« 【米国株式】反落<一時$500㌦超安>“安全通貨”✍ドル買い継続 | トップページ | 【訃報】名優ショーン・コネリーさん(享年90歳)逝去。 »

2020年11月 1日 (日)

【井上尚弥】1年ぶり防衛戦<“モンスター”✍本場ラスベガス参上>無観客でKOショー

井上尚弥が奪った2つのダウン進化を証明、試合中に戦略変更カウンター狙い

デイリー 2020年11月1日(日)12時59分配信

ボクシングWBAIBF世界バンタム級タイトルマッチ」(31日、ラスベガス)

 WBAスーパー・IBF世界バンタム級王者の井上尚弥(27)=大橋=が10月31日(日本時間11月1日)、米国ラスベガスのMGMグランド・カンファレンスセンターで1年ぶりの試合に臨み、WBA2位・IBF4位の挑戦者ジェーソン・モロニー(29)=オーストラリア=に7回2分59秒KO勝ち。WBA王座4度目、IBF王座2度目の防衛に成功した。

 ラスベガス初陣を2度のダウンを奪い圧勝した。井上は6回開始直後に相打ちのタイミングで左フックを入れて先制のダウンを奪う。そして7回終了間際に、モロニーが右を打とうとしたところに、鮮やかな右ストレートのカウンターを打ち込む。まともに浴びたモロニーは腰から崩れ、立ち上がろうとしたがダメージが深く無理だった。

 井上は「フィニッシュのパンチは納得いくかたちで終わりました。(ダウンを奪った)2つのパンチは日本ですごく練習してきた。試合に出せてすごくホッとしてます」と中継局のインタビューで振り返った。

 序盤から強打を武器に圧力をかけたが、フットワークを使うモロニーの動きを封じることができない。「(モロニーは)テクニックももちろん全体的にレベルが高く、フルラウンド足を動かす選手。攻めきれなければ待つことも考えていた。前半攻めたが、なかなか捕まえられず中盤はカウンター狙いにしました」と戦略変更を施した。「試合を通して場面、場面での判断力をドネア戦で学んだ。その時よりパワーアップしていると思います」。試合中に冷静にスタイルを変化させるなど、フルラウンドの激闘となった前回の試合、WBSS決勝のノニト・ドネア戦を経て、また進化した。

 1年ぶりの試合ながら、フィニッシュの鮮やかさなど注目されたラスベガス初陣で、パウンド・フォー・パウンド・ランキング2位のポテンシャルを全世界に見せつけた。

Photo_20201102073701Photo_20201102073801

 「残忍なヘッドショット」井上尚弥の圧巻のKOショーモロニ-病院送り、豪メディアにも衝撃すぎた…」 

THE DIGEST 2020年11月1日(日)16時00分配信

強すぎたモンスター

 王者とのタイトルマッチの代償は小さくなかったようだ。

 WBAスーパー、IBF世界バンタム級王者の井上尚弥(大橋)が、WBA同級2位のジェイソン・モロニー(オーストラリア)との防衛戦に臨み、7回2分59秒でKO勝ちした。

 鋭いジャブを上下に打ち分け、主導権を握った井上は、6回に左フックをモロニーの顎にヒットさせて最初のダウンを奪取。そして迎えた7回終盤にモロニーの左ジャブをかわすと渾身の右ストレートを炸裂させ、この日2度目のダウンを奪って鮮やかなKO勝利を収めた。

 試合後に井上が「フィニッシュは納得のいくパンチだった」と振り返った一発を顔面に浴びたモロニーは、膝から崩れ落ち、10カウントを聞いてもなお、しばらくは立ち上がることができなかった。豪メディア『7News』は、モロニーが試合直後に現地の病院へ直行したと伝えている。

 王者のまさに“モンスター”級のパンチに対する反響は、モロニーの母国メディアでも広がっている。『7News』は、「チャレンジャーは負け犬根性を持って勇敢に戦ったが、無敗の日本王者にノックアウトされた」とマッチサマリーで綴っている。

「モンスターと評されるイノウエは、モロニーにはスピードとパワーの両面で強すぎた。そして7回の終盤にオーストラリアの戦士は残忍なヘッドショットで試合を終わらせられた」

 また、ポータルニュースサイト『Yahoo』のオーストラリア版は、「まさに獣のような残忍なKOだった」と井上のファイトを称えた。

「モロニーは、イノウエの素早いフットワークと変化するペースについていくことが出来ずに苦戦した。そして最後はモンスターが得意とする右手での残忍なノックアウトパンチで決着をつけられた。オーストラリアのファイターは勇敢だったが、誇らしげな王者を前に何も残せなかった」

 昨年11月のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)決勝で元5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)に判定勝ちして以来、359日ぶりに白星を挙げた井上。その出色のパフォーマンスに対する賛辞はとどまるところを知らない。

 「鬼のようなスピード」「モロニ-は餌食になった」井上尚弥圧巻KO劇に現地ファンも驚愕! 

THE DIGEST 2020年11月1日(日)16時14分配信

 井上尚弥の圧倒的な強さに、目の肥えた現地のファンたちも満足したようだ。

 現地時間10月31日、ラスベガスのMGMグランドガーデンで、WBAスーパー、IBF世界バンタム級王者の井上が同級1位のジェイソン・モロニー(オーストラリア)を7ラウンドKO。鮮烈な右ストレートで挑戦者を沈めた。

 この試合後に、井上とプロモート契約を結ぶトップランク社がKOシーンの動画を公開すると「アメイジング!」「モロニーは餌食以外の何物でもなかった」「鬼のようなスピード」「この男は若い雄牛だ!」などと賛辞が殺到。タイミング、パンチのスピードや精度などはいずれも完璧で、ボクシングセンスの非凡さを証明した一撃だった。

 井上は試合後に次戦への展望について、次にWBCはドネアとウーバーリ(の勝者)であったり、WBOはカシメロ。両選手をターゲットとして考えているので、タイミングが合うほうとやりたいと思っています」と語っており、この一戦を文字通り「第二章の始まり」と考えているようだ。モンスターの進撃はどこまで続くのか。早くも次戦が楽しみだ。

 井上尚弥の鮮烈KO海外記者から絶賛「パッキャオを彷彿 

THE ANSWER 2020年11月1日(日)13時22分配信

井上尚弥に賛辞続々、海外記者が敗者を擁護マロニーは恥なくていい

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が31日(日本時間11月1日)、米ラスベガスのMGMグランドでWBO同級1位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)に7回2分59秒KO勝ちした。“聖地”ラスベガスデビュー戦は新型コロナウイルスの影響で無観客で行われ、WBAは4度目(正規王座の記録を含む)、IBFは2度目の防衛成功。井上の戦績は20勝、マロニーは21勝2敗。試合後は海外記者たちが続々と賛辞を送った。

 井上は6回、カウンターで強烈な左フックを顎に着弾させ、この日最初のダウンを奪った。7回には、またもカウンターで右ストレートを一閃。膝から崩れ落ちたマロニーは立ち上がることができず、2度目のダウンで試合終了となった。

 試合後は海外記者がツイッター上で続々と反応。米スポーツ専門局「ESPN」のスティーブ・キム記者は「完璧に着弾させた右のカウンター。イノウエが7回にマロニーを止めた。モンスターの寸分違わぬパフォーマンスだった」と記した。同局の名物コメンテーター、マックス・ケラーマン氏は「イノウエはまさにモンスターだ」と強さを認めたようだ。

 米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」のランス・パグマイア記者は「イノウエのスピードと圧力は本当に次元が違う……印象的なベガスデビューだ」と絶賛。米国のみならず、豪紙「ザ・デイリー・テレグラフ」のジェイミー・パンダラム記者も「イノウエは異次元のビースト。その素早いフットワークとパンチのパワーはマニー・パッキャオを彷彿とさせる。マロニーは7回にKOされたが、こんな怪物を相手にしたのだから恥などない」と褒めちぎった。

 アジアのボクシング史で最強の選手、6階級制覇王者マニー・パッキャオ(フィリピン)になぞらえるほど、高い評価を受けたようだ。

Photo_20201102074001

海外メディアも井上尚弥衝撃ラスベガス7回KO勝利大絶賛モンスターワンパンチで破壊」「最強証明

THE PAGE 2020年11月2日(月)5時28分配信

 ボクシングのWBA世界バンタム級スーパー、IBF世界同級王者の井上尚弥(27、大橋)が10月31日(日本時間11月1日)、米国ラスベガスのMGMグランドの特別施設「ザ・バブル」で、WBA同級2位、IBF同級4位、WBO同級1位のジェイソン・マロニー(29、豪州)と無観客試合で対戦、7回2分59秒、KO勝利で両タイトルの防衛に成功した。

 序盤からプレスをかけてペースを握っていた井上は6回に左フックのカウンターで一度目のダウンを奪うと7回に右のショートカウンターで10カウントを聞かせた。

 新型コロナウイルスの影響で、昨年11月のWBSS決勝、ノニト・ドネア(37、フィリピン)戦以来、約1年ぶりの試合となったが、ブランクをものともせず、本場ラスベガスでのアピールに成功。海外メディアも井上のラスベガス衝撃デビューを大絶賛した。

次戦はWBO王者カシメロとの3団体統一戦が最有力

 試合を放映した米スポーツ専門メディアのESPNは、井上の7回KO勝利を伝えつつ、「井上はESPNのパウンド・フォー・パウンドで3位にランクされるボクシングとレベルを見せ、素晴らしいパフォーマンスの中で2つのダウンを奪った」と報じた。

 記事は、「比較的イーブンだった最初の2ラウンドの後、井上(20勝0敗、17KO)が攻勢に出始め、さまざまな左右のパワーパンチを放った。だが、序盤で素晴らしかったのは『ザ・モンスター』のスピードと敏捷性だった。ただのハンドスピードだけでなく、足を使って前に出たり下がったりして距離とテンポをコントロールする能力があった。試合序盤から勝利へ向けてボクシングをしていた」と絶賛した。

 また米国での井上の試合をプロモートしているトップランク社のボブ・アラムCEOが、別メディアの「ジ・アスレチック」に語った「井上対カシメロの試合は来年3月までに行われるはずだ」というコメントを引用。次戦が4月に新型コロナの感染拡大の影響で流れたWBO世界同級王者のジョンリエル・カシメロ(31、フィリピン)との3団体統一戦となる可能性が高いことを明らかにした。

 米で権威のある専門誌のリング誌は「井上がハロウィーンのご褒美を提供、ザ・モンスターがマロニーを切り刻む」との見出しで井上のKO勝利を伝えた。

 記事は「『ザ・モンスター』(と打ち出す)ビジネスはマーケティングに適しているが、決して、井上が野蛮な強さで、容赦のないような態度をとっていることを意味するものではない。彼は技術的に安定しており、リングでの彼が持つ視野が大きな武器になっている。彼はどこに動き、いつ足を6インチ(約15センチ)動かすべきか、より良い角度に立ち、素晴らしい一撃をどうもたらすべきかを理解している」と、その頭脳的テクニックを称えた。

「勝利の後、彼は『僕は年齢と共にさらに向上している』との思いを語った。そしてマロニーに対して『堅固なアスリートだった』と敬意を示し、次戦に向けて『118パウンド(バンタム級)でさらにベルトを得ることを望んでいる』と語った」と井上の談話を紹介した。

 注目の次戦については「カシメロがWBO世界バンタム級ベルトを保持しているため、もし井上対カシメロの試合が用意されるのであれば、それは理に適う。WBC世界同級王者のノルディ・ウーバーリ(フランス)とノニト・ドネア(フィリピン)についても同じだ」と記した。

 弟の拓真が統一戦で敗れたウーバーリと、井上が昨年11月に勝った元5階級制覇王者のドネアは12月12日に米国でWBCのタイトル戦を行う予定となっている。

 またアラムCEOの「ザ・モンスターはスペシャルなファイター。長い間、あのような若いファイターを目にすることはなかった。戦士のように戦ったマロニーも褒めたい。彼は全力でぶつかった」というコメントも紹介された。

 ラスベガス・レビュージャーナル紙は、「マロニーは痛い思いをして学んだ。バンタム級統一王者の井上は評判通りに素晴らしかった。もしくはそれよりさらに良かった」と伝えた。「27歳の井上はアグレッシブさ、獲物を追うスタイル、残忍でノックアウトを奪うパワーで『ザ・モンスター』の異名を持つ。なぜ、そう呼ばれるのか、を(マロニー戦で)容易に見て取ることができた」と絶賛した。

 CBSスポーツも、「井上がマロニーをラスベガスで7回に高速ノックアウト」との見出しを取り、「『ザ・モンスター』がマロニーを簡単に扱い、なぜ彼がパウンド・フォー・パウンドのトップ選手の1人なのかを示した」と称賛した。

 記事は、「井上はボクシングのパウンド・フォー・パウンドのトップに向かっているすべてのものを披露したが、試合で最も大きなインパクトは『ザ・モンスター』のトレードマークとなるパワーだった」と、2度のダウンを奪ったパンチ力を評価した。

「マロニーは戦いを通して、インサイドで泥臭く戦うという戦略を実行しようとした。マロニーにとって不運だったのは、距離を詰めることができても、アッパーカットを頭に、素晴らしいフックをボディーにドスンと打ち込んできた井上が、すべてにおいて(対応する)答えを持ち合わせていたことだった」と続けた。

 マロニーの地元、豪州のオンラインメディアnews.com.auは、「劣勢の豪州選手が『モンスター級の』ワンパンチによるノックアウトで破壊される」との見出しを取り、挑戦者側からの記事を報じた。

 記事は、「世界で最高のパウンド・フォー・パウンド選手の1人である井上が、魅惑のスピードとパワーでマロニーをバラバラにした」と、井上を褒め称え、「豪州選手(のマロニー)はプレスをかけられ次々にパンチを決めるチャンピオン(の井上)を相手に何ら答えを見つけ出すことができなかった」と、歴然とした力の差があったことを伝えた。

 海外メディアの報道にネガティブなものは一切なく、称賛のオンパレード。頭を使い7回に仕留めた井上のラスベガスデビューは大成功だった。

Photo_20201102073501

 井上尚弥拳で家を建てる父との約束…世界体現 

日刊スポーツ 2020年11月2日(月)6時00分配信

<プロボクシング:WBA、IBF世界バンタム級タイトルマッチ>◇10月31日(日本時間11月1日)◇米ラスベガス・MGMグランド

 強さを世界に見せつけた。WBA、IBFバンタム級統一王者井上尚弥(27=大橋)が挑戦者のWBA2位、IBF4位のモロニーに7回2分59秒、KO勝ちし、「聖地」、ラスベガスで完勝デビューを果たした。6回に左フックでダウンを奪うと、7回終了間際に右ストレートで仕留めた。世界戦15連勝は、具志堅用高の14を抜き日本単独最多。「第2章のスタート」と位置づけた一戦を飾り、世界的スターへと続く物語が始まった。

    ◇    ◇    ◇

 倒すため、井上がえさをまいた。6回に左フックでダウンを奪い迎えた7回。それまで張り詰めてきた糸を、わずかに緩めた。残り1分。ガードを下げると、そこから右を出さずに、左の軽打を続ける。劣勢が続いたモロニーは、受け続けたプレッシャーから一瞬、解放された。だが、すべては、井上の狙い通りだった。「攻めきれなければ待つことも考えていた」。モロニーが反撃を試みた瞬間、小さく、速い、カウンターの右が顔面を捉えた。

 挑戦者の腰が、力なく真下に落ちる。立ち上がろうと足に力を込めるも、カウント10を聞く直前に、その体は後方に崩れ落ちた。井上にとって、プロ20戦目で迎えた、初めての聖地ラスベガス。コロナ禍で当初の4月開催から対戦相手も代わり、観客もなし。異様な雰囲気の中でも、捕まえにくい相手を、おびき寄せ、仕留め切った。

「最後は納得のいくパンチだった」。狙い通りの完勝も、喜びは控えめ。「第2章のスタート」と位置づけた一戦は、ここから続く道の、始まりでしかない。そんな思いが、すぐに表情を引き締めさせた。

 モロニー戦が正式決定した今夏。人けのなくなった深夜、井上は車の窓を開け、シートに覆われた一軒の家を眺めていた。神奈川県内に建設中の2階建て。27歳。思いの詰まったマイホームだ。夜風を吸い込むと、8年前、プロ転向時に父真吾さんと交わした約束を思い出した。

「いつか拳で家を建てられたら最高だよな」

 6歳から二人三脚で歩んできた父の一言は、井上にとって、いつか果たすと心に誓った大切な目標となった。物心ついた時、家族5人は、6畳と4畳半の小さな賃貸アパートで暮らしていた。中学卒業後に塗装業の世界に入った父は、20歳で独立し、「明成塗装」を設立。その職人としての背中を、井上は見てきた。

 後ろ盾は何もない。真吾さんがこだわったのは「絶対に妥協しないこと」。井上も、両親の手作りのちらしを折る手伝いでサポートした。丁寧な仕事ぶりは、口コミで広がり、経営は軌道に乗った。だが、井上が高校を卒業し、プロ転向を決めた時、父は「明成塗装」を迷わず縮小し、トレーナーの道を選んだ。

 父は、大切な会社を犠牲にしてまで本気でボクシングを教えてくれた。その情熱を感じてきたからこそ、世界から認められた今も、リングへの姿勢がぶれることはない。モロニー戦へのスパーリングは、思うような動きが出来ず、悩んだ時期もあった。それでも、格下のパートナーに意見を求めてでも、改善点を探った。大橋会長は「あの姿を見て、尚弥にはまだまだ先があると思った」。父がこだわり続けてきた一切の塗りムラがない壁のような、「強くなりたい」という混じり気のない思いが「井上尚弥」を作りあげている。

 建設中の新居は、「第2章」を歩み始めた井上の帰りを待つかのように、今月中旬に完成する。井上は言う。「お父さんとの約束を果たせたのは、自分の中で大きなことだった。シャドーの最初のパンチから妥協しない。それがお父さんから教わったボクシング。このまま、どこまでいけるか。とことん勝負したい」。

 ラスベガス初陣を豪快に飾り、世界の注目はさらに増す。試合後、契約する米興行大手トップランク社のボブ・アラム最高経営責任者(CEO)は「イノウエはパウンド・フォー・パウンド(全階級を通じた最強ランキング)でトップへの道を進んでいることを証明した」とSNSに記した。かつて、世界でここまで評価された日本人選手はいない。今回のファイトマネーは100万ドル(約1億1000万円)。軽量級でラスベガスのメインを張る、偉業は果たした。引退を公言する35歳まで、残り8年。どこまでいけるのか-。井上なら、と期待せざるを得ない。

Photo_20201102075101Photo_20201102075001Photo_20201102075201Photo_20201102075601

関連エントリ 2019/11/10 ⇒ 【井上尚弥】✍死闘12R<世界最強トーナメント優勝>眼窩底骨折を負っていた
関連エントリ 2019/11/08 ⇒ 【井上尚弥】✍死闘12R<世界最強トーナメント優勝>ドネアに判定勝ち
関連エントリ 2019/05/19 ⇒ 【井上尚弥】✍2回79秒TKO<世界最強トーナメント決勝>進出決定!!
関連エントリ 2018/10/08 ⇒ 【井上尚弥】✍1回70秒KO<世界最強トーナメント1回戦>衝撃発進!!
関連エントリ 2018/05/26 ⇒ 【井上尚弥】✍1回112秒TKO<3階級制覇>日本人史上最速!!

 

« 【米国株式】反落<一時$500㌦超安>“安全通貨”✍ドル買い継続 | トップページ | 【訃報】名優ショーン・コネリーさん(享年90歳)逝去。 »

独白」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【米国株式】反落<一時$500㌦超安>“安全通貨”✍ドル買い継続 | トップページ | 【訃報】名優ショーン・コネリーさん(享年90歳)逝去。 »

無料ブログはココログ
2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31