんで友人に1000万円借りたこともあります。44歳の頃には、生活のために友人が経営する中古車販売店でバイトもしました。俺は何をやっているんだろう、とか思いながら……。

 そりゃ、貸したお金のことを考えない日などありませんでした。次第にそのことばかりが頭の中を占めて、自分がおかしくなりそうだった。だから、いつからか、もうお金のことを考えるのはやめようと決めました。

 月々の家のローンの返済もつらくなって、返済額を減らしてもらうなど手を尽くしたこともありました。そしてかなり迷いましたが、家を売却することに決めたのです。2011年のことです。

 同じ頃、妻とも離婚が決まりました。子どもたちには申し訳ない気持ちでいっぱいでしたが、別れる家族が暮らしていけるようにお金を渡し、家も手放して、借金もなくなった。すると気持ちが楽になって、気づいたらもう一度、役者として頑張ってみようかなという気力を取り戻していたのです。

執着心を手放し前を向いて

 まさにゼロからの再スタートです。僕はまず、事務所から独立しよう、と考えました。個人事務所を設立して、なんでも自分でやってみよう、と。実行に移したところ、田原俊彦さんと再会するという企画のオファーがバラエティ番組から来たのです。

 仕事を選んでいる場合ではないと引き受けたら、番組を見ていたテレビ局のプロデューサーからドラマ日曜劇場『とんび』(13年)への出演オファーをいただきました。そして、このドラマで頭を丸めて挑んだ僧侶の役が、役者としてのターニングポイントになりました。

 個人事務所を設立したことで、これまで以上に仕事の流れや、自分に求められているものを理解するようになりました。お金に関してもそうです。ギャラがいくらか、自分できちんと把握していますし、お金の管理も徹底しています。もう、誰かに通帳を預けるなんておそろしいことはしません。(笑)

 角川映画のオーディションを受けなければ、そして個人事務所を立ち上げていなければ、今の僕はなかった。行動を起こすと、人との出会いが生まれます。人との出会いから新たな仕事が生まれ、自分が助けられたりする。

 友達に借金を踏み倒された後、正直、「あの金さえあれば」と貸したお金に執着していた時期もありました。でもそれでは悪縁を断ち切れない。僕は人のせいにするのをやめ、「不義理する人を見抜けなかった自分のせいだ」「お金を貸した自分が悪いのだ」と考えを改めることで執着心を手放し、前を向くことができた。

 お金に苦しんだ30代後半から40代まで、本当につらかったけれど、僕は人生を断つことだけは考えませんでした。それは、自分が行動を起こすことによって出会ったいい友人に支えられたから、そして「つらいときこそ逃げない」と自分に言い聞かせていたからです。あきらめなければ、きっと道が見つかる。

 幸い、今は俳優としてのオファーも増え、若いときには思いもよらなかったさまざまな役をいただいて、毎日が充実しています。50歳で今の妻と再婚し、子宝にも恵まれました。

 今、僕は豪邸にも高級車にも関心がありません。経験したからということもあると思いますが、何よりも今の家族を守りたいという気持ちが強いのです。

 目下の最大のテーマは「老後にどう備えるか」。でも結局のところ、目の前にある仕事をきちんとこなすことが大切なのだと思います。あとは節約でしょうか。物質的には質素ですが、家族であれこれと吟味するのが楽しくて、精神的には満たされています。今さらですが、地に足のついた暮らしができるのはありがたいことですね。

 

2020年10月11日 (日)

【耳学】「難病ALS(筋萎縮性側索硬化症)とは」どんな症状なのか

 箸が持てない…難病ALSの人気声優が足の次に感じた手の異変 

現代ビジネス 2020年10月10日(土)7時02分配信/津久井 教生(声優・音楽家)

 ALS(筋萎縮性側索硬化症)を検索すると「感覚があるままに体が動かなくなる病気」という説明が多くあります。もう少し詳しい記事を探すと「筋肉が動かなくなってしまう」という説明がなされています。ではこの「感覚があるままに動かなくなる」という状態はどのような感覚なのか? 

----------
ニャンちゅうなどの声でおなじみの声優・津久井教生さん。2019年3月に突然転んだことから異常を感じ、半年の検査入院の末、9月にALSと診断されました。告知から1年経った今、ブログでは要介護4になったことも明らかにしています。ALSとはいったいどのような病気なのか。
----------

はじめはなんともなかった

 ALSに気づいたきっかけは下肢(足)の異常で、病名がわかる前から「足が動かなくなっている」と認識していました。しかしながら足に続き、検査してALSという病名が分かる直前からあらわれ始めた、上肢(手)が動かなくなる現象に対しては、さらなるショックを受けました。

 もちろん下肢(足)が動かなくなる事は大変な事です。役者としても年に数本ゲストとして出演させていただいた舞台での、私の得意技の演技でもある「客席乱入」は健全な足さばきがあってのものです。また「絵空事計画」という朗読ライブ集団を主宰し、事務所の若手声優の皆さんと「81ライブサロン・絵空事計画・朗読ライブ」を定期的に上演している身分として、下肢が動かなくなるのもたしかにショックなのです。しかし高校生からライブハウスに出入りさせていただき、音楽も職業にしている身としては、手が動かなくなり「楽器が弾けなくなる」のはかなりのダメージです。

 始めの頃は上肢(手)は「なんともありません」……と言ってもいい状態でした、足の違和感をメチャクチャ感じている2019年3月から5月までは足の違和感と衰えを腕力で補っているくらいでしたから。

 体育座りから立てなくても、そばにあるものにつかまって軽々と立ち上がる、もちろん腹筋の力もあるのですが、引き寄せる力は全く問題ありませんでした。布団から起き上がるときも腹筋と同時の手の反動で上半身を起こし、そこに足の力をうまく乗せて立ち上がっていました。後々にPT(理学療法士)さんをはじめとしてケアマネージャーさんや様々な関わってきた方々から言われたのですが「運動神経」と「体バランス」で下肢の不具合を上手く補っている、という事でした。

 そのように補えた理由は「上肢(手)が動く」からでした。そして私はこの時点では上肢(手)はまったく問題ない個所だと思っていたのです。

当然あらわれた腕の異変

 5月に整形外科に受診に行った後の経過観察の1ヵ月で「整形外科的に異常なし」という診断結果となりました。その際(6月下旬)に主治医から「他におかしなところはありませんか?」という問診をされました。

 実はその二日前に転びそうになって堪えた時に、はじめて右手に違和感を覚えていたのです。左手に持っていた杖でバランスを取って、右手で何かを握って体を支えるという動作をした瞬間とその後ほんのしばらくの間、肘のすぐそばと二の腕の「ピクピク」が治まらなかったのです。この「ピクピク」は足には顕著に現れていた症状で、この時点では「歩けなくなっている原因」の根源ではないかと思っていました。

 「はぁっ? なにこれ? なんでピクピクが手にきてるの?」

 何が何だかさっぱり分かりませ~んという感じです。しかし、その後は「ピクピク」はあらわれませんでした、その時の瞬間とその後ほんのしばらくだけだったのです。ですからそんなに心配はしなかったのですが、ものすごく印象には残っていました。

 問診された時にそのことを忘れるはずがありません。転びそうになったのを支えたとはいえ、「手の方にも少し変な感覚が数日前にありました」と軽い感じで報告すると、診療室の雰囲気が少し変わりました。ベテランの女性看護師さんも一緒にいたのですが、主治医と同じように「えっ、手にも?」という大きな反応があったのです。

手の前兆をきっかけに次のステップへ

 「津久井さん、すぐに院内の神経内科を紹介しますので受診してください」

 結果として、数日前に転びそうになったことは、良いタイミングでした。なぜなら、手にもあらわれた「ピクピク」が分かった事で、次の神経内科の受診というステップにつながっていったからです。もしかして主治医が手のことを知らずに、足だけの不具合の認知だったら、この速さで次の段階、神経内科にまで行けなかったのかもしれません。

 そうなのです、ALSは複数個所の症例が出て診断されることが通例なのです。

 神経内科の主治医は私に対して、重症筋無力症の簡易検査である「ボールペンを目で追う事での眼球の動き」「体育座り」からの立ち上がり検査をしました。当初はALSよりも重症筋無力症を疑っていたのです。しかしこの時にはごくたまにではあるが通常でも感じられるようになった「肘のあたりと二の腕のピクピク」の話を受けて、現在の大学病院への転院を薦め、診療を受けることを提案してくださったのです。

 こうして下肢(足)の症状と上肢(手)の症状が合わさったからこそ、神経内科の病気の疑いが強くなったのです。

 それから検査入院までの1ヵ月半で上肢に自分でも分かるような疼きのようなモノが現れ始めました。動かしにくくはないのですが、腕を上にあげる時に明らかな重い感じとブレーキがかかるような感覚を受け始めたのです。下肢の兆候や違和感から遅れる事10ヵ月ほどで、上肢の方にも明らかに「ピクピク」の反応が出始めました。

自覚できてしまった進行

 どんな感覚なのかをもう少し説明しましょう。握り拳にした腕を曲げたり伸ばしたりします。そうすると、肘の内側や二の腕の内側部分が「ピクピクッ」と勝手に動くのです。足の「ピクピク」よりも私はさらに強く実感した症状でした。

 検査入院での病名探求は消去法を基盤としています。これは以前の記事で紹介した通りです。明らかな下肢(足)の筋肉の減少とALSの特徴の症状、それに加えて上肢(手)に現れたピクつきと筋肉減少の状態。そして最終的に「針筋電図検査」の画像にはっきりと現れたALSの波形によって診断が確定しました。

 この時点で少し私はALSをなめていたと思います。「3年から5年で寝たきり、早い人は1年で」などと説明にはありましたが、「確かに足は酷いけど、手は以外と進行していない気がするから、そんなに早く動かなくならないのでは」と思っていましたから。

 私は自分をものすごく個人差のあるALSの「進行の遅い方」だと思い込もうとしていました。特に手に関しては情報を得たかったのですが、今年の3月から現在までコロナウィルスの影響でほとんどALS患者の交流がネット以外では不可能になり、なかなか比較することが出来なかったからです。

 診断を受けて出会った数少ないALS患者の皆さんから「上肢が頻繁にピクつくと危ないらしい」という情報を得てショックでした。ALS罹患からずっと上肢(手)は「ピクピク」しているからです。

 自分では進行が遅いと思っていたし、そう願っていたのですが、上肢(手)の進行は残念ながら進んでいきました。2019年11月にはピアノなどの楽器を弾き続ける筋力が無くなりました。

手が上がらなくなるまで

 腫瘍を2019年12月に摘出し、年が明けた2020年、少し手のピクつきが治まった感じがありました。「しめた」と思い、2月からのリハビリで毎回握力を計りながら、ベッドの柵を握ったり、ハンドグリップやチューブの運動量を多くしてみました。しかし残念ながら落ちた数値や運動量を戻すことはできませんでした。

 ASLは本当に回復はおろか維持も難しい難病です、良くて進行を遅らせるだけです。

 何とか今年の2月は声優養成機関の授業をロフストランドクラッチ(杖)で乗り切りました。しかし2019年9月に借りた際にはかなり歩けたのに、だいぶゆっくりになりました。原因は足だけではなく、手の筋力の低下も否めません。足に気持ちが奪われがちでしたが、上肢の筋力もかなり落ちていたのです。「歩く」という行動は上下のバランスによりできることなのですから。

 3月には左手でコードを押さえることができても、右手が動かずにギターが弾けなくなりました、最後まで何とかなっていたウクレレも5月に最後だと思い、やっとの思いで「お~い飼い主」という曲を弾いて最後になりました。演奏を続ける体力が奪われた感じです。休み休みなら何とかなったのですが。

 6月の時点で左腕はまだ上まで上がりましたが、右手は肩よりも上に上がらなくなりました。7月にはものを持ち上げる事が困難になり、普通に食事が出来なくなり、箸ではなくスプーンやフォークになりました。8月にはキーボードが打ち辛くなりました、9月には左腕の上がりにくさも「ピクピク」と共に現れ始めました、驚くべき進行です。

 私の場合は少し左肩に痛みはありましたが「ほとんど大きな痛みが無い」のに動かなくなりました、これもALS独特の進行です。

 そして現在10月では、右手は自力で上げる事が困難になりました、まだ動いている左手で介添えして持ち上げています。握る力がまだ少し残っているのでそれで補っていますが、日常生活のほとんどすべてが出来なくなった感じです。

 夫婦で頑張ってきましたが、足に続き手も動かなくなって来ました。まだこの文章は自力でキーボードで打っていますが、いよいよ介護の方や医療の方に自宅に入っていただく段階になりました。

 手足の次は「」。人気声優が難病ALSについて感じていること 

現代ビジネス 2020年10月24日(土)7時02分配信

 ALS(筋萎縮性側索硬化症)という言葉を検索すると「感覚があるままに体が動かなくなる病気」という説明が多くあります。もう少し詳しい説明を探すと「筋肉が動かなくなってしまう」という表記がなされています。ではこの「感覚があるままに動かなくなる」という状態はどんな感覚なのか? 今回は私の現在での声や呼吸器系のお話をしたいと思います。

----------
2019年9月にALSに罹患していることを公表した津久井教生さん。ニャンちゅうをはじめとしたキャラクターの声でおなじみの人気声優であり、音楽家でもあり、舞台にもたつ役者でもあります。津久井さんが最初に違和感を抱いたのは「足があがりにくい」「突然転ぶ」ということでした。歩くのが困難になり、手は大丈夫と思いながら、右手も動きにくくなり、ピアノやギターを弾くことができなくなっていきました。それでも声優としての活動は現在も続けています。声優にとってのもっとも大切な声のこと、呼吸器のことを、いま改めて綴っていただきます。
----------

呼吸器系にも症状は出ていたのかもしれない

 2019年3月くらいから足の「ピクピク」を感じると同時に筋肉の減少を感じ始め、何もないところで転んだりして異変を感じていましたが、前回お伝えしたように、当初上肢(手)には全く異変は感じていませんでした。では声や呼吸器系はどうだったのでしょうか? 

 実は2019年3月、ほとんど声が出なくなった時があったのです。

 2019年1月から3月まで、私は連続で舞台に出演していました。2月までは大きな舞台でも当然のように声を響かせて台詞を客席に届けていたのですが、3月になると声が割れてきて、しっかりとした音声が出にくくなってきました。よく声枯れなどで起こるように、音が低くなって割れた感じになり、キーもそのままの酷いハスキ-ボイスと思っていただければわかりやすかと思います。

 本来であれば「大事な声が出ない!」と驚くところでもあるのですが、私はニャンちゅうとまではいかずとも、基本的にハスキーボイスなのでした。そのうえに酷い花粉症で、毎年「3月は津久井の声はいないものと思ってください。」と公言するくらいに「鼻声になる以上の声の出しにくさ」を経験してきたのです。確かに私自身も、そして周囲からも「今年は酷いですね」と言われるくらいの声の劣化でした。でもその声でもしっかりと発声することで言葉は伝わります。またお仕事のキャラクターも一部を除いて「ハスキーな発声部分を利用」しての演じ方でしたので、困る事はありませんでした。唯一ストレート系のナレーションの役だけは避けてもらっていました。

 「今年は例年より花粉が酷いんだな」と思い込んでしまっていたのです。

一瞬で声がはじけるように出なくなった

 先述の理由で、私の場合は花粉の季節にはスタジオ収録の仕事を避けて、舞台やイベントを中心にするというのが通例なのでした。

 3月の舞台の役は速射砲のようにしゃべり、声を張り上げる役でした。何回も出演させていただいている朗読劇で今までもその役をこなしていたのですが、ある日見せ場のシーンで「プツン」という感触が背中と喉に来て、声がはじけるように出なくなりました。

 ボイストレーナーとして基本的な発声には自信があったのですが「わっ、さすがにやっちゃったかな?」と思いました。

「教生さん、大丈夫? 尋常じゃない声の出かたでしたけど?」
「さすがにちょっと驚いたけど……今出てるよね、声?」
「出てますけど、出てるってだけな感じです。」
「明日から2日間休みなので、声帯を休めるよ」

 声帯を痛めたら、ケアして休めるしかありません。これで声が出なくなったら病院です。しかし、次の日にはそこそこ出るようになり、数日である程度コントロールできるようになりました。もちろん声質がすぐに戻るはずもありませんが、もともとのハスキーの声が凄みを増した感じになるので、そのまま臨場感としての音声としてお芝居に利用してしまったのです。無事に何とか公演を乗り切ると仲間たちやお客様から……。

「本当に声帯が強いんですね」
「普通だったら、舞台おりてますよ」
「いつもよりもハスキーな声、迫力ありました」

 などとマイナスな感想がほとんどなかったのです。それで自分の中でやり過ごしてしまっていましたが、確かに背中と首の真ん中あたりの筋肉がいつもと違っていたのかも、支えがゆるかったのかもしれないと振り返ってみると感じるのでした。

 でもこの時も「声」はしっかりと復活してきたのでした。

自覚はなかった呼吸器系。でも…

 もちろんこの事は検査入院の時に聞かれた「呼吸器系の違和感」の時に報告はしていました。しかし自分としてはその後にすっかりと声が復活していたので、上肢(手)や下肢と違って筋肉などの劣化や減少は感じていないと伝えていました。

 ただ、呼吸器系は大丈夫なのですが、ものすごく肩がこるようになってガチガチになる度合いが強くなっているのは感じていました。数年前まではそうでもなかった、マッサージに行きたいという気持ちがいつも以上に高まっていたのも事実です。でもこれは多忙や加齢で誰でも感じうる症状だろうと思っていました。

 ましてや検査入院の時に可能性があるものとして挙げられていた病名を知っていましたから、呼吸器系に該当反応の症例が出ると「声」を失う病気に該当するためALSでありたくないという気持ちが強かったのも事実です。

 主治医は「球麻痺」の部分もしっかりと調べましょうと、針筋電図検査も含めて色々と検査しました。球麻痺とは嚥下障害・咀嚼困難・発話障害(はっきり話せない)・発声障害(声が出せない)・構音障害(呂律が回らない)などの症状を起こすものです。

 たぶん針筋電図検査では下肢の次に軽く反応が出ていたのだと思います。そして初めて検査した時から必ず「舌」を見られていたのですが、検査終盤に「津久井さん、舌痩せましたよね」と言われました。私は巨舌症まではいきませんが、口の中に納まりきらないくらいの、かなり大きめの舌だったのです。それがいつもよりも普通に口に収まるくらいに痩せた感じがしました。

 あまり鏡も見ていませんでしたし、動かすことが大丈夫だったので、痩せたことに気がつかなかったのでした。当たり前なのかもしれませんが、医師の凄さを感じさせられました。

喋れなくなることが決まってしまったけれど

 下肢から始まって筋肉が減少していき歩けなくなり、上肢(手)にも症状が現れ始めて動きが悪くなり、球麻痺の症状として舌がはっきりと痩せて、針筋電図検査も合わせて「ALS罹患」が確定しました。

 やはりショックは大きかったです、そしてこの先の事をどのように事務所や仲間たちに相談しようかと思いました。検査が終わって病名がはっきりしたら出来る限りの事をしようと思っていました、何よりも検査入院の期間収録も授業も待っていただいていました。かなり気持ちがブレブレになって「終わった」と頭の中で綺麗に荒海の中から「END」マークが出ました。

 そんな中、こんな思いが浮かびました。

「声は今のところ大丈夫なんじゃない?」

 足がドンドンと動かなくなって、かみさんと歩いていた時に「声は大丈夫なんだけどな」と何度も言いました、最後まで授業をした時も生徒さんから「声はいつも通りですね」教務さんから「変わらない声ですね」と言われました。入院中も看護師さんや検査で医師の方たちと話していても「声には出ていない感じですね」と言われ、PTさんとリハビリルームで発声練習をして「いい声ですね」と言われていたのでした。

 そして事務所を通して病状を話した結果、各仕事先から「お仕事を続けましょう」という嬉しいお返事をいただきました。

 すぐに『ニャンちゅう! ・宇宙! ・放送チュー! 』『ちびまる子ちゃん』などのレギュラー番組やアミューズメントメディア総合学院などのレギュラー講師としてのお仕事に復帰しました。授業は3時間10分の時間枠で午前と午後で喋りっぱなしのパフォーマンス。声は疲れますが、しっかりとメンテ&ケアすると、次の日には復活していきます。

「この声を守っていこう」

 目標が出来ました。

1年経っても変わらないのが

 12月の腫瘍摘出手術も入院中からガッチリと「発声」などの訓練とケアをしていきました。退院時には「声」だけは劣化を感じない状況で、1月のラジオ番組やイベント、ニャンちゅうの収録にも参加。

 2020年2月声優養成機関の年度内スケジュールをすべて完走させていただき、3月からはコロナウィルスの影響もありましたが、キャラクター・レギュラーの収録の年度内分も完走。『ちびまる子ちゃん』では誕生日も祝ってもらいました。

 4月5月の収録や授業が中止になり、その間はひたすら「ボイストレーニング」を行って、「ボディバランス(体幹)トレーニング」を続けていました。6月に背中の異変も軽く感じたのですが、思い立った時に1日中「声」の為のトレーニングを続けて振り払いました。

 2020年10月の今では要介護4になり、1人でできる事はほとんど無くなりました。10月からは在宅介護のために宅訪の介護の方にも入っていただく状況なのですが、「声」だけは1年前とほとんど変わらない状況を維持しているのです。スタジオ収録では休憩を取りつつ10時間余り車椅子に座っての演技、リモートではありますが2時間10分喋りっぱなしの午前と午後の授業を週に3日こなしています。

 確かにこの後どうなるか分からないのですが、この奇跡的な状況をこれからも維持していきたいのです。もう少しこの状況を続けていき、何が声の維持に効いているのかが見えてきてくれたら嬉しいと思うのです。

 

2020年10月10日 (土)

【殺人ピエロ】実録=スティーブン・キング原作『IT』のモデル

 33人の青少年を性的に虐待し殺害した男「殺人ピエロ」の表と裏 

現代ビジネス 2020年10月9日(金)21時01分配信/阿部 憲仁(桐蔭横浜大学教授)

殺人ピエロと呼ばれた男

 将来ある33人の若者を殺害した罪で処刑された、ジョン・ウェイン・ゲイシーの最期の言葉だ。彼は非常に残忍な方法で青少年たちを性的に虐待し、殺していった。

 極悪な殺人事件を繰り返した彼だが、表の顔は社会的に成功を収めたビジネスマンであり、地域活動にも熱心な一面を見せていた。平時には子どもを楽しませるためにピエロの仮装をすることもあったため、「キラー・クラウン(殺人ピエロ)」と呼ばれ、ホラー映画『IT』に登場するペニーワイズのモデルとも言われている。

Photo_20201010163201

 地域の名士と連続殺人犯。そのような彼の二面性は、どのようにして生まれたのか? 

父親から見捨てられた幼少期

 1942年3月17日、ジョン・ウェイン・ゲイシーはイリノイ州シカゴで生まれた。父のスタンリー・ゲイシーは、自分の技術に誇りを持った叩き上げの熟練自動車修理工だった。彼は家族に対して高圧的で、暴力を振るうこともあったという。

 その父が息子に求めたのは、「男らしい大物へと育つ」こと。ゲイシーのファーストネームの由来は、1930年代からアメリカ西部劇で活躍した俳優、ジョン・ウェインである。「ミスター・アメリカ」とも呼ばれた彼の名前を息子につけるあたり、父は「アメリカ的な強い男」へ育てようとしていたことがうかがえる。

 しかしゲイシーは生まれつき体が弱く、心臓に持病を抱えていた。それを知った父親は彼を完全に見限り見捨て、「しつけ」と称して徹底的に痛めつけていく。事あるごとに「クズ」「間抜け」「オカマ」といった罵声を浴びせながら革のベルトで彼のことを叩き、肉体と精神の両面から圧迫した。

 そのたびにゲイシーはパニック発作を起こして失神したと言われるが、父はそれすらも「周りの気を引くための演技だ」と決めつけてさらに罵倒した。

 しかしゲイシー自身は父親に認められようと必死であり、それがその後の社会的成功へとつながっていく。日常的に虐待されていたものの、ゲイシーは父親に尊敬の念を抱いていたと言われるが、後述の通り、このような父親との関係が犯行の一因となったことは否定できない。

 心臓が弱かったゲイシーはスポーツも満足にできず、高校時代には1年以上の入院を経験している。その結果成績が低下して高校を落第し、職業専門学校へと編入した。卒業後は学校事務として就職している。

 この間、ゲイシーは初めて女性と性的関係を持つ機会があったものの、直前で失神してしまったというエピソードがある。この話を聞いた父は、「お前の中のオカマがまた出てきたな」と言って不甲斐ない息子を馬鹿にした。

Photo_20201010170101

 20歳のとき、父親との些細な口論がきっかけでゲイシーは実家を飛び出す。3ヵ月間ラスベガスで暮らしながら、彼は葬儀屋でのアルバイトで生計を立てていた。防腐処理のため死体の血抜きを手伝いつつ、死体置き場にあるベッドで寝起きしていたという。その当時から死体に対して特別な感情を抱いていたとされるが、詳細は定かではない。

 その後シカゴに戻ったゲイシーはビジネス専門学校へ進学し、卒業後は大手靴販売店の販売員として就職する。営業成績は飛びぬけて良かったため、若くしてエリアマネージャーに抜擢された。同時期に、彼はアメリカ合衆国青年会議所の要職も務めている。

 22歳のときに1人目の妻マリリンと結婚したゲイシーはアイオワ州へと引っ越し、義理の父が所有するケンタッキー・フライドチキンのフランチャイズ店舗を取りまとめるマネージャーへと転職する。この時期には地域の活動にも熱心に参加しており、まさに「地元の名士」だった。結婚2年後には長男、翌年には長女が誕生し、周囲からはまさに幸せの絶頂期かのように見えていた。

 しかしそんな最中、彼は「その後の凶行の予兆」とでも言うべき事件を引き起こす。

 彼が初めて15歳の少年ドナルド・ヴァリューズに出会ったのは、25歳のときのことだ。ゲイシーはヴァリューズに謝礼を支払う代わりに、自宅の地下室でオーラルセックスをしてもらっていた。しかし26歳になったゲイシーが、地元の青年組織の会長に立候補すると、ヴァリューズがこの関係を告発したため、彼は「反自然性交」の罪で逮捕される。当時アイオワ州では、同性愛は犯罪として扱われていた。

 起訴されて懲役10年の実刑判決を受けたゲイシーだったが、刑務所内で高校教員の資格を取得し、模範囚として約1年半で釈放された。なお収監中に妻のマリリンとは離婚が成立している。

 出所後ゲイシーはシカゴの実家へと戻り、資金を貯めて建設会社を立ち上げる。同じ頃に彼は2番目の妻キャロルと結婚し、彼女の連れ子2人と幸せな家庭を築いた。ここでもゲイシーは地元の名士として尊敬され、休みの日にはピエロの仮装で近所の子どもたちを喜ばせていたという。地域の民主党の「顔役」でもあり、カーター大統領夫人と握手している写真も残っている。

 しかしすでに彼の凶行は、水面下で着実に始まっていたのだ…。

地下に拘束し、ゆっくりと首を絞める…

 「禁欲的な刑期を終えた後に犯行が激化する」というのはたびたび見られる現象だが、模範囚として早期に釈放されたゲイシーも、まったく変わらないどころか、むしろ地元のパーティーで好みの少年を見つけてはオーラルセックスさせることを繰り返すようになっていった。

 そして、出所の半年後には、性交目的で少年を自宅へ連れ帰ろうとしたとして、起訴されている(被害者が出廷しなかったため不起訴処分)。この他にも自身が経営する建設会社で働く青年をはじめ、多くの若者と性的関係を持っていた。

 そんなゲイシーが最初の殺人を犯したのは、30歳のときだった。被害者は、旅行中にシカゴのバスターミナルで目を付けられた16歳の少年ティモシー・マッコイ。「シカゴを案内してあげる」そう言って彼はティモシーに近付き、自宅に連れ込んで一晩を明かした。

 ゲイシーの証言によれば、翌朝目を覚ましたら、ティモシーがナイフを持って寝室の入り口に立っていたという。彼はパニックを起こしてティモシーと殴り合い、とっさにナイフを奪って刺し殺してしまったらしい。ダイニングに入ると2人分の朝食が用意されており、料理中のティモシーがナイフを持ったままゲイシーを起こしに来たとわかった。

Photo_20201010164901Photo_20201010165001

 その後ゲイシーはティモシーの遺体を地下室へと運び、コンクリートで固めて証拠隠滅を図る。のちのインタビューでは、殺害直後は疲労感を覚えたものの「死が究極のスリルだと気づいた」と話している。

 逮捕への不安から3年ほど犯行から遠ざかっていたゲイシーだが、ついに33歳の時に2度目の凶行へと至る。この2番目の被害者については、まだ身元が判明していない。そのころすでにキャロルとの夫婦関係は破綻しかけていた。彼は妻に「自分はバイセクシャルである」とハッキリ伝えており、彼女は夫が若い男性をたびたび家のガレージへと連れ込むところを目撃している。

 その後、家の中でゲイポルノが見つかったことや金銭トラブルが原因となって、ゲイシーは34歳で2度目の離婚を経験する。家族と別れてますます青少年を自宅に連れ込みやすくなったことで、ゲイシーの犯行は加速していく。

 その後36歳になるまでの約3年間に、14歳から21歳まで31人の青少年を殺害したと判明している。彼には決まった犯行の手口があり、専門用語で「モーダス・オペランダイ」と言われる。

 まず性交渉を仕事としている青年や建設会社のアルバイトの中からターゲットを絞り、「ポルノを見ないか」と誘って自宅の地下室へ連れ込む。そこで「手品を見せてあげるよ」と嘘をつき手錠をはめて自由を奪うと、心ゆくまで性的虐待を加えたという。

 最終的には、自らの手やひもを使って、青少年を絞殺していった。当時若者の間では十字架のネックレスが流行していたため、ペンを回してゆっくりと首のチェーンを巻き取りながら、ジワジワと絞め殺すこともあった。また彼は一晩に2人の被害者を拉致し、虐待して殺す「ダブル」を好んだ。殺害後も被害者の死体と性的な関係を持ったと言われているが、ゲイシー本人は否定している。

 彼の手にかかった被害者の遺体は、自宅の縁の下に26体、敷地内に3体埋められており、残り4体は近くの川に捨てられていた。そのうち9体は身元がわかっていない。

自宅には、死臭が充満していた

 1978年、ゲイシーが経営する会社のアルバイトの面接に行った15歳のロバート・ピーストが行方不明になったことから、警察は本格的に捜査を開始した。実はそれ以前から、警察は連続殺人犯として彼に目を付けていたものの、彼は地元民主党の有力者であることを利用して、巧みに追及をかわしていた。

 捜査員がゲイシーの家を訪ねた際に、ロバートの遺留品と思われる品やゲイポルノなど証拠品らしきものが発見されたことがきっかけとなる。そこで警察は別件逮捕を決断し、「ゲイシーがマリファナの取引をしている」という情報を根拠に家宅捜索へと踏み切った。家に入った警察を待ち構えていたのは、おぞましい光景だった。

 自宅の床下に埋められた29人の遺体は腐敗しきっていて、家の中は死臭とメタンガスの臭いがひどく、現場の捜査員たちはめまいと吐き気を催した。現場で着ていた衣服には腐敗臭が染みついていて、洗っても取れなかったという。また埋められていた死体が掘り起こされて空気に触れたことで腐敗がさらに進み、死臭も一層ひどくなった。最終的に、捜査員は軍用の防護服を着用して作業に臨んだという。

Photo_20201010165301Photo_20201010165401

 逮捕後、ゲイシーは33人を殺害した容疑で起訴された。公判で彼は「多重人格」だと公表し、自分の中には建設業者、ピエロ、政治家、そしてジャック・ヘンリーという警察官がいると訴えた。犯行は「悪いジャック」が実行していたため自身は無実だと主張したものの、33件の殺人罪で死刑が宣告された。

 ゲイシーを含め複数の連続殺人犯とインタビューを行い、処刑後に彼の脳を分析したヘレン・モリソン医師によると、一般に「多重人格」と呼ばれることもある解離性同一性障害や被害妄想型統合失調症を示す特徴は確認できなかったという。

 その後ゲイシーはイリノイ州内の刑務所に収監されたが、何度も再審請求を繰り返している。しかし文通相手だった少年ジェイソン・モスを刑務所におびき寄せて面会した際に、監視カメラの死角で犯行に及ぼうとしたため、請求はすべて却下された。

 そして1994年5月9日、ジョン・ウェイン・ゲイシーに死刑が執行された。彼が希望した最後の食事は、自身の人生の成功を象徴するケンタッキー・フライドチキンだったという。

青少年を殺すための社会貢献活動

 ここからは、ゲイシーが残虐な殺人を犯してしまった理由を考えていきたい。

 最大の原因は、父スタンリーから受けた虐待だと思われる。ゲイシーのように外部から受けた強いストレスを自分の中で貯めこんでいると、いずれ精神がパンクしてしまう。自分を守るため、彼にはフラストレーションを外へと解放する必要があった。彼の場合、青少年への性的虐待と殺人がその手段だったと言える。

 特に0歳から4歳までは「臨界期」と呼ばれて、人格の基盤が形成される重要な時期である。この時に父親から継続的に受けた虐待が彼の深層心理に深く刷り込まれ、思春期に「性欲」と結びついてしまった結果、性的衝動を覚える度に青少年をターゲットにした凶行へと発展したのだろう。

 犯行を続けるためには、周囲から警戒されずに生活しなければならない。だからこそゲイシーは、ピエロの仮装で地域の子どもたちに風船を配るなど「良い人」を演じて本性をカバーしていた。青少年を定期的に殺害してフラストレーションを発散していたため、実業家や地域の名士として社会的な信頼を維持することができたのである。

 この「相反する二面性」は多くの連続殺人犯に共通する傾向であるが、そのあまりに極端な開きが「ジョン・ウェイン・ゲイシー」という連続殺人犯の大きな特徴だろう。そして、怒りを解放した彼の本当の顔を知るのは、殺された33人の犠牲者だけだったのではないだろうか。

Photo_20201010165601Photo_20201010165701

 同時に、権威主義的な家庭環境も要因の一つとして考えられる。父スタンリーは、自身が成功している姿を見せつけることで、息子を「強い男」へと育てようとしていた。

 このようなメッセージが、ゲイシーの中にも染みついていったことは想像に難くない。子どもは24時間親と一緒に過ごすため、反発して追い出されるよりも親に迎合することを無意識のうちに選ぶ。ゲイシーも父の悪口を言うことはほとんどなく、つねに父親の顔色をうかがいながら生活していた。

 そこから、青少年をターゲットに選んだ理由も見えてくる。父親は、幼い彼をことあるごとに「男らしくない」と非難した。そこで彼は「ゲイの男性を殺害することで、自分の中にある同性への愛情を否定できる」と無意識に感じていたのではないだろうか。

 つまり、自分自身の嫌な部分を他者の中に見出し、それを否定・攻撃し、抹消することで、「自分は違う」という一時的な精神的安定を得ていたと思われる。彼は青少年たちを殺害することで、「どうしても受け入れられない自分自身の一面を否定していた」と言えるのかもしれない。

 最後に、おぞましいほどの「死臭」が充満する家屋で、ゲイシーが何事もなく普通に生活できた理由について触れておきたい。父親から虐待されたことで、彼は自分自身を「父の期待に応えられない情けない存在」、さらには「醜いもの」「汚いもの」「生きていてはいけないもの」だと思い込んでいたからだと考察できる。

 自分の「生」を認めてもらえない者たちにとって、「生きている人間」とともに健全に暮らすことは苦痛なのかもしれない。だからこそ、むしろ「死者」にシンパシーを感じて安心できるのだろう。かつて60名を殺害し「死の医師」と呼ばれた連続殺人犯マイケル・スワンゴは、「患者が死んだ時、締め切った病室内に漂う、乾いた甘い匂いが僕は好きだった」と述べた。ゲイシーも同じ匂いを感じていたのだろうか…。

https://www.youtube.com/watch?v=YLh5wZU1LWk

関連エントリ 2019/09/26 ⇒ 【金ピカ先生】一世風靡した<元予備校教師>享年68歳・・・・孤独死。
関連エントリ 2019/09/25 ⇒ 【大炎上】発達障害の環境活動家(16)を巡る百家争鳴・・・・
関連エントリ 2019/01/29 ⇒ 【特別読み物】なぜ✍「科学の迷信」を信じてしまうのか??
関連エントリ 2016/10/13 ⇒ 【都市伝説】✍全米に広がる<ピエロ騒動>政府も介入

 「銃が“バカ売れ”」NY殺人銃撃事件が増加 マンハッタン中心街でも物乞いの姿 

ABEMA TIMES 2020年10月9日(金)11時08分配信

 10月7日、ユタ州ソルトレイクシティーのユタ大学で副大統領候補の討論会が行われ、野党・民主党候補のカマラ・ハリス上院議員と現職のマイク・ペンス副大統領の初対決となった。

 アメリカのワシントンで取材中のテレビ朝日・布施哲記者は「最もヒートアップしたのは新型コロナの問題。ハリス候補は、冒頭でトランプ政権のコロナ対策を史上最悪の失敗だと厳しく非難した。対して、ペンス副大統領は『当初からいち早く中国からの渡航を禁止していた。必要な対策はとってきた』『むしろこの対策に当時反対していたのはバイデン氏だ』と反論していた」とレポート。

 一方、今回の選挙にテレビ朝日の元アメリカ総局長・名村晃一氏は「トランプ大統領は『郵便投票は不正が働くから良くない』と郵便本部の幹部まで変えてしまっている。選挙制度自体に不安を覚える大統領選になっている」と危機感をあらわにする。

「トランプ大統領は選挙戦に向けて、ある種の分断政策をとってきた。選挙戦の一番の要は自分と違う人の意見ではなく、保守系の仲間を作ること。トランプ大統領は、前回もそれで勝った」(以下、名村氏)

 しかし、ここで問題になっているのが、ニューヨーク市内における治安悪化だ。2020年9月の殺人件数は51件で、昨年と同じ時期と比べると75.9%増加している。銃撃事件は152件で、こちらも昨年の同時期と比較し、126.9%の増加だった。

 また、ニューヨーク市における2020年1月から9月までの犯罪統計を見ると、昨年の同じ時期と比べて殺人は40%増加、銃撃事件は91%増加を記録している(※データは全てニューヨーク市警察ホームページより)。

 治安悪化について、前述の名村氏はこう述べる。

「窃盗などの件数は減っているが、殺人や銃撃事件が増えている。原因の1つは新型コロナに伴う経済状況の悪化で、治安も悪化しているということ。2つ目は、銃そのものの出回っている数が増えているということ。大統領選がある年は、銃の売り上げがかなり増える。大統領選の年は毎回『ひょっとしたら、次の政権が銃規制をしてしまうんじゃないか』『今のうち買っておこう』という動きがある。4年に1度は“バカ売れ”状態で、今年も銃弾が買えないくらい売れている。アメリカは日本と違って、銃を持つことは憲法で認められていて、自分の身は自分で守るというのが、アメリカの基本的な考え方。銃を持つ人が増えると犯罪にも使われるようになる」

 今年9月に仕事の関係で渡米したという名村氏。街の様子について、不安を覚えたという。

Photo_20201010172501

「お店はしまっていて、オフィスもテレワークに切り替えている人が多く、マンハッタンの中心街でも人が少なかった。土曜の午前中は夜じゃないのに歩くのが怖いくらい。ホームレスも増えていて、停まっている車に物乞いする人もいる。前はいなかったが、マンハッタンの中心街でもそういう人が出てきている」

 先行きの見えない経済状況の悪化。11月3日のアメリカ大統領選挙がどのような結末を迎えるか、注目が集まっている。

 

2020年10月 9日 (金)

【第99代首相】見えてきた✍菅政権の「南北朝鮮政策」

 ベルリン慰安婦像設置許可取消 韓国は茂木外相批判 

産経新聞 2020年10月9日(金)0時07分配信

 ドイツの首都ベルリン中心部で先月、韓国系市民団体が中心となって慰安婦像を設置した問題で、像が置かれた地区当局は8日、同団体に1年に限って出していた設置許可を取り消し、今月14日までに撤去するよう求めたと発表した。茂木敏充外相は最近、ドイツのマース外相との電話会談で像の撤去を要請していた。

 茂木氏の撤去要請に関し、韓国外務省報道官は8日の定例記者会見で「民間の自発的な動きに政府が外交的に関与することは望ましくない」と批判した。

 韓国外務省報道官は像を「歴史的な事実に関連した追悼教育のためのもの」だとし、日本政府の関与は「問題解決にならず、日本が自ら表明した責任の痛感と謝罪、反省の精神にも逆行する」と述べた。

 ドイツでの慰安婦像設置は3体目で、今回初めて公共の場に置かれた。

 ベルリン日本との関係重視理由に「慰安婦像撤去命令 

the hankyoreh 2020年10月9日(金)6時32分配信

 ドイツのベルリン市当局が都心に建てられた「平和の少女像」(少女像)に対し、撤去を命令した。

 ベルリンのミッテ区は7日(現地時間)、少女像の設置を主管する韓国関連市民団体のコリア協議会に、14日までに少女像を撤去するよう求める内容の公文書を送ったと、コリア協議会のハン・ジョンファ会長が明らかにした。ミッテ区は自主的に撤去しない場合、強制執行を行い、コリア協議会に費用を請求すると付け加えた。

 ミッテ区は撤去命令の背景として、事前通知もなく碑文を設置し、ドイツと日本の関係に緊張が造成されたことを挙げた。「ミッテ区が韓国と日本の間に対立を起こし、日本に反対する印象を与える」とし、「一方的な公共場所の道具化を拒否する」と説明した。碑文には第二次世界大戦当時、日本軍がアジア太平洋全域で女性を性的奴隷として強制的に連れて行ったなどの説明が書かれている。ハン会長は「まずミッテ区との対話を通じて説得する」とし、現地で連帯してきた50の市民団体と協力して対応する意向を明らかにした。

 コリア協議会は先月28日、ドイツの女性人権団体と力を合わせ、ベルリン市ミッテ区の公共敷地に平和の少女像を設置した。ドイツで少女像が設置されたのは今回が3回目だが、公共の場に設置されたのは初めてで、さらに注目を集めた。これに対し、当時欧州歴訪中だった茂木敏光外相は1日、ドイツのハイコ・マース外相と40分間にわたってテレビ会談を開き、これに対応する動きを見せた。茂木外相は6日の定例記者会見で、当時、少女像の撤去を要求したという事実を明らかにした。

 外交部のキム・インチョル報道官は8日の定例ブリーフィングで、日本政府の少女像撤去の圧力について質問を受け、「少女像は厳然たる歴史的事実に関する追悼・教育のため、民間が自発的に設置した造形物だ。これを人為的に撤去しようと政府が関与することは決して問題解決の助けにならず、日本自ら明らかにした責任の痛感と謝罪・反省の精神にも逆行する行動だ」と批判した。

 八方塞がり文在寅大統領と菅義偉首相の対韓外交姿勢 

デイリー新潮 2020年10月8日(木)11時01分配信/韓永(ジャーナリスト)

条件をつけずに金正恩朝鮮労働党委員長と会う用意がある

 9月25日夜(日本時間26日午前)、動画メッセージを流す形式で行われた国連総会の一般討論演説で菅義偉首相は、拉致問題解決に触れ、「日本の新しい首相として、条件を付けずに金正恩(朝鮮労働党)委員長と会う用意がある」と発言。韓国メディアは「無条件」というコメントをタイトルに掲げ、トップニュースとして報じた。これは安倍晋三前首相の政策を維持すると同時に、「日本飛ばし」を望む韓国政府の期待に反する発言であったためだ。

 韓国政府の切なる平和外交努力にも関わらず、北朝鮮は今年だけで6度にわたり弾道ミサイル発射実験を強行した他、今年6月に南北共同事務所を一方的に爆破した事件に続き、9月24日には韓国の公務員が北朝鮮軍により、海上で銃殺される事件が発生。

 これらは文在寅大統領の支持率が急落する要因となり、韓国国民の北朝鮮に対する世論は最悪のレベルに達している。

 このような状況にも関わらず、「北朝鮮との対話の窓口」を自任する文在寅政府としては、日本の新内閣が「韓国飛ばし」をして北朝鮮との関係改善を望む動向が気になるのは当然だといえる。

 しかしながら、菅首相は韓国に対してはまったく違う態度を示した。韓国との会談には、北朝鮮のケースとは異なる条件を付けたのだ。

実現不可能な条件… それでも菅首相が強行する理由は

 現在の日韓関係悪化の元凶となっている元徴用工について。共同通信は9月30日、「差し押さえられた日本企業の資産がいつ現金化されてもおかしくない状況の中、首相の訪韓はありえない」という外務省幹部の発言を報じている。

 要するに、徴用工問題の解決なしに、菅首相が訪韓して文大統領と会談するのはありえないということだ。

 政権初期から、朝鮮半島における日本の支配に対する反省と謝罪を求めてきた文在寅大統領。

 昨年の日本製品の不買運動で、自国民を扇動して韓国国内の反日感情をエスカレートさせた彼にとって、慰安婦と徴用工問題は、政権維持のための最後の砦といっても過言ではない。

 そのため、文大統領が「日本企業の資産の現金化撤回」という菅首相が提示した条件を履行する可能性は限りなくゼロに近い。

 日本政府の態度は、文政権を混乱させるほどの衝撃であった。自分たちが無視しようとした日本が先に、北朝鮮との関係改善のために条件をつけずに会談への糸口を探っているのだから。

 自分たちの方が「スルー」のピンチに立たされたのは間違いない。

 菅首相が北朝鮮外交の最大懸案とする「日本人拉致被害者」問題。そして、核弾道ミサイル発射などの課題解決について、「韓国政府の役割はさして重要ではない」と菅首相が判断しているのは誰の目にも明らかだ。

Photo_20201009140001

初の電話会談は、文在寅飛ばしの予告だったのか

 これに先駆けて韓国メディアは、9月16日に行われた菅首相就任後初の記者会見において、米国、中国、ロシア、北朝鮮との外交関係について発言しながらも、韓国にはひと言も触れていないことについて、「日本の極右路線の維持」、「韓国スルー」などの刺激的な表現と共に、日韓関係の改善の行方が不透明になったと報じている。

 菅首相からしてみれば、韓国について言及したところで、韓国政府と現与党から『過去の歴史への謝罪』、『慰安婦・徴用工の問題の賠償要求』など、いつもの問題が蒸し返される反応が予想されたため、ノーコメントを貫くのが賢明たったのだ。

 その後、ドナルド・トランプ米大統領やアンゲラ・メルケル·ドイツ首相、ボリス·ジョンソン英首相など、各国首脳らに就任の挨拶をした菅首相。

 韓国メディアでは「文在寅との電話はいつ?」「今回も韓国を無視?」とクエスチョンマークが乱舞する見出し報道が相次ぎ、結局首相就任後1週間が過ぎた9月24日になって、ようやく文在寅大統領との電話会談が実現した。

 もっとも、両首脳が交わした話は儀礼的なものであり、大きな意味はなかった。

 菅首相は、安倍前首相が維持してきた韓国に対する外交政策を伝え、文大統領もまた、日韓の過去の歴史と徴用工賠償問題の解決に言及するに留まった。

 短い会談だったが、菅首相は文大統領の要求をスルーし、日本企業の資産現金化問題について韓国側が解決策を提示するまでは敢えて会う必要なしという毅然とした態度を
示した。

八方塞がりの文大統領、当面の間は反日カードが切れない

 現在、菅首相の韓国に対する態度に韓国国内では、文大統領をはじめ、政権与党が深刻かつ慎重に受け止めているという論評も出ている。

 昨年の反日感情が盛り上がった時期であれば、日本の首相が韓国の大統領を無視したと受け取れる発言が出ると同時に、韓国国内で強い反発が起こっただろう。

 あるいは、日本のビール缶を足で踏み潰し、繁華街でレクサスを壊し、ユニクロの前で営業妨害をするなど、「独立運動はできなかったが、不買運動はする」と、自らを慰めたかもしれない。

 だが、今はまるで何事もなかったかのように静かだ。 韓国内では与党民主党内の文在寅大統領と対立し、有力な次期大統領候補とされた李在明(イ・ジェミョン)京畿道知事だけが「受け入れ難い条件を掲げた菅首相が訪韓することはないだろう」と反応したのだった。

 青瓦台や民主党幹部の中では、共同通信の菅首相の訪韓に関する報道について、取り立てて言及してはいない。

 菅内閣は70%以上の高い支持率でスタートし、北朝鮮には拉致問題の解決に集中すると共に、韓国飛ばしを維持する。

 日朝外交において、曖昧な立ち位置となった文在寅政府を揺さぶる環境がすでに出来ている。

 新型コロナによる国内経済の低迷と対北朝鮮感情の悪化、支持率の下落、さらには北朝鮮の韓国飛ばしなどにより、八方塞がりの文大統領が再び反日カードを切り出せる状況ではないだけに、菅首相もしばらくは今の雰囲気を維持することが日本にも、そして日韓関係の改善を望む韓国にも実利があるだろう。

Photo_20201009140201

 日本学術会議解散してはどうか 

Japan In-depth 2020年10月7日(水)23時00分配信/清谷信一(軍事ジャーナリスト)

【まとめ】

・日本学術会議は極端なイデオロギーに偏向。

・軍事研究に一切協力しない方針こそ「研究の自由」の侵害。

・京都大、学内で軍事研究は実施しないとする基本方針を策定。

 日本学術会議の新会員の推薦を、政府が関連を無視して6名を認めなかったことで、議論となっている。日本学術会議関係者やメディアが「学問の自由」が侵されたという主張しているが、別に政府が「彼らの学問の自由」を奪ったという事実は存在しない。

 単に「日本学術会議会員」というステイタスを得られなかっただけだろう。筆者はこれまで安倍政権、菅政権に対して一貫して批判的な態度をとってきた。だが、その筆者でも今回安保法制拒否の立場の候補者を狙い撃ちしたのは大人げないとは思うが、方向として間違っているとは思わない。

 何故なら日本学術会議は極端なイデオロギーに偏向しており、軍事研究を頭から否定し、まさに「学問の自由」を弾圧している組織だからだ。

 そのやり方は自分たちの主張にそぐわない女性の振り袖やパーマをかけた頭髪を切ったりした「国防婦人会」と酷似している。このような組織に国費を投じ、公務員としての待遇を与えるべきではない。

日本学術会議は軍事研究に一切協力しないという極端な態度をとっている

 学術会議が世間で話題になるのはその政治活動である。2017年には軍事的安全保障研究に関する声明を出した。これは1950年の「戦争を目的とする科学の研究は絶対にこれを行わない」という声明と1967年の「軍事目的のための科学研究を行わない声明」を継承するもので、防衛装備庁の「安全保障技術研究推進制度」に大学が協力するなと提言している。

 この影響で京大などが軍事研究を禁止したが、その範囲ははっきりしない。学術会議は「研究成果は時に科学者の意図を離れて軍事目的に転用される」ため、軍事に関連する分野の研究も禁じているが、この基準でいうとコンピュータの研究は全面禁止するしかない。現代ではコンピュータを使わない兵器は存在しないからだ。

参考記事:学術会議を民営化して「学問の自由」を取り戻そう(池田信夫)

 京都大学は日本学術会議の意に沿って以下の通り公式HPにて軍事研究を禁止している。

「本学における研究活動は、社会の安寧と人類の幸福、平和へ貢献することを目的とするものであり、それらを脅かすことに繋がる軍事研究は、これを行わないこととします」

(参考記事:京大、軍事研究しません。研究活動は「平和への貢献を目的とする」)

 本来軍事研究に協力するしないは個々の研究者の問題だ。「権威的な団体」が圧力をかける問題ではない。それこそ「研究の自由」の侵害であり、憲法違反だ。

 確かに前の戦争の直後であれば、軍部独裁、大政翼賛体制で科学者が意にそぐわず軍部に協力させたれたことに対する反省もあり、世論のシンパシーも得られたらだろう。だが戦後の我が国は軍事独裁国家ではなく、色々と問題はあるにしても「成熟した民主国家」である。学者が軍事研究に協力したら軍事独裁政権が生まれるわけでもない。

 軍事研究を通じて平和に貢献したという研究者はいるがそういう意見が日本学術会議の圧力によって圧殺されている。

 軍事研究の否定=平和というのは小学生レベルの思考だ。登山で山頂を目的とする場合に、麓から一直線に山頂を目指すことだけが、正しく、迂回路を通ったり、現実的な登山ルートを通ることを「悪」であるときめつけるようなものだ。そして無理な登山をすれば遭難は必至である。

 仮に我が国で全く軍事技術を保持しないとしよう。その場合、まず考えられるのは外国の軍事技術との格差だ。端的に申せば、敵国がターミネーター2のようなロボットで攻めてきて、自衛隊は生身の隊員が圧倒的な不利な状況で、竹槍で戦う、ということだ。それは国民も同じだ。近年の戦争では軍隊よりも民間が被る被害の方が大きい。

 そして戦争に負けて占領されれば、主権を失う。日本学術会議が尊重しているであろう「平和憲法」も停止されるだろう。例えば中国に占領されれば、ウイグル人のように、人権や思想、宗教の自由が奪われ、女性は堕胎を強要されることも想像に難くない。

 また自前の技術を持たずに米国に軍事力を依存することも起こり得る。この場合米国に生命与奪権を握られて属国化する(現状でもそれに近い状態ではある)。米国の属国化が進めば、米国の意向に逆らうことができなくなる。また米国の戦争に「属国」として参加させられることにもなるだろう。それをよしとするのか。

 無論、現在の世界では兵器市場で多くの兵器が入手可能であり、大抵の兵器はカネさえ積めば調達が可能だ。我が国のように米国製兵器を常に本命に買うと決めていればボラれるが、複数を競わせれば、高性能なものを安価に調達することも可能だ。

 だが、それらの兵器を調達するためには、技術的な目利きが必要であり、それがなければ現実的な調達はできない。そのためには独自の軍事技術の保有は必要だ。

 日本学術会議は、我が国は兵器を輸入すればいいのだ、という見解なのか、それとも軍備自体がけしからん、というのだろうか。

 後者あれば自衛権を否定し、国家の独立を維持することも否定することになりかねない。

 それは「平和憲法」を放棄してもいいとこことになる。

 また何を持って軍事研究かという線引も困難だ。

 その典型例がサイバー分野だ。サイバー攻撃は相手が軍隊か民間か分からない。そして攻撃対象も防衛省や自衛隊だけとは限らない。株式市場や金融機関、発電所、空港などがサイバー攻撃を受ければ大規模な事故や災害が起こったり、国民生活が混乱を来たしたり、財産が失われる可能性もある。現在は自衛隊は民間への攻撃に対しての防御を行っていないが、今後国家として社会インフラであるネットを守ることは必要不可欠だ。それには軍事、非軍事の区別はない。

 同様に生物兵器の研究もある。防衛省では生物兵器に対する研究を行っているが、これは我が国に対して生物兵器が使用されたときに対処するためであって、他国を攻撃するためものものではない。これも「軍事研究」といって学者が組織的に協力を拒むのは国民の命を危うくすることになる。日本学術会議の主張をそのままとれば、そもそも疫学や細菌に対する研究は生物兵器に転用が可能であり、禁止しなければならないだろう。

 またドローンやドローン防止に対する技術も同様に軍民の垣根は極めて低い。

 何が「危険な軍事研究」かという判断を、学者の団体、しかもかなり思想的に偏っている団体に預けるのは極めて危険と言わざるを得ない。

 軍事研究を否定するのであれば、そのあたりのスタンスを明らかにすべきだ。単に嫌いだから嫌だ、ではお子さまレベルだ。

教養ある学者のすることではない

 京都大は28日、学内で軍事研究は実施しないとする基本方針を策定した。「社会の安寧と人類の幸福、平和を脅かすことにつながる」と理由を説明している。個別の事案が適切かどうかは、学長が常設する委員会で審議する。

 一応は学校側が判断するものの、学長や主流派に逆らって、軍事研究をしようという学者がどれだけいるだろうか。

 軍事研究への弾圧は単に研究者や教官だけの問題ではない。学生にとっても弾圧だ。軍事研究を否定するのであれば、卒業生の就職も制限すべきだろう。入学に際して、防衛関連企業へ就職しないという、念書をとることも必要だろう。もし防衛関連に就職するならば学位は取り上げる、とですればいいだろう。無論これは憲法に抵触するだろうが、成果物を軍事利用させない、という主義であるならばそこまでやる必要があるはずだ。そのような考え方は民主国家にはなじまない。

 日本学術会議の「絶対平和主義」の幼稚なところは、理系だけを対象にしていることだ。理学や工学以外でも軍事に転用できない学問は殆どない。心理学、文学、医学、歴史、社会学、言語学、経済学、経営学、会計学、運動学あらゆる学問は軍事に応用や利用が可能だ。先の戦争でも暗号解読などは数学者や言語学者や活躍したが、日本学術会議にはそのような何が軍事技術に関する教育かという視点も教養もない。

 そして今回菅内閣から拒否された加藤陽子教授は「軍事研究」を行い、書籍も多数執筆している。誰が「いい軍事研究」と「悪い軍事研究」を決めるのだろうか。

 この手の人達は軍事と聞いただけで嫌悪感を持ち、絶対悪だと決めつける。それは医者や患者が忌まわしい病気に対する知識をえることも研究することも悪である。「健康健康」と唱えていれば健康になるというような宗教でしかない。

 単純すぎる底の浅い平和主義をすべての研究者や国民に強要するのであれば、それは軍事に対する無知を生むことになる。強圧的な偏向思想組織である日本学術会議は解散すべきだ。

Photo_20201009135801

関連エントリ 2020/10/07 ⇒ 【日本学術会議】“あり方”を巡り✍政府<検討委員会>立ち上げへ
関連エントリ 2020/09/30 ⇒ 【NTT】<NTTドコモを完全子会社化>TOB(公開買い付け)実施へ
関連エントリ 2020/09/24 ⇒ 【コロナバブル】崩壊<NY株再び✍大幅下落>日経平均も大幅連れ安
関連エントリ 2020/09/16 ⇒ 【第99代首相】安倍内閣総辞職。今夜✍菅義偉内閣が発足

 

2020年10月 8日 (木)

【日経平均】大幅反発<7箇月半ぶりの高値>米政権交代を織り込み済?

東証反発カ月半ぶり高値 米景気回復期待で資金流入

共同通信 2020年10月8日(木)15時17分配信

 8日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は反発した。終値は前日比224円25銭高の2万3647円07銭で、約7カ月半ぶりの高値を付けた。米追加経済対策の一部が実現すれば景気回復を支えると期待する投資資金が東京市場にも流入し、株式相場を押し上げた。

 東証株価指数(TOPIX)は9.00ポイント高の1655.47。出来高は約10億2900万株。

 トランプ米大統領がツイッターで経済対策協議の先送りを表明し、米市場は6日に大幅下落した。だがトランプ氏が一転して航空産業や中小企業への支援策実施を求める投稿をすると7日は急伸。8日の東京市場は追い風と受け止めた。

 NY株反発終値530㌦高航空会社支援期待感 

朝日新聞デジタル 2020年10月8日(木)8時36分配信

 7日の米ニューヨーク株式市場は、米政権が航空業界などへの支援に再び動き出すとの期待から、主要企業でつくるダウ工業株平均が大きく反発し、前日比530・70ドル(1・91%)高い2万8303・46ドルで終えた。

 トランプ米大統領は前日6日、追加の新型コロナウイルス対策をめぐる与野党協議を打ち切り、11月の大統領選後に先送りするよういったん指示し、株安を招いた。しかし同日夜になり、航空会社や中小企業への支援策、個人への現金給付など一部を切り出して認める姿勢に転じた。

 市場では、部分的な財政支援が講じられる可能性が再び出てきたとの受け止めが広がった。アメリカン、デルタ、ユナイテッドの各航空会社や、航空機ボーイングなどが軒並み3%超の大幅上昇となった。

 ハイテク株が多いナスダック市場の総合指数も上昇。前日比210・00ポイント(1・88%)高い1万1364・60で取引を終えた。

 ANAの強み路線拡張”“機体購入”一転、経営の“足枷”に 

読売新聞オンライン 2020年10月8日(木)7時14分配信

 全日本空輸(ANA)が、冬のボーナスを支給しないことなどを柱とする大幅な人件費の削減案を労働組合に示した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で経営が悪化しているため、構造改革に本腰を入れる。人件費のカットだけでなく、保有する機材の売却や不採算路線の見直しなどを行う方針だ。

 ANAが固定費の削減を急ぐのは、2010年の日本航空(JAL)の破綻後に実施した路線拡張や機体購入が経営の「足かせ」となっているためだ。これまでは「強み」だったが、旅客数の激減で、経営の足を引っ張る要因となった。

 ライバルのJALは、公的資金の注入を受けた経緯もあり、財務基盤は厚い。破綻を契機に社員数、機体数、路線数を抑え、経営のスリム化を進めてきた。JALの20年3月期の有利子負債はANAの4分の1程度にとどまる。

 JALの赤坂祐二社長は7日、ANAが実施している従業員の一時帰休について、「全く考えていない」と強調した。

 JALは同日、観光資源の発掘や人材育成にあたるための部署を新設すると発表した。将来の需要掘り起こしが狙いだ。「何もしなければ旅客需要は戻らない」(赤坂氏)とみている。

 日産見捨て、GM選んだホンダしい理由 

Newsweek日本版 2020年10月7日(水)17時45分配信

<政府が主導した日産との経営統合を拒否したとされるホンダが見据える自動車業界の未来像とは>

 ホンダが自前主義から決別し、米ゼネラル・モーターズ(GM)との提携を決断した。ホンダをめぐっては、経済産業省が経営危機に陥った日産を救済するため同社に経営統合を要請したと一部で報じられた。ホンダ側は拒否したとされるが、GMとの本格提携はこの問題に対する同社の最終回答と解釈してよいだろう。

 本田技研工業が9月3日に発表したGMとの戦略的な提携は、かなり本格的な内容で、ガソリン車および電気自動車(EV)について、プラットフォームの共有化や部品の共同購入、さらにはサービス事業での協業なども検討されている。

 資本提携は行わないとしているが、ホンダの主戦場は北米市場であり、製品構成の点でもGMとは相互補完的である。今後の主力製品をGMと共同開発していくという現実を考えた場合、将来的な資本提携も視野に入っていると考えたほうが自然だ。

 自動車業界では100年に1度といわれるパラダイム・シフトが発生しており、近い将来、多くがEV化されるのはほぼ確実といわれる。EVは基本的にコモディティ化された部品で構成されるので、EV化が進むと自動車の価格が急落するとともに、産業構造そのものが変化すると予想されている。

 メーカーは薄利多売を余儀なくされ、最終的にはシェア上位の会社しか生き残れないというのが業界の一致した見方といってよい。中堅メーカーにすぎないホンダにとって、規模のメリットが追求できないことは死活問題となりつつある。

過去にも国主導の業界再編に反発

 規模が小さいという問題は、ルノーとの経営統合が事実上、頓挫した日産にとっても同じで、業績悪化が著しい同社については経済産業省が水面下で救済に動いていたとされる。だが、ホンダが日産と経営統合した場合、共倒れになるリスクが高く、ホンダにとっては日産との統合だけは何としても避けたかったに違いない。

 実は同省がホンダの経営に介入したのはこれが2度目である。1960年代に同省の前身である旧通産省は、日本の技術力が低いことを理由に、ホンダの四輪事業進出を阻止しようと試みた。だが創業者の本田宗一郎氏が猛反発し、同省の意向を無視して四輪事業進出を強行したという過去がある。

ホンダイズムを失っていたホンダ

 どちらが正しかったのかについて今さら説明する必要はないだろう。もしホンダが同省の意向に従っていたら、今の日本の自動車産業は存在していなかったはずだ。

 近年、ホンダは明確な戦略を打ち出すことができず、かつてのホンダらしさをすっかり失ってしまったとの評価がもっぱらだった。だが非主流派出身の八郷隆弘氏がトップに就任したことで状況は大きく変わりつつある。

 世界最大手の車載電池メーカー「寧徳時代新能源科技(CATL)」とリチウムイオン電池の開発・生産について戦略的パートナーシップ契約を締結。EV化と中国市場攻略に向けた準備を着々と進める一方、欧州市場からの事実上の撤退を決断するなど、矢継ぎ早に次世代戦略を打ち出している。自前主義にこだわってきたホンダにとって、GMとの本格提携は大きな方向転換だが、自動車産業が向かう先を考えれば、これは正しい決断といってよい。

 今回、ホンダは政府の要請をはねのけ、技術の趨勢に沿った決断を行ったわけだが、本田宗一郎がつくり上げたかつてのホンダイズムがようやく戻ってきたともいえる。

ラーメン店倒産急増20年度“過去最多の見込み

帝国データバンク 2020年10月8日(木)14時12分配信

9月までに六角屋本店など累計34件 ラーメンチェーン大手でも店舗閉鎖相次ぐ

 ラーメン店の倒産が急増傾向にある。帝国データバンクの調べでは、「ラーメン店」の倒産が2020年9月までに34件判明した。9月までの累計で30件を超えたのは2000年以降初めてで、この時点で過去最多となった19年通年(36件)の件数に並ぶ勢いとなっている。このペースが続けば、ラーメン店の倒産は過去20年で最多を更新することが確実となる。

 特に、豚骨ラーメンの「長浜将軍」(福岡)、横浜家系ラーメンの「六角家本店」(神奈川)など、根強いファンに支持されてきたラーメン店の倒産が発生。なかでも六角家本店は2017年中には既に閉店していたが、新横浜ラーメン博物館への出店やカップ麺の発売により、横浜家系ラーメンの名を全国区とした有名店として知られ、SNS上には閉店を惜しむ多くのファンのコメントで溢れた。

 近年は特にSNSの発達などでファン層が拡大し、海外での認知度も高まったことでインバウンド客も獲得するなど追い風が吹いていたラーメン業界。一方で、「鮮魚系」「つけ麺」など、飲食店の中でもトレンド変化が特に激しい業態でもあり、次々にオープンする新規店との生き残り競争が激化。原材料費や人件費の上昇など、コストアップへの対応も課題となっているほか、近時ではコロナ禍でインバウンド需要も喪失している。こうした環境で安定した経営を続けることは難しく、新興店・有名店を問わず経営に行き詰るケースが後を絶たないでいる。

10年前から進むラーメンのデフレ化、老舗店・有名店でも厳しい競争環境に直面

 ラーメン店の倒産理由のうち、多くを占めるのが「競合店との競争激化」だった。経済産業省が2016年に取りまとめた経済センサス活動調査によると、ラーメン店の数は約1万8000店。このうち約半数が個人店であるほか、店舗数も4年前の調査(2012年)から約1000店増加した。

「出店したい業態」として人気なラーメン店は、新規参入の敷居が他業態に比べ比較的低い半面、同一商圏での同業店舗の乱立、他の飲食店との競争などでレッドオーシャン化が進みやすい業態でもある。結果的に、他店との差別化ができない店舗を中心に競争が激しくなり、リピート客の獲得を目的とした割引クーポンの発行など、低価格戦略による体力勝負の消耗戦を余儀なくされるケースが多くみられる。

 こうした要因も重なり、ラーメンの価格自体もこの10年でほとんど変化していない。総務省の「小売価格物価統計(東京区部、12カ月移動平均値)」では、ラーメン(中華そば)1杯当たりの価格は2020年8月時点で523円だった。10年前の価格(約550円)に比べて27円ほど値下がりしており、価格水準は低迷が続いている。

 従来、外食産業では集客のために低価格を前面に押し出す戦略を取ってきた。しかし、近年は人件費のほか、荒天等の影響で野菜など原材料費が高騰するなどコスト増に直面し、客単価アップによる収益改善が求められてきた。その結果、ラーメンとは対照的に10年前から40円程度値上がりした回転すしやハンバーガー、一時は強烈な低価格競争が繰り広げられた牛丼などの業態では10年前から価格が上昇。いずれも大手チェーン店が付加価値の高い新メニューの開発などを積極的に行い、客単価アップに腐心してきた業態だ。

 対して、基本的に味やトレンドがある程度出揃っているラーメンは差別化の余地が相対的に少なく、模倣しやすいことからコモディティ化しやすい弱点がある。加えて、「手頃な価格で気軽に食べられる」ラーメンの低価格イメージも根強く、大手でも値上げによる収益改善策は容易ではない。

 例えば、ラーメンチェーン大手の幸楽苑では、同社の看板商品だった290円「中華そば」を2015年に販売終了。高付加価値路線に舵を切り、客単価は上昇したものの客数が一時的に低下した。日高屋も、18年4月に中華そばの値上げに踏み切って以降、既存店の客数が前年実績を下回る月が多く続くなど苦しい状態が続いた。僅かな値上げでも客足に与える影響は大きく、中小零細店ではより値上げに慎重とならざるを得ない。

不採算店舗の閉鎖、急ピッチで進める大手各社 ブランド以外で差別化図る経営戦略がより重要に

 こうした経営環境もあり、ラーメン店大手では拡大路線から転換、不採算店舗の閉鎖を急ピッチで進めている。幸楽苑は1月、不採算店舗など51店舗の閉店を発表。コロナ禍での需要急減もあり、最終的に2020年度4-6月期での店舗は前年同期比で77店減少した。東海地方を中心にラーメン店を展開するスガキヤは、21年3月までに北陸などで約30店舗を閉店。JBイレブンも、運営する一刻魁堂などで不採算6店舗の閉店を発表している。

 市場調査会社の富士経済によると、2020年の外食市場は昨年比で8割程度の水準(約28兆円)まで縮小すると推計する。こうしたなか、ラーメン業態でも今後、ファストフードなど他の低価格業態のほか、内食需要の拡大を背景にUber Eatsなど宅配需要、テイクアウト市場とも競合が予想される。そのため、今後のラーメン店の経営にはブランドや低価格性以外に、出店におけるマーケティングなど緻密な戦略が、過度な競争を回避する上で重要なファクターとなる。

いま「狭小戸建て住宅人気需要発生!?

THE PAGE 2020年10月8日(木)17時05分配信

 都市部のマンション価格があまりにも高騰していることから、面積の狭い戸建て住宅を購入する消費者が増えています。コロナ危機で今後の経済状況を不安視する人も多く、一部の地域では住宅ローンが低金利で借りられる今のうちに家を買っておこうと、駆け込み的な需要も発生しているようです。

 不動産経済研究所の調査によると、2020年8月における首都圏マンションの平均価格は6011万円でした。20年前は4000万円前後でしたから、価格は1.5倍に高騰したことになります。価格が上がっているのは、土地の値段ではなく、資材価格の高騰が原因なので構造的なものであり、価格が下がる可能性は低いというのが業界の一致した見方です。

 事実、コロナ危機後、販売価格は下がるどころか都区部を中心にむしろ上昇しています。平均販売価格が6000万円を超えてしまうと、もはや普通のサラリーマンには手が出せません。首都圏で新築マンションを買うというのは、富裕層だけの特権となりつつあります。

 こうした中で消費者の注目を集めているのが、中心部にほど近いエリアの狭小戸建て物件です。戸建て住宅の平均販売価格は約5000万円(不動産経済研究所3月調査)とマンションよりも1000万円も安くなっています。その理由は木造住宅の建築費があまり上がっておらず、マンションほど値上がりが進まなかったからです。

 近年は高齢化の進展で、戸建て住宅を手放す人が増えており、土地は比較的容易に手に入ります。これまで1戸しか建っていなかった敷地を2~3分割し、面積の狭い戸建て住宅を建設すれば、比較的安い価格で販売することができます。こうした物件を手がけるデベロッパーには、コロナ以降、申し込みが急増している状況です。

 一部ではテレワークの進展で郊外の戸建て住宅を物色する動きも見られますが、なぜ多くの消費者が都心に比較的近い地域の狭小戸建て住宅を探しているのでしょうか。その理由は老後の生活にありそうです。

 今はテレワークの進展で住む場所の制約は少なくなっていますが、年金の減額が確実視される中、多くの労働者は定年後も働き続けないと生活できません。政府は70歳までの雇用を企業に求めていますから、定年後も再雇用が期待できますが、労働条件が一気に変わるのはほぼ間違いありません。場合によってはグループの派遣会社に転籍となり、現場のある職場に派遣される可能性もあります。

 そうなった場合、遠くに家を持っていると通勤の負担が大きくなってしまいます。また夫婦のどちらかが派遣社員というケースも多く、この場合にはそもそも遠いところに家を持つということは考えにくいでしょう。狭い戸建て住宅は何かと不便ですが、一連の状況を総合的に考え、こうした物件を選択しているようです。

 日経平均反発8カ月ぶり高値 米国株高好感 

ロイター 2020年10月8日(木)16時43分配信

 東京株式市場で日経平均は反発した。オーバーナイトの米国株式相場は上昇。日経平均は朝方から買いが先行し、米国株のさらなる上昇期待で一時2万3701円77銭まで上値を伸ばし、取引時間中としては2月14日以来約8カ月ぶりの高値となった。

 前場の立会時間中、米副大統領候補の共和党ペンス副大統領と民主党ハリス上院議員によるテレビ討論会が行われた。[L4N2GZ0QK]市場では「ハリス氏が優位に立っているようにみえた。バイデン政権誕生という流れが固まりつつあり、市場は織り込み始めている」(国内証券)との声が出ていた。

 TOPIXは4日続伸して0.55%高。東証33業種では、海運業、鉄鋼、サービス業などの28業種が値上がり。為替の円安基調が支援材料となり、景気敏感株物色の一環として買われた海運業は2.45%高で値上がり率トップとなった。半面、空運業、ゴム製品、電気・ガス業などの5業種は値下がりした。

 SMBC信託銀行のシニアマーケットアナリスト、山口真弘氏は「国内での材料が乏しい中、米国株を手掛かりに底堅い動きを見せている」と指摘する。

「米大統領選挙でバイデン氏が勝利となると、短期的には増税で株安といった分かりやすい構造がみられるが、中長期ではどちらかといえばプラス。インフラなど今まで目を向けられていなかった分野が、今後新たな買い材料として注目されるだろう」(同)という。

 東証1部の騰落数は、値上がり1294銘柄に対し、値下がりが790銘柄、変わらずが95銘柄だった。

日経平均<.N225>

終値      23647.07 +224.25

寄り付き    23506.34

安値/高値   23,477.73─23,701.77

TOPIX<.TOPX>

終値       1655.47 +9.00

寄り付き     1651.16

安値/高値    1,645.87─1,660.49

東証出来高(万株) 102923

東証売買代金(億円) 21524.56

 東証売買停止先週海外勢今年最大買い越し 

Bloomberg 2020年10月8日(木)14時52分配信

 東証売買停止やトランプ米大統領コロナ感染があった9月27日-10月3日の海外投資家の日本株週間買い越し額が5309億円と、今年最大だったことが財務省の8日発表で分かった。

 ピクテ投信投資顧問の松元浩常務は、大統領選挙と英EU離脱で米欧がリスクを取りにくい一方、「日本は菅政権となり前政権との政策の継続性も期待できるため相対的に安心感が持てる」として同社を含めて「日本株を再評価する動きが出始めている」と述べた。

 さらに松本氏は、世界景気が回復に向かうなかで景気敏感で米国に比べてバリュエーションの安い日本株に投資家は資産を分散しているとした。その上で先行きについては、国内企業の業績見極めも必要で海外投資家による買いが積極的に入り続ける状況ではないと分析している。

 

2020年10月 7日 (水)

【日本学術会議】“あり方”を巡り✍政府<検討委員会>立ち上げへ

 自民、学術会議非政府組織化議論の方針‐下村政調会長会見 

産経新聞 2020年10月7日(水)18時03分配信

 自民党の下村博文政調会長は7日の記者会見で、新会員候補者6人の任命を菅義偉首相が見送った日本学術会議の在り方をめぐり、内閣第2部会(平将明部会長)に塩谷立(しおのや・りゅう)元文部科学相を座長とするプロジェクトチーム(PT)を設置し、議論する考えを表明した。早期に党の提言をまとめ、政府に伝える方針だ。

 学術会議について下村氏は、日本学術会議法に基づく政府に対する「答申」を平成19年以降、「勧告」を22年以降出していないことなどを明らかにした上で「役割がどの程度果たされているのか、いないのかも含め議論していく必要がある」と強調した。

 設置形態に関し、下村氏は「欧米のアカデミーはほとんど非政府組織になっている」と説明した。15年の中央省庁改革基本法に基づく総合科学技術会議の最終答申は、学術会議について「欧米主要国のアカデミーの在り方が理想的方向」で「今後10年以内に改革の進捗状況を評価し、より適切な設置形態の在り方を検討していく」とした。下村氏は「行政改革の課題、宿題の一つだという位置づけの前提で取り上げていきたい」と語った。

 間違いだらけの「日本学術会議」は、今すぐ民営化」するのが正解だ 

現代ビジネス 2020年10月5日(月)6時01分配信/髙橋 洋一(経済学者)

社説を読み比べてみると

 日本学術会議の新会員候補のうち、6人の任命を首相が拒否したとして日本学術会議や野党、メディアが反発している。

 立憲民主党、共産党など一部の野党は、学問の自由が侵害されると発言している。また、過去の1983年の国会での政府答弁を根拠として、「首相の任命権は形式的なので、日本学術会議の推薦どおりにしなければならず、裁量の余地はない」としている。

 一部メディアも社説で反発しており、論旨は一部野党と同じだ。

----------
(朝日新聞)「学術会議人事 学問の自由 脅かす暴挙」
(毎日新聞)「学術会議6氏任命せず 看過できない政治介入だ」
(日経新聞)「なぜ学者6人を外したのか」
(東京新聞)「学術会議人事 任命拒否の撤回求める」
----------

 一方、産経新聞社説は、論調が異なり、日本学術会議のほうに問題があるとしている(産経新聞「日本学術会議 人事を機に抜本改革せよ」)。なお、読売新聞は社説はなく、一般記事で事実のみを報じている。
では、改めて日本学術会議とはどのような組織なのか見ていこう。

予算10億円を国が負担している

 日本学術会議は1949年に設立された。現在内閣府の特別の機関であり内閣総理大臣が所轄し、その会員は国家公務員(特別職)である。その経費は国の予算で負担され、会員210名に対し10億円強の予算になっている。

 かつて会員は研究論文をもつ全ての研究者による公選制だったが、今では年長研究者が推薦される縁故的なものになっている。

 学術会議は、国内87万人の学者の代表、「学者の国会」とも言われるが、はたしてそうだろうか。

 そもそも、身内推薦により会員が構成されているので、日本の学者の代表でもなく、まして、学術会議が国会というわけではない。

 2000年はじめのころ、日本学術会議を行革対象という議論があった。その当時、筆者は直接の担当でなかったが内閣府にいたので、日本学術会議幹部からかなり陳情を受けた。

 その際の議論のポイントは、従来のまま国の機関とするか、独立の法人格の団体とするかであった。政府に批判的な提言をするためには、後者の独立の法人格の団体のほうが望ましいという議論もあったが、結果として、日本学術会議の要望通りに、国の機関とされた。

海外のアカデミーはどうなっているか

 ただし、本来は独立の法人格の団体のほうが望ましいので、中央省庁等改革基本法に基づく2003年2月総合科学技術会議の最終答申「日本学術会議のあり方について」では、「設置形態については、欧米主要国のアカデミーの在り方は理想的方向と考えられ、日本学術会議についても、今後10年以内に改革の進捗状況を評価し、より適切な設置形態の在り方を検討していく。」とされている。

 ただし、これがまともに検討された形跡は見当たらない。なお、欧米諸国のアカデミーは、ほとんどが独立の法人格の団体である。政府から一部財政補助は受けているが、独自の財政基盤(会費徴収、寄付、調査受託など)を持っており、政府からの独立性を維持している(2002年7月31日 日本学術会議のあり方に関する専門調査会 )。

 筆者は、その後、国家公務員を退官し、アカデミアに転じた。そこでは、日本学術会議は一部の貴族のようなもので、研究の最盛期を過ぎた引退間際の豪華なポストでお小遣い付きにみえた。筆者のような中途でアカデミアに参入した者にはまったく無縁な世界だ。

 日本学術会議は、国内87万人の学者の代表、学者の国会とも言われるが、はたしてそうだろうか。そもそも、身内推薦により会員が構成されているので、日本の学者の代表でもなく、まして、学術会議が国会というわけではない。

 その役割である政策提言を見てみよう。

 2017年3月「軍事的安全保障研究に関する声明」では、軍事研究を禁じた過去の声明を継承している。つまり、憲法で規定されている「学問の自由」に反することを言い続けているわけだ。

本当に権威ある組織なのか?

 その一方で、日本学術会議は、中国の「外国人研究者ヘッドハンティングプラン」である「千人計画」には積極的に協力しているありさまだ。そのために、日本学術会議は、中国共産党軍と関係の深い中国科学技術協会と協力覚書を結んでいる。

 日本政府の軍事研究はダメと言いながら、中国政府の軍事研究はいいという国益に反する二枚舌だ。

 次のケースを見てみよう。

 2011年4月「東日本大震災への第三次緊急提言」では、復興財源として日銀引受を否定し、復興増税を勧めた。実際に、この提言は民主党政権で実行され、災害時に増税という経済理論にも反し古今東西見られない悪政が行われ、多くの人が今でも苦しんでいる。この意味で、日本学術会議の提言の責任は大きい。

 日本学術会議会員の推薦要件として「優れた研究・業績」があるが、こうした提言を見ていると、提言を書いた学者のレベルのお里が知れてしまう。

 こうした日本学術会議の体たらくを見ると、政府が漫然と日本学術会議会員を任命し税金投入するのは問題だ。

 しかし、一部野党と一部メディアは、冒頭に述べたとおり、今回の日本学術会議人事を問題としている。

 ただし、学問の自由を奪うというのは、大げさであることが一般人にもすぐわかる。87万人のうち210名の会員に選ばれない人はほとんどだが、誰も学問の自由を奪われたとは言わない。筆者の感覚からいえば、会員「貴族」でなくても、普通に研究ができるので、学問の自由は十分にある。

「任命権」の問題も大きい

 では、1983年の国会での政府答弁からみてどうか。日本学術会議の推薦があるのに任命しなければいけないのか。裁量的人事をしないという国会答弁は、日本学術会議の行動が適切との前提での当面の法運用指針である。

 条文を読めば、裁量的な任命権がある。しかも、日本学術会議の実態が不適切になれば、条文通りの任命権を行使しないと不味い。

 実際、政府は事情変更により1983年の国会答弁を修正したのだろう。それは可能だし、そうせざるを得ないのは、上に上げた日本学術会議の不適切事例を見れば納得できる。

 もっとも、政府の人事である以上、任命しなかった理由を明らかにできない。これは、どのような組織であれ、人事であればその理由を明らかにできないのと同じだ。

 この問題について、抜本的な解決を図ろうとすれば、日本学術会議を政府機関として置くことが適切でなくなるはずだ。

 2003年に、日本学術会議の設置形態については「10年以内に欧米主要国のアカデミーの方向で再検討することになっている」から、この際、政府として検討したらいいだろう。

あまりに虫がよすぎる主張

 それは、もちろん国の機関ではなく、国から独立した法人格の団体である。なお、こうした方向の設置形態の改革は、一般的に「民営化」といわれているものだ。

 日本学術会議が「民営化」すれば、その会員は国家公務員でなくなるので、首相による任命権はなくなるので、今回のような問題はない。今の時代、国に提言するために、国の機関である必要はない。実際に、民間会社のシンクタンクは数多くある。

 「国の機関でいたい、国に全額費用してほしい、国家公務員のままでいたい、しかし人事は自分達で勝手にやらせてほしい」というのが、今回の日本学術会議の主張であり、あまりに虫がよすぎる。

 欧米主要国のアカデミーのように「民営化」すれば、人事は自分達に勝手にでき、国にとやかく言われることはないので、そうしたらいいのではないか。

 菅義偉首相放送業界の人々が戦々恐々とする 

東洋経済オンライン 2020年10月7日(水)14時21分配信

 新総理大臣に就任し、「日本学術会議」会員に推薦された学者6名の総理任命拒否が騒動になっている菅義偉首相。この件から筆者は、「法律を根拠」として行政改革を推進する菅首相の力強い意志のようなものを感じる。早くも携帯料金の値下げを掲げているが、このやり方を流用し放送業界にも圧を加える可能性もある。

 その前にまず、安倍晋三政権が放送業界に対してどのような影響を与えたかを簡単に検証してみたい。

NHK経営委員会を利用した安倍前首相

 NHKとの関係が何かと取り沙汰された安倍政権だったが、その伏線は第1次政権時代にすでに張られていた。2007年、経営委員長に富士フイルムの社長だった古森重隆氏が就任。富士フイルムをフィルム事業から脱皮させて成功した経営手腕をNHKに対して発揮した。古森氏を経営委員会に送り込んだのが安倍前首相だったと言われている。古森氏はNHKの経営計画を差し戻すなど、辣腕を振るった。

 この頃までのNHK経営委員は高齢の大学教授が名誉職的に引き受ける、ある意味お飾り的存在も多かった。だが経営委員は衆参両議員の同意の元、総理大臣が任命する役職だ。安倍政権は形式的にすぎなかった任命を文字どおりに解釈し、経営委員選定に関わった。形骸的なシステムをルールどおりに運用したと言える。今回の日本学術会議の件と似ていないだろうか。

 決して法的に誤ったことをしたわけではない。ただ、ルールに則れば政権がNHKに対し影響力が持てることを発見した。ちなみにNHKの監督官庁は総務省だが、安倍第1次政権での総務大臣が菅氏だ。

 第2次安倍政権では1次政権で学びとった手法をさらに活用した。経営委員を選ぶのはもちろん、会長人事にも影響力を持つようになったと言われる。会長を決めるのは経営委員会なので介入可能なのだ。

 いずれにしろ安倍政権は、経営委員会のシステムを通じてNHKに強い影響力を及ぼし続けた。ここでの問題の本質は、公共放送の制度自体に政治の介入を許す余地がある点だと思う。

 放送業界にモヤモヤと力を及ぼそうとした安倍前首相に対し、菅首相はどうだろう。これまでにも菅氏は放送業界に強い態度を示していた。安倍首相よりよほどプラグマティック、実際的で具体的な言動だ。

 2007年、フジテレビ系列で全国ネットされていた関西テレビ制作の「あるある大事典」が大問題を引き起こした。番組内で紹介した納豆の健康への好影響が、実は科学的根拠がない情報だったのだ。番組は放送打ち切りとなり関西テレビ社長が謝罪したが、事態は重く受け取られ、関西テレビの民放連除名にまで至った。

 このときの総務大臣が菅氏だった。総務省は総務大臣名義で行政指導としては最も重い「警告」を行った。そして菅氏は総務大臣として、「今後も放送法違反が見られたら電波停止もありうる」と発言した。

 振り返れば2016年、高市早苗氏が総務大臣としてほぼ同じことを発言して議論を巻き起こしたのだが、菅氏のこのときの発言はそこまでの議論にはならなかったように思う。放送業界として反論できる空気ではなかったからだろうか。

 高市発言もそうだが、放送法を電波法と併せて解釈すると「総務大臣による放送停波」はありうる。菅氏が首相になったいま大事なのは、彼は法に則って強い発言もする政治家だという点だ。

総務大臣だった菅氏と命令放送

 もうひとつ、2006年に菅氏が総務大臣だったときに起こった放送界との事件がある。「命令放送」についてだ。この名称がすでに物騒だが、NHKは政府の命令を受けて放送することがある、というもので、具体的にはNHKが短波ラジオ放送で行う国際放送についての話だ。

 2006年時点の放送法には33条で「総務大臣はNHKに対し必要な事項を指定して国際放送を行うことを命じることができる」とされていた。政府による国際社会への日本のアピールにNHKが協力するものだ。その費用は国が持ち、それまでは「時事」「国の重要な政策」「国際問題に関する政府の見解」の3つの大枠を「命令」されるだけで、具体的な内容はNHKの自主性に任されていた。

 2006年、菅氏は総務大臣として「北朝鮮による日本人拉致問題にとくに留意する」ようNHKに対し「命令」した。これに対し、新聞社やメディア研究者が強い反応を示した。「命令放送」であってもNHKの自主性が尊重されるべきであり、表現の自由が損なわれてはならない、というものだった。

 にわかに巻き起こった議論に対し総務大臣だった菅氏は、国会での質問に応じて「表現の自由は大事であり、命令放送の中でも編集の内容には踏み込まない」と発言している。「命令放送」は2007年の放送法改定時に修正され「命令」が「要請」に変わり、NHKはこの要請に対し「応じるよう務める」と自主性を保つことが明文化された。

 筆者は「命令放送」という制度がそもそも奇妙なものだったと感じるが、「停波可能発言」と併せて考えると、制度に則って強いことを言う菅氏の姿勢が浮き彫りになる。そして菅氏が第1次安倍政権の短い期間ではあるが総務大臣を経験していることは重要だと思う。内閣総理大臣就任早々、さっそく携帯電話の料金値下げを言い出したのも、この分野に通じているからだ。

 また具体的な部分は官邸官僚に頼り切っていた安倍氏に比べると、菅首相は自ら制度を学び自ら考えて動くように見える。武田良太総務大臣は、これまでの経歴を考えるとこの分野に通じているとは言いがたく、菅総理の意向を反映する立場になるだろう。総務省の領域で菅氏が自らの考えを具現化する可能性は高い。

 官邸官僚として暗躍した経産省出身者は退任しているが、そのうちのひとり、長谷川榮一内閣広報官の代わりに総務省出身の山田真貴子氏が広報官に就任した。そこには菅首相と総務省現場とのパイプ役の意味もあるかもしれない。

警戒する民放、恐れおののくNHK

 民放側はこれまでの菅氏の放送業界への言動をもちろん覚えている。当然ながら警戒しているようだ。放送法などのルールを熟知し、それに則って強い態度に出ることもある。場合によっては「停波」を口にもする。そんなコワモテの政治家であることが民放にどう影響するか、戦々恐々のようだ。

 とくに電波行政、民放が数十年間安い水準を認められてきた電波料を見直されたらたまったものではないだろう。民放はコロナ前から広告収入が激減しており、立て直しに躍起になっている最中だから、電波料が上がったらさらに打撃になる。ましてや電波オークションの話が出てきたら大汗かいて必死で止めることだろう。

 ただ、菅首相が民放に圧を加えることで利する点があるようには見えない。菅氏のコワモテぶりは「お灸を据える」域でしかないと思う。むしろNHKのほうが懸念すべき点が多いかもしれない。例えば菅氏は総務大臣時代、「受信料値下げ」を国民の納付義務化とセットでNHKにかなり強硬に求めている。このときはプロパーで会長になった橋本元一氏が反対し、何度もやりあったという。

 受信料値下げは安倍政権で高市早苗総務大臣が求めて実現しているので、いま値下げを菅氏が言い出すことはないだろう。ただ、第1次安倍政権で総務大臣としてNHK操縦法を会得していることを考えると今後は、安倍首相よりずっと巧妙に進めそうだ。われわれ国民としては、菅政権と民放・NHKの関係に目を光らせ、状況を把握する洞察力を磨きたいところだ。

 そしてこの機に、公共放送なのに経営委員は政権の意のままにできるというNHKの不思議なガバナンスについて議論できる俎上ができるといい。受信料を払っているわれわれは株式会社で言えばNHKの株主。NHKは国民のものだと言える制度にしていきたいものだ。政権から、国民にとってプラスにならない圧がかかっていると感じたら、すかさず世論で対抗できるよう、その関係を注視していきたい。

 

2020年10月 6日 (火)

【第45代大統領】<スピード退院>陽性のまま“不死身”アピール

 <解説>トランプ大統領に投与、モノクローナル抗体とは 

NATIONAL GEOGRAPHIC 2020年10月6日(火)17時10分配信

未承認の抗体医薬品を異例の投与、その効果や安全性は

 トランプ米大統領の新型コロナウイルス感染は、ホワイトハウスのトップに起こった健康危機としてはここ数十年で最大だった。これまで米国では何百万人もの感染者が確認されており、トランプ氏自身もその1人に加わったことになる。

 トランプ氏は10月2日に首都ワシントン郊外のウォルター・リード軍医療センターに入院。同日の入院前にはホワイトハウスで酸素吸入を受けていたと報じられた。その後、症状が改善し、米東部時間10月5日午後6時40分頃(日本時間6日午前7時40分頃)に退院した。ただし主治医による経過観察と治療はしばらく継続されるという。

 トランプ氏の主治医らは様々な薬剤を用いて治療に当たった。その1つが「モノクローナル抗体(中和抗体)カクテル」と呼ばれる臨床試験段階の未承認薬だ。この薬については、安全性や効果がまだ十分に立証されていないため、使用には不安の声も上がっていた。

「私たちは、国家の危機と人1人の生命の危機が交わるところをリアルタイムで目撃しています」。トランプ氏が入院していた当時、米ボストン市ブリガム・アンド・ウィメンズ病院のジェレミー・ファウスト医師はそう話していた。

 モノクローナル抗体は、新型コロナウイルスに対する素早い反応を免疫系に促すと期待されている。考え方としては新型コロナ回復者の血漿を用いる治療法と似ているが、モノクローナル抗体は単なる血液からの抽出物ではなく、バイオエンジニアリング技術によって精密に作られる点が異なる。しかしトランプ氏に投与された米バイオテクノロジー企業リジェネロンの「REGN-COV2」は、まだ臨床試験のデータが出そろっていない。

 リジェネロン社がナショナル ジオグラフィックに述べたところによると、人道的見地からの特例措置としてREGN-COV2の投与を受けた人はトランプ氏だけではない。同社の広報担当者アレクサンドラ・ボウイ氏によれば、これまでに「まれで特例的な状況」にあった10人未満がこの治療薬を投与された。

 医療上のプライバシーのため、同じく新型コロナ陽性と判定されたメラニア・トランプ大統領夫人や政府高官らがREGN-COV2を投与されたかどうかは明かせないとし、「今後も個別の要求についてはその都度判断してまいります」とボウイ氏は答えた。

モロクローナル抗体とは?

 抗体は、免疫系が病原体に反応して作り出すY字型のたんぱく質だ。重要な役割は2つある。1つは、ウイルスに取り付き、ウイルスが細胞に侵入して複製するのを防ぐこと。もう1つは、病原体に目印を付け、免疫を担う他の細胞やたんぱく質が退治できるようにすることだ。

 ワクチンは体に抗体を作らせる。一方、モノクローナル抗体や回復者の血漿を用いた治療は、患者の体内に直接、抗体を送り込む。どちらも感染症と闘う免疫系にアドバンテージを与えるのが目的だ。

「トランプ氏の免疫系は今、ウイルスと闘っていて、もしウイルスが勝てば悲惨な結果になりえます」。リジェネロン社のレオナルド・シュライファー最高経営責任者(CEO)はトランプ氏が入院した10月2日の夜、CNNにそう語っていた。「私たちが作る抗体は、その闘いで免疫系が有利になるようにするのです」

 新型コロナ回復者の血液から抽出する血漿には、様々な種類の抗体が含まれる可能性があるのに対して、モノクローナル抗体は特定の対象を攻撃するようにできている。新型コロナウイルスを対象としたモノクローナル抗体は、鼻や口でウイルスが生存できないようにし、肺に到達して深刻な症状を引き起こすのを防ぐ。

「理論的には、『そもそも肺に行けるようなウイルスがいない』という状態を作りたいわけです」。米ノースカロライナ大学チャペルヒル校の感染症専門医であり、COVID-19予防試験ネットワーク(CoVPN)を率いるマイロン・コーエン氏はそう説明する。「心配すべきは鼻への感染ではなく、下気道への感染です」

 米製薬大手イーライリリーをはじめとする多くの企業は、新型コロナ回復者の血液を調べて抗体の開発に役立てようとしている。リジェネロン社の場合は、ヒトの免疫系を持たせたいわゆるヒト化マウスに新型コロナウイルスを感染させ、抗体を作り出すヒトの免疫細胞を抽出した。

 その中から、新型コロナウイルスのスパイクたんぱく質に最もよく結合する抗体を作れる細胞がどれかを調べる。スパイクたんぱく質は、ウイルスがヒトの細胞に侵入する際に鍵の役割を果たす。

 こうした選別過程を経て、特定の1種類(モノ)の抗体のみを作るクローン細胞の株が生み出される。それを使って作られるのが「モノクローナル」抗体だ。

 先日、米紙ワシントン・ポストのキャロリン・ジョンソン氏が伝えたように、リジェネロン社ではハムスターの卵巣由来の細胞を用いて抗体を大量に生産している。巨大なタンクの中で細胞を培養し、そこから抗体を抽出する。

 最終的にでき上がるREGN-COV2には、新型コロナウイルスへの結合のしかたが少しずつ異なる2種類のモノクローナル抗体が含まれる。エイズウイルス(HIV)に対して複数の抗ウイルス薬を併用する「カクテル」療法と同じように、この抗体の「デュオ」もウイルスに対してより効果的だと考えられている。

効果と安全性は?

 REGN-COV2は効果と安全性の確認がまだ取れていないため、試験段階にある治療薬ということになる。米食品医薬品局(FDA)は、回復者の血漿や抗ウイルス薬「レムデシビル」と違い、REGN-COV2に対しては緊急使用許可を出していない。

 あらゆる治療法は、臨床試験において検証が行われるのが原則だ。患者を、その薬を投与するグループと、効果がないとされるプラセボ薬を与えるグループにランダムに振り分け、結果を比較する。リジェネロン社のREGN-COV2は、こうした試験の初期段階にある。完全な結果がまだ公表されていないこともあり、この治療薬の使用を懸念した医療関係者もいた。まして大国のリーダーに使うとなるとなおさらだ。

 しかしトランプ氏の医師団は、それでも投与したほうがいいと考えるほど大統領の状態を憂慮したのだとブリガム・アンド・ウィメンズ病院のファウスト氏は話す。

 リジェネロン社は9月29日に投資家およびメディア向けの会見を開き、最初の275人の患者に実施した臨床試験の暫定的な結果を発表した。それによると、自分自身の抗体が十分に作られていなかった患者に対し、REGN-COV2を8グラム投与(血管に注入)したところ、鼻の中のウイルス量が減少した。また、症状が軽減する傾向も見られたが、統計的に有意な差が出るには至っていないという。同社はなるべく早い時期に正式な結果を発表したいとしている。

 リジェネロン社と提携してREGN-COV2の予防的治療薬としての効果を検証しているCoVPNのコーエン氏は、今のところモノクローナル抗体の安全性に問題はなく、「安全でないと考えるべき理由もありません」と話す。「ウイルスのスパイクたんぱく質を攻撃するものですので、どう考えてもヒトの組織には干渉しません」

 しかし、抗体治療には懸念材料がつきまとう。その1つが、特定の状況下ではかえってウイルスがヒトの細胞と結合する能力を高めてしまい、病状を深刻化させる可能性だ。

 抗体依存性感染増強(ADE)と呼ばれるこの現象は、少なくともREGN-COV2を用いた動物実験では見られていない。ただし、この結果を記した論文はまだ査読を終えていない。

 リジェネロン社のボウイ氏によれば、これまでに2000人以上が臨床試験に参加し、データを追跡している独立した委員会で安全性への懸念が示されたこともないという。「安全性は私たちの最大の関心事であり、常に注意深く見守っていますが、今のところ問題は起きていません」

 とはいえ、トランプ氏に投与すべきだったかどうかについては疑問が残る。1つには、リジェネロン社が結果を公表した初期の臨床試験は、トランプ氏より30歳も若い平均年齢44歳の患者に対して行われたという点だ。年齢層によってREGN-COV2への反応が異なるかどうかについて、同社ではまだ十分なデータを得られていないという。ただし、免疫系が弱っている高年齢者のほうが、得られるメリットは大きい可能性があるとコーエン氏は指摘する。

他にトランプ氏が用いた薬は?

 トランプ氏の主治医のショーン・コンリー氏は10月2日の記者会見で、大統領がREGN-COV2の他にも様々なサプリメントや薬を使用していると話した。

 それは、一般的に免疫を強化するとされるビタミンDや亜鉛などだ。ただし亜鉛は、新型コロナの治療法として効果が否定された抗マラリア薬のヒドロキシクロロキンとも関係する。併用すると効果があると報じられたことがあるからだ。

 トランプ氏はさらに、高齢男性における心臓病予防に効果的とされているため、低用量のアスピリンを毎日服用している。心臓病は新型コロナ感染症を重症化させる既往症であり、トランプ氏は少なくとも2018年の健康診断以降、アスピリンを服用している。

 緊急治療にはREGN-COV2以外にも、臨床試験段階にある治療薬が少なくとも3つ用いられた。そのうち、睡眠薬のメラトニンと胸やけ治療薬のファモチジンの2つは、新型コロナ感染症で併発しやすい炎症を軽減する効果が期待される。

 トランプ氏はさらに、当初エボラ熱のために開発された抗ウイルス薬レムデシビルをFDAの緊急使用許可を受けて投与された。これまでのところレムデシビルには、回復までの時間をやや短縮する効果があることが臨床データで示されている。

 トランプ大統領退院力強さ演出―有権者の疑念深まる 

Bloomberg 2020年10月6日(火)18時20分配信

 トランプ米大統領とその支持者は、新型コロナウイルス感染で治療を受けた大統領の退院を好機と捉え、ホワイトハウスに5日戻ったトランプ氏の姿を来月の大統領選に向けた力強さと活力を象徴する勝利のイベントとして演出することを狙った。

 大統領が選挙遊説に復帰すれば「無敵のヒーロー」になるとした支持者の言葉をトランプ氏自身が持ち上げて見せた。また、トランプ陣営の広報担当は民主党の大統領候補、バイデン前副大統領について、新型コロナに感染したこともそれを打ち負かした経験もないと難癖をつけ、共和党のレフラー上院議員は大統領就任以前のトランプ氏の動画を細工し、同氏がウイルスを相手にプロレスの技をかけているかのような様子をツイッターで配信した。

 トランプ氏は退院の直前、自身の経験を引き合いに出し、新型コロナを恐れることのないよう国民に呼び掛け、その後、ホワイトハウスではあえてマスクを外し、カメラに向かってポーズを取った。

 トランプ氏の振る舞いは最も熱狂的な支持者の感情を高ぶらせるかもしれない一方で、同氏が感染拡大とその脅威にあまりにも無頓着であるという一般の受け止め方を一層強固にする恐れがある。こうした脅威は、マクナニー大統領報道官を含めて大統領の側近さらに3人の感染が5日、新たに伝えられたことで鮮明となった。

 ABCニュースとイプソスが大統領の陽性判明後に実施した世論調査では、有権者の72%がトランプ氏について、感染の脅威を十分真剣に捉えていないと考えていることが分かった。

 トランプ氏が入院してからと、ホワイトハウスに戻ってきてからツイートした一連の動画からは、自分が米大統領として世界のほとんど誰もが望むべくもないような治療を受けられたことを認識している様子はうかがわれない。米国では2月以降、約21万人が新型コロナで死亡している。

 民主党のマーフィー上院議員は5日のツイートで、献身的な医師団による治療や治験薬の投与、専用ヘリコプターでの送迎など米国民の大半が経験することのないような扱いを大統領が受けたことに言及するとともに、トランプ氏がウイルスを恐れることがないよう国民に呼び掛けたことで、さらに数千人が命を落とすことになるのではないかと批判した。

 トランプ氏は、全米ネットワークの夕方のニュースの時間帯に周到にタイミングを合わせ、退院のイベントが注目を浴びるように仕立てた。

 ホワイトハウスのバルコニーに立ち、トランプ氏はマスクを外して両手の親指を立てるしぐさを見て、ホワイトハウスのサウスローンを飛び立つ大統領専用ヘリコプターに敬礼した。トランプ氏と政治的に対立する人々からは、大統領は息が荒いように見えたとの声が上がり、ツイッターでは「gasping(あえいでいる)」という単語がトレンドとなり始めた。

 トランプ氏は自身の回復が続くと賭けている形だが、病院に戻るようなことがあれば、健康不安をかき立てるとともに、ウイルス感染に翻弄されているという一般の見方が強まることになるだろう。

 大統領の主治医のショーン・コンリー氏はトランプ氏の5日時点の回復具合を心強く感じているとしつつも、医療スタッフが「安堵できる」ようになるには1週間を要すると述べ、「まだ完全に安心できる状態ではない可能性がある」ことを認めた。

a

関連エントリ 2020/10/04 ⇒ 【第45代大統領】入院後✍容体悪化「大きな懸念」予断を許さず

関連エントリ 2020/10/03 ⇒ 【うつ病】“原因”となる物質を作る<ウイルスの遺伝子>発見

関連エントリ 2020/10/02 ⇒ 【第45代大統領】トランプ大統領✍コロナ陽性「11月米大統領選」暗雲

関連エントリ 2020/09/28 ⇒ 【コロナ鬱】<芸能界>✍2か月で4人目の自殺者

関連エントリ 2020/09/22 ⇒ 【コロナバブル】崩壊<NY株3週間で2千㌦下落>コロナ禍“急”拡大懸念

関連エントリ 2020/09/10 ⇒ 【耳学】コロナ禍<歯科通院について>心掛けるべきこと

関連エントリ 2020/09/03 ⇒ 【11月米大統領選】✍コロナ対策&人種問題&米中摩擦&戦争犯罪疑惑etc.

関連エントリ 2020/08/29 ⇒ 【羽生結弦】GPS欠場の決断に海外識者「リスク多く、正しい選択」

関連エントリ 2020/08/23 ⇒ 【新型肺炎】あまり報じられない「コロナ後遺症」✍報告の数々

関連エントリ 2020/08/17 ⇒ 【日経平均】5日ぶり反落<4-6月期実質GDP年27.8%減>戦後最悪の落ち込み

関連エントリ 2020/08/07 ⇒ 【自粛から自衛へ】過去最多「新規陽性者数」全国1608人✍各地で最多更新

関連エントリ 2020/08/04 ⇒ 【ポピドンヨード】吉村知事「コロナ対策に推奨」会見後✍数分で完売店続出。

関連エントリ 2020/08/01 ⇒ 【自粛から自衛へ】東京都「新規陽性者数」472人✍3日連続最多更新

Photo_20201006210601

 評価値ディストピア藤井2冠に立ち塞がる豊島竜王 

NumberWeb 2020年10月6日(火)13時31分配信

 第70期王将戦の挑戦者決定リーグ2回戦、豊島将之竜王(叡王と合わせて二冠=30)と藤井聡太二冠(王位・棋聖=18)の対局は、終盤の逆転劇によって豊島竜王が勝利し、リーグ戦連勝を飾った。

 一方で藤井二冠は豊島竜王相手にまたしても敗戦し、通算対戦成績が6戦全敗に。また同リーグ戦でも「三冠」挑戦が厳しくなる連敗となった。

 戦型は「相掛かり」で進んだ今局、衝撃的な終盤戦となった。一時は藤井二冠が寄せの過程に入り、豊島竜王相手の初勝利が確実かと思われた。

豊川七段秒読みは魔物なんですよね

 しかし藤井二冠が勝機を逃すと、対局を中継した「囲碁将棋チャンネル」のAIによる評価値は豊島竜王、藤井二冠が一手指すたびに大きく揺れ動く状態に。両者持ち時間が限られる中で将棋の難しさを凝縮した大激闘になった。

 この対局を解説し、数々の“オヤジギャグ”で将棋ファンから愛される豊川孝弘七段が「秒読みは魔物なんですよね」とつぶやいたひと言は棋士としての実感がこもったものだった。

 最後は豊島竜王が辛抱強く自玉を守り、藤井二冠の攻めをかわして勝利をもぎ取った。藤井二冠はまたしても“豊島竜王の壁”を超えられなかったものの、171手の攻防には数多くのファンが固唾を呑んで見守ったことだろう。

貴族こと佐藤天彦九段が語ったこと

 Number1010号の将棋特集での佐藤天彦九段(32)と中村太地七段(32)の対談の未公開部分をWebで記事にしたが、そのなかで興味深いのは評価値に対して棋士が持つ印象だ。<例えば、ある対局でお互いに「9割くらい、これは詰まない」という認識を抱いていたとしましょう。ところが、AIがある一瞬だけは詰む可能性があったと数値で示したとする。それによって「あそこでこうしていれば勝てたじゃないか」と終わった後で批判はできるんですけど、それは2人の世界の理の外にある選択なんです。(中略)人が築き上げた世界において、価値観を転覆しろと言われているようなものです>

 AIが示す最善手が常に画面に現れる状況について「評価値ディストピア」という表現も広まりつつある。豊島竜王と藤井二冠という超トップ棋士でも、そういったことが起こりうる――将棋の難しさを改めて示す対局となった。

 AI予想99%対%から逆転負 藤井2冠、3冠挑戦は絶望的 

スポニチアネックス 2020年10月6日(火)5時30分配信

 ◇ 第70期王将戦 挑戦者決定リーグ

 将棋の第70期王将戦(スポーツニッポン新聞社、毎日新聞社主催)7番勝負で渡辺明王将(36)=名人、棋王含め3冠=の対戦相手を決める挑戦者決定リーグが5日、大阪市の関西将棋会館で行われ、藤井聡太2冠(18)=王位と棋聖=が、豊島将之竜王(30)=叡王と2冠=に171手で大逆転負けを喫した。過去の対戦成績が全敗の天敵に6連敗。リーグ戦も2連敗スタートとなり、崖っ縁に立たされた。

 藤井でもこんなことがあるのか。90手目△5六で成った角を切って勝負に出る。寄せる過程で、中継に映し出されたAI形勢判断は豊島1に対し圧倒的有利な99。だが、まさかの失敗で大逆転負け。終局後はあまりのショックからか呼吸は乱れ気味で、天を仰ぎながら「結果的に見切り発車になってしまった」とうなだれた。

Photo_20201006211001Photo_20201006210501

 対豊島で序・中盤戦の行く末が勝敗を左右するというAI研究での分析からか、いきなりアクセル全開。開局早々、スーツの上着を脱ぎ捨て、終盤戦のように前傾姿勢で体を揺らしながら盤上を凝視する姿からは初勝利への執念がうかがえた。

 プロ入りからこの一戦まで約4年間の通算勝率は8割3分7厘(4日現在)。30戦すれば25回は勝つ計算で、この数字は“レジェンド”羽生善治九段(同約7割強)ですら及ばない驚異的なものだ。

 にもかかわらず渡辺、永瀬拓矢王座と並んで棋界3強と認める豊島だけにはなぜか歯が立たない。格の違いのあった時期ならいざしらず、同じ冠保持者となった9月の対戦でも完敗。6戦して勝ち星なしという事実は、はたから見れば不思議以外の何ものでもないが、本人は「実力が足りないのかなと思います」と語るのみ。手数の171が前期王将戦挑戦者リーグ2戦目で敗れたときと全く同じなのも皮肉な結果だった。

 挑戦者を目指すリーグ戦でも、もう負けが許されない崖っ縁に追い込まれた。最終成績が並ぶ者がいたケースでは上位2人でのプレーオフとなるが、藤井があと1敗して3勝3敗になった場合でも規定により3位以下になるため残れない。

 もしも残る4戦全てに勝っても、道のりは厳しい。リーグ戦が現在の7人総当たり制になった第31期以降の計39期で4勝2敗で挑戦者になったのは延べ14人いるが、そのうちプレーオフなしは2人だけ。藤井が挑戦者になるためには4連勝+1勝の5連勝が必要となる可能性が高い。

 「厳しいスコアになってしまいましたが、最後まで頑張りたい」と前を向いた藤井。次戦は26日の永瀬戦。年度内3冠に向けた厳しい戦いが続く。

Photo_20201006210701Photo_20201006210702

渡辺明3冠‐豊島竜王の粘り藤井2冠ミスった108手目

スポニチアネックス 2020年10月6日(火)5時30分配信

 将棋の第70期王将戦(スポーツニッポン新聞社、毎日新聞社主催)7番勝負で渡辺明王将(36)=名人、棋王含め3冠=の対戦相手を決める挑戦者決定リーグが5日、大阪市の関西将棋会館で行われ、藤井聡太2冠(18)=王位と棋聖=が、豊島将之竜王(30)=叡王と2冠=に171手で大逆転負けを喫した。過去の対戦成績が全敗の天敵に6連敗。リーグ戦も2連敗スタートとなり、崖っ縁に立たされた。

 リーグ唯一の複数冠同士対決を渡辺明王将(36)=名人、棋王の3冠=が解説した。勝負の分かれ目として藤井優勢で進めた終盤、豊島の粘りに誤った藤井の寄せを挙げた。

 熱戦でした。特に中盤は内容が濃く、52手目の△8五歩が藤井2冠らしい強手で流れを引き寄せました。あのまま藤井2冠が勝っていたら、この一手を挙げるつもりでした。

 60手目あたりから藤井2冠が優勢で、決め手がありそうな局面。詰将棋解答選手権5連覇の実績が示す終盤力を誇る藤井2冠です。ところがなかなか土俵を割らない豊島竜王の粘りに焦ってきた。

 そのこと自体、あまり見たことがない。少なくとも、私との対局では見なかった藤井2冠の姿でした。

 勝負の分かれ目として挙げたいのが107手目▲1五角(A図)の直後。藤井2冠は△1九金と豊島陣の香を取りましたが、ここは△3九飛が有力で以下、先手にも▲3七歩の粘りがあって簡単ではないものの、後手の勝ち筋でした。

 ▲1五角の時点で藤井2冠には3分、残り時間がありましたから、読み切るのだろうと思って見ていました。終盤で抜け出したらそのまま押し切ることが多いですし、苦手意識というのもあるのでしょうか。

 特に注目度の高い藤井2冠の対局ですから、皆さん連敗していることは報じる。過去5連敗はインパクトのある数字だし、本人も気にしていたと思う。それを払拭するためにも早く1勝を挙げたかったでしょう。いつか途切れるのでしょうが、続いている間はプロ同士でも、相性は気になるものです。

 

2020年10月 5日 (月)

【特別読み物】酔っぱらって<線路に転落>復活を果たした男性の話。

電車事故で👤手足3本を失ったサラリーマンが語る

どん底からの復活

HARBOR BUSINESS 2020年10月5日(月)8時33分配信

ベッドから這い出ようとして落ちた時に、手足を失った現実を知る

 山田千紘さん(29歳)は2012年7月24日、電車との接触事故により、右腕を肘上、右脚は膝下、左脚を膝上から切断する重傷を負った。

 当時20歳だった山田さんはケーブルテレビ会社の営業職として採用されたばかり。仕事が楽しく、職場の付き合いも欠かさず充実した毎日を送っていた。

 事故当日は体調がいつになく悪かったが、夜には会社の飲み会があった。普段は酒好きの山田さんも、この日はなぜかまずく感じられ、飲むことができなかった。だが、「先輩よりも先に帰るタイプではなかった」山田さんは終電間際まで飲み会に付き合った。それが、事故に遭うまでの最後の記憶だ。

 後日、警察に聞くと、山田さんは帰りの電車で眠り込んでしまい、自宅のある駅を乗り越し終着駅までついたという。駅員に起こされた山田さんはそのまま終着駅のホームで寝てしまったが、その後なぜか立ち上がりホームに転落。そこに最終電車が進入してきたのだったーー。

Photo_20201005181701Photo_20201005181801

 ここまでが、山田さんが動画でも語っている事故の経緯である。

 それから8年後の2020年、事故と同月同日にユーチューブチャンネル「山田千紘 ちーチャンネル」を開設した山田さん。

 ある日突然、手足を3本も失うという想像を絶する体験をしたにもかかわらず、それを明るく笑い飛ばす姿が大きな反響を呼び、2か月あまりで登録者数7万人に迫る勢いとなっている。

 そんな彼にどん底から立ち直るまでの経緯と心の動きを伺いながら、その「考え方」の秘密に迫った。

助かった命を無駄にするな兄の言葉に救われる

――事故に遭った瞬間の記憶がないとおっしゃっていますが、事故に気づいた当初の心境についてお伺いできますか?

 目が覚めると、最初は夢の中だと思いました。利き腕の右手で目ヤニをとろうとすると、右腕の感覚は残っているのに、ないように見えたので「冗談だろ?」と思いました。脚も同様で、しかも、切れた両脚の長さが違っていた。

 自分の部屋のベッドではなく、病院のベッドなのはすぐわかったので、「夢にしてはリアルすぎるだろ」……と怖くなったのを覚えてます。

 とりあえず夢うつつの状態のまま顔を洗いに行こうと立ち上がろうとしたら、そのままベッドから落ち、激痛とともに現実を突きつけられたのです。

 「僕の手足はもうなくなった、人生も終わったんだ」というのが1番最初に思ったことです。

――「絶望のどん底」に落ちた時期は、どのようなことを考えていましたか。そこから立ち直るまでの思考の変遷過程をお伺いしたいです。

 ICU(集中治療室)から一般病棟に移り、1週間ほどがどん底だった時期でした。その時は本当に毎日毎日「死にたい」「誰でもいいから殺してくれ」と、助かったことに対する後悔ばかりで、ネガティブなことばかり考えていました。

 変わるきっかけは、振り返ると色々ありましたが、家族や友人など周囲が今までと変わらない接し方をしてくれたことでした。

 僕が変わってしまうことで、そういう人達まで変わってしまうのが1番怖かったのです。

 じゃあどうすれば良いかと考えたとき、「今までのように明るい自分に戻らなきゃな! よく考えたらまだ左手があるし、口があるから伝えたり話すこともできる。

 目があるから見ることもできるし、耳があるから誰かの声を聴くこともできる。まだまだできることたくさんありそうじゃん!」と、ポジティブに思うようになっていきました。

――周りの人にずいぶんと助けられたのですね。
  
 その通りです。周囲の支えがあって、ここまでこれたのだと思います。もし一人だったら僕は今この世にいなかったかもしれないし、感謝の念でいっぱいです。

 ICUにいたときの記憶はほとんどないのですが、泣き崩れる両親の横で、兄が僕に「手足はなくなったけど、助かった命は無駄にするんじゃないぞ」と言ったそうです。そのことを後に聞いて、ずっと胸に残っています。

自分は手足が3本ないだけ。他は何も変わらない

――しかし、手足3本を失う事故はやはり衝撃的な出来事だと思います。そこから気持ちを切り替えられたきっかけはなんだったのでしょうか?

 直接のきっかけは、高校時代から仲良しだった友人たちが1番最初にお見舞いに来てくれたことが大きかったと思います。

 彼らは病室で寝ている僕を見るや「なんだ元気そうじゃん」と言いました。こっちからしたら「どこがだよ!」と思ったけど、結局彼は2~3時間もいて、今までと変わらずたわいもない話をしました。

 そして、「じゃあな」といって彼らをエレベーターホールで送り出した時、そういえばケガの話を聞かれていないことに気づいたんです。まるで、「ケガをしても俺たちの関係は何も変わらないぞ!」という、無言のメッセージをもらっているかのようでした。

 すると、エレベーターのドアが閉まった瞬間から、涙があふれて止まりませんでした。「病院ではなく、今までのように彼とまた遊びたい!このままじゃダメなんだ」と強く思いました。

 その日は一晩中眠れませんでした。そして朝を迎えたとき、カーテンから光が差し込み、ベッドに備え付けられたテーブルの角が光ったのを目にして、ハッとしたんです。

 「自分は今まで、テーブルの下だけを見てもがいていた。でも、見方を変えるとこれまで見えなかったものが見えるようになるんだ」と。

 そこから気持ちがキッパリと切り替わり、「手足がなくなっただけだな」と思えるようになったのを覚えています。そこから、社会復帰するまでのロードマップを具体的に描き始めました。

――実際に、どのように進めていったのでしょうか?

 事故に遭ったときは20歳になったばかりで、22歳には必ず社会復帰したかったので、やるべきことと、それに必要な期間を逆算しました。リハビリをいつまでに終わらせ、資格をいつまでに取得するか……といったことです。

 そして10月にリハビリ施設のある病院に転院し、リハビリが1年かかると言われたところを半年で終わらせました。そしてその日のうちに自動車の教習所に入所し、出所後に間髪入れず障害者職業訓練所に入りました。

 そこで簿記とパソコン検定の資格を取得し、翌年には就職活動を開始していました。

自分の残された可能性に気づけたことはチャンス

――事故から2年も経っていませんね。すごく強いですね。

 僕はもともと、なくなったモノを数えるのがあまり好きではないんです。

 人はマイナスの数を数えがちだと思います。しかし、マイナスを数えるのではなく、どんなに小さくてもプラスの数を数えていくことが大切なんじゃないかと思います。

 手と足を失ったことは確かに圧倒的なマイナスですが、命が助かったこと、生きていることが僕にとってはそれをはるかに凌ぐプラスでした。そして、まだ左手が残っていたし、喋ることも、見ることも、聴くこともできた。

 自分にはまだまだ出来ることがたくさんあって、終わりじゃない。そういう自分の可能性に気づけたこと自体、最大のチャンスだと捉えています。

――心理学には「トラウマ後成長(Posttraumatic Growth)」という概念がありますが、事故後に成長を感じたり、強くなったと感じる部分はありますか。

 周りへの感謝を自分の言動で表せるようになったのは、成長したかなぁと感じます。親に対しては、やはり今までたくさん苦労をかけてきた上に、五体満足に産んでくれたにもかかわらず手足を3本も失ってしまって……とやりきれない思いがありました。

 だからこそ、ここから強く成長して自分らしく生きることで恩返ししていかなきゃなと、強く思うようになりましたね。

 あとは、やはりドン底を経験したことで、ちょっとした出来事では落ち込みにくいですし、そういった気持ちの面は強くなったのかなと思います! 「手足3本ないだけじゃん」と、本気で思っているんです。

――お弁当や料理など、日常生活の動画もアップされています。日常生活で不便なことは現在、ありますか?

 日常生活の家事は一通りできるし、不便は特にありません。

 物理的に難しいこと(電球の交換など高いところの作業)は当然できませんが、一人暮らしをして大抵のことは一人でできるようになったから不便に感じないのだと思います。そりゃ当然、どの家事(掃除、洗濯、料理)でも人より時間がかかるけれど、それは仕方のないことだって上手く割り切れているんだと思います。

 もともと健常者だったころに家事をやっていたとしたら、できたことができなくなってショックかもしれませんが、もともとやっていなかったことが逆に向上心が芽生えてよかったのかなと思います。

障害を持つようになってから気づいたこと

――現在は一人でお住まいですよね?

 はい。就職をした22歳から今までずっと一人暮らしです。最初は心配されましたが、親に負担をかけたくなかったし、何よりも自立したかったので。

――手足が自由に動かせた頃には気づかなけなかった事柄などはありましたらお伺いしたいです。

 通勤のため電車に毎日乗っていますが、やはり周りを見て行動していない人が、すごく多いと感じます。

 乗り降りする時も自分本位で人のことを押してきたりして危ないし、座席に座るときも一人分以上の幅を取ったり……。そういったマナーが気になりますね。

――現在はどのようなお仕事をされていますか? 職場ではどのようなサポートがあるでしょうか。

 最初はIT企業に障害者雇用枠で勤務し、転職して現在は航空関係の会社で一般社員として働いております。障害者枠ではキャリアアップが厳しい側面もあるので、最初から一般職で応募しました。

 仕事は、デスクワークを中心に経理業務等を、他の社員とまったく同じ待遇で行っています。障害があるからといって特別扱いされることは嫌なので、そういったことが僕にとっては一番のサポートであると言えます。

自分の経験を通じて、皆に勇気と元気を与えたい

――動画の反響で、印象的なものがありましたらご教示ください。

 YouTubeを始めて2ヶ月と少し経ちましたが、ありがたいことに多くの方々が見てくださり、外出時にも視聴者に話しかけられたりするので、その時は皆さんのリアルな声援を聞けたりできて本当に嬉しいです。

 動画のコメントでは、「人生観が変わった」など、視聴者の方に少なからず良い影響を与えることができていることを感じ取れて嬉しく思います。

――動画は毎日撮影されているのですか?

 いいえ。週一本を目標に、平日で時間がある時に制作しています。僕も土日は健常者と同じようにプライベートを楽しんでいますからね(笑)。ユーチューバーの大半はビジネスだと思いますが、僕にとっては社会活動の一つなので。

――動画を通じて障害を持つ方や、悩んでいる方の励みになりたいという意図を話されていましたが、今後具体的にやりたいことや伝えたいことなどありましたらご教示ください。

 海外では「モチベーショナルスピーカー」(編集部注:人々のモチベーションを上げ、変容をもたらす内容のスピーチを行う人)という職業を持つ方が多くいますが、日本ではまだ主流ではありません。

 僕自身の経験や言葉を通して、1人でも多くの方に勇気や元気を与えて前向きになってもらう。そんな手助けが出来るモチベーショナルスピーカーを将来的に目指していきたいです。

 また僕のインタスタグラムは、先天性四肢欠損症のお子さんを持つ方もたくさんフォローしてくれています。そのお子さんたちや、一般の方にも「手足が3本ない山田がやれてるのだから、自分にもできる」と思ってもらいたい。意味のある怪我だったと感じていきたい。

 そのために、YouTuberとしての活動はもちろんですが、ゆくゆくは本の出版や、全国での講演活動などを通じて、たくさんの人の笑顔に触れることで、僕自身も生きる価値や喜びを感じていければ嬉しいです。

【山田千紘】

1991年9月22日生まれ。2012年に電車事故で右腕、両脚を切断。2020年7月24日「山田千紘 ちーチャンネル」を開設。アイスランドのOSSUR社の義足モデルも務める。

ツイッター:@chi_kun_cq22 インスタグラム:@chi_kun_cq22

 電車椅子放置されたビール空き缶高校生が拾ってみたら🎬人生が変わった話 

高校生新聞 2020年10月5日(月)11時51分配信

 勇気を出して行動してみた経験について、高校生記者のなおさんに打ち明けてもらいました。

空いててラッキー…じゃなかった

 ある日、私は駅のホームで電車を待っていました。前に並んでいるのは6人ほど。疲れていたので、なんとか座れたらいいなと思いながら電車に乗り込むと、扉のすぐ近くの端の席が空いていました。

 ラッキー、と思いながら座ろうとしたとき、他の人たちが誰も座ろうとしなかった理由がわかりました。その席には、ビールの空き缶が放置されていたのです。

ビールの空き缶持ってうろうろ

 私はどうしても座りたかったので、缶を拾い、ゴミ箱を探すため電車から出ました。しかし近くには、ゴミ箱も、ゴミ箱付きの自販機もありませんでした。

 仕方なく缶を持ったまま車内に戻ると、缶があった席にはすでに別の人が座っていました。偶然にももう一つ空席を見つけたので、今度は缶を持ったまま席に座ろうとしました。最寄り駅で捨てればいいと思ったのです。

勘違いされちゃうよ

 すると隣の席の男の人が、「女子高生がビールの缶を持っていると勘違いされてしまうから、捨てておいで。席は自分が見ているから」と声をかけてくれました。私の一連の動きを見ていたようです。私はその人にお礼を言って、空き缶を捨てに行きました。

 電車に戻ると、男の人は自分の荷物を私の席に置いて、取ってくれていました。感謝の言葉を述べつつ座ると、「他の人のために行動したあなたに感動して、席を確保してあげようと思ったんだよ。素晴らしいことだ」と言ってくれました。

座りたかっただけ、でも心がくすぐったい

 私の場合、ただ自分が席に座りたかっただけでした。でも、私の行動を見てそんなふうに思ってくれた人がいて、私のために動いてくれたんだと思うと、心がくすぐったくなりました。

 引っ込み思案であまり積極的ではなかった私ですが、そのことがあってから、前から汚いと思っていた、部活でよく使うトイレを自ら掃除するなど、少し変われたと思います。

 少しの勇気で、人は変われます。みなさんも周りを見て、困っている人がいたら声をかけてみるなど、何か行動してみてほしいです。(高校生記者・なお=2年)

 

2020年10月 4日 (日)

【第45代大統領】入院後✍容体悪化「大きな懸念」予断を許さず

公式発表と相違、トランプ大統領容体きな懸念」と関係筋

AFPBB News 2020年10月4日(日)3時52分配信

 新型コロナウイルスに感染したドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領の専属医らは3日、トランプ氏の容体は「とても良好」だと発表した。だがトランプ氏の容体に詳しい情報筋は、同氏のこれまでのバイタルサイン(生命徴候)には「大きな懸念」があり、今後の48時間が重要となるとの見解を示した。

 トランプ氏がウォルター・リード米軍医療センター(Walter Reed National Military Medical Center)に入院後初となる記者会見を開いた専属医のショーン・コンリー(Sean Conley)医師は、トランプ氏が現在、起き上がって歩ける状態にあり、ここ24時間は発熱がないと説明。せきや鼻づまり、倦怠感といった症状は改善し、酸素吸入も受けておらず「容体はとても良好」だと述べた。

 だがトランプ氏の容体に詳しい関係者は「大統領の過去24時間のバイタルには大きな懸念があり、治療の面では今後48時間が重要となる」と説明。「全快の明確な見通しはまだ立っていない」と述べた。ホワイトハウス(White House)は今のところこの情報についてコメントしていない。

 米メディアはトランプ氏が2日の入院前にホワイトハウスで酸素吸入を受けたとの情報を伝えていたが、これについて問われたコンリー医師は、検査を受けた1日とウォルター・リード入院後には酸素吸入は行われなかったとのみ言明した。

 もしも米国大統領重病になったら 権力や選挙はどうなる 

BBC News JAPAN 2020年10月4日(日)14時32分配信

 11月3日の米大統領選を目前に、ドナルド・トランプ米大統領が新型コロナウイルスに感染し、首都ワシントン近郊の陸軍病院に入院した。

 今後の展開がどうなるのか、きわめて不透明な状態になった。

 10月1日に新型ウイルス検査で陽性判定の出たトランプ氏は、10日間の隔離が必要となる。次の大統領候補討論会は今月15日の予定のため、日数的には出席可能だ。

 2日にフロリダ州で予定されていた選挙集会や、高齢者とのビデオ会議は中止された。

 他にも10日までの間に複数の支持者集会が予定されていたが、これは中止か延期をせざるを得ない。

選挙が延期される可能性は

 トランプ氏の隔離が必要になったため、選挙活動への歴然とした影響が出ることになった。

 では、大統領選は延期できるのだろうか? 

 アメリカの大統領選は4年ごとに11月最初の月曜日の次の火曜日に行うと、法律で決まっている。今年が11月3日なのはそのためだ。

 この日程の変更には法改正が必要だ。つまり、選挙の日にちを変えられるのは大統領ではなく、連邦議会だ。

 投開票日の変更には、上下両院の過半数が賛成しなくてはならない。下院は野党・民主党が多数党のため、選挙日程の変更を認める可能性は乏しい。

 たとえ選挙日程が変更されたとしても、合衆国憲法は大統領の1回の任期は4年で終わると定めている。そのため、トランプ大統領の現在の任期は2021年1月20日正午に、自動的に満了して終わる。

 この日程を変更するには、憲法を改正しなくてはならない。これには連邦議員か州議会の3分の2が賛成した後、全米50州の75%が同意しなくてはならない。これもやはり、実現はほとんどあり得ない。

もしもトランプ大統領が執務できなくなったらどうなる?

 現職大統領が病気のため執務ができなくなった場合、合衆国憲法の修正第25条第3項は、「大統領が、その職務上の権限と義務の遂行が不可能だと、上院の臨時議長および下院の議長に書面で通告した場合、大統領が権限および義務の遂行が可能だと書面で通告するまで、副大統領が臨時大統領として大統領職の権限と義務を遂行する」と定めている。

 つまり、もしトランプ大統領が病気のため職務が遂行できなくなった場合、マイク・ペンス副大統領に一時的に権限を委譲することができる。ペンス氏が大統領代行となる。トランプ氏は回復した後、大統領権限を再び掌握できる。

 大統領自身が権限委譲の手続きができないほど具合が悪い場合には、閣僚と副大統領が職務遂行不可能と宣言する。そして、現政権ではペンス副大統領が大統領代行となる。

 もしも大統領だけでなく副大統領も職務が遂行できなくなった場合は、大統領継承法にもとづき、下院議長が大統領代行となる。現在だと、民主党のナンシー・ペロシ下院議長だ。それだけに万が一この事態となれば、与野党間で法廷闘争が起きる可能性が高いと、複数の憲法学者は言う。

 仮に、下院議長が大統領代行を務めることができない、もしくはその意志がない場合は、上院議長代行が次の候補となる(上院議長は副大統領のため)。現在では、共和党のチャック・グラスリー議員だ。これも、法廷闘争が必至の事態だ。

大統領が傷病のため権限委譲したことは? 

 1985年にロナルド・レーガン大統領が、がんの手術のため入院した際には、ジョージ・H・W・ブッシュ副大統領(後の大統領)に権限を委譲した。

 2002年と2007年にジョージ・W・ブッシュ大統領が定期健診の一環として大腸内視鏡検査のため、麻酔で鎮静された際には、ディック・チェイニー副大統領に権限を委譲した。

大統領候補が出馬を続行できなくなったら? 

 もし万が一、何らかの理由で政党が選んだ大統領候補が、選挙本番でその役割を継続できなくなった場合には、党則の手続きが適用される。

 トランプ氏が大統領の職務を遂行できなくなった場合はペンス副大統領がそれを代行するものの、与党・共和党の大統領候補に自動的になると決まっているわけではない。共和党はすでに、トランプ氏を正式に候補に選出しているからだ。

 共和党の党則によると、共和党全国委員会(RNC)の委員168人が、新しい大統領候補を投票で決める。この場合、ペンス氏が投票対象の1人になる可能性は高い。

 もしもペンス氏が新しい大統領候補に選ばれた場合は、新しい副大統領候補が選ばれることになる。

 共和党も民主党も、いったん正式に選出した大統領候補を後から変更したことはない。

郵便投票や期日前投票の行方は? 

 すでに数百万人の有権者が、両党の候補者の名前を記した投票用紙を郵送している。それだけに、もし万が一、共和党候補が変更されたらどうなるのか、不確定な部分が多いと専門家たちは言う。

 一部の州では、投票所での期日前投票も始まっている。

 カリフォルニア大学アーヴァイン校のリック・ハーセン教授(法学)は、病気などのために出馬が続けられなくなった候補者の名前が投票用紙に記載されたまま、投票は続くだろうと書いている。

 しかし、アメリカの選挙で最終的に大統領候補に直接投票するのは、各州の選挙人だ。この選挙人が、新しい党候補に投票できるかどうかは、州法によって異なるし、それには異論もあるだろうという。

候補者が辞退した場合に、党の候補者を変更することはあり得るのか?

「何が起きようと、投票用紙にはトランプ大統領の名前が残る」と、ニューヨーク大学のリチャード・ピルデス教授(法学)は言う。

 理論上は共和党が、裁判所に候補者変更命令を求めることもあり得るが、現実的にはそれには時間が足りないという。

 地球最後に使われる軍用機2機がトランプ大統領の感染判明後に飛び立った理由 

WIRED 2020年10月4日(日)12時32分配信/LILY HAY NEWMAN

 ドナルド・トランプ大統領が10月2日(米国時間)の朝、メラニア夫人と共に新型コロナウイルスの検査で陽性の結果が出たことをツイートする数分前のことだ。2機の「ボーイングE-6B マーキュリー」が、公開フライトデータの地図上に現れた。このうち1機は米東海岸沖の進路、もう1機は西海岸沖の進路を示していた。

 新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)の時代においても、こうした飛行経路の航空機を夜間に目にすることは決して珍しくはない。だが、E-6Bは通常の民間航空機ではない。弾道ミサイルの発射指令を伝えるために使われている航空機なのだ。

 トランプ大統領の顧問のホープ・ヒックスが新型コロナウイルスの検査で陽性と診断されたニュースが10月1日に報じられたあと、飛行機の愛好家たちが2機のE-6Bの離陸を確認し、そこにある関係性を導き出した。おそらく、この2機の離陸はトランプが検査で陽性だったことに関連があり、米国の戦略軍はこの微妙な時期に“敵”に対して抑止のメッセージを送るために動いていたのではないか──。

 この予想は一気にSNSで拡散し、トランプの検査結果によって予想される影響への当惑と不安を強める結果となった。

ICBMまで制御できる飛行機

 E-6Bは非常に興味深い飛行機である。だが実際のところ、米国のミサイル防衛装置の一部として、定期的に離陸・飛行・着陸を繰り返している。E-6Bはいつでもすぐに飛び立てる準備ができている必要がある。要するに、準備万端なのだ。

「この2機の飛行は事前に計画された任務であったことを確認しています」と、米戦略軍メディア運用責任者のカレン・シンガーは、『WIRED』US版の10月2日の取材に答えている。「大統領が陽性を発表したタイミングは、まったくの偶然です」

 旅客機「ボーイング707」をベースに改造されたE-6Bは、基本的に米国の大統領と国防長官からの軍事命令を受け取り、その命令を米国の弾道ミサイル潜水艦に伝達するためにつくられた通信中継局だ。空中発射統制システム(ALCS)と呼ばれるプラットフォームを利用することで、大陸間弾道ミサイル(ICBM)の通称「ミニットマン」をリモート制御する機能も備えている。

 地上ベースの通信システムが中断された場合に備えて、E-6Bは冗長性を確保する手段として機能する。また、近接性が必要となるLOS(直線距離での接続)の通信を確立する上でも欠かせない。E-6Bの基本任務はTACAMO(Take Charge And Move Out:任務を遂行して即撤退)として知られている。

「E-6Bは常に離陸しています。E-6Bの離陸に何か深い意味があるなんて考えもしませんでした」と、カリフォルニア州のミドルベリー国際大学院モントレー校東アジア核不拡散プログラムのディレクターであるジェフリー・ルイスは語る。

その重要な通信機能

 E-6Bには、目を見張るような機能がいくつか搭載されている。最も重要な機能のひとつは、超長波(VLF)通信プラットフォームだ。これは海面下最大60フィート(約18m)を潜航する核弾道ミサイル潜水艦との通信に使用される。

 ステルス潜水艦はその位置を隠す必要があり、多くの場合は通信のために浅い水深まで上昇したり、ブイを浅い位置に送ったりすることはできない。代わりに通信中継機と潜水艦の両方に巨大アンテナを装備する必要がある。それでも超長波システムは非常に低遅延、低帯域幅、低スループットであることから、わずかな量のデータの送信にも長い時間が必要になる。

 深海潜水艦に最短メッセージを送信するにも、E-6Bは特別な飛行操縦を実行することになる。具体的には、長時間にわたって急旋回を続ける。ぐるぐると旋回飛行することでアンテナを垂直に垂らした状態に保ち、まっすぐ水中に向かって通信するのだ。ほかにも超長波通信が可能な軍用機はあるが、特にE-6Bの中核任務となる。

一般市民に考えが及ばないこと

 E-6Bは、米戦略軍の空中指揮機としていつも飛行しているわけではない。だが、その前身である空軍の「EC-135」は、1961年2月3日から1990年7月24日までの29年以上にわたる任務で、常時少なくとも1機が飛行していた。現在はそれほど絶え間なく飛行しているわけではないが、準備演習は極めて一般的にある。

「普段、米国が命令後数分で1,000発以上の核兵器を使用する態勢を整えているという事実について、一般市民は考えることはありません」と、ミドルベリー国際大学院のルイスは語る。「そんなことは思いもよらないでしょう。正気の沙汰とは思えないからです。だから、何か起きたときに通常の準備体制を目にして、心の中で『ああ、これは大惨事に違いない。そうでなきゃ軍隊全体がこんな厳戒態勢にあるわけがない!』と考えるわけです。しかし、トランプが病気になったことが原因ではありません。普段からそうのなのです。それが気に入らないなら、そのことを問題とすべきかもしれませんね」

 ファッションデザイナー高田賢三享年81歳逝去 武漢肺炎で 

WWD 2020年10月5日(月)1時00分配信/JUN YABUNO(ファッション雑誌)

「ケンゾー(KENZO)」の創業者でもあるファッションデザイナーの高田賢三氏が4日、新型コロナウイルスの合併症により、パリ郊外のヌイイ=シュル=セーヌにあるアメリカン・ホスピタルで死去した。81歳だった。

Photo_20201005060801

 高田氏は1939年兵庫県生まれ。文化服装学院を卒業後、64年に渡仏。その後「ケンゾー」の前身となる「ジャングル・ジャップ(JUNGLE JAP)」を立ち上げ、70年に初のコレクションを披露した。93年にはLVMH モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH Moet Hennessy Louis Vuitton)にブランドを売却し、99年に同ブランドのデザイナーを退任。2016年には、フランス政府からレジオン・ドヌール勲章シュヴァリエを受章。20年1月にはラグジュアリーホームウエア&ライフスタイルブランド「K3」を立ち上げていた。

「ケンゾー」が属するLVMHファッショングループのシドニー・トレダノ(Sidney Toledano)会長兼最高経営責任者は、「私は70年代に彼がスタートしたブランドのファンだった。彼は素晴らしいデザイナーだったと思う。とても悲しい」とコメント。また、高田氏は「『ケンゾー』のチームをサポートしていた」と述べ、2月には現在同ブランドを手掛けるフェリペ・オリヴェイラ・バティスタ(Felipe Oliveira Baptista)新クリエイティブ・ディレクターによる初のショーにも来ていたと話した。

 また、フランスオートクチュール・プレタポルテ連合会(Federation de la Haute Couture et de la Mode)のラルフ・トレダノ(Ralph Toledano)会長は、「独創的なカットや多様な文化からのインスピレーション、エキゾチックなプリントで、賢三は紛れもなく東洋と西洋の融合というファッションの新たなページを記すことに貢献した」という声明を発表した。

Photo_20201005060601Photo_20201005060901Photo_20201005061001Photo_20201005061501

 新型コロナ1日感染者数1万7千人史上最多 

WoW!Korea 2020年10月4日(日)7時53分配信

 フランスの新型コロナの1日の感染者が1万7000人に迫り、史上最多記録となった。

 フランス保健省は3日(現地時間)、新型コロナの1日の感染者が1万6972人を記録したと発表した。 これは史上最高であるのはもちろん、前日より5000人程度急増したものだ。

 これでフランスの累積感染者は60万人を突破し、世界11位を記録することになった。

 死亡者は前日より49人増加し、計3万2198人となった。

 フランスで最近、感染者が急増しているのは、ヴァカンスから戻った若者たちから家族に感染しているためであり、寒風が吹くにつれ感染者がさらに増加していると専門家たちは予想している。

 熊本豪雨長引く避難生活 れた自宅被災者多数 

朝日新聞デジタル 2020年10月4日(日)8時30分配信

 熊本県南部を中心とした豪雨災害から、4日で3カ月を迎えた。いまも人吉市、球磨(くま)村、八代市、芦北町、あさぎり町の約700人が県内の避難所で暮らす。壊れた家に住み続ける「在宅避難者」もいるが、人数などの実態は自治体もつかめていない。避難が長期化するにつれ、被災者の生活状況の把握と継続的な支援が課題になっている。

 災害対策基本法は、避難所に身を寄せる被災者のほか、やむを得ない理由で避難所以外で過ごす被災者にも必要な生活物資や情報を届ける努力をするよう、自治体などに求めている。

 熊本県が「在宅避難者の可能性が高い」としているのは1日現在、人吉市と球磨村の計611人。避難所で配る弁当を自宅などから取りに来る住民を数えた。

 ただ、全半壊した住宅は約4500棟。一方、仮設住宅や公営住宅などへの入居や、その手続きが完了したのは775戸で、自宅にとどまったり、親族宅などに身を寄せたりする被災者も多くいるとみられる。県避難所等支援室の担当者は「(避難所以外に避難者が)どこに何人いるかもわからない」と話す。

Photo_20201005062101Photo_20201005062201

 戸別訪問で生活状況の調査を始めた自治体もある。

 球磨村は7~8月、全1447世帯のうち孤立などでたどり着けない集落を除く6割を訪問し、生活状況を聞き取った。時間が経つにつれ、生活習慣病の悪化や気持ちの浮き沈みを訴える声が増えているという。村の担当者は「時間が経てばニーズも変わる。定期的に訪問して必要な支援を届けたいが、日ごとに移動して所在がつかみにくい被災者もいる」と対応の難しさをにじませる。

 人吉市は避難所にいない高齢者や妊婦らを訪ね、要望を聞き取った。さらに広く被災者の生活状況を調べるため、罹災(りさい)証明書の申請をしていない世帯への調査も検討している。

 今回の豪雨では、熊本県で65人が死亡、2人が行方不明になった。大分、長崎、福岡、鹿児島の各県をあわせ九州で77人が死亡。全国での死者は84人にのぼった。

 半沢直樹スピンオフドラマ熱望輝いた複数のヒーローたち… 

Real Sound 2020年10月4日(日)6時34分配信

 『半沢直樹』(TBS系)が熱狂的な支持の中、最終回まで見事に完走した。怒鳴り合いがパワハラそのものではないかという指摘や、役者たちの顔面の圧力から「半沢歌舞伎」などという揶揄もあったが、そのド迫力は他のドラマの追随を許さなかった。作品が最後に放ったコロナ禍における日本と為政者に対する強いメッセージも心に響いた。

 主役の半沢直樹を演じた堺雅人の熱演もさることながら、特に印象に残ったのが周囲の俳優たちのテンションの高さだ。すさまじい演技がラリーのように応酬し、どんどんエスカレートしていったようにも見える。さながら『ドラゴンボール』の激しいバトルのような演技合戦。他のドラマに放り込むと絶対に浮いてしまうような登場人物たちが見事に調和していたのが『半沢直樹』というドラマだった。

 たとえば、「お・し・ま・いDEATH!」「銀行・沈・ヴォツ!」などの名言を生み出した東京中央銀行が誇るダークヒーロー、大和田暁(香川照之)は、もはや主人公の半沢直樹をしのぐ人気を獲得したと言っていい。昨今のコンプライアンス事情を実力でねじふせる国税庁の黒崎(片岡愛之助)も、終盤で半沢の協力者として登場すると視聴者の喝采を浴びた。

 常に献身的に半沢をサポートする渡真利(及川光博)の半沢を想う言葉に胸ときめかせる視聴者が多かった一方、前シリーズでは半沢と敵対していたタブレットマン・福山(山田純大)が支持を集めていたのには少々驚かされた。「お前がしっかりしろ」とツッコミを浴びがちだった中野渡頭取(北大路欣也)が最終回で放った「さらばだ!」の一言に目頭を熱くした視聴者も少なくなかったのではないだろうか。

瀬名社長箕部幹事長白井国交相……『半沢直樹を盛り上げた面々

 新シリーズからの登場人物も負けてはいない。スタートアップIT企業の社長で気合を入れる声がとんでもない瀬名(尾上松也)と、半沢から大きな影響を受けた東京セントラル証券の森山(賀来賢人)コンビのまっすぐさ、青さ、清々しさはいつも眩しかった。前半の「半沢歌舞伎」を引っ張った中ボス、伊佐山(市川猿之助)はさすがの本物ぶりだったし、最後の大物黒幕、箕部幹事長(柄本明)は『スター・ウォーズ』のシスの暗黒卿さながらのド迫力を見せつけた。70歳を超え、飄々とした枯れた味わいが持ち味としていた柄本明の凄み、恐ろしさを引き出すことができたのも『半沢直樹』だったからなのかもしれない。

 前時代的、あるいは軽んじられているのではないかと指摘されていた女性陣も、終盤にはそれぞれ見せ場があった。「お飾り」と言われていた白井国交相(江口のりこ)は箕部に反旗を翻すことで本作のヒロインたり得たし、半沢の妻・花(上戸彩)は夫の良き理解者でありつつ、ピュアすぎる言葉で白井の決心を後押しした。開発投資銀行の谷川(西田尚美)の決然とした債権放棄拒否宣言には胸が熱くなったし、智美(井川遥)が女将をしている小料理屋が本当にあったらぜひとも行ってみたい(残念ながらない)。

 タスクフォースの乃原(筒井道隆)はどこまでも憎々しく、グレートパイロットの木滝(鈴木壮麻)はいつも凛々しく、帝国航空の山久(石黒賢)はいつも気の毒で、金融庁の古谷(宮野真守)は黒崎に急所を掴まれただけだった。小悪党らしい小悪党の諸田(池田成志)、下がり土下座の曽根崎(佃典彦)、腐った肉の匂いがする永田(山西惇)、太洋証券の広重(山崎銀之丞)も物語を盛り上げたし(4人とも舞台で活躍している俳優だ)、三木(角田晃広)の小人物ぶりも忘れ難い。

複数の登場人物にファンがつく作品は強い

 これだけの個性的な登場人物が顔を揃えているドラマは滅多にない。キャスティングの豪華さ、人数の多さは通常のドラマを軽く凌駕しており、大河ドラマ、朝ドラに次ぐレベルだと言える。大ヒットドラマの待望の続編であり、局の看板である「日曜劇場」だからこそ実現したのだろう。スピンオフドラマが軽く5~6本は作れそうな顔ぶれだし、ぜひとも実現してほしい(誰のスピンオフドラマが観たいか、『半沢直樹』ファンにアンケートを取ってみたい)。

 しかも、単にキャストが豪華なだけではなく、それぞれに見せ場があり、それぞれが視聴者の注目を集め、場合によっては登場人物に熱いファンがついているドラマは稀有である。視聴者たちは、自分に近い年齢や立場の登場人物に感情移入したり、自分とかけ離れた登場人物を憧れのまなざしで見たり、彼らの言動に腹を立てたり、応援の声を送ったりしていた。

 50話前後ある大河ドラマや15分ながら130話前後ある朝ドラならともかく、全10話の連続ドラマでそのようなことが可能になったのは、長大な原作を整理し、登場人物それぞれに見せ場を与えた丑尾健太郎をはじめとした脚本家チームの功績が大きい。また、短い出番を120%、150%の力で演じることができる力量のある俳優たちを、知名度に頼らずに集めた伊與田英徳プロデューサーの手腕も欠かせない。先に「キャストが豪華」と書いたが、それまで知名度がなかった俳優でも『半沢直樹』に出ることで「豪華キャスト」の仲間入りをするケースが多々見られる。

 複数の登場人物がそれぞれ活躍し、それぞれにファンがつく作品は強い。近年では海外テレビドラマ、2.5次元と呼ばれる舞台作品、『仮面ライダー』シリーズなどがそうだろう。『ドラゴンボール』や『ONE PIECE』のような長編コミック(アニメ)もそうだし、古くは『忠臣蔵』などのオールスター時代劇、歌舞伎の顔見世興行なども複数のヒーローが輝くコンテンツだった。

 とはいえ、人気や知名度のある役者を揃えただけでそうなるとは限らない。脚本、演出、演技力、予算……すべてが揃ったとき、『半沢直樹』のように複数のヒーローが輝く作品が出来上がるのだろう。『半沢直樹』の新しいシリーズが制作されるかどうかはわからないが、またこのような日本中を巻き込んで盛り上がるような作品が観てみたいと願っている。

 

2020年10月 3日 (土)

【うつ病】“原因”となる物質を作る<ウイルスの遺伝子>発見

 うつ病の原因、ついに発見 リスクを12倍に高めるタンパク質 

デイリー新潮 2020年10月3日(土)5時56分配信

うつ病の引き金を特定

 コロナ禍で活動は制限され、心身に変調をきたす人も少なくない。うつ病は生涯で15人に1人が経験するという「国民病」なのだが、東京慈恵会医大の研究チームによって、その原因がウイルスにあることが先ごろ判明した。一体、いかなる仕組みなのか。

 ***

 過労や強いストレスによって引き起こされるうつ病は、誰もが罹る可能性を帯びている。が、その発症メカニズムについては長らく解明されてこなかった。

 そんな中、今年6月に東京慈恵会医大の研究チームは、体内の「ヒトヘルペスウイルス」が唾液を介して口から鼻に逆流し、脳に感染すると特定のたんぱく質が作られることを発見した。さらに、このたんぱく質を持つ人が、持たない人に比べて12倍以上もうつ病に罹りやすいという結果も得られたのである。

 すなわち、うつ病の「引き金」となる要因を突きとめたわけであり、これらの研究結果は6月、米国の電子科学誌「アイサイエンス」でも発表されている。

 医学博士で、研究チームを率いる同大の近藤一博教授(ウイルス学)が言う。

「動物も含めると数百種類にのぼるヘルペスウイルスの中で、ヒトに感染するのは9種類です。まず口唇ヘルペスの原因となる『単純ヘルペス1型』、性器ヘルペスの原因となる『単純ヘルペス2型』、それから『水痘帯状疱疹ウイルス』があり、さらに特定のがんの原因とも目されている『エプスタインバールウイルス』、新生児に重篤な感染症を引き起こす『サイトメガロウイルス』。そして『ヒトヘルペスウイルス(HHV)-6』『7』『8』とあり、このうちHHV-6には『A』『B』の2種類があります」

 この9種のうち、

「HHV-6と7はヒトに100%感染する、人間ならば誰もが持っているウイルスです。通常、私たちは幼児期に家族などを通じて感染しますが、これらのウイルスは突発性発疹といった軽い発疹症を起こすだけで、体内のマクロファージ(白血球の免疫細胞の一種。死んだ細胞や体内の異物を捕食する細胞)に感染して静かにしています。これを潜伏感染といい、私たち“宿主”が疲労すると敏感に察知して再活性化し、外へ出ようと唾液中に出現するのです」

 従って、

「唾液中のHHV-6とHHV-7の量を調べれば、その人がどれだけ疲労しているかを客観的に分析することができます」

 というのだ。

生理的疲労病的疲労

 実は近藤教授は2017年、HHV-6の研究から疲労の原因となる「疲労因子」を世界で初めて解明、発表している。それまで“疲労感”といった主観でしか捉えられてこなかった感覚に、客観的な尺度が備わったわけである。

「例えばHHV-6は、潜伏感染中も「H6LT」というメッセンジャーRNA、つまり特定の役割を持つたんぱく質を作る“指示書”を発現させています。通常の状態だと、H6LTからはたんぱく質は作られないのですが、体が疲れてくるとHHV-6に“増えろ”という指示を出すたんぱく質を作り始める。すると眠っていたHHV-6が動き始め、唾液中に出て新しい宿主を探しに行くのです」

 では、問題のメッセンジャーRNA「H6LT」は、どのように体の疲労を見極めているというのか。

「我々は『elF2α』という因子が『リン酸化elF2α』という物質に変化することで、『炎症性サイトカイン』というたんぱく質が産出され、これが脳に作用し疲労が生じることを発見しました。炎症性サイトカインは、細菌やウイルスが侵入すれば撃退して体を守ってくれますが、一方で体内の組織などが腫れ上がる腫脹や、発熱など炎症反応の原因にもなるものです」

 風邪の時に感じる“だるさ”も、これが原因であり、

「H6LTは、このリン酸化elF2αに反応してHHV-6に“増えろ”という指示を送る。HHV-6は、ヒトの疲労のメカニズムをうまく利用しているといえます」

 近藤教授の研究により、この原理を利用して唾液中のHHV-6とHHV-7の数値を調べ、疲労の数値化が可能となった。が、一方で疲労感を訴えながら値が少ないケースもあるという。

「疲労には、運動などの情報が脳に伝わって“もう休みなさい”という意味の生体アラームとして発せられる『生理的疲労』と、実際の仕事や運動とは関係なく病気の脳が勝手に疲労を感じてしまう『病的疲労』があります。前者は健康的な反応であって休息をとれば回復しますが、後者は脳神経が何らかのダメージを受けることで生じ、長時間持続するのです」

 その裏には多くの場合、うつ病が潜んでいるといい、

「ヒトヘルペスウイルスは生理的疲労には反応しますが、病的疲労には反応しません。すなわち疲労感があっても唾液中のHHV-6、HHV-7が正常値である場合は病的疲労であると言え、うつ病の兆候の一つを早期発見できるわけです」

 従来は6カ月続く疲労を「慢性疲労」と呼んでおり、

「『疲れが取れません』という患者さんにも、とりあえず『半年待ちましょう』としか言えませんでした。これでは早期治療など全くできません。ヘルペスウイルスを使った検査法が一般化すれば、その場で唾液中の量を調べ、治療を始めることもできるのです」

リスクが12.2倍に

 ここから、今回の発見へと繋がっていく。冒頭で触れた通り、近藤教授はヒトヘルペスウイルス自体がうつ病の原因となる可能性を解き明かした。中でも、うつ病と関わってくるのは「HHV-6B」だという。

「今から10年前は、多くの研究者がうつ病の原因遺伝子は必ずヒトの遺伝子から見つかるものだと考えていました。ところが遺伝子を全部調べても、うつ病の原因遺伝子は見つからなかった。そこで遺伝子ではなくウイルスに着目したところ、実に興味深い事実が判明したのです」

 潜伏感染中のHHV-6が体内の疲労因子に反応して増え出し、唾液中に出現するのは先述の通りだが、

「HHV-6は口腔からさらに鼻へと遡り、脳の中でにおいを司る嗅球(きゅうきゅう)という部位に感染します。ここでHHV-6は『SITH-1(シスワン)』というたんぱく質を産出するのですが、このSITH-1は細胞内のたんぱく質『CAML』と反応して活性化し、嗅球内にカルシウムを流入させます。その結果、嗅球の脳細胞は死んでしまうのです」

Photo_20201003142601

 嗅球は、脳の記憶を司る海馬とも密接に結びついており、

「嗅球の脳細胞が死ぬと、つながりのある海馬も多大な影響を受け、脳のストレス応答が高ぶることでうつ病に罹りやすくなるのです。ストレスがどのようにうつ病を引き起こすのかはいまだ謎の部分が多いのですが、脳の神経を障害してうつ病を引き起こすと考えられています」

 とのことで、

「実際に今回の研究では、SITH-1陽性者は陰性者に比べて12・2倍もうつ病に罹りやすく、またSITH-1の影響でうつ病になった人は患者全体の79・8%にも及ぶという結果が得られました。遺伝子研究では、比率が1・2~1・5倍程度でも関係があると見なされます。その中で12・2倍という数字は突出しており、うつ病の主な原因の一つであると考えてよいと思います」

スター・ウォーズに因んで

 ちなみにSITH-1という呼び名は、近藤教授が映画「スター・ウォーズ」に因んで付けたという。

「悪役の『シス』に由来しています。シスがアナキンに取りついてダース・ベイダーに変えてしまったように、SITH-1はヒトの脳に取りついてストレスをより多く感じさせ、うつ病のような精神疾患を引き起こすというわけです」

 うつ病の原因の正体が掴め、早期治療に繋がる今回の発見。気になる実用化については、

「例えば会社の健診でSITH-1が陽性かどうかを調べれば、ストレスへの耐性が分かり、健康指導もできるはず。正しく理解してもらえればすぐにでも実用化できると思います」

 そう太鼓判を押しながらも、

「SITH-1を防ぐ薬の開発については、もう少し時間が必要だと考えています。というのも、口から鼻に逆流し、最終的に嗅球へと到達するHHVをどこでブロックするかが難しい。嗅球にたどり着く前に止めるのであれば、薬をずっと飲み続けなければならなくなります。となると、嗅球に感染しても脳細胞が死なないような薬が作れればいいのですが……」

 さらなる研究が待たれるところである。

 敵か?味方か 39種類共生ウイルス 

読売新聞オンライン 2020年9月27日(日)13時39分配信

■ 新型コロナウイルスに代表されるように、ウイルスは生物に害を与える「病原体」というイメージがある。一面では正しいが、人体に特段の症状を起こさず、普段から共生している様々なウイルスがいることも分かってきた。何らかのきっかけで病気を引き起こすこともあれば、人体に有益な働きをすることもある。

■ エイズ感染を防ぐウイルスも

 インフルエンザやエイズなど病気を起こすウイルスは、よく研究されている。だが、体に潜む共生ウイルスについてはほとんどわかっていない。

 東京大医科学研究所の佐藤佳(けい)准教授(ウイルス学)の研究チームは、あらゆる臓器や組織にウイルスが共生し、少なくとも39種類に上ることを明らかにした。解析したのは、事故や心不全など感染症以外で亡くなった547人の臓器などに含まれる遺伝情報を集めた米国のデータベースだ。人や動物に感染する約5600種類のウイルスの遺伝情報と照らし合わせ、脳や心臓、筋肉などに共生するウイルスをあぶり出した。

 特にチームが注目したのは、胃の中で検出したヒトヘルペスウイルス7型(HHV―7)だ。胃の検体の約37%から見つかり、消化酵素など胃の働きが活性化していた。

 少数例だが肺や血液にいたGBウイルスCは、エイズウイルスの感染を防ぐことが知られている。ウイルスがなぜ共生しているのかなど、詳しい解明は今後の課題だが、佐藤准教授は「人体に何かいい作用を及ぼすウイルスがいるかも」と期待する。

 一方、体内で何をしているのか全く分からないウイルスもいた。トルクテノウイルス(TTV)は、心臓や卵巣などで見つかったが、人体側の反応をほとんど引き起こさず、ただひっそりと体内にいるようにみえる。

 逆に、普段は潜伏感染しているものの、免疫が弱まったときなどに病気を引き起こすウイルスもいる。肝臓の中にいて肝硬変や肝がんを引き起こすC型肝炎ウイルス(HCV)や、帯状疱疹を起こす水痘・帯状疱疹ウイルス(VZV)はよく知られている。

 トランプ氏コロナで入院 大統領顧問呼吸に障害報道官気力に満ちている 

毎日新聞 2020年10月3日(土)10時48分配信

 新型コロナウイルスに感染したトランプ米大統領(74)は2日午後(日本時間3日午前)、首都ワシントン近郊のウォルター・リード陸軍病院に入院した。ホワイトハウスのマケナニー報道官は声明で「大統領は気力に満ちているが、軽度の症状がある」と明かしたうえで、「今後2~3日は病院のオフィスから執務を行う」と職務遂行が可能であることを強調した。米メディアによると、トランプ氏には微熱やせきの症状があるという。11月3日の大統領選が1カ月後に迫る中、現職大統領が入院する異例の事態となっている。

 トランプ氏はホワイトハウスの庭に駐機していた大統領専用ヘリコプターに乗り込む際、黒いマスクにスーツ姿で現れ、歩いてヘリまで移動。自力で歩ける健在ぶりをアピールした。病院到着とほぼ同時にホワイトハウスはトランプ氏のビデオメッセージを公開。この中でトランプ氏は「多大な支援に感謝したい。これから病院に行く。体調はよいと考えているが、治療がうまくいくよう大事を取りたい」と語った。仮に病状が悪化し、麻酔などを使用する場合は、ペンス副大統領が一時的に職務を代行することになる。

 匿名の大統領顧問はCNNに「トランプ氏はとても疲れた様子で、呼吸に障害がある。深刻だ」と語った。ニューヨーク・タイムズ紙は、トランプ氏には発熱やせきなどの症状があると伝えている。

 大統領の主治医も診断結果についての文書を公開し、「大統領には疲れがみられる」と説明。「念のための措置」として、大統領が、まだ試験段階にある抗体医薬品の投与を受けたことを明らかにした。同様に感染が確認されたメラニア夫人(50)については「軽いせきと頭痛があるだけで調子はよい」と症状が軽いことを明かした。

 トランプ氏は、側近のヒックス顧問の感染が確認されたことから1日に検査を受け、2日未明に陽性反応が出たことをツイッターで公表。大統領選に向けた選挙活動は事実上、休止に追い込まれている。

 一方、トランプ氏が入院した病院には支持者が集まった。トランプ氏の旗を掲げて待っていた近くに住む主婦のエレニ・ドリアンさん(58)は「トランプ氏は中国からの渡航を制限するなどきちんと感染対策をしていた。力強く元気に戻ってくるはずだ」と話した。

 パリ コロナ感染状況悪化、来週にも全面封鎖

CNN.co.jp 2020年10月3日(土)10時30分配信

 フランス政府は1日、首都パリで新型コロナウイルスの感染状況が悪化しているとの認識を示した。来週初めにも再びロックダウン(都市封鎖)の措置が講じられる可能性がある。

 フランスのベラン保健相は同日夕、パリの感染状況が過去24時間で一定の目安を超え、警戒レベルを最高に引き上げる見通しになったと述べた。

 フランスで「最高警戒レベル」に達したとみなされるのは、感染者が10万人当たり250人の割合に達し、集中治療室における新型コロナ患者の病床占有率が少なくとも30%に上り、高齢者10万人当たりの感染者が100人を超えた場合となる。

 パリ地域は既に後者の2つの基準を満たしている。

 ベラン氏はパリ市内の病院で取材に応じ、向こう数日で事態の悪化が確認された場合、「早ければ5日にも、パリとパリ近郊に最高警戒レベルを適用せざるを得なくなる」と説明。4日にパリ市長や当局者を交えて各種指標を再確認する方針を示した。

 パリ地域の保健当局トップは9月30日、地元ラジオの取材に対し、域内にある集中治療室の病床のうち34%が新型コロナ患者で埋まり、65歳以上の住民10万人当たりの感染者も100人を超えたと明らかにしていた。

 20~30歳の感染者も10万人当たり450人と、非常に高い水準にあるという。

 フランスでは既に南部マルセイユと海外県のグアドループが最大警戒地区となり、バーやレストランの閉鎖が命じられた。フランス保健省によると、最大警戒レベルではこのほか、厳格な衛生基準が適用されている場合を除き映画館や美術館などが閉鎖され、ビーチや湖周辺も閉鎖される場合がある。

 マドリード  一部再封鎖、コロナ感染急増で14日間移動制限

AFPBB News 2020年10月3日(土)13時07分配信

 スペインの首都マドリードは2日、新型コロナウイルスの感染者数急増を受け、部分的なロックダウン(都市封鎖)措置を導入した。

 新たな制限措置は、同日午後10時(日本時間3日午前5時)からまず14日間にわたり実施され、マドリードをはじめ、感染拡大ペースが加速している近隣9市町の450万人に影響が出る。住民は通勤・通学の必要性、もしくは医療や法的な理由がない限りは地域から離れることができず、あらゆる不要な移動が制限されるが、外出禁止令が出されるわけではない。

 1日に発表された政令によると、過去14日間で人口10万人当たり500人以上の感染者が出たすべての地域で制限措置を導入する必要があるが、この政令によって制限措置が課されるのはマドリード地域のみだ。同国の他の地域では10万人当たりの感染者数がわずか300人なのに対し、同市では730人の感染例が出ている。

 だが専門家らは、制限措置を課す感染者数の基準を低くすべきだと主張。対象となる地域が少なく、またタイミングも遅過ぎて、導入自体が非常に困難になると警告している。

 保健問題の専門家、サルバドール・ペイロ(Salvador Peiro)氏は、9月初めに制限措置を課すべきだったと指摘。

 疫学者のフェルナンド・ガルシア(Fernando Garcia)氏は、3月から3か月にわたり実施された封鎖措置に在宅勤務の推奨が含まれなかったことには驚いたとして、バーや飲食店の客数を室内で50%、テラス席で60%に減らすとした制限についても、もっと厳しくすべきだったと述べた。

 アルベール・カミュペスト」“細菌やウイルスは神のなのですか? 

オトナンサー 2020年10月3日(土)9時10分配信/尾藤克之(コラムニスト)

 新型コロナウイルスは私たちの暮らしを大きく変化させました。私たちはこれからどう生きるべきなのでしょうか。ノーベル文学賞受賞者のアルベール・カミュによる、ペストに襲われたアルジェリアのオラン市を舞台とした小説「ペスト」にそのヒントが隠されています。今回は原書を要約した「60分でわかるカミュの『ペスト』」(あさ出版)から、コロナ禍における生き方を考察してみます。

ペストは神の罰なのです

 カミュの「ペスト」には、さまざまな立場の人間がペストをどのように捉えて向き合っていくかが書かれています。オラン市の教会では祈祷期間を開催することで、ペストに対抗することを決定します。そして、パヌルー神父にミサでの説教者の役が任されました。

 大聖堂は満席でした。ペストが流行する以前から教会に通っていた人間だけではなく、多くの一般市民も祈祷に参加したのには2つの理由がありました。1つ目は街が封鎖され、港も閉鎖となり、海水浴ができなくなったこと。日曜ミサのライバルが海水浴だったので、ライバル不在が1つ目の理由として挙げられます。

 2つ目は市民が不安定な精神状態にあったことです。自分たちが特殊な事情に置かれていることは分かっています。分かってはいるものの、どうすればいいのか。絶望しているわけではありませんが、どうすれば、この極限状況を乗り切れるのか誰か教えてほしい。参加者は自分たちを引っ張ってくれる頼みの綱を求めていました。

 教会は「答え」の正当性を担保しうる最高の適任者を用意しなければいけませんでした。それがパヌルー神父だったのです。その日はあいにく、どしゃ降りの雨にもかかわらず、外にも聴衆があふれていました。

 神父の説教は「皆さん、あなたたちは災厄の中にいます。それは当然の報いなのです」という痛烈な一撃から始まります。さらに、旧約聖書「出エジプト記」の記述を引用し、「災厄はおごれるものたちをひざまずかせるためにあります。このことを肝に銘じ、『神の災厄』の下にひざまずきなさい」と続けました。

 雨は激しさを増します。パヌルー神父を取り巻く空気は静まり返っていました。聖堂の中の聴衆は一人、また一人とひざまずき始め、やがて、すべての聴衆がひざまずきました。

私はあなたを真理に導く

「私はあなたたちを真理へと導きます。情け容赦ないことを伝えましたが、あなたたちには喜びを知ってもらいたい。善意ではなく真理に服しなさい。神の慈悲は善と悪を、怒りと憐みを、ペストと救いをセットにしています」と説きます。

 パヌルー神父は今日ほど、神の救いとキリスト教の希望が万人に差し出されていることを感じたことはありませんでした。ペストの惨状すら、瀕死の人間の叫びすら、彼には天にささげる「愛の言葉」になっていたのです。しかし、この「愛の言葉」には、本人もまだ気付いていない本質的な欠陥がありました。

 説教は聴衆に対して、ある示唆を明確にしました。聴衆は理由が分からない罪を宣告されたからです。さらに、降りかかった災厄には意味があり、必然だと思わせました。日本にも同義の言葉として「天罰」「天誅」があります。人間を超えた存在が人間をこらしめ、償いとして与える苦しみのことを指します。言葉の持つ危険性をカミュは見事に押さえていました。

 その後、数カ月が経過しても、ペスト禍からの収束にはほど遠いことが明らかでした。パヌルー神父が2回目の説教を行う日になりました。彼はためらうように話し出します。主語は「あなたたち」ではなく「私たち」に変わっていました。先の説教の欠陥。それは、パヌルー神父が「私」を欠いていたことでした。

「神について説明できることと説明できないことがあります」。パヌルー神父は力を込めて言います。「罰を受けるべき者が罰を受けることは正当であっても、子どもたちがむごたらしく苦しむことは納得できません」。パヌルー神父は異端スレスレのところに来ているようでした。

 ある日、主人公にパヌルー神父から「病院へ運んでほしい」と伝言があります。教会に向かうと、神父は一切の医療行為を拒否し、自らの命を神の手に預けていました。しかし、十字架だけは放しませんでした。これがパヌルー神父の死にざまだったのです。

コロナから何が学べるのか

 カミュは、全能の神が人々の最終的な救いのよりどころとなっている精神の支配と戦いました。パヌルー神父のように神に祈っても人間の命は救えない。救いには「行為」が必要だと説きました。これは、コロナ禍の社会では「心の優しさ」が必要だと解釈できます。この気持ちが他者に向けられるときに他者への救いとなるからです。

 今、カミュの「ペスト」が売れています。人間としての自由、行動、選択とは何か。オラン市で原因不明の熱病患者が発生し、人々を恐怖に陥れます。市は閉鎖され、解決策が見つからない中、立ち上がった人々は何をしたのか。感染症との戦いがひとごとでない今、70年前のこの長編小説が改めて読まれている理由は何か。

 なお、日本におけるペストは過去に複数回確認されています。最大の流行は1905~1910年の大阪府で、958名の患者が発生したものです。幸いなことに1927年以降、国内感染例はありません。

 ホワイトハウスで💥クラスター(集団感染)発生か 

CNN.co.jp 2020年10月3日(土)14時30分配信

 ケリーアン・コンウェイ前米大統領顧問は2日夜、新型コロナウイルスの陽性反応が出たことを明らかにした。軽いせきなど症状は重くなく、気分は良いとしたが、医師と相談し隔離措置に入ったとツイッターで述べた。

 同氏は先月26日、トランプ大統領が米連邦最高裁判所の新たな判事を発表したホワイトハウスでの行事に出席していた。

 この行事に列席し、陽性反応が確認された政権の中枢人物や政治家らは6人目となった。トランプ大統領夫妻に共和党の上院議員2人、ノートルダム大学学長が含まれる。

 この行事ではマスク着用や一定の対人距離の保持の行動もまれだったとされる。CNNの取材によると、会場の椅子の間隔も新型コロナ対策で勧められる6フィート(約1.8メートル)に達しなかったとみられる。

 一方、米ホワイトハウス記者会は2日、記者3人が新型コロナの陽性反応を示したと報告した。会員へ電子メールで連絡した。

 トランプ氏や他のホワイトハウス職員の感染などを踏まえ、ホワイトハウス詰めの多数の記者が診断結果を待ちながらも自主隔離の措置に応じているともした。ただ、他の全ての記者は陰性反応を示したとも明かした。

 ホワイトハウスでは2日朝、職員1人の新規感染が確認された。同所では記者と報道担当職員らが狭苦しい場所で居合わせる機会もあり、密接な接触が生じてもいる。

 感染した記者の1人は先月26日、ホワイトハウスで取材した後にトランプ氏に同行し、ペンシルベニア州の政治集会へ大統領専用機で向かっていた。症状を覚えたのは1日だったという。

 トランプ氏がメラニア夫人を含めた陽性反応を発表したのは2日未明だった。

 

2020年10月 2日 (金)

【第45代大統領】トランプ大統領✍コロナ陽性「11月米大統領選」暗雲

 トランプ大統領コロナ感染夫人も 大統領選最終盤に打撃 

共同通信 2020年10月2日(金)13時59分配信

トランプ米大統領(74)は2日、自身が新型コロナウイルス検査で陽性だったと明らかにした。11月3日の大統領選に向けた最終盤での感染となり、集会開催などの選挙運動は難しくなった。再選を目指す戦略に大打撃となる。高齢者は重症化の恐れがあるため、健康状態が懸念される。メラニア夫人の感染も確認された。

Photo_20201002143601Photo_20201002143701

 トランプ氏は最側近のヒックス大統領顧問が1日に新型コロナ感染が判明し、メラニア夫人とともに隔離のプロセスに入っていた。ヒックス氏は前日の9月30日、大統領専用ヘリコプターに同乗し、マスクを着用していなかった。

トランプ大統領隔離状態 側近が新型ウイルス検査で陽性

BBC News JAPAN 2020年10月2日(金)13時58分配信

 アメリカのドナルド・トランプ大統領は1日、妻メラニア氏と共に隔離状態に入ったと明らかにした。側近の1人が新型コロナウイルス検査で陽性反応を示したのを受けたもの。

 トランプ氏はツイッターに、「大統領夫人と私は検査結果を待っている。その間、私たちは隔離のプロセスを開始する!」と投稿した。

 検査で陽性反応が出たのは、ホープ・ヒックス大統領顧問(31)。

Photo_20201002144201 Photo_20201002144401Photo_20201002144501

 ヒックス氏は9月29日、11月3日の米大統領選に向けた、大統領候補による第1回テレビ討論会のため、トランプ氏と一緒に米大統領専用機「エアフォースワン」で移動していた。

 また、翌30日にも大統領専用ヘリ「マリーンワン」に同乗。トランプ氏と至近距離にいた。

 トランプ氏の隔離が、今月15日に予定されている第2回テレビ討論会にどう影響するかは明らかではない。

 トランプ氏は1日夜、フォックスニュースの電話取材に、大統領夫妻は「ホープ(ヒックス氏)と多くの時間を過ごしている」と述べた。

マスクせずトランプ氏に同行

 ヒックス氏をめぐっては29日、討論会が行われるオハイオ州クリーブランドでエアフォースワンを降りる際、マスク着けていない姿が捉えられていた。翌日には、選挙集会が行われるミネソタ州へトランプ氏に同行した。

 米通信社ブルームバーグによると、ヒックス氏には症状が出ており、ミネソタ州から戻るエアフォースワンの機内で隔離されたという。

 ホワイトハウスのジャッド・ディア副報道官は、ヒックス氏の病状について明らかにしなかった。米メディア宛ての声明では、「大統領は自分自身と、自分のサポートのために働くすべての人、そしてアメリカ国民の健康と安全を非常に真剣に受け止めている」と述べた。

 ヒックス氏はこれまでにホワイトハウスで陽性反応が確認された人の中で、最もトランプ氏に近い存在とみられる。トランプ氏には感染の兆候は確認されていないという。

 アメリカではこれまでに727万人以上が新型ウイルスに感染し、20万7791人が死亡している(米ジョンズ・ホプキンス大学の集計、日本時間2日正午時点)。

 ヒックス氏は2016年の大統領選挙戦でトランプ陣営の広報担当を務め、その後ホワイトハウスの広報部長に就任した。

 2018年3月に広報部長を辞任し、米フォックスのチーフ・コミュニケーション・オフィサーに就任。しかし、今年2月にホワイトハウスに舞い戻った。

トランプ夫妻は検査結果待ち

 AP通信によると、トランプ氏とメラニア夫人も検査を受け、結果を待っているという。

 ホワイトハウスは日々、トランプ氏と接触する側近らのウイルス検査を実施している。

 トランプ氏はマスク着用を拒むことがほとんどで、公務中に側近らと社会的距離を保っていない姿がしばしば目撃されている。

 5月にはマイク・ペンス副大統領の報道官ケイティ・ミラー氏がウイルス検査で陽性と判明し、その後回復した。トランプ氏の身の回りの世話をするスタッフ1人の感染も、同じく5月に確認された。

 しかしホワイトハウスは、トランプ氏にもペンス氏にも影響はなかったとした。

 米メディアによると、ロバート・オブライエン国家安全保障顧問や多数のシークレットサービス(大統領警護隊)エージェント、マリーンワンのパイロット1人、ホワイトハウスのカフェテリア従業員1人も、これまでにウイルス検査で陽性と判明したという。

〔東京株式〕下落トランプ氏コロナ陽性を嫌気

時事通信 2020年10月2日(金)15時30分配信

 午前は米国株高を好感し、買いが先行した。午後にトランプ米大統領が新型コロナウイルスの検査で陽性と判明したと伝わると、幅広い銘柄に売りが出た。

 日経平均株価は前営業日比155円22銭安の2万3029円90銭、東証株価指数(TOPIX)は16.27ポイント安の1609.22と、いずれも下落した。

 79%の銘柄が値下がりし、値上がりは18%だった。出来高は14億8464万株、売買代金は2兆8642億円。

 業種別株価指数(全33業種)では、医薬品、鉱業、電気・ガス業の下落が目立った。上昇は銀行業、情報・通信業、不動産業など。

 一時2万3000円割れ

 東京株式市場は米国株高を受けて買い先行で始まった。日経平均株価は取引開始からすぐに上げ幅を180円に広げたが、売りも出て伸び悩んだ。

 午後になり、トランプ米大統領が新型コロナウイルスの検査で陽性だったと表明すると「コロナの感染拡大への警戒感が高まり、機械的な売りが出た」(大手証券)。先物主導で現物株にも売りが出て、日経平均は一時、約230円下落。取引時間中としては約3週間ぶりに2万3000円を割り込んだ。

 システム障害により東証が取引を終日停止した翌日で相場の動きが注目されたが、市場関係者は「投資家はそれほどネガティブに反応していない」(同)と指摘。「東証親会社のJPXと、システムを担当した富士通の下落が象徴的だったが市場全体への影響は軽かった」(中堅証券)という。

 225先物12月きりは大幅安。朝方から2万3100~2万3300円台でもみ合っていたが、トランプ米大統領が新型コロナウイルス検査で陽性と伝わると売り注文が急速に膨らんだ。225オプション10月きりは、プットが買われ、コールは軟調。

 日本のコロナは11月以降に消滅第3波も来ない根拠 

NEWSポストセブン 2020年9月28日(月)16時05分配信

 どこもかしこも人、人、人──新型コロナウイルスが蔓延して以降、全国各地で久々の賑わいとなったシルバーウイーク4連休。新規感染者数も落ち着き、安心感さえ漂っている。しかし、「第3波」が来るといわれる秋、冬はもう目前。感染再々拡大は本当に来るのか、それとも……。

 日本人はすでに新型コロナウイルスを克服した──。京都大学大学院特定教授の上久保靖彦さんが、吉備国際大学教授の高橋淳さんと3月に発表した、新型コロナウイルスに関する論文が、話題となっている。その内容を要約するとこうなる。

「すでに多くの日本人は免疫を獲得しているので、新型コロナウイルスを恐れる必要はない」

「日本人は新型コロナを克服した説」の最大のポイントは「集団免疫の獲得」である。ウイルスに感染すると、体内の免疫システムが働いて「抗体」ができ、その後、同じウイルスに感染しにくくなったり、重症化を防いだりする。そうした抗体を持つ人が人口の50~70%を占めるとウイルスが人から人へ移動できなくなり、やがて流行が終息する。それが集団免疫だ。

 日本は各国と比べて新型コロナの感染者、重症者、死者が極めて少ない。「日本の奇跡」──世界からそう呼ばれる背景に集団免疫があると指摘するのが、感染症・免疫の専門家でもある前出の上久保さんだ。

「新型コロナは最初に中国で弱毒のS型が発生し、その後に弱毒のK型、強毒のG型の順に変異しました。中国人観光客の入国によって昨年12月にS型が日本に上陸し、今年1月中旬にはK型がやって来た。しかも日本は3月8日まで中国からの渡航を制限しなかったため約184万人の中国人観光客が来日し、S型とK型が日本中に広がりました。それにより、日本人は知らない間に集団免疫を獲得したのです」

 弱毒のS型とK型にセットで罹ることにより、その後に流入した強毒のG型の免疫になった──という理屈である。一方、2月初頭から中国人の渡航を厳しく制限した欧米では、K型が充分に広まらなかった。

「そのため、中国・上海で変異した強毒性のG型が欧米に流入した際に防御できず、同地で重症者が激増しました。対する日本は集団免疫ができていたため、G型が流入しても被害が少なかった。私たちの試算では現在、日本人の85%以上が免疫を持っています」(上久保さん・以下同)

「上久保理論」を後押しするのが、免疫を獲得したことを示す「IgG抗体」を保有する人たちだ。

「私たちの共同研究チームが10~80代のボランティア約370人の抗体検査をしたところ、全員がIgG抗体を持っていました。ちなみにIgG抗体を持つ人でも、喉にたまたまウイルスがいればPCR検査で陽性になりますが、免疫があるため症状はほとんど出ません。最近目立つようになった無症状の感染者は、そうしたケースであると考えられます」

 この秋以降、新型コロナとインフルエンザの「ダブル流行」を心配する声もある。上久保さんが説明する。

「インフルエンザに感染したら、コロナウイルスには感染しません。逆もまたしかりで、この逆相関関係を『ウイルス干渉』と呼びます。実際、昨年末に新型コロナが流入してから、インフルエンザの流行はストップしました。

 しかも、人間の細胞にくっついて影響を与えるウイルスの突起(スパイク)の変異可能な数は最大12~14回で、頻度は月1回ほど。新型コロナのS型が発生したのは昨年12月なので、早ければ11月にも最後の変異を終えて、普通のコロナウイルスに戻るとみられます。それはコロナウイルスの原則的なメカニズムと考えられることなのです。新型インフルエンザが流行しない場合は、新型コロナが11月以降に消滅して、第3波が到来することはないでしょう」

 新型コロナは打ち止め間近だというのだ。

ブースター効果で免疫を強化する

 集団免疫のほかにも「コロナ克服」を示唆するさまざまな研究が出ている。アメリカと中国、香港の研究機関が9月に公表した共同研究では、世界各国における新型コロナ第1波と第2波の致死率を比較した。すると53か国のうち43か国で致死率が低下していた。医療経済ジャーナリストの室井一辰さんが説明する。

「致死率低下の理由として、第1波で免疫力が低い人が亡くなったので第2波で亡くなる人が少なくなったという『弱者刈り取り効果』や、医療体制の整備、ウイルスの変異、若い世代の感染者増などがあげられています。論文は新型コロナの状況が明らかに変化したことを示唆しています」

 注目は「ウイルスが変異した」という点だ。

「現在、流行しているのは、感染力が強い新タイプのウイルスです。一般的にウイルスは“覇権争い”をすることがあり、あるウイルスが流行すると、ほかのウイルスが圧倒される。現状、新しいタイプの新型コロナウイルスが広まったことで、致死率の高さが見られた旧タイプのウイルスが減り、致死率が全体的に下がった可能性が指摘されています」(室井さん)

 国立国際医療研究センターの調査でも、6月5日以前は19.4%だった重症者の死亡割合が6月6日以降は10.1%に低下。特に50~69才は10.9%から1.4%に、70才以上は31.2%から20.8%と激減した。

「重症化しそうな患者に対する医療現場の対応力が向上したことも、致死率低下の一因でしょう」(血液内科医の中村幸嗣さん)

 日本では、1人の感染者がうつす平均人数を示す「実効再生産数」も低い。この数値が1以下になると感染が終息に向かっていくとされ、現在の実行再生産数は、東京以外は1を下回っている(9月22日時点)。米カリフォルニア大学アーバイン校准教授で公衆衛生学を専門とするアンドリュー・ノイマーさんが言う。

「過信は禁物だが、日本の主要都市で実効再生産数が1を下回ったということは、日本は最高レベルの警戒が必要な状態ではなく、第2波のピークが過ぎたと言っていい。日本が諸外国と感染者数、死者数が抑えられているのはマスク使用率の高さにあると私は考えています。今後もしっかり感染予防を続けていけば、合併症による死亡例も抑えられるはずです」

 アメリカのラ・ホーヤ免疫研究所が注目したのは「ヘルパーT細胞」だ。同研究所が世界的なライフサイエンス雑誌『セル』で発表した論文では、新型コロナ未感染者の血液の半数から、新型コロナを撃退する「ヘルパーT細胞」が検出された。簡単にいうと、既存のコロナウイルス、つまり普通の風邪に感染したことがある人も、新型コロナに対する免疫を獲得している可能性があるということだ。

「ほかにもBCG接種による自然免疫の増強や、実際に感染したことによる免疫の獲得などが絡み合うことで、新型コロナに感染する可能性が低下し、感染しても重症化しない割合が高まっています。引き続きマスク、手洗い、3密回避を行えば安心です」(中村さん)

 最近は時短営業の終了やイベント制限緩和が進み、人の動きが活発化することを懸念する声もあるが、上久保さんは「ウイルスとの共存が必要」と指摘する。

「何度も新型コロナに感染すると、免疫機能が強化される『ブースター効果』を得られます。抗体は時間とともに減少するので、一度感染しても隔離状態でいると免疫が薄れ、逆効果になります。高齢者や持病を持つなどリスクの高い人との接触には注意しつつ、普通の経済活動を再開することが、社会にとっても個人にとっても有益です」

 新型コロナウイルスを正しく理解すれば、恐ろしくないのだ。

11月消滅説反論:飯塚真紀子(在米ジャーナリスト)

 収束に向かえば良いのですが、10月から感染者も死者も急増するという予測もあり、米ワシントン大学保健指標評価研究所が出した最新の予測モデルによると、来年1月1日には世界の死者数は250万人超まで増え、日本の死者数は9,720人になると予測しています。

 まだまだ予断を許してはならないと思います。また、集団免疫については、先日、スタンフォード大学から興味深い調査結果が出されました。

 それによると、7月時点で、米国で抗体を保有している人々の割合は9.3%と集団免疫獲得まで時間がかかる状況が明らかになりました。

 抗体保有率は米国北東部で27%と高く、米国西部では3.5%でした。抗体保有率が最も高かったのは当初感染の震源地となったニューヨークで33%。また、ヒスパニック系と黒人の抗体保有率は16.3%、白人の場合は4.8%と人種によっても大きな差が見られます。

 完全失業率今後悪化 3年3カ月ぶり3% 

朝日新聞デジタル 2020年10月2日(金)19時00分配信

 総務省が2日発表した8月の完全失業率(季節調整値)は、前月比0・1ポイント上昇の3・0%と、3年3カ月ぶりに3%台になった。

 完全失業者数は、同じく3年3カ月ぶりに200万人を突破。同日発表された8月の有効求人倍率も8カ月連続で悪化しており、新型コロナウイルスの影響による経済への打撃で、雇用情勢の悪化が続いている。

 8月の働き手の数(就業者数)は、前年同月より75万人少ない6676万人だった。産業別にみると、製造業が52万人、宿泊・飲食サービス業が28万人、卸売り・小売業が16万人、それぞれ減っていた。新型コロナによる国内外の需要減が大きい業界で、働き手の減少が目立つ。非正規雇用の働き手は、前年同月に比べて120万人減っており、うち7割が女性だった。

 一方、緊急事態宣言下の4月に597万人まで膨らんでいた休業者数は、8月は前月比4万人減の216万人に。前年同月と比べると14万人増の水準で、総務省は「(休業者の水準は)コロナ禍前の状況に戻りつつある」とみている。

 完全失業率は、リーマン・ショック後の2009年7月には5・5%まで上昇した。今後の見通しについて、ニッセイ基礎研究所の斎藤太郎・経済調査部長は「個人消費は回復の兆しがあり、景気は底打ちしているとみられるが、労働市場の回復は遅れる傾向がある。今年度いっぱいは完全失業率の上昇が続き、4%前後まで上がる可能性がある」と指摘する。

 

2020年10月 1日 (木)

【日経平均】“システム障害”発生✍全銘柄「終日取引停止」

 東証システム障害、取引終日停止 復旧見通たず 

毎日新聞 2020年10月1日(木)11時55分配信

 日本取引所グループ(JPX)傘下の東京証券取引所は1日、システム障害が発生したことから、取引開始時刻の午前9時から全銘柄の売買を停止した。取引は終日停止される。復旧の見通しは立っていない。全取引停止は2005年11月以来、終日停止は初めて。

 東証のシステムを使っている札幌、名古屋、福岡の3証券取引所でも売買を停止した。東証の約3700の全銘柄の取引が停止するのは異例で、企業や投資家の経済活動への広範な影響は必至だ。

 東京証券取引所で1日朝に起きた、株式全銘柄の売買停止という異例の大規模システム障害。証券会社には顧客からの問い合わせが殺到し、投資家の間に不安の声が広がった。障害の原因は分かっておらず、経済のインフラである東証の信用が失墜しかねない。

 いちよし証券(東京都中央区)では、東証のシステム障害が発生した直後から「取引はいつから再開するのか」といった問い合わせの電話が相次いだ。広報担当者は「下半期スタートの日に出ばなをくじかれた。顧客の取引ができず、再開を待っているだけだ。本当に困っている」と嘆いた。

 インターネット取引が中心の松井証券(同千代田区)にも問い合わせが相次いだ。広報担当者は「お客様に影響が出るのが一番困る」と語った。野村証券、大和証券、SMBC日興証券などは顧客向けに取引停止を知らせる告知を出した。大手証券の広報担当者は「朝から対応に追われている」と疲れた様子だった。

 東証では投資家の注文を受け付けられない状態が続いており、auカブコム証券の河合達憲チーフストラテジストは「9月29日に行われた米大統領選のテレビ討論会の評価を踏まえて注文を出そうとしていた投資家も多く、冷や水を浴びせられた」と指摘する。

 「投資家にとって売買できないのは致命的な問題」と語るのは大和証券の壁谷洋和チーフグローバルストラテジスト。前日のニューヨーク株式市場でダウ工業株30種平均が大幅に上昇した影響で、東証の日経平均株価は堅調に推移するとみられていた。壁谷氏は「短期的なトラブルなら影響は軽微だが、長期化すればするほど外国人投資家らからの信頼も損なわれる」と指摘する。

Photo_20201001134701

東証でシステム障害、全銘柄売買停止 2005年11月以来

日本経済新聞 2020年10月1日(木)12時27分配信

 東京証券取引所で1日、株価など相場情報の配信システムに障害が発生して終日取引を取りやめると発表した。午前9時の取引開始から全ての銘柄で売買を停止している。復旧のめどはたっておらず、原因を調査している。システム障害によって東証で株式の売買が終日停止されるのは初めて。

 原因は調査中で、午前11時時点で復旧のめどはたっていない。株価指数や投資信託などの金融商品への影響も避けられず、市場では困惑が広がっている。

 障害は1日の取引開始前に判明。投資家の注文を取引所につなぐ証券会社などに全銘柄の売買を停止すると通知し、8時30分ごろにホームページ上でも公表した。

 名古屋証券取引所は1日、東証で発生した障害に伴い名証での全銘柄の売買を停止すると発表した。札幌証券取引所、福岡証券取引所も同様に全銘柄の売買を停止した。名証などは東証のシステムを利用しているため障害により取引ができなくなる。

 先物など金融派生商品(デリバティブ)を取り扱う大阪取引所は通常通り動いている。ジャパンネクスト証券などが運営する私設取引システム(PTS)上でも取引が行われており、複数の個別銘柄の取引が成立している。

 東証によると、障害はシステムへの不正アクセスなどが原因ではなさそうだとしている。

 旧ライブドアへの家宅捜索を機に売買が急増した06年1月には、東証はシステムダウンを避けるため自主的な判断で全銘柄の売買を停止したことがある。

 東証のシステムには、売買注文を付け合わせる基幹システムの「アローヘッド」のほか、株価情報などを配信する情報系システムがある。今回は情報系のシステム部分に障害が発生したとみられる。アローヘッドを設計・開発した富士通は「東証と共同で状況を確認している」としている。

 日経平均株価や東証株価指数(TOPIX)など各種株価指数は算出できていない。

 複数の取引所やPTSでの取引が可能な米国などと違い、日本の場合は現物株の取引の9割程度が東証に集中している。1日の全面停止を受け、市場関係者からは不安の声が上がった。

 GCIアセット・マネジメントの池田隆政シニア・ポートフォリオ・マネージャーは「通常はバックアップシステムは分離されているはずなので、全面的に止まるのは不可解だ」と話す。運用会社のトレーダーは「朝7時~8時のシステムチェックで判明した。ここまで大規模に止まることがなく、てんやわんやしている」と話す。「東証の問題だと日本市場の信頼問題になる」との声もある。

 売買停止は広範囲の関係者に影響が出そうだ。日経平均株価などの株価指数が算出できていない。株式で運用する一部の投資信託は基準価格が出せず、「(投資家の)解約対応などで混乱が起きそう」(岡三証券の松本史雄氏)という。

 東証売買停止バックアップ不備 メモリー故障が発端 

日本経済新聞 2020年10月1日22時14分配信

 東京証券取引所で1日起きた売買の終日停止は、システムのバックアップが機能しなかったことが主因だ。きっかけは基本的な情報などを格納するディスク内のメモリーが故障したことだが、もう一つのディスクへの切り替えがうまくいかなかった。2012年のシステム障害でもバックアップが機能しない問題が発生しており、同じ要因が繰り返された。システム全体が止まりやすい構造に問題が無いか、究明が必要になる。

「『ネバーストップ』を合言葉に市場の安定的な運営を心がけてきた。このような事象が起き、深くおわび申し上げる」。東証の宮原幸一郎社長は1日夕の記者会見でこう陳謝した。コンピューターの処理速度だけではなく、安定性と信頼性を重視したシステムを目指してきたが、取引は終日止まってしまった。

 東証によると、2010年に導入した高速取引システム「アローヘッド」では、銘柄名やその日の基準値段など基本的な情報を格納しているディスクが2つあり、「共有ディスク装置」と呼ばれる。今回は午前7時4分に1号機のディスクの故障を検知。通常は、1号機と同じ情報を書き込んでいる2号機に自動的に切り替わるが、バックアップがうまくいかなかった。

 システムのバックアップを巡っては、東証では12年2月にも情報配信システムで障害が発生している。1台のサーバーに障害が発生し、別のサーバーに処理を切り替えたつもりだった。ところが、実際には失敗しており、同日午前中の一部銘柄の取引停止につながった。

 今回、故障した機器はわかっていたため、ディスクを交換してシステムを手動で再起動をすれば売買再開は可能だった。ただ証券会社からの注文を受け付けていたため、再起動した場合、こうした注文がリセットされてしまう。

 注文を出す証券会社側でも通常とは異なる処理が発生する可能性が高かった。そのため「大手や外資、ネット証券など市場参加者の意見を聞いて、混乱を回避するために終日の売買停止を決めた」(株式売買を担当する川井洋毅執行役員)。

Photo_20201002084602

 原因の究明はこれからだ。故障したディスクやメモリーは富士通製。東証でシステム部門を統括する横山隆介常務執行役員は「ハードの故障自体は想定している。富士通に機器を持ち込み、なぜ自動的に2号機に切り替わらなかったのかという点を調べる」と話した。

 富士通は、アローヘッドの設計・開発を一貫して手がけてきた。約350台のサーバーで構成する大規模システムで、今回故障したディスク装置や、正常に作動しなかった2号機への切り替えシステムも手がけていた。

 共有ディスク装置は、アローヘッドを刷新した19年11月に導入したものだ。メモリーの故障が発生したのは今回が初めてという。「テストでは正常に切り替えができていた」(東証の横山氏)が、1日は作動しなかった。

 まだ原因は判明していない。ただ、情報処理推進機構ソフトウェア・エンジニアリング・センターの元所長の鶴保征城氏は「重要システムにとって、障害を早期に見つける機能の信頼性確保は最後の課題だ」と指摘。「切り替えがきちんと動作するか、頻繁にテストしなければならない。その意味では残念ながら東証の怠慢と言わざるをえない」と話す。

 東証では明日からの取引再開を目指すが、当面はディスク装置を人手で監視して、強制的に切断するなど取引に影響が起こらないように対応するという。東証の宮原社長は、富士通に損害賠償は求めない方針を示した。

 富士通は1日、「当社の納入したハードウエアに障害が生じて多くの関係者の皆様に多大なるご迷惑をおかけしたことを、おわびいたします」とコメントした。

 金融の大規模システムの設計に詳しい技術者は「障害を発生させないようにする設計が時代遅れだ」と話す。一部の機能が故障しても取引が止まらないように設計すべきだと指摘している。

東証30米大統領選「バイデン優勢大幅反落

毎日新聞 2020年9月30日(水)19時17分配信

 30日の東京株式市場は、米大統領選候補によるテレビ討論会で法人税増税を掲げる民主党候補のジョー・バイデン前副大統領が優勢だったとの見方が広がり、日経平均株価は大幅に反落した。下げ幅は前日終値比で一時360円を超え、前日比353円98銭安の2万3185円12銭で取引を終えた。

 この日は朝から売りが優勢だったが、日本時間の30日午前に開かれた米大統領選テレビ討論会について米テレビ局などが行った調査でバイデン氏が優勢との結果が伝わると、バイデン氏が掲げる増税で米景気が悪化するとの懸念が広がった。米シカゴ市場の時間外取引で、ダウ工業株30種平均の先物価格が急落したこともあり、午後に入って下げ幅が広がった。

Photo_20201002074701Photo_20201002074801

 「史上最悪の討論会」「国民の敗北」世論調査はバイデン優勢 

産経新聞 2020年9月30日(水)16時15分配信

 米中西部オハイオ州で29日に行われた大統領選の第1回候補者討論会は両候補が激しい応酬を交わし、たびたび論戦が中断する展開となり、米メディアは「史上最悪の討論会」(CNNテレビ)などと酷評した。

 CNNテレビのキャスター、ジェイク・タッパー氏は「もはや討論会ではない。恥をさらしただけで、今晩は米国民の敗北だ」と吐き捨てた。米国のあり方をめぐり論戦を交わす討論会の伝統とかけ離れた内容に、他のメディアも次々と厳しい評価を下した。

 米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は「90分間の混沌(こんとん)としたやり取りで、現代の米政治では前例のないレベルの辛辣(しんらつ)な侮辱を互いが示した」と指摘。民主党候補のバイデン前副大統領の発言にたびたび割り込んで、一方的に主張を展開した共和党候補のトランプ大統領には「激戦州の有権者に対し、自身の指導力について安心させることができなかった」とし、巻き返しは厳しいとの見方を示した。

 一方、バイデン氏に関しては「返答に詰まらず、民主党予備選の討論会よりも出来が良かった」(FOXニュース)と好評価が目立ったが、トランプ氏の挑発に対し「黙れ!」などと感情的になる場面があり、「大統領らしさに欠けた」と批評もあった。

 米CBSテレビの世論調査によると、第1回討論会の「勝者」をバイデン氏としたのは48%で、トランプ氏の41%を上回った。引き分けは10%だった。また討論会の感想について「腹が立った」と答えた人が69%にも上り、討論会のあり方についても多くの教訓を残した。

Photo_20201002074601

 なぜプロ野球選手の不倫問題は大事にならず、東京五輪代表内定の瀬戸大也の“それ”は競技生活の危機になるほど炎上したのか? 

THE PAGE 2020年10月2日(金)6時31分配信

 競泳の東京五輪代表内定選手である瀬戸大也(26)が週刊新潮に暴露された不倫問題の収束が見えない。所属先のANAとの契約が解除され、東京五輪の日本代表競泳チームの主将、JOCの「シンボルアスリート」の辞退を申し入れ、所属先がないことから国内大会の出場も、現状では不可能な状況に追い詰められている。

 一方、同じアスリートでも、プロ野球選手の不倫問題は、ここまで尾を引かない。新型コロナによる自粛期間中の不倫を文春砲にスクープされた阪神の西勇輝も、球団からペナルティを受け、お立ち台で、ファンに謝罪したことで“ちゃんちゃん“で終わっている。

 プライベートのスキャンダルを嫌う巨人がコーチとの契約を更新しなかったケースはあるが、写真週刊誌で狙われたプロ野球選手が、それを理由に契約解除に発展するケースもごく稀だ。各球団も、野球賭博や反社勢力との交友など刑事罰につながる問題については神経をピリピリさせて、リスク管理を行っているが、不倫問題などについては、どちらかと言えば寛容である。

 この違いはなぜなのか。

 元千葉ロッテで、現在、ユーチューバーとして“タブー無き評論”が評判の里崎智也氏は、こう分析している。

「プロ野球選手の不倫スキャンダルが今回の瀬戸さんのような大問題に発展しないのには3つの理由があると思うんです。(1)週刊誌がスッパ抜いても野球ファン以外の世間一般の人が認識できる選手は限られている(2)世の中の人は、そもそもプロ野球選手にクリーンなイメージを持っていないし、選手側も、それを売りにしていないし、実際、売っていない。(3)球団のイメージ、親会社のイメージに悪影響を与えるのかもしれないが、瀬戸さんのように所属先の企業スポンサーの看板を背負い、顔として活動しているわけではない。極論を言えば、プロ野球選手は、法律を犯すような行為をしない限り、グラウンドで活躍すればいいし、それを求められている。だが、瀬戸さんのようなオリンピック選手は支援してもらっている企業スポンサーからは、結果よりも、アスリートとしてのイメージを求められているこの違いが理由じゃないでしょうか」

 里崎氏の指摘のように、そもそも人々が抱いているプロ野球選手と五輪代表選手へのイメージ、先入観の違いというものがあるのかもしれない。

 プロ野球にも“ハンカチ王子”こと斎藤佑樹のようなクリーンイメージの選手が、時折、出現するが、どちらかというとレアなケースだ。

 一方、東京五輪の金メダル候補である瀬戸は、そのルックス、鍛えあげられた肉体も含めて、爽やかなイメージがあり、飛び込みの元日本代表の奥さんとの結婚で、アスリート夫婦として、さらにイメージアップ。そのオシドリぶりと、子育てにも協力するイクメンの姿勢などの好感度によりスポンサー企業からの支援を取り付けた。

 東京五輪でメダルを獲得すれば、所属先もクローズアップされ、企業のブランディング戦略にプラスとなる。だが、今回のような不倫スキャンダルが起きると、人々は、そのイメージギャップに失望を抱き、その反動から、オリンピアンに、これまでの応援を裏切られたような感情を抱き、大バッシングに発展したのだ。もっと言えば、内実は、プロ化しているとはいえ、「参加することに意義がある」五輪というものへの幻想が根強くあって、それを汚すようなモラル違反を許せないのかもしれない。

 さらにマネジメント会社は、直筆の謝罪文を夫婦の連名でホームページに掲載したが、一番の被害者である奥さんまでも引っ張り出してきたことが“逆風”になった。

 また瀬戸はJOCからも強化選手として強化費という名の助成金をもらっているが、これは、公的なお金で税金。お金に、どこからもらったかの名前は書いていないが、「私たちの血税で遊んでいるとは何ごとぞ」という怒りを買った。

 もう「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」の世界である。プロ野球選手の年俸も、ファンが支払ったチケット 代が原資だが、ファンにある程度の“抗体”ができているのか、「私たちのチケット代を何に使ってくれているのか?」との声は大きくならない。

 ただ、今回、この手の問題に火をつける「ワイドショー」系の番組が食いついてこない。不倫相手とされた相手を特定し取材をかけるようなことも、第二弾、第三弾をテレビが独自に追撃するようなこともしていない。ネット上では、瀬戸が所属しているマネジメント会社が、大手広告代理店の電通の子会社のため、電通の圧力が番組にあったのでないか、との疑念が飛び交っているが、今回、マネジメント会社も、電通も、そういう圧力や働きかけは一切行っていない。あくまでもワイドショーの制作サイドが触手を伸ばしていないだけ。それでも、ここまで波紋が広がっているのは、異例の現象なのかもしれない。

 すでに瀬戸は、社会的制裁を受けている。彼の過去の行動について、噂の類の醜聞も次から次へ出ているが、その真偽のほども定かではないだろう。瀬戸は気持ちを入れ替え、ここからの行動と、プールでの結果で失った信頼を取り戻すしかない。

 

« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »

無料ブログはココログ
2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31