ペット

2021年1月19日 (火)

【コロナショック】もしも✍我家のペットが感染したら・・・・

 米国でゴリラが新型コロナに感染…私たちの身近な動物は大丈夫?

Yahoo!コラム 2021年1月19日(火)8時00分配信/石井万寿美(獣医師)

 米国のカリフォルニア州のサンディエゴ動物園サファリパークのニシローランドゴリラ3頭が、新型コロナウイルスに感染しました。大型類人猿の感染が確認されたのはこれが初めてです。

Photo_20210119092301Photo_20210119092201

 ゴリラはトラ、ライオン、ミンク、ユキヒョウ、イヌ、ネコに続き、新型コロナウイルスへの自然感染が確認された7番目の動物です。私たちが、ペットとして飼っている身近な動物は新型コロナウイルスへの感染状況がどうなっているのか見ていきましょう。

ゴリラが新型コロナウイルスに感染したときの症状は?

 以前から、新型コロナウイルスは、主に人から人への感染なので、類人猿に感染しやすいと予測する研究結果が発表されていました。それが現実になりましたね。

1月6日に、感染した3頭のうち2頭がせき込み始めたため、動物園の職員はゴリラたちの便を採取し、カリフォルニア動物衛生・食品安全研究所に送った。検査の結果、研究所と米農務省の国立獣医学研究所が11日に感染を確認した。

 ゴリラはせきなどの呼吸症状があります。感染経路は、無症状の職員からだそうです。

 サンディエゴ動物園サファリパークでは、動物と触れ合う職員は全身防護服を着用するなど、厳格な感染予防策を講じているそうです。

 動物園はもちろん、動物が多いので人から新型コロナウイルスを感染させないよう予防することは、重要ですね。

 それでは、動物園ではなく身近な動物は新型コロナウイルスに感染しやすいのかを見ていきましょう。

身近な動物は新型コロナウイルスに感染しやすいのか?

 人の新型コロナウイルスは、爆発的に感染拡大をしています。私たちに身近な動物は新型コロナウイルスに感染するのかを見ていきましょう。

Photo_20210119092701

 飼い主が新型コロナウイルスに感染していると、猫が感染する可能性があります。そして、猫―猫同士で、感染(飛沫感染など)します。その上、幼猫の方が感染しやすいことがわかっています。症状が出ない場合(その場合でも、肺にダメージが残ります)もありますが、主に呼吸器症状(くしゃみ、鼻水、せきなど)です。

⇒ 新型コロナウイルスに猫が感染後、無症状でも肺にダメージ 飼い主のすべきことは?(下記参照)

フェレットPhoto_20210119092901

 以前から飼い主がインフルエンザに感染するとフェレットが感染する可能性があることは知られています。フェレットのインフルエンザの症状は、人とよく似ていて呼吸器症状(くしゃみ、鼻水、せき)を起こし、悪化すると死亡することもあります。

 そんなフェレットは、呼吸器ウイルス感染症の研究でモデル動物に用いられています。

 その結果、フェレットは、新型コロナウイルスにも感染しやすいことが判明しました。新型コロナウイルスに感染したフェレットの症状は、発熱・気管支炎などを示しますが、インフルエンザウイルスほど症状が重篤化されにくいといわれています。

Photo_20210119093101

 ビーグル犬に、新型コロナウイルスの感染実験を行った報告によりますと、他のビーグル犬はほとんど感染しませんでした。そして、症状がほとんど出ませんでした。

 つまり犬は、猫やフェレットに比べて感染しにくいことがわかってきています。いまのところ、犬ー犬同士の感染も報告されていません。

ニワトリPhoto_20210119094001

 中国の獣医学研究者が、猫、フェレット、犬、豚、ニワトリなどを対象に新型コロナウイルスの感染を研究しました。ビーグル犬と同じ方法で、豚、ニワトリの感染実験を行いました。豚、ニワトリはいまのところ新型コロナウイルスに感染しないといわれています。

飼い主のすべきこと

なかなか難しいですが、飼い主が新型コロナウイルスに感染しないこと

ペットにお世話をする前後は、飼い主が手洗いをする

飼い主の体調が悪いときは、ペットのお世話は元気な人に代わってもらう

猫は、外に出さない完全室内飼い

猫を多頭飼育個体密度が高いと感染のリスクが上がりますしている場合は、猫同士で新型コロナウイルスに感染する可能性があるので部屋を分けて飼育する

ペットとの適当な距離を取る

まとめ

 世界中で、新型コロナウイルスの感染が拡大しています。

 そんな中、ヨーロッパや米国でも、多くのペットが飼われていますが、新型コロナウイルスに感染したという報告はまれにしかありません。そのことを頭に置いてくださいね。

 ペットの中では、猫、犬、フェレットは、新型コロナウイルスの感染が報告されています。そのほとんどが、新型コロナウイルスに感染した飼い主から感染しています。その中でも犬は、猫やフェレットに比べて、新型コロナウイルスに感染することは、本当に稀です。犬同士の感染はありません。散歩中に他の犬に会っても犬からは感染はしません。

 米国の動物園のゴリラが新型コロナウイルスに感染したというニュースが流れると飼い主は、「うちの子は、大丈夫かな?」と心配になると思います。新型コロナウイルスは少しずつわかってきたこともあります。

 飼い主は、ネット上のよくわからない情報に惑わされことなく、科学的なデータに基づいた知識をアップデートして、ペットたちを生涯飼育してください。いまやペットは家族の一員ですので、飼い主は、新型コロナウイルスに感染しないような行動をして、ペットを守りましょう。

Photo_20210119094301

 新型コロナに猫が感染、無症状でも肺にダメージ 飼い主がすべきこと 

Yahoo!コラム 2021年1月9日(土)17時51分配信/石井万寿美(獣医師)

 東京大学医科学研究所の河岡義裕教授らは、猫が新型コロナウイルス感染後、回復しても肺にダメージが残ることを発表しました。

 人の新型コロナウイルスの感染拡大が続いています。今日は、猫の新型コロナウイルスについていままでわかっていることをまとめました。

東京大学医科学研究所の猫の新型コロナウイルスの発表とは?

 猫が新型コロナウイルスに感染しても症状がないけれど、肺にダメージが残ることを発表しました。

詳しい説明は、

京大学医科学研究所の河岡義裕教授らは、ネコを新型コロナウイルスに感染させた上で、まず、全身の臓器を調べウイルスが効率良く増殖する臓器がどこか調査したということです。 すると鼻や気管では感染6日目までウイルスの増殖が見られた一方で、肺ではウイルスの増殖が少ししか見られず、速やかにウイルスが排除されていることが分かったとしています。 この間ネコは全く無症状だったということですが、肺にはダメージが残っていて感染から4週間たっても、慢性化した炎症が見られることも分かったということです。 河岡教授ら研究チームではこれらの結果からネコが無症状であっても、新型コロナウイルスによって、知らぬ間に呼吸器に損傷を負っている可能性があることを示している。

 つまり、症状が見られないけれど、肺には慢性化した炎症があるということです。

 次に、猫は新型コロナウイルスに感染するのかを見ていきましょう。

猫は新型コロナウイルスに感染するの?

 これまでに新型コロナウイルスに感染した人から猫(犬)へと感染したと考えられる事例が数例報告されています。

 また、米国の動物園などのトラやライオンなどの猫科の動物も飼育員から感染したという推察されている報告もあります。

 ただし、新型コロナウイルスは主に発症した人から人への飛沫感染や接触感染です。現時点では、人から動物への感染例はわずかな数に限られています。それと猫から人への感染は、いまのところ発表されていません。

新型コロナウイルスは、猫同士で感染する?

 猫は、いまのところ新型コロナウイルスに感染しても人には、うつしません。しかし、猫同士では感染することが、わかっています。猫を多頭飼育しているところは、注意が必要ですね。では、どんな症状が出るのかを見ていきまいしょう。

猫が新型コロナウイルスに感染した場合の症状とは?

 これまでのところ、猫では呼吸器症状・消化器症状があったとの報告があります。

【呼吸症状】

クシャミ

鼻水

息が荒い

開口呼吸口を開けて息をする

鼻孔がパクパクと動く

流涎

 猫ウイルス性鼻気管炎や猫カリシウイルス感染症なども呼吸症状があります。新型コロナウイルスだけではなく、いわゆる猫風邪は多いので自己判断せずに、獣医師に尋ねてください。

【消化器症状】

下痢

嘔吐

 猫の呼吸症状は、犬よりわかりにくいです。その理由は、猫が、お散歩にも行かなし、具合が悪くなると飼い主の見えにくいところに隠れるからです。胸の辺りを見て、激しく動いていないかよく観察してくださいね。健康なら、胸の辺りは、ほとんど動きません。

猫の飼い主のすべきこと

 これまでのところ、新型コロナウイルスが猫から人に感染した事例は報告されていません。

 その一方で、猫は、新型コロナウイルスの感受性が他の動物種よりも高いとの報告があります。以下のことをして、猫が新型コロナウイルスに感染させないようにしてください。

猫を外に出さず完全室内飼いにする

飼い主が猫に接触する前後は、手洗いや手指用アルコールなどで消毒をする

猫との距離を取る

飼い主は咳がある場合などは、マスクをして猫と接する

なかなか難しいですが、新型コロナウイルスに感染しないように注意する

まとめ

 猫から人に新型コロナウイルスが感染したという報告はいまのところありません。

 飼い主は、冷静に行動して、飼育放棄などはしないように、猫を今まで通り、愛情を持って飼ってくださいね。ネットなどで、いろいろと新型コロナウイルスの情報が飛び交いますが、科学的にものごとを見る目を持ちましょう。

 アメリカやヨーロッパでは、日本より人が新型コロナウイルスに感染していますが、ペットの猫から人に感染したニュースは流れていません。新型コロナウイルスが感染拡大しないように、猫のためにも飼い主は、責任のある行動をしましょう。

Photo_20210119094601

関連エントリ 2020/03/09 ⇒ 【新型肺炎】イタリア✍患者数2番目<中韓に続き入国制限>検討中!!

 

2019年11月12日 (火)

【特別読み物】ハーネスを付けた犬が<一匹で>バスに乗車。

ハーネスを付けた犬御主人を探すべく、一匹バスに乗車。不安な表情に胸が締め付けられる

FINDERS CREATIVE-BUSINESS 2019年11月11日(月)21時03分配信

SNS上にアップされる動物たちの可愛い写真や動画に癒やされている人は多いだろう。

それらを表面的に見ている分には幸せな気持ちになれるかもしれないが、カメラを向けられている当人たちは複雑な背景を抱えている場合がある。

行くあてもなくバスに乗り込んだ犬

10月16日、イギリスのウェスト・ヨークシャーで運行しているバスに、変わったお客さんが乗車した。ビアリーのバス停で乗り込んできたのは、スタッフォードシャー・ブル・テリアのミックス犬。終点のブラッドフォードまで20分間、一匹で乗っていたという。

この犬はハーネスを付けているものの飼い主はおらず、家から遠く離れた街で迷っていたものと思われる。そのため、人間と同じように彼女もバス停でバスの到着を待ち、飼い主の元に帰ろうとしたのだろう。

Photo_20191113115001

このバスに乗っていたジェマ・バーデンさんは、不安な表情で座席にちょこんと座っているこの犬を撮影し、自身のFacebookに投稿。現在3700以上の「いいね」を獲得し、「飼い主はなんて無責任なのか」「飼い主と無事再会できることを願っています」などのコメントが寄せられた。

飼い主は現れず、救助犬の道に

『Yorkshire Evening Post』によると、この犬は地元の動物保護の慈善団体「Yorkshire Rose Dog」に保護され、地元メディアを通じて呼びかけをしたものの、飼い主は現れなかった。同団体の理事のジャネット・バレルさんは「私達は彼女の新しい家を求めています」とコメントした。

現在、この犬は動物保護施設「Cliffe Kennels」に預けられ、70年代のコメディドラマのキャラクターからオリーブと名付けられた。そして、救助犬の道に進んでいるという。

日本でも所有者不明の犬は少なくない

この事件が海外で起きたからといって、他人事と思ってはいけない。環境省「犬・猫の引取り及び負傷動物の収容状況」によると、平成29年度に引き取られた犬3万8511匹。その内、所有者不明の犬は3万4396匹にも上った。この中には、飼い主に捨てられた犬も少なくないだろう。

動物は可愛い。大切にされるべき存在だ。しかし、一部の飼い主が動物にひどい仕打ちをしている現状も散見される。もう一度動物を飼うことについて、この写真を見て考え直す必要があるのではないだろうか。

表情豊かなシベリアンハスキー家を出た時病院に着いた時の豹変ぶりが凄い!「落差の激し過ぎるしょんぼり顔に嗤ってしまった

Hint-Pot 2019年11月9日(土)7時41分配信

シルビアちゃん恒例の「同じ犬です」シリーズの新作

 いぬはとても表情豊か。喜んでみたり、とぼけてみたり、ふてくされてみたり……。一説によれば、いぬは人間を見るときに表情を変化させているといいます。そんないぬの中でも、賢い大型犬シベリアンハスキーは、ゆかいな表情を見せることが多いようです。

 ◇ ◇ ◇

 7歳のシベリアンハスキー「シルビア」ちゃんは、とっても表情豊かなかわいい女の子。性格は、ハスキー犬にしては大人しめで、どの動物ともケンカしないほど穏和。食いしん坊でちょっぴりどんくさい一面も。

 飼い主のハマジ(@xxhama2)さんは、昔からハスキーを飼っており、なんとシルビアちゃん4代目! 先代、先々代のハスキーが亡くなってからは1年ほど、犬を飼っていませんでしたが、どうしてもまたハスキーと暮らしたくなり、初めてハマジさんがオーナーとなってシルビアちゃんを飼うことになったそうです。しかも、シルビアちゃんは初の室内飼いなのだとか。

 そんなシルビアちゃんと5匹のねこ達と暮らしているハマジさん。ツイッターでそのにぎやかな生活を綴っており、18万人以上のフォロワーがいる人気アカウントです。そのなかでも、普段からコロコロと表情が変わるというシルビアちゃんの様子を比較した「同じ犬です」シリーズは、投稿する度に大反響が。

 今回は、わくわくしながらおうちを出たにも関わらず、目的地が病院だったことを知り、あからさまにがっかりとしているシルビアちゃんの表情の差が話題になりました。実は足の手術をしたり、避妊手術をしたりと、病院で痛い思いをしているため、シルビアちゃんは「病院が嫌い」。でも「先生と看護師さんは大好き」なのだそうです。

Photo_20191113115301 Photo_20191113115401

 超真顔だったシルビアちゃんですが、その後は抵抗せず車から、降り素直に病院へ向かったそう。真っ先に受付の看護師さんに向かって行きめいっぱい撫でてもらい、さらに診察室にも喜んで入っていき、先生にもしっかり撫でてもらいました。病院に到着した時はいつも無表情になるシルビアちゃんですが、すぐにうきうきになるというお茶目ぶり! お利口さんなシルビアちゃんは、その後おとなしく注射をうけ帰宅しました。

 シルビアちゃんの豹変ぶりに驚きの声が多く集まり、「全てを悟った顔してますね笑」「落差の激しすぎるしょんぼり顔に笑ってしまいました お散歩だと思ったのに…(笑)」「このシリーズ好き」など、たくさんのシルビアちゃんファンが沸き立ちました。

表情が全然違う、幸せそう」「涙が出た重い皮膚病だった保護犬のビフォー・アフターに感動の声

ねとらば 2019年11月5日(火)20時05分配信

 Twitterユーザーのホタル(@hotarusan0618)さんと暮らすコーギーのエンちゃんは、元気で他の犬たちをまとめるしっかり者。しかし、保健所から保護された当時は、今の姿からは想像つかないほど重い皮膚病をわずらっていました。エンちゃんのビフォーアフターに感動する声が集まっています。

Photo_20191113115801

 ホタルさんは「適切な治療さえすれば、元の姿に戻り笑顔も見れる。医療費も驚く様な高額ではない事を知ってほしい」という思いから、保護当時~治療開始後2カ月のエンちゃんの写真を投稿。皮膚病の回復だけでなく、だんだんと生き生きした表情になっていくエンちゃんの様子が分かります。

 保健所から保護された当日のエンちゃんは、皮膚病のため体中に湿疹が広がり、ガリガリにやせ細ったとても痛々しい姿でした。人間を怖がっていたのか、お部屋の隅に佇み、表情は暗くうつむいています。

Photo_20191113115901 Photo_20191113120001

 治療を受け始めて1週間後には、かなり回復してきたエンちゃん。肌は完治してはいないものの、湿疹やひどい腫れは消えており、少しずつ毛並みも生えそろえてきています。まだ警戒心は抜けていない表情ですが、カメラを見ることができるのは、ホタルさんを信頼し始めた証しではないでしょうか。目に生気が戻ってきたようにも見えますね。

 そして、治療開始後1カ月のエンちゃん。まだらな部分もありますが、毛並みが生えそろってきました。うつろだった目がクリッと丸く、表情がどんどん明るくなっているのが分かります。モフモフさがどんどん戻ってきている……!

Photo_20191113120002 Photo_20191113120101

 その後、治療して2カ月がたったエンちゃんは、フサフサの毛並みと、コーギーらしいむっちりとした肉付きに。保護された日のエンちゃんとはまるで別の犬のように生き生きしているのが分かります。両耳がピンと立っており、キラキラした目には好奇心がいっぱい! あの姿からたった2カ月でここまで変わるとは……! よかったね、エンちゃん。

 ホタルさんは「治療と並行して愛情は不可欠だと思います」「エンの回復ぶりに獣医師も驚愕したほどです」と投稿。獣医師による適切な治療と、ホタルさんによるあたたかい心のケアが、エンちゃんの回復力を最大限引き出したんでしょうね。

Photo_20191113120201 Photo_20191113120202

 エンちゃんの見事なビフォーアフターに、「涙が出た」「表情が全然違う、幸せそう」「エンちゃん、よくがんばったね」と感動する声のほか、「写真で治り具合が分かるので勉強になる」「治療経過が分かりやすく説得力がある。皮膚病をわずらう犬を保護するきっかけになるのでは」とホタルさんの行動力を称賛する声が集まりました。

Photo_20191113120301 Photo_20191113120302

 病気への適切な治療と、愛情をかけることの大切さを証明してくれた、すてきな投稿でした。今ではすっかり元気でむっちりモフモフなコーギーへと戻り、ホタルさんや一緒に暮らす犬たちに思いやりを見せる、優しいエンちゃん。ホタルさんのTwitterアカウントでは、エンちゃんたちがにぎやかに暮らす姿を見ることができますよ。

Photo_20191113120401

 

2019年11月 7日 (木)

【蜂窩織炎】捕獲作業中<フェレットに咬まれた>警官(41)17年後死亡

フェレットに咬まれ感染症で死亡の警官公務災害と認定―大分

毎日新聞 2019年11月6日(水)19時46分配信

 大分県警大分中央署で交番勤務だった2002年に通報を受けて捕獲を試みたフェレットに手をかまれ、感染症の治療を続けていた県警の男性警部補が今年1月に41歳で死亡していたことが、県警への取材で判明した。地方公務員災害補償基金県支部は7月、警部補の死亡を公務災害と認定した。

 県警によると、警部補は大分市の大分駅前交番で勤務していた02年6月26日早朝、「近くの公園にフェレットがいる」と110番を受けて出動。捕獲作業中に手をかまれ、3カ月後に感染症の蜂窩織炎(ほうかしきえん)を発症した。警部補は入退院を繰り返して治療を続けたが、今年1月18日に同県別府市の病院で死亡した。

 警部補の遺族から公務災害の申請を受けた地方公務員災害補償基金県支部は、かまれたことと警部補の死亡に因果関係があるとして7月26日付で公務災害と認定した。

 フェレットは体長30~50センチほどのイタチ科の肉食性動物で、ペットとしても人気。獣医師の佐伯久・おおいた動物愛護センター所長(61)は「フェレットも野生化すれば、野良猫などと同様、かまれた傷口から雑菌が体内に入って広がる可能性がある」と指摘する。

 県警によると、当時の記録が残っていないため、フェレットがペットだったか野生かは不明。捕獲されたかどうかも分からないという。

<警部補が発症した蜂窩織炎って?>

毎日新聞 2018年11月1日東京版夕刊配信

 風邪すらほとんどひかない夫(40)が突然入院した。熱は39度を超えて意識がもうろうとし、左足がぱんぱんに腫れている。「このまま死んでしまうかも」と焦った。病名は「蜂窩織炎(ほうかしきえん)」。足のちょっとした傷から細菌が侵入したのが原因で、どうも多くの人が発症するらしい。原因と対策を探った。

Photo_20191107122001Photo_20191107122002

 ある朝、夫が「ちょっとこの足、見てくれない?」と左足を上げた。「腫れていて痛い」と言うのだけれど、ぱっと見ても分からない。「時間を見つけて、早く病院に行ったほうがいいよ」。そう夫に告げて、自宅を出た。

 痛みを我慢して仕事に出かけた夫を今度は高熱が襲った。午後、夫から「熱があるみたいだから、とりあえず内科に行ってみる」と連絡があり、私は「ついでに足の腫れも診てもらえば」と伝えた。次に夫から来た連絡は「今すぐ大学病院に行くことになった」。紹介状には、壊死(えし)性筋膜炎の疑いがあると記されていた。致死率が30%程度とされる非常に怖い病気だ。

 大学病院に行った夫は「仕事があるので1日だけ猶予を」と医師に懇願したが、即入院を告げられた。夕方には39度7分まで熱が上がり、採血検査の結果、白血球数が増えて炎症の程度を示すCRP値が平時の20倍に急上昇。左足は、朝とは違って大きく腫れ、真っ赤になっている。医師は「蜂窩織炎の可能性が高いが、より症状が重い壊死性筋膜炎の可能性も捨てきれない」。壊死性筋膜炎の場合、薬での治療は難しく、早急に手術で切開して細菌を取り除く必要があると告げられた。病名が分からないまま、不安な一夜を明かした。

 翌日判明した病名は「蜂窩織炎」。患部がハチの巣に似ていることから名付けられたらしい。夫の場合、相当悪化していたが、抗生剤の投与で治ると聞かされ、ほっと一安心。ところが、この病気、意外にも多くの人が発症するようだ。会社の同僚に聞くと「昨年、その病気で娘が2週間入院した」「過去に2回かかったことがある」「どうも自分のかつての症状と似ている」と言う。そこで、専門家のもとを訪ねた。

 蜂窩織炎とは、皮膚の表面から黄色ブドウ球菌やレンサ球菌などが入り、皮膚の内部(皮下)まで感染を起こす病気だ。赤く腫れて熱を持つ。発熱もあり、患部に痛みも伴う場合が多い。日本医科大学病院講師の土肥輝之さんによると、菌自体はどこにでもいるが、傷口から入った菌の量が多かったり、入った菌が繁殖しやすい環境にあったりすると感染を起こす。「基本的には、肌のバリアーが壊れてしまった部分から細菌が入ります」と土肥さん。注意が必要なのは、水虫や靴ずれによる傷がある▽虫にさされた皮膚をかき壊してしまっている▽乾燥して肌が荒れている▽むくみがある--など。傷の痛みに気付きにくい高齢者や糖尿病の人がかかりやすいという。

Photo_20191107122201 

Photo_20191107122202

 土肥さんは「蜂窩織炎が疑われる状態を含めると、米国では1000人に25人ぐらいかかるとされています。日本でもほぼ同じでしょう。僕ら医師の感覚では、よく診る病気です」。

 ちなみに夫の場合、発症する前の普段と違う行動は「数日前、PTAの部活でバスケットボールの練習を短パンでしたこと」と、「前日にハーフパンツで子どもの運動会に参加したこと」だった。それほど特別なことはしていない。

 私が「ついでに足の腫れも診てもらえば」と言ったことは、良い判断だったらしい。土肥さんは「例えば熱を出した時にはまず内科的な診察を行います。ところがそこに異常はない。そこで皮膚の状態を見てみると、足に熱を持った傷があり『これが原因だ』となる。発熱していてだるいのに、せきや鼻水といった風邪の症状もなく、下痢など他に思い当たる症状がないときは、体に熱を持った傷がないか確認してください。自分で見ることができないような高齢者は、家族が確認してあげてほしい。そして、傷があった場合は医師に必ず伝えることが大事です」と説明する。

 蜂窩織炎での発熱は、急激に上がる場合もあれば、じわじわと熱が上がり「何となくだるい」状態が続くこともある。起こりやすい体の部位は、圧倒的に膝から下の下腿(かたい)部や足が多く、会陰部や顔にもおこり、重症化することもあるようだ。

 夫の発症初日、まだ病名が分からない段階で皮膚科の医師らは「少し様子を見たいね」と、真っ赤どころか一部が青紫色に変わっていた左足の写真を撮っていた。蜂窩織炎の症状は、より深刻な壊死性筋膜炎と区別が難しいことがある。コンピューター断層撮影(CT)である程度は分かるようだが、壊死性筋膜炎は、蜂窩織炎よりももっと内部まで菌が入り込み、全身の状態が一気に悪くなる。

 蜂窩織炎で済んだが、夫は退院までに9日を要した。二度とかからないために、どうしたらいいだろうか。土肥さんは「下半身がなりやすいのは、傷に意識が行き届かないということも大きい」と言う。単なる靴ずれや虫さされだと放置しないで、清潔を保って処置をすることが大切だ。アウトドア活動など傷が付きやすい環境で、肌をさらすのも控えた方がいい。

 薬の飲み方も気をつけたい。「入ってくる細菌が耐性菌という例が増えています」と土肥さん。そうすると、最初に出された抗生剤が全く効かないことがある。「軽症であれば、抗生剤を処方されて入院の必要はありません。しかし、1~2日たっても症状が全く改善されない場合、薬を変えなくてはならないので再度受診してください」

 むくみがある人は、再発しやすいと言われている。むくむと皮膚表面の状態が悪くなり、入ってきた細菌も繁殖しやすいためだ。「おかしいなと思ったら足をなるべく高くして、安静にしてください。むくみを取る効果のある弾性ストッキングなども活用しましょう」

 普段とは違う傷や腫れは、見落とさずに十分気をつけたい。

 

2017年11月28日 (火)

【幸亀ゲット】✍<椎甲板 6枚>希少なクサガメに出会った!!

通常5枚の脊椎甲板を持つ亀の中で多甲板の亀は奇形扱いになる。一般的には歪な感じでお金値段も下がる傾向にあるが稀に左右対称(スーパー多甲板)の亀が存在する。嗚呼マネー完璧なシンメトリーの脊椎甲板6枚の亀にとうとう出会ってしまった。1万頭に一頭いるかいないか。ペットショップに立ち寄ると必ず子亀のケースの前でサーチ甲羅の甲板の数を数えるのがok習い性になっていたんだよぉ。

相田みつを

佐賀カメ飼育者情報交換会

カメトーーク仲間の輪広げたいと企画/佐賀

みんなの経済新聞 LOCAL NEWS NETWORK 2017年11月27日23時50分配信

アゲ3 佐賀県立生涯学習センター「アバンセ」(佐賀市天神3)で12月2日、カメ飼育者の情報交換会「カメトーーク」が行われる。(佐賀経済新聞)

2008年から自宅でカメを飼育しているという佐賀市在住の池田摂子さんが、飼育仲間の輪広げたいと企画する同イベント。池田さんによると、もともとはミシシッピアカミミガメの「サンディ」1匹を飼育していたが、現在は3匹のカメ、4匹のスッポンと暮らしているという。

池田さんは日頃、仕事から帰宅するとカメたちにその日の出来事を話す、水槽から出して部屋の中を散歩する、一緒に風呂に入る、同じ布団で寝るなど家族としての共同生活を営んでいる。

「うちのカメは目で意思表示をする」という池田さんが「おなか空いた」「外に出たい」など問いかけるとまばたきで返事をしたり、仕事での苦労や恋人とのけんかなどで落ち込んでいる気持ちを打ち明けると一緒に悲しむような視線を向けたり、ふざけておやつをおあずけすると怒った目をしたりするという。

元気をなくしている時には気付いたら側にいて背中をたたいて励ましてくれることもあるという。

カメが好きでたまらないことを「ニッチな趣味だし寂しい女と思われるのでは」となかなか人に言えなかったが、行きつけの喫茶店で同じようにペットのカメを溺愛している客同士で話が盛り上がったことをきっかけに「カメ好き仲間」を増やした。

最近ではカメとの生活をSNSに投稿する、カメの飼い方や生態の知識を生かして講座を開くなど、カメに関する情報を積極的に発信している。カメ好きとして地元ラジオ局からインタビューを受けたりゲストとしてスタジオに招かれたりしたこともある。

今回は、カメについての情報交換ができる仲間作りができたらと同企画を立ち上げた。当日は餌や世話の方法、カメ飼育者ならではの悩みなどをざっくばらんに話し合うほか、飼育法や生態などについての参加者からの質問を受け付ける。

池田さんは「カメ一匹一匹に個性があり飼育法もさまざま。飼い主同士で知識を共有し、それぞれがより良いカメとの付き合い方を見つけられたらいいと思う。特に、かつての自分のようにカメを飼っていることを話せる相手がいない人にはぜひ来てもらい、カメへの愛情を思いきり語ってほしい。当日はうちのカメも連れて行くので、カメと人との交流も楽しめたら」と参加を呼び掛ける。

メモ開催時間は10時~11時。参加無料。申し込みは池田さん(TEL 090-1164-3142)まで。

相田みつを

購入日:2017年11月28日

P1070742

P1070738

P1070749

P1070763

P1070734

なんと神々しいお姿でしょうか、。。。。

無料ブログはココログ
2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31