« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »

2020年12月

2020年12月31日 (木)

【コロナ第3波】東京都1300人超<新規感染者数✍初の4ケタ台>緊急事態宣言あるか

西村再生相感染拡大けば、緊急事態宣言視野

読売新聞オンライン 2020年12月31日(木)0時20分配信

 新型コロナウイルス対策を担当する西村経済再生相は30日夜、自身のツイッターに投稿した動画の中で、「このまま感染拡大が続けば、国民の命を守るために緊急事態宣言(の発令)も視野に入ってくる」と述べ、年末年始は家族とだけ過ごすよう呼びかけた。

 国内新規感染者最多4515東京1337👤初の4ケタ台 

読売新聞オンライン 2020年12月31日(木)18時16分配信

 東京都で31日、新型コロナウイルスの感染者が新たに1337人確認された。過去最多だった12月26日の949人を大幅に上回り、初めて1000人を超えた。神奈川県でも初の500人超となるなど、1都5県でこれまでの最多を更新。全国の新規感染者は4515人で、初めて4000人を超え、過去最多となった。

 都の発表によると、都内の重症者は89人で、緊急事態宣言解除後の最多を3日連続で更新した。陽性率は10・2%で、宣言解除後、最も高くなった。

 都は、東京で感染者が急増している要因として、市中感染が拡大していることに加え、年末年始を前に医療機関が従来よりも早く感染者の発生を届け出たため、この日に新規感染者が集中したことを挙げる。帰省を前に自費検査を受ける人も多く、年末年始に入り、検査を行う一つの医療機関から100人近くの感染者が報告されるケースもあった。

 小池百合子都知事は31日、報道陣の取材に「コロナの感染拡大は非常に厳しい状況だ。年末の買い出しに家族で行き、密になっているところもある。正月は『ステイホーム』で過ごしていただきたい」と訴えた。

 尾身会長「感染させる人の約半数は無症状。リアリティ知ってほしい」 

YAHOO!ニュース 2020年12月31日(木)17時24分配信

 感染拡大が止まらない。東京都は31日の新型コロナウイルスの新規感染者が1300人を超え、全国的にも高止まりしている。医療体制が崩れるなど、危機的な状況も懸念されている。政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長は、若者への緊急のメッセージとして「このウイルスは誰でも感染するし、感染させる可能性もあることを知ってほしい」と発した。(ノンフィクション作家・河合香織/Yahoo!ニュース 特集編集部)

感染を抑えられなかった勝負の3週間

── 11月25日に政府が「この3週間が勝負」と訴えましたが、感染拡大が止まりません。

 4月の緊急事態宣言の頃より、私は今のほうが強い危機感を持っています。このままではみなさんが空気のように当たり前のように感じてきたかもしれない、質の高い日本の医療が維持できなくなってしまう。医療体制が崩れると、社会の根幹が崩れてしまうことになりかねない。さらに、職を失う人も増えるかもしれません。

── 政府の緊急事態宣言を再び求める声も高まっています。

 いま緊急事態宣言を出しても、4月頃に比べて国や自治体の協力を得ることが難しくなっています。必ずしも、前と同じ効果が得られるかどうかはわからないと思います。4月の時点では、宣言を出すという行為そのものが、人々の行動を大きく抑制する効果があった。感染防御のため、みんなが協力して自分の仕事を休むなどしてくれた。だが、いま2度目の緊急事態宣言を出しても、あのときのような協力が得られる確証は今のところありません。

 感染を抑えるために必要な対策についてリアリティをもって分析し、いま何が求められているかという中身を議論しなければならない。対策は、人々の協力が得られるものでないと意味がないと思います。

── 効果的な対策は何でしょうか。

 ウイルスの性質について、今はわかってきたことが多い。その知見からすれば、一律にすべての国民に自粛を要請するのではなく、リスクの高いところに重点的に対策を強化すべきです。つまり急所を押さえることです。

 飲食店が感染の要素になるということは、膨大なデータから明らかになりました。以前のように夜の街だけではなく、昼間のレストランなどでも、マスクを外しての会話で感染の場となり得ることが明らかになった。時間や場所、お酒の有無にかかわらず、食事の場は感染のリスクが高いわけです。

── だから、感染を抑制するには飲食店に行くのを控えなくてはいけないのでしょうか。

 確かにそうです。ただし、飲食店側からすれば、協力したくても経営上難しい面があることはよくわかります。であれば、今まで以上に強力に経済的支援を行うべきだと思います。感染症で亡くなる人も、失業や休業で困窮する人も同じ命です。

しっかり経済的支援をするというメッセージを

── 営業時間の短縮要請やそれに応じた店への協力金を支援するなど、新型コロナウイルス特措法改正の議論もあります。

 事業者に国が十分な協力金を手当てできる法律を制定する計画があるのなら、なるべく早く実行してもらいたい。それにより、しっかりと経済的支援をする強い意志が国にあるというメッセージが国民に伝わると、多くの事業者の協力が得られるのではないかと思います。これは政治の役割だと思います。

── 5人以上の会食を控えるように政府は呼びかけていたにもかかわらず、政治家が多数で会食している報道が相次ぎました。

 議員が自ら大勢の会食をしていては、いろいろ我慢している市民はついていけないでしょう。もちろん議員の行動で感染拡大が起きたわけではありません。ですが、選挙で選ばれた人たちが宴会をがんがんやっていれば、市民はそれを大人数で会食してもいいんじゃないかというメッセージとして受け取るでしょう。

約半数が無症状。誰でも感染させる可能性がある

── 10代、20代などの比較的若い世代が感染を広めているという指摘があります。事実でしょうか。

 はい、そういう傾向があります。しかし、私が強調したいのは、若い世代に責任がないことです。これはウイルスの特徴によるものです。若い人は感染してもほとんどが無症状で重症化しない。その結果、知らないうちに感染が広まっています。

 ただし、若い人にはこうしたリアリティも知ってほしい。このウイルスは他の人に感染させる人の約半数が無症状です。知らないうちに家庭内に伝播し、家庭内の高齢者が高齢者施設に行くと、そこには基礎疾患のある人も多くいる。そうなると重症化する方が増え、結果的に医療の負担が減ることはない。

 今はみんなが協力して、感染レベルを下げることが重要です。若い人たちには、自分たちの行動が苦境の日本を救う、おじいちゃんおばあちゃんを救うということを、ぜひ知っていただければと思います。

── 社会のために行動を変えて欲しいということですね。

 私自身の若い頃を思い出しても、自分のことで精一杯。せいぜい考えるのは自分の家族や恋人のことでした。だから、それを求めるのは難しいことだというのは、よく理解しているつもりです。しかし一方で、日本の若い人も災害が起きれば、大勢が自発的にボランティアに行くわけですよね。誰かから強制されたわけでもなく、自ら困っている人を助けたいという気持ちもあるのではないか。それは責任感や道徳観や義務感ではない、もっと自然な思いかもしれませんね。

 もちろん、すべての自由を諦める必要はありません。自分の人生を楽しみながらも、少しそういったリアリティに心を馳せてほしい。それだけで感染状況は変わってくると思います。

── 現状、政治に足りないものはなんでしょうか。

 市民に痛みを伴う対策をお願いするのであれば、政治家自らが強い気持ちと具体的な政策を出さないと人は動かないでしょう。そして、国や地域の代表として、市民や医療を救いたい、今の感染拡大を食い止めたいということを心から訴えれば、人々は動いてくれると思います。

── いま耐えることで、年明けから感染は収まっていきますか。

 年末年始に自粛すれば、人の動きが減るのでいったん感染者は下がるでしょう。だが、年明けに社会が動き出すと、再び感染が拡大する恐れはあります。その時にどうするかを今から考えておかなければなりません。市民へのお願いだけでは不十分だと思います。急所を抑えた早急な政策が必要です。(2020年12月28日)

 山口県美弥中国道で計9台多重事故 トラック炎上で運転手不明 

毎日新聞 2020年12月31日(木)10時25分配信

 31日午前6時前、山口県美祢市の中国自動車下り線で、乗用車や大型トラックなど計9台が絡む事故が起きた。当時、降雪で路面は凍結しており、スリップが原因とみられる。炎上した大型トラックの運転手と連絡が取れていないほか、30代と60代とみられる男性2人が重軽傷を負った。

 現場は片側2車線の緩やかな左カーブで、美祢西インターチェンジ(IC)の手前約300メートル。大型トラックが2車線をふさぐように止まり、多くの車が焼け焦げていた。トラックを運転中に巻き込まれた福岡市の30代の男性会社員は「雪が強く降っていて路面も凍結していた。大型トラックと乗用車がぶつかったのを見た後に、自分も大型トラックに追突された。車を止めて外に出ると、次々と炎が上がった」と話した。

 事故後に美祢IC―美祢西IC間が上下線で通行止めとなっている。

路面が凍結の中国道玉突き事故クルマ7台炎上

朝日新聞デジタル 2020年12月31日(木)10時19分配信

 31日午前5時55分ごろ、山口県美祢(みね)市西厚保町の中国自動車道下り線で、「多重の玉突き事故が起きた」と男性から110番通報があった。山口県警高速隊によると、乗用車やトラックなど少なくとも9台が絡む玉突き事故が発生し、車7台が炎上した。

 トラックに乗っていた30代と60代の男性2人が救急搬送されたが、意識はあるという。別のトラックに乗っていた1人と連絡が取れていない。

 現場は美祢西インターチェンジ(IC)から東に約300メートル。当時は雪が降っており、路面が凍結していたという。この事故の影響で、中国道美祢IC―美祢西IC間が、上下線とも午前6時過ぎから通行止めとなっている。

 事故現場を撮影した大阪府の50代のトラック運転手の男性は、取材に対し「何回も爆発音が聞こえた。あまりにもぐちゃぐちゃでよくわからない」と答えた。

 中国道多重事故、7台炎上1人死亡2人重軽傷 

毎日新聞 2020年12月31日(木)19時36分配信

 31日午前5時50分ごろ、山口県美祢市の中国道下り線で乗用車や大型トラック計10台が絡む事故があり7台が炎上した。当時は降雪で路面が凍結しておりスリップが原因とみられる。炎上した大型トラックの男性運転手が死亡し2人が重軽傷。県警が死亡した男性の身元確認を急いでいる。

 けがの2人は中型トラックを運転していた福岡県久留米市の60代男性が右大腿(だいたい)骨を折る重傷。別のトラックを運転していた鹿児島県出水市の30代男性は腰の打撲で軽傷だった。

県警によると、現場は美祢西インターチェンジ(IC)の約300メートル手前で片側2車線の緩やかな左カーブ。福岡市博多区の30代男性が運転する中型トラックが単独事故を起こし、後続の9台も衝突するなどしたという。現場では大型トラックが2車線をふさぐように止まり、多くの車が焼け焦げていた。中国道は美祢IC―美祢西IC間で通行止めが続いた。

 事故に遭った男性会社員は「雪が強く降って路面も凍結していた。大型トラックと乗用車がぶつかったのを見た後に自分も大型トラックに追突された。車を止めて外に出ると次々と炎が上がった」と話した。

 【ススキノ哀歌】コロナ禍の“濃厚接触”と偏見苦悩…「生きるのに必死」性風俗で働く女性たち 

北海道ニュースUHB 2020年12月29日(火)19時05分配信

 新型コロナウイルスの猛烈な感染第3波に見舞われている北海道。中でも日本3大歓楽街の一つと言われる、札幌のススキノが苦境に立たされている。「感染拡大の大きな増加要因」と行政に名指しされ、休業や時短営業を要請。客足が遠のき、街のネオンが消えた。

 飲食店ばかりではなく、300店あるとされる性風俗は苦しい経営を余儀なくされている。生きるのに必死――。女性たちは偏見に苦悩しながら、“濃厚接触“のリスクにさらされながら働き続ける。店も性産業を支援しないとする行政にいら立っていた。

風俗ビルの6割閉店…“客と従業員感染“公表した店

 「このビルに入る他の店は、もう3分の1くらいしか残っていない」

 風俗店店長の30代男性は人気のない廊下で寂しそうに語った。ビルは9階建てで、テナントはすべて性風俗店。17店が競うように入り口の壁を埋め尽くしていた行灯(あんどん)はいまや7つだけとなった。11月20日、感染者が北海道全体で304人と過去最多を更新。札幌でも191人と猛威を振るっている最中だった。

 店は15年前から営業している人気店「バカラ」。「メンズエステ」と称し男性客に性的なマッサージを提供していて、サービスする女性は約10人が在籍している。コロナ禍でも通常営業を続けてきたが、第3波が直撃。客と従業員の2人が感染した。

 男性は11月19日、店を休業しブログに事実を公表。思いの丈をつづった。

 「当店は風俗店で何の補償も受けられないですが、命を優先し公表いたしました。ススキノでは残念なことに非公表の店が後を絶ちません。その結果『夜の街関連』とひとくくりにされ、クラスター(集団感染)も発生しやすく、ススキノで遊ぶ人が激減してしまった」

ススキノでクラスターが公表された翌日は必ず客が激減する。ススキノ全体がひとくくりで評されているが、対策で足並みがそろわない他店に、男性はいら立っていた。

客は半減し赤字経営「1年以内に潰れてしまう」

 男性は札幌市保健所の対応にも怒り心頭だった。

 「『営業は自由で、店名は公開しなくて結構。消毒もお店の判断で業者の紹介はできない』と言われ、あ然とした。そんな対応だから、陽性者が出ても公表せず営業を続ける店が続出し、クラスターが広がったと思う」
 保健所の主張はこうだ。「休業を強いたり公表したりする権限はない。私たちの対応の是非はお答えできない」。男性は腑(ふ)に落ちないまま1週間休業した。

 恐れていた風評被害はなく、客から励ましの電話が寄せられ、ネットでは賛辞の声が上がった。

 「客と従業員のことを考えての公表。すばらしい」
 「勇気と誠意ある決断」
 「休業明けに遊びに行きます」

 ただ現実は厳しい。女性経営者によると、客足は去年の半分以下で、回復の兆しは見えない。消毒代がかさみ、赤字が続いている。

 「風俗業は持続化給付金の対象外で補償が本当にない。この状態が続くと1年以内には潰れてしまう」(女性経営者)

 こうした不安に行政が寄り添うことはなかった。風俗業に血税を振り当てるのは厳しい――。それが結論だった。

“給付金“は対象外「血税を使うべきではない」

 北海道と札幌市は11月26日、ススキノの「接待を伴う飲食店」に休業要請を出したが、風俗店は「飲食店」ではないため、協力支援金60万円は受け取れない。

 国は収入が半減した中小企業に支給する「持続化給付金(最大200万円)」や「家賃支援給付金(同600万円)」を用意したが、政治団体や宗教団体とともに、ラブホテルや風俗店など「性風俗関連特殊営業」を営む法人は対象外とした。

 中小企業庁の担当者は、与党の議論を踏まえたと強調する。

 「反社会勢力とのつながりが懸念されるうえ、セックス産業に国民の血税を使うべきではないと与党内の意見もある。賛否が分かれており、今すぐ判断を変える状況ではない」

 行政の対応にバカラの女性経営者は納得がいかない。

 「税金はきちんと払っていて、反社会勢力とのつながりもない。私たちはススキノの産業を支えてきた。除外は偏見を助長している」

 性風俗従事者への偏見や賤業(せんぎょう)視は根深く、コロナ禍で標的にされ続けているという。現場で濃厚接触のリスクにさらされている女性たちも悲痛に訴える。

4畳半の個室 さらされる“濃厚接触のリスク“

 「店で感染者が出たときは、ついにきたかと思った。でも慣れてしまい恐怖感はない」。バカラで接客を担当する20代女性は店で感染者がでたときを振り返る。

 女性は4畳半の個室で、平均1時間客と過ごす。客が入れ替わる際、ベッドをはじめ、部屋の隅々まで消毒するが、サービスの提供中はほとんどマスクをつけず、濃厚接触は免れない。

 いつ感染してもおかしくないと自覚しているが、生活するためには働き続けるしかないと語気を強める。

 「“ススキノや風俗が悪い“という雰囲気も漂っているが、気にしていられない。生きるのに必死。コロナでどうなろうとも私は出勤を続け、一生懸命接客するしかない」

 性風俗の感染リスクはどの程度なのか。専門家によると、感染リスクは会食と同じ。他の業種と変わらないとする。

専門家の見解「感染リスクは風俗も会食も同じ」

 札幌市保健所によると、ススキノの性風俗店でクラスターは12月22日現在、発生していない。

 ススキノで感染予防を指導する北海道医療大学の塚本容子教授(感染管理学)はことさら性風俗だけを危険視するのは誤りと指摘する。

 「性風俗だけが感染リスクが高いと考えるのは間違い。マスクを外して人と会話することが危ないので、性風俗も会食も同じ」

 ただ、働く女性たちが感染のリスクにさらされていることに変わりはない。

 「狭い空間で接触する。女性は弱い立場になりやすく、マスクを付けたくても、客に求められ外さざるを得ない状況も多い」(塚本教授)

 感染経路を追跡しにくい事情もある。利用者は感染しても、後ろめたさを感じ、利用したことを保健所に申告しないことが多い。性風俗店側も同じだ。

 「バカラのように休業し、公表したことはとても勇気のある行動だが、感染の実態を把握することは難しい」。塚本教授は対策の難しさを説く。

 専門家が苦慮する理由がもう一つある。それは女性たちが感染リスクの軽減よりも収入の補填を優先していることだ。

感染リスクより収入減…女性たちの“苦悩“

 東京を拠点に性風俗で働く人から生活や法律の相談に無料で応じる「風(ふう)テラス」にも、ススキノで勤める女性から相談が100件近く寄せられた。

 「とにかく借金や家賃が払えず生活できない人が増えている」。発起人の坂爪真吾さんによると、相談内容の大半は経済的な問題で、感染リスクを恐れる人はほとんどなかった。

 取材した女性たちもほとんどがまず生活の困窮を訴えた。ファッションヘルスで働く綾菜さん(仮名、22)はピンクのコートに身を包み、ファストフード店に現れた。めかし込んでいるが、表情は疲れていた。

 「風俗はがんばれば、がんばるほど稼げると思っていた。以前は1日7本(7人の客)、毎日4~5万円稼いだ。月にすると50万円だったが、今は10万円を切ることも。家賃や携帯電話代を払うのが精いっぱい」

 風俗業界に入ったのは2年前。高額で、すぐに現金を受け取れる日払いが魅力だった。最初は知らない男性の体に触れることに抵抗があったが、回数を重ねるうちに、感覚がまひした。それもお金があればこそだった。

 「風俗で働いているっていうだけで邪見に扱われる。ネットではまるでばい菌扱い。私たちそんなに悪い存在なのかな」

 ネイルが所々はげた指先でスマートフォンのSNSを凝視する。

性風俗への偏見と差別「30年前のHIVと同じ」

 「風俗街のススキノがコロナの巣窟となっている」
 「風俗店はばい菌、ウイルスの吹きだまり」
 「コロナは風俗嬢が各地に広めている」

 インターネット上には、性風俗業を蔑視する言葉であふれている。

 「30年前のHIV(ヒト免疫不全ウイルス)感染拡大とまったく同じ状況。コロナで風俗業界が差別されている。“風俗がウイルスをまき散らしている“なんてことはない」。北海道医療大学の塚本容子教授は憤る。

 塚本教授は当時、アメリカで新興感染症だったHIV感染者の診療に当たっていた。過去の教訓を生かすべきだと強調する。

 「当時、性風俗で働くだけで感染していると中傷された。差別を恐れ、検査を受けない人が多くいた。コロナも差別が減れば、感染者の自己申告だけでなく検査する人も増え、感染実態が把握できる」

 ススキノを下支えしていた風俗業はまさに“厳冬“を迎えている。早くコロナ禍が過ぎてほしい――。従事者たちは感染リスクや差別にさらされながら、春を待ちわびている。

※ 新型コロナウイルスで苦境に立たされた歓楽街「ススキノ」の今を伝えます。続く…

 

2020年12月30日 (水)

【大納会】3日ぶり小反落<米追加経済対策に不透明感>急騰後の反動か

 大納会〕3日ぶり小反落=高値警戒利益確定売り 

時事通信 2020年12月30日(水)15時30分配信

 日経平均株価は前営業日比123円98銭安の2万7444円17銭と3営業日ぶりに反落した。前日の米国株安に加え、高値警戒感を背景にした利益確定売りが優勢となった。東証株価指数(TOPIX)も14.50ポイント安の1804.68と6日ぶりに値下がりした。

Photo_20201231073101

 銘柄の69%が値下がりし、値上がりは28%。出来高は8億7819万株、売買代金が1兆9606億円。

 業種別株価指数(33業種)はパルプ・紙、鉄鋼、ゴム製品の下落が目立ち、上昇は空運業、海運業、証券・商品先物取引業など。

 静かな大納会

 2020年最後の取引となった30日の東京株式市場で、日経平均株価は小反落した。東証1部の売買代金も再び2兆円を割り込む薄商いで、新型コロナウイルス禍に揺れた波乱の1年を「静かな大納会」(大手証券)で締めくくった。

 追加経済対策の現金給付増額に対する上院での法案可決に不透明感が高まり、前日の米国株が下落した。日経平均は29日に前日比700円超上昇した後でもあり、利益確定売り圧力が強まった。

 ただ、日経平均は前日の上げ幅に比べれば、小幅な値下がりにとどまった。朝方に200円超下落した後は切り返す場面もあり、押し目買い意欲の根強さもうかがわせている。

Photo_20201231073401

 ワクチン普及による経済正常化や長期的な金融緩和への期待感に支えられ、相場の地合いは悪くない。市場関係者は「株を枕に越年する投資家は少なくない」(銀行系証券)と前向きだった。

〔NYダウ〕反落=現金給付増額への期待後退(29日)

時事通信 2020年12月30日(水)7時00分配信

 29日のニューヨーク株式相場は、米追加経済対策の現金給付増額への期待が後退し、反落した。優良株で構成するダウ工業株30種平均は前日終値比68.30ドル安の3万0335.67ドルで終了した。米経済対策の成立を好感し、上げ幅は一時180ドルを超え、取引時間中の最高値を更新した。

 ハイテク株中心のナスダック総合指数は同49.20ポイント安の1万2850.22で終わった。

 ニューヨーク証券取引所の出来高は前日比978万株減の7億6751万株。年末で積極的な取引は控えられた。

 トランプ米大統領は27日に新型コロナウイルスの感染拡大に対応する追加経済対策に署名した。野党民主党は、トランプ氏が主張する世帯向け現金給付の増額に同調。多数派を占める下院は28日、増額する法案を可決した。ダウ平均は、追加経済対策の成立を好感して上昇した前日の流れを引き継ぎ、続伸して取引が始まった。

 ただ、上院では、給付増額に対する与党共和党の反発が強く、法案可決は不透明な情勢だ。市場では、現金給付増額への期待が後退。高値への警戒感から利益確定売りにも押され、徐々にプラス幅を縮め、マイナスに転じた。

 最近大幅に上昇していたハイテク株は売りが先行。景気変動の影響が大きい金融やエネルギー関連銘柄も下落した。

 東京株〕大幅続伸90年8月以来の高水準30年4カ月ぶりダウ最高値好感(29日) 

時事通信 2020年12月29日(火)16時00分配信

 前日の米ダウ工業株30種平均の最高値更新を好感して日経平均株価は前日比714円12銭高の2万7568円15銭と急伸し、1990年8月以来の高水準で取引を終えた。東証株価指数(TOPIX)も31.14ポイント高の1819.18と大幅高。

 83%の銘柄が値上がりし、値下がりは14%。出来高は10億2087万株、売買代金は2兆2042億円。

 業種別株価指数(全33業種)は情報・通信業、小売業、電気機器、銀行業などが上昇し、鉱業とゴム製品は下落した。

海外ファンド買いの見方

 29日の東京株式市場では、追加経済対策法の成立を受けて前日の米ダウ工業株30種平均が史上最高値を更新したことを好感し、幅広い銘柄が買われた。日経平均株価は心理的な節目の2万7000円を大幅に上回り、大引けにかけて上げ幅を拡大していった。市場では、「投機的な取引を得意とする海外投資ファンドが積極的に買いを入れた」(銀行系証券)との見方が出ている。

 半導体などハイテク関連株や自動車、銀行といった景気動向に敏感な主力業種を中心に大幅に値上がりした。東京市場の取引時間中、米国株先物が上昇したことも株高要因となった。上場投資信託(ETF)の分配金の再投資に伴う買いも日経平均を押し上げたもようだ。

 225先物は2万7590円まで買い進まれた。オプションはコールが急騰し、プットは軒並み急落した。

 コロナ株高行き場失ったマネー吸い込む実体経済と乖離 

産経新聞 2020年12月30日(水)23時13分配信

 日経平均株価は30日、年末株価として31年ぶりの水準をつけた。新型コロナウイルスの感染再拡大で、企業や家計が先行き不安を抱えている現実から乖離し、株式市場は歴史的な高水準に沸く。主要中央銀行の桁違いの金融緩和を背景に、行き場を失ったマネーを吸い込み膨張し続けている。

 コロナ禍の収束がみえない中、株高を演出しているのは、主要中銀の金融緩和だ。米連邦準備制度理事会(FRB)の緊急利下げに続き、欧州中央銀行(ECB)や日本銀行も追加緩和に踏み切った。

 11月になると、米大統領選でバイデン前副大統領が勝利を確実にしたことやワクチン開発を足掛かりに、株価は急騰する。米ダウ工業株30種平均は3万ドルを突破し史上最高値を更新。日経平均は今月29日に2万7千円台を回復した。

 歴史的な株価とは対照的に、実体経済の回復の足取りは弱い。東京商工リサーチによると、今年の飲食業の倒産は年間の最多を更新。完全失業率も11月は2・9%と高い水準にとどまる。

 野村証券によると、今年3月から12月中旬にかけての3中銀の資産増加額は800兆円規模に上る。

 中でも、日銀は年12兆円を上限に上場投資信託(ETF)の買い入れを通じて、株式市場に直接資金を供給する異例の手段を取る。相場下落時には多い日で2千億円分のETFを購入しているため、株価水準と生活者の感覚とのズレが生じているのだ。

 こうなると、バブル崩壊への懸念もくすぶるが、その発端となるはずの金融引き締めの気配はみられない。むしろ足元の感染再拡大を受けて、3中銀は12月に入り、緩和を長期化する姿勢を強めている。日銀もETFなど資産買い入れの柔軟化を模索する。

 三菱UFJモルガン・スタンレー証券の藤戸則弘チーフ投資ストラテジストは「コロナの感染状況によっては、もう一段の追加緩和もあり得る。スーパー金融相場は来年も続く」と予想する。

NYダウ反発終値30日最高値更新

共同通信 2020年12月31日(木)6時35分配信

 30日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反発し、前日比73.89ドル高の3万0409.56ドルと最高値を更新して取引を終えた。

Photo_20201230162201

 映画館ジャックした「鬼滅の刃🎬 あおり受けた作品も 

朝日新聞デジタル 2020年12月28日(月)12時50分配信

 「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」が興行収入324・8億円を記録し、「千と千尋の神隠し」の316・8億円を抜いて歴代1位となった。新型コロナウイルスの猛威により大打撃を受けた映画業界への貢献度も果てしなく大きい。しかし、「鬼滅」一人勝ちの陰で泣いた作品もあったようで……。

 「映画界の救世主」「日本経済を救う」。劇場版が10月16日に封切られ、破竹の快進撃を見せると、メディアを中心に、同作をもてはやすこんな言葉があふれた。数字も、救世主ぶりを裏付ける。

 日本映画製作者連盟(映連)によると、映画全体の興行収入は、「鬼滅」が封切られた10月は207億円で昨年同月比で73億円増加し、11月も184億円で36億円増えた。今年全体の興収が現在の公表形式が始まった2000年以降で最低の1350億円前後になるとの見通しがある中、鬼滅ブームにより「映画ビジネスの回復をアピールできた」(東宝幹部)との声も上がる。

 同作が空前の大ヒットを記録した要因としては、異例の「拡大上映」でスタートを切れたことが挙げられる。

 東京のTOHOシネマズ新宿では、初日には11スクリーンで深夜を含め計42回上映。他の都市部でも1日30回超を上映するシネコンがあり、「鬼滅」が全国の映画館をジャックする形になった。

 コロナ禍によりハリウッド大作が公開延期になるなどしてライバル作品が少なかったため、可能になった映画館側の「鬼滅に全集中」(興行関係者)。一方で、同時期に公開した作品は話題になることが少なく、あおりを食った。

 その一つ、ベネチア国際映画祭で銀獅子賞(監督賞)を獲得して話題になった「スパイの妻」(10月16日)も封切り後に拡大上映できるほどに客入りがあったが、「土日を中心にスクリーンが『鬼滅』に割り当てられて、空けてもらえなかった。上映の時間と場所が限定されてしまった」(製作関係者)という。

 小栗旬と星野源が出演する「罪の声」(同30日公開)の製作関係者は「公開した時期は、テレビ中心に鬼滅の話題ばかり。スタートがうまくいかなかった」と話す。大作のヒットの指数とされる興収10億円を超えたが、「20億円を超えたかったというのが本音。鬼滅だけの一人勝ちで、全体にとっていいことばかりではない」と嘆いた。

 「鬼滅」と同じくファミリー層を当てこんだ3DCG映画「STAND BY ME ドラえもん 2」(11月20日)も、前作の興収83億円から大きく落ち込み、正月興行を経て30億円に届くかどうかだという。配給する東宝の市川南常務は12月15日の会見で「『鬼滅』が影響を与えたというよりは、コロナの第3波の影響が少しあったかという気はする」とし、「鬼滅」に客を奪われたわけではないとの考えを示した。

 一方で、同作宣伝担当の一人は「『鬼滅』は第3波でも堅調に客が入っているので、コロナだけの影響ではない」と漏らす。その上で「『鬼滅』はアニプレックスと共同配給することが決まったとき、興収は30億円ほどという感触だった。その10倍に大化けするなかで、皮肉にも自社単独配給の『STAND BY ME』にまで影響を及ぼした」と話した。

Photo_20201230164101

 ラーメン一杯の粗利いくら?損益計算書見方 

ツギノジダイ 2020年12月29日(火)13時00分配信/石動龍(公認会計士・店主)

 「粗利」「営業利益」といった用語は、仕事で耳にする機会の多い言葉ですが、その意味は言葉からイメージしにくく、しっかり理解できている人は多くありません。今回は、財務諸表(決算書)のうち、損益計算書の各段階の利益について、公認会計士の筆者が経営しているラーメン店をもとに解説します。

損益計算書に記載される5種類の利益

 損益計算書は1年間の売上から、費用を差し引いて、いくら損益が出たのかを示す書類です。損益計算書には粗利(売上総利益)、営業利益、経常利益、税引前当期純利益、当期純利益という5つの利益があります。

Photo_20201230163901

粗利とは 粗利率とは

 「粗利」とは、売上高から材料費、商品仕入高などの売上原価を差し引いたあとに残る利益です。損益計算書では、「売上総利益」として表記されます。「粗利率」とは売上に対する粗利の割合です。

・粗利(売上総利益)=売上高-売上原価(材料費や商品仕入高など)
・粗利率=(粗利/売上)×100

粗利が経営に大切な理由とは

 粗利は経営管理において、とても重要な指標の一つです。売上が増加しても、売上原価がそれ以上に増えれば利益は減少し、いずれ資金が枯渇します。会社を安定的に経営するためには、「粗利」の増加を目指す必要があります。

 粗利率は高いほど好ましいのですが、業種によってかなり差があります。中小企業基盤整備機構が運営する「J-Net21」の業種別開業ガイドから様々な業種の損益イメージから粗利率の参考数字がわかるので、参考にしてみてください。

ラーメン店……66%
・コインランドリー……64.6%
・コンタクトレンズ販売店……53.0%
・インテリア用品店……27.0%
・再生資源回収業……25.0%

 仮に、粗利がマイナスになっている場合は、製品やサービスなどを作るためにかけたコストより、もらった金額が少ないということになります。イレギュラーな事象がなく、この段階の利益が赤字であれば、そこからさらに販売コストや事務所の賃借料が引かれるため、最終利益は大変なマイナスになるはずです。

 粗利益の計算において、販売業と製造業では考え方が少し異なります。計算の基礎として、販売業では仕入額をもとに売上原価を算出しますが、製造業では製造原価をもとに売上原価を算出します。小売業は仕入商品を販売するので、仕入額が売上原価になりますが、製造業では製造にかかった人件費や材料費などを合算し、原価計算を行う必要があります。

 例えば、小売業の人件費は売上原価に含まれませんが、製造業では製品製造に関係する人件費は製造原価に算入します。原価を計算する方法としては、「原価計算基準」が公表されており、基準には原価に算入すべき項目としない項目、原価算出までのプロセスなどが記載されています。

ラーメン店での粗利とは

 筆者が経営しているラーメン店の事例で粗利を算出してみましょう。仮に、製造業に準じて原価を計算する場合は以下のようになります。

 ドラゴンラーメンの看板メニューは「濃厚煮干」と「淡麗白醤油」の2種類です。価格はいずれも税込みで、濃厚煮干が780円、淡麗白醤油は680円です。売価からラーメン調理にかかる原価を引いた額が粗利になります。商品にもよりますが、粗利率は60~70%で、粗利額は一杯あたり400~500円ほどになります。

 ラーメンはスープ、麺、具材の組み合わせで成り立ちます。スープは煮干などの材料を煮込んで作るため、コストの内訳は材料費とガス代になります。麺は外注しており、仕入額が材料費です。

 チャーシューや味玉は低温調理機などで熱を加えるため、電気代とガス代がかかります。他にも、製造設備の減価償却費や調理を行う従業員に支払う人件費などが原価になります。

 そのため、人件費は販売担当者と製造担当者で分けて管理する必要があります。製造業の場合、電気代はオフィスや販売する店舗でもかかるでしょうから、メーターが分かれていなければ、製造にかかる部分と製造以外にかかる部分について按分することになるでしょう。

 ここからちょっと難しいかもしれませんが、重要な部分を説明します。

粗利を考える上で欠かせない変動費・固定費

 店舗経営に欠かせない会計には、「財務会計」と「管理会計」があります。財務会計は外部の利害関係者への報告を目的としており、管理会計は意思決定や業績評価に役立てるための社内向けの会計です。

 ここまで書いた「粗利」というのは、財務会計における損益計算書の一つの利益です。粗利を検討する上で必要な考え方が「変動費」と「固定費」です。

 生産にかかるコストは、生産量が増えるにしたがって増加する「変動費」と、生産量に関わらず発生する「固定費」に区分できます。原価計算基準には、両方の性質を持つ「準固定費」も規定されていますが、これを含めると説明が長くなるので、変動費と固定費に絞って解説します。

 変動費とは、ラーメンでいえば麺やスープなどの材料にかかる費用です。一杯作るごとに消費量が増え、仕入れコストもかかります。

 一方で、同じ製造原価でも、調理担当従業員の人件費はどうでしょうか。日給制や月給制の場合は、作るラーメンが100杯であっても、1000杯であっても、支払う金額は変わりません。ただし、店員に残業代を支払う場合は、稼働に応じて変動するため、変動費として管理することもあるでしょう。

 このように、生産に従ってコストが増減する項目を変動費、増減しない項目を固定費として取り扱います。

変動費……ラーメンをたくさん作れば増えるコスト(材料費など)
固定費……ラーメンをたくさん作っても増えないコスト(人件費など)

 売上原価は固定費と変動費で構成されますので、内容を把握し、管理することが重要です。

Photo_20201230164301 

営業利益とは

 営業利益は、粗利益から販管費(販売費および一般管理費)を引いて算出する利益です。販売員や事務員の人件費、事務所の賃借料、広告宣伝費などが販管費に含まれます。

 営業利益の計算には、本業以外で得た利益や、突発的に発生した事象による利益や損失は含まれません。本業以外の利益とは、利息や保険金の受取、突発的事象には事故や災害の被害による損失、使わない車両を売って得た利益などが該当します。

 営業利益は各段階利益のうち、銀行から融資を受ける際に最も注目される利益です。それは、定常的に発生する収益と費用だけが含まれることから、「会社の本業による収益力」を表すのに適した指標だからです。

 営業利益が毎年プラスで、現預金残高も減少していない場合は、ある程度経営は安定していると考えてもよいでしょう。

Photo_20201230164501

 

2020年12月29日 (火)

【羽生結弦】超絶演技で魅了✍5年ぶり<全日本フィギュア>5度目の優勝!㊦

 羽生結弦の美しさと強さが全選手にエネルギーを逆境のなかの圧巻の演技 

NumberWeb 2020年12月29日(火)11時11分配信/野口美惠(スポーツライター)

 2020年の総括ともなる全日本選手権が12月25-27日、長野のビッグハットで行われた。

 男子は羽生結弦が5年ぶりに王者を奪還し、宇野昌磨が2位。シニアデビューの鍵山優真も、ショート2位からの銅メダルで存在感を示した。コロナ禍での葛藤、北京五輪への夢、今季の引退、それぞれ悲喜こもごものドラマの詰まった3日間だった。

Photo_20201230083001

 男子は、羽生と宇野のトップ2選手が今季初戦。そこに17歳の鍵山がどこまで食らいつくか、という展開が予想された。そして蓋を開けてみれば、羽生の美しさと強さが、全選手にエネルギーを分け与えるような、圧巻の一戦だった。いま振り返れば、羽生の逆境力はこれまで何度も証明済みだったのだ。

地元の仙台で孤独に練習を続けていた

 羽生は昨季の世界選手権がキャンセルとなった後、トロントの拠点から帰国し、地元の仙台で孤独に練習を続けていた。新プログラム2つはリモートで振付をしてもらったものの、細かい振付は自分でやるような状況だった。

「毎日ひとりでコーチ無しで練習していました。悩み始めると負のスパイラルに入りやすいなと思いました」

 励まし合う仲間も、鼓舞してくれるコーチもいない。

「昨季の(2位となった)全日本やグランプリファイナルのこともあり、自分が成長していないんじゃないか、戦えなくなっているんじゃないか、という思いもあって、戦うの疲れたな、と思ったんです。辞めることはいつでも出来るな、と」

 悪い思考は、身体へと現れる。

「トリプルアクセルすら跳べない時期がありました。どん底の時期は、結構長くて、10月終わりくらいまでありました」

もうちょっと自分のために競技を続けてもいいのかな

 立ち直るきっかけになったのは、練習の合間に滑った2つのプログラムだった。

「(エキシビションの)『春よ、来い』と、(8~11歳の頃の)『ロシアより愛を込めて』のプログラムをやった時に、なんだかやっぱりスケートって好きだな、スケートじゃないと自分はすべての感情を出し切る事が出来ないな、だからもうちょっと自分のために競技を続けてもいいのかなって思ったんです」

 戦うためのアドレナリンが出始め、1つずつジャンプを取り戻していく。手探りのなか、11月24日のエントリー期限はやってきた。

ちょっとでも明るい話題になったら

「こういう(コロナ禍の)状況のなかで自分が胸張って試合に出るには、コーチを呼ぶべきではないと判断しました」

 ひとりで試合に臨むには不安もあったことだろう。しかし12月24日の公式練習初日に現れた羽生は、完ぺきなジャンプで、関係者を虜にした。回転軸が以前よりもさらに細くなり、すべてのジャンプを軽々と力を入れずに跳ぶのだ。回転を始める時に「ギュッ」から「キュッ」になったというイメージ。それは4回転アクセルを練習してきたことを裏付ける証拠でもあった。ジャンプ練習を見た時は、あくまでも成功率が上がったと感じていたが、その予想は良い意味でフリープログラムを見た時に裏切られることになる。

 まず25日のショートは、楽しさを伝えてくれるものだった。ジェフリー・バトル振付、ロビー・ウィリアムズのロック『Let Me Entertain You』は、観客も一緒にノッていけるナンバーだ。

「最初はピアノ曲を探していましたが、世界の状況を見ているなかで、ちょっとでも明るい話題になったら」という。

脚換えシットスピンが0点になった

 4回転サルコウとトウループを入れ、パーフェクトの演技ながら、103.53点。110点に近い数字が予想されるなか、失点の原因は、足替えシットスピンが「0点」になったことだった。

 これには、羽生が「レベルを獲るためのスピン」ではなく「観客を盛り上げるためのスピン」として内容を決めていたことに起因していた。

 羽生が得意とするイリュージョン(上体を下げて、逆立ちのような回転をする)の入り方は、本来なら「難しい入り方」でレベルを取れるが、1つ目のフライング・キャメル・スピンで難しい入り方をしているため、レベルを獲得できない。そこで、音楽の激しいメロディに合わせて、「難度姿勢4つ」を次々と変化させていくことでレベル4を獲ろうとした。

 しかも羽生はこのロックナンバーで「色々なものを加えて、全部が見所みたいな感じにしたい」と考えていた。イリュージョンの「カッコ良さ」もその1つだったのだろう。レベルを獲れないにもかかわらず残し、つまり「イリュージョン」+「難度姿勢4つ」という、まるで修行のような難しいスピンにしていたのだ。

 そして、ステップシークエンスに入る前には、観客席に手拍子を誘うシーンがあるため、早めにスピンを終わらせなければならない。本番の高揚感もあり、左足に換えたあとのシット姿勢での回転数が規定に足りず、結果として「0点」となってしまった。

 羽生の振付へのこだわりが生んだ失点と、見所満載の演技。それが新ショートのお披露目だった。

 れんかさんのツイより
 野口さんの記事、レベル構成間違ってる。
 テクニカルに確認してから記事にして欲しい。
 FCSpのバタフライとCSSpのイリュージョンは
 それぞれでレベルが取れる。確かに難度姿勢
 4つ入れてるがそのうちレベルを取ってるのは3つ。
 SFをわざと2種入れて、後の方を飾りで使うのは
 羽生さんのこだわりです。

 この構成はSEIMEIやレックレでも使ってたはず。
 長年取材してきたのなら覚えといて欲しい。

 またこの人は本人に確認もせずに自分で考えた
 ストーリーで記事を書いてるんだな。記者会見で
 質問できる立場にいたんだからライバルや希望の
 順位のことなんて聞かずにこれを質問すれば
 よかったのに。
 イリュージョンはレベル取りのためで、
 音楽表現のために無駄を承知で入れた
 技じゃないよ。ナンバーの記事!

風が舞い上がるような音の感覚があった

 そして26日のフリー『天と地と』で、新境地を見せる。

「すごく思い入れのある曲で、聞けばすぐに感情が入ります。自分で選曲して、編曲もかなりバージョンを作って、音自体にも意味が込められています」

 羽生がそう語るフリーは、単にジャンプの成功や高得点を目指すプログラムではなかった。こだわったのは、「音と合うジャンプの配置」だ。昨季は、得点を稼げる連続ジャンプを3つとも演技後半に持ってきていたが、このフリーでは中盤に入れた。理由を、こう説明する。

「プログラム全体をみたときに、前半のトリプルアクセルに連続ジャンプをいれた方が『見た目が良いな』と。琴の音から始まって、風が舞い上がるような音の感覚があったので、トリプルアクセルから両手を挙げる2回転トウループ(の連続ジャンプ)と、その勢いで3回転ループを跳ぶのが、一番『表現としてのジャンプ』になっていると思いました」

表現として完成できたところとは?

 そんな風に考えてジャンプを跳べる選手が、いったい、羽生の他にいるだろうか。彼にしか見いだせていない境地、戦いの美学が詰め込まれていた。羽生の心が、表現のために跳ぶという気持ちだったからだろうか。見ている側も、ジャンプを1つ1つ見守るというよりも、羽生と一緒に戦国時代へ旅をした、というような感覚になる演技だった。

 ジャンプはすべてパーフェクト。フリー215.83点、総合319.36点で、参考記録ながら今季の世界最高得点での優勝だった。

「何よりも、ジャンプを力なく、シームレスに跳べたということが表現として完成できたところです。自分自身も安心して、見ているかたも安心して見られる、自分本来の演技が出来ていると思います。トレーニングしてきたことのやり方は間違っていませんでした。さらにブラッシュアップして、もっと難しいジャンプに挑んでいきたいです」

 上杉謙信公への共感もあって演じるというこのプログラム。どう熟成させていくのか、次の演技が見たくてたまらなくなる4分だった。

こういう緊張感や、不安を、望んでいたんだな

 一方、久々の実戦となったのは、宇野も同様だった。スイスを拠点に練習し、エントリーしていたフランス杯や欧州での国際大会は次々と中止になるシーズン前半だった。

「次の試合に向けての練習ではなく、今の自分より良いモノをという気持ちで練習してきました」

 ショートは、冒頭の4回転フリップを美しく決め、2本目の4回転トウループはステップアウトとなった。

「皆さんの手拍子もあって『こんな感じが大会だよな』って思って1本目を降りることができて、ヨッシャーって思いました。2本目は、着氷で不安があり制御しきれませんでした」

 ミスが響き3位発進となったが、宇野は終始笑顔だった。

「こういう緊張感や、不安を、望んでいたんだなと思いながら滑りました。すごく楽しかったです。このような状況下で大会を開いて下さった方々、見てくださる方々、本当にありがとうございます」

宇野ああ僕の目標はここにあったんだ

 フリーも「楽しさ」は変わらなかった。冒頭の4回転サルコウと4回転フリップを成功。続く4回転トウループが3回転になると、挑戦さえ楽しんだ。

「あまりに綺麗に3回転を跳んだので、これも何かの縁だと思い、もう一回4回転トウループを跳ぼうと思いました」

 演技後半に4回転トウループを2度入れ、着氷。フリーは190.59点で、総合284.81点での銀メダルとなった。ただし羽生とは、35点近い点差だった。

「羽生選手は、練習で出来ていることを本番でやってのけるのは凄く大変なことなのに、簡単にやってのける。自分の目標となる選手が、すごく偉大な選手なんだというのを痛感して、嬉しくなりました。『ああ僕の目標はここに合ったんだ』と感じられた試合でした」

 そして17歳の鍵山にとっても、新たな経験が詰まった一戦だった。ショートは2種類の4回転を成功する。

「ショートにすべてを賭けようと、集中しました。1本も逃さない気持ちですごく緊張していましたが、落ち着いて滑ることができました」

190点と聞いた瞬間に、やべえって思いました

 演技後は、極度の緊張感が解けたことで、急に身体が震えだすほどだった。98.60点の高得点で、2位発進。フリーの滑走順は「宇野の後、羽生の前」という好位置につけた。

Photo_20201230203901

 そして翌日のフリー。氷に乗った瞬間、宇野の得点が耳に入った。

「嫌でも点数が聞こえちゃって、190点と聞いた瞬間に、やべえって思いました。去年3位だったので、去年より良い演技がしたいと思いました」

 重圧のなか、冒頭の4回転サルコウを成功。続く4回転トウループがステップアウトになると、2本目の4回転トウループを連続ジャンプにしてリカバリーした。全体でミスは2つあったが、「4回転3本、トリプルアクセル2本」のプログラムを演じ切り、フリー180.19点、総合278.79点での3位。22年の北京五輪へ、確実な一歩となる演技だった。

「去年とは違って、狙っての3位ということに満足しています。やはり、羽生選手、宇野選手の存在はまだ遠いなということを実感しました。一緒に滑ることができて凄く楽しかったですし、刺激になりました」

田中、佐藤、友野、山本、それぞれの北京五輪への道

 北京五輪の出場を目指すトップグループの男子も、渾身の演技を見せた。

 今季、怪我からシーズンをスタートさせた田中刑事は、フリーで4回転サルコウを取り戻し、238.83点で、意地の4位となった。

「(怪我からの)復帰へのステップとして全日本に照準を合わせてきました。もどかしい半年でした。今季はまだ跳ばなかった4回転トウループもありますし、来季は心身共にベストでもう一度戦いたいです」

 来季は、『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の曲で挑むという。必ずや男子フィギュアに新風を吹かせてくれることだろう。

 また大技の4回転ルッツを持つ佐藤駿にとっては、自らの大技に苦しめられたシーズンだった。全日本選手権では安全策をとり、4回転ルッツを回避したものの、ショートもフリーも、むしろ3回転ルッツでミスがでてしまった。

「来年こそ完成度の高い、ノーミスできる演技を目指します」

 才能溢れる16歳は、今がまさに伸び盛り。来季は、4回転ルッツを武器に怒濤の攻めを見せてくれるはずだ。

スケート人生で一番の努力をしてきた

 友野一希は、「スケート人生で一番の努力をしてきた」という仕上がりの良さで、練習での4回転サルコウが絶好調。ところが本番ではミスが出てしまい、223.16点での6位となった。

「努力をすべて棒に振る演技でした。試合で自分の強さを出していけるよう追求していきたいです」と話した。

 西日本選手権で優勝した山本隼太も、ショートは6位通過したものの、フリーでは力を出しきれず、総合9位に。

「最終グループに入りたいという気持ちで臨み、念願の最終グループで滑れて幸せな気持ちでした。今季は、怪我や病気がなかったけれど、違う不安や焦りがありました」と振り返った。

 北京五輪へのレースはここから、いくらでも逆転はある。1年後、成長した姿で戦うことをそれぞれが誓った。

日野、本田、涙の引退

 一方で、この全日本選手権がスケート人生最後と決めて臨んだ男達がいた。本田5人兄妹の長男である本田太一は、今回がラスト全日本。ショートはトリプルアクセルを降りて12位で通過し、フリーも力の限りで滑った。

「ショートは実力以上のものがだせた奇跡の演技。引退して社会人になっても、一生忘れないと思います。妹達に何を残せたかな。2日間の僕の演技が全てです。出し尽くせたと思います」と涙をぬぐった。

 本田の次の滑走となった日野龍樹も、「ラスト」のひとり。決めたのはショートで11位となった夜だったという。フリーも最後まで演じきり、11位を飾った。

「夜から今朝にかけて決めました。こんなもんっすよ、辞める時って。12回もこんな試合に出させていただいて光栄でしたし、今年は自分のなかでも満足度の高い全日本でした」

 演技後、リンクサイドに残って演技を見守っていた本田に気づくと、抱き合った2人。涙をぬぐうことなく、スケート人生を讃え合った。

 すべての選手がインタビューのたびに語ったのは、コロナ禍のなか試合を開催・運営してくださった方々への感謝。滑れること、そして演技を通じて感動を伝えることの偉大さを実感する3日間だった。去る者、何かを掴んだ者、失った者、それぞれの涙を胸に、次の一歩へと進んでいった。

Photo_20201229145101Photo_20201229145201

関連エントリ 2020/12/28 ⇒ 【特別読み物】追悼・なかにし礼(享年82歳)満州から逃げる列車の中で・・・・
関連エントリ 2020/12/27 ⇒ 【羽生結弦】超絶演技で魅了✍5年ぶり<全日本フィギュア>5度目の優勝!㊥
関連エントリ 2020/12/26 ⇒ 【羽生結弦】超絶演技で魅了✍5年ぶり<全日本フィギュア>5度目の優勝!㊤
関連エントリ 2020/12/25 ⇒ 【羽生結弦】“ノーミスなのに低評価”<全日本フィギュア>それでも✍SP首位発進。
関連エントリ 2020/12/24 ⇒ 【羽生結弦】Xmas参戦<全日本フィギュア>SP&FS✍新プロ投入!!

 天と地と俺と羽生結弦が語ったプログラム全容 

朝日新聞デジタル 2020年12月27日(日)0時35分配信

 フィギュアスケートの全日本選手権は26日、長野市のビッグハットで男子のフリーがあり、ショートプログラム(SP)首位の羽生結弦(ANA)がフリーでほぼ完璧な演技を見せ、参考記録ながら自己ベストとなる215・83点をマーク。合計319・36点で5年ぶり5度目の優勝を決めた。「今のコロナ禍という暗い世の中で、自分自身がつかみ取りたい光に対して手を伸ばしたっていうような感じだった」と語った。

 新プログラムは、戦国大名の上杉謙信と武田信玄が戦った「川中島の戦い」を取り上げた大河ドラマ「天と地と」がテーマ。演技後、「選曲自体は、自分がやっている。選曲自体も編集も、かなり、かなり、バージョンを作ってやった。音自体にもすごい(思いが)込められている。ただ僕は音楽家ではないので、やっぱりスケートと合わせた上での、ものになっているのかなという風な思いはある」とこだわりを明かした。

 演技もほぼ完璧だった。冒頭の4回転ループで3・60の出来栄え(GOE)加点を得る美しいジャンプ。続く4回転サルコーも4・16点のGOE加点を得た。

 演技後半も4回転―3回転の2連続トーループは18・87点、4回転トーループからの3連続ジャンプで19・39点を稼いだ。最後は得意のトリプルアクセル(3回転半)も高く幅のあるジャンプだった。ステップで一つレベルが3になっただけで、技術点は118・61点。演技構成点は5項目全て9点台をマークし、97・22点だった。

 

 

2020年12月28日 (月)

【特別読み物】追悼・なかにし礼(享年82歳)満州から逃げる列車の中で・・・・

追悼・なかにし礼毒蝮三太夫男が惚れるような男

スポニチアネックス 2020年12月26日(土)13時54分配信

立川談志さんが付けたの芸名も

 タレントの毒蝮三太夫(84)が26日、TBSラジオ「ナイツのちゃきちゃき大放送」(土曜前9・00)にゲスト出演。23日に心筋梗塞のため82歳で亡くなった作詞家で直木賞作家のなかにし礼さんのエピソードを語った。

 毒蝮は「なかにし礼さんよく存じ上げてるの。礼さん礼さんって言ってね。いい男だよ、二枚目。女性からも人気あるよね」としみじみ。「男がほれるようないい男だった」とその生きざまを表現した。

 さらに「なんとなく話が合ってね、よく食ったり飲んだりしたこともある」として、なかにしさんは「(立川)談志の弟子だったんだよ。落語が大好きだった」と回顧。談志さんがつけた芸名は立川礼談房(れいだんぼう)」だったと明かし、「礼さんが嫌がって…名乗らなかったんで、世間で知られないで終わっちゃった」と語った。

 「落語が好きで粋なところがあったのよ。歌の歌詞とは全く正反対のユーモアとか諧謔(かいぎゃく)とか洒落っ気があった」と思い出を述懐。「惜しい方、素晴らしいセンスを…生きていてほしかった」となかにしさんをしのんだ。

 追悼・なかにし礼こだわり作詩家作詞家 

日刊スポーツ 2020年12月26日(土)8時01分配信

「北酒場」「石狩挽歌」などの作詞家で、直木賞作家のなかにし礼(なかにし・れい)さん(本名中西礼三=なかにし・れいぞう)が23日午前4時24分、心筋梗塞のため都内の病院で死去した。82歳だった。

 なかにし礼さんとは90年代半ばに、テレビ朝日系の情報番組「ワイド! スクランブル」で、一緒にコメンテーターを務めたことがあった。控室で新聞用語の話になったことがあった。

 なかにしさんに「新聞は作詩家ではなく、作詞家と書きますよね。いつからですか」と問われたことがあった。明確な時期は答えられなかったが「歌の場合は詞で、ポエムの場合は詩と使い分けています」と説明した。会話はそれで終わったが、その後、なかにしさんが詩と詞にとてもこだわっていることを知った。

 なかにしさんはインタビューで「詩は限りなく音楽に近いけど、音楽なしでもひとり歩きできるもの。詞は限りなく言葉に近い音楽」と話しているのを知った。自分の答えがなんと稚拙だったか恥じた。

 そして歌詞に何を求めるかに関しては「自己表現です。作品は作者に一番似ている。作品そのものが作者の肖像画であり、似顔絵なんです」。日本屈指の表現者の隣に、コメンテーター然として座っていた自分自身を恥ずかしく思う。

Photo_20201228183901

 追悼・なかにし礼満州から逃げる列車で母は自分で逃げ生きなさい」… 過酷な人生を襲う心臓発作と食道がん「書き残すべきことを次の世に 

yomiDr. 2020年12月25日(金)11時10分配信/斉藤勝久(ジャーナリスト)

一病息災

 「港町ブルース」「北酒場」など多くのヒット曲を世に送り出した作詞家で直木賞作家のなかにし礼さん(82)が23日、死去しました。若い頃からの心疾患、2012年には食道がんが見つかるなど、病と向き合い続けた人生を、6年前の取材に語っています。

 「天使の誘惑」「今日でお別れ」「北酒場」。レコード大賞を3回受賞した売れっ子の作詩家だった。

 作家に転身して直木賞を受賞。執筆やコメンテーターとしての活躍を続ける。根底には、浮き沈みの激しい過酷な人生体験があった。その苦労から、心臓は発作を繰り返す。食道がんが見つかると、心臓の負担を考え、手術をしないで治す選択をして病魔と闘った。

 満州(現中国東北部)の旧ソ連国境に近い牡丹江で1938年(昭和13年)に生まれた。北海道・小樽から4年前に渡ってきた一家は造り酒屋を始め、裕福になっていた。「中国語やロシア語なども使って、他国の子供たちと遊んでいました。日本とは違って、軍国少年にはならなかった」

 45年8月、ソ連軍の侵攻で、生活は一変。母、姉との逃避行が始まった。現地を出る最後の軍用列車にまぎれ込んだが、ソ連戦闘機が迫ってきた。

 家族で逃げようとすると、母は「ここに隠れていなさい」と座席の下に潜り込ませ、自分は別に逃げた。列車は機銃掃射に襲われ、車内で多数の軍人が死んだ。戻ってきた母は惨状を見て、幼い息子に「これからは母さんの言うことも信じてはいけない。自分で逃げ、生きなさい」と諭した。

 「母のあの言葉に目覚めて以来、自分で考え、決断していくようになった。今も変わりありません」

27歳で激しい心臓発作

 母、姉と恐怖の逃避行。行けども行けども、日本人の死体が転がっていた。終戦後の1年余、ハルビンで物売りをして暮らした。

 再会した父はソ連軍に連行され、2か月後に帰ってきた時は健康を害し、間もなく死亡。満州(現中国東北部)で資産家だった父の全てを失い、1946年(昭和21年)秋、引き揚げ船で帰国した。

 北海道・小樽の父の実家で、新しい生活を始めた。学徒出陣して戦死したと思われていた兄が、復員。次々と無鉄砲なことを始め、一家を何度も混乱させる。

 兄は借金してニシン漁に手を出し、失敗。担保の実家を失った。この悲しい体験は、後に作詩した「石狩挽歌」の元となる。

 親類を頼って青森市に移り住んだ。小学校では「満州、満州」といじめられた。7年後、兄の住む東京に。しかし、兄とけんかして家を飛び出し、アルバイトをして食いつないだ。

 19歳の時、シャンソン喫茶で働いた。フランスの流行歌が好きになり、フランス語学校に通い、歌手に頼まれて訳詞を始めた。

 4年遅れで大学に入り、最初の結婚。新婚旅行先のホテルで偶然、声をかけられた俳優の石原裕次郎さんから、人生を変えるアドバイスを受けた。「日本の歌を書きなよ」

 2年後、27歳で作詩家活動に入る矢先、突然の激しい心臓発作に襲われた。

誤診に遭い心筋梗塞に

 27歳の心臓発作には、原因があった。「これからの人生をどうはばたいていくか、悩んでいたのです」。歌謡曲の作詩を始めようとしていたが、妻は夫が翻訳家や大学教授への道に進むことを希望した。この溝は離婚に発展していった。

 45日間入院した病院で誤診にあった。「若者が心臓発作を起こすはずがない。これは自律神経失調症だ」と。心臓の薬は与えられず、効かない薬ばかり飲まされた。その結果、後でわかったが左心室が壊死えしし、心筋梗塞になってしまった。

 作詩家としてデビューし「知りたくないの」「恋のフーガ」などヒット曲を連発した。しかし、心臓発作が続き、何度も救急車で運ばれた。

 ようやく、心臓病の主治医が見つかった。しかし、ヒットメーカーの弟を食い物にする兄の借金の肩代わりに、何度も苦しめられた。評判を落とし、再起不能とまで言われた。そのたびに心臓の薬をなめながら、「時には娼婦しょうふのように」など起死回生の名曲を発表していった。

 人生の恩師、石原裕次郎さんの生前最後の歌「わが人生に悔いなし」など、訳詞を含め約4000曲を作詩。だが、昭和が終わると作詩への意欲が消えた。

 1992年(平成4年)、54歳で再び大きな心臓発作に襲われた。意識を失い、目覚めるまでの8時間に臨死体験もした。

赤くただれた腫瘍 転移も

 激しい心臓発作で、死ぬと思ったが、生き返ることが出来た。これを機に、人生でやり残していた「作家」になることを決意した。

 書いてみたいことが、たくさんあった。「まず、満州(現中国東北部)体験。100万人を超える満州からの引き揚げ者がいたのに、その実情を伝える本格的な小説はほとんどなかった」

 しかし、作詩家から作家への転身は、簡単ではなかった。「100メートル走のランナーがマラソンを走る感じ。7年ほど世間との連絡を絶ち、多くの小説を読み直して懸命に勉強しました」

 2作目の「長崎ぶらぶら節」が、2000年に直木賞を受賞。翌年には満州からの引き揚げ体験を描いた「赤い月」を出版した。「満州の語り部」ならではの作品だった。

 心臓病の方は、信頼できる医師とも巡り合えて、大きな発作はなかった。しかし、12年2月、のどの不快感と、むかつき、嘔吐(おうと)感に悩まされるようになった。

 胃カメラ検査の結果、食道がんが見つかった。4センチぐらいの赤くただれた腫瘍で、初期ではなく、ステージ2の後半と診断された。食道近くのリンパ節への転移が始まっていた。

 自覚症状はあった。2、3か月前からの、のどの違和感に加え、口臭や声のかすれを感じることがあった。「自分だけは、がんにならないと思っていたが……」

 「死」が頭をよぎった。

「陽子線治療」自分でたどり着く

 見つかった食道がんは、発症1年3か月と推定された。精密検査を毎年3月に受けてきたが、前年は東日本大震災があった。大きな被害を見て、自分の健康に一喜一憂する後ろめたさも感じ、検査を受けなかった。早期発見の機会を逃した。

 コメンテーターをしていたワイドショーで、病名を公表し降板した。4人の医師が異口同音に手術を勧めた。しかし、持病がある心臓は健常者の約半分の能力しかない。手術には耐えられそうになかった。

 手術を促す医師に、手術をしないと「余命半年」だと示唆された。手術も仕方ないか、と思うこともあった。だが、満州(現中国東北部)逃避行での母の言葉がよみがえる。「だれも信じてはいけない。自分で生きなさい」

 自問した。「自分の命の問題なのに、いつから聞き分けのいい大人になったのか。自己主張して、すべて自分で決め、新しい世界を切り開いてきたのに」。がん治療の“常識”に抵抗して、自分で治療法を見つけると決意した。

 夫婦でインターネットで調べ、たどり着いたのが先進医療の「陽子線治療」だった。放射線治療の一種だが、エックス線と違い、病巣に効率よく照射できるので、副作用が少ない。患部以外のダメージを抑えることができるので、心臓に不安があっても治療はできる。

 「これだ」と確信した。

「夢の治療」で腫瘍が消えた

 聞き慣れない「陽子線治療」の病院に朝一番で電話した。食道がんはこの治療の適用対象に明記されていなかったが、面談した主治医は「完治をめざしましょう」と言ってくれた。

 まず、心臓病の主治医の病院と連携して抗がん剤治療を行い、食道の腫瘍を半分に縮めた。この後の陽子線治療は1回30分。初めの25分は食道の動きなどの計測が行われ、最後の5分間、患部に陽子線が照射された。これを6週間で計30回。

 全工程が終わり、1か月後の検査で腫瘍が消えたのが確認された。2012年秋、半年ぶりに仕事を再開、コメンテーターを務めるテレビ番組にも復帰した。

 「夢の治療」といわれるが、実施施設は全国で約10施設。普及しないのは理由がある。医療機器が1基約80億円で、健康保険の対象にならない先進医療のため、患者の自己負担が約300万円かかる。欧米ではこの倍近い負担だという。

 「多くの人が高いと言うが、自分の命に値段をつける気にはなれない。この治療を早く健保適用にして、実施病院を増やすよう、国が努力すべきです」

 がんから生還し、我が国の行く末がいっそう気になってきた。言うべきこと、書き残すべきことを、きちんと次の世に伝えていこうと誓っている。

評伝 なかにし礼 心臓病と闘いながら、多彩な分野でヒット作品連発

nippon.com 2020年12月28日(月)18時10分配信/斉藤勝久(ジャーナリスト)

「天使の誘惑」「今日でお別れ」「北酒場」で作詩家としてレコード大賞を3回受賞し、直木賞作家でもあった、なかにし礼さんが2020年12月23日に亡くなった。82歳。多彩な分野でヒット作品を連発したが、その根底には浮き沈みの激しい人生体験があり、その苦労で20代から心臓の病とも闘い続けていた。

満州で逃避行中、母の諭しで目覚める

 筆者は6年前の2014年5月、なかにしさんを取材した。聞きたかった少年時代の満州(現中国東北部)の話を詳しく語ってくれた。インタビューは闘病記を書くために2時間程度という予定だったが、「どうぞ、なんでも聞いてください」と1時間の延長を許してくれた。

 なかにしさんは1938年(昭和13年)、旧ソ連国境に近い牡丹江で生まれた。一家は北海道・小樽から4年前に移り住み、造り酒屋として裕福になっていた。「中国語やロシア語なども使って、他国の子供たちと遊んでいた。日本とは違って、軍国少年にはならなかった」

 しかし、45年8月、ソ連軍の侵攻で、生活は一変し、母、姉との逃避行が始まった。ソ連戦闘機が迫ってきたので母と別れて逃げた。「これからは母さんの言うことも信じてはいけない。自分で逃げ、生きなさい」と諭す母の言葉で、なかにし少年は目覚めたという。この言葉は生涯、何度も思い出すことになる。

 ハルビンまで逃げ、避難民として1年余、まだ7、8歳の少年は物売りを続けた。父は亡くなり、資産をすべて失って、引き揚げ船で日本に帰国。貧しい生活から解放され、空は晴れ、見知らぬ祖国に帰れる喜びが、後に「恋のハレルヤ」の歌になる。

 北海道の父の実家で暮らしたが、復員した兄が一家を何度も混乱させた。借金をしてニシン漁の投機に手を出した兄が、失敗して担保の実家を失う。この辛い体験が、後のヒット曲「石狩挽歌」の元となった。

 親類を頼って移り住んだが、小学校では「満州、満州」といじめられた。兄が住む東京に来たものの、兄とけんかして家を飛び出し、シャンソン喫茶で働いた。フランス語学校に通い、歌手に頼まれた訳詞をした。それでお金を貯め、4年遅れで大学に入った。

 最初の結婚で新婚旅行中に、ホテルで偶然、俳優の石原裕次郎から声を掛けられ、「外国の歌より、日本の歌を書きなよ」と勧められたのが転機となった。

27歳で誤診のため心臓に病魔

 だが、27歳で作詩家活動に入る矢先、突然、激しい心臓発作に襲われた。これからの人生に悩んでいたのが原因だ。入院した病院の医師が「自律神経失調症」と誤診したため、効かない薬ばかり飲まされ、左心室が壊死して心筋梗塞になった。それ以後、長い間、心臓に病魔を抱えることになった。

 デビュー曲は「知りたくないの」。有名な歌い出しの「あなたの過去など知りたくないの」について、なかにしさんは「周りから、歌詞に『過去』という言葉は聞いたことがない。変更しろ、と迫られたが、絶対に譲らなかった」と語っていた。なかにし流のユニークでしゃれた歌詞はその後、持ち味になっていく。

「恋のフーガ」「今日でお別れ」「グッド・バイ・マイ・ラブ」などヒット曲を連発したが、心臓発作で何度も救急車で運ばれた。人気が出た弟を食い物にする兄の借金の肩代わりにも苦しめられ、評判を落とし、再起不能とさえ言われた。心臓薬をなめながら、起死回生となる「時には娼婦のように」、恩師、石原裕次郎の生前最後の歌「わが人生に悔いなし」を発表した。

 訳詞を含め約4000曲を手掛けたが、昭和が終わると作詩への意欲が消えてきた。1992年、54歳で再び大きな心臓発作に襲われた。目覚めるまでの8時間に臨死体験もした。生き返ったことを機に、人生でやり残した「作家」になることを決意した。

「作詩家の仕事が短距離の100メートル走なら、マラソンを走るのが作家」と覚悟した。7年ほど世間との連絡を絶ち、多くの小説を読み直して懸命に勉強した。98年の第1作は兄との確執を描いた自伝小説「兄弟」。いきなり直木賞候補となり、翌年の「長崎ぶらぶら節」で直木賞を受賞した。

 2001年には、満州からの引き揚げ体験を元にした「赤い月」を出版した。「100万人を超える満州からの引き揚げ者がいたのに、その実情を伝える本格的な小説はなかった。守ってくれると信じていた関東軍は一足先に逃げ出し、本土が食糧難だから帰ってくるなと言われ、苦労して帰国したら引き揚げ者と差別された『棄民』(政府によって切り捨てられた自国民)がいたことを、作家として書きたかった」と力を込めて語っていた。

自分で見つけたがんの治療法

 その後も順調に著作を続け、テレビのコメンテーターとしても活躍したが、12年に、のどの不快感などから食道がんが見つかった。医師は手術を勧めたが、持病がある心臓は手術に耐えられないと直感した。

 医師からは、もし手術をしないと「余命半年」と言われた。迷う中で、満州での逃避行の時の母の言葉がよみがえった。「誰も信じてはいけない。自分で生きなさい」

 がん治療の“常識”に抵抗して、自分で治療法を見つけることにした。インターネットで調べ、先進医療の「陽子線治療」にたどり着いた。放射線治療の一種だが、病巣だけに照射できるので、患部以外のダメージを抑えることができる。これなら、心臓に不安があっても大丈夫と判断した。健康保険の対象外だったので高額負担となったが、治療がうまく進み、半年後に仕事が再開できるまでに回復することができた。

 がんからの生還後は、「我が国の行く末がいっそう気になってきた。言うべきこと、書き残すべきことを、次の世に伝えていく」と誓い、精力的に活動を続けた。しかし、15年にがんの再発を公表。20年に入り、持病の心臓疾患が悪化して、入退院を繰り返していた。死因は心筋梗塞だった。

多才にして気遣いの人

 筆者は6年前に取材して別れ際、なかにしさんから「この本も、記事を書くのに役立つかも」と、自著「兄弟」をいただいた。大変、参考になったことは言うまでもない。6回の新聞連載を読んだなかにしさんから「大変素晴らしい記事にして下さって ありがとうございます。」というファクスもいただいた。

 また、取材の前日には、なかにしさんの方から確認と、「あすはよろしく」という趣旨の丁重な連絡をいただいた。なかにしさんは大ヒットメーカーにして直木賞作家のおごりがない、気遣いの人だった。筆者はこれが多くの人に好かれ、「いい男」だと言われる理由だと思ったのを覚えている。

 コロナ禍で、将来の針路を語ってほしかった一人が逝ってしまったことが悲しい。

Photo_20201228183701

関連エントリ 2020/12/24 ⇒ 【羽生結弦】Xmas参戦<全日本フィギュア>SP&FS✍新プロ投入!!

 羽生結弦を支えるパワースポット「長田神社特製お守り身につけ、いざ全日本選手権へ出陣  

東スポWeb 2020年12月25日(金)5時15分配信

 パワースポットが幸運をもたらすか――。フィギュアスケート男子で五輪2連覇を達成した羽生結弦(26=ANA)が、今季初戦となる全日本選手権(25日開幕、長野・ビッグハット)へ必勝態勢で臨む。新型コロナウイルス禍で開催される今大会、羽生は葛藤の末に出場を決めたという。歴戦の王者にとっても全てが未知数だが、今回は力強い援軍がある。どんな時も支えてくれた〝神様〟が近くで見守っているのだ。

 久々に公の場に姿を見せた王者は、銀盤で汗を流すと「僕にとって久しぶりのことだったので、楽しい感覚もありました」とかすかな笑みを見せた。新プログラムには注目を集める人類初のクワッドアクセル(4回転半ジャンプ)は入れず、来年3月開催予定の世界選手権(スウェーデン・ストックホルム)の代表枠を意識。「この試合を必須として、出なくてはいけない。僕自身の希望を何とかつなぐために出させていただいた」と決断に至った経緯を明かした。

 とはいえ、出場には苦悩がつきまとった。今季は新型コロナウイルス禍のリスクを回避して、グランプリ(GP)シリーズを欠場。「現状、いわゆる第3波と言われる波が来ている状況で僕が出ていいものか。かなり葛藤がありました」。さらには「悩み始めると、どうしても自分の負のスパイラルに入りやすい」と自己分析しつつ「その中でうまくコントロールするすべだとか、一人だからこそ深く分析したりとか」と考えを巡らしてきたという。

 そんな羽生にとって、今大会は絶好の開催地となった。会場のビッグハットから南東へ約6キロ。長野市若穂川田には強力なパワースポット「長田神社」がある。縁もゆかりもない土地柄の神社に出会ったのは2014年ソチ五輪の前のこと。知人を介して同神社のお守りをもらうと金メダルを獲得した。その後も定期的にお守りを作ってもらい、練習や遠征、試合の時はいつも身につけてきた。以来、羽生の栄光と挫折をすべて見守ってきたのだ。

 湯本正通宮司(70)は「彼は常に自分の力を信じているが、勝負には運も必要。自分が100を出しても、相手が110を出せば負ける世界。だから彼は運も強く信じるのです」と話す。湯本宮司によると、羽生は神様が見える脳に入ってくると口にしてるようで、自分を見失いかけた15年GPファイナルスペイン・バルセロナでは長田神社のご神木の神様が『大丈夫』って言う声が聞こえたと不思議なパワーを受けて優勝したという

 いまやファンの間でも「聖地」として知られるほど有名になったが、今回はその〝お膝元〟での開催。長田神社に出合ってから長野で行われた大会は2戦2勝だから心強い。

Photo_20201228202101Photo_20201228202001

 今大会前、羽生は現在の願いを神社に伝え、それをもとに特製のお守りを作ってもらったという。「自分を信じて、楽しく滑れば必ず金が取れると伝えました」(湯本宮司)。運を引き寄せ、ライバルだけでなくコロナという強敵にも打ち勝つ。

 

2020年12月27日 (日)

【羽生結弦】超絶演技で魅了✍5年ぶり<全日本フィギュア>5度目の優勝!㊥

 羽生結弦FS最高傑作」上杉謙信演じた“300点超”海外識者絶賛 

THE ANSWER 2020年12月27日(日)13時33分配信

全日本選手権で5年ぶり5度目の優勝

 フィギュアスケートの全日本選手権は26日、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位だった五輪連覇王者・羽生結弦(ANA)が合計319.36点をマーク。新プログラム「天と地と」を演じ、2015-16シーズン以来、5年ぶり5度目の優勝を果たした。圧巻の演技には海外識者からも「最高傑作」「とてつもないハート」などと注目が集まっている。

 新プログラムでの演技、得点が海の向こうにも衝撃を与えている。羽生は煌びやかな装飾が施された青の衣装をまとって登場。冒頭の4回転ループを鮮やかに着氷して勢いに乗ると、その後も優雅で力強い滑りを披露した。ジャンプは最後の3回転アクセルまで危なげなく、最後は両手を高く上げてフィニッシュ。万雷の拍手に、丁寧に礼をして応えた。

 戦国武将・上杉謙信が主役のNHK大河ドラマを基にしたフリー演目で快演。SPに続く新プログラムで、合計得点は300点を超えた。今季初戦を終えた羽生に対し、海外識者からも称賛の声が上がっている。

Photo_20201228085801

 米大手放送局「NBCスポーツ」のコメンテーター、ニック・マクカーベル氏は自身のツイッターを更新。「ユヅル・ハニュウが並外れたフリーで5度目の全日本選手権優勝。チームと離れ、日本で何か月も過ごしていたが、とてつもないハートを見せた」と精神力の強さを称賛していた。

 また、欧州衛星放送局「ユーロスポーツ」で解説を務めるマッシミリアーノ・アンベシ氏は高得点に着目しつつ「いまや彼の持つ記録の数を忘れてしまった。なぜなら、あまりにも多くの真の傑作があるからだ!!!」とツイッターで興奮気味に絶賛。米名物記者のジャッキー・ウォン氏もSNSで「ユヅル・ハニュウが、マオ・アサダやデニス・テンのように同じ曲のセットで2パートのプログラム(SP+FS)を演じること。それは最高傑作になるだろう」と注目している。

 留まるところを知らない羽生の演技。海外でも絶賛の嵐となっているようだ。

 羽生FS演技王者の威厳」「永遠に残る海外メディアも酔いしれる 

THE DIGEST 2020年12月27日(日)18時03分配信

 長野市のビッグハットで開催中の全日本フィギュアスケート選手権は12月26日、男子フリーが行なわれ、ショートプログラム(SP)首位の羽生結弦(ANA)が215.83点、合計319.36点をマークし、5年ぶり5度目の優勝を飾った。

 新プログラムで臨んだオリンピック連覇中の絶対王者は、演目『天と地と』で大河ドラマの荘厳な音楽に乗って氷上を舞い、冒頭の4回転ループを皮切りに、4回転サルコー、トリプルアクセル+2回転トゥループ、3回転ループと立て続けに着氷する安定ぶりを見せ、後半も4回転トゥループのコンビネーションなど、精度の高いジャンプを次々に成功させた。

Photo_20201228085701

 王者の貫録を見せつけた羽生。コロナ禍の影響で拠点のカナダに渡れず、単独での練習を余儀なくされた他、喘息にも苦しめられるなど厳しい状況に置かれた試練の1年を明るく締めくくる完璧な演技は、世界中の見る者に深い感銘を与えたようだ。

 アメリカ3大ネットワークのひとつ『NBC』は「引退も考えていた羽生が5度目の全日本タイトル獲得」と報じ、現役時代で最も長いブランクを経ての最初の大会だったこと、その間の心の迷いを羽生自身のコメントとともに伝え、4連覇(2012~15)以来の優勝で宇野昌磨の連覇(4)を止め、高橋大輔に優勝回数で並んだことを綴った。

 そして同メディアでコメンテーターを務めるニック・マッカーベル氏は、自身のSNSに「羽生は何か月も彼のチームと離れていた後、この週末に信じられないハートの強さを見せた」と投稿している。

 また、フランスの通信社『AFP』が「見事なカムバック」と、その満点演技での復活劇を称賛すれば、アメリカのスポーツ専門局『Eurosport』は「並外れた勝利」と題した記事で、「王者の威厳を見せた」「歴史上最も偉大なスケーターが5度目の優勝」と綴り、さらに以下のようにも賛辞を送った。

Photo_20201228085601

「五輪のマルチ王者によるシンプルに優れたプログラムは、すでにエクセレントなレベルにあり、この競技の歴史に永遠に残る運命にある」

 世界中のファンからも、SNSを通して「想像以上の出来だった」「おかえりなさい、ユヅル!」「なんと美しい!」「傑出したスケーター」「うっとりする」「最高のクリスマスプレゼントだ」「もっと高い得点をつけられてもいいはず」「やはり天才!」「コロナ対策で観客は拍手だけだったけど、歓声が許される環境でもう一度見たい」など、実に多くの声が寄せられた。

 多くの人々が待ちわびた復帰戦での圧巻のパフォーマンスで話題を独占した羽生。威光を放ち続ける26歳への世界の注目度と期待度は、再び急上昇している。

 羽生FS演技「永遠に」「暗い世界に中国人ファン熱狂 

東スポWeb 2020年12月27日(日)13時47分配信

 永遠に神です。フィギュアスケートの全日本選手権(長野・ビッグハット)、男子で5年ぶり5度目の優勝を果たした羽生結弦(26=ANA)に、熱狂的ファンが多い中国では、大絶賛の嵐だ。

Photo_20201228085301

 各メディアやファンサイトでは羽生の演技が事細かに報じられた。「完璧! 永遠に神」「暗い世界に、明るい光を灯してくれた」「日本の(会場の)ファンのみなさん、すごいです。よく声を出さないよう堪えましたね!」「新型コロナ禍で1人で練習してきたのに、完璧で素晴らしい」と感激のコメントが続々。

 新型コロナ禍の出場に心配する声もあったが、羽生の願い通り、海の向こうでも多くの人が圧巻の演技に心を癒されたようだ。

 【世選代表発表会見】羽生結弦どう進化させていくのか 

スポニチアネックス 2020年12月27日(日)23時29分配信

 フィギュアスケート男子で5年ぶりに全日本選手権を制した羽生結弦(ANA)が27日、世界選手権(21年3月、スウェーデン・ストックホルム)の代表会見に出席した。

 ――代表入りした感想を

 「世界選手権代表に選ばれました、羽生結弦です。今回、世界選手権の代表というのは、やっぱり全日本の王者として行く世界選手権になると思いますので、しっかりと日本代表として、まずは、まあいろんな世の中の情勢ありますけれども、まず日本代表の日本人の1人として、胸を張ってその試合で行動できるようにしていきたいな。その上でいい演技もしっかりとやって、もちろん北京オリンピックに向けての枠も懸かってくると思いますし、全力で自分の役割をまっとうしたいなと思っています」

 ――世界選手権は初めて海外勢と闘う。自分のライバルになりそうな選手、目指す順位は

 「はい、まあ、一緒に闘ってみないと実際分からないというのが正直なところです。もちろん基準も、ある一定のフィギュアスケートのルールっていうのはある程度、基準はありますけれども、実際に闘ってみないとその場の空気感とか、その場のリンク、または点数の出方、もちろん基準がまた違ったりもしているんで。まあ、その場にいないと分からないところは、実際に単純に比較はできないとは思っています。え~、まあ、そういう意味でたぶん全日本っていうのは公認記録になっていないわけですし。で、今回グランプリシリーズ、スケートアメリカとか、まあカナダとかいろいろなくなってしまいましたけれども、でも、それでもう、今回はグランプリシリーズの点数をISUは公認しないと言っているんで。それは単純に比較するものではないと思いますし、僕自身が出したこの318でしたっけ、5でしたっけ、8くらいか、もやっぱ公認であるわけではないので。そこを単純に比較して、自分自身が今、勝っているとか、自分自身がこの順位に立ちたいとか、そういう気持ちは今とりあえずはないです。ただ、もちろん、ネーサン選手の動向はもちろん気になっていますし。ただ、僕自身がやること、僕自身がレベルアップしていきたいことはそれだけじゃなくて、やっぱり4回転アクセルだったりとか、そもそも、このプログラム自体をどういう風に進化させていくのか、深めていくのかということが大切なんで、まずはそこが一番大事かなと思っています」

Photo_20201228093301

 ――初出場の鍵山へのアドバイスは

 「はい。さっきあの、気になる選手いますかとか、どういう風な順位目指したいですかって質問されていた時に、すごいなんか鍵山が自分の気持ちに嘘つこうとしていたんで。(鍵山の方を振り返りそういうことはいらないよって。僕はやっぱり、彼の強さはその負けん気の強さだったり、向上心だったり、勢いだと思っているんでもちろん、それだけでは勝てないかもしれないけど、だけど、そこが今の一番の武器なんで。そこは大事に大事に。僕が世界選手権初めて出て、銅メダル取れた時はもちろん、自分にとってものすごく大きな分岐点でもあった年と、もう、そのシーズン自体がすごく大きな分岐点になったことがあったんですけどやっぱりあの時の演技は一生、忘れていないですし、あの時のエネルギッシュさとか、あの時にしかできない勢いだったりとか、そういうものであそこの順位に行けたと思っているんですよだから(鍵山は)全日本でも優勝したいって言っているくらいなんで、その気持ちは嘘つかないで欲しいし、しっかりその気持ちを胸に頑張って欲しいなって僕は思っています」

 ――まだまだスポーツの大会は先行きの見通しが立っていないが、スポーツが持つ力をどう考えるか、その上で世界選手権ではどのような演技をしたいか?

 「もちろん今回まあ、全競技が終わった上でやはり、全選手できる限りの感染対策をし、あの、もちろん、フィギュアスケーターの中では新型コロナにかかってしまって、あの、まあ今ロシアの、えーっとナショナル、全ロシア選手権とかもやっていたりしますけれども、その中でやっぱり苦しんでしまって出られなかった方とか、逆にそれから復活して頑張っている子とか、もちろんいろいろいると思うんですね。ただ、僕らアスリートとしては、やっぱり後遺症っていうのがある限りは、感染してはいけないと思いますし、それを広げる若い世代にもなってはいけないと思うんです。それは僕たちの責任だとすごく思っています。なので、僕たちアスリートがまずは感染しない、それがなによりも一番だと。で、今回僕は全日本を、まあ僕がその立場かは分からないですけど、総括して考えてみた時に、選手たち一人一人がもちろんキスアンドクライですぐにマスクをつけて頑張って感染防止をしている選手たちもいましたし、そういう姿を見て、これからも頑張って自分自身も気を付けていこうとか、今回会場に来て下さった方々も含めて、ずっと感染防止に努めてくださっている方が非常に多く見られたっていうのが何よりも良かったと思います。あの、もちろん、イベント開催ということに関しては、競技会も含めてですけど、やっぱりフィギュアスケートってエンターテイメントな部分がかなり大きいと思っているので。そういうことに関しては感染拡大のリスクは、やっぱりあるとは思うんです、ただ、これを見た時に、これをきっかけに、これからさらに感染が拡大しないように気を付けようっていう風に思ってくださる方がたくさんいらっしゃったのが、僕は本当にあの、全日本選手権、全日本フィギュアスケート選手権っていうものが開催されてよかったなと思うのと同時に、これから世界選手権がどうなるか分かりませんけれども、僕らこのメンバーでしっかりとその姿を、世界にも、日本にも見せていかなきゃいけないんだなっていう風に思っています」

Photo_20201228085401

羽生結弦紀平梨花来春世界選手権日本代表決定

東スポWeb 2020年12月28日(月)0時36分配信

 フィギュアスケートの全日本選手権(長野・ビッグハット)終了後、日本スケート連盟は世界選手権(来年3月、ストックホルム)の代表を発表した。

 男子は羽生結弦(26=ANA)、宇野昌磨(22=トヨタ自動車)、鍵山優真(17=星槎国際高横浜)、女子は紀平梨花(18=トヨタ自動車)、坂本花織(20=シスメックス)、宮原知子(22=関大)と、全日本上位3人が選ばれた。

 アイスダンスは小松原美里(28=倉敷FSC)&ティム・コレト(29、小松原尊)組が選ばれた。

Photo_20201228080201

 紀平梨花4回転成功連覇ばないと次にめない 

スポーツ報知 2020年12月28日(月)6時00分配信

フィギュアスケート 全日本選手権 最終日(27日、長野・ビッグハット)

 女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位の紀平梨花(18)=トヨタ自動車=が4回転サルコーを初めて成功させた。日本女子では安藤美姫以来2人目。国際スケート連盟非公認ながら、154・90点、合計234・24点と、ともに自己ベストを上回り、2連覇を達成した。ライバルのロシア勢は数種類の4回転ジャンプを駆使する。目標とする22年北京五輪金メダルへ大きな武器を手に入れた。

 緊張感高まる最終滑走で、紀平は自らを追い込んだ。「今回跳ばないと、次に進めない」。強い決意で挑んだフリー冒頭、美しいピアノの旋律に乗り、流れるように4回転サルコーを決めた。GOE(出来栄え点)は驚異の3・19点を引き出す、完璧なジャンプ。演技後、にこっと笑って控えめに両手でガッツポーズした。「北京五輪に向かって、4回転を決めたい思いがすごい強かった。一歩進めた」と、ほほえんだ。

Photo_20201228091701

 試合で4回転サルコーに初挑戦した19年GPファイナルは転倒した。1位コストルナヤ、2位シェルバコワ、3位トルソワのロシア勢が独占し、表彰台まで16・71点の大差をつけられた。ロシア3人娘への雪辱を期した今季はコロナ禍で、出場予定だったGPフランス杯(11月)が中止に。試合がない中「モチベーションの維持が難しかった」というが、4回転サルコーへの気持ちは消えなかった。「意識するのはロシアの選手。もっともっと難易度の高い4回転を跳んでいる」。頭の中には常にライバルの姿があった。

 今季からスイスを練習拠点とし、2005、06年世界選手権覇者のステファン・ランビエル氏に指導を受け、脚力の強化に着手。1日1時間以上のメニューを週に4日こなし「毎日筋肉痛」と悲鳴を上げながらも、確実にジャンプは進化した。空き時間には男子で五輪連覇の羽生結弦の「世界一美しい」と評価される4回転サルコーをひたすらビデオでチェック。成功のイメージを描き続け、美しいジャンプを追い求めてきた。

Photo_20201228075901

 紀平にとって20年最初で最後となった大会で、連覇と日本女子2人目の4回転ジャンプ成功という偉業を成し遂げた。「満足している。決めたいと思っていた4回転サルコーがきれいに決まって、すっごいうれしい」と喜んだが、すぐに気を引き締めた。かつて「優勝を目指したい」と話した北京五輪に向けて「まだ課題があって、10点くらいもっと高い点数を出せる」と成長を決意。鉄壁として立ちはだかっていた打倒ロシア勢へ、紀平が大きな武器を手に入れた。

  4回転ジャンプ 6種類あり、一番基礎点の低いものから、トウループ(9.50点)、サルコー(9.70点)、ループ(10.5点)、フリップ(11.0点)、ルッツ(11.50点)、アクセル(12.50点)。ISU公認大会では、02年のジュニアGPファイナルで4回転サルコーを決めた安藤美姫が女子初の成功者。18年頃からジュニアで複数の4回転を操る選手が現れ、ロシアのトルソワは13歳でトウループとサルコーを成功。18年にはルッツも決めた。シェルバコワも4回転ルッツを跳ぶ。リュウ(米国)は14歳で女子初のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)と4回転ルッツを同時成功した。19年には当時19歳のエリザベト・トゥルシンバエワ(カザフスタン)が世界選手権史上初となる4回転サルコーを決めた。

Photo_20201228074401

 露選手権女子上位3人圧巻ノーミス演技!シェルバコワ3連覇達成!

THE DIGEST 2020年12月27日(日)6時30分配信

重鎮タラソワ氏は彼女たちこそ世界と絶賛

 間違いなくロシアの、そしてフィギュアスケートの歴史に残る、選手たちの闘いぶりだった。

 現地時間12月26日、ロシア国内の選手たちで行なわれるロシア選手権の第3日が開催され、女子のフリースケーティングが行なわれた。

 前日に行なわれたショートプログラムを終えて首位に立ったのは、3連覇を狙う16歳のアンナ・シェルバコワ。2位にはカミラ・ワリエワ(79・99点)、3位にダリア・ウサチョワ(76・72点)、4位にアレクサンドラ・トゥルソワ(75・76点)、5位にエリザベータ・トゥクタミシェワ(73・56点)という結果になっていた。

 最終グループはSP6位のエリザベータ・ヌグマノワから始まり、次にトゥクタミシェワが登場。新型コロナウイルスに感染したと報じられてから初めての復帰戦となった。体調不良のためにフリーは棄権するのではというニュースも流れたが、堂々登場。フリー130.69点、総合204.25点とした(最終結果7位)。

 そして、次に登場したトゥルソワが圧巻の演技を見せる。冒頭で4回転ルッツ+3回転トゥループを難なく降りると、間髪入れずにもう一度4回転ルッツを着氷。その後、ダブルアクセルを2本続けて決め、3回転ルッツ+ループ、3回転フリップ+オイラー+3回転サルコー、3回転ルッツといったジャンプを全て成功させた。力強い『ロミオ&ジュリエット』をノーミスで滑り切り、170・61点を叩き出し、総合246・37点で首位に躍り出る。

 会場が熱狂に包まれるなか、その後に登場したワリエワも4回転ジャンプ2本をクリアする、完璧な演技を見せる。4回転+2回転トゥループ、4回転トゥループに続き、3回転ループ、2Aと着氷し、3回転ルッツ+トゥループ、3回転フリップ+オイラー+3回転サルコー、3回転ルッツをスムーズにこなし、こちらもノーミスで174・02点。総合254・01点でトゥルソワを抜き去る。

Photo_20201228073601

 そして追われる立場のシェルバコワが登場。リンクサイドや会場の限られた観客も息をのんで見守るなか、肺炎から復帰したばかりの女王が底力を見せた。冒頭4回転ルッツ、4回転フリップを決め、3回転フリップ+トゥループ、2A、3回転ルッツ+ループ、3回転フリップ+オイラー+3回転サルコー、そして締めの3回転ルッツは両手を挙げてジャンプ。ステップやスピンも乱れることなく、流れるような動きで演技を終えた。

Photo_20201228074301Photo_20201228074601

 演技を終えて涙を浮かべ、エテリ・トゥトベリーゼコーチと固く抱き合ったシェルバコワは、フリー183.79点、総合264.10点という高得点で同大会3連覇を果たした。

 結果、1位シェルバコワ、2位ワリエワ、3位トゥルソワの上位3人が4回転ジャンプ2本をクリアし、8位までが200点超えという非常にハイレベルな戦いが繰り広げられた。ロシアフィギュアスケート界の重鎮タチアナ・タラソワ氏は、「トップ3の女子選手全員が素晴らしいスケーティングを見せた。彼女たちこそ世界であり、匹敵する存在はいないように思えた。これこそロシア選手権であり、最高にユニーク」と称えている。

Photo_20201228074201

関連エントリ 2020/12/29 ⇒ 【羽生結弦】超絶演技で魅了✍5年ぶり<全日本フィギュア>5度目の優勝!㊦
関連エントリ 2020/12/26 ⇒ 【羽生結弦】超絶演技で魅了✍5年ぶり<全日本フィギュア>5度目の優勝!㊤
関連エントリ 2020/12/25 ⇒ 【羽生結弦】“ノーミスなのに低評価”<全日本フィギュア>それでも✍SP首位発進。
関連エントリ 2020/12/24 ⇒ 【羽生結弦】Xmas参戦<全日本フィギュア>SP&FS✍新プロ投入!!

 

2020年12月26日 (土)

【羽生結弦】超絶演技で魅了✍5年ぶり<全日本フィギュア>5度目の優勝!㊤

 ゾーン入り込んだ羽生結弦5年ぶり5度目優勝 

スポーツ報知 12月26日(土)23時29分配信

◇ フィギュアスケート 全日本選手権 第2日(26日、長野・ビッグハット)

 男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位から出た五輪連覇の羽生結弦(26)=ANA=が、215・83点をマークし、SPとの合計319・26点で、5年ぶり5度目の優勝を果たした。2位は、SP3位から出た18年平昌五輪銀メダルの宇野昌磨(23)=トヨタ自動車=で190・59点、合計284・81点。SP2位から出た17歳の鍵山優真(星槎国際高横浜)はフリー180・19点、合計278・79点で昨年に続き、3位表彰台入りした。

Photo_20201228101601

 羽生の主な一問一答は次の通り。

 ―振り付けのこだわりは。

 「まあ、全部ですね(笑い)。どれ一つ欠けてもこのプログラムは成り立たないと思うので、ジャンプをシームレスに飛べたのが一番表現として完成できた、よかったところと思っています」

 ―それが表現の大事な柱?

 「そうですね、だからこそ、昨日みたいな演技はちょっと粗削りだと思いますし、魅せたい気持ちはもちろんあるんですけど、ジャンプ飛べたぜ、やっほーい、ウエーイみたいな感じじゃなくて、もっとロビー(・ウィリアムス)だったら、もっとスマートに、もっと余裕のあるロックだと思うんですよね。それが表現できていないと思ったので、もっと何か余裕がある、イカしたものにしたいというのが昨日を終えての反省点です(笑い)」

 ―フィニッシュから数秒間、何が見えていたのか。

 「特に何を考えていたわけではないんですけど、ただ、すごくいろんな力をもらえたと思いますし、戦い抜けたなと思って、そこにすっと立っていたという感じですかね。何かを見ていたというわけではなくて、むしろ自分が違うところから見ていた感覚だった

 ―この大会の意味は。

 「僕自身の望みというか、うん…個人的意見なので、貫いていいのかという葛藤もすごく今もあるが、世界選手権があるのであれば、そこに少しでも近づいておかないと今後に向けて難しいなという思いがすごくあったので、今のコロナ禍という暗い世の中で自身がつかみ取りたい光に手を伸ばしたという感じでした」

 羽生結弦、新フリー「天と地と」で自己新V世選代表決定 

デイリー 2020年12月27日(日)7時30分配信

 新型コロナウイルス禍のために今季初戦となった羽生結弦(26)=ANA=が前日のショートプログラム(SP)に続いて1位の215・83点をマークし、合計319・36点で5年ぶり5度目の頂点に立った。同じく参考記録ながらスケートアメリカで世界王者のネーサン・チェン(米国)が出した299・15点を超える今季世界最高得点をマーク。日本スケート連盟の選考基準を満たして、世界選手権(2021年3月・ストックホルム)の代表に決まった。

Photo_20201228153101

 両手を天へと突き上げたフィニッシュポーズのまま羽生は静止し、その余韻に浸った。「戦い抜けたな」-。その後右手で「1」をアピール。5年ぶりに全日本の頂点へと返り咲いた。「去年、だいぶ悔しかったんで。リベンジできて良かった」。ISU非公認ながら、フリーの自己ベストを2・84点“更新”。“今季世界最高点”をマークした。金メダルとともに、誇らしげな笑顔が輝いた。

 冒頭の4回転ループをはじめ、3種4本の4回転を着氷。中でもサルコーは4・16点の加点を引き出した。表現力を表す演技構成点は10点満点をつけるジャッジが続出。異次元のスコアが並んだ。

 和楽器の軽やかな音色が響く中で表現したのは、戦いの神様と恐れられた上杉謙信を描いた大河ドラマ「天と地と」。最強武将と自身を重ねた。「戦いへの考え方や美学、犠牲があることへの葛藤…。悟りの境地まで行った上杉謙信公の価値観と似ている」。自ら選曲し、編曲もこだわったプログラムで、過去の自分を超えた。

 1年前、GPファイナルでチェン(米国)に、全日本では宇野に敗れた。「自分が成長していないんじゃないかとか、だんだん戦えなくなっているんじゃないかとか、そういう思いがあって。戦うの疲れたなって思ったんです、一瞬」。競技を離れることも考えた。

 コロナ禍での練習でも「どん底」を経験した。一人で練習や振り付けを組み立てる難しさ、周囲の期待、夢の4回転アクセル-。重圧に頭がパンクした。「一人だけ、ただただ暗闇の底に落ちていくような感覚の時期があった」。得意のトリプルアクセルすら跳べなくなった。全てを投げ出したかった。

Photo_20201228095501

 その中、かつて演じた「春よ、来い」と「ロシアより愛を込めて」を滑ると、見失いかけていた感情が心に宿った。「やっぱスケート好きだな」。そして「スケートじゃないと自分は全ての感情を出し切ることができないな」。逃げずに戦い抜いたからこそ、頂点に立つ達成感や充実感を再び味わえた。

 全日本の優勝で、21年3月の世界選手権(ストックホルム)代表に内定。コーチ不在の中、自身と向き合い乗り越えた、たくましい羽生結弦が、心のそこからの笑顔で勝利の喜びをかみしめた。

Photo_20201228095601
Photo_20201228095901
Photo_20201228100001

欧州解説者大絶賛傑作だ!羽生魅せた新フリー

THE DIGEST 2020年12月27日(日)6時01分配信

 12月26日、長野市ビッグハットで開催されている「全日本フィギュアスケート選手権」の男子フリーが行なわれ、ショートプログラム(SP)首位の羽生結弦が圧巻のパフォーマンスを披露し、5年ぶりの頂点に輝いた。

 前日のSPに続き、フリースケーティングも新プログラムで臨んだ。演目『天と地と』では、戦国武将・上杉謙信が主人公の同名歴史小説を原作とする、大河ドラマの音楽を採用した26歳。水色を基調とした煌びやかな衣装を纏い、三味線や琴など和のテイストが盛り込まれた曲に乗せて優雅に氷上を舞った。冒頭の4回転ループを成功させると、4回転サルコー、トリプルアクセル+2回転トゥループ、3回転ループと立て続けに着氷する安定ぶり。後半も4回転トゥループのコンビネーションなど、精度の高いジャンプを次々に成功させ、王者の貫録を見せつけた。

Photo_20201228091101

 演技が終わると、会場からは万雷の拍手。見事215・83点を叩き出し、合計319・36点で5度目の大会制覇を成し遂げた。

 10か月ぶりの実戦で圧倒的な存在感を放った五輪チャンプに対して、海外メディアも手放しで称賛だ。欧州衛星放送局『EUROSPORT』で名解説者として鳴らすイタリア人、マッシミリアーノ・アンベシ氏は次のように賛辞を贈った。

「まさしく傑作だった! 朝の練習で初めて『Heaven and Earth(天と地と)』を聴き、どんな演目かと楽しみにしていたが、素晴らしいとしか言いようがない。4つの4回転を含めてすべてのジャンプがパーフェクト。全体を通して空気のように軽やかに舞ったユヅル・ハニュウは、“明確な道”を切り開いたのである。どのエレメントも正確に、自信を持ってやり遂げた。この傑作を観たすべての人びとに、幸福な感情をもたらしたのだ」

 2日間を通して、初公開のプログラムとは思えないクオリティーを披露した羽生。来年開催予定である世界選手権への切符を手にした。なお合計284・81点の宇野昌磨が2位、合計278・79点の鍵山優真が堂々3位に入っている。

 中野友加里「一人だけ異次元。歴史に残る」羽生が魅せた新フリー 

スポーツ報知 2020年12月27日(日)9時36分配信

 フィギュアスケート女子で06年四大陸選手権銀メダリストの中野友加里さん(35)が27日未明、自身のYouTubeチャンネル「フィギュアスケーター中野友加里チャンネル」上で、全日本選手権男子フリーの解説動画を公開した。

 優勝した羽生結弦(ANA)は「天と地と」をテーマに、戦国大名の上杉謙信を演じて舞った。「文句なしの優勝だった。音色とスケーティング動作が合っていて、音楽の細部まで拾っていた。一人だけ異次元の戦い。歴史に残る名演技だった。王者の強さを見せつけられた」とうなった。

 冒頭の4回転ループから、完璧な演技を次々と披露していった。「4回転ループは、下りた後に失速してしまいがちなジャンプ。スピードに乗り、流れるような演技につなげたのは、羽生選手が本来持っている4回転ループだった」と評価した。

Photo_20201228100401

 22年北京五輪プレシーズンで、確かな存在感を示した五輪2連覇の絶対王者。「コロナ禍で、ショート、フリーともに新しい曲で挑んでくるという心意気にも頭が下がる。世界でもトップになれる演技。北京五輪につながってくる演技だった」と賛辞を惜しまなかった。

 紀平梨花(トヨタ自動車)らが出場予定の女子フリーは、27日に行われる。

宇野昌磨全日本5連覇夢散も「ユヅ君は僕の目標

デイリー 2020年12月27日(日)7時30分配信

 男子は羽生結弦(26)=ANA=がフリーで215・83点を出して前日のショートプログラム(SP)に続いて1位となり、合計319・36点で5年ぶりの優勝を果たした。5連覇を狙ったSP3位の宇野昌磨(23)=トヨタ自動車=は2位に終わった。

 史上3人目の5連覇を狙った宇野は、3種類4本の4回転を決めフリー190・59点、合計284・81点。最終滑走の羽生には届かず5連覇は逃した。

 自身の演技終了後、リンクサイドで羽生のフリーを見届けた宇野は、メダリスト会見で、改めて羽生への思いを口にした。ゆづくんの演技を見て、こんなにも差があったんだと思った。失礼な発言になってしまうかもしれないんですけど、すごくうれしかったです。僕の目標がゆづくん。これはどの大会ではなく、多分目標がゆづくんなんだなと思いましたし、すげ~なあって思いながら見させて頂きましたし、ほんとにうれしかったです」と語った。

 不安があった4回転サルコーを決め、3回転になったトーループを後半でリカバリーするなど成長を見せた。演技後はピョンピョンとはねて抑えきれない喜びを表現した。それでも「僕にとって今日の演技はいいものだったが、羽生選手にとっては今日の演技はいつもどおり。それくらい僕と羽生選手との差はある」と脱帽した。

 1年前に制した羽生の進化を目の当たりにした。「久しぶりにユヅ君と一緒の試合に出て、僕の目標がここにあったんだなと感じられた」と言う。「うれしかったというのは失礼かもしれないけど、また頑張ろうと思った」。コロナ禍の中で行われた特別な全日本。「とてもいい試合になった。自分で言うのもあれだけど、僕もその一部になれたんじゃないかな」と笑った。

 村上佳菜子「全ての面で進化を遂げていた」羽生が魅せた新フリー 

中日スポーツ 2020年12月27日(日)6時05分配信

 優勝した羽生選手の演技は本当に素晴らしいものでした。全ての面で進化を遂げ、見る人の心を動かすプログラム。現役生活をともにした同い年の私も刺激をもらいました。

 今まで以上にジャンプとジャンプの間が濃密な構成になっていました。ジャンプ前後のステップやターンが演技点や出来栄え点に影響しますが、今季のプログラムは跳ぶ直前や直後、つなぎの部分まで“技"が入っている。それだけジャンプに自信があるからですし、実際に成功させて、多くの加点をもたらしていました。

 体力面の不安も杞憂でした。昨年の全日本選手権では後半に失速してのジャンプの失敗がありましたが、今年は最後まで勢いが止まらず、体全体で演技をしていました。コロナ禍の影響で試合がなかったことが、彼にとってはむしろ自身の課題や練習内容を見つめ直す「プラスのきっかけ」になったのだと思います。

Photo_20201228122401

 近年は故障との戦いでしたが、一方でサルコーやトーループの4回転ジャンプは年々安定感が増しています。羽生選手が挑むこれからの試合で披露する演技に目が離せません。

 宇野選手は大会5連覇こそ逃しましたが、序盤の4回転トーループが3回転に抜けるミスがありながら後半で立て直した冷静さは次の試合にもつながると思います。SP2位から1つ順位を下げた鍵山選手は羽生選手や宇野選手に食い込みたいという思いが滑りに出ていたように見えました。ですが、彼にとってこの経験は必ず次につながる大会だったと思います。今回の全日本選手権男子も見応えのある試合でした。

羽生結弦掴み取りたい光ばすことが出来た

中日スポーツ 2020年12月27日(日)6時05分配信

 男子フリーはショートプログラム(SP)首位の羽生結弦(26)=ANA=がフリー1位の215・83点をマーク。合計319・36点で5年ぶり5度目の優勝を果たし、来年3月開催予定の世界選手権(スウェーデン・ストックホルム)の代表を内定させた。大会5連覇を狙った宇野昌磨(23)=トヨタ自動車=は合計284・81点の2位だった。

Photo_20201228100501

 新型コロナウイルス禍に試行錯誤しながら孤独に練り上げたフリーの新演目は、王者をさらなる進化へといざなった。この日のフリー215・83点は非公認ながら、ルール改正後の自己最高点。2019年グランプリ(GP)シリーズ・スケートカナダでマークした自己最高212・99点を上回った。

 「つかみ取りたい光に手を伸ばすことができた」

 光とは来年3月開催予定の世界選手権(ストックホルム)だ。「試合でしか得られない達成感がある」。競技者は試合があって初めて苦しみを乗り越えられる。五輪王者もそれは同じだった。

 この日はロックスターになりきり会場を盛り上げたSPとは一転、呼吸するのを忘れさせるぐらい、言葉通りの息をのむ圧巻の演技を披露した。水色と白を基調とした和装に身を包んだ羽生は冒頭の4回転ループを着氷すると、続く4回転サルコーではGOE(出来栄え点)を4点台に乗せた。琵琶の音にぴたりと合わせた細やかな動きでも観衆を魅了した。

 「ジャンプをシームレスに跳ぶことができてよかった」。納得したのはよどみなくジャンプを跳び、NHK大河ドラマ「天と地と」の世界観を演じ切れたことだ。

 戦国武将、上杉謙信を描いた「天と地と」のクライマックスは、ビッグハットのある信州で繰り広げられた川中島の戦いだ。羽生自身もコロナ禍に孤独と戦ってきた。「これだけ長い期間、1人でやっていると悩みも増えた。でも1人で練習したから、人と何かでつながっていることも感じた」。天と地との次に「人」を思って演じたフリー。孤高の王者は周り支えを強く知り、一回りも二回りも成長した。

Photo_20201228094601Photo_20201228094901

 羽生結弦冬の五輪を考えている場合じゃない 

スポニチアネックス 2020年12月27日(日)5時30分配信

 羽生結弦(26=ANA)は来季に迫っている北京五輪について正直な思いを語った。「東京五輪ができてない今の状況の中で、僕個人の思いとしては冬の五輪を考えている場合じゃない、というのが僕の意見」とした。

 「僕にとっては競技の最終目標。そこで優勝したい気持ちも、もちろんある」と明かしながらも、世界を取り巻くコロナ禍の現状を踏まえて「僕個人としては最終目標である五輪を考えてはいけないというリミッターがかかっている。そこに向けてはシャットダウンしている」と語った。

 マッシリアーノさんのFBより「羽生結弦が再び歴史を書き換えた 

惑星ハニューにようこそ! 2020年12月26日(土)配信

 羽生結弦が全日本のフリープログラムでスタンディング・オーベーションに値する史上類まれな演技で決して消えることのない新たな歴史のページを書き記した。

 2度のオリンピックチャンプオンは4本の4回転ジャンプとアクセル2本を含む5本の3回転ジャンプを完璧に実施し、フリーでも自分自身を超えて大会を制した。

 長野2日目、彼は常に、いずれにしても技術点と演技構成点で最も高い得点を獲得し、演技構成点の各項目でも最も高い評価を得た。

 何よりも、全日本史上初めてフリープログラムで200点越え(215.83)、トータルスコアで300点越え(319.36)を達成した。

Photo_20201228101101

 今日の勝利で10回の大会出場で5度目の優勝を飾った。

 初出場は14歳になったばかりだった遥か遠い2008年まで遡らなければならない。

 今日まで全日本でより多く優勝したことがあるのは、本田武史(6回)、佐藤信夫(10連覇)だけである。

 数字はともかく、重要なのは身体表現と、彼が氷上に持ち込む至高のクオリティである。

 羽生結弦はその悠然とした佇まいの中で、同時にこの世のものとは思われなかった。

 全てのエレメントをまるで平凡なことのようにいとも簡単に実施した。

 シェイリーン・ボーンと協力して彼自身が振り付けた新しいフリープログラム「天と地と」は4分間、エネルギーを最適に配分できるよう研ぎ澄まされた知性によって構築されている。

 冴えわたった戦略の成果が初披露の演技から見られたのは偶然ではない。

 まとめると、我々は今日、本物の傑作を目撃した。フィギュアスケートの無比のチャンピオンのキャリアの中でもう何度目か分からないが。

 アイコン、いやこのスポーツのアイコンである。

Photo_20201228100701

 紀平梨花、氷上で“片手側転決めた”「衝撃的」「インパクト凄っ 

THE ANSWER 2020年12月26日(土)9時18分配信

全日本選手権女子SPで初披露、米記者も評価「片手側転はクールでした」

 フィギュアスケートの全日本選手権が25日に開幕し、女子ショートプログラム(SP)は前年女王・紀平梨花(トヨタ自動車)が79.34点で首位発進した。演技の最中に氷上で片手側転という珍しい技を披露。日本のネット上では「衝撃的」「たまげた」「インパクトが凄すぎる」などと反響を呼び、海外からも驚きの声が上がっている。

 日本のエースが驚きの技で釘付けにした。冒頭の3回転アクセルを成功させるなど、安定した演技を披露していた紀平。その終盤だ。ビールマンスピンからステップにつなぐ場面、さっと左手を氷につくと、その腕一本で体を支え、綺麗に側転を見せた。事前から注目されていた片手側転を見事に成功。フィギュアスケートでは珍しいシーンに会場からも拍手が起きた。

 ネット上では「インパクトが凄すぎる」「すごく感動」「美しすぎて惚れ惚れ」「たまげた」「片手側転を軽々と…バケモンだ」「衝撃的」「初めて見た」などの声が続々。また、海外でも話題に。米名物記者のジャッキー・ウォン氏は各選手の演技を講評したツイートの中で、紀平の片手側転についても触れた。

 演技については「彼女のプログラムの方向性を本当に気に入っています。まだ強度を高めることも可能に思えますが、プログラムには一貫性を感じ、最後まで流れるようでした」と評価。その上で「その中でも、片手側転はクールでした」と記しており、好感を持った様子だ。抜群の身体能力を誇る18歳が演じたシーンは大きなインパクトをもたらした。

Photo_20201228073301

関連エントリ 2020/12/29 ⇒ 【羽生結弦】超絶演技で魅了✍5年ぶり<全日本フィギュア>5度目の優勝!㊦
関連エントリ 2020/12/27 ⇒ 【羽生結弦】超絶演技で魅了✍5年ぶり<全日本フィギュア>5度目の優勝!㊥
関連エントリ 2020/12/25 ⇒ 【羽生結弦】“ノーミスなのに低評価”<全日本フィギュア>それでも✍SP首位発進。
関連エントリ 2020/12/24 ⇒ 【羽生結弦】Xmas参戦<全日本フィギュア>SP&FS✍新プロ投入!!

追記Photo_20210104105001Photo_20210104105301

 東京五輪開催へ コロナ対策切り札完結型PCR検査車に問合せ続々 

2021年1月4日(月)5時30分配信

 首都圏を中心に新型コロナウイルスの感染が拡大し、7月の東京五輪の開催が揺らぐ中、移動式PCR検査サービスが新たな感染予防策として注目を集めている。昨年11月から日本で初めて提供を始めたメレコム(横浜市)によると、日本選手権クラスのスポーツイベントや五輪の競技会場となっている自治体からも「テストケースとして使用してみたいとの問い合わせが相次いでいる」という。

 昨年12月23~27日に長野市で開催され、男子フリーで羽生結弦(26)が5年ぶりに優勝したフィギュアスケート全日本選手権でも、コーチや運営スタッフらに対して検査を実施した。大会関係者が滞在したホテルに停車していたのはトラックの荷台を改造したPCR検査専用の車両。臨床検査技師2人で手分けしてホテルで1人ずつ唾液を採取し、その後車内で検査。数百人は全て陰性だった。結果は、最短2時間で各自確認できるようになっていた。

 メレコムの中川隆太郎社長(36)は「スポーツイベントなどを実施する際のひとつの切り札になるのではないか」と説明。その理由について「一般的なPCR検査では結果が分かるまでに時間がかかる。検査を受けても、その間に感染してしまう可能性があり、そのリスクを減らすことができる」とした。

Photo_20210104105701

 検体を採取する車両はこれまでにもあったが、PCR検査の結果まで分かるのはこの1台のみ。1回あたり最大96人分の検査が可能で約2時間ほどで検査結果が分かる。1日で最大500人分が可能。昨年11月から運用を開始し、約2カ月で4回出動。計400人分の検体を検査し、これまでに陽性者は確認されていないという。中川社長は今後について「スポーツイベントに加えて、病院がないところや高齢者の多い地域などでも活用したい」と展望を明かした。

 車両の普及には1台3000万円という価格が課題になる。同社も今後台数を増やすかどうかは未定。広報担当者は「アドバイスやノウハウなどできる限り技術を公開していく」と、他社の参入を促しながら全国展開につなげたいと期待を寄せた。

 ≪1検体1万~2万円≫移動式PCR検査にかかる費用は検体数によって異なるが、1検体あたり9800~2万2000円。これに500キロまでの出張料金20万円が加算される。価格は全て税別。

 

2020年12月25日 (金)

【羽生結弦】“ノーミスなのに低評価”<全日本フィギュア>それでも✍SP首位発進。

 羽生結弦SP103.53点…コーチ不在“1人キスクラ”で得点待つ 

中日スポーツ 2020年12月25日(金)16時26分配信

◇ 25日 フィギュアスケート全日本選手権第1日 男子SP(長野市ビッグハット)

 5年ぶりの優勝を狙う羽生結弦(26)=ANA=は最終組の26番目に登場。今季のSP曲でロックナンバー「レット・ミー・エンターテイン・ユー」を観客の前で初めて披露し、激しいビートに乗って軽快な演技を披露した。

 黒に金をあしらった衣装で登場した羽生は冒頭の4回転サルコーを何とか着氷すると、続く4回転―3回転の連続トーループはまとめ、最後のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)も決めた。演技の途中には手拍子で観客をあおるシーンもあった。

 羽生にとって今季初戦で試合は今年2月9日の四大陸選手権フリー以来320日ぶり。得点の103.53は、2月の四大陸選手権のSP111.82点、昨年12月の全日本選手権の110.72点よりも低かった。コロナ禍で1人で練習してきたという羽生はキス・アンド・クライも1人だった。

 首位発進の羽生結弦コロナ禍歓声なく残念」4年ぶりのロック曲 

デイリー 2020年12月25日(金)16時52分配信

 男子ショートプログラム(SP)が行われ、今季初戦となった五輪2連覇王者の羽生結弦(26)=ANA=は、SP103・53点をマークし、首位発進を決めた。初優勝を狙う鍵山優真(17)が98・60点で2位、5連覇を狙う宇野昌磨(23)=トヨタ自動車=が94・22点で3位につけた。

Photo_20201226171501

 初披露となったSP「レット・ミー・エンターテイン・ユー」。黒のライダースジャケット風の上着に、エナメル質な黒のパンツスタイルで登場。英国のスター歌手ロビー・ウィリアムスのアップテンポなロックナンバーに合わせ、力強い演技を見せた。腕を組んだポーズから演技を開始。4回転サルコー、4回転トーループ-3回転トーループ、トリプルアクセルとすべてのジャンプをしっかりと着氷させると、観客をあおる場面も。320日ぶりの勝負の銀盤で、健在ぶりを示した。

 羽生にとって、は16-17年のSP「レッツ・ゴー・クレイジー」以来となるロックプログラム。演技後は選曲の理由を明かした。

 「(振付師の)ジェフリー・バトルさんが選曲してくれて、ピアノ曲探していたんですけど、世の中の状況をみている中でやっぱり明るい曲の方がと。皆さん辛い中でもこうやって自分の演技をみていただいているので。明るい曲にしました」。振付には羽生のアレンジが存分に加えられた。

Photo_20201226085901

 コロナ対策のため、観客に許されたのは拍手のみ。会場と一体になることができる曲だけに、「正直、歓声が聞こえないのは残念だった」と話したが、「テレビやネットでみてくださる方はきっと声をあげているんだろうなと感じていたので。そういったものを感じながら演技をしていました」と、全力で舞を世界に届けた。

 羽生結弦まさかのスピン 0点』その訳は?

東スポWeb 2020年12月25日(金)18時21分配信

 フィギュアスケートの五輪2連覇の羽生結弦(26=ANA)が25日、全日本選手権(長野・ビッグハット)の男子ショートプログラム(SP)で約10か月ぶりの実戦演技を披露した。

 3本のジャンプをすべて決めて103・53点で首位スタートを切ったが、最後のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)の後のチェンジフットシットスピン(CSSp)が「0点」とジャッジされるハプニングがあった。

 会場で演技を見ていた元国際審判員の杉田秀男氏85110点を超えると思っていたので、おかしいなと思ったと漏らした。では、一体なぜ「0点」になったのか。

 改めて映像をチェックした杉田氏は「恐らく羽生選手は、つなぎのつもりでターンしたら、それシットツイズルをジャッジにスピンととらえられたのでは?と分析。確かに羽生はやや重心を落として2回ターン。これが「回転の足りないCSSp」して認定されたようだ。

 思わぬ〝落とし穴〟となったが、それでも首位というのはさすがだ。

 羽生スピン無価値02つの可能性 

日刊スポーツ 2020年12月25日(金)19時50分配信/小塚崇彦(プロフィギュアスケーター)

 羽生結弦の演技でスピンが「無価値」で0点と判定された。5要素目の「足を替えて座るスピン」が認定されなかったが、その理由を小塚崇彦氏(31)に推測してもらった。

1スピン前の動作がスピンと取られた21つの姿勢で2回転以上しなかった2つの可能性がある。

小塚氏 まず前提として、なぜ0点かは本人とジャッジしか知り得ません。公開がされないからです。僕も現役時代はよくジャッジに直接聞きに言っていました。それで理由が分かります。ですので、このスピンも可能性を探ります。

 焦点は演技後半に入り、トリプルアクセルを決めた後の場面。滑らかな着氷の余韻を生かすように、動作に入ったスピンだった。これが基礎点0点となった。

小塚氏 1つ目として、その直前の動きが座るスピンの動きと認定され、その後のスピンが、失敗したスピンの時間の埋め合わせと取られたかもしれません。

 羽生はしゃがんで片足でのターン(ツイズル)をしゃがんだ姿勢で2回行い、起き上がってからスピンに入った。このステップが今季から導入された「2回転を満たす基本姿勢が1つも無いスピンは、レベルが与えられず無価値となる」に抵触した可能性。

2つ目の可能性が回転不足。

小塚氏 スピンの最中に姿勢を変えますが、単一姿勢では2回転以上が求められます。これが1・5回転などと判断された。そして、姿勢が高かったことで、片足で座るポジションがカウントされず、無価値となった可能性で、こちらの方が有力です。いずれにしても本人が確認し、原因がわかれば今後は大丈夫。SPでは同時に、さすがの場面もありました。

 挙げたのは4回転-3回転の連続トーループ。

小塚氏 今日は着氷で後ろ体重になってかかとがひっかかり、乱れる(ステップアウト)選手が多かったです。全日本の気負いなども影響したかと思います。羽生選手も4回転で前傾姿勢になり、そのブレを直すために3回転が後ろ体重になりました。それでも、氷に着く足と逆の足(フリーレッグ)をうまく使い、姿勢を保ちました。経験と技術を感じました。フリーではどんな演技を披露してくれるか、楽しみです。

 羽生スピン 0点問題レフェリーが見解公表 

東スポWeb 2020年12月25日(金)23時08分配信

 フィギュアスケートの五輪2連覇の羽生結弦(26=ANA)が25日、全日本選手権(長野・ビッグハット)の男子ショートプログラム(SP)で首位スタート。しかし、最後のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)の後のチェンジフットシットスピン(CSSp)が「0点」とジャッジされた。

 日本スケート連盟には問い合わせが相次ぎ、25日の競技終了後に日本スケート連盟は吉岡伸彦レフェリーの名義で以下の文書を公表した。

 他にもノーバリュー0点の選手があります

 採点の理由をお答えすると、その選手のみフリーの演技での修正が可能となり公平性にかけますので競技終了まではお答えできません

 現時点でお答えできることは、理由についてはISUテクニカルハンドブックの該当する箇所を読んで頂きたい、ということだけです

 競技終了後であれば、説明いたします(原文ママ)

 羽生結弦SP、海外識者「最高にエキサイティング!」「ステップの40秒は真のハイライト」 

THE DIGEST 2020年12月26日(土)5時36分配信

 冬季オリンピック2連覇中の王者が堂々の首位発進だ。

 12月25日に長野ビッグハットで開催された全日本選手権、男子ショートプログラム(SP)に登場した羽生結弦は「103・53点」をマーク。10か月ぶりとなる実戦の舞台で、アップテンポな新SP曲「Let Me Entertain You」に乗せ、会場を大いに盛り上げる。冒頭の4回転サルコーをなんとか決めると、4回転+3回転トゥループを見事に着氷。スピンがひとつだけ「0点」となるハプニングはあったが、優雅かつ力強い演技で観衆を魅了した。

 海外メディアもこぞって五輪チャンプの復帰戦を報じている。欧州衛星放送局『EUROSPORT』でフィギュアスケートの解説を担当するイタリア人、マッシミリアーノ・アンベシ氏は興奮気味に「最高にエキサイティング!」と絶賛した。

Photo_20201226085201Photo_20201226085602

「ユヅル・ハニュウが全日本選手権のSPで102・62点以上を出すのは4回目で、首位スタートは実に6回目だ。4回転トゥループ、トリプルアクセルをいとも簡単に決め、カウンターからのトリプルアクセルも素晴らしかった。スピンがノーレベルとなる場面はあったが、最高水準の技術点を叩き出したのだ。ネガティブな側面は横に置いて忘れ、良き、ポジティブなところを称えようじゃないか。40秒に及んだステップ・シークエンスは新SPにおいて最高にエキサイティングな出来栄えで、真のハイライトだった。完璧で特筆に値し、多彩で速く、オリジナリティーに溢れるものだったね」

 世界中のフィギュア・ファンが待望したプリンスの帰還。大注目の男子フリーは土曜日に開催される。

 羽生結弦SPIOC公式HP絶賛「決して錆びつくことはない 

THE DIGEST 2020年12月26日(土)5時10分配信

二度の五輪王者に輝く羽生の帰還を歓迎

 フィギュアスケートの全日本選手権が12月25日、長野市のビッグハットで開幕した。

 初日の男子ショートプログラムでは、今年2月9日に開催された四大陸選手権の男子シングルフリー以来、約10か月半ぶりに公式戦出場となった羽生結弦、宇野昌磨らが登場。今シーズン初の演技を、限られた観客の前で披露した。

 国内外で注目を集めた羽生は、第22滑走で登場。ロビー・ウィリアムスの『Let Me Entertain You』にのせ、金色のラメラインが印象的な黒のロックスタイルの新プログラムで氷上を舞った。

 冒頭の4回転サルコー、4ー3回転トゥループ、トリプルアクセルというジャンプ要素を難なく着氷し、ステップシークエンスでは観客の拍手を要求する動きなどもみせ、演技を終えた後は笑顔に。採点で5つめの要素である「CSSp(チェンジフットシットスピン)」が無得点となったが、103・53点を獲得し、SPを終えて首位に立っている。

Photo_20201226085701Photo_20201226085601

 二度にわたって五輪を制した王者の“帰還”を、オリンピック公式メディア『Olympic Channel』は「ハニュウis back! ロックをテーマにした新しいショートプログラムをデビューさせた」と興奮気味に伝えている。

「復帰後の羽生は、より観る者を楽しませてくれるスケーターだった。ロビー・ウィリアムスの曲にのせ、ゴールドの縁取りが施された光沢のある黒いジャケットを身にまとい、まさにその姿通りのパフォーマンスを披露した。演技を終えた彼は氷の中央で膝をつき、長野の限られたファンから、大きな拍手を浴びた」

 そして、こうも綴っている。

「新型コロナウイルスの影響のため、彼は2020年のトレーニングの多くを一人で過ごし、この日も採点を待つ間、キス&クライではくまのプーさんのティッシュボックスを持ち、ひとりで座っていた。それでもパンデミックの最中に帰国し、困難が多い自宅でのトレーニングに専念し、舞台に戻ってきた。その滑りは錆びつくことなく、さらに新しい姿で我々の前に現われたのだ」

 フリースケーティングは25日に行なわれ、羽生はSP3位の宇野昌磨、2位の鍵山優真に続く、最終滑走で登場する。SPに続き、新プログラム「天と地と」を披露する予定だ。

 羽生結弦「0点」なんの首位発進!卒論指導教授も絶賛 

東スポweb 2020年12月26日(土)5時15分配信

 自粛期間もプラスに変えていた――。フィギュアスケートの五輪2連覇・羽生結弦(26=ANA)が、約10か月ぶりの実戦となった全日本選手権初日(25日、長野・ビッグハット)の男子ショートプログラム(SP)で103・53点をマークして首位発進。今季は新型コロナウイルス禍でグランプリ(GP)シリーズを欠場しており、ベールに包まれた調整過程の中で、どんなことに力を入れてきたのか。

 約10か月ぶりの本番リンク。その感触をじっくり確かめるように、羽生は銀盤の中央に立った。

 SPの新プログラム「レット・ミー・エンターテイン・ユー」の軽快なロックナンバーに合わせ、冒頭に4回転サルコーを決めると、コロナ禍で大声が出せない観衆から手拍子が発生した。トーループの4―3回転のコンビネーション、後半のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)も着氷。この直後のチェンジフットシットスピン(CSSp)は回転数が足りずに「0点」とジャッジされるハプニングもあったが、首位発進を決めた。

 羽生は「テクニカルを全然伸ばし切れていない。しっかり修正しながら明日(フリー)に向けて頑張りたい」と反省点を挙げた。

Photo_20201226090101

 今大会もコーチ不在だが、ここまでの10か月間も同様で孤独との戦いだった。「毎日1人でコーチなしで練習した」と言いつつも「それでも僕にとってはスケートに集中できる環境」と決してネガティブにとらえなかった。

 中でも早大人間科学部(通信課程)の卒論作成は、自身に大きな影響を与えた。テーマは「3Dモーションキャプチャによる陸上でのジャンプの研究」。約2年間指導した西村昭治教授(60)は「自粛期間中が彼の卒業研究の一番のピークでした」と明かす。ひたすら勉学に励んだ時期の様子を「とても控えめで、人の言うことをよく聞き、咀嚼(そしゃく)してから答えを出す。必ず自分の中で整理がついてから返事をする。非常に慎重なところが印象的でしたね」と振り返った。

 研究では手首やヒジの関節、首、頭など最大32か所にセンサーをつけ、ジャンプの感覚を数値化。これによって別の角度から自分の演技を見つめ、より高い精度につなげてきた。その熱心さに西村教授は舌を巻く。

「他の子たちと違って、何か作業すると必ず何か1個、発見していく。例えば、ここでは外側で踏み切るから小指に重さがかかっているとか。結局、頭がいいんです」

 そんな研究を重ねてきた早大は9月に卒業。コロナ禍でもやるべきことにフォーカスしてきた王者は、スケーターとしての幅を広げ続けている。

 マッシリアーノさんのFBより「羽生結弦が全日本SP首位 

惑星ハニューにようこそ! 2020年12月25日(金)配信

イタリア時間の今朝早朝に行われた男子ショート
マッシミリアーノさんが光の速さにFBに投稿していました。

◇◇◇

 羽生結弦(103.53)は自身6度目の全日本ショート首位発進を飾った(正確には出場した大会で6回連続首位である)

 演技は長い期間を経て久しぶりの試合であることを考慮すると、非常に満足の行くレベルだった。

 ロビー・ウィリアムズのヒット曲「Let Me Entertain You」に乗せた新プログラムの傑出したポテンシャルは明白だは、幾つかの細部を磨く必要がある。

 前半、日本のチャンピオンは当然のことながら緊張しており、いつもほどスピードがない印象を受けたが、3アクセル以降はギアが上がり、完全に弾けた。

 演技のハイライトは間違いなくステップシークエンスである。音楽と完璧に同調し、多彩でスピードがあり、独創的だった。

 ジャンプに関しては、4サルコウと4トゥループ/3トゥループのコンビネーションは完璧に回りきっていたが、出が少し詰まり気味だった。一方、バックカウンターからの3アクセルは最高の技巧で実施されたにも拘わらず、不可解なことに満場一致の+5ではなかった。

 主な問題は最初の2つのスピンだった。

 フライングキャメルはいつもの実施のクオリティではなかった。一方、足替えシットスピンはノーレベルと判定され0点だった。

 この判定の理由について説明するのは難しい。

 このエレメントを何度も見返すと、レベル3だったかもしれない。

 確かに最後のポジションが短く、最初のポジションは少し高めだった。

 この件に関しては、判定した人間から是非理由を聞いてみたい。

 当然のことながら、エレメント直前のシットツイズルがスピンの開始と見なされたという解釈は信じがたい。

 なぜなら、もしそのようなタイプの判定が行われたのだとすると、今後、このような異質で危険で疑わしい判定に扉が開かれることになるからだ。

 いずれにしても羽生は技術点(56.21)、及び演技構成点(47.32)の各項目で最も高い得点を獲得した。

 2位は鍵山優真(98.60)、3位はコンビネーションのファーストジャンプ、4トゥループで転倒した宇野昌磨(94.22)である。

 フリーは明日、イタリア時間の早朝に行われる。

Photo_20201226085301

教え子トルソワの採点に💣プルシェンコ不満露「あり得ない」

THE ANSWER 2020年12月26日(土)16時33分配信

ノーミスも得点伸びず4位、キスクラで“ブーイングポーズ”を見せる

 フィギュアスケートのロシア選手権は25日、女子ショートプログラム(SP)で3連覇を目指す16歳アンナ・シェルバコワが80.31点で首位発進した。一方で優勝候補の一角、アレクサンドラ・トルソワはノーミスの演技だったが、得点が伸びず4位発進。キス・アンド・クライで“ブーイングポーズ”を見せたコーチのエフゲニー・プルシェンコ氏は「これはワケが分からない!」「他選手にはあり得ない点数がついた」と不満を露わにしている。

 予想外の得点に恩師は納得がいかなかったようだ。トルソワは冒頭の2回転アクセル、両手を上げた3回転フリップを着氷。さらに、こちらも両手を上げてルッツ―トウループの連続3回転も決めた。ステップ、スピンも含め、大きなミスなくまとめ、演技後は会場から大歓声。本人に笑みがこぼれ、リンクサイドで見守っていたコーチのプルシェンコ氏も満足げな表情で拍手を送った。

Photo_20201230064001

 ただ、得点は75.76点。すでに80点超えをマークしていたシェルバコワらに続き、この時点で3位に。演技構成点(PCS)は35.41点にとどまった。プルシェンコ氏は右手の親指を立てて下に向ける“ブーイングポーズ”で反応。得点に対する不満を表したようだ。最終的に順位は4位となった。ロシアのスポーツ紙「スポルトエクスプレス」は演技後のプルシェンコ氏のコメントを伝えている。

Photo_20201230063501
Photo_20201230063401

「『起きていることは――ナンセンスだ』 ロシア選手権でのプルシェンコ氏からのジャッジへの叱責」

 こう見出しを打って報じた記事によると、シェルバコワ、ワリエワ、ウサチョワというエテリ・トゥトベリーゼ氏の教え子3人に次ぐ4位となったことについて、プルシェンコ氏は「サーシャは今日とてもよく滑りました。3回転アクセルを跳ばなかったにも関わらず、シーズンにおける彼女のベストスケートだったでしょう」などと評価し、ステップについては過小評価されたと見解を述べた。

 一方で「少し過大に見積もりすぎた得点が他のスケーターに与えられたように思う」と主張。「今日、すでに多くのコーチや専門家と話をしました。上位を占めるスケーターたちの転倒やきれいに実施されていないスピンに対して、実際に途方もない得点がつけられているというテーマに関して、です。彼女たちに、理論上あるはずがない完全に違うレベルの得点がつけられていました」と語ったという。

 

2020年12月24日 (木)

【羽生結弦】Xmas参戦<全日本フィギュア>SP&FS✍新プロ投入!!

【全日本フィギュア】羽生結弦SPフリーとも新プログラム

日刊スポーツ 2020年12月24日(木)0時18分配信

 フィギュアスケート男子で冬季オリンピック(五輪)2連覇の羽生結弦(26=ANA)が、約10カ月ぶりの実戦となる全日本選手権(25~27日、長野市ビッグハット)で今季初戦を迎える。新型コロナウイルス感染拡大の影響でグランプリ(GP)シリーズなど、ここまで全休。拠点のカナダにも戻れず地元の仙台市など国内で調整してきた。

 その後、全日本へのエントリーを決断。公式練習前日の23日夜、大会を中継するフジテレビ系「Live News α」でインタビューに応じ、ショートプログラム(SP)フリーともに新プログラムを披露することを明らかにした。

Photo_20201225112401

 曲名は「見ていただいての楽しみにしたい」とした上で「『SEIMEI』『バラード第1番』と比べちゃうと、もちろんまだ、あそこまでの自信の塊みたいなところまでにはいってない。ただ、誰かの心に何か感情がともる、何かの気持ちがともる、きっかけになればいいな」と神妙に語った。

 コーチ不在の中で「ジャンプ、スピンの配置など流れ以外はほぼ全部、自分が決めたと言っても過言ではないプログラム」と笑い、前人未到のクワッドアクセル(4回転半ジャンプ)の習得状況と投入の可能性については「跳べるイメージは具体的に膨らんできて、あとは体を乗せられるか乗せられないか、ぐらい。ただ今回はやらない」と見送った。ただ「それだけじゃないって1人で練習していて気付いて。いろいろ割り切れるようになった。ちょっと大人になったんですかね」と、単なる回避ではない前向きな心境の変化も口にした。

 新型コロナ再流行の中、今年2月の4大陸選手権(韓国)以来となる出場を決断した理由については「率直に言えば出たい気持ちよりもリスクの方が大きいけど、まずは自分が感染拡大のきっかけにならない、かからないようにした上で、決断をしたからには責任を持って、いい演技をしたい」と細心の注意を払って、最善を尽くす。

羽生結弦 2020スーパースラムMVS早大卒業そして全日本 

スポニチアネックス 2020年12月24日(木)13時18分配信

 フィギュアスケート全日本選手権の開幕を25日に控え、男子で14年ソチ、18年平昌と五輪連覇の羽生結弦(ANA)が24日、長野市ビッグハットでの公式練習で調整した。今季初戦となる国内最高峰の舞台を前に、羽生の2020年を振り返る。

 【2月9日】四大陸選手権(韓国)を初めて制し、ジュニア&シニアの主要国際大会を完全制覇する“スーパースラム”を達成。SPは111・82点の世界最高得点だったが、フリーはジャンプでミスがあり、「SPがあった上での“スーパースラム”と思う。総合的に、とりあえず、良かった」と振り返った。

 【3月11日】新型コロナウイルスの感染拡大で、国際スケート連盟(ISU)がカナダ・モントリオールで開催予定だった世界選手権の中止を発表。

 【5月6日】日本スケート連盟の公式ツイッターを通じ、ファンへメッセージ動画を配信。「2011年3月11日から今までの僕とプログラムたちの道のりです」と語り、過去の計17曲の振り付けを披露した。

 【6月11日】中止となったアイスショー「ファンタジー・オン・アイス」の公式ツイッターに登場。「皆さんの心の中に少しの不安もなく、皆さんの前でスケートができることを祈っています」などと話した。

 【7月11日】新設された表彰式「ISUスケーティング・アワード」で最優秀選手賞(MVS=Most Valuable Skater)に輝く。「これからも一生懸命、自分の理想のスケートを追い求めて頑張っていきます。より強く、よりうまくなりたい」。

 【8月23日】日本テレビ「24時間テレビ」にリモート収録で出演。早大人間科学部通信教育課程で学んでいた羽生は「勉強していました、ひたすら」とし、卒業論文を完成させたことを報告した。

 【8月25日】日本テレビ「new severy.」にリモート収録で出演。クワッドアクセル(4回転半ジャンプ)について「自分が一番、今スケートをやっていて大事にしなきゃいけないものは、やっぱりアクセルだなって思っています」と習得に意欲を見せた。

 【8月28日】日本スケート連盟が、羽生が今季のGPシリーズを欠場することを発表。連盟を通じて発表したコメントでは新型コロナへの感染の懸念、渡航制限などによる競技環境、周囲への配慮を決断の理由に挙げた。

 【9月】早大人間科学部通信教育課程を卒業。

 【11月25日】日本スケート連盟が全日本選手権のエントリーリストを発表。羽生も名を連ねた。

 【12月7日】26歳の誕生日を迎える。

 【12月23日】フジテレビ「Live News α」のインタビューで全日本出場を明言。SP、フリーともに新プログラムで臨むことも明かした。

 【12月24日】全日本選手権の公式練習で調整。

Photo_20201225111101

 公式練習終えた羽生結弦「ベターでなくベストな練習できてる 

スポーツ報知 2020年12月24日(木)14時42分配信

 25日に開幕するフィギュアスケートの全日本選手権(長野・ビッグハットで男子で、10か月ぶりの実戦に挑む五輪連覇の羽生結弦(26)=ANA=が24日、公式練習を終え、オンラインでの取材に応じた。実戦はスーパースラムを達成した2月の四大陸選手権以来。コロナ禍でコーチ不在の練習で抱いた思いや、ショート、フリーのプログラムなどについて語った。以下は一問一答。

 ― 感覚はどうか?

 羽生「久しぶりに複数の人数でリンクに乗って練習したので、まだ感覚をつかめていないところもありますけれども、なんかある意味、それもまた新鮮。で本当に僕にとっては久しぶりのことだったので、楽しい感覚もありました」

 ― 出場を判断した経緯を。

 羽生「まあ、別に考えは変化してないです。はっきり言ってしまえば、やはり自分として、自分個人の考えとしては、やっぱり、なるべく、感染につながるような行動はしたくないと。第3波が来ている状態の中で、ぼくが出て良いものかということはかなり葛藤はありました。ただ、世界選手権に向けて、四大陸選手権が中止になってしまい、まずは世界選手権の選考会としてこの試合に必ず出なくてはいけないので、僕自身の希望を何とかつなぐために、出させて頂いたっていうような感じです」

 ― コロナ禍での練習状況を。

 羽生「毎日1人でコーチなしで練習をして。ただ、そうですね、本当にケアとかも難しかったですし、なるべく家族以外とはほぼ接触していないですし、本当に外に出て行くということが全くなかったです。それでも、僕にとってはスケートに集中出来る環境でしたし、いい練習できたんじゃないかなと思っています」

 ― 1人練習の難しさは?

 羽生「悩み始めると、どうしても、自分の“負のスパイラル”に入りやすいなと思ったんですけど、自分を研究するいい機会になりました。コントロールする術だとか、1人だからこそ深く分析したり。外的要因ではなく、自分の中でどういうふうに調子が悪くなっていくか。どのように調子が良くなっていくのか。そういうことを研究しました」

 ― プログラムのジャンプ構成を。

 羽生「フリーは、4回転はループとサルコー、後半に4回転トウループを2本入れるつもりです。ショートは、前半に4回転サルコーと4回転トウループ、3回転トウループのコンビネーション。後半にカウンターからトリプルアクセルの予定です」

 ― プログラムの見所は?

 羽生「今日やったフリー(の練習)に関して、もちろん題材となるストーリーはある。伝えたいストーリーはあるんですけど、そういうのに縛られずに、本当に、見て頂いた方の感触って言うか、何か、その方々の中にある背景に訴えかけられるものがあればなと思っています。ショートに関しては今日は(練習を)やってないですけど、それこそ、何か沸き上がるような感情があればうれしいです」

 ― 全日本選手権への意気込みを。

 羽生「もちろん表彰台の真ん中に立ちたいと言う気持ちが強くあります。昨年とは違い、完全な練習ができているとは言い難いですけど、自分の中ではベストな練習ができている。ベターじゃなくてベストな練習ができたと思っていますし、昨年とは違って体力もしっかりあるんで。いいコンディションを保ちながら、全力で頑張ります」

Photo_20201225111201Photo_20201225113601

 訃報:Photo_20201225110401Photo_20201225110601

 昭和ヒットメーカーなかにし礼さん(享年82歳逝去 

作詞家作家のなかにし礼さん死去知りたくないの」「石狩挽歌

産経新聞 2020年12月25日(金)8時47分配信

 「北酒場」「石狩挽歌」などのヒット曲で知られる作詞家で、直木賞作家のなかにし礼(なかにし・れい、本名・中西禮三=なかにし・れいぞう)さんが23日午前4時24分、心筋梗塞のため東京都内の病院で死去した。82歳だった。

 昭和13年、中国黒龍江省牡丹江市生まれ。立教大学文学部仏文科在学中からシャンソンの訳詞を手がけ、菅原洋一さんが歌った「知りたくないの」のヒットを機に作詞家となる。代表作に「今日でお別れ」「石狩挽歌」「天使の誘惑」「北酒場」など。作詞を手掛けた作品は約4000曲に上り、日本の歌謡界を代表する作詞家。

 その後、作家活動を開始し、平成12年に「長崎ぶらぶら節」で第122回直木賞を受賞した。代表作に、旧満州からの引き揚げ体験を描いた「赤い月」「世界は俺が回してる」など。

 6年から7年にかけ、日本音楽著作権協会の理事長を務めたほか、テレビの情報番組にも長くコメンテーターとして出演。幅広く知られた。

Photo_20201225110201Photo_20201225110901

なかにし礼さん略歴/北酒場天使の誘惑など作詞

日刊スポーツ 2020年12月25日(金)8時40分配信

 作詞家で直木賞作家の、なかにし礼(なかにし・れい)さん(本名・中西礼三=なかにし・れいぞう)が、心筋梗塞のため23日午前4時23分、都内の病院で死去したことが25日、分かった。82歳。旧満州生まれ。

 2012年に食道がんが見つかったが、先進医療の陽子線治療で克服。その後も旺盛な創作意欲を見せていたが、ついに帰らぬ人となった。葬儀・告別式は後日、家族葬として行う。喪主は妻の由利子さん。

なかにし礼(れい)本名・中西礼三。1938年(昭13)9月2日、旧満州(現中国・黒竜江省牡丹江市)生まれ。立大文学部仏文学科卒。作詞家として「天使の誘惑」「今日でお別れ」「北酒場」で日本レコード大賞を3度受賞。作家としても00年「長崎ぶらぶら節」で直木賞。NHK連続テレビ小説の原作「てるてる坊主の照子さん」、満州からの引き揚げ体験を描いた「赤い月」などがある。血液型A。

Photo_20201225110101

 

2020年12月23日 (水)

【特別読み物】2020年✍興味深かった「考古学的発見」を振り返ってみる

2020年の興味深かった  考古学的発見  まとめ

GIZMODO 2020年12月19日(土)21時30分配信

過去の人々の生活に思いを馳せる。

 考古学はタイムマシーンのように時をさかのぼることができる学問です。次元転移装置の代わりに、考古学者たちは地中レーダーや走査型電子顕微鏡、DNAシークエンシングといったテクノロジー、そして古き良きシャベルを使います。学者たちの研究のおかげで、復元された過去からかつての物事を想像することができます。

 2020年を振り返ってまず思い浮かぶのは考古学ではないでしょうが、決して考古学的にハズレ年だったわけでありません。今年の考古学ニュースの中でも特に興味深かった12の発見を振り返ります。

シャベルを使わずに発掘された、地中に埋まったローマの古代都市

Photo_20201224094901

 リモートセンシング技術のおかげで、イタリアの考古学者らは土を掘り起こすことなく、地中に埋もれていた古代ローマの都市ファレリ・ノーヴィの建物や記念碑、通路に水管の配置を記した地図が作成できました。この都市はローマから北50kmにあって、人々は紀元前241年頃から紀元700年頃まで暮らしていたとか。地中レーダーが収集した280億個のデータポイントはまだ十分に分析されていないため、この地図はまだ初歩的なものだと考えられています。

2000年の時を経て姿を現した、ペルーのネコの地上絵

Photo_20201224095001

 UNESCOの世界遺産ナスカの地上絵を見るために使われていた天然の展望台にあったネコの絵は、作業員たちが偶然発見したものです。37mに及ぶこの地上絵は2,000年前のパラカス文化のもの(ですから厳密にいえば、ナスカ文化の作品ではありません)。巨大なネコの絵はひどく劣化していたため長く見過ごされていましたが、最近の修復作業で見る者に顔を向けているというディテールが明らかになりました。

女性ハンターの人骨が見つかり、先史時代の性別による役割分担が覆される

Photo_20201224095002

 南米のアンデス高地で、大きな獲物用の狩猟道具と一緒に埋葬された9,000年前の若い女性の人骨が発見されました。この事実は大昔の性別による役割分業が公平だったことを示唆しています。17~19歳で亡くなったこの女性はビクーニャを狩るために尖頭器を使っていたと考えられます。また、彼女の墓から見つかった食肉を処理するための道具は、女性が獲物を解体していたことも示唆しています。

 発見した科学者らは考古学の文献を読み直して、女性が大きな獲物用の狩猟道具とともに埋葬されていた件をいくつも見つけました。科学者らは「現代のジェンダー構造は過去のそれを反映してないもの」であり、「(過去の科学者たちが)性別による役割分担についていい加減な推測」を行なっていたと述べている。

蒸発ではなく焼かれていった、古代のベスビオ火山噴火の犠牲者たち

Photo_20201224095101

 紀元79年にベスビオ火山が噴火した際、古代ローマの都市ヘルクラネウムの町民たちはパニックに陥り海辺のボート小屋へと逃げました。これまでの学説では石造りの小屋の中で亡くなった人々は高温により蒸発して即死したといわれていましたが、今年発表された研究によると火山の有毒な煙で徐々に窒息していったのだとか。彼らの体は室温が400℃に達する小屋の中で死後焼かれていったのです。

1000年前のイランで、ステンレスの前身となる合金鋼が作られていた

Photo_20201224095102 

 9月に発表された論文によれば、1,000年ほど前の古代ペルシャ人たちは現在でいうところのステンレス鋼の先駆けとなる合金鋼を作っていたそうです。この合金鋼はクロミウムを1~2%とリン2%を含有しており、剣、短刀、鎧などを作るために使われていました。厳密には「ステンレス」とはいえず(リンが加わっていたため)かなりもろかったものの、るつぼ鋼の装入物に意図的にクロム鉄鉱(この場合クロマイト)を入れていたという最初期の証拠になります。

アメリカ先住民が欧州人よりも早くにポリネシアに到達していた可能性

Photo_20201224095202

 7月に発表された研究は、アメリカ先住民たちがヨーロッパの入植者たちより300年も前に南太平洋の島々に航海していたことを示唆するものでした。南米からの集団がポリネシアへと数千マイルに及ぶ壮大な旅をしたのは西暦1200年ごろだったと遺伝学的な証拠が示しています。彼らは現地の人々と交雑して、遺伝子を残していったのです。そしてその祖先が1380年ごろラパ・ヌイ(またの名をイースター島)など他の島々に居住するようになった。

ストーンヘンジ近くの奇妙な円形構造物

Photo_20201224095302

 ストーンヘンジ近くのソールズベリー平原で作業していた考古学者が、4,500年前の巨大な円形構造の遺跡を見つけました。この構造物は慎重に配置された20の竪穴から成り、大きなもので深さ5m、幅は10~20mもあったとか。各竪穴は中心部から平均して864m離れて円形に並んでいて、英国で発見された先史時代の構造物として最大級のものだと考えられています。建造された目的は不明ですが、神聖な場所の境界線を示すためかもしれません。

縄を発明したのは恐らくネアンデルタール人

Photo_20201224095402

 フランスで発見された4万1000年前の細縄の断片は、縄を発明したのがネアンデルタール人だと示唆しています。この発見以前、繊維を紡いで糸にする技術の最古の例は約1万9000年前のイスラエルのものでした。

 今回の断片は、複数の繊維がより合わさって糸になり、その糸で縄が編まれていました。考古学者らはこの縄が一緒に発見された石器の取っ手をつけるためか、石器を運ぶためのバッグなどの一部に使われていたと考えています。

20万年前の人間の寝床は、草と灰を重ねて作られていた

Photo_20201224095403

 石器や解体された骨、焚き火台や洞窟壁画といった物証から過去を垣間見ることはできますが、考古学者たちは先史時代のもっと日常的な側面を明らかにしようと奮闘しています。そういった意味で、南アフリカとエスワティニ近くのレボンボ山地の岩窟住居にあった、22万7000年前の人類がどのように寝ていたかを示す初歩的な寝床の発見はとても重要です。

 この寝床は灰の層の上に草の束を敷いたもので、灰と草の組み合わせのおかげで寝る面は快適かつ清潔で、灰の層がよじ登ろうとする虫を寄せつけなかったとか。寝床は害虫駆除のため定期的に焼き払われ、その上に新たな草の層が重ねられていました。

60頭のマンモスの骨でできた氷期の構造物

Photo_20201224095601

 ロシアの都市ヴォロネジに近いコステンキ11で、毛がついた何百ものマンモスの骨でできた構造物が発見されました。マンモスの骨でできた構造物はこれまでも発見されてきましたが、こちらの構造物は大きさは12.5mと考古学史上最大級で、およそ2万5000年前と最古のものです。この構造物は氷河期の厳しい冬からの逃げ場となり、食料を備蓄する場所だったのかもしれません。

氷が融けて露わになった、ヴァイキング時代の山道

Photo_20201224095602

 写真に写っているミトン、靴、馬用スノーシュー、ソリの一部、首輪につながったままの犬の遺骨は中央ノルウェーのかつては山道だった場所で見つかった遺物の一部。ヨートゥンヘイム山地にある山道は1,000年以上もの間使われていて、西暦1000年ごろのヴァイキング時代が最盛期でした。今回の発見や過去の同様の発見は、気候変動のせいで氷原が融け出したことによるものです。

古代ブリトン人にとってニワトリと野うさぎは、崇拝の対象だった

Photo_20201224095701

 4月に発表された論文によると、ニワトリと野うさぎは約2200~2300年前にブリテンにもたらされた当初、食物ではなく崇高な生き物として扱われていたそうな。どちらも珍品であり神々と結び付けられていて、ディナーのメインディッシュにされるようになったのはローマ帝国時代が終わってからのことでした。

Photo_20201224094301

クジラ座にある銀河団「MACSJ0025」青紫色の部分が「暗黒物質(ダークマター)」の存在を示している

 に包まれた“仮想物質”=ダークマターとは?

SORAE 2020年12月23日(水)21時05分配信

 夜空に輝く星々をはじめ、星雲、銀河といった天体は、私たち自身の目や望遠鏡・人工衛星などを使って観測することができます。しかし、私たちの目に見える存在が宇宙のすべてというわけではありません。

 宇宙に存在する物質・エネルギーのうち、約27%が「ダークマター(暗黒物質:dark matter)」と呼ばれる仮説上の物質、約68%が「ダークエネルギー(暗黒エネルギー:dark energy)」と呼ばれる仮説上のエネルギーとされています。私たちが知覚している通常の物質は、残りの5%でしかないと言われています。

 未知の物質ダークマターは宇宙と素粒子の謎を解明する重要なカギとなっていて、世界中の研究者が探索を行っています。

ダークマターが存在している証拠

 ダークマターは電磁波(可視光、電波、X線など)を発しないので望遠鏡で観測することはできませんが、質量を持っているので、通常の物質に重力を介して影響を及ぼします。そのため、以下のような重力が引き起こす現象によってその存在が推測されています。

1) 銀河の回転

 回転している物体には、回転の中心から離れる方向に遠心力が働きます。銀河の中心の周りを公転している円盤部の星々も同様で、遠心力は銀河の回転スピードが速いほど強くなります。この遠心力と銀河に存在する物質による重力が釣り合うことで、公転する星々は銀河から飛び出すことなく周り続けることができます。

Photo_20201224094501

 ところが、銀河の回転速度を実際に測定してみると、銀河を構成する恒星の質量から算出された釣り合いの取れる値と比べてかなり速いのです。この回転速度による遠心力と釣り合うためには、実際に輝いている恒星(通常の物質)以外に大きな質量をもつ「何か」の存在が不可欠です。このことから、光(電磁波)を発しない物質、つまりダークマターが大量に存在すると考えられています。

2) 重力レンズ効果

 もう一つの重要な手がかりは「重力レンズ」です。重力レンズとは、遠方の天体(銀河など)と私たちの間にある別の銀河や銀河団の重力によって遠方の天体を発した光の進む向きが曲げられることで、遠方の天体の像がゆがんで見える現象です。重力レンズによる効果は、夜空の複数の方向に同じ銀河の姿が見える事象として観測することができます。

Photo_20201224094601

 遠方の天体と私たちの間にある銀河・銀河団の質量が大きいほど、遠方の天体を発した光の曲がり方も大きくなります。ダークマターを直接見ることはできませんが、天体の像がゆがんで見える様子を詳しく観測することで、重力レンズ効果をもたらしている銀河や銀河団に存在するダークマターの質量を推定することができるのです。

謎に包まれるダークマターの正体

 銀河の回転速度や重力レンズ効果の観測結果をもとに、ダークマターが存在することはわかります。それでは、ダークマターは何からできているのでしょうか?

 ダークマターの正体については幾つかの仮説が立てられていますが、現在有力視されているのは「未発見の素粒子」です。理論上存在が予想されているものの見つかっていない素粒子は幾つかあり、そのうちのどれかがダークマターなのではないかと考えられています。たとえば東京大学宇宙線研究所の「XMASS(エックスマス)」実験では、「弱く相互作用する重さがある粒子」を意味する「WIMPs(Weakly Interacting Massive Particles)」の一種「ニュートラリーノ」や、「アクシオン」といったダークマター候補の素粒子を検出するためのデータ収集が2019年3月まで行われました。

 また、過去には惑星や小惑星、白色矮星、褐色矮星、中性子星、それにブラックホールといった、あまり光らない(電磁波を出さない)「暗い天体」がダークマターの候補として検討されてきました。特に銀河を取り巻く希薄な領域「ハロー」に存在する見えにくい天体は「MACHO(Massive Compact Halo Object, Massive Astrophysical Compact Halo Object)」と呼ばれて探索が行われましたが、現在ではダークマターにおいてMACHOが占める割合は少ないと予想されています。

宇宙の大規模構造とダークマター

 現在の宇宙は、銀河の集団である「銀河団」が連なったフィラメント状の構造と、銀河が希薄な領域「空洞(ボイド)」が複雑に絡み合った網の目のような構造をしています。

「宇宙の大規模構造」と呼ばれるこの構造は、次のように形成されたのではないかと推測されています。初期の宇宙に存在したわずかな「ゆらぎ」をもとに、ダークマターの密度にもゆらぎが生じます。密度の高い部分はさらに多くのダークマターを引き寄せていき、その重力によって通常の物質であるガスが次第に引き寄せられます。やがて集まったガスから最初の世代の星々や銀河が形成されるようになり、銀河は星形成活動や衝突・合体を経て成長し、現在に至ったというのです。

 このように、現在観測されている宇宙の巨大な構造、その成り立ちにはダークマターが密接に関係していると考えられています。

 

2020年12月22日 (火)

【耳学】児童精神科医が語る<境界知能>認知機能の弱い子供たち

 日本人7人に1られざる“境界知能”とは…悲惨な事件の背景にある問題 

デイリー新潮 2020年12月22日(火)6時20分配信

 不幸な生い立ちは犯罪を起こした理由にはならない。正当化の理由にもならない。同じような境遇でもまっとうに生きている人はいるのだから――こうしたコメントはよくネット上で目にする。また、日常会話でもこういう意見を言う人は珍しくない。

 もちろん貧しさは窃盗の動機にはなるが、それを正当化する理由になる、とまでは言えまい。また、いかに相手に腹が立ったからといって傷つけてよいはずもない。

 これは正論ではあるが、一方で議題にあがりづらいのは、犯罪者の知能の問題である。犯罪の中には、「一体、この行為をして何のメリットがあるのか」と首をひねってしまうものが一定の割合で含まれている。

 たとえば今年10月、話題になった埼玉県桶川市の自転車危険運転“ひょっこり男”。少年時代の生い立ちが不幸だった、という報道もある(「週刊女性PRIME」11月4日)が、それではどうにも説明がつかない行為なのは間違いない。道行く人に迷惑をかける以外に、「ひょっこり」をすることに何の意味もないのだ。

 また同じ10月、札幌市で29歳の男が同居する60代女性を殺害するという事件が起きた。容疑者には前科があったが、女性はそれを承知で同居させていたという(「文春オンライン」12月1日)。冷静に考えれば、庇護者ともいうべき女性を殺害することにはまったくメリットがない。しかし、「金銭をめぐるトラブル」で口論となり、彼女をボコボコに殴打したという。同記事では、彼は健常者として認められるIQをギリギリ上回る、または下回る可能性のある人物であると指摘。ベストセラーとなった『ケーキの切れない非行少年たち』(宮口幸治・著)で扱われている「境界知能」の可能性が強く示唆されている。

日本人の7人に1人

 そうであるならば、メリットのない犯罪に簡単に手を染める説明はつきやすい。同書で紹介されている「ケーキの切れない非行少年たち」の特徴としては、たとえば以下のようなものがある。

 ・すぐにキレる
 ・思いつきで行動する
 ・人のせいにする

 これらは特徴のごく一部だ。しかしこの容疑者の行動を合理的に解釈するには有効だろう。つまり、本来なら世話になっている相手に対して「すぐにキレ」て、後先を考えずに「思いつき」で殴りかかる。「金銭トラブル」云々というのも「人のせい」に等しい(彼の収入はほとんど無かったはずだ)。

 誤解してはならないのは、こうした解釈は決して彼らを甘やかすために行っているのではないという点だ。ただし、仮に知能に問題があるのだとすれば、通常の受刑者とは別のプログラムを用意する必要はある。児童精神科医である著者の宮口氏は、医療少年院で勤務していた時に「コグトレ」という認知機能向上への支援として有効なトレーニングを自ら開発したが、これは一定の効果を見せているという。

 宮口氏が指摘しているのは、こうした人々には「認知の歪み」がありえるということ。つまり一般的な人と同じものを見て、聞いてもまったく別の受け止め方や解釈をしている可能性があるのだ。宮口氏は、彼らは「反省以前の問題」を抱えている、と指摘している。彼らに対して「不幸な生い立ちをバネにしている人もいる」「努力は報われる」といった常識的な説諭は必ずしも有効ではない。罰を受けるのは当然としても、その罰の意味を理解させること自体が難しいのだから。

 同書によれば、実はこうした「境界知能」の可能性のある人は意外と多く、日本人の7人に1人はそれにあたる可能性がある、という。もちろん、そうした人の中には、家族や社会とうまく折り合っている人も多くいる。それだけに、早めに(なるべく子供の頃に)そうした傾向に気づいて、トレーニングなどで周囲が支えることが重要だ、と宮口氏は述べている。

 最新研究で分かった「スマホにまれる 

新書ベストセラー:ブックバン 2020年11月28日(土)6時45分配信

 11月25日トーハンの週刊ベストセラーが発表され、新書第1位は『ペルソナ 脳に潜む闇』が獲得した。

 第2位は『息子のトリセツ』。第3位は『ケーキの切れない非行少年たち』となった。

 4位以下で注目は9位に初登場の『スマホ脳』。著者のアンデシュ・ハンセンさんはスウェーデンで最も注目されている精神科医だ。私たちの日常に欠かせないスマホやiPadが人間にどのような影響を与えるのか、数々の研究結果により解明された恐ろしい答えを説得力のある言葉で解説している。スマホから得る情報には脳を夢中にさせる仕組みが徹底的に張り巡らされており、「スマホは私たちの最新のドラッグである」と述べている。アップル社の創業者スティーブ・ジョブズが、自身の子どもたちには厳しくiPadの使用制限を課していたエピソードなどもこうした説を裏付ける一助として紹介されている。

1位 ペルソナ 脳に潜む闇中野信子[著](講談社)

人間関係が苦手だった私は、その原因を探ろうと、いつしか「脳」に興味を持つようになった。 親との葛藤、少女時代の孤独、男社会の壁…人間の本質をやさしく見つめ続ける脳科学者が、激しくつづった思考の遍歴。初の自伝! (講談社ウェブサイトより抜粋)

2位 息子のトリセツ黒川伊保子[著](扶桑社)

40万部『妻のトリセツ』、13万部『夫のトリセツ』ベストセラー連発! 【男性脳】を知り尽くした脳科学者が母たちに贈る! タフで戦略力があり、数学も料理も得意で、ユーモアも愛嬌もあり、とろけるようなことばで、優しくエスコートもしてくれる。 母も惚れるいい男。手に入ります。 ※男性が、自分を知る本としても活用できます(扶桑社ウェブサイトより)

3位 ケーキの切れない非行少年たち宮口幸治[著](新潮社)

児童精神科医である筆者は、多くの非行少年たちと出会う中で、「反省以前の子ども」が沢山いるという事実に気づく。少年院には、認知力が弱く、「ケーキを等分に切る」ことすら出来ない非行少年が大勢いたが、問題の根深さは普通の学校でも同じなのだ。人口の十数%いるとされる境界知能の人々に焦点を当て、困っている彼らを学校・社会生活で困らないように導く超実践的なメソッドを公開する。(新潮社ウェブサイトより)

4位『政治家の覚悟』菅義偉[著](文藝春秋)

5位『たちどまって考える』ヤマザキマリ[著](中央公論新社)

6位『絶対に挫折しない日本史』古市憲寿[著](新潮社)

7位『部長って何だ!』丹羽宇一郎[著](講談社)

8位『その言い方は「失礼」です!』吉原珠央[著](幻冬舎)

9位『スマホ脳』アンデシュ・ハンセン[著]久山葉子[訳][著](新潮社)

10位『人新世の「資本論」』斎藤幸平[著](集英社)

〈新書ランキング 11月25日トーハン調べ〉

📺さくらの親子丼で注目ケーキの切れない非行少年とは

デイリー新潮 2020年11月7日(土)11時15分配信

境界知能というある種タブー視されている領域に踏み込んだドラマ

 ドラマ「さくらの親子丼」(東海テレビ・フジテレビ系土曜23:40~)は、現在放送中のものが3シーズン目となる人気シリーズだ。一貫して扱っているのは、居場所をなくした子供たちの問題。必然的に虐待や育児放棄など、重い話題を多く扱うことになるのだが、10月31日に放送された第3話では「境界知能」を取り上げた。

Photo_20201223073201

 粗暴でキレやすく、少年院にいたこともある隼人。この少年について、真矢ミキ演じる主人公さくらは、境界知能が原因にあるのでは、と思い至り、その考えを山崎静代演じる多喜に伝える。少年院で彼を診察した精神科医によれば、「明らかに字を書いたり、計算したりする能力が劣っている」ことがわかった。知的障害とまではいかないけれども、それに近い知能、すなわち境界知能だというのだ。そういえば、隼人はみんなで餃子作りをやった際、皮を10等分することができなかった。おそろしく不均等になってしまった(第2話)。あれも境界知能ゆえではないか――。

 この説明をするにあたって、さくらが多喜に示したのが『ケーキの切れない非行少年たち』(宮口幸治・著)だ。昨年刊行の同書は、現在60万部のベストセラーとなっている。

「この本に出てくる境界知能の子に、ケーキを3等分にするように言ったんだけど、うまく切れないらしいの。こんな感じ」

 さくらはそう言って、カバーにある不思議な“3等分”の図を見せる。隼人が10等分できないこととそっくりだ、というわけだ。そして、こう続ける。自分たちは、隼人が生まれつき障害に近いものを持っていることを前提にして付き合うべきではないか、そうでないとまた問題を起こすだけではないか……。

 実際の「ケーキの切れない非行少年」とはいかなるものか。同書から、「ケーキの3等分問題」につい説明した個所をそのまま引用してご紹介しよう。(以下、同書第2章「『僕はやさしい人間です』と答える殺人少年」より)

 ***

 私は少年院で勤務するまでは公立精神科病院に児童精神科医として勤務してきました。色々と思い悩んだ末に、いったん医療現場から離れ医療少年院に赴任したのですが、そこでは驚くことにいくつも遭遇しました。その一つが、凶悪犯罪に手を染めていた非行少年たちが“ケーキを切れない”ことだったのです。

 ある粗暴な言動が目立つ少年の面接をしたときでした。私は彼との間にある机の上にA4サイズの紙を置き、丸い円を描いて、「ここに丸いケーキがあります。3人で食べるとしたらどうやって切りますか? 皆が平等になるように切ってください」という問題を出してみました。

 すると、その粗暴な少年はまずケーキを縦に半分に切って、その後「う~ん」と悩みながら固まってしまったのです。失敗したのかなと思い「ではもう1回」と言って私は再度紙に丸い円を描きました。すると、またその少年は縦に切って、その後、悩み続けたのです。

 私は驚きました。どうしてこんな簡単な問題ができないのか、どうしてベンツのマークのように簡単に3等分できないのか。その後も何度か繰り返したのですが、彼は図2-1のように半分だけ横に切ったり、4等分にしたりして「あー」と困ったようなため息をもらしてしまいました。

Photo_20201223073401

 他の少年では図2-2のような切り方をしました。そこで、「では5人で食べるときは?」と訊ねると彼は素早く丸いケーキに4本の縦の線を入れ、今度は分かったといって得意そうに図2-3のように切ったのです。

Photo_20201223073501

 5個に分けてはいますが5等分にはなっていません。私が「みんな同じ大きさに切ってください」と言うと、再度彼は悩んだ挙句諦めたように図2-4のような切り方をしたのでした。

 これらのような切り方は小学校低学年の子どもたちや知的障害をもった子どもの中にも時々みられますので、この図自体は問題ではないのです。問題なのは、このような切り方をしているのが強盗、強姦、殺人事件など凶悪犯罪を起こしている中学生・高校生の年齢の非行少年たちだ、ということです。彼らに、非行の反省や被害者の気持ちを考えさせるような従来の矯正教育を行っても、殆ど右から左へと抜けていくのも容易に想像できます。犯罪への反省以前の問題なのです。またこういったケーキの切り方しか出来ない少年たちが、これまでどれだけ多くの挫折を経験してきたことか、そしてこの社会がどれだけ生きにくかったことかも分かるのです。

 しかし、さらに問題と私が感じたのは、そういった彼らに対して、“学校ではその生きにくさが気づかれず特別な配慮がなされてこなかったこと”、そして不適応を起こし非行化し、最後に行きついた少年院においても理解されず、“非行に対してひたすら「反省」を強いられていたこと”でした。

100-73

 こういった少年は他にも大勢いました。いつも少年たちへの面接では簡単な計算問題を出します。具体的には「100から7を引くと?」と聞いてみます。正確に答えられるのは半数くらいでした。

 多いのが「3」「993」「107」といったものでした。「93」と正しく答えられたら次は、「では、そこからさらに7を引いたら?」と聞いてみます。すると、もうほとんどが答えることができません。「1/3+1/2は?」と尋ねると殆どの少年たちが予想通り「2/5」と返してきます。

 基本的に「漢字は読めない」ことを前提に、少年院での教材には全てフリガナがついています。新聞にはフリガナは付いていませんので、新聞を読めない少年たちも多く、自由時間に新聞を順に回して閲覧できる機会もあるのですが、少年たちが見ているのはもっぱら雑誌広告欄にある女性の写真ばかり、といった状況でした。

 少年院の中ではこういった少年たちに漢字ドリルや計算ドリルをさせているのですが、大体小学校低学年レベルからのスタートです。最初から小学6年生レベルの計算ができればかなり優秀な方でした。

計画が立てられない、見通しがもてない

 ルーチンの面接の中で、少年たちにどうして非行をしたのかを尋ねてみます。するとみんな、「後先のことを考えていなかった」と、口を揃えたかのような答えが返ってきます。そして、今後の目標として「これからは後先のことを考えて行動するようにしたい」と答えます。

 この“後先のことを考える”力は計画力であり、専門用語で“実行機能”と呼ばれています。ここが弱いと、何でも思いつきで行動しているかのような状態になります。彼らは「ゲーム機のソフトを買う金がなかったから人を刺してお金を奪った」「女の子に興味があったけど同級生は怖いから幼女を触った」といった、思いつきに近い非行をやっているのです。

 たとえば、彼らに次のような質問を投げかけたとします。

「あなたは今、十分なお金をもっていません。1週間後までに10万円用意しなければいけません。どんな方法でもいいので考えてみてください」

「どんな方法でもいいから」と言われると、親族から借りる、消費者金融から借りる、盗む、騙し取る、銀行強盗をする、といったものが出てきます。「(親族などに)借りたりする」という選択肢と、「盗む」という選択肢が普通に並んで出てくるのです。「盗む」などという選択をすると後が大変になるし、そもそもうまくいくとも限らない、と判断するのが普通の感覚でしょうが、そう考えられるのは先のことを見通す計画力があるからです。

 しかし先のことを考えて計画を立てる力、つまり実行機能が弱いと、より安易な方法である盗む、騙し取るといった方法を選択したりするのです。

 世の中には「どうしてそんな馬鹿なことをしたのか」と思わざるを得ないような事件が多いですが、そこにも“後先を考える力の弱さ”が出ているのです。非行少年たちの中にも、見通しをもって計画を立てる力が弱く、安易な非行を行ってしまう少年が多くみられました。

 ***

 ドラマに出てくる問題少年は、愛情に飢えていて、それを埋めることで更生するという展開が多いのだが、今回の「さくらの親子丼」はその定型から離れて、境界知能という特にテレビではある種タブー視されている領域に踏み込んだと言えるだろう。

 不器用な暴走する大人になる1つの経緯 

東洋経済オンライン 2020年10月26日(月)10時21分配信/宮口 幸治(医学博士、立命館大学産業社会学部・大学院人間科学研究科教授)

“あおり運転”で事故を起こす大人や、コロナ禍の中で不適切な言動をする大人など「どうしていい年をした大人が、こんなことをしてしまうのか?」という事件が多々ある。そんないわゆる“厄介な大人”たちは、実は「生きづらさ」を持った子どもたちがそのまま大人になった可能性もあるかもしれないというのは、『不器用な子どもがしあわせになる育て方 コグトレ』を上梓した児童精神科医の宮口幸治氏だ。

あおり運転をする大人たち

 ニュースを見ていると、何度も万引きを繰り返す大人、ちょっとしたことでいきなりキレる大人、近年のあおり運転事件、新型コロナウイルスで自粛が求められる中での不適切な行動など、「どうしてそんな馬鹿なことをするのだろうか?」と不思議に思うような事件が時々あります。

 こういったよくわからない行動をする大人が生まれる背景には、次のような原因も考えられるかもしれません。

 世の中には、「生きづらい人々」がいます。「境界知能」(「知的障害グレーゾーン」ともいう)という、かつて「軽度知的障害者」と定義されていたIQ70~84までの、さまざまな困難さを抱える人々のことです。この「知的障害グレーゾーン」は、実に人口の約14%(日本では、約1700万人)に相当します。

 この障害程度の軽い軽度知的障害やグレーゾーンは、日常生活でさまざまな困難に直面しているにもかかわらず、健常人と見分けがつかず、さらに軽度といった言葉から「支援もあまり必要でない」と誤解されるため、支援を受ける機会を逃してしまうのです。

 もし、この「生きづらい人々」が、子どものうちになんの支援も受けずにそのまま大人になったら、いったいどうなるのか……。つまり、冒頭のよくわからない大人のように、さまざまな局面で、次のようなトラブルにつながる大人になってしまう可能性があるかもしれません。

 認知力の弱さから……

仕事のミスが多い
仕事が覚えられない
仕事が続かない
時間を守れない

 対人力の弱さから……

上司や同僚の気持ちが想像できない
カッとなって取引先とトラブルになる
失敗しても反省できない
うまい話に流されやすい
他者からのアドバイスが聞けない
プライドだけは高い

 身体力の弱さから……

細かい作業ができない
物を作ったり、うまく運んだりできない
力加減ができず物をよく壊す

 こういった大人があなたの職場や近くにいたらいかがでしょうか?  大人のくせに、もっとしっかりしてほしい、と思わないでしょうか。生きづらかった子どもたちは、そのまま大人になるとこのように“不器用な大人たち”と見えてしまうことがあるのです。

 子どもが学校にいる間は先生の目がまだ行き届き、なんらかの支援を受けられる可能性もありますが、学校を卒業するともう誰も目をかけてくれません。

 「大人になっても生きづらさのある人なら、周囲が気づいてくれて、支援を受けられるのではないか?」と思われるかもしれません。しかし、それは大きな誤解です。たとえ「生きづらさ」を持っていたとしても、日常生活を送るうえでは、一般の人たちとなんら変わった点が見られないのです。

 友人とショッピングや飲食をしたり、コンサートに行ったり、運転免許を取ったり、簡単な仕事はできたり……と、通常の生活はできるため、「生きづらさを持っている人」として気づかれることはほとんどありません。

 しかし何かトラブルやいつもと違うことが起こったりすると、様子が変わります。例えば、「これまでやっていたやり方を変えて」と言われても、「いつもこうやってきたので」と頑として譲らなかったり、いきなりキレたり、他者から親切心で言われたことを「小馬鹿にされた」と感じて不機嫌になったり、簡単にうまい話に乗ってだまされたりしてしまうなど、うまく対処できなかったりするのです。

 困ったことに遭遇して柔軟に対応できる力は、ある意味「知恵」と言えるものです。逆に、困ったことさえ起こらなければ普通に生活できるので、普通の人と見分けがつかず、生きづらさを持った人たちは「気づかれずに忘れられてしまう」可能性があるのです。

軽度の知的障害や境界知能は気づかれないことも多い

 かつての「生きづらかった子ども」が刑務所に入ったケース(個人が特定できないよう一部内容を変更)もあります。

<ケース>刑務所ではじめて生きづらさに気づかれた

 Qさんは、子どもの頃から勉強ができず、友だち付き合いも苦手でした。中学を卒業してすぐに土木関係の仕事に就きましたが、なかなか仕事を覚えられず仕事を転々としていました。景気が悪くなると仕事がなくなり、その日に食べる物にも困るようになりました。そこで悪いとはわかっていつつも、スーパーで食料品を万引きしてしまい、とうとう警察に捕まってしまったのです。

 しかし刑務所でも作業がなかなか覚えられないため知能検査を受けたところ、「軽度知的障害」と診断されました。Qさんは出所後、福祉サービスを受けながら生活しています。「もっと早くにわかっていたら……」と、Qさんも支援者も思っています。

 受刑者の中には、Qさんのように生きづらさを抱えた人たちがかなりの割合いるのではないでしょうか。この問題は山本譲司氏の『獄窓記』(新潮文庫)にも詳しく書かれています。刑務所の中は凶悪犯罪者ばかりと思っていたのが、実は「福祉のサポートが必要な受刑者がたくさんいた」というのです。法務省の矯正統計表を見ると、半数近くは認知機能に問題があるのではと推測さえできます。

 アメリカ知的・発達障害協会から出版されている『知的障害定義、分類および支援体系(第11版)』の第12章にはまさに認知力が弱い、生きづらさを抱えた人たちについて、次のように書かれています。

一般集団と明確に区別できない
多くの支援が必要にもかかわらず、より要求度の高い仕事を与えられる
失敗すると非難され、自分のせいだと思ってしまう
自らも普通であることを示そうとして失敗する
必要な支援の機会を失うか、拒否する
所得が少ない、貧困率が高い、雇用率が低い
運転免許証を取得するのが難しい
栄養不足の比率や肥満率が高い
友人関係を結んで維持することが難しい、孤独になりやすい
支援がないと問題行動を起こしやすい

 これは、「生きづらさ」を持った子どもたちがそのまま大人になった姿ではないでしょうか。不器用な子どもたちは、成功体験が少ないため、なかなか自信を持てません。そのため彼らの心はガラスのように繊細で、傷つきやすい存在でもあります。

 そんな大切に守ってあげないといけない子どもたちが、学校や社会の中で気づかれないどころか、反対に傷つけられ、いじめ被害にあったりして、引きこもりや心の病になったり、場合によっては犯罪者になったりしてしまうケースもあるのです。

生きづらい子どもを見逃さないために

 私が勤務していた少年院はまさにそういった少年たちの集まりでした。「こんなひどい状況が続けば非行化しないほうがおかしい」といった過酷な状況下にあった少年たちもいたほどです。

 学校で気づかれないことと同様に恐ろしいのは、大人が心配して病院を受診させ、診察や検査を受けても、医師から「問題ありません」と言われた場合です。

 一度「問題がない」と診断されてしまうと、教師や保護者はそれを信じます。すると通常の子どもたちと同じ扱い・評価をされてしまいますが、実際にはなかなかついていけません。

 そういった子どもが問題を起こすと、「やる気がない」「怠けている」「ずる賢い」「気を引きたい」「親の愛情が足りない」といった残酷な判断が下されてしまうのです。

 非行少年たちも、出院後は社会で真面目に働きたいという気持ちを持っています。そこで支援者は、「やる気があるなら仕事を紹介する」と、期待して仕事を紹介します。

 しかし、たいていが1カ月、長く続いても3カ月くらいで仕事を辞めます。やる気はあっても、働き続けられないのです。なぜなら、これまでに述べた通り、認知力の弱さ、対人力の弱さ、身体力の弱さなどから、言われた仕事がうまくこなせない、覚えられない、職場の人間関係がうまくいかない、時間通りに行けないなどのトラブルメーカーとなり、雇用主から何度も叱責を受けて辞めてしまうのです。

 職がなくなったあとは……お金がなくなるので、生活ができません。その結果、簡単にお金が手に入る窃盗などをして再非行に走ってしまうのです。

 つまり、トラブルを起こす大人は、実は生きづらい大人であり、かつて生きづらかった子どもだったかもしれません。生きづらい大人を相応の支援につなげるとともに、今現在の生きづらい子どもたちへの理解を進め、誰もが適切な支援を受けられる社会を実現させるべきだと考えます。

 

2020年12月21日 (月)

【コロナ第3波】英国<コロナ変異株>発生!✍感染力7割増

 英国発欧州各国でもコロナ変異株感染力7割増 

朝日新聞デジタル 2020年12月21日(月)7時16分配信

 感染力が従来より最大7割強いとされる新型コロナウイルスの英国の変異株がイタリアやデンマークなどでも見つかり、欧州各国は20日、入国規制の強化に乗り出した。欧州はクリスマス休暇で人の移動が増える時期にあたり、感染再拡大への警戒感が強まっている。

 イタリア保健省は20日、数日前に英国から航空便でローマに到着した乗客から変異株が見つかったため、隔離したと発表した。世界保健機関(WHO)によると、英国と同じ変異株がデンマークで9件、オランダ、豪州で1件ずつ確認されたという。従来より重症化しやすいという証拠は見つかっていないという。

 現地報道によると、フランスは20日、英国からの入国を21日午前0時から48時間、鉄道と空路で、いずれも禁じることを決めた。英国への出国は規制しない。ドイツも近く、航空便の受け入れを停止する方針だ。このほか、イタリアやベルギー、オランダやオーストリア、ルーマニア、ブルガリアなどが英国からの入国を規制する。

 英国政府は20日、ウイルスの遺伝情報を調べた結果を明らかにした。変異株は9月に出現し、11月半ばまでは市中での広がりは少なかった。11月後半にロックダウン(都市封鎖)を導入したにもかかわらず、ロンドン南東のケント州で感染率が下がらなかったことから保健当局が調査。変異株による感染例が増えていたことが明らかになった。その後、この変異株がロンドンや周辺地域で広がっていることを突き止めたという。欧州疾病予防管理センター(ECDC)は、変異株がすでに英国以外にも広がっている可能性があるとしている。

 AFP通信によると、欧州連合(EU)の専門家は、開発されたワクチンは変異株にも有効だとの結論に達しているという。

変異種コロナ危険」…英国科学者警告”次々

Wow!Korea 2020年12月21日(月)8時44分配信

 英国の南東部で出現した、新型コロナウイルスの変異種“B.1.1.7”の危険性を指摘する科学者による警告が次々と出ている。

 英国経済紙のファイナンシャルタイムズ(FT) は、複数の科学者たちの発言を引用し、“B.1.1.7”の前例のない数値とその拡散速度を警戒しなければならないと、20日(現地時間)報道した。

 ウェルカム・トラスト・サンガー研究所(英国を拠点とする公益財団であるゲノム研究センター)で、新型コロナウイルス感染症のゲノムプロジェクトを研究しているジェフリー・バレット博士は「新型コロナの変異種ウイルスから23の変異が確認されたが、このうちの17はウイルスの特性に変化を与える可能性がある」と警告した。

 つづけて「ウイルスの変異が人間の細胞内の浸透力を強くさせる可能性がある。新たな変異種の出現は心配であり、我々がパンデミックで目撃したものとは異なるものだ」と強調した。

 ただ まだ変異したウイルスが、現在 接種されていたり開発されている新型コロナワクチンの効果に影響を与えるという証拠はないという状況である。

 一方 英国ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)の遺伝学研究所のフランソワ・バロー教授は「最近 英国南東部地方の入院率が増加しているが、患者の増加数と一致している。これは 新たな変異種により、深刻な症状へと変化していないことを意味している」と語った。

 から“旅客機乗り入れ禁止”…変異株拡散抑制”のため 

ロイター 2020年12月21日(月)11時45分配信

 カナダ運輸省は20日、パイロットらに対し、英国からの旅客機乗り入れを禁止すると通知した。新型コロナの変異ウイルス拡大抑制のため、複数の国が相次いで英国からの渡航を禁止している。

 通知は、貨物輸送機と安全上の理由で着陸する航空機は対象外としたうえで、この措置は「航空の安全と公衆保護のため必要」と説明した。

 ハイデュ保健相はツイッターで、首相と同相含む閣僚らが20日午後、新たな変異型ウイルスについて協議したと投稿した。当局者らによると、このウイルスは、当初のものより感染力が最大70%強いとみられている。

 英国のジョンソン首相は19日、変異が感染増加につながったとの見解を発表した。

 カナダは今週、米ファイザー社製のワクチン接種を開始したが、感染増は続いている。

 同国の累計感染者数は50万7795人、死者は1万4228人。20日の新規感染者は6203人だった。

 欧州各国英国からの渡航相次禁止変異株懸念 

BBC NEWS JAPAN 2020年12月21日(月)11時52分配信

 イギリスでより感染力が高い「制御不能」な新型コロナウイルスの変異種によるものとみられる感染が拡大していることを受け、欧州各国がイギリスからの渡航を禁止し始めている。

 アイルランド、ドイツ、フランス、イタリア、オランダ、ベルギーはそれぞれ、イギリスとの全ての航空便を停止している。これらの措置は短期的なもので、内容は国によって異なる。フランスの措置は英仏間の貨物輸送に影響を与えている。

 欧州理事会は21日により協調的な対応について協議する予定。

 新型ウイルスの変異種はロンドンとイングランド南東部で急速に拡大している。

 ボリス・ジョンソン首相はこれまで3段階だった警戒レベル(ティア)について、さらにその上のティア4(自宅待機)を設定。19日にロンドン(全32地区とシティ・オブ・ロンドン)のほか、イングランド南東部と東部の各州をティア4に指定した。また、クリスマス期間の規制緩和の取りやめも発表した。

 保健当局幹部らは、変異種による死亡率が従来種より高かったり、ワクチンへの反応が異なっていたりする証拠はないとした。一方で、従来種よりも感染の可能性が最大70%高いとしている。

 マット・ハンコック保健相は、変異種が「制御不能」になっており、「我々はこれを制御しなければならない」と述べた。そして、「率直に言って、ひどい1年にとって、信じられないほど困難な終わり」になったとした。

各国の対応は

 19日のイギリスの発表から数時間後、オランダはイギリスからの全ての旅客便を来年1月1日まで禁止すると発表した。20日には、イギリスからのフェリー客の乗り入れも禁止すると発表。貨物の輸送は継続するという。

 同国は14日に厳しいロックダウンを導入したものの、20日には1万3000人以上の新規感染者が確認された。

 フランスは貨物トラックを含む、イギリスとの間の全ての輸送手段を20日深夜から48時間停止した。毎日数千台ものトラックが英仏間を行き来している。

 フランスの禁止措置を受け、英仏海峡トンネルを運営するユーロトンネルは英フォークストンから仏カレーへの輸送を止めるため、グリニッジ標準時(GMT)20日午後10時から英側のフォークストン・ターミナルへのアクセスを停止した。

 21日の輸送を予約していた人は払い戻しが受けられる。カレーからフォークストンへの輸送は継続される。ドーヴァーのフェリー・ターミナルも現在閉鎖されている。

 ジョンソン首相は貨物輸送に関する差し迫った問題について協議するため、21日にも緊急治安特別閣議(コブラ=COBRA)を開く予定。

 毎年この時期に多くの人がイギリスとの間で行き来するアイルランドでは、政府がイギリスからの到着便を20日深夜から少なくとも48時間禁止すると発表。「公衆衛生上の利益のため、イギリス国内にいる人は国籍に関係なくアイルランドへ渡航すべきではない。空路でも、海路でも」とした。

 フェリーでの貨物輸送は継続される。

 ドイツ運輸省は20日深夜から、イギリスからの航空便の乗り入れを禁止した。貨物は除外される。イエンス・シュパーン保健相はイギリス国内で確認された変異種について、ドイツ国内ではいまのところ検出されていないと説明した。

 ベルギーは「予防措置」として20日深夜から少なくとも24時間、イギリスからの航空便と列車の乗り入れを停止した。

 イタリアは来年1月6日まで、イギリスからの全ての航空便を禁止する。イタリア保健省は20日、イタリアでもイギリスと同様の変異種が見つかったと発表した。変異種に感染した人はローマ市内で隔離されている。

 オーストリアもイギリスからの航空便を禁止する方針。ブルガリアは20日深夜からイギリスを発着する航空便を停止した。多くの国が短期的な措置を取る中、ブルガリアは来年1月31日まで禁止するとしている。

 トルコとスイスも、イギリスからの全ての航空便を一時停止している。

 変異株日本の対応は“特段の事情”あれば、英国から入国可能 

HUFFPOST 2020年12月21日(月)16時06分配信

 イギリスで、従来のものより感染力が高いとみられる新型コロナウイルスの「変異種」の感染が拡大していることを受け、ヨーロッパ各国が航空便の乗り入れ停止などの措置を打ち出している。

 加藤勝信・官房長官は12月21日、日本政府としての対応について、もともとイギリスを「上陸拒否対象国」としていることを挙げ「感染状況などを見つつ慎重に対応していく」と話した。

上陸拒否対象国だが..

 イギリスを中心に感染が広がっているのは、新型コロナウイルスの変異種「VUI-202012/01」。イングランド南部のケント州で12月13日に確認され、ロンドンを中心に感染拡大が起きている。

 イギリスのボリス・ジョンソン首相は記者会見で、まだ不明確な点が多いとしたうえで、「致死率が高いことや、重症化しやすいことを示す証拠はない。ワクチンが、変異種に対して効果が低いことを示す証拠も今のところない」と説明した。しかし一方で、「変異種の感染力は、古い種よりも最大で70%高い可能性がある」ともしている。

 各国が対応に追われている。BBCによると、ドイツ、フランス、イタリア、ベルギーなどは航空便の乗り入れを停止。貨物輸送も一部でストップしているという。

 これに対し、加藤官房長官は21日、定例記者会見で日本政府としての対応を問われると、「厚生労働省でイギリス政府やWHO(世界保健機関)と緊密な情報交換をしている」と回答。日本ではこれまでに変異種は確認されていないことにも言及した。

 そして、今後の対応については「これまでも国民の健康と命を守ることを最優先に、機動的な水際措置を講じてきた。イギリスはもともと上陸拒否対象国に指定をしていて、特段の事情のない限り新規入国は原則禁止にしている。感染状況などを見つつ慎重に対応していく」と状況を見守る考えを示した。

 日本政府は11月30日までに152の国と地域を上陸拒否対象国に指定していて、イギリスも含まれる。一方で「特段の事情」がある場合は新規入国を認めており、その場合も出国前72時間以内のウイルス検査や、日本の検疫での検査、さらに自宅やホテルでの14日間待機などが必要になる。

 加藤長官は「特段の事情があるかないかを勘案する際にも、そうした感染状況を踏まえた慎重な対応が必要だ」と話した。

 新型コロナ時代最も安全』『危険な国ランキング 

Bloomberg 2020年12月21日(月)19時01分配信/Rachel Chang、Jinshan Hong、Kevin Varley

 冬の訪れと待たれていた新型コロナウイルスワクチンの接種開始が、ブルームバーグがまとめる新型コロナ時代の世界で最も安全な国・地域の番付であるCOVIDレジリエンス(耐性)ランキングに変化をもたらした。

 経済や社会に最も痛手が少ない形でコロナに最も効果的に対応している国・地域を特定するため、ブルームバーグは毎月データを算出する。

 国境を閉ざしワクチン契約を確保、国内の感染拡大封じ込めに成功したニュージーランドが12月も1位を維持した。冬の寒さ到来で前回上位だった日本や韓国が苦戦する中、台湾2位に浮上した。

 冬の厳しさで人々は密になり得る屋内で過ごすことが増え、ロックダウン(都市封鎖)を行わずに感染拡大を抑え込もうとしていた国々が脅かされている。11月に2位だった日本7位となり、韓国とスウェーデンも順位を下げた。経済への影響を最小限にして感染を抑制しようとするアプローチには、圧力がかかっている。

 北半球の冬は欧州と米国の厳しい状況をさらに悪化させた。米国はメッセンジャーRNA(mRNA)技術に基づくワクチン2種をいち早く承認したにもかかわらず、ランキングは19位下げた。

 メキシコは最下位の53位にとどまっている。検査陽性率の低下やワクチン確保の動きによって他国・地域との差は縮まりつつあるものの、感染者数は依然として多い。

Photo_20201222061801

Photo_20201222061901

Photo_20201222061902

 今月に入って一部の国で接種が始まったワクチンの影響はさらに複雑だ。

 ブルームバーグCOVID耐性ランキングは経済規模が2000億ドル(約20兆6900億円)を超える53の国・地域を、感染者の増加ペースや全体の致死率、検査能力、国内医療体制の能力、ロックダウンのようなコロナ関連の行動制限が経済にもたらす影響、移動の自由など10の主要指標に基づいてランク付けした。12月の番付ではワクチンの契約に基づく供給数が明確になったため、関連指標を人口に対してワクチンが行き渡る割合のスコアに修正した。

ブルームバーグCOVID耐性ランキングの補足説明

 英国はファイザーとビオンテックが開発したワクチンの緊急使用を世界に先駆けて今月前半に認めたが、ランキングは11月から2段階下がった。契約済みのワクチンは人口の3倍近くの接種に十分なものの、配布は始まったばかりで、歯止めのかからない感染拡大でロンドンと周辺地域はクリスマスが終わるまでロックダウンされることになった。

Photo_20201222062101

 米国のランキング急低下はワクチン依存戦略のリスクを示した。同国はワクチン2種をいち早く承認し数十万人規模の国民への接種を開始したが、41秒に1人がコロナで死亡し多くの州では病院が能力の限界に近い状況にあるなど、事態の改善につながっていない。

 また、米国が確保したワクチンは人口の154%分にとどまり、この割合はカナダや欧州連合(EU)に比べ少ない。年内には2000万人分の供給があるとしているものの、配布状況は州によってばらつきがあるとみられ、国民の広い層に接種が広がるのはまだ何週間も先のことと思われる。

Photo_20201222062201

 来年1月の耐性ランキングでは、ワクチン接種でどの程度素早く感染拡大を抑えられるかが焦点になる。

 最新ランキングでほかに目立ったのは、オーストラリアとシンガポール、フランス、ナイジェリア、イラク、フィリピンが順位を上げたことだが、いずれも制限の緩和を伴っていた。

 一方で大きく下げたのはギリシャ、インドネシア、トルコ。感染者と死者が過去最多を更新し、新たに一段と厳しいロックダウンを導入せざるを得なくなったドイツの順位も低下した。中国とインドは人口の多さから、国民のワクチン確保で他の国以上の困難に見舞われるもようで幾分下げた。

共通点

 米国やインドなど世界で最も優れた民主主義国家の一部が後れを取った一方で、中国やベトナムなど全体主義的な国家が新型コロナウイルス抑え込みに成功したことは、民主的な社会がパンデミック(世界的大流行)への対応に適しているのかという疑問を投げ掛ける。

 しかし、ブルームバーグCOVID耐性ランキングはその疑問を否定する。11月も今回も、トップ10の大半は民主的な国・地域だ。悪影響を最小限に抑えて新型コロナを封じ込めることに成功している政府は、市民に命令し服従させる力によってではなく、高い信頼と社会のコンプライアンスを引き出すことによってそれを可能にしているように見受けられる。

 市民が当局とその指針を信頼している場合、ロックダウンは不要かもしれない。日本と韓国、そしてある程度においてスウェーデンがこれを示した。ただ、厳しい冬の訪れが今、こうした比較的オープンなアプローチに問題を突き付けている。

 ニュージーランドは最初から、コミュニケーションを重視した。同国の4段階の警戒システムは、感染拡大の状況に伴い政府がどのように、またどういう理由で行動するかを国民に明確に理解させた。

 公衆衛生インフラへの投資も重要だ。20年より前には多くの場所でその価値が過小評価されていた接触追跡システム、効果的な検査が新型コロナ対応で上位にランクされる要因となり、健康に関する知識の普及が手洗いやマスク着用を社会に定着させる助けとなった。これが、経済に大打撃を与えるロックダウンを回避する鍵になったと、米国立アレルギー感染症研究所(NIAID)のアンソニー・ファウチ所長は指摘している。

 メルボルン大学で世界疾病負担(GBD)グループのディレクターを務める アラン・ロペス名誉教授によればまた、社会的結束もこのパンデミックへの対応の成否を分ける要素だった。

「日本や北欧の社会を見ると、不平等がほとんどなく、非常に規律が行き届いていることが分かる」とロペス氏は述べた。「これが、国としてより結束した対応につながり、優れたコロナ対応ができた理由だ」と分析した。

米国のワクチン優位

 米国から効果的な対応が見られなかったことが、今回のパンデミックで最も驚くべき展開の1つだった。超大国の米国が感染者数と死者数で世界最多となり、危機への対応は最初から出遅れていた。医療機器および個人防護具(PPE)の不足、検査と追跡システムにおける協調の欠如、マスク着用の政治問題化など不備が目立った。

 トランプ米政権は予防よりも治療とワクチンを第一に重視した。「ワープ・スピード作戦」と銘打った取り組みの下、ワクチンを開発する製薬会社などに約180億ドルを配分した。一方、国内の各州は危機対応のための資金を求めていた。

Photo_20201222062401

 ワクチン確保の指標では人口の5倍以上に十分な量を確保したカナダが依然トップ。オーストラリアとニュージーランドは人口の2倍以上分を確保、一方で台湾の割合は26%にすぎない。

 人口に対するワクチン注文の割合に基づく新たなワクチンアクセス指標は、中国、インド、米国など人口の多い国が抱える大きな課題を反映する。中国とインドの注文あるいは製造能力は年20億回分を優に超えるものの、それでも人口の少ない国に比べ不利になる。

Photo_20201222062701

 全体として、ワクチンアクセス指標は豊かな国の永続的な強さを浮き彫りにする。こうした国の一部はウイルス抑え込みに失敗しているが、それでもワクチン確保では優位だ。規模の比較的小さい新興国・地域の多くは国内での臨床試験実施やワクチン製造を請け負うことによって供給契約を確保した。

 シンガポールのリー・シェンロン首相は11月にブルームバーグ・ニューエコノミー・フォーラムで、「大国は、場合によっては驚くほどの包括的な措置によって自分たちが第一にワクチンを入手することを確実にした」と指摘。「そのような政治的緊急性は理解できる。大国はある程度自分の言い分を通すのが現実だと思う」と語った。

これから

 ブルームバーグCOVID耐性ランキングは53の国・地域の現在のランキングを示すものだが、ワクチンへのアクセスをランク付けすることによって各国経済の将来への展望も提供する。

 いずれにせよ最終的な番付ではないし、ウイルスについてのデータの不完全さや危機の展開の速さを考えれば番付が固定されることは決してない。第1波を比較的うまく乗り切った国・地域も第2波、第3波に見舞われている。その時々の状況や純粋な運も結果を左右するが、これらを定量化することは難しい。

 来年はワクチンの普及がさらに決定的な要素となることは確かだ。物流と保管、国民の不安と、課題は多い。しかし、新型コロナとの1年間の闘いを経て、政府も国民も感染拡大を抑える方法、影響を緩和する方法への理解を深めている。

 順位はデータとともに変わっていく。ブルームバーグは事態の展開に伴い、毎月ランキングを更新していく。

 

2020年12月20日 (日)

【座間9人殺害】“死刑囚”白石隆浩✍彼を「どう捉えるべきか」

 座間事件の「論じ方」~専門家が「経験と想像で分析する危険 

現代ビジネス 2020年12月20日(日)7時01分配信/原田 隆之(筑波大学教授)

座間事件でわかったこととわからなかったこと

 2020年12月15日に死刑判決が下された座間9人殺害事件について、私は判決当日に「現代ビジネス」に寄稿し、「結局、事件の肝心なところはわからなかった」と述べた(「座間9人殺害事件『死刑判決』、“最大のナゾ”は結局わからなかった」)。

 わかったことと言えば、白石隆浩被告の特異なパーソナリティ、前途を悲観した多数の若者の存在、そして本来なら出会うはずのない被害者と加害者を結びつけたSNSの危険性などである。

 白石被告のパーソナリティについては、事件発生直後から「サイコパス」の特徴に当てはまる部分が多いことを指摘したが(「犯罪心理学者が読み解く、座間9遺体遺棄事件『最大のナゾ』」)、それは裁判で明らかになった事実からも確認できた。

 しかし、本件に至るまで大きな反社会性や攻撃性が見られなかった被告が、なぜ20代も半ばを過ぎて、突如としてこれほどの猟奇的事件を連続的に起こしたのか、その原因については結局わからないままなのである。

 サイコパスと呼ばれるような犯罪者や重大事件の犯人は、幼少期から多種多様な問題行動を頻発させていることが、エビデンスの示すところなのだが、白石被告にはそれがあてはまらない。幼少期からの反社会性は、脳の機能障害の可能性が大きいこともわかっている。しかし、白石被告にはこれらが当てはまらないのである。

 これが科学の限界であり、現時点での犯罪心理学の限界である。したがって、残念ではあるが、わからないことはわからないと述べることが、科学者としての誠実な態度であると私は考えている。

座間事件の本当の理由

 一方、判決の翌日、同じく「現代ビジネス」に「マスコミが絶対に報じない、猟奇的な『座間事件』が起きた本当の理由」という寄稿があった。

 その記事の筆者は国際社会病理を専門とする阿部憲仁氏であるが、彼の主張によれば「専門的には、幼少期の家庭環境が影響しているのではないかと考えられる」「白石被告の場合も、幼少期の家庭環境が犯行に何らかの影響を与えたことは否定できないだろう」ということである(太字引用者)。

 つまり、阿部氏のいう「座間事件の本当の背景」なるものは、一言で言えば「親が悪い」という乱暴な「分析」である。そして、彼の分析や結論は、すべて想像の域を出ていない。そこには何の科学的、客観的根拠もない。

 社会に大きなインパクトを与えた重大事件であるから、社会的関心も大きい。その事件について、「専門家」を名乗る者が、想像に頼って全国的なメディアで発信をすることは、大きな問題がある。

 私はある通信社の協力を得て、77日間全24回に及んだ公判の記録をすべて熟読したが、実際、公判を通して被告の家庭内での大きな問題は何も出てきていない。報道でも家族の問題については、何も触れられていない。

 しかし、それに対しても阿部氏は「家庭環境や幼少期の経験を明らかにすると、せっかく一新した自分のイメージに傷がつくため、口を閉ざしていると推測できる」とまた「推測」を重ねている。

 つまり、自分の結論に合わせて都合よく「推測」をつなぎ合わせているだけなのだ。これは「確証バイアス」の見本のような主張だといえる。被告が家庭に問題があったと語らないのは、本当に問題がなかったからかもしれないのに、それでは都合が悪いのである。

経験に頼ることの危険性

 阿部氏の分析手法は、本人自身が書いているように、これまで何人かの重大犯罪者と面会などをしてきたことの「経験」に基づいて事件の考察をするというものである。記事にも「その経験から、座間事件の特徴を以下で考察してみたい」と書かれている。 

 つまり、科学的なエビデンスやデータに頼るのではなく、「経験」という個人的体験や主観に頼るのだということをはっきり述べている。

 私自身もこれまで千人を超える犯罪者との面接の「経験」があるが、その分析において個人的「経験」に頼ることはない。「経験」から何かの示唆を得たとしても、必ず科学的エビデンスと照らし合わせて、あるいは自ら科学的研究を行って、それがどの程度正しいのか実証的裏付けがあるのかを検証する。

 経験には、思い込みや偶然などのバイアスが必ず紛れ込んでおり、それに頼ることは危険だからだ。これが科学的態度というものである。

 特にこのような連続殺人の場合、どれだけ過去のケースを集めてみても、たかだか十数件程度にしかならない。阿部氏自身も過去の、しかもアメリカの連続殺人事件を引き合いに出しているが、少数の事例はもとより、どれだけ多くの事例を集めてもそれはエビデンスとは呼べない。

 一方、連続殺人に限定せず、犯罪のリスクファクターに関する膨大なデータを集積したメタアナリシスによるエビデンスを見ると、虐待など逆境的な家庭環境やトラウマは、犯罪の原因としてはさほど重要なものではないことがわかっている(1)。つまり、阿部氏の「経験」に基づく「推測」を、エビデンスは明確に否定している。

 また、サイコパスの原因に関しても、サイコパス研究の第一人者であるカナダの犯罪心理学者ロバートヘアは、結局のところ、サイコパスが幼い頃の社会的、あるいは環境的要因に直接基づいているという確かな証拠はどこにも発見できないと語っている(2)。

 イギリスの心理学者マーシャルらの研究では、サイコパスと非サイコパスの間に非虐待経験率には有意差がなかったことが見出されている(3)。

 さらに、犯罪神経学者のエイドリアン・レインは、反社会的行動に対する家庭環境などの寄与率は、4%にすぎないと指摘している(4)。もちろん言うまでもなく、これらはさまざまな研究データに基づく知見であり、彼らの経験や推測ではない。

 30~40年前ならいざ知らず、現在の犯罪心理学では、これらは周知の科学的事実である。それを知らないのなら、「専門家」を名乗る資格はない。

粗雑な犯罪理解の問題点

 「犯罪の原因は家庭にある」という素朴で粗雑な「推測」は、加害者家族を傷つける。加害者の家族は、ただでさえ非常なバッシングを受ける。

 これまでも重大事件の家族が、自殺をしたり一家離散したりという例は枚挙に暇がない。「専門家」を名乗る者が、それを焚きつけるような主張をすることは、到底容認できるものではない。

 重大事件の原因がよくわからないと、人は不安になる。だからといって、それを軽々しく想像で埋め合わせてわかったことにしてしまうことのほうが、よほど問題である。

 現在、「専門家」というものが、自称すれば誰でもなれる簡単なものに成り下がっており、専門家のデフレが甚だしい。論文を1本も書いていないような人が、ある日突然「専門家」を名乗って、メディアで発信できる世の中なのである。また、その自称に乗っかってありがたかっているメディアの責任も非常に大きい。

 SNSやウェブメディアが発達し、簡単に情報発信ができるようになった今だからこそ、専門家にしろ、メディアにしろ、その影響力を自覚して、責任ある発信を強く望みたい。

 阿部憲仁マスコミが絶対に報じない、猟奇的な座間事件が起きた本当の理由  2種類の殺人の「ハイブリッド」だった  

現代ビジネス 2020年12月16日(水)6時01分配信/阿部 憲仁(桐蔭横浜大学教授)

9人が亡くなった凄惨な事件

 「はい、わかりました」

 判決を聞いた被告人は、あっさりとこう答えたという。

 12月15日、東京地裁立川支部で「座間事件」の犯人・白石隆浩被告に死刑判決が下された。2017年の8月から10月にかけて、彼は自殺願望を抱く9人の男女を1人ずつTwitterで勧誘し、神奈川県座間市の自宅アパートに連れ込んだ。うち8人の女性被害者には性的暴行を加えたうえで、全員の首をロープで絞めて殺害。

 その後、遺体から小額の金品を盗み、証拠隠滅のためバラバラに解体して近隣のゴミ捨て場に廃棄した。その一方で、被害者たちの頭部は自宅で保管していたという。彼は一体なぜ、このようなむごたらしい殺人事件を起こしたのだろうか。

 白石被告自身は法廷で、金銭や性交渉、証拠隠滅が目的だったと証言している。しかしこの座間事件は、本人が語ったシンプルな動機だけでは説明がつかないと感じている。金品や性的興奮を目的として起こった他の殺人事件と比較すると、被害者たちの頭部を自宅で保管していたことや、法廷で死刑を受け入れたかのような言動を繰り返したことなど、座間事件には異様な特徴がいくつも見られる。

 私はこれまで、アメリカの有名な殺人犯や相模原障碍者施設殺傷事件の植松聖など、数多くの犯罪者たちと直接面談したり、電話や手紙でやり取りするなどコミュニケーションを重ねてきた。その経験から、座間事件の特徴を以下で考察してみたい。

 結論を先に述べれば、私はこの事件が典型的な2タイプの殺人を混ぜ合わせた「ハイブリッド」ではないかと考えている。

大量殺人と連続殺人の相違点

 自分と直接関係がない複数人を殺害する事件を「無差別殺人」と呼ぶが、その中でもさらに「大量殺人」と「連続殺人」の2種類に分類することができる。まずは有名な殺人犯を挙げながら、この2種類について解説していこう。

 前者の「大量殺人」とは、文字通り一度に1ヵ所で多くの人間を殺害する事件のことを指し、アメリカなどでしばしば発生する銃乱射事件や2008年に起きた秋葉原通り魔事件などが該当する。代表的な事件として、2012年にアメリカのコロラド州で発生した「オーロラ銃乱射事件」を挙げておきたい。

 犯人であるジェームズ・ホームズは上映中の映画館に銃を持ち込み、映画の銃撃シーンに合わせて拳銃やショットガンを観客に向けて乱射した。死者は12名、負傷者は58名にも上った。このように、一度の犯行で何十人もの人々を無差別に殺害するのが、大量殺人の特徴である。

 そのため、その多くは、逮捕される前に自殺する、あるいは警察官に銃を向けて逆に射殺されるケースがかなり多い。1999年にアメリカの同州で発生したコロンバイン高校銃乱射事件の場合、犯人であるエリック・ハリスとディラン・クレボルドはたった45分間で13名を射殺、24名に重軽傷を負わせた後、自殺している。

 彼らのように自ら命を絶つ犯人が一定数見られるのは、犯人が「自分自身の生」に対しても執着が乏しいからだろう。こういったケースを、他人を巻き添えにした「拡大自殺」と解釈する専門家もいる。

 一方「連続殺人」は、一般に1人の人間が複数の相手を別々の場所で殺害するような事件の指し、「シリアルキラー」と呼ばれるのはこちらの犯人である。連続殺人の特徴は、犯人が「強い攻撃性」と殺害行為に対する快感を抱いていることだ。それゆえ、被害者を拷問するなど、犯行にサディスティックな特徴を見せるケースも少なくない。

 たとえば1974年から1991年にかけてアメリカのカンザス州で10人を殺害したデニス・レイダーは、被害者を縛り上げて自由を奪ってから、拷問を加えて殺害していた。他にもいわゆる「めった刺し」や性的暴行など、被害者に対して過剰なまでの攻撃性を見せることもある。

座間事件が持つ2つの要素

 座間事件は、この2パターンの特徴を併せ持ったハイブリッド型の事件だと言えるだろう。連続殺人的な側面は、自殺願望を抱く被害者たちに1人ずつコンタクトを取り、自宅に誘い込んで性的暴行を加えたうえで殺害した点からも明らかであろう。

 座間事件の場合、厳密には「スプリー殺人」に分類される。たいていの連続殺人事件の場合、犯行と犯行の間に一定の間隔がある。それら事件の犯人たちは、誰かを殺害した後に「冷却期間」を設けて、しばらくの間は普通の生活を送ることが多い。

 やがて日常生活で溜まっていく鬱憤やストレスに我慢できなくなり、次の犯行へと進むことになる。たとえば先述のデニス・レイダーは、最長で7年半も犯行の間隔を空けている。

 一方、座間事件の特徴は、約2ヵ月間で9人を殺害するという驚異的な犯行スピードだった。犯行の間隔は、最短で2日間、長くても18日間しかなかった。このような犯行の展開を見るに、冷却期間を置くことなく、まるで「ひとまとまりの出来事」かのように一連の殺人が行われた座間事件は、典型的なスプリー殺人のケースである。

 前述の通り、この事件の異様な特徴の一つが、白石被告が被害者の頭部を自宅に保管していたことだが、それはこのようなスプリー殺人の結果だと考えられる。

 白石被告は被害者たちの遺体をバラバラにしてゴミ捨て場に廃棄した一方で、頭部はクーラーボックスに入れて自宅で保管していた。頭部や大きな骨は解体するのに手間がかかるが、不可能ではない。わざわざ見つかるリスクを承知で遺体の一部を手元に置いておいたのは、非常に不可解である。

 だが、約2ヵ月間に9人を殺害するという、驚異的なスピードで犯行を重ねていた白石被告は、遺体の処理よりも次の犯行へ意識が向いてしまったと考えれば納得がいく。胴体部分は解体できても、手間のかかる頭部が後回しになっていたのであろう。

 もっともこの点については、被害者たちの頭部が、白石被告にとって殺人の「記念品」になっていた可能性も捨てきれない。連続殺人犯の中には、犯行現場に戻って自分の殺人行為を確認したり、被害者の所持品を「記念品」として手元に置いておいて犯行を思い出したりする者もいる。彼らにとっては、「殺害=偉業の達成」といった意識があり、「記念品」はそのトロフィーに当たるため大事に保管しておく傾向がある。

 たとえば1978年から1991年にかけて、アメリカのオハイオ州やウィスコンシン州で17人の青少年を殺害した「ミルウォーキーの食人鬼」ジェフリー・ダーマーは、頭部や胴体など被害者たちの遺体の一部を意図的に自室に保管し、すでに処分して手元にない遺体についても、写真を撮影して保存していたという。遺体そのものや写真を定期的に見返すことで、犯行の瞬間を思い返していたのだろう。

 警察がアパートに踏み込んだ際、白石被告は「Aさんの頭はここ、Bさんのはここです」といったように、被害者の頭部の場所を正確に説明している。おそらく彼は、頭部の存在を意識しながら生活していたのではないだろうか。

 少し話がそれたが、大量殺人と連続殺人に話題を戻そう。ここまで見てきた通り、座間事件には、連続殺人的な特徴が色濃く見られるが、一方で大量殺人的な要素も見られる。そう感じたのは、公判での白石被告の言動がきっかけだ。

 「(一審で下された判決が)極刑でも控訴しない」

 「すべてを終わらせたい」

 このように白石被告はすべてを諦めて、死刑を受け入れているような素振りを見せたという。ほとんどの連続殺人犯はこうした潔い態度を見せない。彼らの多くは司法取引により何とかして死刑を逃れようとするし、たとえ弁護を引き受ける人間がいなくなったとしても、自ら弁護人を務めて法廷で徹底的に闘う。

 「被害者たちは自ら死を望み、白石被告に殺されることを承諾していたかどうか」という点について、公判では検察側と弁護側が議論を戦わせた。白石被告はTwitter上で出会った自殺願望を抱く人々を殺害していたため、弁護側は「被害者も同意したうえでの殺人だった」と主張し減刑を狙った。

 しかし白石被告本人は、死刑につながることを理解しながらも「被害者たちの承諾はなかった」とする検察側の起訴事実をすべて認めていて、「(弁護士と)方針が合わず、根に持っています」とも話している。

 これらの白石被告の法廷での言動は、彼の「生への執着の乏しさ」を示唆するものと考えられ、大量殺人的な特徴と言える。それゆえ、座間事件は2タイプのバイブリッドではないかと分析している。

猟奇性の根源はどこにあるのか

 連続殺人犯と大量殺人犯、同じ凄惨な殺人事件であるにもかかわらず、なぜそれぞれ異なる特徴があるのだろうか。その理由として、専門的には、幼少期の家庭環境が影響しているのではないかと考えられる。

 これまで分析してきた無差別殺人犯たちを振り返ると、0~3歳(特に0.5~1.5歳)の期間である「臨界期」の経験が、犯行に影響を与えているケースがよく見受けられる。脳の形成と感情の発達が進むこの時期にある種の出来事を体験すると、成長してからの行動にも影響が現れることが多い。

 連続殺人犯を分析していると、幼少期に家庭内で虐待を受けていた事例が数多く見られる。たとえば33人の青少年を殺害した「キラー・クラウン」ことジョン・ウェイン・ゲイシーは、幼少期に父親からひどい虐待を受けていた。父は「グズ」「間抜け」といった侮蔑的な言葉を投げかけながら、よく息子を革のベルトで叩いたという。

 このように、幼少期に他者から度々「攻撃性」をぶつけられた経験が、その後の破壊的犯行の一因となったことは否定できない。

 一方で、大量殺人犯の幼少期の家庭環境を分析していると、保護者による「ネグレクト」が見られるケースがままある。たとえば、2007年にバージニア工科大学で銃を乱射し33名を射殺、17名に重傷を負わせたチョ・スンヒは、非常に口数が少なかった。幼少期に両親と十分なコミュニケーションを取れず、その後も人間関係がうまく築けなかったという。彼も大学で銃を乱射した後、自ら命を絶っている。

座間事件の根源を探る

 先述の通り、座間事件は連続殺人と大量殺人の側面を併せ持った「ハイブリッド」だった。白石被告の場合も、幼少期の家庭環境が犯行に何らかの影響を与えたことは否定できないだろう。では、白石家はどのような家庭だったのか。

 白石被告は幼少期の家庭についてあまり話したがらないという。これは、彼が幼少期を「負の歴史」として認識している可能性が高い。殺人犯の中には、殺人を犯すことで「過去の弱い自分」を乗り越えたと感じる者もいる。

 白石被告の場合も、殺人によって過去の自分を乗り越えて、殺人犯としての「強いイメージ」を打ち立てることができたと考えているのではないだろうか。家庭環境や幼少期の経験を明らかにすると、せっかく一新した自分のイメージに傷がつくため、口を閉ざしていると推測できる。

 彼の家庭については断片的な情報しか漏れ聞こえてこない。白石被告の父親は大手自動車メーカーの下請け企業で部品設計の仕事についており、「仕事中心で、子育ての時間はなかった」という。一方で、母親については、このように話している。

 「母はとても優しく料理が上手な方でした。親からの愛情という意味では恵まれたと思います。歯の矯正をしてくれましたし、視力矯正で病院に通わせてくれました。お母さんの料理も美味しかったです」

 他にも「完璧」「きれい」「パチスロにハマった時お金を貸してくれた」など、一見温かい母親を思わせる発言が多い。しかしそのどれも、表面的あるいは物質的な話ばかりなのが気にかかる。なお白石被告が20歳の頃、母親は彼の妹と一緒に家を出て、それ以来彼とは別居している。

 確かに、これだけの情報から過去の白石被告に何が起こったのか断定するのは難しい。しかし、他にも報道されている白石家の家庭環境の情報から推察するに、白石被告がまだ非常に幼い時期に、家庭内で何らかの「大きな変化」が生じたと考えられる。

 これは決して「白石家に虐待とネグレクトの両方があった」と断言するものではない。しかし幼少期に家庭内での人間関係やコミュニケーションのあり方が「AからB」へと正反対の方向へ劇的に変化し、それが虐待と類比できるような影響をもたらした結果、異なる2つの要素をあわせ持った凄惨な殺人事件へとつながったのではないだろうか。

Photo_20201220094701Photo_20201220095001Photo_20201220094801Photo_20201220095201

関連エントリ 2020/12/19 ⇒ 【座間9人殺害】弁護人が控訴<白石被告✍死刑判決>判決不服。
関連エントリ 2020/12/15 ⇒ 【座間9人殺害】東京地裁<白石被告✍死刑判決>求刑通り
関連エントリ 2020/10/10 ⇒ 【殺人ピエロ】実録=スティーブン・キング原作『IT』のモデル

Photo_20201220103501

 死刑囚無期懲役囚の“”元暴力団の牧師「人間性可能性はある 

ABEMA TIMES 2020年12月18日(金)16時42分配信

 3年前、神奈川県座間市のアパートで男女9人の遺体が見つかった事件で強盗殺人などの罪に問われていた白石隆浩被告に対して、東京地裁立川支部は15日、死刑判決を言い渡した。遺族の大半が極刑を望んだ末の判決。しかし被害者遺族の中には「被告の思うように死刑になって簡単に終わらせたくない」「怒りをどこにぶつけていいのか分からない。相手が死刑になったってぶつけようがないんだから」と話す人もいる。

 また、11日には鹿児島県日置市で親族ら5人を殺害するなどの罪に問われていた岩倉知広被告に死刑判決が言い渡されている。岩倉被告は判決を聞くや「許されんぞ」と叫び、検察官や遺族に飛びかかろうとして刑務官に取り押さえられた。弁護側は判決を不服として、即日控訴している。

 このところ相次いだ死刑判決。一方、今年は死刑の執行はなく、13日には外国人女性2人を殺害、2012年に死刑が確定していた男が東京拘置所内で病死したことが報じられている。これで執行を待つ死刑囚は109人となった。

反省の言葉もないまま刑場の露と消えていくのが人間的なことだろうか

 死刑制度について、元暴力団員で服役した経験も持つ牧師の進藤龍也氏は「死刑制度を肯定している人たちを批判しているわけでも、被害者のことを無視しているわけでもない」としつつも、クリスチャンとしての視点も交えた4つの理由から反対の立場を取っていると説明する。

 「一つ目は、国際的に取り残されてしまう可能性があるということ。二つ目は、命のやりとりは神ご自身によって行われるべきことだということ。

 三つ目は、罪を犯した人が悔い改め、被害者に謝罪する気持ちを持つ、つまり人間性を取り戻すチャンスを奪ってしまっていいのか、ということ。実際、被害者遺族の中には、死刑が執行されてもスッキリしなかった、というケースがある。極刑にしてくれと言っていた遺族の方が、その後のやり取りの中で変わってくることもある。それどころか、遺族の方が生きて償ってほしいという除名嘆願を出しているのに死刑を執行してしまうことだってある。あるいは死にたいから罪を犯したという人がすぐに執行されるケースもあるが、言いなりになる必要はないと思う。人間性を取り戻して刑に服すのか、反省の言葉もないまま刑場の露と消えていくのか、どちらが人間的だろうか。

 四つ目が、人間のジャッジは完璧ではないということ。実際、袴田事件のようなことも起きているし、実は冤罪だったのに刑場に消えていった人もいるかもしれない」。

 進藤氏がこのように主張をするのは、自身が死刑囚や無期懲役囚との関わりを経験したからでもある。

 「私に連絡をくださる方々は、“罪責感で押しつぶされそう、どうやって生きたらいいか分からない”というような手紙をくれる。ある本の中には、“殺人者には殺人者の正義がある”、つまり“俺は殺す理由があったから殺したんだ”というところから抜け出せない人もいるし、そうであれば改心なんかできる訳がない。だからやっぱり死刑制度に賛成だ、という人もいると思う。僕も神様ではないので、本当の心の中までは分からない。確かに死刑囚の方も殺人の罪で無期懲役になった方も、最初のうちは反省や謝罪の言葉はなく、人生を儚んでいるだけだ。

 しかし、私が人間同士として関わってきた人たちには、少しずつ自責の念が生まれてきたし、文通や面会をしていく中でインスピレーションがある。実際、刑務所で稼いだ全額を被害者の方に送っている方もいる。裁判で死刑が無期懲役になるという経験をし、命の尊さというのを知って改心に向かった方もいる。そして、皆さんびっくりするくらいに家庭というものと縁が薄い。言ってしまえば、“そんなにかわいそうな幼少期だったの”という方々が犯罪に走っているということは間違いない。

 また、私が関わった死刑囚のうち2人はキリスト教に出会ったので、死への恐怖についてはあまり話さない。むしろ自分が生かされている価値というか、執行までの年月をどう生きるかということを常に考えている。それが生き直すとか、悔い改めるということだと思う。被害者感情を無視する訳ではないが、“この人は変わってくれたんだ”と感じられれば、被害者遺族の方々も慰められると思う。神の目から見れば、私のような前科者や犯罪者も大統領も、同じ愛する人には変わりはない。壊れたものが直るというのはとても嬉しいことだし、逆に諦めるというのは、その愛に反することだと思う」。

死刑制度には反対だが、その理由がなかなかうまく説明できない」パックン

 州によっては死刑が存置するアメリカ出身のパックンは「大学時代のルームメイトが死刑制度の研究をしているが、犯罪抑止には効果ないと言っていた。日本のことは日本国民が決めることだが、人の命を取るような国じゃないというイメージの方がいいと思うし、その意味ではアメリカでも死刑が執行されているのは残念に思っている。ただ、限られた人材、税金、時間の中で誰を助けるのか。DV、貧困、教育格差など、様々な境遇で苦しんでいる国民を救わずに、どうして2人以上を残酷な手段で殺したような死刑囚のために頑張らなくてはいけないのか、あるいは死ぬまで生活の面倒を見なくてはいけないのか。こうした疑問にはなかなか答えられない」と話す。

 EXITのりんたろー。は「死刑が抑止力になっているのだし、なきゃダメだと思っていたし、終身刑でもいいんじゃないかなと思っていたが、様々な問題があると感じた」、兼近大樹は「法律の名の下で、実際に人を裁き、人の命を奪っているのは人間だ。だから完璧に正しい人間がこの世界にいるなら、死刑も成立すると思っているし、少なくとも僕は正しく生きてきた人間じゃないので、誰のことも裁くことはできない。完璧に死刑制度を遂行できる、完璧な人間っているのかな」と話していた。

 追記 

 白石隆浩被告(30控訴取り下げ死刑確定」の見通し 

時事通信 2020年12月23日(水)11時07分配信

 神奈川県座間市のアパートで10~20代の男女9人の遺体が見つかった事件で、強盗・強制性交殺人罪などに問われ、一審で死刑判決を受けた白石隆浩被告(30)が、弁護人による控訴を取り下げたことが23日、分かった。

 21日に取り下げ書を提出した。控訴期限は来年1月4日で、同5日午前0時に死刑が確定する見通し。

 東京地裁立川支部が明らかにした。白石被告は一審公判で、裁判が長引くことで「(自分の)親族に迷惑をかけたくない」と説明。「(判決が出れば)控訴せず、罪を認めて罰を受けるつもりだ」と述べていた。

 裁判では殺害時の被害者の承諾の有無が争点となったが、同支部は今月15日、被害者9人全員が「承諾していなかった」と認定。「犯罪史上、まれに見る悪質な犯行」として、求刑通り死刑を言い渡した。弁護人は18日に控訴した。

 判決によると、被告は2017年8~10月、金銭欲や性欲を満たす目的などで、ツイッターで自殺願望を示した被害者に接触。自宅に招き、ロープで首をつって殺害した。女性8人には乱暴したほか、被害者全員から所持金を奪い、遺体を解体、遺棄した。 

 

2020年12月19日 (土)

【座間9人殺害】弁護人が控訴<白石被告✍死刑判決>判決不服。

座間事件白石被告の弁護人控訴 死刑判決不服

共同通信 2020年12月18日(金)17時57分配信

 神奈川県座間市のアパートで2017年、男女9人の切断遺体が見つかった事件の裁判員裁判で、強盗強制性交殺人などの罪に問われた無職白石隆浩被告(30)の弁護人は18日、東京地裁立川支部の死刑判決を不服として控訴した。地裁立川支部が明らかにした。

 被告は公判で「裁判を早く終わらせたい。死刑でも控訴しない」との意向を示していた。

 判決によると、自宅アパートで17年8月下旬~10月下旬、女性8人に性的暴行した上、男性1人を加えた9人をロープで首を絞めて殺害し、現金数百~数万円を奪った。

座間9人殺害弁護人として控訴」の意図若狭勝

日刊スポーツ 2020年12月15日(火)20時25分配信

 神奈川県座間市のアパートで2017年に男女9人の切断遺体が見つかった事件で強盗強制性交殺人などの罪に問われた白石隆浩被告(30=無職)の裁判員裁判判決公判が15日、東京地裁立川支部(矢野直邦裁判長)で開かれ、求刑通り、死刑判決が言い渡された。白石被告の弁護人は判決後に「控訴を検討する。被告が控訴しない意向を示したとしても、弁護人として控訴する可能性はある」と述べた。

 若狭勝弁護士(元東京地検特捜部副部長) 控訴の申し立てを1審の弁護人が行うことはできる。上訴期限は2週間なので、それまでに控訴手続きをすれば、高裁の場に移り、新たな弁護人が選任され、控訴審が始まることになります。

 ただし、被告人が心底、固い意思で「絶対に控訴しない」「刑に服します」ということを明示している場合、その気持ちに反して控訴の手続きはできず、刑は確定します。また2審で選任された弁護人も被告人の意思に反して、控訴審を戦うことはできないと思う。

 被告人が「控訴しない」という意思表示が、あいまいなものだとすれば、弁護団としては死刑判決なので慎重を期するためにとりあえず、控訴しておこう、ということはありえる。弁護団はおそらく、死刑判決に対し、1審だけじゃなく、高裁の判断を仰ぎたい、1審で確定させてはいけない、という思いを持っている可能性はある。

 死刑判決後白石被告控訴しない気持ちわらない」「獄中結婚の相手を探している 

毎日新聞 2020年12月17日(木)6時00分配信

 神奈川県座間市のアパートで2017年に男女9人の遺体が見つかった事件で、強盗・強制性交等殺人罪などに問われ、15日に死刑判決を受けた白石隆浩被告(30)は16日、立川拘置所(東京都立川市)で毎日新聞の取材に応じ「気持ちは変わらない」と、改めて控訴はしない意向を示した。

 東京地裁立川支部の裁判員裁判は判決で「犯罪史上まれにみる悪質な事件で、SNS(ネット交流サービス)の利用が当たり前の社会に大きな衝撃や不安感を与えた」と述べ、求刑通り死刑を言い渡した。白石被告は、矢野直邦裁判長の判決理由の朗読を聞いていた際の心境について「正直、何も考えていなかった。不思議なくらい汗もかかないし、心臓もどくどくしなかった。分かりきっていたことだからですかね」と落ち着いた様子で振り返った。

 判決は、承諾殺人罪にとどまるとする弁護側の主張を全面的に退けた。判決後、弁護人が記者団に「被告と話して決めるが、控訴の方向で検討する」と述べたことを伝えると、「相談されたら、控訴はしませんと言うつもり。(弁護人が)控訴したら、自分で取り下げる」と話し、判決後も極刑を受け入れる姿勢に変化はなかった。

 一方で、死刑が確定すると、面会が原則として親族や弁護士に限られることから「獄中結婚の相手を探している」と明かした。その理由は「今は寂しさはないが、もしかしたら寂しくなるかもしれないので、誰かが支えてくれたらいいなと」と説明。これまでも面識のない女性から手紙が届くことがあったとし、「最近面会した女性は2人いるが、具体的には誰とも話が進んでいない。(死刑確定までの)残りの期間は女の子探しをしたい」と語った。

白石被告弁護人承諾有無もう一度判断控訴

毎日新聞 2020年12月18日(金)18時31分配信

 神奈川県座間市のアパートで2017年に男女9人の遺体が見つかった事件で、強盗・強制性交等殺人罪などに問われた白石隆浩被告(30)の弁護人は18日、東京地裁立川支部の死刑判決(15日)を不服として東京高裁に控訴した。

 主任弁護人の大森顕弁護士は「究極の有罪判決を確定させることはできない。白石被告とも話し、控訴はしない、(弁護人が)しても取り下げるということだったが、承諾の有無、責任能力の有無はもう一度判断されるべきだ」と話した。

 被告はこれまでの毎日新聞の取材に「(自分の)家族にこれ以上迷惑は掛けたくないので控訴はしない」と話していた。刑事訴訟法は弁護人による控訴を認める一方、被告による控訴の取り下げを認めている。白石被告が控訴を取り下げると、死刑が確定する。

 立川支部判決は、被害者全員が被告に殺害されることに承諾していなかったと認め、「犯罪史上まれに見る悪質な事件」と指摘した。弁護側は、被害者には承諾があり承諾殺人罪の成立にとどまるとして死刑の回避を求めたが、被告本人は弁護人の主張を否定し、起訴内容を全面的に認めていた。

 白石被告精神プロファイルなぜ9つ遺体頭部暮らせたのか 

東スポWeb 2020年12月19日(土)11時30分配信

 神奈川県座間市のアパートで2017年、男女9人の切断遺体が見つかった事件の裁判員裁判で、強盗強制性交殺人などの罪に問われた無職白石隆浩被告(30)の弁護人は18日、東京地裁立川支部の死刑判決を不服として控訴した。地裁立川支部が明らかにした。

 被告は公判で「裁判を早く終わらせたい。死刑でも控訴しない」との意向を示していた。

 被害者はツイッターに「死にたい」と書き込むなどしており、殺害の承諾の有無が争点だった。弁護側は「被害者は死ぬために被告に会いに行き、殺害のタイミングと方法は被告に委ねられていた」として、承諾殺人罪の成立を主張していた。

 クーラーボックスに入れた頭部と暮らしていた…凶悪犯罪史上でもまれな残虐事件だが、改めて白石被告の精神状態はどうだったのか。

 米国で連続殺人犯、大量殺人犯など数多くの凶悪犯と直接やりとりしてきた国際社会病理学者で、桐蔭横浜大学の阿部憲仁教授はこう語る。

なぜ9つの遺体頭部と平気で一緒に暮らせるのか? 白石にとって死体は我々が想像するほど不快でなかったはずです。その答えはサイコパシーと関係します。サイコパシーとは感情のハンディキャップのことであり、サイコパシーチェックリストが存在しています。これまでに明らかになっている情報として、送検時の車内で顔を隠したり、自分の家族や限定した被害者にはすまないと感じるなど、白石のサイコパシーレベルは最高レベルではないにしても、上位には位置するものと推測されます

 同氏によると、脳や感情の発達する「臨界期(0~3歳)」に、愛情に基づいた十分なスキンシップやコミュニケーションが欠如すると、人間は温かい血の通った「有機的存在」にならず、むしろ、「無機物(モノ)」に近い存在になってしまうという。

 阿部氏は「そのため、自分とは異質な人間と一緒にいるよりも自分と同質の無機物(死体)といる方がむしろ違和感がなくなるのです」と分析した。

 白石被告に殺害された9人の被害者は本当にたかったのか 

文春オンライン 2020年12月16日(水)11時31分配信

切断された頭部は猫砂をいれたクーラーボックスに…死刑判決を受けた白石被告の残忍な犯行

 2017年10月に神奈川県座間市のアパートで男女9人の遺体が発見された事件で、強盗や強制性交等殺人などの罪に問われている白石隆浩被告(30)の裁判員裁判の判決公判が12月15日、東京地裁立川支部(矢野直邦裁判長)で開かれた。矢野裁判長は、検察側の求刑通り、死刑を言い渡した。

緑の作業着のような服を着て、白いマスクをしていた

 白石被告は「死刑判決が出ても控訴しない」などと述べているが、弁護側は控訴を検討している。16席の一般傍聴席を求めて、435人が並んだ。約27倍の倍率だった。

 白石被告は公判中、ずっと同じ緑の作業着のような服を着て、白いマスクをしていたが、この日も同じ姿だった。判決を言い渡される時、矢野裁判長に促され、証言台に立った白石被告は、「座ってください」と言われ、席についた。そして主文は後回しにし、判決理由から読み上げた。その瞬間、死刑判決の可能性が高まり、傍聴席には緊張感が漂った。その後、判決理由を述べ終わると、裁判長は「死刑」と言い渡した。

 裁判長 主文は聞こえましたか。

 白石被告 はい。聞こえました。

 裁判長 控訴する場合は2週間以内に東京地方裁判所で手続きをしてください。

 白石被告 (うなずく)

 その後、白石被告は被告席に戻った。筆者にはいつもよりゆっくり歩いていたように見えた。一方、閉廷時に裁判官や裁判員に向かって起立した後の着席は、いつもよりも早めと感じた。

白石被告は死刑でも控訴しない

 結審の時に、裁判長に「他に何か言うことは?」と聞かれて、白石被告は「ありません」と静かに語っていた。この日も一言応じただけだった。被告人質問で「死刑は怖いか?」と検察側に聞かれて、「怖い」と答えていた白石被告だが、「死刑でも控訴しない」と、各メディアの取材に述べている。理由は、「親族に迷惑をかけたくない」というものだ。

 判決によると、死刑という量刑になった理由について、「まず何よりも、9名もの若く尊い命が奪われ、女性の被害者8名は強制性交までされたという本件の被害結果は極めて重大」であり、被害者らの遺体は「ばらばらに解体された後、ごみとして投棄され、切断された頭部等は猫砂をいれたクーラーボックス等に入れられた状態で被告人方から発見された」として、「死者としての尊厳も踏みにじられている」として、遺族の処罰感情が高いとした。被害者参加型論告のときも、6組の被害者遺族のうち、5組が「死刑」という言葉を出していた。

 また、犯行態様としては、「狡猾、巧妙で卑劣というほかなく、生命侵害等の危険性が高い犯行」として位置付け、次のように認定した。

「白石被告は、SNS上で自殺願望を表明するなど悩みを抱え、精神的に弱っていそうな女性を狙い、自分にも自殺願望があるかのように装うなどして言葉巧みに被害者らをだまして被告人方へ誘い込み、悩みを聞くふりをするとともに、酒や薬を勧めて抵抗しにくい状態に陥れた後、突如襲い掛かり、手や腕で頚部を絞め付けるなどして失神させた後、女性被害者に対しては強制性交もした上でロープで首を吊って殺害している」

首吊りのためにあえてロフト付きの部屋を借りた

 殺害方法や遺体の解体方法について調べるなど、計画的だったともした。

「被告人は、一連の犯行に先立ち、殺害方法や死体の解体方法を調べたり、首吊りのためにあえてロフト付きの部屋を借りたり、首吊りや死体の解体等の際に必要な遣具をそろえたりするなどの準備行為をしているほか、当初の3名の被害者に対しては、被告人との接点を目立たなくするために、殺害する前に失踪を装わせるなどの発覚防止策も講じた上で犯行に及んでいる。殺害後には、犯行の隠ぺいを図って遺体の解体等の行為にも及んでいる」

 犯行動機としては「金銭等を得る目的や、性欲を満たす目的、あるいは、口封じ目的の犯行と認められ、いずれも専ら自己の欲望の充足あるいは自己の都合のみを目的とした身勝手な犯行」と断じた。

 その上で、「被害者らがSNS上に自殺願望を表明するなどしていた未成年者を含む若年者であったこともあり、SNSの利用が当たり前となっている社会に大きな衝撃や不安感を与えたといえ、社会的な影響も非常に大きい」などとして、死刑を言い渡した。

被害者9人全員が必死で抵抗をしていたなどと供述

 最大の争点は、白石被告が、被害者9人の承諾に基づいて殺害したかどうかだった。

 被害者の抵抗状況のみで承諾がなかったとする検察側の主張について、たしかに、白石被告は、「首を絞めたときに被害者9人全員が必死で抵抗をしていた」などと供述している。しかし、AさんとBさんが首を絞めている手をどかそうとしたと話したことを除くと、被害者によっては抵抗状況に関するはっきりとした記憶が残っていないとも認めている。そのため、「抵抗状況のみをもって被害者が白石被告に殺害されること等について承諾していなかったと認定することは相当ではない」とした。

 白石被告の供述の信用性については、弁護側は「記憶にある内容を語っていない部分が多いし、犯行態様や被害者の抵抗状況などの重要な点について変遷が見られる」などと主張する。しかし、判決では、「意図的に自己の記憶に反する供述をしている様子はない」などとして、弁護側の主張を退けた。

予告や前触れもなくいきなり襲われ

 承諾の有無については、4つの類型にわけて判断した。

 3人目までのAさん(当時21)とBさん(当時15)、Cさん(当時20)については、当初は、白石被告に自殺を手伝ってもらうか、一緒に首吊り自殺をしてもらうために連絡を取っていた。しかし、Aさんにしてみれば、同居生活を送ろうとしていた相手、Bさんにしてみれば一時的に養ってくれる相手、Cさんにしてみれば新たな仕事を紹介してくれる相手である白石被告から、予告や前触れもなくいきなり襲われ、そのまま失神させられるなどして殺害された。3人は殺害されることを想定していなかった、とした。

 また、4人目のDさん(当時19)、7人目のGさん(当時17)、8人目のHさん(当時25)、9人目のIさん(当時23)については、どの程度の希死念慮かは不明だが、4人とも、白石被告との間で首吊りの方法で死ぬなどのやりとりをした上で、白石被告宅に来た。しかし、自ら命を絶つ行為の重大性に照らして、タイミングは自分自身が最終的に決定することを予定しているはずで、死亡の仕方は、自ら首を吊るか、白石被告に首を吊ってもらうかのいずれかであり、「なるべく苦しまない方法によって死亡したい希望を有していた」と推認できるとした。

恐怖心等をともなう方法で失神させ

 5人目のEさん(当時26)については、白石被告と一緒に首吊りで自殺をするというやりとりをし、合流した当初は「私が寝たら殺してください」と告げていた。ただ、白石被告宅につくと、Eさんは頻繁に部屋を出入りし、長時間、元夫と連絡をしていた。そのため、白石被告は、このままでは帰ってしまうのではないかと感じた。Eさんは、いまだ命を絶つ決意を固めることができていなかったと見るのが合理的で、いきなり白石被告に襲われて殺害された。承諾をしていたとは判断できない、とした。

 6人目のFさん(当時17)は、「首吊り士と一緒に死ぬために神奈川に行く」などと友人に告げ、首を吊って殺害をしてもらうつもりだったことも否定できない。その中でも、想定していた死亡の仕方は、決意した時点で自ら首を吊るか、白石被告に首を吊ってもらうか。しかし、実際の殺害方法は、就寝中に手足を緊縛した上で、目を覚ましたあとにも、意思確認のないまま、身動きができない状態にし、ロープを引っ張って頚部を締め付けるという恐怖心等をともなう方法で失神させ、強制性交までした上で殺害するという、明らかに想定とはかけ離れていた行為として、承諾を認めなかった。

白石被告と弁護人は信頼関係が築けていない

 判決後、弁護団の一人は、「判決前に(白石被告と)接見したときには、控訴しない意向だった」と話したが、一方で、控訴を検討中でもある。控訴するかどうかの方針は、今後、白石被告と接見して判断するとして、即日控訴はしなかった。

 なお、白石被告と弁護人は信頼関係が築けていない。公判中でも、弁護方針をめぐって「親族に迷惑をかけたくない。しかし、公判前整理手続きに入ってから争うとなりました。話が違う。そのため、受け入れられません。方針が合わず、根に持っています。以上です」などと答えている。控訴するかどうかは、判決後の接見で、白石被告の意向を確認する。

被告本人が控訴を取り下げた事例も

 過去には、死刑判決を受けて、弁護側が控訴したものの、被告本人が控訴を取り下げた事件があった。 

 2015年8月、大阪府寝屋川市の中学生男女2人が行方不明になり、遺体となって発見された。この事件で殺人の疑いで逮捕、起訴されたのは山田浩二被告(50)。2017年12月の大阪地裁で求刑通り死刑の判決を受けた。弁護人は大阪高裁に控訴したが、山田被告は弁護人に相談せずに控訴取り下げの書面を提出した。

 一度、山田被告の死刑は確定したが、弁護人は大阪高裁に取り下げを無効のするように申し入れし、「今回限り無効」となった。検察側は異議申し立てをしたが、山田被告も再度、控訴取り下げの書面を提出した。2020年11月26日、大阪高裁は、控訴取り下げを有効とする決定を出した。

 2016年7月、神奈川県相模原市にある知的障害者福祉施設「津久井やまゆり園」(県立の施設、運営は社会福祉法人)で入所者45人が殺害された事件で、植松聖死刑囚(30)が殺人罪に問われた。横浜地裁は2020年3月16日、死刑判決を出した。弁護側は27日に控訴したが、30日に植松は控訴を取り下げた。3月31日に死刑判決が確定した。

 果たして本件ではどのような展開になるのか。控訴期限は判決から2週間後となっている。

Photo_20201219064301

関連エントリ 2020/12/15 ⇒ 【座間9人殺害】東京地裁<白石被告✍死刑判決>求刑通り

 多発する性犯罪ドキュメント示談の現場」“示談の相場”

文春オンライン 2020年12月10日(木)19時21分配信/田畑 淳(弁護士)

 11月20日、「ミスター慶応」ファイナリストの元慶大生が20代女性に性的暴行を加えて強制性交の容疑で逮捕された。

Photo_20201219070601Photo_20201219070701

 この事件では、容疑者が過去5回も準強制性交や準強制わいせつなどの疑いで逮捕されながらも、被害者との間で示談が成立したため不起訴となっていたことに対して、世間からは「大金を握らせて被害者を黙らせたのではないか」「無理やり示談にさせたのではないか」といった声が湧きあがった。

 性犯罪における示談の現場はどういうものなのか。現役の弁護士が解説する。

Photo_20201219070201

 一口に性犯罪と言われるものにも多様な側面があります。実際の示談については当然どの事件も守秘義務の対象となりますので、ここでは架空の事例を一つ挙げてみましょう。

1.ある示談の流れ

 郊外のターミナル駅、駅の近くではあるが、あまり客の入りの多くないファミリーレストラン入り口近くに、弁護士がたたずんでいる。彼は時間を確認すると、コートを脱ぎ小脇に抱えて入店する。

 時刻は午後5時55分、被害者に指定された午後6時より5分前に入店した彼は、ドリンクバーだけを頼みホットコーヒーを入れると、携帯電話であらかじめ聞いていた被害者の携帯電話に電話をする。

 弁護士が選んだのは、便利な場所ではあるが、あまり込み合うことなく、かつ、ボックスシートの間がそれなりに背の高い仕切りで分けられているため、目立たずに話ができるファミリーレストランである。

 ほどなくして仕事帰りの被害者が現れる。弁護士は立ち上がり名乗って名刺を差し出すとまず深々と頭を下げる。

 次に弁護士は痴漢行為を行った加害者に代わって短いお詫びの言葉を被害者に伝える。

「本人は大変反省しております。しかし事件の性質上、本人の謝罪や反省のお手紙などはむしろご迷惑になるのではないかと考えて今はお持ちしておりません」

 被害者に緊張は見えるが、激怒したり泣き出したりするような感情の動きはあまりなく、少し戸惑ったような表情で「何分こういう事は初めてなので」と口数少なに話す。

「このようなことをしておいて、私どもの方から申し出るのは大変心苦しい話ではあるのですが、今回お時間をいただいたのは、

 弁護士は示談書を取り出す。被害者に示談の意思があることは事前に確認しているものの、なかなか電話での話し合いも難しく、細かい条項については詰めきれていない。支払える金額もあらかじめ伝えてあるが、細かい文言等について当日までにやり取りする余裕がなかったのである。

示談書に含まれる内容とは

 示談書には何が書かれているのか?

 刑事事件の示談書は、複雑な事件でなければ1ページ程度の短い内容であることが多い。

 示談書には、(1)事実の確認と謝罪、(2)示談金の金額といった内容に加え、(3)被疑者を許してもらうことができるのか、被害届を取り下げてもらえるのかといった「宥恕(ゆうじょ)文言」が含まれている。弁護士はこの示談書にサインをしてもらえるかを被害者に尋ねる。実は弁護士のカバンの中には、もう1通、宥恕文言がもらえなかった場合の示談書も念のために用意してある。

 今回は、加害者による謝罪が通じたのか、あるいは別の事情によるのか、被害者は首を縦に振って示談書に宥恕文言を入れることに納得してくれた。

被害者からの質問

 被害者から1点だけ質問があった。

「私の名前は本当に(被疑者に)伝わらないのでしょうか」

 弁護士は、裁判所で被疑者の勾留の手続きを行う際に行われた、「勾留質問」の中で、被害者の名前が読み上げられているかもしれないという点については伝えた。ただ、示談書の中に書かれた名前については弁護士の方でマスキングをするので、名前や住所が被疑者に伝わる事は無いと約束した。

 弁護士は、何も書いていない茶封筒に入った示談金を被害者に手渡し、その場で内容を確認してもらう。被害者が金額について確認すると、弁護士は、あらかじめ用意していた領収書にサインをしてもらい、領収書を引き取る。

 その時点で時計は18時15分。およそ15分足らずの出来事である。

 弁護士は、忙しい中仕事帰りに時間を割いてくれたこと、示談に応じてくれたことのお礼を伝え、改めて事件について被害者に謝罪する。頭を下げた後、弁護士はコーヒーには手を付けず、ドリンクバーの代金だけを精算し、足早にその場を去り、事務所に向かう。

 事務所の時計は19時を指している。検察庁に示談書と領収書を提出するにはもう時間が遅いようだ。提出は明日の朝一番と言うことになろう。取り急ぎのファックスを検察庁に入れた後、弁護士は身柄拘束されている依頼者の家族の携帯電話に電話を入れ、示談が成立したことを報告する。

2.加害者から見た示談

 このケースだけについていえば、弁護士は示談をとりまとめることができ、胸を撫で下ろしているといえます。しかし、すべての事件がこのように進むわけではありません。

 金銭を受け取るくらいなら、加害者の厳罰を求める被害者もいますし、そうでなくても嫌悪感や恐怖、不安から示談する気になれない被害者もいるのは当然でしょう。

(1)被害者との連絡は簡単ではない

 被疑者側弁護士にとってまず最初の難関は、被害者と連絡をとることが必ずしも容易ではない点です。

 痴漢などの性犯罪では、加害者が被害者を「誰だか知らないまま犯罪をしている」ケースが多く、そのような場合、当然加害者は被害者の連絡先を知らず、示談をするためには担当の検察官から連絡先を教えて貰う必要があります。

 しかし多くのケースで、被害に傷ついている被害者は加害者とあるいは加害者の弁護士と連絡を取りたいとも思わないことが多いでしょう。強制性交のような酷い犯罪ではそのような可能性が一層高いと思われます。

 また仮に偶然連絡先を知っている関係であったとしても、検察官を通しての連絡を拒絶している被害者が示談に応じる可能性は極めて低いと言わざるを得ませんし、被疑者側弁護士が検察官を通さず直接被害者に接することで問題が起きる場合もあります。

(2)示談の相場はあるのか?

 次に、示談には相場があってないようなものであると言う点が挙げられます。

 弁護士には、一応の相場観がないわけではありません。

 むしろこれくらいのことをしてしまった事件ではこれぐらいの金額を支払わねば、という相場感覚は、ある程度事件の数をこなした弁護士であれば頭に浮かんでくるでしょう。例えば本件が着衣の上からの痴漢行為なら、弁護士は10万から50万のどこかを念頭に置いていたのかもしれません。

 また示談金は判決のように公開されているものではありませんが、量刑資料の一部を参照するなどの方法で、過去の事件の示談金についても少し知ることができるケースがあります。

 とは言え、これは弁護士が勝手に考えている「相場」に過ぎません。

「相場の金額」を弁護士が被害者に押し付ける事はもちろん許されませんし、被害者は嫌ならいつでも連絡を絶つことができます。被害者が納得できる金額、というものはあくまで被害者個人の感覚によるのです。

 とすれば、「連絡を受けるかどうか」「いくらで示談を受け入れるか」は完全に被害者の手に委ねられており、被害者は強い立場でいくらでも条件を吊り上げられそうにも一見、見えます。

3.被害者から見た示談

 では被害者は本当に状況をコントロールできる「強者」の立場なのでしょうか。逆に、被害者の観点からこの事件を見てみましょう。

 この被害者は、被疑者側弁護士からは高額な示談金を提案されていますが、示談をすることは気が進まないようです。

(1)知識の不足

 そもそも被害者は示談金の相場など知りません。ただ目の前におかれた金額をジャッジしないといけない立場なのです。弁護士が被害者側にも就任しているケース以外では、自分に提案されている条件が相場なりであるかどうかも分からないでしょう。

 また、殆どの事件で初めての体験を、精神的に追い詰められた犯罪被害者としての心境で判断しなければならないことのハードルも高いのです。

(2)示談しないことへの不安

 被害者が示談をしなければ、被疑者は重く責任を問われる可能性が高くなります。

 これは事実ですが、この事実が被害者を追い詰めることもあります。すなわち、自分が示談を拒絶したために逆恨みされることはないか、と言った不安が被害者にはあります。

(3)示談しなかった場合の損害賠償について

 任意の示談が成立しなかった場合、原則として被害者には、一定の犯罪については損害賠償命令の制度がありますが、被疑者が任意に示談金を持ってくる示談よりは遥かに大変な手続きですし、弁護士に委任せねばならないかもしれません。

 被疑者が若年や無職で賠償金を払うだけの金銭的余裕がなく、示談なら親族が立て替えると言っている場合など、判決を取っても本人以外から取り立てることはできませんから、示談をしないと賠償が実質受け取れないようなケースもあるのです。

 こうした状況を考え、悩みながら示談を選択する被害者も多いのです。一方的に被害者が強い立場で振舞っているとは、少なくとも言えなそうです。

4.示談の是非

 こうしたバランスの中、被害者と加害者の合意が成立したケースが示談となります。

Photo_20201219070401

 示談を後で後悔する被害者もいるかもしれませんが、殆どのケースで、示談は被害者の意思でもあるわけです。

 全く事件と関係のない第三者が「示談で事件をねじ伏せた」と論評するとき、そこには被害者の意思はありません。ましてや示談金の金額について是非を論じるのは、被害者として最も知られたくない内容の一つでしょう。

 性犯罪について考えるとき、「加害者を罰する」ことより「被害者の力になること」を主眼に置いてみる必要があると私は思います。加害者を罰するためには検察官が奔走しますが、被害者を救い、平穏な生活を過ごすための助力は、まだまだこの社会に欠けているように感じます。

 

2020年12月18日 (金)

【特別読み物】突然<YouTube>が見られなくなったら・・・・

 YouTube落ちた日ユーザーはどこへ行ったデータで解析 

ITmediaビジネスonline 2020年12月18日(金)7時50分配信/古田拓也(1級FP技能士)

 世界から突然YouTubeが消えたとき、人々はどこに居場所を求めるのだろうか。

 12月14日、Googleのサービスの多くが利用できなくなった。日本時間の20時45分~21時35分に、YouTubeやGmailをはじめとして、認証が必要なすべてのサービスを含めて大規模なシステム障害が発生した。

Photo_20201218182701

 原因はGoogleの内部ストレージにおけるディスク容量の割り当て問題。中央ID管理システムの容量が少なくなってしまったことで認証が必要なサービスを中心に機能不全に陥ってしまったのだ。

 障害が復旧するまでにかかった時間は、わずか45分間程度。しかし、世界に与えたインパクトは甚大である。例えば日本では、YouTubeの動画を見られなかった人々がニコニコ動画に殺到するという動きをみせた。短期間での異常なアクセス数の高まりによって、ニコニコ動画も一時的に視聴やページ表示に不具合をきたすという結果となったのだ。

 このように、圧倒的なシェアを誇るYouTubeがなくなったとき、ユーザーはインターネットのどこに居場所を求めたのだろうか。今回はGoogle Trendsのデータからインターネットユーザーの動向を日米で比較した。

ニコニコとTwitterに流れた日本ユーザー

 まず、障害発生時の日本の動きに注目してみよう。YouTubeが落ちたとされる14日の21時近辺に、大きく分けて2つの山が浮かび上がる。

 それはTwitterとニコニコ動画だ。YouTubeがダウンした時間帯とちょうど重なるかのように検索トラフィックが急増している。一方で、Facebook、インスタグラム、Netflixは障害発生時も特段の検索トラフィック増は確認できなかった。

 一方で米国は異なる状況だ。同じく14日21時近辺のグラフを確認すると、Twitterにやや小幅な伸びが見られるものの、最も利用度が高まったのはFacebookである。もともと利用度が高い周期にあたるものの、障害発生時における検索トラフィックの角度は最近でも最も鋭いため、Facebookへ流入した人々が増加したといってよいだろう。

 驚くべきは、水色で示した競合の動画配信サイトの推移ではないだろうか。日本では2番手の印象が強いニコニコ動画が、YouTubeの不具合と同時に流入を増加させた。

 反対に、米国における「動画配信サイト」への影響はほとんど現れなかった。米国では複数の動画配信サイトが存在しているが、米国における2番手、3番手の動画サイトでも、障害発生時に特段の流入増加はみられなかったのだ。グラフに採用したDaylyMotionをはじめとしたさまざまな動画配信サイトで流入増が観測できなかった。

 なぜ日本と米国でこれほどの差が生まれたのだろうか。その要因は大きく分けて2つある。

YouTubeの次にニコニコが選ばれた理由

 まずは、動画配信サービス市場における「需要の代替性」が日本市場については高く、米国市場においては低いということがあるだろう。

 NTTドコモ系列のシンクタンクであるモバイル社会研究所の調査によれば、我が国における動画サイトにおいて、YouTubeが62.3%、ニコニコ動画が9.1%という結果となった。

 YouTubeの利用度と比較すると、ニコニコ動画はその15%程度の利用度であるが、主にサブカルチャー主体のコンテンツを得意としていたり、動画のコメントを画面上に表示していたりするという独自性によって、競争の激しい動画サイト市場で生き残っている。その結果、日本では決して無視できない量のアクセス数があるため、YouTubeでアップロードしている動画をニコニコ動画にも並行してアップロードすることで知名度を向上させようとする動画投稿者も存在する。

 今回、トラフィックが大幅に向上した背景には、これらの要因がニコニコ動画のYouTubeに対する「需要の代替性」を高めたことによると考えられる。

 そもそも、需要の代替性とは、商品の機能・用途・品質等の要素に基づき、需要者側から確定する異なる商品間の代替度をいう。商品間の代替度が高いほど、競争関係が強くなる。

 この観点から考えると、ニコニコ動画は、YouTubeと同じ動画がアップロードされやすい環境にあり、YouTubeが不調のときにはニコニコ動画にアップロードされている動画が補完的な立ち位置となりやすい。

 その結果、ユーザーの認識としては「YouTubeがなくなったらニコニコ」という動きとなったと推測される。一方で米国ではYouTubeが“国産”動画サイトであることもあり、独占的な立ち位置を確保していることで2番手、3番手の「補完性」が高まらず、結果としてYouTubeの代替となりにくかったのではないだろうか。

 もう1つの要素が時差にあるだろう。日本時間では午後8時45分というゴールデンタイム中に障害が発生したが、米国西部における太平洋標準時では午前3時45分と早朝であった。ニューヨーク時間でもその時刻は朝6時45分と、米国ではインターネットユーザーが多くない時間帯であったことも両国における影響度に差が生まれたことは留意しておくべきだ。

 今回はYouTubeを中心に障害発生時のユーザー動向を確認したが、1つのプラットフォームの稼働中断ないしは停止がもたらす影響は年々大きくなっている。

 グーグルサービス障害 メール動画一時停止 

共同通信 2020年12月14日(月)22時41分配信

 米グーグルで14日、障害が起き、日本を含む各国で動画投稿サイト「ユーチューブ」や「Gメール」「グーグルカレンダー」など幅広いサービスが一時停止した。グーグルは影響を受けた大半の利用者で問題は解消したとしている。

 障害が起きたのは14日午前7時(日本時間午後9時)ごろ。約1時間でおおむね復旧した。利用者はグーグルのサービスに一時的にアクセスできなくなった。Gメールは送信してから受信するまで、通常より時間がかかった。

 グーグルの広報担当者は声明で「内部ストレージ(記憶装置)関連の問題で認証システムが約45分間停止した」と説明し陳謝した。

 米グーグル複数サービス障害一時アクセス不可 

時事通信 2020年12月14日(月)23時21分配信

 米IT大手グーグルは14日、メールサービスの「Gメール」など提供する複数のサービスで障害が発生したことを明らかにした。

 利用者が一時的にアクセスできなくなったが、障害の理由などは不明。

 グーグルのウェブサイトによると、クラウドサービスの「グーグル・ドライブ」や地図アプリなど20種類以上の幅広いサービスで障害が起きた。同社は早朝に障害を把握したが、その後1時間程度でサービスの大部分が回復した。

 傘下の動画投稿サイト「ユーチューブ」も14日朝にツイッターで、利用者がアクセスできなくなったと発表したが、その後復旧した。

Photo_20201218182901  

 バイオで人体改造した“超人兵器開発目指す中国 

JBpress 2020年12月10日(木)6時01分配信/渡部 悦和(前第36代東部方面総監)

 米国の情報コミュニティ*1
を統括する米国家情報長官(DNI)ジョーン・ラトクリフ(John Ratcliff)がウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)に投稿*2

し、「中国は米国の最大の脅威である」などと厳しく中国を批判している。 そして、投稿文の中で中国人民解放軍がバイオテクノロジーを使い、兵士を改造し「超人兵士(スーパー・ソールジャー)」を生み出す人体実験を行っていると指摘した。

 現役の国家情報長官が一般紙にこれらの驚くべき内容を記述するのは非常に珍しいことであり、その注目点をまとめてみた。

WSJへの投稿文の注目点

 ラトクリフ長官の投稿文の注目点は以下の通り。

 中華人民共和国が今日の米国にとって最大の脅威であり、第2次世界大戦以来世界中の民主主義と自由に最大の脅威をもたらしている。中国は、経済的、軍事的、技術的に米国と地球のその他の地域を支配するつもりだ。

 中国の経済スパイのやり方は、「奪い、コピーし、取って代わる(rob, replicate and replace)」ということだ。中国は米国企業から知的財産を奪い、技術をコピーし、世界市場で米国企業に取って代わろうとしている。

 2018年、中国の風力タービン製造業者である華鋭風電(シノベル)が米国のスーパーコンダクターから企業秘密を盗んだ罪で罰則が課せられたが、米国には損害が出た。

 盗難により、米国企業は10億ドル以上を失い、700人の雇用を失った。今日、シノベルは、盗難ではなく創意工夫と努力によって合法的なビジネスを構築したかのように振る舞い、風力タービンを世界中に販売している。

 FBIは、知的財産の窃取に関与した中国人を頻繁に逮捕している。例えば、ハーバード大学の化学部長は今年逮捕されるまで、中国への情報提供の報酬として、月額5万ドルを受け取ったが、これに関し米国当局に虚偽の陳述をした。

 中国の知的財産の窃取は、米国に年間5000億ドルのコストを強いている。

 *1=国家情報長官は、米連邦政府に属する16個の情報機関(CIA、FBI、DIA、NSAなど)の人事・予算を統括する。

 *2=John Ratcliff 、“China Is National Security Threat No. 1”、WSJ

 習近平主席は、中国を世界一の軍事力にすると宣言しているが、そのために米国防省の機微技術を盗んでいる。

 米国の諜報機関は、中国が生物学的に強化された能力を備えた兵士(筆者注:いわゆる「超人兵士」)を誕生させるために、人民解放軍の兵士に対して人体実験を実施した。

 つまり、中国当局の「パワーの追求」には倫理的な限界はないのだ。

Photo_20201218183101

 中国は、新興技術において世界クラスの技術開発を行っている。インテリジェンス機関は、華為技術(ファーウェイ・テクノロジーズ)などのハイテク企業を利用して、ソフトウエアや機器への脆弱性の導入など、悪意のある活動を行っている。

 ファーウェイや他の中国企業はこれを否定しているが、5G通信を支配しようとする中国の取り組みは、情報を収集し、通信を妨害し、世界中のユーザーのプライバシーを脅かす北京の機会を増やすだけだ。

 中国はすでに、共産党のイデオロギー的統制を脅かす米国のウエブ・コンテンツを制限し、米国本土に対するサイバー攻撃機能を強化している。

 中国は今年、米国の数十人の議員と議会の補佐官を対象とする大規模な影響工作に従事した。中国当局は、米国でこの種の影響工作を定期的に実施している。

 ラトクリフ長官は下院と上院の情報委員会に、中国がロシアの6倍、イランの12倍の頻度で米国の国会議員を標的にしていると証言している。

 これらの脅威に対処するために、年間850億ドルのインテリジェンス予算内で、資源をシフトし中国に焦点を当てている。

 このシフトは、米国の諜報機関が政策立案者に中国の意図と活動についての洞察を与え、必要なリソースを確実に維持するためだ。

 諜報機関内では、健全な議論と考え方の転換がすでに進行中だ。冷戦中に活躍した才能のある情報分析者と運用者は、常にソビエト連邦とロシアに焦点を当ててきた。今世紀の変わり目に活躍した人々にとっては、テロ対策が最優先事項だった。

 しかし、今日、我々は目の前にある事実を直視しなければいけない。つまり、中国が今後の米国の主要な国家安全保障上の焦点である。

 米国以外の国々もこのことを理解しなければいけない。世界は2つの完全に互換性がないイデオロギー間の選択肢を提示されている。

 中国の指導者たちは、個人の権利を共産党の意志に従属させようとしている。彼らは企業に対して政府の統制を行使し、権威主義的な監視国家によって市民のプライバシーと自由を破壊している。

Photo_20201218183501

 世界を暗闇に引き戻すための中国当局の努力が失敗すると想定すべきではない。中国は、自らがトップでない世界秩序は歴史的に異常であると信じている。それを変え、逆転させることを企図している。

 中国当局は、米国との永続的な対立に備えている。ワシントンも準備すべきである。

 リーダーは、脅威を理解し、それについて率直に話し、それに対処するための行動を取るために、党派の分裂を越えて取り組む必要がある。

 米国人は、ファシズムの惨劇を打ち負かし、鉄のカーテンを倒すまで、常に立ち上がってきた。

 我々の世代は、独自のイメージで世界を再形成し、支配的な超大国としての米国に取って代わろうとする中国への対応によって評価されるであろう。

人民解放軍、超人兵士育成の野望

 米国の大手メディアMSNBCは、ラトクリフ国家情報長官の投稿文を紹介しているが、特に超人兵士に注目した記事*
3
を掲載している。以下は、その要約だ。 

 ラトクリフ長官は、中国が「生物学的に強化された能力」を有する超人兵士を目指して、人民解放軍のメンバーに対して「人体実験」を実施していると記述している。

 中国当局のパワー追求には倫理的な境界はない。中国は、「キャプテン・米国」、「ブラッド・ショット」、「ユニバーサル・ソルジャー」などのハリウッド映画に描かれている種類の「超人兵士」を誕生させようとしている。

 新米国安全保障センター(CNAS)の人民解放軍専門家エルザ・カニアと中国問題のコンサルタントで元海軍将校のウィルソン・ヴォーンディックは2019年、バイオテクノロジーを戦場に適用するという中国の野望に関する論文「中国の軍事バイオテクノロジー最前線(China’s Military Biotech Frontier)」を発表した。

 その論文では、中国が遺伝子編集技術を使用して兵士のパフォーマンスを向上させることについて書いている。

Photo_20201218184001

 具体的には、遺伝子編集ツールCRISPR( クリスパー)を使用した中国の研究を紹介している。

 (筆者注:CRISPRに関しては、中国の南方科技大学の賀建奎准教授が2018年11月29日、世界で初めてCRISPRを使いゲノム編集した双子の赤ちゃんを作り出したと主張し、世界に衝撃を与えた。CRISPRは「分子のはさみ」を使って、ゲノム上の特定の箇所を任意に削除したり置き換えたり、修正することができる技術だ)

 (理論的には、受精卵のDNA情報を一部削除したり改変することで、遺伝由来の難病を予防できる。しかし、世界の科学者は、受精卵のゲノム編集について深刻に懸念している。特に西側の科学者は、健康な人々のパフォーマンスを高めるために遺伝子を操作しようとすることは非倫理的であると考えている)

 CRISPRを活用して将来の戦場で人間の能力を高める可能性は、現時点では架空のものに過ぎないが、中国の軍事研究者がその可能性を探求し始めている兆候がある。

 中国の軍事科学者と戦略家は、バイオテクノロジーが「軍事における革命(RMA)の新たな戦略的制高点(焦点)」になる可能性があると一貫して主張してきた。

 *3=Ken Dilanian、“China has done human testing to create biologically enhanced super soldiers”、MSNBC

バイオテクノロジーによる軍事革命目指す

 エルサ・カニアらの上述の論文は、人民解放軍の「解放軍報」の記事*
4
を参考にしているが、以下にその要約を紹介する。超人兵士のアイデアはここから出ている。 

 戦争のパターンを変えた多くの発明は生物学の発展と密接に関連している。人類は、鳥の羽の研究により、航空機の羽を設計し、戦闘機を生み出した。

 コウモリの超音波ポジショニング能力を模倣することにより、レーダー技術を発明した。イルカの超音波研究から、水中の世界に浸透するソナー技術を発明した。バイオテクノロジーは、生物学による軍事革命をもたらすであろう。

 エンゲルスは、「技術の進歩が軍事目的で使用されるようになると、指揮官の意志に反して、戦闘方法に変化を引き起こす」と指摘した。

 生物学の技術とその他の最先端技術の融合は、国防科学技術の革新と発展を推進し、兵器、戦闘理論、戦争パターンなどに広範囲にわたる効果を生み出す。

 バイオテクノロジーは、武器や装備品の飛躍的な開発のために新たな情報を提供する。例えば、高性能のバイオニクス(生体工学)とバイオマテリアルの適用は、武器や装備品の新たなマテリアルを提供する。

 生体分子の特定の認識に基づくバイオセンシング技術は戦場の状況認識の手段と能力を変える。

Photo_20201218183401

 バイオコンピューターは、従来のコンピューター空間、熱放散、並列処理の物理的限界を打ち破り、軍用コンピューターに革命を引き起こす。

 一方で、破壊的な武器や装備の開発のための技術も提供し、人間の意識を妨害して制御する新しい脳制御の武器や装備を開発し、それによって従来の戦闘スタイルを無効にし、戦争の無人化を可能にする無人戦闘プラットフォームを開発できる可能性がある。

 バイオテクノロジーは、将来の戦闘プラットフォームがヒューマン・マシン統合とインテリジェンスの移行(「低インテリジェンス」から「高インテリジェンス」への移行)を可能にする。

 実験室では、脳とコンピューターのインターフェース兵器が検証されている。一方で、情報ベースの「低インテリジェンス」から脳のような「高インテリジェンス」への転換を可能にする戦闘プラットフォームが開発されている。

 将来的には、人間の脳のような情報処理システムは、高性能の低電力コンピューティング、高度にインテリジェントな自律的意思決定、アクティブな学習、その他の革命的ブレークスルーを達成し、高度にインテリジェントな自律戦闘部隊の出現を促進する。

 *4=「生物科技将成为未来军事革命新的战略制高点」 、2015年10月6日03付の「解放军报」

 さらに、「生命をコントロールする権利(制生权)」、「脳をコントロールする権利(制脑权)」、「知性をコントロールする権利(制智权)」という新しい理論が生まれる。

 将来、生物体の兵器化が現実化する中、非伝統的な戦闘スタイルが登場し、「生物フロンティア」が国防の新たなフロンティアとなる。

 人間の脳を利用・制御できるようになることで、物理領域や情報領域から認知領域への戦闘領域の拡大が加速し、陸・海・空・宇宙・電磁波・サイバー空間に次ぐ新たな戦闘空間となる可能性がある。

 将来的には、「Internet of Brains(脳のインターネット)」は、インターネットとIoT(Internet of Things)に続く全く新しいネットワークになり、生物学的インテリジェンスが最新の情報技術を完全に統合し、超えることを可能にする。

 最後に、人民解放軍のバイオテクノロジーを活用した軍事革命やその一環としての超人兵士の誕生という野望はまだ実現できていない。

 しかし、倫理や生命の尊厳などあらゆる制約事項に捕らわれない超限思想で将来戦を考える中国は手ごわい。

 これにいかに対処するかは自衛隊の大きな課題である。

Photo_20201218184601Photo_20201218184801

 

2020年12月17日 (木)

【日経平均】小幅続伸<FRBゼロ金利政策継続>量的緩和✍米国23年末まで公表

 〔東京株〕小幅続伸=大型株の買いが支える 

時事通信 2020年12月17日(木)15時30分配信

 日経平均株価は前日比49円27銭高の2万6806円67銭、東証株価指数(TOPIX)は5.75ポイント高の1792.58と、ともに小幅続伸。大型株の一角が買われて株価指数を下支えしたが、新たな手掛かりを欠く中で利益確定売りに押される銘柄も多く、上値は重かった。

 39%の銘柄が上昇、57%が下落。出来高は11億4095万株、売買代金は2兆5456億円。

 業種別株価指数(33業種)はその他製品、情報・通信業、海運業などが上昇した。下落は空運業、鉄鋼、陸運業など。

 ▽ 巣ごもり消費に再注目

 世界的に新型コロナウイルスの感染が再拡大し、日本国内でも新規感染者の増加ペースが加速していることから、この日は「巣ごもり消費」関連銘柄に再度注目が集まった。前場の終盤からゲームや宅配サービスなどに関連した銘柄に買いが集まり始め、後場もこれらの銘柄の強さが目立った。

 もっとも、東証1部全体では6割前後、日経平均株価の構成銘柄では約7割の銘柄が値下がりし、株価指数の上げ幅も限られた。年内最後の注目イベントだった米連邦公開市場委員会(FOMC)が終わり、「上値追いの材料がなくなった株式市場では、利益確定売りに押される銘柄も多かった」(国内証券)。

 巣ごもり関連株が買われる一方、空運や電鉄、百貨店など外出自粛による悪影響を受けやすい業種は弱く、新型コロナへの警戒感の根強さがうかがわれた。

 225先物3月きりは続伸。米国の追加経済対策をめぐる協議に進展が見られる中、買いがやや優勢となった。225オプションはプットが軟調で、コールも全般にさえなかった。

 〔FOMC〕量的緩和長期化0⃣金利政策据え置き―FRB 

時事通信 2020年12月17日(木)7時30分配信

 米国の中央銀行に当たる連邦準備制度理事会(FRB)は16日の連邦公開市場委員会(FOMC)で、米国債などを買い入れる量的緩和策を「雇用最大化と物価安定の目標へ十分に前進するまで続ける」方針を決めた。焦点だった拡充を見送る一方、金融緩和の長期継続を約束し、新型コロナウイルス感染再拡大で減速感が強まる景気を下支えする。

 会合後の声明は「景気は改善が続いたが年初の水準を大きく下回っている」との認識を踏襲した。政策金利は年0~0.25%に据え置き、量的緩和策で購入する米国債などの規模は月額計1200億ドル(約12兆円)のペースを維持する。決定は全会一致。

 パウエル議長は記者会見で、コロナ再拡大に強い懸念を示した上で、ワクチンの普及に「大きな試練と不確実性がある」と指摘。これまで「今後数カ月間」としていた量的緩和について、より長く続ける方針を明確に示したことは、「景気を下支えする強力なメッセージだ」と強調した。景気が悪化すれば、追加緩和も辞さない姿勢をのぞかせた。

 同時公表した政策金利見通しは、ゼロ金利が少なくとも2023年末まで続くとの中心シナリオが据え置かれた。23年末までに利上げを見込んだ参加者は17人のうち5人と、前回9月から1人増えただけにとどまり、ワクチン普及をめぐる景気への影響を慎重に見ていることが示された。

 経済成長率予想は20年がマイナス2.4%、21年は4.2%と9月からそれぞれ引き上げられた。失業率は23年に3.7%に改善するが、インフレ率は2.0%と目標とする「2%超」に届かず、ゼロ金利が当面維持される見込みだ。

 株式市場は既にバブル」プロ投資家が売却益で、いま買っているモノ 

PRESIDENT Online 2020年12月16日(水)18時16分配信/森岡 英樹(経済ジャーナリスト)

 コロナ禍を契機にあふれ出した世界的な緩和マネーは行き場を失い、ちょっとした材料に反応して株価を釣り上げる危うさがある。株価はすでに「高所恐怖症」に近い水準。高値圏にある株価が一気に急落する局面を心配する声も聞かれ始めた――。

世界の中央銀行が市中にばらまいた過剰なマネー

 株価上昇が続いている。新型コロナウイルスの感染拡大により世界のGDP(国内総生産)は、第2次世界大戦の直後以来で最大のマイナス成長に落ち込んでいる。にもかかわらず米国のニューヨークダウは3万ドル台に乗せ、日本の日経平均株価も2万6000円台と、バブル崩壊後の最高値圏にある。

 なぜ、新型コロナ禍で疲弊する実体経済をよそに、株価だけがこれほど高騰するのだろうか。そこには新型コロナ禍に対処するため、緊急避難的に世界の中央銀行が市中にばらまいた過剰なまでのマネーの存在がある。

 新型コロナ禍が本格的に世界経済をむしばみ始めた今年3月、日米欧の主要6カ国の中央銀行は新型コロナウイルス感染拡大に伴う経済クラッシュを回避するため、ドル資金を大量に市場に供給する「ドル流動性供給オペ」を拡充・実施した。

 コロナ禍を受けドル資金の需要が急速に高まり、「市場でドルを調達することが困難になった」(大手機関投資家)ためで、邦銀などによる日銀オペの利用残高も一時2000億ドルを超えた。

FRBが米国債を担保にしたドル資金貸し出し対象を拡大

 この「ドル流動性供給オペ」の本尊は言うまでもなくFRB(米連邦準備制度理事会)であり、FRBはカナダ中央銀行、欧州中央銀行(ECB)、イングランド銀行、スイス中央銀行、日本銀行と常設的な通貨スワップ協定を結びドルを供給している。

 コロナ禍が本格化した3月中旬にFRBはこの「ドル流動性供給オペ」に、従来の1週間物に3カ月物を新たに加え、その後、オペの頻度も週1回から毎日に変更した。さらに通貨スワップ協定に基づくドル供給先をブラジルや韓国などの9中銀にも拡大した。

 そして3月末にFRBは、米国債を担保にドル資金を貸し出すレポ取引の対象を、ニューヨーク連銀に口座を持つ200以上の中央銀行や国際機関に拡大した。新興国のドル資金不足を支援することで、ドル建て債務のデフォルト(債務不履行)を防ぐためだ。

あふれるマネーが世界を徘徊している

 こうしたFRBによる潤沢なドル資金の供給もあり、世界の金融市場は安定を取り戻している。2008~2009年のリーマンショックへの対応が学習効果となって、ドル債務危機を回避できた格好だ。

 だが、問題はリーマンショックと異なり、今回のコロナ禍が「第2波」「第3波」と波を打つように継続していることである。その都度、欧米の金融当局はさらなる金融緩和に踏み込み、あふれるマネーが世界を徘徊していることだ。

 そしてFRBが供給した大量のドルが向かっているのが世界の株式市場である。

 ゴールドマン・サックス証券は11月10日、日経平均株価の2021年の目標値を2万7200円に引き上げた。また、野村証券も同日、2021年末の日経平均株価を2万8000円と予想した。新型コロナウイルスワクチン開発・普及までには時間を要するものの日米の景気・企業業績は底堅く、金融緩和の継続から金利は上がりにくく株価は堅調に推移するとみているためだ。

イエレン元FRB議長の財務長官指名が後押し

 この有力証券会社による強気の株価見通しを後押しするのはバイデン次期米国大統領によるジャネット・イエレン元FRB議長の財務長官指名だ。

 初の女性財務長官となる見通しのイエレン氏はニューヨークの下町、ブルックリン出身。1929年の大恐慌を体験したユダヤ系の医師と教師の家庭に生まれた。

 ブラウン大で経済学を専攻し、イェール大大学院に進んだ。そこで師事したのが『インフレと失業の選択』(日本語版はダイヤモンド現代選書=1976年刊)の著者でノーベル経済学賞を受けたジェームズ・トービン教授である。

 「私にとって失業率は単なる統計数字ではない」と語るイエレン氏の哲学はトービン氏譲りと言われる。

 雇用問題の専門家で、「温厚な性格で、周囲の意見に耳を傾けつつも粘り強く相手を説得するタイプ」というのが知人の共通したイエレン評だ。親日派でもある。

 特に「イエレン氏はトランプ大統領からFRB議長に再任されず、2018年に退任したが、ブルッキングス研究所で活発に金融政策を論じている。炭素税の導入を提唱するなど環境問題にも明るい。バイデン氏は経済格差問題などでイエレン氏の助言を求めていた」(市場関係者)とされる。

財政と金融の連携もスムーズにいき株式市場の安心感も増す

 イエレン氏は民主党リベラル派や米女性団体から圧倒的な支持を得ている。

 上院は共和党、下院は民主党が過半数を握る“ねじれ”が生じる可能性があるだけに、議会対応に長けたイエレン氏の財務長官就任は適任だ。

 市場関係者は「バイデン氏は4年間で2兆ドルという過去最大規模のインフラ投資を公約しており、米国の歳出増は避けられない。FRB議長時代から金融緩和に積極的なハト派で知られたイエレン氏が財務長官に就けば、財政と金融の連携もスムーズにいくだろうから株式市場の安心感も増す」と見ている。

 世界の中銀による緩和マネーは株式市場に流入し、11月は記録的な上昇が相次いだ。世界株全体の値動きを示す「MSCI全世界株指数」は上昇率、上昇幅とも1988年以降で最大となった。

 特に買われたのは新型コロナの影響を受けて10月まで出遅れていた銘柄だ。

 米市場では航空需要の激減を受け急落していたボーイングが1カ月で5割近く上昇したほか、シティーグループなどの金融株、シェブロンなどのエネルギー株も3~4割も上昇した。

 また、日本株でも景気敏感株を中心に物色されている。

株価はすでに高所恐怖症に近い水準にある

 しかし、こうした新型コロナウイルス感染症に関連した銘柄高騰には一抹の危うさも伴う。東証が11月中旬に新型コロナワクチン関連の銘柄について異例の注意喚起を行ったのはその端的な表れだ。

 東証はすべての上場企業に対して、コロナ関連の事業展開について「公正な開示」をするよう注意喚起を行った。

 これについて市場関係者は、「中国企業と提携し、インフルエンザで開発中のワクチンを新型コロナにも試すという情報を発信した企業が投資家の期待買いでストップ高になったものの、実態が乏しく株価が急落、結局、破産した。こうした風説の流布に近いと思われるような未確認情報で拙速な買いに走らないよう注意を促したものだ」と解説する。

 コロナ禍を契機にあふれ出した世界的な緩和マネーは行き場を失い、ちょっとした材料に敏感に反応して株価を釣り上げる危うさがある。市場のボラティリティ(変動幅)は高まりつつある。株価はすでに「高所恐怖症」に近い水準にあると見ていい。高値圏にある株価が一気に急落する局面を心配する声も聞かれ始めた。

 「実はダイヤモンドがひそかに売れているんですよ」(市場関係者)というのはそのシグナルかもしれない。

の相場格言はつまずきを暗示

 なぜダイヤモンドが売れているのか。株価高騰で潤った一部の株長者の間では金だけでなくダイヤモンドにも資産を移す動きがみられるというのだ。

 その根幹には、株価がいつ調整局面に入ってもおかしくないという深層心理が働いているのは想像に難くない。

 株式市場はすでにバブルの領域に入っているのかもしれない。逃げ遅れババを引くのはいつも零細な個人投資家だ。

 2021年の干支は「丑(うし)」。相場用語「雄牛(ブル)」は株価の上昇を意味するが、干支の「丑」の相場格言は「つまずき」を暗示する。ちょうど12年前の2009年の「丑年」もリーマンショックのあおりを受け、株価は最悪だった。歴史は繰り返すのか、それとも2021年は株価も「ニューノーマル」な新局面を試す上昇となるのか。いすれにしても新型コロナ禍に一喜一憂する展開となることは確かだ。

NYダウ反発=ナスダック史上最高値更新(17日午前)

時事通信 2020年12月18日(金)1時00分配信

 17日午前のニューヨーク株式相場は、米追加経済対策への期待や米金融緩和の長期化観測を支えに反発している。優良株で構成するダウ工業株30種平均は午前10時6分現在、前日終値比132.39ドル高の3万0286.93ドル。

 ハイテク株中心のナスダック総合指数は寄り付き直後に取引時間中の史上最高値を更新。同時刻現在は59.51ポイント高の1万2717.70で推移している。

 米追加経済対策法案の成立に楽観的な見方が台頭し、投資家のリスク投資意欲を高めている。民主党のシューマー上院院内総務は16日、新型コロナウイルス経済対策をめぐり議会指導部は合意に近い状況と述べ、共和党のマコネル上院院内総務は議会指導部の合意に向けた調整で大きな進展があったと説明した。

 米連邦準備制度理事会(FRB)は16日の連邦公開市場委員会(FOMC)で、米国債などを買い入れる量的緩和策を「雇用最大化と物価安定の目標へ十分前進するまで続ける」方針を決定。FRBが金融緩和の長期継続を約束したことが、相場の安心材料となった。

 朝方発表された米経済指標は強弱まちまちの内容で相場への影響は限定的。米労働省が発表した最新週の新規失業保険申請件数は、前週比2万3000件増の88万5000件と、市場予想(ロイター通信調べ)の80万件を上回った。新型コロナウイルスの感染再拡大による雇用悪化が鮮明になった。一方、11月の米住宅着工件数(年率換算)は前月比1.2%増の154万7000戸と、3カ月連続でプラスとなった。

 個別銘柄では、ビザ、ホーム・デポ、セールスフォース・ドットコムなどが1%超高となり、ダウ平均の上げを先導している。モデルナは5.1%高。米食品医薬品局(FDA)はこの日、モデルナのコロナワクチンについて審議する諮問委員会を開催。週内にも緊急使用許可が下りる見通し。一方、インテルは1.4%下落している。

NYダウ反発、終値148㌦高=最高値更新—経済対策に期待

時事通信 2020年12月18日(金)6時30分配信

 17日のニューヨーク株式相場は、追加経済対策合意への期待から反発した。優良株で構成するダウ工業株30種平均は前日終値比148.83ドル高の3万0303.37ドル(暫定値)で終了し、終値の史上最高値を9営業日ぶりに更新した。ハイテク株中心のナスダック総合指数も106.56ポイント高の1万2764.75と最高値を塗り替えた。

 米株最高値長期金利上昇ドル指数2年超ぶり安値 

ロイター 2020年12月18日(金)7時03分配信

為替 米国の新型コロナウイルス追加対策を巡る協議が続く中、ドルが主要通貨に対し2年超ぶりの安値を付けた。一方、大口投資家の関心の高まりを背景に暗号資産(仮想通貨)のビットコインは最高値を更新した。

 米議会指導部による9000億ドル規模の新型コロナ追加景気対策を巡る協議は、合意に向け前進しているものの、つなぎ予算が切れる18日深夜までに合意できるか不透明な情勢となっている。

 共和上院トップのマコネル院内総務は、17日中の合意を期待していると述べる一方、つなぎ予算の期限をさらに延長する必要があるかとの問いに「あるかもしれない」と応じた。

 メルク・インベストメントの最高投資責任者(CIO)、アクセル・メルク氏は、投資家がドルを売り、他の資産に資金を投じているとし「世界的なリフレが進行中だ」と指摘。「これが市場のテーマになっており、どちらかと言えば加速している」と述べた。

 ドル指数は一時89.723まで下落し、2018年4月以降で初の90割れとなった。終盤は0.50%安の89.795。

 ドル安が続く中、投資家はビットコインに注目しており、この日は一時10.5%高の2万3777ドルと最高値を更新。年初来で約3.3倍となった。終盤は5%高の2万2414ドル。

 ビットコインは急速な値上がりとインフレヘッジ資産としての側面から大口投資家の買いを集めている。

 米国では16日の新型コロナ感染症による死者が3580人と、過去最多を記録。一方、アザー厚生長官はCNBCとのインタビューで、米食品医薬品局(FDA)の承認が下り次第、モデルナの新型コロナワクチン590万回分が全米に配布される見通しと述べた。

 米連邦準備理事会(FRB)は16日、国債などを買い入れる量的緩和策について、最大雇用と物価安定の目標達成に向けて「さらに著しい進展が見られるまで」継続すると表明、景気回復が確かになるまで大規模緩和を続ける姿勢を明確にした。

 ドル指数はFRBの発表を受け上昇したが、一時的な動きにとどまった。

 ポンドは対ドルで上げ幅を縮小。ジョンソン英首相はフォンデアライエン欧州委員長との電話協議後、欧州連合(EU)との貿易協議は「深刻な状況」にあり、EUが大幅に立場を変えない限り合意には至らないだろうと述べた。

 この日序盤には英EU通商協議が合意に達するとの楽観的な見方がポンドを押し上げ、一時1.3625ドルと18年5月以来の高値を付けた。ただ、その後は上げ幅を縮め、終盤は0.50%高の1.3578ドルとなった。

 英国のゴーブ内閣府担当相(国務相)が議会委員会で「残念ながら合意に至らない可能性の方が高い」とし、合意に至る確率は「50%を下回る」と指摘。良好な進展があったとのEU首席交渉官の示唆を打ち消した。

 英イングランド銀行(中央銀行)は17日、政策金利を過去最低の0.1%に、資産買い取り枠を8950億ポンド(1兆2000億ドル)に据え置いた。同時に、EUとの貿易交渉がまとまらずポンドが急落した場合、2%を超える物価上昇を容認する用意があると表明した。

 ユーロは終盤で0.52%高の1.2266ドル。18年4月以来の高値となった。

 ドルは対スイスフランで0.05%安の0.8844フラン。

 ノルウェークローネは1.57%高の8.5620クローネ。ノルウェー中央銀行は17日、政策金利を予想通り過去最低のゼロ%に据え置いたが、世界経済が新型コロナウイルス流行から回復するにつれ、利上げ時期が従来想定よりも早くなる可能性があると警告した。

債券 長期債利回りが上昇した。米議会で週末までに9000億ドル規模の追加景気対策を巡る協議がまとまるとの期待で、朝方に発表された低調な失業保険関連指標への懸念が後退した。

 与野党の議会指導部による新型コロナウイルス追加景気対策を巡る協議は、17日も合意に向け前進。ただ、つなぎ予算が切れる18日深夜までに合意できるか不透明な情勢となっている。

 市場では刺激策が経済を押し上げることに期待が高まっている。労働省が発表した12日までの1週間の新規失業保険申請件数(季節調整済み)は88万5000件と、前週の86万2000件から予想外に増加。新型コロナ感染急増が引き続き経済活動を阻害しており、景気後退(リセッション)からの回復の鈍りが改めて浮き彫りになった。

 BMOキャピタル・マーケッツの米金利戦略責任者、イアン・リンゲン氏は、刺激策を巡るポジティブに見える動きを背景に、さえない指標にもかかわらず国債が売られたと述べた。

 終盤の取引で10年債利回りは1.3ベーシスポイント(bp)上昇の0.933%。30年債利回りは1.6bp上昇して1.680%となった。

 2年債と10年債利回り格差は0.7bp拡大して80.6bp。5年債と30年債利回り格差は130.1bpと1.4bp広がった。

 長期債利回りの上昇は、米連邦準備理事会(FRB)が前日に国債買い入れ策の維持を発表したことに関連する可能性もある。連邦公開市場委員会(FOMC)前には、FRBが利回り上昇を抑えるために、長期債の買い増しを発表するとの見方もあった。

 FRBは、国債などを買い入れる量的緩和策について、最大雇用と物価安定の目標達成に向けて「さらに著しい進展が見られるまで」継続すると表明、景気回復が確かになるまで大規模緩和を続ける姿勢を明確にした。

株式 上昇。新型コロナウイルス追加景気対策への期待が高まり、主要3指数はいずれも終値で最高値を更新した。

 9000億ドル規模の追加景気対策を巡る米議会指導部の協議は合意に向けて前進している。

 米労働省がこの日発表した新規失業保険申請件数が予想外に増加したことを受け、市場では景気対策が近く可決されるとの見方が強まった。

 新型コロナワクチンを巡る動きも相場を支えた。米食品医薬品局(FDA)の諮問委員会は17日、米バイオ医薬品企業モデルナのワクチンの緊急使用を承認するようFDAに提言する見通し。

 S&P総合500種のセクター別指数では不動産、素材、ヘルスケアが1%超上昇した。

 アナリストからは、相場が短期的にやや買われ過ぎの水準にあるとの見方も出ている。チャールズ・シュワブのトレーディング・デリバティブ担当バイスプレジデント、ランディー・フレデリック氏は、テクノロジーなどこれまでパフォーマンスが良かったセクターに売りが出るリスクが最も大きいと指摘。一方、投資家が割安株を物色する中、金融やエネルギーへの関心が高まっているとした。

 個別銘柄ではアルファベットが1%近く下落。コロラドなど38の州・地域が同社傘下のグーグルを反トラスト法(独占禁止法)違反で提訴した。

 米取引所の合算出来高は105億株。過去20営業日の平均は114億株。

 ニューヨーク証券取引所では値上がり銘柄数が値下がり銘柄数を2.21対1の比率で上回った。ナスダックでは2.17対1で値上がり銘柄数が多かった。

金先物 ドル安・ユーロ高に伴う割安感から買われ、3日続伸した。

 2月物の清算値(終値に相当)は前日比31.30ドル(1.68%)高の1オンス=1890.40ドルと、中心限月ベースで11月上旬以来約1カ月ぶりの高値を付けた。

 米連邦準備制度理事会(FRB)は16日午後に、米国債などを買い入れる量的緩和策を「雇用最大化と物価安定の目標へ十分前進するまで続ける」方針を発表した。これを受けて、外国為替市場では17日もドル安・ユーロ高が進行。ドル建てで取引される金は割安感から買いが優勢となった。また、米追加経済対策法案成立への期待が高まっており、大規模な財政出動による物価上昇観測から金にインフレヘッジとしての買いが入る面もあった。

 金塊現物相場は午後1時半現在、29.800ドル高の1885.275ドル。

米原油先物 4営業日続伸

 米国産標準油種WTIの1月物の清算値(終値に相当)は、前日比0.54ドル(1.13%)高の1バレル=48.36ドル。中心限月としては2月26日以来、約10カ月ぶりの高値となった。2月物は0.54ドル高の48.54ドルだった。

 米エネルギー情報局(EIA)が16日午前に発表した週報では、11日までの1週間の米原油在庫が310万バレル減となり、1520万バレル増を示した4日までの週から マイナスに転換。これを受け、需給の緩みに対する警戒感が和らいだ。

 米国では新型コロナウイルスワクチンの接種が始まり、週内には米食品医薬品局(FDA)が国内二つ目となる米モデルナ製ワクチンの緊急使用許可を承認するとみられている。 来年はワクチンの普及で経済正常化が進み、エネルギー需要が上向くとの楽観的な見方が 最近の相場上昇の背景となっている。

 このほか、16日の米連邦公開市場委員会(FOMC)声明が量的緩和の長期化を示唆したことをきっかけに、外国為替市場で対主要通貨でのドル売りが加速し、原油先物の割安感が強まったことも押し上げ材料となった。

NYMEXエネルギー:[CR/USJ]

ドル/円 NY午後4時 103.14/103.16

始値 103.03

高値 103.17

安値 102.89

ユーロ/ドル NY午後4時 1.2262/1.2264

始値 1.2236

高値 1.2273

安値 1.2233

米東部時間

30年債(指標銘柄) 16時52分 98*22.50 1.6803%

前営業日終値 99*02.50 1.6640%

10年債(指標銘柄) 16時48分 99*14.00 0.9346%

前営業日終値 99*18.50 0.9200%

5年債(指標銘柄) 16時49分 99*31.50 0.3782%

前営業日終値 100*00.75 0.3700%

2年債(指標銘柄) 16時48分 100*00.00 0.1250%

前営業日終値 100*00.38 0.1190%

終値 前日比 %

ダウ工業株30種 30303.37 +148.83 +0.49

前営業日終値 30154.54

ナスダック総合 12764.75 +106.56 +0.84

前営業日終値 12658.19

S&P総合500種 3722.48 +21.31 +0.58

前営業日終値 3701.17

COMEX金 2月限 1890.4 +31.3

前営業日終値 1859.1

COMEX銀 3月限 2618.1 +112.9

前営業日終値 2505.2

北海ブレント 2月限 51.50 +0.42

前営業日終値 51.08

米WTI先物 1月限 48.36 +0.54

前営業日終値 47.82

CRB商品指数 165.4892 +1.6314

前営業日終値 163.8578

 

2020年12月16日 (水)

【はやぶさ2】帰ってきた<小惑星リュウグウ“採取カプセル”>無事帰還!!

歴史の欠片リュウグウからカプセル無事帰国ドキュメント

ニッポン放送 2020年12月10日(木)17時45分配信

 探査機「はやぶさ2」が、約6年の「宇宙の旅」を終えてカプセルが帰還。小惑星「リュウグウ」からの粒子が入っているとみられるカプセルは、12月8日午前、神奈川県のJAXA相模原キャンパスに戻って来ました。

Photo_20201216165401

 カプセル内部の解析を行う総合研究棟に、午前10時半過ぎ、カプセルを積んだトラックが横付けされます。集まったJAXAの職員は100人ほどに膨れ上がりました。ただ、新型コロナウイルスの影響でテレワークが徹底されており、敷地内の出迎えは比較的こじんまりとしたものでした。

 拍手と歓声、ガッツポーズ……職員の前にはファンから贈られた「はやぶさ2 祝大漁」と書かれた大漁旗も掲げられました。トラックから30分ほど遅れて、回収スタッフが乗ったレンタカーが到着。トラックの荷台からカプセルの入ったボックスがお目見えしました。

 スタッフ4人が高さ1mほどのボックスを慎重に持ち上げます。午前11時27分、カプセルは無事、建物のなかに入って行きました。

「なかを開けるのが楽しみ。みんな“白髪”になっていなかったので、開けていないということですね」

 JAXAの津田雄一プロジェクトマネージャ(以下 津田プロマネ)が、到着直後にコメントを寄せました。宇宙からの“玉手箱”と呼ぶカプセルになぞらえたユーモアです。その上で「ホッとした。肩の荷が下りた」……ワクワクしながらも、重圧から解放された安堵の表情がありました。

 その後に行われた記者会見でも、津田プロマネは「ついに戻って来た。心に迫るものがあった。新しい科学がここからスタートする」と、改めて喜びを語りました。

 渋滞などで到着が遅れたことから、午前11時に予定されていた記者会見は午後0時半にずれ込み、所要約1時間50分に及びました。

 カプセルは日本への輸送を前に、特殊なピンで“穴”を開けることで内部のガスを採取しました。日本から持ち込んだ特殊な装置で、慎重な作業が行われたということです。現状は分子量の測定にとどまっており、リュウグウから来たガスかどうかは、まだ断定できていません。

 解析を担当するJAXAの臼井寛裕グループ長は「太陽風に関連するヘリウムの同位体のようなものが分析できると、リュウグウ由来かどうか確実に判断できる」と期待を寄せています。あとは、カプセルのなかにリュウグウの粒子が入っていることを祈るのみです。

 ただ、カプセルは着いたからと言って、すぐ中身を開けられるというものではありません。まず、ヒートシールドという、カプセルを熱から守るカバーを取り外し、周囲を念入りに洗浄します。そして、カプセルを特殊な装置にかけ、ふたやスプリングを外して、クリーンルームに移します。

 ここからがまた大変です。宇宙の環境に近い状況にするために、カプセルの周囲を真空にする必要があります。「真空びき」と呼ばれる作業は、週末2~3日はかかるとのこと。

 そして、ようやくカプセル開封にありつける……よって、なかの粒子を確認するには1週間ぐらいかかるとみられます。現在もその作業が続いているでしょう。ちなみに、地球の外から採った粒子を真空の下で開封・採取するのは、日本独自の技術だということです。

 粒子があるかどうか、厳密には詳細な分析を待つことになりますが、カプセルの裏側に隠れていれば時間はかかるものの、表側に黒い物質があれば「確実にある」(臼井グループ長)。いずれにしても来週が1つのポイントになりそうです。

Photo_20201216165601

 さて、今回のはやぶさ2が行った偉業について、おさらいをしておきます。今回リュウグウから採取した粒子が意味するところは、大きく分けて2つです。

 まずは「太陽系の歴史のかけら」……地球をはじめとする惑星がどうやってできたのか、解明する手がかりを得たということです。

 地球は太陽系が誕生した後に、小さい天体が集まってできたと言われています。しかし、集まる際にドロドロに溶けたり、固まったりしたため、地球のもともとの状態がどうだったのかは、はっきりしていません。

 一方、リュウグウのような小惑星はこうしたプロセスを経ていないので、太陽系ができた46億年前のころの状態が、そのまま残っているとみられます。さらに今回は、リュウグウの地中の粒子も獲得できたはずです。

 表面は宇宙放射線や太陽風の影響を受けていますが、地中ではそうした影響も小さく、いわゆる「フレッシュな粒子」が期待できます。「もともとの状態」にさらに深く迫れる可能性があるわけです。

 もう1つは「生物の歴史のかけら」……人間をはじめとする生物が、どのように誕生したかを究明する手がかりです。

 リュウグウは水や有機物=炭素を含む「C型小惑星」に属します。生物はいわば「原材料」となる水や炭素を含む惑星がぶつかって生まれたと言われています。したがって、こうした惑星を調べれば、生物の起源についてわかるのではないかというわけです。

 それは水や炭素が見つかるというだけでなく、炭素、水を構成する水酸基などに、これまでにないような複雑な分子構造が確認される可能性もあります。そうなれば、まさに「世紀の大発見」となるでしょう。

 なお、粒子は分析をはじめとする研究に活用されますが、一部は保管されます。将来、より進んだ分析・研究手段が出現するのを見越してのことです。

 カプセル帰還まで6年の長旅でしたが、今後、さらに長い分析の時間が待っています。それは技術や研究を未来につなぐ“橋渡し”でもあります。やはり、せっかちな人間には務まらないな……改めて思います。(了)

 「はやぶさ2」持ち帰った試料をNASA研究室新設して研究保管 

Newsweek日本版 2020年12月10日(木)18時35分配信

──リュウグウの試料をNASAに、地球近傍小惑星「ベンヌ」の試料をJAXAに......

 小惑星探査機「はやぶさ2」によって地球近傍小惑星「リュウグウ」で採取された試料を収めたカプセルが2020年12月6日、豪州南部ウーメラ立入制限区域(WPA)で回収され、8日、JAXA(宇宙航空研究開発機構)の相模原キャンパス内に搬入された。

Photo_20201216165701

 JAXAは、2021年末までに、NASA(アメリカ航空宇宙局)をはじめとする6つの研究チームにリュウグウの試料を配分し、その分析を世界規模ですすめる。

リュウグウの試料をNASAに、ベンヌの試料をJAXAに

 JAXAとNASAは、「はやぶさ2」が採取したリュウグウの試料の一部をNASAが受け取る代わりに、NASAの宇宙探査機「オサイリス・レックス(OSIRIS-REx)」が地球近傍小惑星「ベンヌ」で採取した試料の一部をJAXAに提供するという取り決めを交わしていた。

 いずれのミッションも炭素質を主成分とする「C型小惑星」を探査するというもので、太陽系初期の成分が残存していることから、「太陽系がどのように形成され、その後、どのようにして生命が出現するようになったのか」を解明する手がかりになると考えられている。「オサイリス・レックス」は、2020年10月28日、ベンヌの表面から60グラム以上の試料を採取することに成功し、2023年に地球に帰還する予定だ。

NASAは地球外試料の特性評価、保管などに特化した研究室建設

 現在、米ヒューストンにあるNASAのジョンソン宇宙センター(JSC)では、地球外試料の特性評価や文書化、保管などに特化した新たな研究室が建設されている。

 2021年12月には、NASAの地球外物質研究探査科学部門(ARES)に所属する中村圭子博士とクリストファー・スニード博士が来日して、リュウグウの試料をジョンソン宇宙センターに持ち帰り、人間が地球外で収集した7つ目の地球外試料としてこの新研究室に保管される見込みだ。2023年に回収予定のベンヌの試料もここに保管される予定となっている。

 中村博士、スニード博士らの研究チームは、新研究室内でリュウグウの試料を分析する。リュウグウの試料はわずか10ミリグラムの小さな物質とみられるが、有機含水化合物と鉱物との混合など、多くの新たな発見がもたらされると期待されている。

 スニード博士は、リュウグウの試料の分析に先立ち、現在、金属とガラスでできた密閉された箱に手袋を突っ込んで小さな粒子や鉱物粒子を扱う方法を実験している。スニード博士によると「試料が水や空気に反応しないように箱の中を窒素で満たすと、過度に乾燥して、静電気が起きてしまうのが課題だ」という。また、操作棒で動かし、小さな粒子を取り上げて扱うことができる専用デバイスの開発もすすめられている。

はやぶさ2サンプルリターン大成功」に込めた宇宙と地球の繋がり

Yahoo!コラム 2020年12月14日(月)6時00分配信/秋山文野(翻訳者)

 2020年12月6日、JAXAの小惑星探査機「はやぶさ2」から小惑星リュウグウのサンプルが入っているとみられるコンテナを収めたカプセルが地球の大気圏に再突入しオーストラリア南部に着地した。カプセルは同日回収され、内部から小惑星の物質が揮発した可能性のあるガスを採取した後にただちに日本へと運ばれた。

Photo_20201216163201Photo_20201216170601

 12月8日、カプセルは神奈川県相模原市のJAXA 宇宙科学研究所に届き、地球外の物質を扱う専用のキュレーション施設へと無事に収められた。今週はコンテナからサンプルの確認と取り出しが始まり、まもなく「リュウグウのサンプルが入っているとみられる」から「みられる」はとってもよいと期待される。

 サンプルコンテナのカプセルが無事にキュレーション施設に届いたことで、直後の記者会見ではやぶさ2プロジェクトチームの津田雄一プロジェクトマネージャらは「サンプルリターン大成功」の言葉を掲げた。ここで、基本に立ち返って小惑星からのサンプルリターンが成功するとなぜ嬉しいのか、はやぶさ2ミッションのこれまでとカプセル帰還会見から振り返る。

サンプルから始まる、宇宙と地球の答え合わせ

 そもそもはやぶさ2の探査目標として小惑星が選ばれたのは、小惑星が太陽系初期の物質をとどめた歴史の保管庫のような存在であるためだ。小惑星リュウグウ近傍に滞在していた2018年6月から2019年11月まで、はやぶさ2に搭載された光学航法カメラ、近赤外分光計NIRS3(ニルス3)、中間赤外カメラTIRなどの観測機器から得られたデータを元にリュウグウの素性を解き明かす成果が論文として発表されている。

 これまでの成果によれば、直径はおよそ900メートルのリュウグウのような1キロメートル前後の小惑星は、太陽系の初期により大きな天体が衝突破壊を繰り返した破片から生まれたと考えられている。現在のリュウグウになるまでのシナリオはいくつかあるが、有力とされるひとつはこうだ。

 45.6億年前の太陽系初期、水の豊富な微惑星があり、この天体の内側で熱が発生する化学反応から部分的に脱水していった。その後、この微惑星は天体衝突を繰り返して小惑星ポラナまたはオイラリアという大型の小惑星となり、さらにその破片が集積してリュウグウになったというものだ。

 はやぶさ2と協力関係にあるNASAの小惑星探査機オサイリス・レックスがサンプルを採取した小惑星ベンヌは、リュウグウと同じ母天体を持つきょうだいのような関係だが、ベンヌのほうが水が豊富だと考えられている。

 リュウグウを構成する物質に水が少ないのは、微惑星の段階で水が失われるプロセスを経たためだとされる。持ち帰ったサンプルの分析によってリュウグウの歴史はさらに詳しくわかるとされる。小惑星ポラナとオイラリア、どちらが本当のリュウグウの親なのか判明する可能性もあるという。

 はやぶさ2が世界で初めて行った、小惑星表面に人工クレーターを作るSCI(衝突装置)の実験は、太陽光の影響を受けていない地下のフレッシュな物質を表面に掘り起こし、持ち帰るサンプルの価値をさらに高めた。それだけでなく、人工クレーター実験そのものもサイエンスの成果を上げている。

 小惑星上で自然に起きる隕石衝突によるクレーター生成をSCIが模擬したことで、天然クレーターから小惑星の年代を知る手法の精度がさらに高まった。サンプルがリュウグウが経てきた歴史のどこに当てはまるか、それを調べることで太陽系の歴史はさらに詳しくわかることになる。

 宇宙探査機という「探査の道具」の性能向上にもサンプルは役立つ。カプセル帰還時の記者会見で、サンプルの取り出し、選別とカタログ作りを担うキュレーションチーム代表の地球外物質研究グループ長 臼井寛裕さんは「可視、近赤外での観測を行いMicrOmega(マイクロオメガ)による観察を行う」と述べた。

 マイクロオメガとは、2018年10月にはやぶさ2がリュウグウに投下した欧州の着陸機「MASCOT(マスコット)」に搭載された観測装置の地上版だ。また、近赤外での観測ははやぶさ2の観測機器ニルス3の観測方法でもある。

 はやぶさ2が宇宙に持っていった観測機器と同じ手法をもう一度地上で繰り返すのはなぜか。それは、「宇宙に持っていった機器と地上の機器は解像度が全く違う。

 宇宙ではのっぺりとしか見えなかったものが、地上で同じものを見ればはるかに高精細になる」(臼井さん)からで、限られた重量、限られた電力という制限の中で観測していた宇宙の観測機器と同じものを地上のより高精度な装置で観察すれば、はるかに多くの物質の組成、形、大きさなどが分かるからだ。宇宙で調べたことが合っているかどうか、地上で答え合わせができる。

宇宙の現地で観測する意義

 地上の機器が探査機に搭載の観測機器よりも高精細ならば、探査機はサンプルを採取することだけに特化して、より多く、より多地点のサンプルを持ち帰って地上で調べることに特化させればよいとも考えられる。しかし、はやぶさ2は「限られた荷物しか積めない宇宙機にどのような観測機器を搭載するか」というパズルに、サイエンスの側の要求に沿うだけでなくエンジニアリングの側からも提案できることを実証した。

 その代表が、回収班の一員で日本にカプセルを持ち帰った澤田弘崇さんが開発した分離カメラ「DCAM3」だ。2019年4月に衝突装置でのクレーター生成の際には、DCAM3というカメラで爆発の瞬間を撮影している。

 DCAM3は宇宙ヨット「イカロス」から引き継いだカメラだが、世界で初めて行う小惑星での人工クレーター生成の最中を本当に撮影できるのか、事前に保証できる者はいない。考えうるシチュエーションにすべて対応できるよう技術を注いでいるにしても、やってみなくてはわからない不確実性は残る。

 だがDCAM3は本当にクレーター生成の瞬間をとらえた。これで大喜びしたのは、カメラを開発した技術チームはもちろんだが、小惑星を研究するサイエンスチームだ。小惑星に隕石が衝突しているのと同じ、衝突装置が小惑星表面の物質を噴き上げ、すり鉢状の「イジェクタカーテン」を作っているまさにその瞬間をとらえたのだ。イジェクタカーテンの画像は米科学誌Science掲載の人工クレーター生成実験の論文で重要な役割を果たした。

 小惑星近傍フェーズの観測成果はScienceやNatureに何度も掲載されているが、「アクセプト間近の成果がいくつもあり、もっと出てくる」(吉川真ミッションマネージャ)という。はやぶさ2では、こうした工学が理学を刺激し、挑戦的な装置や運用がサイエンスの地平を広げるような好循環の可能性があることを示した。

 このサイクルを続けられるか、行きたいところに行ける、見えると思えなかったことが見える、これまで手に取れなかったものが手に入る、ということが科学を推し進める。

はやぶさ2はこれからどうするのか

 一方、はやぶさ2探査機本体は、12月5日にカプセルを分離した後、エンジン噴射を行って地球を離れた。小惑星のサンプルコンテナを地球に届けた後に地球を離れ、新たな宇宙探査へと旅立つことは初代「はやぶさ」で計画されながらも実行できなかった目標のひとつだった。

 12月6日には、光学航法カメラで地球を撮影。「行ってきます。地球」と名付けられた画像は、はやぶさ2の記念の画像のひとつになりそうだ。それだけではなく、探査機の今後にとっても重要な1枚になる。

 はやぶさ2の「拡張ミッション」では、小惑星1998 KY26という目的の天体へ約11年かけ、2031年7月まで航行する。2014年12月の打ち上げから宇宙を飛行する期間は17年近くなる。カメラなど光学系の機器やセンサーは、宇宙で放射線などによる劣化が起きると考えられている。

 地球や月といった色がわかっている天体を今のうちに撮影しておくことで、将来にカメラの劣化が起きたとしてもその進み具合を知ることができる。はやぶさ2自身にとっても、将来計画されるより遠くの天体の探査の場合にも、観測機器の性能を十分に引き出せるための下地作りだ。

 はやぶさ2の特徴でもある、イオンエンジンも長期間の運転が行われることになる。これまでの航行で慎重に運用されてきたことから推進剤はまだ半分近く残されており、余裕はある。これをできるだけ節約し、また性能を長期間維持する技術を得て、将来の新しい探査ミッションに備える。はやぶさ2が次世代のミッションを育てることになる。

 地球帰還の際に、はやぶさ2からはカプセルが分離し、いわば穴が開いた状態だ。設計時とは異なる状態で航行すると、太陽の熱がそこから探査機に入り込む、または反対に探査機の内部から熱が逃げて冷えすぎてしまうといったリスクも考えられた。

 12月6日の記者会見で津田プロジェクトマネージャは「幸い探査機の状態は健全」といい、十分に探査機の限界を試すことができる状態ではやぶさ2は地球を出発した。

 小惑星1998 KY26は、はやぶさ2がまだその名前になる前、「はやぶさ」に続く小惑星サンプルリターンミッションの計画を検討していた2007年ごろに目的地の候補として挙げられたことがある。

 350以上の候補のひとつであり、最終的にはより適したリュウグウが選ばれたが、探査にとって魅力的な天体だと考えられているのだ。地上に星のかけらを残し、「縁」のある新たな天体に向かってはやぶさ2は旅を続けている。

はやぶさ22度着陸に“中止論出た✍2つの理由

AERAdot. 2020年12月16日(水)8時02分配信

「はやぶさ2」が、小惑星リュウグウ内部の物質を持ち帰る計画を見事成功させた。初代とは違い順調な行程にみえたが、裏では計画遂行をめぐる激論があった。AERA 2020年12月21日号では、「はやぶさ2」のミッション成功の裏側に迫った。

*  *  *

 6日午前2時28分(日本時間)、オーストラリアの夜空に明るい尾を引く一筋の光が走った。宇宙航空研究開発機構(JAXA)の施設がある相模原市では、深夜にもかかわらず集まった約500人の市民が食い入るように映像を見つめ、声を上げた。

「おおーっ」「おかえり!」

 光の主は、探査機「はやぶさ2」が持ち帰った、小惑星「リュウグウ」の砂が入っているとみられるカプセルだ。JAXAは同日、豪南部の砂漠でカプセルの回収に成功。一方、6年間、約52億4千万キロに及ぶ旅を完璧に成功させたはやぶさ2本体は、休む間もなく地球と火星の間を回る別の小惑星「1998KY26」に向かい、2031年の到着を目指す。

クレーター生成に成功

「実験室でやっていたことをスケールアップし、実験室以上の精度でしかも宇宙空間で実現するという夢みたいな経験をさせていただいた」

 こう振り返るのは、はやぶさ2サイエンスチームの荒川政彦・神戸大学教授(55)だ。

 19年4月5日、はやぶさ2は小型搭載型衝突装置(SCI)を用いてリュウグウに金属塊を打ち込み、人工クレーターを生成することに世界で初めて成功。はやぶさ2から分離されたカメラが、表面の岩や砂が逆円錐状に飛び散る様子を押さえた。このカメラとデジタル通信装置の開発チームリーダーを務めた荒川さんは、初めて明らかになった小惑星でのクレーター形成過程を今年3月、米科学雑誌サイエンスに発表した。

 人工クレーターは直径14.5メートル。地上で模擬実験したサイズの約7倍だった。荒川さんらはこうしたデータを基に、リュウグウが小惑星帯に存在してきた期間を640万~1140万年と推定。観測で見積もられていた約600万~約2億年という推定年代を大幅に絞り込み、他の小惑星の年代推定にも再検討を促す成果をもたらした。

 JAXAはこのクレーターを「おむすびころりんクレーター」と命名。近くにあるおにぎり形の「おにぎり岩」が今にも転がり落ちそうなためで、19年の「ユーキャン新語・流行語大賞」候補にもノミネートされた。選出はされず知名度はイマイチだが、人類にとって非常に大きな足跡だ。

 小惑星探査の意義について荒川さんはこう説明する。

「地球の場合、46億年前の太陽系ができた頃の物質の情報は地球内部でマグマになってドロドロに溶けたり、蒸発したりして全て消え去ってしまっています。惑星の成長過程を知るためには46億年前の情報を保持し、太陽系の惑星のさまざまな成長段階を凍結した『タイムカプセル』ともいえる小惑星を調べる必要があるのです」

2度目の着陸に中止論

 はやぶさ2は19年2月の1回目の着陸でリュウグウ表面の砂などのサンプルを採取。同年4月に人工クレーターの生成に成功した。ところが、掘り出した地下サンプルを採取する2回目の着陸にあたって、JAXA内で大激論が巻き起こった。国中均所長が「試料はもう採れている。リスクを冒してまで2度目の着陸をする必要はない。帰還させよう」と提案したのだ。

 理由は大きく二つ。一つは、リュウグウの表面が予想以上に岩だらけだったことだ。直径100メートルの平坦な場所を探して着陸する計画だったが、実際に見つかったのは直径6メートル。着陸には、上空20キロから甲子園球場のマウンドに降りられる精度が必要だった。

 もう一つは、リュウグウの成分が「お宝過ぎた」ことだ。そもそもはやぶさ2がリュウグウに向かったのは、生命の起源に連なる炭素などの有機物を多く含んだ「炭素質コンドライト隕石」という隕石との類似が予想されたからだった。ところが、はやぶさ2が光センサーで表面を観察したところ、地球上に存在するどの炭素質コンドライト隕石とも一致しない成分であることがわかったという。

「隕石として地上にまだ降ってきていない物質なのか、大気中で変容する前の成分を保持しているのかはわかりませんが、いずれにせよ、1回目の着陸で回収したサンプルは初の地球外物質である可能性が高いのです」(荒川さん)

 だからこそ、機体損傷のリスクを負ってまで2度目の着陸を敢行する必要はない、との声も上がったというわけだ。

小惑星内部の物質採取

 チームは一つひとつの岩の高さと形を10センチ単位で再現した3次元地図を作り、姿勢を制御する12基の化学エンジンの癖も調べて誘導プログラムに教え込んだ上で、19年7月11日、衝突装置が穿ったクレーター周辺に飛散したリュウグウの地下物質めがけて2回目の着陸を行い、無事成功させた。

「まさに神わざでした」

 こう感嘆する荒川さんは、地下サンプルの回収というミッションをクリアしたと見込まれることで、「付加価値が高まった」と評価する。

「小惑星の表面の物質に関しては、米探査機がはやぶさ2とケタ違いの量の回収を進めています。私たちは衝突装置を使って地下のサンプルを採取するという米探査機もできなかったことを実現した可能性が高い。日本の惑星探査の優位性を世界に知らしめることができました」

 小惑星の表面から深さ約10センチまでの地層は太陽放射や太陽風による影響を受けているという。今回人工的に作ったクレーターの深さはそれを上回る1.7メートルだ。

「太陽放射や太陽風の影響を受けず、より純粋に46億年前の情報を保持している物質のサンプルを取得できた可能性があります。表面と地下の物質を比較することで宇宙風化の影響などを知る手がかりも得られるでしょう」(荒川さん)

Photo_20201216165501

関連エントリ 2019/07/11 ⇒ 【はやぶさ2】<小惑星リュウグウ再着陸>物質採取に成功!!
関連エントリ 2019/02/22 ⇒ 【はやぶさ2】タッチダウン✍小惑星「りゅうぐう」へ最終降下
関連エントリ 2018/06/27 ⇒ 【はやぶさ2】航行3年半<32億㌔の旅>✍2.8億㌔先の小惑星に着陸。
関連エントリ 2014/12/03 ⇒ 【はやぶさ2】打ち上げ成功✍「往復52億キロの旅」へ出発・・・・

 

2020年12月15日 (火)

【座間9人殺害】東京地裁<白石被告✍死刑判決>求刑通り

 座間9人殺害事件で死刑判決 白石被告が唯一好きだった女性 

AERAdot. 2020年12月15日(火)15時26分配信

 神奈川県座間市のアパートで2017年に男女9人の遺体が見つかった事件で、強盗・強制性交等殺人罪などに問われた白石隆浩被告(30)に対し、東京地裁立川支部は12月15日、死刑判決を言い渡した

 白石被告は本誌と拘置所で面会した際も死刑判決について達観したように心境をこう語っていた。

「警察の調べでも『しょうがないよね』と言われた。覚悟しています」

 何度も重ねた白石被告との面会で事件について、いろいろと質問すると、「それはここでは、話せない」と遮り、「いくらですか?」と金銭の請求を口にすることもあった。

「殺害した9人の中で、好きな女性はいたのか」

 こう尋ねると、白石被告は「好みの女性はいましたよ」と笑顔で話した。しかし、詳しく聞こうとすると、「今は言わない」と自ら話を打ち切ってしまった。

 白石被告の裁判員裁判が進むにつれ、検察側の細かな質問でその心の闇の奥底が垣間見える瞬間があった。公判で白石被告の好みの女性とは、Xさんであることがわかった。

 他の被害者同様に白石被告はXさんをツイッターで「死にたい」の検索ワードから誘い出した。白石被告はXさんから送られてきたツイッターの写真を見て、好意を持ったと明かした。

「外見はかわいらしいと思った。スタイルもよかった。好みだった」

 もともと自殺願望のあったXさんは白石被告とのSNSのやり取りで「ワクワクする」などと書いていた。白石被告は実際に会ってみたいという気持ちを募らせ、「ロフトで首を吊って死にませんか」と返信して、Xさんを呼び出し、犯行現場となったアパートに連れ込んだ。

 言葉巧みにXさんの悩みを聞き出し、ウィスキーのお茶割りを飲み始めた。Xさんが気を許したとき、白石被告は、部屋のドアのカギを閉め、チェーンをかけた。そして、背後にまわってXさんの首を絞め、失神させたという。白石被告は法廷でこう述べた。

「Xさんと性行為に及びました」

「ロフトベッドにロープをかけて、Xさんの首を吊って殺害した」「その後、Xさんの遺体をスマホで撮影した。Xさんが好みだったからです。他の人は撮影していない」

 また、公判では白石被告がXさん殺害後、コンビニエンスストアに向かったことも明らかにされた。

 そこで自分用の食事、パスタとともに「キムチ鍋の素」「ジップロック」を買ったことを検察が指摘した。白石被告はその理由を問われ、公判でこう明かした。

「バラバラにした遺体のうち、大きな骨はキムチ鍋の素で煮込んで、肉を削いで、ジップロックに入れ、匂いが出ないようにした」

 あまりにおぞましい犯行だった。拘置所で面会した時には、白石被告自身もためらい、言葉にできなかったのではないかと思えてならない。

 公判では、被害者が本当に自殺を了承していたのか、が大きな争点となった。白石被告は公判でXさんや他の被害者について「死にたいと言った人はない」と淡々と語っていた。

 法廷では自身の弁護士の質問に対し、たびたび「黙秘します」と証言を拒否。しかし、検察側の質問にはしっかりと答えた白石被告。

 記者との面会では「被害者への謝罪の気持ち?それは沸いて来ない」と軽い口調で話していた白石被告。だが、かなりの重圧だったのか、法廷でたびたび、顔をしかめるような表情を見せた。そして何人かの被害者には「申し訳ない」と謝罪の言葉を述べていた。

「どんな判決でも控訴しません」

 面会では気丈に話していた白石被告。死刑判決がくだされた今の心境は知る由もない。

 判決前の心境白石被告極刑怖い控訴はしない 

毎日新聞 2020年12月13日(日)8時00分配信

 神奈川県座間市のアパートで2017年に男女9人の遺体が見つかった事件で、強盗・強制性交等殺人罪などに問われた白石隆浩被告(30)が、15日の東京地裁立川支部での判決言い渡しを前に、立川拘置所(東京都立川市)で毎日新聞の取材に応じた。検察側が死刑を求刑し、厳しい判決も予想される中、「身体的苦痛があるので極刑は怖いが、家族にこれ以上迷惑は掛けたくないので控訴はしない」と心境を語った。

 白石被告は3日と8日に面会に応じた。11月26日の公判で死刑を求刑された際の気持ちを問われ、「予想通りで、動揺も全くなかった」と淡々と振り返った。

 白石被告は公判終盤の被告人質問で、被害者9人のうち4人に「私の起こした行動により命を簡単に奪ってしまい、申し訳ありません」と謝罪した。一部の被害者・遺族にしか謝罪しなかったことには「私はうそをつきたくない。好意を持ってくれたり、同情できるところがあったりするなど、私が思い入れを感じた被害者には申し訳ない気持ちが出てきたが、他の被害者には本当に何も思わなかったので、謝っていない」と独自の理屈を展開し、事件を起こしたことへの反省の言葉はなかった。

 埼玉県春日部市の女性(当時26歳)については、幼い子どもがいるため、「これから育っていく中で、母親がいないのは可哀そうだと思う」と話した。

 法廷には、遺族の姿が傍聴席や被告から見えないよう、ついたてが設置されていたが、埼玉県所沢市の女子大生(当時19歳)の母親は意見陳述の際、白石被告との間のついたてを外し、「反省や後悔が感じられず、今までにない嫌悪感と激しい怒りを感じた」と思いをぶつけた。この場面に記者が触れると、白石被告は頭を抱え、「きつかった。遺族が沈痛な面持ちをしていて、まともに見られなかった」とした。

 遺族の思いがつづられた調書が法廷で読み上げられたことには、「これまで調書は読まなかったが、聞かされて、思うところはあった」と心を動かされたことを明かした。

 「育て方が悪かったのか。ご遺族に謝っても謝りきれない」などとする自身の母親の調書も読み上げられた。「あれはこたえました。精神的な負担になっていたことが改めて分かったので、家族のために、もう波風を立てたくない」と話し、控訴はせず、弁護人が控訴しても取り下げる方針だという。「あの密室(法廷)での気力と体力の消耗は半端じゃない。正直ほっとしています」とも語った。

 死刑が確定すると、面会は原則として親族や弁護士らに限られる。「こうして会いに来てくれる人もいなくなるわけで寂しい」と吐露した。

 被害者の同意の有無が最大の争点に

 東京地裁立川支部(矢野直邦裁判長)で15日に言い渡される判決は、ツイッターで自殺願望をほのめかしていた被害者が、被告に殺害されることに同意していたかどうかが最大の争点だ。検察側は「自己中心的な『単なる殺人』だ」と死刑を求刑し、弁護側は「承諾殺人罪の適用にとどまる」と死刑回避を求める。

 検察側は、被害者全員が被告に首を絞められた際に抵抗したとして「殺されることを明確に拒絶していた。承諾がなかったことに疑問を差し挟む余地はない」と主張。起訴内容を認めた被告の供述について「一貫性があり、客観的事実と符合し、内容も自然、合理的で信用できる」とした。

 対する弁護側は「被害者が被告に会ったのは命を絶つため。自ら被告の部屋に入り、薬や酒を飲み、死のタイミングを委ねた」と述べ、抵抗は「『何らかの反応』に過ぎない」と反論する。被告の供述は「曖昧で変遷もあり、信用できない。裁判を早く終わらせるためのものだ」と主張した。

 責任能力の有無も争点。検察側は、周到な計画に基づく一貫した行動で、徹底した隠蔽工作をしたとして「責任能力には全く問題がない」とし、弁護側は「凄惨な事件を起こしたのに精神疾患が一切ないとは本当か」と精神鑑定が不十分だとした。

 被告は起訴内容を認め、弁護人の主張と食い違った。主任弁護人は結審後、取材に「苦労したが、(主張を)証明する弁論はできた」と述べた。

 起訴状などによると、被告は17年8~10月、当時15~26歳の男女9人を自室に誘い、女性8人に性的暴行したうえ、9人の首をロープで絞めて殺害したなどとされる。

 ◇ 白石被告の公判での主な発言

・「いずれの事実についても間違いありません=9月30日、初公判で起訴内容を認める

・「女性からお金を引っ張り、『ヒモ』になりたかった=10月7日、ツイッターで自殺願望のある女性を探した理由について

・「方針が全く合わず、裏切られている=10月8日、承諾殺人罪にとどまると主張する弁護人への不満を述べる

・「すごく迷ったが、部屋に証拠が残っており、観念した=11月12日、逮捕後に自白した理由について

・「何もありません=11月26日、死刑の求刑後に裁判長から判決前に述べておきたいことを問われて

 白石被告に殺害された9人の被害者は本当にたかったのか 

文春オンライン 2020年12月14日(月)6時12分配信/渋井哲也(ジャーナリスト)

被害者たちは本当に死にたかったのか――

 2017年10月、神奈川県座間市のアパートで男女9人の遺体が見つかった事件で、強盗や強制性交等殺人などの罪に問われている白石隆浩被告(30)の裁判員裁判(矢野直邦裁判長)は12月15日、判決を迎える。

 筆者が裁判を傍聴する中で、もっとも気になった言葉が「本当に死にたかったのか」というものだ。裁判で明らかになった事実などを振り返りながら、改めて考えてみたいと思う。ただし、この稿では、白石被告本人の意図は考慮しない。

日記には殺されてもいいから終わりにしたい

 そもそも「死にたい」という感情に「本当」と「本当じゃない」が存在するのかどうか。あるいは、Twitterで「死にたい」とつぶやくこと、そのつぶやきに対するダイレクトメール(DM)に返事をすること、返事をしたとして白石被告に会いに行くこと、会いに行ったとして死のうとすること、死のうとしたとして途中で止める可能性……は、どこまで一体なのか。

 筆者は、「自殺系サイト」に投稿をする人たち、「ネット心中」の志願者、TwitterなどのSNSで「死にたい」とつぶやく人たちを取材してきた経験から、実際の自殺に至るまでには、いくつもの“壁”があると感じている。

 被害者9人すべて、どこかのタイミングで自殺に対する気持ちを表明し、何人かはTwitterで「#自殺募集」などの文言を投稿していた。その意味では、被害者全員が、濃淡の差はあるだろうが、自殺願望があったと言えるのだろう。例えば、1人目のAさん(当時21、女性)はTwitterで自殺に関する投稿をして、それを読んだ白石被告がDMを送った。そのことをきっかけにカカオトークでのやりとりが始まった。

 弁護側によると、Aさんは、中学時代のいじめ、恋愛などで悩んでいた。2016年8月、ネットで知り合った女性と「ネット心中」をしようと、江ノ島の海で入水自殺を図ったことがあった。しかし、Aさんだけが助かった。その後も入退院を繰り返し、入院中も首吊りを試みて、看護師に止められている。

 その1年後の2017年8月上旬、Aさんは死にたい気持ちが強まり、少なくともTwitterで「ネット心中」を呼びかけるくらいの自殺願望があった。そして、DMやカカオトークでやりとりをしていた白石被告のもとを訪ねる。その際、Aさんは白石被告の指示で「失踪宣告書」を書き、自宅に置いている。そこには、「絶対に自殺をしません」と書いてあった。ただ、日記には「殺されてもいいから終わりにしたい」と綴っていた。

選択や決定ではなく自殺するしかないという思い込み

 判例では「自殺とは、自殺者の自由な意思決定に基づいて自己の死の結果を生ぜしめるもの」(1989年3月24日、福岡高裁)とされている。法律論としてはわかりやすいが、自殺直前の心理は、自由な意思決定を正当化できるほどの状態なのだろうか。

 自殺を試みる人たちは、心理的視野狭窄が生じているとも言われている。つまりは、自由な意思決定というよりは、自殺を選択せざるを得ないという切迫した心理状態なのだ。選択や決定ではなく、「それしかないという思い込み」がある。それを前提とすれば、生か死かの揺れ動きの中で、死に向かう行動をせざるを得ない心の動きがあることになる。

 裁判官の「Aさんが書いていたパソコンの日記ですが、8月18日、21日に『死にたい』と書かれていました。内容の確認はしましたか?」との質問に、白石被告は「失踪宣告書を書くようにやりとりはした。そのときは、私以外の人と自殺をするとお願いをした。私の存在を薄くするようにお願いしたのです。内容については見ていません」などと答えている。内容を把握していないことが事実なら、失踪宣告書の「自殺しません」はダミーだとしても、日記で書いていたように、「終わりにしたい」気持ちがあったのかもしれない。

苦痛があっても力任せに、殺してください

 揺れ動く心理は、3人目に殺害されたCさん(当時20、男性)にもあったようだ。Cさんと白石被告が知り合ったのは2017年8月13日。AさんがCさんのLINEのQRコードを白石被告に送ったときからだ。8月15日、AさんとCさん、白石被告の3人で会っている。このとき、白石被告は、自殺を手伝う方法として、Aさんに柔道の締め技をかけ、Cさんはそれを見ていた。このときは死ぬのをやめたため、3人は解散した。

 弁護側によると、Cさんの自殺願望の理由は、(1)小学生のときに高機能自閉症と診断され、相手の気持ちを汲み取れない悩みがあった、(2)仕事が2年目でプレッシャーがあった。バンド活動もしていたが、リーダーは厳しく、叱られるのが辛く、精神的に不安定だった、(3)恋人との別れ――。そんな中で白石被告と出会っている。

 そして、バンドリーダーからライブ映像の編集に絡んで叱責があった後、8月28日、再び、白石被告に「お久しぶりです。先日は失敗して申し訳ありませんでした。また、お願いできませんか?」とのLINEのメッセージを送っている。このとき、Cさんの自殺願望が高まったことになる。「苦痛があっても力任せに、Aさんにやった方法で殺してください。寝落ちしたところでしてください」というメッセージだった。

本当に死にたい気持ちと、本当は死にたくない気持ち

 つまり、Cさんは死にたい気持ちと、死ぬのを止める気持ちの間を揺れ動いていた。8月29日夕方、白石被告から、スマホを江ノ島に捨ててくるように言われ、白石被告のアパートを出た後、Cさんは「これからは生きていこうと思います」とLINEをしている。

 厚生労働省の自殺対策のホームページの中で、「迷信(myth)と事実(fact)」というコンテンツがある。例えば、「一度自殺を考えた人は、ずっと自殺したいと思い続ける」というのは迷信で、事実は「自殺リスクが高まることは一時的なものであり、その時の状況に依存することが多い。自殺念慮が繰り返し起きることはあるかもしれないが、長く継続するものではなく、過去に自殺念慮や自殺未遂があった人でも、その後の人生を長く生きることができる」としている。

 その意味では、Cさんも「本当に死にたい」気持ちと、「本当は死にたくない」気持ちの間を行き来しているとも言えるのだろう。

 もちろん、短時間で殺害された被害者の場合は、白石被告と出会ってから殺害までに明確に自殺の撤回をした文言はなく、気持ちの上で生と死を彷徨っていたと判断できる材料はない。ただし、白石被告の法廷での証言によれば、待ち合わせ以後は、積極的に自殺に関する話題は出ていない。

被害者が実現しようとしたのは、殺害の被害者ではなくネット心中

 そのため、白石被告の認識がどうあれ、被害者が死にたい気持ちを持ち続けていると思わせても不思議ではない一方で、「本当に死にたい人はいなかった」と白石被告が証言するほど、自殺から遠ざかっている印象を持たせていた。自殺をした人が、家族や恋人、友人には「そうは見えない」という場合がある。白石被告から見れば、「ヒモになれるかどうかの見極め」のための「深掘り」だったとしても、被害者からすれば、悩みを聞いてくれる時間だったのだろう。

 弁護側は、被害者は黙示的に承諾をしていたと主張している。承諾殺人は、明示的に承諾をしていなくてもいい。ただし、殺害時に、殺されてもいいなどの被害者の真意に基づいてされたものかどうかがポイントだ。翻意したり、殺害自体への抵抗があれば、承諾とみなされない。首を締めるときに手足の動きが抵抗なのか、反応なのか。裁判所や裁判員はどう判断するのか。

 検察側の主張では、被害者の意図が死を実現させることだとしても、同じように「死にたい」と思っている白石被告と一緒に自殺をするというものだ。被害者の多くのやりとりは、「一緒に死にましょう」というものだったからだ。そして実現するとすれば、やりとり通りに首吊り自殺だったはずである。いきなり、殺されることを承諾はしてない。被害者が実現しようとしたのは、殺害の被害者ではなく、「ネット心中」のはずだった。

白石被告の逮捕に協力した女性は後日自殺

 被害者が自殺をしたいと思う理由は、他人から見れば「小さいこと」であっても、当事者からすれば、「死にたいと思うほどのこと」だ。いじめがあっても、教師の不適切な指導があっても、叱責や失恋があっても、それを我慢できる人もいれば、「死にたい」と思い詰める人もいる。その人の置かれた環境や、人間関係などによっても変化する。

 ちなみに、事件の発覚と白石被告の逮捕に協力した女性(当時30)がいた。9人目の被害者Iさん(当時23、女性)の兄がTwitterで協力を呼びかけたことがきっかけだった。日本テレビの報道によると、この女性は事件発覚6日前、白石被告と町田駅近くのファミレスで会ったものの、白石被告のアパートには行かなかった。そして、この女性の協力で警視庁は囮捜査をした。JR町田駅で待ち合わせの約束をするが、ドタキャンとなるようなものだった。しかし、白石被告が逮捕された後、この女性は自殺している、という。

 同じようなことは以前もあった。自殺系サイトを介して見知らぬ人と出会い、自殺をする「ネット心中」が知られるきっかけとなったのは、2003年2月11日。埼玉県入間市下藤沢のアパート内で、近くの無職男性(当時26)と千葉県船橋市の無職女性(当時24)、川崎市の無職女性(当時22)の3人が室内で死亡しているのが発見された。

 119番通報をしたのは、栃木県に住む女子高生(当時17)。2002年12月ごろ、亡くなった3人とその女子高生はインターネットを通じて自殺計画のやり取りをしていた。「男性がインターネットで、この部屋で自殺する人を募っていた。しかし、連絡が途絶えたため心配になった」と警察に話した。女子高生は死亡した男性らと連絡が数日前から取れず、計画に上がっていた同アパートを訪れたところ、室内で人が倒れているのを見つけた。このときの女子高生ものちに自殺している。

死にたい気持ちは繰り返す

「ネット心中」をしようとして、一度は相手に会って、実際には心中をしない場合もあるが、だからといって、自殺をしない心情になっているわけではない。むしろ、選択肢の一つとして、リアルに自殺という手段が頭に残り、より心理的視野狭窄を強化していく場合もあるということを示している。自殺遺体の発見者、事件の目撃者は自殺リスクを高めるのかもしれない。そのため、協力者や目撃者のケアやサポートはしなければならないだろう。

 つまり、「死にたい」気持ちは繰り返す。一度、自殺を止めたとしても、再度、「死にたい」気持ちが浮上する。もちろん、そんな浮き沈みは、家族だけで支えられるものではない。ある遺族の論告で「死ぬのはダメという前提のもとに話をしていても、だんだん面倒になることがあります。遺族はそうなっていました」と述べている。家族だけでなく、福祉や保健、医療、心理の専門的なサポートと、ボランティアなどのネットワークによって支えることが大切だ。「死にたい」気持ちの改善と、社会に対する信頼感を抱くようになる環境整備が必要ではないだろうか。

Photo_20201216092401

 女性記者が面会、白石被告女性の胸や足を見ると元気になります 

NEWSポストセブン 2020年12月10日(木)16時05分配信

 東京・立川拘置所の「9番面会室」。新型コロナ対策なのか、さらに補強された分厚いアクリル板を挟み、「座間9人殺害事件」の被告・白石隆浩(30才)が満面の笑みで座っていた。

「おしゃれですね、立って全身を見せてください」
「しばらく会ってませんでしたね。お元気でしたか」

 公判が11月26日に結審。検察は「万死に値する」という厳しい表現で「死刑」を求刑した。その6日後、本誌女性記者が白石被告に面会した。2017年秋、神奈川県座間市にある白石被告のアパートで、男女9人の切断遺体が見つかった。希死念慮があった被害者を言葉巧みに自宅へ誘い込んで殺害。被害者の女性8人は失神後に強姦されていた。裁判は多方面に配慮がなされ開廷された。

「被害者9人は、A~Iと匿名で呼ばれました。また、証拠の遺体写真はあまりに凄惨なため、ショックを与えないようイラストに差し替えられた」(全国紙社会部記者)

 争点は「被害者に殺害の承諾はあったかどうか」。「承諾があった」という弁護側に対し、検察側のみならず当の白石被告さえも「承諾はなかった」と主張した。

「遺体解体の具体的な手順や、遺体の一部を鍋で煮ていたことなど、裁判での発言はおぞましいものでした。白石は当時を振り返り“自分の快楽を追い求めたような生活だった”と話した。ほかにも“金にならなければレイプする。証拠隠滅のため、レイプしたら生きて帰さないと決めていた” “失神した女性をレイプすることに興奮した”などの発言で、裁判員の心証はかなり悪い」(前出・全国紙社会部記者)

 本誌・女性セブンは事件後、拘置所で十数回、白石被告に面会。その言葉は「事件への反省や被害者への謝罪の気持ちが一切ない」ということ以前に、場当たり的で、とことん軽薄なものだった。

「女性の記者のかたと話すといいですね。胸や脚を見ると元気になります」
「もらった手紙、すごくいいにおいがしました。手首のにおいかと思った。袋に包んで保存して、落ち込んだときにかいでます。もう、そのにおいをかぐことだけがいまの楽しみです。こんなこと言って、変態ですね(笑い)」(白石被告・以下同)

 何度かの面会を経ると、そのような発言が増え、ハイテンションにしゃべり続けることが多くなった。

 初公判は2020年9月30日。直前の面会では、どこか投げやりな様子で「獄中結婚をしようとしていた子も、(自分の)誕生日にケーキを差し入れようとしていた子も、一般の女性も、もう誰も来なくなりました。性犯罪者だからモテないんですよ」と話した。

 12月2日、死刑求刑直後の面会。

──裁判は結審した。

「法廷の椅子は硬かったので、ずっと同じ姿勢をしていたのがつらかったです」

──求刑をどう受け止めたか。

「前々から、警察からも、検察からも、求刑はそう(死刑)なるだろうとは、示唆されていましたから」

──法廷で遺族のかたの話を聞いて思うことは?

「一部の遺族には『そうだよな~』と思いましたよ。自分が逆の立場だったらと考えると……」

──公判前よりもいまの方が元気に見える。

「ええ!? 元気に見えますか(笑い)? だとしたら、(記者に)会えたからテンションが上がってるんですよ!」

──自分とどう向き合っているのか。

「短歌を作っています。漫画を読んでいて浮かんだ情景や人生、いまの境遇について。刑が決まったら、もう面会はできなくなりますね。お元気で、体に気をつけてください。元気で、元気で」

 12月15日、判決が下る。

 白石被告に死刑判決、東京地裁「座間9人殺害全員承諾なし”」 

産経新聞 2020年12月15日(火)15時26分配信

 神奈川県座間市のアパートで平成29年、15~26歳の男女9人が殺害された事件で、強盗強制性交殺人などの罪に問われた無職、白石隆浩被告(30)の裁判員裁判の判決公判が15日、東京地裁立川支部で開かれた。矢野直邦裁判長は、9人全員が殺害を承諾していなかったと認定。「犯罪史上まれに見る悪質な犯行。SNS(会員制交流サイト)が当たり前となっている社会に大きな衝撃を与えた」などと述べ、求刑通り死刑を言い渡した。

 白石被告は公判で起訴内容を認め、死刑でも控訴しない意向を示していた。これに対し、弁護側は判決後、「控訴する方向で検討する」と述べた。

 一連の事件では、ツイッターに「死にたい」と書き込むなどした若者が狙われ、約2カ月間に9人が犠牲になった。被害者が殺害を承諾したかどうかが最大の争点で、弁護側は有期刑のみの承諾殺人罪が成立すると主張していた。

 矢野裁判長は判決理由で、被害者の抵抗状況だけでは承諾がなかったと認定できないと指摘。一方で、事件に至る経緯や犯行状況に関する被告の供述は「信用性を基本的に肯定できる」とした。

 その上で、被害者はいずれも被告に殺害されることを想定していなかったり、自殺の意図があったとしても、想定とはかけ離れた方法で殺害されたりしたなどとして、全員が「黙示を含め承諾はしていなかった」と認定。「金銭や性欲などが目的の身勝手な犯行で、精神的に弱っている被害者を誘い出す手口は巧妙で卑劣というほかない」として「死刑をもって臨むことが真にやむを得ない」と述べた。

 判決によると、白石被告は座間市の自宅アパートで29年8月下旬~10月下旬、女性8人に性的暴行した上、男性1人を加えた9人をロープで首を絞めて殺害し、現金数百~数万円を奪った。

 座間9人殺害判決、匿名審理刺激証拠表示されず 

産経新聞 2020年12月15日(火)18時57分配信

 15日に判決公判が開かれ白石隆浩被告(30)に死刑を言い渡した座間9人殺害事件の裁判員裁判では、東京地裁立川支部が、多数の犠牲者が性的暴行を受けて遺体を切断されるという凄惨な犯行態様などを考慮し、異例の対応を取ってきた。

 男性1人を除く女性8人が性犯罪の対象となったことなどから、公判では被害者保護を目的とした被害者特定事項秘匿制度に基づき、被害者は「A~I」のアルファベットで呼ばれ続けた。矢野直邦裁判長は白石隆浩被告にも被害者の氏名などを口にしないよう再三、念を押した。傍聴席の約3分の1を遺族ら被害者参加人用とし、他の傍聴者から見えないよう遮蔽板を設置した。

 傍聴席から見える法廷のモニターには、遺体の写真など「刺激証拠」が映し出されることはなく、被告が逮捕後の実況見分で人形を相手に首を絞めた再現写真を表示するなどにとどめた。ただ、被告が遺体の処理手順について生々しい供述を続けた場面では、遺族らの退廷が相次いだ。

 また、最大の争点となった「殺害の承諾」の有無を丁寧に検証し、裁判員にも理解しやすいようにするため、発生順に1~3人目、4~7人目、8~9人目の3組に分けて審理した。

 実際、最初の3人は他の被害者と異なり、いずれも犯行前に自殺の意思を撤回するメッセージを白石被告に送っていた記録が検察側から提示された。一方、最後の2人は被害者の抵抗があったとする検察側主張に対し、被告が「抵抗はあったと思うが、具体的な反応は覚えていない」と証言するなど、グループごとの違いが浮き彫りになった。

 座間9人殺害で白石被告死刑判決自己の欲望断罪 

ダイヤモンドオンライン 2020年12月15日(火)16時10分配信

 神奈川県座間市9人連続殺人事件で、強盗強制性交殺人などの罪に問われた白石隆浩被告(30)の裁判員裁判判決公判が15日、東京地裁立川支部で開かれ、矢野直邦裁判長は「犯罪史上まれに見る悪質さで、SNSが当たり前になった大きな社会に不安を与えた」として、検察側の求刑通り死刑を言い渡した。SNSに自殺願望を投稿していた9人に「一緒に死のう」と誘い、女性には性的暴行を加えて殺害し現金を奪い、遺体をバラバラに切断してアパートに放置していた凄惨な事件。公判では殺害を巡って承諾があったかどうかが争点となったが、判決は被告が苦悩する被害者をだまして誘い出し自己の欲望の赴くまま蹂躙していたと断罪した。(事件ジャーナリスト 戸田一法)

初公判で微塵も感じられない緊張感

 判決によると、白石被告は自宅アパートで2017年8月下旬~10月下旬、女性8人に性的暴行をしたほか、男性1人を含む計9人を絞殺して現金数百~数万円を奪った。その後、遺体を切断して、自宅アパートに遺棄した。

 公判を巡っては9人の生命が奪われたという重大性から、1つ1つの事件について慎重な審理が必要なため、事件の時系列順に被害者を3つのグループに分け、それぞれ冒頭陳述や被告人質問、中間論告する手続きで実施された。

 また遺族の希望により、被害者の氏名を伏せて審理する「被害者特定事項秘匿制度」が適用され、A~Iのアルファベットで呼称。遺族の傍聴席は衝立で遮蔽される異例の審理となった。

 初公判が開かれたのは9月30日。白石被告は緑色の上下つなぎの服で入廷した。黒いフレームの眼鏡にマスクを着け、ぼさぼさで肩まで伸びた髪の毛。開廷前、全員が立ち上がって一礼するのがマナーだが、裁判官と裁判員が入廷しても着席したままで、刑務官に促されて面倒くさそうに立ち上がり、礼をせずにそのまま座り直した。

 罪状認否では間延びした声で「え-、間違いありません」と起訴内容(判決と同内容)を全面的に認めた。検察官の起訴状朗読の間、首を傾けたり、椅子にもたれかかって脚を投げ出して広げたり、何度も背中をかく仕草も。

 人定質問でも、けだるそうに証言台に。生年月日や住所、職業を尋ねられた際にもはっきりと答えるものの、緊張感は微塵も感じられなかった。

 検察側は冒頭陳述で、白石被告は17年3月にツイッターを開設。自殺願望がある女性を狙い、一緒に死のうとだましていたと指摘した。8月23日ごろ、最初に神奈川県厚木市の女性会社員(当時21)を殺害後、犯行を重ねた理由を「働かずに金を手に入れることができ、性欲も満たせると考えた」と説明。10月下旬までのわずか約2カ月間に9人に対し、前触れなく首を絞めて殺害したのは「承諾によるものではなく、ただの殺人だ」と指弾した。

 遺体については証拠隠滅のため切断し、肉片や内臓は一般ごみとして遺棄。頭部は自宅アパートのクーラーボックスに入れて放置していたとした。

 弁護側は冒頭陳述で「被害者に死を望む気持ちがあり、被告によって実現されることを想定していた」とし、殺害は承諾の結果で、量刑の軽い承諾殺人罪を主張した。強盗についても被告が金銭を得ることは承諾しており、成立しないとした。強制性交や死体遺棄・損壊の罪は争わない姿勢を示した。

 また弁護側は刑事責任能力について争う方針を示したが、検察側は「被告は一貫して目的にかなった行動をしている。責任能力に問題はない」と反論した。

自殺の意思撤回も躊躇なく殺害

 第2回公判は10月5日に開かれた。被害者がSNSに自殺願望を投稿していたことを巡って、争点となっている承諾の有無について、弁護側証人の精神科医は「死にたい気持ちを積極的に表現できなかったり、周囲も気付かなかったりすることもある」「今後の予定を入れても、自殺することはある」としつつ「死について深く考えていたとしても、自殺する決心がついたとはとらえないほうがいい」と説明した。

 また、3人目までの審理が行われ(A)厚木市の女性、(B)群馬県邑楽郡の高校1年女性(当時15)、(C)神奈川県横須賀市の介護支援員男性(同20)までの冒頭陳述で検察側は、3人は白石被告に「生きていこうと思います」とメッセージを送るなど自殺の意思を撤回していたことを明らかにした。そして「被害者は白石被告の殺害計画を知らなかった。自殺願望と承諾はイコールではない」と強調した。

 第3回公判は6日開廷。検察側が最初の被害者とのやりとりで、預金額を聞き出した後は「死ぬのは良くない。もう少し頑張って」などと励まして親密になったと言及。そして、女性は事件現場となったアパートの費用を出し、借金の申し込みにも応じていたと述べた。その上で、生きようとする前向きな姿勢を示していたと強調した。

 第4回公判は7日開廷。白石被告は殺害の承諾について「なかった」、犯行の動機は「金と性欲」と明言。「悩みがある方が口説きやすく、思い通り操作しやすいと思った」と述べた。検察側の質問に答えた。弁護側の質問は「答えるつもりはありません」と拒否した。

 第5回公判は8日開廷。被告人質問で裁判官から殺害承諾の有無について問われ「分からないというのが本当のところ」と述べた。前日、弁護人の質問に答えなかった理由は「裁判を早く終わらせたいのに、方針が合わないから」と説明した。

 第6回公判は12日、第7回公判は14日に開かれ、唯一の男性被害者について、最初の被害者を通じて白石被告と知り合ったことが明らかにされた。その上で動機について、最初の事件がばれないように口封じだったとした。死にたいという気持ちは、白石被告に「これからはちゃんと生きていきます」とLINEを送り、自殺の意思を撤回していたことも明らかにされた。

 第8回公判は19日に開かれ、3人についての中間論告と弁論で、検察側は「殺害の承諾がないことは明らかで、単なる殺人行為だ」「承諾があったなら抵抗するはずがない」と強調。弁護側は「承諾は成立する」、抵抗については「条件反射」と反論した。

 21日には4人目以降の被害者(D)埼玉県所沢市の大学2年女性(当時19)、(E)同県春日部市の無職女性(同26)、(F)福島市の高校3年女性(同17)、(G)さいたま市の高校2年女性(同17)について審理。

 検察側は、4人が一緒に自殺する相手を募集するSNSの投稿がきっかけで白石被告と知り合ったが、会っている最中に母親へ「今から帰る」と連絡したり、美容室に予約を入れたりしており、自殺を連想させる発信もなかったとした。弁護側は被害者が家族関係などで悩んでおり「いずれも死を望んでいた」とし、死を撤回する言動もなかったと反論した。

 11月10日は残る2人の被害者(H)横浜市のアルバイト女性(当時25)、(I)東京都八王子市の女性(23)について審理された。

 検察側は2人が「被告が殺害を考えていることは知らなかった」と主張。弁護側は「死を実現するために被告宅に向かった。いずれも自分の意思で睡眠薬を飲んだ」と反論した。

 翌11日の公判では、被害者Hについて「深刻な様子ではなく、ツイッターは出会い目的と思う」「今から死のうという感じではなかった。明るく笑っていた」と供述。殺害した理由は「口説けそうと思ったが、(貢がせるには)収入面で難しいと判断した」と説明した。

 また7人目の殺害以降も、首を絞めるロープや遺体を隠すクーラーボックスを購入し「3~4人分を準備した。犯行をやめるつもりはなかった」と計画性を示唆した。

 翌12日は被害者Iについて、会う前から殺害を計画していたと述べた。また所持金が1000円ほどしかないことを認識していながら誘い出したことに「(犯行当初は)金が第一だったが、(途中から)レイプに変わっていった」と明かした。

 24日の被告人質問では、検察側に被害者と遺族に対しての思いを問われたが「正直、何とも思わない」と抑揚のない口調で答えていた。

極刑でも控訴しないと投げやりに言い放った

 最後の被告人質問となった25日の公判で、検察官の問いに「このままいけば極刑になるとは思う」と述べたが、その後も態度を変えることなく「極刑でも控訴しない」と投げやりに言い放った。

 翌26日には論告求刑公判が開かれた。白石被告はいつも通り無表情で、この日も開廷前に立ち上がりはしたものの礼をせず着席。求刑に先立つ遺族の意見陳述で「お前を許さない。娘を返せ」と罵声を浴びても、身じろぎもしなかった。

 検察側は論告で「遺族は苦しみと悲しみが一生続く。まさに生き地獄」「自殺志願者を標的に、SNSで巧妙に誘い出した手口は世間を震撼させた」と強く指弾。その上で「殺害の承諾がなかったことに疑いを差し挟む余地はない」「犯行は計画的で卑劣かつ冷酷」「わずか2カ月という短期間に9人もの若く尊い命を奪い、万死に値する」として死刑を求刑した。

 弁護側は被害者が首つりなど具体的な方法を白石被告と重ねていたとして「殺害を承諾しており、死ぬために被告宅に向かった」と改めて主張。殺害行為については「被告宅で酒や薬を飲み、タイミングは被告に委ねられていた」と訴えた。公判で白石被告本人が一貫して承諾を否定したことは「真実ではなく、早く終わらせるための供述だ」と強調した。

 結審直前、白石被告は矢野裁判長から発言の機会が与えられたが「何もありません」とだけ一言。再度「何もないでいいのですか」と念押しされたが「はい、そうです」と述べて着席した。死刑を求刑されても動揺した様子はなかった。

 (※筆者注:記事は被害者とご遺族に配慮し、犯行の手口は簡略化、遺族の陳述も可能な限り割愛しました。また、法廷での被告の様子や検察側と弁護側の主張を中心に記事を構成しました)

【悩みを抱えた時の相談窓口】

「日本いのちの電話」

▽ナビダイヤル「0570-783-556」午前10時~午後10時
▽フリーダイヤル「0120-783-556」毎日:午後4時~午後9時、毎月10日:午前8時~翌日午前8時

東京自殺防止センター(電話相談可能) https://www.befrienders-jpn.org

Photo_20201216092101

関連エントリ 2020/12/02 ⇒ 【座間9人殺害】事件が映す<若年層の死因>1位✍自殺
関連エントリ 2020/11/29 ⇒ 【座間9人殺害】公判✍白井被告の母親「何故こんなことが出来るの?」
関連エントリ 2020/11/28 ⇒ 【座間9人殺害】公判✍鑑定医「精神障害を想定しないと説明できないものではない」
関連エントリ 2020/11/26 ⇒ 【座間9人殺害】公判✍「若く尊い命が奪われた」白石被告に死刑求刑
関連エントリ 2020/11/14 ⇒ 【座間9人殺害】公判✍躊躇なく“殺害と解体”を重ねた白石被告
関連エントリ 2020/10/28 ⇒ 【座間9人殺害】公判✍白石被告「“承諾殺人”ではない」
関連エントリ 2020/10/27 ⇒ 【座間9人殺害】公判✍被害者遺族「“殺害同意”あり得ない」
関連エントリ 2020/10/17 ⇒ 【実録】座間9人殺害事件公判で振り返る「死にたい」若者たち
関連エントリ 2020/10/13 ⇒ 【耳学】“犯罪者天国”✍「南アフリカ共和国」警察機構の闇
関連エントリ 2017/11/01 ⇒ 【生首コレクター】<逮捕された部屋の男性>✍殺害も認める・・・・

 

2020年12月14日 (月)

【コロナ第3波】日本漢字能力検定協会✍恒例「今年の漢字=『密』次点『禍』」

 「何故日本重症化率か」新型コロナ“ファクターX”は2つ絞られた 

PRESIDENT Online 2020年12月13日(日)9時16分配信

 日本で新型コロナの重傷者や死者が少ない要因を、京都大学の山中伸弥教授は「ファクターX」と名づけた。その正体はなにか。順天堂大学医学部の小林弘幸教授は「さまざまな研究からファクターXは2つに絞られた」という――。

アジア諸国と他地域の死者数の差

 今回の新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックでは、アジアと欧米で大きく被害状況に差が出ました。欧米諸国の肥満率の高さなど健康水準のちがいが指摘されていますが、それだけでは説明できません。

 日本では、中国のように強権的なロックダウンを行ったわけでも、台湾のように各国から賞賛される国家レベルの対策を打ったわけでもありません。

 2020年4月の緊急事態宣言の発出によって感染の広がりをある程度抑えられたことは確かですが、欧米に比べ1カ月近く中国からの入国制限は遅れ、宣言発出まで満員電車は変わらずに走り続け、すでにかなりの数の国民に感染していることは明白でした。

 しかし、PCR検査の体制が整わず、発症した患者にしか検査が行われなかったため、その実態も見えないままに時が経っていったのです。

 それでも、世界、とくに欧米と比較すれば奇跡のように少ない発症者数、死亡者数で今日まで推移しています。国民の健康水準だけでなく、感染または発症を防いだ、なんらかの外的要因があったことは間違いないでしょう。

 日本において被害が抑えられた未知の要因を、京都大学の山中伸弥教授は「ファクターX」と名づけ、その解明が進められています。ここでは、日本に限らず広くアジアの範囲で「ファクターX」について考えてみましょう。

示唆的なBCGワクチン交差免疫

 まずは、新型コロナウイルス感染症による被害状況をデータで見てみましょう。以下の表は、2020年10月1日時点での新型コロナウイルスの流行状況のデータです。

 「感染者数における死亡率」を見ると、感染症の被害が甚大だった欧米、中南米と日本・中国・韓国の数値に大きな差はないように見えます。しかし、実際のところ「感染者数」は各国の検査体制に左右されるため、あまり参考になりません。

 そこで、注目すべきは「人口100万人あたりの死亡者数」です。アメリカやブラジルでは100万人あたりで500人以上が死亡。同等かそれ以上の死者が、欧州や南米地域で出ています。

 一方、日本、中国、韓国のほか、この表にはない東南アジア諸国を含むアジア全体で、100万人あたりの死者数は低い数値を示しています。また、死者数だけでなく、100万人あたりの感染者数も少ない傾向にあります。

 結論からお伝えしましょう。

 アジア諸国の被害の少なさの要因であるファクターXは、「BCGワクチン」と「交差免疫」の存在なのではないかと考えられています。

BCGワクチン接種国と比較的少ない感染者数死亡者数の相関性

 BCGワクチンは子どもの結核予防で接種するワクチンで、日本では1949年から接種が法制化されています。二の腕に痕が残る、あの注射ですね。

 ちなみに、かつては乳幼児、小学生、中学生の計3回接種が行われましたが、現在では乳児期に1回接種するだけに変わっています。

 BCGワクチンによる新型コロナウイルスの感染・重症化の抑制には懐疑論もありますが、実際に接種を行っている国では感染者数・死亡者数ともに驚くほどはっきりと抑えられているのが事実です。

 例えば、スペインとポルトガルは同じイベリア半島にあり、人の行き来も多く、人種や食文化は似ています。

 しかし、BCG接種国であるポルトガルの感染者数・死亡者数はスペインよりもずっと低いのです。人口100万人あたりの死亡者数(2020年10月1日時点)では、スペイン687人に対し、ポルトガル192人。3分の1以上の被害状況の開きがあります。

 アジア圏のほとんどの国では、BCG接種が義務づけられています。

BCGワクチンによる訓練免疫の効果

 それに対し、新型コロナウイルスによる甚大な被害を受けているアメリカやイタリアでは、BCG接種を義務づけてきませんでした。また、欧州では多くの国が1970年代以降、BCGの接種を中止していたのです。

 118カ国のBCG接種状況と新型コロナウイルスの被害状況との関連性を調べた、昭和大学の大森亨准教授の研究によれば、感染者数の増加速度で約1.7倍、死亡者数の増加速度で約2.4倍の差が生じていることがわかっています。

 BCGが新型コロナウイルスを抑えるメカニズムは明確になっていません。しかし、以前からBCGが免疫力を強化し、とくに乳幼児では結核以外の病気に対する耐性を高め、死亡率を半分にしていることがあきらかになっています。

 また高齢者に対しても、呼吸器への感染を減少させる効果があることが報告されています。

 さまざまな研究から、BCGには免疫系を訓練して、活性化しやすい状態にする効果があると考えられているのです。

メモリーT細胞の存在

 もうひとつのアジア圏におけるファクターXは、「交差免疫」です。

 アジア圏では、過去にも別種のコロナウイルスに感染した経験のある人が多く、新型コロナウイルスに対して獲得免疫が機能したのではないか、と考えられています。

 このように、近縁のウイルスで得た獲得免疫が機能することを「交差免疫」といいます。近年に確認されたコロナウイルスは7種類あります。

 新型コロナウイルス
 SARS(重症急性呼吸器症候群)……2002年に中国で発生
 MERS(中東呼吸器症候群)……2012年にアラビア半島で発生
 ・そのほか、4種類の普通の鼻風邪ウイルス

 これらはすべて、コロナウイルスの仲間たちです。前半の3種類は下気道(気管・気管支・肺)に感染し、肺炎などの重篤な症状をもたらすコロナウイルスですが、あとの4種のコロナウイルスは上気道(鼻・口・咽頭)に軽い風邪の症状を起こすだけ。

 日本の風邪のなかではライノウイルスに次いで2番目に感染が多い、ありふれた鼻風邪のウイルスです。おそらく、多くの方に感染の経験があるはずです。

 新型コロナウイルスも、SARS、MERS、鼻風邪のウイルスも、同じコロナウイルスである以上、遺伝子の構造は似通っています。

 そのため、別のコロナウイルスの情報を記憶した「メモリーB細胞」や「メモリーT細胞」などの免疫細胞が、新型コロナウイルスにも共通する目印を見つけて対処したのではないかと考えられています。

近縁のウイルスで得た獲得免疫が機能しているのか

 実際に、アメリカでは新型コロナウイルスの症状がない健康な人の4割から6割が、新型コロナウイルスに反応するT細胞を持っていたことがわかっています。

 SARSは中国で発生してアジアに広がり、MERSも中東から発生して中国にも広がったように、コロナウイルスの中心地はアジアといえます。

 そのため、アジアではアメリカ以上に、交差免疫による新型コロナウイルスにも反応するT細胞を持つ人の割合が高い可能性があるのです。

 まだまだ検証段階ではありますが、これが実証されれば、PCR検査や抗体検査だけではなく、T細胞の検査によって感染リスクを測ることが、新型コロナウイルス感染症の拡大抑止に重要な役割を果たすでしょう。

 さらに、新型コロナウイルスに対する免疫の状態だけではなく、感染・重症化リスクの遺伝要因および環境要因が研究で明らかになってきています。

 このような研究をもとに、新型コロナウイルス感染症の感染・重症化リスクを判定する検査も受けられるようになってきています(筆者プロフィールにリンクあり)。こうした検査によって自分のリスクを把握することで、適切な新型コロナウイルス感染症への対策が可能となります。

----------
小林 弘幸(こばやし・ひろゆき)
順天堂大学医学部教授
1960年、埼玉県生まれ。スポーツ庁参与。順天堂大学医学部卒業後、同大学大学院医学研究科修了。ロンドン大学付属英国王立小児病院外科、トリニティ大学付属小児研究センター、アイルランド国立小児病院外科での勤務を経て、順天堂大学医学部小児外科講師・助教授などを歴任。自律神経研究の第一人者として、トップアスリートやアーティスト、文化人のコンディショニング、パフォーマンス向上指導にも携わる。近著に『名医が実践! 心と体の免疫力を高める最強習慣』、『腸内環境と自律神経を整えれば病気知らず 免疫力が10割』(ともにプレジデント社)。新型コロナウイルス感染症への適切な対応をサポートするために、感染・重症化リスクを判定する検査をエムスリー社と開発。
----------

Photo_20201214190601

 菅内閣不支持49、初めて支持上回る 

毎日新聞 2020年12月12日(土)18時34分配信

 毎日新聞と社会調査研究センターは12日、全国世論調査を実施した。菅内閣の支持率は40%で、11月7日に行った前回調査の57%から17ポイント下落した。不支持率は49%(前回36%)で、菅内閣発足後、不支持率が支持率を上回ったのは初めて。

 菅政権の新型コロナウイルス対策について聞いたところ、「評価する」は14%で、前回の34%から20ポイント下がり、「評価しない」は62%(前回27%)に上昇した。新型コロナ対策の評価が下がったことが、支持率の大幅減につながったようだ。

 新型コロナに対する日本の医療・検査体制については、「不安を感じる」との回答が69%で、「不安を感じない」は17%だった。「どちらとも言えない」は14%。8月の調査では「不安を感じる」は62%で、「不安を感じない」は23%だった。新型コロナは「第3波」で、新規感染者が過去最多を連日のように更新。重症患者の急増で、各地で病床が不足するなど医療体制が逼迫(ひっぱく)していることに、多くの人が危機感を持っているようだ。

 政府が緊急事態宣言を再び発令すべきだと思うかとの問いには、「発令すべきだ」は57%で、「発令する必要はない」は28%、「わからない」は15%だった。政府は今年4~5月、約1カ月半にわたって宣言を出した。宣言が出ると対象地域の知事は市民に対し、外出自粛要請、学校や福祉施設などの使用停止の要請や指示などが可能となる。

 安倍晋三前首相の後援会が主催した「桜を見る会」の前夜祭に関して、安倍氏のこれまでの説明に納得できるか聞いたところ、「納得できる」は9%で、「納得できない」は66%にのぼった。「関心がない」は25%だった。安倍氏側は前夜祭の費用を補塡(ほてん)したことを認めており、東京地検特捜部が捜査している。安倍氏は国会で「補塡したという事実はない」などと答弁していた。

 政党支持率は、自民党が33%で前回の37%より低下した。その他は、立憲民主党12%(前回11%)▽日本維新の会8%(同6%)▽共産党6%(同5%)▽公明党3%(同4%)▽れいわ新選組2%(同3%)▽国民民主党1%(同1%)▽社民党1%(同0%)▽NHKから国民を守る党1%(同1%)――など。「支持政党はない」と答えた無党派層は31%(同31%)だった。

 調査は、携帯電話のショートメール機能を使う方式と、固定電話で自動音声の質問に答えてもらう方式を組み合わせ、携帯714件・固定351件の有効回答を得た。

GoToトラベル停止菅政権正念場”、コロナ対策国民不満支持率急落

夕刊フジ 2020年12月14日(月)16時56分配信

 政府は新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、東京都と名古屋市を目的地とする「Go To トラベル」を一時停止する方向で調整に入った。菅義偉政権肝いりの政策だが、コロナ対策への批判が強く支持率も急落、方針転換する。ただ、「GoTo」のような政策を行っていない韓国でも感染者は過去最多を記録しており、GoTo停止だけで感染が減るのかは不透明だ。

 加藤勝信官房長官は14日午前の記者会見で「GoTo」一時停止について見解を表明。西村康稔経済再生担当相も会見し、自治体との調整状況を説明する予定だ。

 国内では13日、新たに2388人の感染者が確認された。重症者数は過去最多の583人。

 NTTドコモがまとめた13日の全国主要駅や繁華街の午後3時時点の人出は、計95地点のうち57地点で前週6日から増加した。政府が呼びかけた「勝負の3週間」の最後の休日だったが、補償などもない口先だけでは国民は反応しなかった。

 報道機関各社の世論調査でも菅内閣の支持率は急落し、コロナ対策にも不満の声が大きい。

 こうしたなか、都が飲食店などに要請している営業時間短縮に関し、政府は来年1月11日まで延長するよう求め、都側も応じる意向を伝えた。

 トラベル事業について政府は東京を目的地とする旅行について今月25日までの一時停止を提案。都側は時短営業の延長期間に合わせて来年1月11日までなど、より長い期間を求めている。東京発の旅行の自粛を要請する場合も、政府は23区限定などを想定しているが、都は都内全域など広範囲を主張しているという。

 15日までとなっている大阪市と札幌市を目的地とする旅行の割引停止の期限も延長する方向で調整している。

 西武学園医学技術専門学校東京校校長で医学博士の中原英臣氏は「『GoToトラベル』を停止することが、感染者の減少に直結するとは言い切れないが、今からでも増加のスピードを抑えることはできるだろう」と指摘する。

 すっかり悪者になったGoToだが、同様の政策を実施していない韓国では13日、1000人超の感染者が発生した。外出や店舗営業の制限を行っている欧米などでも感染は止まっていない。

 前出の中原氏は「冬場の増加は以前から指摘されていた。東京都で1日1000人の感染者という致命的な状況を避けるためには、少なくとも今は『Go To』を停止するべきだ」との見解を示した。

遅すぎGoTo全国一時停止 支持率低下慌てた菅首相

西日本新聞 2020年12月15日(火)9時46分配信

 14日、政府は観光支援事業「Go To トラベル」の全国一時停止に追い込まれた。社会経済活動の回復を重視する菅義偉首相が「政治生命を懸ける」と固執し継続を目指したものの、新型コロナウイルスの止まらない感染拡大と内閣支持率の大幅な続落でついに外堀を埋められた。ただ、感染の大波がこれで収束に向かう保証はない。「遅すぎた」「後手後手」との批判から首相が逃れるのは難しそうだ。

 「最大限の対策を講じることにした」。この日夜、官邸で開かれたコロナ対策本部の会合で、首相は「最大限の対策」を2度繰り返し、28日から来年1月11日までのトラベル事業の全国停止を表明した。11日に生出演したインターネット番組で「トラベルの停止は考えていない」と即答して、わずか3日。顔はこわばり、余裕は消えていた。

 風向きが変わったのは12日だ。国内の新規感染者数が初めて3千人を突破し、重症者数も最多を更新し、医療逼迫(ひっぱく)、崩壊の懸念がにわかに現実味を帯びた。

 加えて毎日新聞の12日の世論調査で、内閣支持40%、不支持49%となり、支持率が前週の共同通信などの世論調査からさらに下落している情報も午後、官邸にもたらされた。「不支持が支持を上回ったことが、特に衝撃だった」。首相周辺は打ち明ける。

 土曜日の12日、首相は議員会館の自室に厚生労働省の樽見英樹事務次官らを呼んで状況を分析。翌13日午後も官邸に入り、加藤勝信官房長官、田村憲久厚労相、西村康稔経済再生担当相と対応を協議した。

 「世論が納得する対策を取らなければならない」-。

 政府関係者によると、首相は随行の官僚を部屋から退出させた後、3閣僚を見据え明確に指示を伝えたという。「『世論』とは支持率のこと。支持率挽回に向け、政治家だけで対策を練ったのだろう」と関係者。政権は180度、転回した。

 首相は、トラベル事業が感染「第3波」の主要な原因であるとのエビデンス(証拠)は存在しない、との立場は堅持している。影響を最小限にとどめようと、官邸内では東京、愛知といった感染拡大地域に限り、25日までの停止で着地させる案も一時検討された。結局、年末年始の帰省時期にウイルス感染がさらに悪化し、支持率が危険水域に入ることを恐れた首相が、コロナ対策本部の直前に「全国一律」を自ら決断した。

 政府の分科会など、専門家が再三訴えた末のトラベル停止。野党は「感染拡大は提言を顧みなかった人災だ」(立憲民主党の福山哲郎幹事長)と一斉に批判のトーンを上げた。

 首相は、対策本部後の記者団の取材に「トラベルは、地方の経済下支えに大きな役割を果たした」となお強調。「国民の危機感が、首相に正確に伝わっていないのでは…」。自民党の中堅議員は危ぶんだ。 

 GoTo急転停止廃業出」「決断遅戸惑う宿 

西日本新聞 2020年12月15日(火)9時53分配信

 年末年始の書き入れ時を前に突然発表された観光支援策「Go To トラベル」の全国一時停止。九州の旅行、運輸業界からは「キャンセルが続出する」「倒産が増える」と悲痛な声が上がった。先行きが見通せない新型コロナウイルス禍。菅義偉首相の方針転換には理解を示す声もある一方、後手に回った判断に不満も漏れた。

 正月三が日で毎年200万人超の参拝客が訪れる太宰府天満宮(福岡県太宰府市)の参道関係者からは、新年直前の急展開に戸惑いの声が相次いだ。

 太宰府観光協会の不老安正会長は「年末から帰省客も含めた県外客でにぎわうのが例年だが、今春のようにまた人の動きが止まるだろう」と不安げ。天満宮近くで和雑貨店を営む斉藤風子さんは「もっと早く決断して、正月に合わせて解除してほしかった。政府の対応は遅かったと思う」と不満を漏らした。

 「大変なインパクトだ。廃業する人が出てもおかしくない」。福岡県旅館ホテル生活衛生同業組合の井上善博理事長は落胆する。年末年始用に食材の納入業者などと契約を進めている宿泊施設もあり、関連業者への余波も大きいという。

 大手旅行会社の福岡市の営業拠点関係者は、年末年始の海外旅行者がGoToで国内旅行に切り替えているため影響を心配。政府方針の急転換は混乱を招きかねず「もっと早くても良かったのでは」と指摘した。

 羽田-北九州線を主力とする航空会社のスターフライヤー(北九州市)は「年末年始を見込んで増便の対応をしていたが、状況次第で運休も検討せねばならないだろう」と当惑する。

 正月休みに観光や帰省を計画していた人たちからは、賛否の声が。1月10、11日に友人と熊本旅行を予定している福岡県須恵町の大学3年佐々木歌音さん(21)は「久しぶりの遠出で楽しみだったのにどうしよう。キャンセルするか、このまま行くか、急すぎてまだ分からない」と困惑気味。

 同県久留米市の男性会社員(60)は「GoToを活用するためにPCR検査で陰性の人だけが使えるようにするなど、やり方があるのでは。国は考えるべきだ」と注文を付けた。

 一方、理解を示す声も。年末年始は自宅で過ごす予定の福岡市の松尾求実子さん(72)は「一斉にストップしないと意味がないので、良いことだと思う。九州でも最近、感染者数が増えてきて心配だった」。関東への帰省を取りやめたという同市の会社員市川航太さん(25)は「旅行者がたくさん来て感染が広がるのも困る。今は旅行という時期じゃない」と受け止めていた。

GoToトラベル東京停止18日からと訂正

共同通信 2020年12月15日(火)8時55分配信

 国土交通省は15日、観光支援事業「Go To トラベル」の全国一時停止に先立ち、東京都が目的地の旅行割引を停止する期間を18~27日と訂正した赤羽一嘉国交相は14日、停止期間を14~27日と発表していた

 GoToトラベル菅首相泥縄の方針転換 混乱必至 再開も不透明 

時事通信 2020年12月15日(火)7時08分配信

 菅義偉首相が肝煎りの観光支援事業「Go To トラベル」の全国一律停止に追い込まれた。

 深刻さが徐々に増す新型コロナウイルスの感染拡大に、対策が後手に回り続けた末の方針転換だ。年末年始を控えたタイミングとあって混乱は必至。事業再開のめども立っておらず、首相の一連の判断の是非を問う声が広がりそうだ。

 「年末年始は集中的に対策を講じられる時期だ。『トラベル』を全国でいったんは停止すべきだと決断した」。首相は14日、首相官邸で記者団にこう表明。「年末年始は医療機関の体制をどうしても縮小せざるを得ない」として国民の理解を求めるとともに、感染防止に協力を呼び掛けた。

 トラベル事業は、コロナ禍で経済活動の再開を図る首相が自ら旗振り役を務める政策。首相は基本線として推進の方針を貫き、「トラベルが感染拡大の原因であるとのエビデンス(証拠)は存在しない」などと強気の説明を繰り返してきた。

 ところが、政府が「勝負の3週間」と位置付け、11月下旬から集中的に行った飲食店への営業時間短縮要請などの対策は奏功せず、全国の感染状況は悪化の一途をたどった。直近の新規陽性者数は3000人前後で推移。新型コロナの政府分科会は11日にまとめた提言で、感染拡大地域のトラベル事業停止を迫った。

 こうした流れに沿うように、トラベル事業は札幌、大阪両市を目的地とする旅行の適用除外、両市を出発地とする旅行での利用自粛要請と徐々に縮小。東京都と名古屋市でも今月下旬まで同様の措置を取る方向が13日の時点で固まった。

 政府関係者によると、それでも不十分だと判断し、年末年始の全国一斉停止が急きょ決まった。各種世論調査で内閣支持率の下落はこのところ顕著。この関係者は「明らかに支持率が下がった影響だ」と明かし、自民党の幹事長経験者は首相の対応を「泥縄式だ」と批判した。

 年末年始にトラベル事業を利用して旅行を計画する人は少なくないとみられる。キャンセル料の扱いなど事業者や利用者の混乱は避けられず、批判の矛先が菅政権に向かう可能性もある。

 トラベル事業を再開できるかどうかも不透明だ。首相は14日の政府対策本部で、感染状況を踏まえて判断する方針を表明した。しかし、今回の措置に踏み切るに当たって明確な基準は示されておらず、感染状況がどの程度まで落ち着けばいいか一概に言えない。

 首相は14日、トラベル事業と感染拡大の関連を示すデータはないとの認識を変えたのかどうか記者団に尋ねられ、「そこは変わらない」と説明。あくまで専門家の意見を踏まえた一時的な措置だと強調してみせた。 

 

2020年12月13日 (日)

【内村航平】全日本選手権<鉄棒>3年ぶり5度目✍種目別優勝

 内村航平が超絶鉄棒3年ぶり5度目異次元得点15.700点 

デイリー 2020年12月13日(日)14時50分配信

 「体操・全日本選手権」(13日、高崎アリーナ)

 男子決勝が行われ、東京五輪に向けて鉄棒専念を決めた五輪個人総合2連覇王者の内村航平(31)=リンガーハット=は、H難度ブレトシュナイダーに加え、カッシーナ、コールマンも成功。着地もピタリと止めた。予選の15・533点を上回る異次元ともいえる15・700点をマークし、3年ぶり5度目の優勝を飾った。

Photo_20201213172301

 演技後は両腕でガッツポーズし、さらに何度も右拳を握った。そして観客からの拍手に、“もっともっと”と煽った。演技の美しさを示すEスコア(出来栄え点)は、鉄棒では驚異的といえる9・1点だった。

 ただ、試合後、本人は「着地以外は予選の方がよかった。久々の予選と決勝の試合で、かなり疲労があった。離れ技のキレもよくなかった。着地も元気がなくなって止まったのかなと。内容はそこまでよくなかった」と、淡々と振り返った。

 得点についても「今回の点はあんまり参考にしてない」。ただ、勝負の東京五輪シーズンに向け、確かな手応えは掴んだ。

「鉄棒に専念して3戦目で、ようやく鉄棒に合わせられる能力が高まってきた。すごくいい経験ができたし、来年の東京五輪に向けて、すごく大事な日になった」とうなずき、「どんな人がみてもすごい、美しい演技が目標。さらに高みを目指していきたい。まだ東京五輪に向けてはスタートラインにも立っていない。率直にまだ喜べない。まだここから。喜んでいる暇はないし、今すぐ練習して来年に向けてやっていきたい」と、見据えた。

内村航平べない演技でした」—全日本選手権

SANSPO.COM 2020年12月13日(日)19時29分配信

 体操・全日本個人総合選手権、全日本種目別選手権 最終日(13日、群馬・高崎アリーナ)男子決勝が行われ、種目別の鉄棒に絞って東京五輪を目指す内村航平(31)=リンガーハット=が15・700点をマークし、3年ぶり5度目の優勝を果たした。H難度の手離し技「ブレトシュナイダー(コバチ2回ひねり)」を決め、予選で出した驚異のスコアを上回った。6種目による個人総合は、萱和磨(かや・かずま、24)=セントラルスポーツ=が首位だった予選との合計173・764点で初制覇を飾った。

H難度ブレトシュナイダー決めた

 豪快に腕を振り上げ、観客をあおりにあおった演技後から一転、取材エリアに姿を見せた内村は冷静だった。

 「率直に言うと喜べない。『剛』の演技でした」

 H難度のブレトシュナイダーを皮切りに、次々と手離し技を決めた。着地も微動だにしない。予選の15・533点を超える15・700点で戴冠。世界選手権過去3大会の金メダルに相当するスコアを、11月の国際大会から3演技続けてマークした。

美しい体操にこだわる完璧主義者

 それでも、美しい体操にこだわる完璧主義者は満足しない。予選から中1日で迎えた決勝。疲労が色濃く、技を決めるたびに体が重くなった。予選では一歩動いた着地をぴたりと止めても「切れが良くなかった。着地は元気がなくなって止まったのかな」。“柔”ではなく“剛”。力と気持ちで押し切った演技に納得できなかった。

 「(難度を示す)Dスコアも(出来栄えを示す)Eスコアも上げていかないといけない。種目別で金メダルを狙うなら、どんな状況でも演技しないと」と佐藤寛朗コーチ。連続技を組み込み、難度を上げる計画もある。オールラウンダーの頃は週5日だった練習を6日に増やし、1日あたりの量を数時間減らした。試行錯誤を重ねながら歩む東京五輪金メダルへの道は、まだ途上だ。

五輪へのスタートラインにも立っていない

 例年冬場は海外で強化を図ってきたが、この先は国内でじっくり鍛える。「まだ(五輪への)スタートラインにも立っていない。結果とか点数に喜んでいる暇はない。今すぐ練習して、来年に向けてやっていきたい」。第一人者が描く理想像は、完璧の先にある。(鈴木智紘)

ブレトシュナイダーとは

 鉄棒の「コバチ」(バーを越えながらの後方抱え込み2回宙返り懸垂)に2回ひねりを加えた技。2014年にドイツのブレトシュナイダーが披露し、15年に国際連盟から認定された。最高のI難度に次ぐH難度。スペシャリストの宮地秀享(茗渓ク)らが操る。

体操・東京五輪への道

 男女とも団体総合の代表は4人。今後の国際大会の結果次第で、日本は団体総合とは別に男女とも個人で最大2人の出場が可能。内村は種目別の鉄棒に絞って宮地秀享ら他のスペシャリストと争い、個人の出場枠で五輪を目指している。国内選考会は来春開催される。

 体操全日本女子個人総合Vの村上茉愛 キング内村の〝五輪開催メッセージ〟に「自分じゃ言えないな」 

東スポWeb 2020年12月12日(土)19時06分配信

 体操の全日本選手権(群馬・高崎アリーナ)の女子個人総合で優勝した村上茉愛(24=日体クラブ)が12日、新型コロナウイルス禍で来年夏に延期した東京五輪への複雑な思いを口にした。

Photo_20201213201801

 この日、2年ぶり4度目の優勝を飾った村上はインタビューで東京五輪への気持ちを問われると「ホントにこの先どうなるのか分からない。自分だけじゃないし、みんなそう思っているので…」と話した。前日会見(9日)でも先行き不透明な今後について「世の中の状況でどうなるか誰も分からない状態。大会があると言われても、明日にはどうなるか分からない。この状況はこれからもあると思う」と語っている。

 東京五輪は村上にとって集大成の舞台。五輪の最終演技の着地をもって現役引退を決めている。だが、世の中は開催を危ぶむ声、中止を求める声が大半を占めている。心の中で思っていても、口に出せないもどかしさがある。

 先月8日、五輪開催の〝試金石〟と言われた国際大会の閉幕セレモニーで、体操界のキング・内村航平(31=リンガーハット)はリスクを背負って本心をハッキリと口にした。

「〝できない〟ではなく〝どうやったらできるか?〟を皆さんで考えてほしい。できないと思わないでほしい」

 このスピーチはアスリートや五輪関係者から称賛を浴びる一方、現実を見ていないと批判の対象にもなった。それらを全て受け入れて発信した内村の覚悟に、村上は大きな感銘を受けたという。

「最初に思ったのは、自分じゃ言えないなって。みんな思っていることは同じだと思うけど、どうしても口にできなかった。それを言ってもらって、うれしかった」

 さらに村上は「難しいな」「なかなかこういうコメントって」と慎重に言葉を選びつつ「航平さんって、やっぱりすごいなって思いました」と敬意を抱いていた

 内村航平世界初16点台射程限界説一蹴した31歳の伸びしろ 

東スポWab 2020年12月12日(土)6時15分配信

 こんなもんじゃない! 体操の全日本選手権の男子予選(11日、群馬・高崎アリーナ)に出場した五輪個人総合2連覇の内村航平(31=リンガーハット)が種目別の鉄棒で15・533点の超ハイスコアをマークし、予選トップ通過を決めた。それでも内村は「65点」と自己採点し、会場で演技を見た高橋孝徳男子審判本部長(51)も「もっと切れ味は鋭くなる」とさらなる進化を予言。数々の金字塔を打ち立てたキングだが、まだまだ〝伸びしろ〟がありそうだ。

 鉄棒をつかんだ瞬間、キングのスイッチが入った。世界を取った人間にしか分からない感覚を内村は「軽いゾーン」と表現した。「久々に体験できた。自分で動かしているけど、勝手に動いているような」

 冒頭のH難度の大技「ブレトシュナイダー(後方抱え込み2回宙返り2回ひねり)」を華麗に決めると、カッシーナ、コールマンも難なくこなした。ゾーンに入ったまま演技を続け、最後の着地で「現実に戻った」という。

 右手で力強くガッツポーズし、納得の表情を浮かべたものの、試合後は「65点です」と辛めの自己採点。「着地が止められていない」「練習と同じような感覚になってしまっている」「成功させたい気持ちが強い」「もうちょっと余裕を持って演技したい」と反省の弁を並べた。

 キングに同調するように、演技動画をチェックした高橋本部長も「シュタルダー1回半ひねりのゆがみ、倒立での角度や締め、手離し技の後のヒジの曲がりなど、もっとキレ味は鋭くなると思います」と具体的に指摘。何年も世界の頂点に君臨した内村を知る高橋本部長は「彼は極限を目指していますから。まだ最高のパフォーマンスとは言えません」と言い切った。

 いったい、内村の得点はどこまで伸びるのか。今回の得点は過去3年の世界選手権同種目金メダルを大きく上回り、東京五輪の個人枠を争うライバル・宮地秀享(26=茗渓クラブ)にも完勝。2017年6月の全日本種目別選手権(鉄棒)で自身がマークした15・750には届かなかったものの、細かな課題を克服すれば16年リオ五輪後のルール改正以降、世界初となる「16点台」も決して夢ではない。

 昨年は満身創痍で限界説もささやかれ、自ら東京五輪出場を「夢物語」と漏らした。だが、この日の演技を見る限り、鉄棒に専念する決断は正解。地獄を見たキングの絶頂期が来年夏に用意されているとすれば、これ以上のドラマはない。

Photo_20201213203001Photo_20201213203201

 阿部一二三、悲願の五輪66㌔代表 成長の源流はとの特訓 

毎日新聞 2020年12月13日(日)18時19分配信

 東京オリンピックの柔道男子66キロ級代表決定戦が13日、東京都文京区の講道館であり、2017、18年世界選手権覇者の阿部一二三(23)=パーク24=が、19年世界選手権王者の丸山城志郎(27)=ミキハウス=に勝ち、自身初めて五輪代表の座に就いた。

 阿部は神戸市に生まれ、6歳で柔道を始めた。今でこそ「天才」と称されるが、幼いころは小柄で決して名の知れた存在ではなかった。

 成長の源流は父浩二さん(50)との二人三脚の特訓にある。小学2年ごろから連日、自宅近くの公園で、バスケットボール大の重さ2キロのトレーニングボールを上や横に投げて体幹を鍛えた。柔道に生きるように腰や腕をひねる「円の動き」を意識してトレーニングしたという。現在の強じんな体幹から繰り出す豪快な担ぎ技につながっている。

 ただ負けん気の強さは当時から一流だった。優勝を狙った大会で負けると、飛躍を誓い、道場の行き帰りを走って往復した。遠足で疲れていても走り抜いた。小学生時代は全国大会に出場できなかったが、地道な努力が実を結んで中学2年で全国優勝。勢いに乗ると、高校2年で出場した14年の講道館杯では男子最年少の17歳2カ月で優勝した。17年には20歳で世界の頂点まで駆け上がった。

 18年に世界選手権2連覇を果たすと、次第に海外勢からも研究され、国際大会で優勝から離れた。同時に大けがから復活した丸山に19年夏の世界選手権を含めて直接対決で3連敗し、東京五輪代表争いで窮地に立たされていた。

 その時に刺激になったのが同じく柔(やわら)の道を進む女子52キロ級の妹、詩(20)の存在だった。19年世界選手権で2連覇した妹を見て、「上に行かれて悔しかった」という。自らと同じように豪快な投げ技で一本を量産する妹と一緒に練習する機会を増やし、自らを奮い立たせた。

 19年11月のグランドスラム大阪決勝は丸山との直接対決となった。負ければ、丸山が五輪代表の条件を満たす崖っぷちで、阿部は本来の前に攻め続ける「超攻撃型」の柔道で勝利をつかみとり、代表争いで追いついた。「(一緒に練習した)妹の存在が大きかった」。失いかけた負けん気と自信を取り戻していた。

 2月に東京五輪代表を決めていた詩と同じ畳に立つため、迎えた代表決定戦。「豪快な一本を取りにいく自分の柔道で、代表を必ず決める」。固い誓いを胸に悲願をかなえた。

Photo_20201213202801Photo_20201213203901

 柔道66㌔代表決定戦前夜、丸山城志郎息子は勝てない 

NEWSポストセブン 2020年12月12日(土)12時05分配信/柳川悠二(ノンフィクションライター)

 まさに世紀の一戦、いや一騎討ちだ。東京五輪に臨む柔道日本代表で、唯一、代表(内定者)が決まっていなかったのが男子66キロ級だった。昨年の東京世界選手権男子66キロ級の王者である丸山城志郎(27)と、2017年から同大会を2連覇した阿部一二三(23)。実力が拮抗したふたりの世界王者による異例の代表選手決定戦が12月13日、柔道の総本山である講道館7階の大道場を舞台に、ワンマッチで行われる。

「城志郎は負けると思います。世紀の一戦だかなんだか知りませんが、オリンピックに出場することよりも、金メダルを獲ることよりも、大事なものが今の城志郎には欠けている」

 五輪切符に手を掛けている丸山に厳しい言葉を投げかけたのは、1992年バルセロナ五輪の男子65キロ級代表で、丸山の父であり、柔道の師である顕志氏(55)だ。

運命の日が延期で一二三の日

 世がコロナ禍に見舞われなければ、66キロ級の代表は今年4月5日の全日本選抜体重別選手権の結果を受けて内定者が決まるはずだった。だが、東京五輪の延期と共に、同大会は流れた。顕志氏はこの日を運命の日と位置づけ、当時は息子の勝利を信じていた。

「28年前の4月5日に、私は講道館杯で優勝し、バルセロナ五輪出場を決めたんです。しかも、その日は長男の剛毅の誕生日でもあります。ところが延期になり、改めて代表決定戦の日程が発表された瞬間、正直な感想として息子に勝ち目はないと思いました。12月13日と、1、2、3という数字が並び、ほぼほぼ阿部“一二三”君の日じゃないですか。それは単なる偶然としても、息子のこれからの人生を考えたら、むしろ阿部君に『こんなヤツに負けたらいかんぞ』と言いたいくらいです」

 顕志氏はかつて、出身地の宮崎で「泰山学舎」という道場を開き、ふたりの息子をオリンピアンに育てるべく英才教育を施した。バルセロナ五輪の試合前日、あまりの緊張に眠ることができず、普段口にしたこともなかった睡眠薬を飲んだことで翌日身体が動かなくなってしまった失敗談などを伝え、ちょっとした気の緩みや奢りが、「大きな失敗=敗戦」につながると指導してきた。自身が果たせなかった五輪金メダルの夢を息子たちに託すあまり、鉄拳制裁もいとわぬ時代錯誤な厳しい指導も繰り返してきた。

 顕志氏の人柄がよく分かるのが、丸山が中学時代のエピソードだ。投げられて敗れるならまだしも、消極的な姿勢で「指導」の差による敗北が続いた時期に、「お前の柔道には心がない」と名前に入った「志」の文字の心をとり、「城士郎」の登録名で試合に出場させたのだ。また、2016年の選抜体重別で新星・阿部にやはり「指導」の差で敗れるや、「名前を四五六に改名しろ」と言い放つ。さらに勘当を告げ、それは3年間も続いた。

 両者は連絡をいっさいとらず、その間に丸山は結婚もしている。

 昨年、東京世界選手権を2週間後に控えた夏の日、丸山の妻の親族から仲介の申し入れがあり、丸山と顕志氏は3年ぶりに対面した。丸山は連絡を絶っていたことを詫び、「必ず世界一になります」と誓ったという。スーツを着た丸山は上着を脱がず汗だくのまま正座を続けていたが、その目は輝き、「良い顔をしているな」が顕志氏の正直な感想だった。

 世界選手権の会場である日本武道館まで丸山の祖母や妹も連れて応援に行くことを決め、応援グッズも自作した。試合の前夜から誰もいない日本武道館のチケット売り場に並び、雨の中チケットが発売され、購入するや一目散に席に向かった。

 丸山はそこで世界王者となるも、顕志氏は「そこからまた連絡が途絶えてしまって……」と明かす。

 続く昨年11月のグランドスラム大阪で、丸山は阿部に勝利すれば、66キロ級の代表に内定することが決まっていた。だが、決勝で阿部に敗れ、さらに丸山が欠場した今年2月のグランドスラム・デュッセルドルフを阿部が制したことで、代表レースは横並びとなった。

「確かに世界一にはなりましたが、天狗になり、世界一病になっているのではないか。彼の勝利を願って、88歳になるおばあちゃんは毎日、祈っているんです。そのおばあちゃんに対するお礼の連絡もせず、祝勝会にも呼ばず、本人はのんきに嫁と一緒にYouTubeに出たりしている。アスリートである前に、人として大事な物を見失っているのではないか」

ワンマッチで勝てるのか

 代表が決まる予定だった4月5日を前に、いても立ってもいられなくなった顕志氏は丸山が練習拠点とする天理大に向かった。そこで顕志氏は同大で練習する大学生も唖然とする行動に出る。丸山と会うなり、「何を考えているんだ! どういうつもりで生きてきたのか!!」と問い詰め、息子に対して平手打ち……。

「今の時代に許されない親子の関係ですし、反省もします。天理大の関係者にも、もっと落ち着いて行動してくださいとなだめられました。でも、今の状態のままではとても阿部君に勝てるとは思えなかった……」

 正直なところ、顕志氏の本心が、突飛な言動のあまり見えなくなる。だが、心の奥底では息子の五輪出場、そして金メダルを誰より強く信じているのではないか。

 今年に入ってから私は、顕志氏が拠点とする福岡の自宅兼道場を二度、訪ねた。道場へ続くコンクリートの階段には五輪マークが刻印され、道場内にも壁や天井にこれでもかというぐらいに五輪マークが描かれている。丸山が拠点とする天理から遠く離れた福岡で、息子の出場を願っているからこそだろう。一方で、このままでは阿部に負けてしまうかもしれない――その危機感が、息子に対する強烈な言動につながっているのだ。

 代表決定戦は異例の一騎打ちで、本戦4分で決着がつかなければゴールデンスコアに入り、勝敗が決着するまで無制限で争われる。

「スタミナは息子のほうに分があり、長期戦になると有利だと思いますが、冬場の試合ですしなにせワンマッチですから、勝敗に影響はないでしょう。阿部君に対し、城志郎の内股がかかるとは思わないし、(過去の対戦で有効だった)巴投げももうかからんでしょう。ワンマッチだからこそ、阿部君はよりガンガンと前に出て圧力をかけてくる。城志郎の技を力で返したり、いなしたり、強引に技をかけたり……阿部君の破壊力を考えれば、やはり城志郎の分が悪い」

 天理大の穴井隆将監督は教え子である丸山と阿部の試合を「日本刀と鉈の戦い」と表現していた。教本に載っているような、美しく切れ味するどい丸山の柔道と、一度掴んだら強引に担ぎ技に入って相手を豪快に放り投げようとする阿部の柔道を見事に対比した言葉だろう。

 ふたりの世界王者による、五輪本番よりも面白い世紀の一戦――無観客で行われるこの試合を、顕志氏はどこで、いかなる表情と感情で見守るのだろうか。

Photo_20201213204501Photo_20201213204601

柔道史上ワンマッチ”テレ東「中継途中わった

日刊スポーツ 2020年12月13日(日)17時20分配信

<柔道:男子66キロ級・東京五輪代表決定戦>◇13日◇東京・講道館新館7階大道場(無観客試合)

 東京五輪柔道代表の男女14階級で唯一決まっていなかった男子66キロ級代表決定戦が行われ、17、18年世界王者の阿部一二三(23=パーク24)と19年世界王者の丸山城志郎(27=ミキハウス)との日本柔道史上初の「ワンマッチ」を生放送したテレビ東京の中継が、試合の決着がつく前に終了してしまった。

 放送時間は午後4時から5時15分までだった。試合開始は16時40分がメドとされ、開始から40分以上はこれまでの戦いぶりなどで大いに盛り上げていたが、試合が長期の延長戦となったことで、放送時間がなくなったようだ。

 ただ、過去の2人の対戦は7戦中6戦が延長戦までもつれ込んでおり、接戦は必至ともいえる状況だった。

 テレビ東京がニュースに突入した時点で、阿部が死闘を制した。

空手型女子清水希容8連覇逃し敗退「気持ちのさ」

産経新聞 2020年12月13日(日)20時09分配信

 空手の全日本選手権は13日、東京・日本武道館で行われ、形女子は大会タイとなる8連覇を狙った東京五輪代表の清水希容(ミキハウス)が決勝で敗れた。

 得点が出た瞬間、会場がどよめいた。形女子の決勝で、得意の「チャタンヤラクーサンクー」を演武した清水希だったが、得点が伸びずに敗退。全日本選手権の連覇が7でストップした。

 大きな失敗はなく「無難にやってしまった。自分の気持ちの弱さ」と振り返った。来年の東京五輪に向けて「この結果を深く受け止めたい。自分の強いところを出せるようにしたい」と前を向いた。

空手型男子喜友名諒V9、師匠の誕生日に歴史作った

日刊スポーツ 2020年12月13日(日)20時00分配信

<空手:全日本選手権>◇13日◇日本武道館◇男子形

 男子形で東京オリンピック(五輪)代表に内定している喜友名諒(30=劉衛流龍鳳会)が前人未踏の9連覇を果たした。

 形女子の清水希容(ミキハウス)は決勝で大野ひかる(大分市消防局)に敗れて8連覇ならず。体重無差別の組手は、女子が沢江優月(帝京大)が初めて制し、東京五輪代表の植草歩(JAL)や宮原美穂(帝京大職)は予選で敗れた。男子は崎山優也(近大)が初優勝。

   ◇   ◇   ◇

 他種目では優勝候補が次々と敗れる中、男子形では絶対王者の喜友名が実力を誇示した。決勝ではアーナンを演武して28・74点の高得点をマーク。歴代単独最多となる“V9”を達成し、「新記録をつくりたいと思っていたわけではないが、続けてきたから連覇につながった」。この日は恩師である佐久本嗣男氏の73歳の誕生日。最高の結果を出してお祝いし「師匠の誕生日に新しい歴史を作れてうれしい」と喜んだ。

Photo_20201213223401

 

2020年12月12日 (土)

【京都アニメ放火】鑑定留置✍終了<寝たきり>容疑者(42)起訴へ

京アニ容疑者いまも寝たきり 鑑定留置終了起訴へ

産経新聞 2020年12月11日(金)23時11分配信

 昨年7月、アニメ制作会社「京都アニメーション」の第1スタジオ(京都市伏見区)で起きた放火殺人事件で、殺人容疑などで逮捕された青葉真司容疑者(42)の刑事責任能力を調べるための鑑定留置が11日、終了した。

 京都地検は刑事責任能力には問題がないと判断して勾留期限の16日までに殺人罪などで起訴するもようだ。

 自らも全身の約90%に大やけどを負い一時は命の危険もあった青葉容疑者は、今年5月の逮捕直後から医療設備の整った大阪拘置所(大阪市都島区)に勾留された。逮捕時から大きな変化はなくリクライニング機能付きのベッドに寝たきりで過ごしているといい、自力での歩行や食事、排泄はできず、日常生活に介助が必要な状態は変わっていないという。車いすに乗るのも難しい状態で、やけどの治療やリハビリが継続されている。

 一方、6月の京都地裁での勾留理由開示手続きで事件後初めて公の場に姿を見せた際は、ストレッチャーに乗せられて出廷したが、裁判官に名前や職業を確認されると、マイクを通してはっきりと答える様子が見受けられた。

 捜査関係者によると、鑑定留置期間の約半年間は、青葉容疑者は鑑定のたびに病院に搬送され、精神科医の面談や検査などを受けてきたという。

 「2度と声出ないと思った」大火傷の青葉容疑者号泣…主治医が語る 

京都新聞 2020年12月12日(土)10時31分配信

 2019年7月に京都アニメーション第1スタジオ(京都市伏見区)が放火され、36人が死亡、33人が重軽傷を負った事件で、殺人容疑などで逮捕された青葉真司容疑者(42)の主治医だった男性医師が11日までに京都新聞社の取材に応じた。

 近畿大病院(大阪府大阪狭山市)に入院していた青葉真司容疑者は、医療スタッフに敬語を使って接するなど礼儀正しかったという。容体が回復し、声が出せるようになった時には感極まって泣いた。

 主治医だった医師によると、事件から約1カ月後の8月中旬、青葉容疑者は病室で意識を取り戻した。包帯のような特殊パッドを顔や体中に巻き付けられた状態だったが、医師から治療の予定について説明を受け「頑張れる?」と問われるとはっきりうなずいた。

 治療のために気管切開した青葉容疑者は9月中旬に発声用のチューブを挿管され、声が出せるようになった。「二度と声は出ないと思っていた…」と一日中、泣き続けた。その姿を見た医師は「死を覚悟して放火したわけじゃないんだな」と感じたという。

 その際、青葉容疑者は医療スタッフに対して「こんな自分でも、必死に治療してくれる人がいる」と感謝の言葉を伝えたという。

 青葉容疑者は言葉数が少なく、医師や看護師からの問いかけに「はい」「いいえ」で答え、悪態をつくことは一度もなかった。一方で「(病院食の)おかゆ、うめー」「コーラほしい」と話すこともあった。車いすに座って体を動かすリハビリを嫌がり、スタッフにたしなめられる場面もあったという。

起訴の可否、地検最終判断へ

 京都地検は11日、青葉真司容疑者の刑事責任能力を調べるために6カ月間行っていた鑑定留置が終了し、同日から勾留が再開したと明らかにした。勾留期限は16日で、地検が精神鑑定の結果をもとに起訴の可否を最終判断する。
 
 青葉容疑者は逮捕後の調べに「自分の小説を盗用された。京アニが許せなかった」と不可解な動機を述べたとされる。地検は事件当時の精神状態を調べる必要があるとして、6月9日から3カ月間の鑑定留置を実施し、医師の見解を踏まえて9月に延長していた。

 捜査関係者によると、青葉容疑者は逮捕後に勾留された大阪拘置所で医師による精神鑑定を受けていた。地検は残る勾留期間で取り調べを行い、刑事責任能力の有無や程度を見極める。

 京アニ事件容疑者、来週起訴へ 刑事責任問えると判断 

朝日新聞デジタル 2020年12月11日(金)13時33分配信

 京都市伏見区で昨年7月、京都アニメーション第1スタジオが放火され、36人が死亡、33人が重軽傷を負った事件で、京都地検は11日、殺人などの疑いで逮捕されていた無職の青葉真司容疑者(42)=さいたま市見沼区=について、事件当時の精神状態を調べる鑑定留置を終えた。地検は鑑定の結果、刑事責任を問えるとみて、勾留期限の16日までに起訴する方向で上級庁と協議する。

Photo_20201212182701

 事件は昨年7月18日午前10時半ごろ、第1スタジオで発生した。京都府警によると、青葉容疑者は1階にガソリンをまいて放火。3階建ての建物延べ約700平方メートルを全焼させ、当時、建物内にいた役員・社員70人のうち36人を殺害し、残る34人を殺害しようとした疑いがある。

 青葉容疑者は自らも重度のやけどを負い、約10カ月に及ぶ入院治療で会話できるまでに回復した。府警が今年5月27日、殺人や殺人未遂、現住建造物等放火などの容疑で逮捕していた。

 捜査関係者によると、青葉容疑者は事件直前にガソリンなどを購入。5月の逮捕時に容疑を認め、「ガソリンを使えば多くの人を殺害できると思い、実行した」と供述したとされる。複数の京アニ作品を挙げ「(自分の)小説を盗まれた」とも訴えているが、青葉容疑者の名前で京アニに応募のあった小説に、同社作品との目立った類似点は確認されていない。

 地検はこうした捜査状況を踏まえ、裁判で刑事責任能力が争点になる可能性があり、専門家の鑑定が必要だと判断。6月9日から6カ月間、青葉容疑者を鑑定留置し、刑事責任能力の有無や程度を調べていた。

Photo_20201212182101

 鹿児島 日置5人殺害公判死刑判決“怒り”岩倉被告許されんぞ法廷内大立ち回り裁判員騒然 

南日本新聞 2020年12月12日(土)9時30分配信

 「被告人を死刑に処する」。裁判長の声が静かに響いた。日置市東市来の民家で親族ら5人を殺害したとして、岩倉知広被告(41)に言い渡された鹿児島地裁裁判員裁判で初の極刑。親族に一方的な恨みを募らせる岩倉被告はその直後、遺族に飛び掛かって取り押さえられ、法廷内は騒然となった。精神障害の影響や責任能力の程度の難しい判断を迫られた裁判員は厳しい表情。最後まで反省のない態度に、遺族は悲しみと怒りに震えた。

 午後3時の開廷を前に、極刑の可能性があった206号法廷には重苦しい空気が漂っていた。岩倉被告はいつも通り黒のTシャツとジャージー姿で入廷。全体を見渡すように傍聴席を振り返り、これまでと違い少し落ち着かない様子だった。

 岩田光生裁判長は、岩倉被告に証言台の椅子に腰掛けるよう促し、判決理由から先に述べ始めた。死刑判決などで被告が動揺し、判決理由を聞き逃すのを避けるため裁判長の裁量として行われる「主文後回し」。速報のため記者が次々と傍聴席を立つなど慌ただしくなる中、岩倉被告は真っすぐに前を見据えて静かに聞いていた。

 親族を中心に5人が殺害され、うち2人を遺棄した凶悪事件。罪となるべき事実として、頸部圧迫による窒息死など次々と5人への殺害行為が説明されると、遺族の女性はあふれ出る涙を何度もぬぐった。

Photo_20201212181001

 「被告人を死刑に処する」。午後3時22分、裁判長は2度主文を読み上げた。これまではきちんと履いていたスリッパを、この日は足の前に投げ出すようにして座っていた岩倉被告。裁判長が控訴に関する説明などをしている最中に突如として、被害者参加人の遺族が座っていた検察側の席を目がけて飛び掛かった。

 刑務官らが数人がかりで取り押さえても、岩倉被告は暴れ続けた。突然の出来事に多くの人が身動きを取れずにいた法廷に「やめて、もう」と泣き叫ぶ遺族女性の声が響いた。

 「急に目の色が変わり、危ないと思った直後に飛び掛かっていた」。岩倉被告を正面から見続けていた裁判員は、岩倉被告に感じた異変を公判後の記者会見で明らかにした。別の裁判員も「これまでとは明らかに様子が違っていた。身の危険を感じ、身構える瞬間があった」と恐怖を口にした。

 専門家の精神鑑定結果も割れ、妄想性障害の影響による責任能力の程度などが大きな争点となった死刑判決事件。安全対策のために傍聴者全員が退廷させられた後、妄想で親族への恨みを募らせた岩倉被告が「許されんぞ」と叫ぶ声が、廊下まではっきりと聞こえていた。

 検察側「社会震撼。回避事情ない弁護側重度の妄想性障害主張 

南日本新聞 2020年12月2日(水)9時35分配信

 2018年に日置市東市来町湯田の民家で男女5人が殺害された事件で、殺人と死体遺棄の罪に問われた近くの無職岩倉知広被告(41)の裁判員裁判第8回公判が1日、鹿児島地裁(岩田光生裁判長)であった。検察側は「社会を震撼させた重大、凶悪事案。身勝手極まりなく自己中心的な犯行」として死刑を求刑。弁護側は心神耗弱による刑の減軽などを求め、結審した。判決は11日。

 裁判は岩倉被告の責任能力が最大の争点。検察側が「攻撃的、他罰的といった元々の人格傾向や性格に基づき、自分の意思・判断で犯行に及んだ」として完全責任能力があったとするのに対し、弁護側は「重度の妄想性障害の影響を受けていた」などと限定責任能力(心神耗弱)を主張している。

 検察側は論告で「犯行態様は極めて残虐かつ執拗で、むごたらしい」と指摘。いずれの犯行も被告の言動がそもそもの原因で「何の落ち度もない5人の尊い命が奪われた結果は極めて重大だ」とした。

 最高裁が死刑適用に示した「永山基準」を説明して8項目それぞれに理由を述べ、「妄想性障害の影響などを最大限考慮したとしても、死刑を回避すべき事情は存在しない」と結論付けた。

Photo_20201212175801Photo_20201212180101

 弁護側は六つの起訴事実のうち、父親の殺害は包丁を持ち出され心中を図ろうとしてきたことへの反撃行為で正当防衛が成立し、祖母の殺害は殴打行為によるもので殺人罪が成立しないと無罪を主張。2人の死体遺棄や他3人の殺害も心神耗弱で刑が減軽され、無期懲役が相当とした。

 起訴状などによると、岩倉被告は18年3月31日から4月1日、祖母の久子さん=当時(89)=方で、父親の正知さん=同(68)=と久子さんを窒息死させて近くの山中に遺棄。同6日には、安否確認に訪れた伯母の岩倉孝子さん=同(69)、その姉の坂口訓子さん=同(72)、伯父の知人の後藤広幸さん=同(47)=を窒息死させたとされる。

 鹿児島地裁の裁判員裁判で検察側が死刑を求刑するのは3例目。10年の鹿児島市夫婦殺害は無罪、12年の指宿市夫婦殺害では無期懲役が言い渡された。

 妄想性障害正当防衛殺意三つの争点どう判断 

南日本新聞 2020年12月8日(火)12時30分配信

 2018年に日置市東市来町湯田の民家で男女5人が殺害された事件で、殺人と死体遺棄の罪に問われた近くの無職岩倉知広被告(41)の裁判員裁判は11日、鹿児島地裁で判決が言い渡される。検察側の死刑求刑に対し、裁判員らは非公開の評議でどのような結論を出すのか。被告の完全責任能力の有無など三つの争点を整理する。

 岩倉被告の起訴事実は父親、祖母、伯母、伯母の姉、伯父の知人の計5人に対する殺人、父親と祖母に対する死体遺棄の六つ。うち父親と祖母の殺人罪の成立には争いがある。

 最大の争点は岩倉被告の責任能力。起訴前と後に精神鑑定が実施され、裁判には2人の精神科医が出廷した。両者は「妄想性障害がある」との診断は一致しているものの、病状の程度や犯行への影響で意見が割れている。

 起訴後に鑑定した大学教授は「妄想性障害の程度は軽微だった」と証言。「一連の犯行は元来の人格傾向の影響を強く受け、自らの意思や判断で実行した。被害妄想に支配されたものではない」と述べた。

 一方、起訴前に鑑定した病院医師は「生来の自閉スペクトラム症(ASD)に加え、重度の妄想性障害を患っていた」と指摘。犯行当時は深刻な精神状態にあり、統合失調症の可能性も示唆した。

 検察側は起訴後鑑定を基に完全責任能力、弁護側は起訴前鑑定を基に限定責任能力(心神耗弱)を主張している。両鑑定は面接場所や期間など手法にも大きな違いがあり、裁判員らは鑑定の信用性などで責任能力を判断するとみられる。

 二つ目は、父親の殺害が正当防衛に当たるかどうかだ。岩倉被告は、折り合いが悪かった祖母からの悪口などに怒りを抑えきれず、祖母への暴行を開始。その後、包丁を持ち出した父親ともみ合いになり、背後から腕で首を絞めたとされる。

 弁護側は「心中を図ってきた父親の気を失わせて包丁を落とさせようとした」などと主張。対する検察側は、自らの行為がそもそもの原因で差し迫った危険とはいえず、「反撃行為が正当として許容されるべきではない」と反論する。

 祖母の死亡経過にも争いがある。首に左腕を巻き付けるなどして窒息死させたとする起訴事実について、岩倉被告は初公判の罪状認否で「殴って死なせてしまった」と否認した。

 弁護側最終弁論などによると、岩倉被告は父親を死なせた後、祖母の生死を確認するため再び殴打。2人の遺体を山中に運び出す際、祖母の首を強く短く絞めたが、その前の殴打の時点で既に亡くなっていたとし、殺意を否定する。

 これに対し、司法解剖に立ち会った法医学者は「首を強く圧迫した窒息の所見があり、亡くなってから首を絞めたとは考えられない」と証言。検察側は捜査段階の供述との矛盾なども指摘している。

責任能力、最も影響

 三つの争点の中で量刑に最も影響を与えるのは責任能力の判断だ。弁護側は六つの起訴事実全てで、自閉スペクトラム症や妄想性障害による限定責任能力(心神耗弱)を主張。認められれば法律上の刑の減軽事由となる。

 岩倉知広被告(41)は、伯母、伯母の姉、伯父の知人に対する殺人と、父親と祖母の死体遺棄については起訴事実を認めている。

 仮に全てが完全責任能力と判断された場合、成立を争う父親と祖母の殺人罪が無罪になったとしても、3人殺害などの事実を踏まえた量刑判断になる。そのため厳しい刑が言い渡される可能性が高い。

 そうなると、六つの起訴事実それぞれで判断する責任能力が焦点となる。殺人罪の法定刑は「死刑または無期、もしくは5年以上の懲役」。専門家によると、全てで心神耗弱が認められない限り、死刑は選択肢に含まれるという。

 評議では、責任能力など三つの争点について判断した後、検察側が示した死刑の適用基準に照らし、総合的に量刑を検討するとみられる。

Photo_20201212182201

関連エントリ 2020/05/28 ⇒ 【京都アニメ放火】拘留と治療を同時平行<手錠ナシ>被疑者(42)逮捕のワケ
関連エントリ 2020/05/27 ⇒ 【京都アニメ放火】今朝✍青葉真司容疑者(42)放火殺人容疑で逮捕。
関連エントリ 2019/11/27 ⇒ 【京都アニメ放火】容疑者(41)全身90%深達性DB熱傷から奇跡の生還
関連エントリ 2019/07/26 ⇒ 【京都アニメ火災】容疑者(41)意識戻る✍遺体34名の身元特定
関連エントリ 2019/07/19 ⇒ 【京都アニメ火災】3階建て「ガソリン放火」で爆発炎上✍33名が死亡

 

2020年12月11日 (金)

【日経平均】続落<米株先物の軟調を嫌気>利益確定売り

 東京株続落利益確定売りやや優勢 

時事通信 2020年12月11日(金)15時30分配信

 当面の利益を確保する売りがやや優勢となり、日経平均株価は前日比103円72銭安の2万6652円52銭と続落した。東証株価指数(TOPIX)は5.80ポイント高の1782.01と小幅高。

 32%の銘柄が値下がりし、値上がりは64%。出来高は12億8218万株、売買代金は2兆8820億円。

 業種別株価指数(全33業種)は情報・通信業、電気機器、機械が下落し、輸送用機器、その他製品、銀行業は上昇した。

方向定まらず

 11日の東京株式市場では、欧州中央銀行が10日に追加金融緩和を決めたことを好感した買いと、米国景気悪化への懸念による売りが交錯し、相場全体の方向が定まらなかった。

 日経平均株価は続落したが、東証1部全銘柄の値動きを示す東証株価指数(TOPIX)は反発したため、市場関係者からは「相場の底堅さが確認され、来週以降の株価上昇が期待できる」(インターネット証券)と強気な声が聞かれた。

 自動車や銀行など主力業種には買いが入り「海外投資家の日本株買いが続いている」(銀行系証券)との見方もあり、市場に安心感が広がった。225先物は午前中の2万6480~2万6760円のレンジを形成した後、午後は小動きで推移した。オプション2021年1月きりのうちコールは軟調だった。プットは買われたが上値は重かった。

 個人投資家大きな資産を築くため最短ルート 

ダイヤモンドオンライン 2020年12月3日(木)6時01分配信

 ◎ふつうの会社員でも10年あれば、気づいたときには1億円
小型株は伸びしろが大きいわりに、目をつけている投資家が少ない。
それだけに、株価が何倍にも伸びる可能性をふんだんに秘めている。
大学時代に投資を始めた著者は、6~7年後に資産1億円を達成。
いまでは1銘柄だけでも億単位のリターンを得ている。
10万円から株式投資をスタートしたとしても、
収入から生活費を除いた分を追加して投資額を増やしていけば、
1年で資産100万~200万円は十分目狙える。
すると銘柄の選択肢が広がり、資産を急角度で増やせる可能性がアップ。
資産1000万円くらいで壁にぶつかりがちだが、
この壁を突破すれば10万円を100万円、
100万円を1000万円に増やした感覚で“億り人”に近づける。
ベストセラー『10万円から始める! 小型株集中投資で1億円』の刊行から1年。
『10万円から始める! 小型株集中投資で1億円 実践バイブル』として、
小型株集中投資のテクニックを全公開!

なぜ小型株がいいのか?

 小型株集中投資は、個人投資家が大きな資産を築くための最短ルートでもあります。

 ふつうの会社員が少額から投資を始めて、数年で資産の桁を1つ2つ増やそうとするなら、小型株集中投資がいちばんの近道、というのが私の結論です。

 ひと言で「株」といっても、時価総額によって「大型株」「中型株」「小型株」と大まかに分かれます。

 日本の上場会社数は3719社(2020年8月現在)ありますが、そのうち大型株は時価総額・流動性が高い上位100銘柄、中型株は大型株に次いで時価総額・流動性が高い400銘柄、小型株は大型株、中型株に含まれない残りの全銘柄(約3200銘柄)とされています。

 そのなかでも私は「小型株」(特に時価総額300億円以下)を投資ターゲットにしているわけです。

 誰もが知る大企業の銘柄を好んで投資する人もいますが、そういった大型株はすでに大きく成長しているので、小型株に比べて伸びしろは小さいです。

 投資先は、いま有名でなくてもいいのです。これから大きく伸びて有名になる会社に投資しましょう。

 投資で大切なのは「いまの事業規模」ではなく、「未来の事業規模」です。

 今後の伸びしろが大きければ大きいほど、株価が上がる可能性が高く、期待できる投資リターンも大きくなります。これが小型株に投資すべき大きな理由です。

 小型株への投資は、個人投資家ならではの投資戦略でもあります。

 大きな資金を運用する「ヘッジファンド」や日本の年金積立金管理運用独立行政法人「GPIF」などの機関投資家は、自分たちの売買で大きく株価が変動してしまうので、小型株へ投資しようにもなかなかできません。

 一方、機関投資家に比べて運用資金の少ない個人投資家であれば、フットワーク軽くこのような小型株にも投資することができます。

 超富裕層の人数「タイ日本越えの衝撃…貧困化する日本人を尻目に謳歌するタイ富裕層真実

サンデー毎日×エコノミスト 2020年12月5日(土)9時47分配信/安成志津香(共同通信NNA編集部)

 2020年2月。

 コロナによって大騒動が巻き起こっている最中、「韓国の1人あたり国内総生産(GDP)がついに日本を抜いた」というニュースが、専門家の間で議論を巻き起こしていた。

 経済協力開発機構(OECD)によると、2018年の数字で、日本は4万1,501米ドル(約433万円)。

 一方の韓国は4万2,135米ドルとなった。

 これは購買力平価ベースの数字ではあるが、米ドルベースでも2018年には日本が約3万9,290米ドル、韓国が約3万1,363米ドルと肉薄しているのだ(世界銀行調べ)。

 もちろん、対韓国の数字だけで日本経済の世界における位置がわかるわけではない。

 だが、一方で対東南アジア諸国連合(ASEAN)諸国との関係を見ても、「経済大国日本」「お金持ちの日本」は、すでに幻想のごとく消え去っているのが現実だ。

 タイ経済に詳しい共同通信グループ株式会社NNA編集記者、安成志津香氏のリポートをおとどけする。

 ◇「タイ人富裕層のほうが日本人より良い物を食べている」

「日本に行けなくなった富裕層が押し寄せ、店は大盛況だ」

「平均は1人2万円相当のおまかせコース。1人5万円相当のコースを注文する客も珍しくない」

 こう語るのは、タイの首都バンコクにある高級和食店の店主だ。

 日本から直送の新鮮な食材をふんだんに使い、日本人シェフが本場の和食を振る舞うこの店には、日本びいきの富裕層が連日訪れる。

 新型コロナウイルス感染症の影響でタイ経済が悪化する中でも、富裕層の購買力は衰えることを知らないという。

 この店のハッシュタグをつけていた客らのインスタグラムを見ると、高級料理店でのグルメ三昧の日々や、高級リゾートでの優雅な休日の様子が並んでいた。

 コロナによって一般市民の生活が困窮する一方で、富裕層をターゲットにした事業は活況を呈しているのだ。

 その暮らしぶりは、タイに駐在する日本人の生活と比較しても華やかに映る。

 前出の店主は、店の顧客の8割をタイ人が占めるとした上で、次のように打ち明ける。

「日本人客からは『最安値のコースからさらに値引けないか』と聞かれることもある。もはやタイ人富裕層の方がよほど気前が良く、一般的な日本人よりも良い物を食べている」

 ◇「上級国民」への不満が爆発?タイで続く「反体制デモ」の正体

 世界的に、コロナ禍でも「富裕層」は株取引などによって資産を増加させている一方、実体経済低迷の影響は貧困層により強く出ている、と言われている。

 タイでも事情は同じで、貧困層の経済状況は悪化の一途をたどっている。

 世界銀行は、タイで1日5.5米ドル(約570円)未満で生活する貧困層が、第2四半期(4~6月)に前期比2倍以上の970万人に増えたと試算。

 コロナはタイにはびこる貧富の差をますます浮き彫りにしている。

 タイで今年7月から連日続く反体制デモの発端は、こうした格差に対する市民の不満が高まったことも要因の一つとして挙がる。

 デモ隊は学生らを中心とし、プラユット首相の退陣やタイで絶対的権威を持つ王室の改革を要求。

 不敬罪が存在するタイで王室批判はタブーとされてきたが、王室に権限を集中させる現国王への不満は最高潮に達し、デモ隊は王室予算の縮小や不敬罪の廃止など10項目の改革を求めている。

 加えて富裕層への法的な措置が適切に取られない状況もデモに拍車を掛けた。

 危険運転致死の容疑で国際手配されていた清涼飲料「レッドブル」創始者の孫への訴追が取り下げられると、「大富豪には捜査が公正に行われない」として、国民からの批判が続出した。

 レッドブルを製造するTCPグループの創業家チャルーム・ユーウィタヤー氏は、米経済誌フォーブスの長者番付でタイ2位の富豪だ。

 世論の猛反発を受けた警察当局は一転、8月に同氏の孫への逮捕状を取っている。

 ◇ コロナの打撃が貧困層を直撃している

 既に数カ月も続いているデモの勢いはいまだ衰えを見せないが、一般市民を取り巻く経済環境もまた一向に改善の兆しが見えない。

 今年第3四半期(7~9月)のGDP(速報値)は、物価変動を除く実質で前年同期比6.4%減。

 輸出や民間消費の回復により前期の12.1%減(修正値)からは持ち直したが、3期連続のマイナス成長となった。

 さらには失業率も高止まりしている。

 タイ国家統計局(NSO)によると、10月の全国の失業者は前年同月比2.3倍の81万200人。

 失業率は2.1%だった。

 米国の6.9%(10月)や日本の3.1%(10月)と比較すると低く見えるが、コロナ感染拡大前のタイの失業率が1%前後を推移していたことを考慮すると高い水準で、先行きが見通せない若者の間には失望感が広がっている。

 国立チュラロンコン大学の政治アナリスト、ティティナン氏は米ブルームバーグ通信の取材に対し、次のように分析している。

「デモに多くの若者が参加しているのは、将来的な経済発展の見通しが立たない中で、国が長い間、選挙で選ばれた政治家ではなく、軍や王室に力を与えてきたことに対する『正直な不満』が募った結果だ」

 ◇ 貧困層を中心に「自殺者22%増」が与えたショック

 とりわけ貧困層が多いとされる東北部出身の出稼ぎ労働者からは悲鳴が聞こえる。

 バンコクの性風俗店で働くエイミーさん(25)は、シングルマザーで子ども2人を含む家族6人を養う。

 経済苦から職を求めてバンコクにやってきたが、聞こえるのは嘆き節ばかりだ。

「客が来ず、4~5日間無収入なこともある。工場作業員など他の職を探してみたが、どこもリストラを進めている中で選択肢がない」

 新型コロナで3月から厳格な入国制限を敷くタイでは外国人旅行者が激減し、GDPの2割を占める観光業は壊滅的な状況だ。

 旅行者を相手にする労働者の生活は、エイミーさんのように困窮を極めている。

 政府は経済支援策として、タイ版「GoToトラベル」のような国内旅行振興策を推進している。

 だが、中国人を中心とする外国人旅行者に大きく頼ってきた観光業への効果は限定的だ。

 景気回復が見通せない中で経済苦に絶えられず、自ら命を絶つ人々も増えている。

 1~6月の自殺者数は2,551人で、前年同期から22%も増加した。

 ◇「日本を抜いた」タイ富裕層の驚くべき実態

 そうした中でも富裕層の暮らしぶりはコロナ感染拡大前とは変わらず、市民らの既得権益に対する反発心は高まる一方だ。

 人々はやり場のない思いを吐き出すように、連日のデモで声高にシュプレヒコールを上げる。

 ただ富裕層が彼ら貧困層を見る目は冷ややかともいえる。

 農業や製造業などを営むタイ人実業家(72)は次のように力なく語る。

「富める者がますます富み、貧しい者は貧しいままなのがタイの社会。この構造が簡単に変わることはないだろう」

 中国の富裕層向け雑誌などを発行している「胡潤百富(Hurun Report)」が2月に発表した報告書によると、タイ人の資産10億米ドル以上の富豪の数は57人で、世界で9番目に多かった。

 アジアでは中国(1位、799人)、インド(3位、137人)に次ぐ規模で、日本の44人(11位)を上回ったほどだ。

 スイスの金融大手クレディ・スイスの2019年の推計によれば、タイでは上位1%の富裕層が持つ富が全体の約50%を占めた。

 この1%には世界一とされる王室資産を保持するワチラロンコン国王を筆頭に、タイの経済界を牛耳る財閥グループが該当する。

 中でも数ある財閥のうち、タイで富豪を最も多く生み出している企業がCPグループだ。

 CPグループは1921年に種子販売店として創業し、現在は農業、食品、通信、不動産などの幅広い領域に進出。

 2014年には伊藤忠商事と資本・業務提携を締結し、相互に株式を持ち合って事業を展開するなど、日本企業との関わりも深い。

 CPグループを創業したジラワノン一族は、米経済誌フォーブスの「アジアの富豪一族番付2017年」で4位に入るほどで、その資産額は366億米ドルに上った。

 ちなみに日本の最上位はサントリーを運営する佐治一族の18位で、資産額は142億米ドルだった。

 一方で、CPグループの独占的な事業経営に不満を募らせる市民も多い。

 2015年には「CPグループがタイの富を独占をしている」との反発が強まり、同グループが運営する「セブン―イレブン」への不買運動が巻き起こった。

 今回のデモを巡っては、前述のレッドブルに対する不買運動が起きているほか、現国王が筆頭株主であるサイアム商業銀行の口座閉鎖を呼び掛ける動きも活発化している。

 既得権益に対する市民の反乱は、まだ始まったばかりだ。

パンデミック以降、ビリオネア資産総額1兆㌦増加

Forbes JAPAN 2020年12月6日(日)6時00分配信

 米国のビリオネアたち(10億ドル以上の資産を持つ人々)は、その圧倒的多数が新型コロナウイルス感染症のパンデミックによる影響をいっさい受けていないどころか、そのあいだに資産が増加していたことが判明した。

 米シンクタンク「政策研究所(IPS:Institute for Policy Studies)」の研究者チャック・コリンズ(Chuck Collins)が実施した新たな調査で、米国のビリオネアの資産総額は2020年3月からこれまでに1兆ドル以上も増え、増加率が34%を超えたことが明らかになったのだ。

 こうした現象は、2008年の金融危機など、過去の深刻な経済危機が発生した際には起こっていない。2010年頃まで続いた大不況(グレート・リセッション)では、フォーブス長者番付「フォーブス400」に名を連ねる富豪たちが、被った損失を取り戻すのに3年近くを要している。

 今回の調査結果は、米国全体で650人という、ごく少数のビリオネアたちの資産に焦点を当てている。それが腹立たしく感じられるのは、パンデミックをめぐる緊急措置として発令されていた「家賃滞納者の強制退去を禁止するモラトリアム措置」が年末に終了することになっており、700万人近い米国人が立ち退きの危機に瀕する状況にあるからだ。

 ビリオネア650人のうち29人は、2020年3月18日から11月24日にかけて資産が倍増した。また、ビリオネアの数は36人増えている。資産減少や死亡によって11人がリストから外れた一方で、47人が新たに仲間入りしたためだ。

 資産額が驚くほど増えた著名ビリオネアもいる。アマゾンのジェフ・ベゾスは、3月18日から11月24日にかけて資産が700億ドル増となり、現在の総資産額は1824億ドルだ。

 最も驚異的な伸びを見せたのが、テスラとスペースXの最高経営責任者(CEO)イーロン・マスクだ。3月18日から11月24日にかけて、マスクの個人資産額は246億ドルから1262億ドルに増え、413%の増加率となった。

 今回の分析によると、米国のビリオネアが保有する資産は現在、合計で4兆ドル近くに上る。これは、米国の世帯資産総額のおよそ3.5%にあたる。ビリオネアの総保有資産は、米国の下位50%の世帯(およそ1億6000万人)が保有する資産をすべてまとめた額の2倍となった。

 米連邦準備制度の推定では、米国の個人保有の資産額は現在、およそ112兆ドルだ。上位1%がそのうちの34兆2300億ドルを、上位2%から10%の範囲の人が43兆900億ドルを、10%から50%の範囲の人が32兆6500億ドルを保有する。下位50%の保有額はわずか2兆800億ドルだ。

 2024年度マイナンバー免許証一体化実現へ 

Impress Watch 2020年12月11日(金)21時23分配信

 2024年度末(令和6年度末)をめどに、マイナンバーカードと運転免許証の一体化を実現する方針が決まった。11日の「マイナンバー制度及び国と地方のデジタル基盤抜本改善ワーキンググループ」で菅義偉総理大臣が語った。

 同日公開された報告書案や10日の小此木八郎国家公安委員会委員長の会見では、スマートフォンに運転免許証機能を搭載する「モバイル運転免許証」の検討についても触れられている。

菅総理のコメント

 11日のワーキンググループでの議論のあと、菅総理は「あらゆる手続きが役所に行かなくてもできる、そうした行政のデジタル化を実現するため、専門家の皆さんを集めたこのワーキンググループでは、長年指摘されてきた課題を33項目に整理し、今後5年間で実現するための取り組み、方針を本日まとめていただいた」と語る。

 引っ越し手続きをひとまとめにできるよう、全国の自治体システムを5年後までに統一・標準化することなどに触れた後、運転免許証とマイナンバーカードの一体化について「マイナンバーカードを持つメリットを高めるために、運転免許証とマイナンバーカードの一体化は、できるだけ前倒して、令和6年度末までに実現することとしております」とした。

 10日の小此木委員長の会見では、当初、2026年中と予定していた「マイナンバーカードと運転免許証」の一体化が、11月に開催された会議で菅総理から前倒しの要望が出たことを受けて、警察庁での検討を重ねた結果、2024年度末から全国一斉に一体化を開始することになったと説明。

 さらにモバイル運転免許証については、将来の選択肢として考えられるものの、実現に向けて、偽造やなりすましを防止する取り組みなどが必要と指摘。まずは運転免許証とマイナンバーカードとの一体化を進めるとした上で、モバイル運転免許証については、「国際規格の策定状況やマイナンバーカードのアプリ化の検討状況も踏まえて、検討は進めてまいりたいと思います」とした。

あらゆる行政手続きをスマホで

 ワーキンググループのまとめた報告書案では、運転免許証だけではなく、さまざまな行政での手続きとスマートフォンの組み合わせについても触れられている。

 「11の個別目標」のひとつめに挙げられたのは「あらゆる行政手続きがスマートフォンから簡単にできる」というもの。オンラインでの申請・受付やマイナンバーカード機能のスマートフォンへの搭載などの実現を目指し、24時間365日、いつでも申請や手続きできるようにする。

 個別目標には、行政機関などから同じ情報を繰り返し聞かれないようにする「ワンス・オンリー」、行政事務の効率化、システムコストの大幅な低減、政府のAPIの活用などによる民間企業の生産性向上といった項目も含まれる。

2022年度中にスマホへマイナンバーカード機能

 マイナンバーカード機能のスマートフォンへの搭載については、2020年度末までに具体的な方向性が検討され、2021年の国会で法整備が進められる方針とされている。

 そして2021年度までに技術検証、システム設計が実施され、2022年度には「スマートフォンへのマイナンバーカード機能」の実現を目指す。

 このとき、スマートフォンに搭載される電子証明書は、現在のマイナンバーカードに搭載されるものとは別のものになるという。その際には、暗証番号に頼らず生体認証を活用できるよう、今後課題を整理して検討する方針となっている。

 

2020年12月10日 (木)

【日経平均】小反落<英EU貿易交渉&米追加経済対策✍前進なし>利益確定売り

 〔東京外為〕ドル104円台前半=英EU交渉難航で小高く推移 

時事通信 2020年12月10日(木)9時30分配信

 10日朝の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、英国と欧州連合(EU)による貿易交渉難航を受けて、1ドル=104円台前半で小高く推移している。午前9時現在は104円28~32銭と前日(午後5時、104円22~22銭)比06銭の小幅ドル高・円安。

 前日の海外市場では、新型コロナウイルスワクチンの早期普及で世界経済が正常化するとの期待から米国の主要株価指数と長期金利が上昇、これにつれて、ドル円は一時104円40銭前後を付けた。しかし、米追加経済対策をめぐる協議に具体的な前進がないことなどで買いは続かず、伸び悩んだ。一方、ユーロは利益確定などとみられる売りが優勢だった。

 フォンデアライエン欧州委員長とジョンソン英首相の会談をめぐって、日本時間10日の午前7時すぎに「双方の立場には依然隔たりがあり、交渉期限を13日とする」などと報道された。これを受け、英ポンドやユーロがいったん売られたものの、市場は「協議はまだ続く」(外為仲介業者)と冷静に受け止め、その後は買い戻された。ドル円は104円20銭付近で始まり、欧州通貨の動きを受けて104円30銭前後に小幅上昇している。

 この日は、事業会社の決済が集中する「五・十日」で、午前中は実需関連の売買が見込まれる。ただ、日本時間今夜に欧州中央銀行(ECB)理事会の開催や、米国の11月消費者物価(CPI)などの発表を控え、「積極的な取引はしづらい」(邦銀)との見方が大勢を占めている。

 ユーロは前日に比べ対円、対ドルとも下落。午前9時現在、1ユーロ=125円96~96銭(前日午後5時、126円46~46銭)、対ドルでは1.2078~2079ドル(同、1.2127~2127ドル)。

 〔米株式〕NYダウ反落105㌦安=経済対策協議に停滞懸念 

時事通信 2020年12月10日(木)7時30分配信

 9日のニューヨーク株式相場は、米経済対策をめぐる協議停滞への懸念から反落した。優良株で構成するダウ工業株30種平均は前日終値比105.07ドル安の3万0068.81ドルで終了した。

 ダウ平均は一時140ドル超上昇し、取引時間中の史上最高値を更新したが、下落に転じた。ハイテク株中心のナスダック総合指数は243.82ポイント安の1万2338.95で終わった。

 ニューヨーク証券取引所の出来高は前日比1億6534万株増の11億1342万株。

 トランプ米政権は前日、議会での与野党協議が難航している経済対策について、総額9160億ドルの案を示した。ダウ平均は、経済対策や新型コロナウイルスのワクチンへの期待から続伸して取引を開始。ダウ平均、ナスダックとも、一時、取引時間中の最高値を更新した。

 ただ、野党民主党は、失業保険に関する提案を「受け入れられない」と反発している。共和党のマコネル上院院内総務は9日に、合意への道筋を模索していると表明したが、「いまだ隔たりは大きい」(日系証券)などとして、年内合意に向けた協議が停滞しているとの懸念が広がり、ダウ平均は下落に転じた。

 ハイテク株も高値警戒感から、売りが優勢となり、相場を押し下げた。アップルは2.1%安、マイクロソフトが2.0%安、スラック・テクノロジーズも2.2%安、セールスフォース・ドットコムも3.2%安。マイクロン・テクノロジーは2.4%安だった。

 個別銘柄では、航空やレジャー関連株が下落。アメリカン航空グループが2.7%安、ユナイテッド航空が2.1%安、ボーイングが1.9%安、カーニバルが3.7%安だった。ファイザーの1.7%安、モデルナの7.8%安も目立った。

 米連邦取引委員会(FTC)などが、反トラスト法(独占禁止法)違反で提訴したフェイスブックは1.9%下落した。

 〔東京株式〕小反落高値警戒利益確定売り 

時事通信 2020年12月10日(木)15時30分配信

 日経平均株価は前日比61円70銭安の2万6756円24銭、東証株価指数(TOPIX)は3.21ポイント安の1776.21と、ともに小反落した。前日の米国株安や高値警戒感を背景に、半導体関連などハイテク株を中心に利益確定売りが優勢だった。

 銘柄の61%が値下がりし、値上がりは34%。出来高は11億8216万株、売買代金が2兆7269億円。

 業種別株価指数(33業種)は海運業、金属製品、精密機器の下落が目立ち、上昇は情報・通信業、水産・農林業、石油・石炭製品など。

 個別銘柄は郵船、商船三井が値を下げた。SUMCOが下押し、ソニー、東エレクや日本電産、村田製も安く、HOYAは軟調。ファーストリテが甘く、エムスリー、リクルートHDはさえない。三菱UFJが弱含んだ。半面、ソフトバンクGが連日の高値追いとなる大幅高で、NTT、KDDIもしっかり。日水は締まり、国際帝石が強含んだ。任天堂が小高く、トヨタは買い優勢だった。

 ▽ 良好と言えない相場

 10日の東京株式市場で、日経平均株価は下げ幅を一時前日比200円近くまで広げた後は急速に下げ渋った。ただ、市場関係者は「相場の中身は良いとは言えない」(銀行系証券)と警戒気味だ。

 日経平均を支えたのは、経営陣による自社買収(MBO)への思惑人気などが高まり連日の急騰となったソフトバンクG。同株だけで日経平均を約150円押し上げる効果があった。しかし、東証1部の銘柄数では値下がりが値上がりを上回った。売買代金も同株を除けば低調で、「投資意欲が急回復しているわけではない」(同)。

 日経平均は200日移動平均線からの上方乖離(かいり)率が20%近辺にあり、過熱感が残っている状態。相場全般を力強く押し上げる新規の買い手掛かりが枯渇気味の中で「いつ調整局面に入っても不思議ではない」(銀行系証券)との声が上がっていた。

 225先物3月きりも軟化した。株価指数オプション取引はプット、コールともにさえない値動きだった。

 世界同時株高の今狙うべき復活バリュー銘柄 

FRIDAY DIGITAL 2020年12月2日(水)11時02分配信

 株式市場の流れが変わった。11月6日、日経平均株価は実に29年ぶりにバブル崩壊後の最高値を突破。その後も高値を更新し、ついに2万6000円台に突入した。マーケットバンク代表の岡山憲史氏が解説する。

「背景には米ファイザーが公表した新型コロナウイルスワクチンの臨床試験のデータがあります。中間結果ながら90%という有効性の高さが市場を驚かせました。これが実用化されれば、コロナ禍の終息が見えてきます。コロナで業績が落ち込み、割安な株価水準に放置されてきたバリュー銘柄の逆襲が始まるのです。

 たとえば、メガバンク株です。三菱UFJフィナンシャル・グループや三井住友フィナンシャルグループはPBR(株価純資産倍率)が0.3~0.4倍と割安で、かつ予想配当利回りは5~6%とかなり高い。さらに、中期的には株価の上昇も期待できるのでダブルのメリットがある」

 日本株は欧米に比べて出遅れてきたと経済アナリストの田嶋智太郎氏は指摘する。国内の景気回復が進めば、冷え込んでいた鉄鋼需要が持ち直すと期待する。

「日本製鉄の’21年3月期の最終損益は赤字の見通しですが、下期にかけて製造業を中心に鉄鋼需要が回復していくと見られます。実際、一時休止していた高炉2基を再稼働する予定です。鉄鋼を基軸に各種金属を扱う商社の阪和興業も’21年3月期の業績予想を上方修正しています」

 国内の不動産業も商業施設やホテルの業績不振で株が一時、叩き売られた。しかし、業績の悪化を織り込み、徐々に先行きが明るくなっている。

「オフィスビルを中心とする賃貸事業が中核のヒューリックは、たしかに先行きが見通しづらい面はあります。しかし、第3四半期の経常利益は減益ながら、通期では過去最高益の更新が続く見通しです。共働き世帯の増加や政府の子育て支援などを背景に、テナントを教育関連に特化したビル開発に乗り出す計画も伝わっており、新たな需要を取り込む施策にも注目です」(ラカンリチェルカ代表で株式アナリストの村瀬智一氏)

 株式アナリストの佐藤勝己氏は、「時価総額1000億円以上、PBR0.7倍未満、予想配当利回り3%以上、株価下落率20%以上、今期最終黒字予想」の条件でスクリーニングして、投資妙味のあるバリュー銘柄を割り出した。

「ENEOSホールディングスはPBR0.5倍でPER(株価収益率)13倍、予想配当利回り6%前後とどの指標で見ても割安なので、バリュー株の代表銘柄と言えるでしょう。国内2位の化学メーカー、住友化学はハイテク部門に力を入れており、他の化学メーカーと比べて事業バランスがよさそう。自動車向け合成樹脂を扱っているのもプラス材料です」

 新型コロナで大打撃を受けた自動車の需要も徐々に復調しつつある。株式ジャーナリストの天海源一郎氏が言う。

「自動車であればトヨタ自動車を買っておけば間違いないのですが、それでは面白みがないので、より大きな値上がりを期待できそうな銘柄として日野自動車をピックアップしました。トヨタグループの一員で、インドネシアやタイなどに生産拠点を持っていて、収益性も高い。

 自動車用照明で国内トップの小糸製作所は、トヨタ向けが中心ですが、欧米や中国、アジアなど世界各国の自動車メーカーに製品を提供しています。自動車向け鋼材を供給する世界的な特殊鋼メーカー、大同特殊鋼にも注目しています」

中国の動向を注視せよ

 世界に先駆けて新型コロナを抑え込んだように見える中国では、工業生産の高まりから機械需要が旺盛だ。

「主力の建機で中国での売り上げを伸ばしている小松製作所や、同じく工作機械が中国で人気のDMG森精機の株価はまだまだ出遅れています」(前出・田嶋氏)

 中国の景気が復活すれば、再びインバウンド需要で大阪が活性化する可能性も高いだろう。財産ネット企業調査部長の藤本誠之氏が話す。

「関西私鉄大手の阪急阪神ホールディングスはバリュー株の中心的な存在です。大阪・梅田エリアの再開発にも力を入れていますし、『梅田』を音読みすれば『バイデン』になりますからね(笑)。

 そのバイデン次期大統領の重要政策が環境対策で、関連銘柄に注目が集まる可能性もあります。ダイセキ環境ソリューションは土壌汚染の調査から浄化処理事業まで一貫して行うのが強みです」

 電気自動車(EV)に注目するのは、証券ジャーナリストの今野浩明氏だ。

「中国も環境先進国となるために、’35年までにガソリン車を撤廃し、EVとエコカーにすると掲げました。日本電産はEV向けモーターを製造するEVの大本命銘柄です。ニチコンはコンデンサメーカーで、EV用の充電器を製造しています」

 コロナ禍を追い風にする企業も存在する。グローバルリンクアドバイザーズ代表の戸松信博氏がこう話す。

「C&Fロジホールディングスはチルドと冷凍物流で全国ネットワークを展開しており、コロナ禍で成長がさらに高まると期待されています。オリックスはコロナ禍のさなかにインドの再生可能エネルギー会社大手に約1000億円を投資し、大胆な次の一手を打ちました」

 新型コロナの感染者数が日増しに増えていくのは心配だが、株式市場はコロナ後を見据えて動いているのである。

空売り投資家チャノス氏、テスラのショート縮小も解消せず

Bloomberg 2020年12月4日(金)3時49分配信

 空売り投資家ジム・チャノス氏は、米電気自動車メーカー、テスラの株式を5年間にわたり売り持ちにしている。ショートポジションの規模は縮小したものの、まだ解消してはいない。

 チャノス氏に言わせれば、ショート戦略は最初の4年間はそれほど悪くなかったが、直近1年では事情が異なる。テスラの株価は8倍余りに上昇、時価総額は5000億ドル(約51兆9000億円)を超え、S&P500種株価指数の構成銘柄で同社を上回る時価総額の企業は5社しかない。テスラは今月下旬に同指数に採用される。

 チャノス氏のヘッジファンド会社キニコス・アソシエーツはかつて、資本の5%という限度額いっぱいをテスラのショートに投じていた。

 同氏はテスラ株のショートについて、「痛手を負った。それは明らかだ」とブルームバーグテレビジョンとのインタビューで語った。

 それでもチャノス氏は、テスラの事業モデルと株価水準については懐疑的な見方だ。テスラが5四半期連続で黒字を計上できたのは自動車の販売というより、温暖化ガス排出枠(クレジット)の販売が寄与したからだと指摘。同社の株価が発表済み利益を基にした株価収益率(PER)では約900倍、今後4四半期の予想利益を基にしたPERでも150倍余りに達していることにも触れた。

「マスク氏には会ったことがない。話したこともない」と言うチャノス氏だが、実際に会うことがあれば「これまでのところはよくやった」と褒めるだろうと語った。

 テスラ空売り筋、今年の損失3.6兆円 航空業界の損失上回る 

CNN.co.jp 2020年12月5日(土)13時00分配信

 米電気自動車(EV)大手テスラの株価が大幅な上昇をみせた今年、その裏ではテスラ株を空売りする投資家が壊滅的な損失を被っている。調査会社S3パートナーズによると、テスラ株の空売り筋は年初から350億ドル(約3兆6500億円)を失った。

 S3の幹部で空売りの専門家でもあるイーホリ・ドゥサニウスキー氏は、「私が覚えている限り、これに匹敵する規模の損失は見たことがない」と指摘する。

 この損失を他業界の業績と比較すると、米航空業界は今年1~9月、計242億ドルの純損失(特別項目を除く)を計上。業界史上最悪の赤字額となった。

 一方、テスラの空売り筋は、同社の株価が46%上昇した11月だけで85億ドルの損失を出した。テスラは2008年に最初の決算を発表して以降、昨年末までの11年間で67億ドルの損失を出してきたが、空売り筋の11月の損失はこれを上回る。

 テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は空売り筋への嫌悪感を隠しておらず、この結果に留飲が下がる思いだろう。

 投資家の間では、テスラ株に対する評価が二分している様子だ。

 テスラを無限の可能性を秘めたクリーンエネルギーの雄とみる見方がある一方で、過大評価されたニッチ企業に過ぎず、まもなく規模で勝る既存の自動車メーカーに圧倒されるとみる投資家もいる。

 そのためテスラ株には空売り残高が多く、現在は全株式の約6%を空売り筋が保有している。他の時価総額の大きな企業では通常、空売り残高の割合は1~2%にとどまる。

JPモルガン専属アナリスト「テスラ株甚だしく過大評価

Bloomberg 2020年12月10日(木)3時24分配信

 米テスラの株式は「甚だしく」過大評価されており、S&P500種株価指数の採用に先駆けて買い増そうと考えている投資家は思いとどまるべきだと、JPモルガンのアナリスト、ライアン・ブリンクマン氏が9日付のリポートで記した。

 ブリンクマン氏は、テスラ株が過去2年間で800%余り上昇したと指摘。アナリストらは目標株価を約450%引き上げる一方で、2020年から24年までの利益予想を引き下げている。そうしたデータからは、「ファンダメンタルズとはかけ離れた何か(投機熱だろうか)が株価を押し上げていることが強く示唆される」と分析した。

 ブリンクマン氏はテスラの目標株価を90ドルと、従来の80ドルから引き上げた。同社が8日に発表した「アット・ザ・マーケット」オファリングプログラムを通じた最大50億ドル(約5200億円)の資金調達計画が理由だとしている。

 ブルームバーグのデータによれば、ブリンクマン氏の推奨に従った場合の過去1年間のリターンはマイナス867%。アナリストらによるテスラの目標株価は、平均で約364ドルとなっている。

 テスラ5200億円分株式売却申請、同社株価最高値更新 

TechCrunch 2020年12月9日(水)18時40分配信

 Tesla(テスラ)は株は熱いうちに(そして時価総額が膨れ上がっているときに)打てとばかりに、投資家たちが同社株価を過去最高値に引き上げた後、50億ドル(約5200億円)相当の株式を売却する申請を提出した。

 新たに発表されたこの希薄化資金調達イベントは、株価にそこそこの影響を与え、投資家がニュースを消化した時間外取引では株価が2.3%下落した。テスラの時価総額は6080億ドル(約63兆3000万円)であるため、この株式売却は会社価値の1%以下という意味だ。

 テスラはGoldman Sachs、Citi Group、Barclays、BNP Paribas、BofA、Credit Suisse、Deutsche Bank、Morgan Stanley、SG Americas SecuritiesおよびWells Fargoと交渉していると、12月8日に米国証券取引委員会に提出された書類にある。同じ書類には、テスラがこの株を「時折」「市場価格で」売却するつもりだと書かれている。テスラは、売却した株式の「総額の最大0.25%、最大1250万ドル(約13億円)の手数料」を銀行に支払うと語った。

 テスラは以前にも資金調達のために株式市場に目を向けたことがある。同社が株式売却の蛇口を開くのはこの3カ月で2度目だ。2020年9月にテスラは50億ドルの株式を「時折」売却するとSEC申請資料に書いている。

 米国の電気自動車メーカーは第3四半期を営業キャッシュフロー24億ドル(約2500億円)、フリーキャッシュフロー14億ドル(約1460億円)弱で終えた。テスラの9月四半期末の現金および現金同等物残高は145億ドル(約1兆5100億円)という巨額で、これはテスラが現在の利益を下支えするよりも市場の勢いに乗じる方を選んだことを示唆している。

 しかし、テスラがベルリンとオースチン近郊の工場など資本集約的建設プロジェクトを数多く抱えていることを忘れてはならない。営業経費も時間とともに増加している。第3四半期にテスラは、営業経費が12億5000万ドル(約1300億円)だったと報告し、前年同期の9億3000万ドル(約970億円)の34%増だった。

 Google Financeによると、テスラ株の52週間安値は67.02ドル(約6978.83円)。一方、52週間高値は648.79ドル(約6万7558.83円)で、これは米国時間12月7日に記録された価格だ。おいしいところをすくい上げる時が来たようだ。

 資産15兆円テスラCEO所得税0⃣テキサス州に移住 

Forbes JAPAN 2020年12月9日(水)16時30分配信

 テスラCEOのイーロン・マスクは12月8日、カリフォルニア州からテキサス州に移住したことを認めた。カリフォルニア州におけるテスラとスペースXのオペレーションは今後も継続するが、マスクはカリフォルニア州の新型コロナウイルスの感染拡大防止策に反発していた。

 マスクは、8日のウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)のCEOサミットで、転居について尋ねられると、自身が抱える2つの巨大プロジェクトが今はテキサスで進んでいると述べ、テスラやスペースXがそこに拠点を置いていると述べた。

 彼は、移住した事を認める前は、自動車メーカーや航空宇宙関連の企業の多くが、カリフォルニア州から離れつつある中でも、「テスラとスペースXは、カリフォルニア州で巨大なオペレーションを実施中だ」と述べていた。

 マスクは、カリフォルニア州はシリコンバレーのスタートアップの成功を当然のことと考え、その地位に甘んじていると述べた。さらに、当局はイノベーターたちがやることに口をはさむべきではないと話した。

 マスクが移住するとの憶測は、以前から囁かれていた。CNBCは先週、マスクと親しい人物の証言として、彼がテキサスに移住を検討中だと伝えていた。さらに、ブルームバーグもマスクが彼の財団をテキサスに移したと報じていた。

 今年5月にマスクは、カリフォルニア州のアラメダ郡を相手取った訴訟を起こし、テスラの工場の稼働を制限するのなら、会社を州外に移転させると述べていた。

 フォーブスの試算でマスクの保有資産は現在、1447億ドル(約15兆円)に達している。カリフォルニア州の個人所得税の税率は最高13.3%となっているが、テキサス州は個人の所得税を徴収しないことで知られている。

 

2020年12月 7日 (月)

【デジタル庁】菅首相「『来年秋ごろ』始動✍目指し進行中」

 菅義偉首相会見デジタル庁来秋始動作業 

産経新聞 2020年12月4日(金)18時21分配信

 菅義偉首相は4日午後、記者会見に臨み、「ポスト第5世代(5G)移動通信システム、いわゆる6Gの技術も世界をリードできるように政府が先頭に立って研究開発を行う。デジタル庁は来年秋の始動を目指して急ピッチで作業進めている」と述べた。

高橋参与公共放送に見合うNHK受信料せいぜい月300円

マネーポストWEB 2020年12月7日(月)7時00分配信/高橋洋一(内閣官房参与)

 NHKが受信料の徴収をさらに強化する方針だという。総務省の有識者会議(公共放送の在り方に関する検討分科会)は11月19日、テレビを持っているのに受信契約に応じない世帯に「割増金」、いわば“罰金”を課す方針を打ち出した。来年1月の通常国会に提出する放送法改正案に盛り込む方針だ。

 受信料徴収に対する国民の不満も高まっているが、そうしたなか、菅義偉首相のブレーンが、大胆なNHK改革案をブチ上げた。内閣官房参与に起用された高橋洋一・嘉悦大学教授だ。

 高橋氏がNHK改革の具体策としてまず挙げるのが、教育放送「Eテレ」のチャンネル売却だ。視聴率の低いEテレが占有していたチャンネル(周波数帯)を売却して携帯(通信)用に利用すれば、通話だけではなく多種多様の映像コンテンツを同時に配信できるというプランだ。

 そして、Eテレ売却の先にあるのが、BSの分離・民営化だ。NHKは地上波のほか、「BSプレミアム」「BS1」「BS4K」「BS8K」の4つの衛星チャンネルを持ち、月額2220円のBS受信料を取っている。

「NHKは地上波もBSもすべての番組が公共放送だという前提で受信料を取っている。しかし公共経済学では、ある分野での公費支出が正当化されるかどうかの基準は、一般的に『国民の納得、了解があるか』で判断される。

 NHKのドラマ、スポーツ中継、音楽、ワイドショーから、ドキュメンタリーやニュースなど民放が商業放送しているような番組まで、受信料というかたちで公費を支出することに国民が納得しているとは思えない。

 とくにBS放送は音楽やスポーツなどエンタメばかりで、コンテンツも地上波と重複しているのに別に受信料を取っている。これは受信料の二重取りに近い。BSはNHK本体から分割・民営化して独立採算の商業放送にすべきです。英国の公共放送BBCも国際ニュースとドキュメンタリーの専門局を別会社にして商業放送化している」(高橋氏)

 BSを民営化すれば残るのは「NHK総合」の地上波1チャンネルとラジオだけになる。

「NHKの番組で真の公共放送と呼べるのは災害情報と選挙の政見放送くらい。公共放送分に見合う受信料はせいぜい月額200~300円でしょう。その金額なら国民も納得できる。足りない財源は、総合テレビも公共放送分野と商業分野を分離し、放送法を改正して娯楽番組にCMを流せるようにすることで賄えばいい。

 NHKは受信料にしがみつこうとしているが、むしろ受信料依存から脱することで生き残る道が拓ける。通信で番組を提供すれば設備投資のコストが減り、経営をスリム化しやすくなる。しかも、NHKはアーカイブスなど価値が高い豊富なコンテンツ資産を持っているから、映像コンテンツの販売をビジネスの一つの柱にすることが可能だ。

 Eテレ売却から始まる改革は、国民には受信料を大きく引き下げるメリットがあり、NHKもスリム化で必要な投資が減る。そうした前向きの改革を促すきっかけになるはずです」(高橋氏)

 実は、菅首相は総務大臣時代、「受信料2割値下げ」を要求してNHKにバトルを挑み、一敗地にまみれた経験がある。以来、ひそかに受信料値下げとNHK改革を狙っているという見方がある。

 高橋氏は内閣官房参与として腹案を菅首相に提案したのだろうか。

「菅さんがどう思うか知らないよ。Eテレ売却なんて聞いたら、菅さんに呼び出されて、“高橋さん、スゴイこと言ってるね”と言われるかもしれないが、NHK改革の要点は、地上波の周波数帯を通信に移すということ。

 菅内閣の政策であるデジタル庁をつくって電子政府にしたとき、通信の周波数帯を増やしておかないと、そこでスタック(回線が動かなくなる)してしまう。この改革は携帯料金値下げにもつながるし、理屈は通っている」

 果たして、菅首相はNHKの膨張に大ナタを振るい、受信料を下げることができるのだろうか。

 高橋参与Eテレ売却論”に反対の声「受信料はEテレの為」 

HUFFPOST 2020年12月3日(木)19時41分配信

 菅義偉首相のブレーンがNHK改革の一環として、Eテレを民間に売却することを訴えている。しかし、SNS上では茂木健一郎氏や堀潤さんら著名人も含めて反対する続出。12月3日午後には「#Eテレのために受信料払ってる」というハッシュタグが日本のTwitterトレンドで上位に入る事態になった。

高橋洋一氏のEテレ売却論とは?

「Eテレ売却」を主張しているのは、菅政権の内閣官房参与に起用された高橋洋一・嘉悦大学教授だ。

 高橋氏は11月30日に「現代ビジネス」に寄稿したコラムの中で、Eテレの周波数帯を売却して携帯電話の通信に利用すれば「通話だけではなく、多種多類の映像コンテンツを同時に配信できる」と主張した。国民に対しても「受信料を大きく引き下げるメリット」があるという。

 これまで「全国でみると、コンテンツのいい教育放送を地上波しか利用できない地域はなくはなかった」と必要性は認めた上で、小中学生に1人1台の情報端末を配る政府の「GIGAスクール構想」で状況は変わってきているという。Eテレには質の良い番組も多いが、それは「ネット配信に回せば良い」とした。

 さらに12月3日、高橋氏は「マネーポスト」の記事に掲載されたインタビューの中で、「NHKが経営資源を無駄にしているのがEテレです」として同様の主張をした。記事タイトルには「Eテレ売却で受信料は半額にできる」の文字が躍った。

著名人からEテレ売却に反発する声が相次ぐ

 このマネーポストの記事が3日にSNS上で話題となった。@jptrendによると、「Eテレ売却」が午前中から正午にかけて日本のTwitterトレンドの1位になった。SNS上では売却に反対する声が多く見られた。

 著名人のTwitterをみると、脳科学者の茂木健一郎さんはEテレ売却を「間違った方向」とした上で、「むしろチャンネルを確保して番組の多様性を増やすべき」と提言した。

 また、元NHKアナウンサーでジャーナリストの堀潤さんは「最も公共放送らしいEテレ売却なんて馬鹿げてる」と非難した。

 日本文学研究者のロバート キャンベルさんも「体のいい取り潰し案にわたくしは反対」とした上で「Eテレは、色んな年齢や状況の人々に文化へのアクセスを提供する大切なインフラ。視聴率だけでは評価などできません」と訴えた。

#Eテレのために受信料払ってるがトレンド入り

 こうした中で、午後5時ごろから日本のTwitterトレンドで2位に入ったのが「#Eテレのために受信料払ってる」というハッシュタグだった。以下のような、Eテレ売却に反発する声が集まっている。


「わざわざ受信料払ってるのは本当にEテレのため」

「Eテレが本体くらいに思ってる」

「子育て世代を敵に回すのは、やめてください」

「Eテレがあるおかげで育児が助かってるし、私の癒しでもある。これが今の形と違って放送されたりしたら、もうテレビを捨てる」

「広告なしで良質なコンテンツをこれでもか!って見せてくれる。それもスマホやPCにアクセスが難しい子どもでも“2”押すだけで観れるんだよ」

「もし、ネット配信にしたら、こどもはスマホで良質コンテンツよりYouTubeをみてしまう」

「大地震でどこの局も特番の時に、Eテレだけはいつもの時間に『おかあさんといっしょ』の“ぼよよん行進曲”が流れて、子供たちがその日常感で落ち着いた」

「PTSDを持った被虐待児の前で安心して流せるチャンネルはここだけだと思う」

 Eテレ売却論を“番組全廃止”に摩り替える、マスコミの常套手段 

現代ビジネス 2020年12月7日(月)6時01分配信

さまざまな反論を受けて

 11月末、筆者は先週の本コラムのほか、週刊誌のインタビューに応じて、NHK改革私案を出した。これは、本コラムに書いたように、最近の文科省による「GIGAスクール構想」に応じて、従来からNHK改革をアップデートし、Eテレ周波数の売却を軸にしたものだ。

 12月1日、総務省は、受信料見直し、NHKがいうBSとラジオの波数整理、子会社業務の見直しやガバナンス(企業統治)改革などの意見書を国会に提出した。

 高市早苗前総務大臣は、NHKの持つ波数を整理し、NHKのスリム化、受信料引き下げに持っていくという改革案を出している。高市氏が総務大臣を辞めてから、その発言は増えている。なお、高市氏の在任中に出されたNHKの令和3-5年度の次期経営計画案には、受信料引き下げは盛り込まれなかった。

 総務省による意見書の国会提出にあわせて、1日のネット番組で、改めて波数整理対象としてEテレという筆者の私案を紹介したところ、ネットで反響が出て、ツイッターで筆者の名前がトレンド入りした。

 3日の前田NHK会長の記者会見では、「その雑誌を見ていないので、申し訳ないが、わからない」としつつ、「教育テレビはNHKらしさの一つの象徴だと思う。それを資産売却すればいいという話には全くならないと思う」と反論した。

 朝日新聞は、この反論とともに、「Eテレが最も公共放送として能力を発揮している」「子育てで何度も助けられたから(売却論は)信じられない」とのネット上の意見を引用し、筆者の私案を否定的に紹介した。

 4日の夜、テレビ朝日系ネット番組に出演し、NHK出身の堀潤氏らとも対論した。

堀潤氏は、3日のツイッターで「最も公共放送らしいEテレ売却なんて馬鹿げてる」と前田会長の反論と同趣旨を書いていた。4日は、そうした議論ではなく、「なぜNHKだけなのか」「電波周波数オークションは賛成で、民放も含めて議論すべき」と語った。

GIGAスクール構想と矛盾しはじめた

 筆者は、15年ほど前に総務大臣補佐官として総務省勤務があり、そのときNHK改革を経験している。当時と周囲の反応がまったく同じなのは驚く。

 まず、筆者は週刊誌のインタビューを受けているが、その前後に本コラムを含めてネット上で一次情報も出している。それらの中で、Eテレの売却とは、Eテレの周波数帯の売却であり、Eテレの番組制作コンテンツの売却ではないとはっきり書いている。

 その上で、Eテレ周波数帯を通信として売却しても、Eテレの番組をインターネットで提供でき、これは、文科省が進めるインターネットを活用した「GIGAスクール」と整合的になる。

 NHK改革は、まず波数の整理から入る。これは、高市氏の改革案でも同じであるが、高市氏の場合には波数整理がシャビーだったので、その後のNHKの本格的なスリム化につながっていないのが難点だ。

 なぜシャビーなのかというと、波数整理対象の中に地上波のEテレが含まれていないからだ。これまでEテレの帯域の話はまったく出てこなかったわけではないが、全国で地上波による教育放送が見られなくなるのとまずいと、NHK側に反論されると再反論できにくかった。

 ところが、今回のコロナで、文科省が「GIGAスクール構想」を主張しはじめており、それを前提とすると、従来のNHKの反論の根拠が崩れたと言える。構想どおり、児童ひとりに1台端末が配布されれば、ネット配信になっても不公平感は少ない。

 高市氏は、それなりに頑張ったのだと思うが、改革案の中には、「GIGAスクール構想」との関係は出てこない。コロナ以前、「GIGAスクール構想」以前の前提なのだろう。その意味で、コロナ後の世界で、NHK改革を考えると、Eテレの周波数帯の売却は自然に導かれる改革だ。

NHKは変われるのか

 というのは、NHKは、地上波で2波(総合、Eテレ)、衛星で4波(BS1、BSプレミアム、BS4K、BS8K)、ラジオで3波(AM第1、AM第2、FM)もある。

 15年前も似たような状況であったが、波数の整理をNHK改革反対者は酷く嫌う。そのため、周波数帯の売却と番組制作コンテンツの売却を意図的に混同した反論をする。

 前田会長も堀潤氏も同じだった。前田会長や堀潤氏が筆者の意図を理解できないはずはない。もっとも、前田会長は元資料を読んでいないと言っていたが、この反論が「NHKの作法通り」だとすれば、そもそもNHK改革は無理だろう。

 そもそも、一般の人は、電波や周波数なんて興味がない。Eテレの周波数帯を売却して携帯電話で使う、と発言してもピンとこない人も多いかもしれない。つまり、NHK関係者の使う、「Eテレは必要だ」という反論は、一般の人を混乱させるのにうってつけの論法なのだ。

 朝日新聞が引用していた一般人のネット上のコメントも、多くは周波数帯と番組制作コンテンツを混同したものだ。先週の本コラムを読めば、筆者がEテレのコンテンツを評価し、それを地上波ではなくネットで流せばいいといっているのがわかるはずだ。

ネット販売の2号店という位置付けはどうか

 この種の議論では、売るのは周波数帯であって、番組制作コンテンツ等ではないというと、NHKは、「なぜ民放をやらないのか」とくる。15年前も同じだったが、今回もまったく同じだ。

 繰り返しになるが、まずNHKから手を付けるべきなのは、NHKのみが地上波を2つ持っており、そのうち1つでも帯域を携帯に割り当てれば、携帯電話の料金値下げも期待できるからだ。

 ある地上波の番組で、「NHKは1号店と2号店をもっているが、2号店ではネット販売という案。2号店の実店舗の場所は携帯会社が使うので、携帯会社の値下げになる」と例えた。実を言うと、この例えはある頭のいい芸人さんからヒントを得たものだ。

 番組では時間切れだったが、例えをさらに続けると、以下の通りである。

 2号店はネット販売を続けるが、場所は立ち退くので、NHKに立ち退き料も入ってくる。これで、NHKのスリム化ひいては受信料値下げ、しかも2号店のネット販売で教育効果アップ、携帯会社も業務拡大で携帯料金値下げ、それで国民もハッピーだ、と。

 菅首相「デジタル化環境投資に2兆円基金創設」臨時国会事実上閉幕 

THE PAGE 2020年12月5日(土)10時47分配信

 菅義偉(よしひで)首相は4日夕、官邸で記者会見を行った。

     ◇     ◇

極めて警戒すべき状況が続く

司会:ただ今より菅内閣総理大臣の記者会見を行います。初めに菅総理からご発言がございます。その後、皆さまから質問をいただきます。それでは総理、よろしくお願いいたします。

菅内閣として初めて臨んだ臨時国会があす閉会をします。現在、新型コロナウイルスの新規感染者数や重症者数が過去最多となり、極めて警戒すべき状況が続いています。すでに先週から重症者向けの病床が逼迫し始めており、強い危機感を持って対応しています。コロナウイルスとの戦いの最前線に立ち続ける医療、介護の現場の皆さんの献身的なご尽力に深い敬意とともに心から感謝を申し上げる次第でございます。

 これまでも申し上げていますように、国民の命と暮らしを守る、それが政府としての最大の責務です。新型コロナの分科会が感染リスクの高い場面として指摘するのが飲食です。お店の時間短縮は極めて重要と考えております。短期集中の対策として先週末から各地で時間短縮要請が行われており、協力いただいた全ての店舗に対して、国としてもしっかりと支援をしてまいります。

 Go To Eatについては新規発行の停止、人数制限などを要請し、Go To トラベルについては一時的に札幌市、大阪市に向けた旅行は対象外とし、これらの地域からの旅行、また東京都の高齢者、基礎疾患をお持ちの方々については利用を控えるように呼び掛けをいたしております。空きベッドに対する収入保障をはじめ、医療機関、高齢者施設などのコロナ対策について最大限の支援を行います。

 これまでの経験を踏まえ、検査や感染者への対応を行う保健所、軽症者のホテル、重症者用の病床、それぞれについてさらに体制を整えてまいります。各地の保健所に派遣する専門医、これまでの倍の1200名確保いたしております。この国会ではワクチンの無料接種のための法案が設立をしました。ワクチンについては国内外において治験が複数進められており、すでに最終段階に到達しているものもあります。安全性、有効性を最優先としつつ、承認されたワクチンを直ちに必要な方に接種できるよう、事前の準備に万全を尽くしております。

基本的な感染対策の徹底を

 これから年末、また年始を迎えます。高齢者はもちろんのこと、若者をはじめ国民の皆さまにおかれては、科学的にも効果が立証されているマスクの着用、手洗い、3密の回避といった基本的な感染対策を徹底していただくよう、あらためてお願いを申し上げます。

 国民の命と暮らしを守る、そのために雇用を維持し、事業を継続し、経済を回復させ、あらたな成長の突破口を切り開くべく、来週早々には経済対策を決定します。雇用調整助成金はパートや非正規の方々も含めて日額1万5000円の助成を行っており、こうした特例の延長に必要な予算を手当ていたします。さらに公庫による最大4000万円の無利子・無担保融資も来年前半まで今の仕組みを続けます。手元資金に困っている方々のための緊急小口資金については3月以来、約5000億円が利用されており、所得の減少が続いている場合には返済も免除しておりますが、これらの措置の延長も行います。

 さらに緊急的な手当てとして、一人親世帯については来週予備費の使用決定をし、所得が低い世帯は1世帯5万円。さらに2人目以降の子供については3万円ずつの支給を年内をめどに行います。各自治体の事業者の支援など独自の事業に加え、営業時間短縮を要請した場合の、いわゆる協力金を国として支援するために、地方創生臨時交付金を1.5兆円確保します。これらの措置によって、現在の厳しい状況をなんとか乗り越えていただき、経済回復の足がかりとしたい。このように思います。

必要なのはポストコロナにおける成長の源泉

 その上でわが国に必要なものはポストコロナにおける成長の源泉です。その軸となるのがグリーン、デジタルです。8年近くにわたるアベノミクスによって日本経済は最悪の状態を脱し、もはやデフレではない状況をつくり出し、人口減少の中で雇用者数を増やし、観光や農業の改革は地方経済に大きく貢献をしました。私が所信表明演説で申し上げた2050年カーボンニュートラルはわが国は世界の流れに追い付き、一歩先んじるためにどうしても実現をしなければならない目標であります。環境対応がもはや経済成長の制約ではありません。むしろわが国の企業が将来に向けた投資を促し、生産性を向上させるとともに、経済社会全体の変革を後押しし、大きな成長を生み出すものであります。

 こうした環境と成長の好循環に向けて発想の転換を行うために、今回の経済対策ではまずは政府が環境投資で一歩大きく踏み込みます。過去に例のない2兆円の基金を創設し、野心的なイノベーションに挑戦する企業を今後10年間継続して支援をしていきます。無尽蔵にある水素を新たな電源として位置づけ、大規模で低コストな水素製造装置を実現します。水素飛行機や水素の運搬船も開発します。脱炭素の鍵となる【電化 00:16:05】にどうしても必要なのが蓄電池です。電気自動車や再生可能エネルギーの普及に必要な低コストの蓄電池を開発します。

 排出した二酸化炭素もいわゆるカーボンリサイクルの技術を使って、プラスチックや燃料として再利用します。これらを政府が率先して支援することで民間投資を後押しし、240兆円の現預金の活用を促し、ひいては300兆円ともいわれる世界中の環境関連の投資資金をわが国に呼び込み、雇用と成長を生み出します。また自動車から排出されるCO2をゼロにすることを目指し、このため電気自動車などを最大限導入していくための制度や規制を構築します。

     ◇     ◇

マイナポイントの期限を半年間延長

デジタル化にも、かつて指摘された課題を一挙に解決します。マイナンバーカードの普及のため、カードを年度末までに申請していただいた方には、マイナポイントの期限を半年間延長します。カードと保険証の一体化を来年3月にスタートし、5年後までには運転免許証との一体により、更新時の講習や書類の提出がオンラインでできるようになります。今回の経済対策で、これらを一挙に措置をします。

 5Gを強化した、いわゆるポスト5G、さらには次世代の技術である、いわゆる6Gの技術についても次の技術で世界をリードできるよう、政府が先頭に立って研究開発を行います。今回の経済対策では、これらを含めたデジタル関係で約1兆円を超える規模を確保します。デジタル化の司令塔となるデジタル庁は、来年秋の始動を目指して現在、急ピッチで作業を進めています。情報システムの関係の予算を一元的に所管し、各省庁に対して勧告是正ができる強い権限を持たせます。民間から100名規模の高度な専門人材を迎え、官民を行き来しながら、キャリアアップできるモデルをつくります

 いまだ新型コロナウイルスの感染が続く中で、今大事なのは安心感、そして将来への希望です。当面は何が起きても対応できるように、十分な額の予備費を確保します。これらの措置により国民生活の安心を確保し、将来の成長の基盤を作ります。

さまざまな外交課題に全力で取り組む

 先月中旬から下旬にかけて出席したASEAN関連、APEC、G20といった、一連の首脳会議においてもグリーンとデジタルが私の政権の最優先課題であることを積極的に発信いたしました。同時に世界的なパワーバランスの変化により、国際秩序の在り方が大きく影響を受ける中、基本的価値と、法の支配に根ざした、自由で開かれたインド太平洋を実現していくことの決意を重ねて強調し、関係諸国との間で具体的な協力を進めることで一致をいたしています。

 特に今国会で承認をいただいた英国との包括経済連携協定、さらには先月に中国、韓国を含む15カ国が署名したRCEPも重要な成果であると思います。これらの協定、また来年、わが国が議長国となるTPP11の着実な実施と拡大に努め、自由で公正なルールに基づく経済圏のさらなる進展を目指してまいります。

 先月中旬には政権発足後、初めての外国首脳の訪日として、豪州のモリソン首相をお迎えしました。同首相との間では、自由で開かれたインド太平洋の実現という共通目標を確認した上で、経済分野での協力に加え、安全保障、防衛協力、新たな次元に引き上げる日豪円滑化協定の大枠合意に至ることができました。首脳間の個人的な信頼関係を深めるとともに、日豪の特別な戦略的パートナーシップを大きく進展させることができました。

 また、米国のバイデン次期大統領との初めての電話会談では、日米安全保障条約第5条の尖閣諸島への適用、日米同盟の強化、自由で開かれたインド太平洋の実現に向けた協力を確認し、大変意義のあるやりとりができました。

 これらの一連の首脳外交では、政権の最重要課題である拉致問題の解決に向けた協力も要請し、数多くの首脳から理解と協力の意向を示していただきました。コロナ対応の中に高まった自国中心主義や、内向き思考などとも相まって、これまで以上に予見しにくい国際情勢であるからこそ、わが国としては多国間主義を重視しており、国際社会の団結と具体的な協力を主導していく決意であります。

 そして人類が団結してウイルスに勝った証として、来年、東京オリンピック・パラリンピックを開催する、私の強い決意についても、各国首脳から共感と支持をいただきました。これからも首脳外交を積極的に展開しながら、国際社会に対して、わが国の立場をしっかりと発信していくとともに、さまざまな外交課題に全力で取り組んでまいります。

不妊治療は男性も対象に

 所信表明演説では、これまでお約束した改革についてはできるものからすぐ着手し、結果を出して成果を実感していただきたい。このように申し上げました。不妊治療については保険適用を2022年度からスタートし、男性の不妊も対象にしたいと考えます。それまでの間は助成制度の所得制限を撤廃した上で、助成額の上限を2回目以降も今までの倍の一律30万円で6回まで、2人目以降の子供も同様といたします。これらを来年すぐに実施できるよう、補正予算に盛り込みます。不育症の検査や、がん治療に伴う不妊についても新たな支援を行います。

 2年前に携帯電話については4割は下げられる。講演で申し上げました。国民の財産である電波の提供を受けながら、大手3社が9割の寡占状態を長年維持し、世界的に見ても高い料金、不透明な料金体系、しかも20%もの営業利益を上げ続けている。このような、国民として当たり前の感覚からすれば大きく懸け離れている事実に問題意識を持ってきました。今回、大手のうちの1社が大容量プランについて、20ギガで2980円という料金プランをメインブランドの中で実現するとの発表がありました。本格的な競争に向けて1つの節目を迎えたと思います。本当の改革はこれからです。個々人の料金負担が本当に下がっているのか、サブブランドに移行する場合の手数料など、残された障害がないか、見ていきながら必要に応じてさらなる対応を取っていきたいと思います。

 菅内閣において重要なのは、変化に対応するスピードと国民目線の改革です。まずは新型コロナウイルスをなんとしても乗り越え、経済を回復させていきます。国民のため働く内閣として全力で取り組んでまいります。私からは以上であります。

特措法改正案を来年の通常国会に提出する考えは

司会:それでは、これから皆さまからご質問いただきます。最初は慣例に従いまして幹事社2社から質問をいただきますので、指名を受けられました方は近くのスタンドマイクにお進みいただきまして、所属とお名前を明らかにしていただいた上で質問をお願いいたします。それでは幹事社の方、どうぞ。まずTBS、後藤さん、お願いします。

TBSテレビ:幹事社、TBSテレビの後藤と申します。よろしくお願いします。総理は今、会見でも、今、大事なのは安心と将来への希望とおっしゃいました。それに関わるテーマについてお尋ねします。Go To トラベル事業についてなんですけれども、感染の拡大に伴い事業継続に対してリスクを指摘する声が上がっています。政府は現在、感染状況のステージの判断を各都道府県の知事に委ね、その判断に基づいて最終的に政府が運用の見直しなどについて決定すると説明しています。今後、より迅速な対応を行うためにも、政府が感染状況の判断等も含め、より主体的に関わるよう意思決定のプロセスを見直すお考えはありませんか。

 またそれに関連してさらに、政府ですとか自治体の権限や責任をより明確にするため、また休業要請する際の財政補償などをより明確にすることなどの目的の観点から、新型コロナウイルスの特措法改正案を来年の通常国会に提出する、そういったお考えはありませんか。以上です。

まずGo To トラベルの見直しですけれども、地域の感染状況を踏まえて、各都道府県知事の意見を伺いながら国が最終的に判断する、このようになっています。今回の11月21日にコロナ対策本部でGo To トラベルの運用見直しを決定して、そののちに札幌、大阪市において到着分を対象外とした対応をいたしました。また、27日から出発便についても控えていただくよう呼び掛けることにしました。

 また先般は東京都知事からの要請を受けまして、東京都の到着、出発、両方について高齢者の方や基礎疾患をお持ちの方のご利用を控えさせていただいた。こうしたことを今、呼びかけを行ったところです。

 特措法の見直しでありますけども、新型コロナの分科会において強制力を伴う措置を認めるかどうか、これについては罰則を含めて規制強化すべきという意見だとか、あるいは私権を制限すべきではない、慎重なご意見もありました。じっくり腰を据えた議論が必要だということでありましたけれども、今後はこれまでの知見を参考にし、事業者や個人の権利に十分配慮しつつ、感染防止、拡大防止、どのような法的措置が必要なのかという点について、分科会でご議論いただく中で、政府として必要な見直しは迅速に行っていきたいと、こういうふうに思います。

学術会議は政府から独立した組織にすべきか

司会:それでは幹事社の方、もう1社どうぞ。毎日さん、お願いします。

毎日新聞:毎日新聞の【オイタ 00:22:18】と申します、よろしくお願いします。総理の説明責任に関連してお伺いしたいと思います。日本学術会議の会員6名を任命されなかった問題を巡って、今国会でも説明不足を指摘する声が相次いでいました。会員任命後、国内で総理が記者会見されるのは今日が初めてとなりますので、6人を任命しなかった理由と今後の対応、また、6人の方は具体的にどのような活動が認められれば、将来的に任命される可能性があるのかご説明いただけますでしょうか。

 また、学術会議の在り方の見直しについて、政府から独立した組織にすべきとお考えでしょうか。いつまでに結論を出し、いつから適用するお考えかお聞かせください。また、その説明責任の関連で、説明不足を指摘する声は「桜を見る会」の前夜祭で安倍前総理側が費用負担していた問題に対しても強まっています。

 検察は前総理を聴取する方針で、安倍前総理も今日、聴取があれば応じる考えをお示しになりましたが、当時の官房長官として前総理本人を含めて、事実関係を確認した上で国民にご説明するお考えはありますでしょうか。総理は過去の国会答弁については、当然をした責任は私にあり、事実が違った場合は対応すると今国会で答弁されました。誰の、どういった判断を基に事実と異なるかどうかをご確認されて、具体的にどのような対応を取るお考えでしょうか。ご説明ください。

任命権者として適切な判断を行った

まず私の会見の話でありますけども、日本学術会議の任命について、国会で何回となく質問を受けて、そこは丁寧にお答えをさせていただいています。学術会議法にのっとって、学術会議に求められる役割も踏まえて、任命権者として適切な判断を行ったものです。

 また憲法第15条に基づいて、必ず推薦をされたとおりに任命しなければならないわけではないというようについては、これは内閣法制局の了解を得た政府としての一貫した考え方であります。そして、いずれにしろ会員の皆さんを任命しますと公務員になるわけであります。公務員と同様でありますので、その理由については、やはり人事に関することでお答えを差し控えさせていただく。ぜひこのことはご理解をいただきたいというふうに思います。

 また一連の手続きは終わっておりますので、新たに任命を行う場合には、学術会議から推薦をいただくという必要があるというふうに思います。また私、梶田会長とお会いして、今後は学術会議として国民から理解をされる存在としてより良いものをつくっていきたい、こういうことで合意しました。

 そして今後、どのように行っていくかについては井上担当大臣の下で、梶田会長をはじめ学術会議の皆さんとコミュニケーションを取って議論をしているところであります。その方向性というのは、その議論の中で出てくるだろうと思います。

 また「桜を見る会」の中で参議院予算委員会において私の答弁がありました。私は国会で答弁したことについて責任を持つことは当然である、そういう意味合いで私自身申し上げたことであります。また、安倍前総理の関係団体の行事に関する私のこれまでの答弁については、安倍前総理が国会で答弁されたこと、あるいは必要があれば私自身が安倍前総理に確認をしながら答弁を行ってきた、そういうことであります。

司会:それではこれから幹事社以外の方からご質問いただきます。質問を希望される方、意思表示は声でなく、挙手でお願いいたします。私が指名いたしますので、近くのマイクにお進みいただいて、所属とお名前を明らかにした上でご質問をお願いします。希望される方、多いと思います。できるだけ、といいますか必ずお一方1問でお願いをしたいと思います。それではご希望の方、挙手をお願いいたします。それでは、時事の【オオツカ 00:25:59】さん。

ワクチン接種はいつから始めるのか

時事通信:時事通信のオオツカです。新型コロナウイルスのワクチンについてお伺いします。ワクチンの接種については、いつごろから始めるような目標でしょうか。また、総理ご自身は接種されるご予定はありますでしょうか。

まずワクチンについては、安全性だとか有効性を最優先とすることがこれは大前提だと思います。すでに先ほど申し上げましたように、国内でも治験が行われておりますが、今後こうした治験のデータ、これを最新の科学的知見に基づいてしっかり審査した上で、承認したものについて全額、国の負担で接種を行わさせていただきます。

 必要な方に、直ちにそうしたワクチンが接種できるように、いろんな準備や自治体における迅速な体制というのに今、準備をしているところであります。また具体的な接種の時期についてでありますけれども安全性、有効性を、これをしっかり確認した上でありますので、現時点において政府のほうから予断をもってその時期を明確にすることは控えたいと思います。

 また私のことでありますけども、最初、医療関係者とか、そうしたいろいろな準備が、高齢者だとか、これからそうした順番を決めるわけであります。そういう中で自分に順番が回ってきたら接種したいと思います。

司会:それでは次、じゃあNHK、長内さん。

カーボンニュートラル、国民の理解を得るには?

NHK:NHKの長内と申します。2050年、カーボンニュートラルについてお伺いします。先ほど総理、2兆円の基金にも言及されましたが技術革新、非常に大事だと思いますけれども、やはりいろいろハードルがある中で何より国民の理解、協力というのが一番大事なんではないかと思います。国民が具体的にイメージしやすいようにするためにも、どのように理解を得ていくお考えでしょうか。

2050年、カーボンニュートラルを実現するために、環境への投資を飛躍的に増やして、先ほど申し上げましたように、世界最先端のイノベーションを生み出すべく2兆円の基金を今回、創設する予定です。わが国の産業構造だとかあるいは経済社会変革発展につなげていく。このことを実行に移すにはやはり国民の皆さんの理解、今の質問にありましたように、必要だというふうに思っています。

 さまざまな世代や分野の方に参画をして意見交換をする会議や、あるいは国と自治体の間で議論を行う会議、こうしたものを早期に開催をし、先進的な取り組みを広げていきたいというふうに思います。

 こうした会議も含めて今後、さまざま広報活動を行いながら2050年カーボンニュートラル、これに向けた理解を促すと同時に機運向上に取り組んでいきたい。全国的な地方の市町村を巻き込んだ、そうした会議も開きたい。こういうふうに思っています。

司会:それでは次の質問にいきたいと思います。では産経、杉本さん。

防衛費を増額する考えは

産経新聞:産経新聞の杉本と申します。よろしくお願いいたします。安全保障の政策についてお伺いいたします。臨時国会が終わりますと、令和3年度予選編成に向けて動きが本格化すると思うんですけれども、政府はこれまで防衛費は8年連続で増額をしております。一方で新型コロナウイルスの対策等で、財政状況は非常に厳しい状況にありますけれども、総理は現在の安全保障環境は、厳しさを増しているという認識を示されております。総理として今度の予算で、また増額をするというお考えはございますでしょうか。

 関連しまして、安倍内閣では敵基地攻撃能力を含むミサイル阻止について年内までにあるべき方策を示すという談話を出しております。この年内の結論というのがもう厳しいんじゃないかという観測もありますけれども、敵基地攻撃能力を持つのか持たないのか、この結論をいつまでに出したいというふうに総理としてはお考えになっていますでしょうか。よろしくお願いします。

まず来年度の防衛費でありますけども、中期防を踏まえて現在、政府内において今検討中でありますけれども、厳しさを増す安全保障環境の下で、国民の命と平和な暮らしを守る、そのために必要な防衛力の整備、これは着実に推進をしていきたい、このように思います。

 そして抑止力強化の在り方であります。これについては国家安全保障会議での議論を踏まえて引き続き検討して、調整をしていきたいというふうに思います。現時点において、その検討について、予断をもって答弁させていただくことは控えさせていただきたい。このように思います。

司会:それでは次のご質問にいきたいと思います。外国プレスの方からもご質問いただきたいと思いますので、ロイターさんお願いします。

第3次補正予算の規模感は

ロイター:ロイター通信の竹中です。来週の経済対策の規模と、その裏付けとなる第3次の補正の規模感についてなんですが、この時点での総理のお考えをお伺いできますでしょうか。

冒頭申し上げましたように、新型コロナ対策としての医療機関などの支援、雇用調整金や企業の資金繰りなどの支援、さらに雇用と事業の支援、地方向け交付金1.5兆円、グリーン投資の基金2兆円、デジタルで1兆円を予定しております。そして、当面何が起きるか分からない状況でありますので、予備費、これもしっかり確保したいと思ってます。

 こうした措置によって、当面のコロナ対策に万全を尽くし、国民生活の安全・安心をしっかり守っていきたい。このように思います。現在、総額も含めて政府内で検討していますので、来週には閣議決定をしたいというふうに思ってます。いずれにしろ今、最終段階でありますので、この場でお答えすることは控えたいと思います。

司会:それでは次の質問にいきたいと思いますが。それでは日経の【スギタ 00:35:04】さん。

     ◇     ◇

75歳以上の医療費負担、先送り圧力にどう対応する?

日本経済新聞:よろしくお願いします。75歳以上の医療費負担についてお伺いいたします。総理は目指す社会像としまして自助・共助・公助を掲げておられます。一定の収入のある高齢者の負担を2割とし、負担を分かち合う改革はこの理念と整合的であるように思います。与党からは先送りの圧力や対象者をより限定するよう求める声が上がりますが、これに対してどのように対応されますでしょうか。

少子高齢者社会が急速に進み、2022年には団塊の世代が後期高齢者になるわけであります。その分、当然、現役の世代の皆さんの負担も増えてくるわけでありますから、そうしたことを考えたときに幅広く全世代型社会保障制度という中でご負担できる方を増やしていって、将来のそうした若い世代の負担を少しでも減らしていくという、こうしたことは大事だというふうに思います。次の世代にそうした社会保障制度、全世代のものを引き継いでいくのが、これは私たちの役割ではないかというふうに思います。

 先日、全世代、また社会保障制度の会議の中で関係大臣に対して私は与党との調整も十分に図って取りまとめるよう、具体的な検討を進めるよう指示をいたしました。政府・与党においても最終的な調整が行われているだろうというふうに思います。政府としては私、冒頭申し上げましたように少子高齢化が急速に進んで、もう団塊世代が後期高齢者になるのが目前でありますから、そうした中でわが国の将来を考えたときに、多くの方に少しずつでもご負担をして、安心・安全の社会保障制度というのを作っていくことは大事だというふうに思います。

司会:はい。それでは次の質問にいきたいと思います。では共同の吉浦さん。

訪米や会談の時期をどう考えているのか

共同通信:共同通信の吉浦です。よろしくお願いします。日米関係についてお伺いします。来年1月20日に米国ではバイデン新大統領が就任する予定です。日米の首脳同士の個人的なさらなる関係構築や、菅政権が外交の基軸に掲げる日米同盟の強化に向けて、早期の日米の首脳会談を検討されていると思います。現時点で具体的な訪米や会談の時期についてどのようにお考えでしょうか。よろしくお願いします。

まず日米同盟というのは申し上げるまでもなく日本外交、安全保障の基軸であって、インド・太平洋地域と国際社会の平和と繁栄の、まさに基盤となるものであります。わが国としては日米関係をさらに強固なものにして、自由で開かれたインド太平洋の実現に向けて、バイデン大統領といっそう緊密な連携をしていきたい。これが基本的な考え方です。

 先月、バイデン次期大統領との電話会談において、日米安全保障条約第5条の尖閣諸島への適用、日米同盟の強化、そして自由で開かれたインド太平洋の実現に向けた協力、これは電話会談で確認することができました。

 また私の訪米についてでありますけども、コロナ感染状況も見つつ、できる限り早い時期に会おうということで一致をしているところでありますので、具体的に今はなんら決まっておりませんけれども、今後しかるべきタイミングで調整をしたいと、このように思います。

司会:はい。それではフリーランスの方も今日おいでいただいていますので、安積さん、お願いいたします。

国民に言葉を掛ける機会が少なくないか

安積:フリーランスの安積です。すいません。総理、今年10月の国民の自殺者数というのが5年ぶりに2100人を超えました。特に9月と比較しまして女性の自殺者数の割合、増加割合が83%増となっております。これはコロナについて女性に非常にしわ寄せが来てるのではないかということが想定されるんですけども、総理は長官時代には国民に寄り添うということをしばしば口にされ、先ほどもまた国民の命と暮らしを守ることが政府の責務だというふうにおっしゃいました。ただ、この2カ月間、総理は国民に対して直接もう少し頑張ってくれとか、そういった励ましの言葉を掛けられることはありませんでした。これからなお、まだ厳しい状態が続くと思いますけども、これからやはり国民に対してそういう言葉を掛けてくださるのか、それともやはり今までのように例えば会見、国会が終わるとか、そういった節目節目しかされないのか。どちらなんでしょうか。お答えください。

菅内閣の方針については官房長官は1日2回、記者会見をさせていただいています。これは世界主要国でも現職の閣僚が記者会見するというのは日本だけと言ってもいいと思います。そういう中で政権としての考え方を、官房長官の記者会見を通じて国民の皆さんに理解をしてもらうと。また、閣議、議会ある中で関係閣僚も記者会見をしております。ただ、私自身についてでありますけども、今のご質問、私自身も機会があるときにそこはぶら下がりなどでメッセージを発させていただいております。そうしたことも含めてこれから政権としてのそうしたコロナをはじめとする対応策というのは、もっとしっかりと発信できるようにしていきたい、こういうふうに思います。

司会:それでは次の質問にいきたいと思います。じゃあ読売の黒見さん、お願いします。

衆議院解散、総選挙の時期はどう考えているのか

読売新聞:読売新聞の黒見です。総理、新型コロナウイルスの感染拡大が続いておりますが、一方で衆議院議員の任期も来年秋に迫っております。衆議院解散、総選挙の時期については現状どのようにお考えでしょうか。

まず新型コロナウイルスの感染拡大を阻止して、そして経済の再生、これが最優先であります。ここに全力でまずは取り組んでいきたい。しかし、とはいえ私の衆議院議員の任期も来年の秋まででありますので、そこの中でいつか選挙を行う必要があるわけでありますので、時間的な制約、そうしたことも考えながら、そこはよくよく考えていきたい、こういうふうに思います。

司会:それでは次のご質問にいきたいと思います。それでは、じゃあ京都の国貞さん。

学術会議人事、アカデミズムの反発をどう思うか

京都新聞:すみません、京都新聞の国貞と申します。日本学術会議のことで、関連でお伺いします。先日人文社会系の310の学協会が任命拒否を撤回するように声明を出したんですけれども、総理は先ほども国会で丁寧に説明をされているということもおっしゃったわけですけれども、アカデミズムからの反発っていうものは現状では止まっていないと思うんです。率直に任命見送りを判断されたときに、これほどまで反発が広がると思っていたのかどうか。また、これほどまでアカデミズムのほうが反発をしているということに関して、どう思われているか認識をよろしくお願いします。

まず私自身が、この任命の問題でありますけども、先ほど申し上げましたように任命権者として内閣法制局の了解を得た政府としての一貫した考え方というのは、必ずしも推薦どおり任命しなければならないというわけではないということが、まずは大前提です。

 そういう中で、学術会議そのものについて、これでいいのかどうかということを私は官房長官のときから考えてきました。それは日本に研究者といわれる方が90万人いらっしゃいます。その中で学術会議に入られる方というのは、まさに現職の会員の方が210人おります。またそれを、連携会員の方が2000名おります。そうした方の推薦がなければ、これ、なれないわけでありますから。これは1949年ですか、この組織ができてから。

 ですから多くの関係者の方がたくさんいて、新しい方がなかなか入れないというのも、これは現実だというふうに思っています。そういう中で私自身は縦割り、あるいは既得権益、あしき前例主義、そうしたものを打破したい。こうしたことを掲げて自民党総裁選挙も当選をさせていただきました。

 そういう中で、この学術会議もまた新しい方向に向かったほうがいいのではないかなという、そうした意味合いの中で、この内閣法制局の了解を得ている一貫した考えの下で、ここは自ら判断をさせていただいたと、そういうことであります。それで、声が大きくなるかどうかということでありますけれども、私はかなりなるんじゃないかなというふうには思っていました。

司会:それでは大変恐縮ですが、次の日程もございまして、次の質問で最後にさせていただきます。では、西村さん。西村カリンさん。

二階幹事長が全旅協会長だから旅行業界を優遇するのか?

ラジオ・フランス:フランスの公共ラジオ局の、ラジオ・フランスの特派員西村と申します。Go To トラベルについての質問をします。Go To トラベル関係には、を強く推進する自民党の二階幹事長は、全国旅行業協会の会長として務めていますが、結果的にほかの業界に比べて自民党は、このトラベル業界を優遇するのではないかと思う国民がいると思われます。その点について、総理のご意見を聞かせてください。

Go To トラベルでありますけれども、そもそも日本には観光関連の方が約900万人おります。全国にホテルや旅館、さらにはホテルや旅館で働く従業員の方、そしてお土産を製造する、あるいは販売をされる方、農林水産品を納入する方、そうした地域で活躍されてる方が観光を支えているということも、観光に従事される方が地域をしっかりと支えていただいてるということも、これ、事実だというふうに思っています。そういう中で、このGo To トラベルを政府としては実行に移してきているところであります。

 そういう中で、地域の中でそうした生活をしている人が、このGo To トラベルによって、当時は5月、6月は稼働率が1割とか2割だったんです。そうした人たちが、もうこのままいったら、まさにもう事業を継続することができないというような状況の中で、私どもはこのGo To トラベルをさせていただいて今に至っていることであります。二階幹事長が特別ということではなくて、何がこの地域の経済を支えるのに一番役立つのかなという中で、判断させていただいているということであります。

司会:それでは次の日程、ございます。大変申し訳ございません。会見を終了させていただきます。現在挙手されている方でご希望がありましたら、各1問を、メールなどでお送りいただければ後ほど総理のお答えを書面で返させていただきますので、ご理解いただくようにお願いいたします。それでは以上をもちまして、本日の総理記者会見を結ばせていただきます。皆さまのご協力に感謝申し上げます。ありがとうございました。

 

2020年12月 6日 (日)

【タイソン54歳】✍なぜ「彼は世界を熱狂させる」のか・・・・

54歳マイク・タイソン何故世界を熱狂させるのか『栄光』と『転落』にみるボクシング人生 

J-CASTニュース 2020年11月30日(月)19時46分配信

 ボクシングの元統一ヘビー級王者マイク・タイソン氏(54)=米国=が2020年11月28日(日本時間29日)、元世界4階級王者ロイ・ジョーンズJr氏(51)=米国=とエキシビションマッチを行った。エキシビションマッチは2分8ラウンドの特別ルールで行われ、結果は引き分けに終わったが、レジェンドの約15年ぶりのリング復帰に世界中のボクシングファンが熱狂した。

復帰のきっかけはSNSの練習動画

 タイソン氏のトレードマークである黒色のトランクスに黒色のリングシューズ。さすがにスピード、スタミナは現役時代のものとは比べものにならなかったが、体を小刻みに左右に振りながら相手の懐に飛び込む姿にかつてのタイソン氏を重ねたファンも多いだろう。このエキシビションマッチに向けて45キロ絞ったという肉体は、リタイアしたボクサーのものとは思えぬほど引き締まり、かつての「鉄人」は54歳になっても「鉄人」だった。

 エキシビションマッチとはいえ、タイソン氏の約15年ぶりとなるリング復帰は世界中から注目された。その注目度の高さはタイソン氏のファイトマネーの額に表れている。米国メディアの報道によると、このエキシビションマッチでタイソン氏は10億円以上の報酬を受け取るという。井上尚弥(大橋)がジェイソン・モロニー(オーストラリア)戦で得たファイトマネーが約1億円だったことを考えれば、引退してもなおタイソン氏のボクシング界における商品価値が破格であることが分かる。

 タイソン氏のリング復帰のきっかけは、タイソン氏が自身のSNSに投稿した練習動画だった。今春、タイソン氏がSNS上で練習動画をアップすると世界中のファンが反応。迫力満点のミット打ちにファンは熱狂し、練習動画が世界中に拡散した。これに格闘技プロモーターが黙っておらず、タイソン氏に数々のオファーが舞い込んだという。タイソン氏自身、リング復帰を願っていたところもあったようで、SNS上でのファンの後押しもあってリング復帰が実現した。

ヘビー級の迫力に打ちのめされた日本のファン

 世界中のボクシングファンは、54歳になったタイソン氏の背中に何を求め、何を見ているのか。そして、なぜここまでタイソン氏に惹かれるのか。

 1980年代後半、タイソン氏は「世界最強」の称号をほしいままにした。86年11月に史上最年少の20歳5カ月でWBC世界ヘビー級王座を獲得し、その後WBA、IBFのベルトを奪い3団体の王座を統一。88年3月には東京ドームで防衛戦を行い、トニー・タッブス(米国)を2回TKOで破り防衛に成功。本場ラスベガスのリングを東京ドームに移して行われた一戦でタイソン氏が見せたパワー、スピード、テクニックは衝撃的なもので、日本のボクシングファンはヘビー級の迫力に打ちのめされた。

 タッブス戦から2年を経て、東京ドームに再び衝撃が走った。90年2月、ジェームス・ダグラス(米国)との防衛戦。そこに2年前のタイソン氏の姿はなかった。試合前のスパーリングでパートナーを相手にダウンを喫するなど調整不足が指摘されており実際、試合当日は主武器であるスピードはなく、パンチにもキレが見られなかった。ダグラスから一度はダウンを奪うも仕留めきれず、タイソン氏はKO負けで3本のベルトを失った。プロキャリアで初の黒星だった。

 この2年の間にタイソン氏のボクシングキャリアに大きな影響を与える出来事が起こっている。世界的なプロモーターであるドン・キング氏と手を組むようになり、トレーナーのケビン・ルーニー氏と決別した。ルーニー氏は長年にわたりタイソン氏を指導し、私生活でも家族同然の間柄だった。タイソン氏の師であるカス・ダマト氏亡き後、タイソン氏の後見人としてともにキャリアを歩んできた人物であり、そのルーニー氏がチームから外れたことでタイソン氏のボクシングが荒れ始めたといわれている。

トラブルメーカーとしてダーティーなイメージが...

 ダグラス戦での敗戦後、タイソン氏がリングで再び輝きを放ったのはほんのわずかな時間だった。96年3月にフランク・ブルーノ(英国)を破りWBC王座を獲得し9月にWBA王座を獲得。その後、イベンダー・ホリフィールド(米国)にタイトルを奪われ、ホリフィールドとの再戦で失格負け。この再戦でタイソンはホリフィールドの耳を噛みちぎり、「耳噛み事件」としてボクシング史に刻まれている。

 「耳噛み事件」以降もリングの内外で自身をコントロールすることが出来ずトラブルが絶えなかった。トラブルメーカーとしてダーティーなイメージがつきまとい、その後は世界のベルトを巻くことはなかった。「栄光」と「転落」。タイソン氏のボクシング人生は波乱続きだったが、ボクシングの技術に目を向けると、洗練された防御技術、相手の急所を的確に打ち抜く技術は歴代のヘビー級王者のなかでもトップクラスだろう。

 タイソン氏は完成されたファイターだった。アマチュアでしっかりとキャリアを積み、米国五輪予選の決勝まで進んだ実績を持つ。トップアマからプロに転向するも世界王座に初挑戦するまで27試合をこなしている。天性のパンチ力に加え、卓越した防御技術とステップワークは実践で培ったもので、これら豊富なキャリアがタイソン氏のボクシングの「完成度」を裏付けている。パワーだけでない世界最高峰の防御技術。そして巨漢ボクサーをなぎ倒す強烈なダウンシーン。全盛期のタイソン氏は何もかもが異次元だった。

 SNS上での動画配信から始まった今回のタイソン氏の復活劇。海外の専門メディアには批判的なものもみられるが、海外メディアの論調はおおむね好意的である。54歳にしてなお「鉄人」であり続けるタイソン氏は、リングに復帰した理由について「人々を励ますため」と語っている。新型コロナウイルス関連の暗いニュースが続くなか、世界のボクシングファンが待ちわびたレジェンドの復帰。タイソン氏のパンチひとつひとつが強いメッセージとなって世界中に届けられたことだろう。

 54歳のタイソン本物の世界戦よりも人気を集めた!有料放送の視聴契約数120万で売り上げ63億 

THE PAGE 2020年12月3日(木)7時32分配信

 プロボクシングの元世界ヘビー級3団体統一王者のマイク・タイソン(54、米国)対元4階級制覇王者、ロイ・ジョーンズ・ジュニア(51、米国)のエキシビションマッチ(11月28日・米国ロスアンゼルス)のPPV(有料テレビ放送)の視聴契約数が約120万件だったことが3日、明らかになった。

 複数の海外メディアが報じたもので売り上げは約63億円にのぼるという。ファイトマネーとしてタイソンは約10億円、ジョーンズは約3億円が最低保証されていたが、この売り上げからの歩合でプラスアルファされる方向だ。

 タイソンとの次のエキシビションマッチの対戦相手として“耳噛み事件”があったイベンダー・ホリフィールド(58、米国)や、東京ドームで、タイソンを倒す“世紀の番狂わせ”を起こしたジェームス・ダグラス(60、米国)らが名乗りを上げているが、これだけの銭を稼ぐのだから次期対戦相手に行列ができるのも無理はないのかもしれない。

フューリーvsワイルダー戦を35万件上回る

 タイソン人気は不滅だった。15年ぶりのリング復帰となった54歳のタイソンは、51歳のジョーンズと2分8ラウンドの特別ルールのエキシビションマッチで対戦。WBCが用意した3人の元世界王者の非公式採点は、忖度がありドローとなったが、45キロの減量に成功した鍛えられた肉体から繰り出されたタイソンのパワフルなパンチと俊敏な動きはファンやメディアの喝采を受けた。現役時代を彷彿とさせる、ダッキングなどのテクニックや高速コンビネーションも披露していた。

 この試合はPPV放送され、視聴価格は44.99ドル(約4600円)に設定されていたが、なんと視聴契約数が約120万件に達したというのだ。英国のザ・サン紙は、「タイソン対ジョーンズ戦は、米国で120万件以上のPPVを売り上げ、驚きの4500万ポンド(約63億円)を荒稼ぎした」との見出しを取って報じている。

 同紙が比較したのは、2月に行われたタイソン・フューリー(英国)とデオンテイ・ワイルダー(米国)のWBC世界ヘビー級戦の数字。この試合は注目の再戦でフューリーが劇的なTKO勝利を収め、PVVの視聴契約数は、約85万件あったが、今回の試合はエキシビションでありながら、35万件あまり、それを上回ったのである。

 ただ同紙によると、タイソン・フューリーvsワイルダーの試合の視聴価格は、タイソンvsジョーンズ戦よりも3000円ほど高く設定されていたため、売り上げ自体は約71億円ありタイソンのエキシビションマッチよりも上だったという。

 同紙は「54歳のタイソンは、土曜日の夜に16分間で約10億5000万円を手にしたと理解されている。これは1ラウンドで約1億3000万円、1分あたりで約6500万円、1秒あたり約109万円となる。またジョーンズが手にする金額もタイソンのそれを大きく下回ったわけではない」とも伝えた。ファイトマネーの最低保証からの逆算だ。

 英国のスポーツ専門ラジオ局のトークスポーツも、この試合の視聴契約数がフューリー対ワイルダーの再戦よりも35万件も上だったことに注目。

「試合前には失望に終わるのではないかと疑念のあった試合だが、成功した試合として知れ渡ることに疑いはない。視聴者はリング内での展開に満足し、この試合は金銭的な成功を収めた」と評価している。

 ちなみにボクシングのPPVの過去最高記録は、2015年5月に行われたフロイド・メイウエザー・ジュニア(米国)対マニー・パッキャオ(フィリピン)の“史上最大の決戦“で約460万件。売り上げは、約500億円に達したと言われている。

 タイソンの現役時代の最高視聴件数は、1997年に行われたホリフィールド(米国)との再戦の199万件。いわゆる“耳噛み事件”が起きた因縁のWBA世界ヘビー級戦である。

 その58歳になるホリフィールドが「誰もが望む試合。俺とやらない理由はないだろう」とタイソンとの3度目の対戦を要望するプレスリリースを発表。1990年に東京ドームでタイソンにKO勝利する“世紀の番狂わせ”を演じた“バスター”ダグラスも、もう60歳になるが、USAトゥデイ紙のインタビューに「もう一度対戦したい」と語るなど、次から次へと対戦希望者が出ている。エキシビションマッチで、これだけの金額を稼げるのだから、彼らがタイソン戦を熱望するのも当然なのかもしれない。

 タイソンは、「これからはもっと良くなる。次も戦う」と、エキシビションマッチの継続の意向を明かした。だが、同時に「もうエゴはない」と、あくまでも今回のリング復帰はチャリティーが目的であり、これらの収益を慈善事業団体に寄付する考えであることを表明している。

 リング戻ってきたマイクタイソン全米どう見たか 

Forbes JAPAN 2020年12月2日(水)8時00分配信/長野 慶太(ジャーナリスト)

 引退後、14年ものあいだ試合から遠ざかっていた「地上最強の男」マイク・タイソン(54歳)がリングに帰ってきた。 

 11月28日、ロサンゼルスのステープルズ・センターで、2人の元ヘビー級世界チャンピオンが闘った。エキシビションマッチという建前だが、カリフォルニア州の管理・許認可団体であるアスレチック・コミッションの裁定を受けている試合だ。

難航したタイソンの闘う相手

 不幸な幼少時代と、12歳までに51回も逮捕された少年院時代を経てプロボクサーとなったマイク・タイソン。2005年に引退したあとも、離婚やアルコール中毒症に苦しむなど、絶えない人気とは裏腹に、私生活では苦闘を続けてきた。

 しかし、2011年に国際ボクシング殿堂に殿堂入りをして以降は、俳優業やライブのコメディショーなどに挑戦し、総再生回数約1億回の視聴を稼ぐユーチューバーとして若い世代からも人気を博している。

 今回の対戦相手は、ボクシング史上最高の身体能力を持つと言われるロイ・ジョーンズ・ジュニア(51歳)。重量パンチを武器に、2003年には、106年ぶりとなるミドル級出身者によるヘビー級世界王座獲得を果たした選手だ。

 フットワークが軽快で、攻撃の幅が広い。通算66勝を収め、そのうち47試合がノックアウト勝ちというレジェンドで、なによりたった2年前まで現役だったということで、タイソンの対戦相手としても文句なしと前評判が高かった。

 コロナ禍のなか、無観客のリングとはいえ、ペイパービュー(見たい番組に課金する)方式で放映されたこの試合は、視聴料だけで1億円を稼いだとされ、まさに今年の全米のスポーツで最大の話題の1つとなった。

 タイソンは引退した翌年の2006年に、このようなエキシビションマッチをやると宣言していたが、最初の試合が不評に終わり、それ以降やることはなかった。

 しかし、新型コロナウイルスの感染拡大によってアメリカが世界一の死者を出し、ほとんどの州でロックダウンの緊急宣言下にあった今年の4月、タイソンはチャリティ・ボクシングをやろうと思っているとユーチューブ上で発表していた。

 今年54歳になるタイソンに対して、スパーリングならともかく、本気の試合などできるはずがないという専門家の指摘も多かった。が、それとは裏腹に、全米のスポーツファンの間では、噂が噂を呼び、本当にやったらどうなるかという、まるで映画「ロッキー・ザ・ファイナル」(シリーズ第6作でロッキーがエキシビションで再びリングに戻ってくる)のような盛り上がりを見せていた。

 ところが、なかなかいい対戦相手が見つからなかった。オーストラリアのボクシングプロモーターがラグビー選手と対戦させるアイデアを出したこともあったが、タイソンは、ボクシングに対する不敬になる恐れがあると拒絶し、やるのなら本物のボクサーとやると断じていた。

 また一時は、タイソンに試合中に耳をかじられた因縁の相手、イベンダー・ホリフィールドもリング復帰に興味を示し、両サイドが契約に向かうかと思われていたが、これもなかなか進行せず、結局7月23日に、今回のジョーンズと契約を交わすこととなった。

 当初試合は9月12日に行われる予定だったが、チャリティ・イベントとしての収益を上げるために、場所も屋外サッカースタジアムからロサンゼルスの象徴とも言うべき屋内イベントセンター、ステープルズ・センターにして、試合日も11月28日とした。

メディアではタイソン勝利の声が…

 当の試合の結果は、引き分けだった。しかし、ニューヨーク・タイムズのベテランスポーツ記者ケビン・ドレイパーが指摘しているように、誰の目から見ても、スタミナをなくし、全身で息をしていたジョーンズと比べ、タイソンは往年のオーラを放ち、スタミナもスピードもパンチ力も現役の頃と比べても見劣りがしなかった。

 ジョーンズはクリンチを繰り返すことに専念するしかない防戦だったが、タイソンは放ったパンチの数も有効打数も圧倒的で、「タイソンが間違いなく勝っていた」との評が大方だった。

 ドレイパー記者は、「2人の健闘は想像以上だった」と試合のクオリティを誉める一方、引き分けという試合のジャッジは「まるでジョークだ」と苦言も呈していた。

 また、ジョーンズは試合後に、タイソンのボディブローに相当なダメージを受けたことを告白している。確かに、最終ラウンドが終わった後も、まだやれると意欲を見せたタイソンに比べて、ジョーンズはそこが限界という感じだった。

 CBSスポーツのジャーナリスト、ブライアン・キャンベルも、タイソンの勝利は明らかだったと分析。無観客でも十分であった盛り上がりを讃えながらも、ジャッジだけが本気を出さなかったことが唯一の難点だと手厳しいコメントを残した。

 いずれにせよ、この試合には、54歳と51歳が闘い、多くのスポーツファンに勇気と希望を与えたと賞賛の声ばかりが集まった。特筆すべき点は、2分間8ラウンドという16分を、この2人が最後まで本気で闘い抜いたことだった。

 このファイトマネーで3億円をジョーンズが稼ぎ、タイソンは10億円を稼いだと言われているが、タイソンはすべてのファイトマネーをチャリティに献じると公式発表している。

 試合直後のインタビューでタイソンは、現役選手との公式試合への復帰についても質問を向けられると、笑顔でかわしてコメントを避けたが、このエキシビションマッチを今後ももっとやっていきたいと意欲を示した。

 またタイソンがチャリティの大義のなかで、本気のボクシングをやることのほうが、若い時の自分がやってきたことよりもずっと意味があるとまで言って、ファンを沸かせていたのが実に印象的だった。

 レジェンドボクサー達が復帰を目指す「お金だけじゃない」理由 

NumberWeb 2020年12月6日(日)17時05分配信/「ボクシングPRESS」杉浦大介

 マイク・タイソン復帰戦の前後、米国内の盛り上がりは随分と凄いものがあった。

 11月28日、54歳になった元世界ヘビー級王者がロサンジェルスのステイプルスセンターで51歳の元4階級制覇王者ロイ・ジョーンズ・ジュニアと対戦。もちろん正式試合ではなく、2分8ラウンドのエキジビションマッチである。それでも、他にも多くの競技が行われた土曜日の夜、米スポーツ界で最大の話題は間違いなくこの一戦だった。普段はボクシングに見向きもしないニューヨークタイムズまでが特集を組み、ソーシャルメディアもタイソンのニュースで持ちきりだった。

往年の武器だったボディ打ちとアッパーも……

「何年もの時が流れても、タイソン戦はやはり特別だ」

 ヤフースポーツの大ベテラン記者、ケビン・アイオリがそうツイートしていた通り、すべてはタイソンのカリスマ性ゆえだろう。現役時代同様、ガウンなし、漆黒のトランクスという懐かしのスタイルで登場したタイソンは、ゴングが鳴るとかつてのように頭を振って前に出た。往年の武器だったボディ打ちとアッパーで、ジョーンズを追い込んでいく。ラウンドが進んでもタイソンのスタミナは意外なほどに衰えず、クリンチで時間を稼ぐのは3歳も若いジョーンズの方だった。

 2人のレジェンドは8回をフルに戦い抜き、タイソン優勢に見えたが、WBCによってあてがわれた3人の特別ジャッジによる採点は三者三様のドロー。普段は微妙な判定が出ると騒ぎになるが、あくまでエキジビションのこの日はその必要もない。

「なんで誰も俺のことを心配してくれないんだ? 15年ぶりの戦いだったのに。(ジョーンズは)2年前まで現役だったのに、みんな彼の方を心配しているよ!」

 試合後のインタビュー時、テレビのアナウンサーがジョーンズの体調を懸念する質問をした際、タイソンはそんなふうに言葉を挟んで笑いを誘った。

 ユーモアと余裕たっぷりのやりとりからも、主役が誰であったかは明らか。タイソンの知名度を考えれば無観客での開催は残念ではあったが、全米のお茶の間は沸き返っただろう。かつての英雄が久々に主役に戻った異色のファイトは、何が起こるかわからないパンデミック下に相応しいイベントにすら思えたのだ。

元スーパースターたちの復帰ブーム

 ボクシング界では元スーパースターの復帰が軽いブームになっている感がある。メキシコの英雄フリオ・セサール・チャベス(58歳)は、同国人の元5階級制覇王者ホルヘ・アルセ(41歳)とチャリティーマッチシリーズを開催。2021年にはマルコ・アントニオ・バレラ(46歳)対エリック・モラレス(44歳)というかつてのメキシカン中量級ライバル同士が、似たような形で拳を交えると伝えられている。

 公式試合のリングに戻ってきた選手もいる。45歳になった元世界スーパーウェルター、ミドル級王者セルヒオ・マルチネス(アルゼンチン)は8月に復帰戦を行い、無名選手相手に7回KO勝ち。最近では“ゴールデンボーイ”のニックネームで親しまれた元6階級制覇王者オスカー・デラホーヤまでもが47歳にして復帰を宣言した。デラホーヤは2008年にマニー・パッキャオ(フィリピン)に敗れて引退以降、何度も再起の噂が立ち消えになってきただけに、今回も実現するかは定かではないが、少なくとも練習を積んでいるのは事実のようである。

 次々とリングに舞い戻る元スーパースターたちに対して、通常、冷ややかな視線が多くなるものだ。なぜかといえば、復帰の理由が金銭面であることが多いから。現役時代の栄光が忘れられず、大金の魅力に惹かれてカムバックを望み、失敗するアスリートはボクサーに限らず枚挙にいとまがないのが現実である。

なぜレジェンドたちは温かく迎え入れられるのか

 しかし――。現在までに復帰したか、あるいはカムバックを考えているレジェンドたちのモチベーションは少々違う印象がある。チャベスとアルセはチャリティーマッチの売り上げをパンデミックの中で奮闘する医療関係者に寄付したと伝えられている。マルチネスに関しても、アメリカでのプロモーターだったルー・ディベラは「リング内外で成功を収めたマルチネスは金銭的には問題がない」と述べていた。

 デラホーヤの再起には自前のプロモーション会社、ゴールデンボーイ・プロモーションズを活気づけるためという意図もあるように感じられるが、本人が経済的に厳しくなっているという話は聞かない。

 そんな中で、彼らがリングを目指す理由はどこにあるのか。もちろんそれぞれ状況、事情は違うものの、新型コロナウイルスによるパンデミックが少なからずレジェンドたちの復帰のモチベーションに影響しているのは間違いないのだろう。

 メキシコの英雄たちの例にとどまらず、困っている人々のためにお金を生み出したい、助けになりたいといった慈善活動的な動機はもちろんあるはずだ。また、自粛期間中に自分に向き合った上で、あるいはトレーニングに費やす時間が増えた結果として、リングに戻りたくなった元名選手もいるに違いない。真打ちのタイソンも例外ではなく、今回のエキジビション登場はお金のためではないことを繰り返し強調していた。

「人々を励ますためにこの試合をやったんだ。この年齢でも頑張っていて、体調も戻した。そこを見てほしかった」

 ジョーンズ戦後のそんな言葉を聞いて、「Almost too good to be true(素晴らしすぎて嘘みたい)」と感じたファンもいたかもしれない。今回の試合でタイソンは1000万ドル以上を保証されたと伝えられており、大半を寄付にあてるとしても、復帰の背景にビッグマネーの魅力がまったくなかったと言われたら疑わしく思える。

 ただ……その一方で、オンラインで公開されたファイトウィークイベント中の姿を見ていても、試合前後の表情を思い出しても、今回のタイソンは確かにお金だけを追い求めているオールドファイターには見えなかったのも事実である。

 リング内外でトラブルに見舞われた元王者の晩年は厳しいものだったが、最後の試合から約14年を経て、見違えるように生き生きとしていた。「(引退時は)リングを去れてハッピーだった。ただ、今の私には意欲がある。どれだけ良いファイトができるか世界に示したい」という言葉も偽りには聞こえなかった。

 リング上で戦う姿も貫禄たっぷり。そのパフォーマンスは人々の予想以上に上質なもので、おかげでイベント全体が引き締まった。だからこそ、視聴に49.99ドルが必要なPPVシステムで放送された今回のエキジビションマッチ後、アメリカでも不満の声はほとんど出なかったのである。

コロナ禍が生んだユニークなカムバックは続くか

「この試合を終えられてハッピー。また先に進んでいくよ」

 久々のリング登場を終え、タイソンは気持ちよさそうにそう述べていた。イベンダー・ホリフィールド、レノックス・ルイスらもタイソンが提唱する「レジェンド・オンリー・リーグ」への参加に興味を示しており、名選手のカムバックブームが今後も続く可能性はある。ただ、これから誰がリングに立とうと、やはりタイソンの復帰戦以上に人々の心を揺り動かすことはあるまい。

 おそらくパンデミックの中だからこそ実現したタイソンのユニークなカムバック。様々なことがうまくいかない2020年の中で、「人々を励ますため」のファイトは、“コロナ禍の産物”としてボクシングファンの心に刻まれていくのかもしれない。

 ディスレクシア読字障害闘ってきた海外セレブ達 

BAZAAR 2020年11月25日(水)18時22分配信

 ディスレクシアとは、文字の読み書き学習に困難を抱える障がいのこと(読字障害)。英語話者の1~2割に何らかの程度でこの障がいを抱えていると言われていて、海外セレブの中でも闘ってきた人が多い。文字が読めないことによる学校退学やいじめなどの苦しみを乗り越え、華やかに活躍するセレブたちをここでチェック!

Photo_20201206190801

トム・クルーズ

 ディスレクシアを世の中に広めたと言われているのがトム。子どものころ、ディスレクシアのためにいくつもの学校を転々とし、いじめにもあい、つらい思いをしてきたことを、これまでたびたび告白してきた。

 俳優になってからも脚本の文章が理解できず、テープに録音してもらってセリフを覚えていたのは有名な話。トップスターの仲間入りを果たすことになった『トップガン』の撮影時にも、実は操縦理論が理解できなくて、レッスンを投げ出してしまったことも...。

 その後、努力の甲斐もあり障がいを克服したトムは、同じようにディスレクシアに苦しむ子どもたちを支援する活動を続けている。

Photo_20201206190701

キーラ・ナイトレイ

 キーラも6歳の時にディスレクシアの診断を受けた。雑誌『GQ』のインタビューの中で、『ドクター・ドリトル』や『ラスト・クリスマス』などの映画脚本家として知られるエマ・トンプソンの脚本を、ディスレクシアを克服するために使ったことを明らかにした。エマと一緒に仕事をしていた母親に脚本の一部を渡され、「もしもエマ・トンプソンが字を読めなかったら、絶対に克服している。だからあなたもエマのように読む練習をはじめなさい」と言われたそう。

 今でも録音読書で学習したり、色付きの眼鏡をかけて文章の文字が混じって見えないように工夫するなどの努力を続けている。

Photo_20201206190601

オーランド・ブルーム

 全世界で大ヒットを記録した『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズでキーラと共演したオーランドも、キーラと同じくディスレクシアに長年悩んできた1人。

 幼少期は本を読むのも文字を書くのも大変で、俳優の道に進んでからもセリフを覚えられないためオーディションに落ちたり、自ら出演を辞退したりしたこともあったそう。

 聖書の朗読などで現在は改善されていて、自分自身の存在が同じように苦しむ子どもたちの励みになればとカミングアウト。恵まれた容姿の裏側では、努力でハンディに立ち向かっている。

Photo_20201206190401

ジェニファー・アニストン

 20代前半のころ、たまたま行った眼科検診でディスレクシアであることが判明したジェニファー。2015年に、『ハリウッド・レポーター』のインタビューの中で「それまでは自分は頭がよくなくて何も覚えられない人間だと思っていたの。診断されたことで子ども時代に経験したいろんなトラウマが理解できたわ」と告白している。

 また斜視の傾向があるため、写真を撮影するたびに修正が必要なことも同時に明らかにしている。

Photo_20201206190301

キアヌ・リーブス

 ハリウッドのトップスターとして華やかな人生を送っているように見えるキアヌも、実はディスレクシアに長年苦しんできた。

 ディスレクシアのため高校を退学せざるを得なくなり、「私は多くの生徒のようにできなかった」と辛い過去についてたびたび語っている。しかしシェークスピアなどの演劇への強い関心があり、そのことが舞台芸術学校に入学することにつながり、ハリウッドへの道を切り開いてくれたと語っている。

Photo_20201206190001

 資産520億 ジョージクルーニー25自分で髪を切ってる 

女子SPA! 2020年12月2日(水)8時45分配信

 2018年度「世界で最も稼いだ俳優」に選ばれた超大物俳優のジョージ・クルーニー(59)。下積み時代には極貧生活も経験したというが、売れっ子になった今では、推定資産は5億ドル(約520億円)とも言われている。過去には友人たちにそれぞれ1億円ずつ贈り話題になったが、そんな羽振りの良いジョージが「髪は自分でカットしている」と明かし、反響を呼んでいる。

25年間自分で髪を切っている

 このたび、米対談番組『CBSサンデー・モーニング』に出演したジョージ。新型コロナウィルスの感染が拡大するなか、どのような生活を送っているかについて話題が及んだ際、だいぶ前からセルフカットしていることを明かした。

「25年間自分で髪を切っている。見てよ、僕の髪って藁(わら)みたいなんだ。だから簡単にカットできる。ミスもあまりしない。『フロービー』っていう商品を何年も前に購入してね。子供の頃に見た掃除機とバリカンが一体化したあれさ。まだ、持ってるよ。だって本当に使えるから!」

『フロービー』は米カリフォルニア州で大工をしていた男性Rick Hunts氏が開発した商品で、1980年代にテレビショッピングで紹介されたことをきっかけに人気に火が付いた。

 価格は99米ドル~140米ドルで、日本円にすると約1万円~1万5000円。ジョージのように、1度購入したら長い間使い続ける人も多いようだ。実際、ジョージが出演した対談番組の放送後には、多くの『フロービー』ユーザーたちがSNSにコメントを投稿。「ジョージのおかげで、自分もフロービーでヘアカットしていることをおおっぴらに言えるぞ」「うちの父親もずっと使い続けてる」などと書き込んでいる。

 さらに、放送後には一時公式サイトにアクセスできない状態に。

 ヘアカットするのはあくまで自分の髪だけで、妻アマル・クルーニーの髪を切れるほどの腕前はないとも明かしているジョージ。そんな大スターのちょっとした告白が、大反響を呼んだ。

極貧時代を助けてくれた友人に感謝の1億円

 ジョージは今回、駆け出しの俳優として故郷のケンタッキー州からロサンゼルスへ移った頃のエピソードも披露している。

「あれはロサンゼルスへ引っ越すことにした1982年。かなり使い古された76年製のモンテカルロ(車)を持っていたんだ、サビだらけだった。ガソリンを入れて、エンジンをチェックし、3日間ドライブし続けた。エンジンはかけっぱなし、切ったら戻らなくなると思って。 でここに到着するや壊れた。そして自転車を買って、1年半の間、街中どこのオーディションに行くにも、それに乗って行っていたよ」

 この話を聞いてもわかるように、ジョージは下積み時代に極貧生活を経験。住む家もなく、友人の家を渡り歩いていたという。そんな苦難の時期を乗り越え、売れっ子俳優となったジョージは、これまで支えてくれた友人14人に約1億円をプレゼント。大金の入ったスーツケースをそれぞれの友人に渡し、感謝の気持ちを伝えたという。

 この驚きの出来事について、ジョージはのちにこう語っている。

「成功できたのは、35年間、自分を助けてくれた友人たちのおかげ。貧乏で金がなかった頃、家のソファーで寝かせてくれたり、お金を貸してくれたりした。みんなは、助けが必要だった時に助けてくれた。だから生きているうちに、恩返しがしたいと思った」

 また社会活動も積極的に行っており、犬の保護施設への寄付や、コロナ対策支援として世界各地にある6団体に合計100万ドル(約1億900万円)以上を寄付したと報じられている。

 有名人になっても、セルフカットして散髪代を節約しつつ、必要なところには大金を惜しみなく使うジョージ。そんなところも、「顔だけでなく心もイケメン!」と言われる所以かもしれない。

Photo_20201206190101

ジョージクルーニー、スーダン大使館前デモ身柄拘束

 AFPBB News 2012年3月17日(土)13時40分配信 

 米俳優ジョージ・クルーニー(George Clooney)さんが16日、米首都ワシントンD.C.(Washington D.C.)のスーダン大使館前で抗議活動中に身柄を一時拘束された。クルーニーさんは他の参加者とともに、スーダンでの人権問題についての抗議活動を行っていた。

 大勢の取材陣のカメラが取り囲む中、父親でジャーナリストのニック・クルーニーさん(Nick Clooney、78)を含む10数人のメンバーらを率いて抗議活動を行っていたクルーニーさんは、退去を命じる警官の3度にわたる警告を無視した。

 その後警察はクルーニーさんと他の抗議活動参加者らにプラスチック製の手錠をかけ、警察車両へ誘導した。現場では何百人もの支持者らが「スーダンは食糧を武器に使うのをやめろ」と書かれたプラカードを掲げて取り囲み、スーダンのオマル・ハッサン・アハメド・バシル(Omar Hassan Ahmed al-Bashir)大統領を非難するスローガンを叫んでいた。

 クルーニーさんは3時間身柄を拘束された後、立ち入り禁止区域へ侵入した罰金として100ドル(約8300円)を支払い釈放された。

 長らくスーダンの人権擁護活動を展開してきたクルーニーさんは数日前、ひそかにスーダンの南コルドファン(South Kordofan)州を訪れていた。支援団体らによると、同州では少なくとも25万人が深刻な食糧不足に陥っているという。

 クルーニーさんは釈放後、記者団に対し「人災によって何万人もが亡くなる可能性が高い。これは飢饉ではなく、スーダン政府が引き起こす悲劇だ」と述べた。

 拘置所での扱いは「非常に乱暴」だったとクルーニーさんは冗談を言い、自分の知名度で南コルドファン州に注目が集まることを期待すると語った。

 同国では6週間後に雨期に突入し道路事情が悪化するため、支援物資の運搬が難しくなる。

 身柄拘束の直前、クルーニーさんは集まった支持者らに「世界最悪の人道危機を招かないために、今すぐスーダンに支援物資を届けられるようにさせなければなりません」と訴えた。

 クルーニーさんは、「2つ目の要求はごくシンプルなこと。スーダン政府は女性や子どもなど、罪のない自国民の無差別な殺害や強姦をやめるように。それと、国民を飢えさせないようにしろという事だけです」と語った。

Photo_20201206185701Photo_20201206185801

関連エントリ 2020/11/30 ⇒ 【タイソン54歳】15年ぶり<エキシビション・マッチ>元4階級王者を圧倒!!
関連エントリ 2020/11/19 ⇒ 【タイソン54歳】「72㎏減量した」エキシビジョンマッチ出場決定!!
関連エントリ 2017/12/14 ⇒ 【日経平均】3日続落✍112円台後半=FOMC<利上げ発表>ドル売り。
関連エントリ 2016/06/04 ⇒ 【蝶のように✍蜂のように】<天才>モハメド・アリさん(74)逝去
関連エントリ 2008/12/22 ⇒ 懐かしの ホリフィールド

 ジョージ・クルーニー、プロポーズ時💕20分も片膝ついていた ! 

BAZAAR 2020年12月11日(金)18時55分配信

 ジョージ・クルーニーが、国際人権弁護士の妻アマルと、3歳になる双子のアレクサンダーとエラとの生活についてシェアした。
『ET Canada』の最新インタビューで、ジョージは双子がどちらの親の方が好きかなど、それぞれの子どもの性格について明かしている。また、子どもたちの将来の職業については、なりたいものになってほしいと断言した。

「娘は妻の方に似ているような気がする。ちゃんと整理するし、とても賢い。息子はとにかく人にイタズラするのが好きなんだ。どこから来ているのかわからないけど、たぶん母親に似たんだろうね」とジョークも。

 ジョージとアマルは2013年に出会い、熱烈な恋愛期間を経て1年後に結婚。ジョージは最近、CBSの『Sunday Morning』で「アマルと一緒になったことで僕の人生がすっかり変わったのは間違いない。彼女のすることや彼女のすべてが自分のことより限りなく重要だと思ったのは初めてのことだった」とシェアした。

 さらに婚約したときのことを振り返り、なんと約20分間も片膝をついていたことを明かした。「付き合っていたときに結婚について話したことはなかったけれど、彼女に突然尋ねたんだ。彼女がイエスと言うまで、私は20分ほど片膝をついていた。そしてついに言ったよ。『見て、腰が砕けそうだ』ってね」

 そして、結婚後これほどすぐ父親になるとは予想していなかったが、父親であることを受け入れ、楽しんでいると語った。

「2人のおチビちゃんたちが生まれて、とても充足感がある。こんなふうになるとは思っていなかったよ」

 ジョージは最新映画『ミッドナイト・スカイ』の役作りのための減量によって、膵炎になってしまい、入院したとも報じられた。「体重を減らすのに必死になってしまって、自分の身体に気を遣えていなかったんだ」

 それでも妻のアマルと元気な双子に支えられて、幸せな生活を送っているに違いない。

 

2020年12月 5日 (土)

【コロナ第3波】猛威を振るう“世界”と「感染者ほぼゼロ」の中国

 感染者ほぼゼロ!?中国実施するコロナ対策四早 

NEWSポストセブン 2020年12月5日(土)11時05分配信

 第3波の到来に各国が動揺しながら対策に血眼になる中、中国は涼しい顔をしている。中国国家衛生健康委員会の発表によれば、11月29日の新規感染は18件。そのうち中国国内での感染はわずか3件で、そのほかは海外から持ち込まれた事例だった。

 人口13億人超というスケールで、しかも、新型コロナウイルス“発祥の地”にもかかわらず、ここまで封じ込めるとは、中国恐るべし。中国情勢に詳しいジャーナリストの富坂聰さんが解説する。

「日本との決定的な違いは、経済再生とコロナ対策を両立させなかったこと。すなわち、いったん経済を完全に止めて、徹底的にコロナを封じ込めてから経済活動に入った。対策後は感染が起きても小規模なものとなり、抑え込みやすくなったのです。中国のコロナ対策で、見習うべきところは非常に多い」

 日本では3密回避が打ち出されたが、中国の方針は四早だったという。

Photo_20201206082301Photo_20201206082401

四早』とは、早期発見早期隔離早期診断早期治療です。社会主義国家の中国では、議会を通さず法律に近い規制を作れる。武漢封鎖前後だけで30本くらい、1日1本のペースで“新しい規制”が発令された。制度の是非はさておき、国家規模で早期に『四早』を徹底できたのは大きかったでしょう」(富坂さん)

 日本では任意の「マスクの着用」だが、中国各省や市では義務化しているところが多いという。上海の日系企業で働く中国人女性が話す。

「上海では空港や駅、バスなど公共の場所でマスク着用義務が定められていて、改札や出入り口に係員が立ってチェック。マスクなしで乗るのは不可能です。至るところで検温もある。ビデオ映像で自動的に検温するものやゲートをくぐる電子検温なので特に意識しませんが、街全体、あらゆる場所で検温体制は万全です」

 スマホも感染防止に一役買う。中国ではコロナ前からキャッシュレス化が進み、老若男女、子供までもQRコード決済がほとんど。現金はもちろん、クレジットカードすらレジに出さず、「非接触」が当たり前だ。

「運転免許証や身分証などもスマホに搭載されるため、子供や高齢者も各自のスマホを持つようになりました。いま中国では、病院やホテル、会社、学校などに入る際に、『通信ビッグデータ行程カード』や『健康コード』など、スマホで表示される証明書やQRコードを提示するよう求められます。これは移動履歴や健康状態報告などのスマホのデータをもとに、感染リスクを分析するものです。

 QRコードは、危険度が高い方から順番に、赤、黄、オレンジ、緑に色分け。色はリアルタイムで変わるため、家の近所や職場で感染者が出るとすぐ赤になる。上海の空港で感染が発覚したときには、そのエリアにいた人すべてのQRコードが赤色になり、隔離の対象になったそうです」(前出・中国人女性)

 このように中国では、「四早」が徹底されている。

「中国では、感染者が出るたび数百万人規模のPCR検査が行われ、陽性者は全員隔離。無症状でも、体育館などに作られた“簡易病院”に入る必要があります」(富坂さん)

 そんなに大規模隔離を行ったら、医療崩壊が起こるのではと心配になる。

「これまでにボランティアを800万人ほど動員し、彼らが医療スタッフのバックアップに大きく貢献しています。ボランティアは、隔離会場の設営、隔離されている人の買い物代行、さらには防護服を着て医療スタッフの指示のもとPCR検査の簡単な作業まで担います。そのため、医療スタッフを本当に必要なところに配置でき、医療崩壊を防げたのです」(富坂さん)

 政府と国民が手を取り合い、中国人は封じ込めに成功した。正念場の日本はどうする?

 新型コロナ感染5日午後8時現在)死者数151万9213人 

AFPBB News 2020年12月6日(日)1時43分配信

 AFPが各国当局の発表に基づき日本時間5日午後8時にまとめた統計によると、世界の新型コロナウイルスによる死者数は151万9213人に増加した。

 中国で昨年12月末に新型ウイルスが最初に発生して以降、これまでに世界で少なくとも6586万5820人の感染が確認され、少なくとも4177万7200人が回復した。

 この統計は、各地のAFP支局が各国当局から収集したデータと世界保健機関(WHO)からの情報に基づいたもので、実際の感染者はこれよりも多いとみられる。多くの国では、症状がある人や重症患者にのみ検査を実施している。

 4日には世界全体で新たに1万2177人の死亡と67万7808人の新規感染が発表された。死者の増加幅が最も大きいのは米国の2506人。次いでイタリア(814人)、ブラジル(694人)となっている。

 最も被害が大きい米国では、これまでに27万9008人が死亡、1437万2570人が感染し、少なくとも547万389人が回復した。

 次いで被害が大きい国はブラジルで、死者数は17万5964人、感染者数は653万3968人。以降はインド(死者13万9700人、感染者960万8211人)、メキシコ(死者10万8863人、感染者115万6770人)、英国(死者6万617人、感染者169万432人)となっている。

 人口10万人当たりの死者数が最も多いのはベルギーの147人。次いでペルー(110人)、スペイン(99人)、イタリア(97人)となっている。

 香港とマカオ(Macau)を除く中国本土で発表された死者数は4634人、感染者数は8万6601人、回復者数は8万1694人。

 地域別の死者数は、中南米・カリブ海(Caribbean Sea)諸国が45万6155人(感染1337万1430人)、欧州が43万8055人(感染1936万4969人)、米国・カナダが29万1477人(感染1477万2309人)、アジアが19万8676人(感染1264万7887人)、中東が8万641人(感染344万4281人)、アフリカが5万3267人(感染223万4547人)、オセアニアが942人(感染3万402人)となっている。

 各国の死者数・感染者数は当局による訂正やデータ公表の遅れがあるため、過去24時間での増加幅は前日の集計結果との差と一致しない場合がある。

新型コロナ世界の死者150万人 米国は最多27.5万人

時事通信 2020年12月4日(金)5時23分配信

 米ジョンズ・ホプキンス大学の集計によると、新型コロナウイルスによる世界の死者数が日本時間4日、150万人を超えた。

 死者数は6月下旬に50万人、9月下旬に100万人に達しており、増加ペースは加速している。累計感染者数は約6500万人。

 国別の死者数では、米国が約27万5000人で最多。同国では2日、1日当たりの死者数が約2800人と過去最多を記録した。

 米国に次いで、ブラジル約17万5000人、インド約13万9000人、メキシコ約10万8000人の順に多く、欧州では英国が初めて6万人を超えた。イタリアとフランスもそれぞれ約5万8000人、約5万4000人に達した。世界保健機関(WHO)によれば、11月29日時点で直近1週間の世界の新たな死者数は約7万人に上り、欧州が約半数を占めている。 

 日本累計感染者数えた米国1日感染者 

Newsweek日本版 2020年12月1日(火)17時47分配信

<人口の差を踏まえてもその差は桁違い。ただ一つ、日本は検査数もまた桁違いに少ないことには留意すべきだ>

 アメリカでは2020年11月27日、1日の新型コロナウイルス新規感染者数がついに20万人を突破した。20万という数字は、アジアで感染状況が最も深刻な国のひとつである日本の累計感染者数を上回る。

 ジョンズ・ホプキンス大学(JHU)がまとめたデータによると、アメリカでは11月27日、1日の感染者数が20万5557人と過去最高を記録した。同じ日の日本の累計感染者数14万2778人だから1日でそれを6万人も上回る感染者を出したことになる。

<人口の差も無意味>

 世界銀行よれば、アメリカの人口(3億2823万9523人)は日本(1億2626万4931人)の倍以上ある。それでも、この桁違いの感染者数の差はとても説明できない。世界保健機関(WHO)の最新報告によると、アメリカの100万人あたり感染者数は3万9524.99人。日本は100万人あたりたった1160.37人だ。

 ただ、日本の感染者数が過小評価されている可能性もあることに留意すべきた。11月27日現在、日本における検査人数は人口の3%に満たない。厚生労働省によると、11月27日現在、日本でこれまでPCR検査を受けたのは341万8520人(人口のおよそ2.7%)だ。

<米検査数は約2億件>

 一方、JHUによると、アメリカで実施された検査数は11月30日現在で、1億9114万9006件。アメリカ総人口のおよそ58%にあたる。日米の差を考えるとき、だが検査数の差も勘案すべきだろう。

 アメリカでは、10月5日に始まった週から、1週間の累計感染者数が一貫して増え続けている。WHOがまとめたデータによると、1週間の累計感染者数は、11月9日から始まった週に、前週比で46.8%増加した。

<クリスマスには1日83万人感染?>

 米ワシントン大学保健指標評価研究所(IHME)の最新予測によると、「ソーシャル・ディスタンシング(社会的距離の確保)を再度義務付けなければ」、1日の感染者数はクリスマスまでにおよそ83万3165人に上る可能性もあるという。

 さらに悪い予想もある。米国疾病管理予防センター(CDC)に寄せられた、25のモデリンググループによる今後4週間の新型コロナウイルス新規感染者数予測によると、「2020年12月19日までの1週間で、アメリカの新規感染者数は110万人から250万人に上る」という。

 CDCは11月25日発表した報告のなかで、「ここ数週間は、報告された感染者数が見込みを上回り、予測範囲の上限から外れている。これは、現在の予測範囲は、将来的に見込まれる感染者数を完全には反映していない可能性を示唆している」と指摘している。

 全米の入院患者数も、増加の一途をたどっている。アトランティック誌の新型コロナウイルス追跡プロジェクトがまとめたデータによると、11月29日現在の新型コロナウイルス感染症による入院者数は9万3219人だ。このまま増勢が続けば深刻な医療崩壊に陥る州も出てくるだろう。

 コロナ禍みやすい国1位=NZ韓国4位日本は?

朝鮮日報日本語版 2020年12月1日(火)10時18分配信

 ブルームバーグ通信が24日(現地時間)に発表した「新型コロナウイルスの時代に住みやすい国ランキング」で、韓国が4位に入った。

 ブルームバーグは53カ国・地域を対象に、先月1カ月間の人口当たりの新型コロナウイルス感染者数と死者数、ワクチン供給契約の締結件数、検査能力、移動制限のレベルなど10項目の指標を評価した結果を基に「新型コロナウイルス回復ランキング」を発表した。

Photo_20201206071501Photo_20201206071502Photo_20201206071601

 その結果、韓国(82.3点)は検査と疫学調査を効果的に実施したという点で高い評価を受け4位にランクイン。1位はニュージーランド(85.4点)で、速やかに決断力をもって対処した点が評価された。2位は日本(85.0点)、3位は台湾(82.9点)だった。

 ランキング下位にはペルー(51位、41.6点)、アルゼンチン(52位、41.1点)、メキシコ(53位、37.6点)が名を連ねた。

 中国ワクチン外交積極展開💦安全性懸念くすぶる 

時事通信 2020年12月6日(日)7時05分配信

 世界で最初に新型コロナウイルスの感染が広がった中国でも、ワクチン開発が大詰めを迎えている。

 既に5種類が臨床試験(治験)の最終段階にあり、一部は年内にも承認される見通しだ。政府は新興国への優先供給を掲げて「ワクチン外交」を積極的に展開するが、承認前から広範な緊急使用に踏み切っており、安全性への懸念もくすぶる。

 最終段階に差し掛かっているのは、中国医薬集団(シノファーム)や科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)などのワクチン。国営新華社通信によれば、孫春蘭副首相は2日、近日中の承認を見越して「大規模生産の準備を整える必要がある」と指摘した。

 政府は治験完了を待たず、7月に医療従事者らへの緊急使用を開始。シノファームは約100万人に投与し、「深刻な副作用は一例もなかった」と主張する。しかし、他のワクチンも含め、安全性などの情報はほとんど開示されておらず、懸念が残る。

 国産ワクチンの実用化を急ぐ一方で、中国は自前の開発が難しい新興国の支援に乗り出している。10月にはワクチンを各国で共同調達する枠組み「COVAX」への参加を表明。習近平国家主席は11月の20カ国・地域(G20)首脳会議で「各国と協力し、人々がワクチンを使用できるように努める」と強調した。

 中国は早期に感染抑制に成功したため、治験は流行の続く海外が中心だ。巨大経済圏構想「一帯一路」に参加するインドネシアのほか、ブラジル、メキシコに対し、既に計約1億2000万回分(6000万人分)の供給を確約している。

 保健当局の専門家はワクチンの生産能力について、来年には国内と支援対象国の需要を満たせるとの見通しを示す。国際協力を旗印に、ワクチン供給を通じて影響力の拡大を図りたい考えだ。 

 次期米大統領バイデン氏「ワクチン接種義務化しない 

BBC NEWS Japan 2020年12月5日(土)12時04分配信

 アメリカのジョー・バイデン次期大統領は4日、新型コロナウイルスのワクチンが国内で使えるようになっても、接種を義務化するつもりはないと述べた。

 4日にはマイク・ペンス副大統領がジョージア州アトランタにある疾病対策センター(CDC)本部を訪れ、ワクチン承認は「1週間半」先になるかもしれないと述べた。

 アメリカでは4日、新型ウイルスによる1日の死者が2500人以上、新規感染者が22万5000人近く確認された。

 アメリカで確認された感染者の累計は1430万人、死者は27万8000人以上に達している。

 CDCは同日、自宅にいるとき以外は屋内でもマスクを常時つけるよう、初めて呼びかけた。CDCは、冬になり人が屋内で過ごす時間が増えた現在、国内でのウイルス感染リスクが「高いレベル」に達したと警告している。

 CDCは、新規感染の約半数は無症状の人からの感染によるものだとして、屋内でもマスクを着け、お互いの距離を保ち、屋内施設の不要不急の使用を避け、屋外でも混雑した場は避けるよう呼びかけている。

バイデン氏はワクチンについて

 地元デラウェア州ウィルミントンでバイデン氏は、ワクチン接種を義務付ける代わりに、「大統領としてできる限りのことをして、国民に正しい行動をとるよう促すつもりだ」と述べた。

 来年1月20日に就任する予定のバイデン氏は、感染対策のために就任式は小規模なものになると述べた。大統領就任式は通常、連邦議事堂前に大きな壇を整え、その前の国立公園の敷地や沿道に観衆が並ぶ大規模な式典が慣例となっている。

「なんらかの形で壇を使った式にはなるだろうが、実際にどうなるのかまだ分かっていない」とバイデン氏は話した。

 大統領選の結果については4日夜、カリフォルニア州のアレックス・パディリャ州務長官がバイデン氏勝利の選挙結果を認定した。AP通信によると、これを受けて選挙人538人のうちバイデン氏が過半数の279人以上の票を獲得することが確実になった。11月3日の選挙結果に沿って、12月14日の選挙人団の投票でバイデン氏が正式に当選することがこれで確定したという。

 米ピュー研究所の調査によると、現時点で新型ウイルス・ワクチンの接種を受ける用意があると答えたアメリカ人は60%。9月の51%からは増えている。

 バイデン氏は3日は米CNNのインタビューで、安全性に対する世間の不安を和らげるため、「喜んで」公の場で接種を受けると述べた。かつてトランプ政権下で開発されたワクチンに疑念を示して批判されたことのあるカマラ・ハリス次期副大統領も、同じ番組で、FDAが安全性を確認し、自分の番が来れば「もちろん」接種を受けると述べた。

 ほかに、バラク・オバマ氏、ジョージ・W・ブッシュ氏、ビル・クリントン氏の大統領経験者3人もまた、ワクチンの安全性を示すために公の場で接種を受ける用意があると表明している。

 米製薬ファイザーは、自分たちが開発したワクチンは臨床試験で95%有効だったと発表。同モデルナは、94%の有効性を発表している。両者とも米食品医薬品局(FDA)にアメリカ国内の使用承認を申請済み。

 イギリスは2日、ファイザーのワクチンの緊急使用を世界で初めて承認した。

 バイデン氏はさらに、「自分が大統領に就任した初日、皆さんに100日間のマスク着用を求めるつもりだ。100日間だけだ。永遠ではなく。100日間だ」と述べている。

WHO事務局長、ワクチン先進国から供給される状況に異論

ABEMA TIMES 2020年12月5日(土)19時05分配信

 国連本部で開かれていた新型コロナウイルス対策を協議する特別会合は2日目を迎え、WHO=世界保健機構のテドロス事務局長は、「ワクチンに殺到する金持ちの強者に、貧しく疎外された人々が、踏みにじられるような世界を受け入れることはできません」と、ワクチンが先進国から供給される状況に異論を唱えた。

 一方、アメリカのアザー厚生長官は、「WHOがウイルスがどこから来たのか調査を命じられながら、1年以上結論が出ないのは受け入れられない」として、WHOの姿勢を批判した。

 新型コロナウイルスの蔓延は中国の責任だとするトランプ大統領の姿勢に沿ったものとみられる。また「ワープスピード作戦」の下、6種類のワクチンをテストしていて、「アメリカのお陰で世界のワクチン開発が進んだ」と 自信を示した。

 IOC会長ワクチン喚起も、新谷仁美ワクチン受けたくない 

日刊スポーツ 2020年12月5日(土)22時36分配信

 陸上の日本選手権長距離種目で、東京オリンピック(五輪)の代表に決まった3選手がレースから一夜明けた5日、大阪市内で会見した。

 新型コロナウイルスのワクチンに関して、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は、入手可能となった場合、強制はしないものの、五輪参加者には可能な限り接種するよう呼び掛けている。

 その受け止めを問われ、女子1万メートル代表の新谷仁美(32=積水化学)は「あくまでも個人的な意見なのですが、受けたくありません」ときっぱり。懸念するのは副作用。「私たちアスリートは体調管理を大事にしている。薬を打つことで、副作用が(100%)ないことは絶対にないと思います。ならば、今の対策をしっかりして上で臨みたい」と言った。

 また、女子5000メートルで代表となった田中希実(21=豊田自動織機TC)は「まずはアスリートとしては体調を管理していくことが大事」と話した。

 男子1万メートル代表に決まった相沢晃(旭化成)は「自分はワクチンとか医療の専門家ではない。しっかり専門家の話を聞いて、今後どうするか決めていきたい」と述べた。

Photo_20201206081701Photo_20201206081901

関連エントリ 2020/12/04 ⇒ 【イチロー】強豪・智辯和歌山✍高校球児相手に“初指導”。
関連エントリ 2020/12/01 ⇒ 【日経平均】大幅反発<前日比353円✍終値2万6787円>年初来高値更新
関連エントリ 2020/11/25 ⇒ 【日経平均】2日続伸<NYダウ✍初の3万㌦突破>“利確”で上げ幅縮小
関連エントリ 2020/11/21 ⇒ 【新型肺炎】重症化✍「ネアンデルタール人遺伝子」説の根拠『ファクターX』とは・・・・
関連エントリ 2020/11/20 ⇒ 【異常気象?】千葉県<九十九里浜✍全域>大量のハマグリ出現!
関連エントリ 2020/11/16 ⇒ 【東京2020】バッハIOC会長✈来日「コロナ禍での開催」明言
関連エントリ 2020/11/13 ⇒ 【日経平均】9日ぶり反落<コロナ“第3波”✍列島襲来>再々拡大に警戒感

 

2020年12月 4日 (金)

【イチロー】強豪・智辯和歌山✍高校球児相手に“初指導”。

 イチロー氏(47)智弁和歌山で指導者デビュー、フリー打撃も実演 

スポニチアネックス 2020年12月4日(金)16時08分配信

 昨年3月に現役を引退したイチロー氏(47=マリナーズ会長付特別補佐兼インストラクター)が4日、甲子園で春1度、夏2度の優勝を誇る高校野球の強豪校・智弁和歌山で、選手指導を行った。指導は2日から始まり、3日目となったこの日で今回の指導は終了。今後については現状未定だ。

 濃密な3日間となった。初日となった2日は、イチロー氏からあえて声をかけず、選手を観察。いかに指導すべきか、じっくりと見極める日となった。2日目からは実際に指導を開始。さらに3日目となったこの日、全体練習後に、選手自ら自主トレーニング内容を決めるように指示した。その中では、イチロー氏が実際に選手の前でフリー打撃を行う実演もあった。選手が何を感じるか、前日に教わった指導内容も踏まえて、改めて何に気が付くか、選手それぞれに問いかけたようだ。

 今回の指導の経緯は、2年前にさかのぼる。イチロー氏が一昨年の秋、智弁和歌山の試合を観戦し、熱心な応援に感銘を受けたことから、学校側と交流が始まった。昨年12月には草野球チーム「KOBE CHIBEN」を率い、智弁和歌山の教職員チーム「和歌山智弁」と、オリックス時代にプレーした神戸市のほっともっとフィールド神戸で対戦。「9番・投手」としてフル出場し、慣れない軟式球ながらも、投げては9回で16奪三振、打っても3安打するなど貫禄を見せつつも、草野球を楽しんだ。

 最終日となったこの日、イチロー氏の「2日間、気を張っていたと思うけど、リラックスしてやりましょう」との声掛けで、練習がスタート。ウオーミングアップを学生と一緒にこなし、談笑する姿もあった。

 走塁の技術指導も行った。一塁ベース付近で、スタートの切り方や帰塁の方法などを伝授。「なるべく動きはシンプルな方がいい。やらないといけないことが増えると野球は難しくなる」と伝えた。

 アマチュア指導者としてのデビューとなった。今回は3日間の臨時指導で、この日で指導は終了。

 学生野球の指導には、原則としてプロ球団を退団する必要がある。だが、イチロー氏の野球界への功績の大きさや、アマ選手の獲得に携わる立場でないことを踏まえ、日本学生野球協会は特例を容認した。

 イチロー氏は昨年12月に学生野球資格回復制度の研修会を受講し、今年2月に資格を回復。マリナーズでの活動がないオフシーズンに限り、高校生や大学生への指導が可能となっていた。

 イチロー氏は11月26日に神戸市で行われた新聞大会の記念講演で、高校野球の魅力にも言及。司会者から「近いうちに学生に野球を教える姿は見られるか?」と問われて「見られると思います。引退はしたが、野球人として何かお返しできたら」と前向きに話していた。記念講演では「現役の時は追い込むことができなかったが、今はできてしまう。47歳で球が速くなった」と近況報告もしていた。

 イチロー氏と学生野球/今年2月資格回復指導意欲 

日刊スポーツ 2020年12月4日(金)16時05分配信

 昨年に現役引退し、マリナーズの会長付特別補佐兼インストラクターを務めるイチロー氏(47)が4日、智弁和歌山の野球部員に対して、和歌山市内の同校グラウンドで3日間の“アマ初指導”を終えた。 今回は3日間の日程で行われ、最終日のこの日は選手たちの前でイチロー氏がフリー打撃を披露。手本を見せることで選手たちに考えさせた。以下はイチロー氏の現役引退後アラカルト。

引退 19年3月21日 東京ドームで行われたアスレチックスとの開幕第2戦後に引退を発表した。日米通算4367安打(日本1278、米国3089)を記録。

マリナーズで指導者へ 19年4月30日、マリナーズの球団会長付特別補佐となることが発表された。18年と同じ肩書のままでインストラクターとなり、マ軍と傘下3Aタコマの若手に主に打撃、外野守備、走塁を教えることとなった。インストラクターとしてはGM直属の立場となった。

草野球で大活躍 草野球チーム「KOBE CHIBEN」を結成。19年12月1日に初戦として智弁和歌山の教職員チームとほっともっとフィールド神戸で対戦。「9番投手」として、軟式球ながら投げては131球で6安打、完封。16奪三振。打っても3安打を放ち「めちゃくちゃ楽しかった」と笑顔。

イチロー特例 19年12月13日から3日間、都内で学生野球資格回復研修を受講した。プロ経験者が学生野球を指導するために義務付けられた研修。これまでは、プロ球団に所属している人は資格回復できなかった。今回、(1)学生への指導はマリナーズでの活動と重ならないオフ期間に行うこと(2)新人のスカウト活動をしないこと、の2点が確認され、日本学生協会理事会で承認されたことで資格回復への道が開かれた。

イチロー杯 19年12月22日、96年から継続してきた大会会長を務める「イチロー杯争奪学童軟式野球大会」が、この年限りで終了となった。

資格回復 20年2月7日、都内で開かれた日本学生野球協会による学生野球資格回復審査委員会で、イチロー氏を含む94人の資格回復が認められた。

球児への指導意欲を初めて公言 20年11月26日、神戸市内で行われた日本新聞協会主催で加盟社向けの第73回新聞大会で講演。高校野球は「面白い。興味がある。野球人として、何かお返しできたら」と近い将来の指導を示唆していた。

Photo_20201205073002Photo_20201205073101

イチロー氏のフリー打撃に、高校球児エグい連発

日刊スポーツ 2020年12月4日(金)16時52分配信

 昨年に現役引退し、マリナーズの会長付特別補佐兼インストラクターを務めるイチロー氏(47)が4日、智弁和歌山の野球部員に対して、和歌山市内の同校グラウンドで3日間の“アマ初指導”を終えた。

 1日目は教えず観察に徹し、2日目から指導を始めるイチロー流だった。最終日となるこの日は午前11時28分、黒のパーカー付ジャージー、サングラス姿で登場した。「2日間、気を張っていたと思うけど、リラックスしてやりましょう」と球児に声をかけ練習へ。

 球児たちと一緒にランニング、ウオーミングアップを行い、その後は走塁練習。一塁ベース付近で「(盗塁は)スタートで全部決まります」とスタートの切り方などを細かく指導した。

 イチロー氏は日本ハムからドラフト4位で指名された細川凌平内野手(18)と2人1組で1カ所でフリー打撃を行った。イチロー氏が本塁打を放つたびに、智弁和歌山ナインは驚き、何度も「えぐい」の声が起きた。

 イチロー氏は昨年12月に学生野球資格回復研修を受けて今年2月、高校生や大学生を指導できる立場になった。夏24度、春14度甲子園出場、夏2度、春1度全国制覇した名門校の球児たちは、イチロー氏の指導に目を輝かせていた。

 イチロー氏のフリー打撃柵越え19発、智辯和歌山ナイン驚愕 

デイリー 2020年12月4日(金)16時55分配信

 米大リーグのマリナーズなどで活躍したイチロー氏=現マリナーズ会長付特別補佐兼インストラクター=が4日、2日から甲子園優勝経験のある智弁和歌山で臨時コーチを務めていたことが分かった。当初からの予定通り、同校グラウンドでの3日間の指導最終日となったこの日は、自らフリー打撃も行い、76スイングで19本の柵越えを披露した。

 イチロー氏はフリー打撃の合間に、智弁和歌山・中谷仁監督に「俺は好きな練習」と話し、場外弾も数本放ち、選手からは何度も「えぐい」といった声があがっていたという。その後も、選手らに精力的に技術指導を行っていた。

 フリー打撃後に行われた約1時間30分の自主練習の後、イチロー氏は選手らから花束を受け取り記念撮影も行った。最後に「とにかく僕が伝えられることはこの3日間で伝えたので。期待しています。がんばって」とエールを送って締めくくった。

指導受けた智辯和歌山野球部4番状態の使い方教えて頂いた

中日スポーツ 2020年12月4日(金)21時36分配信

 大リーグのマリナーズなどでプレーしたイチローさん(47)=現マリナーズ球団会長付特別補佐兼インストラクター=が4日、和歌山市の智弁和歌山高グラウンドで同校野球部を指導した。期間は2日から3日間で、1年生の夏から4番を任されている徳丸天晴外野手(2年)も打撃技術などを学んだ。

 「やっぱり、初めて見たときはすごいオーラがあって、ただすごいのひと言で、そのなかで技術だったり、いろいろな質問をして、いろいろ学べることができてとても良かったです」

 ポジションもイチローさんと同じ右翼だけに、練習中に語る教えをひと言も聞き漏らさないとばかりに頭に刻み込んだ。

 「言葉一つひとつ、一つって絞りにくいところがあって、何かイチローさんが発した言葉一つひとつが心に残るというか、そういうイチローさんの発言ひとつに重みがありましたね」

 キャッチボールの相手も務めた。

 「そのなかでイチローさんに教えてもらったことをやって、それで、いいねということを言ってもらったので、それはうれしかったです。肩甲骨の使い方であったり、上体の使い方を主に教えていただいた。それを意識して、自分のなかでも変わったので良かったです」

 今秋の和歌山県大会を終えた時点で高校通算30本塁打を放ったが、県大会は3位となり、来春のセンバツ大会の重要な選考資料となる近畿地区大会は準々決勝で敗退。主砲としてセンバツ出場に確定ランプをともすことができなかった。

 頼れる4番打者となるために、特に収穫となった金言については「やっぱり、精神的な話」と語り、「イチローさんはいろんな経験をされてきて、その経験を教えてもらった。とても自分のなかで勉強になりました。来年が最後の年になるので、この機会をいただいて、これを生かすのも、これからの取り組みだと思うので、しっかり春、夏、チームを勝たせられる選手になっていきたい」。今回の打撃指導が大きな力となりそうだ。

 イチロー氏の指導哲学=“考える力”身につけさせる 

スポニチアネックス 2020年12月5日(土)5時30分配信

 ◇ イチロー氏 智弁和歌山を指導

 イチローさんの指導哲学について、大リーグの選手時代から取材を続ける笹田幸嗣通信員(57)は「考える力」をテーマに挙げた。

 イチローさんの指導哲学は、野球というスポーツが持つ一番の素晴らしさである「考える力」を身につけさせるために何をするか――。決して「第2のイチロー」を育てることではない。

 インストラクターの肩書を持つマリナーズでは、打撃投手も務める。首脳陣からは「気持ちよく打たせてくれ」と言われたが、「全力ではないけど、ただ投げるだけじゃね…」と真剣に投げた。あくまでも実戦を想定した練習が重要であり、「練習のための練習」は無意味と考える。

 野球とは一球一球で変化する状況を瞬時に把握し、考える「知恵比べ」。その上で技術力で結果につなげていく。これがイチローさんの考える野球の素晴らしさであり、それがメジャーでの成功の根底にある。マリナーズに移籍した01年。当時のメジャーは「ステロイド時代」とも呼ばれ、本塁打全盛だった。そんな中、日本で培った「野球」で全米を席巻した。わざと詰まらせて左翼前に落とす技術も「美」とした。

 昨今のメジャーは、スイングスピード、打球角度など「トラックマン」をはじめとするハイテク機器が導き出す数値が選手を評価する。その流れは日本のプロ野球にも浸透し、アマチュア球界にも広がりつつある。だからこそ、高校生には野球の本質を忘れてほしくないとの思いで、今回の指導に臨んだのだろう。

 上手下手は二の次。大事なことは最善の結果を導くためには何が必要なのか。そのためにはどんな鍛錬が必要なのか。考える力を身につけることが未来の自分のためになる。そんな思いでイチローさんはグラウンドに立っていたに違いない。(大リーグ担当・笹田幸嗣通信員)

 ▽ イチローさんの学生野球資格回復 19年夏に事務所を通じて日本野球機構(NPB)、日本学生野球協会に資格回復研修受講の希望が伝えられた。同年12月13日から3日間、都内で行われた研修会を受講。修了証が交付され、今年2月にはプロ野球経験者が高校、大学の指導をする「学生野球資格回復制度」の認定を受けた。学生野球の指導には、プロ球団の退団が必要だが、功績の大きさや、アマ選手の獲得に携わる立場でないことから、特例的に退団前の回復を認められた。

イチロー氏“流離のコーチ”に全国高校から“ラブコール

東スポWeb 2020年12月5日(土)5時15分配信

 夢は膨らむばかりだ。マリナーズの球団会長付特別補佐兼インストラクターのイチロー氏(47)が高校野球の強豪・智弁和歌山で3日間の臨時コーチを務め、アマチュア指導者としてスタートを切った。自らフリー打撃で場外弾を連発させ、走塁論、精神論も細かく指導。質問攻めにも笑顔で応じるなど充実の時間を過ごしたが、今後は指導者としてどんなプランでいくのか…。他校からもラブコールが相次ぎそうな中、学校関係者からある〝注文〟もついた。

 4日に同校グラウンドで3日間の指導を終えたイチロー氏は「とにかく僕が伝えられることはこの3日間で伝えたので。期待しています。頑張って」とあいさつし、部員から花束を受け取った。イチロー氏と理事長との親交から臨時コーチが実現。昨オフの神戸での同校職員との草野球対決に続いての交流となった。

 指導も〝イチロー流〟で初日は選手を観察し、2日目から指導を開始。3日目は自ら練習に参加し、守備走塁の技術論、精神論などを伝え、フリー打撃では右中間に驚がくの打球を披露して部員のどよめきを誘った。自らバリバリの打撃を実戦できるのもトレーニングを継続し、衰え知らずのイチロー氏ならではだろう。

 アマチュア指導者として上々の第一歩を踏んだイチロー氏を高校野球関係者も「最高のお手本ですよ。打って投げて走ってと実戦して見せることができるなんてイチローさんしかできない。それもレベルがすごく高いとなれば誰もマネができない」と大歓迎。当然、今後も引く手あまたになりそうだ。

 一方でイチローコーチへの〝注文〟も聞こえてくる。今回はイチロー氏の個人的なつながりから智弁和歌山だけで実現したこともあり、在阪の野球部関係者は「ウチにもきてほしいよ。どうやって申し込んだらいいのか。ツテもない学校がほとんど。やるなら公平にやってもらいたいですね。みんなが教えてもらいたい気持ちを持っている。高野連を通してとか、ちゃんと申し込めるようにできればいい。それで全国行脚すればいいじゃないですか」と声を大にして訴える。

 今年は新型コロナウイルスの影響で3月から帰国していたというが、オフには現在も神戸で草野球の練習を兼ねたトレーニングを継続中。昨年12月に指導者資格を回復して高校野球指導者への興味を口にしており、今後もオフ期間の〝出張コーチ〟に乗り出すと見られる。そこに強豪だけでなく、地方の無名校もあっていいはず。凄腕コーチとして全国をさすらうのもイチロー氏らしいかもしれない。

ドラフト4位・日ハム 細川凌平、“イチローバット”で打撃練習

中日スポーツ 2020年12月4日(金)20時12分配信

 大リーグのマリナーズなどでプレーしたイチローさん(47)=現マリナーズ球団会長付特別補佐兼インストラクター=が4日、和歌山市の智弁和歌山高グラウンドで同校野球部を指導した。2日から3日間にわたって指導。今秋のドラフトで日本ハムから4位で指名された細川凌平内野手(3年)は、プロでのスタートを前に貴重な財産を得た。

 メジャー通算3000安打を達成しているイチローさんと2人1組でフリー打撃を行い、「本当に夢のような、と言うか、幸せでもありますし、学ぶことしかない時間でした。(練習用のシャツやジャンパーは51番をつけ)本当に保育園のころからずっとイチローさんのことが大好きで、自分自身、51番というのは中学からずっとつけていて、高校でもつけさせてもらって、イチローさんのような選手になりたいという、ずっとあこがれとして持っていたので、まさか、そのイチローさんと会えて、指導受けたりとか、できるというのは思っていなかった。本当に幸せな時間でした」

 あこがれの人がポンポンと柵越えを放つ姿に圧倒されながらも、積極的に質問をぶつけ、打撃論を吸収した。

 「緊張はもちろんありましたけど、こんな時間はあるかないか分からないので、この3日間で聞けることは、すべて聞こうと思って質問しました。(印象に残っていることは)選べないです。すべてが刻み込まれている。イチローさんのようなプレーヤーを目指してやりたいです」

 イチローさんから愛用のバットを拝借して打撃を行い、新たな発見があったという。「打ってみたら、と言っていただいて、それで使わせていただいた。今までのバットで一番、感触が良かったです。あれだけヒットの数が多いイチローさんが、バッティング練習であればホームランを狙って、あれだけ遠くに飛ばせる。自分自身が小さくなる部分があるので、いいものを見させていただきました」

 指導を終えたイチローさんを見送る際、こんな激励の言葉もかけてもらったという。「また、どこかで会おう」

 細川も感激の面持ちで至福の瞬間を振り返った。

 イチロー氏“走塁極意”「50%確率では盗塁しない 

中日スポーツ 2020年12月4日(金)17時57分配信

 イチローさん(47)=シアトル・マリナーズ球団会長付特別補佐兼インストラクター=が4日、和歌山市の智弁和歌山高校グラウンドで同校野球部を指導した。2日から3日間の予定で指導していた。

 指導は午前11時半ごろにスタート。球児が一塁側ベンチ前に整列して出迎え。イチローさんは黒のパーカー付きジャージーに青の半パン、タイツ、サングラス姿で三塁側ベンチへ。スパイクに履き替えてから、選手に「2日間、気を張っていたと思うけど、リラックスしてやりましょう」と声を掛けた。

 球児と一緒にランニングとウオーミングアップをしながら、気軽に話し掛けるシーンも。塁間ほどのダッシュでは球児に勝つと、走りながら両手を上げて喜ぶ姿も見られた。

 午後12時ごろには盗塁指導。一塁ベース付近でスタートの切り方、帰塁、心構えなど技術論を説いた。

 「(一塁走者でリードを取るとき)一回(重心を)下げることで見やすくなる」

 「右足の(曲げる)角度をキープしてスタートを切りたいけど、難しい。キープしたままスタートを切る角度がそれぞれある。それを探していく」

 「なるべく動きはシンプルなほうがいい。やらないといけないことが増えると野球は難しくなる」

 「盗塁のときに(相手投手が)左のときはイチかバチか、リスクを取らないといけない」

 「僕は(捕手からの送球が)1・2秒台だと難しい。1・3秒以上ないと成功しないスピード。(盗塁は)スタートで全部、決まります」

 「僕は50%の確率では盗塁は絶対にしない。真っすぐのタイミングでセーフになるタイミングをはかる。変化球でセーフになる(タイミングをはかるような)ことはしない」

 「ギャンブルのスチールが僕くらい(のスピード)ではできない」

 「はっきり(投手の)クセが出て入ればいける。基本的には(クセは)ないものとして。醸し出す雰囲気で感じてほしい。それは隠せないので」

 「緊迫したときは全体を見る。筋肉が緊張するとパフォーマンスが下がる。それを避けたい。打撃でもリリースポイントだけを見ると緊張する。全体を見ようとする」

 などとアドバイスした。

Photo_20201205073001Photo_20201205073301

 日本記録更新 新谷仁美好みはイケメン金持ち」爆笑コメント集 

スポニチアネックス 2020年12月4日(金)18時20分配信

 女子1万メートルで東京五輪代表になった新谷仁美(32=積水化学)は、類い希な実力だけでなく、歯に衣(きぬ)着せぬ発言でも注目を集めてきた。トップランナーの歩みを、個性的なコメントとともに振り返る。

  05年全国高校駅伝「最高のクリスマス」 3年連続で1区の区間賞を獲得。3年時は今も残る区間記録を樹立して、興譲館高校を初の日本一に導いた。12月25日に行われたレースにちなんで、「最高のクリスマス」と勝利のコメント。「皆に夢や希望を持ってもらえる笑顔の似合うマラソン選手になりたい」と将来の夢も口にした。

  12年ロンドン五輪「宇宙人と走っているわけではない」 五輪初出場で1万メートル9位。アフリカ勢を恐れずスタートから飛び出す積極策に「別に宇宙人と走っているわけではない」と堂々のコメント。8位入賞まであと一歩の好走をしながら「1万メートルは気が遠くなって嫌もう走りません」と拒否反応。当時の本職5000メートルは予選落ちした。

  13年モスクワ世界選手権「好みはイケメン、金持ち…」 1万メートルのレース前に、「好みはイケメン、金持ち、年上、世の男性をとりこにするような走りをしたい」と意気込んで出場。ラスト1周まで先頭集団に残って5位。97年千葉真子の銅以来となる表彰台を逃し「陸上が仕事と言っている割にできなかった」と号泣した。

  18年復帰戦「才能どこ行った?」 日体大記録会で約5年ぶり実戦。納得できない記録に「ほぼ一般ランナーなんちゃってアスリートをしている感じ」と自虐コメント。17年秋から練習を始めた矢先に恥骨骨折をしたことも明かし、「才能あると思いきや、骨折才能どこ行った?と笑ってしまうくらい」と新谷節をさく裂させた。

  19年ドーハ世界選手権「恥」 ロンドン五輪以来となる世界大会。1万メートル11位に「ただただ日本の恥。メダルを取らなきゃ恥過程なんか誰も見ていないじゃないですか」と厳しい自己採点。

  20年ハーフマラソン日本新記録「漏れそうだった」 1月のヒューストン・ハーフで1時間6分38秒をマークし、福士加代子が06年に出した記録を14年ぶりに48秒塗り替えた。帰国後にレースを振り返り「(日本記録を出した理由があるとすれば、ラスト5キロは漏れそうだった」とビックリ発言。

  20年厚底シューズ問題「走るのは私の足」 自身もはいた厚底シューズが長距離界を席巻していることについて「走るのは私の足シューズではない最高のシューズを提供してもらっているが、それに合わせて最高の力を出すのが選手」と、論争をぴしゃりとする一幕があった。

  20年全日本実業団対抗選手権「メンタル弱い私でも…」 5000メートルで日本歴代2位の14分55秒83をマーク。「コロナの間に田中希実ちゃんが日本記録1500メートル、3000メートルを出したり、世界の中距離界でも記録が出ていたメンタルが弱い私には焦りになったが、自己ベストを出せて1万メートルへのつながりができたと思う」と、周囲に触発されたことを明かした。

  20年全日本実業団対抗女子駅伝 3区の区間新を1分10秒更新する脅威的な区間新を樹立しながら、「国内だけでなく、先を見ると、後半ペースを上げなきゃいけない後半にタレたのは現実的には厳しい」と激辛ジャッジ。   

Photo_20201205073501Photo_20201205073801

新谷仁美、女子1万㍍18年ぶり日本新V2大会連続五輪代表!

スポニチアネックス 2020年12月5日(土)5時30分配信

 ◇ 陸上 東京五輪代表選考会兼日本選手権長距離種目(2020年12月4日 大阪市・ヤンマースタジアム長居)

 女子1万メートルに出場した新谷仁美(32=積水化学)が、日本記録を28秒45も更新する超人的な走りで7年ぶり2度目の優勝。2大会ぶり2度目の五輪代表を決めた。30分20秒44は、12年ロンドン五輪では金メダルに相当する超絶記録となった。女子5000メートルで優勝した田中希実(21=豊田自動織機TC)と、五輪参加標準記録を突破する日本新で男子1万メートルを制した相沢晃(23=旭化成)も東京五輪代表に内定した。

 ただのカムバック、ではない。前回出場した12年ロンドン五輪から何もかもをレベルアップさせ、新谷が帰ってきた。3000メートルから独走。5000メートル地点は、直前に行われた5000メートルの優勝者に匹敵するタイムで通過した。3位以下は全員、周回遅れにした。競った相手がいた方が記録が出るという一般論は、32歳には関係なかった。

 迎えたラスト1周。大記録を期待する観客3040人の歓声と拍手が響いた。「応援がある中で走るのが久しぶりで、終始、うれしい気持ちで走れた」。勝てば五輪代表に決まる状況でも、こだわったのは記録。渋井陽子の記録を18年ぶりに塗り替えた日本新は、一気に28秒45も更新。鬼気迫る顔が、泣き顔に変わった。

 「復帰したときに、日本記録を更新しなければ世界と戦えないと思っていた。こうして切れて良かった」

 30分20秒44は、12年ロンドン五輪の優勝記録、30分20秒75をも上回る。当時、4年に1度の祭典に初めて挑んだ24歳の新谷は、30分59秒19で9位に終わった。あれから、8年。右足裏筋膜炎に苦しみ14年に引退。会社員生活を経て、18年に現役復帰した。紆余(うよ)曲折が心を大きく育てた。

 昨年の世界選手権は「敗北」の11位。練習メニューを横田真人コーチ(33)に一任した。栄養士やトレーナーの教えも請うようになった。故・小出義雄さんに指導を受けていた引退前は、何度も衝突。岡山に帰郷したことは1度や2度ではない。今は「背負ってきたことが分散できた。1人が当たり前と思っていた。分散することで気持ちが軽く走れる」と違いを口にする。

 「結果が出なかったら全てコーチの責任にしようと思ったが、結果が出たので横田コーチのおかげ」。レースは独り旅でも、もう孤高の天才ではない。「東京五輪は関係なく、その都度、最高のパフォーマンスを、アスリートとして、パフォーマーとして、人として見せていきたい」。32歳は今、円熟期を迎えている。

 【新谷 仁美(にいや・ひとみ)】

 ☆ 生年月日 1988年(昭63)2月26日生まれ、岡山県総社市出身の32歳。

 ☆ サイズ 1メートル66、43キロ。

 ☆ 種目を選ばない運動能力 山手小ではバスケットボールやサッカー、総社東中ではバトントワリングにも親しむ。

 ☆ 思い切りの良さは引き際も!? 13年モスクワ世界選手権1万メートルで5位になりながら、右足裏筋膜炎に苦しみ、14年1月に突如、引退表明。会社員を経て18年に復帰した。

 ☆ 名言(迷言?)のデパート 歯に衣(きぬ)着せぬ発言が注目に。「別に宇宙人と走っているわけではない」(12年ロンドン五輪)、「漏れそうだった」(ハーフマラソンの日本記録を出した20年ヒューストンハーフ)など。

 ☆ レースの鬼もメロメロ!? 愛犬2匹の名前は「むさし」と「こたろう」。江戸時代が舞台のアニメ「銀魂」にはまり、宮本武蔵、佐々木小次郎から命名。小次郎と劇中のキャラ、こたろうを混同したのはご愛嬌(あいきょう)。

 ▽ 女子10000メートル (1)新谷仁美(積水化学)30分20秒44=日本新(2)一山麻緒(ワコール)31分11秒56(3)佐藤早也伽(積水化学)31分30秒19 五輪参加標準記録 31分25秒00

 

2020年12月 3日 (木)

【習的中國】香港“民主活動家”周庭さん(24)✍禁固“10箇月”確定

成す術なく押さえ込まれた香港民主派「時代はわってしまった

毎日新聞 2020年12月2日(水)19時43分配信

 周庭氏や黄之鋒氏ら海外でも著名な香港の民主活動家が実刑判決を受けて収監されたことで、国際社会では中国政府や香港政府に対する批判が強まりそうだ。ただ、香港では容疑者を中国当局に引き渡すことも可能な「国家安全維持法」(国安法)の威力は絶大で、施行から5カ月が過ぎたが、抗議デモがほぼ抑え込まれているなど、香港の民主派はなすすべがない状況だ。

 「重すぎる判決だ」「時代は変わってしまった」。香港のインターネット掲示板などでは2日、量刑を批判する書き込みが相次いだ。周氏はこれまで「前科」がなく、執行猶予がつかなかったことに市民の間では衝撃が走った。「司法の判断が従来より厳しくなっている」(2019年のデモに参加した若者)との見方が広がっている。

 黄氏が17年に違法集会に参加した罪などで実刑判決を受けて収監された際は、判決に反発する抗議デモが起きた。だが、この日は目立った抗議活動はなかった。国安法による取り締まりへの恐怖心から、デモや集会をする市民がほとんどいなくなっているためだ。同法による逮捕者は、既に30人近くにのぼる。

 周氏や黄氏らは、国安法施行後も「香港情勢に関心を持ってほしい」と国際社会に呼びかけてきた。だが、収監されたことでこうした活動も当分できない。

 民主派にとって抵抗の拠点だった立法会(定数70、欠員27)も「陥落」した。香港政府は11月、政府への「忠誠」を規定した香港基本法を逸脱する行為があったとして、民主派4議員の資格を剥奪。これに抗議して民主派15人がこれまでに辞任した。立法会の43人のうち親中派は41人となった。

 立法会選は21年9月に予定されるが、香港政府は抵抗する民主派候補の出馬を認めない方針だ。

 一方、香港での活動をあきらめ、海外へ逃れようとする若者もいる。国安法や暴動容疑などで逮捕された後、保釈された若者ら12人が8月に香港から台湾への密航を計画。モーターボートで約300キロ離れた台湾の離島を目指したが、海上で中国広東省の海警局に不法越境の疑いで逮捕された。

 11月には、台湾へ逃れた別の若者らを支援したとして、男女3人が国安法違反容疑で逮捕された。当局は支援者も含め徹底して民主派を取り締まり、抗議活動再燃の芽を摘み取る構えだ。

 香港の民主活動家・周庭さん禁固10カ月氏は13カ月半 

毎日新聞 2020年12月2日(水)16時55分配信

 香港の地方裁判所は2日、2019年6月にあった警察本部への抗議デモを巡り、無許可集会扇動罪などに問われた民主活動家の周庭氏(23)に対し、禁錮10カ月の実刑を言い渡した。周庭氏が実刑判決を受けるのは初めて。現地メディアが報じた。

 同罪などに問われたいずれも民主活動家の黄之鋒氏(24)、林朗彦氏(26)にも、それぞれ禁錮13カ月半と7カ月の実刑判決が言い渡された。

 3氏は19年8~9月に逮捕され、その後、保釈された。3人は前回公判までに有罪判決を受け、11月23日の公判で保釈継続が認められず、拘置所に勾留されていた。

 周氏は20年8月に「外国勢力と結託した疑いがある」として国家安全維持法(国安法)違反容疑でも逮捕され、その後、保釈された。国安法の最高刑は無期懲役。当局は、国安法事件でも周氏の起訴を目指して捜査を続けている。【台北・福岡静哉】

 ◇ 香港の民主化運動を巡る主な動き

2014年9月 民主化を求める学生らによるデモ「雨傘運動」が始まる。12月まで続く

2019年4月 香港立法会で「逃亡犯条例」改正案の審議開始

2019年6月 「逃亡犯条例」改正案に反対する大規模デモが始まる

2019年9月 香港の行政長官が改正案撤回を表明

2019年11月 香港区議会選挙で民主派が圧勝

2020年6月 中国全人代常務委が香港国家安全維持法(国安法)案を可決。翌日から拘束者が続出

2020年11月 中国全人代常務委が、香港政府が立法会議員の資格を剥奪することを可能にする「決定」を採択し、香港の三権分立を名実ともに否定

Photo_20201204072501

 やはり禁固刑香港民主派2人言論を封じた中国 

Foresight 2020年12月2日(水)18時31分配信/野嶋剛(ジャーナリスト)

 香港で、アグネス・チョウ(周庭)さんやジョシュア・ウォン(黃之鋒)さんら民主活動家3人が「未許可デモを扇動し、参加した」との罪で起訴された裁判の公判が12月2日、香港の裁判所で開かれた。周庭さんには禁錮10月、黃之鋒さんには禁錮13月半がそれぞれ言い渡され、香港メディアによると、量刑言い渡しの瞬間、周庭さんは法廷で頭を抱えて涙を流したという。

 法廷戦術のため、3人は起訴事実を受け入れ、有罪が確定して収監されているが、違法集会煽動罪では最大5年の禁錮刑とされる判決の行方が注目されていた。

 一方で、そもそも、起訴事由である昨年6月21日の警察包囲デモに3人が参加したのは事実だが、必ずしもそのデモを「扇動した」とは思えないところがある。

 彼ら3人ともが禁錮刑という形で厳罰に処された結果は、現在の香港をめぐる厳しい事態が、彼らの身に降りかかったと言えるだろう。

筆者が見た警察包囲デモの夜

 警察包囲デモの夜は、特別な雰囲気が香港を覆っていた。警察による暴力行為が本格的に社会の関心の的となり、デモを引き起こした。警察の包囲は1つ間違えば一斉逮捕にも繋がりかねず、4月に始まった逃亡犯条例改正反対運動にとっても大きなターニングポイントになる可能性があった。

 当時、香港にいた私は、警察包囲の一部始終を見ておこうと、現地の記者団に混じって、警察と学生たちの間の取材スペースに陣取った。

 湾仔(ワンチャイ)の警察本部の周囲には、午後4時ぐらいから人が集まり始め、次第に人数は膨れ上がった。夜に入ると、その数は数万人に達していた。

 警察にも相当のプレッシャーになっていたと思われる。本部ビルの高層階の窓際には、ガラス越しに学生たちの集結を確認しようと、次々と幹部らしき人々が現れた。学生たちは、それを見つけるとレーザーポインターで照射して嫌がらせをした。警察本部はスプレーで落書きされ、本部ビルに大量の卵が投げつけられ、コントロールが外れた卵がしばしば私たち記者団に降り注いだ。

 デモは組織されたものではなく、自然発生的に起きたものなので、「無大台(リーダー不在)」であり、特定の人物が先導しているようには見えなかった。

 デモ隊の中から散発的に警察を批判するシュプレヒコールが起きて、夜の湾仔の町にこだました。深夜零時を過ぎると、やがて若者たちの間で、包囲を解いて帰宅すべきか、そのまま包囲を続けるべきか、議論が始まった。

 そこで黃之鋒さんは少し高いところに立って、人々に呼びかけていた。

「ここに留まるか、いったん解散か、投票か何かの方法で決めないといけない」

 一方、周庭さんはこうした場で演説することは滅多にない。特にこの日は、6月10日に日本記者クラブで会見するなど、ハードスケジュールの訪日日程を終えたばかりで疲れ切っていたのか、途中から道端に座り出して、背中を丸めて眠ってしまった。確かに彼女は未許可のデモにほかの数万人の若者たちと一緒に参加していたが、私が見た限りでも「扇動した」と言えるような行為はなかったはずだ。

 黃之鋒さんにしても、リーダーのいない包囲行動のなかで、数万人の若者たちが夜を徹して包囲を続けることを懸念していたように見えた。もちろん現場で警察批判の声をあげていたが、それは数万人の若者たちと何ら変わらない。「扇動」というよりは「冷静な対応」を呼びかけていたように見えた。

民主派に厳しい裁判官

 にもかかわらず、彼ら3人が捜査のターゲットになった背景には、香港政府、あるいはその背後にいる北京政府の意向で、海外への発信力のある国際派の人物を抑え込むことで、その影響力を封じるとともに、若い民主派の代表格である彼らを使って「殺雞儆猴(見せしめ)」をする狙いがあった可能性がある。

 香港では、これまでに一連の抗議行動で1万人以上が逮捕され、2000人以上が起訴されている。黃之鋒さんも周庭さんもその1人ではあるが、彼らが実刑判決を受けることの意味は大きい。

 香港では、民主派は多くの政党、グループの集合体であり、特定のスポークスパーソンやリーダーがいて情報発信をしているわけではない。特に2014年の雨傘運動以後は、伝統的な民主派の影響力が減退し、若い世代へと運動の主導権が移っていった。

 そのなかで、雨傘運動時代から英誌『TIME』の表紙を飾るなど、欧米メディアに常に登場する黃之鋒さんと、日本でツイッターのフォロワーが57万人という周庭さんは、絶大な影響力を誇っている。

 それぞれの発信力を封じ込めるため、通常、初犯などの場合、社会奉仕での償いを認めることが多い香港の常識と反した形で、厳罰をもって対応した形だ。

 この裁判を担当する王詩麗という裁判官は、民主派の活動家に厳しい判決をすることで知られている。この裁判のなかでも、社会奉仕に従事することによって罪を償うという方法は取らないと述べており、判決に対しては悲観論も広がっていた。

周庭さんがFacebookに綴った気持ち

 これまでの裁判の流れを整理すると、政治団体「デモシスト(香港衆志)」の主要メンバーであった黃之鋒、周庭、林朗彦の各氏は、先述の通り昨年6月の警察包囲デモにおいて「他人を扇動し、未許可のデモに参加した罪」などで起訴された。

 彼らは国家安全維持法の導入後、デモシストから脱退を表明している。弁護士のアドバイスを受けて、3人とも起訴事実を認めたため、証人の喚問なども行われず、11月23日にすでに有罪という形で結審し、そのまま収監され、量刑が12月2日に言い渡された。林朗彦さんも禁錮7月だった。

 彼ら一人ひとりの覚悟と心情は、とても重いものがある。23日の裁判の前、周庭さんはFacebookで、こう語っていた。

「明朝9時半、私と黃之鋒、林朗彦は、去年の警察本部包囲事件で、西九龍の裁判所に行く。

 明日から裁判は尋問に入るが、彼ら2人はすべての罪を認めることを決めているので、すぐに結審段階に入って、明日に判決がでるかもしれない。

 言い替えれば、明日私たち3人は監獄に入れられてしまうのだ。

 もしそうなれば、人生で初めて刑務所に入ることになり、心の準備はできているとはいえ、やっぱり少し怖い。でも、多くの友人たちに比べれば、私の負担は重いものではない。そう考えると、頑張って勇気をもって自分も向き合いたい。

 明日を無事やりすごしても、12月2日には国家安全維持法のことで警察署に呼び出されている。難関は1つまた1つやってくる。自分が固い志を持ち続けていきたい」

Photo_20201204073001

 23日の裁判後に収監されたあと、周庭さんは知人への伝言でこんな言葉を残している。

「ここ数日、精神状態はあまりよくありません。気温が下がったせいもあるのか、あまりよく眠れず、体の調子が悪いです。

 眠れない時、いつも思い出してしまうのは、前回、裁判官に言われた言葉です。前回出廷した時に裁判官から、社会服務令(服役はしない強制社会奉仕活動命令)の検討は不要であると言われて、すごく悔しく、やりきれない思いになったことを思い出します。水曜日には禁固刑が下される可能性が高いということなので、今はとても不安です」

 周庭さんは3日に24歳になるが、誕生日を獄中で迎えることとなった。

まだ希望があると語った黃之鋒

 一方、過去に禁錮刑を受けた経験がある黃之鋒さんは、こう述べている。

「今回の事件は比較的軽いものですが、(私たち)被告人はたまたま公共人物で、国際社会の注目を集めて、このような過分な応援を受けています。根本的に、もっと、もっと、もっと多くの人々が知らない、あるいはかえりみられない手足(仲間)がいるのです。国家安全維持法が導入されて100日あまり経過しましたが、今日までこの法律で私が逮捕・起訴されていないのはすでにある意味で一種の奇跡ではないかと思います」

 周庭さんと同様、大学を卒業したばかりで4日に卒業式を控えていた黃之鋒さんは収監される前、国家安全維持法のもとでも自ら「仕事報告」と題して、いろいろな政治活動に参加し、発信し、各国のメディアの取材を受けてきたことをFacebookで紹介してきたことについて、こう書いている。

「香港人への希望をまったく失っておらず、議会に議席がなくても選挙がなくても、我々はこの(香港という)共同体のためにさらに多くのことができるのです。国家安全維持法の下でも、民主運動の将来はまだ希望があることを証明できます」

 2014年の雨傘運動では10代後半でまだあどけなさが残っていた周庭さんや黃之鋒さんも、この冬にようやく大学卒業を迎えて、本来ならば家族と一緒に祝うべきタイミングであった。そのなかで迎えた厳しい運命に対して、なお50年にわたって「高度な自治」を保障された「一国二制度」を守るために立ち向かおうという悲壮な彼らの決意が、香港政府や中国の中央政府に伝わることはないだろう。

 数万人のデモ参加者から「選ばれて」犯罪者に仕立てられたに等しい彼らは、事実上政治犯と言える存在であり、日本や世界がもし何も語らず、動かず、座視すれば、この状況を正当化することになる。

 周庭さんは“また日本に遊びに行く”と話していた。友人ら「正しいことをしているのにこの仕打ちは何だ」と憤り 

HUFFPOST 2020年12月2日(水)19時27分配信

 2019年6月に「逃亡犯条例」改正案に反対する無許可のデモに参加し、参加者を扇動したなどとして、香港の民主活動家3人に実刑判決が言い渡された。

 日本で強い影響力を持つ周庭(アグネス・チョウ)さんは禁錮10カ月、黄之鋒(ジョシュア・ウォン)さんは禁錮13.5カ月だった。

 周庭さんと親交のあるライターは「正しいことをしているのにこの仕打ちはなんだ」と憤る。また、専門家は「急に国家が統制して自由を奪う状況になった」と指摘する。

「もともと泣く人ではない」

 香港と日本のダブルで、周庭さんや黄之鋒さんとも親交のあるフリーライターの伯川星矢(はくがわ・せいや)さんは、実刑判決を受けて「周庭さんは“また日本に遊びに行く”とずっと話していたが、それが叶わなくなった。しばらく会えない人になってしまいました」と声を震わせた。

 周庭さんは判決を言い渡された際、涙を流したと伝えられるが「もともとそんなに泣く人ではない。ものすごいストレスがあったと思う。心が痛みます。正しいことをしているのに、この仕打ちはなんだろう」と疑問を呈した。

 また、3人が実刑判決を受けたことについては「この判例ができてしまったことは、今後香港人が同じ活動をしたら、同じ仕打ちを受けると宣言されたに等しい」と強く批判した。

「日本占領期以来の厳しい状況」

 周庭さんらの支援者と連絡を取り合ってきた東京外国語大学の倉田明子准教授(中国近代史)は、今回言い渡された量刑について「周庭さんに関しては、香港の弁護士の話では減刑されるという見方もあったが、減刑なしの判決となった」とした。

 また黄之鋒さん、それに禁錮7ヶ月を言い渡された林朗彦(アイバン・ラム)さんについては「もともとは不法集会に関する罪では、前科の無いケースや学生などは罰金やボランティアなどが命じられていたが、徐々に量刑が重くなっていた。罪状に対して厳しい量刑ではないか」と指摘する。

 周庭さんは11月23日の判決で保釈が認められず、収監されていた。「面会した支援者によると、収監された直後は元気があったが、毎日面会するたびに元気が無くなっていき、笑顔も消えていき体調も悪化した。保釈が認められなくなり、実刑判決が下される予測があったため、不安そうだったと聞いている」と話す。

 また、去年の逃亡犯条例改正案の反対デモをきっかけに、民主派への圧力が強まる状況については「香港はすごく自由な社会だったが、急に国家が統制して自由を奪う状況になった。日本占領期(1941~1945)以来の厳しい状況に急速に変わっている」と指摘した。

Photo_20201204073301

 周庭さん禁固10カ月、香港人団体「集会の中止呼びかけ」と無実主張 

HUFFPOST 2020年12月2日(水)16時39分配信

 2019年6月、「逃亡犯条例」改正案に反対するために警察本部を包囲したデモに加わり、デモ参加者を扇動したなどとして有罪とされ、収監されていた香港の民主活動家3人について、香港の裁判所は2日、周庭(アグネス・チョウ)さんに禁錮10カ月、黄之鋒(ジョシュア・ウォン)さんに禁錮13.5カ月の量刑をそれぞれ言い渡した。RTHKなどが報じた。

 香港の民主活動家・周庭さん、黄之鋒さん、それに林朗彦(アイバン・ラム)さんの3人は、2019年6月、当時の「逃亡犯条例」改正案に反対するために実施された、湾仔の警察本部を包囲するデモに参加し、デモ参加者を扇動した罪に問われていた。11月23日の公判では保釈の継続が認められず、収監されていた。

 3人は弁護士と相談するなどして、起訴された内容を認めていた。

 2日は量刑が言い渡され、周庭さんは禁錮10カ月、黄之鋒さんは禁錮13.5カ月、林朗彦さんは禁錮7カ月だった。未許可のデモに参加するよう他人を扇動する罪は、最高で5年の刑期が言い渡される可能性があった。

 在日香港人団体「香港の夜明け」は11月30日、衆議院議員会館で開かれた超党派の議員連盟の記者会見に参加し、「当時3人は確かに現場にいたが、集会を中止させるような言動が見られた。3人はリーダーでもなければ、他人を扇動する行為もなかった」として無実を主張していた。

共産志位委員長香港活動家への実刑判決中国指導部に抗議

産経新聞 2020年12月2日(水)18時28分配信

 共産党の志位和夫委員長は2日、香港の裁判所がデモ扇動罪に問われた民主活動家の周庭(アグネス・チョウ)氏らに実刑判決を言い渡したのは弾圧だとして、中国指導部に抗議するコメントを発表した。コメント全文は次の通り。

   ◇

 本日、香港の裁判所は、民主活動家の黄之鋒、周庭、林朗彦氏に対し実刑判決を言い渡した。これは、香港に高度な自治と自由を認めた『一国二制度』という国際公約を形骸化する国家安全維持法の強行の下での新たな弾圧措置であり、中国指導部に強く抗議する。香港での野蛮な弾圧の即時中止を強く求める。

共産志位委員長傲岸不遜で許しがたい中国外相の“尖閣”発言

産経新聞 2020年11月26日(木)20時02分配信

 共産党の志位和夫委員長は26日の記者会見で、尖閣諸島(沖縄県石垣市)をめる中国の王毅国務委員兼外相の発言を厳しく非難し、合わせて茂木敏充外相の対応も批判した。

 王氏は24日の日中外相会談後の共同記者発表で「一部の真相が分かっていない日本漁船が釣魚島(魚釣島の中国名)周辺の敏感な水域に入る事態が発生している。これに対して中国側としてはやむを得ず必要的な反応をしなければならない」などと主張した。

 志位氏はこの発言をめぐり「尖閣諸島周辺の緊張と事態の複雑化の最大の原因は、日本が実効支配している領土に対し、力ずくで現状変更をしようとしている中国側にある。中国側の覇権主義的な行動が一番の問題だ」と指摘。「日本側に責任を転嫁する、驚くべき傲慢不遜な暴言だ。絶対許してはならない暴言だ」と強調した。

 さらに、王氏と並んで共同記者発表した茂木氏について「王氏の発言に何ら反論もしなければ、批判もしない。そういう対応をした」と指摘し、「中国側の不当で一方的な主張だけが残る事態になる。極めてだらしがない」と批判した。

 志位氏の記者会見での王氏批判部分の要旨は次の通り。

 「24日に日中外相会談が行われた。これにかかわって大変見過ごせない事態があったので、コメントしておきたい」

 「会談後の共同記者発表で、中国の王毅外相がこう言った。『ここで一つの事実を紹介したいと思います。この間、一部の真相をよく知らない日本の漁船が絶え間なく、釣魚島の周辺の敏感な水域に入っています。これに対して中国側としてはやむを得ず必要な反応をしなければなりません。これが一つの基本的な状況です』」

 「これは非常に重大な発言だと、許しがたい発言だと、暴言だと思う。結局、日本側の責任にしているわけだ。しかし、尖閣諸島周辺の緊張と事態の複雑化の最大の原因がどこにあるかといえば、日本が実効支配している領土、領域に対して力ずくで現状変更しようとしている中国側にある。中国側の覇権主義的な行動が、一番の問題だ」

 「にもかかわらず、王毅外相のこの発言は日本側に問題があった。だからやむを得ず中国としてはこういう対応をしているんだと日本側に責任を転嫁する、驚くべき傲慢不遜な暴言だ。絶対許してはならない暴言だ」

 「海上保安庁のデータを見てみると、中国の公船の尖閣諸島の接続海域への入域日数は、今年すでに24日までで304日。昨年1年間の282日を大きく上回っている。さらに中国の公船が日本の漁船を追い回すという非常に危険な事態も起こっている。私たちとしては中国のこのような覇権主義的な行動をただちに中止することを重ねて強く求める」

 「そしてここで重大なのは、茂木氏が共同記者発表の場にいたわけでしょ? それを聞いていながら、王氏のこうした発言に何らの反論もしなければ、批判もしない、そういう対応をした。そうなると、中国側の不当で一方的な主張だけが残る事態になる。これはだらしがない態度だ。極めてだらしがない」

 台湾蔡英文総統絶望する時ではない。台湾は応援し続ける 

フォーカス台湾 2020年12月3日(木)12時04分配信

 香港の民主活動家、黄之鋒(ジョシュア・ウォン)氏らに実刑判決が言い渡されたのを受け、蔡英文(さいえいぶん)総統は2日、フェイスブックで、「今はまだ絶望する時ではない。民主主義の台湾が必ずや香港人を、民主主義を応援し続ける」と香港の人々にエールを送った。

 蔡総統は、実刑判決を下された黄氏ら3人は、民主主義を目指す香港の人々の集団の意志を表すものだとし、「非常に遺憾だ。この判決は香港人の民主化の訴えを再び権威主義で抑えつけた」と批判した。

 また、台湾もかつて民主化のために戦ったことに触れ、「われわれは恐れがあるからといって心の中の理想の台湾を忘れることはなかった。暗い夜はいつかは過ぎ去り、夜明けは必ずやってくる」と香港の人々を激励した。

大陸委、遺憾を表明 異分子を排除する行為

台湾で対中政策を担当する大陸委員会は2日、声明を出し、関心と遺憾を表明した。また、今回の判決を「関係当局が異分子を排除する行為であり、香港の自由や安定、繁栄を破壊するものだ」と指摘した。

 リンゴ日報創業者勾留 保釈認めず 前議員は亡命 

AFPBB News 2020年12月4日(金)6時22分配信

 香港メディア界の大物で、民主派の現地紙の創業者である黎智英(ジミー・ライ、Jimmy Lai)氏(73)が3日、詐欺の罪で起訴され、保釈は認められなかった。一方、著名な民主派政治家の前議員、許智峯(テッド・ホイ、Ted Hui)氏は同日、デンマークへの移動中、亡命を決めたと発表した。香港では、民主活動家や中国政府を批判する著名な人物が相次いで起訴されている。

 裁判所の文書によると、黎氏と蘋果日報の幹部2人は、同紙のオフィスが賃貸契約で許可されていない目的で使用された疑いに関連し、詐欺の罪に問われている。黎氏が所有する大衆紙「蘋果日報(アップル・デーリー、Apple Daily)」は民主派を明言し、中国当局に対する厳しい批判で知られ、高い人気を誇る。

 6月に香港国家安全維持法(国安法)が施行されて以来、中国は香港に対する取り締まりを大幅に強化。民主派議員の資格が剥奪されたほか、民主活動家数十人が起訴されたり捜査の対象となったりしている。

 一方、抗議運動に関連し複数の罪で起訴されている民主派の前議員、許智峯(Ted Hui)氏は3日夜、「亡命する」ことを決めたと認めた。許氏は裁判所からデンマークで行われる会議のための渡航を許可されていた。国外に逃れる香港の著名民主活動家の数は増え続けている。

Photo_20201204072801

関連エントリ 2020/08/18 ⇒ 【第45代大統領】✍司法省<中華系元CIA職員>スパイ容疑で逮捕
関連エントリ 2020/08/11 ⇒ 【習的中國】“国家安全法”発動✍「香港民主派」続々逮捕
関連エントリ 2020/07/01 ⇒ 【香港返還記念日】前日✍「国家安全維持法」成立「一国二制度」終了。
関連エントリ 2020/06/05 ⇒ 【米中🈟冷戦】米上院「中国企業の米国上場廃止に繋がり得る法案」可決
関連エントリ 2020/05/24 ⇒ 【習的中國】“国家安全法”整備に抗議する数千人の市民に催涙弾!!

 

2020年12月 2日 (水)

【座間9人殺害】事件が映す<若年層の死因>1位✍自殺

 座間9人殺害公判、被害者遺族の意見陳述と裁判員裁判の様子 

Photo_20201202174001

読み上げの途中、検察官は涙声に…犯人は娘を言いくるめ、無残にも命を奪った

文春オンライン 2020年12月1日(火)12時12分配信/渋井哲也(ジャーナリスト)

 2017年10月に発覚した神奈川県座間市のアパートで男女9人が殺害された事件をめぐり、強盗、強制性交等殺人などで起訴された白石隆浩被告(30)の裁判員裁判(矢野直邦裁判長)が東京地裁立川支部にて行われている。被害者遺族の意見陳述の模様をレポートする。

体を抱きしめてあげることもできないまま3年間

 2人目に殺害された群馬県の高校生、Bさん(当時15)の両親の意見陳述は11月25日に行われた。両親に代わって女性の検察官が代読した。読み上げの途中、検察官は涙声になった。

◆ ◆ ◆

 2017年11月9日。この日は、娘の誕生日で16歳になるはずでした。この日は身元が特定された日でもあり、かけた言葉が「おめでとう」ではなく、「お悔やみ申し上げます」と言われるようになりました。被告人の部屋から娘の荷物が発見されていたので、覚悟はしていました。

 事件の翌年になってようやく娘が家に戻ってきました。体を抱きしめてあげることもできないまま3年間が経ちました。気持ちの整理はまだできません。どうして、15歳の娘が、こんな無残なかたちで殺されなければならなかったのか。

 たしかに、自殺に関連した書き込みをしました。しかし、本気だったとは思えません。高校生のころなら、深く考えず、発信してしまうこともあるでしょう。少なくとも、事件当日、自殺願望は消えていました。事件当日は2学期の始業式です。その場しのぎで逃げたい気持ちがあっただけではないでしょうか。

 娘の書き込みは、私も知っています。私たちに伝えたかったのではないか。気付いてほしくて書き込んだのではないでしょうか。もっと早く気付いていればと繰り返し思い出し、後悔しています。同時に、犯人に対して怒りが強くなってきました。

 事件翌日、片瀬江ノ島の駅でスマホが発見されました。娘は(白石被告が江ノ島に捨てるよう指示した)スマホを捨てていなかったのです。帰るつもりだったからです。娘は一人で遠い距離の相武台前駅まで行きました。勇気が必要だったことでしょう。無事に帰ったら自信になり、成長していたはずです。被告人に対して約束をしてしまい、話を聞いてくれたので、帰れなかったのでしょう。黙って家を出た後ろめたさから帰りにくかったのかもしれません。

「やっぱり生きていこう」といった娘を犯人は言いくるめ、無残にも命を奪ったのです。許せません。娘には生きていてほしかった(※読み上げた検察官が涙声に)。

 今は大学1年生の年代です。でも、私たちにとって娘は高校1年生のままです。成長する姿を見たくても、時間はあの日で止まったままです。自己中心的で理解ができない被告人には極刑を要求します。凄まじい怒りがわきあがります。娘は生きていこうという結論を出していました。娘の命を被告人の命では償えません。死刑だとしても、その時まで、苦しみ、絶命するまでもがいて欲しい。それが願いです。

◆ ◆ ◆

ほんのわずかでも癒されることがあるとすれば……

 8人目に殺害された横浜市の女性Hさん(当時25)の兄と父親は11月26日、意見を陳述した。まず、兄が短いながらも、妹を失った苦悩を打ち明けた。

◆ ◆ ◆

 事件から私の生活は一変しました。家族や友人との、たわいもない会話で笑っていた日々がなくなってしまいました。時折、妹の夢を見ます。妹と会話をしたり、ぬいぐるみを抱いてむじゃきに笑っています。「もしかしたら妹が帰ってきたんじゃないか?」と思うことがあります。しかし目覚めると、涙のあとだけが残っています。

 妹が被告人に残虐に殺されて以来、私は人を信じることができなくなりました。一歩外にでれば、人が敵に見えてしまいます。公判で殺害状況を淡々と話す姿を見て、被告人は反省がないと思いました。すぐにでも被告人を殺し、仇をとってあげたい。何度も切り刻んでやりたい。

 犯行内容をすべて聞いた私の心は完全に死にました。しかし、ほんのわずかでも癒されることがあるとすれば、被告人がこの世から消えることです。これ以外にはありません。

◆ ◆ ◆

お前の家族が殺されたら、冷静でいられるのか

 続いて、Hさんの父親が声に感情を込め、声を荒らげながら、心情を訴えた。

◆ ◆ ◆

 娘が殺害されたのは2017年10月18日です。当日、私は朝早く、仕事のため家を出発し、娘の姿を見ることはありませんでした。まさか、こんな事件に巻き込まれるなんて思いませんでした。

 帰宅が遅いので、バイト先に電話をすると、定時にあがったと言われました。すぐに近くの交番に行きましたが、なかなかうまく説明できず、「写真をもってくるように」と言われました。一度、家に戻り、写真を持って行きました。結局、安否を確かめることがないまま、朝を迎え、行方不明届も出しました。その日から、家の電気をつけても、暗闇の世界にいるような気持ちでした。

 11月初旬、報道の人たちが押し寄せました。間違いであってほしいと思いました。警察からも連絡があり、辛い毎日でした。娘は二度と帰ることはありません。

 被告人をどれだけ強く憎んだことか。裁判でお前を見て、いっそう憎くなりました。おい、白石! お前の家族が殺されたら、冷静でいられるのか。それが親であり、家族だ。同じ年ごろの女性がいると、娘ではないかと思ってしまいます。

 この思いは一生消えません。娘を返せ。平穏な日々を返せ。どうか、心の叫びを受け止めて、被告人には厳罰を科してください。

◆ ◆ ◆

「お前の家族が殺されたら、冷静でいられるのか」と問われた白石被告だが、11月25日の検察官からの質問で「もし自分の家族が殺されたら?」と聞かれたときは、「自分でも家族が同じことをされたら、殺した人間を執拗に追い詰め、殺していただろうと思います」と答えている。家族を思う気持ちは白石被告もあるようだが、一部の遺族には謝罪したものの、すべての被害者遺族の心情を理解しているようには見えなかった。

 「『まらなきゃいい』という状態続けた」白井被告、死刑求刑の瞬間 

文春オンライン 2020年12月1日(火)12時12分配信/渋井哲也(ジャーナリスト)

 2017年10月に発覚した神奈川県座間市のアパートで男女9人が殺害された事件の裁判員裁判(矢野直邦裁判長)で11月26日、強盗、強制性交等殺人などで起訴された白石隆浩被告(30)に対して、検察側は「万死に値する」として死刑を求刑した。また、被害者参加代理人6人のうち、5人は死刑を求めた。白石被告は求刑のとき、目をつぶり、息が荒くなったように見えた。

さらに殺人を続ければ、死刑になると理解した?

 検察官の論告は、次のような内容だった。

 1)犯罪の性質、2)動機や計画性、3)犯行態様、4)結果の重大性、5)遺族の処罰感情、6)社会的影響、7)被告人の年齢、8)前科、9)犯行後の状況――といった、死刑の基準となる「永山基準」に照らして、「一連の犯行が自分の欲のためであると、潔く認めているものの、自分の罪の重さと向き合っているのか疑問である」「前代未聞の猟奇的かつ残虐で非人間的な犯行。9人の命を奪ったことは万死に値する」「被害者の承諾がなかったことに疑いはない」として、「死刑」を求めた。

 求刑されたとき、白石被告は、目を瞑っていた。言い渡された後、メガネを直し、息づかいが荒くなったように見えた。ちなみに、求刑前日の被告人質問では、検察側とは死刑に関するやりとりがなされていた。

検察官 (2017年)8月30日夜、永山事件を検索していましたね? 何人殺せば死刑になるのかと。

白石 自分の行っている行為が死刑になるのかと思ったんです。

検察官 さらに殺人を続ければ、死刑になると理解した?

白石 はい。

検察官 死刑になることは怖くない?

白石 本気でつかまらないと思っていた。その都度、欲求が満たされていたので、死刑を考えなかった。

検察官 犯行を続けるのをやめようとは?

白石 「捕まらなければいいや」という状態を続けていた。

検察官 死刑は怖い?

白石 はい。

あらためて死刑を望みます

 続いて、被害者参加制度のもとで遺族代理人6人が意見陳述をした。最初に殺害されたAさん(当時21、神奈川県)の母と兄の代理人はこう述べた。

「自らが殺されることの承諾はないことは明らかです。娘は懸命に生きてきました。Aは、掛け替えのない娘、妹です。あらためてA母、A兄は、死刑を望みます」

遺族の心情を逆撫でしている

 3人目に殺害されたCさん(当時20、神奈川県、施設職員)の両親の代理人も、こう主張した。

「愛しい息子を突然、奪われました。お腹を痛めて産んだ子の骨を、どうして私が拾わないといけないのか。遺族に対しての慰謝の気持ちも表されていない。一言の謝罪もない。Cに対しては、証拠隠滅の達成しかない? 遺族には深くは思わない? 遺族の心情を逆撫でしている。傍聴することによって、事件のことを知ることができた。極刑を科すことが希望です」

 4人目に殺害されたDさん(当時19、埼玉県、大学生)の両親の代理人は、無念さを訴えていた。

「裁判所には考慮していただきたい点があります。一つは、Dは、部屋に行ってから数十分で襲われたのです。(殺害しなかった)Yさんを待たせているから、『早く済ませないといけない』という理由からでした。もう一つは、Yさんの存在です。ヒモになりうるとして生かされました。それ自体はよかったかもしれません。しかし、ヒモになれないなら殺害をしてしまう。そうした命の選別は受け入れることができません。

 両親にとって、Dは大切な一人娘でした。そんな娘を、人ではないような姿にしてしまいました。どうしても許すことができません。Dの事件の証拠調べ以後も、すべて傍聴しました。そうしたのは、強い恨みを保つためでした。辛い気持ちを抑えて、出来る限り出席しました。結論としては、死刑を望みます。首吊り士の名の通り、絞首刑が最もふさわしい」

改善、更生、社会復帰などは考えられませ

 Hさん(当時25、神奈川県)の父、母、兄の代理人は、Hさんと約束していたことを振り返りながら、白石被告を社会に戻さないように訴えた。

「被告人にとっては9人のうちの1人かもしれないが、わたしたちにとっては、掛け替えのない娘であり、妹です。娘はハロウィンや家族旅行を楽しみにしていました。しかし、部屋に明かりがついていても、暗闇の世界にいるようになってしまいました。いまだ娘の死を受け入れることができません。

 娘は法廷では『H』であっても、9人のうちの1人でも、記号としての『H』でもありません。被告人は、大切なHのことを無残に殺害したのです。

 2017年11月9日、身元が判明し、18年4月13日、遺体が家族のもとへ戻りました。どれだけ愛されていたことか。それなのに、Hは殺害され、バラバラにされ、遺棄されました。そのことで深い悲しみと憤りを抱かせました。被告人が法廷で述べていた発言で、遺族は傷つき、処罰感情を強くさせました。反省をしていないことの現れです。改善、更生、社会復帰などは考えられません。

 命をもって償ってもらいたい。死刑を科すのが相当です」

殺されることの承諾はない

 9人目に殺害されたIさん(当時23、東京都)の兄も、代理人を通じて、「殺されることの承諾はない」などと訴えていた。ただし、Iさんの代理人だけは「死刑」や「極刑」という言葉を使わずに、陳述をしていた。

「妹は殺害の承諾をしていませんでした。弁護人の主張は、1)引きこもりがちだったために、兄以外の異性と会うのは苦手。にもかかわらず、白石に会いに行く。それは死ぬ目的だった、というものです。また、2)部屋に入って、お酒と薬を飲んだ。それは死の準備行為だとも言っています。本当にそうでしょうか?

 家族や友人から『死にたい』と相談されたら、どうするでしょう? 死ぬのはダメという前提のもとに話を聞いていても、だんだん面倒になることがあります。兄はそうなっていました。Iさんは、『話を聞いてもらえない』と思っていたことでしょう。だから、『この人なら話を聞いてくれる』と思ったんではないでしょうか。会いに行くことは自然なことだったのです。Iさんはグループホームで、生活支援を受けながら暮らしていました。弁護人の主張はミスリーディングです。

 嫌なこと、苦しいことがあれば、お酒を飲む。飲むことで気分が楽になることはあります。Iさんはまさにその状態でした。『安定剤だよ、気分が楽になるよ』と言われれば、飲むことだってあります。

 酒や薬を飲むことは、殺されてもいいとの決断とは言えません。自分の気持ちを聞いてくれる、受け入れてもらえると思ったからでしょう。殺されてもいいという承諾ではない。それは弁護人の論理の飛躍です」

極刑になったら、演技をする甲斐がない

 論告前日の最後の被告人質問で「『一部の被害者や遺族には何の考えもない』。(この答えは)本心ですか?」と検察官に質問された白石被告は「本心です」と述べた。また、裁判官に「ここは遺族も傍聴している裁判ですが、本心でなくても遺族の心境を配慮して言うこともできたはずですが、なぜ言わないのですか?」と問われ、「ここまでしてしまったら、演技してもダメです。結局、極刑になったら、演技をする甲斐がない。正直に言うしかない」と述べ、死刑を受け入れているというよりも、諦めているようにも見えた。

 一方、最終弁論で弁護側は、責任能力について、「このような事件を平気で行った白石被告が、精神障害がないのは本当か?」などとして、精神鑑定について「違う医師が判断すれば、別の結果になるのではないか」と疑問を呈した。また、白石被告の供述は不合理で、信用性がないとして、「承諾がなかったとするのは疑問が残る」などと承諾殺人であることを訴えた。

 判決は12月15日に下される。

Photo_20201202173801

関連エントリ 2020/11/29 ⇒ 【座間9人殺害】公判✍白井被告の母親「何故こんなことが出来るの?」
関連エントリ 2020/11/28 ⇒ 【座間9人殺害】公判✍鑑定医「精神障害を想定しないと説明できないものではない」
関連エントリ 2020/11/26 ⇒ 【座間9人殺害】公判✍「若く尊い命が奪われた」白石被告に死刑求刑

 座間事件が映す「若年層の死因1位自殺」の闇 

東洋経済オンライン 2020年12月1日(火)8時21分配信/青沼 陽一郎(作家)

 自殺者が増えている。10月だけでも全国で自殺した人は2158人になり、前年同月と比べて619人、40.2%の増加だ。この増加傾向は今年7月から続いている。

 それに、今年になってから、いわゆる芸能人の自殺が目立つ。9月には女優の竹内結子と芦名星が、7月には三浦春馬が自ら命を絶っている。さらにさかのぼれば、フジテレビの番組『テラスハウス』に出演していた女子プロレスラーの木村花が、5月に自殺している。同番組をめぐるSNS上での誹謗中傷が原因であるとされる。いずれも22歳から40歳までの若い世代だ。

 こうした日本の状況を象徴するような事件の裁判員裁判が11月26日に結審した。神奈川県座間市のアパートで男女9人の遺体が見つかった事件だ。

自分も自殺願望があるようにして誘う

 白石隆浩被告(30)は、2017年8月から10月にかけて、ツイッターで自殺願望をほのめかす相手を見つけると、自分にも自殺願望があるように「いっしょに死にましょう」「殺してあげます」などと持ちかけて、遺体発見現場となったロフト付きのアパートの部屋に誘い、殺害している。

 しかも、9人中8人は15歳の高校生から26歳までの若い女性で、部屋で首を絞めて失神させたあとに、必ず性行為に及んでから、首に巻いたロープで30分から1時間ほど吊るして確実に命を奪っている。

 残る1人の20歳の男性は、最初の被害女性Aと白石被告と、自殺を目的に3人で会ったことから面識があり、事件の発覚を恐れたことが理由だった。

 いずれも絞殺したあとは、ロープから降ろした遺体をバスルームに運んで解体。その一部は一般ゴミといっしょに捨て、頭部などはクーラーボックスなどに詰めて部屋に置いていた。その9人の遺体の一部が、同年10月30日にアパートから発見された。

 9人の所持品のうち現金は、勝手に自分で使っていた。つまり奪ったことになる。

 まさに猟奇的な事件だった。

 もともとは、路上やネットを使って風俗のスカウトの仕事をしていた白石被告。それが「女性のヒモになりたい」と考えはじめ、スカウトの経験から「自殺願望のあるような女性なら言いなりにしやすいだろう」と判断したことが、自殺願望を持つ女性とつながるきっかけだった。

 法廷で白石被告はこう語っている。

 「ツイッターを使ってキーワード検索をし『疲れた』『さみしい』『死にたい』とつぶやいている女性をフォローしたりダイレクトメールを送ったりしました」

 「何か悩みや問題がある人のほうが口説きやすいと思いました。操作しやすいということです」

 そこで最初の被害者となる女性Aと実際に会う。だが、そこでは自殺を思いとどまらせる。

 「もともとヒモになることや、お金を引っ張るという目的に対して、頑張って口説こうと思っていました」

 彼女に貯金のあることはわかっていた。その金でいっしょに住むことを前提に、ロフト付きの部屋を借りる。ロフトがあれば、首を吊りやすいと考えたからだった。

 すると彼女に、他の男の影を感じるようになる。いずれ彼女は自分から離れていく。そこで殺害を決意する。その手順は前述の通りだ。

金づるになりそうかを見極める

 「継続的に、女性をレイプして、お金を奪おうと思いました。Aさんの件で約50万円と部屋が手に入り、いざ殺人や死体損壊をすると、意外とうまくいき、次もやれる自信がありました」

 同じように、自殺願望のある女性を誘い出し、相手が金づるになりそうかどうか見極め、金づるになりそうもなく、本気で自殺する気もないと判断すると、いきなり首を絞めて性的暴行を加える。そして、ロープで吊るして、金を奪って、遺体を解体する。それを繰り返す。

 裁判では、弁護側が承諾殺人を主張。被害者に自殺願望があったとして、「殺害方法や日にちを伝え、自らの意思で被告に会いに行き、死を実現させた」としている。

 これに対して、検察側は「承諾はなく、単なる殺人」と主張。しかも被告人本人も、承諾はなかった、として弁護側と主張が食い違い、被告人質問でも弁護側の問いかけには答えようとしない、異例の展開になっていた。

 被告人質問では検察の尋問に快活に答え、被害者全員について殺害直前の承諾は「なかった」と明言している。むしろ、最後の被告人質問で白石被告は、この期間のことについて、こう述べている。

 「自分の快楽をずっと追い求めた生活だった」

 こうして振り返ると、その猟奇性ばかりに視点がいきがちな事件だが、その前にまず着目すべきことがある。この事件の背景に隠された日本の事情だ。そこを見落とすべきではない。

 なぜ、こんなに若い人たちが「死にたい」とつぶやき、白石被告と結びついたのか。実は、日本という国は、20代から30代の死因の第1位が「自殺」なのだ。それがもう20年以上も続いている。

 判決までに77日間の審理期間が予定されていた、この座間の事件の裁判員裁判がはじまった9月、厚生労働省は昨年2019年の「人口動態統計」を公表している。

 そこにある5歳ごとの年齢階級別に表示される死因の順位を見ると、15歳から39歳までの死因の第1位がいずれも「自殺」だった。2人に1人がなるとされる「がん」よりも多い。しかも、10歳から14歳まででは、「自殺」が死因の第2位を占め、2017年には同年齢階級の第1位になっている。

 さらに、40歳から49歳までの死因の第1位は「がん」だが、第2位は「自殺」となる。50歳から54歳まででは「自殺」が第3位、55歳から59歳までで第4位、60歳から64歳までで第5位だ。

 国内の日本人の自殺者数は、3万2000人を超えた2003年をピークに、年々減少傾向にある。ところが、20代、30代の死因の第1位が「自殺」である傾向は、もう20年以上変わらないで推移している。こんなに若者が自ら死を選ぶ国は、先進国といわれるなかでも日本だけだ。

欧米各国の死因1位は事故

 政府は10月27日の閣議で2020年版『自殺対策白書』を決定している。その中でも、15歳から39歳までの死因の第1位が自殺であることを確認すると、「先進国の年齢階級別死亡者数及び死亡率(15~34歳、死因の上位3位)」とする図表を提示している。

 それによると、2013年から2015年までの各国の統計で、日本は自殺が死因の第1位だが、フランス、ドイツ、カナダ、アメリカ、イギリスは、いずれも自殺が第2位で、イタリアは第3位となっている。各国とも第1位は「事故」だった。

 人口10万に当たりの死亡者を示す自殺の「死亡率」を見ても、日本は16.3だが、フランス7.9、ドイツ7.5、カナダ10.6、アメリカ14.1、イギリス7.4、イタリア4.1となっている。やはり日本が高いことがわかる。ちなみに、韓国は同年齢階級の死因の第1位が自殺で、死亡率は日本と同じ16.3となっている。

 今年の死亡者数の増加は、新型コロナウイルスの影響が考えられる。そうだとすると、これは「新型コロナウイルス関連死」と見たほうが正しい。

 芸能人の自殺が目立つのも、個々の事情を検証する必要はあるとしても、もともと同年齢層の自殺が多かったことを加味する必要がある。

 まして、座間の事件が起きたのは3年前のことだ。前述のようにこの年は10歳から14歳までの死因も第1位が自殺である。

 ずっとそんな状況が続く日本の現実を突いたのが、この事件だった。希死念慮を抱く若者がこの国には多いことを、少なくとも白石被告は知っていた。そういう人間を操作しやすいという自信も抱いていた。だからこそ、不気味なのだ。

現代の日本の闇を象徴する座間事件

 国は、芸能人が自殺すると「厚生労働大臣指定法人いのち支える自殺対策推進センター」が厚生労働省と連名で、「メディア関係者各位」とする通達を出し、報道を過度に繰り返さないこと、自殺に用いた手段について明確に表現しないこと、などWHO(世界保健機関)の『自殺報道ガイドライン』を踏まえた報道に徹するように要請する。模倣して若者の自殺が増える傾向にあるからだ。

 しかし、自殺者数が減少傾向にあったとは言え、若者の自殺が死因の第1位であったことは、もう20年以上も改善されないできた。メディアに注意喚起する以前に効果的な対策が実施できていないことの証左だ。

 それができないから、今回のような事件を生んだ。現代の日本の“闇”を象徴する事件なのである。

 検察は最後に白石被告に死刑を求刑した。判決は12月15日に言い渡される。

 

2020年12月 1日 (火)

【日経平均】大幅反発<前日比353円✍終値2万6787円>年初来高値更新

 〔東京株〕大幅反発=経済正常化期待高値更新 

時事通信 2020年12月1日(火)15時30分配信

 日経平均株価は前日比353円92銭高の2万6787円54銭と大幅に反発し、年初来高値を更新した。新型コロナウイルスワクチンの開発による経済正常化期待がリスク選好を強め、再び29年半ぶりの水準を取り戻した。東証株価指数(TOPIX)も13.46ポイント高の1768.38と、しっかり。出来高は13億3122万株だった。

 好スタートの師走相場

 1日の東京株式市場で日経平均株価は大幅に値上がりし、師走相場は好スタートを切った。過熱感が解消されない中で前日の下落幅を取り戻し、市場関係者は「非常に強い相場」(大手証券)と舌を巻いていた。

 米モデルナが、開発中の新型コロナウイルスワクチンの緊急使用許可を米当局に申請したと伝わった。また、日米で新政権による追加景気対策の具体化が進み始めているとの見方も広がり、経済活動の正常化や景気回復を期待した買いが流入した。

 世界的な過剰流動性相場が続いていることで、投資資金は株式市場に流入しやすい環境にある。12月は1990年以降、月間騰落では値上がりが19回と、11月に次いで上昇確率が高い。好需給に加え、経験則も悪くないだけに、市場では「当面は上値を試す展開が続く可能性が高い」(銀行系証券)と、楽観的な声が上がっていた。

 勝ち組JAL、負け組ANA不振業界で明暗けた財務戦略の 

PRESIDENT Online 2020年11月30日(月)11時16分配信

11月に入って約13%も上昇した

 11月10日の東京株式市場で日経平均株価が6日続伸し、一時2万5000円台を回復した。

 日本株は10月半ばごろから強気が続いていた。そこに米ファイザーなどが開発を進める新型コロナウイルスワクチンの治験で、同社が予想以上の効果が得られたと発表。9日の米国株式市場でダウ工業株30種平均が大幅反発し前日比834ドル57セント高の2万9157ドル97セントで引けたのを受け、日経平均も続伸、一時29年ぶりに大台を回復した。

 急ピッチの上昇はなお続き、11月11日には終値も2万5000円台に乗せた。17日には2万6014円62銭と2万6000円台も回復している。10月30日の終値は2万2977円13銭だったから、11月に入って17日までに日経平均株価は約13%上昇したことになる。

 11月10日の東京株式市場には特徴があった。今年3月以降、「コロナ・ショック」で株価が急落したが、その後の戻り相場を牽引したのは一部のグロース(成長)株である。しかし11月10日の日経平均一時2万5000円台回復の主役は経済の停滞が逆風になるバリュー(割安)株だった。

不振にあえぐ航空・鉄道の株価が上がっている

 例えば三越伊勢丹ホールディングス株を見てみよう。同株の年初来高値は1月17日につけた1020円である。その後、コロナの感染拡大で営業自粛を余儀なくされ、緊急事態宣言解除後も客足の戻りが鈍いことなどから7月31日には上場来安値となる479円をつけていた。

 11月9日の終値は508円。これが10日には574円まで上昇した。値上がり率は実に約13%。翌11日には604円まで上がった。

 同日、2020年4~9月期の売上高が前年同期比41.8%減の3357億円、最終損益が367億円の赤字(前年同期は75億円の黒字)だったと発表したため、12日には反落したものの、終値は10日と同じ574円。500円前後でうろちょろしていた株価の水準訂正が起きている。これ一つをとってもバリュー株が物色されたことが分かるだろう。

 コロナ禍の中でのバリュー株、すなわち出遅れ株の代表格は航空や鉄道である。このセクターの株は三越伊勢丹株同様、10日の東京株式市場で大幅に上昇した。日本航空株の10日の終値は1989円。前日に比べ21%強上昇した。ANAホールディングス(HD)株の終値は2660円で18%強上がっている。一方の鉄道では東日本旅客鉄道株が15%、西日本旅客鉄道株も15%値上がりした。

 一方、グロース株の代表銘柄ともいえる任天堂株の10日の終値は5万4010円で、前日に比べ約4%下落。コロナ禍が追い風となった出前館株は10日に約16%下がり、2830円で引けている。これほど見事にバリュー株が買われ、グロース株が売られるという相場も珍しい。

上昇気流に乗れたJALの戦略

 もっとも株式がバリュー株に位置付けられる企業を別角度から眺めると「勝ち組」と「負け組」に分けることができる。勝ち組の筆頭は日本航空(JAL)だろう。

 11月6日、日航は公募増資などで最大1680億円を調達すると発表した。公募増資は2006年以来。調達資金のうち800億円は欧州エアバス製A350型機の購入代金に、150億円は全額を出資するLCC(格安航空会社)のジップエア・トーキョー、50%出資するジェットスター・ジャパン、少額出資する春秋航空日本の強化に充当するとした。このほか空港の設備更新に50億円を充て、残る680億円は有利子負債の削減に使う。

 日航の発行済み株式総数は約3億3700万株。公募増資などで約1億株を新規に発行、2割以上希薄化されることになったため、週明け9日の東京株式市場で同社株は前週末比約11%下落した。

 しかし日航はバリュー株が物色されているタイミングで公募増資を発表したため、希薄化に伴う下落を帳消しにした。6日に木藤祐一郎財務部長は「新たに1億株を発行するため、既存株主に相当迷惑をかける可能性がある」としたが、どうやら詫びる必要はなくなったようだ。

 僥倖はそればかりではない。18日には公募による新株発行価格を発表しているが、これが1株1916円、調達総額は6日の増資発表時よりも146億円上乗せされ、最大1826億円となった。上乗せ分の使い道は明らかにしていないが、有利子負債の返済に充てれば、21年3月期に約300億円、22年3月期と23年3月期にそれぞれ500億円といわれている利払い負担を減らすことができる。

一方、過去最悪の決算を迎えるANAは…

 この日航の公募増資は株式市場関係者にとって意外な出来事と受け止められている。同業で増資の必要性があったのは、むしろANAホールディングス(HD)だったからだ。

 10月下旬に開かれた記者会見で、同社は2021年3月期の連結最終損益が5100億円の赤字になる見通しだと発表した。赤字額の見通しは2400億~2700億円とした日航の約2倍だ。

 過去最悪の決算が見えてきたことでANAHDは同日、構造改革策を発表している。大型機を中心に33機を退役させるほか、エアバス「A380」やボーイング「777」の受け取りを延期する。一般社員の月給を20年ぶりに減らし、管理職の賃金は最大15%カット、一時金も減額する。400人以上を家電量販店のノジマや高級スーパーの成城石井などに出向させ、2500人規模の採用を見送る。これにより今期は1500億円、来期は2500億円のコストを削減するとした。

公募増資ではなく劣後ローンを選択

 もっともこうした構造改革策で将来の展望が開けているわけではない。国内線、国際線とも搭乗率は低迷したままで、上向く気配はない。資金繰りのための借り入れは増え、今年3月末に約8400億円だった有利子負債は9月末には1兆3000億円余りに膨らんだ。4割を超えていた自己資本比率も9月末には32%にまで低下した。

 だからこそ公募増資に踏み切るものと株式市場関係者は見ていたが、ANAHDが出した結論は日本政策投資銀行(DBJ)や三井住友銀行などからの総額4000億円にのぼる劣後ローンの調達だった。

 劣後ローンは返済順位が低いため、一部を自己資本に組み入れることができる。しかし当然ながら利息を払わなければならない。利率は平均7%前後。償却期限の5~7年後までに年平均800億円の元利返済が求められるという。

狙いはANAへの嫌がらせ? 

 ANAHDに「負け組感」が漂うのは、日航の公募増資が不要不急にも映るからだ。確かに再上場後、最悪の決算となる見通しで、調達資金の使途もはっきりとしている。

 しかし2010年1月の会社更生法の適用申請で財務体質は改善され、9月末時点の自己資本比率はANAHDを10ポイント以上上回る43.6%。世界的に見てもこれだけ自己資本が充実している航空会社は少ない。

 「日航が公募増資をした最大の狙いはANAHDへの嫌がらせだろう」と株式市場関係者は指摘する。投資家の多くはポートフォリオの観点から特定の業界の保有比率に上限を設けており、よほどの理由がない限り航空株の比率を上げることはない。今回の公募増資でその枠を日航が押さえてしまったことになるわけだ。

 ANAHDは劣後ローンの調達だけではままならず、改めて公募増資で最大3321億円調達すると発表したが、その場合には難航が予想される。

鉄道業界で注目を浴びている西武

 鉄道業界でも似たような動きがある。西武HD傘下の西武鉄道とプリンスホテルは合計800億円規模の優先株発行を検討しているとされる。

 2021年3月期の業績は、連結最終損益が過去最悪となる630億円の最終赤字となる見通し。4~6月の運輸収入は前年同期比44%減、8月も28%減と苦戦。ホテル事業も厳しい。中核のプリンスホテルは4~7月に47ホテルのうち42カ所が休業し、4~6月期の客室稼働率は4.3%までに落ち込んだ。

 資本の目減りで銀行との融資契約に盛り込まれたコベナンツに抵触する可能性も出てきたため優先株発行を検討しているのだろうが、この動きが報道された後も、株価は8月3日につけた903円の年初来安値を上回る水準で推移している。

 鉄道事業者はどこも厳しい。その中で西武HDが注目を集めるのは、コロナ禍で大打撃を受けているホテル事業が売り上げの約4割を占めるからだ。同じように鉄道事業以外がコロナ禍の影響を受けているという点で注目を集めるのが傘下に東急電鉄を抱える東急だ。

渋谷エリアの大開発が裏目に出るか

 2021年3月期の業績見通しは営業収益が前年同期比19.3%減の9400億円、営業損益は200億円の赤字。セグメント別に見ると、鉄道を含む交通事業は187億円の営業赤字(前期は270億円の黒字)、ホテル・リゾート事業は282億円の営業赤字(同14億円の赤字)と西武グループと同様、鉄道とホテルで苦戦している。

 そんな中で不動産事業の営業利益は前期とほぼ同じ288億円の営業黒字を見込み、一見気を吐いているように見える。しかし渋谷一帯で展開する大規模再開発の効果は薄く、「むしろ今後裏目に出るのではないか」(大手デベロッパー幹部)と予測する向きがある。

 コロナ禍でオフィス需要は低下傾向にあるが、中でもテレワークへの切り替えが早いIT企業ではオフィス返上の動きが広がっている。「その影響をもろに受けるのが渋谷をIT企業の集積地にしようとしている東急だ」(同)

 足元の株式市場でバリュー株の値持ちは比較的良い。その最中に新たな財務戦略を打ち出したところとそうでないところの差が、今後じわりと出てくるように思える。

 NYダウ3万㌦突破。なぜコロナ禍で史上最高値を更新したのか 

HARBOR BUSINESS 2020年12月1日(火)8時34分配信

「皆さんをお祝いしたい。NYダウ平均株価が3万ドルを突破。史上最高値だ。しかもパンデミックの最中に起きたのだ」

 11月24日、米国のトランプ大統領はわずか1分間の会見を急きょ、ホワイトハウスで開いた。政権移行の手続きに入ることを容認する姿勢は見せているものの、いまだにバイデン次期大統領への祝福はないままだが、在任中にダウ平均が3万ドルの大台に乗ったことがよほど嬉しかったのだろう。

史上初NY株3万ドル突破!バブル崩壊へのカウントダウン

 しかし、新型コロナウイルスの感染再拡大に見舞われる米国は、一日当たりの新規感染者数が連日10万人を超え、死者は累計で約26万人。’20年7~9月期の実質GDP成長率は前期比33%と急回復していたが、新たなロックダウンにより、直近の新規失業保険の申請件数は約78万件と市場予想を上回り、2週連続で増加している。

 景気の先行きには不透明感が強まりながらも、米国株はダウ平均にとどまらず、S&P500やハイテク銘柄中心のナスダックも史上最高値を更新した。

 こうした株価と実体経済との乖離は広がり、すでにバブルに突入しているとの声も聞こえるが……。みずほ総合研究所チーフエコノミストの長谷川克之氏はこう分析する。

「まずは製薬大手のファイザーやモデルナなどでワクチンが供給段階に入ったことへの期待が大きい。効果や早期に普及するかはまだわからないが、長いトンネルの先にうっすらと光が見えた。

 そして、大統領選を終えて、政権移行が進むなか、FRB(米連邦準備理事会)は’23年までは現在の実質ゼロ金利政策を継続すると発表。12月にはさらに金融緩和を拡充する見通しで、ジャブジャブのカネ余りは続くが、投資先は限られている。米国の10年国債の利回りは1%を下回っており、債券市場に投資しても収益は上がらないので、お金は株式市場に集まっていきます」

バブル?バブルじゃない?専門家の中でも意見が真っ二つ

 また次期財務長官に前FRB議長イエレン氏の起用が固まると、金融政策と財政政策の連携が強化されるとみて、投資家たちのなかにはさらなる株高を期待する楽観ムードも漂う。ただ、長谷川氏はすでに「歴史的に割高な水準」と指摘する。

「’00年のITバブル崩壊を予見し、ノーベル経済学賞を受賞した経済学者のシラー教授が考案したCAPEレシオという指標があります。景気循環による影響を調整した株価収益率(PER)で、その株が割高かどうかが判断できる。

 割高か割安かの分岐点は25倍程度だが、現在の数値は33倍です。ITバブルの44倍ほどではないが、リーマンショックの28倍を超え、1929年の世界大恐慌とほぼ同じ水準。これだけではバブルと判断できませんが、懸念が高まっているのは事実でしょう」

 米国株躍進の象徴的な銘柄はGAFAM、そして株価が年初来6倍を超え、11月24日、時価総額5000億ドルを突破した電気自動車のテスラだろう。トヨタの時価総額24兆円の2倍以上の規模だが、販売台数ではトヨタの1000万台に対し、テスラは50万台にも届かない。期待感が高すぎるようにも感じるが、米国株に詳しいモトリーフール・ジャパンの加賀章弘氏は「必ずしも割高とは言い切れない」と話す。

「トランプ大統領は選挙対策のために、低賃金層の給料以上の失業手当を配りました。ロックダウンで時間とお金を持て余していた若者が、スマホで株取引を始め『ロビンフッター』と呼ばれるようになる。彼らはプロが割高として敬遠する銘柄でも気にせずに、カッコいいからとテスラを買い、株価が上昇した一つの要因に。

 今後は、米中を含めた主要国は脱炭素社会の取り組みを本格化しようとしており、政策の後押しもあり、電気自動車は想定より早く普及していくでしょう。

 電気自動車に付随して、蓄電事業や自動運転ソフトウェアといった新産業も立ち上がっていくので、電気自動車のエコシステムは、エンジンを核とする既存の自動車産業よりも大きくなる。その大産業の先頭群をテスラが走っており、トヨタの時価総額を超えても、必ずしもバブルとは言い切れない。第4次産業革命を迎えている今、オールドエコノミーの評価に使われていた指標で、新しい企業を判断するのは適切ではなくなってきています」

バブルは弾けてから初めてバブルとわかる

 一方で、最新刊『アフターバブル』(東洋経済新報社)を上梓したばかりの小幡績・慶應義塾大学大学院准教授はまったく異なる見方だ。

「実は、年初に米国株バブルは崩壊寸前だった。それがコロナショックによる前代未聞の金融緩和で、延命され、さらに膨張している……。最近では、上昇する理由がないのに、市場参加者が株価を上げたいがために、自分に都合のいいように情報を解釈するバブルの末期症状が見られます。

 例えば、大統領選の直前は『大統領、上下両院ともに民主党が制するトリプル・ブルーになれば、政策が一気に進む』と株価が上昇。だがその後、トランプ優勢の調査結果が出ると、『ビジネス重視のトランプは株式市場にプラス』と株はまた上がった。そして結果は、バイデン勝利も『上院は共和党が過半数で、ねじれ議会のため、公約に掲げている富裕層への増税は実現できないだろう』と、またもやダウは上がり、史上最高値を更新……相反する材料にもかかわらず、株価は上昇し続けたのです。

 これは行動経済学でいう、都合のいい情報だけを集めてしまう『確証バイアス』にほかならず、この状態をバブルと言わずして何と言うのか」

 しかし、いつバブルが弾けるかは誰にもわからない。小幡氏が続ける。

「バブル崩壊の予想はどんなプロにもできない。だが、アマチュアがバブルと聞くと恐れるのに対して、プロはバブルにもわれ先に乗っていく。彼らが『さすがにもう……』とある種の満腹感を覚えたとき、意味もなく株価は下がり始めます。

 ’87年、世界で同時に株が暴落したきっかけとなったブラックマンデーも、明確な理由もなく株価が下がり、売りが売りを呼んで大暴落に繋がった」

 ダウ3万ドルは単なる通過点か、それとも……。

ワクチン失敗がバブル崩壊のきっかけに?

 ワクチンへの期待が株高を支えているため、もしワクチンの効果に疑問符がついたり、強い副作用が発見されれば、株価は急落する可能性が高い。

 本来ならば治験に数年はかかるところを大幅に短縮しているため安全面の不安は大きく、接種がどこまで広がるかも不透明だ。コロナバブルもワクチン次第か。

 世界的混乱は「日本株の大相場始まりかもしれない 

現代ビジネス 2020年11月27日(金)6時31分配信/大原 浩(投資アナリスト)

今思い起こすべき相場格言

 強気相場は、悲観の中に生まれ、懐疑の中に育ち、楽観の中で成熟し、陶酔の中で消えていくという相場格言がある。

 実際、投資の神様ウォーレン・バフェットは「悲観の中」で果敢に買い向かい、逆に「陶酔がピークに達する前」に売り払う。

 「人々が悲嘆にくれている時には大胆に、熱狂している時には慎重に」がバフェットのモットーだ。

 また「人のいく裏に 道あり 花の山」という格言や「大衆は常に間違える」という戒めもある。

 要するに投資の正しい道とは、「少数派」でいることなのだ。もちろん少数意見が常に正しいというわけではなく、全体で見れば誤った少数意見の方が多いだろう。

 しかし、はっきり言えることは、少なくとも投資・経済・ビジネスの世界において「多数派はほぼ常に間違っている」ということだ。過去の新聞などのメディアが発信した内容と結果を照らし合わせれば、よくわかる。短期的な見通しは過去の延長上で考えれば良いからそれなりにあたることもあるが、「大きな転換点」では見事に外すことが大半だ。

 もちろん、メディアを始めとする世間の大勢に反する行動をとる